ロボット

2022.01.08

Cloud Security Alliance ヘルスケア分野における人工知能

こんにちは、丸山満彦です。

Cloud Security Alliance (CSA) がヘルスケア分野における人工知能に関する文書を公表していますね。。。

これから診療分野(例えば、画像診断等)の分野では人工知能の利用は進むでしょうね。。。

このガイドは、現時点での医療システムにおけるAI活用の基礎と懸念について、

  • ガイダンス、
  • 課題、
  • 将来予測等

について書いたもので、

遠隔医療、診断管理、患者ケアなどの分野で、AI、機械学習、データマイニングを医療システム全体で効果的に活用する方法について、

  • 事例、
  • 使用例、
  • 治療法

を示すとともに、

  • 倫理的な課題、
  • 法的な問題、
  • AIのバイアスを減らす方法

についても取り上げているようですね。。。

Cloud Security Alliance (CSA)

・2021.01.06 Artificial Intelligence in Healthcare

Artificial Intelligence in Healthcare ヘルスケア分野における人工知能
Artificial intelligence (AI) now has the potential to be integrated into all aspects of healthcare, from management to delivery and diagnosis. These advancements can help improve clinical outcomes, reduce cost, and improve population health. However, there remain some issues with AI that must be addressed. These include ethical and legal issues, a lack of data exchange, regulatory compliance requirements, and patient and provider adoption. 人工知能(AI)は今や、医療の管理から提供、診断に至るまで、医療のあらゆる側面に組み込まれる可能性を持っています。これらの進歩は、臨床転帰の改善、コスト削減、集団衛生の向上に貢献することができます。しかし、AIには対処しなければならない問題が残っています。倫理的・法的問題、データ交換の欠如、規制遵守要件、患者や医療提供者の採用などです。
This document from our Health Information Management Working Group provides an overview of the fundamentals and concerns of using AI in healthcare systems at the present, with guidance, challenges, and predictions for the future. It provides examples, use cases, and treatment methods for how AI, machine learning, and data mining can be effectively utilized throughout a healthcare system, in areas such as telehealth, administering diagnoses, and patient care. It also addresses ethical challenges, legal issues, and how to reduce bias in AI. 当社の医療情報管理ワーキンググループによる本書は、現時点での医療システムにおけるAI活用の基礎と懸念について、ガイダンス、課題、将来の予測を交えて解説しています。遠隔医療、診断管理、患者ケアなどの分野で、AI、機械学習、データマイニングを医療システム全体で効果的に活用する方法について、事例、使用例、治療法を示しています。また、倫理的な課題、法的な問題、AIにおける偏りを減らす方法についても取り上げています。
Key Takeaways: ポイント
・How robotics and Robotic Process Automation (RPA) are used for a multitude of different tasks throughout healthcare delivery organizations (HDOs) ・ロボット工学とロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が、医療提供組織(HDO)全体のさまざまな業務にどのように使用されているか。
・How AI helps healthcare service providers improve the precision of diagnoses ・AIが医療サービス提供者の診断精度を高めるためにどのように役立っているか
・How HDOs can use predictive analytics to provide better services and reduce cost ・HDOがより良いサービスを提供し、コストを削減するための予測分析の利用法
・How telehealth uses AI to distribute electronic medical cards, administer personal consultations, and more ・電子カルテの配布や個人面談など、AIを活用したテレヘルスの仕組み
・How to reduce bias in your AI algorithm and the ethical and legal challenges related to AI  ・AIアルゴリズムの偏りを減らす方法とAIに関する倫理的・法的課題 

・[PDF] 簡単な質問に答えるとダウンロードできます

20220107-172658

 

目次です。。。

Abstract 概要
1. Introduction 1. はじめに
2. Robotics 2. ロボティクス
3. Robotic Process Automation 3. ロボティック・プロセス・オートメーション
4. Diagnosis and Treatment Applications 4. 診断・治療への応用
5. Big Data and Predictive Analytics 5. ビッグデータおよび予測分析
6. AI and Telehealth 6. AIとテレヘルス
7. Bias in AI 7. AIにおけるバイアス
8. Use of AI in the fight against COVID-19 8. COVID-19対策におけるAIの活用
9. Ethical and Legal Challenges 9. 倫理的・法的課題
 9.1 Ethical Challenges  9.1 倫理的な課題
 9.2 Legal Challenges  9.2 法的課題
10. AI and Cloud Computing 10. AIとクラウドコンピューティング
11. Conclusion 11. おわりに
References 参考文献

| | Comments (0)

2021.12.31

中国 ロボット産業発展のための第14次5ヵ年計画

こんにちは、丸山満彦です。

中国 工業情報化部が「ロボット産業発展のための第14次5ヵ年計画 」を発表していますね。。。

工业和信息化部(工業情報化部)

2021.12.28 十五部门关于印发《“十四五”机器人产业发展规划》的通知 工信部联规〔2021〕206号 ロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」発行に関する15省庁の通知
工業情報化部共同規則[2021]第206号
2021.12.28 《“十四五”机器人产业发展规划》解读
ロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」の解釈について

 

《“十四五”机器人产业发展规划》解读 ロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」の解釈について
近日,工业和信息化部、国家发展和改革委员会、科学技术部、公安部、民政部、住房和城乡建设部、农业农村部、国家卫生健康委员会、应急管理部、中国人民银行、国家市场监督管理总局、中国银行保险监督管理委员会、中国证券监督管理委员会、国家国防科技工业局、国家矿山安全监察局等十五部门正式印发《“十四五”机器人产业发展规划》。(下称《规划》),为便于理解《规划》内容,做好贯彻实施工作,现就相关问题解读如下。 最近では、工業情報化省、国家発展改革委員会、科学技術省、公安部、民政部、住宅都市農村開発省、農業農村部、国家医療委員会、危機管理部、中国人民銀行、国家市場監督管理総局、中国銀行保険監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、国家国防科学技術産業局、国家鉱山安全監督管理局の15の省庁がロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」(以下、「本計画」という)を正式に発表しました。本計画の内容の理解を容易にし、業務の遂行に支障をきたさないために、現在、関連する事項について以下のように説明します。

一、《规划》编制背景 1. 計画の背景
机器人被誉为“制造业皇冠顶端的明珠”,其研发、制造、应用是衡量一个国家科技创新和高端制造业水平的重要标志。党中央、国务院高度重视机器人产业发展,将机器人纳入国家科技创新重点领域,大力推动机器人研发创新和产业化应用。“十三五”期间,在多方的共同努力下,我国机器人产业蓬勃发展,产业规模快速增长,技术水平持续提升,集成应用大幅拓展,骨干企业加速壮大,重点产业集群优势逐步显现。但与国外先进水平相比,依然存在技术积累不足、产业基础薄弱、高端供给缺乏等问题。 ロボティクスは「製造業の至宝」と呼ばれ、その研究開発、製造、応用は、その国の技術革新とハイエンド製造レベルの重要なシンボルとなっています。 党中央委員会と国務院は、ロボット産業の発展を非常に重視しており、ロボットを国家科学技術革新の重点分野に組み入れ、ロボットの研究開発イノベーションと産業化応用を強力に推進しています。 「第13次5カ年計画」期間中、多くの関係者の共同努力により、中国のロボット産業は、産業規模の急速な拡大、技術レベルの継続的な向上、統合アプリケーションの大幅な拡大、基幹企業の加速的な成長、重要な産業クラスターの優位性の漸進的な出現など、繁栄を遂げてきました。 しかし、海外の先進レベルと比較すると、技術蓄積の不足、産業基盤の弱さ、ハイエンドの供給不足などの問題が残っています。
当前新一轮科技革命和产业变革加速演进,新一代信息技术、生物技术、新能源、新材料等与机器人技术深度融合,机器人产业迎来升级换代、跨越发展的窗口期。世界主要工业发达国家均将机器人作为抢占科技产业竞争的前沿和焦点,加紧谋划布局。我国已转向高质量发展阶段,建设现代化经济体系,构筑美好生活新图景,迫切需要新兴产业和技术的强力支撑。机器人作为新兴技术的重要载体和现代产业的关键装备,引领产业数字化发展、智能化升级,不断孕育新产业新模式新业态。机器人作为人类生产生活的重要工具和应对人口老龄化的得力助手,持续推动生产水平提高、生活品质提升,有力促进经济社会可持续发展。面对新形势新要求,为推动我国机器人产业迈向中高端,加快实现高质量发展,工业和信息化部会同国家发展和改革委员会、科学技术部等共十五个部门,联合编制了《规划》。 科学技術革命と産業変化の新ラウンドが加速しており、新世代の情報技術、バイオテクノロジー、新エネルギー、新素材などがロボットと深く融合し、ロボット産業はアップグレードと飛躍的発展の窓を開けています。 世界の主要先進国では、ロボットを科学技術産業のフロンティアであり、競争の焦点であると捉え、計画やレイアウトを強化しています。 中国は高品質な発展の段階に移行し、近代的な経済システムを構築し、より良い生活のための新しい絵を構築していますが、そのためには新しい産業や技術の強力なサポートが緊急に必要です。 新技術の重要な担い手であり、現代産業のキーとなる機器であるロボットは、産業のデジタル開発とインテリジェントなアップグレードをリードし、常に新しい産業と新しいモデル、新しいビジネスモデルを生み出しています。 人間の生産や生活のための重要なツールとして、また高齢化社会に対応するための強力なアシスタントとして、ロボットは生産レベルや生活の質の向上を促進し、持続可能な経済・社会の発展に貢献し続けています。 新たな状況、新たな要求に直面し、中国のロボット産業のミドルエンド、ハイエンド化を促進し、高品質な発展の実現を加速するため、工業・情報化省は、国家発展改革委員会、科学技術省、その他計15の部門と共同で本計画をまとめました。
二、《规划》总体思路和目标 2. 本計画の一般的な考え方と目的
当前,机器人产业蓬勃发展,正极大改变着人类生产和生活方式,为经济社会发展注入强劲动能。“十四五”时期是我国开启全面建设社会主义现代化国家新征程、向第二个百年奋斗目标进军的第一个五年。《规划》以习近平新时代中国特色社会主义思想为指导,全面贯彻党的十九大和十九届历次全会精神,立足新发展阶段,完整、准确、全面贯彻新发展理念,构建新发展格局,统筹发展和安全,以高端化智能化发展为导向,面向产业转型和消费升级需求,坚持“创新驱动、应用牵引、基础提升、融合发展”,着力突破核心技术,着力夯实产业基础,着力增强有效供给,着力拓展市场应用,提升产业链供应链稳定性和竞争力,持续完善产业发展生态,推动机器人产业高质量发展,为建设制造强国、健康中国,创造美好生活提供有力支撑。 現在、ロボット産業は活況を呈しており、人間の生産や生活のあり方を大きく変え、経済や社会の発展に強い勢いを与えています。 「第14次5カ年計画」期間は、中国が近代的な社会主義国を建設するという新たな旅を始め、第2の100年目標に向かって邁進する最初の5年間です。 計画は、新時代の中国の特色ある社会主義という習近平の思想に導かれ、第19回党大会と第19回全体会議の精神を全面的に実施し、新発展段階に基づき、新発展概念を完全に、正確に、全面的に実施し、新発展パターンを構築し、発展と安全を協調させ、ハイエンドのインテリジェントな発展を志向し、産業の転換と消費者のアップグレードのニーズに直面し、「革新」の原則を堅持します。 新しい開発段階のコンセプトは、完全に、正確に、そして総合的に実施することを基本としています。 この計画は、中国のさまざまな分野の高い品質に基づいています。
《规划》立足我国各领域高质量发展需求和人民向往美好生活的需要,把握机器人产业发展趋势,提出“到2025年,我国成为全球机器人技术创新策源地、高端制造集聚地和集成应用新高地”。并提出了2025年的具体目标:一批机器人核心技术和高端产品取得突破,整机综合指标达到国际先进水平,关键零部件性能和可靠性达到国际同类产品水平;机器人产业营业收入年均增速超过20%;形成一批具有国际竞争力的领军企业及一大批创新能力强、成长性好的专精特新“小巨人”企业,建成3-5个有国际影响力的产业集群;制造业机器人密度实现翻番。 同計画は、中国の各分野における高品質な発展と、より良い生活を求める国民のニーズに基づき、ロボット産業の発展傾向を把握し、「2025年までに、中国は世界のロボット技術革新の源、ハイエンド製造クラスター、統合アプリケーションの新高地となる」と提案しています。 2025年の具体的な目標は、多くのロボットのコア技術とハイエンド製品が躍進し、機械全体の総合指数が国際的な先進レベルに達し、主要部品の性能と信頼性が国際的な同類製品のレベルに達すること、ロボット産業の事業収入の年平均成長率が20%を超えること、国際的な競争力を持つ多くの一流企業と、強い革新能力と良好な成長を持つ多くの特別新興企業が形成されること、などである。 "計画 "では、2035年までに、ロボット産業が以下の目標を達成できるようにすることを提案しています。
《规划》提出到2035年,我国机器人产业综合实力达到国际领先水平,机器人成为经济发展、人民生活、社会治理的重要组成。 この計画では、2035年までに中国のロボット産業の総合力が国際的にもトップレベルに達し、ロボットが経済発展や人々の生活、社会統治の重要な構成要素になることを提案しています。
三、《规划》部署的主要任务 3. 本計画で展開する主なタスク
为推动“十四五”发展目标落实落地,《规划》部署了提高产业创新能力、夯实产业发展基础、增加高端产品供给、拓展应用深度广度、优化产业组织结构等五项主要任务。 第14次5カ年計画」の発展目標の実施を促進するために、産業革新能力の向上、産業発展の基礎固め、ハイエンド製品の供給拡大、アプリケーションの深さと幅の拡大、産業組織の構造の最適化など、5つの主要課題を展開しています。
一是提高产业创新能力。加强核心技术攻关,突破机器人系统开发、操作系统等共性技术,研发仿生感知与认知、生机电融合等前沿技术,推进人工智能、5G、大数据、云计算等新技术与机器人技术的融合应用。建立健全创新体系,推动重点研发机构加强技术研究和成果转化,鼓励骨干企业协同推动软硬件系统标准化和模块化,支持企业加强技术中心建设。 第一は、産業イノベーション能力の向上です。 コア技術の研究開発を強化し、ロボットのシステム開発やOSなどの共通技術を突破し、バイオニック知覚・認知、生体・機械・電気の融合などの先端技術を開発し、人工知能、5G、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの新技術とロボットの融合・応用を推進します。 健全なイノベーションシステムを確立し、主要な研究開発機関が技術研究と成果の変換を強化することを促進し、基幹企業が協力してソフトウェアとハードウェアシステムの標準化とモジュール化を推進することを奨励し、企業がテクノロジーセンターの建設を強化することを支援します。
二是夯实产业发展基础。补齐专用材料、核心元器件、加工工艺等短板,开发机器人控制软件、核心算法等。建立全国机器人标准化组织,健全机器人标准体系,加快急需标准研究制定及应用,积极参与国际标准化工作。鼓励企业加强试验验证能力建设,增强机器人检测与评定中心检测能力,推进中国机器人认证体系建设。 第二は、産業発展の基盤を固めることです。 特殊素材、コアコンポーネント、加工プロセスの欠点を補い、ロボット制御ソフトやコアアルゴリズムを開発する。 国家ロボット標準化組織を設立し、ロボット標準システムを改善し、必要性の高い標準とその応用の研究開発を加速し、国際標準化作業に積極的に参加します。 企業に対し、試験・検証能力の構築を強化し、ロボット試験・評価センターの試験能力を強化し、中国のロボット認証システムの構築を促進することを奨励します。
三是增加高端产品供给。面向制造业、采矿业、建筑业、农业等行业,以及家庭服务、公共服务、医疗健康、养老助残、特殊环境作业等领域需求,集聚优势资源,重点推进工业机器人、服务机器人、特种机器人重点产品的研制及应用,拓展机器人产品系列,提升性能、质量和安全性,推动产品高端化智能化发展。 第三は、ハイエンド製品の供給拡大です。 製造業、鉱業、建設業、農業などの産業や、家庭サービス、公共サービス、医療・健康、高齢者介護・障害者支援、特殊環境作業などの分野のニーズに応えるために、有利な資源を集め、産業用ロボット、サービス用ロボット、特殊ロボットの開発と応用の促進に注力し、ロボット製品シリーズの拡大、性能・品質・安全性の向上、ハイエンドのインテリジェント製品の開発を推進していきます。
四是拓展应用深度广度。鼓励用户单位和机器人企业、整机企业和零部件企业联合开展技术试验验证。推动机器人系统集成商开发细分领域解决方案。支持搭建应用推广平台,组织产需对接。推进机器人应用场景开发和产品示范推广。加快医疗、养老、电力、矿山、建筑等领域机器人准入标准制订、产品认证或注册,鼓励企业建立产品体验中心。探索建立新型租赁服务平台,发展智能云服务等新型商业模式。 第四は、アプリケーションの深さと幅の拡大です。 ユーザーユニットとロボット企業、完成機企業と部品企業が共同で技術テストと検証を行うことを奨励する。 ニッチな分野でのソリューションを開発するロボットシステムインテグレーターを推進する。 アプリケーション・プロモーション・プラットフォームの構築を支援し、生産と需要のドッキングを整理する。 ロボットの活用シーンの開発や製品のデモンストレーション・プロモーションを推進する。 ヘルスケア、高齢者介護、電力、鉱業、建設などの分野におけるロボットの参入基準や製品認証・登録の開発を加速し、企業が製品体験センターを設立することを奨励する。 新たなレンタルサービスプラットフォームの構築や、インテリジェントクラウドサービスなどの新たなビジネスモデルの開発を模索する。
五是优化产业组织结构。培育壮大优质企业,推动企业成长为具有生态主导力和核心竞争力的领航企业,打造一批专精特新“小巨人”企业和单项冠军企业。推进强链固链稳链,支持产业链上中下游协同创新,加快短板产品的研发、验证和迭代,推动机器人产业链供应链多元化。打造优势特色集群,推动合理区域布局,培育创新能力强、产业环境好的优势集群,支持集群聚焦细分领域塑造特色集群品牌。 第五は、産業組織の最適化です。 質の高い企業を育成・強化し、企業が生態的優位性とコア競争力を備えた一流企業に成長することを促進し、多くの専門的・特殊な「小巨人」企業と単一のチャンピオン企業を創出する。 チェーンの強化と安定化を促進し、産業チェーンの上・中・下層部の共同イノベーションを支援し、ショートカット製品の研究開発・検証・反復を加速し、ロボット産業チェーンのサプライチェーンの多様化を促進する。 特別な特徴を持つ有利なクラスターを作り、合理的な地域レイアウトを推進し、強いイノベーション能力と良好な産業環境を持つ有利なクラスターを育成し、クラスターがニッチな分野に集中して特別なクラスターブランドを形成することを支援します。
四、推动《规划》贯彻实施的保障措施 4. 計画の実施を促進するためのセーフガード対策
为强化贯彻实施,《规划》提出了五项保障措施。 計画の実施を強化するために、計画では5つのセーフガード対策を打ち出しています。
一是强化统筹协调推进。统筹各部门资源和力量,支持产业创新发展。鼓励各地制定针对性政策措施,指导产业健康发展。发挥行业协会、中介组织作用,加强产业动态监测并及时反馈问题建议。 第一は、調整と促進の強化です。 産業の革新的な発展をサポートするために、様々な部門の資源と力を調整する。 産業の健全な発展を導くために、各地域が目標とする政策や措置を策定することを奨励します。 業界団体や中間組織の役割を果たし、業界のダイナミクスのモニタリングを強化し、問題や提案をタイムリーにフィードバックします。
二是加大财税金融支持。加强国家重大科技项目、国家重点研发计划等对机器人研发应用的支持。优化首台(套)重大技术装备保险补偿机制试点工作,发挥政府采购作用,促进机器人创新产品应用。落实好研发费用加计扣除等税收政策。推动各类产业基金投入,支持符合条件的企业上市。鼓励产融合作试点城市加大对机器人企业的投入,引导金融机构创新服务模式。 第二は、財政・金融支援の強化です。 国家の主要な科学技術プロジェクトや国家の重要な研究開発プログラムによるロボットの研究開発と応用への支援を強化します。 最初の(一連の)主要技術設備に対する保険補償メカニズムのパイロット作業を最適化し、革新的なロボット製品の適用を促進するために政府調達の役割を果たします。 研究開発費の控除などの税制上の施策を実施する。 各種産業ファンドの投資を促進し、対象となる企業の上場を支援します。 ロボット企業への投資を増やすために、産業統合のパイロット都市を奨励し、金融機関がサービスモデルを革新するよう指導します。
三是营造良好市场环境。完善行业规范条件,加大实施和采信力度。支持第三方检测认证机构能力建设。加强知识产权保护,加大知识产权侵权行为惩治力度。规范市场招标采购,禁止设立歧视性条款。开展机器人伦理道德和法律法规研究。 第三は、良好な市場環境の構築です。 業界の仕様条件を改善し、導入・採用の取り組みを強化します。 第三者検証・認証機関の能力向上を支援します。 知的財産権の保護を強化し、知的財産権侵害に対する罰則を強化します。 市場での入札・調達を規制し、差別的な条件の設定を禁止します。 ロボットの倫理や法規制に関する調査を行います。
四是健全人才保障体系。支持高校和科研院所培养专业技术和复合型高端人才。推进新工科建设,鼓励校企联合开展产学合作协同育人项目,共建现代产业学院,推行订单培养、现代学徒制等模式,培养产业发展急需人才。实施职业技能提升行动,支持开展企业职工技能提升和转岗转业培训。支持举办各类机器人大赛,加大青少年科普工作力度。 第四は、健全な人材育成システムの改善です。 大学や研究機関が専門的・技術的・複合的なハイエンド人材を育成することを支援します。 新しい工学分野の構築を促進し、学校と企業が共同で産学連携・共同教育プロジェクトを実施することを奨励し、近代工業大学を共同で建設し、オーダートレーニングや近代的な徒弟制度などのモデルを実施し、産業の発展に緊急に必要な人材を育成します。 職業技能向上アクションを実施し、企業の労働者のための技能向上および職業転換トレーニングの開発を支援します。 様々なロボット競技会の開催を支援し、若者に科学を普及させる取り組みを強化します。
五是深化国际交流合作。在技术、标准、检测认证、知识产权、人才培养等领域开展国际交流合作。鼓励国外企业与机构在华设立研发机构、教育培训中心等,支持国内企业在发达国家设立研发机构。充分利用多双边合作机制,推进机器人产品和解决方案“走出去”。 第五は、国際交流・協力の進化です。 技術、規格、試験・認証、知的財産権、人材育成などの分野で、国際的な交流・協力が行われます。 海外の企業や機関が中国に研究開発機関や教育訓練センターなどを設立することを奨励し、国内の企業が先進国に研究開発機関を設立することを支援します。 多国間協力の仕組みを活用し、ロボット製品やソリューションの「外への発信」を促進します。

 

計画本文...

・[PDF] “十四五”机器人产业发展规划 [downloaded]

20211230-72046

目次です。。。

一、现状与形势 1. 現状と状況
二、总体要求 2. 一般要求事項
(一)指导思想 (1) 指導原則
(二)发展目标 (2) 開発目標
三、主要任务 3. 主なタスク
(一)提高产业创新能力 (1) 産業イノベーション能力の向上
(二)夯实产业发展基础 (2) 産業発展の基盤を固める
(三)增加高端产品供给 (3) ハイエンド製品の供給拡大
(四)拓展应用深度广度 (4) アプリケーションの深さと幅の拡大
(五)优化产业组织结构 (5) 産業組織の最適化
四、保障措施 4. セーフガード対策
(一)强化统筹协调推进 (1) 調整と促進の強化
(二)加大财税金融支持 (2) 財政・金融支援の強化
(三)营造良好市场环境 (3) 良好な市場環境の構築
(四)健全人才保障体系 (4) 健全な人材育成システム
(五)深化国际交流合作 (5) 国際交流・協力の深化

 

 ・[DOCX] 仮訳

 

人民日報

2022.12.29 工信部:2035年,机器人成为人民生活重要组成部分 ネットワークセキュリティ・情報化中央委員会が「第14次5ヵ年国家情報化計画」を発表

 

工信部:2035年,机器人成为人民生活重要组成部分 工業情報化部: 2035年までに、ロボットは人々の生活の重要な一部になるだろう
28日,《“十四五”机器人产业发展规划》(以下简称《规划》)发布,工信部举行新闻发布会对其进行了介绍。工信部装备工业一司司长王卫明称,我国已经成为支撑世界机器人产业发展的一支重要力量。 産業・情報技術省は、28日に発表した「ロボット産業発展のための第14次5ヵ年計画」(以下、本計画)を紹介する記者会見を行いました。 工業情報化部機器産業部の王偉明部長は、「中国は世界のロボット産業の発展を支える重要な力になっている」と語りました。
据介绍,我国机器人产业总体规模快速增长,2020年营业收入首次突破1000亿元;技术水平稳步提升,核心部件加速突破,整机性能持续增强;行业应用深入拓展,工业机器人已在国民经济52个行业大类、143个行业中类广泛应用,服务机器人在教育、医疗、农业等领域大显身手,特别是在疫情防控和复工复产过程当中,机器人发挥了重要作用。 それによると、中国のロボット産業の全体的な規模は急速に拡大しており、2020年には事業収益が初めて1,000億元を超え、技術レベルは着実に向上しており、中核部品の躍進が加速し、完成した機械の性能が継続的に向上しています。産業用途は深く拡大しており、産業用ロボットは国民経済の52の産業カテゴリー、143の産業で広く使用されており、サービスロボットは教育、医療、農業などの分野で登場しています。 特に、疫病の予防や制御、仕事や生産の再開の過程では、ロボットが重要な役割を果たしています。
《规划》立足机器人产业高质量发展,从技术、规模、应用、生态等角度提出了未来5年至15年的发展目标,也就是到2025年,我国成为全球机器人技术创新策源地、高端制造集聚地和集成应用新高地。到2035年,我国机器人产业综合实力达到国际领先水平,机器人成为经济发展、人民生活、社会治理的重要组成。 この計画は、ロボット産業の質の高い発展を前提とし、技術、規模、応用、生態の観点から、今後5~15年の発展目標を定めています。すなわち、2025年までに、中国がロボット技術革新の世界的な発信地、ハイエンド製造拠点の集積地、統合的な応用のための新たな高地となることを目指しています。 2035年には、中国のロボット産業の総合力は国際的にも有数のレベルに達し、ロボットは経済発展、人々の生活、社会統治の重要な構成要素となるでしょう。
“到2025年,一批机器人核心技术和高端产品取得突破,整机综合指标达到国际先进水平,关键零部件性能和可靠性达到国际同类产品水平。机器人产业营业收入年均增速超过20%。形成一批具有国际竞争力的领军企业及一大批创新能力强、成长性好的专精特新‘小巨人’企业,建成3个至5个有国际影响力的产业集群。制造业机器人密度实现翻番。”王卫明介绍。 王偉明部長は、「2025年までに、多くのコア・ロボット技術とハイエンド製品が躍進し、機械全体の総合指数が国際的な先進レベルに達し、主要部品の性能と信頼性が類似製品の国際的なレベルに達するでしょう。 ロボット産業の営業利益の年平均成長率は20%を超える。 国際的な競争力を持つ多数の有力企業と、強いイノベーション能力を持ち、良好な成長を遂げている多数の特化した新しい「小さな巨人」企業が形成され、国際的な影響力を持つ3~5の産業クラスターが構築されることになる。 製造業におけるロボットの密度は2倍になる」と述べました。
中国机器人产业联盟执行理事长兼秘书长宋晓刚称,未来机器人应用广泛。例如在特种机器人方面,重点研制水下探测、作业、深海矿产资源开发等水下机器人,安保巡逻、反恐防暴、交通管理、边防管理等安防机器人,消防、应急救援、安全巡检、核工业操作等危险环境作业机器人,检验采样、消毒清洁、辅助巡诊查房、重症护理辅助操作等卫生防疫机器人。 中国ロボット産業アライアンスのエグゼクティブ・ディレクター兼事務局長であるSong Xiaogang氏は、今後のロボットの応用範囲は多岐にわたると述べています。 例えば、特殊ロボットでは、水中探査・作業、深海鉱物資源開発、警備パトロール、反テロ・暴動取締り、交通管理、国境管理などのセキュリティロボット、消防・救急救命、安全検査、原子力産業作業などの危険環境作業ロボット、検査・サンプリング、消毒・洗浄、補助巡回・室内点検、集中治療補助作業などの健康予防ロボットの開発に重点が置かれています。
不过王卫明也指出,与国外先进水平相比,我国机器人产业仍存在着技术积累不足、产业基础薄弱、高端供给缺乏等问题。“比如原创性研究、理论研究、正向设计能力欠缺;关键零部件质量稳定性、可靠性等还不能满足高性能整机的需求;高速、高精、重载等高性能整机产品供给缺乏等。” しかし、王偉明部長は、海外の先進レベルと比較して、中国のロボット産業はまだ技術の蓄積が不十分で、産業基盤が弱く、ハイエンドの供給が不足しているとも指摘しています。 「例えば、独創的な研究、理論的な研究、積極的な設計能力が不足していること、主要部品の品質安定性、信頼性などが高性能完成機のニーズを満たすことができていないこと、高速、高精度、ヘビーデューティーなどの高性能完成機の製品供給が不足していることなどが挙げられる。」
针对我国机器人产业的不足,王卫明称,“十四五”时期为加快提升机器人产业基础能力,《规划》从三个方面作出相关部署。一是补齐产业发展短板。重点补齐专用材料、核心元器件、加工工艺等短板,提升机器人关键零部件的功能、性能和可靠性;开发机器人控制软件、核心算法等,提高机器人控制系统的功能和智能化水平。 中国のロボット産業の欠点を受けて、王維明部長は、「第14次5カ年計画」期間中にロボット産業の基礎能力の向上を加速するために、3つの側面から「計画」を関連して展開すると述べました。 第一に、産業発展の欠点の補完です。 具体的には、特殊素材やコア部品、加工技術の欠点を補い、ロボットの主要部品の機能・性能・信頼性を向上させることや、ロボット制御ソフトウェアやコアアルゴリズムを開発し、ロボット制御システムの機能・知能を向上させることなどが挙げられます。
二是加强标准体系建设。建立全国机器人标准化组织,发挥国家技术标准创新基地(机器人)的技术标准创新作用,持续推进机器人标准化工作;健全机器人标准体系,加快急需标准研究制定,加强标准应用推广;积极参与国际标准化工作。 第二に、標準システムの構築強化です。 国家ロボット標準化組織を設立し、国家技術標準革新基地(ロボット)の技術標準革新の役割を果たし、ロボット標準化を継続的に推進する;ロボット標準システムを改善し、必要性の高い標準の研究開発を加速し、標準の適用と普及を強化する;国際標準化作業に積極的に参加します。
三是提升检测认证能力。鼓励企业加强试验验证能力建设,强化产品检测,提高质量与可靠性;增强机器人检测与评定中心检测能力,满足企业检测认证服务需求;推进中国机器人认证体系建设。 第三に、検査・認証機能の強化です。 企業に対し、試験・検証能力の構築、製品試験の強化、品質・信頼性の向上を促し、ロボット試験・評価センターの試験能力を強化して企業の試験・認証サービスのニーズに応え、中国のロボット認証システムの構築を促進します。 

 

| | Comments (0)

2021.12.03

米国 米国連邦議会諮問委員会 米中経済・安全保障調査委員会の報告書

こんにちは、丸山満彦です。

米国連邦議会諮問委員会 米中経済・安全保障調査委員会の報告書が公表されていたのですが、551ページもあるので、なえていましたが、そろそろ読まなければならないという気もしますが、でもなえてしまいます(^^;;

これも米国における一つの見方と考えたほうがよいのだろうと思います。どこの国でもそうですが、1つの考え方でまとまっているわけではない。。。

● U.S.-CHINA ECONOMIC AND SECURITY REVIEW COMMISSION

・2021.11.17 2021 Annual Report to Congress

 

[PDF] Executive Summary

20211203-34126

[PDF] Annual Report to Congress

20211203-34838

[PDF] Recommendations to Congress

20211203-35032
ーーーーーーーーーー

Chapter 1 U.S.-China Global Competition 第1章 米中のグローバル競争
Chapter 1 Section 1 - The Chinese Communist Party's Ambitions and Challenges at Its Centennial 第1章 第1節 創立100周年を迎えた中国共産党の野望と課題
Chapter 1 Section 2 - China's Influence in Latin America and the Caribbean 第1章 第2節 ラテンアメリカ・カリブ地域における中国の影響力
Chapter 2 U.S.-China Economic and Trade Relations 第2章 米中の経済・貿易関係
Chapter 2 Section 1 - Year in Review: Economics and Trade 第2章 第1節 年間レビュー:経済と貿易
Chapter 2 Section 2 - CCP's Economic & Technological Ambitions: Synthetic Bio, New Mobility, Cloud Computing, & Digital Currency 第2章 第2節 中国共産党の経済的・技術的な野望:合成生物学、新しいモビリティ、クラウドコンピューティング、デジタル通貨
Chapter 2 Section 3 - The Chinese Government's Evolving Control of the Nonstate Sector 第2章 第3節 進化する中国政府の非国家部門のコントロール
Chapter 2 Section 4 - U.S.-China Financial Connectivity and Risks to U.S. National Security 第2章 第4節 米中の金融連携と米国の国家安全保障へのリスク
Chapter 3 U.S.-China Security, Politics, and Foreign Affairs 第3章 米中の安全保障、政治、外交関係
Chapter 3 Section 1 - Year in Review: Security, Politics, and Foreign Affairs 第3章 第1節 年間レビュー:安全保障、政治、外交
Chapter 3 Section 2 - China’s Nuclear Forces: Moving beyond a Minimal Deterrent 第3章 第2節 中国の核戦力:最小限の抑止力を超えて
Chapter 4 - Dangerous Period for Cross-Strait Deterrence: Chinese Military Capabilities & Decision-Making for a War over Taiwan 第4章 両岸抑止力の危険期:台湾戦争を想定した中国の軍事力と意思決定
Chapter 5 - Hong Kong's Government Embraces Authoritarianism 第5章 権威主義に染まる香港政府

 


参考

JETRO

・2021.11.26 米議会の米中調査委員会、年次報告で米企業の対中投資の審査制度を提言

 

関連

● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.11.17 中国 党創立100周年闘争の主要な成果と歴史的経験に関する中共中央委員会の決議(全文)


 

Continue reading "米国 米国連邦議会諮問委員会 米中経済・安全保障調査委員会の報告書"

| | Comments (0)

2021.11.09

ロシア 政府は産業界のデジタル変革の戦略的方向性に関する命令を承認し、社会的領域のデジタル変革のためのプロジェクトを承認したようですね。。。

こんにちは、丸山満彦です。

ロシア連邦が、産業界のデジタル変革の戦略的方向性に関する命令を承認し、社会的領域のデジタル変革のためのプロジェクトを承認したようですね。。。

産業界のデジタル変革としては、

  1. 人工知能
  2. ロボット工学
  3. IoT
  4. 拡張現実技術 (AR)
  5. 新しい生産技術
  6. 通信技術

という6つの領域に力をいれるということのようです。

これは、

・2020.07.21 大統領令第474号「2030年までのロシア連邦の国家開発目標

・2020.12.31 大統領令第2242号「人工知能に関する会議の結果に基づくリスト

に基づくものということのようですね。。。そして、

・2016.12.01 大統領令第642号「ロシア連邦の科学技術開発戦略について」で承認された「ロシア連邦の科学技術開発戦略」。

・2017.05.13 大統領令第208号「2030年までのロシア連邦の経済安全保障戦略について」で承認された「2030年までのロシア連邦の経済安全保障戦略」

・2019.02.13 ロシア連邦政府令No.207-r「2025年までの空間開発戦略について」により承認された、「2025年までのロシア連邦の空間開発戦略」。

・2020.06.06 「ロシア連邦政府令No.1512-r」によって承認された「2024年までのロシア連邦の製造業の発展のための連結戦略」と「2035年までの期間のための連結戦略」

参考

と連携したものとなっているようです。。。

 

産業界のデジタル変革の戦略的方向性

・2021.11.08 Правительство утвердило распоряжение о стратегическом направлении цифровой трансформации обрабатывающей промышленности

・[PDF] ПРАВИТЕЛЬСТВО РОССИЙСКОЙ ФЕДЕРАЦИИ - РАСПОРЯЖЕНИЕ от 6 ноября 2021 г. № 3142-р

20211109-60737

副首相の運用会議

・2021.11.08 Оперативное совещание с вице-премьерами

 

社会的領域のデジタル変革のためのプロジェクトを承認

・2021.11.08 Правительство утвердило проекты по цифровой трансформации социальной сферы

 

 

ロシアのデジタル経済プロジェクトに関するウェブページ

Национальная программа «Цифровая экономика Российской Федерации»


| | Comments (0)

2021.09.26

独国 サイバーセキュリティ戦略2021 at 2021.09.08

こんにちは、丸山満彦です。

ドイツがサイバーセキュリティ戦略 2021を2021.09.08に発表していましたね。。。

「サイバーセキュリティはデジタル化を成功させるための前提条件」というのがキーメッセージですかね。。。

 

Bundesministerium des Innern, für Bau und Heimat (内務省(建設・国土担当))

・2021.09.08 (press) Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021 beschlossen

 

Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021 beschlossen ドイツ2021年のサイバーセキュリティ戦略を採択
Seehofer: "Die Cybersicherheit ist Voraussetzung dafür, dass die Digitalisierung gelingt" ゼーホーファー:サイバーセキュリティはデジタル化を成功させるための前提条件
Das Bundeskabinett hat heute die vom Bundesminister des Innern, für Bau und Heimat vorgelegte "Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021" beschlossen. Sie bildet den Rahmen für die Cybersicherheit für die nächsten fünf Jahre. 連邦内閣は本日、連邦内務大臣(建設・国土担当)が提示した「ドイツの2021年のサイバーセキュリティ戦略」を承認しました。この戦略は、今後5年間のサイバーセキュリティの枠組みを提供するものです。
Die Cybersicherheit ist eine Aufgabe der Gegenwart und eine der wichtigsten Aufgaben für die Zukunft. Unsere Zeit ist geprägt von neuen Möglichkeiten einer digitalisierten Welt, wie künstliche Intelligenz (KI), vernetzte elektronische Geräte und neue innovative Kommunikationskanäle. Um die Chancen der Digitalisierung ausschöpfen zu können, müssen die Risiken minimiert werden. サイバーセキュリティは、現在の課題であると同時に、将来に向けた最も重要な課題のひとつです。私たちの時代は、人工知能(AI)、ネットワーク化された電子機器、新しい革新的な通信チャネルなど、デジタル化された世界の新たな機会に特徴づけられます。デジタル化の機会を活用するためには、リスクを最小限に抑えなければなりません。
Bundesminister des Innern, für Bau und Heimat Horst Seehofer: "Die Gefährdungslage im Cyberraum ist sehr hoch. Der Staat hat gemeinsam mit Wirtschaft und Gesellschaft Sorge dafür zu tragen, dass die neuen Technologien sicher, frei und selbstbestimmt nutzbar sind.  Dazu gehören gut ausgestattete Sicherheitsbehörden, ein effektiver Schutz von kritischen Infrastrukturen und Wirtschaftsunternehmen und mehr Sicherheit für die Bürgerinnen und Bürger im digitalen Raum. Cybersicherheit ist kein notwendiges Übel, sondern Voraussetzung dafür, dass die Digitalisierung gelingt." ホルスト・ゼーホーファー連邦内務大臣(建設・内務担当)は、「サイバー空間における脅威のレベルは非常に高い。国は、産業界や社会と協力して、新しいテクノロジーを安全に、自由に、自己決定に基づいて利用できるようにしなければなりません。 これには、十分な装備を備えたセキュリティ当局、重要なインフラや商業企業の効果的な保護、デジタル空間における市民の安全性の向上などが含まれます。サイバーセキュリティは必要悪ではなく、デジタル化を成功させるための前提条件なのです」と述べています。
Die Cybersicherheitsstrategie konzentriert sich auf die vier Handlungsfelder Gesellschaft, Wirtschaft, Staat und EU/Internationales. In den Handlungsfeldern werden 44 strategische Ziele beschrieben. Neue Schwerpunkte werden u.a. mit folgenden Zielen gesetzt: サイバーセキュリティ戦略は、社会、経済、国家、EU/国際の4つの行動分野に焦点を当てています。行動分野は、44の戦略目標を記述しています。新たな優先事項は、特に以下の目標で設定されています。
Das Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik (BSI) soll zu einer Zentralstelle im Bund-Länder-Verhältnis ausgebaut werden und somit – neben dem Bundeskriminalamt im Polizeiwesen und dem Bundesamt für Verfassungsschutz im Verfassungsschutzverbund – zur dritten Säule einer föderal integrierten Cybersicherheitsarchitektur weiterentwickelt werden. 連邦情報セキュリティ局(BSI)は、連邦と国家の関係における中央機関に拡大され、警察制度における連邦刑事警察局および憲法保護ネットワークにおける連邦憲法保護局とともに、連邦的に統合されたサイバーセキュリティ・アーキテクチャーの第3の柱としてさらに発展することになります。
Die Strategie stärkt die Digitale Souveränität und damit die sichere Digitalisierung unseres Landes. Hierzu wird die deutsche Digitalwirtschaft durch gezielte Förderung von Schlüsseltechnologien und die Vernetzung mit relevanten Forscherinnen und Forschern vorangebracht. Für Schlüssel- und Zukunftstechnologien wird der Security-by-Design-Ansatz von Anfang an berücksichtigt. この戦略は、デジタル主権を強化し、その結果、わが国の安全なデジタル化を実現するものである。この目的のために、ドイツのデジタル経済は、鍵となる技術に的を絞った資金提供と、関連する研究者とのネットワークを通じて促進されます。鍵となる技術や将来のテクノロジーについては、最初からセキュリティ・バイ・デザインのアプローチが考慮されます。
Die "Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021" ersetzt die "Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2016". Die Strategie beschreibt die grundsätzliche, langfristige Ausrichtung der Cybersicherheitspolitik der Bundesregierung in Form von Leitlinien, Handlungsfeldern und strategischen Zielen. 2021年のドイツのサイバーセキュリティ戦略は、「2016年のドイツのサイバーセキュリティ戦略」に代わるものです。この戦略は、ドイツ政府のサイバーセキュリティ政策の基本的かつ長期的な方向性を、ガイドライン、行動分野、戦略目標の形で記述しています。
Die einzelnen Ziele der Strategie werden transparent und messbar aufbereitet, so dass in Zukunft nachvollzogen werden kann, welcher Entwicklungsstand in jedem der einzelnen Bereich erreicht wurden.  戦略の個々の目標は、透明性のある測定可能な方法で提示されており、将来的に個々の分野で達成された開発のレベルを追跡することが可能です。

 

・[PDF] Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021

20210926-60648

 

・2021.09.08 Bundesinnenminister Seehofer: "Damit Digitalisierung gelingt, brauchen wir Cybersicherheit"

Bundesinnenminister Seehofer: "Damit Digitalisierung gelingt, brauchen wir Cybersicherheit" ゼーホーファー内務大臣:デジタル化を成功させるためには、サイバーセキュリティが必要
Die Bundesregierung setzt auf gut ausgestattete Sicherheitsbehörden, einen effektiven Schutz kritischer Infrastrukturen und Wirtschaftsunternehmen sowie mehr Sicherheit für Bürgerinnen und Bürger im digitalen Raum. 連邦政府は、十分に装備されたセキュリティ当局、重要なインフラや商業企業の効果的な保護、そしてデジタル空間における市民のためのセキュリティ強化に注力しています。
Heute hat die Bundesregierung eine Strategie für ihr cybersicherheitspolitisches Handeln in den nächsten fünf Jahren beschlossen. "Cybersicherheit ist kein notwendiges Übel, sondern Voraussetzung dafür, dass die Digitalisierung gelingt", betonte der Bundesminister des Innern, für Bau und Heimat, Horst Seehofer, im Anschluss an die Kabinettssitzung im Bundeskanzleramt. 本日、連邦政府は、今後5年間のサイバーセキュリティ政策の取り組みに関する戦略を採択しました。ホルスト・ゼーホーファー内務大臣は、連邦首相官邸で行われた閣議の後、「サイバーセキュリティは必要悪ではなく、デジタル化を成功させるための必須条件である」と強調しました。
Bei einer hohen Gefährdungslage im Cyberraum müssten sich Staat, Wirtschaft und Gesellschaft gemeinsam um die sichere und freie Nutzung neuer Technologien kümmern. "Dazu gehören gut ausgestattete Sicherheitsbehörden, ein effektiver Schutz von kritischen Infrastrukturen und Wirtschaftsunternehmen und mehr Sicherheit für die Bürgerinnen und Bürger im digitalen Raum", so der Minister. ゼーホーファー内務大臣は、連邦首相官邸で行われた閣議の後、「サイバー空間における脅威のレベルは高く、国家、企業、社会が協力して新しいテクノロジーを安全かつ自由に利用しなければならない」と述べました。「これには、十分な装備を備えた治安当局、重要なインフラや商業企業の効果的な保護、デジタル空間における市民の安全性の向上などが含まれます」と述べました。
Digitalisierung weiterhin sicher voranbringen デジタル化を安全に進めていく
So will die Bundesregierung das dem Bundesinnenministerium unterstellte Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik (BSI) in den nächsten Jahren zur zentralen Stelle für die Zusammenarbeit von Bund und Ländern ausbauen. そのため、連邦政府は、連邦内務省の下部組織である連邦情報セキュリティ局(BSI)を拡大し、今後数年のうちに連邦政府と各州の協力関係の中心的な機関とする意向です。
Um die Digitalisierung weiterhin sicher voranzubringen, will die Bundesregierung Schlüsseltechnologien in der deutschen Digitalwirtschaft gezielt fördern und Forscherinnen und Forscher auf diesem Gebiet besser vernetzen. デジタル化を確実に進めていくために、連邦政府はドイツのデジタル経済における鍵となる技術を特に推進し、この分野の研究者をよりよくネットワーク化したいと考えています。
Bei den staatlichen Akteuren der Cybersicherheit geht es neben Kompetenzverteilung und Zusammenarbeit zwischen den Behörden vor allem um den Ausbau von Fähigkeiten und Befugnissen für die neuen Herausforderungen im Cyberraum. サイバーセキュリティにおける国家アクターの場合、権限の分配や当局間の協力に加えて、サイバー空間における新たな課題に対する能力と権限の拡大が主な課題となっています。
Mehr als 70 Akteure aus Wirtschaft, Wissenschaft, Gesellschaft und Staat beteiligt 企業、科学、社会、政府から70人以上の関係者が参加
Die Cybersicherheitsstrategie für Deutschland definiert den strategischen Rahmen für die Cybersicherheitspolitik in den nächsten fünf Jahren. Nach einer breiten öffentlichen Diskussion waren über 70 Akteurinnen und Akteure aus Wirtschaft, Wissenschaft, Gesellschaft und Staat in die Entwicklung der Strategie eingebunden. ドイツのサイバーセキュリティ戦略は、今後5年間のサイバーセキュリティ政策の戦略的枠組みを定めたものです。広範な公開討論を経て、企業、科学、社会、国からの70人以上のステークホルダーが戦略の策定に参加しました。
Die Strategie beschreibt die grundsätzliche, langfristige Ausrichtung der Cybersicherheitspolitik der Bundesregierung. Gemeinsam mit den Cybersicherheitsstrategien der Länder bildet sie die Grundlage für eine enge föderale Zusammenarbeit in diesem Bereich. Sie ist außerdem Teil der Europäischen Cybersicherheitsstrategie für die Gestaltung der digitalen Zukunft Europas. この戦略は、連邦政府のサイバーセキュリティ政策の基本的かつ長期的な方向性を示しています。また、各州のサイバーセキュリティ戦略と合わせて、この分野における連邦政府の緊密な協力関係の基礎を形成しています。また、「欧州のデジタルな未来を形作るための欧州サイバーセキュリティ戦略」の一環でもあります。

 

 

1 Inhaltsverzeichnis 1.目次
2 Zusammenfassung (Management Summary) 2 マネージメントサマリー
3 Einleitung 3 はじめに
4 Zielstellung der Cybersicherheitsstrategie 2021 4 「サイバーセキュリティ戦略2021」の目的
5 Cyberbedrohungslage 5.サイバー脅威の状況
5.1 Angriffsvektoren – welche Einfallstore ermöglichen den Angriff? 5.1 攻撃ベクター - どのゲートウェイが攻撃を可能にするか?
5.2 Bedrohungen – welche Entwicklungen werden bei Cyberangriffen festgestellt? 5.2 脅威-サイバー攻撃の傾向は?
5.2.1 Cyberkriminalität 5.2.1 サイバー犯罪
5.2.2 Staatlich motivierte Cyberangriffe 5.2.2 国家主導のサイバー攻撃
5.2.3 Cyberangriffe im Rahmen hybrider Bedrohungen 5.2.3 ハイブリッドな脅威の中でのサイバー攻撃
5.3 Assets – welche Güter sind bedroht? 5.3 資産 - どの資産が脅かされているのか?
5.4 Fazit 5.4 結論
6 Die Cybersicherheitslandschaft in Deutschland 6 ドイツのサイバーセキュリティ事情
6.1 Zivilgesellschaftliche Initiativen und Akteure 6.1 市民社会の取り組みと関係者
6.2 Wissenschaftliche Initiativen und Akteure 6.2 科学的イニシアチブと関係者
6.3 Wirtschaftliche Akteure und Initiativen 6.3 経済活動の主体と取り組み
6.4 Staatliche Initiativen und Akteure 6.4 政府の取り組みと関係者
6.4.1 Strategische Ebene 6.4.1 戦略レベル
6.4.2 Operative Ebene 6.4.2 運用レベル
6.4.3 Die Zusammenarbeit zwischen Bund und Ländern 6.4.3 連邦政府と州政府の協力関係
7 Leitlinien der Cybersicherheitsstrategie 7 サイバーセキュリティ戦略の指針
7.1 Leitlinie: „Cybersicherheit als eine gemeinsame Aufgabe von Staat, Wirtschaft, Wissenschaft und Gesellschaft etablieren“ 7.1 指針:「サイバーセキュリティを国、企業、科学、社会の共同作業として確立すること」。
7.2 Leitlinie: „Digitale Souveränität von Staat, Wirtschaft, Wissenschaft und Gesellschaft stärken“ 7.2 指針:「国家、企業、科学、社会のデジタル主権を強化する」
7.3 Leitlinie: „Digitalisierung sicher gestalten“ 7.3 指針:「デジタル化を安全にする」
7.4 Leitlinie: „Ziele messbar und transparent ausgestalten“ 7.4 指針:「目標は測定可能で透明性のあるものにする」
8 Handlungsfelder der Cybersicherheitsstrategie 8 サイバーセキュリティ戦略の行動分野
8.1 Handlungsfeld 1: Sicheres und selbstbestimmtes Handeln in einer digitalisierten Umgebung 8.1 行動分野1:デジタル化された環境における安全で自己決定的な行動
8.1.1 Digitale Kompetenzen bei allen Anwenderinnen und Anwendern fördern 8.1.1 すべてのユーザーのデジタルコンピテンシーの促進
8.1.2 Anwenderfreundlichkeit sicherheitstechnischer Lösungen steigern 8.1.2 セキュリティソリューションの使いやすさの向上
8.1.3 Staatliche Angebote des digitalen Verbraucherschutzes ausbauen 8.1.3 デジタル消費者保護に関する州の提案の拡大
8.1.4 Europäisch einheitliche Sicherheitsanforderungen 8.1.4 欧州統一のセキュリティ要件
8.1.5 Sichere elektronische Identitäten gewährleisten 8.1.5 安全な電子アイデンティティの確保
8.1.6 Elektronische Identitäten (von Personen und Dingen) im weiteren Sinne und Authentizität und Integrität von Algorithmen, Daten und Dokumenten absichern 8.1.6 広義の(人や物の)電子的なアイデンティティと、アルゴリズム、データ、文書の真正性・完全性の確保
8.1.7 Voraussetzungen für sichere elektronische Kommunikation und sichere Web-Angebote schaffen 8.1.7 安全な電子通信および安全なウェブ提供のための条件の整備
8.1.8 Verantwortungsvoller Umgang mit Schwachstellen – Coordinated Vulnerability Disclosure fördern 8.1.8 脆弱性の責任ある取り扱い-協調的な脆弱性開示の推進
8.1.9 Verschlüsselung als Voraussetzung eines souveränen und selbstbestimmten Handelns flächendeckend einsetzen 8.1.9 主権を持った自己決定権のある行動の前提条件として、暗号化を全面的に導入する。
8.1.10 IT-Sicherheit durch KI und IT-Sicherheit für KI gewährleisten 8.1.10 AIによるITセキュリティの確保、AIのためのITセキュリティの確保
8.2 Handlungsfeld 2: Gemeinsamer Auftrag von Staat und Wirtschaft 8.2 活動分野2:国家と経済の共同ミッション
8.2.1 Den NCSR in seiner Koordinierungsfunktion für die Cybersicherheitslandschaft stärken 8.2.1 サイバーセキュリティの状況を調整する役割を担うNCSRの強化
8.2.2 Die Zusammenarbeit von Staat, Wirtschaft, Wissenschaft und Zivilgesellschaft im Bereich der Cybersicherheit verbessern 8.2.2 サイバーセキュリティの分野における政府、企業、学界、市民社会の協力関係の向上
8.2.3 Eine kooperative Kommunikationsplattform zu Cyberangriffen zwischen Staat, Wirtschaft, Wissenschaft und Gesellschaft aufbauen 8.2.3 サイバー攻撃に関する政府、企業、学術界、社会の協力的なコミュニケーション・プラットフォームの構築
8.2.4 Unternehmen in Deutschland schützen 8.2.4 ドイツ国内の企業の保護
8.2.5 Die deutsche digitale Wirtschaft stärken 8.2.5 ドイツのデジタル経済の強化
8.2.6 Einen einheitlichen europäischen Regulierungsrahmen für Unternehmen schaffen 8.2.6 企業のための欧州統一の規制枠組みの構築
8.2.7 Forschung und Entwicklung resilienter, sicherer IT-Produkte, Dienstleistungen und Systeme für den EU-Binnenmarkt fördern 8.2.7 EU単一市場向けの回復力のある安全なIT製品、サービス、システムの研究開発を促進する。
8.2.8 Sicherheit von Zukunfts- und Schlüsseltechnologien im Sinne eines Security-by-Design-Ansatzes stärken 8.2.8 セキュリティ・バイ・デザインという意味での、将来の主要技術のセキュリティの強化
8.2.9 IT-Sicherheit durch Quantentechnologie gewährleisten 8.2.9 量子技術によるITセキュリティの確保
8.2.10 Prüf- und Abnahmeverfahren mit Innovationszyklen harmonisieren (Time-to-Market) 8.2.10 技術革新サイクル(市場投入までの時間)に合わせたテストおよび受け入れ手順の調和
8.2.11 Schutz Kritischer Infrastrukturen weiter verbessern 8.2.11 重要インフラ保護のさらなる向上
8.2.12 Cybersicherheitszertifizierung 8.2.12 サイバースペース認証
8.2.13 Telekommunikationsinfrastrukturen der Zukunft sichern 8.2.13 未来のセキュアな通信インフラ
8.3 Handlungsfeld 3: Leistungsfähige und nachhaltige gesamtstaatliche Cybersicherheitsarchitektur 8.3 行動分野3:効率的で持続可能な州全体のサイバー・セキュリティ・アーキテクチャ
8.3.1 Die Möglichkeiten des Bundes zur Gefahrenabwehr bei Cyberangriffen verbessern 8.3.1 サイバー攻撃を回避する連邦政府の能力の向上
8.3.2 Die technisch-operativen Einheiten des BSI zukunftsfähig ausgestalten und vernetzen 8.3.2 将来のためのBSIの技術・運用ユニットの設計とネットワーク化
8.3.3 Die institutionalisierte Zusammenarbeit zwischen dem BSI und den Ländern stärken 8.3.3 BSIと各州の間の制度的な協力関係の強化
8.3.4 Das Nationale Cyber-Abwehrzentrum weiterentwickeln 8.3.4 国家サイバー防衛センターのさらなる発展
8.3.5 Cyber- und Informationssicherheit der Bundesverwaltung stärken 8.3.5 連邦行政機関におけるサイバー・情報セキュリティの強化
8.3.6 Cybersicherheit im Umfeld von Wahlen erhöhen 8.3.6 選挙環境におけるサイバー・セキュリティの向上
8.3.7 Strafverfolgung im Cyberraum intensivieren 8.3.7 サイバースペースにおける法執行の強化
8.3.8 Zentrale Kompetenz- und Service-Dienstleistungen des BKA zur Bekämpfung von Cyberkriminalität ausbauen 8.3.8 サイバー犯罪対策のためのBKAの中心的能力とサービスの拡充
8.3.9 Sicherheit durch Verschlüsselung und Sicherheit trotz Verschlüsselung gewährleisten 8.3.9 暗号化によるセキュリティと暗号化されていてもセキュリティを確保する
8.3.10 Den verantwortungsvollen Umgang mit Zero-Day-Schwachstellen und Exploits fördern 8.3.10 ゼロデイ脆弱性およびエクスプロイトの責任ある取り扱いの推進
8.3.11 Die Digitale Souveränität der Sicherheitsbehörden durch den Ausbau der ZITiS stärken 8.3.11 ZITiSの拡大によるセキュリティ当局のデジタル主権の強化
8.3.12 Das Cybersicherheitsniveau durch gestärkte Vorfeldaufklärung erhöhen 8.3.12 展開前のインテリジェンスの強化によるサイバーセキュリティのレベルの向上
8.3.13 Verteidigungsaspekte der Cybersicherheit stärken 8.3.13 サイバー・セキュリティの防御面の強化
8.3.14 Das Telekommunikations- und Telemedienrecht und die Fachgesetze an den technologischen Fortschritt anpassen 8.3.14 電気通信法、テレメディア法及び専門法の技術的進歩との適合
8.4 Handlungsfeld 4: Aktive Positionierung Deutschlands in der europäischen und internationalen Cybersicherheitspolitik 8.4 活動分野4:欧州および国際的なサイバー・セキュリティ政策におけるドイツの積極的な位置づけ
8.4.1 Eine wirksame europäische Cybersicherheitspolitik aktiv gestalten 8.4.1 効果的な欧州のサイバー・セキュリティ政策の積極的な形成
8.4.2 Cybersicherheit und -verteidigung in der NATO mitgestalten 8.4.2 NATOにおけるサイバーセキュリティと防衛の形成に貢献
8.4.3 Völkerrecht und den normativen Rahmen für den Cyberraum stärken und auf verantwortliches Staatenverhalten hinwirken 8.4.3 国際法とサイバースペースに関する規範的枠組みの強化と国家の責任ある行動への取り組み
8.4.4 Vertrauensbildende Maßnahmen fördern 8.4.4 信頼醸成措置の推進
8.4.5 Bilaterale und regionale Unterstützung und Kooperation zum Auf- und Ausbau von Cyberfähigkeiten (Cyber Capacity Building) stärken 8.4.5 サイバーキャパシティビルディングのための二国間・地域間の支援・協力の強化
8.4.6 Internationale Zusammenarbeit bei der Strafverfolgung stärken und internationale Cyberkriminalität bekämpfen 8.4.6 国際的な法執行協力の強化と国際的なサイバー犯罪の撲滅
8.4.7 Gemeinsam in der EU an innovativen Lösungen für eine effektivere Bekämpfung von Kriminalität arbeiten 8.4.7 犯罪との戦いをより効果的にするための革新的なソリューションについてのEU内での協力
9 Umsetzung, Berichtswesen, Controlling und Evaluierung der Cybersicherheitsstrategie 9 サイバーセキュリティ戦略の実施、報告、管理、評価
9.1 Umsetzung 9.1 実装
9.2 Berichtswesen 9.2 報告
9.3 Controlling 9.3 コントロール
9.4 Evaluierungen der Cybersicherheitsstrategie 2021 9.4 「サイバーセキュリティ戦略2021」への評価
10 Glossar 10 用語集
11 Abkürzungsverzeichnis 11 略語のリスト

 

・英語版

・2021.09.08 Goals adopted in the area of cyber security

・[PDF] Cyber Security Strategy for Germany 2021 

 


■ 参考

■ U.S. の場合

・2018.09.20 President Trump Unveils America’s First Cybersecurity Strategy in 15 Years

・[PDF] NATIONAL CYBER STRATEGY of the United States of America


20210513-121917

・仮訳 [DOCX

 

■ EUの場合

European Commission

・2020.12.16 The EU's Cybersecurity Strategy in the Digital Decade

・[PDF] Factsheet

20210513-120625

 

■ UKの場合

● National Cyber Security Cntre

・2016.11.01 (Policy paper) National Cyber Security Strategy 2016 to 2021

The National Cyber Security Strategy 2016 to 2021 sets out the government's plan to make Britain secure and resilient in cyberspace.

・[PDF] National Cyber Security Strategy 2016 to 2021

20210513-131213

 

■ 中国の場合

 中央网络安全和信息化委员会办公室 (Cyberspace Administration of China)

 プレス発表

戦略全文

・2016.12.27 国家网络空间安全战略

・英語訳

・2016.12.27 National Cyberspace Security Strategy

 

■ ロシアの場合(NATO CCDCOEの論文)

● NATO CCDCOE

2020 [PDF] The Past, Present, and Future of Russia’s Cyber Strategy and Forces by Bilyana Lilly and Joe Cheravitch





■ インドの場合

Data Security Council of India

・2020.08.15 [PDF] National Cyber Security Strategy 2020

20210513-131956

 

| | Comments (0)

2021.09.10

米国 CSET AIの偶発事故:新たな脅威となる可能性

こんにちは、丸山満彦です。

米国ジョージタウン大学のCenter for Security and Emerging Technology: CSET が、AIの偶発事故が将来の人類の脅威になるという論文を7月に公表していました。。。

AIが偶発事故 (Accident) を起こす要因として、次の3つの失敗をあげています。

  • robustness failures (堅牢性の失敗)
  • specification failures (要件の失敗)
  • assurance failures (保証の失敗)

です。

そして、その失敗を引き起こす要因として、

  • fast-paced operation (高速処理)
  • system complexity (システムの複雑化)
  • competitive pressure. (競争上の圧力)
  • など

をあげています。

Center for Security and Emerging Technology: CSET

・2021.07 AI Accidents: An Emerging Threat - What Could Happen and What to Do

AI Accidents: An Emerging Threat AIの偶発事故:新たな脅威となる可能性
What Could Happen and What to Do 何が起こりうるか、何をすべきか
As modern machine learning systems become more widely used, the potential costs of malfunctions grow. This policy brief describes how trends we already see today—both in newly deployed artificial intelligence systems and in older technologies—show how damaging the AI accidents of the future could be. It describes a wide range of hypothetical but realistic scenarios to illustrate the risks of AI accidents and offers concrete policy suggestions to reduce these risks. 最新の機械学習システムがより広く使用されるようになるにつれ、誤作動による潜在的なコストは増大しています。このポリシー・ブリーフでは、新たに導入された人工知能システムと旧来のテクノロジーの両方において、現在すでに見られる傾向が、将来のAI事故がどれほどの被害をもたらすかを示していることを説明しています。また、AI事故のリスクを説明するために、様々な仮想的かつ現実的なシナリオを説明し、これらのリスクを軽減するための具体的な政策提案を行っています。
Executive Summary エグゼクティブサマリー
Modern machine learning is powerful in many ways, but profoundly fragile in others. Because of this fragility, even the most advanced artificial intelligence tools can unpredictably fail, potentially crippling the systems in which they are embedded. As machine learning becomes part of critical, real-world systems, from cars and planes to financial markets, power plants, hospitals, and weapons platforms, the potential human, economic, and political costs of AI accidents will continue to grow. 現代の機械学習は多くの点で強力であるが、他の点では深く脆弱である。この脆さゆえに、最先端の人工知能ツールであっても、予期せぬ失敗をして、組み込まれたシステムを崩壊させる可能性があります。機械学習が、自動車や飛行機、金融市場、発電所、病院、兵器プラットフォームなど、重要な実世界のシステムに組み込まれるようになるにつれ、人工知能の事故がもたらす潜在的な人的、経済的、政治的コストは増大し続けるでしょう。
Policymakers can help reduce these risks. To support their efforts, this brief explains how AI accidents can occur and what they are likely to look like “in the wild.” Using hypothetical scenarios involving AI capabilities that already exist or soon will, we explain three basic types of AI failures—robustness failures, specification failures, and assurance failures—and highlight factors that make them more likely to occur, such as fast-paced operation, system complexity, and competitive pressure. Finally, we propose a set of initial policy actions to reduce the risks of AI accidents, make AI tools more trustworthy and socially beneficial, and support a safer, richer, and healthier AI future. Policymakers should: 政策立案者はこれらのリスクを軽減することができます。本報告書では、政策立案者の取り組みを支援するために、AIの偶発事故がどのようにして起こりうるか、また、「自然界」ではどのような形で起こりうるかを説明します。すでに存在している、あるいは近い将来登場するであろうAIの能力を想定したシナリオを用いて、AIの失敗の3つの基本的なタイプ(堅牢性の失敗、要件の失敗、保証の失敗)を説明し、これらの失敗が発生しやすい要因として、操作の高速化、システムの複雑化、競争上の圧力などを取り上げています。最後に、AIの偶発事故のリスクを低減し、AIツールの信頼性を高めて社会的に有益なものとし、より安全で豊かで健康的なAIの未来を支えるための一連の初期政策を提案します。政策立案者は以下のことを実行すべきです。
Facilitate information sharing about AI accidents and near misses, working with the private sector to build a common base of knowledge on when and how AI fails. AIの偶発事故やヒヤリハットに関する情報共有を促進し、民間企業と協力して、AIがいつ、どのように失敗するかについての共通の知識基盤を構築する。
Invest in AI safety research and development (R&D), a critical but currently underfunded area. AIの安全性に関する研究開発(R&D)に投資すること。
Invest in AI standards development and testing capacity, which will help develop the basic concepts and resources needed to ensure AI systems are safe and reliable. AIシステムの安全性と信頼性を確保するために必要な基本的な概念とリソースの開発に役立つ、AI標準開発とテスト能力に投資する。
Work across borders to reduce accident risks, including through R&D alliances and intergovernmental organizations. R&Dアライアンスや政府間組織など、国境を越えて協力し、事故リスクを低減する。

 

・[PDF] AI Accidents: An Emerging Threat - What Could Happen and What to Do

20210910-130408

 

Executive Summary エグゼクティブ・サマリー
1. What are AI accidents? 1.AIの偶発事故とは?
2. What could AI accidents look like? 2.AIの偶発事故はどのようなものか?
  Robustness  堅牢性
  Specification  仕様
  Assurance  保証
3. When are AI accidents more likely? 3.AIの偶発事故が起こりやすいのはどんなとき?
4. What to do 4.何をすべきか
Authors 著者
Acknowledgments 謝辞
Endnotes 巻末資料



・[DOCX] 仮訳

 


これをベースに戦争に関連したことについての対談もあります。。。

National Defense

・2021.0.9.08 Algorithmic Warfare: How AI Could Go Disastrously Wrong

もちろん、そういうことは通常の場合はあらかじめ組み込まれているFail Safe機能により、障害が拡大しないようになるのですが、今までのシステムはそうかもしれませんが、これからでてくる新しいシステムでは、そのFail Safe機能を入れ忘れてしまうかもしれません。。。そうならないように気をつけましょうという話ですね。。。

 


まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.09.09 紹介 AIインシデントデータベース

・2021.08.20 MITRE AIの5つの失敗例とそこから学ぶべきこと

・2021.03.31 米国 CSET AI安全性の主要概念:概要

-----

・2021.03.11 「失敗を恐れると何もできない!」?

・2020.02.26 高信頼性組織を思い出そう!

・2011.03.29 金融庁 みずほ銀の事故の根本原因を検査

・2011.03.29 これも仕分けられたん? 「失敗知識データベース」サービス終了

・2005.04.15 論よりRUN

・2005.03.24 失敗知識データベース これはイイ

| | Comments (0)

2021.09.08

独国 BSI 自動車業界におけるサイバーセキュリティ

こんにちは、丸山満彦です。

ドイツの連邦情報セキュリティ局 (Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik: BSI) が「自動車業界におけるサイバーセキュリティ」の報告書を公表していますね。。。

Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik: BSI

・2021.09.07 Crashtest für Cyber-Sicherheit – BSI stellt Automotive-Lagebild vor

Crashtest für Cyber-Sicherheit – BSI stellt Automotive-Lagebild vor サイバーセキュリティのクラッシュテスト - BSIが提示する自動車の状況図
Das moderne Auto ist so stark digitalisiert wie nie zuvor. Die IT sorgt dabei nicht nur für das passende Entertainment während der Fahrt, sondern übernimmt längst wichtige Funktionen zur Steuerung des Fahrzeugs. Bremsen, Lenken, Einparken - in naher Zukunft werden Computer das Fahrzeug – auch mit Hilfe künstlicher Intelligenz, für die das BSI in Saarbrücken ein eigenes Kompetenzzentrum eingerichtet hat – vermehrt eigenständig steuern. Durch die für neue Funktionen nötige Vernetzung vergrößert sich automatisch die Angriffsfläche für Cyber-Angriffe. In seinem heute vorgestellten Branchenlagebild Automotive fordert das BSI die Hersteller daher auf, Cyber-Sicherheit frühzeitig im Entwicklungszyklus neuer Fahrzeugmodelle zu berücksichtigen. 現代の自動車は、かつてないほどデジタル化されています。ITは、運転中に適切なエンターテインメントを提供するだけでなく、車両を制御するための重要な機能を引き継いでいます。近い将来、ブレーキ、ステアリング、パーキングなど、コンピュータが車両を独立して制御するようになるでしょう。また、BSIはザールブリュッケンに独自のコンピテンスセンターを設立しました。新しい機能に必要なネットワークは、サイバー攻撃の攻撃対象を自動的に増やします。そこでBSIは、本日発表した「自動車セクター状況報告書」の中で、メーカーに対し、新型車の開発サイクルの早い段階でサイバーセキュリティを考慮に入れるよう呼びかけています。
„Computer sind das Hirn jedes modernen Fahrzeugs und übernehmen längst zentrale Steuerungsfunktionen. Wenn Autos mit anderen Autos oder mit der Straßeninfrastruktur vernetzt sind, müssen wir sichergehen können, dass wir beim Fahren vor Manipulationsversuchen Dritter geschützt sind. Cyber-Sicherheit wird dabei genauso wichtig wie funktionierende Bremsen. Wir brauchen einen Crashtest für Cyber-Sicherheit!“, sagt BSI-Präsident Arne Schönbohm. BSI会長のアルネ・シェーンボーム氏は「現代の自動車の頭脳はコンピュータであり、中央制御の機能はとっくに終わっている。自動車が他の自動車や道路インフラとネットワーク化された場合、運転中に第三者による操作の試みから確実に保護されなければなりません。サイバーセキュリティは、ブレーキの機能と同じくらい重要になってきています。サイバーセキュリティのクラッシュテストが必要だ!」と言います。
Das Branchenlagebild Automotive des BSI betrachtet deshalb neben der IT im Auto auch die Cyber-Sicherheit der Lieferkette im Herstellungsprozess. So kann unzureichend geprüfte oder manipulierte Hard- oder Software die Sicherheit des Autos einschränken, wenn dies im Produktionsprozess nicht rechtzeitig erkannt wird. Dabei stehen nicht nur die Herstellergrößen für Automobile weltweit im Fokus der Angreifenden, sondern auch deren Zulieferer. Dadurch kann es zu erheblichen Beeinträchtigungen der Lieferkette kommen. Allein im Jahr 2021 waren mehrere Automobilzulieferer von Ransomware-Vorfällen betroffen. Es kam zu massiven Unterbrechungen der Leistungserbringung. そのため、BSIの自動車部門の状況報告では、自動車のITだけでなく、製造工程におけるサプライチェーンのサイバーセキュリティにも注目しています。テストや操作が不十分なハードウェアやソフトウェアは、製造過程で発見されなければ、車のセキュリティを制限することになります。このような状況では、世界の主要な自動車メーカーだけでなく、そのサプライヤーも攻撃の対象となります。これにより、サプライチェーンに大きな混乱が生じる可能性があります。2021年だけでも、複数の自動車部品メーカーがランサムウェアの被害に遭いました。サービスの提供が大幅に中断されました。
„Ein Ransomware-Angriff ist immer auch eine Bedrohung für die Verfügbarkeit von kritischen Prozessen. Fällt ein Zulieferer aus, kann der gesamte Produktionsprozess zum Stillstand kommen. Dadurch können immense wirtschaftliche Schäden entstehen. Cyber-Sicherheit muss daher immer auch die gesamte Lieferkette umfassen“, so Schönbohm. 「ランサムウェアの攻撃は、常に重要なプロセスの可用性を脅かすものです。サプライヤーが故障すると、生産工程全体が停止してしまいます。これは莫大な経済的損害をもたらします。そのため、サイバーセキュリティには、常にサプライチェーン全体が含まれていなければなりません」とシェーンボームは言います。
Um die Cyber-Sicherheit für den Wirtschafts- und Automobilstandort Deutschland zu erhöhen, arbeitet das BSI in Fragen der Cyber-Sicherheit eng mit dem Kraftfahrtbundesamt und dem Verband der Automobilindustrie (VDA) zusammen. Mit neuen Regeln in den Bereichen Typ-Genehmigung und Marktüberwachung sollen beispielsweise das Thema Cyber-Sicherheit in der Fahrzeugentwicklung fest verankert und Risiken besser vorgebeugt werden. ビジネスや自動車の拠点としてのドイツのサイバーセキュリティを高めるために、BSIは連邦自動車交通局やドイツ自動車工業会(VDA)と緊密に連携し、サイバーセキュリティの問題に取り組んでいます。例えば、型式承認や市場監視の分野で新たなルールが導入されたことにより、サイバーセキュリティのテーマが車両開発にしっかりと定着し、リスクを未然に防ぐことができるようになりました。

 

・2021.09.07 Branchenlagebild Automotive

・[PDF] Branchenlagebild Automotive - Cyber-Sicherheit in der Automobilbranche

20210908-61137

目次

1 EINLEITUNG 1 はじめに
2 MANAGEMENTÜBERSICHT ZUR GESAMTLAGE 2 経営陣による全体像の把握
3 CYBER-SICHERHEIT IN DER AUTOMOBILBRANCHE 3 自動車業界におけるサイバーセキュリティ
3.1 Branchenüberblick 3.1 業界の概要
3.2 Gefahren durch Cybercrime 3.2 サイバー犯罪による危険性
3.3 Qualifizierung von Schlüsselpersonal im Bereich Informations- und Cyber-Sicherheit 3.3 情報・サイバーセキュリティ分野のキーパーソンの資質向上
3.4 Bedeutung der Informationssicherheit in der Supply Chain 3.4 サプライチェーンにおける情報セキュリティの重要性
3.5 Auswirkung der “neuen Normalität" auf die informations - und Cyber-Sicherheit 3.5 「ニューノーマル」が情報・サイバーセキュリティに与える影響
4 CYBER-SICHERHEIT IM FAHRZEUG SOWIE IN DIGITALEN PRODUKTEN 4 車内およびデジタル製品のサイバーセキュリティ
4.1 Vernetztes Fahren 4.1 コネクテッド・ドライビング
4.2 Automatisierung und Künstliche Intelligenz 4.2 自動化と人工知能
4.3 Angriffsmöglichkeiten auf digitale Produkte 4.3 デジタル製品の可能性を攻める
5 CYBER-SICHERHEIT IN PRODUKTIONSANLAGEN UND -PROZESSEN 5 生産プラントやプロセスにおけるサイバーセキュリティ
5.1 Digitalisierung in der Produktion 5.1 生産現場のデジタル化
5.2 Umgang mit Schwachstellen 5.2 脆弱性への対応
5.3 Dienstleister und Fernservices 5.3 サービスプロバイダーとリモートサービス
6 MAßNAHMEN UND AKTIVITÄTEN 6 施策・活動
6.1 Informationssicherheit im Unternehmen 6.1 社内の情報セキュリティ
6.2 Regulierung und Standardisierung - Vorgaben zur CyberSicherheit 6.2 規制と標準化 - サイバーセキュリティの要件
6.3 Zusammenarbeit und Aktivitäten des BSI 6.3 BSIの協力と活動
7 CHANCEN UND RISIKEN: EIN BLICK IN DIE NAHE ZUKUNFT 7 チャンスとリスク:近未来の展望
LITERATURVERZEICHNIS 参考文献

 

・[DOCX] 仮訳

 

 

| | Comments (0)

2021.08.23

中国 自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)が公表されていますね。。。at 2021.08.16

こんにちは、丸山満彦です。

中国の5つの部局(国家インターネット情報局、国家発展改革委員会、工業情報化部、公安部、交通運輸部)が共同で自動車のセキュリティに関する規定(試行)を公表していますね。。。

中央网络安全和信息化委员会办公室 (Office of the Central Cyberspace Affairs Commission / Cyberspace Administration of China)

2021.08.20 国家互联网信息办公室等五部门发布《汽车数据安全管理若干规定(试行)》 国家サイバースペース管理局をはじめとする5つの部門が「自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)」を発表
2021.08.20 国家互联网信息办公室有关负责人就《汽车数据安全管理若干规定(试行)》答记者问 国家サイバースペース管理局の担当者が、「自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)」に関する記者の質問に答える。
2021.08.16 汽车数据安全管理若干规定(试行) 自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)

記者発表

国家互联网信息办公室等五部门发布《汽车数据安全管理若干规定(试行)》 国家サイバースペース管理局をはじめとする5つの部門が「自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)」を発表
近日,国家互联网信息办公室、国家发展和改革委员会、工业和信息化部、公安部、交通运输部联合发布《汽车数据安全管理若干规定(试行)》(以下简称《规定》),自2021年10月1日起施行。国家互联网信息办公室有关负责人表示,出台《规定》旨在规范汽车数据处理活动,保护个人、组织的合法权益,维护国家安全和社会公共利益,促进汽车数据合理开发利用。 先日、国家サイバースペース管理局、国家発展改革委員会、工業情報化部、公安部、交通運輸部が共同で「自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)」(以下、「規定」)を発表し、2021年10月1日から施行されることになりました。 国家サイバースペース管理局の関連担当者は、本規定の導入は、自動車データの取扱業務を規制し、個人や組織の正当な権利と利益を保護し、国家安全と社会公共の利益を守り、自動車データの合理的な開発と利用を促進することを目的としていると述べています。
随着新一代信息技术与汽车产业加速融合,智能汽车产业、车联网技术的快速发展,以自动辅助驾驶为代表的人工智能技术日益普及,汽车数据处理能力日益增强,暴露出的汽车数据安全问题和风险隐患日益突出。在汽车数据安全管理领域出台有针对性的规章制度,明确汽车数据处理者的责任和义务,规范汽车数据处理活动,是防范化解汽车数据安全风险、保障汽车数据依法合理有效利用的需要,也是维护国家安全利益、保护个人合法权益的需要。 新世代の情報技術と自動車産業の融合が加速し、スマートカー産業や車両ネットワーク技術の急速な発展、自動運転支援に代表される人工知能技術の普及、自動車のデータ処理能力の向上に伴い、自動車データのセキュリティ問題やリスクハザードの顕在化がますます顕著になってきています。 自動車データのセキュリティリスクを防止・解決し、法律に則った自動車データの合理的かつ効果的な利用を保護し、国家安全保障上の利益を守り、個人の正当な権利・利益を保護するためには、自動車データのセキュリティ管理の分野に的を絞った規制を導入し、自動車データ取扱事業者の責任と義務を明確にし、自動車データ取扱業務を規制することが必要です。
《规定》倡导,汽车数据处理者在开展汽车数据处理活动中坚持“车内处理”、“默认不收集”、“精度范围适用”、“脱敏处理”等数据处理原则,减少对汽车数据的无序收集和违规滥用。 規定では、自動車データ取扱事業者が自動車データ取扱業務を行う際に、自動車データの無秩序な収集や悪用を減らすために、「車両内処理」、「デフォルト非収集」、「精度範囲適用」、「機微性低減処理」の原則を遵守することを提唱しています。
《规定》明确,汽车数据处理者应当履行个人信息保护责任,充分保护个人信息安全和合法权益。开展个人信息处理活动,汽车数据处理者应当通过显著方式告知个人相关信息,取得个人同意或者符合法律、行政法规规定的其他情形。处理敏感个人信息,汽车数据处理者还应当取得个人单独同意,满足限定处理目的、提示收集状态、终止收集等具体要求或者符合法律、行政法规和强制性国家标准等其他要求。汽车数据处理者具有增强行车安全的目的和充分的必要性,方可收集指纹、声纹、人脸、心律等生物识别特征信息。 規定では、自動車データ取扱事業者が個人情報保護の責任を果たし、個人の安全と正当な権利および利益を十分に保護することを明確にしています。 自動車データ取扱事業者は、個人情報の処理を行うにあたり、本人に分かりやすい方法で情報を提供し、本人の同意を得るなど、法令や行政規定に定められた事項を遵守します。 機微な個人情報を取り扱うためには、自動車データ取扱事業者は、本人の個別の同意も得なければならず、取扱目的の限定、収集状況の表示、収集の中止、または法律、行政規定、義務的な国内基準などの他の要件に従うなどの特定の要件を満たす必要があります。 自動車データ取扱事業者は、運転の安全性を高める目的と十分な必要性がある場合にのみ、指紋、声紋、顔、心拍数などのバイオメトリクス情報を収集するものとします。
《规定》强调,汽车数据处理者开展重要数据处理活动,应当遵守依法在境内存储的规定,加强重要数据安全保护;落实风险评估报告制度要求,积极防范数据安全风险;落实年度报告制度要求,按时主动报送年度汽车数据安全管理情况。因业务需要确需向境外提供重要数据的,汽车数据处理者应当落实数据出境安全评估制度要求,不得超出出境安全评估结论违规向境外提供重要数据,并在年度报告中补充报告相关情况。 規定では、自動車データ取扱事業者が、法律に基づき重要データを国内で保管するという要件を遵守し、重要データのセキュリティ保護を強化すること、リスク評価・報告システムの要件を実施してデータセキュリティリスクを積極的に防止すること、年次報告システムの要件を実施して年次の自動車データセキュリティ管理を期限内に積極的に報告することを強調しています。 業務上の必要性から重要なデータを国外に提供する必要がある場合、自動車データ取扱事業者は、データ出口セキュリティ評価システムの要件を実施し、出口セキュリティ評価結論を超えて法律に違反して重要なデータを国外に提供してはならず、また、年次報告書に関連情報を補足しなければなりません。
《规定》提出,国家有关部门依据各自职责做好汽车数据安全管理和保障工作,包括开展数据安全评估、数据出境事项抽查核验、智能(网联)汽车网络平台建设等工作。对于违反本规定的汽车数据处理者,有关部门将依照《中华人民共和国网络安全法》、《中华人民共和国数据安全法》等法律、行政法规的规定进行处罚。 本規定では、関連する国家機関がそれぞれの責任に基づいて自動車データのセキュリティを管理・保護することを提案しています。これには、データセキュリティ評価の実施、データ出口事項のランダムなチェックと検証、インテリジェント(インターネットに接続された)自動車のネットワークプラットフォームの構築などが含まれます。 この規定に違反した自動車データ取扱事業者に対しては、中華人民共和国ネットワークセキュリティ法、中華人民共和国データセキュリティ法、その他の法律および行政法規の規定に基づき、関連部門が罰則を科します。
国家互联网信息办公室有关负责人指出,汽车数据安全管理需要政府、汽车数据处理者、个人等多方主体共同参与。省级以上网信、发展改革、工业和信息化、公安、交通运输等有关部门在汽车数据安全管理过程中,将加强协调和数据共享,形成工作合力。 国家サイバースペース管理局の担当者は、自動車データのセキュリティ管理には、政府、自動車データ取扱事業者、個人など複数の主体が参加する必要があると指摘しています。 インターネット情報、開発・改革、産業・情報技術、公安、交通など、省レベル以上の関連部門は、自動車データのセキュリティ管理の過程で、連携とデータの共有を強化し、相乗効果を発揮します。

 

Q&A

国家互联网信息办公室有关负责人就《汽车数据安全管理若干规定(试行)》答记者问 国家サイバースペース管理局の担当者が、「自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)」に関する記者の質問に答える。
近日,国家互联网信息办公室、国家发展和改革委员会、工业和信息化部、公安部、交通运输部联合发布《汽车数据安全管理若干规定(试行)》(以下简称《规定》)。国家互联网信息办公室有关负责人就《规定》相关问题回答了记者提问。 先日、国家サイバースペース管理局、国家発展改革委員会、工業情報化部、公安部、交通運輸部が共同で「自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)」(以下、「規定」という。)を発表しました。 国家サイバースペース管理局の担当者が、本規定に関する記者の質問に答えました。
问:请简要介绍《规定》出台的背景? Q:本規定導入の背景を簡単に紹介してください。
答:出台《规定》主要基于以下两方面的考虑:一是防范化解汽车数据安全风险的实践需要。汽车产业涉及国家经济、装备制造、金融、交通运输、生产生活等诸多领域,汽车数据处理能力日益增强、汽车数据规模庞大,同时暴露出的汽车数据安全问题和风险隐患也日益突出。比如,汽车数据处理者超越实际需要,过度收集重要数据;未经用户同意,违规处理个人信息,特别是敏感个人信息;未经安全评估,违规出境重要数据等。因此,亟需加强汽车数据安全管理,防范化解上述安全问题和风险隐患。二是保障汽车数据依法合理有效利用的客观需要。《网络安全法》、《数据安全法》对数据安全、个人信息保护作了基本规定。在汽车数据安全管理领域出台有针对性的规章制度,明确汽车数据处理者的责任和义务,规范汽车数据处理活动,有利于促进汽车数据依法合理有效利用和汽车行业健康有序发展。 A:「規定」の導入は、主に以下の2つの検討に基づいています。第1に、実務上のニーズである自動車データのセキュリティリスクの防止と解決です。 自動車産業は、国民経済、機器製造、金融、交通、生産、生活など多くの分野に関わっており、自動車のデータ処理能力は増加しており、また、自動車データの規模は巨大である一方、自動車データのセキュリティ問題やリスクの顕在化もますます顕著になっています。 例えば、自動車データ取扱事業者は、実際の必要性を超えて重要なデータを過剰に収集したり、利用者の同意を得ずに個人情報、特に機微な個人情報を扱ったり、セキュリティ評価を行わずに重要なデータを終了したりします。 そのため、自動車データのセキュリティ管理を強化し、上記のようなセキュリティ上の問題やリスクの危険性を予防・解決することが急務となっています。 第2に、法律に従って自動車データの合理的かつ効果的な使用を保護するための客観的な必要性です。 ネットワークセキュリティ法やデータセキュリティ法では、データセキュリティや個人情報保護に関する基本的な規定が設けられています。 自動車データのセキュリティ管理の分野に的を絞った規制を導入し、自動車データ取扱事業者の責任と義務を明確にし、自動車データ取扱業務を規制することは、法律に則った自動車データの合理的かつ効果的な利用を促進し、自動車産業の健全かつ秩序ある発展に寄与するものです。
此外,还要说明的是,《规定》定位于若干规范要求,聚焦汽车领域个人信息和重要数据的安全风险,就若干重点问题作出规定。 また、自動車分野における個人情報や重要データのセキュリティリスクに着目し、いくつかの重要事項を規定している点も、本規定の位置付けを示しています。
问:《规定》中所称汽车数据和汽车数据处理活动是指什么? Q: 規制で言及されている自動車データおよび自動車データ取扱業務とは何ですか?
答:《规定》中所称汽车数据,是指汽车设计、生产、销售、使用、运维等过程中的涉及个人信息数据和重要数据;所称汽车数据处理,包括汽车数据的收集、存储、使用、加工、传输、提供、公开等,涉及汽车数据处理的全生命周期。《规定》还进一步明确了汽车数据中的个人信息、敏感个人信息、重要数据以及汽车数据处理者的含义和类型。 A:本規定でいう自動車データとは、自動車の設計、製造、販売、使用、運用、保守における個人情報や重要なデータを含むものであり、本規定でいう自動車データの処理とは、自動車データの収集、保管、使用、処理、送信、提供、開示を含み、自動車データの処理の全ライフサイクルを含みます。 また、本規定では、個人情報、機微な個人情報、重要なデータ、自動車データにおける自動車データ取扱事業者の意味と種類をさらに明確にしています。
问:《规定》明确了汽车数据处理者开展汽车数据处理活动应当符合哪些一般要求? Q: 規定では、自動車データ取扱事業者が自動車データ取扱業務を行う際に満たすべき一般的な要件を明確にしていますか?
答:《规定》明确了汽车数据处理者开展汽车数据处理活动的一般要求。主要包括:一是处理汽车数据应当合法、正当、具体、明确,与汽车的设计、生产、销售、使用、运维等直接相关。二是利用互联网等信息网络开展汽车数据处理活动,应当落实网络安全等级保护等制度,加强汽车数据保护,依法履行数据安全义务。三是应当建立投诉举报渠道,设置便捷的投诉举报入口,及时处理用户投诉举报。 A: この規定は、自動車データ取扱事業者が自動車データ取扱業務を行うための一般的な要件を明確にしています。 その主な要件は以下の通りです。第1に、自動車データの処理は、合法的、正当的、具体的かつ明確であり、自動車の設計、製造、販売、使用、操作およびメンテナンスに直接関連するものでなければなりません。 第2に、自動車データ取扱業務を行うためにインターネットやその他の情報ネットワークを使用する場合、ネットワークのセキュリティレベルの保護などのシステムを導入し、自動車のデータ保護を強化し、法律に基づいてデータセキュリティの義務を果たす必要があります。 第3に、苦情と報告のルートを確立し、便利な苦情と報告の入り口を設置し、利用者の苦情と報告をタイムリーに処理することです。
问:《规定》倡导汽车数据处理者在开展汽车数据处理活动中坚持哪些原则? Q: 自動車データ取扱事業者が自動車データ取扱業務を行う際に遵守すべき原則を教えてください。
答:《规定》制定过程中,坚持安全和发展并重,倡导汽车数据处理者在开展汽车数据处理活动中坚持“车内处理”、“默认不收集”、“精度范围适用”、“脱敏处理”等原则,减少对汽车数据的无序收集和违规滥用,鼓励汽车数据依法合理有效利用,促进汽车行业健康有序发展。 A: 本規則の制定過程において、安全と発展の両立を堅持し、自動車データ処理業者が自動車データ処理活動を行う際に、「車両内処理」、「デフォルト非収集」、「精度範囲適用」、「機微性低減処理」の原則を遵守することを提唱し、自動車データの無秩序な収集や不正使用を減らし、法律に則った自動車データの合理的かつ有効な利用を促し、自動車産業の健全で秩序ある発展を促進しています。
问:为了使汽车数据处理者更好地履行个人信息保护责任,《规定》明确了哪些具体要求? Q: 自動車データ取扱事業者が個人情報保護の責任をよりよく果たせるようにするために、規定ではどのような具体的な要件が明確にされていますか?
答:《规定》明确了处理个人信息、敏感个人信息的具体要求。针对个人信息,一是告知义务,汽车数据处理者处理个人信息应当告知处理个人信息种类、收集情境、停止收集方式途径等相关信息。二是征得同意义务,汽车数据处理者处理个人信息应当取得个人同意或者符合法律、行政法规规定的其他情形。三是匿名化要求,因保证行车安全需要,无法征得个人同意采集到个人信息且向车外提供的,应当进行匿名化处理。针对敏感个人信息,在履行告知、征得个人单独同意等义务基础上,汽车数据处理者处理敏感个人信息还应当满足限定处理目的、提示收集状态、为个人终止收集提供便利等具体要求。针对个人生物识别特征信息,明确汽车数据处理者具有增强行车安全的目的和充分的必要性方可收集。 A: 本規定では、個人情報および機微な個人情報の取り扱いに関する具体的な要件を明確にしています。 第1に、個人情報については、通知義務があり、個人情報を取り扱う自動車メーカーは、取り扱う個人情報の種類、収集の背景、収集を中止する方法などを通知しなければならないとされています。 第2に、同意取得の義務ですが、自動車データ取扱事業者は、個人情報を取り扱う場合、またはその他の法律や行政法規で定められた状況に従う場合には、本人の同意を得なければなりません。 第3は匿名化要件で、運転の安全性を確保する必要性から、個人情報を収集して車外に提供することに本人の同意が得られない場合は、処理を匿名化しなければなりません。 機微な個人情報については、通知義務および本人の個別の同意を得る義務に基づき、自動車データ取扱事業者は、取扱目的の限定、収集状況の表示、本人による収集の中止を容易にするなどの具体的な要件も満たさなければならないとしています。 個人の生体情報については、自動車データ処理業者が収集する前に、運転の安全性を高める目的と十分な必要性があることが明らかになっています。
问:为了规范重要数据处理活动,《规定》明确了哪些具体要求? Q: 重要なデータ取扱業務を規制するために、規定ではどのような具体的な要件が明確にされているのですか?
答:《规定》明确了处理重要数据的具体制度。一是风险评估报告制度,汽车数据处理者开展重要数据处理活动,应当按照规定开展风险评估,并向省、自治区、直辖市网信部门和有关部门报送风险评估报告。二是出境安全评估制度,重要数据应当依法在境内存储,因业务需要确需向境外提供的,应当通过国家网信部门会同国务院有关部门组织的安全评估。三是抽查核验制度,国家网信部门会同国务院有关部门以抽查等方式核验汽车数据出境评估有关事项,汽车数据处理者应当予以配合。四是年度报告制度,汽车数据处理者应当在每年十二月十五日前向省、自治区、直辖市网信和有关部门报送年度汽车数据安全管理情况。五是年度补充报告制度,向境外提供重要数据的汽车数据处理者应当补充报告相关情况。 A:重要なデータを処理するための具体的なシステムを規定しています。 第1はリスクアセスメントの報告システムで、自動車データ取扱事業者は、重要なデータ取扱業務を行うために、リスクアセスメントの規定に従って実施され、省、自治区、中央インターネット部門と関連部門の下に直接市町村にリスクアセスメント報告書を報告しなければなりません。 第2はアウトバウンドのセキュリティ評価システムで、重要なデータは、法律に従って国内に格納する必要があり、ビジネスのニーズのために本当に国外に提供する必要がある場合は、国務院の関連部門と連携して状態のネットワーク情報部門が実施するセキュリティ評価を受ける必要があります。 第3は無作為検証と検証システムで、国家サイバースペース管理局は国務院の関連部門と連携して、無作為検証によって自動車データの域外移転評価に関連する事項を検証しますが、自動車データ取扱事業者はこれに協力する必要があります。 第4は年次報告制度で、自動車データ取扱事業者は、毎年12月15日までに、省、自治区、中央政府直轄市および関連部門に年次自動車データセキュリティ管理を報告しなければなりません。第5は年次補足報告制度で、外国に重要なデータを提供している自動車データ取扱事業者は、関連する報告を補足する必要があります。
问:关于汽车数据安全监督管理和保障,《规定》还明确了哪些具体措施? Q:その他、自動車データのセキュリティの監督・管理・保護に関する具体的な施策について、規定で定められているものはありますか?
答:除了上述报告、评估、抽查核验等监督管理措施以外,《规定》还明确国家网信部门和国务院发展改革、工业和信息化、公安、交通运输等有关部门依据职责,可根据处理数据情况对汽车数据处理者进行数据安全评估;明确国家加强智能(网联)汽车网络平台建设,开展智能(网联)汽车入网运行和安全保障服务等,协同汽车数据处理者加强智能(网联)汽车网络和汽车数据安全防护。 A:本規定では、上記の報告、評価、無作為検証などの監督管理措置に加えて、国家サイバースペース管理局、国務院の発展改革部門、工業情報化部、公安部、交通運輸部などの関連部門が、その職務に基づいて、データ処理状況に応じて自動車データ取扱事業者のデータセキュリティ評価を行うことができることを明らかにし、国家がインテリジェント(ネット接続)自動車のネットワークプラットフォームの構築を強化し、インテリジェント(ネット接続)自動車の評価を実施することを明らかにしています。 また、国がインテリジェント(ネット接続)車両ネットワークプラットフォームの構築を強化し、インテリジェント(ネット接続)車両ネットワークの運用および安全保証サービスなどを実施し、車両データ処理業者と協力してインテリジェント(ネット接続)車両ネットワークおよび車両データのセキュリティ保護を強化することも明らかになっています。
问:违反《规定》如何追究法律责任? Q: 規定に違反した場合、どのように法的責任を追及するのですか?
答:《规定》明确汽车数据处理者违反本规定的,由省级以上网信、工业和信息化、公安、交通运输等有关部门依照《网络安全法》、《数据安全法》等法律、行政法规的规定进行处罚;构成犯罪的,依法追究刑事责任。 A:本規定では、これらの規定に違反した自動車データ処理業者は、ネットワークセキュリティ法、データセキュリティ法、その他の法律および行政法規の規定に基づき、ネットワーク情報、産業・情報技術、公安・交通など、省レベル以上の関連部門により処罰されること、また、犯罪に該当する場合は、法律に基づき刑事責任が調査されることを明確にしています。

 

規定については、こちら...

 

1_20210612030101

 


 

● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.08.22 中国 個人情報保護法は2021.11.01施行

・2021.08.18 中国 国務院令第745号 重要情報インフラのセキュリティ保護規制

・2021.08.15 中国 個人情報保護法案が少し改訂されているようですね。。。

・2021.08.13 中国 意見募集 「機械学習アルゴリズムのセキュリティ評価に関する情報セキュリティ技術仕様書」案を発表し、意見募集していますね。。。 at 2021.08.04

・2021.08.13 中国 意見募集 「情報セキュリティ技術 情報システムセキュリティ保証評価フレームワーク第1部:導入と一般モデル」の国家標準の改訂案を発表し、意見募集していますね。。。at 2021.07.23

・2021.08.11 中国 通信院 プライバシーコンピューティング白書 (2021) at 2021.07.21

・2021.08.04 中国 通信院 クラウドコンピューティング白書

・2021.08.04 中国 通信院 信頼できる人工知能についての白書 at 2021.07.09

・2021.08.03 中国 最高人民法院 「民事案件における顔識別技術の使用に関する司法解釈」

・2021.07.25 中国 CNCERT / CCが2020年のインターネットセキュリティ報告書を公開

・2021.07.21 中国 意見募集「深圳経済特区における人工知能産業振興条例(案)」

・2021.07.16 中国 ネットワーク製品のセキュリティ脆弱性管理に関する規定を公開

・2021.07.14 中国 工業情報化部 意見募集 「サイバーセキュリティ産業の質の高い発展のための3カ年行動計画(2021-2023)」

・2021.07.11 中国サイバースペース管理局が「运满满」、「货车帮」、「BOSS直聘」にサイバーセキュリティ審査を開始し、新規ユーザ登録を停止していますね。。。

・2021.07.05 中国 NY証券取引所に2021.06.30に上場した配車サービス「滴滴出行」が個人情報の取扱が不適切としてアプリの提供を2021.07.04に禁止される

・2021.06.12 中国 データセキュリティ法が承認され2021.09.01施行されますね。。。

・2021.05.03 中国 意見募集 顔認識に続けて、歩行認識、音声認識のデータセキュリティ要件の国家標準案を発表し、意見募集していますね。。。

・2021.05.02 デジタルチャイナの情報セキュリティ・プライバシーに対する中央网络安全和信息化委员会办公室 (Cyberspace Administration of China)の記事

・2021.04.28 中国 意見募集 スマホアプリによる個人情報保護管理に関する暫定規定

・2021.01.09 中国 互联网信息服务管理办法(インターネット情報サービスの運営に関する措置)の改訂案について意見募集中

・2020.12.17 中国 セキュリティ評価に合格したクラウドプラットフォーム

・2020.11.12 中国 TC260 パブコメ オンライン車予約サービスのデータセキュリティに関するガイド案

・2020.11.10 中国 TC260 パブコメ AI倫理に関するガイドライン案

・2020.11.10 中国 TC260 ネットワークセキュリティ状況認識技術の標準化に関する白書

・2020.10.29 中国が情報セキュリティに関連の国家標準のパブコメ (2020.03.20期日以降2020.11.29まで分)

・2020.10.29 パブコメ 中国の個人情報保護法案 (2020.10.22)

・2020.10.20 中国 パブコメ 商業銀行法改正 商業銀行に対し、個人情報の適正な取得、目的外利用の禁止、安全の確保等の義務付け

 

 

Continue reading "中国 自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)が公表されていますね。。。at 2021.08.16"

| | Comments (0)

2021.08.22

ロボットが肉体労働を代わりにやってくれる時代になると、肉体労働を生業にしている人は何をしているのだろうか?

こんにちは、丸山満彦です。

いつそれが実現するのか、その時に備えて今から何をしておくべきなか、、、

テスラ社が発表したヒューマノイドはインパクトありますね。。。もちろん、Boston Dynamics社のAtlasとかもインパクトありますが、、、

マスクCEOは、「このロボットは人間に代わって車の修理や買い物、それに危険な、または繰り返しが多く退屈な作業を担うようになるとしたうえで「将来的に、肉体労働はしたくなければしなくてよくなる。労働をもとに成り立っている経済にとって、このロボットの登場は深い意味を持つことになるだろう」と述べたようです。。。

今まで機械が苦手としていた、単純労働をヒューマノイドで置き換えることが可能となってくるということなんですよね。。。

温暖化などの環境問題と同じで、ゆっくりとした環境変化については人間社会としても追随できるのでしょうが、素早い環境変化については、人間社会の調整時間が必要で、その間は混乱が生じるかもしれませんね。。。

 

YouTube

・2021.08.20 Elon Musk REVEALS Tesla Bot (full presentation)

Tesla-bot

画面キャプチャ

20210822-24034 Technical-details 20210822-24123

 

 

 


 

以前にも紹介しましたが、小林正啓弁護士の書いている内容

RAD-IT21

・2018.07.17 人工知能が奪う職業と「洗練された奴隷制」 

は是非読んで欲しいです。。。

「野菜炒めを作って」ってお願いしたら、ヒューマノイドが冷蔵庫の中を確認し不足分の材料を買い足して、野菜炒めを作ってくれる世界はもう少し先とは思いますが・・・

 


■ 報道等

● NHK

・2021.08.21 米テスラ 人型ロボット開発へ 自動運転技術生かす

● 朝日新聞

・2021.08.21 テスラがヒト型ロボ 肉体労働「やらなくてよくなる」

● Yahoo! Japan 

・2021.08.20 Tesla、人型ロボット開発に参入 2022年にプロトタイプ公開


 

■ 参考

これに新たに加わる感じですね。。。

アールティ ヒューマノイドロボットブログ

・2019.02.26 世界のヒューマノイド(人型)ロボット

 

ロボットは動画でみたほうがよいですよね。。。

YouTube

Boston Dynamicsで検索

20210822-30234

 

● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.02.02 改めて小林弁護士の「人工知能が奪う職業と「洗練された奴隷制」」を読んでみた。。。

・2020.06.25 ほんまかいな=>「中国、ネットでのロボットの購入が一般化」

・2020.06.09 米空軍は、2021年7月にAIが操縦する戦闘機と人間が操縦する戦闘機でドッグファイトをすることを考えているようですね。。。

・2020.06.07 米国国防省 人工知能が戦争をかえると予測

・2020.05.11 シンガポール政府 Boston Dynamicsの小型4足歩行ロボが公園をパトールし、社会的距離を保っているか確認。。。

 
昔の状況の把握も重要(^^)

・2012.03.03 グーグルのロボット自動車 (California Lawmaker Wants Rules for Robo-Cars)

・2010.01.29 サービスロボット対人安全基準をISO化?

・2009.03.27 経産省 ロボット産業政策研究会報告書

・2008.09.13 千葉大学 ロボット憲章

・2008.08.31 史上初、イラクでロボット兵器同士による戦闘

 

| | Comments (0)

2021.08.03

中国 最高人民法院 「民事案件における顔識別技術の使用に関する司法解釈」

こんにちは、丸山満彦です。

中国の最高人民法院が「民事案件における顔識別技術の使用に関する司法解釈」を公表していますね、8月1日にすでに適用開始されています。。。

顔認識、顔認証、顔識別、どれが一番、日本語として適切なんでしょうかね、、、

 

最高人民法院

・2021.07.28 相关民事案件适用法律若干问题的规定

最高人民法院 最高人民法院
关于审理使用人脸识别技术处理个人信息 顔識別技術を用いた個人情報処理について
相关民事案件适用法律若干问题的规定 民事案件における顔識別技術の使用に関する司法解釈
(2021年6月8日最高人民法院审判委员会第1841次会议通过,自2021年8月1日起施行) (2021年6月8日最高人民法院の司法委員会第1841回会議で採択、2021年8月1日より適用)
为正确审理使用人脸识别技术处理个人信息相关民事案件,保护当事人合法权益,促进数字经济健康发展,根据《中华人民共和国民法典》《中华人民共和国网络安全法》《中华人民共和国消费者权益保护法》《中华人民共和国电子商务法》《中华人民共和国民事诉讼法》等法律的规定,结合审判实践,制定本规定。 個人情報の取扱いにおける顔識別技術の使用に関連する民事案件を適切に裁き、関係者の正当な権利と利益を保護し、デジタル経済の健全な発展を促進するため、中華人民共和国民法、中華人民共和国ネットワークセキュリティ法、中華人民共和国消費者権益保護法、中華人民共和国電子商取引法、中華人民共和国民事訴訟法などの法律の規定に基づき、以下の点を考慮する。 裁判実務では、これらの規定が制定される。
  第一条  因信息处理者违反法律、行政法规的规定或者双方的约定使用人脸识别技术处理人脸信息、处理基于人脸识别技术生成的人脸信息所引起的民事案件,适用本规定。   第1条 この規定は、情報処理業者が法令・行政法規の規定または当事者の合意に違反して顔識別技術を利用して顔情報を処理したこと、および顔識別技術に基づいて生成された顔情報を処理したことに起因する民事案件に適用する。
  人脸信息的处理包括人脸信息的收集、存储、使用、加工、传输、提供、公开等。   顔情報の処理には、顔情報の収集、保管、使用、処理、送信、提供および開示が含まれる。
  本规定所称人脸信息属于民法典第一千零三十四条规定的“生物识别信息”。   この規定でいう顔情報とは、民法第104条に規定されている「生体情報」のことである。
  第二条  信息处理者处理人脸信息有下列情形之一的,人民法院应当认定属于侵害自然人人格权益的行为:   第2条 人民法院は、以下のいずれかの状況における情報処理者による顔情報の処理を、自然人の人格権および利益の侵害に当たると判断する。
  (一)在宾馆、商场、银行、车站、机场、体育场馆、娱乐场所等经营场所、公共场所违反法律、行政法规的规定使用人脸识别技术进行人脸验证、辨识或者分析;   (一) ホテル、ショッピングモール、銀行、駅、空港、スタジアム、娯楽施設、その他の事業所や公共の場所で、法律や行政規則の規定に違反して、顔識別技術を顔照合、識別、分析に使用した場合
  (二)未公开处理人脸信息的规则或者未明示处理的目的、方式、范围;   (二) 顔情報の処理ルールが開示されていないこと、または処理の目的、方法、範囲が明示されていない場合。
  (三)基于个人同意处理人脸信息的,未征得自然人或者其监护人的单独同意,或者未按照法律、行政法规的规定征得自然人或者其监护人的书面同意;   (三) 本人の同意に基づいて顔情報を処理するために、自然人またはその保護者の個別の同意を得られなかった場合、または自然人またはその保護者の書面による同意を、法律および行政規則の規定に従って得られなかった場合。
  (四)违反信息处理者明示或者双方约定的处理人脸信息的目的、方式、范围等;   (四) 情報処理者が表明し、または両者が合意した顔情報の処理の目的、方法および範囲に違反した場合。
  (五)未采取应有的技术措施或者其他必要措施确保其收集、存储的人脸信息安全,致使人脸信息泄露、篡改、丢失;   (五) 収集または保管する顔情報のセキュリティを確保するための適切な技術的措置またはその他の必要な措置を講じず、顔情報が漏洩、改ざんまたは紛失した場合。
  (六)违反法律、行政法规的规定或者双方的约定,向他人提供人脸信息;   (六) 法令や行政規則の規定または両者の合意に反して、他人に顔情報を提供した場合。
  (七)违背公序良俗处理人脸信息;   (七)公序良俗に反して顔情報の取り扱った場合。
  (八)违反合法、正当、必要原则处理人脸信息的其他情形。   (八) その他、適法性、妥当性、必要性の原則に反して顔情報が取り扱われている場合。
  第三条  人民法院认定信息处理者承担侵害自然人人格权益的民事责任,应当适用民法典第九百九十八条的规定,并结合案件具体情况综合考量受害人是否为未成年人、告知同意情况以及信息处理的必要程度等因素。   第3条 人民裁判所は、情報処理者が自然人の人格権・利益の侵害について民事責任を負うと判断するにあたっては、民法第998条の規定を適用し、事案の具体的状況に照らして、被害者が未成年者であるかどうか、同意の通知、情報処理の必要な程度などの要素を考慮しなければならない。
  第四条  有下列情形之一,信息处理者以已征得自然人或者其监护人同意为由抗辩的,人民法院不予支持:   第4条 人民法院は、以下のいずれかの状況において、情報処理者が自然人またはその保護者の同意を得たという抗弁を支持しない。
  (一)信息处理者要求自然人同意处理其人脸信息才提供产品或者服务的,但是处理人脸信息属于提供产品或者服务所必需的除外;   (一) 情報処理者が、製品またはサービスを提供する前に、自然人の顔情報を処理することについて、自然人の同意を必要とする場合。ただし、顔情報の処理が製品またはサービスの提供に必要な場合を除く。
  (二)信息处理者以与其他授权捆绑等方式要求自然人同意处理其人脸信息的;   (二) 情報処理者が、他の許可等との抱き合わせにより、自然人の顔情報の処理への同意を求める場合。
  (三)强迫或者变相强迫自然人同意处理其人脸信息的其他情形。   (三) その他、自然人が自分の顔情報の処理に同意することを強制されたり、偽装されたりした場合。
  第五条  有下列情形之一,信息处理者主张其不承担民事责任的,人民法院依法予以支持:   第5条 情報処理業者が以下のいずれかの状況下で民事責任を負わないと主張する場合、人民法院は法律に基づきこれを支持する。
  (一)为应对突发公共卫生事件,或者紧急情况下为保护自然人的生命健康和财产安全所必需而处理人脸信息的;   (一) 顔情報の処理が、公衆衛生上の緊急事態に対応するため、または緊急事態において自然人の生命、健康、財産を保護するために必要な場合。
  (二)为维护公共安全,依据国家有关规定在公共场所使用人脸识别技术的;   (二) 公共の安全を維持する目的で、関連する州の規制に従って公共の場所で顔識別技術を使用する場合。
  (三)为公共利益实施新闻报道、舆论监督等行为在合理的范围内处理人脸信息的;   (三) 報道、世論の監視、その他の公共の利益のための行為を実施するために、合理的な範囲で顔情報を処理する場合。
  (四)在自然人或者其监护人同意的范围内合理处理人脸信息的;   (四) 自然人またはその保護者の同意を得て、合理的な範囲内で顔情報を処理する場合。
  (五)符合法律、行政法规规定的其他情形。   (五) その他、法律および行政法規に従った場合。
  第六条  当事人请求信息处理者承担民事责任的,人民法院应当依据民事诉讼法第六十四条及《最高人民法院关于适用〈中华人民共和国民事诉讼法〉的解释》第九十条、第九十一条,《最高人民法院关于民事诉讼证据的若干规定》的相关规定确定双方当事人的举证责任。   第6条 当事者が情報処理者に民事責任の負担を求める場合、人民法院は、民事訴訟法第64条、中華人民共和国民事訴訟法の適用に関する最高人民法院の解釈第90条及び第91条、並びに民事訴訟の証拠に関する最高人民法院の規定の関連規定に基づき、当事者の立証責任を決定する。
  信息处理者主张其行为符合民法典第一千零三十五条第一款规定情形的,应当就此所依据的事实承担举证责任。   情報処理者は、自らの行為が民法第105条第1項に規定される事情に適合すると主張する場合、その根拠となる事実について立証責任を負うものとする。
  信息处理者主张其不承担民事责任的,应当就其行为符合本规定第五条规定的情形承担举证责任。   情報処理者が民事責任を負わないと主張する場合、その行為が本規則の第5条に規定された状況に準拠していることを証明する責任を負うものとする。
  第七条  多个信息处理者处理人脸信息侵害自然人人格权益,该自然人主张多个信息处理者按照过错程度和造成损害结果的大小承担侵权责任的,人民法院依法予以支持;符合民法典第一千一百六十八条、第一千一百六十九条第一款、第一千一百七十条、第一千一百七十一条等规定的相应情形,该自然人主张多个信息处理者承担连带责任的,人民法院依法予以支持。   第7条 複数の情報処理者が自然人の個人的な権利利益を侵害する顔情報を取り扱った場合、自然人が過失の程度と発生した損害の程度に応じて複数の情報処理者が不法行為責任を負うと主張する場合、人民法院は法律に基づいてその主張を支持し、民法第1168条、第1169条第1項、第1170条及び第1171条に規定されている対応状況に応じて 自然人が複数の情報処理者が連帯して責任を負うと主張する場合、人民法院は法律に基づいてその主張を支持します。
  信息处理者利用网络服务处理人脸信息侵害自然人人格权益的,适用民法典第一千一百九十五条、第一千一百九十六条、第一千一百九十七条等规定。   情報処理業者がネットワークサービスを利用して、自然人の人格権や利益を侵害する顔情報を処理する場合、民法第1,195条、第1196条および第1197条の規定が適用される。
  第八条  信息处理者处理人脸信息侵害自然人人格权益造成财产损失,该自然人依据民法典第一千一百八十二条主张财产损害赔偿的,人民法院依法予以支持。   第8条 情報処理者による顔情報の処理が自然人の個人的な権利・利益を侵害して財産上の損害を生じさせ、その自然人が民法第182条に基づき財産上の損害の賠償を請求する場合、人民裁判所は法律に基づきその請求を支持する。
  自然人为制止侵权行为所支付的合理开支,可以认定为民法典第一千一百八十二条规定的财产损失。合理开支包括该自然人或者委托代理人对侵权行为进行调查、取证的合理费用。人民法院根据当事人的请求和具体案情,可以将合理的律师费用计算在赔偿范围内。   侵害行為を止めるために自然人が支払った合理的な費用は、民法第 182 条に基づき財産的損害として認められる場合がある。 合理的な費用とは、侵害に関連する調査や証拠収集を委託された自然人または代理人が負担する合理的な費用をいう。 人民裁判所は、関係当事者の要求に応じて、事案の具体的な状況に応じて、合理的な弁護士費用を補償の範囲に算出することができる。
  第九条  自然人有证据证明信息处理者使用人脸识别技术正在实施或者即将实施侵害其隐私权或者其他人格权益的行为,不及时制止将使其合法权益受到难以弥补的损害,向人民法院申请采取责令信息处理者停止有关行为的措施的,人民法院可以根据案件具体情况依法作出人格权侵害禁令。   第9条 自然人が、情報処理業者が顔識別技術を利用して、自分のプライバシーその他の人格権利益を侵害する行為を行っているか、行おうとしていること、およびそれを時間内に止めないと、自分の合法的な権利利益に回復不能な損害を与えることを示す証拠を持ち、人民裁判所に情報処理業者に当該行為の停止を命じる措置を申請した場合、人民裁判所は、事件の具体的な状況に応じて、法律に基づいて人格権侵害の差止命令を出すことができる。
  第十条  物业服务企业或者其他建筑物管理人以人脸识别作为业主或者物业使用人出入物业服务区域的唯一验证方式,不同意的业主或者物业使用人请求其提供其他合理验证方式的,人民法院依法予以支持。   第10条 財産サービス企業またはその他の建物管理者が、所有者または財産利用者が財産サービスエリアに出入りする際の唯一の確認手段として顔識別を使用し、それに同意しない所有者または財産利用者が他の合理的な確認手段を提供するよう要求した場合、人民法院は法律に基づいてこれを支持しなければならない。
  物业服务企业或者其他建筑物管理人存在本规定第二条规定的情形,当事人请求物业服务企业或者其他建筑物管理人承担侵权责任的,人民法院依法予以支持。   不動産サービス企業またはその他の建物管理者が本規定第2条に定める事情を有し、当事者が不動産サービス企業またはその他の建物管理者に侵害責任の負担を要求する場合、人民裁判所は法律に基づきその要求を支持するものとする。
  第十一条  信息处理者采用格式条款与自然人订立合同,要求自然人授予其无期限限制、不可撤销、可任意转授权等处理人脸信息的权利,该自然人依据民法典第四百九十七条请求确认格式条款无效的,人民法院依法予以支持。   第11条 情報処理者が自然人との間で、自然人に顔情報を処理する権利を期限なく、取消不能かつ任意に委譲することを要求する形式条項を用いて契約を締結し、自然人が民法第497条に基づき形式条項の無効確認を請求した場合、人民法院は法律に基づいてその請求を支持する。
  第十二条  信息处理者违反约定处理自然人的人脸信息,该自然人请求其承担违约责任的,人民法院依法予以支持。该自然人请求信息处理者承担违约责任时,请求删除人脸信息的,人民法院依法予以支持;信息处理者以双方未对人脸信息的删除作出约定为由抗辩的,人民法院不予支持。   第12条 情報処理者が契約に違反して自然人の顔情報を処理した場合に、自然人が契約違反の責任を負うことを情報処理者に要求する場合、人民裁判所は法律に基づいてその要求を支持する。 自然人が情報処理業者に契約違反の責任を負わせるために顔情報の削除を要求した場合、人民法院は法律に従ってその要求を支持しなければならず、情報処理業者が顔情報の削除が双方の合意を得ていないことを理由に抗弁した場合、人民法院はその要求を支持してはならない。
  第十三条  基于同一信息处理者处理人脸信息侵害自然人人格权益发生的纠纷,多个受害人分别向同一人民法院起诉的,经当事人同意,人民法院可以合并审理。   第13条 自然人の人格権及び利益を侵害する同一の情報処理者による顔情報の処理に基づいて紛争が発生し、複数の被害者が同一の人民法院に別々に訴えた場合、人民法院は、当事者の同意を得て、一緒に審理することができる。
  第十四条  信息处理者处理人脸信息的行为符合民事诉讼法第五十五条、消费者权益保护法第四十七条或者其他法律关于民事公益诉讼的相关规定,法律规定的机关和有关组织提起民事公益诉讼的,人民法院应予受理。   第14条 情報処理業者による顔情報の処理が、民事訴訟法第55条、消費者権益保護法第47条、または民事公益訴訟に関する法律のその他の関連規定に準拠している場合、人民裁判所は、法律の定めるところにより、当局および関連団体が提起した民事公益訴訟を受理しなければならない。
  第十五条  自然人死亡后,信息处理者违反法律、行政法规的规定或者双方的约定处理人脸信息,死者的近亲属依据民法典第九百九十四条请求信息处理者承担民事责任的,适用本规定。   第15条 この規定は、自然人の死後、情報処理者が法律若しくは行政法規の規定又は両者の合意に違反して顔情報を取り扱った場合であって、故人の近親者が民法第994条の規定に基づき情報処理者に民事責任を求める場合に適用する。
  第十六条  本规定自2021年8月1日起施行。   第16条 この規定は、2021年8月1日から施行する。
  信息处理者使用人脸识别技术处理人脸信息、处理基于人脸识别技术生成的人脸信息的行为发生在本规定施行前的,不适用本规定。   この規定は、情報処理装置が顔識別技術を用いて顔情報を処理する場合、またはこの規定の施行前に顔識別技術に基づいて生成された顔情報を処理する場合には適用されない。

1_20210803230101

 


顔識別技術に関して

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.07.15 米国GAO 顔認識技術について連邦法執行機関はプライバシーやその他のリスクをより適切に評価する必要がある at 2021.06.03

・2021.07.12 ニューヨーク市 生体情報プライバシー条例が2021.07.09から施行されましたね。。。

・2021.06.23 欧州 EDPBとEDPS 公共の場における人の特徴を自動認識するためのAIの使用、および不当な差別につながる可能性のあるその他のAIの使用の一部を禁止するよう要請

・2021.06.17 米国上院・下院 顔認識ツールを含む生体情報監視を政府が使用することを禁止する「顔認識および生体認識技術モラトリアム法案」

・2021.06.08 U.S. の公益団体であるEPICが顔認識技術および遠隔生体認識技術の使用禁止を世界的に呼びかけていますね。。。

・2021.05.12 カナダのプライバシーコミッショナーが顔認識技術について議会で見解を述べたようですね。。。

・2021.05.03 中国 意見募集 顔認識に続けて、歩行認識、音声認識のデータセキュリティ要件の国家標準案を発表し、意見募集していますね。。。

・2021.04.24 欧州委員会がAIへの規制を提案 → 欧州データ保護官は歓迎するけど、公共空間での遠隔生体認証についての規制も入れてね

・2021.04.22 ドイツ連邦情報セキュリティ局 (BSI) が安全なAI導入のための対策をまとめていますね。。。

・2021.04.21 U.S. FTC(連邦取引委員会) のブログ 会社でAIを活用する場合は真実、公正、公平を目指そう、という記事がありますね。。。

・2021.03.14 CNIL 乗客のマスク着用率を測定するためのインテリジェントビデオの使用に関する法令についての意見を公表

・2021.02.05 カナダのプライバシーコミッショナーが顔認識ソフトウェアを提供するClearview AIについての声明を出していますね。。。

・2021.01.30 欧州評議会 108号条約委員会が「顔認証に関するガイドライン」を採択しましたね。。。

・2021.01.12 欧州委員会 市民イニシアティブとして「生体認証による大量監視慣行の禁止」を登録

・2021.01.04 ニューヨーク州 知事が学校での顔認識技術の使用を一時停止し、研究を指示する法律に署名 at 2020.12.22

・2020.11.04 カナダプライバシー委員会 Cadillac Fairview社が500万人の顔データを取得していたことに関する報告書(2020.10.28)

・2020.06.26 人間が間違うなら、人間を模倣したAIも間違うんでしょうね。。。

・2020.06.14 IBM, Amazon, Microsoftは顔認証システムを米国の警察には販売しない

・2020.05.01 (人工知能 AI)ブラックボックスの検証:アルゴリズムシステムを評価するためのツール - アルゴリズムの監査・影響評価のための共通言語の特定

・2020.03.26 JVNVU#99619336 勾配降下法を使用する機械学習モデルに、誤った識別をさせるような入力を作成することが可能な問題

・2020.03.04 FIRST EVER DECISION OF A FRENCH COURT APPLYING GDPR TO FACIAL RECOGNITION

・2020.02.17 遠くからでもわかる顔認識システム!

ぐっと遡って、2005年

・2005.08.11 外務省 IC旅券調査研究報告書

・2005.02.04 監視社会と信頼関係

| | Comments (0)

より以前の記事一覧