量子技術

2022.05.05

米国 国家量子推進諮問委員会の強化に関する大統領令

こんにちは、丸山満彦です。

米国は、国家量子推進諮問委員会 (quantum.gov) を強化するための大統領令を出しましたね。。。

Quantumseal

安全保障のために、世界のリーダーとして、競争力強化のために、、という理由で、量子情報科学分野の投資を強化していくということですかね。。。

 

White House

・2022.05.04 FACT SHEET: President Biden Announces Two Presidential Directives Advancing Quantum Technologies

FACT SHEET: President Biden Announces Two Presidential Directives Advancing Quantum Technologies ファクトシート:バイデン大統領が量子技術を推進する2つの大統領令を発表
Today, President Biden will sign two Presidential directives that will advance national initiatives in quantum information science (QIS), signaling the Biden-Harris Administration’s commitment to this critical and emerging technology. Together, the two directives lay the groundwork for continued American leadership in an enormously promising field of science and technology, while mitigating the risks that quantum computers pose to America’s national and economic security. 本日、バイデン大統領は、量子情報科学(QIS)の国家的イニシアチブを推進する2つの大統領令に署名し、この重要かつ新たな技術に対するバイデン-ハリス政権のコミットメントを示すものである。この 2 つの指令は、量子コンピュータが米国の国家および経済安全保障にもたらすリスクを軽減しつつ、非常に有望な科学技術分野で米国がリーダーシップを取り続けるための土台となるものである。
The United States has long been a global leader in the development of new technologies, like QIS. QIS is a broad field of science and engineering. Quantum computers, one of the many promising applications of QIS, are not a replacement to traditional computers. Rather, they are a fundamentally different kind of computer, with the ability to analyze information in ways that traditional computers cannot. While QIS itself is not new, recent breakthroughs in QIS have shown the potential to drive innovations across the American economy, from energy to medicine, through advancements in computation, networking and sensing. Breakthroughs in QIS are poised to generate entirely new industries, good-paying jobs, and economic opportunities for all Americans. 米国は長年にわたり、量子コンピュータのような新技術の開発において、世界をリードしてきました。量子情報科学は、科学と工学の幅広い分野である。 量子情報科学の有望なアプリケーションの一つである量子コンピュータは、従来のコンピュータに取って代わるものではありません。むしろ、従来のコンピュータにはない情報解析能力を持つ、根本的に異なる種類のコンピュータなのである。 量子情報科学自体は新しいものではありませんが、最近の量子情報科学のブレークスルーは、計算、ネットワーキング、センシングの進歩を通じて、エネルギーから医療まで、アメリカ経済全体のイノベーションを推進する可能性があることを示している。 量子情報科学のブレークスルーは、全く新しい産業、高収入の仕事、そしてすべてのアメリカ人のための経済的機会を生み出す態勢を整えているのである。
President Biden will sign an Executive Order to foster these advances by furthering the President’s commitment to promoting breakthroughs in cutting-edge science and technology. It does so by enhancing the National Quantum Initiative Advisory Committee, the Federal Government’s principal independent expert advisory body for quantum information science and technology. The EO places the advisory committee directly under the authority of the White House, ensuring that the President, Congress, Federal departments and agencies, and the general public receive the most current, accurate, and relevant information on quantum information science and technology to drive forward U.S. policymaking and advance our technological edge. バイデン大統領は、最先端の科学技術におけるブレークスルーを促進するという大統領のコミットメントをさらに強化することにより、こうした進歩を促進するための大統領令に署名する予定である。 これは、量子情報の科学と技術に関する連邦政府の主要な独立した専門家の諮問機関である国家量子推進諮問委員会を強化することによって行われるものである。EOは、諮問委員会をホワイトハウスの直轄とし、大統領、議会、連邦省庁、一般市民が、量子情報科学技術に関する最新かつ正確で適切な情報を受け取り、米国の政策決定を推進し、技術的優位性を高めることを確実にするものである。
The President will also sign a National Security Memorandum outlining the Administration’s plan to address the risks posed by quantum computers to America’s cybersecurity. Research shows that at some point in the not-too-distant future, when quantum computers reach a sufficient size and level of sophistication, they will be capable of breaking much of the cryptography that currently secures our digital communications on the Internet. To address this risk, the National Institute of Standards and Technology (NIST) will publish new quantum-resistant cryptographic standards that can protect against these future attacks. However, the process to transition America’s most vulnerable IT systems to these new standards will take time, resources, and commitment. America must start the lengthy process of updating our IT infrastructure today to protect against this quantum computing threat tomorrow. NSM-X lays out a plan to get us there.  また、大統領は、量子コンピュータが米国のサイバーセキュリティにもたらすリスクに対処するための行政計画を概説した国家安全保障覚書にも署名する予定である。 研究によると、そう遠くない将来のある時点で、量子コンピュータが十分な大きさと高度なレベルに達すると、現在インターネット上のデジタル通信を保護している暗号の多くを解読することが可能になるとのことである。 このリスクに対処するため、米国標準技術局(NIST)は、こうした将来の攻撃から保護することができる新しい量子耐性暗号の標準を発表する予定である。しかし、米国の最も脆弱なITシステムをこれらの新しい標準に移行するプロセスには、時間、リソース、およびコミットメントが必要である。米国は、量子コンピュータの脅威から明日を守るために、ITインフラストラクチャの更新という長いプロセスを今日から開始しなければならないのである。国家安全保障に関する覚書-Xは、そのための計画を示している。 
Specifically, the National Security Memorandum: 具体的には、国家安全保障に関する覚書は以下の通りである。
Positions the United States to remain a global leader in technology development, and Quantum Information Science in particular. The NSM directs Federal agencies to pursue a whole-of-government and whole-of-society approach to harness the economic and scientific benefits of QIS for all Americans, as well as the security enhancements of new cryptographic systems. It sets forth a policy to promote quantum-relevant education programs and workforce development initiatives, emphasizes a coordinated approach to foundational scientific research, and encourages the strengthening of partnerships with industry, academic institutions, and allies and partners overseas. 米国が技術開発、特に量子情報科学においてグローバルリーダーであり続けるための位置づけ。 国家安全保障に関する覚書は連邦政府機関に対し、量子情報科学がもたらす経済的・科学的利益をすべての国民に活用し、新しい暗号システムのセキュリティ強化を図るために、政府全体および社会全体のアプローチを追求するよう指示している。 量子関連教育プログラムと人材開発推進を推進する方針を示し、基礎科学研究への協調的アプローチを強調し、産業界、学術機関、海外の同盟国やパートナーとのパートナーシップの強化を奨励するものである。
Initiates collaboration between the Federal Government and the private sector. It directs NIST to establish a “Migration to Post-Quantum Cryptography Project” at the National Cybersecurity Center of Excellence, as well as an open working group with industry to generate research on, and encourage widespread, equitable adoption of, quantum-resilient cryptographic standards and technologies. 連邦政府と民間企業間の協力を開始する。 NISTに対して、国家サイバーセキュリティセンターオブエクセレンスに「Migration to Post-Quantum Cryptography Project」を設置するとともに、産業界とのオープンワーキンググループを設置し、量子暗号に強い標準と技術の研究を行い、広く公平な採用を奨励することを指示する。
Sets requirements for Federal agencies to update cryptographic systems. Given the complexity, costs, and time required to fully transition to quantum-resistant cryptographic standards, the NSM provides a roadmap for agencies to inventory their IT systems, with a requirement to set and meet specific milestones. Doing so will help ensure that Federal agencies get the support they need to fully and effectively protect their networks from future exploitation. 連邦政府機関に対し、暗号システムの更新要件を設定する。 量子耐力暗号標準への完全移行には、複雑さ、コスト、時間がかかることから、国家安全保障に関する覚書は、各機関がITシステムのインベントリーを作成し、特定のマイルストーンを設定し、それを達成するためのロードマップを提供する。 そうすることで、連邦政府機関が将来の悪用からネットワークを完全かつ効果的に保護するために必要なサポートを受けることができるようになるのである。
Protects United States technology. The NSM recognizes the importance of protecting critical technology from theft and abuse. To this end, the NSM directs Federal agencies to develop comprehensive plans to safeguard American intellectual property, research and development, and other sensitive technology from acquisition by America’s adversaries, and to educate industry and academia on the threats they face. It encourages engagement with international partners to ensure a competitive and fair global marketplace that fosters innovation and continued growth in the field. 米国の技術を保護する。国家安全保障に関する覚書は、重要な技術を盗難や乱用から保護することの重要性を認識している。このため、国家安全保障に関する覚書は連邦政府機関に対し、米国の知的財産、研究開発、その他の機密技術を敵対勢力による取得から保護するための包括的計画を策定し、産業界や学界が直面する脅威を教育するよう指示している。また、この分野のイノベーションと継続的な成長を促進する競争力のある公正なグローバル市場を確保するために、国際的なパートナーとの連携を奨励している。

 

大統領令。。。

・2022.05.04 Executive Order on Enhancing the National Quantum Initiative Advisory Committee

Executive Order on Enhancing the National Quantum Initiative Advisory Committee 国家量子推進諮問委員会の強化に関する大統領令
By the authority vested in me as President by the Constitution and the laws of the United States of America, including section 104(a) of the National Quantum Initiative Act (Public Law 115-368) (NQI Act), and section 301 of title 3, United States Code, and in order to ensure continued American leadership in quantum information science and its technology applications, it is hereby ordered as follows: 国家量子推進法(公法115-368)(NQI法)104条(a)、合衆国法典第3編301条を含む憲法および合衆国法によって大統領として私に与えられた権限により、また、量子情報科学およびその技術応用における米国の継続的リーダーシップを確保するため、以下のように命ずる。
Section 1.  Purpose.  Quantum information science (QIS) can enable transformative advances in knowledge and technology for industry, academia, and government.  Accordingly, the National Quantum Initiative (NQI), which aims to ensure the continued leadership of the United States in QIS and its technology applications, is a substantial and sustained national priority.  The NQI Program, established pursuant to section 101 of the NQI Act, encompasses contributions from across the Federal Government, as exemplified by the QIS research, development, demonstration, and training activities pursued by executive departments and agencies (agencies) with membership on either the National Science and Technology Council (NSTC) Subcommittee on Quantum Information Science (SCQIS) or the NSTC Subcommittee on Economic and Security Implications of Quantum Science (ESIX). 第1条 目的  目的  量子情報科学(量子情報科学)は、産業界、学術界、および政府にとって、知識と技術における変革的な進歩を可能にすることができる。  従って、量子情報科学とその応用技術における米国の継続的なリーダーシップを確保することを目的とした国家量子推進(NQI)は、実質的かつ持続的な国家優先事項である。  NQI プログラムは、NQI 法の第 101 条に従って設立され、国家科学技術会議(NSTC)の量子情報科学(SC量子情報科学)小委員会または量子科学の経済・安全保障への影響に関する NSTC 小委員会(ESIX)の委員である行政部門および機関(エージェンシー)が推進する 量子情報科学 研究、開発、実証および訓練活動に例えられるように、連邦政府全体からの貢献を包含するものである。
Sec. 2.  Establishment.  (a)  To ensure that the NQI Program and the Nation are informed by evidence, data, and perspectives from a diverse group of experts and stakeholders, the National Quantum Initiative Advisory Committee (Committee) is hereby established.  Consistent with the NQI Act, the Committee shall advise the President, the SCQIS, and the ESIX on the NQI Program. 第2条  設立  (a) NQIプログラム及び国家が、多様な専門家及び利害関係者のグループからの証拠、データ及び視点によって情報を得られるようにするため、国家量子推進諮問委員会(委員会)をここに設立する。  委員会は、NQI法に基づき、大統領、SC量子情報科学、及びESIXに対し、NQIプログラムに関する助言を行う。
(b)  The Committee shall consist of the Director of the Office of Science and Technology Policy (Director) or the Director’s designee and not more than 26 members, appointed by the President, who are United States citizens representative of industry, universities, and Federal laboratories, and who are qualified to provide advice and information on QIS and technology research, development, demonstrations, standards, education, technology transfer, commercial application, or national security and economic concerns. (b) 委員会は、科学技術政策局局長(Director)または局長が指名する者、および産業界、大学、連邦研究所を代表する米国市民で、量子情報科学および技術の研究、開発、実証、標準、教育、技術移転、商業利用、または国家安全保障および経済に関する助言および情報を提供する資格を有する大統領によって任命された26名以下の委員で構成するものとする。
(c)  The Committee shall have two Co-Chairs.  The Director or the Director’s designee shall serve as one Co-Chair of the Committee.  The President shall designate another Co-Chair from among the appointed members to serve as Co-Chair with the Director. (c) 委員会は、2名の共同委員長を有するものとする。  ディレクター又はディレクターが指名する者が、委員会の共同委員長を務めるものとする。  社長は、任命されたメンバーの中からもう一人の共同委員長を指名し、ディレクターと共に共同委員長を務めるものとする。
Sec. 3.  Functions.  (a)  The Committee shall advise the President and the SCQIS and the ESIX (Subcommittees) and make recommendations for the President to consider when reviewing and revising the NQI Program.  The Committee shall also carry out all responsibilities set forth in section 104 of the NQI Act. 第3条  機能  (a) 委員会は、会長、SC量子情報科学及びESIX(小委員会)に助言し、NQIプログラムの見直し及び改訂の際に会長が考慮すべき事項を勧告するものとする。  また、委員会は、NQI法第104条に規定する全ての責務を遂行する。
(b)  The Committee shall meet at least twice a year and shall: (b) 委員会は、少なくとも年2回会合を開き、以下の事項を行う。
(i)    respond to requests from the President or the Co-Chairs of the Committee for information, analysis, evaluation, or advice relating to QIS and its technology applications; (i) 量子情報科学及びその技術応用に関する情報、分析、評価、又は助言について、大統領又は委員会の共同議長からの要請に応じること。
(ii)   solicit information and ideas from a broad range of stakeholders on QIS, including the research community, the private sector, academia, national laboratories, agencies, State and local governments, foundations, and nonprofit organizations; (ii) 研究コミュニティ、民間企業、学界、国立研究所、政府機関、州・地方政府、財団、非営利団体を含む量子情報科学に関する幅広い関係者から情報やアイデアを募る。
(iii)  review the national strategy for QIS; and (iii) 量子情報科学に関する国家戦略を検討する。
(iv)   respond to requests from the Subcommittees. (iv) 各小委員会からの要請に対応する。
Sec. 4.  Administration.  (a)  The heads of agencies shall, to the extent permitted by law, provide the Committee with information concerning QIS and its technology applications when requested by a Committee Co-Chair. 第4条  運営  (a) 各政府機関の長は、法律で認められている範囲内で、委員会共同議長から要請があった場合、量子情報科学及びその技術応用に関する情報を委員会に提供するものとする。
(b)  The Co-Chairs of the Committee may establish standing subcommittees and ad hoc groups, including technical advisory groups, to assist and provide information to the Committee. (b) 委員会の共同議長は、委員会を支援し情報を提供するために、技術諮問グループを含む常設分科委員会及びアドホックグ ループを設置することができる。
(c)  The Director may request that members of the Committee, standing subcommittees, or ad hoc groups who do not hold a current clearance for access to classified information receive appropriate clearances and access determinations pursuant to Executive Order 13526 of December 29, 2009 (Classified National Security Information), as amended, or any successor order. (c) 局長は、委員会、常設分科委員会、またはアドホックグループのメンバーで、機密情報へのアクセス許可を現在持っていない者に対し、2009年12月29日の大統領令13526(機密国家安全情報)、またはその改正、またはその後継命令に従って適切な許可とアクセス判定を受けるよう要請できるものとする。
(d)  The National Quantum Coordination Office shall provide technical and administrative support to the Committee, pursuant to section 102(b) of the NQI Act. (d) 国家量子調整室は、NQI法第102条(b)に従い、委員会に技術的及び管理的支援を提供するものとする。
(e)  Committee members shall serve without any compensation for their work on the Committee, but may receive travel expenses, including per diem in lieu of subsistence, as authorized by law for persons serving intermittently in the Government service (5 U.S.C. 5701-5707). (e)委員会の委員は、委員会における業務に対していかなる報酬も受けずに勤務するものとするが、政府機関において断続的に勤務する者に対して法律で認められている日当を含む旅費を受け取ることができる(5 U.S.C. 5701~5707)。
Sec. 5.  Revocation.  Executive Order 13885 of August 30, 2019 (Establishing the National Quantum Initiative Advisory Committee), is hereby revoked. 第5条  第5項 撤回  2019年8月30日の大統領令13885(国家量子イニシアチブ諮問委員会の設立)は、ここに撤回される。
Sec. 6.  General Provisions.  (a)  Insofar as the Federal Advisory Committee Act, as amended (5 U.S.C. App.) (FACA), may apply to the Committee, any functions of the President under the FACA, except for those in section 6 of the FACA, shall be performed by the Secretary of Energy, in consultation with the Director, in accordance with the guidelines and procedures established by the Administrator of General Services. 第6条  一般規定。  (a) 連邦諮問委員会法改正(5 U.S.C. App.)(FACA)が委員会に適用され得る限り、FACAに基づく大統領の機能は、FACA第6項のものを除き、エネルギー長官が長官と協議し、総務長官が定める指針および手続きに従って実施するものとする。
(b)  Nothing in this order shall be construed to impair or otherwise affect: (b) 本命令のいかなる内容も、損なわれる、あるいはその他の影響を及ぼすと解釈されてはならない。
(i)   the authority granted by law to an executive department or agency, or the head thereof; or (i) 行政機関またはその長に法律で与えられた権限。
(ii)  the functions of the Director of the Office of Management and Budget relating to budgetary, administrative, or legislative proposals. (ii) 予算、行政、または立法案に関する行政管理予算局局長の職務。
(c)  This order shall be implemented consistent with applicable law and subject to the availability of appropriations. (c) 本命令は、適用される法律と一致し、充当が可能であることを条件として実施されるものとする。
(d)  This order is not intended to, and does not, create any right or benefit, substantive or procedural, enforceable at law or in equity by any party against the United States, its departments, agencies, or entities, its officers, employees, or agents, or any other person. (d) 本命令は、米国、その省庁、団体、その役員、職員、代理人、またはその他の人物に対して、当事者が法律上または衡平法上強制できる、実体的または手続き上の権利または利益を生み出すことを意図したものではなく、またそうするものでもない。
JOSEPH R. BIDEN JR. ジョセフ・R・バイデン・ジュニア
THE WHITE HOUSE, ホワイトハウス,
May 4, 2022. 2022年5月4日

 

・2022.05.04 National Security Memorandum on Promoting United States Leadership in Quantum Computing While Mitigating Risks to Vulnerable Cryptographic Systems

 

National Security Memorandum on Promoting United States Leadership in Quantum Computing While Mitigating Risks to Vulnerable Cryptographic Systems 脆弱な暗号システムに対するリスクを軽減しつつ、量子コンピューティングにおける米国のリーダーシップを促進することに関する国家安全保障覚書
NATIONAL SECURITY MEMORANDUM/NSM-10 国家安全保障に関する覚書-10
MEMORANDUM FOR THE VICE PRESIDENT 副大統領のための覚書
THE SECRETARY OF STATE 国務長官
THE SECRETARY OF THE TREASURY 国庫長官
THE SECRETARY OF DEFENSE 国防長官
THE ATTORNEY GENERAL 司法長官
THE SECRETARY OF COMMERCE 商務長官
THE SECRETARY OF ENERGY エネルギー省長官
THE SECRETARY OF HOMELAND SECURITY 国土安全保障長官
THE ASSISTANT TO THE PRESIDENT AND CHIEF OF STAFF 大統領補佐官・首席補佐官
THE DIRECTOR OF THE OFFICE OF MANAGEMENT BUDGET 経営予算局局長
THE DIRECTOR OF NATIONAL INTELLIGENCE 国家情報長官
THE DIRECTOR OF THE CENTRAL INTELLIGENCE AGENCY 中央情報局長官
THE ASSISTANT TO THE PRESIDENT FOR NATIONAL 国家安全保障問題担当大統領補佐官
SECURITY AFFAIRS 安全保障問題担当
THE COUNSEL TO THE PRESIDENT 大統領補佐官
THE ASSISTANT TO THE PRESIDENT FOR ECONOMIC  大統領補佐官(経済政策担当
POLICY AND DIRECTOR OF THE NATIONAL ECONOMIC 経済政策担当大統領補佐官兼国家経済会議議長
COUNCIL 経済政策担当大統領補佐官兼国家経済会議議長
THE DIRECTOR OF THE OFFICE OF SCIENCE AND 科学技術政策室長
TECHNOLOGY POLICY 科学技術政策室長
THE NATIONAL CYBER DIRECTOR 国家サイバーディレクター
THE CHAIRMAN OF THE JOINT CHIEFS OF STAFF 統合参謀本部議長
THE DIRECTOR OF THE FEDERAL BUREAU OF INVESTIGATION 連邦捜査局局長
THE DIRECTOR OF THE NATIONAL SECURITY AGENCY 国家安全保障局長官
THE DIRECTOR OF THE NATIONAL INSTITUTE OF 国立標準技術研究所所長
STANDARDS AND TECHNOLOGY 標準技術研究所所長
 THE DIRECTOR OF THE CYBERSECURITY AND  INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY  サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ局局長
SUBJECT: Promoting United States Leadership in Quantum Computing While Mitigating Risks to Vulnerable Cryptographic Systems
件名:脆弱な暗号システムに対するリスクを軽減しながら、量子コンピューティングにおける米国のリーダーシップの促進

This memorandum outlines my Administration’s policies and initiatives related to quantum computing.  It identifies key steps needed to maintain the Nation’s competitive advantage in quantum information science (QIS), while mitigating the risks of quantum computers to the Nation’s cyber, economic, and national security.  It directs specific actions for agencies to take as the United States begins the multi-year process of migrating vulnerable computer systems to quantum-resistant cryptography.  A classified annex to this memorandum addresses sensitive national security issues. この覚書は、量子コンピューティングに関する私の政権の政策と推進を概説するものである。  この覚書は、量子情報科学(量子情報科学)における米国の競争優位性を維持するために必要な主要なステップを明らかにする一方、量子コンピュータが国家のサイバー、経済、国家安全保障に及ぼすリスクを軽減するものである。  この覚書は、米国が脆弱なコンピュータシステムを量子暗号に移行するための数年がかりのプロセスを開始するにあたり、各機関が取るべき具体的な行動を指示している。  このメモの機密付録は、国家安全保障上の機密事項を扱っている。
Section 1.  Policy.  (a)  Quantum computers hold the potential to drive innovations across the American economy, from fields as diverse as materials science and pharmaceuticals to finance and energy.  While the full range of applications of quantum computers is still unknown, it is nevertheless clear that America’s continued technological and scientific leadership will depend, at least in part, on the Nation’s ability to maintain a competitive advantage in quantum computing and QIS.  第1条 方針  (a) 量子コンピュータは、材料科学や製薬から金融やエネルギーに至るまで、米国経済全体のイノベーションを推進する可能性を持っている。  量子コンピュータの応用範囲はまだ未知数であるが、それでも米国が技術的・科学的にリーダーシップを取り続けることができるかどうかは、少なくとも部分的には量子コンピュータと量子情報科学において競争優位を保てるかどうかにかかっていることは明らかである。 
(b)  Yet alongside its potential benefits, quantum computing also poses significant risks to the economic and national security of the United States.  Most notably, a quantum computer of sufficient size and sophistication — also known as a cryptanalytically relevant quantum computer (CRQC) — will be capable of breaking much of the public-key cryptography used on digital systems across the United States and around the world.  When it becomes available, a CRQC could jeopardize civilian and military communications, undermine supervisory and control systems for critical infrastructure, and defeat security protocols for most Internet-based financial transactions. (b) しかし、量子コンピュータは、その潜在的な利益と同時に、米国の経済および国家安全保障に重大なリスクをもたらすものである。  特に、十分な規模と機能を備えた量子コンピュータ(CRQC:cryptanalytically relevant quantum computer)は、米国および世界中のデジタルシステムで使用されている公開鍵暗号の多くを解読することが可能であると考えられる。  CRQCが利用可能になれば、民間や軍の通信を危険にさらし、重要インフラの監視・制御システムを弱体化させ、インターネットベースの金融取引のほとんどのセキュリティプロトコルを破壊する可能性がある。
(c)  In order to balance the competing opportunities and risks of quantum computers, it is the policy of my Administration:  (1) to maintain United States leadership in QIS, through continued investment, partnerships, and a balanced approach to technology promotion and protection; and (2) to mitigate the threat of CRQCs through a timely and equitable transition of the Nation’s cryptographic systems to interoperable quantum‑resistant cryptography. (c) 量子コンピュータの競合する機会とリスクのバランスをとるために、私の政権の方針は次の通りである。  (1) 継続的な投資、パートナーシップ、技術の普及と保護に対するバランスの取れたアプローチを通じて、量子情報科学における米国のリーダーシップを維持すること、 (2) 国家の暗号システムを相互運用可能な耐量子暗号に適時かつ公平に移行することにより、CRQCの脅威を軽減すること。
(d)  Additional guidance and directives may be required in the future as quantum computing technologies and their associated risks mature. (d) 量子コンピューティング技術とその関連リスクの成熟に伴い、将来的に追加のガイダンスと指令が必要となる可能性がある。
Sec. 2.  Promoting United States Leadership.  (a)  The United States must pursue a whole-of-government and whole‑of‑society strategy to harness the economic and scientific benefits of QIS, and the security enhancements provided by quantum-resistant cryptography.  This strategy will require a coordinated, proactive approach to QIS research and development (R&D), an expansion of education and workforce programs, and a focus on developing and strengthening partnerships with industry, academic institutions, allies, and like-minded nations. 第2条  米国のリーダーシップを促進する。  (a) 米国は、量子情報科学 の経済的・科学的利益と耐量子暗号によるセキュリティ強化を活用するため、政府全体及び社会全体の戦略を追求する必要がある。  この戦略には、量子情報科学研究開発(R&D)に対する協調的かつ積極的なアプローチ、教育・労働力プログラムの拡大、産業界、学術機関、同盟国、および同様の考えを持つ国とのパートナーシップの開発・強化に重点を置くことが必要である。
(b)  The United States must seek to encourage transformative and fundamental scientific discoveries through investments in core QIS research programs.  Investments should target the discovery of new quantum applications, new approaches to quantum-component manufacturing, and advances in quantum‑enabling technologies, such as photonics, nanofabrication, and cryogenic and semiconductor systems. (b) 米国は、中核的な 量子情報科学研究プログラムへの投資を通じて、変革的かつ基礎的な科学的発見を奨励するよう努めなければならない。  この投資は、新しい量子応用の発見、量子コンポーネント製造の新しいアプローチ、フォトニクス、ナノ加工、極低温・半導体システムなどの量子実現技術の進歩をターゲットとするものでなければならない。
(c)  The United States must seek to foster the next generation of scientists and engineers with quantum-relevant skill sets, including those relevant to quantum-resistant cryptography.  Education in QIS and related cybersecurity principles should be incorporated into academic curricula at all levels of schooling to support the growth of a diverse domestic workforce.  Furthermore, it is vital that we attract and retain talent and encourage career opportunities that keep quantum experts employed domestically. (c) 米国は、耐量子暗号に関連する技術を含む、量子関連技術を持つ次世代の科学者や技術者の育成に努めなければならない。  量子情報科学 および関連するサイバーセキュリティの原理に関する教育は、多様な国内労働力の成長を支援するために、あらゆるレベルの学校教育のカリキュラムに組み込まれるべきである。  さらに、量子専門家の国内雇用を維持するために、人材を引きつけ、キャリア機会を促進することが不可欠である。
(d)  To promote the development of quantum technology and the effective deployment of quantum-resistant cryptography, the United States must establish partnerships with industry; academia; and State, local, Tribal, and territorial (SLTT) governments.  These partnerships should advance joint R&D initiatives and streamline mechanisms for technology transfer between industry and government. (d) 量子技術の開発と耐量子暗号の効果的な展開を促進するために、米国は産業界、学術界、州・地方・部族・準州政府(SLTT)とパートナーシップを確立する必要がある。  これらのパートナーシップは、共同研究開発推進を推進し、産業界と政府間の技術移転のメカニズムを合理化する必要がある。
(e)  The United States must promote professional and academic collaborations with overseas allies and partners.  This international engagement is essential for identifying and following global QIS trends and for harmonizing quantum security and protection programs. (e)米国は、海外の同盟国およびパートナーとの専門的・学術的な協力関係を促進しなければならない。  このような国際的な関与は、世界の 量子情報科学 の動向を把握・追従し、量子安全保障・保護プログラムを調和させるために不可欠である。
(f)  In support of these goals, within 90 days of the date of this memorandum, agencies that fund research in, develop, or acquire quantum computers shall coordinate with the Director of the Office of Science and Technology Policy to ensure a coherent national strategy for QIS promotion and technology protection, including for workforce issues.  To facilitate this coordination, all such agencies shall identify a liaison to the National Quantum Coordination Office to share information and best practices, consistent with section 102(b)(3) of the National Quantum Initiative Act (Public Law 115-368) and section 6606 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022 (Public Law 117-81).  All coordination efforts shall be undertaken with appropriate protections for sensitive and classified information and intelligence sources and methods. (f) これらの目標を支援するため、本覚書の日付から90日以内に、量子コンピュータの研究、開発、取得に資金を提供する機関は、科学技術政策室長と調整し、労働力の問題を含め、量子情報科学推進と技術保護に関する一貫した国家戦略を確保するものとする。  この調整を促進するため、かかる機関はすべて、国家量子推進法(公法115-368)の第102条(b)(3)および2022会計年度国防権限法(公法117-81)の第6606条と一致する、情報とベストプラクティスを共有するための国家量子調整室との連絡係を特定するものとする。  すべての調整努力は、機密かつ分類された情報および情報源と方法に対する適切な保護をもって実施されるものとする。
Sec. 3.  Mitigating the Risks to Encryption.  (a)  Any digital system that uses existing public standards for public‑key cryptography, or that is planning to transition to such cryptography, could be vulnerable to an attack by a CRQC.  To mitigate this risk, the United States must prioritize the timely and equitable transition of cryptographic systems to quantum-resistant cryptography, with the goal of mitigating as much of the quantum risk as is feasible by 2035.  Currently, the Director of the National Institute of Standards and Technology (NIST) and the Director of the National Security Agency (NSA), in their capacity as the National Manager for National Security Systems (National Manager), are each developing technical standards for quantum‑resistant cryptography for their respective jurisdictions.  The first sets of these standards are expected to be released publicly by 2024.    第3条  暗号化のリスクを軽減すること。  (a) 公開鍵暗号の既存の公的標準を使用するデジタル・システム、またはそのような暗号への移行を計画しているデジタル・システムは、CRQCによる攻撃に対して脆弱である可能性がある。  このリスクを軽減するために、米国は暗号システムの量子耐性暗号への適時かつ公平な移行を優先し、2035年までに実現可能な限り量子リスクを軽減することを目標としなければならない。  現在、米国標準技術局(NIST)長官と国家安全保障局(NSA)長官が、国家安全保障システム担当の国家管理者として、それぞれの管轄区域において耐量子暗号の技術標準を策定中である。  これらの標準の最初のセットは、2024年までに一般に公開される予定である。   
(b)  Central to this migration effort will be an emphasis on cryptographic agility, both to reduce the time required to transition and to allow for seamless updates for future cryptographic standards.  This effort is an imperative across all sectors of the United States economy, from government to critical infrastructure, commercial services to cloud providers, and everywhere else that vulnerable public-key cryptography is used. (b) この移行作業の中心は、移行に要する時間を短縮し、将来の暗号標準のシームレスな更新を可能にするために、暗号の俊敏性を強調することである。  この取り組みは、政府から重要インフラ、商業サービス、クラウドプロバイダーなど、脆弱な公開鍵暗号が使用されているあらゆる場所で、米国経済のあらゆるセクターで必須となるものである。
(c)  Consistent with these goals: (c) これらの目標に沿う形で
(i)     Within 90 days of the date of this memorandum, the Secretary of Commerce, through the Director of NIST, shall initiate an open working group with industry, including critical infrastructure owners and operators, and other stakeholders, as determined by the Director of NIST, to further advance adoption of quantum-resistant cryptography.  This working group shall identify needed tools and data sets, and other considerations to inform the development by NIST of guidance and best practices to assist with quantum‑resistant cryptography planning and prioritization.  Findings of this working group shall be provided, on an ongoing basis, to the Director of the Office of Management and Budget (OMB), the Assistant to the President for National Security Affairs (APNSA), and the National Cyber Director to incorporate into planning efforts.  (i) 商務長官は、このメモの日付から90日以内に、NIST長官を通じて、量子耐性暗号の採用をさらに進めるために、重要インフラの所有者および運営者を含む産業界、およびNIST長官が決定するその他の関係者との公開ワーキンググループを開始するものとする。  本ワーキンググループは、量子耐性暗号の計画と優先順位付けを支援するガイダンスとベストプラクティスをNISTが開発するために、必要なツールやデータセット、その他の検討事項を特定するものとする。  このワーキンググループの結果は、継続的に、管理予算局(OMB)長官、国家安全保障問題担当大統領補佐官(APNSA)、および国家サイバー局長に提供され、計画策定に反映させるものとする。 
(ii)    Within 90 days of the date of this memorandum, the Secretary of Commerce, through the Director of NIST, shall establish a “Migration to Post-Quantum Cryptography Project” at the National Cybersecurity Center of Excellence to work with the private sector to address cybersecurity challenges posed by the transition to quantum-resistant cryptography.  This project shall develop programs for discovery and remediation of any system that does not use quantum-resistant cryptography or that remains dependent on vulnerable systems. (ii) 商務長官は、この覚書の日付から90日以内に、NIST長官を通じて、国家サイバーセキュリティセンターオブエクセレンスに「ポスト量子暗号への移行プロジェクト」を設立し、民間部門と協力して、量子耐性暗号への移行によってもたらされるサイバーセキュリティ上の課題に取り組むものとする。  このプロジェクトは、量子耐性暗号を使用していない、または脆弱なシステムに依存したままのシステムの発見と是正のためのプログラムを開発するものとする。
(iii)   Within 180 days of the date of this memorandum, and annually thereafter, the Secretary of Homeland Security, through the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA), and in coordination with Sector Risk Management Agencies, shall engage with critical infrastructure and SLTT partners regarding the risks posed by quantum computers, and shall provide an annual report to the Director of OMB, the APNSA, and the National Cyber Director that includes recommendations for accelerating those entities’ migration to quantum-resistant cryptography. (iii) この覚書の日付から180日以内に、そしてその後毎年、国土安全保障長官は、サイバーセキュリティおよびインフラセキュリティ庁(CISA)長官を通じて、セクターリスク管理機関と連携して、量子コンピュータがもたらすリスクについて重要インフラおよびSLTTパートナーと協力し、OMB長官、APNSAおよび国家サイバー局長に、これらの機関の量子耐性暗号への移行促進に関する提案を含む年次報告書を提供しなければならない。
(iv)    Within 180 days of the date of this memorandum, and on an ongoing basis, the Director of OMB, in consultation with the Director of CISA, the Director of NIST, the National Cyber Director, and the Director of NSA, shall establish requirements for inventorying all currently deployed cryptographic systems, excluding National Security Systems (NSS).  These requirements shall include a list of key information technology (IT) assets to prioritize, interim benchmarks, and a common (and preferably automated) assessment process for evaluating progress on quantum-resistant cryptographic migration in IT systems. (iv) 本覚書の日付から180日以内に、継続的に、OMB長官は、CISA長官、NIST長官、国家サイバー長官、NSA長官と協議して、国家安全保障システム(NSS)を除く、現在配備されているすべての暗号システムの目録作成の要件を確立するものとする。  これらの要件には、優先順位をつけるべき主要な情報技術(IT)資産のリスト、暫定的なベンチマーク、ITシステムにおける量子抵抗暗号移行の進捗を評価するための共通の(できれば自動化された)評価プロセスが含まれるものとする。
(v)     Within 1 year of the date of this memorandum, and on an annual basis thereafter, the heads of all Federal Civilian Executive Branch (FCEB) Agencies shall deliver to the Director of CISA and the National Cyber Director an inventory of their IT systems that remain vulnerable to CRQCs, with a particular focus on High Value Assets and High Impact Systems.  Inventories should include current cryptographic methods used on IT systems, including system administrator protocols, non-security software and firmware that require upgraded digital signatures, and information on other key assets. (v) この覚書の日付から1年以内に、またその後は毎年、すべての連邦公務員行政部門(FCEB)機関の長は、CISA長官と国家サイバー長官に対して、CRQCに対して脆弱なままのITシステムのインベントリーを、特に高額資産と高インパクトシステムに焦点を当てて提供するものとする。  インベントリには、システム管理者プロトコル、アップグレードされたデジタル署名を必要とする非セキュリティ・ソフトウェア及びファームウェア、並びにその他の重要な資産に関する情報など、ITシステムで使用されている現在の暗号化方式を含めるべきである。
(vi)    By October 18, 2023, and on an annual basis thereafter, the National Cyber Director shall, based on the inventories described in subsection 3(c)(v) of this memorandum and in coordination with the Director of CISA and the Director of NIST, deliver a status report to the APNSA and the Director of OMB on progress made by FCEB Agencies on their migration of non-NSS IT systems to quantum-resistant cryptography.  This status report shall include an assessment of the funding necessary to secure vulnerable IT systems from the threat posed by adversarial access to quantum computers, a description and analysis of ongoing coordination efforts, and a strategy and timeline for meeting proposed milestones. (vi) 2023年10月18日までに、そしてその後毎年、国家サイバー長官は、本覚書のサブセクション3(c)(v)に記載された目録に基づき、CISA長官及びNIST長官と協力して、FCEB機関による非NSS ITシステムの量子抵抗暗号への移行の進捗状況について、APNSA及びOMB長官に状況報告書を提出しなければならない。  この状況報告には、敵対的な量子コンピュータへのアクセスがもたらす脅威から脆弱なITシステムを守るために必要な資金の評価、進行中の調整努力の説明と分析、提案されたマイルストーンを達成するための戦略とタイムラインを含めるものとする。
(vii)   Within 90 days of the release of the first set of NIST standards for quantum-resistant cryptography referenced in subsection 3(a) of this memorandum, and on an annual basis thereafter, as needed, the Secretary of Commerce, through the Director of NIST, shall release a proposed timeline for the deprecation of quantum-vulnerable cryptography in standards, with the goal of moving the maximum number of systems off quantum-vulnerable cryptography within a decade of the publication of the initial set of standards.  The Director of NIST shall work with the appropriate technical standards bodies to encourage interoperability of commercial cryptographic approaches. (vii) 商務長官は、本覚書の第3項(a)で言及した量子脆弱性暗号に関するNIST標準の最初のセットの公開から90日以内に、またその後は必要に応じて毎年、NIST長官を通じて、標準における量子脆弱性暗号の非推奨に関するスケジュール案を公開し、最初の標準セットの公開から10年以内に最大数のシステムを量子脆弱性暗号から移行することを目標とするものとする。  NIST長官は、適切な技術標準化団体と協力して、商用暗号手法の相互運用性を奨励するものとする。
(viii)  Within 1 year of the release of the first set of NIST standards for quantum-resistant cryptography referenced in subsection 3(a) of this memorandum, the Director of OMB, in coordination with the Director of CISA and the Director of NIST, shall issue a policy memorandum requiring FCEB Agencies to develop a plan to upgrade their non-NSS IT systems to quantum-resistant cryptography.  These plans shall be expeditiously developed and be designed to address the most significant risks first.  The Director of OMB shall work with the head of each FCEB Agency to estimate the costs to upgrade vulnerable systems beyond already planned expenditures, ensure that each plan is coordinated and shared among relevant agencies to assess interoperability between solutions, and coordinate with the National Cyber Director to ensure plans are updated accordingly. (viii) 本覚書のサブセクション3(a)で言及されている量子脆弱性暗号に関する最初のNIST標準の公表から1年以内に、OMB長官は、CISA長官及びNIST長官と連携して、FCEB機関に対して、非NSS ITシステムの量子脆弱性暗号へのアップグレード計画の策定を求める政策メモを発表するものとする。  これらの計画は迅速に策定され、最も重大なリスクに最初に対処するよう設計されるものとする。  OMB長官は、各FCEB機関の長と協力して、脆弱なシステムのアップグレードにかかる費用を既に計画されている支出以上に見積もり、各計画が関連機関間で調整・共有されてソリューション間の相互運用性を評価し、国家サイバー長官と調整して、計画が適宜更新されるよう確保するものとする。
(ix)    Until the release of the first set of NIST standards for quantum-resistant cryptography referenced in subsection 3(a) of this memorandum, the heads of FCEB Agencies shall not procure any commercial quantum-resistant cryptographic solutions for use in IT systems supporting enterprise and mission operations.  However, to assist with anticipating potential compatibility issues, the heads of such FCEB Agencies should conduct tests of commercial solutions that have implemented pre-standardized quantum-resistant cryptographic algorithms.  These tests will help identify interoperability or performance issues that may occur in Federal environments at an early stage and will contribute to the mitigation of those issues.  The heads of such FCEB Agencies should continue to implement and, where needed, upgrade existing cryptographic implementations, but should transition to quantum-resistant cryptography only once the first set of NIST standards for quantum-resistant cryptography is complete and implemented in commercial products.  Conformance with international standards should be encouraged, and may be required for interoperability. (ix) 本覚書のサブセクション3(a)で言及されている耐量子暗号に関する最初のNIST標準が発表されるまで、FCEB機関の長は、企業やミッションの運営をサポートするITシステムで使用するための商用耐量子暗号ソリューションを調達しないこととする。  しかし、潜在的な互換性の問題を予測するために、FCEB機関の長は、あらかじめ標準化された量子耐性暗号アルゴリズムを実装した商用ソリューションのテストを実施する必要がある。  これらのテストは、連邦環境において発生しうる相互運用性や性能の問題を早期に特定し、それらの問題の軽減に寄与するものである。  このようなFCEB機関の長は、既存の暗号実装を継続し、必要に応じてアップグレードを行うべきであるが、量子耐性暗号に関する最初のNIST標準が完成し、商用製品に実装された後、量子耐性暗号に移行すべきである。  国際標準への準拠を推奨し、相互運用のために必要となる場合もある。
(x)     Within 1 year of the date of this memorandum, and annually thereafter, the Director of NSA, serving in its capacity as the National Manager, in consultation with the Secretary of Defense and the Director of National Intelligence, shall provide guidance on quantum-resistant cryptography migration, implementation, and oversight for NSS.  This guidance shall be consistent with National Security Memorandum/NSM-8 (Improving the Cybersecurity of National Security, Department of Defense, and Intelligence Community Systems).  The National Manager shall share best practices and lessons learned with the Director of OMB and the National Cyber Director, as appropriate. (x) この覚書の日付から 1 年以内、及びその後毎年、国家管理者としての NSA 長官は、国防長官及び 国家情報長官と協議の上、NSS に対する量子耐性暗号の移行、実装及び監視に関するガイダンスを提供 するものとする。  このガイダンスは、国家安全保障に関する覚書/国家安全保障に関する覚書-8(Improving the Cybersecurity of National Security, Department of Defense, and Intelligence Community Systems)と整合的であるものとする。  国家管理者は、ベストプラクティス及び得られた教訓を、適宜、OMB長官及び国家サイバー・ ディレクターと共有するものとする。
(xi)    Within 1 year of the date of this memorandum, and on an ongoing basis, and consistent with section 1 of NSM-8, the heads of agencies operating NSS shall identify and document all instances where quantum-vulnerable cryptography is used by NSS and shall provide this information to the National Manager. (xi) この覚書の日付から1年以内に、また継続的に、国家安全保障に関する覚書-8の第1項と整合性をとりながら、NSSを運用する機関の長は、NSSによって量子脆弱性暗号が使用されている全ての事例を特定し、文書化し、この情報を国家管理者に提供するものとする。
(xii)   Within 180 days of issuance by the National Manager of its standards on quantum-resistant cryptography referenced in section 3(a) of this memorandum, and annually thereafter, the National Manager shall release an official timeline for the deprecation of vulnerable cryptography in NSS, until the migration to quantum-resistant cryptography is completed. (xii) 全国管理者は、本覚書の第 3 節(a)で言及した量子脆弱性暗号に関する基準の発行から 180 日以内、 及びその後毎年、量子脆弱性暗号への移行が完了するまでの NSS における脆弱性暗号の非推奨に 関する公式なタイムラインを発表すること。
(xiii)  Within 1 year of issuance by the National Manager of its standards on quantum-resistant cryptography for referenced in subsection 3(a) of this memorandum, and annually thereafter, the heads of agencies operating or maintaining NSS shall submit to the National Manager, and, as appropriate, the Department of Defense Chief Information Officer or the Intelligence Community Chief Information Officer, depending on their respective jurisdictions, an initial plan to transition to quantum‑resistant cryptography in all NSS.  These plans shall be updated annually and shall include relevant milestones, schedules, authorities, impediments, funding requirements, and exceptions authorized by the head of the agency in accordance with section 3 of NSM-8 and guidance from the National Manager.   (xiii) 国家管理者が、本覚書のサブセクション3(a)で言及された耐量子暗号に関する基準を発行してから1年以内、 及びその後毎年、NSSを運用又は維持する機関の長は、国家管理者に提出し、必要に応じて、それぞれの管轄に 応じて、国防省最高情報責任者又は情報コミュニティ最高情報責任者が、全てのNSSにおいて耐量子暗号への 移行に関する初期の計画を提出するものとする。  これらの計画は毎年更新され、関連するマイルストーン、スケジュール、権限、障害、資金需要、及び国家安全保障に関する覚書-8第3項と国家管理者の指導に従って機関の長が許可した例外を含むものとする。 
(xiv)   By December 31, 2023, agencies maintaining NSS shall implement symmetric-key protections (e.g., High Assurance Internet Protocol Encryptor (HAIPE) exclusion keys or VPN symmetric key solutions) to provide additional protection for quantum-vulnerable key exchanges, where appropriate and in consultation with the National Manager.  Implementation should seek to avoid interference with interoperability or other cryptographic modernization efforts. (xiv) 2023年12月31日までに、NSSを維持する機関は、量子脆弱性鍵交換の追加的な保護を提供するた めに、適切な場合には、国家管理者と協議の上、対称鍵保護(例えば、高保証インターネットプロトコルエン クリプター(HAIPE)排除鍵やVPN対称鍵ソリューション)を実装しなければならない。  実装は、相互運用性または他の暗号近代化の努力との干渉を避けるよう努めるべきである。
(xv)    By December 31, 2023, the Secretary of Defense shall deliver to the APNSA and the Director of OMB an assessment of the risks of quantum computing to the defense industrial base and to defense supply chains, along with a plan to engage with key commercial entities to upgrade their IT systems to achieve quantum resistance. (xv) 2023年12月31日までに、国防長官はAPNSAとOMB長官に、防衛産業基盤および防衛サプライチェーンに対する量子コンピューティングのリスクの評価と、主要な商業団体と協力してITシステムを量子耐性にアップグレードする計画を提出すること。
Sec. 4.  Protecting United States Technology.  (a)  In addition to promoting quantum leadership and mitigating the risks of CRQCs, the United States Government must work to safeguard relevant quantum R&D and intellectual property (IP) and to protect relevant enabling technologies and materials.  Protection mechanisms will vary, but may include counterintelligence measures, well-targeted export controls, and campaigns to educate industry and academia on the threat of cybercrime and IP theft. 第4条  米国技術の保護。  (a) 量子リーダーシップの推進とCRQCのリスク軽減に加え、米国政府は、関連する量子研究開発と知的財産(IP)を保護し、関連する実現技術や材料を保護するよう努めなければならない。  保護メカニズムは様々であるが、防諜対策、的確な輸出規制、サイバー犯罪やIP盗難の脅威について産業界や学術界を教育するキャンペーンなどが考えられる。
(b)  All agencies responsible for either promoting or protecting QIS and related technologies should understand the security implications of adversarial use and consider those security implications when implementing new policies, programs, and projects. (b) 量子情報科学 と関連技術の推進または保護に責任を負うすべての機関は、敵対的利用の安全保障上の意味を理解し、新たな政策、プログラム、プロジェクトを実施する際にその安全保障上の意味を検討する必要がある。
(c)  The United States should ensure the protection of U.S.‑developed quantum technologies from theft by our adversaries.  This will require campaigns to educate industry, academia, and SLTT partners on the threat of IP theft and on the importance of strong compliance, insider threat detection, and cybersecurity programs for quantum technologies.  As appropriate, Federal law enforcement agencies and other relevant agencies should investigate and prosecute actors who engage in the theft of quantum trade secrets or who violate United States export control laws.  To support efforts to safeguard sensitive information, Federal law enforcement agencies should exchange relevant threat information with agencies responsible for developing and promoting quantum technologies.   (c) 米国は、米国が開発した量子技術を敵対勢力による盗用から確実に保護する必要がある。  このためには、産業界、学術界、SLTT パートナーを対象に、IP 盗難の脅威、量子技術に関する強力なコンプライアンス、内部脅威の検知、サイバーセキュリティプログラムの重要性について教育するキャンペーンを実施する必要がある。  適切な場合、連邦法執行機関やその他の関連機関は、量子の企業秘密の窃盗に関与したり、米国の輸出管理法に違反したりする行為者を調査し、起訴する必要がある。  機密情報を保護する取り組みを支援するため、連邦法執行機関は、量子技術の開発および推進を担当する機関と関連する脅威情報を交換する必要がある。 
(d)  Consistent with these goals, by December 31, 2022, the heads of agencies that fund research in, develop, or acquire quantum computers or related QIS technologies shall develop comprehensive technology protection plans to safeguard QIS R&D, acquisition, and user access.  Plans shall be coordinated across agencies, including with Federal law enforcement, to safeguard quantum computing R&D and IP, acquisition, and user access.  These plans shall be updated annually and provided to the APNSA, the Director of OMB, and the Co-Chairs of the National Science and Technology Council Subcommittee on Economic and Security Implications of Quantum Science. (d) これらの目標に沿って、2022年12月31日までに、量子コンピュータまたは関連する量子情報科学技術の研究、開発、取得に資金を提供する機関の長は、量子情報科学の研究開発、取得、ユーザ・アクセスを保護するための包括的技術保護計画を策定するものとする。  計画は、量子コンピュータの研究開発、IP、取得、ユーザ・アクセスを保護するために、連邦法執行機関を含む、機関間で調整されるものとする。  これらの計画は毎年更新され、APNSA、OMB長官、および国家科学技術会議量子科学の経済的および安全保障上の意義に関する小委員会の共同議長に提出される。
Sec. 5.  Definitions.  For purposes of this memorandum: 第5条 定義  本覚書の目的上
(a)  the term “agency” has the meaning ascribed to it under 44 U.S.C. 3502; (a) 「機関」という用語は、44 U.S.C. 3502に規定されている意味を有する。
(b)  the term “critical infrastructure” means systems and assets, whether physical or virtual, so vital to the United States that their incapacitation or destruction would have a debilitating effect on the Nation’s security, economy, public health and safety, or any combination thereof; (b) 「重要インフラ」という用語は、物理的か仮想的かを問わず、米国にとって極めて重要なシステムおよび資産で、その機能停止または破壊が国家の安全保障、経済、公衆衛生および安全、またはそれらの組み合わせに衰弱させる影響を与えるものを意味する。
(c)  the term “cryptographic agility” means a design feature that enables future updates to cryptographic algorithms and standards without the need to modify or replace the surrounding infrastructure; (c) 「暗号の敏捷性」という用語は、周囲のインフラストラクチャを修正または交換する必要なく、暗号アル ゴリズムおよび標準の将来の更新を可能にする設計上の特徴を意味する。
(d)  the term “cryptanalytically relevant quantum computer” or “CRQC” means a quantum computer capable of undermining current public-key cryptographic algorithms; (d) 「暗号解読関連量子コンピュータ」または「CRQC」という用語は、現行の公開鍵暗号アルゴリズムを弱体化させることができる量子コンピュータを意味する。
(e)  the term “Federal Civilian Executive Branch Agency” or “FCEB Agency” means any agency except the Department of Defense or agencies in the Intelligence Community; (e) 「連邦民間行政機関」または「FCEB機関」とは、国防総省または情報コミュニティ内の機関を除 くすべての機関を意味する。
(f)  the term “high value asset” means information or an information system that is so critical to an organization that the loss or corruption of this information, or loss of access to the system, would have serious impacts on the organization’s ability to perform its mission or conduct business; (f) 「高価値資産」とは、組織にとって非常に重要な情報または情報システムであって、その情報の損失もしくは破損、またはシステムへのアクセスの喪失が、組織の任務遂行または事業遂行の能力に重大な影響を及ぼすものをいう。
(g)  the term “high impact system” means an information system in which at least one security objective (i.e., confidentiality, integrity, or availability) is assigned a Federal Information Processing Standards (FIPS) 199 potential impact value of “high”; (g)「高影響度システム」とは、少なくとも一つのセキュリティ目的(すなわち、機密性、完全性又は可用性)が連邦情報処理規格(FIPS)199の潜在的影響度の値が「高」と割り当てられた情報システムを意味する。
(h)  the term “information technology” or “IT” has the meaning ascribed to it under 44 U.S.C. 3502; (h) 「情報技術」または「IT」という用語は、44 U.S.C. 3502に基づき付与された意味を有する。
(i)  the term “National Security Systems” or “NSS” has the meaning ascribed to it in 44 U.S.C 3552(b)(6) and shall also include other Department of Defense and Intelligence Community systems, as described in 44 U.S.C. 3553(e)(2) and 44 U.S.C. 3553(e)(3); (i) 「国家安全保障システム」または「NSS」という用語は、44 U.S.C. 3552(b)(6)に規定される意味を有し、44 U.S.C. 3553(e)(2)および44 U.S.C. 3553(e)(3)に記載される他の防衛省および情報機関のシステムも含むものとする。
(j)  the term “quantum computer” means a computer utilizing the collective properties of quantum states, such as superposition, interference and entanglement, to perform calculations.  The foundations in quantum physics give a quantum computer the ability to solve a subset of hard mathematical problems at a much faster rate than a classical (i.e., non‑quantum) computer; (j)「量子コンピュータ」という用語は、重ね合わせ、干渉、もつれなどの量子状態の集合的な性質を利用して計算を行うコンピュータを意味する。  量子物理学の基礎は、量子コンピュータが古典的(すなわち非量子)コンピュータよりもはるかに速い速度で難しい数学的問題の一部を解決する能力を与えるものである。
(k)  the term “quantum information sciences” or “QIS” has the meaning ascribed to it under 15 U.S.C. 8801(6) and means the study and application of the laws of quantum physics for the storage, transmission, manipulation, computing, or measurement of information; and (k) 「量子情報科学」または「量子情報科学」という用語は、15 U.S.C. 8801(6)に規定される意味を有し、情報の記憶、伝送、操作、計算または測定のための量子物理学の法則の研究および適用を意味する。
(l)  the term “quantum-resistant cryptography” means those cryptographic algorithms or methods that are assessed not to be specifically vulnerable to attack by either a CRQC or classical computer.  This is also referred to as post-quantum cryptography. (l) 「量子耐性暗号」とは、CRQC または古典コンピュータのいずれによる攻撃にも特に脆弱でないと評価される暗号アルゴリズムまたは方式を意味する。  これは、ポスト量子暗号とも呼ばれる。
Sec. 6.  General Provisions.  (a)  Nothing in this memorandum shall be construed to impair or otherwise affect: 第6条  一般規定  (a) 本覚書のいかなる内容も、以下の内容を損ない、またはその他の影響を与えるものと解釈してはならない。
(i)   the authority granted by law to an executive department or agency, or the head thereof, to include the protection of intelligence sources and methods; or (i) 情報源および方法の保護を含む、行政機関またはその長に法律で与えられた権限。
(ii)  the functions of the Director of OMB relating to budgetary, administrative, or legislative proposals. (ii) 予算、行政、または立法案に関するOMB長官の職務。
(b)  This memorandum shall be implemented consistent with applicable law and subject to the availability of appropriations. (b) この覚書は、適用される法律と一致し、充当が可能であることを条件として、実施されるものとする。
(c)  This memorandum shall also be implemented without impeding the conduct or support of intelligence activities, and all implementation measures shall be designed to be consistent with appropriate protections for sensitive information and intelligence sources and methods.  (c) この覚書はまた、情報活動の実施または支援を妨げることなく実施されなければならず、すべての実施措置は、機密情報および情報源と方法に対する適切な保護と整合するように設計されなければならない。 
(d)  This memorandum is not intended to, and does not, create any right or benefit, substantive or procedural, enforceable at law or in equity by any party against the United States, its departments, agencies, or entities, its officers, employees, or agents, or any other person.    (d) この覚書は、米国、その省庁、団体、その役員、職員、代理人、またはその他の者に対し、当事者が法律上または衡平法上強制できる、実体的または手続き上の権利または利益を創出することを意図したものではなく、またそうすることもない。   
JOSEPH R. BIDEN JR.  ジョセフ・R・バイデン・ジュニア

 

 

Fig1_20210802074601

 


 

参考

国家量子推進諮問会議

quantum.gov

 

国家量子推進法

Congress.gov

・2018.06.27 H.R.6227 - National Quantum Initiative Act

 

日本の場合?...

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2022.05.02 内閣府 量子未来社会ビジョン (2022.04.22)

 


 

Continue reading "米国 国家量子推進諮問委員会の強化に関する大統領令"

| | Comments (0)

2022.05.02

内閣府 量子未来社会ビジョン (2022.04.22)

こんにちは、丸山満彦です。

内閣府が[PDF] 量子未来社会ビジョンを公表していましたね。。。

 

内閣府 - 内閣府の政策 - 科学技術・イノベーション - 量子技術イノベーション

・2022.04.22 [PDF] 量子未来社会ビジョン

20220502-130854

目次...


1. はじめに

2. 量子技術を取り巻く環境変化等
(1)量子産業の国際競争の激化
(2)コロナ禍による DX の急速な進展
(3)カーボンニュートラル社会/SDGs 等への貢献
(4)量子コンピュータを支える基盤技術の進展
(5)量子技術の経済安全保障

3. 基本的考え方
(1)量子技術を社会経済システム全体に取り込み、従来型(古典)技術システムとの融合により(ハイブリッド)、我が国の産業の成長機会の創出・社会課題の解決
(2)最先端の量子技術の利活用促進(量子コンピュータ・通信等のテストベッド整備等)
(3)量子技術を活用した新産業/スタートアップ企業の創出・活性化

4. 未来社会ビジョン(未来社会像)
(1)量子技術により目指すべき未来社会ビジョン(未来社会像)
(2)未来社会における量子技術によって創出される価値(量子技術活用イメージ)
(3)未来社会ビジョンに向けた 2030 年に目指すべき状況

5. 今後の取組
Ⅰ.各技術領域の取組
(1)量子コンピュータに関する取組
(2)量子ソフトウェアに関する取組
(3)量子セキュリティ・量子ネットワークに関する取組
(4)量子計測・センシング/量子マテリアル等に関する取組
Ⅱ.イノベーション創出のための基盤的取組
(1)スタートアップ企業の創出・活性化
(2)量子技術イノベーション拠点の体制強化
(3)人材の育成・確保
(4)量子技術の知財化・標準化
(5)国際連携/産学官連携
(6)アウトリーチ活動の推進
(7)経済安全保障/ビジネス環境整備等

6. さいごに

・2022.04.22 [PDF] 量子未来社会ビジョン(概要)

20220502-130643_20220502131001

 

・2022.04.22 [PDF] 量子技術イノベーション戦略 ロードマップ改訂

20220502-132152

 

内閣府 - 内閣府の政策 - 科学技術・イノベーション - 統合イノベーション戦略 - 統合イノベーション戦略推進会議

 

 

| | Comments (0)

2022.03.05

NATO サイバーセキュリティセンター 量子コンピュータの攻撃に耐えられるセキュアネットワークの実験に成功

こんにちは、丸山満彦です。

NATOのサイバーセキュリティセンターが量子コンピュータの攻撃に耐えられるセキュアネットワークの実験に成功したと発表していますね。。。

具体的にはよくわからないですが、”Hybrid Post-Quantum VPN” で従来の技術とポスト量子技術を組み合わせているとなっていますね。。。

'harvest now and decrypt later'(今収集して後で分析する)という脅威もわからなくもないのですが、10年後に解析できたとして、その時にどれほど意味がある情報が残っているのか、、、という問題もあるかもですね。。。(軍としてはそうなのかもしれませんが、一般的には、、、)

 

NATO - NCI Agency

・2022.03.02 NATO Cyber Security Centre experiments with secure network capable of withstanding attack by quantum computers

NATO Cyber Security Centre experiments with secure network capable of withstanding attack by quantum computers NATOサイバーセキュリティセンター、量子コンピュータの攻撃に耐えるセキュアネットワークの実験に成功
Scientists have predicted that quantum computers will one day be able to break some commonly used encryption methods. 科学者たちは、量子コンピュータがいつの日か、一般的に使用されているいくつかの暗号化方式を破ることができると予測しています。
That's why NATO and Allies are already testing post-quantum solutions. そのため、NATOと同盟国はすでに耐量子ソリューションのテストを行っています。
The NATO Cyber Security Centre (NCSC) has successfully tested secure communication flows in a post-quantum world using a Virtual Private Network (VPN) provided by the United Kingdom-based company Post-Quantum. The NATO Cyber Security Centre, which is run by the NATO Communications and Information Agency (NCI Agency), protects NATO networks 24 hours a day, seven days a week. NATOサイバーセキュリティセンター(NCSC)は、英国のPost-Quantum社が提供する仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用して、量子後の世界における安全な通信フローのテストに成功した。NATO通信情報庁(NCI庁)が運営するNATOサイバーセキュリティセンターは、24時間365日体制でNATOのネットワークを保護しています。
Post-Quantum provides different algorithms to ensure security, even when facing attackers using quantum computing. A VPN can use these algorithms to secure communications, ensuring that only the correct recipient can read the data. Such software is increasingly relied upon to protect remote connections when working from outside of traditional office environments, but also can be used in ensuring secure communications between mission partners in an operational environment. Post-Quantum社は、量子コンピューティングを利用した攻撃者に直面しても、セキュリティを確保できるよう、さまざまなアルゴリズムを提供している。VPNは、これらのアルゴリズムを使って通信を保護し、正しい受信者だけがデータを読めるようにすることができます。このようなソフトウェアは、従来のオフィス環境以外から仕事をする際のリモート接続の保護にますます頼りにされていますが、運用環境におけるミッションパートナー間の安全な通信の確保にも使用することができます。
Securing NATO's communications for the quantum era is paramount to our ability to operate effectively without fear of interception. With the threat of 'harvest now and decrypt later' looming over secure communications, this is an increasingly important effort to protect against current and future threats, said Konrad Wrona, Principal Scientist, NATO Cyber Security Centre. 量子時代のNATOの通信を保護することは、傍受の心配をせずに効果的に活動するために最も重要です。NATOサイバーセキュリティセンターの主席研究員であるKonrad Wrona氏は、「安全な通信には、『今収集して後で解読する』という脅威が迫っており、現在および将来の脅威から保護するために、これはますます重要な取り組みです」と述べています。
Post-Quantum is a 'Hybrid Post-Quantum VPN,' in that it combines both new post-quantum and traditional encryption algorithms. As it will take many years for the world to completely migrate to a quantum-safe future, it is more realistic to combine these new algorithms with better understood traditional encryption in order to ensure interoperability. The Post-Quantum solution was proposed to the Internet Engineering Task Force (IETF) for open standardisation. 耐量子は、新しい耐量子アルゴリズムと従来の暗号化アルゴリズムの両方を組み合わせた『ハイブリッド・耐量子VPN』です。世界が量子的に安全な未来に完全に移行するには何年もかかるため、相互運用性を確保するためには、これらの新しいアルゴリズムと、より理解されている従来の暗号を組み合わせることがより現実的です。耐量子暗号は、インターネット技術タスクフォース(IETF)に提案され、オープンな標準化が進められています。
This project was financed by Allied Command Transformation's VISTA (Versatile Innovation through Science & Technology Applications) framework which aims to utilize the knowledge and research done by the NATO enterprise, Nations, academia and industry in order to enable science and technology for accelerated warfare development. このプロジェクトは、Allied Command TransformationのVISTA(Versatile Innovation through Science & Technology Applications)フレームワークから資金提供を受けたもので、NATO企業、各国、学界、産業界が行った知識や研究を活用し、加速する戦争発展のための科学技術を可能にすることを目的としています。
Over ten years of deep R&D means we are well placed to engineer real-world quantum-safe solutions. This project with NATO is an important milestone in the world's migration to a quantum-safe ecosystem. Organizations would be wise to take action now, said Andersen Cheng, CEO, Post-Quantum. 「10年以上にわたる深い研究開発により、私たちは現実世界の量子安全ソリューションを設計するのに適した立場にあります。NATOとのプロジェクトは、世界が量子安全なエコシステムに移行するための重要なマイルストーンとなります。」と、Post-Quantum社のアンダーセン・チェングCEOは述べています。

Nci

| | Comments (0)

2022.02.11

Cloud Security Alliance クラウドセキュリティとテクノロジーの成熟度調査

こんにちは、丸山満彦です。

Cloud Security Allianceが、クラウドセキュリティとテクノロジーの成熟度調査を公開していますね。。。

クラウドとテクノロジーに対する組織の成熟度をよりよく理解するための書のようです。。。

調査結果もあるので、興味深い点がありますね。。。

 

Cloud Security Alliance

・2022.02.03 Cloud Security and Technology Maturity Survey

Cloud Security and Technology Maturity Survey クラウドセキュリティとテクノロジーの成熟度調査
The goal of this survey is to better understand the maturity levels of organizations for the cloud and technology both currently and in the near future. Key areas of interest include: この調査の目的は、現在および近い将来のクラウドとテクノロジーに対する組織の成熟度をよりよく理解することです。主な関心分野は以下の通りです。
・Current cloud use and strategy ・現在のクラウド利用と戦略
・Top drivers for using multi-cloud environments ・マルチクラウド環境を利用する主な要因
・Current and future cloud security strategies and Solutions ・現在および将来のクラウドセキュリティ戦略とソリューション
・Predicted changes in the use of cloud and related technologies ・クラウドと関連技術の使用における変化の予測

・[PDF] 簡単な質問に答えるとダウンロードできます

20220210-224636

Acknowledgements 謝辞
Survey Creation and Methodology 調査の作成と方法論
Goals of the Study 調査目標
Introduction 序文
Key Finding 1: Organizations utilizing multi-cloud despite challenges 重要所見1:課題を抱えながらもマルチクラウドを活用している企業
Key Finding 2: Maturity of privacy-by-design lags 重要所見2:プライバシー・バイ・デザインの成熟が遅れている
Key Finding 3: Use of Zero Trust, AI/Machine Learning and Serverless expanding in the next two years 重要所見3:今後2年間で、ゼロトラスト、AI/機械学習、サーバーレスの利用が拡大
Key Finding 4: Use of SDP, ASM, and CSPM expected to increase in the next two years 重要所見4:今後2年間でSDP、ASM、CSPMの利用が増加する見込み
Key Finding 5: Organizations not planning for key technologies Blockchain, Quantum-safe security, 5G 重要所見5:重要技術であるブロックチェーン、量子安全セキュリティ、5Gを計画していない組織
Cloud Strategy クラウド戦略
Multi-Cloud Users Only マルチクラウドのユーザーのみ
Security Strategy セキュリティ戦略
Current and Future Use of Cloud Security and Related Technologies クラウドセキュリティおよび関連技術の利用の現状と将来
Demographics デモグラフィクス
About the Sponsor スポンサーについて

 

 

 

| | Comments (0)

2022.01.20

内閣官房 経済安全保障法制に関する有識者会議 第3回

こんにちは、丸山満彦です。

経済安全保障法制に関する有識者会の第3回の資料が公表されていますね。。。

内閣官房 - 経済安全保障法制に関する有識者会議

 

第3回の内容に行く前に第2回の議事要旨

・[PDF] 議事要旨

 

第3回の資料です。。。

第2回SW サプライチェーン強靭化 基幹インフラ 官民技術協力 特許非公開
実施日 2022.01.12 2022.01.07 2022.01.11 2022.01.11
資料 資料 1 資料 4 資料 7 資料10
議事要旨 資料 2 資料 5 資料 8 資料11
議事のポイント 資料 3 資料 6 資料 9 資料12
提言骨子 提言骨子 提言骨子 提言骨子 提言骨子

 

提言骨子の目次

(サプライチェーンの強靭化)

1 政策対応の基本的な考え方
(1)新しい制度の必要性
(2)官民の役割分担
(3)経済活動の自由・国際ルールとの関係

2 新しい立法措置の基本的な枠組み
(1)制度の対象
① 物資の重要性
② 供給途絶リスクの考え方
(2)措置を講じる際の考え方
① 多様な取組に対する支援
② 中長期的な支援
(3)制度の枠組み
① 政府による指針の策定
② 政府による対象物資の指定
③ 物資所管大臣による取組方針の策定
④ 民間事業者による取組に対する支援
⑤ 物資所管大臣による措置
⑥ 重要な物資の安定供給の確保に向けた調査の実施


(基幹インフラの安全性・信頼性の確保)

1 政策対応の基本的な考え方
(1)新しい制度の必要性
(2)経済活動の自由との関係
(3)国際ルールとの関係

2 新しい立法措置の基本的な枠組み
(1)制度の対象
① 基本的な考え方
② 対象とする事業
③ 対象とする事業者
④ 対象とする設備
⑤ 業務委託の取扱い
⑥ その他留意点
(2)事前審査スキーム
① 審査に必要な情報
② 情報を把握するための仕組み(届出)
③ 審査
④ 勧告・命令
⑤ 審査期間
(3)報告徴収・立入検査
(4)施行時期・遡及適用


(官民技術協力)

1 政策対応の基本的な考え方

2 新しい立法措置の基本的な枠組み
(1)先端的な重要技術に係る研究開発基本指針の策定・資金支援
① 政府による指針の策定と支援
② 支援対象となる先端的な重要技術
(2)協議会設置による官民伴走支援
① 産学官による伴走支援の必要性
② 協議会の設置
③ 協議会の具体的な機能
④ 協議会における情報管理の取組
(3)調査研究機関(シンクタンク)
① 調査研究業務の委託
② 調査研究機関に求められる能力


(特許出願の非公開化)

1 政策対応の基本的な考え方
(1)新しい制度の必要性
(2)対象発明を選定する際の視点

2 新しい立法措置の基本的な枠組み
(1)非公開の対象となる発明
① 審査対象となる技術分野
② 具体的な対象発明のイメージ
(2)発明の選定プロセス
① 二段階審査制
② 審査体制
ア 第一次審査
イ 第二次審査
ウ 審査体制の整備
③ 保全指定前の意思確認
④ 予見可能性の確保
(3)対象発明の選定後の手続と情報保全措置
① 情報保全の期間
② 漏えい防止のための措置
③ 情報の適正管理措置
④ 実効性の確保
(4)外国出願の制限
① 第一国出願義務の在り方
② 第一国出願義務に関する事前相談制度
(5)補償の在り方

 


第2回の内容に行く前に第1回の議事要旨

・[PDF] 議事要旨

 

第2回の資料です。。。

第1回SW サプライチェーン強靭化 基幹インフラ 官民技術協力 特許非公開
実施日 2021.12.08 2021.12.10 2021.12.09 2021.12.06
資料 資料 1 資料 4 資料 7 資料10
議事要旨 資料 2 資料 5 資料 8 資料11
議事のポイント 資料 3 資料 6 資料 9 資料12

 

Fig1_20220103171301

 

 


 

参考

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

2022.01.04 内閣官房 経済安全保障法制に関する有識者会議 第2回

2021.11.29 内閣官房 経済安全保障法制に関する有識者会議

 

| | Comments (0)

2022.01.04

内閣官房 経済安全保障法制に関する有識者会議 第2回

こんにちは、丸山満彦です。

経済安全保障法制に関する有識者会の第2回の資料が公表されていますね。。。

内閣官房 - 経済安全保障法制に関する有識者会

第2回の内容に行く前に第1回の議事要旨

・[PDF] 議事要旨

 

第2回の資料です。。。

第1回 サプライチェーン強靭化 基幹インフラ 官民技術協力 特許非公開
実施日 2021.12.08 2021.12.10 2021.12.09 2021.12.06
資料 資料 1 資料 4 資料 7 資料10
議事要旨 資料 2 資料 5 資料 8 資料11
議事のポイント 資料 3 資料 6 資料 9 資料12

 

Fig1_20220103171301

 

議事のポイント...


資料 3:第1回サプライチェーンの強靭化に関する検討会合 議事のポイント

①サプライチェーン強靭化の必要性について

サプライチェーンの脆弱性が日本の産業分野の広範な産業分野に影響を及ぼすことが、今回のコロナ禍で明らかになった。我が国としても有効な対策を考えていく必要。

資源がない島国として、資源や素材をどう確保していくかを検討していく必要。

②政府がサプライチェーンに関与すべき物資の基本的な考え方について

最先端産業を対象とするべき。日本の強みを伸ばすような支援措置を講じていく必要。

代替性の有無などを考慮しつつ、エコノミック・ステイトクラフトの対象になって困るものは何かという観点で検討したらどうか。特定国への依存度をもとに抽出する方法も考えられる。

偏在性から経済的に武器として利用されてしまうような機微な技術はまず大切と考える。

国民の生命に関わるものと未来の産業力等に影響を及ぼすものでは、強靭化の対象とする判断基準が異なるため、それぞれに応じた議論が必要。

需要サイドにおいて代替品がなく、物資価格が上がっても代替供給が叶わない物資を選択していくのではないか。

川上の事業者が国内生産から撤退しているのに気づかなかった事例も見られる。リスクマッピングを作成して検討を進めるべき。

③サプライチェーン強靭化のための政策的な措置・留意点について

迅速な決定を下せるよう機動的に措置を講じていくことができる制度設計にすべき。

日本の強みを伸ばすような支援措置を講じ、サプライチェーンの川上を抑えられるような支援を進めるべきではないか。

規制的なものではなく、企業の強靭化策をインセンティブ等で誘導・後押しする措置であるべき。

物資によって置かれた状況は異なるため、措置も一様ではないことに留意する必要。

コロナ禍においてサプライチェーンの把握が十分できない事象が明らかになった。政府の調査権限は必要ではないか。

サプライチェーンの強化は重要だが、WTO協定との関係を整理したうえで、制度の建付けはよく検討すべき。

サプライチェーンのボトルネックを可視化をするべき。その上で代替ネットワークをどうやって作るか等戦略的な方針を作ることが重要。

 

-----

資料 6:第1回基幹インフラに関する検討会合 議事のポイント

①新しい仕組みの必要性/②どのような仕組みが必要か

安全保障の観点から、基幹インフラのサービス提供へのリスクに対処できるよう、設備や維持管理の委託の状況を政府が把握できる新しい仕組みが必要。

設備へのサイバー攻撃を防止するには、内部に脆弱性を仕込まれ、被害が出てからでは遅いため、設備の導入の際、事前に供給者などに問題がないか確認するという考え方が重要。アップデートや維持管理に関与する委託先の確認も検討すべき。

設備のサプライチェーンを包括的に見る必要がある。

他方、事業者ごとに分散的に対応をしても時間がかかるので、民間の努力に加えて、国が包括的に確認できる仕組みが必要。

事業者にとっての予見可能性の観点からは、導入後に政府が問題を指摘する仕組みではなく、事前審査を行う仕組みとせざるを得ない。

③経済活動の自由と国家及び国民の安全の両立

国家・国民の安全と事業者の経済活動の自由との間でバランスが必要。

規制対象となる事業、事業者、設備等について対象を絞ることが重要。

諸外国の審査基準も参考とし、審査基準を可能な限り明確にすべき。

事業者の事業判断が遅れないよう、政府における審査は可能な限り速やかに行うべき。

我が国だけでこのような取組みを進めるのではなく、国際的な動向も見定めるべき。

国際法との整合性が必要。

④守るべき基幹インフラ事業の考え方/⑤守るべき基幹インフラ事業者の考え方

安定供給が脅かされた場合に、国民の生存に支障をきたすものや、国民生活や経済活動に広範囲・大規模な混乱が生ずるもの等に対象事業を限定すべき。

対象事業者は、規模等により限定すべきであり、特に中小企業に規制を課すのは慎重になるべき。

対象事業者は絞ることを前提としつつ、ネットワーク全体への影響や競争の公正性も念頭に検討することが必要。

 

-----

資料 9:第1回官民技術協力に関する検討会合 議事のポイント

①先端技術の研究開発への投資

優位性を高めて不可欠性につなげていくためには、分野を選び集中投資することが必要。

科学技術は国がリスクを取ることが当たり前のもの。特に量子をはじめ世界が一変する技術が生まれ、諸外国がしのぎを削っている中で、国として総力を挙げて開発しなければならない。

従来は大企業が基礎研究も含めた先端技術の研究開発を行い日本の産業を支えていたが、今はこうした企業が減っている。理研や産総研、大学で出てきたイノベーションの種を産業につなぐメカニズムが必要。

②先端技術を効果的に守りつつ育成する仕組み

先端技術の実装を進める意味では、警察、海保、防衛といった政府部門の具体的なニーズを研究者と結び付けていくことが非常に重要。

産学官を含めて先端技術を開発する会議体が必要ではないか。その際、何が機微なのかや、研究開発の進め方、オープン・クローズを、参加者が納得して決める運営が必要であり、安心して情報提供できることが重要。

経済安全保障の目的に特化したプログラム以外にも、経済安全保障的な視点を入れていく方法もあるのではないか。

日本のスタートアップはセキュリティが弱い部分がある。少数ではあるが経済安全保障に影響がある貴重なデータを持っているスタートアップがあり、セキュリティを支援する仕組みが必要。

日本では、基礎的な領域から進んでいく段階で、海外、特に米国との連携が欠けている。今は米国に日本と組みたい意向があるので、アメリカンスタンダードで仕組みを作るべき。米国の一流大学が共同研究できない制度だと意味がない。

③育成すべき先端技術を見出すための仕組み

シンクタンクの分析・情報を踏まえて政府が戦略を立て、それに合った研究開発の仕組みを実現していくことが重要。

優位性がある先端科学技術領域を把握し、勝ち筋となる領域を設定するために、専門家を集める必要。同時に、プロフェッショナルな人材の育成も重要。法制で、人材育成も含めたシンクタンクの在り方を盛り込んでいただきたい。

新しい才能を新しい分野で育成していくという観点で、シンクタンクが優秀な科学者のキャリアパスの一つとしての立場を確立していくことが重要。

 

-----

資料12:第1回特許非公開に関する検討会合 議事のポイント

①制度新設の必要性・制度の枠組み

特許非公開制度は早期に導入すべき。理由としては、我が国の特許制度において出願人が公開に懸念を持つような機微技術であっても公開を促す制度となってしまっていること等。

非公開制度を導入するのであれば、秘密保持義務や外国出願制限もセットで検討する必要がある。

イノベーションの促進との調和が課題。海外で特許を先に取られてしまい、かえって経済安全保障の武器を失ってしまうおそれもある。

②対象にすべき発明のイメージ

非公開の対象とすべき発明は、いわゆる国防上の機微性が極めて高いものとすべき。

非公開になり得る特許の範囲や、外国出願が制限される技術の分野があらかじめ特定されていることが重要。他方、要件を細目化しすぎると政府の評価能力をテストする悪意の出願が行われるおそれがあるため、バランスが課題。

対象となる技術分野は絞り込む必要がある。シングルユース技術であれば当事者もその機微性を認識している。他方、デュアルユース技術全体に広く網を掛けることは非現実的であり、対象に含めるにしても限定すべき。小さく生んで育てるという発想が必要。

③機微発明の選定プロセスの在り方/④選定後の手続と漏えい防止措置

まず特許庁が一次審査を行い、その後、別の機関が機微性を審査するという2段階の審査の形にならざるを得ない。

二次審査の主体として継続的に見ていくことのできる組織・機関を設けることを検討すべき。

審査に要する期間は短い方がよいが、一次審査で対象が絞られており予見性があるのであれば、10月程度までは許容可能ではないか。

出願者の意見陳述の機会、出願者の意向を踏まえた上での手続の進行を行う仕組みが必要ではないか。

ひとたび非公開の指定がされた以上、そのプロセスから離脱を認めることは考えづらい。

技術は日進月歩であり、指定継続の必要性については、随時見直しが行われるべき。

⑤外国出願制限の在り方/⑥補償の在り方

制度を導入する以上、外国出願の制限はやむを得ない。前提として対象を絞る必要がある。

対象となる発明の要件を予見可能な形で規定した上で、場合によっては政府に相談できる制度を設けるべきではないか。

損失補償は必要。具体的にどこまで補償するかは今後議論すべき。

 


 

参考

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

2021.11.29 内閣官房 経済安全保障法制に関する有識者会

 

 

| | Comments (0)

2021.12.29

米国 バイデン大統領が2022年国防授権法にサインをしましたね。。。

こんにちは、丸山満彦です。

バイデン大統領が2022年国権授権法にサインをしましたね。。。この法律毎年あるのですが、400万単語を超える長い〜い法律です。。。

サイバーに関連するセクションだけでもかなりの分量です。。。

White House

・2021.12.27 Statement by the President on S. 1605, the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022

 

Fig1_20210802074601

 

Congress.GOV

S.1605 - National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022

 

サイバー関連のタイトルXV。。。

TITLE XV--CYBERSPACE-RELATED MATTERS タイトルXV:サイバースペース関連事項
Subtitle A--Matters Related to Cyber Operations and Cyber Forces サブタイトルA:サイバー作戦とサイバー部隊に関連する事項
Sec. 1501. Development of taxonomy of cyber capabilities. Sec. 1501. サイバー能力の分類法の開発
Sec. 1502. Extension of sunset for pilot program on regional cybersecurity training center for the Army National Guard. Sec. 1502. 陸軍州兵のための地域サイバーセキュリティトレーニングセンターのパイロットプログラムの終了を延長する
Sec. 1503. Modification of the Principal Cyber Advisor. Sec. 1503. 主任サイバーアドバイザーの変更
Sec. 1504.Evaluation of Department of Defense cyber governance. Sec. 1504. 国防総省のサイバーガバナンスの評価
Sec. 1505. Operational technology and mission-relevant terrain in cyberspace. Sec. 1505. サイバースペースにおける運用技術と任務に関連する地形
Sec. 1506. Matters concerning cyber personnel requirements. Sec. 1506. サイバー人材の要件に関する事項
Sec. 1507. Assignment of certain budget control responsibilities to commander of United States Cyber Command. Sec. 1507. 米国サイバー司令部の司令官への予算管理責任の割り当て
Sec. 1508. Coordination between United States Cyber Command and private sector. Sec. 1508. 米国サイバー司令部と民間企業との間の調整
Sec. 1509. Assessment of cyber posture and operational assumptions and development of targeting strategies and supporting capabilities. Sec. 1509. サイバー攻撃態勢と作戦前提の評価、標的戦略と支援能力の開発
Sec. 1510. Assessing capabilities to counter adversary use of ransomware, capabilities, and infrastructure. Sec. 1510. 敵のランサムウェア使用、能力、インフラに対抗する能力の評価
Sec. 1511. Comparative analysis of cybersecurity capabilities. Sec. 1511. サイバーセキュリティ能力の比較分析
Sec. 1512. Eligibility of owners and operators of critical infrastructure to receive certain Department of Defense support and services. Sec. 1512. 重要インフラの所有者と運営者が国防総省の支援とサービスを受ける資格
Sec. 1513. Report on potential Department of Defense support and assistance for increasing the awareness of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of cyber threats and vulnerabilities affecting critical infrastructure. Sec. 1513. 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性について、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の認識を高めるための国防総省の支援の可能性についての報告
Subtitle B--Matters Related to Department of Defense Cybersecurity and  Information Technology サブタイトルB:国防総省のサイバーセキュリティと情報技術に関連する事項
Sec. 1521. Enterprise-wide procurement of cyber data products and services. Sec. 1521. サイバーデータ製品・サービスの全社的調達
Sec. 1522. Legacy information technologies and systems accountability. Sec. 1522. レガシー情報技術とシステムの説明責任
Sec. 1523. Update relating to responsibilities of Chief Information Officer. Sec. 1523. 最高情報責任者(CIO)の責任についての更新
Sec. 1524. Protective Domain Name System within the Department of Defense. Sec. 1524. 国防総省内の保護ドメイン名システム
Sec. 1525. Cybersecurity of weapon systems. Sec. 1525. 兵器システムのサイバーセキュリティ
Sec. 1526. Assessment of controlled unclassified information program. Sec. 1526. 管理された未分類情報プログラムの評価
Sec. 1527. Cyber data management. Sec. 1527. サイバーデータ管理
Sec. 1528. Zero trust strategy, principles, model architecture, and implementation plans. Sec. 1528. ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャ、および実施計画
Sec. 1529. Demonstration program for automated security validation tools. Sec. 1529. 自動セキュリティ検証ツールの実証プログラム
Sec. 1530. Improvements to consortium of universities to advise Secretary of Defense on cybersecurity matters. Sec. 1530. 国防長官にサイバーセキュリティに関する助言を行う大学コンソーシアムの改善
Sec. 1531. Digital development infrastructure plan and working group. Sec. 1531. デジタル開発インフラ計画および作業部会
Sec. 1532. Study regarding establishment within the Department of Defense of a designated central program office to oversee academic engagement programs relating to establishing cyber talent across the Department. Sec. 1532. 国防総省内にサイバー人材の育成に関する学術的なプログラムを統括する中央プログラムオフィスを設置することに関する研究
Sec. 1533. Report on the Cybersecurity Maturity Model Certification program. Sec. 1533. サイバーセキュリティーマチュリティモデル認証プログラムに関する報告書
Sec. 1534. Deadline for reports on assessment of cyber resiliency of nuclear command and control system. Sec. 1534. 核指揮統制システムのサイバー復元力の評価に関する報告書の期限
Subtitle C--Matters Related to Federal Cybersecurity サブタイトルC:連邦政府のサイバーセキュリティに関する事項
Sec. 1541. Capabilities of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency to identify threats to industrial control systems. Sec. 1541. 産業用制御システムへの脅威を特定するためのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の能力
Sec. 1542. Cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1542. サイバーセキュリティの脆弱性
Sec. 1543. Report on cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1543. サイバーセキュリティの脆弱性に関する報告
Sec. 1544. Competition relating to cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1544. サイバーセキュリティの脆弱性に関する競争
Sec. 1545. Strategy. Sec. 1545. 戦略
Sec. 1546. Cyber incident response plan. Sec. 1546. サイバーインシデント対応計画
Sec. 1547. National cyber exercise program. Sec. 1547. 国家サイバー演習プログラム
Sec. 1548. CyberSentry program of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. Sec. 1548. サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のCyberSentryプログラム
Sec. 1549. Strategic assessment relating to innovation of information systems and cybersecurity threats. Sec. 1549. 情報システムの革新とサイバーセキュリティの脅威に関する戦略的評価
Sec. 1550. Pilot program on public-private partnerships with internet ecosystem companies to detect and disrupt adversary cyber operations. Sec. 1550. 敵国のサイバー活動を検知・妨害するためのインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップに関するパイロットプログラム
Sec. 1551. United States-Israel cybersecurity cooperation. Sec. 1551. 米国とイスラエルのサイバーセキュリティ協力
Sec. 1552. Authority for National Cyber Director to accept details on nonreimbursable basis. Sec. 1552. 国家サイバー長官が、払い戻しのない詳細な情報を受け取る権限

 


国防授権法に関連している書き込み。。。

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.12.03 米国 米国連邦議会諮問委員会 米中経済・安全保障調査委員会の報告書

・2021.09.22 NIST SP 800-50 Rev.1 (ドラフト)  ドラフト作成前のコメント募集:サイバーセキュリティとプライバシーに関する意識向上とトレーニングプログラムの構築

・2021.09.21 国務省OIG 国務省のセキュリティ・クリアランス・データを国家情報長官室に報告するプロセスには改善が必要

・2021.08.16 サイバースペース・ソラリウム委員会が2021年実施報告書を公表していますね。。。

・2021.07.13 従来型抑止と戦略的抑止に対するサイバー脅威と脆弱性 by 米国サイバースペース・ソラリウム委員会の事務局長

・2021.05.16 U.S. FBI & CISA 国内テロリズムに関する戦略的情報評価とデータ

・2021.05.10 米国連邦政府 人工知能イニシアティブ

・2021.03.25 U.S. GAO High-Riskシリーズ:連邦政府は主要なサイバーセキュリティの課題に対処するための重要な行動を早急に実施する必要がある

・2021.01.14 重要な情報の棚卸しは必要だが、そのリストをどのように伝達する?

・2021.01.06 米国 2021年度 National Defense Authorization Act (NDAA) (国防授権法)成立 サイバー関係も・・・

・2020.10.04 サイバースペース・ソラリウム委員会

・2020.07.25 米国連邦議会 2021年度の国防授権法が下院で可決しましたね。。。

 


条文も含めると、、、(ほぼ機械翻訳のままです。。。)

TITLE XV--CYBERSPACE-RELATED MATTERS タイトルXV:サイバースペース関連事項
Subtitle A--Matters Related to Cyber Operations and Cyber Forces サブタイトルA:サイバー作戦とサイバー部隊に関連する事項
Sec. 1501. Development of taxonomy of cyber capabilities. Sec. 1501. サイバー能力の分類法の開発
Sec. 1502. Extension of sunset for pilot program on regional cybersecurity training center for the Army National Guard. Sec. 1502. 陸軍州兵のための地域サイバーセキュリティトレーニングセンターのパイロットプログラムの終了を延長する
Sec. 1503. Modification of the Principal Cyber Advisor. Sec. 1503. 主任サイバーアドバイザーの変更
Sec. 1504.Evaluation of Department of Defense cyber governance. Sec. 1504. 国防総省のサイバーガバナンスの評価
Sec. 1505. Operational technology and mission-relevant terrain in cyberspace. Sec. 1505. サイバースペースにおける運用技術と任務に関連する地形
Sec. 1506. Matters concerning cyber personnel requirements. Sec. 1506. サイバー人材の要件に関する事項
Sec. 1507. Assignment of certain budget control responsibilities to commander of United States Cyber Command. Sec. 1507. 米国サイバー司令部の司令官への予算管理責任の割り当て
Sec. 1508. Coordination between United States Cyber Command and private sector. Sec. 1508. 米国サイバー司令部と民間企業との間の調整
Sec. 1509. Assessment of cyber posture and operational assumptions and development of targeting strategies and supporting capabilities. Sec. 1509. サイバー攻撃態勢と作戦前提の評価、標的戦略と支援能力の開発
Sec. 1510. Assessing capabilities to counter adversary use of ransomware, capabilities, and infrastructure. Sec. 1510. 敵のランサムウェア使用、能力、インフラに対抗する能力の評価
Sec. 1511. Comparative analysis of cybersecurity capabilities. Sec. 1511. サイバーセキュリティ能力の比較分析
Sec. 1512. Eligibility of owners and operators of critical infrastructure to receive certain Department of Defense support and services. Sec. 1512. 重要インフラの所有者と運営者が国防総省の支援とサービスを受ける資格
Sec. 1513. Report on potential Department of Defense support and assistance for increasing the awareness of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of cyber threats and vulnerabilities affecting critical infrastructure. Sec. 1513. 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性について、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の認識を高めるための国防総省の支援の可能性についての報告
Subtitle B--Matters Related to Department of Defense Cybersecurity and  Information Technology サブタイトルB:国防総省のサイバーセキュリティと情報技術に関連する事項
Sec. 1521. Enterprise-wide procurement of cyber data products and services. Sec. 1521. サイバーデータ製品・サービスの全社的調達
Sec. 1522. Legacy information technologies and systems accountability. Sec. 1522. レガシー情報技術とシステムの説明責任
Sec. 1523. Update relating to responsibilities of Chief Information Officer. Sec. 1523. 最高情報責任者(CIO)の責任についての更新
Sec. 1524. Protective Domain Name System within the Department of Defense. Sec. 1524. 国防総省内の保護ドメイン名システム
Sec. 1525. Cybersecurity of weapon systems. Sec. 1525. 兵器システムのサイバーセキュリティ
Sec. 1526. Assessment of controlled unclassified information program. Sec. 1526. 管理された未分類情報プログラムの評価
Sec. 1527. Cyber data management. Sec. 1527. サイバーデータ管理
Sec. 1528. Zero trust strategy, principles, model architecture, and implementation plans. Sec. 1528. ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャ、および実施計画
Sec. 1529. Demonstration program for automated security validation tools. Sec. 1529. 自動セキュリティ検証ツールの実証プログラム
Sec. 1530. Improvements to consortium of universities to advise Secretary of Defense on cybersecurity matters. Sec. 1530. 国防長官にサイバーセキュリティに関する助言を行う大学コンソーシアムの改善
Sec. 1531. Digital development infrastructure plan and working group. Sec. 1531. デジタル開発インフラ計画および作業部会
Sec. 1532. Study regarding establishment within the Department of Defense of a designated central program office to oversee academic engagement programs relating to establishing cyber talent across the Department. Sec. 1532. 国防総省内にサイバー人材の育成に関する学術的なプログラムを統括する中央プログラムオフィスを設置することに関する研究
Sec. 1533. Report on the Cybersecurity Maturity Model Certification program. Sec. 1533. サイバーセキュリティーマチュリティモデル認証プログラムに関する報告書
Sec. 1534. Deadline for reports on assessment of cyber resiliency of nuclear command and control system. Sec. 1534. 核指揮統制システムのサイバー復元力の評価に関する報告書の期限
Subtitle C--Matters Related to Federal Cybersecurity サブタイトルC:連邦政府のサイバーセキュリティに関する事項
Sec. 1541. Capabilities of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency to identify threats to industrial control systems. Sec. 1541. 産業用制御システムへの脅威を特定するためのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の能力
Sec. 1542. Cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1542. サイバーセキュリティの脆弱性
Sec. 1543. Report on cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1543. サイバーセキュリティの脆弱性に関する報告
Sec. 1544. Competition relating to cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1544. サイバーセキュリティの脆弱性に関する競争
Sec. 1545. Strategy. Sec. 1545. 戦略
Sec. 1546. Cyber incident response plan. Sec. 1546. サイバーインシデント対応計画
Sec. 1547. National cyber exercise program. Sec. 1547. 国家サイバー演習プログラム
Sec. 1548. CyberSentry program of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. Sec. 1548. サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のCyberSentryプログラム
Sec. 1549. Strategic assessment relating to innovation of information systems and cybersecurity threats. Sec. 1549. 情報システムの革新とサイバーセキュリティの脅威に関する戦略的評価
Sec. 1550. Pilot program on public-private partnerships with internet ecosystem companies to detect and disrupt adversary cyber operations. Sec. 1550. 敵国のサイバー活動を検知・妨害するためのインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップに関するパイロットプログラム
Sec. 1551. United States-Israel cybersecurity cooperation. Sec. 1551. 米国とイスラエルのサイバーセキュリティ協力
Sec. 1552. Authority for National Cyber Director to accept details on nonreimbursable basis. Sec. 1552. 国家サイバー長官が、払い戻しのない詳細な情報を受け取る権限
   
Subtitle A--Matters Related to Cyber Operations and Cyber Forces サブタイトルA:サイバー作戦とサイバー部隊に関連する事項
SEC. 1501. DEVELOPMENT OF TAXONOMY OF CYBER CAPABILITIES. Sec. 1501. サイバー能力の分類法の開発
(a) In General.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall develop a taxonomy of cyber capabilities, including software, hardware, middleware, code, other information technology, and accesses, designed for use in cyber effects operations. (a) 一般的に...--この法律が制定された日から180日以内に、国防長官はソフトウェア、ハードウェア、ミドルウェア、コード、その他の情報技術、アクセスを含むサイバー能力の分類法を開発しなければならない。
(b) Report.-- (b) 報告。
(1) In general.--Not later than 30 days after the development of the taxonomy of cyber capabilities required under subsection (a), the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report regarding such taxonomy. (1) 国防長官は、(a)項で要求されるサイバー能力の分類法の開発後30日以内に、議会の防衛委員会に当該分類法に関する報告書を提出しなければならない。
(2) Elements.--The report required under paragraph (1) shall include the following: (2) 第1項の報告書には、以下の項目が含まれる。
(A) The definitions associated with each category contained within the taxonomy of cyber capabilities developed pursuant to subsection (a). (A) (a)項に従って作成されたサイバー能力の分類法に含まれる各カテゴリーに関連する定義。
(B) Recommendations for improved reporting mechanisms to Congress regarding such taxonomy of cyber capabilities, using amounts from the Cyberspace Activities Budget of the Department of Defense. (B)国防総省のサイバースペース活動予算を利用して、当該サイバー能力分類法に関する議会への報告メカニズムを改善するための提言。
(C) Recommendations for modifications to the notification requirement under section 396 of title 10, United States Code, in order that such notifications would include information relating to such taxonomy of cyber capabilities, including with respect to both physical and nonphysical cyber effects. (C)物理的および非物理的なサイバー効果に関する情報を含む、サイバー能力の分類に関連する情報を通知するための、米国コード第10編第396条に基づく通知要件の修正に関する提言。
(D) Any other elements the Secretary determines appropriate. (D) 長官が適切と判断するその他の要素。
SEC. 1502. EXTENSION OF SUNSET FOR PILOT PROGRAM ON REGIONAL CYBERSECURITY TRAINING CENTER FOR THE ARMY NATIONAL GUARD. Sec. 1502. 陸軍州兵のための地域サイバーセキュリティトレーニングセンターのパイロットプログラムの終了を延長する
 Section 1651(e) of the John S. McCain National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2019 (Public Law 115-232; 32 U.S.C. 501 note) is amended by striking ``2022'' and inserting ``2024''.  2019年度ジョン・S・マケイン国防権限法(Public Law 115-232; 32 U.S.C. 501 note)の第1651(e)項は、「2022年」を削除し、「2024年」を挿入することで修正される。
SEC. 1503. MODIFICATION OF THE PRINCIPAL CYBER ADVISOR. Sec. 1503. 主任サイバーアドバイザーの変更
(a) In General.--Paragraph (1) of section 932(c) of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2014 (Public Law 113-66; 10 U.S.C. 2224 note) is amended to read as follows: (a) 2014年会計年度国防権限法(Public Law 113-66; 10 U.S.C. 2224 note)の第932条(c)のパラグラフ(1)を以下のように修正する。
``(1) Designation.--(A) The Secretary shall designate, from among the personnel of the Office of the Under Secretary of Defense for Policy, a Principal Cyber Advisor to act as the principal advisor to the Secretary on military cyber forces and activities. ''(1) 名称:(A) 長官は、政策担当国防次官室の職員の中から、軍のサイバー戦力と活動に関する長官の主要アドバイザーとして、主席サイバーアドバイザーを指名する。
``(B) The Secretary may only designate an official under this paragraph if such official was appointed to the position in which such official serves by and with the advice and consent of the Senate.''. ''(B) 長官は、当該職員が上院の助言と同意を得て任命された場合にのみ、このパラグラフの下で当該職員を指名することができる」と述べた。
(b) Designation of Deputy Principal Cyber Advisor.--Section 905(a)(1) of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note) is amended by striking ``Office of the Secretary of Defense'' and inserting ``Office of the Under Secretary of Defense for Policy''. (b) 2020年会計年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note)の第905条(a)(1)は、「国防長官室」を削除し、「政策担当国防次官室」を挿入することで修正される。
(c) Briefing.--Not later than 90 days after the date of the enactment of this Act, the Deputy Secretary of Defense shall brief the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on such recommendations as the Deputy Secretary may have for alternate reporting structures for the Principal Cyber Advisor and the Deputy Principal Cyber Advisor within the Office of the Under Secretary for Policy. (c) 国防副長官は、上院軍事委員会と下院軍事委員会に対し、政策担当事務次官室の主席サイバー顧問と副主席サイバー顧問の別の報告体制について、副長官が提案する事項を説明する。
SEC. 1504. EVALUATION OF DEPARTMENT OF DEFENSE CYBER GOVERNANCE. Sec. 1504. 国防総省のサイバーガバナンスの評価
(a) In General.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall complete an evaluation and review of the Department of Defense's current cyber governance construct. (a) 本法制定後180日以内に、国防長官は国防省の現在のサイバーガバナンス構造の評価と見直しを完了しなければならない。
(b) Scope.--The evaluation and review conducted pursuant to subsection (a) shall-- (b) 範囲 -- サブセクション(a)に従って実施される評価とレビューは、以下の通りである。
(1) assess the performance of the Department of Defense in carrying out the pillars of the cyber strategy and lines of efforts established in the most recent cyber posture review, including-- (1) 最新のサイバー態勢レビューで確立されたサイバー戦略の柱と努力のラインを実行する上での国防総省のパフォーマンスを評価すること、これには以下が含まれる。
(A) conducting military cyberspace operations of offensive, defensive, and protective natures; (A)攻撃的、防御的、保護的な性質の軍事サイバースペース作戦を実施すること。
(B) securely operating technologies associated with information networks, industrial control systems, operational technologies, weapon systems, and weapon platforms; and (B) 情報ネットワーク、産業制御システム、運用技術、兵器システム、兵器プラットフォームに関連する技術を安全に運用する。
(C) enabling, encouraging, and supporting the security of international, industrial, and academic partners; (C)国際的、産業的、学術的パートナーのセキュリティを可能にし、奨励し、支援する。
(2) analyze and assess the current institutional constructs across the Office of the Secretary of Defense, Joint Staff, military services, and combatant commands involved with and responsible for the execution of and civilian oversight for the responsibilities specified in paragraph (1); (2) 国防長官室、統合幕僚監部、軍部、戦闘司令部における、(1)で指定された責任の遂行と文民の監督に関わる現在の制度的構造を分析・評価する。
(3) analyze and assess the delineation of responsibilities within the current institutional construct within the Office of the Secretary of Defense for addressing the objectives of the 2018 Department of Defense Cyber Strategy and any superseding strategies, as well as identifying potential seams in responsibility; (3) 2018年国防総省サイバー戦略およびそれに代わる戦略の目的に取り組むための、国防総省長官室内の現在の組織構造における責任の明確化を分析・評価するとともに、責任の継ぎ目となる可能性を特定すること。
(4) examine the Department's policy, legislative, and regulatory regimes related to cyberspace and cybersecurity matters, including the 2018 Department of Defense Cyber Strategy and any superseding strategies, for sufficiency in carrying out the responsibilities specified in paragraph (1); (4) 2018年国防総省サイバー戦略およびそれに続く戦略を含む、サイバースペースおよびサイバーセキュリティ関連の国防総省の政策、立法、規制体制について、第1項で指定された責任を遂行する上で十分かどうかを検討すること。
(5) examine the Office of the Secretary of Defense's current alignment for the integration and coordination of cyberspace activities with other aspects of information operations, including information warfare and electromagnetic spectrum operations; (5) サイバースペース活動を、情報戦や電磁スペクトル作戦を含む情報作戦の他の側面と統合・調整するための、国防長官室の現在の体制を検証する。
(6) examine the current roles and responsibilities of each Principal Staff Assistant to the Secretary of Defense as such relate to the responsibilities specified in paragraph (1), and identify redundancy, duplication, or matters requiring deconfliction or clarification; (6) 第1項の責任に関連した、各国防長官主席補佐官の現在の役割と責任を調査し、重複している部分や、矛盾の解消や明確化が必要な事項を特定する。
(7) evaluate and, as appropriate, implement relevant managerial innovation from the private sector in the management of complex missions, including enhanced cross-functional teaming; (7) 機能横断的なチーム編成の強化を含め、複雑なミッションの管理に関連する民間企業の経営革新を評価し、必要に応じて実施すること。
(8) evaluate the state of collaboration among each Principal Staff Assistant in matters related to acquisition of cyber capabilities and other enabling technologies supporting the responsibilities specified in paragraph (1); (8) 第1項の責任を支えるサイバー能力やその他の実現技術の獲得に関連する事項について、各主席補佐官間の連携状況を評価する。
(9) analyze and assess the Department's performance in and posture for building and retaining the requisite workforce necessary to perform the responsibilities specified in paragraph (1); (9)第1項の責任を果たすために必要な人材の育成・確保に関する省庁の実績と態勢を分析・評価すること。
(10) determine optimal governance structures related to the management and advancement of the Department's cyber workforce, including those structures defined under and evaluated pursuant to section 1649 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92) and section 1726 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 (Public Law 116-283); (10) 2020年会計年度国防権限法第1649条(公法116-92)および2021年会計年度国防権限法第1726条(公法116-283)の下で定義され、これらに基づいて評価された構造を含め、省のサイバー人材の管理および向上に関連する最適なガバナンス構造を決定する。)
(11) develop policy and legislative recommendations, as appropriate, to delineate and deconflict the roles and responsibilities of United States Cyber Command in defending and protecting the Department of Defense Information Network (DoDIN), with the responsibility of the Chief Information Officer, the Defense Information Systems Agency, and the military services to securely operate technologies described in paragraph (1)(B); (11) 国防総省情報ネットワーク(DoDIN)を防御・保護する米国サイバー司令部の役割・責任と、(1)(B)項に記載された技術を安全に運用する最高情報責任者、国防情報システム庁、軍部の責任とを明確にし、対立させないための政策・立法上の提言を適切に行う。
(12) develop policy and legislative recommendations to enhance the authority of the Chief Information Officers within the military services, specifically as such relates to executive and budgetary control over matters related to such services' information technology security, acquisition, and value; (12) 軍務内の最高情報責任者の権限を強化するための政策および立法上の提言を行う。
(13) develop policy and legislative recommendations, as appropriate, for optimizing the institutional constructs across the Office of the Secretary of Defense, Joint Staff, military services, and combatant commands involved with and responsible for the responsibilities specified in paragraph (1); and (13) 必要に応じて、国防長官室、統合幕僚監部、軍部、および第1項で指定された責任に関与し、責任を負う戦闘司令部全体の制度的構成を最適化するための政策および立法上の提言を行う。
(14) make recommendations for any legislation determined appropriate. (14) 適切と判断されるいかなる法律に対しても勧告を行うこと。
(c) Interim Briefings.--Not later than 90 days after the commencement of the evaluation and review conducted pursuant to subsection (a) and every 30 days thereafter, the Secretary of Defense shall brief the congressional defense committees on interim findings of such evaluation and review. (c) 国防長官は、(a)項に従って実施された評価・見直しの開始後90日以内に、またその後30日ごとに、議会の防衛委員会に対し、当該評価・見直しの中間的な結果について説明する。
(d) Report.--Not later than 30 days after the completion of the evaluation and review conducted pursuant to subsection (a), the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report on such evaluation and review. (d) 国防長官は、(a)項に基づいて行われた評価・審査の終了後30日以内に、議会の防衛委員会に当該評価・審査に関する報告書を提出する。
SEC. 1505. OPERATIONAL TECHNOLOGY AND MISSION-RELEVANT TERRAIN IN CYBERSPACE. Sec. 1505. サイバースペースにおける作戦技術と任務関連領域
(a) Mission-relevant Terrain.--Not later than January 1, 2025, the Secretary of Defense shall complete mapping of mission-relevant terrain in cyberspace for Defense Critical Assets and Task Critical Assets at sufficient granularity to enable mission thread analysis and situational awareness, including required-- (a) ミッション関連地形--2025年1月1日までに、国防長官は、防衛重要資産および任務重要資産のサイバー空間におけるミッション関連地形のマッピングを、ミッション・スレッド分析および状況認識を可能にするのに十分な粒度で完了しなければならず、これには以下が含まれる。
(1) decomposition of missions reliant on such Assets; (1) 当該資産に依存するミッションの分解。
(2) identification of access vectors; (2) アクセス・ベクターの特定。
(3) internal and external dependencies; (3) 内部および外部への依存関係
(4) topology of networks and network segments; (4) ネットワークおよびネットワークセグメントのトポロジー。
(5) cybersecurity defenses across information and operational technology on such Assets; and (5) 当該資産上の情報及び運用技術に関するサイバーセキュリティの防御策。
(6) identification of associated or reliant weapon systems. (6) 関連または依存する兵器システムの特定。
(b) Combatant Command Responsibilities.--Not later than January 1, 2024, the Commanders of United States European Command, United States Indo-Pacific Command, United States Northern Command, United States Strategic Command, United States Space Command, United States Transportation Command, and other relevant Commands, in coordination with the Commander of United States Cyber Command, in order to enable effective mission thread analysis, cyber situational awareness, and effective cyber defense of Defense Critical Assets and Task Critical Assets under their control or in their areas of responsibility, shall develop, institute, and make necessary modifications to-- (b) 遅くとも2024年1月1日までに、米国欧州司令部、米国インド太平洋司令部、米国北部司令部、米国戦略司令部、米国宇宙司令部、米国輸送司令部、およびその他の関連司令部の司令官は、米国サイバー司令部の司令官と連携して、自己の管理下にある、または自己の責任範囲内にある国防重要資産および業務重要資産の効果的なミッション・スレッド分析、サイバー状況認識、および効果的なサイバー防御を可能にするために、以下のことを開発、導入、および必要な変更を行わなければならない。
(1) internal combatant command processes, responsibilities, and functions; (1) 戦闘部隊の内部プロセス、責任、機能。
(2) coordination with service components under their operational control, United States Cyber Command, Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network, and the service cyber components; (2)作戦統制下にあるサービス・コンポーネント、米国サイバー・コマンド、統合部隊本部-国防省情報ネットワーク、およびサービス・サイバー・コンポーネントとの調整。
(3) combatant command headquarters' situational awareness posture to ensure an appropriate level of cyber situational awareness of the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems under their control or in their areas of responsibility, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets; and (3) 特に防衛重要資産および任務重要資産を含む、その管理下にある、またはその責任領域にある部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、および兵器システムの適切なレベルのサイバー状況認識を確保するための、戦闘指揮本部の状況認識態勢。
(4) documentation of their mission-relevant terrain in cyberspace. (4) サイバースペースにおける任務に関連する地形の文書化。
(c) Department of Defense Chief Information Officer Responsibilities.-- (c) 国防総省の最高情報責任者の責任--。
(1) In general.--Not later than November 1, 2023, the Chief Information Officer of the Department of Defense shall establish or make necessary changes to policy, control systems standards, risk management framework and authority to operate policies, and cybersecurity reference architectures to provide baseline cybersecurity requirements for operational technology in forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network. (1) 一般的に -- 遅くとも2023年11月1日までに、国防総省の最高情報責任者は、国防総省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムの運用技術に対する基本的なサイバーセキュリティ要件を提供するために、政策、制御システム標準、リスク管理フレームワーク、運用権限政策、サイバーセキュリティ参照アーキテクチャを確立し、または必要な変更を行う。
(2) Implementation of policies.--The Chief Information Officer of the Department of Defense shall leverage acquisition guidance, concerted assessment of the Department's operational technology enterprise, and coordination with the military department principal cyber advisors and chief information officers to drive necessary change and implementation of relevant policy across the Department's forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems. (2) 政策の実施 -- 国防総省の最高情報責任者は、取得ガイダンス、国防総省の運用技術企業の協調的評価、軍部の主要サイバーアドバイザーおよび最高情報責任者との調整を活用して、国防総省の部隊、施設、設置、基地、重要インフラ、兵器システム全体で必要な変更と関連政策の実施を推進する。
(3) Additional responsibilities.--The Chief Information Officer of the Department of Defense shall ensure that policies, control systems standards, and cybersecurity reference architectures-- (3) 国防総省の最高情報責任者(CIO)は、政策、制御システム標準、およびサイバーセキュリティ参照アーキテクチャが以下のようになるようにしなければならない。
(A) are implementable by components of the Department; (A) 国防総省の各部局が実施可能であること。
(B) limit adversaries' ability to reach or manipulate control systems through cyberspace; (B)サイバースペースを通じて制御システムに到達したり操作したりする敵対者の能力を制限する。
(C) appropriately balance non-connectivity and monitoring requirements; (C)非接続性と監視要件のバランスを適切にとる。
(D) include data collection and flow requirements; (D) データ収集とフローの要件を含む。
(E) interoperate with and are informed by the operational community's workflows for defense of information and operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department; (E) 省内の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムにおける情報および運用技術の防御のための運用コミュニティのワークフローと相互運用し、その情報を得る。
(F) integrate and interoperate with Department mission assurance construct; and (F) 省庁のミッション保証体制と統合し、相互運用する。
(G) are implemented with respect to Defense Critical Assets and Task Critical Assets. (G) 防衛重要資産およびタスク重要資産に関して実施される。
(d) United States Cyber Command Operational Responsibilities.--Not later than January 1, 2025, the Commander of United States Cyber Command shall make necessary modifications to the mission, scope, and posture of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network to ensure that Joint Forces Headquarters-- (d) 遅くとも2025年1月1日までに、米国サイバーコマンドの司令官は、国防省情報ネットワーク統合本部の任務、範囲、態勢に必要な変更を加え、統合本部が以下のことを確実にしなければならない。
(1) has appropriate visibility of operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (1) 国防省情報ネットワーク上の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システム(特に国防重要資産とタスク重要資産を含む)における運用技術の適切な可視性を有すること。
(2) can effectively command and control forces to defend such operational technology; and (2) そのような運用技術を守るために、部隊を効果的に指揮・統制できること。
(3) has established processes for-- (3) 以下のプロセスを確立していること。
(A) incident and compliance reporting; (A) インシデントおよびコンプライアンスの報告。
(B) ensuring compliance with Department of Defense cybersecurity policy; and (B)国防総省のサイバーセキュリティ政策の遵守を確保する。
(C) ensuring that cyber vulnerabilities, attack vectors, and security violations, including, in particular, those specific to Defense Critical Assets and Task Critical Assets, are appropriately managed. (C)サイバー脆弱性、攻撃ベクトル、セキュリティ違反(特に、国防重要資産とタスク重要資産に特有のものを含む)が適切に管理されていることを確認する。
(e) United States Cyber Command Functional Responsibilities.--Not later than January 1, 2025, the Commander of United States Cyber Command shall-- (e) 遅くとも2025年1月1日までには、米国サイバー司令部の司令官は以下を行う。
(1) ensure in its role of Joint Forces Trainer for the Cyberspace Operations Forces that operational technology cyber defense is appropriately incorporated into training for the Cyberspace Operations Forces; (1) サイバースペース作戦部隊の統合訓練官としての役割において、作戦技術によるサイバー防衛がサイバースペース作戦部隊の訓練に適切に組み込まれていることを確認する。
(2) delineate the specific force composition requirements within the Cyberspace Operations Forces for specialized cyber defense of operational technology, including the number, size, scale, and responsibilities of defined Cyber Operations Forces elements; (2) 運用技術のサイバー防衛に特化したサイバー作戦部隊内の具体的な部隊構成要件を、定義されたサイバー作戦部隊の要素の数、規模、規模、責任などを含めて明確にすること。
(3) develop and maintain, or support the development and maintenance of, a joint training curriculum for operational technology-focused Cyberspace Operations Forces; (3) 運用技術に特化したサイバー空間作戦部隊のための共同訓練カリキュラムを開発・維持、またはその開発・維持を支援すること。
(4) support the Chief Information Officer of the Department of Defense as the Department's senior official for the cybersecurity of operational technology under this section; (4) 本項に基づき、運用技術のサイバーセキュリティに関する国防総省の上級官僚として、国防総省の最高情報責任者を支援すること。
(5) develop and institutionalize, or support the development and institutionalization of, tradecraft for defense of operational technology across local defenders, cybersecurity service providers, cyber protection teams, and service-controlled forces; (5) 地域の防衛者、サイバーセキュリティサービスプロバイダー、サイバー防護チーム、および軍務管理下の部隊を横断して、運用技術の防衛のための技術を開発し、制度化すること、またはその開発と制度化を支援すること。
(6) develop and institutionalize integrated concepts of operation, operational workflows, and cybersecurity architectures for defense of information and operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets, including-- (6) 特に防衛重要資産およびタスク重要資産を含む、国防総省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムにおける情報および運用技術の防衛のための、統合された運用コンセプト、運用ワークフロー、およびサイバーセキュリティ・アーキテクチャを開発し、制度化する。
(A) deliberate and strategic sensoring of such Network and Assets; (A) 当該ネットワークおよび資産の意図的かつ戦略的なセンサーリング。
(B) instituting policies governing connections across and between such Network and Assets; (B) このようなネットワークと資産の間の接続を管理するポリシーを制定すること。
(C) modelling of normal behavior across and between such Network and Assets; (C) 当該ネットワークおよび資産間の正常な動作のモデル化。
(D) engineering data flows across and between such Network and Assets; (D) 当該ネットワーク及び資産間のデータフローのエンジニアリング。
(E) developing local defenders, cybersecurity service providers, cyber protection teams, and service-controlled forces' operational workflows and tactics, techniques, and procedures optimized for the designs, data flows, and policies of such Network and Assets; (E) 当該ネットワーク及び資産の設計、データフロー及びポリシーに最適化された、現地の防衛者、サイバーセキュリティサービスプロバイダー、サイバー保護チーム及びサービス管理軍の運用ワークフロー及び戦術、技術及び手順の開発。
(F) instituting of model defensive cyber operations and Department of Defense Information Network operations tradecraft; and (F) 防御的なサイバー作戦と国防省の情報ネットワーク作戦のモデルを確立すること。
(G) integrating of such operations to ensure interoperability across echelons; and (G)階層を超えた相互運用性を確保するために、これらの作戦を統合すること。
(7) advance the integration of the Department of Defense's mission assurance, cybersecurity compliance, cybersecurity operations, risk management framework, and authority to operate programs and policies. (7) 国防総省のミッション保証、サイバーセキュリティ・コンプライアンス、サイバーセキュリティ運用、リスク管理フレームワーク、運用権限のプログラムとポリシーの統合を進める。
(f) Service Responsibilities.--Not later than January 1, 2025, the Secretaries of the military departments, through the service principal cyber advisors, chief information officers, the service cyber components, and relevant service commands, shall make necessary investments in operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network and the service-controlled forces responsible for defense of such operational technology to-- (f) 遅くとも2025年1月1日までには、軍部長官は、軍の主要サイバーアドバイザー、最高情報責任者、軍のサイバー部門、関連する軍司令部を通じて、国防総省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、武器システムの運用技術に必要な投資を行い、当該運用技術の防御に責任を持つ軍が以下のことを行わなければならない。
(1) ensure that relevant local network and cybersecurity forces are responsible for defending operational technology across the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (1) 関連するローカルネットワークおよびサイバーセキュリティ部隊が、特に防衛重要資産およびタスク重要資産を含む、部隊、施設、設置、基地、重要インフラ、および兵器システム全体の運用技術の防御に責任を持つようにすること。
(2) ensure that relevant local operational technology-focused system operators, network and cybersecurity forces, mission defense teams and other service-retained forces, and cyber protection teams are appropriately trained, including through common training and use of cyber ranges, as appropriate, to execute the specific requirements of cybersecurity operations in operational technology; (2) 運用技術に特化した関連地域のシステム運用者、ネットワーク及びサイバーセキュリティ部隊、ミッション防衛チーム及びその他の軍維持部隊、並びにサイバー防護チームが、運用技術におけるサイバーセキュリティ運用の具体的な要件を実行するために、共通訓練や適宜サイバーレンジの使用を含め、適切な訓練を受けていることを確認する。
(3) ensure that all Defense Critical Assets and Task Critical Assets are monitored and defended by Cybersecurity Service Providers; (3) すべての国防重要資産およびタスク重要資産が、サイバーセキュリティ・サービス・プロバイダによって監視および防御されていることを確認すること。
(4) ensure that operational technology is appropriately sensored and appropriate cybersecurity defenses, including technologies associated with the More Situational Awareness for Industrial Control Systems Joint Capability Technology Demonstration, are employed to enable defense of Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (4) 運用技術が適切に感知され、産業用制御システムのためのMore Situational Awareness Joint Capability Technology Demonstrationに関連する技術を含む適切なサイバーセキュリティ防御が、国防上の重要資産およびタスククリティカルな資産の防御を可能にするために採用されていることを確認する。
(5) implement Department of Defense Chief Information Officer policy germane to operational technology, including, in particular, with respect to Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (5) 特に国防上重要な資産およびタスククリティカルな資産に関するものを含め、運用技術に関連する国防総省の最高情報責任者の方針を実施すること。
(6) plan for, designate, and train dedicated forces to be utilized in operational technology-centric roles across the military services and United States Cyber Command; and (6) 軍部および米国サイバー司令部において、運用技術を中心とした役割に活用される専用部隊を計画し、指定し、訓練すること。
(7) ensure that operational technology, as appropriate, is not easily accessible via the internet and that cybersecurity investments accord with mission risk to and relevant access vectors for Defense Critical Assets and Task Critical Assets. (7) 必要に応じて、運用技術がインターネット経由で容易にアクセスできないようにし、サイバーセキュリティへの投資が、国防上の重要な資産および作業上の重要な資産に対するミッションのリスクおよび関連するアクセスのベクトルに合致するようにする。
(g) Office of the Secretary of Defense Responsibilities.--Not later than January 1, 2023, the Secretary of Defense shall-- (g) 国防長官室の責任 --2023年1月1日までに、国防長官は以下を行う。
(1) assess and finalize Office of the Secretary of Defense components' roles and responsibilities for the cybersecurity of operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network; (1) 国防省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムにおける運用技術のサイバーセキュリティに関する国防長官室のコンポーネントの役割と責任を評価し、最終的に決定する。
(2) assess the need to establish centralized or dedicated funding for remediation of cybersecurity gaps in operational technology across the Department of Defense Information Network; (2) 国防総省情報ネットワーク全体の運用技術におけるサイバーセキュリティのギャップを是正するために、集中的または専用の資金を確立する必要性を評価すること。
(3) make relevant modifications to the Department of Defense's mission assurance construct, Mission Assurance Coordination Board, and other relevant bodies to drive-- (3) 国防総省のミッション・アシュアランス・コンストラクト、ミッション・アシュアランス・コーディネーション・ボード、およびその他の関連組織に関連する変更を加え、以下を推進する。
(A) prioritization of kinetic and non-kinetic threats to the Department's missions and minimization of mission risk in the Department's war plans; (A) 国防総省のミッションに対する運動的・非運動的脅威の優先順位付けと、国防総省の戦争計画におけるミッション・リスクの最小化。
(B) prioritization of relevant mitigations and investments to harden and assure the Department's missions and minimize mission risk in the Department's war plans; and (B) 部局の任務を強化・保証し、部局の戦争計画におけるミッション・リスクを最小化するための関連緩和策と投資の優先順位付け。
(C) completion of mission relevant terrain mapping of Defense Critical Assets and Task Critical Assets and population of associated assessment and mitigation data in authorized repositories; (C) 国防上重要な資産および作業上重要な資産のミッションに関連する地形マッピングを完了し、関連する評価と緩和のデータを認可されたリポジトリに登録する。
(4) make relevant modifications to the Strategic Cybersecurity Program; and (4) 戦略的サイバーセキュリティプログラムに関連する変更を加える。
(5) drive and provide oversight of the implementation of this section. (5) 本節の実施を推進し、監督する。
(h) Budget Rollout Briefings.-- (h) 予算説明会...
(1) In general.--Beginning not later than 30 days after the date of the enactment of this Act, each of the Secretaries of the military departments, the Commander of United States Cyber Command, and the Chief Information Officer of the Department of Defense shall provide annual updates to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on activities undertaken and progress made to carry out this section. (1) 各軍部長官、米国サイバーコマンド司令官、国防総省最高情報責任者は、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、本項を遂行するために行われた活動とその進捗状況について、年次報告を行わなければならない。
(2) Annual briefings.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act and not less frequently than annually thereafter until January 1, 2024, the Under Secretary of Defense for Policy, the Under Secretary of Defense for Acquisition and Sustainment, the Chief Information Officer, and the Joint Staff J6, representing the combatant commands, shall individually or together provide briefings to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on activities undertaken and progress made to carry out this section. (2) 本法制定日から1年以内に、またその後2024年1月1日までは年1回以上の頻度で、政策担当国防次官、調達・維持担当国防次官、最高情報責任者、および戦闘司令部を代表する統合幕僚監部J6は、個別に、または共同で、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、本項を遂行するために行われた活動とその進捗状況について説明を行う。
(i) Implementation.-- (i)実施
(1) In general.--In implementing this section, the Secretary of Defense shall prioritize the cybersecurity and cyber defense of Defense Critical Assets and Task Critical Assets and shape cyber investments, policy, operations, and deployments to ensure cybersecurity and cyber defense. (1) 国防長官は、本項を実施するにあたり、国防上重要な資産および任務上重要な資産のサイバーセキュリティおよびサイバー防衛を優先し、サイバーセキュリティおよびサイバー防衛を確保するためのサイバー投資、政策、作戦および配備を策定する。
(2) Application.--This section shall apply to assets owned and operated by the Department of Defense, as well as to applicable non-Department assets essential to the projection, support, and sustainment of military forces and operations worldwide. (2) 本項は、国防総省が所有・運用する資産、および世界中の軍事力や作戦の投射・支援・維持に不可欠な国防総省以外の資産にも適用される。
(j) Definition.--In this section: (j)定義--本節では、以下のように定義する。
(1) Mission-relevant terrain in cyberspace.--``mission-relevant terrain in cyberspace'' has the meaning given such term as specified in Joint Publication 6-0. (1) サイバースペースにおけるミッション関連の地形--「サイバースペースにおけるミッション関連の地形」は、Joint Publication 6-0に明記されている意味を持つ。
(2) Operational technology.--The term ``operational technology'' means control systems or controllers, communication architectures, and user interfaces that monitor or control infrastructure and equipment operating in various environments, such as weapon systems, utility or energy production and distribution, or medical, logistics, nuclear, biological, chemical, or manufacturing facilities. (2) 運用技術 --運用技術とは、兵器システム、ユーティリティやエネルギーの生産・流通、医療・物流・核・生物・化学・製造施設など、様々な環境で稼働するインフラや機器を監視・制御する制御システムやコントローラ、通信アーキテクチャ、ユーザーインターフェースを意味する。
SEC. 1506. MATTERS CONCERNING CYBER PERSONNEL REQUIREMENTS. Sec. 1506. サイバー人材の要件に関する事項
(a) In General.--The Secretary of Defense, acting through the Under Secretary of Defense for Personnel and Readiness and the Chief Information Officer of the Department of Defense, in consultation with Secretaries of the military departments and the head of any other organization or element of the Department the Secretary determines appropriate, shall-- (a) 国防長官は、人事準備担当国防次官および国防総省の最高情報責任者を介して、各軍部の長官および長官が適切と判断する国防総省の他の組織または要素の長と協議しながら、以下を行うものとする。
(1) determine the overall workforce requirement of the Department for cyberspace and information warfare military personnel across the active and reserve components of the Armed Forces (other than the Coast Guard) and for civilian personnel, and in doing so shall-- (1) 軍(沿岸警備隊を除く)の現役・予備役部門全体のサイバー空間・情報戦の軍人と、文官のための、国防総省の全体的な労働力要件を決定し、その際、以下を行う。
(A) consider personnel in positions securing the Department of Defense Information Network and associated enterprise information technology, defense agencies and field activities, and combatant commands, including current billets primarily associated with the Department of Defense Cyber Workforce Framework; (A)主に国防省のサイバー人材フレームワークに関連する現在の職位を含め、国防省情報ネットワークおよび関連する企業情報技術、国防省の機関および現場活動、戦闘司令部を確保する職位の人員を考慮する。
(B) consider the mix between military and civilian personnel, active and reserve components, and the use of the National Guard; (B) 軍人と文官、現役と予備役の組み合わせ、州兵の活用などを検討する。
(C) develop a talent management strategy that covers accessions, training, and education; and (C) 入隊、訓練、教育をカバーする人材管理戦略を策定する。
(D) consider such other elements as the Secretary determines appropriate; (D) 長官が適切と判断するその他の要素を検討する。
(2) assess current and future cyber education curriculum and requirements for military and civilian personnel, including-- (2) 軍人および文官に対する現在および将来のサイバー教育カリキュラムと要求事項を評価する。
(A) acquisition personnel; (A) 購買要員。
(B) accessions and recruits to the military services; (B) 軍隊への加入者および新兵。
(C) cadets and midshipmen at the military service academies and enrolled in the Senior Reserve Officers' Training Corps; (C) 兵役アカデミーの士官候補生とミッドシップマン、および上級予備役訓練隊に登録されている者。
(D) information environment and cyberspace military and civilian personnel; and (D) 情報環境およびサイバースペースの軍人および文官
(E) non-information environment cyberspace military and civilian personnel; (E)非情報環境サイバースペースの軍人および文官。
(3) identify appropriate locations for information warfare and cyber education for military and civilian personnel, including-- (3) 軍人・文官向けの情報戦・サイバー教育の適切な場所を特定する。
(A) the military service academies; (A) 軍の士官学校。
(B) the senior level service schools and intermediate level service schools specified in section 2151(b) of title 10, United States Code; (B) アメリカ合衆国コード10のセクション2151(b)で指定されている上級士官学校と中級士官学校。
(C) the Air Force Institute of Technology; (C) 空軍技術研究所。
(D) the National Defense University; (D) 国防大学。
(E) the Joint Special Operations University; (E) 統合特殊作戦大学
(F) the Command and General Staff Colleges; (F) コマンド・アンド・ジェネラル・スタッフ・カレッジ
(G) the War Colleges; (G) 戦争大学
(H) any military education institution attached to or operating under any institution specified in this paragraph; (H) 本項で指定された機関に付属またはその下で運営されている軍事教育機関。
(I) any other military educational institution of the Department identified by the Secretary for purposes of this section; (I) 本項の目的のために長官が特定した、米軍のその他の軍事教育機関。
(J) the Cyber Centers of Academic Excellence; and (J) 学術的に優れたサイバーセンター。
(K) potential future educational institutions of the Federal Government in accordance with the assessment required under subsection (b); and (K) (b)項に基づき必要とされる評価に従って、将来的に連邦政府の教育機関となる可能性のある機関。
(4) determine-- (4) 以下を決定する。
(A) whether the cyberspace domain mission requires a graduate level professional military education college on par with and distinct from the war colleges for the Army, Navy, and Air Force as in existence on the day before the date of the enactment of this Act; (A) サイバースペース・ドメイン・ミッションが、この法律の制定日の前日に存在していた陸軍、海軍、空軍のウォー・カレッジと同等であり、それとは異なる大学院レベルの専門的軍事教育カレッジを必要とするかどうか。
(B) whether such a college should be joint; and (B) そのような大学を設立すべきかどうか。
(C) where such a college should be located. (C)そのようなカレッジをどこに設置すべきか。
(b) Assessment.--In identifying appropriate locations for information warfare and cyber education for military and civilian personnel at potential future educational institutions of the Federal Government pursuant to subsection (a)(3)(K), the Secretary of Defense, acting through the Under Secretary of Defense for Personnel and Readiness and the Chief Information Officer of the Department of Defense, in consultation with Secretaries of the military departments, the head of any other organization or element of the Department the Secretary determines appropriate, the Secretary of Homeland Security, and the National Cyber Director, shall assess the feasibility and advisability of establishing a National Cyber Academy or similar institute for the purpose of educating and training civilian and military personnel for service in cyber, information, and related fields throughout the Federal Government. (b) 評価... サブセクション(a)(3)(K)に従って、将来の連邦政府の教育機関の候補地で、軍人および文官のための情報戦およびサイバー教育の適切な場所を特定する際に、国防長官は、人事・準備担当国防次官および国防総省の最高情報責任者を通じて行動し、各軍部の長官と協議して、次のことを行う。国防長官は、人事準備担当国防次官および国防総省の最高情報責任者を通じて、各軍部の長官、長官が適切と判断した国防総省の他の組織または部門の長、国土安全保障長官、国家サイバー長官と協議し、連邦政府全体でサイバー、情報、および関連分野で働く文民および軍人を教育・訓練する目的で、国家サイバー・アカデミーまたは同様の機関を設立することの実現可能性と有益性を評価する。
(c) Reports Required.-- (c) 必要とされる報告--。
(1) Education.--Not later than November 1, 2022, the Secretary of Defense shall provide the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing and, not later than January 1, 2023, the Secretary shall submit to such committees a report, on-- (1) 遅くとも2022年11月1日までに、国防長官は上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、以下の内容のブリーフィングを行い、遅くとも2023年1月1日までに、これらの委員会に報告書を提出しなければならない。
(A) talent strategy to satisfy future cyber education requirements at appropriate locations referred to in subsection (a)(3); and (A) (a)(3)で言及されている適切な場所で、将来のサイバー教育の必要性を満たすための人材戦略。
(B) the findings of the Secretary in assessing cyber education curricula and identifying such locations. (B) サイバー教育のカリキュラムを評価し、そのような場所を特定する際に、長官が得た知見。
(2) Workforce.--Not later than November 1, 2024, the Secretary of Defense shall provide the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing and, not later than January 1, 2025, the Secretary shall submit to such committees a report, on-- (2) 遅くとも2024年11月1日までに、国防長官は上院軍事委員会および下院軍事委員会にブリーフィングを行い、遅くとも2025年1月1日までに、これらの委員会に報告書を提出する。
(A) the findings of the Secretary in determining pursuant to subsection (a)(1) the overall workforce requirement of the Department of Defense for cyberspace and information warfare military personnel across the active and reserve components of the Armed Forces (other than the Coast Guard) and for civilian personnel; (A)国防総省の現役・予備役部隊(沿岸警備隊を除く)のサイバー空間・情報戦要員および文民要員の全体的な労働力要件を(a)(1)に従って決定する際の長官の所見。
(B) such recommendations as the Secretary may have relating to such requirement; and (B) そのような要求に関連して、長官が持っている可能性のある提言。
(C) such legislative or administrative action as the Secretary identifies as necessary to effectively satisfy such requirement. (C)そのような要求を効果的に満たすために必要であると長官が認める立法上または行政上の措置。
(d) Education Described.--In this section, the term ``education'' includes formal education requirements, such as degrees and certification in targeted subject areas, as well as general training, including-- (d) 本項において「教育」とは、対象となる分野の学位や資格などの正式な教育要件に加え、以下のような一般的な訓練を含む。
(1) upskilling; (1) スキルアップ。
(2) knowledge, skills, and abilities; and (2) 知識、技能、能力
(3) nonacademic professional development. (3)学業以外の専門的能力の開発。
SEC. 1507. ASSIGNMENT OF CERTAIN BUDGET CONTROL RESPONSIBILITIES TO COMMANDER OF UNITED STATES CYBER COMMAND. SEC. 1507. 連邦サイバー司令部の司令官への予算管理責任の割り当て
(a) Assignment of Responsibilities.-- (a)責任の割り当て。
(1) In general.--The Commander of United States Cyber Command shall, subject to the authority, direction, and control of the Principal Cyber Advisor of the Department of Defense, be responsible for directly controlling and managing the planning, programming, budgeting, and execution of resources to train, equip, operate, and sustain the Cyber Mission Forces. (1) 米国サイバー司令部の司令官は、国防総省の主席サイバー顧問の権限、指示、管理のもと、サイバー作戦部隊の訓練、装備、運用、維持のための資源の計画、プログラミング、予算、実行を直接管理する責任を負う。
(2) Effective date and applicability.--Paragraph (1) shall take effect on the date of the enactment of this Act and apply-- (2) パラグラフ(1)は、本法令の制定日に発効し、以下の通り適用される。
(A) on January 1, 2022, for controlling and managing budget execution; and (A) 2022年1月1日から、予算執行を管理するために適用される。
(B) beginning with fiscal year 2024 and each fiscal year thereafter for directly controlling and managing the planning, programming, budgeting, and execution of resources. (B) 資源の計画、プログラミング、予算編成、実行を直接管理するために、2024年会計年度からそれ以降の各会計年度に適用される。
(b) Elements.-- (b) 要素。
(1) In general.--The responsibilities assigned to the Commander of United States Cyber Command pursuant to subsection (a)(1) shall include the following: (1) 第(a)項(1)に従って合衆国サイバー司令部の司令官に割り当てられた責任には、以下のものが含まれる。
(A) Preparation of a program objective memorandum and budget estimate submission for the resources required to train, equip, operate, and sustain the Cyber Mission Forces. (A) サイバー・ミッション・フォースを訓練、装備、運用、維持するために必要な資源について、プログラム目的覚書と予算見積もりの提出を準備する。
(B) Preparation of budget materials pertaining to United States Cyber Command for inclusion in the budget justification materials that are submitted to Congress in support of the Department of Defense budget for a fiscal year (as submitted with the budget of the President for a fiscal year under section 1105(a) of title 31, United States Code) that is separate from any other military service or component of the Department. (B) 他の軍部や国防総省の構成部とは別の会計年度の国防総省予算(アメリカ合衆国コード31条1105(a)項に基づく会計年度の大統領予算と一緒に提出されるもの)を支援するために議会に提出される予算正当化資料に含めるための、米国サイバー司令部に関連する予算資料の作成。
(2) Responsibilities not delegated.--The responsibilities assigned to the Commander of United States Cyber Command pursuant to subsection (a)(1) shall not include the following: (2) 委任されていない責任 --第(a)項(1)号に従って合衆国サイバー司令部の司令官に割り当てられた責任には、以下のものは含まれない。
(A) Military pay and allowances. (A) 軍人の給与と手当。
(B) Funding for facility support that is provided by the military services. (B) 軍部が提供する施設支援のための資金。
(c) Implementation Plan.-- (c) 実施計画。
(1) In general.--Not later than the date that is 30 days after the date of the enactment of this Act, the Comptroller General of the Department of Defense and the Commander of United States Cyber Command, in coordination with Chief Information Officer of the Department, the Principal Cyber Advisor, the Under Secretary of Defense for Acquisition and Sustainment, Cost Assessment and Program Evaluation, and the Secretaries of the military departments, shall jointly develop an implementation plan for the transition of responsibilities assigned to the Commander of United States Cyber Command pursuant to subsection (a)(1). (1) 国防総省の会計監査人と米国サイバー軍司令官は、国防総省の最高情報責任者、主席サイバー顧問、調達・維持・コスト評価・プログラム評価担当国防次官、各軍部長官と協力して、第(a)項(1)号に従って米国サイバー軍司令官に割り当てられた責任を移行するための実施計画を共同で作成しなければならない。)
(2) Elements.--The implementation plan developed under paragraph (1) shall include the following: (2) 要素・・・(1)項に基づいて作成された実施計画には、以下のものが含まれる。
(A) A budgetary review to identify appropriate resources for transfer to the Commander of United States Cyber Command for carrying out responsibilities assigned pursuant to subsection (a)(1). (A) サブセクション(a)(1)に従って割り当てられた責任を遂行するために、米国サイバー司令官に譲渡するための適切なリソースを特定するための予算の見直し。
(B) Definitions of appropriate roles and responsibilities. (B) 適切な役割と責任の定義。
(C) Specification of all program elements and sub-elements, and the training, equipment, Joint Cyber Warfighting Architecture capabilities, other enabling capabilities and infrastructure, intelligence support, operations, and sustainment investments in each such program element and sub-element for which the Commander of United States Cyber Command is responsible. (C) 米国サイバーコマンド司令官が責任を負うすべてのプログラム要素とサブ要素、およびそのようなプログラム要素とサブ要素ごとの訓練、装備、統合サイバー戦闘アーキテクチャ能力、その他の実現可能な能力とインフラ、情報支援、運用、および持続的投資の仕様。
(D) Specification of all program elements and sub-elements, and the training, equipment, Joint Cyber Warfighting Architecture capabilities, other enabling capabilities and infrastructure, intelligence support, operations, and sustainment investments in each such program element and sub-element relevant to or that support the Cyber Mission Force for which the Secretaries of the military departments are responsible. (D) 各軍部長官が責任を負うサイバー・ミッション・フォースに関連する、あるいはそれを支援する、すべてのプログラム要素とサブ要素、およびそのようなプログラム要素とサブ要素ごとの訓練、装備、統合サイバー戦構築能力、その他可能な能力とインフラ、情報支援、運用、および持続的投資の仕様。
(E) Required levels of civilian and military staffing within United States Cyber Command to carry out subsection (a)(1), and an estimate of when such levels of staffing will be achieved. (E) (a)(1)項を遂行するために必要な米国サイバー司令部内の文民および軍人の人員配置のレベル、およびそのような人員配置のレベルが達成される時期の見積もり。
(d) Briefing.-- (d) ブリーフィング
(1) In general.--Not later than the earlier of the date on which the implementation plan under subsection (c) is developed or the date that is 90 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall provide the congressional defense committees a briefing on the implementation plan. (1) 国防長官は、議会防衛委員会に対し、(c)項の実施計画が策定された日と、本法の制定日から90日後の日のいずれか早い日までに、実施計画に関するブリーフィングを行わなければならない。
(2) Elements.--The briefing required by paragraph (1) shall address any recommendations for when and how the Secretary of Defense should delegate to the Commander of United States Cyber Command budget authority for the Cyber Operations Forces (as such term is defined in the memorandum issued by the Secretary of Defense on December 12, 2019, relating to the definition of ``Department of Defense Cyberspace Operations Forces (DoD COF)''), after successful implementation of the responsibilities described in subsection (a) relating to the Cyber Mission Forces. (2) 要素・・・(1)項で要求されるブリーフィングでは、サイバー任務部隊に関連する(a)項に記載された責任を成功裏に実施した後、国防長官がいつ、どのようにしてサイバー任務部隊(この用語は、2019年12月12日に国防長官が発行した「国防省サイバー空間作戦部隊(DoD COF)」の定義に関する覚書で定義されている)の予算権限を米国サイバーコマンド司令官に委譲すべきかについての提言を取り上げるものとする。
SEC. 1508. COORDINATION BETWEEN UNITED STATES CYBER COMMAND AND PRIVATE SECTOR. Sec. 1508. 米国サイバー司令部と民間企業との間の調整
(a) Voluntary Process.--Not later than January 1, 2023, the Commander of United States Cyber Command shall establish a voluntary process to engage with private sector information technology and cybersecurity entities to explore and develop methods and plans through which the capabilities, knowledge, and actions of-- (a) 遅くとも2023年1月1日までには、米国サイバー司令部の司令官は、民間の情報技術およびサイバーセキュリティ事業体と関与するための自主的なプロセスを確立し、以下のような能力、知識、行動を通じた方法および計画を検討、開発する。
(1) private sector entities operating inside the United States to defend against foreign malicious cyber actors could assist, or be coordinated with, the actions of United States Cyber Command operating outside the United States against such foreign malicious cyber actors; and (1) 米国内で外国の悪意のあるサイバーアクターを防御するために活動している民間団体が、米国外で外国の悪意のあるサイバーアクターに対抗するために活動している米国サイバー司令部の活動を支援したり、調整したりすることができる方法や計画を模索し、開発する。
(2) United States Cyber Command operating outside the United States against foreign malicious cyber actors could assist, or be coordinated with, the actions of private sector entities operating inside the United States against such foreign malicious cyber actors. (2) 外国の悪意のあるサイバーアクターに対して米国外で活動する米国サイバー司令部は、そのような外国の悪意のあるサイバーアクターに対して米国内で活動する民間団体の行動を支援したり、協調したりすることができる。
(b) Annual Briefing.-- (b) 年次ブリーフィング--。
(1) In general.--During the period beginning on March 1, 2022, and ending on March 1, 2026, the Commander of United States Cyber Command shall, not less frequently than once each year, provide to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing on the status of any activities conducted pursuant to subsection (a). (1) 米国サイバー司令官は、2022年3月1日から2026年3月1日までの間、毎年1回以上の頻度で、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、(a)項に基づいて実施された活動の状況に関するブリーフィングを行わなければならない。)
(2) Elements.--Each briefing provided under paragraph (1) shall include the following: (2) 第1項に基づいて行われるブリーフィングには、以下の内容が含まれる。
(A) Such recommendations for legislative or administrative action as the Commander of United States Cyber Command considers appropriate to improve and facilitate the exploration and development of methods and plans under subsection (a). (A) 米国サイバー司令部の司令官が、(a)項に基づく方法や計画の検討・開発を改善・促進するために適切と考える、立法上または行政上の措置に関する提言。
(B) Such recommendations as the Commander may have for increasing private sector participation in such exploration and development. (B)そのような調査や開発への民間企業の参加を増やすために司令官が持つ提言。
(C) A description of the challenges encountered in carrying out subsection (a), including any concerns expressed to the Commander by private sector partners regarding participation in such exploration and development. (C) サブセクション(a)を実行する際に遭遇した課題の説明。これには、当該探査および開発への参加に関して民間セクターのパートナーが司令官に表明した懸念事項が含まれる。
(D) Information relating to how such exploration and development with the private sector could assist military planning by United States Cyber Command. (D) 民間企業とのこのような探査と開発が、米国サイバー司令部による軍事計画をどのように支援できるかに関する情報。
(E) Such other matters as the Commander considers appropriate. (E) 司令官が適切と考えるその他の事項。
(c) Consultation.--In developing the process described in subsection (a), the Commander of United States Cyber Command shall consult with the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security and the heads of any other Federal agencies the Commander considers appropriate. (c)  協議--(a)項に記載されたプロセスを開発するにあたり、米国サイバー司令部の司令官は、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の長官および司令官が適切と考えるその他の連邦機関の長と協議するものとする。
(d) Integration With Other Efforts.--The Commander of United States Cyber Command shall ensure that the process described in subsection (a) makes use of, builds upon, and, as appropriate, integrates with and does not duplicate, other efforts of the Department of Homeland Security and the Department of Defense relating to cybersecurity, including the following: (d) 他の取り組みとの統合 -- 米国サイバー軍司令官は、第(a)項に記載されたプロセスが、以下を含むサイバーセキュリティに関連する国土安全保障省および国防総省の他の取り組みを利用し、それに基づいて構築され、必要に応じてそれらと統合し、重複しないようにしなければならない。
(1) The Joint Cyber Defense Collaborative of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. (1) サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のJoint Cyber Defense Collaborative。
(2) The Cybersecurity Collaboration Center and Enduring Security Framework of the National Security Agency. (2) 国家安全保障局のCybersecurity Collaboration CenterとEnduring Security Framework。
(3) The office for joint cyber planning of the Department of Homeland Security. (3) 米国国土安全保障省の共同サイバー計画室。
(e) Protection of Trade Secrets and Proprietary Information.--The Commander of United States Cyber Command shall ensure that any trade secret or proprietary information of a private sector entity engaged with the Department of Defense through the process established under subsection (a) that is made known to the Department pursuant to such process remains private and protected unless otherwise explicitly authorized by such entity. (e) 企業秘密および専有情報の保護 -- 米国サイバーコマンド司令官は、第(a)項に基づいて設立されたプロセスを通じて国防総省と関わる民間企業の企業秘密または専有情報が、当該プロセスに従って国防総省に知らされた場合には、当該企業が明示的に許可しない限り、非公開で保護されることを保証しなければならない。
(f) Rule of Construction.--Nothing in this section may be construed to authorize United States Cyber Command to conduct operations inside the United States or for private sector entities to conduct offensive cyber activities outside the United States, except to the extent such operations or activities are permitted by a provision of law in effect on the day before the date of the enactment of this Act. (f) 本節のいかなる規定も、米国サイバーコマンドが米国内で作戦を行うことや、民間企業が米国外で攻撃的なサイバー活動を行うことを許可すると解釈してはならない。
SEC. 1509. ASSESSMENT OF CYBER POSTURE AND OPERATIONAL ASSUMPTIONS AND DEVELOPMENT OF TARGETING STRATEGIES AND SUPPORTING CAPABILITIES. Sec. 1509. サイバー攻撃態勢と作戦前提の評価、標的戦略と支援能力の開発
(a) Assessment of Cyber Posture of Adversaries and Operational Assumptions of United States Government.-- (a) 敵対者のサイバー態勢と米国政府の作戦想定の評価。
(1) In general.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Commander of United States Cyber Command, the Under Secretary of Defense for Policy, and the Under Secretary of Defense for Intelligence and Security, shall jointly sponsor or conduct an assessment, including, if appropriate, a war-game or tabletop exercise, of the current and emerging offensive and defensive cyber posture of adversaries of the United States and the current operational assumptions and plans of the Armed Forces for offensive cyber operations during potential crises or conflict. (1) 本法制定日から1年以内に、米国サイバー司令部司令官、政策担当国防次官、情報・安全保障担当国防次官が共同で、米国の敵対者の現在および今後の攻撃的・防御的サイバー態勢と、潜在的な危機や紛争時の攻撃的サイバー作戦のための軍の現在の作戦想定・計画について、必要に応じてウォーゲームや卓上演習を含む評価を主催・実施する。
(2) Elements.--The assessment required under paragraph (1) shall include consideration of the following: (2) 要素...第1項で要求される評価には、以下の検討が含まれなければならない。
(A) Changes to strategies, operational concepts, operational preparation of the environment, and rules of engagement. (A)  戦略、作戦コンセプト、環境に対する作戦準備、交戦規則の変更。
(B) Opportunities provided by armed forces in theaters of operations and other innovative alternatives. (B) 作戦地域の軍隊が提供する機会、およびその他の革新的な代替手段。
(C) Changes in intelligence community (as such term is defined in section 3 of the National Security Act of 1947 (50 U.S.C. 3003)) targeting and operations in support of the Department of Defense. (C) 国防省を支援するための情報コミュニティ(この用語は1947年国家安全保障法(50 U.S.C. 3003)の第3節で定義されている)の目標と作戦の変更。
(D) Adversary capabilities to deny or degrade United States activities in cyberspace. (D) サイバースペースにおける米国の活動を妨害または低下させる敵対者の能力。
(E) Adversaries' targeting of United States critical infrastructure and implications for United States policy. (E) 敵対者による米国の重要インフラの標的化と米国の政策への影響
(F) Potential effect of emerging technologies, such as fifth generation mobile networks, expanded use of cloud information technology services, and artificial intelligence. (F) 第5世代モバイルネットワーク、クラウド情報技術サービスの利用拡大、人工知能などの新興技術の潜在的な影響。
(G) Changes in Department of Defense organizational design. (G) 国防省の組織設計の変化。
(H) The effect of private sector cybersecurity research. (H) 民間企業のサイバーセキュリティ研究の効果。
(F) Adequacy of intelligence support to cyberspace operations by Combat Support Agencies and Service Intelligence Centers. (F) 戦闘支援機関およびサービス・インテリジェンス・センターによるサイバースペース作戦への情報支援の適切さ。
(b) Development of Targeting Strategies, Supporting Capabilities, and Operational Concepts.-- (b) ターゲット戦略、支援能力、作戦コンセプトの開発。
(1) In general.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Commander of United States Cyber Command shall-- (1) この法律の制定日から1年以内に、米国サイバー司令部の司令官は以下を行わなければならない。
(A) assess and establish the capabilities, capacities, tools, and tactics required to support targeting strategies for-- (A) 次のようなターゲット戦略を支援するために必要な能力、キャパシティ、ツール、戦術を評価し、確立する。
(i) day-to-day persistent engagement of adversaries, including support to information operations; (i) 情報作戦への支援を含む、敵対者への日々の持続的な関与。
(ii) support to geographic combatant commanders at the onset of hostilities and during sustained conflict; and (ii) 敵対行為の開始時および持続的な紛争中の地理的戦闘指揮官への支援。
(iii) deterrence of attacks on United States critical infrastructure, including the threat of counter value responses; (iii) カウンターバリューレスポンスの脅威を含む、米国の重要インフラへの攻撃の抑止。
(B) develop future cyber targeting strategies and capabilities across the categories of cyber missions and targets with respect to which-- (B) 将来のサイバー・ターゲティング戦略と能力を、以下のようなサイバー・ミッションとターゲットのカテゴリーにわたって開発する。
(i) time-consuming and human effort-intensive stealthy operations are required to acquire and maintain access to targets, and the mission is so important it is worthwhile to expend such efforts to hold such targets at risk; (i) ターゲットへのアクセスを獲得・維持するために、時間と人的労力を要するステルス作戦が必要であり、ミッションが非常に重要であるため、そのようなターゲットを危険にさらすためにそのような努力を費やす価値がある場合。
(ii) target prosecution requires unique access and exploitation tools and technologies, and the target importance justifies the efforts, time, and expense relating thereto; (ii) ターゲットの訴追には、独自のアクセスおよび利用ツールと技術が必要であり、ターゲットの重要性から、それに関連する努力、時間、費用が正当化される場合。
(iii) operational circumstances do not allow for and do not require spending the time and human effort required for stealthy, nonattributable, and continuous access to targets; (iii) 作戦上の事情により、ターゲットへのステルス性、非攻撃性、継続的なアクセスに必要な時間と人的努力を費やすことができず、またその必要もない。
(iv) capabilities are needed to rapidly prosecute targets that have not been previously planned and that can be accessed and exploited using known, available tools and techniques; and (iv) 事前に計画されておらず、既知の利用可能なツールや技術を用いてアクセスし、利用できるターゲットを迅速に起訴するための能力が必要であること。
(v) targets may be prosecuted with the aid of automated techniques to achieve speed, mass, and scale; (v) ターゲットは、スピード、マス、スケールを達成するために、自動化された技術の助けを借りて起訴される可能性がある。
(C) develop strategies for appropriate utilization of Cyber Mission Teams in support of combatant command objectives as-- (C) 戦闘部隊の目的を支援するために、サイバー・ミッション・チームを以下のように適切に活用するための戦略を策定する。
(i) adjuncts to or substitutes for kinetic operations; or (i) 動力作戦の補助または代替として。
(ii) independent means to achieve novel tactical, operational, and strategic objectives; and (ii) 新たな戦術的、作戦的、戦略的目標を達成するための独立した手段。
(D) develop collection and analytic support strategies for the service intelligence centers to assist operations by United States Cyber Command and the Service Cyber Components. (D) 米国サイバー司令部とサービス・サイバー・コンポーネントによる作戦を支援するために、サービス・インテリジェンス・センターのための収集および分析支援戦略を策定する。
(2) Briefing required.-- (2) ブリーフィングの必要性--。
(A) In general.--Not later than 30 days after the date on which all activities required under paragraph (1) have been completed, the Commander of United States Cyber Command shall provide the congressional defense committees a briefing on such activities. (A) 米国サイバー司令部の司令官は、第1項で要求されたすべての活動が完了した日から30日以内に、米国議会の防衛委員会に当該活動に関するブリーフィングを行わなければならない。
(B) Elements.--The briefing provided pursuant to subparagraph (A) shall include the following: (B) 構成要素--(A)号に従って提供されるブリーフィングには、以下の内容が含まれる。
(i) Recommendations for such legislative or administrative action as the Commander of United States Cyber Command considers necessary to address capability shortcomings. (i) 能力不足に対処するために米国サイバー軍司令官が必要と考える立法上または行政上の措置に関する提言。
(ii) Plans to address such capability shortcomings. (ii) そのような能力の不足に対処するための計画。
(c) Country-specific Access Strategies.-- (c) 国別アクセス戦略。
(1) In general.--Not later than one year after the date on which all activities required under subsection (b)(1) have been completed, the Commander of United States Cyber Command shall complete development of country-specific access strategies for the Russian Federation, the People's Republic of China, the Democratic People's Republic of Korea, and the Islamic Republic of Iran. (1) 米国サイバー軍司令官は、ロシア連邦、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、イラン・イスラム共和国の国別アクセス戦略の策定を完了させなければならない(第(b)項(1)に基づくすべての活動が完了した日から1年以内)。
(2) Elements.--Each country-specific access strategy developed under paragraph (1) shall include the following: (2) 要素--第1項に基づいて策定された各国別アクセス戦略は、以下を含むものとする。
(A) Specification of desired and required-- (A) 望ましい結果と必要な結果の特定
(i) outcomes; (i) 成果。
(ii) cyber warfighting architecture, including-- (ii) サイバー戦のアーキテクチャ。
(I) tools and redirectors; (I) ツールおよびリダイレクタ。
(II) access platforms; and (II) アクセスプラットフォーム、および
(III) data analytics, modeling, and simulation capacity; (III) データ分析、モデリング、シミュレーション能力。
(iii) specific means to achieve and maintain persistent access and conduct command and control and exfiltration against hard targets and in operationally challenging environments across the continuum of conflict; (iii) 持続的なアクセスを達成・維持し、ハードターゲットや紛争の連続する作戦上困難な環境において、指揮・統制・脱出を行うための具体的な手段。
(iv) intelligence, surveillance, and reconnaissance support; (iv) 情報、監視、偵察の支援。
(v) operational partnerships with allies; (v) 同盟国との作戦上のパートナーシップ。
(vi) rules of engagement; (vi) 交戦規則
(vii) personnel, training, and equipment; and (vii)人員、訓練、及び装備
(viii) targeting strategies, including strategies that do not demand deliberate targeting and precise access to achieve effects; and (viii)ターゲティング戦略(効果を得るために意図的なターゲティングや正確なアクセスを必要としない戦略を含む)、および
(B) recommendations for such policy or resourcing changes as the Commander of United States Cyber Command considers appropriate to address access shortfalls. (B) アクセス不足に対処するために、米国サイバーコマンド司令官が適切と考える政策または資源の変更に関する提言。
(3) Consultation required.--The Commander of United States Cyber Command shall develop the country-specific access strategies under paragraph (1) independently but in consultation with the following: (3) 米国サイバー司令部の司令官は、第1項の国別アクセス戦略を独立して策定するものとするが、以下の者との協議が必要である。
(A) The Director of the National Security Agency. (A) 国家安全保障局の局長。
(B) The Director of the Central Intelligence Agency. (B) 中央情報局(CIA)長官。
(C) The Director of the Defense Advanced Research Projects Agency. (C) 国防高等研究計画局の局長。
(D) The Director of the Strategic Capabilities Office. (D) 戦略的能力開発局の局長
(E) The Under Secretary of Defense for Policy. (E) 国防省政策担当次官
(F) The Principal Cyber Advisor to the Secretary of Defense. (F) 国防長官の主席サイバー顧問
(G) The Commanders of all other combatant commands. (G) 他のすべての戦闘司令部の司令官
(4) Briefing.--Upon completion of the country-specific access strategies under paragraph (1), the Commander of United States Cyber Command shall provide the Deputy Secretary of Defense, the Vice Chairman of the Joint Chiefs of Staff, the Committee on Armed Services of the Senate, and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing on such strategies. (4) ブリーフィング --第1項の国別アクセス戦略が完成した時点で、米国サイバー司令部の司令官は、国防副長官、統合参謀本部副議長、上院軍事委員会、下院軍事委員会に対して、当該戦略に関するブリーフィングを行わなければならない。
(d) Definition.--In this section, the term ``critical infrastructure'' has the meaning given such term in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e)). (d) 定義--本項では、「重要インフラ」という用語は、公法107-56第1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で与えられた意味を持つ。
SEC. 1510. ASSESSING CAPABILITIES TO COUNTER ADVERSARY USE OF RANSOMWARE, CAPABILITIES, AND INFRASTRUCTURE. Sec. 1510. 敵のランサムウェア使用、能力、インフラに対抗する能力の評価
(a) Comprehensive Assessment and Recommendations Required.--Not later than 180 days after the date of enactment of this section, the Secretary of Defense shall-- (a) 包括的な評価と提言の必要性--本項の制定日から180日以内に、国防長官は以下を行う。
(1) conduct a comprehensive assessment of the policy, capacity, and capabilities of the Department of Defense to diminish and defend the United States from the threat of ransomware attacks, including-- (1) ランサムウェア攻撃の脅威から米国を守るための国防総省の政策、能力、能力の包括的な評価を行う。
(A) an assessment of the current and potential threats and risks to national and economic security posed by-- (A) 国家および経済の安全保障に対する現在および潜在的な脅威とリスクの評価。
(i) large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises that provide large-scale and sophisticated cyber attack capabilities and infrastructure used to conduct ransomware attacks; and (i) ランサムウェア攻撃を行うための大規模かつ洗練されたサイバー攻撃能力とインフラを提供する大規模かつ洗練された犯罪サイバー企業。
(ii) organizations that conduct or could conduct ransomware attacks or other attacks that use the capabilities and infrastructure described in clause (i) on a large scale against important assets and systems in the United States, including critical infrastructure; (ii) 重要インフラを含む米国内の重要な資産やシステムに対して、(i)項に記載された能力やインフラを利用したランサムウェア攻撃やその他の攻撃を大規模に行う、あるいは行う可能性のある組織。
(B) an assessment of-- (B) 以下の評価を行う。
(i) the threat posed to the Department of Defense Information Network and the United States by the large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises, capabilities, and infrastructure described in subparagraph (A); and (i) (A)項に記載された大規模かつ洗練された犯罪的サイバー企業、能力、インフラによって、国防省情報ネットワークおよび米国にもたらされる脅威。
(ii) the current and potential role of United States Cyber Command in addressing the threat referred to in clause (i) including-- (ii)(i)項で言及された脅威に対処する上での米国サイバー司令部の現在および潜在的な役割である。
(I) the threshold at which United States Cyber Command should respond to such a threat; and (I) 米国のサイバー司令部がそのような脅威に対応すべき閾値。
(II) the capacity for United States Cyber Command to respond to such a threat without harmful effects on other United States Cyber Command missions; (II) 米国サイバー司令部が他の米国サイバー司令部の任務に悪影響を与えることなく、そのような脅威に対応する能力。
(C) an identification of the current and potential Department efforts, processes, and capabilities to deter and counter the threat referred to in subparagraph (B)(i), including through offensive cyber effects operations; (C) 攻撃的なサイバー効果作戦を含む、第(B)項(i)号で言及された脅威を抑止し対抗するための、現在および潜在的な省庁の努力、プロセス、能力の特定。
(D) an assessment of the application of the defend forward and persistent engagement operational concepts and capabilities of the Department to deter and counter the threat of ransomware attacks against the United States; (D) 米国に対するランサムウェア攻撃の脅威を抑止し、対抗するための、省の前方防衛と持続的関与の作戦コンセプトと能力の適用に関する評価。
(E) a description of the efforts of the Department in interagency processes, and joint collaboration with allies and partners of the United States, to address the growing threat from large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises that conduct ransomware attacks and could conduct attacks with other objectives; (E) ランサムウェア攻撃を行い、他の目的でも攻撃を行う可能性のある大規模で洗練された犯罪的サイバー企業からの脅威の増大に対処するための省庁間プロセス、米国の同盟国やパートナーとの共同協力における省庁の取り組みの説明。
(F) a determination of the extent to which the governments of countries in which large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises are principally located are tolerating the activities of such enterprises, have interactions with such enterprises, could direct their operations, and could suppress such enterprises; (F) 大規模で洗練された犯罪的サイバー企業が主に存在する国の政府が、当該企業の活動をどの程度容認しているか、当該企業と交流しているか、当該企業の活動を指示できるか、当該企業を抑制できるかの判断。
(G) an assessment as to whether the large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises described in subparagraph (F) are perfecting and practicing attack techniques and capabilities at scale that can be co-opted and placed in the service of the country in which such enterprises are principally located; and (G) (F)号に記載された大規模かつ洗練されたサイバー犯罪企業が、当該企業が主に所在する国に協力してサービスを提供できる規模の攻撃技術と能力を完成させ、実践しているかどうかについての評価。
(H) identification of such legislative or administrative action as may be necessary to more effectively counter the threat of ransomware attacks; and (H) ランサムウェア攻撃の脅威に、より効果的に対抗するために必要な立法上または行政上の措置を特定する。
(2) develop recommendations for the Department to build capabilities to develop and execute innovative methods to deter and counter the threat of ransomware attacks prior to and in response to the launching of such attacks. (2) ランサムウェア攻撃の脅威を抑止し、その脅威に対抗するための革新的な方法を、攻撃の開始前および攻撃に対応して開発・実行する能力を構築するために、省庁に対する提言を行う。
(b) Briefing.--Not later than 210 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall brief the congressional defense committees on the comprehensive assessment completed under paragraph (1) of subsection (a) and the recommendations developed under paragraph (2) of such subsection. (b) ブリーフィング --本法の制定日から210日以内に、国防長官は議会の防衛委員会に対し、(a)項の(1)に基づいて完了した包括的評価と、同項の(2)に基づいて策定された勧告についてブリーフィングを行う。
(c) Definition.--In this section, the term ``critical infrastructure'' has the meaning given such term in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e)). (c) 定義--本項では、「重要インフラ」という用語は、公法107-56の第1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で与えられた意味を持つ。
SEC. 1511. COMPARATIVE ANALYSIS OF CYBERSECURITY CAPABILITIES. Sec. 1511. サイバーセキュリティ能力の比較分析
(a) Comparative Analysis Required.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Chief Information Officer and the Director of Cost Assessment and Program Evaluation (CAPE) of the Department of Defense, in consultation with the Principal Cyber Advisor to the Secretary of Defense and the Chief Information Officers of each of the military departments, shall jointly sponsor a comparative analysis, to be conducted by the Director of the National Security Agency and the Director of the Defense Information Systems Agency, of the following: (a) 比較分析の必要性--本法の制定日から180日以内に、国防総省の最高情報責任者およびコスト評価・プログラム評価(CAPE)部長は、国防長官の主席サイバー顧問および各軍部の最高情報責任者と協議の上、国家安全保障局長官および国防情報システム局長官が実施する以下の比較分析を共同で主催しなければならない。
(1) The cybersecurity tools, applications, and capabilities offered as options on enterprise software agreements for cloud-based productivity and collaboration suites, such as is offered under the Defense Enterprise Office Solution and Enterprise Software Agreement contracts with Department of Defense components, relative to the cybersecurity tools, applications, and capabilities that are currently deployed in, or required by, the Department to conduct-- (1) クラウドベースの生産性およびコラボレーション・スイートのエンタープライズ・ソフトウェア契約のオプションとして提供されるサイバーセキュリティ・ツール、アプリケーション、能力(国防総省のコンポーネントとのDefense Enterprise Office SolutionおよびEnterprise Software Agreement契約の下で提供されているようなもの)。
(A) asset discovery; (A) 資産の発見。
(B) vulnerability scanning; (B) 脆弱性スキャン
(C) conditional access (also known as ``comply-to-connect''); (C) 条件付きアクセス(「comply-to-connect」としても知られる)。
(D) event correlation; (D) イベントの相関関係
(E) patch management and remediation; (E) パッチ管理と修復。
(F) endpoint query and control; (F) エンドポイントの照会と制御
(G) endpoint detection and response; (G) エンドポイントの検出と応答
(H) data rights management; (H) データ著作権管理
(I) data loss prevention; (I) データ損失防止
(J) data tagging; (J) データタギング
(K) data encryption; (K) データの暗号化
(L) security information and event management; and (L) セキュリティ情報およびイベント管理
(M) security orchestration, automation, and response. (M) セキュリティのオーケストレーション、自動化、および応答。
(2) The identity, credential, and access management (ICAM) system, and associated capabilities to enforce the principle of least privilege access, offered as an existing option on an enterprise software agreement described in paragraph (1), relative to-- (2) パラグラフ(1)に記載されたエンタープライズソフトウェア契約の既存オプションとして提供される、ID、クレデンシャル、およびアクセス管理(ICAM)システム、および最小特権アクセスの原則を実施するための関連機能は、以下と関連している。
(A) the requirements of such system described in the Zero Trust Reference Architecture of the Department; and (A) 省庁のゼロトラスト・リファレンス・アーキテクチャに記載されている当該システムの要求事項。
(B) the requirements of such system under development by the Defense Information Systems Agency. (B) 国防情報システム局が開発中の当該システムの要求事項。
(3) The artificial intelligence and machine-learning capabilities associated with the tools, applications, and capabilities described in paragraphs (1) and (2), and the ability to host Government or third-party artificial intelligence and machine-learning algorithms pursuant to contracts referred to in paragraph (1) for such tools, applications, and capabilities. (3) 第1項および第2項に記載されたツール、アプリケーション、能力に関連する人工知能および機械学習能力、ならびに第1項に記載されたツール、アプリケーション、能力に関する契約に従って政府または第三者の人工知能および機械学習アルゴリズムをホストする能力。
(4) The network consolidation and segmentation capabilities offered on the enterprise software agreements described in paragraph (1) relative to capabilities projected in the Zero Trust Reference Architecture. (4) ゼロトラストリファレンスアーキテクチャで予測される機能と比較して、第1項に記載されたエンタープライズソフトウェア契約で提供されるネットワーク統合およびセグメント化の機能。
(5) The automated orchestration and interoperability among the tools, applications, and capabilities described in paragraphs (1) through (4). (5) (1)~(4)項に記載されたツール、アプリケーション、および能力の間の自動化されたオーケストレーションおよび相互運用性。
(b) Elements of Comparative Analysis.--The comparative analysis conducted under subsection (a) shall include an assessment of the following: (b) 比較分析の要素 -- 第(a)項に基づいて実施される比較分析には、以下の評価が含まれるものとする。
(1) Costs. (1)コスト
(2) Performance. (2) 性能
(3) Sustainment. (3)持続性
(4) Scalability. (4) スケーラビリティ
(5) Training requirements. (5)トレーニング要件
(6) Maturity. (6)成熟度
(7) Human effort requirements. (7) 人的努力の必要性
(8) Speed of integrated operations. (8) 統合運用のスピード
(9) Ability to operate on multiple operating systems and in multiple cloud environments. (9) 複数のオペレーティングシステムや複数のクラウド環境で動作する能力。
(10) Such other matters as the Chief Information Officer and the Director of Cost Assessment and Program Evaluation consider appropriate. (10) 最高情報責任者およびコスト評価・プログラム評価担当ディレクターが適切と考えるその他の事項。
(c) Briefing Required.--Not later than 30 days after the date on which the comparative analysis required under subsection (a) is completed, the Chief Information Officer and the Director of Cost Assessment and Program Evaluation (CAPE) of the Department of Defense shall jointly provide the congressional defense committees with a briefing on the findings of the Chief Information Officer and the Director with respect to such analysis, together with such recommendations for legislative or administrative action as the Chief Information Officer and the Director may have with respect to the matters covered by such analysis. (c) ブリーフィングの必要性--(a)項に基づき要求される比較分析が完了した日から30日以内に、最高情報責任者と国防総省のコスト評価・プログラム評価ディレクター(CAPE)は、当該分析に関して最高情報責任者とディレクターが得た知見についてのブリーフィングを、当該分析が対象とする事項に関して最高情報責任者とディレクターが持つ可能性のある立法上または行政上の措置に関する提言とともに、議会の防衛委員会に共同で提供しなければならない。
SEC. 1512. ELIGIBILITY OF OWNERS AND OPERATORS OF CRITICAL INFRASTRUCTURE TO RECEIVE CERTAIN DEPARTMENT OF DEFENSE SUPPORT AND SERVICES. Sec. 1512. 重要インフラの所有者と運営者が国防総省の支援とサービスを受ける資格
Section 2012 of title 10, United States Code is amended-- 合衆国コード10のセクション2012を改正する。
(1) in subsection (e)-- (1)サブセクション(e)において--。
(A) by redesignating paragraph (3) as paragraph (4); and (A) パラグラフ(3)をパラグラフ(4)として再指定する。
(B) by inserting after paragraph (2) the following new paragraph: (B) パラグラフ(2)の後に以下の新しいパラグラフを挿入する。
``(3) Owners and operators of critical infrastructure (as such term is defined in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e))).''; and (3) 重要インフラの所有者および運営者(公法107-56の1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で定義されているもの)。
(2) in subsection (f), by adding at the end the following new paragraph: (2) サブセクション(f)の最後に以下の新しいパラグラフを追加する。
``(5) Procedures to ensure that assistance provided to an entity specified in subsection (e)(3) is provided in a manner that is consistent with similar assistance provided under authorities applicable to other Federal departments and agencies, including the authorities of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security pursuant to title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.).''. (5) (e)(3)で指定された団体に提供される支援が、2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 651 et seq.)のタイトルXXIIに基づく国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の権限を含む、他の連邦省庁に適用される権限に基づいて提供される同様の支援と整合性のある方法で提供されることを保証するための手順。
SEC. 1513. REPORT ON POTENTIAL DEPARTMENT OF DEFENSE SUPPORT AND ASSISTANCE FOR INCREASING THE AWARENESS OF THE CYBERSECURITY AND INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY OF CYBER THREATS AND VULNERABILITIES AFFECTING CRITICAL INFRASTRUCTURE. Sec. 1513. 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性について、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の認識を高めるための国防総省の支援の可能性についての報告
(a) Report Required.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense, in consultation with the Secretary of Homeland Security and the National Cyber Director, shall submit to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a report that provides recommendations on how the Department of Defense can improve support and assistance to the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security to increase awareness of cyber threats and vulnerabilities affecting information technology and networks supporting critical infrastructure within the United States, including critical infrastructure of the Department and critical infrastructure relating to the defense of the United States. (a) 必要な報告。 本法の制定日から270日以内に、国防長官は、国土安全保障長官および国家サイバー長官と協議した上で。国防総省は、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁に対する支援・援助をどのように改善し、国防総省の重要インフラおよび米国の防衛に関連する重要インフラを含む、米国内の重要インフラを支える情報技術およびネットワークに影響を与えるサイバー脅威および脆弱性に対する認識を高めることができるかについての提言を行う報告書を、上院の軍事委員会および下院の軍事委員会に提出しなければならない。
(b) Elements of Report.--The report required by subsection (a) shall-- (b) 報告書の構成要素 -- 第(a)項で求められる報告書は、以下の通りである。
(1) assess and identify areas in which the Department of Defense could provide support or assistance, including through information sharing and voluntary network monitoring programs, to the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency to expand or increase technical understanding and awareness of cyber threats and vulnerabilities affecting critical infrastructure; (1) 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性に関する技術的理解と認識を拡大・向上させるために、国防総省がサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁に対して、情報共有や自主的なネットワーク監視プログラムを含めた支援・援助を提供できる分野を評価・特定すること。
(2) identify and assess any legal, policy, organizational, or technical barriers to carrying out paragraph (1); (2) パラグラフ(1)を実行するための法的、政策的、組織的、技術的な障害を特定し、評価する。
(3) assess and describe any legal or policy changes necessary to enable the Department to carry out paragraph (1) while preserving privacy and civil liberties; (3) プライバシーと市民的自由を守りつつ、第1項を実行するために必要な法律や政策の変更を評価し、説明すること。
(4) assess and describe the budgetary and other resource effects on the Department of carrying out paragraph (1); and (4) 第1項を実行することによる予算およびその他の資源の影響を評価し、説明する。
(5) provide a notional time-phased plan, including milestones, to enable the Department to carry out paragraph (1). (5) 部局が第1項を実行できるように、マイルストーンを含む想定される時間軸の計画を提供する。
(c) Critical Infrastructure Defined.--In this section, the term ``critical infrastructure'' has the meaning given such term in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e)). (c) 重要インフラの定義--このセクションでは、「重要インフラ」という用語はPublic Law 107-56の1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で与えられた意味を持つ。
Subtitle B--Matters Related to Department of Defense Cybersecurity and  Information Technology サブタイトルB:国防総省のサイバーセキュリティと情報技術に関連する事項
SEC. 1521. ENTERPRISE-WIDE PROCUREMENT OF CYBER DATA PRODUCTS AND SERVICES. Sec. 1521. サイバーデータ製品・サービスの全社的調達
(a) Program.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall designate an executive agent for Department of Defense-wide procurement of cyber data products and services. The executive agent shall establish a program management office responsible for such procurement, and the program manager of such program office shall be responsible for the following: (a) プログラム...この法律が制定された日から1年以内に、国防長官は国防総省全体のサイバーデータ製品とサービスの調達のための執行機関を指定しなければならない。執行代理人は、当該調達を担当するプログラム管理事務所を設立し、当該プログラム事務所のプログラムマネージャーは、以下の事項に責任を負う。
(1) Surveying components of the Department for the cyber data products and services needs of such components. (1) 国防総省の各部局のサイバーデータ製品・サービスのニーズを調査すること。
(2) Conducting market research of cyber data products and services. (2) サイバーデータ製品・サービスの市場調査を行うこと。
(3) Developing or facilitating development of requirements, both independently and through consultation with components, for the acquisition of cyber data products and services. (3) サイバーデータ製品およびサービスの取得のために、独自に、または各構成部との協議を通じて、要求事項を策定し、または策定を促進すること。
(4) Developing and instituting model contract language for the acquisition of cyber data products and services, including contract language that facilitates components' requirements for ingesting, sharing, using and reusing, structuring, and analyzing data derived from such products and services. (4) サイバーデータ製品・サービスの取得のためのモデル契約言語を開発し、制定すること。これには、当該製品・サービスから得られるデータの取り込み、共有、使用、再利用、構造化、分析に関するコンポーネントの要件を促進する契約言語が含まれる。
(5) Conducting procurement of cyber data products and services on behalf of the Department of Defense, including negotiating contracts with a fixed number of licenses based on aggregate component demand and negotiation of extensible contracts. (5) 国防総省を代表して、サイバーデータ製品・サービスの調達を行うこと。これには、コンポーネントの総需要に基づいた固定数のライセンスを持つ契約の交渉や、拡張可能な契約の交渉が含まれる。
(6) Carrying out the responsibilities specified in paragraphs (1) through (5) with respect to the cyber data products and services needs of the Cyberspace Operations Forces, such as cyber data products and services germane to cyberspace topology and identification of adversary threat activity and infrastructure, including-- (6) サイバースペースのトポロジー、敵の脅威活動やインフラの特定に関連するサイバーデータ製品・サービスなど、サイバースペース作戦部隊のサイバーデータ製品・サービスのニーズに関して、(1)~(5)項で指定された責任を遂行すること(以下を含む)。
(A) facilitating the development of cyber data products and services requirements for the Cyberspace Operations Forces, conducting market research regarding the future cyber data products and services needs of the Cyberspace Operations Forces, and conducting acquisitions pursuant to such requirements and market research; (A) サイバー空間作戦部隊のためのサイバーデータ製品およびサービスの要件の開発を促進し、サイバー空間作戦部隊の将来のサイバーデータ製品およびサービスのニーズに関する市場調査を実施し、かかる要件および市場調査に従って買収を実施すること。
(B) coordinating cyber data products and services acquisition and management activities with Joint Cyber Warfighting Architecture acquisition and management activities, including activities germane to data storage, data management, and development of analytics; (B) データストレージ、データ管理、分析の開発に関連する活動を含め、サイバーデータ製品・サービスの取得・管理活動を統合サイバー戦闘アーキテクチャの取得・管理活動と調整すること。
(C) implementing relevant Department of Defense and United States Cyber Command policy germane to acquisition of cyber data products and services; (C) サイバーデータ製品・サービスの取得に関連する国防総省および米国サイバー司令部の政策を実施すること。
(D) leading or informing the integration of relevant datasets and services, including Government-produced threat data, commercial cyber threat information, collateral telemetry data, topology-relevant data, sensor data, and partner-provided data; and (D) 政府が作成した脅威データ、商業的なサイバー脅威情報、付随する遠隔測定データ、トポロジーに関連するデータ、センサーデータ、パートナーが提供するデータなど、関連するデータセットやサービスの統合を主導したり、情報を提供したりすること。
(E) facilitating the development of tradecraft and operational workflows based on relevant cyber data products and services. (E) 関連するサイバーデータ製品およびサービスに基づく、技術および運用ワークフローの開発を促進する。
(b) Coordination.--In implementing this section, each component of the Department of Defense shall coordinate its cyber data products and services requirements and potential procurement plans relating to such products and services with the program management office established pursuant to subsection (a) so as to enable such office to determine if satisfying such requirements or procurement of such products and services on an enterprise-wide basis would serve the best interests of the Department. (b) 本項を実施するにあたり、国防総省の各部局は、サイバーデータ製品・サービスの要求事項および当該製品・サービスに関連する潜在的な調達計画を、第(a)項に従って設立されたプログラム管理局と調整し、当該要求事項の充足または全社的な当該製品・サービスの調達が国防総省の最善の利益につながるかどうかを、当該局が判断できるようにする。
(c) Prohibition.--Beginning not later than 540 days after the date of the enactment of this Act, no component of the Department of Defense may independently procure a cyber data product or service that has been procured by the program management office established pursuant to subsection (a), unless-- (c) 本法制定日から540日以内に、国防総省のいかなる部門も、(a)項に従って設立されたプログラム管理事務所によって調達されたサイバーデータ製品またはサービスを独自に調達することはできないが、以下の場合はその限りではない。
(1) such component is able to procure such product or service at a lower per-unit price than that available through such office; or (1) 当該コンポーネントが、当該オフィスを通じて入手可能な価格よりも低い単価で当該製品またはサービスを調達することができる場合。
(2) such office has approved such independent purchase. (2) 当該事務所が、当該独立した購入を承認している場合。
(d) Exception.--United States Cyber Command and the National Security Agency may conduct joint procurements of products and services, including cyber data products and services, except that the requirements of subsections (b) and (c) shall not apply to the National Security Agency. (d) 例外-米国サイバーコマンドと国家安全保障局は、サイバーデータ製品およびサービスを含む製品およびサービスの共同調達を行うことができる。ただし、国家安全保障局には、サブセクション(b)および(c)の要件は適用されないものとする。
(e) Definition.--In this section, the term ``cyber data products and services'' means commercially-available datasets and analytic services germane to offensive cyber, defensive cyber, and DODIN operations, including products and services that provide technical data, indicators, and analytic services relating to the targets, infrastructure, tools, and tactics, techniques, and procedures of cyber threats. (e) 本項において、「サイバーデータ製品・サービス」とは、攻撃的サイバー、防御的サイバー、DODIN作戦に関連する商業的に入手可能なデータセットおよび分析サービスを意味し、サイバー脅威の標的、インフラ、ツール、戦術・技術・手順に関する技術データ、指標、分析サービスを提供する製品・サービスを含む。
SEC. 1522. LEGACY INFORMATION TECHNOLOGIES AND SYSTEMS ACCOUNTABILITY. Sec. 1522. レガシー情報技術とシステムの説明責任
(a) In General.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretaries of the Army, Navy, and Air Force shall each initiate efforts to identify legacy applications, software, and information technology within their respective Departments and eliminate any such application, software, or information technology that is no longer required. (a) 陸軍、海軍、空軍の各長官は、本法令の制定日から270日以内に、それぞれの省内のレガシーアプリケーション、ソフトウェア、情報技術を特定し、不要となったアプリケーション、ソフトウェア、情報技術を排除するための取り組みを開始する。
(b) Specifications.--To carry out subsection (a), that Secretaries of the Army, Navy, and Air Force shall each document the following: (b) 仕様--(a)項を実行するために、陸軍、海軍、空軍の各長官は、以下の内容を文書化するものとする。
(1) An identification of the applications, software, and information technologies that are considered active or operational, but which are judged to no longer be required by the respective Department. (1)各省庁が必要としなくなったと判断された、稼働中または運用中のアプリケーション、ソフトウェア、情報技術の識別情報。
(2) Information relating to the sources of funding for the applications, software, and information technologies identified pursuant to paragraph (1). (2) (1)により特定されたアプリケーション、ソフトウェア、情報技術の資金源に関する情報。
(3) An identification of the senior official responsible for each such application, software, or information technology. (3) 各アプリケーション、ソフトウェア、情報技術の責任者である上級職員の身分証明書。
(4) A plan to discontinue use and funding for each such application, software, or information technology. (4) そのようなアプリケーション、ソフトウェア、情報技術の使用と資金提供を中止する計画。
(c) Exemption.--Any effort substantially similar to that described in subsections (a) and (b) that is being carried out by the Secretary of the Army, Navy, or Air Force as of the date of the enactment of this Act and completed not later 180 days after such date shall be treated as satisfying the requirements under such subsections. (c) 免除--本法の制定日時点で陸軍、海軍、空軍の長官によって実施されている、(a)および(b)項に記載されたものと実質的に類似した取り組みで、その日から180日以内に完了するものは、これらの項の要件を満たしているものとして扱われる。
(d) Report.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretaries of the Army, Navy, and Air Force shall each submit to the congressional defense committees the documentation required under subsection (b). (d) 報告--本法の制定日から270日以内に、陸軍、海軍、空軍の各長官は、それぞれ議会の防衛委員会に、(b)項に基づいて要求される文書を提出しなければならない。
SEC. 1523. UPDATE RELATING TO RESPONSIBILITIES OF CHIEF INFORMATION OFFICER. Sec. 1523. 最高情報責任者(CIO)の責任についての更新
 Paragraph (1) of section 142(b) of title 10, United States Code, is amended--  アメリカ合衆国コード10のタイトル142(b)セクションのパラグラフ(1)は、以下のように修正される。
(1) in subparagraphs (A), (B), and (C), by striking ``(other than with respect to business management)'' each place it appears; and (1)サブパラグラフ(A)、(B)および(C)において、「(経営管理に関するもの以外)」を各所で削除する。
(2) by amending subparagraph (D) to read as follows: (2) (D)項を次のように修正する。
``(D) exercises authority, direction, and control over the Activities of the Cybersecurity Directorate, or any successor organization, of the National Security Agency, funded through the Information Systems Security Program;''. ''(D)情報システム・セキュリティ・プログラムを通じて資金提供を受けている国家安全保障局のサイバーセキュリティ部門、またはその後継組織の活動に対する権限、指揮、管理を行う。
SEC. 1524. PROTECTIVE DOMAIN NAME SYSTEM WITHIN THE DEPARTMENT OF DEFENSE. Sec. 1524. 国防総省内の保護ドメイン名システム
(a) In General.--Not later than 120 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall ensure each component of the Department of Defense uses a Protective Domain Name System (PDNS) instantiation offered by the Department. (a) 国防長官は、国防省の各部局が、国防省が提供する保護ドメイン名システム(PDNS)のインスタンスを使用することを保証しなければならない。
(b) Exemptions.--The Secretary of Defense may exempt a component of the Department from using a PDNS instantiation for any reason except with respect to cost or technical application. (b) 免除--国防長官は、コストや技術的応用に関する場合を除き、いかなる理由であれ、国防総省のコンポーネントがPDNSインスタンスを使用することを免除することができる。
(c) Report to Congress.--Not later than 150 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report that includes information relating to-- (c) 議会への報告 --本法の制定日から150日以内に、国防長官は以下に関する情報を含む報告書を議会の防衛委員会に提出しなければならない。
(1) each component of the Department of Defense that uses a PDNS instantiation offered by the Department; (1) 国防総省が提供するPDNSインスタンスを使用する国防総省の各コンポーネント。
(2) each component exempt from using a PDNS instantiation pursuant to subsection (b); and (2) (b)項に従ってPDNSインスタンスの使用を免除されている各コンポーネント。
(3) efforts to ensure that each PDNS instantiation offered by the Department connects and shares relevant and timely data. (3) 国防総省が提供する各PDNSインスタンスが、関連性のあるタイムリーなデータを接続し、共有することを保証するための努力。
SEC. 1525. CYBERSECURITY OF WEAPON SYSTEMS. Sec. 1525. 兵器システムのサイバーセキュリティ
 Section 1640 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2018 (Public Law 115-91; 10 U.S.C. 2224 note), is amended by adding at the end the following new subsection:  2018年度国防権限法(Public Law 115-91; 10 U.S.C. 2224 note)のセクション1640は、最後に以下の新しいサブセクションを追加することで修正される。
``(f) Annual Reports.--Not later than August 30, 2022, and annually thereafter through 2024, the Secretary of Defense shall provide to the congressional defense committees a report on the work of the Program, including information relating to staffing and accomplishments.''. ''(f) 遅くとも2022年8月30日までに、その後2024年まで毎年、国防長官は議会の防衛委員会に対し、人員配置や成果に関する情報を含むプログラムの業務に関する報告書を提出しなければならない」。
SEC. 1526. ASSESSMENT OF CONTROLLED UNCLASSIFIED INFORMATION PROGRAM. SEC. 1526. 管理された未分類情報プログラムの評価。
 Section 1648 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note), is amended--  2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note)の第1648条を改正する。
(1) in subsection (a), by striking ``February 1, 2020'' and inserting ``180 days after the date of the enactment of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022''; and (1) サブセクション(a)において、「2020年2月1日」を削除し、「2022年度の国防権限法の制定日から180日後」を挿入する。
(2) in subsection (b), by amending paragraph (4) to read as follows: (2) サブセクション(b)において、パラグラフ(4)を以下のように修正する。
``(4) Definitions for `Controlled Unclassified Information' (CUI) and `For Official Use Only' (FOUO), policies regarding protecting information designated as either of such, and an explanation of the `DoD CUI Program' and Department of Defense compliance with the responsibilities specified in Department of Defense Instruction (DoDI) 5200.48, `Controlled Unclassified Information (CUI),' including the following: ''(4) 「CUI(Controlled Unclassified Information)」および「FOUO(For Official Use Only)」の定義、いずれかに指定された情報の保護に関する方針、「国防総省CUIプログラム」および国防総省命令(DoDI)5200.48「CUI(Controlled Unclassified Information)」に規定されている責任に対する国防総省のコンプライアンスについての説明(以下を含む)。
``(A) The extent to which the Department of Defense is identifying whether information is CUI via a contracting vehicle and marking documents, material, and media containing such information in a clear and consistent manner. ''(A)国防総省が契約車両を通じて情報がCUIであるかどうかを識別し、そのような情報を含む文書、資料、メディアを明確かつ一貫した方法でマーキングしている程度。
``(B) Recommended regulatory or policy changes to ensure consistency and clarity in CUI identification and marking requirements. ''(B)CUI識別およびマーキング要件の一貫性と明確性を確保するために推奨される規制または政策の変更。
``(C) Circumstances under which commercial information is considered CUI, and any impacts to the commercial supply chain associated with security and marking requirements pursuant to this paragraph. ''(C)商業情報がCUIとみなされる状況、および本項に基づくセキュリティおよびマーキング要件に関連する商業サプライチェーンへの影響。
``(D) Benefits and drawbacks of requiring all CUI to be marked with a unique CUI legend, versus requiring that all data marked with an appropriate restricted legend be handled as CUI. ''(D)すべてのCUIに固有のCUI表示を要求することと、適切な制限表示を施したすべてのデータをCUIとして取り扱うことを要求することの利点と欠点。
``(E) The extent to which the Department of Defense clearly delineates Federal Contract Information (FCI) from CUI. ''(E)国防総省が連邦契約情報(FCI)とCUIをどの程度明確に区別しているか。
``(F) Examples or scenarios to illustrate information that is and is not CUI.''. ''(F)CUIである情報とそうでない情報を説明するための例やシナリオ。
SEC. 1527. CYBER DATA MANAGEMENT. Sec. 1527. サイバーデータ管理
(a) In General.--The Commander of United States Cyber Command and the Secretaries of the military departments, in coordination with the Principal Cyber Advisor to the Secretary, the Chief Information Officer and the Chief Data Officer of the Department of Defense, and the Chairman of the Joint Chiefs of Staff, shall-- (a) 米国サイバー司令部の司令官および各軍部の長官は、長官の主席サイバー顧問、国防総省の最高情報責任者および最高データ責任者、および統合参謀本部議長と連携して、以下を行う。
(1) access, acquire, and use mission-relevant data to support offensive cyber, defensive cyber, and DODIN operations from the intelligence community, other elements of the Department of Defense, and the private sector; (1) 攻撃的サイバー、防御的サイバー、DODIN作戦を支援するためのミッション関連データを、情報コミュニティ、国防総省の他の部門、および民間部門から入手し、取得し、使用すること。
(2) develop policy, processes, and operating procedures governing the access, ingest, structure, storage, analysis, and combination of mission-relevant data, including-- (2) ミッション関連データ(以下を含む)へのアクセス、取り込み、構造、保存、分析、組み合わせを管理する方針、プロセス、作業手順を策定する。
(A) intelligence data; (A) 情報データ。
(B) internet traffic, topology, and activity data; (B) インターネットのトラフィック、トポロジー、およびアクティビティ・データ。
(C) cyber threat information; (C) サイバー脅威情報。
(D) Department of Defense Information Network sensor, tool, routing infrastructure, and endpoint data; and (D) 国防省情報ネットワークのセンサー、ツール、ルーティング・インフラ、およびエンドポイント・データ、および
(E) other data management and analytic platforms pertinent to United States Cyber Command missions that align with the principles of Joint All Domain Command and Control; (E) 米国サイバー司令部の任務に関連するその他のデータ管理・分析プラットフォームで、Joint All Domain Command and Controlの原則に沿ったもの。
(3) pilot efforts to develop operational workflows and tactics, techniques, and procedures for the operational use of mission-relevant data by the Cyberspace Operations Forces; and (3) サイバースペース作戦部隊がミッションに関連するデータを運用で使用するための運用ワークフロー、戦術、技術、手順を開発するための試験的な取り組み。
(4) evaluate data management platforms used to carry out paragraphs (1), (2), and (3) to ensure such platforms operate consistently with the Deputy Secretary of Defense's Data Decrees signed on May 5, 2021. (4) パラグラフ(1)、(2)、(3)を遂行するために使用されるデータ管理プラットフォームを評価し、当該プラットフォームが2021年5月5日に署名された国防副長官のデータ同意書と一貫して動作することを確認する。
(b) Roles and Responsibilities.-- (b) 役割と責任--。
(1) In general.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Commander of United States Cyber Command and the Secretaries of the military departments, in coordination with the Principal Cyber Advisor to the Secretary, the Chief Information Officer and Chief Data Officer of the Department of Defense, and the Chairman of the Joint Chiefs of Staff, shall establish the specific roles and responsibilities of the following in implementing each of the tasks required under subsection (a): (1) 一般的に--本法の制定日から270日以内に、米国サイバー司令部の司令官および各軍部の長官は、長官の主席サイバー顧問、国防総省の最高情報責任者および最高データ責任者、統合参謀本部議長と連携して、(a)項で要求される各タスクの実施における以下の者の具体的な役割と責任を確立しなければならない。
(A) United States Cyber Command. (A) 米国のサイバー司令部。
(B) Program offices responsible for the components of the Joint Cyber Warfighting Architecture. (B) 統合サイバー戦力アーキテクチャの構成要素を担当するプログラムオフィス。
(C) The military services. (C) 各軍部。
(D) Entities in the Office of the Secretary of Defense. (D) 国防省長官室の組織。
(E) Any other program office, headquarters element, or operational component newly instantiated or determined relevant by the Secretary. (E) 長官が新たに設置した、あるいは関連性があると判断したその他のプログラムオフィス、本部要素、作戦構成要素。
(2) Briefing.--Not later than 300 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall provide to the congressional defense committees a briefing on the roles and responsibilities established under paragraph (1). (2) 本法制定後300日以内に、国防長官は議会の防衛委員会に対し、第1項で設定された役割と責任に関するブリーフィングを行わなければならない。
SEC. 1528. ZERO TRUST STRATEGY, PRINCIPLES, MODEL ARCHITECTURE, AND IMPLEMENTATION PLANS. Sec. 1528. ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャ、および実施計画
(a) In General.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Chief Information Officer of the Department of Defense and the Commander of United States Cyber Command shall jointly develop a zero trust strategy, principles, and a model architecture to be implemented across the Department of Defense Information Network, including classified networks, operational technology, and weapon systems. (a) 一般的に--本法の制定日から270日以内に、国防総省の最高情報責任者と米国サイバー司令部の司令官は、機密ネットワーク、運用技術、兵器システムを含む国防総省の情報ネットワーク全体に導入するゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャを共同で開発する。
(b) Strategy, Principles, and Model Architecture Elements.--The zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a) shall include, at a minimum, the following elements: (b) 戦略、原則、モデル・アーキテクチャの要素--(a)項で要求されるゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャは、少なくとも以下の要素を含むものとする。
(1) Prioritized policies and procedures for establishing implementations of mature zero trust enabling capabilities within on-premises, hybrid, and pure cloud environments, including access control policies that determine which persona or device shall have access to which resources and the following: (1) オンプレミス、ハイブリッド、およびピュアクラウド環境内で成熟したゼロトラスト実現機能の実装を確立するための優先順位付けされたポリシーと手順。
(A) Identity, credential, and access management. (A) アイデンティティ、クレデンシャル、およびアクセス管理。
(B) Macro and micro network segmentation, whether in virtual, logical, or physical environments. (B) 仮想、論理、物理のいずれの環境であっても、マクロおよびミクロのネットワークのセグメンテーション。
(C) Traffic inspection. (C) トラフィック検査。
(D) Application security and containment. (D) アプリケーションのセキュリティと封じ込め
(E) Transmission, ingest, storage, and real-time analysis of cybersecurity metadata endpoints, networks, and storage devices. (E) サイバーセキュリティメタデータのエンドポイント、ネットワーク、ストレージデバイスの送信、取り込み、保存、リアルタイム分析
(F) Data management, data rights management, and access controls. (F) データ管理、データ権限管理、及びアクセス制御
(G) End-to-end encryption. (G) エンドツーエンドの暗号化
(H) User access and behavioral monitoring, logging, and analysis. (H) ユーザのアクセス及び行動の監視、記録、分析
(I) Data loss detection and prevention methodologies. (I) データ損失の検出と防止の方法論。
(J) Least privilege, including system or network administrator privileges. (J) システムまたはネットワーク管理者の特権を含む最小の特権
(K) Endpoint cybersecurity, including secure host, endpoint detection and response, and comply-to-connect requirements. (K) セキュアホスト、エンドポイント検出と応答、およびコンプライアント・トゥ・コネクトの要件を含むエンドポイントのサイバーセキュリティ。
(L) Automation and orchestration. (L) 自動化とオーケストレーション
(M) Configuration management of virtual machines, devices, servers, routers, and similar to be maintained on a single virtual device approved list (VDL). (M) 単一の仮想デバイス承認リスト(VDL)で維持される仮想マシン、デバイス、サーバ、ルータなどの構成管理。
(2) Policies specific to operational technology, critical data, infrastructures, weapon systems, and classified networks. (2) 運用技術、重要データ、インフラ、兵器システム、および機密ネットワークに特化したポリシー。
(3) Specification of enterprise-wide acquisitions of capabilities conducted or to be conducted pursuant to the policies referred to in paragraph (2). (3) (2)で言及されたポリシーに基づいて実施された、または実施される予定の能力の企業全体の取得の仕様。
(4) Specification of standard zero trust principles supporting reference architectures and metrics-based assessment plan. (4) 参照アーキテクチャを支える標準的なゼロトラスト原則の仕様と、評価指標に基づく評価計画。
(5) Roles, responsibilities, functions, and operational workflows of zero trust cybersecurity architecture and information technology personnel-- (5) ゼロトラスト・サイバーセキュリティ・アーキテクチャと情報技術者の役割、責任、機能、運用ワークフロー
(A) at combatant commands, military services, and defense agencies; and (A) 戦闘機司令部、軍事サービス、および防衛機関。
(B) Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network. (B) 統合軍本部-国防省情報ネットワーク。
(c) Architecture Development and Implementation.--In developing and implementing the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a), the Chief Information Officer of the Department of Defense and the Commander of United States Cyber Command shall-- (c) アーキテクチャの開発と実施--第(a)項で要求されたゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャを開発し実施するにあたり、国防総省の最高情報責任者と米国サイバー司令部の司令官は--。
(1) coordinate with-- (1)以下と調整する。
(A) the Principal Cyber Advisor to the Secretary of Defense; (A) 国防長官の主席サイバー顧問。
(B) the Director of the National Security Agency Cybersecurity Directorate; (B) 国家安全保障局のサイバーセキュリティ局長。
(C) the Director of the Defense Advanced Research Projects Agency; (C) 国防高等研究計画局の局長。
(D) the Chief Information Officer of each military service; (D) 各軍の最高情報責任者。
(E) the Commanders of the cyber components of the military services; (E) 各軍のサイバー部門の司令官
(F) the Principal Cyber Advisor of each military service; (F) 各軍部の主席サイバー顧問
(G) the Chairman of the Joints Chiefs of Staff; and (G) 合同参謀本部議長、および
(H) any other component of the Department of Defense as determined by the Chief Information Officer and the Commander; (H) 最高情報責任者と司令官が決定した国防省のその他の構成要素。
(2) assess the utility of the Joint Regional Security Stacks, automated continuous endpoint monitoring program, assured compliance assessment solution, and each of the defenses at the Internet Access Points for their relevance and applicability to the zero trust architecture and opportunities for integration or divestment; (2) 合同地域セキュリティスタック、自動化された継続的エンドポイント監視プログラム、確実なコンプライアンス評価ソリューション、インターネットアクセスポイントにおける各防御策の有用性を評価し、ゼロトラストアーキテクチャとの関連性と適用性、統合または切り離しの機会を検討する。
(3) employ all available resources, including online training, leveraging commercially available zero trust training material, and other Federal agency training, where feasible, to implement cybersecurity training on zero trust at the-- (3) オンライン・トレーニング、商業的に入手可能なゼロ・トラスト・トレーニング教材の活用、および実行可能な場合には他の連邦機関のトレーニングを含む、利用可能なすべてのリソースを用いて、ゼロ・トラストに関するサイバーセキュリティ・トレーニングを以下のレベルで実施する。
(A) executive level; (A) 上級管理職レベル。
(B) cybersecurity professional or implementer level; and (B) サイバーセキュリティの専門家または実施者レベル。
(C) general knowledge levels for Department of Defense users; (C) 国防総省のユーザのための一般的な知識レベル。
(4) facilitate cyber protection team and cybersecurity service provider threat hunting and discovery of novel adversary activity; (4) サイバー・プロテクション・チームとサイバー・セキュリティ・サービス・プロバイダーによる脅威の探索と新規敵対者の活動の発見を促進すること。
(5) assess and implement means to effect Joint Force Headquarters-Department of Defense Information Network's automated command and control of the entire Department of Defense Information Network; (5) 国防省情報ネットワーク全体に対する統合軍本部-国防省情報ネットワークの自動化された指揮統制を実現するための手段を評価し、実施すること。
(6) assess the potential of and, as appropriate, encourage, use of third-party cybersecurity-as-a-service models; (6) 第三者によるサイバーセキュリティ・アズ・ア・サービスモデルの可能性を評価し、必要に応じてその利用を奨励する。
(7) engage with and conduct outreach to industry, academia, international partners, and other departments and agencies of the Federal Government on issues relating to deployment of zero trust architectures; (7) ゼロトラスト・アーキテクチャーの展開に関連する問題について、産業界、学界、国際的なパートナー、および連邦政府の他の省庁と連携し、アウトリーチを行う。
(8) assess the current Comply-to-Connect Plan; and (8) 現在のComply-to-Connect計画を評価する。
(9) review past and conduct additional pilots to guide development, including-- (9) 以下を含め、開発の指針となる過去のパイロットを検討し、追加で実施する。
(A) utilization of networks designated for testing and accreditation under section 1658 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note); (A)2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note)の第1658条に基づく試験および認定に指定されたネットワークの活用。
(B) use of automated red team products for assessment of pilot architectures; and (B)試験的なアーキテクチャを評価するための自動レッドチーム製品の使用。
(C) accreditation of piloted cybersecurity products for enterprise use in accordance with the findings on enterprise accreditation standards conducted pursuant to section 1654 of such Act (Public Law 116-92). (C)同法第1654条(公法第116-92条)に従って実施された企業認定基準に関する調査結果に基づき、試験的に開発されたサイバーセキュリティ製品を企業向けに認定すること。
(d) Implementation Plans.-- (d) 実施計画--。
(1) In general.--Not later than one year after the finalization of the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a), the head of each military department and the head of each component of the Department of Defense shall transmit to the Chief Information Officer of the Department and the Commander of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network a draft plan to implement such zero trust strategy, principles, and model architecture across the networks of their respective components and military departments. (1)一般的に--(a)項で要求されたゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーの最終化から1年以内に、各軍部の長と国防総省の各構成部の長は、国防総省の最高情報責任者と国防総省情報ネットワーク統合本部の司令官に、それぞれの構成部と軍部のネットワーク全体で当該ゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーを実施するための計画案を提出しなければならない。
(2) Elements.--Each implementation plan transmitted pursuant to paragraph (1) shall include, at a minimum, the following: (2) 第1項に従って提出された各実施計画には、少なくとも以下の内容が含まれていなければならない。
(A) Specific acquisitions, implementations, instrumentations, and operational workflows to be implemented across unclassified and classified networks, operational technology, and weapon systems. (A) 非分類および分類されたネットワーク、運用技術、兵器システムに渡って実装される具体的な取得、実装、装置、および運用ワークフロー。
(B) A detailed schedule with target milestones and required expenditures. (B) 目標マイルストーンと必要な支出を含む詳細なスケジュール。
(C) Interim and final metrics, including a phase migration plan. (C) フェーズ移行計画を含む、中間および最終評価指標。
(D) Identification of additional funding, authorities, and policies, as may be required. (D) 必要となる可能性のある、追加資金、権限、ポリシーの特定。
(E) Requested waivers, exceptions to Department of Defense policy, and expected delays. (E) 要求された免除、国防総省の方針に対する例外、及び予想される遅延。
(e) Implementation Oversight.-- (e) 実施監督
(1) In general.--The Chief Information Officer of the Department of Defense shall-- (1) 国防総省の最高情報責任者(CIO)は、以下を行う。
(A) assess the implementation plans transmitted pursuant to subsection (d)(1) for-- (A) サブセクション(d)(1)に従って送信された実施計画を以下のように評価する。
(i) adequacy and responsiveness to the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a); and (i) サブセクション(a)で要求されたゼロ・トラスト戦略、原則、およびモデル・アーキテクチャーに対する適切性と対応性。
(ii) appropriate use of enterprise-wide acquisitions; (ii) 企業規模の買収の適切な使用。
(B) ensure, at a high level, the interoperability and compatibility of individual components' Solutions Architectures, including the leveraging of enterprise capabilities where appropriate through standards derivation, policy, and reviews; (B) 標準化、ポリシー、レビューを通じて、必要に応じて企業の能力を活用することを含め、各コンポーネントのソリューション・アーキテクチャーの相互運用性と互換性を高いレベルで確保する。
(C) use the annual investment guidance of the Chief to ensure appropriate implementation of such plans, including appropriate use of enterprise-wide acquisitions; (C) チーフの年次投資ガイダンスを利用して、全社的な買収の適切な利用を含む、当該計画の適切な実施を確保する。
(D) track use of waivers and exceptions to policy; (D) ポリシーに対する放棄と例外の使用を追跡する。
(E) use the Cybersecurity Scorecard to track and drive implementation of Department components; and (E) サイバーセキュリティ・スコアカードを使用して、省庁のコンポーネントの実施状況を追跡し、推進する。
(F) leverage the authorities of the Commander of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network and the Director of the Defense Information Systems Agency to begin implementation of such zero trust strategy, principles, and model architecture. (F) ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャの実施を開始するために、統合軍本部-国防省情報ネットワーク司令官と国防情報システム庁長官の権限を活用する。
(2) Assessments of funding.--Not later than March 31, 2024, and annually thereafter, each Principal Cyber Advisor of a military service shall include in the annual budget certification of such military service, as required by section 1657(d) of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note), an assessment of the adequacy of funding requested for each proposed budget for the purposes of carrying out the implementation plan for such military service under subsection (d)(1). (2) 資金の評価 --2024年3月31日までに、その後は毎年、軍部の各主席サイバー顧問は、2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note)の1657(d)項で要求されるように、当該軍部の年次予算証明書に、(d)(1)項に基づく当該軍部の実施計画を遂行する目的で、各予算案に要求された資金の妥当性についての評価を含めなければならない。
(f) Initial Briefings.-- (f) 最初の説明会
(1) On model architecture.--Not later than 90 days after finalizing the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a), the Chief Information Officer of the Department of Defense and the Commander of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network shall provide to the congressional defense committees a briefing on such zero trust strategy, principles, and model architecture. (1) 国防総省の最高情報責任者と国防総省情報ネットワーク統合本部長は、(a)項で要求されたゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーを確定してから90日以内に、議会の防衛委員会に対し、当該ゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーに関するブリーフィングを行わなければならない。
(2) On implementation plans.--Not later than 90 days after the receipt by the Chief Information Officer of the Department of Defense of an implementation plan transmitted pursuant to subsection (d)(1), the secretary of a military department, in the case of an implementation plan pertaining to a military department or a military service, or the Chief Information Officer of the Department, in the case of an implementation plan pertaining to a remaining component of the Department, as the case may be, shall provide to the congressional defense committees a briefing on such implementation plan. (2) 実施計画について--国防総省の最高情報責任者が、第(d)項(1)に従って送信された実施計画を受領してから90日以内に、軍部または軍務に関連する実施計画の場合は軍部の長官が、国防総省の残りの構成要素に関連する実施計画の場合は国防総省の最高情報責任者が、場合によっては議会の防衛委員会に当該実施計画に関するブリーフィングを提供しなければならない。
(g) Annual Briefings.--Effective February 1, 2022, at each of the annual cybersecurity budget review briefings of the Chief Information Officer of the Department of Defense and the military services for congressional staff, until January 1, 2030, the Chief Information Officer and the head of each of the military services shall provide updates on the implementation in their respective networks of the zero trust strategy, principles, and model architecture. (g) 年次ブリーフィング--2022年2月1日より、2030年1月1日までの間、国防総省と軍部の最高情報責任者が議会スタッフに対して行う年次サイバーセキュリティ予算検討ブリーフィングの各回において、最高情報責任者と各軍部の長は、ゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャのそれぞれのネットワークにおける実施状況について最新情報を提供する。
SEC. 1529. DEMONSTRATION PROGRAM FOR AUTOMATED SECURITY VALIDATION TOOLS. Sec. 1529. 自動セキュリティ検証ツールの実証プログラム
(a) Demonstration Program Required.--Not later than October 1, 2024, the Chief Information Officer of the Department of Defense, acting through the Director of the Defense Information Systems Agency of the Department, shall complete a demonstration program to demonstrate and assess an automated security validation capability to assist the Department by-- (a) 遅くとも2024年10月1日までに、国防総省の最高情報責任者は、国防総省の国防情報システム庁長官を介して、以下の点で国防総省を支援する自動化されたセキュリティ検証能力を実証・評価するための実証プログラムを完成させなければならない。
(1) mitigating cyber hygiene challenges; (1) サイバー・ハイジーンの課題を軽減する。
(2) supporting ongoing efforts of the Department to assess weapon systems resiliency; (2) 兵器システムの回復力を評価するための省庁の継続的な取り組みを支援する。
(3) quantifying enterprise security effectiveness of enterprise security controls, to inform future acquisition decisions of the Department; (3) 企業のセキュリティ管理の有効性を定量化し、省庁の将来の取得決定に役立てる。
(4) assisting portfolio managers with balancing capability costs and capability coverage of the threat landscape; and (4) ポートフォリオマネージャーが、能力コストと脅威の範囲のバランスをとるのを支援する。
(5) supporting the Department's Cybersecurity Analysis and Review threat framework. (5) 省庁のサイバーセキュリティ分析とレビューの脅威フレームワークを支援する。
(b) Considerations.--In developing capabilities for the demonstration program required under subsection (a), the Chief Information Officer shall consider-- (b) 検討事項--(a)項で要求される実証プログラムのための能力を開発するにあたり、最高情報責任者は以下を検討しなければならない。
(1) integration into automated security validation tools of advanced commercially available threat intelligence; (1) 自動化されたセキュリティ検証ツールに、商業的に入手可能な高度な脅威インテリジェンスを統合すること。
(2) metrics and scoring of security controls; (2) セキュリティコントロールの評価基準とスコアリング。
(3) cyber analysis, cyber campaign tracking, and cybersecurity information sharing; (3) サイバー分析、サイバーキャンペーンの追跡、サイバーセキュリティ情報の共有。
(4) integration into cybersecurity enclaves and existing cybersecurity controls of security instrumentation and testing capability; (4) サイバーセキュリティ・エンクレーブや既存のサイバーセキュリティ・コントロールに統合された、セキュリティ機器やテスト機能。
(5) endpoint sandboxing; and (5) エンドポイントのサンドボックス化
(6) use of actual adversary attack methodologies. (6) 実際の敵対者の攻撃方法の使用。
(c) Coordination With Military Services.--In carrying out the demonstration program required under subsection (a), the Chief Information Officer, acting through the Director of the Defense Information Systems Agency, shall coordinate demonstration program activities with complementary efforts on-going within the military services, defense agencies, and field agencies. (c) 軍需産業との調整...第(a)項で要求された実証プログラムを実施するにあたり、最高情報責任者は、国防情報システム庁長官を通じて、実証プログラムの活動を、軍需産業、国防機関、現場機関の中で行われている補完的な取り組みと調整するものとする。
(d) Independent Capability Assessment.--In carrying out the demonstration program required under subsection (a), the Chief Information Officer, acting through the Director of the Defense Information Systems Agency and in coordination with the Director, Operational Test and Evaluation, shall perform operational testing to evaluate the operational effectiveness, suitability, and cybersecurity of the capabilities developed under the demonstration program. (d) 独立した能力評価 --(a)項で要求された実証プログラムを実施するにあたり、最高情報責任者は、国防情報システム庁長官を通じて行動し、運用試験評価担当長官と連携して、実証プログラムの下で開発された能力の運用効果、適合性、サイバーセキュリティを評価するための運用試験を実施する。
(e) Briefing.-- (e) ブリーフィング...
(1) Initial briefing.--Not later than April 1, 2022, the Chief Information Officer shall brief the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on the plans and status of the Chief Information Officer with respect to the demonstration program required under subsection (a). (1) 最高情報責任者は、2022年4月1日までに、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、(a)項で要求される実証プログラムに関する最高情報責任者の計画と状況を説明する。)
(2) Final briefing.--Not later than October 31, 2024, the Chief Information Officer shall brief the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on the results and findings of the Chief Information Officer with respect to the demonstration program required under subsection (a). (2) 最終報告会--2024年10月31日までに、最高情報責任者は、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、(a)項に基づいて要求される実証プログラムに関する最高情報責任者の結果および調査結果を報告する。
SEC. 1530. IMPROVEMENTS TO CONSORTIUM OF UNIVERSITIES TO ADVISE SECRETARY OF DEFENSE ON CYBERSECURITY MATTERS. Sec. 1530. 国防長官にサイバーセキュリティに関する助言を行う大学コンソーシアムの改善
Section 1659 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note) is amended-- 2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note)の第1659条を改正する。
(1) in subsection (a)-- (1) サブセクション(a)において--。
(A) in the matter preceding paragraph (1), by striking ``one or more consortia'' and inserting ``a consortium''; and (A) パラグラフ(1)の前の部分で、「1つ以上のコンソーシアム」を削除し、「1つのコンソーシアム」を挿入する。
(B) in paragraph (1), by striking ``or consortia''; (B) (1)の項では、「またはコンソーシアム」を削除する。
(2) in subsection (b), by striking ``or consortia''; (2) 第(b)項では、「またはコンソーシアム」を削除する。
(3) in subsection (c)-- (3) サブセクション(c)においては
(A) by amending paragraph (1) to read as follows: (A) パラグラフ(1)を以下のように修正します。
``(1) Designation of administrative chair.--The Secretary of Defense shall designate the National Defense University College of Information and Cyberspace to function as the administrative chair of the consortium established pursuant to subsection (a).''; ''(1) 国防長官は、国防大学情報サイバースペース学部を、(a)項に基づいて設立されたコンソーシアムの運営委員長として指定する。
(B) by striking paragraph (2); (B)段落(2)を削除する。
(C) by redesignating paragraphs (3) and (4) as paragraphs (2) and (3), respectively; (C)パラグラフ(3)および(4)をそれぞれパラグラフ(2)および(3)と再指定すること。
(D) in paragraph (2), as so redesignated-- (D) 再指定された第2パラグラフのうち
(i) in the matter preceding subparagraph (A)-- (i) (A)項の前の部分では
(I) by striking ``Each administrative'' and inserting ``The administrative''; and (I) 「各行政機関」を削除し、「その行政機関」を挿入すること。
(II) by striking ``a consortium'' and inserting ``the consortium''; and (II) 「あるコンソーシアム」を削除し、「そのコンソーシアム」を挿入する。
(ii) in subparagraph (A), by striking ``for the term specified by the Secretary under paragraph (1)''; and (ii) (A)項では、「(1)項に基づいて長官が指定した期間」を削除し、(iii)項では、「(1)項に基づいて長官が指定した期間」を削除する。
(E) by amending paragraph (3), as so redesignated, to read as follows: (E) 改訂されたパラグラフ(3)を以下のように修正する。
``(3) Executive committee.--The Secretary, in consultation with the administrative chair, may form an executive committee for the consortium that is comprised of representatives of the Federal Government to assist the chair with the management and functions of the consortium.''; and ''(3) 長官は、議長と協議の上、連邦政府の代表者で構成される執行委員会を設置し、議長のコンソーシアムの運営と機能を支援することができる。
(4) by amending subsection (d) to read as follows: (4) 第(d)項を次のように修正する。
``(d) Consultation.--The Secretary shall meet with such members of the consortium as the Secretary considers appropriate, not less frequently than twice each year or at such periodicity as is agreed to by the Secretary and the consortium.''. ''(d) 長官は、毎年2回以上の頻度で、または長官とコンソーシアムが合意した頻度で、長官が適切と考えるコンソーシアムのメンバーと会合を持つものとする。
SEC. 1531. DIGITAL DEVELOPMENT INFRASTRUCTURE PLAN AND WORKING GROUP. Sec. 1531. デジタル開発インフラ計画および作業部会
(a) Plan Required.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense, acting through the working group established under subsection (d)(1), shall develop a plan for the establishment of a modern information technology infrastructure that supports state of the art tools and modern processes to enable effective and efficient development, testing, fielding, and continuous updating of artificial intelligence-capabilities. (a) 本法制定後1年以内に、国防長官は、(d)(1)に基づいて設立されたワーキンググループを通じて、人工知能能力の効果的かつ効率的な開発、試験、実戦、および継続的な更新を可能にする最先端のツールと近代的なプロセスをサポートする近代的な情報技術基盤の確立のための計画を策定しなければならない。
(b) Contents of Plan.--The plan developed pursuant to subsection (a) shall include at a minimum the following: (b) 計画の内容 -- 第(a)項に従って作成された計画には、少なくとも以下のものが含まれなければならない。
(1) A technical plan and guidance for necessary technical investments in the infrastructure described in subsection (a) that address critical technical issues, including issues relating to common interfaces, authentication, applications, platforms, software, hardware, and data infrastructure. (1) 共通のインターフェイス、認証、アプリケーション、プラットフォーム、ソフトウェア、ハードウェア、データインフラに関する問題を含む、重要な技術的問題に対処する、(a)項に記載されたインフラへの必要な技術的投資のための技術計画およびガイダンス。
(2) A governance structure, together with associated policies and guidance, to support the implementation throughout the Department of such plan. (2) このような計画の省全体での実施を支援するための、関連するポリシーやガイダンスを含むガバナンス構造。
(3) Identification and minimum viable instantiations of prototypical development and platform environments with such infrastructure, including enterprise data sets assembled under subsection (e). (3) (e)項に基づいて収集された企業データセットを含む、このようなインフラを備えたプロトタイプの開発環境およびプラットフォーム環境の特定および最小実行可能なインスタンス。
(c) Harmonization With Departmental Efforts.--The plan developed pursuant to subsection (a) shall include a description of the aggregated and consolidated financial and personnel requirements necessary to implement each of the following Department of Defense documents: (c) 省庁の取り組みとの調和 -- 第(a)項に従って作成された計画には、以下の国防省の各文書を実施するために必要な集計および統合された財務および人員の要件の説明が含まれなければならない。
(1) The Department of Defense Digital Modernization Strategy. (1)国防総省のデジタル近代化戦略。
(2) The Department of Defense Data Strategy. (2) 国防総省のデータ戦略
(3) The Department of Defense Cloud Strategy. (3) 国防省クラウド戦略
(4) The Department of Defense Software Modernization Strategy. (4) 国防総省ソフトウェア近代化戦略
(5) The Department-wide software science and technology strategy required under section 255 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (10 U.S.C. 2223a note). (5) 2020年度国防権限法第255条(10 U.S.C. 2223a注)に基づいて要求される、省全体のソフトウェア科学技術戦略。
(6) The Department of Defense Artificial Intelligence Data Initiative. (6) 国防総省の人工知能データ・イニシアティブ。
(7) The Joint All-Domain Command and Control Strategy. (7) Joint All-Domain Command and Control Strategy(統合全領域指揮統制戦略)。
(8) Such other documents as the Secretary determines appropriate. (8) 長官が適切と判断するその他の文書。
(d) Working Group.-- (d) ワーキンググループ...
(1) Establishment.--Not later than 60 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall establish a working group on digital development infrastructure implementation to develop the plan required under subsection (a). (1) 国防長官は、本法の制定日から60日以内に、デジタル開発基盤の導入に関する作業部会を設置し、(a)項で求められる計画を策定する。)
(2) Membership.--The working group established under paragraph (1) shall be composed of individuals selected by the Secretary of Defense to represent each of the following: (2) 第1項で設立された作業部会は、以下の各代表者から国防長官が選出した人物で構成される。
(A) The Office of Chief Data Officer (CDO). (A) 最高データ責任者(CDO)のオフィス。
(B) The Component Offices of Chief Information Officer and Chief Digital Officer. (B) コンポーネントの最高情報責任者および最高デジタル責任者のオフィス。
(C) The Joint Artificial Intelligence Center (JAIC). (C) 統合人工知能センター(JAIC)。
(D) The Office of the Under Secretary of Defense for Research & Engineering (OUSD (R&E)). (D) 研究・エンジニアリング担当国防次官室(OUSD (R&E))。
(E) The Office of the Under Secretary of Defense for Acquisition & Sustainment (OUSD (A&S)). (E) 取得・維持担当国防次官室(OUSD (A&S))。
(F) The Office of the Under Secretary of Defense for Intelligence & Security (OUSD (I&S)). (F) 情報・安全保障担当国防次官室(OUSD (I&S))。
(G) Service Acquisition Executives. (G) サービス調達担当幹部
(H) The Office of the Director of Operational Test and Evaluation (DOT&E). (H) 運用試験評価部長室(DOT&E)。
(I) The office of the Director of the Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA). (I) 国防総省高等研究計画局(DARPA)局長室。
(J) Digital development infrastructure programs, including the appropriate activities of the military services and defense agencies. (J) 軍部および防衛機関の適切な活動を含む、デジタル開発基盤プログラム。
(K) Such other officials of the Department of Defense as the Secretary determines appropriate. (K) 長官が適切と判断した国防総省のその他の職員。
(3) Chairperson.--The chairperson of the working group established under paragraph (1) shall be the Chief Information Officer of the Department of Defense, or such other official as the Secretary of Defense considers appropriate. (3) 第1項に基づいて設置された作業部会の議長は、国防総省の最高情報責任者、または国防長官が適切と考えるその他の職員とする。
(4) Consultation.--The working group shall consult with such experts outside of the Department of Defense as the working group considers necessary to develop the plan required under subsection (a). (4) ワーキンググループは、(a)項で要求される計画を策定するために、ワーキンググループが必要と考える国防総省外の専門家と協議する。)
(e) Strategic Data Node.--To enable efficient access to enterprise data sets referred to in subsection (b)(3) for users with authorized access, the Secretary of Defense shall assemble such enterprise data sets in the following areas: (e) Strategic Data Node.--アクセスを許可されたユーザーが(b)(3)で言及された企業データセットに効率的にアクセスできるようにするために、国防長官は以下の分野でそのような企業データセットを組み立てるものとする。
(1) Human resources. (1)人的資源。
(2) Budget and finance. (2)予算と財務
(3) Acquisition. (3) 取得
(4) Logistics. (4) 兵站
(5) Real estate. (5)不動産
(6) Health care. (6) 健康管理
(7) Such other areas as the Secretary considers appropriate. (7) 長官が適切と考えるその他の分野。
(f) Report.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report on the status of the development of the plan required under subsection (a). (f) 国防長官は、本法の制定日から180日以内に、連邦議会の国防委員会に対し、(a)項で求められる計画の策定状況に関する報告書を提出しなければならない。)
SEC. 1532. STUDY REGARDING ESTABLISHMENT WITHIN THE DEPARTMENT OF DEFENSE OF A DESIGNATED CENTRAL PROGRAM OFFICE TO OVERSEE ACADEMIC ENGAGEMENT PROGRAMS RELATING TO ESTABLISHING CYBER TALENT ACROSS THE DEPARTMENT. Sec. 1532. 国防総省内にサイバー人材の育成に関する学術的なプログラムを統括する中央プログラムオフィスを設置することに関する研究
(a) In General.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a study regarding the need, feasibility, and advisability of establishing within the Department of Defense a designated central program office responsible for overseeing covered academic engagement programs across the Department. Such study shall examine the following: (a) 国防長官は、本法令の制定日から270日以内に、国防省内に、省内の対象となる学術的関与プログラムを監督する指定中央プログラム局を設置する必要性、実現可能性、および助言に関する調査を、議会の防衛委員会に提出しなければならない。この調査では以下のことを検討する。
(1) Whether the Department's cyber-focused academic engagement needs more coherence, additional coordination, or improved management, and whether a designated central program office would provide such benefits. (1) 国防総省のサイバー関連の学術活動は、より一貫性があり、調整が必要であり、管理が改善される必要があるかどうか、また、指定された中央プログラム事務所がそのような利点をもたらすかどうか。
(2) How such a designated central program office would coordinate and harmonize Department programs relating to covered academic engagement programs. (2) そのような指定された中央プログラム事務所が、対象となる学術的関与プログラムに関連する省のプログラムをどのように調整し、調和させるか。
(3) Metrics such office would use to measure the effectiveness of covered academic engagement programs. (3) 当該事務局が対象となる学術的関与プログラムの効果を測定するために使用する評価基準
(4) Whether such an office is necessary to serve as an identifiable entry point to the Department by the academic community. (4) このような事務局は、学術界が省に対して識別可能な入口として機能するために必要であるかどうか。
(5) Whether the cyber discipline with respect to academic engagement should be treated separately from other STEM fields. (5) 学術的関与に関するサイバー分野は、他のSTEM分野とは別に扱うべきかどうか。
(6) How such an office would interact with the consortium universities (established pursuant to section 1659 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (10 U.S.C. 391 note)) to assist the Secretary on cybersecurity matters. (6) このような事務局は、サイバーセキュリティに関する事項で長官を支援するためのコンソーシアム大学(2020年度国防権限法第1659条(10 U.S.C. 391注)に基づいて設立される)とどのように相互作用するか。
(7) Whether the establishment of such an office would have an estimated net savings for the Department. (7) そのような事務所の設立が、省庁にとって推定正味の節約になるかどうか。
(b) Consultation.--In conducting the study required under subsection (a), the Secretary of Defense shall consult with and solicit recommendations from academic institutions and stakeholders, including primary, secondary, and post-secondary educational institutions. (b) 協議...国防長官は、(a)項で要求される調査を実施するにあたり、初等・中等・高等教育機関を含む学術機関や利害関係者と協議し、提言を求めなければならない。
(c) Determination.-- (c) 決定。
(1) In general.--Upon completion of the study required under subsection (a), the Secretary of Defense shall make a determination regarding the establishment within the Department of Defense of a designated central program office responsible for overseeing covered academic engagement programs across the Department. (1) 国防長官は、(a)項に基づく調査が完了した時点で、国防総省内に対象となる学術活動プログラムを監督する責任を負う指定された中央プログラム事務所を設置するかどうかについて決定を下す。
(2) Implementation.--If the Secretary of Defense makes an affirmative determination in accordance with paragraph (1), the Secretary shall establish within the Department of Defense a designated central program office responsible for overseeing covered academic programs across the Department. Not later than 180 days after such a determination, the Secretary shall promulgate such rules and regulations as are necessary to so establish such an office. (2) 国防長官が(1)項に従って肯定的な判断を下した場合、国防長官は国防省内に対象となる学術プログラムを監督する責任を負う指定中央プログラム局を設置する。そのような決定から180日以内に、長官はそのような事務所を設立するために必要な規則を公布しなければならない。
(3) Negative determination.--If the Secretary of Defense makes a negative determination in accordance with paragraph (1), the Secretary shall submit to the congressional defense committees notice of such determination, together with a justification for such determination. Such justification shall include-- (3) 国防長官が(1)項に従って否定的な決定を下した場合、長官はその決定を正当化する理由とともに、議会の防衛委員会に通知を提出する。正当化には以下が含まれる。
(A) how the Secretary intends to coordinate and harmonize covered academic engagement programs; and (A) 対象となる学術的関与プログラムをどのように調整し、調和させようとしているのか。
(B) measures to determine effectiveness of covered academic engagement programs absent a designated central program office responsible for overseeing covered academic programs across the Department. (B) 対象となる学術的関与プログラムの有効性を判断するための手段で、省庁全体の対象となる学術的プログラムを監督する責任を負う指定された中央プログラム事務所が存在しないこと。
(d) Report.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report that updates the matters required for inclusion in the reports required pursuant to section 1649 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92) and section 1726(c) of the William M. (Mac) Thornberry National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 (Public Law 116-283). (d) 報告書 --本法制定日から270日以内に、国防長官は、2020会計年度国防権限法第1649条(公法116-92)および2021会計年度ウィリアム・M・(マック)ソーンベリー国防権限法第1726条(c)に従って求められる報告書に記載すべき事項を更新した報告書を、議会の国防委員会に提出しなければならない。
(e) Definition.--In this section, the term ``covered academic engagement program'' means each of the following: (e) 定義--本項において、「対象となる学術的関与プログラム」とは、以下の各項目を意味する。
(1) Primary, secondary, or post-secondary education programs with a cyber focus. (1) サイバーに焦点を当てた初等教育、中等教育、または中等後教育プログラム。
(2) Recruitment or retention programs for Department of Defense cyberspace personnel, including scholarship programs. (2) 奨学金制度を含む、国防省のサイバースペース要員の採用または保持のためのプログラム。
(3) Academic partnerships focused on establishing cyber talent. (3) サイバー人材の確保に焦点を当てた学術的パートナーシップ。
(4) Cyber enrichment programs. (4) サイバーに関する充実したプログラム
SEC. 1533. REPORT ON THE CYBERSECURITY MATURITY MODEL CERTIFICATION PROGRAM. Sec. 1533. サイバーセキュリティーマチュリティモデル認証プログラムに関する報告書
(a) Report Required.--Not later than 90 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a report on the plans and recommendations of the Secretary for the Cyber Maturity Model Certification program. (a) 国防長官は、上院の軍事委員会と下院の軍事委員会に、サイバーセキュリティ成熟度モデル認証プログラムに関する長官の計画と提案についての報告書を提出しなければならない。
(b) Contents.--The report submitted under subsection (a) shall include the following: (b) 内容 --(a)項に基づいて提出される報告書には、以下の内容が含まれなければならない。
(1) The programmatic changes required in the Cyber Maturity Model Certification program to address the plans and recommendations of the Secretary of Defense referred to in such subsection. (1) 当該サブセクションで言及された国防長官の計画と提言に対応するために、サイバー成熟度モデル認証プログラムに必要なプログラム上の変更。
(2) The strategy of the Secretary for rulemaking for such program and the process for the Cybersecurity Maturity Model Certification rule. (2) 当該プログラムの規則制定に関する長官の戦略と、サイバーセキュリティ成熟度モデル認証規則のプロセス。
(3) The budget and resources required to support such program. (3) 当該プログラムを支援するために必要な予算とリソース。
(4) A plan for communication and coordination with the defense industrial base regarding such program. (4) 当該プログラムに関する防衛産業基盤とのコミュニケーションと調整のための計画。
(5) The coordination needed within the Department of Defense and between Federal agencies for such program. (5) 当該プログラムのために必要な国防省内及び連邦政府機関間の調整。
(6) The applicability of such program requirements to universities and academic partners of the Department. (6)国防省の大学や学術パートナーに対する当該プログラム要件の適用性
(7) A plan for communication and coordination with such universities and academic partners regarding such program. (7) 当該プログラムに関する当該大学や学術パートナーとの連絡・調整の計画。
(8) Plans and explicit public announcement of processes for reimbursement of cybersecurity compliance expenses for small and non-traditional businesses in the defense industrial base. (8) 防衛産業基盤における小規模・非伝統的企業のサイバーセキュリティ対応費用の償還に関する計画とそのプロセスの明示的な公表。
(9) Plans for ensuring that persons seeking a Department contract for the first time are not required to expend funds to acquire cybersecurity capabilities and a certification required to perform under a contract as a precondition for bidding on such a contract without reimbursement in the event that such persons do not receive a contract award. (9) 防衛省の契約を初めて締結しようとする者が、当該契約への入札の前提として、契約に基づいて履行するために必要なサイバーセキュリティ能力および認証を取得するために資金を支出する必要がないことを保証するための計画で、当該者が契約の受注を得られなかった場合には、償還されない。
(10) Clarification of roles and responsibilities of prime contractors for assisting and managing cybersecurity performance of subcontractors. (10) 下請業者のサイバーセキュリティ性能を支援・管理するための元請業者の役割・責任の明確化。
(11) Such additional matters as the Secretary considers appropriate. (11) 長官が適切と考える追加事項。
SEC. 1534. DEADLINE FOR REPORTS ON ASSESSMENT OF CYBER RESILIENCY OF NUCLEAR COMMAND AND CONTROL SYSTEM. Sec. 1534. 核指揮統制システムのサイバー復元力の評価に関する報告書の期限
 Subsection (c) of section 499 of title 10, United States Code, is amended--  アメリカ合衆国コード10のセクション499のサブセクション(c)は、以下のように修正される。
(1) in the heading, by striking ``Report'' and inserting ``Reports''; (1) 見出しにおいて、「報告書」を削除し、「報告書」を挿入する。
(2) in paragraph (1), in the matter preceding subparagraph (A)-- (2) パラグラフ(1)の(A)号の前の部分。
(A) by striking ``The Commanders'' and inserting ``For each assessment conducted under subsection (a), the Commanders''; and (A) 「司令官」を削除し、「サブセクション(a)に基づいて実施された各評価について、司令官」と挿入すること。
(B) by striking ``the assessment required by subsection (a)'' and inserting ``the assessment''; (B) 「(a)項で要求される評価」を削除し、「評価」を挿入する。
(3) in paragraph (2), by striking ``the report'' and inserting ``each report''; and (3) パラグラフ(2)では、「報告書」を削除し、「各報告書」を挿入した。
(4) in paragraph (3)-- (4) パラグラフ(3)では
(A) by striking ``The Secretary'' and inserting ``Not later than 90 days after the date of the submission of a report under paragraph (1), the Secretary''; and (A) 「長官」を削除し、「(1)項の報告書が提出された日から90日以内に、長官」と挿入すること。
(B) by striking ``required by paragraph (1)''. (B) 「パラグラフ(1)で求められている」を削除する。
Subtitle C--Matters Related to Federal Cybersecurity サブタイトルC:連邦政府のサイバーセキュリティに関する事項
SEC. 1541. CAPABILITIES OF THE CYBERSECURITY AND INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY TO IDENTIFY THREATS TO INDUSTRIAL CONTROL SYSTEMS. Sec. 1541. 産業用制御システムへの脅威を特定するためのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の能力
(a) In General.--Section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659) is amended-- (a) 2002年国土安全保障法2209条(6 U.S.C. 659)は以下のように修正される。
(1) in subsection (e)(1)-- (1)サブセクション(e)(1)において
(A) in subparagraph (G), by striking ``and;'' after the semicolon; (A)サブパラグラフ(G)のセミコロンの後に「および」を削除する。
(B) in subparagraph (H), by inserting ``and'' after the semicolon; and (B) (H)号のセミコロンの後に「および」を挿入する。
(C) by adding at the end the following new subparagraph: (C) 最後に次の新しいサブパラグラフを追加する。
``(I) activities of the Center address the security of both information technology and operational technology, including industrial control systems;''; and (C) 最後に、次の新しいサブパラグラフを追加する。「(I) センターの活動は、情報技術と、産業制御システムを含む運用技術の両方のセキュリティに取り組むものである。
(2) by adding at the end the following new subsection: (2) 末尾に以下のサブセクションを追加する。
``(q) Industrial Control Systems.--The Director shall maintain capabilities to identify and address threats and vulnerabilities to products and technologies intended for use in the automated control of critical infrastructure processes. In carrying out this subsection, the Director shall-- ''(q)  局長は、重要インフラのプロセスを自動制御するための製品や技術に対する脅威や脆弱性を特定し、対処する能力を維持しなければならない。このサブセクションを実行するために、長官は以下を行う。
``(1) lead Federal Government efforts, in consultation with Sector Risk Management Agencies, as appropriate, to identify and mitigate cybersecurity threats to industrial control systems, including supervisory control and data acquisition systems; '(1) 必要に応じてセクター・リスク管理機関と協議しながら、産業用制御システム(監視制御およびデータ取得システムを含む)に対するサイバーセキュリティの脅威を特定し、緩和するための連邦政府の取り組みを主導する。
``(2) maintain threat hunting and incident response capabilities to respond to industrial control system cybersecurity risks and incidents; ''(2) 産業用制御システムのサイバーセキュリティ上のリスクやインシデントに対応するため、脅威の探索やインシデント対応能力を維持すること。
``(3) provide cybersecurity technical assistance to industry end-users, product manufacturers, Sector Risk Management Agencies, other Federal agencies, and other industrial control system stakeholders to identify, evaluate, assess, and mitigate vulnerabilities; ''(3) 産業界のエンドユーザー、製品メーカー、セクターリスク管理機関、他の連邦機関、その他の産業用制御システムの利害関係者に対し、脆弱性を特定、評価、査定、緩和するためのサイバーセキュリティ技術支援を提供すること。
``(4) collect, coordinate, and provide vulnerability information to the industrial control systems community by, as appropriate, working closely with security researchers, industry end-users, product manufacturers, Sector Risk Management Agencies, other Federal agencies, and other industrial control systems stakeholders; and ''(4)必要に応じて、セキュリティ研究者、産業界のエンドユーザー、製品メーカー、セクター・リスク管理機関、他の連邦機関、およびその他の産業用制御システムの利害関係者と緊密に協力して、脆弱性情報を収集、調整、および産業用制御システムのコミュニティに提供すること。
``(5) conduct such other efforts and assistance as the Secretary determines appropriate.''. ''(5) 長官が適切と判断するその他の努力と支援を行うこと。
(b) Report to Congress.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act and every six months thereafter during the subsequent 4-year period, the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security shall provide to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a briefing on the industrial control systems capabilities of the Agency under section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659), as amended by subsection (a). (b) 議会への報告--本法制定日から180日以内に、またその後の4年間は6ヶ月ごとに、国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官は、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に対し、(a)項で改正された2002年国土安全保障法第2209項(6 U.S.C. 659)に基づく同庁の産業制御システム能力に関するブリーフィングを行う。
(c) GAO Review.--Not later than two years after the date of the enactment of this Act, the Comptroller General of the United States shall review implementation of the requirements of subsections (e)(1)(I) and (p) of section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659), as amended by subsection (a), and submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a report that includes findings and recommendations relating to such implementation. Such report shall include information on the following: (c) GAOレビュー。 本法制定日から2年以内に、米国会計検査院は、2002年国土安全保障法第2209条(6 U.S.C. 659)の第(e)(1)(I)項および第(p)項の要件の実施状況をレビューし、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に、当該実施状況に関する所見および勧告を含む報告書を提出する。当該報告書には、以下の事項に関する情報が含まれるものとする。
(1) Any interagency coordination challenges to the ability of the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security to lead Federal efforts to identify and mitigate cybersecurity threats to industrial control systems pursuant to subsection (p)(1) of such section. (1) 当該セクションのサブセクション(p)(1)に従い、産業用制御システムに対するサイバーセキュリティの脅威を特定し、軽減するための連邦の取り組みを国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁長官が主導する能力に対する省庁間の調整上の課題。
(2) The degree to which the Agency has adequate capacity, expertise, and resources to carry out threat hunting and incident response capabilities to mitigate cybersecurity threats to industrial control systems pursuant to subsection (p)(2) of such section, as well as additional resources that would be needed to close any operational gaps in such capabilities. (2)同セクションのサブセクション(p)(2)に従い、産業用制御システムに対するサイバーセキュリティの脅威を軽減するための脅威探索およびインシデント対応能力を実行するために、同庁が十分な能力、専門知識、資源を有している度合い、およびそのような能力における運用上のギャップを解消するために必要となる追加資源について。
(3) The extent to which industrial control system stakeholders sought cybersecurity technical assistance from the Agency pursuant to subsection (p)(3) of such section, and the utility and effectiveness of such technical assistance. (3) 産業用制御システムの利害関係者が、同項(p)(3)に従い、サイバーセキュリティの技術支援を庁に求めた程度と、当該技術支援の有用性・有効性について。
(4) The degree to which the Agency works with security researchers and other industrial control systems stakeholders, pursuant to subsection (p)(4) of such section, to provide vulnerability information to the industrial control systems community. (4) 産業用制御システムコミュニティに脆弱性情報を提供するために、同項(p)(4)に基づき、セキュリティ研究者や他の産業用制御システムの利害関係者とAgencyがどの程度協力しているか。
SEC. 1542. CYBERSECURITY VULNERABILITIES. Sec. 1542. サイバーセキュリティの脆弱性
Section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659) is amended-- 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 659)の第2209条を改正します。
(1) in subsection (a)-- (1)サブセクション(a)において--。
(A) by redesignating paragraphs (4) through (8) as paragraphs (5) through (9), respectively; and (A) パラグラフ(4)から(8)をそれぞれパラグラフ(5)から(9)と改称する。
(B) by inserting after paragraph (3) the following new paragraph: (B) パラグラフ(3)の後に次の新しいパラグラフを挿入すること。
``(4) the term `cybersecurity vulnerability' has the meaning given the term `security vulnerability' in section 102 of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501);''. (4) 「サイバーセキュリティの脆弱性」という用語は、2015年サイバーセキュリティ情報共有法(6 U.S.C. 1501)の第102条にある「セキュリティの脆弱性」という用語に与えられた意味を持つ。
(2) in subsection (c)-- (2)サブセクション(c)において--。
(A) in paragraph (5)-- (A) パラグラフ(5)において--。
(i) in subparagraph (A), by striking ``and'' after the semicolon at the end; (i) サブパラグラフ(A)において、最後のセミコロンの後に「および」を削除すること。
(ii) by redesignating subparagraph (B) as subparagraph (C); (ii) (B)号を(C)号に改称する。
(iii) by inserting after subparagraph (A) the following new subparagraph: (iii) サブパラグラフ(A)の後に、以下の新しいサブパラグラフを挿入する。
``(B) sharing mitigation protocols to counter cybersecurity vulnerabilities pursuant to subsection (n), as appropriate; and''; and (iii) サブパラグラフ(A)の後に、次の新しいサブパラグラフを挿入する。「(B) 必要に応じて、サブセクション(n)に従って、サイバーセキュリティの脆弱性に対抗するための緩和プロトコルを共有すること。
(iv) in subparagraph (C), as so redesignated, by inserting ``and mitigation protocols to counter cybersecurity vulnerabilities in accordance with subparagraph (B), as appropriate,'' before ``with Federal''; (iv) 再指定された(C)項では、「連邦政府と」の前に、「適切な場合には、(B)項に従ってサイバーセキュリティの脆弱性に対抗するための緩和プロトコルも」を挿入する。
(B) in paragraph (7)(C), by striking ``sharing'' and inserting ``share''; and (B) パラグラフ(7)(C)では、「共有」を削除し、「シェア」を挿入する。
(C) in paragraph (9), by inserting ``mitigation protocols to counter cybersecurity vulnerabilities, as appropriate,'' after ``measures,''; (C)(9)項では、「対策」の後に「サイバーセキュリティの脆弱性に対抗するための緩和策」を適宜挿入する。
(3) by redesignating subsection (o) as subsection (p); and (3) サブセクション(o)をサブセクション(p)と再指定する。
(4) by inserting after subsection (n) following new subsection: (4) サブセクション(n)の後に以下の新しいサブセクションを挿入する。
``(o) Protocols to Counter Certain Cybersecurity Vulnerabilities.-- (o) 特定のサイバーセキュリティの脆弱性に対抗するためのプロトコル」。
The Director may, as appropriate, identify, develop, and disseminate actionable protocols to mitigate cybersecurity vulnerabilities to information systems and industrial control systems, including in circumstances in which such vulnerabilities exist because software or hardware is no longer supported by a vendor.''. 局長は、必要に応じて、情報システムや産業用制御システムのサイバーセキュリティ上の脆弱性を軽減するための実行可能なプロトコルを特定、開発、普及させることができる(ソフトウェアやハードウェアがベンダーによってサポートされなくなったためにそのような脆弱性が存在する場合を含む)。
SEC. 1543. REPORT ON CYBERSECURITY VULNERABILITIES. Sec. 1543. サイバーセキュリティの脆弱性に関する報告
(a) Report.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security shall submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a report on how the Agency carries out subsection (n) of section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 to coordinate vulnerability disclosures, including disclosures of cybersecurity vulnerabilities (as such term is defined in such section), and subsection (o) of such section to disseminate actionable protocols to mitigate cybersecurity vulnerabilities to information systems and industrial control systems, that include the following: (a) 報告書... 本法の制定日から1年以内に、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官は、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に、脆弱性の開示を調整するために2002年国土安全保障法第2209条の(n)項を同庁がどのように実行しているかについての報告書を提出しなければならない。サイバーセキュリティの脆弱性(この用語は同項で定義されている)の開示を含む脆弱性の開示を調整するための2002年国土安全保障法第2209条の第(n)項と、情報システムおよび産業用制御システムに対するサイバーセキュリティの脆弱性を緩和するための実行可能なプロトコルを普及させるための同項の第(o)項を、Agencyがどのように実行するかについての報告書で、以下を含みます。
(1) A description of the policies and procedures relating to the coordination of vulnerability disclosures. (1) 脆弱性の開示の調整に関する方針と手順の説明。
(2) A description of the levels of activity in furtherance of such subsections (n) and (o) of such section 2209. (2) 当該第2209条の(n)項および(o)項を推進するための活動レベルの説明。
(3) Any plans to make further improvements to how information provided pursuant to such subsections can be shared (as such term is defined in such section 2209) between the Department and industry and other stakeholders. (3) 第2209条の(n)および(o)に従って提供された情報を、省庁と産業界およびその他の関係者との間で共有する方法をさらに改善するための計画。
(4) Any available information on the degree to which such information was acted upon by industry and other stakeholders. (4) 当該情報が業界およびその他の関係者によってどの程度行動されたかに関する利用可能な情報。
(5) A description of how privacy and civil liberties are preserved in the collection, retention, use, and sharing of vulnerability disclosures. (5) 脆弱性情報の収集、保持、使用、共有において、プライバシーと市民的自由がどのように守られているかの説明。
(b) Form.--The report required under subsection (b) shall be submitted in unclassified form but may contain a classified annex. (b) 形式 -- 第(b)項に基づいて要求される報告書は、非分類の形式で提出されなければならないが、分類された付属書を含むことができる。
SEC. 1544. COMPETITION RELATING TO CYBERSECURITY VULNERABILITIES. Sec. 1544. サイバーセキュリティの脆弱性に関する競争
The Under Secretary for Science and Technology of the Department of Homeland Security, in consultation with the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department, may establish an incentive-based program that allows industry, individuals, academia, and others to compete in identifying remediation solutions for cybersecurity vulnerabilities (as such term is defined in section 2209 of the Homeland Security Act of 2002) to information systems (as such term is defined in such section 2209) and industrial control systems, including supervisory control and data acquisition systems. 国土安全保障省科学技術次官は、同省サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官と協議の上、産業界、個人、学界などが、情報システム(2002年国土安全保障法第2209条に定義される)および産業制御システム(監視制御・データ取得システムを含む)に対するサイバーセキュリティの脆弱性(同条に定義される)の改善策の特定を競うことができる、インセンティブベースのプログラムを設立することができる。
SEC. 1545. STRATEGY. Sec. 1545. 戦略
Section 2210 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 660) is amended by adding at the end the following new subsection: 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 660)のセクション2210は、最後に以下のサブセクションを追加することで改正される。
``(e) Homeland Security Strategy to Improve the Cybersecurity of State, Local, Tribal, and Territorial Governments.-- ''(e) 州政府、地方政府、部族政府、準州政府のサイバーセキュリティを向上させるための国土安全保障戦略。
``(1) In general.-- ''(1) 一般的に...
``(A) Requirement.--Not later than one year after the date of the enactment of this subsection, the Secretary, acting through the Director, shall, in coordination with the heads of appropriate Federal agencies, State, local, Tribal, and territorial governments, and other stakeholders, as appropriate, develop and make publicly available a Homeland Security Strategy to Improve the Cybersecurity of State, Local, Tribal, and Territorial Governments. ''(A)要求事項 -- 本款が制定された日から1年以内に、長官は必要に応じて、適切な連邦機関の長、州、地方、部族、領土政府、およびその他の利害関係者と協力して、州、地方、部族、領土政府のサイバーセキュリティを向上させるための国土安全保障戦略を策定し、公開しなければならない。
``(B) Recommendations and requirements.--The strategy required under subparagraph (A) shall provide recommendations relating to the ways in which the Federal Government should support and promote the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, mitigate against, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks (as such term is defined in section 2209), cybersecurity threats, and incidents (as such term is defined in section 2209). ''(B) 推奨事項と要求事項 --(A)項で求められる戦略は、州・地方・部族・準州政府がサイバーセキュリティ・リスク(2209項で定義)、サイバーセキュリティ脅威、インシデント(2209項で定義)を特定し、緩和し、防御し、検知し、対応し、回復する能力を、連邦政府がどのように支援し、促進すべきかについての提言を提供する。
``(2) Contents.--The strategy required under paragraph (1) shall-- ''(2) 内容:第1項で求められる戦略は以下の通りである。
``(A) identify capability gaps in the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; ''(A)サイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティ脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定し、防御し、検出し、対応し、回復するための州政府、地方政府、部族政府、領土政府の能力のギャップを特定する。
``(B) identify Federal resources and capabilities that are available or could be made available to State, local, Tribal, and territorial governments to help those governments identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; ''(B)州政府、地方政府、部族政府、準州政府がサイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティ脅威、インシデント、ランサムウェアインシデントを特定し、防御し、検知し、対応し、回復するのを助けるために、州政府、地方政府、部族政府、準州政府が利用できる、または利用できる可能性のある連邦のリソースと能力を特定する。
``(C) identify and assess the limitations of Federal resources and capabilities available to State, local, Tribal, and territorial governments to help those governments identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents and make recommendations to address such limitations; ''(C)州政府、地方政府、部族政府、準州政府がサイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティ脅威、インシデント、ランサムウェアインシデントを特定し、それらから保護し、検知し、対応し、回復するために利用できる連邦政府のリソースと能力の限界を特定し、評価し、その限界に対処するための提言を行う。
``(D) identify opportunities to improve the coordination of the Agency with Federal and non-Federal entities, such as the Multi-State Information Sharing and Analysis Center, to improve-- ''(D)マルチステート情報共有分析センターなどの連邦および非連邦組織との連携を改善する機会を特定し、以下を改善する。
``(i) incident exercises, information sharing and incident notification procedures; ''(i) インシデント演習、情報共有、インシデント通知の手順。
``(ii) the ability for State, local, Tribal, and territorial governments to voluntarily adapt and implement guidance in Federal binding operational directives; and ''(ii) 州、地方、部族、地域の政府が、連邦政府の作戦指令書に記載されているガイダンスを自主的に適応させ、実施する能力。
``(iii) opportunities to leverage Federal schedules for cybersecurity investments under section 502 of title 40, United States Code; ''(iii) 合衆国法典第40条第502項に基づくサイバーセキュリティ投資のための連邦政府のスケジュールを活用する機会。
``(E) recommend new initiatives the Federal Government should undertake to improve the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; ''(E) 州、地方、部族、地域政府がサイバーセキュリティのリスク、サイバーセキュリティの脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定し、防御し、検出し、対応し、回復する能力を向上させるために、連邦政府が実施すべき新たな取り組みを提言する。
``(F) set short-term and long-term goals that will improve the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; and ''(F) サイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティの脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定、防御、検知、対応、回復する州政府、地方政府、部族政府の能力を向上させるための短期および長期の目標を設定する。
``(G) set dates, including interim benchmarks, as appropriate for State, local, Tribal, and territorial governments to establish baseline capabilities to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents. ''(G) 州政府、地方政府、部族政府、準州政府が、サイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティの脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定し、防御し、検知し、対応し、回復するための基本的な能力を確立するために、適宜、暫定的なベンチマークを含む期日を設定すること。
``(3) Considerations.--In developing the strategy required under paragraph (1), the Director, in coordination with the heads of appropriate Federal agencies, State, local, Tribal, and territorial governments, and other stakeholders, as appropriate, shall consider-- ''(3) パラグラフ(1)で要求される戦略を策定するにあたり、長官は、適切な連邦機関の長、州、地方、部族、領土の政府、およびその他の利害関係者と連携し、必要に応じて以下を考慮しなければならない。
``(A) lessons learned from incidents that have affected State, local, Tribal, and territorial governments, and exercises with Federal and non-Federal entities; ''(A) 州、地方、部族、領土政府に影響を与えた事件から得られた教訓、および連邦政府および非連邦政府の組織との演習。
``(B) the impact of incidents that have affected State, local, Tribal, and territorial governments, including the resulting costs to such governments; '(B) 州政府、地方政府、部族政府、領土政府に影響を与えた事件の影響(これらの政府にかかるコストを含む)。
``(C) the information related to the interest and ability of state and non-state threat actors to compromise information systems (as such term is defined in section 102 of the Cybersecurity Act of 2015 (6 U.S.C. 1501)) owned or operated by State, local, Tribal, and territorial governments; and ''(C) 州政府、地方政府、部族政府、領土政府が所有または運営する情報システム(2015年サイバーセキュリティ法(6 U.S.C. 1501)の第102条で定義されている)を危険にさらす国家および非国家の脅威行為者の関心と能力に関する情報
``(D) emerging cybersecurity risks and cybersecurity threats to State, local, Tribal, and territorial governments resulting from the deployment of new technologies. ''(D) 新技術の導入によって生じる、新たなサイバーセキュリティリスクと、州・地方・部族・準州政府に対するサイバーセキュリティ上の脅威。
``(4) Exemption.--Chapter 35 of title 44, United States Code (commonly known as the `Paperwork Reduction Act'), shall not apply to any action to implement this subsection.''. ''(4) このサブセクションを実施するためのいかなる行為にも、米国コード44の35章(通称:Paperwork Reduction Act)は適用されないものとする。
SEC. 1546. CYBER INCIDENT RESPONSE PLAN. Sec. 1546. サイバーインシデント対応計画
Subsection (c) of section 2210 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 660) is amended-- 2002年国土安全保障法第2210条(6 U.S.C. 660)の(c)項は以下のように修正される。
(1) by striking ``regularly update'' and inserting ``update not less often than biennially''; and (1) 「定期的に更新する」を削除し、「隔年以上の頻度で更新する」を挿入する。
(2) by adding at the end the following new sentence: ``The Director, in consultation with relevant Sector Risk Management Agencies and the National Cyber Director, shall develop mechanisms to engage with stakeholders to educate such stakeholders regarding Federal Government cybersecurity roles and responsibilities for cyber incident response.''. (2) 最後に以下の新しい文を追加する。局長は、関連するセクター・リスク管理機関およびナショナル・サイバー・ディレクターと協議の上、連邦政府のサイバーセキュリティの役割とサイバー・インシデント対応の責任について、利害関係者を教育するための仕組みを構築するものとする。
SEC. 1547. NATIONAL CYBER EXERCISE PROGRAM. Sec. 1547. 国家サイバー演習プログラム
(a) In General.--Subtitle A of title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.) is amended by adding at the end the following new section: (a) 2002年国土安全保障法タイトルXXIIのサブタイトルA(6 U.S.C. 651 et seq.)は、最後に以下のセクションを追加することで改正される。
``SEC. 2220B. NATIONAL CYBER EXERCISE PROGRAM. ''SEC. 2220B. ナショナル・サイバー・エクササイズ・プログラム
``(a) Establishment of Program.-- ''(a) プログラムの設立
``(1) In general.--There is established in the Agency the National Cyber Exercise Program (referred to in this section as the `Exercise Program') to evaluate the National Cyber Incident Response Plan, and other related plans and strategies. ''(1) 国家サイバーインシデント対応計画およびその他の関連する計画や戦略を評価するために、国家サイバー演習プログラム(このセクションでは「演習プログラム」と呼ぶ)を庁内に設置する。
``(2) Requirements.-- ''(2)要件
``(A) In general.--The Exercise Program shall be-- ''(A) 演習プログラムは以下の通りとする。
``(i) based on current risk assessments, including credible threats, vulnerabilities, and consequences; ''(i) 信頼できる脅威、脆弱性、結果を含む最新のリスク評価に基づいていること。
``(ii) designed, to the extent practicable, to simulate the partial or complete incapacitation of a government or critical infrastructure network resulting from a cyber incident; ''(ii) 実用可能な範囲で、サイバー事件によって政府や重要インフラのネットワークが部分的または完全に機能しなくなった状態をシミュレートするように設計されていること。
``(iii) designed to provide for the systematic evaluation of cyber readiness and enhance operational understanding of the cyber incident response system and relevant information sharing agreements; and ''(iii) サイバーインシデントに対する準備状況を体系的に評価し、サイバーインシデント対応システムおよび関連する情報共有協定に関する運用上の理解を深めることができるよう設計されていること。
``(iv) designed to promptly develop after-action reports and plans that can quickly incorporate lessons learned into future operations. ''(iv) サイバーインシデントに対する準備状況を体系的に評価し、サイバーインシデント対応システムおよび関連する情報共有協定に関する運用上の理解を深めることができるように設計されていること。
``(B) Model exercise selection.--The Exercise Program shall-- ''(B) モデル演習の選択 -- 演習プログラムは以下の通りである。
``(i) include a selection of model exercises that government and private entities can readily adapt for use; and ''(i) 演習プログラムは、政府や民間団体が容易に利用できるモデル演習を選択する。
``(ii) aid such governments and private entities with the design, implementation, and evaluation of exercises that-- ''(ii) また、政府や民間団体が以下のような演習を設計、実施、評価することを支援する。
``(I) conform to the requirements described in subparagraph (A); ''(I) (A)項に記載された要件に適合していること。
``(II) are consistent with any applicable national, State, local, or Tribal strategy or plan; and ''(II) 国家、州、地域、部族の戦略や計画に合致していること。
``(III) provide for systematic evaluation of readiness. ''(III) 準備状況を体系的に評価することができる。
``(3) Consultation.--In carrying out the Exercise Program, the Director may consult with appropriate representatives from Sector Risk Management Agencies, the Office of the National Cyber Director, cybersecurity research stakeholders, and Sector Coordinating Councils. ''(3) 演習プログラムを実施するにあたり、長官は、セクターリスク管理機関、国家サイバー長官室、サイバーセキュリティ研究関係者、セクター調整協議会の適切な代表者と協議することができる。
``(b) Definitions.--In this section: ''(b) このセクションでは次のように定義している。
``(1) State.--The term `State' means any State of the United States, the District of Columbia, the Commonwealth of Puerto Rico, the Northern Mariana Islands, the United States Virgin Islands, Guam, American Samoa, and any other territory or possession of the United States. ''(1) 「州」とは、アメリカ合衆国の州、コロンビア特別区、プエルトリコ連邦、北マリアナ諸島、米領バージン諸島、グアム、米領サモア、およびその他のアメリカ合衆国の領土・領有権を指す。
``(2) Private entity.--The term `private entity' has the meaning given such term in section 102 of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501). ’’(2)「民間企業」とは、Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501)の第102条に規定された意味を持つものとします。
``(c) Rule of Construction.--Nothing in this section shall be construed to affect the authorities or responsibilities of the Administrator of the Federal Emergency Management Agency pursuant to section 648 of the Post-Katrina Emergency Management Reform Act of 2006 (6 U.S.C. 748).''. ''(c) Rule of Construction.--本項のいかなる規定も、2006年ポストカトリーナ緊急事態管理改革法(6 U.S.C. 748)第648項に基づく連邦緊急事態管理庁長官の権限や責任に影響を与えると解釈してはならない。
(b) Title XXII Technical and Clerical Amendments.-- (b) タイトルXXIIの技術的および事務的な修正。
(1) Technical amendments.-- (1) 技術的な修正。
(A) Homeland security act of 2002.--Subtitle A of title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.) is amended-- (A) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 651 et seq.)のタイトルXXIIのサブタイトルAは以下のように修正される。
(i) in section 2202(c) (6 U.S.C. 652(c))-- (i) 2202(c)項(6 U.S.C. 652(c))において--。
(I) in paragraph (11), by striking ``and'' after the semicolon; (I) パラグラフ(11)において、セミコロンの後の「および」を削除します。
(II) in the first paragraph (12) (relating to appointment of a Cybersecurity State Coordinator) by striking ``as described in section 2215; and'' and inserting ``as described in section 2217;''; (II)最初の段落(12)(サイバーセキュリティ国家コーディネーターの任命)において、「セクション2215に記載されているように」を削除し、「セクション2217に記載されているように」を挿入する。
(III) by redesignating the second paragraph (12) (relating to the .gov internet domain) as paragraph (13); and (III)第2段落(12)(.govインターネットドメインに関する)を第13段落として再指定すること。
(IV) by redesignating the third paragraph (12) (relating to carrying out such other duties and responsibilities) as paragraph (14); (IV) 第3段落(12)(その他の任務と責任の遂行に関する)を第14段落とする。
(ii) in the first section 2215 (6 U.S.C. 665; relating to the duties and authorities relating to .gov internet domain), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (ii) 最初のセクション2215(6 U.S.C. 665;.govインターネットドメインに関連する義務と権限に関する)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2215. DUTIES AND AUTHORITIES RELATING TO .GOV INTERNET DOMAIN.''; ''SEC. 2215. SEC.2215. .govインターネットドメインに関連する義務と権限」と修正する。
(iii) in the second section 2215 (6 U.S.C. 665b; relating to the joint cyber planning office), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (iii) 第2節2215(6 U.S.C.665b;合同サイバー計画事務所に関する)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2216. JOINT CYBER PLANNING OFFICE.''; ''SEC. 2216. 共同サイバー計画事務所」とする。
(iv) in the third section 2215 (6 U.S.C. 665c; relating to the Cybersecurity State Coordinator), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (iv) 第3節2215(6 U.S.C. 665c;サイバーセキュリティ・ステート・コーディネーターに関する)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2217. CYBERSECURITY STATE COORDINATOR.''; ''SEC. 2217. サイバーセキュリティ・ステート・コーディネーター」。
(v) in the fourth section 2215 (6 U.S.C. 665d; relating to Sector Risk Management Agencies), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (v) 第4セクション2215(6 U.S.C. 665d;セクター・リスク・マネジメント・エージェンシーに関する)のセクションの列挙と見出しを以下のように修正することによって。
``SEC. 2218. SECTOR RISK MANAGEMENT AGENCIES.''; ''SEC. 2218. セクター・リスク・マネージメント・エージェンシー」。
(vi) in section 2216 (6 U.S.C. 665e; relating to the Cybersecurity Advisory Committee), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (vi) セクション2216(6 U.S.C. 665e; Cybersecurity Advisory Committee関連)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2219. CYBERSECURITY ADVISORY COMMITTEE.''; ''SEC. 2219. サイバーセキュリティ諮問委員会」。
(vii) in section 2217 (6 U.S.C. 665f; relating to Cybersecurity Education and Training Programs), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (vii) セクション2217(6 U.S.C. 665f; Cybersecurity Education and Training Programs関連)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2220. CYBERSECURITY EDUCATION AND TRAINING PROGRAMS.''; and ''SEC. 2220. SEC.2220.サイバーセキュリティ教育・訓練プログラム」と改める。
(viii) in section 2218 (6 U.S.C. 665g; relating to the State and Local Cybersecurity Grant Program), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (viii) セクション2218(6 U.S.C. 665g; State and Local Cybersecurity Grant Program関連)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2220A. STATE AND LOCAL CYBERSECURITY GRANT PROGRAM.''. ''SEC. 2220A. 州と地方のサイバーセキュリティ補助金プログラム」。
(B) Consolidated appropriations act, 2021.--Paragraph (1) of section 904(b) of division U of the Consolidated Appropriations Act, 2021 (Public Law 116-260) is amended, in the matter preceding subparagraph (A), by inserting ``of 2002'' after ``Homeland Security Act''. (B) Consolidated appropriations act, 2021.--Consolidated Appropriations Act, 2021 (Public Law 116-260)のDivision Uのセクション904(b)のパラグラフ(1)は、サブパラグラフ(A)の前の問題で、 ``Homeland Security Act''の後に ``of 2002''を挿入することで修正される。
(2) Clerical amendment.--The table of contents in section 1(b) of the Homeland Security Act of 2002 is further amended by striking the items relating to sections 2214 through 2218 and inserting the following new items: (2) 2002年国土安全保障法第1条(b)の目次は、第2214条から第2218条までの項目を削除し、次の新しい項目を挿入することにより、さらに修正される。
``Sec. 2214. National Asset Database. ''第2214条。ナショナル・アセット・データベース
``Sec. 2215. Duties and authorities relating to .gov internet domain. ''第2215条. .govインターネットドメインに関する義務と権限。
``Sec. 2216. Joint cyber planning office. ''第2216条. 合同サイバー計画事務所(Joint cyber planning office)。
``Sec. 2217. Cybersecurity State Coordinator. ''第2217条。サイバーセキュリティ・ステート・コーディネーター
``Sec. 2218. Sector Risk Management Agencies. ''第2218条 セクターリスク管理機関
``Sec. 2219. Cybersecurity Advisory Committee. ''第2219条 サイバーセキュリティ諮問委員会(Sec.
``Sec. 2220. Cybersecurity Education and Training Programs. ''第2220条 サイバーセキュリティ教育・訓練プログラム
``Sec. 2220A. State and Local Cybersecurity Grant Program. ''第2220条A. 州および地方のサイバーセキュリティ助成プログラム
``Sec. 2220B. National cyber exercise program.''. ''第2220条B. 国家サイバー演習プログラム」。
SEC. 1548. CYBERSENTRY PROGRAM OF THE CYBERSECURITY AND INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY. Sec. 1548. サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のCyberSentryプログラム
(a) In General.--Title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.) is further amended by adding at the end the following new section: (a) 2002年国土安全保障法タイトルXXII(6 U.S.C. 651 et seq.)は、最後に以下の新しいセクションを追加することで改正される。
``SEC. 2220C. CYBERSENTRY PROGRAM. ''SEC. 2220C. CyberSentryプログラム
``(a) Establishment.--There is established in the Agency a program, to be known as `CyberSentry', to provide continuous monitoring and detection of cybersecurity risks to critical infrastructure entities that own or operate industrial control systems that support national critical functions, upon request and subject to the consent of such owner or operator. ''(a) このプログラムは、国家の重要な機能を支える産業用制御システムを所有または運営している重要インフラ事業体に対して、その所有者または運営者の要求および同意に基づき、サイバーセキュリティのリスクを継続的に監視および検出するためのものである。
``(b) Activities.--The Director, through CyberSentry, shall-- ''(b) 局長は、CyberSentryを通じて、以下の活動を行う。
``(1) enter into strategic partnerships with critical infrastructure owners and operators that, in the determination of the Director and subject to the availability of resources, own or operate regionally or nationally significant industrial control systems that support national critical functions, in order to provide technical assistance in the form of continuous monitoring of industrial control systems and the information systems that support such systems and detection of cybersecurity risks to such industrial control systems and other cybersecurity services, as appropriate, based on and subject to the agreement and consent of such owner or operator; ''(1) 産業用制御システムおよびそのシステムをサポートする情報システムの継続的な監視、産業用制御システムに対するサイバーセキュリティリスクの検出、およびその他のサイバーセキュリティサービスという形での技術支援を提供するために、局長が判断し、資源の利用可能性を条件として、国家的に重要な機能をサポートする地域的または国家的に重要な産業用制御システムを所有または運営している重要なインフラの所有者および運営者と戦略的パートナーシップを締結する。
``(2) leverage sensitive or classified intelligence about cybersecurity risks regarding particular sectors, particular adversaries, and trends in tactics, techniques, and procedures to advise critical infrastructure owners and operators regarding mitigation measures and share information as appropriate; ''(2) 特定のセクター、特定の敵対者に関するサイバーセキュリティリスク、および戦術、技術、手順の傾向に関する機密情報を活用し、重要インフラの所有者および運営者に緩和策を助言し、必要に応じて情報を共有すること。
``(3) identify cybersecurity risks in the information technology and information systems that support industrial control systems which could be exploited by adversaries attempting to gain access to such industrial control systems, and work with owners and operators to remediate such vulnerabilities; 産業用制御システムにアクセスしようとする敵対者が利用できる、産業用制御システムを支える情報技術および情報システムにおけるサイバーセキュリティリスクを特定し、そのような脆弱性を修正するために所有者および運営者と協力すること。
``(4) produce aggregated, anonymized analytic products, based on threat hunting and continuous monitoring and detection activities and partnerships, with findings and recommendations that can be disseminated to critical infrastructure owners and operators; and ''(4) スレットハンティング、継続的な監視・検知活動、パートナーシップに基づいて、匿名で集計した分析結果を作成し、重要インフラの所有者や運営者に知見や提言を提供すること。
``(5) support activities authorized in accordance with section 1501 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022. ''(5) 2022年会計年度の国防権限法第1501条に基づいて認可された活動を支援する。
``(c) Privacy Review.--Not later than 180 days after the date of enactment of this section, the Privacy Officer of the Agency under section 2202(h) shall-- ''(c) このセクションが制定された日から180日以内に、第2202(h)項に基づく機関のプライバシーオフィサーは以下を行う。
``(1) review the policies, guidelines, and activities of CyberSentry for compliance with all applicable privacy laws, including such laws governing the acquisition, interception, retention, use, and disclosure of communities; and ''(1) CyberSentryのポリシー、ガイドライン、活動が、コミュニティの取得、傍受、保持、使用、開示を規定する法律を含む、すべての適用可能なプライバシー法に準拠しているかどうかを審査する。
``(2) submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a report certifying compliance with all applicable privacy laws as referred to in paragraph (1), or identifying any instances of noncompliance with such privacy laws. ''(2) 下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障政府問題委員会に、(1)で言及された適用されるすべての個人情報保護法を遵守していることを証明する報告書、またはそのような個人情報保護法を遵守していない事例を示す報告書を提出すること。
``(d) Report to Congress.--Not later than one year after the date of the enactment of this section, the Director shall provide to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a briefing and written report on implementation of this section. ''(d) 下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に対し、このセクションの実施状況を説明し、書面による報告を行う。
``(e) Savings.--Nothing in this section may be construed to permit the Federal Government to gain access to information of a remote computing service provider to the public or an electronic service provider to the public, the disclosure of which is not permitted under section 2702 of title 18, United States Code. ''(e) このセクションは、連邦政府がリモート・コンピューティング・サービス・プロバイダーや電子サービス・プロバイダーの情報にアクセスすることを許可すると解釈されてはならない。
``(f) Definitions.--In this section: ''(f) このセクションでは、以下の定義を用いる。
``(1) Cybersecurity risk.--The term `cybersecurity risk' has the meaning given such term in section 2209(a). ''(1) 「サイバーセキュリティ・リスク」という用語は、第2209条(a)で与えられた意味を持つ。
``(2) Industrial control system.--The term `industrial control system' means an information system used to monitor and/or control industrial processes such as manufacturing, product handling, production, and distribution, including supervisory control and data acquisition (SCADA) systems used to monitor and/or control geographically dispersed assets, distributed control systems (DCSs), Human-Machine Interfaces (HMIs), and programmable logic controllers that control localized processes. ''(2) 「産業用制御システム」とは、製造、製品の取り扱い、生産、流通などの産業プロセスを監視・制御するための情報システムであり、地理的に分散した資産を監視・制御するためのSCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システム、分散型制御システム(DCS)、HMI(Human-Machine Interfaces)、局所的なプロセスを制御するプログラマブル・ロジック・コントローラなどを含む。
``(3) Information system.--The term `information system' has the meaning given such term in section 102 of the Cybersecurity Act of 2015 (enacted as division N of the Consolidated Appropriations Act, 2016 (Public Law 114-113; 6 U.S.C. 1501(9)). ''(3) 「情報システム」とは、2015年サイバーセキュリティ法(Public Law 114-113; 6 U.S.C. 1501(9))の第102条に規定されている意味を持つ。
``(g) Termination.--The authority to carry out a program under this section shall terminate on the date that is seven years after the date of the enactment of this section.''. ''(g) Termination.--本項のプログラムを実施する権限は、本項の制定日から7年後の日に終了する。
(b) Clerical Amendment.--The table of contents in section 1(b) of the Homeland Security Act of 2002 is further amended by adding after the item relating to section 2220B the following new item: (b) Clerical Amendment...2002年国土安全保障法第1条(b)の目次は、第2220B条に関する項目の後に、以下の項目を追加することで修正される。
``Sec. 2220C. CyberSentry program.''. ''Sec. 2220C. 「CyberSentryプログラム」。
(c) Continuous Monitoring and Detection.--Section 2209(c)(6) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659) is amended by inserting ``, which may take the form of continuous monitoring and detection of cybersecurity risks to critical infrastructure entities that own or operate industrial control systems that support national critical functions'' after ``mitigation, and remediation''. (c) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 659)のセクション2209(c)(6)は、「mitigation, and remediation」の後に、「国家の重要な機能をサポートする産業用制御システムを所有または運営する重要インフラ事業体に対するサイバーセキュリティリスクを継続的に監視・検知するという形をとることができる」と挿入することで修正される。
SEC. 1549. STRATEGIC ASSESSMENT RELATING TO INNOVATION OF INFORMATION SYSTEMS AND CYBERSECURITY THREATS. Sec. 1549. 情報システムの革新とサイバーセキュリティの脅威に関する戦略的評価
(a) Responsibilities of Director.--Section 2202(c)(3) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 652) is amended by striking the semicolon at the end and adding the following: ``, including by carrying out a periodic strategic assessment of the related programs and activities of the Agency to ensure such programs and activities contemplate the innovation of information systems and changes in cybersecurity risks and cybersecurity threats;'' (a) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 652)の2202(c)(3)項は、末尾のセミコロンを削除し、次のように加えることで修正される。これには、情報システムの革新、サイバーセキュリティリスクおよびサイバーセキュリティ脅威の変化を考慮したプログラムや活動を確実にするために、Agencyの関連プログラムおよび活動の定期的な戦略的評価を実施することが含まれる。
(b) Report.-- (b) 報告書--。
(1) In general.--Not later than 240 days after the date of the enactment of this Act and not fewer than once every three years thereafter, the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency shall submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a strategic assessment for the purposes described in paragraph (2). (1) サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官は、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に、(2)に記載された目的のための戦略的評価を提出しなければならない。)
(2) Purposes.--The purposes described in this paragraph are the following: (2) 目的--本項に記載された目的は以下の通りである。
(A) A description of the existing programs and activities administered in furtherance of section 2202(c)(3) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 652). (A) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 652)の2202(c)(3)項を推進するために管理されている既存のプログラムおよび活動の説明。
(B) An assessment of the capability of existing programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section to monitor for, manage, mitigate, and defend against cybersecurity risks and cybersecurity threats. (B) サイバーセキュリティリスクとサイバーセキュリティ脅威を監視、管理、緩和、防御するために、同セクションを推進するために政府機関が管理する既存のプログラムと活動の能力の評価。
(C) An assessment of past or anticipated technological trends or innovation of information systems or information technology that have the potential to affect the efficacy of the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (C) 当該セクションを推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動の有効性に影響を与える可能性のある、情報システムまたは情報技術の過去または予想される技術動向または革新の評価。
(D) A description of any changes in the practices of the Federal workforce, such as increased telework, affect the efficacy of the programs and activities administered by the Agency in furtherance of section 2202(c)(3). (D) テレワークの増加など、連邦労働力の慣行の変化が、第2202条(c)(3)を推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動の効果に影響を与える場合の記述。
(E) A plan to integrate innovative security tools, technologies, protocols, activities, or programs to improve the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (E) 革新的なセキュリティツール、技術、プロトコル、活動、プログラムを統合して、当該セクションを推進するためにAgencyが管理するプログラムと活動を改善する計画。
(F) A description of any research and development activities necessary to enhance the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (F) 同項を推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動を強化するために必要な研究開発活動の記述。
(G) A description of proposed changes to existing programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section, including corresponding milestones for implementation. (G) 本項の目的のためにAgencyが管理する既存のプログラムおよび活動に対する変更案の説明(実施のためのマイルストーンを含む)。
(H) Information relating to any new resources or authorities necessary to improve the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (H) 本項を推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動を改善するために必要な、新たな資源または権限に関する情報。
(c) Definitions.--In this section: (c) 本項では以下のように定義する。
(1) The term ``Agency'' means the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. (1) 「Agency」とは、Cybersecurity and Infrastructure Security Agencyをいう。
(2) The term ``cybersecurity purpose'' has the meaning given such term in section 102(4) of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501(4)). (2)「サイバーセキュリティ目的」という用語は、2015年サイバーセキュリティ情報共有法(6 U.S.C. 1501(4))の第102(4)項で与えられた意味を持つ。
(3) The term ``cybersecurity risk'' has the meaning given such term in section 2209(a)(2) of the Homeland Security Act of 2002 (U.S.C. 659(a)(2)). (3) 「サイバーセキュリティリスク」という用語は、2002年国土安全保障法第2209条(a)(2)で与えられた意味を持つ。
(4) The term ``information system'' has the meaning given such term in section 3502(8) of title 44, United States Code. (4) 「情報システム」という用語は、合衆国法典第44編第3502(8)項に記載されている意味を持つ。
(5) The term ``information technology'' has the meaning given such term in 3502(9) of title 44, United States Code. (5) 「情報技術」という用語は、合衆国法典第44編第3502(9)項に記載されている意味を持つ。
(6) The term ``telework'' has the meaning given the term in section 6501(3) of title 5, United States Code. (6) 「テレワーク」という用語は、合衆国コードのタイトル5のセクション6501(3)にある意味を持つ。
SEC. 1550. PILOT PROGRAM ON PUBLIC-PRIVATE PARTNERSHIPS WITH INTERNET ECOSYSTEM COMPANIES TO DETECT AND DISRUPT ADVERSARY CYBER OPERATIONS. Sec. 1550. 敵国のサイバー活動を検知・妨害するためのインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップに関するパイロットプログラム
(a) Pilot Required.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary, acting through the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security and in coordination with the Secretary of Defense and the National Cyber Director, shall commence a pilot program to assess the feasibility and advisability of entering into public-private partnerships with internet ecosystem companies to facilitate, within the bounds of applicable provisions of law and such companies' terms of service, policies, procedures, contracts, and other agreements, actions by such companies to discover and disrupt use by malicious cyber actors of the platforms, systems, services, and infrastructure of such companies. (a) 必要とされるパイロット。 長官は、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官を通じ、国防長官および国家サイバー長官と連携して、以下を目的としたインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップ締結の可能性と助言を評価するためのパイロットプログラムを開始しなければならない。インターネットエコシステム企業と官民パートナーシップを結び、適用される法律の規定および当該企業の利用規約、ポリシー、手続き、契約、その他の合意の範囲内で、当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラを悪意のあるサイバーアクターが利用していることを発見し、混乱させるための行動を促進するためのパイロットプログラムを開始する。
(b) Public-private Partnerships.-- (b) 官民パートナーシップ
(1) In general.--In carrying out the pilot program under subsection (a), the Secretary shall seek to enter into one or more public-private partnerships with internet ecosystem companies. (1) 長官は、(a)項のパイロットプログラムを実施するにあたり、インターネットエコシステム企業と1つまたは複数の官民パートナーシップを結ぶことを模索する。
(2) Voluntary participation.-- (2) 自発的な参加--。
(A) In general.--Participation by an internet ecosystem company in a public-private partnership under the pilot program, including in any activity described in subsection (c), shall be voluntary. (A) 一般的に、インターネット・エコシステム企業によるパイロット・プログラムの官民パートナーシップへの参加は、(c)項に記載されている活動も含め、任意であること。
(B) Prohibition.--No funds appropriated by any Act may be used to direct, pressure, coerce, or otherwise require that any internet ecosystem company take any action on their platforms, systems, services, or infrastructure as part of the pilot program. (B) 禁止事項 --インターネット・エコシステム企業が、パイロット・プログラムの一環として、自社のプラットフォーム、システム、サービス、インフラに対して何らかの行動をとるよう、指示、圧力、強要、その他の方法で要求するために、いかなる法律で充当された資金も使用することはできない。
(c) Authorized Activities.--In carrying out the pilot program under subsection (a), the Secretary may-- (c) 承認された活動--第(a)項のパイロットプログラムを実施するにあたり、長官は以下を行うことができる。
(1) provide assistance to a participating internet ecosystem company to develop effective know-your-customer processes and requirements; (1) 参加するインターネット・エコシステム企業に対し、効果的な顧客の顔が見えるプロセスおよび要件を策定するための支援を提供する。
(2) provide information, analytics, and technical assistance to improve the ability of participating companies to detect and prevent illicit or suspicious procurement, payment, and account creation on their own platforms, systems, services, or infrastructure; (2) 参加企業が自社のプラットフォーム、システム、サービス、またはインフラ上で不正または疑わしい調達、支払い、アカウント作成を検出し、防止する能力を向上させるために、情報、分析、技術支援を提供する。
(3) develop and socialize best practices for the collection, retention, and sharing of data by participating internet ecosystem companies to support discovery of malicious cyber activity, investigations, and attribution on the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies; (3) 参加インターネット・エコシステム企業のプラットフォーム、システム、サービス、またはインフラにおける悪意のあるサイバー活動の発見、調査、帰属を支援するために、参加インターネット・エコシステム企業によるデータの収集、保持、共有のためのベストプラクティスを開発し、社会化する。
(4) provide to participating internet ecosystem companies actionable, timely, and relevant information, such as information about ongoing operations and infrastructure, threats, tactics, and procedures, and indicators of compromise, to enable such companies to detect and disrupt the use by malicious cyber actors of the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies; (4) 参加しているインターネット・エコシステム企業に、現在進行中の業務やインフラ、脅威、戦術、手順、侵害の指標など、実行可能でタイムリーな関連情報を提供し、悪意のあるサイバー行為者による当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラの利用を検知し、阻止できるようにする。
(5) provide recommendations for (but not design, develop, install, operate, or maintain) operational workflows, assessment and compliance practices, and training that participating internet ecosystem companies can implement to reliably detect and disrupt the use by malicious cyber actors of the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies; (5) 参加するインターネットエコシステム企業が、悪意のあるサイバーアクターによる当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラの利用を確実に検知・遮断するために実施可能な、運用ワークフロー、評価・コンプライアンス慣行、トレーニングに関する推奨事項を提供する(ただし、設計、開発、設置、運用、保守は行わない)。
(6) provide recommendations for accelerating, to the greatest extent practicable, the automation of existing or implemented operational workflows to operate at line-rate in order to enable real-time mitigation without the need for manual review or action; (6) 手動でのレビューやアクションを必要とせず、リアルタイムでのミティゲーションを可能にするために、既存または実装されている運用ワークフローをラインレートで運用するための自動化を、実践可能な範囲で加速させるための提言を行うこと。
(7) provide recommendations for (but not design, develop, install, operate, or maintain) technical capabilities to enable participating internet ecosystem companies to collect and analyze data on malicious activities occurring on the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies to detect and disrupt operations of malicious cyber actors; and (7) 参加しているインターネットエコシステム企業が、悪意のあるサイバーアクターの活動を検知・妨害するために、当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラ上で発生した悪意のある活動に関するデータを収集・分析できるようにするための技術的機能に関する提言を行う(ただし、設計、開発、設置、運用、保守は行わない)。
(8) provide recommendations regarding relevant mitigations for suspected or discovered malicious cyber activity and thresholds for action. (8) 悪意のあるサイバー活動が疑われたり、発見されたりした場合に、関連する緩和策や行動の閾値に関する提言を行う。
(d) Competition Concerns.--Consistent with section 1905 of title 18, United States Code, the Secretary shall ensure that any trade secret or proprietary information of a participating internet ecosystem company made known to the Federal Government pursuant to a public-private partnership under the pilot program remains private and protected unless explicitly authorized by such company. (d) 競争への懸念:競争への懸念--米国法典第18編第1905条に基づき、長官は、パイロットプログラムに基づく官民パートナーシップに基づいて連邦政府に知らされた参加インターネットエコシステム企業の企業秘密または専有情報が、当該企業によって明示的に許可されない限り、非公開で保護されることを保証するものとします。
(e) Impartiality.--In carrying out the pilot program under subsection (a), the Secretary may not take any action that is intended primarily to advance the particular business interests of an internet ecosystem company but is authorized to take actions that advance the interests of the United States, notwithstanding differential impact or benefit to a given company's or given companies' business interests. (e) 公平性--(a)項に基づくパイロット・プログラムを実施するにあたり、長官は、インターネット・エコシステム企業の特定の事業利益を促進することを主な目的としたいかなる行動もとることはできないが、特定の企業または特定の企業の事業利益への影響や利益の差にかかわらず、米国の利益を促進する行動をとる権限を有するものとする。
(f) Responsibilities.-- (f) 責任
(1) Secretary of homeland security.--The Secretary shall exercise primary responsibility for the pilot program under subsection (a), including organizing and directing authorized activities with participating Federal Government organizations and internet ecosystem companies to achieve the objectives of the pilot program. (1) 長官は、パイロット・プログラムの目的を達成するために、参加する連邦政府組織およびインターネット・エコシステム企業との間で許可された活動を組織し、指揮することを含め、第(a)項に基づくパイロット・プログラムに対して主要な責任を負う。
(2) National cyber director.--The National Cyber Director shall support prioritization and cross-agency coordination for the pilot program, including ensuring appropriate participation by participating agencies and the identification and prioritization of key private sector entities and initiatives for the pilot program. (2) 国家サイバー長官 -- 国家サイバー長官は、パイロットプログラムの優先順位付けと省庁間の調整を支援する。これには、参加省庁の適切な参加を確保すること、パイロットプログラムの主要な民間団体とイニシアチブを特定して優先順位付けすることが含まれる。
(3) Secretary of defense.--The Secretary of Defense shall provide support and resources to the pilot program, including the provision of technical and operational expertise drawn from appropriate and relevant officials and components of the Department of Defense, including the National Security Agency, United States Cyber Command, the Chief Information Officer, the Office of the Secretary of Defense, military department Principal Cyber Advisors, and the Defense Advanced Research Projects Agency. (3) 国防長官 -- 国防長官は、国家安全保障局、米国サイバー司令部、最高情報責任者、国防長官室、軍部の主席サイバー顧問、国防高等研究計画局など、国防省の適切かつ関連性の高い官僚や部門から集められた技術的・運用的専門知識の提供を含め、パイロットプログラムへの支援と資源の提供を行う。
(g) Participation of Other Federal Government Components.--The Secretary may invite to participate in the pilot program required under subsection (a) the heads of such departments or agencies as the Secretary considers appropriate. (g) 他の連邦政府機関の参加 -- 長官は、(a)項に基づいて要求されるパイロットプログラムへの参加を、長官が適切と考える省庁の長に呼びかけることができる。
(h) Integration With Other Efforts.--The Secretary shall ensure that the pilot program required under subsection (a) makes use of, builds upon, and, as appropriate, integrates with and does not duplicate other efforts of the Department of Homeland Security and the Department of Defense relating to cybersecurity, including the following: (h) 他の取り組みとの統合 -- 長官は、(a)項に基づいて要求されるパイロットプログラムが、以下を含むサイバーセキュリティに関連する国土安全保障省および国防総省の他の取り組みを利用し、それに基づいて構築され、必要に応じてそれらと統合され、重複しないことを保証しなければならない。
(1) The Joint Cyber Defense Collaborative of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security. (1) 国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の共同サイバー防衛共同体。
(2) The Cybersecurity Collaboration Center and Enduring Security Framework of the National Security Agency. (2) 国家安全保障局のCybersecurity Collaboration CenterとEnduring Security Framework。
(i) Rules of Construction.-- (i) 構築のルール。
(1) Limitation on government access to data.--Nothing in this section authorizes sharing of information, including information relating to customers of internet ecosystem companies or private individuals, from an internet ecosystem company to an agency, officer, or employee of the Federal Government unless otherwise authorized by another provision of law. (1) 政府によるデータへのアクセスの制限--本項は、他の法律で認められていない限り、インターネット・エコシステム企業の顧客や個人に関連する情報を含む情報を、インターネット・エコシステム企業から連邦政府の機関、役員、従業員に共有することを認めるものではない。
(2) Stored communications act.--Nothing in this section may be construed to permit or require disclosure by a provider of a remote computing service or a provider of an electronic communication service to the public of information not otherwise permitted or required to be disclosed under chapter 121 of title 18, United States Code (commonly known as the ``Stored Communications Act''). (2) 本項のいかなる規定も、リモートコンピューティングサービスの提供者または電子通信サービスの提供者が、合衆国法典第18編第121章(一般に「Stored Communications Act」と呼ばれる)に基づいて開示することが許可または要求されていない情報を一般に開示することを許可または要求するものとは解釈されません。
(3) Third party customers.--Nothing in this section may be construed to require a third party, such as a customer or managed service provider of an internet ecosystem company, to participate in the pilot program under subsection (a). (3) 第三者の顧客 -- 本項のいかなる規定も、インターネット・エコシステム会社の顧客やマネージド・サービス・プロバイダなどの第三者に、(a)項に基づくパイロット・プログラムへの参加を求めるものではない。
(j) Briefings.-- (j) ブリーフィング--。
(1) Initial.-- (1) 初回。
(A) In general.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary, in coordination with the Secretary of Defense and the National Cyber Director, shall brief the appropriate committees of Congress on the pilot program required under subsection (a). (A) 長官は、国防長官および国家サイバー長官と協力して、(a)項に基づくパイロットプログラムについて、連邦議会の該当委員会に説明する。)
(B) Elements.--The briefing required under subparagraph (A) shall include the following: (B) 構成要素 --(A)号で求められる説明会には、以下の内容が含まれる。
(i) The plans of the Secretary for the implementation of the pilot program. (i) パイロット・プログラムの実施に関する長官の計画。
(ii) Identification of key priorities for the pilot program. (ii) パイロット・プログラムの主要な優先事項の確認。
(iii) Identification of any potential challenges in standing up the pilot program or impediments, such as a lack of liability protection, to private sector participation in the pilot program. (iii) パイロット・プログラムを立ち上げる上での潜在的な課題、又はパイロット・プログラムへの民間企業の参加に対する責任保護の欠如等の障害の特定。
(iv) A description of the roles and responsibilities in the pilot program of each participating Federal entity. (iv) パイロット・プログラムに参加する各連邦機関の役割と責任の説明。
(2) Annual.-- (2) 年次。
(A) In general.--Not later than two years after the date of the enactment of this Act and annually thereafter for three years, the Secretary, in coordination with the Secretary of Defense and the National Cyber Director, shall brief the appropriate committees of Congress on the progress of the pilot program required under subsection (a). (A) 長官は、国防長官および国家サイバー長官と協力して、本法令の制定日から2年以内に、その後3年間は毎年、(a)項に基づいて要求されるパイロット・プログラムの進捗状況を議会の適切な委員会に報告しなければならない。)
(B) Elements.--Each briefing required under subparagraph (A) shall include the following: (B) 構成要素 --(A)号で要求される各説明会には、以下の内容が含まれなければならない。
(i) Recommendations for addressing relevant policy, budgetary, and legislative gaps to increase the effectiveness of the pilot program. (i) パイロット・プログラムの有効性を高めるために、関連する政策、予算、立法上のギャップに対処するための提言。
(ii) Recommendations, such as providing liability protection, for increasing private sector participation in the pilot program. (ii) パイロット・プログラムへの民間企業の参加を促進するための、責任保護などの提言。
(iii) A description of the challenges encountered in carrying out the pilot program, including any concerns expressed by internet ecosystem companies regarding participation in the pilot program. (iii) パイロット・プログラムへの参加に関してインターネット・エコシステム企業が表明した懸念を含む、パイロット・プログラムを実施する上で遭遇した課題の記述。
(iv) The findings of the Secretary with respect to the feasibility and advisability of extending or expanding the pilot program. (iv) パイロット・プログラムを延長または拡大することの実現可能性とお勧め度に関する長官の所見。
(v) Such other matters as the Secretary considers appropriate. (v) 長官が適切と考えるその他の事項。
(k) Termination.--The pilot program required under subsection (a) shall terminate on the date that is five years after the date of the enactment of this Act. (k) 終了 --(a)項に基づいて求められるパイロットプログラムは、本法の制定日から5年後の日に終了する。
(l) Definitions.--In this section: (l) 定義 --本項では、以下のように定義する。
(1) Appropriate committees of congress.--The term ``appropriate committees of Congress'' means-- (1) 議会の適切な委員会」とは、以下を意味する。
(A) the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs and the Committee on Armed Services of the Senate; and (A) 上院の国土安全保障・政府問題委員会および軍事委員会。
(B) the Committee on Homeland Security and the Committee on Armed Services of the House of Representatives. (B) 下院の国土安全保障委員会および軍事委員会(Committee on Homeland Security and Governmental Affairs)
(2) Internet ecosystem company.--The term ``internet ecosystem company'' means a business incorporated in the United States that provides cybersecurity services, internet service, content delivery services, Domain Name Service, cloud services, mobile telecommunications services, email and messaging services, internet browser services, or such other services as the Secretary determines appropriate for the purposes of the pilot program under subsection (a). (2) インターネット・エコシステム企業 --「インターネット・エコシステム企業」とは、サイバーセキュリティ・サービス、インターネット・サービス、コンテンツ配信サービス、ドメイン・ネーム・サービス、クラウド・サービス、モバイル通信サービス、電子メール・メッセージング・サービス、インターネット・ブラウザ・サービス、または(a)項に基づくパイロット・プログラムの目的のために長官が適切と判断するその他のサービスを提供する、米国で法人化された企業をいう。
(3) Secretary.--The term ``Secretary'' means the Secretary of Homeland Security. (3) 「長官」とは、国土安全保障省長官をいう。
SEC. 1551. UNITED STATES-ISRAEL CYBERSECURITY COOPERATION. Sec. 1551. 米国とイスラエルのサイバーセキュリティ協力
(a) Grant Program.-- (a) 補助金プログラム...
(1) Establishment.--The Secretary, in accordance with the agreement entitled the ``Agreement between the Government of the United States of America and the Government of the State of Israel on Cooperation in Science and Technology for Homeland Security Matters'', dated May 29, 2008 (or successor agreement), and the requirements specified in paragraph (2), shall establish a grant program at the Department to support-- (1) 長官は、2008年5月29日付の「国土安全保障に関する科学技術協力に関する米国政府とイスラエル政府との間の合意」と題された協定(またはその後継協定)および第2項に規定された要件に基づき、省内に助成プログラムを設置し、以下の支援を行う。
(A) cybersecurity research and development; and (A) サイバーセキュリティの研究開発、および
(B) demonstration and commercialization of cybersecurity technology. (B) サイバーセキュリティ技術の実証と商業化。
(2) Requirements.-- (2) 要件
(A) Applicability.--Notwithstanding section 317 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 195c), in carrying out a research, development, demonstration, or commercial application program or activity that is authorized under this section, the Secretary shall require cost sharing in accordance with this paragraph. (A) 2002年国土安全保障法第317条(6 U.S.C. 195c)にかかわらず、本項で認可された研究、開発、実証、商業利用のプログラムや活動を実施する際、長官は本項に従って費用負担を求める。
(B) Research and development.-- (B) 研究および開発
(i) In general.--Except as provided in clause (ii), the Secretary shall require not less than 50 percent of the cost of a research, development, demonstration, or commercial application program or activity described in subparagraph (A) to be provided by a non-Federal source. (i) 一般的に--(ii)項で規定されている場合を除き、長官は、(A)項に記載された研究、開発、実証、または商業的応用のプログラムまたは活動の費用の50%以上を、連邦以外の資金源から提供するよう要求する。
(ii) Reduction.--The Secretary may reduce or eliminate, on a case-by-case basis, the percentage requirement specified in clause (i) if the Secretary determines that such reduction or elimination is necessary and appropriate. (ii) 長官が必要かつ適切であると判断した場合には、(i)項で指定された割合の要件をケースバイケースで削減または排除することができる。
(C) Merit review.--In carrying out a research, development, demonstration, or commercial application program or activity that is authorized under this section, awards shall be made only after an impartial review of the scientific and technical merit of the proposals for such awards has been carried out by or for the Department. (C)メリット・レビュー--本項に基づいて認可された研究、開発、実証、商業利用のプログラムや活動を実施する際には、賞の提案の科学的・技術的メリットを公平にレビューした後にのみ、賞を授与するものとする。
(D) Review processes.--In carrying out a review under subparagraph (C), the Secretary may use merit review processes developed under section 302(14) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 182(14)). (D) 審査プロセス --(C)号の審査を行うにあたり、長官は2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 182(14))の第302(14)項に基づいて開発されたメリット審査プロセスを使用することができる。
(3) Eligible applicants.--An applicant is eligible to receive a grant under this subsection if-- (3) 申請者は、以下の場合に本項の助成金を受け取る資格がある。
(A) the project of such applicant-- (A) 当該申請者のプロジェクトが
(i) addresses a requirement in the area of cybersecurity research or cybersecurity technology, as determined by the Secretary; and (i) 長官が決定した、サイバーセキュリティ研究またはサイバーセキュリティ技術の分野における要求に対応している。
(ii) is a joint venture between-- (ii) 次の2つの間の共同事業である。
(I)(aa) a for-profit business entity, academic institution, National Laboratory, or nonprofit entity in the United States; and (I)(aa)米国内の営利事業体、学術機関、国立研究所、または非営利団体。
(bb) a for-profit business entity, academic institution, or nonprofit entity in Israel; or (bb) イスラエルの営利事業体、学術機関、または非営利事業体。
(II)(aa) the Federal Government; and (II)(aa)連邦政府、および
(bb) the Government of Israel; and (bb) イスラエル政府、および
(B) neither such applicant nor the project of such applicant pose a counterintelligence threat, as determined by the Director of National Intelligence. (B) 当該申請者および当該申請者のプロジェクトが、国家情報長官の判断により、防諜上の脅威となっていないこと。
(4) Applications.--To be eligible to receive a grant under this subsection, an applicant shall submit to the Secretary an application for such grant in accordance with procedures established by the Secretary, in consultation with the advisory board established under paragraph (5). (4) 申請者は、このサブセクションの下で助成金を受け取る資格を得るために、第5項に基づいて設立された諮問委員会と協議の上、長官が定めた手順に従って、助成金の申請書を長官に提出しなければならない。
(5) Advisory board.-- (5) 諮問委員会...
(A) Establishment.--The Secretary shall establish an advisory board to-- (A) 長官は、以下の目的で諮問委員会を設立する。
(i) monitor the method by which grants are awarded under this subsection; and (i) 本サブセクションの下で補助金が授与される方法を監視する。
(ii) provide to the Secretary periodic performance reviews of actions taken to carry out this subsection. (ii) 本項を遂行するために取られた行動について、定期的にパフォーマンス・レビューを長官に提供する。
(B) Composition.--The advisory board established under subparagraph (A) shall be composed of three members, to be appointed by the Secretary, of whom-- (B) 構成 (A)号に基づいて設立された諮問委員会は、長官によって任命された3人のメンバーで構成される。
(i) one shall be a representative of the Federal Government; (i) 1名は連邦政府の代表者とする。
(ii) one shall be selected from a list of nominees provided by the United States-Israel Binational Science Foundation; and (ii) 米国・イスラエル二国間科学財団から提供された候補者のリストから1名を選出する。
(iii) one shall be selected from a list of nominees provided by the United States-Israel Binational Industrial Research and Development Foundation. (iii) 米国・イスラエル二国間産業研究開発財団が提供する推薦人のリストから1名を選出する。
(6) Contributed funds.--Notwithstanding section 3302 of title 31, United States Code, the Secretary may, only to the extent provided in advance in appropriations Acts, accept or retain funds contributed by any person, government entity, or organization for purposes of carrying out this subsection. Such funds shall be available, subject to appropriation, without fiscal year limitation. (6) アメリカ合衆国法典第31編第3302項にかかわらず、長官は、予算制定法で事前に定められた範囲内でのみ、本款を実行する目的で、個人、政府機関、または組織から拠出された資金を受け入れ、または保持することができる。このような資金は、充当されることを条件に、会計年度の制限なく利用できるものとする。
(7) Reports.-- (7) 報告。
(A) Grant recipients.--Not later than 180 days after the date of completion of a project for which a grant is provided under this subsection, the grant recipient shall submit to the Secretary a report that contains-- (A) 助成金受領者:本款の下で助成金が提供されたプロジェクトの完了日から180日以内に、助成金受領者は次の内容を含む報告書を長官に提出しなければならない。
(i) a description of how the grant funds were used by the recipient; and (i) 補助金受領者が補助金をどのように使用したかの説明。
(ii) an evaluation of the level of success of each project funded by the grant. (ii) 補助金を受けた各プロジェクトの成功度の評価。
(B) Secretary.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act and annually thereafter until the grant program established under this subsection terminates, the Secretary shall submit to the Committees on Homeland Security and Governmental Affairs and Foreign Relations of the Senate and the Committees on Homeland Security and Foreign Affairs of the House of Representatives a report on grants awarded and projects completed under such program. (B) 長官...本法の制定日から1年以内に、その後本項に基づいて設立された助成プログラムが終了するまで毎年、長官は上院の国土安全保障・政府問題・外交委員会と下院の国土安全保障・外交委員会に、当該プログラムの下で授与された助成金と完了したプロジェクトに関する報告書を提出しなければならない。
(8) Classification.--Grants shall be awarded under this subsection only for projects that are considered to be unclassified by both the United States and Israel. (8) 分類:本款では、米国とイスラエルの双方で分類されていないと考えられるプロジェクトに対してのみ、助成金を授与するものとする。
(b) Authorization of Appropriations.--There is authorized to be appropriated to carry out this section not less than $6,000,000 for each of fiscal years 2022 through 2026. (b) 2022年から2026年までの各会計年度において、本項を実施するために600万ドル以上の予算を計上することが認められている。
(c) Definitions.--In this section-- (c) 定義: 本項では
(1) the term ``cybersecurity research'' means research, including social science research, into ways to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity threats; (1) 「サイバーセキュリティ研究」とは、サイバーセキュリティの脅威を特定し、それを防御し、検出し、対応し、回復する方法についての社会科学的研究を含む研究をいう。
(2) the term ``cybersecurity technology'' means technology intended to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity threats; (2) 「サイバーセキュリティ技術」とは、サイバーセキュリティの脅威を特定し、防御し、検知し、対応し、回復することを目的とした技術をいう。
(3) the term ``cybersecurity threat'' has the meaning given such term in section 102 of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501; enacted as title I of the Cybersecurity Act of 2015 (division N of the Consolidated Appropriations Act, 2016 (Public Law 114-113))); (3) 「サイバーセキュリティの脅威」という用語は、2015年サイバーセキュリティ情報共有法(6 U.S.C. 1501;2015年サイバーセキュリティ法のタイトルIとして制定(2016年連結歳出法(Public Law 114-113)のN部門)の第102節で与えられた意味を持つ。)
(4) the term ``Department'' means the Department of Homeland Security; (4) 「Department」とは、国土安全保障省をいう。
(5) the term ``National Laboratory'' has the meaning given such term in section 2 of the Energy Policy Act of 2005 (42 U.S.C. 15801); and (5) 「国立研究所」とは、2005年エネルギー政策法第2条(42 U.S.C. 15801)で与えられた意味を持つ。
(6) the term ``Secretary'' means the Secretary of Homeland Security. (6) 「長官」とは、国土安全保障省の長官をいう。
SEC. 1552. AUTHORITY FOR NATIONAL CYBER DIRECTOR TO ACCEPT DETAILS ON NONREIMBURSABLE BASIS. Sec. 1552. 国家サイバー長官が、払い戻しのない詳細な情報を受け取る権限
Section 1752(e) of the William M. (Mac) Thornberry National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 (Public Law 116-283) is amended-- 2021年度ウィリアム・M・ソーンベリー国防権限法(公法116-283)の第1752(e)項を改正する。
(1) by redesignating paragraphs (1) through (8) as subparagraphs (A) through (H), respectively, and indenting such subparagraphs two ems to the right; (1)段落(1)から(8)をそれぞれ(A)から(H)までの段落とし、当該段落を2エーム右にインデントする。
(2) in the matter preceding subparagraph (A), as redesignated by paragraph (1), by striking ``The Director may'' and inserting the following: (2) パラグラフ(1)で再指定されたパラグラフ(A)の前の部分では、「The Director may」の部分を削除し、以下のように挿入する。
``(1) In general.--The Director may''; ''(2) パラグラフ(1)の前の部分は、パラグラフ(1)で指定されたとおり、「The Director may」を削除し、次のように挿入する。
(3) in paragraph (1)-- (3) パラグラフ(1)において
(A) as redesignated by paragraph (2), by redesignating subparagraphs (C) through (H) as subparagraphs (D) through (I), respectively; and (A) パラグラフ(2)で指定を変更した場合、(C)から(H)までをそれぞれ(D)から(I)までとする。
(B) by inserting after subparagraph (B) the following new subparagraph: (B) サブパラグラフ(B)の後に以下の新しいサブパラグラフを挿入する。
``(C) accept officers or employees of the United States or members of the Armed Forces on a detail from an element of the intelligence community (as such term is defined in section 3(4) of the National Security Act of 1947 (50 U.S.C. 3003(4))) or from another element of the Federal Government on a nonreimbursable basis, as jointly agreed to by the heads of the receiving and detailing elements, for a period not to exceed three years;''; and ''(C) 情報機関の構成員(1947年国家安全保障法(50 U.S.C. 3003(4))のセクション3(4)で定義されている)または連邦政府の他の構成員から、受領側と詳細側の責任者が共同で合意したとおり、償還不要で3年を超えない期間、米国の役員または従業員、軍隊の構成員を詳細に受け入れること。
(4) by adding at the end the following new paragraph: (4) 最後に次の新しいパラグラフを追加する。
``(2) Rules of construction regarding details.--Nothing in paragraph (1)(C) may be construed as imposing any limitation on any other authority for reimbursable or nonreimbursable details. A nonreimbursable detail made pursuant to such paragraph shall not be considered an augmentation of the appropriations of the receiving element of the Office of the National Cyber Director.''. ''(2) 第1項(C)の規定は、償還可能または償還不可能な細部に関する他の権限に制限を加えるものと解釈してはならない。本項に基づいて行われた払い戻しのない詳細情報は、国家サイバー長官室の受け入れ部門の予算を増大させるものとはみなされない。

Continue reading "米国 バイデン大統領が2022年国防授権法にサインをしましたね。。。"

| | Comments (0)

2021.12.28

防衛研究所 量子技術の軍事への応用

こんにちは、丸山満彦です。

防衛研究所が「量子技術の軍事への応用」というブリーフィング・メモを公表していますね。。。

簡単なメモです。。。

防衛研究所

・2021.12.21 [PDF] 量子技術の軍事への応用 

20211228-03152

目次的なもの

  • はじめに
  • 量子力学の概念と量子技術
  • 量子センサー
  • 量子コンピュータ
  • 量子通信
  • おわりに

防衛研究所は興味深い報告書を出しています。。。

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.09.08 防衛研究所 :米国防計画における「Pacing Threat」としての中国

・2021.07.15 防衛研究所 国家のサイバー攻撃とパブリック・アトリビューション:ファイブ・アイズ諸国のアトリビューション連合と SolarWinds 事案対応

・2021.07.01 防衛研究所 中国が目指す認知領域における戦いの姿

・2021.07.01 防衛研究所 バイデン政権と中国

・2021.04.27 防衛研究所 台湾関係 日米首脳共同声明等

・2021.03.10 防衛省 NIDS 防衛研究所 米大統領選後の安全保障の展望

・2020.12.04 防衛省 防衛研究所 「一帯一路構想と国際秩序の行方」(安全保障国際シンポジウム報告書)

・2020.12.01 防衛省 防衛研究所 米大統領選後の安全保障の展望 ASEAN, 中国, 南アジア

・2020.11.14 防衛省 防衛研究所 「中国安全保障レポート2021 ― 新時代における中国の軍事戦略 ―」は中国のサイバー戦略についての章がありますね

 

 

 

 

| | Comments (0)

2021.12.27

中国 通信院 テレマティックス白書と量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書

こんにちは、丸山満彦です。

中国の信息通信研究院がテレマティックス白書と量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書

1 2021.12.24 车联网白皮书 テレマティックス白書
2021.12.24 量子信息技术发展与应用研究报告 量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書

を公表していますね。。。内容までは読めていないのですが...(^^;;

なお、

グローバルデジタルガバナンス白書、ブロックチェーン白書、デジタルツインシティーズ白書、デジタルカーボンニュートラル白書、ビッグデータ白書、インターネット法白書、クラウドコンピューティング白書、プライバシーコンピューティング白書、信頼できる人工知能についての白書は過去に公表されています。。。

2 2021.12.23 全球数字治理白皮书 グローバルデジタルガバナンス白書
3 2021.12.22 区块链白皮书 ブロックチェーン白書
4 2021.12.21 数字孪生城市白皮书 デジタルツインシティーズ白書
5 2021.12.20 数字碳中和白皮书 デジタルカーボンニュートラル白書
6 2021.12.20 大数据白皮书 ビッグデータ白書
7 2021.12.17 互联网法律白皮书 インターネット法白書
8 2021.07.27 云计算白皮书 クラウドコンピューティング白書
9 2021.07.22 隐私计算白皮书 プライバシーコンピューティング白書
10 2021.07.09 可信人工智能白皮书 信頼できる人工知能についての白書

 


自動車産業は裾野が広く、市場も大きいので、中国も力を入れていますよね。。。

 

车联网白皮书 テレマティックス白書
【摘    要】 要約
车联网应用不仅服务于辅助驾驶、高等级自动驾驶等智能网联汽车应用,还能够有效解决交通效率、城市治理等系统性工程问题。 テレマティクス・アプリケーションは、運転支援や高度な自律走行などのインテリジェント・ネットワーク・ビークル・アプリケーションに役立つだけでなく、交通効率や都市統治などのシステム工学的な問題を効果的に解決することができます。
【目    录】 目次
一、 车联网发展总体态势 1. テレマティクス開発の全体状況
(一) 全球车联网产业生态不断丰富完善 (1) 世界のテレマティクス業界のエコシステムが充実し、改善され続けていること
(二) 车联网成为全球新型基础设施建设焦点 (2) 世界の新インフラ構築の中心となったテレマティクス
(三) 车联网安全工作力度显著加大 (3) テレマティクスの安全への取り組みの大幅な増加
二、 车联网技术与产业发展趋势 2. テレマティクス技術と業界の発展動向
(一) 汽车网联化与智能化协同发展 (1) 車両ネットワークとインテリジェンスの相乗的開発
(二) 路侧感知与计算融合推进 (2) 路面のセンシングとコンピューティングの統合
(三) 边缘-区域-中心多级平台协同部署 (3) エッジ・リージョン・センター・マルチレベル・プラットフォームの共同展開
(四) 无线与有线组网技术融合共存 (4) 無線と有線のネットワーク技術の共存
(五) 高精度地图与定位基础作用凸显 (5) 高精度な地図と測位基盤が重要な役割を果たす
(六) 网络安全与数据安全关注度提升 (6) ネットワークセキュリティやデータセキュリティへの関心の高まり
三、 车联网应用场景与模式 3. テレマティクス・アプリケーションのシナリオとモデル
(一) 跨行业融合带动应用部署模式向纵深发展 (1) 業界の垣根を越えた融合により、アプリケーション展開モデルがより深く発展する
(二) 城市道路环境下车联网应用创新活跃 (2) 都市の道路環境におけるテレマティクス・アプリケーションの積極的な革新
(三) 高速公路环境下车联网应用推广路径逐步清晰 (3) 高速道路におけるテレマティクス活用の道筋が徐々に見えてきた。
(四) 特定区域工况环境下规模商用加快 (4) 特定の地域の労働条件における商業規模の加速化
四、 车联网发展展望 4. テレマティクス開発の展望
(一) 持续推进核心技术攻关,加强标准和实施路径协同 (1) コア技術の研究を継続的に推進し、規格と実装経路の相乗効果を強化する。
(二) 加快标准化基础设施建设,加强跨行业跨区域协同 (2) 標準化されたインフラの構築を加速し、業界・地域を超えた連携を強化する
(三) 加快典型应用规模化推广,注重价值空间挖掘 (3) 代表的なアプリケーションの規模を加速し、バリュー・スペース・マイニングに注力する。
(四) 完善网络与数据安全发展体系构建,注重功能安全 (4) ネットワークおよびデータのセキュリティ開発システムの構築を改善し、機能的なセキュリティを重視する。

・[PDF

20211227-101538

 

こちらは量子技術の話。。。

量子信息技术发展与应用研究报告 量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書
【摘    要】 要約
我国量子信息技术领域具备良好的研究与应用实践基础,三大领域总体发展态势良好,未来有望进一步取得更多技术研究、应用探索与产业培育新成果。 中国は、量子情報技術分野の研究と応用の基盤が整っており、三大分野の全体的な発展は良好で、今後、技術研究、応用探索、産業育成において、より多くの新しい成果が期待されています。
【目    录】 目次
一、量子信息技术总体发展态势 1. 量子情報技術の開発全般について
(一)量子科技突破经典极限,打开未来科学新疆域 (1) 量子技術が古典的限界を突破し、未来の科学に新たなフロンティアを開く
(二)量子信息技术成为全球各国科技政策布局热点 (2) 量子情報技術は、世界の科学技術政策の中で注目されている。
(三)量子信息各领域科研加速发展,技术创新活跃 (3) 量子情報の各分野における科学研究の加速的発展と積極的な技術革新の実現
(四)量子信息技术国际国内标准化取得阶段性成果 (4) 量子情報技術の国際・国内標準化は画期的な成果を上げた
(五)量子信息产业培育起步,政产学研协同成趋势 (5) 量子情報産業が育成され始め、産学官連携・研究がトレンドになっていること
二、量子计算领域研究与应用进展 2. 量子コンピューティング分野の研究と応用の進展
(一)多种硬件技术路线并存,工程研发仍面临挑战 (1) 様々なハードウェア技術のルートが混在しており、工学的な研究開発には課題がある
(二)量子软件与算法研发活跃,开源开放多样发展 (2) 量子ソフトウェアやアルゴリズムの積極的な研究開発、オープンソース化、多角的な展開
(三)实用案例成为关注重点,多领域探索蓄势待发 (3) 実践的な事例が注目され、複数の分野が準備されている
(四)量子计算云平台深化发展,各方探索竞争合作 (4) 量子コンピューティングクラウドプラットフォームは、開発を深め、すべての当事者は、競争と協力を探る
(五)科技巨头与初创公司并进,产业生态逐步培育 (5) テクノロジーの巨人と新興企業が肩を並べて前進し、産業エコロジーが徐々に培われていく
三、量子通信领域研究与应用进展 3. 量子通信分野の研究と応用の進展
(一)量子通信科研多方向不断深化,进展成果丰富 (1) 量子通信の研究は多方面で深化を続け、豊富な成果を上げている
(二)以星地量子通信为契机促进空间量子科学发展 (2) 星-地上間の量子通信を契機とした、宇宙における量子科学の発展の促進
(三)QKD应用场景持续探索,产业化水平仍待提升 (3) QKDの応用シナリオは引き続き検討されているが、工業化レベルはまだ向上していない
(四)PQC升级成大势所趋,QKD发展需明确定位 (4) PQCのアップグレードが大きなトレンドに、QKDの開発には明確な位置づけが必要
(五)基于QRNG的加密应用成为关注与探索新方向 (5) QRNGを利用した暗号化アプリケーションが新たな関心事となり、探求の方向へ
四、量子测量领域研究与应用进展 4. 量子計測分野の研究と応用の進展
(一)量子测量技术发展面向超高精度和超经典能力 (1) 量子計測技術の開発は、超高精度、超古典的な能力に向けられている。
(二)样机性能指标不断提升,新方向探索取得进展 (2) 試作品の性能指標が継続的に改善され、新たな方向性の模索が進んでいること
(三)技术应用场景和领域广泛,多方开拓发展活跃 (3) 技術的な応用シーンや分野が広く、積極的なマルチ展開が可能であること
(四)量子测量产业化尚处起步阶段,产业链待完善 (4) 量子計測の産業化はまだ初期段階であり、産業チェーンの整備が必要であること
五、量子信息技术演进与应用前景展望 5. 量子情報技術の進化と応用への展望
(一)各领域研究持续推进,应用产业探索广泛开展 (1) 各分野の研究が進み、応用産業の開拓が広く行われていること
(二)国内外发展态势与促进研究应用发展的关注点 (2) 研究開発やアプリケーション開発を推進する上での国内外の開発動向と懸念事項

・[PDF]

20211227-102454

 

| | Comments (0)

2021.12.20

ドイツ BSI 量子セキュア暗号の現状に関するガイドライン

こんにちは、丸山満彦です。

連邦ITセキュリティ局 (Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik: BSI) が、新しいガイド「暗号技術を量子的に安全なものにするために-基礎、開発、提言」を公開していますね。。。

Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik: BSI

・2021.12.16 BSI veröffentlicht Leitfaden zum aktuellen Stand der quantensicheren Kryptografie

 

BSI veröffentlicht Leitfaden zum aktuellen Stand der quantensicheren Kryptografie BSI、量子安全暗号の現状に関するガイドを発行
Quantencomputer, Quantenkryptografie und Quantentechnologien – die Entwicklungen in diesem Bereich scheinen zunehmend unübersichtlich. Der neue Leitfaden des Bundesamts für Sicherheit in der Informationstechnik (BSI) „Kryptografie quantensicher gestalten – Grundlagen, Entwicklungen, Empfehlungen“ fasst den aktuellen Forschungsstand zusammen. Der Leitfaden bietet einen umfassenden Überblick über die Grundlagen, beleuchtet Zusammenhänge der neuesten Entwicklungen, diskutiert aktuelle Maßnahmen und benennt offene Forschungsfragen. Außerdem beschreibt er Chancen und Risiken der Quantum Key Distribution (QKD), die als Lösung für quantensichere Kryptografie zwar noch einige Fragen offen lässt, aber auf großes Interesse stößt und stark gefördert wird. 量子コンピューター、量子暗号、量子技術......この分野の発展は、ますます混迷を極めているように思えます。ドイツ連邦情報セキュリティ局(BSI)の新しいガイド「暗号技術を量子的に安全なものにするために-基礎、開発、提言」は、研究の現状をまとめたものです。このガイドでは、基礎知識を包括的に説明し、最新の開発の相互関係を強調し、現在の対策を議論し、未解決の研究課題を明らかにしています。また、量子安全暗号のソリューションとしてはまだ疑問が残るものの、大きな関心を集めており、強力に推進されている量子鍵配送(QKD)の可能性とリスクについても解説しています。
Die Publikation wendet sich insbesondere an Hersteller und Betreiber von Informations- und Kommunikationstechnik, um die Migration zu quantensicherer Kryptografie rechtzeitig einzuleiten und sicher zu gestalten. Informationssicherheit ist die Voraussetzung für eine gelingende Digitalisierung in Deutschland. Mit dem Leitfaden möchte das BSI insbesondere auf die Wichtigkeit des Themas aufmerksam machen, da für eine Migration vor allem anderen zunächst das Problembewusstsein wichtig ist. この出版物は、特に情報通信技術のメーカーやオペレーターを対象としており、量子安全暗号への移行を余裕を持って開始し、安全性を確保することを目的としています。ドイツでデジタル化を成功させるには、情報セキュリティが必須条件です。このガイドラインで、BSIはこのテーマの重要性に特に注意を喚起したいと思います。なぜなら、何よりもまず、問題に対する認識が移住には重要だからです。
Denn Quantentechnologien werden in Zukunft große Auswirkungen auf die Informationssicherheit haben, da die Entwicklung leistungsfähiger Quantencomputer die Sicherheit der heute eingesetzten Public-Key-Kryptografie gefährdet. Die derzeit verfügbaren Quantencomputer sind hierzu noch nicht in der Lage, aber die Entwicklung schreitet schnell voran. Den notwendigen kryptografischen Umbruch gestaltet das BSI als die Cyber-Sicherheitsbehörde des Bundes aktiv mit. というのも、強力な量子コンピューターの開発により、現在使われている公開鍵暗号の安全性が脅かされるなど、量子技術が今後の情報セキュリティに大きな影響を与えるからです。現在利用可能な量子コンピューターは、まだこれに対応していませんが、開発は急速に進んでいます。連邦政府のサイバーセキュリティ当局であるBSIは、必要な暗号の激変の形成に積極的に協力しています。
Mit dem Leitfaden schafft das BSI eine Grundlage für Diskussionen mit der IT-Sicherheits-Community zu quantensicherer Kryptografie. So soll die weitere Forschung vorangetrieben, Entwicklungen beobachtet, offene Fragen angegangen und die Erkenntnisse unter einem Dach zusammengeführt werden. このガイドラインにより、BSIは、量子安全暗号についてITセキュリティコミュニティと議論するための基盤を構築します。このようにして、さらなる研究を進め、発展を観察し、未解決の問題に対処し、その結果を一つの屋根の下にまとめることができるのです。

 

・[PDF] Kryptografie quantensicher gestalten – Grundlagen, Entwicklungen, Empfehlungen

20211219-205835

Grußwort 挨拶
Vorwort Arne Schönbohm, Präsident des Bundesamts für Sicherheit in der Informationstechnik 序文 アルネ・シェーンボーム(連邦情報セキュリティ局長官
Zusammenfassung 概要
Ziel des Dokuments und Abgrenzung  ドキュメントの目的と区分け 
1 Quantencomputer und ihre Anwendung in der Kryptografie 1 量子コンピュータとその暗号技術への応用
1.1 Quantencomputer  1.1 量子コンピュータ 
1.2 Quantenalgorithmen 1.2 量子アルゴリズム
1.2.1 Shor-Algorithmen 1.2.1 Shorのアルゴリズム
1.2.2 Grover-Algorithmus 1.2.2 グローバー・アルゴリズム
1.2.3 HHL-Algorithmus 1.2.3 HHLアルゴリズム
1.2.4 Kombination klassischer Algorithmen mit Quantenalgorithmen 1.2.4 古典的アルゴリズムと量子アルゴリズムの組み合わせ
1.3 BSI-Studie: Entwicklungsstand Quantencomputer 1.3 BSI調査:量子コンピュータの開発状況
1.4 Kernbotschaften 1.4 キーメッセージ
2 Post-Quanten-Kryptografie 2 ポスト量子暗号
2.1 State-of-the-Art-Kryptografie und die Bedrohung durch Quantencomputer 2.1 最先端の暗号技術と量子コンピュータの脅威
2.2 Verfahren der Post-Quanten-Kryptografie 2.2 ポスト・クォンタム暗号の手法
2.2.1 Codebasierte Verfahren 2.2.1 コードベースの手法
2.2.2Gitterbasierte Verfahren 2.2.2 格子ベースの手法
2.2.3Hashbasierte Verfahren 2.2.3ハッシュベースの手法
2.3 Standardisierung von Post-Quanten-Kryptografie 2.3 ポストクアンタム暗号の標準化
2.3.1 Schlüsseltransport 2.3.1 主要な輸送手段
2.3.2 Signaturverfahren 2.3.2 署名の手順
2.4 Kernbotschaften 2.4 キーメッセージ
3 Weiterentwicklung von kryptografischen Protokollen 3 暗号プロトコルのさらなる発展
3.1 Hybride Ansätze für Schlüsseleinigung und digitale Signaturen 3.1 鍵合意とデジタル署名のハイブリッドアプローチ
3.1.1 Schlüsseleinigung 3.1.1 主要な合意事項
3.1.2 Hybride Signaturen und Anpassung von Public-Key-Infrastrukturen 3.1.2 ハイブリッド・シグネチャと公開鍵基盤の適応
3.2 Internet Key Exchange Protocol Version 2 (IKEv2) 3.2 インターネット鍵交換プロトコルバージョン2(IKEv2)
3.3 Transport Layer Security (TLS) 3.3 トランスポート・レイヤー・セキュリティ(TLS)
3.4 X.509-Zertifikate 3.4 X.509証明書
3.5 Kernbotschaften 3.5 コアメッセージ
4 Quantum Key Distribution 4 量子鍵の配布
4.1 QKD-Protokolle 4.1 QKDプロトコル
4.2 Sicherheit von QKD-Protokollen 4.2 QKDプロトコルのセキュリティ
4.2.1 Sicherheitskriterien und -beweise 4.2.1 セキュリティ基準とその証明
4.2.2 Informationstheoretische Sicherheit 4.2.2 情報理論的セキュリティ
4.2.3 Seitenkanalangriffe 4.2.3 サイドチャネル攻撃
4.2.4 Authentisierung 4.2.4 認証
4.2.5 Zufallszahlengeneratoren 4.2.5 乱数発生器
4.3Einschränkungen und Chancen der Quantenkryptografie 4.3量子暗号の限界と可能性
4.3.1Vorverteilte Schlüssel 4.3.1再分配されたキー
4.3.2Beschränkte Reichweite 4.3.2限られた範囲
4.3.3 Kosten und Hersteller 4.3.3 コストとメーカー
4.3.4 Chancen von QKD 4.3.4 QKDの機会
4.4 Standardisierung und Zertifizierung 4.4 標準化と認証
4.5 Einschätzung und Empfehlungen 4.5 評価と提言
4.6 Kernbotschaften 4.6 キーメッセージ
5 Entwicklungen in Politik, Forschung und Industrie 5 政治・研究・産業界の動向
5.1 Rahmenprogramme der Bundesregierung 5.1 連邦政府の枠組みプログラム
5.2 Konjunktur- und Zukunftspaket der Bundesregierung 5.2 連邦政府の経済刺激策と将来のパッケージ
5.3 EU-Flaggschiffprogramm „Quantum Technologies“ 5.3 EUフラグシッププログラム「量子技術
5.4 EuroHPC JU 5.4 EuroHPC JU
5.5 QuNET 5.5 QuNET
5.6 Q.Link.X und QR.X 5.6 Q.Link.XとQR.X
5.7 EuroQCI 5.7 EuroQCI
5.8 Industrieverbände 5.8 業界団体
6 Handlungsempfehlungen 6 アクションのための推奨事項
6.1 Vorbereitung 6.1 準備
6.2 Kryptoagilität 6.2 Cryptoagility
6.3 Kurzfristige Schutzmaßnahmen 6.3 短期的な保護対策
6.4 Schlüssellängen für symmetrische Verschlüsselung 6.4 対称型暗号の鍵長
6.5 Hybride Lösungen 6.5 ハイブリッドソリューション
6.6 Post-Quanten-Verfahren zur Schlüsseleinigung 6.6 ポストクォンタム方式による鍵合意の方法
6.7 Hashbasierte Signaturverfahren für Firmware-Updates 6.7 ファームウェアアップデートのためのハッシュベースの署名方法
6.8 Allgemeine Signaturverfahren zur Authentisierung 6.8 認証のための一般的な署名手続き
6.9 Anpassung von kryptografischen Protokollen 6.9 暗号プロトコルの適合性
6.10 Migration zu quantensicheren Public-Key-Infrastrukturen 6.10 量子安全な公開鍵基盤への移行
6.11 Empfehlungen zu Quantum Key Distribution 6.11 Quantum Key Distributionに関する提言
6.12 Migration zu Post-Quanten-Kryptografie hat Priorität vor dem Einsatz von QKD 6.12 ポストクォンタム暗号への移行はQKDの使用よりも優先される
6.13 Notwendigkeit weiterer Forschung zu quantensicherer Kryptografie 6.13 量子安全暗号のさらなる研究の必要性
Abkürzungsverzeichnis   略語の一覧  
Literaturverzeichnis  参考文献 
Impressum  プリント 

 

Quantentechnologien und quantensichere Kryptografie

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧