(temp)COVID-19

2024.05.09

CSA サイバー・保護サーフェイスの定義 (日本語翻訳)

こんにちは、丸山満彦です。

CSAが今年の3月にDefining the Zero Trust Protect Surfaceを公表していたのですが、すっかり失念していました。そして、これまた4月には日本語版と韓国語版が公表されていました..

そして、この文書が参照している、次の2つの文書も失念していますね...(^^;;

・[PDF] NSTAC Report to the President onZero Trust and Trusted Identity Management

・[PDF] CISA Zero Trust Maturity Model V2

あらら...

 

要旨は...


この文書の目的は、John Kindervag が最初に策定し社会化したNSTAC Report to the President onZero Trust and Trusted Identity Managementに記載されている 5 つのステップのゼロトラスト実装プロセスの第 1 ステップを反復的に実行するためのガイダンスを提供することです。5 つのステップのそれぞれについて詳細なガイダンスを作成するために、別の CSA リサーチ文書が作成されているところです。

この重要な最初のステップである「保護サーフェス の定義」では、組織のデータ、アプリケーション、資産、サービス(DAAS)の要素を特定し、ビジネスリスクと現在のセキュリティ成熟度の評価を行い、実装の優先順位付けを行います。本稿では、DAAS 要素を保護サーフェスにグループ化するなど、このプロセスの背後にある方法論に焦点を当てます。

ビジネス情報システムを構成する攻撃サーフェスと保護サーフェスの相互関係や、CISA Zero Trust Maturity Model V2実装の優先順位付けに活用する方法など、重要な検討事項と概念について説明します。このガイダンスは、組織がゼロトラスト実装の複雑さを乗り越えるための反復可能なプロセスを採用することを支援します。


 

対象とする読者も次のような感じですね...


主な対象者: ゼロトラストアーキテクトおよび実装チーム、最高情報セキュリティ責任者、情報セキュリティ管理者、ITセキュリティアナリスト

第二の対象者: CxO(CEO、CISO、CFO、CTO、CIO)、プライバシー・コンプライアンス・オフィサー、IT監査・評価者、ソフトウェア開発者、ネットワーク・セキュリティ・エンジニア


 

目次...

Abstract 要旨
Target Audience 対象とする読者
Introduction to Zero Trust ゼロトラスト入門
Document Scope 文書の範囲
Business Assets Overview ビジネス資産の概要
Zero Trust Implementation Process ゼロトラスト導入プロセス
Overview of the Protect Surface 保護サーフェスの概要
Prioritizing Iterative Execution of the 5-Step Process 5-ステッププロセスの反復実行の優先順位付け
Caution Regarding DAAS Elements Whose Purpose Is Uncertain 目的が不明確なDAAS要素に関する注意
DAAS Elements Comprising a Protect Surface 保護サーフェスを構成するDAAS要素
Data データ
Applications and Workloads アプリケーションとワークロード
Assets: Systems and Devices 資産: システムとデバイス
Services サービス
NSTAC, CISA Maturity Model and Protect Surfaces NSTAC、CISA成熟度モデルと保護サーフェス
Risks and Impacts of Protect Surface Compromises 保護サーフェスの侵害がもたらすリスクと影響
Applying Data Classifications データ分類の適用
Attack Surface Versus Protect Surface 攻撃サーフェスと保護サーフェス
Looking Ahead, After Protect Surfaces are Defined 保護サーフェスが定義された後の展望
Conclusion 結論
Useful References 参考文献

 

 

Cloud Security Alliance; CSA

・2024.04.14 Defining the Zero Trust Protect Surface - Japanese Translation

20240509-50152

 

 

オリジナルの英語版...

・2024.03.05 Defining the Zero Trust Protect Surface

20240509-51241

 

韓国語翻訳版も...

・2024.04.24 Defining the Zero Trust Protect Surface - Korean Translation

20240509-51607

 

 


参照されている文書...

 

CISA

・2022.02.23 [PDF] NSTAC Report to the President onZero Trust and Trusted Identity Management

20240509-51937

 

 

成熟度モデル

Zero Trust Maturity Model

・2023.04 [PDF] CISA Zero Trust Maturity Model V2

20240509-52305

 

 

 

| | Comments (0)

2024.01.12

世界経済フォーラム (WEF) The Global Risks Report 2024 19th Edition グローバルリスク報告書2024

こんにちは、丸山満彦です。

今年もグローバルリスク報告書が、ダボス会議を前に公表されていますね。。。

ちなみに、この調査は2023年9月−10月に実施されているので、その後の大きな事案についての影響は反映されていないかもしれませんね。。。

 

ということも踏まえて、昨年、一昨年と短期のリスク(今後2年間に重要となるであろうリスク)で比較すると...

 

20240111-170304

 

Fig1_20230112162401

 

 

ちなみに現在のリスクでいうと、、、

1_20240112043901

 

● World Economic Forum

・2024.01.11 Global Risks Report 2024

・[PDF] Global Risks Report 2024 19th Edition

20240111-63747

目次...

Preface 序文
Overview of methodology 方法論の概要
Key findings 主な調査結果
Chapter 1: Global Risks 2024: At a turning point 第1章 2024年の世界リスク: 転換期を迎えて
1.1 The world in 2024 1.1 2024年の世界
1.2 The path to 2026 1.2 2026年への道
1.3 False information 1.3 偽情報
1.4 Rise in conflict 1.4 紛争の増加
1.5 Economic uncertainty 1.5 経済の不確実性
1.6 Looking ahead 1.6 将来を展望する
Endnotes 巻末資料
Chapter 2: Global Risks 2034: Over the limit 第2章 2034年の世界リスク:限界を超える
2.1 The world in 2034 2.1 2034年の世界
2.2 Structural forces 2.2 構造的な力
2.3 A 3°C world 2.3 3℃の世界
2.4 AI in charge 2.4 AIが支配する
2.5 The end of development? 2.5 開発の終焉?
2.6 Crime wave 2.6 犯罪の波
2.7 Preparing for the decade ahead 2.7 今後10年に備える
Endnotes 巻末資料
Chapter 3: Responding to global risks 第3章 グローバルリスクへの対応
3.1 Localized strategies 3.1 地域に根ざした戦略
3.2 Breakthrough endeavors 3.2 画期的な試み
3.3 Collective actions 3.3 集団行動
3.4 Cross-border coordination 3.4 国境を越えた協調
3.5 Conclusion 3.5 おわりに
Endnotes 巻末資料
Appendix A: Definitions and Global Risks List 附属書A:定義とグローバルリスクリスト
Appendix B: Global Risks Perception Survey 2023-2024 附属書B:グローバル・リスクに関する意識調査 2023-2024
Appendix C: Executive Opinion Survey: National Risk Perceptions 附属書C:経営者意識調査: 各国のリスク認識
Appendix D: Risk governance 附属書D: リスクガバナンス
Partner Institutes パートナー機構
Acknowledgements 謝辞

 

 

Key Findings...

Key findings 主な調査結果
The Global Risks Report 2024 presents the findings of the Global Risks Perception Survey (GRPS), which captures insights from nearly 1,500 global experts. The report analyses global risks through three time frames to support decision-makers in balancing current crises and longer-term priorities. Chapter 1 explores the most severe current risks, and those ranked highest by survey respondents, over a two-year period, analysing in depth the three risks that have rapidly accelerated into the top 10 rankings over the two-year horizon. Chapter 2 focuses on the top risks emerging over the next decade against a backdrop of geostrategic, climate, technological and demographic shifts, diving deeper into four specific risk outlooks. The report concludes by considering approaches for addressing complex and non-linear aspects of global risks during this period of global fragmentation. Below are the key findings of the report. グローバル・リスク・レポート2024』は、グローバル・リスク認識調査(GRPS)の結果をまとめたものである。本レポートは、意思決定者が現在の危機と長期的な優先事項のバランスを取れるよう、3つの時間軸で世界のリスクを分析している。第1章では、現在の最も深刻なリスク、および調査回答者が最も高く評価したリスクを2年間にわたり調査し、2年間で急速にランキングトップ10入りを果たした3つのリスクを詳細に分析している。第2章では、地政学的、気候的、技術的、人口統計学的なシフトを背景に、今後10年間に顕在化するリスクの上位に焦点を当て、4つの具体的なリスク見通しについて深く掘り下げている。本レポートは、世界的な分断が進む中、グローバル・リスクの複雑かつ非直線的な側面に対処するためのアプローチを検討することで締めくくられている。以下は、本レポートの主な調査結果である。
A deteriorating global outlook 悪化する世界的見通し
Looking back at the events of 2023, plenty of developments captured the attention of people around the world – while others received minimal scrutiny. Vulnerable populations grappled with lethal conflicts, from Sudan to Gaza and Israel, alongside record-breaking heat conditions, drought, wildfires and flooding. Societal discontent was palpable in many countries, with news cycles dominated by polarization, violent protests, riots and strikes. 2023年の出来事を振り返ってみると、多くの出来事が世界中の人々の注目を集めたが、一方でほとんど注目されなかった出来事もあった。脆弱性を抱える人々は、記録的な暑さ、干ばつ、山火事、洪水に加え、スーダンからガザ、イスラエルに至るまで、致命的な紛争に直面した。社会の不満は多くの国で顕著であり、偏向、暴力的な抗議行動、暴動、ストライキがニュースを席巻した。
Although globally destabilizing consequences – such as those seen at the initial outbreak of the Russia-Ukraine war or the COVID-19 pandemic – were largely avoided, the longer-term outlook for these developments could bring further global shocks. ロシア・ウクライナ戦争やCOVID-19パンデミックの勃発時に見られたような、世界的に不安定化するような事態はほぼ回避されたものの、こうした事態の長期的な見通しは、さらなる世界的な衝撃をもたらす可能性がある。
As we enter 2024, 2023-2024 GRPS results highlight a predominantly negative outlook for the world over the next two years that is expected to worsen over the next decade (Figure A). Surveyed in September 2023, the majority of respondents (54%) anticipate some instability and a moderate risk of global catastrophes, while another 30% expect even more turbulent conditions. The outlook is markedly more negative over the 10-year time horizon, with nearly two-thirds of respondents expecting a stormy or turbulent outlook. 2024年に入り、2023-2024年GRPSの結果は、今後2年間の世界の見通しが圧倒的にネガティブであることを浮き彫りにし、それは今後10年間で悪化すると予想される(図A)。2023年9月に実施した調査では、回答者の過半数(54%)が何らかの不安定性と世界的な大災害の中程度のリスクを予想しており、さらに30%はさらに激動する状況を予想している。10年後の見通しでは、回答者の3分の2近くが荒天または激動を予想しており、見通しは著しくネガティブである。
In this year’s report, we contextualize our analysis through four structural forces that will shape the materialization and management of global risks over the next decade. These are longer-term shifts in the arrangement of and relationship between four systemic elements of the global landscape: 今年のレポートでは、今後10年間のグローバル・リスクの顕在化とマネジメントを形作るであろう4つの構造的な力を通して分析を行った。これらは、世界情勢を構成する4つのシステマティックな要素の配置や関係性における、より長期的なシフトである:
– Trajectories relating to global warming and related consequences to Earth systems (Climate change).  - 地球温暖化とそれに関連する地球システムへの影響に関する軌道(気候変動)。
– Changes in the size, growth and structure of populations around the world (Demographic bifurcation). - 世界中の人口の規模、成長、構造の変化(人口分断)。
– Developmental pathways for frontier technologies (Technological acceleration).  - フロンティア技術の発展経路(技術加速)。
– Material evolution in the concentration and sources of geopolitical power (Geostrategic shifts). - 地政学的パワーの集中と源泉における物質的進化(地政学的シフト)。
A new set of global conditions is taking shape across each of these domains and these transitions will be characterized by uncertainty and volatility. As societies seek to adapt to these changing forces, their capacity to prepare for and respond to global risks will be affected. これらの各領域で新たな世界情勢が形成されつつあり、これらの移行は不確実性と変動性を特徴とする。社会がこうした変化する力への適応を模索するにつれて、グローバル・リスクへの備えと対応の能力が影響を受けることになる。
FIGURE A Short and long-term global outlook 図A 短期および長期の世界的見通し
"Which of the following best characterizes your outlook for the world over the following time periods?" 以下の期間における世界の見通しについて、最も適切なものはどれか?
20240111-223854
Environmental risks could hit the point of no return 環境リスクは戻れないポイントに達する可能性がある
Environmental risks continue to dominate the risks landscape over all three time frames. Two-thirds of GRPS respondents rank Extreme weather as the top risk most likely to present a material crisis on a global scale in 2024 (Figure B), with the warming phase of the El Niño-Southern Oscillation (ENSO) cycle projected to intensify and persist until May this year. It is also seen as the second-most severe risk over the two-year time frame and similar to last year’s rankings, nearly all environmental risks feature among the top 10 over the longer term (Figure C).  環境リスクは、3つの時間軸すべてにおいて、引き続きリスク展望を支配している。GRPSの回答者の3分の2が、2024年に世界規模で重大な危機をもたらす可能性が最も高いリスクとして「異常気象」を挙げており(図B)、エルニーニョ・南方振動(ENSO)周期の温暖化局面が激化し、今年5月まで持続すると予測されている。また、エルニーニョは、2年間の期間で2番目に深刻なリスクと見られており、昨年のランキングと同様、長期的にはほぼすべての環境リスクがトップ10に入る(図C)。
However, GRPS respondents disagree about the urgency of environmental risks, in particular Biodiversity loss and ecosystem collapse and Critical change to Earth systems. Younger respondents tend to rank these risks far more highly over the two-year period compared to older age groups, with both risks featuring in their top 10 rankings in the short term. The private sector highlights these risks as top concerns over the longer term, in contrast to respondents from civil society or government who prioritize these risks over shorter time frames. This dissonance in perceptions of urgency among key decision-makers implies sub-optimal alignment and decision-making, heightening the risk of missing key moments of intervention, which would result in long-term changes to planetary systems. しかし、GRPSの回答者は、環境リスク、特に生物多様性の損失と生態系の崩壊、地球システムの危機的変化の緊急性については意見が分かれている。若年層の回答者は、高年齢層と比較して、2年間にわたりこれらのリスクをはるかに高く評価する傾向があり、短期的には両リスクともトップ10にランクインしている。民間部門は、これらのリスクを長期的な最重要課題として取り上げているが、これとは対照的に、市民社会や政府の回答者は、これらのリスクを短期的なものから優先している。主要な意思決定者の緊急性に対するこのような認識の不一致は、最適な連携と意思決定がなされていないことを意味し、惑星システムに長期的な変化をもたらすような重要な介入のタイミングを逃すリスクを高めている。
 Chapter 2.3: A 3°C world explores the consequences of passing at least one “climate tipping point” within the next decade. Recent research suggests that the threshold for triggering long-term, potentially irreversible and selfperpetuating changes to select planetary systems is likely to be passed at or before 1.5°C of global warming, which is currently anticipated to be reached by the early 2030s. Many economies will remain largely unprepared for “non-linear” impacts: the potential triggering of a nexus of several related socioenvironmental risks has the potential to speed up climate change, through the release of carbon emissions, and amplify related impacts, threatening climate-vulnerable populations. The collective ability of societies to adapt could be overwhelmed, considering the sheer scale of potential impacts and infrastructure investment requirements, leaving some communities and countries unable to absorb both the acute and chronic effects of rapid climate change.  第2.3章:3℃の世界では、今後10年以内に少なくとも1つの「気候の転換点」を通過した場合の結果を探る。最近の研究によると、一部の惑星系に長期的かつ不可逆的で自己増殖的な変化を引き起こす閾値は、地球温暖化1.5℃か、それ以前に通過する可能性が高い。多くの経済は、「非線形」の影響に対する備えをほとんどしていないままであろう。関連するいくつかの社会環境リスクの連鎖を引き起こす可能性は、炭素排出の放出を通じて気候変動を加速させ、関連する影響を増幅させ、気候変動に脆弱な人々を脅かす可能性がある。潜在的な影響と必要なインフラ投資の規模の大きさを考慮すると、社会の集団的な適応能力は圧倒される可能性があり、一部の地域社会や国は、急激な気候変動の急性・慢性両方の影響を吸収できないままとなる。
As polarization grows and technological risks remain unchecked, ‘truth’ will come under pressure 二極化が進み、技術的リスクが抑制されないままであるため、「真実」は圧力を受けることになる。
Societal polarization features among the top three risks over both the current and two-year time horizons, ranking #9 over the longer term. In addition, Societal polarization and Economic downturn are seen as the most interconnected – and therefore influential – risks in the global risks network (Figure D), as drivers and possible consequences of numerous risks. 社会の分極化は、現在と2年後の両時点でトップ3に入り、長期的には9位にランクインしている。加えて、社会的二極化と景気後退は、グローバル・リスク・ネットワーク(図D)において、多くのリスクを誘発し、その結果として起こりうるものとして、最も相互に関連し合い、したがって影響力のあるリスクと見なされている。
FIGURE B Current risk landscape 図B 現在のリスク状況
Please select up to five risks that you believe are most likely to present a material crisis on a global scale in 2024." 2024年に世界規模で重大な危機をもたらす可能性が最も高いと思われるリスクを5つまで選んでください。
20240111-223915
FIGURE C Global risks ranked by severity over the short and long term 図C 短期的および長期的な重大度によってランク付けされたグローバル・リスク
"Please estimate the likely impact (severity) of the following risks over a 2-year and 10-year period." 「以下のリスクについて、2年後と10年後にどのような影響(深刻度)を受ける可能性があるかを推定してくださ い。
20240111-223955
Emerging as the most severe global risk anticipated over the next two years, foreign and domestic actors alike will leverage Misinformation and disinformation to further widen societal and political divides (Chapter 1.3: False information). As close to three billion people are expected to head to the electoral polls across several economies – including Bangladesh, India, Indonesia, Mexico, Pakistan, the United Kingdom and the United States – over the next two years, the widespread use of misinformation and disinformation, and tools to disseminate it, may undermine the legitimacy of newly elected governments. Resulting unrest could range from violent protests and hate crimes to civil confrontation and terrorism. 今後2年間に予想される最も深刻なグローバル・リスクとして浮上するのは、国内外の関係者が誤情報と偽情報を活用し、社会的・政治的分断をさらに広げることである(第1.3章:偽情報)。今後2年間で、バングラデシュ、インド、インドネシア、メキシコ、パキスタン、英国、米国など、いくつかの経済圏で30億人近くが選挙投票に向かうと予想される中、誤報や偽情報の広範な利用やそれを広めるツールが、新たに選出された政府の正統性を損なう可能性がある。その結果、暴力的な抗議行動やヘイトクライムから、市民的対立やテロに至るまで、さまざまな不安が生じる可能性がある。
Beyond elections, perceptions of reality are likely to also become more polarized, infiltrating the public discourse on issues ranging from public health to social justice. However, as truth is undermined, the risk of domestic propaganda and censorship will also rise in turn. In response to mis- and disinformation, governments could be increasingly empowered to control information based on what they determine to be “true”. Freedoms relating to the internet, press and access to wider sources of information that are already in decline risk descending into broader repression of information flows across a wider set of countries. 選挙にとどまらず、現実に対する認識も二極化し、公衆衛生から社会正義に至るまで、さまざまな問題についての言論が浸透する可能性がある。しかし、真実が損なわれるにつれ、国内でのプロパガンダや検閲のリスクも高まるだろう。誤報や偽情報に対応するため、政府は「真実」と判断する内容に基づいて情報を統制する権限をますます強める可能性がある。インターネット、報道、より広範な情報源へのアクセスに関する自由は、すでに低下しつつあるが、より広範な国々で、情報の流れに対するより広範な抑圧に陥るリスクがある。
Economic strains on low- and middle-income people – and countries – are set to grow 低・中所得層の人々、そして国々に対する経済的な負担はますます大きくなる。
The Cost-of-living crisis remains a major concern in the outlook for 2024 (Figure B). The economic risks of Inflation (#7) and Economic downturn (#9) are also notable new entrants to the top 10 risk rankings over the two-year period (Figure C). Although a “softer landing” appears to be prevailing for now, the near-term outlook remains highly uncertain. There are multiple sources of continued supply-side price pressures looming over the next two years, from El Niño conditions to the potential escalation of live conflicts. And if interest rates remain relatively high for longer, small- and mediumsized enterprises and heavily indebted countries will be particularly exposed to debt distress (Chapter 1.5: Economic uncertainty). 生活費の危機は、2024年の見通しでも依然として大きな懸念事項である(図B)。インフレ」(7位)と「景気後退」(9位)という経済リスクも、この2年間で新たにトップ10入りした注目すべきリスクである(図C)。今のところ「ソフトランディング」が優勢に見えるが、短期的な見通しは依然として極めて不透明である。今後2年間は、エルニーニョ現象から紛争激化の可能性まで、供給サイドからの価格圧力が続く可能性が複数ある。また、金利が相対的に高い状態が長く続けば、中小エ ンタープライズや重債務国は特に債務苦にさらされることになる(「1.5章 経済の不確実性」)。
Economic uncertainty will weigh heavily across most markets, but capital will be the costliest for the most vulnerable countries. Climate-vulnerable or conflictprone countries stand to be increasingly locked out of much-needed digital and physical infrastructure, trade and green investments and related economic opportunities. As the adaptive capacities of these fragile states erodes further, related societal and environmental impacts are amplified. 経済の不確実性は、ほとんどの市場で重くのしかかるが、最も脆弱性の高い国々にとっては、資本コストが最も高くなる。気候変動の影響を受けやすい国や紛争の影響を受けやすい国は、必要とされるデジタルインフラや物理的インフラ、貿易、グリーン投資、関連する経済機会からますます締め出されることになる。このような脆弱な国家の適応能力がさらに損なわれれば、関連する社会的・環境的影響は増幅される。
Similarly, the convergence of technological advances and geopolitical dynamics will likely create a new set of winners and losers across advanced and developing economies alike (Chapter 2.4: AI in charge). If commercial incentives and geopolitical imperatives, rather than public interest, remain the primary drivers of the development of artificial intelligence (AI) and other frontier technologies, the digital gap between high- and low-income countries will drive a stark disparity in the distribution of related benefits – and risks. Vulnerable countries and communities would be left further behind, digitally isolated from turbocharged AI breakthroughs impacting economic productivity, finance, climate, education and healthcare, as well as related job creation. 同様に、技術の進歩と地政学的ダイナミクスの融合は、先進国、途上国を問わず、新たな勝者と敗者を生み出す可能性が高い(第2.4章:AI担当)。人工知能(AI)やその他のフロンティア・テクノロジーの開発において、公共の利益よりもむしろ、商業的インセンティブや地政学的な要請が主要な原動力のままであれば、高所得国と低所得国の間のデジタル格差によって、関連する利益(そしてリスク)の分配に著しい格差が生じるだろう。脆弱性のある国やコミュニティは、経済生産性、金融、気候、教育、ヘルスケア、そして関連する雇用創出に影響を与える、AIによるターボチャージャーによるブレークスルーからデジタル的に隔離され、さらに取り残されることになるだろう。
FIGURE D Global risks landscape: an interconnections map 図D グローバルなリスク展望:相互関連マップ
20240111-224019
Over the longer term, developmental progress and living standards are at risk. Economic, environmental and technological trends are likely to entrench existing challenges around labour and social mobility, blocking individuals from income and skilling opportunities, and therefore the ability to improve economic status (Chapter 2.5: End of development?). Lack of economic opportunity is a top 10 risk over the two-year period, but is seemingly less of a concern for global decision-makers over the longer-term horizon, dropping to #11 (Figure E). High rates of job churn – both job creation and destruction – have the potential to result in deeply bifurcated labour markets between and within developed and developing economies. While the productivity benefits of these economic transitions should not be underestimated, manufacturing- or services-led export growth might no longer offer traditional pathways to greater prosperity for developing countries. 長期的には、発展の進展と生活標準がリスクにさらされている。経済的、環境的、技術的なトレンドは、労働と社会的流動性をめぐる既存の課題を深刻化させる可能性が高く、個人が所得や技能習得の機会から妨げられ、その結果、経済的地位を向上させる能力が失われる(第2.5章:開発の終焉?) 経済的機会の欠如は、2年間のリスクとしてはトップ10に入るが、長期的な視野に立てば、グローバルな意思決定者にとっての懸念事項ではなくなり、11位に落ちるようである(図E)。高い雇用変動率(雇用の創出と破壊の両方)は、先進国と発展途上国の間、または先進国と発展途上国の中で、労働市場を深く二分する可能性がある。こうした経済移行がもたらす生産性の便益を過小評価すべきではないが、製造業やサービス業主導の輸出成長は、もはや発展途上国にとって、より大きな繁栄への伝統的な道筋を提供しないかもしれない。
The narrowing of individual pathways to stable livelihoods would also impact metrics of human development – from poverty to access to education and healthcare. Marked changes in the social contract as intergenerational mobility declines would radically reshape societal and political dynamics in both advanced and developing economies. 安定した生活への個々の道筋が狭まることは、貧困から教育や医療へのアクセスに至るまで、人間開発の指標にも影響を与えるだろう。世代間の流動性が低下し、社会契約に著しい変化が生じれば、先進国・途上国双方の社会的・政治的ダイナミクスが根本的に再構築されるだろう。
Simmering geopolitical tensions combined with technology will drive new security risks 地政学的緊張の高まりとテクノロジーの融合が新たな安全保障リスクを生む
As both a product and driver of state fragility, Interstate armed conflict is a new entrant into the top risk rankings over the two-year horizon (Figure C). As the focus of major powers becomes stretched across multiple fronts, conflict contagion is a key concern (Chapter 1.4: Rise in conflict). There are several frozen conflicts at risk of heating up in the near term, due to spillover threats or growing state fragility. 国家の脆弱性の産物であると同時に推進要因でもある国家間の武力紛争は、2年後のリスクランキングの上位に新たにランクインする(図C)。大国の焦点が複数の戦線にまたがるようになると、紛争の伝染が重要な懸念となる(第1.4章 紛争の増加)。波及的な脅威や国家の脆弱性の増大により、当面、いくつかの凍結された紛争が加熱するリスクがある。
This becomes an even more worrying risk in the context of recent technological advances. In the absence of concerted collaboration, a globally fragmented approach to regulating frontier technologies is unlikely to prevent the spread of its most dangerous capabilities and, in fact, may encourage proliferation (Chapter 2.4: AI in charge). Over the longer-term, technological advances, including in generative AI, will enable a range of non-state and state actors to access a superhuman breadth of knowledge to conceptualize and develop new tools of disruption and conflict, from malware to biological weapons.  このリスクは、近年の技術進歩の中で、さらに憂慮すべきものとなっている。協調がなければ、フロンティア技術を規制するための世界的に分断されたアプローチでは、最も危険な能力の拡散を防ぐことは難しく、むしろ拡散を助長しかねない(第2.4章:AI担当)。長期的には、生成的AIを含む技術の進歩により、さまざまな非国家・国家主体が、マルウェアから生物兵器に至るまで、混乱や紛争を引き起こす新たな手段を構想・開発するための超人的な知識の幅にアクセスできるようになるだろう。
In this environment, the lines between the state, organized crime, private militia and terrorist groups would blur further. A broad set of non-state actors will capitalize on weakened systems, cementing the cycle between conflict, fragility, corruption and crime. Illicit economic activity (#31) is one of the lowest-ranked risks over the 10-year period but is seen to be triggered by a number of the top-ranked risks over the two- and 10-year horizons (Figure D). Economic hardship – combined with technological advances, resource stress and conflict – is likely to push more people towards crime, militarization or radicalization and contribute to the globalization of organized crime in targets and operations (Chapter 2.6: Crime wave). このような環境では、国家、組織犯罪、民兵、テロ集団の境界線はさらに曖昧になるだろう。広範な非国家主体が弱体化したシステムを利用し、紛争、脆弱性、腐敗、犯罪のサイクルを強固なものにするだろう。不正な経済活動(31位)は、10年間では最も低いランクにあるリスクのひとつだが、2年後、10年後を見通すと、上位にランクされる多くのリスクによって引き起こされると考えられる(図D)。経済的苦境は、技術の進歩、資源ストレス、紛争と相まって、より多くの人々を犯罪、軍事化、急進化へと向かわせ、標的や活動において組織犯罪のグローバル化に寄与すると考えられる(第2.6章 犯罪の波)。
The growing internationalization of conflicts by a wider set of powers could lead to deadlier, prolonged warfare and overwhelming humanitarian crises. With multiple states engaged in proxy, and perhaps even direct warfare, the incentives to condense decision time through the integration of AI will grow. The creep of machine intelligence into conflict decision-making – to autonomously select targets and determine objectives – would significantly raise the risk of accidental or intentional escalation over the next decade. より広範な勢力による紛争の国際化の進展は、より殺伐とした、長期化する戦争と圧倒的な人道危機をもたらす可能性がある。複数の国家が代理戦争、そしておそらくは直接戦争に関与することで、AIの統合によって意思決定時間を短縮するインセンティブが高まるだろう。紛争における意思決定(自律的に標的を選定し、目的を決定する)に機械知能が入り込むことは、今後10年間で、偶発的または意図的なエスカレーションのリスクを著しく高めるだろう。
Ideological and geoeconomic divides will disrupt the future of governance イデオロギー的・地理経済的対立が将来のガバナンスを混乱させる
A deeper divide on the international stage between multiple poles of power and between the Global North and South would paralyze international governance mechanisms and divert the attention and resources of major powers away from urgent global risks. 国際舞台における権力の多極間および北と南の間の溝が深まれば、国際ガバナンス・メカニズムは麻痺し、大国の関心と資源は緊急のグローバル・リスクから遠ざかるだろう。
Asked about the global political outlook for cooperation on risks over the next decade, twothirds of GRPS respondents feel that we will face a multipolar or fragmented order in which middle and great powers contest, set and enforce regional rules and norms. Over the next decade, as dissatisfaction with the continued dominance of the Global North grows, an evolving set of states will seek a more pivotal influence on the global stage across multiple domains, asserting their power in military, technological and economic terms. GRPSの回答者の3分の2は、今後10年間のリスクに対する協力に関する世界政治の見通しについて質問され、中堅国や大国が地域的なルールや規範を争ったり、設定したり、実施したりする多極的あるいは断片的な秩序に直面すると感じている。今後10年間、北半球の支配が続くことへの不満が高まるにつれ、進化する国家群が、軍事的、技術的、経済的に自らの力を主張しながら、複数の領域にわたってグローバルな舞台でより極めて重要な影響力を求めるようになるだろう。
As states in the Global South bear the brunt of a changing climate, the aftereffects of pandemicera crises and geoeconomic rifts between major powers, growing alignment and political alliances within this historically disparate group of countries could increasingly shape security dynamics, including implications for high-stakes hotspots: the Russia-Ukraine war, the Middle East conflict and tensions over Taiwan (Chapter 1.4: Rise in conflict). Coordinated efforts to isolate “rogue” states are likely to be increasingly futile, while international governance and peacekeeping efforts shown to be ineffective at “policing” conflict could be sidelined.  グローバル・サウスの国々が気候変動の影響を受け、パンデミック危機の後遺症や大国間の地政学的な亀裂に見舞われる中、この歴史的に異質な国のグループ内での連携と政治的同盟の高まりは、ロシア・ウクライナ戦争、中東紛争、台湾をめぐる緊張など、利害関係の大きいホットスポットへの影響も含め、安全保障のダイナミクスをますます形作る可能性がある(第1.4章 紛争の勃発)。ならず者」国家を孤立させるための協調的な努力はますます無益になる可能性が高く、一方、紛争を「取り締まる」効果がないことが明らかになった国際ガバナンスや平和維持の努力は傍観される可能性がある。
The shifting balance of influence in global affairs is particularly evident in the internationalization of conflicts – where pivotal powers will increasingly lend support and resources to garner political allies – but will also shape the longer-term trajectory and management of global risks more broadly. For example, access to highly concentrated tech stacks will become an even more critical component of soft power for major powers to cement their influence. However, other countries with competitive advantages in upstream value chains – from critical minerals to high-value IP and capital – will likely leverage these economic assets to obtain access to advanced technologies, leading to novel power dynamics. 世界情勢における影響力のバランスの変化は、特に紛争の国際化(枢軸国が政治的同盟者を獲得するために支援や資源を提供する傾向が強まる)において顕著であるが、それだけでなく、より広範なグローバル・リスクの長期的な軌道とマネジメントを形作ることになる。例えば、大国がその影響力を強固なものにするためには、高度に集積された技術スタックへのアクセスがソフトパワーの重要な要素となる。しかし、重要な鉱物から高価値の知的財産や資本に至るまで、上流のバリューチェーンで競争上の優位性を持つ他の国々は、こうした経済資産を活用して先端技術へのアクセスを獲得し、新たなパワー・ダイナミクスをもたらす可能性が高い。
Opportunities for action to address global risks in a fragmented world 分断化された世界におけるグローバルリスクに対処するための行動機会
Cooperation will come under pressure in this fragmented, in-flux world. However there remain key opportunities for action that can be taken locally or internationally, individually or collaboratively – that can significantly reduce the impact of global risks.  分断化され、流動化した世界では、協力は圧力にさらされるだろう。しかし、グローバル・リスクの影響を大幅に軽減できるような、地域的または国際的、個別的または協調的な行動をとることができる重要な機会が残されている。
Localized strategies leveraging investment and regulation can reduce the impact of those inevitable risks that we can prepare for, and both the public and private sector can play a key role to extend these benefits to all. Single breakthrough endeavors, grown through efforts to prioritize the future and focus on research and development, can similarly help make the world a safer place. The collective actions of individual citizens, companies and countries may seem insignificant on their own, but at critical mass they can move the needle on global risk reduction. Finally, even in a world that is increasingly fragmented, cross-border collaboration at scale remains critical for risks that are decisive for human security and prosperity.  投資と規制を活用した地域密着型の戦略は、私たちが備えることのできる避けられないリスクの影響を軽減することができ、官民両セクターは、こうした恩恵をすべての人に広げるために重要な役割を果たすことができる。未来を優先し、研究開発に注力する努力によって成長する、単一の画期的な試みも同様に、世界をより安全な場所にするのに役立つ。個々の市民、企業、国の集団的な行動は、それ単体では取るに足らないように見えるかもしれないが、臨界量に達すれば、世界的なリスク削減の針を動かすことができる。最後に、分断化が進む世界であっても、人間の安全保障と繁栄にとって決定的なリスクに対しては、国境を越えた大規模な協力が不可欠であることに変わりはない。
The next decade will usher in a period of significant change, stretching our adaptive capacity to the limit. A multiplicity of entirely different futures is conceivable over this time frame, and a more positive path can be shaped through our actions to address global risks today. 次の10年は大きな変化の時代を迎え、私たちの適応能力は限界まで伸びるだろう。この期間には、まったく異なるさまざまな未来が考えられるが、今日のグローバル・リスクに対処するための行動を通じて、より前向きな道を切り開くことができる。
FIGURE E Global risks ranked by severity 図E グローバル・リスクの深刻度ランキング
"Please estimate the likely impact (severity) of the following risks over a 2-year and 10-year period." 以下のリスクについて、2年後と10年後に起こりうる影響(深刻度)を推定してほしい。
20240111-224132

 

 

19 2024 2024.01.11 Web PDF Home
18 2023 2023.01.11 Web PDF Home
17 2022 2022.01.11 Web PDF Press
16 2021 2021.01.19 Web PDF Press
15 2020 2020.01.15 Web PDF Press
14 2019 2019.01.15 Web PDF Press
13 2018 2018.01.17 Web PDF Press
12 2017 2017.01.11 Web PDF Press
11 2016 2016.01.14 Web PDF Press
10 2015 2015.01.09 Web PDF Press
9 2014 2014.01.12 Web PDF Press
8 2013 2012.10.30 Web PDF Press
7 2012 2012.01.05 Web PDF Press
6 2011 2011.09.27 Web PDF Press
5 2010 2010.01.04 Web PDF Press
4 2009     PDF  
3 2008     PDF  
2 2007     PDF  
1 2006     PDF  

 

 

 


 

 まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.01.12 世界経済フォーラム (WEF) The Global Risks Report 2023 18th Edition グローバルリスク報告書2023

・2022.01.14 世界経済フォーラム (WEF) The Global Risks Report 2022 17th Edition - 2022年のグローバルリスクのトップは、気候変動への適応の失敗と社会的危機

・2021.01.21 世界経済フォーラム The Global Risks Report 2021 16th Edition - 世界は長期的リスクへの対応に目覚めるべきである

 

 

| | Comments (0)

2023.12.11

欧州データ保護監督者 テックソナー 2023-2024 (新技術の予測に関するレポート)(2023.12.04)

こんにちは、丸山満彦です。

欧州データ保護監督官機関 (EDPS) が新技術の予測に関するレポートとして、TechSonar Reportを2年前から公表しているようですね。。。

興味深い資料だと思います。。。

あと、予測のためのツールがされに興味深い。。。

 

欧州委員会共同研究センターのティム・アナリティクス

ダッシュボード

 

EUROPEAN DATA PROTECTION SUPERVISOR: EDPS

・2023.12.04 TechSonar

・[PDF] 2023-2024

20231211-01558

 

過去から...

2023-2024 20231211-01558 Large language models (LLM) 大規模言語モデル(LLM)
Digital identity wallet デジタルIDウォレット
Internet of behaviours 行動のインターネット
Extended reality 拡張現実
Deepfake detection ディープフェイク検知
2022-2023 20231211-04235 Fake News Detection フェイクニュース検知
Central Bank Digital Currency 中央銀行デジタル通貨
Metaverse メタバース
Federated Learning 連合学習
Synthetic Data 合成データ
2021-2022 20231211-04247 Biometric Continuous Authentication バイオメトリクス連続認証
Just Walk Out Technology ジャスト・ウォーク・アウト・テクノロジー
Digital Therapeutics (DTx) デジタル・セラピューティクス(DTx)
Smart Vaccination Certificate スマートワクチン接種証明書

 


 

ちなみにダッシュボードはこんな感じ...

20231211-11507

 

| | Comments (0)

2023.07.08

日本公認会計士協会 「監査提言集」の公表について

こんにちは、丸山満彦です。

公認会計士協会では、2008年より毎年、監査提言集を公開しています。内部統制のあり方、監査についての参考になります。。。会員向けには別途詳細な記載があるものがあります。

 

日本公認会計士協会

・2023.07.03「監査提言集」の公表について

・[PDF] 監査提言集(一般用)

20230708-74727

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2008.08.08 経営者からの売上目標達成のプレッシャーが強い環境下では、架空売上のリスクが高まるが内部にいる人に他社よりプレッシャーが高いことを認識できるのでしょうか?

・2008.07.28 監査提言集から読み取る内部統制の文書化の限界・・・

・2008.07.22 JICPA 監査提言集

 

| | Comments (0)

2023.06.07

ドイツ 電子投票システムのプロテクションプロファイル、非政治的な選挙を実施するためのITセキュリティ要件についての技術ガイド

こんにちは、丸山満彦です。

ドイツのBSIが電子投票システムのプロテクション・プロファイル、非政治的な選挙を実施するためのITセキュリティ要件についての技術ガイド、最終報告書 プロジェクト MaSiGov - 電子政府アプリとウェブポータルのセキュリティのための市場と脆弱性分析を公表していますね。。。

日本では選挙の電子投票システムは可児市の選挙の一件で一気に下火になりましたが、、、

株主総会、理事会、いろいろな場面で投票ということはあるので、電子投票システムというのは、これからもいろいろと重要だろうと思いますが、どうなんでしょうね。。。

 

Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik: BSI

・2023.05.30 Veröffentlichung von Dokumenten zur Sicherheit von Online-Wahlen

Veröffentlichung von Dokumenten zur Sicherheit von Online-Wahlen オンライン選挙のセキュリティに関する文書の公開について
Das Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik (BSI) hat das neue BSI-CC-PP-0121 Protection Profile for e-voting systems sowie die Technische Richtlinie 03169 IT-sicherheitstechnische Anforderungen zur Durchführung von nicht-politischen Wahlen zur Kommentierung veröffentlicht. Die Dokumente können bis 30. Juni 2023 kommentiert werden. Hierzu hat das BSI ein Kommentierungsformular bereitgestellt, das ausgefüllt an online-wahlen@bsi.bund.de gesendet werden kann. ドイツ連邦情報セキュリティ局(BSI)は、電子投票システムの新しいBSI-CC-PP-0121 プロテクション・プロファイルと、技術ガイドライン03169 非政治的な選挙を実施するためのITセキュリティ要件を公開し、コメントを求めている。この文書は、2023年6月30日までコメントすることができます。このため、BSIはコメントフォームを用意しており、必要事項を記入して online-wahlen@bsi.bund.de に送付することができる。
Nicht nur durch die Corona-Pandemie ist der Bedarf nach Alternativen zu Brief- und Präsenzwahlen gestiegen. Neben einer entsprechenden rechtlichen Grundlage benötigen Wahlverantwortliche Unterstützung, um Online-Wahlen so sicher wie möglich umzusetzen. Um Rahmenbedingungen und Mindestanforderungen für den sich noch entwickelnden Markt zu schaffen und Hilfestellungen für die Durchführung von Online-Wahlen zu bieten, hat das BSI ein neues Schutzprofil für Online-Wahlprodukte nach Common Criteria und eine Technische Richtlinie zur Durchführung von Online-Wahlen erstellt. Diese Dokumente hat das BSI auf Grundlage eines Projektes zur Markt- und Schwachstellenanalyse zur Sicherheit von Online-Wahlprodukten (MaSiOWa) erarbeitet. Im Rahmen des Projektes wurde eine Marktübersicht über Online-Wahlprodukte erstellt, bei der unter anderem Daten zu Hersteller, Firmensitz, Produktname, Art der Wahlen oder Abstimmungen und zur Nutzung kryptografischer Wahlverfahren ermittelt wurden. Anschließend fanden im Einvernehmen mit Produktverantwortlichen Schwachstellenanalysen von fünf Online-Wahlprodukten statt. 郵便や対面式選挙に代わる選挙の必要性を高めているのは、コロナパンデミックだけではない。適切な法的根拠に加え、選挙管理者はオンライン選挙を可能な限り安全に実施するためのサポートを必要としています。BSIは、まだ発展途上の市場に枠組み条件と最低要件を設け、オンライン選挙の実施に向けた支援を提供するため、コモンクライテリアに準拠したオンライン選挙製品の新しい保護プロファイルとオンライン選挙の実施に関する技術ガイドラインを作成しました。BSIは、オンライン選挙製品のセキュリティに関する市場・脆弱性分析プロジェクト(MaSiOWa)に基づいて、これらの文書を作成しました。このプロジェクトの一環として、オンライン投票製品の市場概要が作成され、メーカー、本社、製品名、選挙や投票の種類、暗号化された投票手順の使用に関するデータが含まれました。その後、5つのオンライン投票製品の脆弱性分析を、製品管理者と協議しながら実施した。
Das Protection Profile liegt in der Version 0.9 vor, die sich aktuell in der Evaluierung zur Nutzung nach Common Criteria befindet. Es richtet sich an Produktverantwortliche, die eine Zertifizierung ihres Online-Wahlproduktes nach Common Criteria anstreben. プロテクションプロファイルはバージョン0.9で提供されており、現在コモンクライテリアに基づく使用評価が行われている。コモンクライテリアに準拠したオンライン投票製品の認定を希望する製品管理者を対象としている。
Die Technische Richtlinie liegt in der Version 0.7 vor. Sie richtet sich an Wahlverantwortliche und soll diesen bei der Planung und Durchführung einer Online-Wahl als Unterstützung dienen. Hierfür sind unter anderem auch Vorlagen und Beispiele für die Erstellung eines IT-Sicherheitskonzeptes nach BSI-IT-Grundschutz enthalten. 技術ガイドラインは、バージョン0.7で利用可能です。これは選挙管理者を対象としており、オンライン選挙の計画と実施を支援することを目的としている。また、BSI IT-Grundschutzに準拠したITセキュリティコンセプトの作成に必要なテンプレートや例も含まれている。
Weitere Informationen 詳細情報
Download BSI TR-03169: Online-Wahlen (PDF) BSI TR-03169: オンライン選挙 (PDF)
Download BSI-CC-PP-0121 Protection Profile for e-voting systems (PDF) BSI-CC-PP-0121 電子投票システム用プロテクション・プロファイル (PDF)
Download Abschlussbericht Projekt MaSiGov – Markt- und Schwachstellenanalyse zur Sicherheit von E-Government-Apps und Webportalen (PDF) 最終報告書 プロジェクト MaSiGov - 電子政府アプリとウェブポータルのセキュリティのための市場と脆弱性分析 (PDF)

 

・[PDF] BSI TR-03169: Online-Wahlen

20230607-53405

Technische Richtlinie TR-03169 技術ガイドライン TR-03169
IT-sicherheitstechnische Anforderungen zur Durchführung von nichtpolitischen Online-Wahlen und -Abstimmungen Version 0.7 Entwurf 非政治的オンライン選挙・投票実施のためのITセキュリティ要件 0.7版(案)
1  Einleitung 1 はじめに
1.1  Zielgruppe 1.1 対象者
1.2  Geltungsbereich 1.2 対象範囲
1.3  Zielsetzung 1.3 目的
1.4  Formalia 1.4 形式的なもの
2  Regulatorisches und gesetzliches Umfeld 2 規制と法的環境
2.1  Verschiedene Kontexte von Wahlen 2.1 選挙のさまざまな文脈
2.2  Angreifermodelle 2.2 攻撃のモデル
2.3  Schutzbedarf 2.3 保護の必要性
2.4  Risiken 2.4 リスク
2.5  Einordnung des Schutzprofils BSI-CC-PP-0121 2.5 保護プロファイルの分類 BSI-CC-PP-0121
3  Online-Wahl 3 オンライン選挙
3.1  Allgemeiner Ablauf einer Wahl 3.1 選挙の一般的な手順
3.2  Vorbereitungsphase 3.2 準備段階
3.2.1  Aspekte der Vorbereitungsphase 3.2.1 準備段階の側面
3.2.2  Anforderungen an die Vorbereitungsphase 3.2.2 準備段階における要求事項
3.3  Durchführungsphase 3.3 実施段階
3.3.1  Aspekte der Durchführungsphase 3.3.1 実施フェーズの側面
3.3.2  Anforderungen an die Durchführungsphase 3.3.2 実施段階での要求事項
3.4  Auswertungsphase 3.4 評価フェーズ
3.4.1  Aspekte der Auswertungsphase 3.4.1 評価フェーズの側面
3.4.2  Anforderungen an die Auswertungsphase 3.4.2 評価フェーズの要求事項
3.5  Nachbereitungsphase 3.5 フォローアップ段階
3.5.1  Aspekte der Nachbereitungsphase 3.5.1 フォローアップフェーズの側面
3.5.2  Anforderungen an die Nachbereitungsphase 3.5.2 フォローアップフェーズの要求事項
4  Schlusswort 4 まとめ
5  Anhang 5 附属書
5.1  Umsetzungshinweise zum BSI IT-Grundschutz 5.1 BSI IT-Grundschutzの実施要領
5.1.1  Durchführung von BSI IT-Grundschutz 5.1.1 BSI IT-Grundschutzの実施について
5.1.2  Notfallmanagement 5.1.2 緊急事態管理
6 Glossar 6 用語集

 

 

・[PDF] BSI-CC-PP-0121 Protection Profile for e-voting systems

20230607-53416

 

Protection Profile for E-Voting Systems for non-political Elections  非政治的選挙における電子投票システムの保護プロファイル
1 Protection Profile Introduction 1 プロテクションプロファイル序文
1.1 Protection Profile Reference 1.1 プロテクションプロファイルの参照
1.2 TOE overview 1.2 TOE 概要
1.2.1 TOE Type 1.2.1 TOE タイプ
1.2.2 Usage and major Security Features of the TOE 1.2.2 TOEの使用方法と主なセキュリティ機能
1.2.3 Non-TOE Hardware/Software/Firmware 1.2.3 非TOEのハードウェア/ソフトウェア/ファームウェア
1.3 Terms and Definitions 1.3 用語と定義
2 Conformance Claim 2 適合主張
2.1 CC Conformance Claim 2.1 CC 適合主張
2.2 PP Claim and Package Claim 2.2 PP主張及びパッケージ主張
2.3 PP Conformance Statement 2.3 PP適合宣言書
3 Security Problem Definition 3 セキュリティ問題の定義
3.1 Introduction 3.1 序文
3.1.1 Assets 3.1.1 資産
3.1.2 Users and Subjects 3.1.2 ユーザとサブジェクト
3.1.3 Security Attributes 3.1.3 セキュリティ属性
3.2 Threats 3.2 脅威
3.3 Organizational Security Policies 3.3 組織的なセキュリティポリシー
3.4 Assumptions 3.4 想定事項
4 Security Objectives 4 セキュリティ目標
4.1 Security Objectives for the TOE 4.1 TOE セキュリティ目標
4.2 Security Objectives for the Operational Environment 4.2 運用環境に対するセキュリティ目標
4.3 Security Objectives Rationale 4.3 セキュリティ目標の根拠
5 Extended Component Definition 5 拡張コンポーネントの定義
5.1 External cryptographic Operation (FCS_ECO) 5.1 外部暗号操作(FCS_ECO)
5.1.1 Family Behaviour 5.1.1 ファミリーの動作
5.1.2 Components Leveling and Description 5.1.2 コンポーネントのレベル分けと説明
5.1.3 Management of FCS_ECO.1 5.1.3 FCS_ECO.1 の管理
5.1.4 Audit of FCS_ECO.1 5.1.4 FCS_ECO.1の監査
5.1.5 FCS_ECO.1 External cryptographic Operation 5.1.5 FCS_ECO.1 の外部暗号化操作
6 Security Requirements 6 セキュリティ要求事項
6.1 Security Functional Requirements (SFRs) 6.1 セキュリティ機能要件(SFR)
6.1.1 User Identification and Authentication 6.1.1 ユーザーの識別と認証
6.1.2 Access Control 6.1.2 アクセス制御
6.1.3 User Data Import and Export 6.1.3 ユーザーデータのインポート及びエクスポート
6.1.4 Secure Communication 6.1.4 安全な通信

 

 

・[PDF] Abschlussbericht Projekt MaSiGov – Markt- und Schwachstellenanalyse zur Sicherheit von E-Government-Apps und Webportalen

20230607-53423

 

 

1 Einleitung 1 はじめに
1.1 Ausgangslage und Hintergrund 1.1 初期状況および背景
1.2 Zielsetzung und Aufbau der Studie 1.2 研究の目的と構成
2 Projektauftrag 2 プロジェクトの任務
2.1 Vorgehen 2.1 手続き
2.2 Definitionen 2.2 定義
2.2.1 Definition Portal 2.2.1 ポータルの定義
2.2.2 Definition App 2.2.2 定義 アプリ
2.3 Projektteam 2.3 プロジェクトチーム
3 Marktübersicht 3 市場の概要
3.1 Produktkategorie Apps 3.1 製品カテゴリー Apps
3.1.1 Internet-Recherche 3.1.1 インターネットリサーチ
3.1.2 Direktkontakte 3.1.2 直接コンタクト
3.1.3 Ergebnis 3.1.3 リザルト
3.2 Produktkategorie Webportale 3.2 製品カテゴリー ウェブポータル
3.2.1 Internet-Recherche und Fragebogen 3.2.1 インターネット調査・アンケート
3.2.2 OZG-Dashboard 3.2.2 OZGダッシュボード
3.2.3 Direktkontakte 3.2.3 ダイレクトコンタクト
3.2.4 Auswahlkriterien 3.2.4 選定基準
3.2.5 Auswahl der Portale 3.2.5 ポータルの選定
4 Angriffs- und Durchführungskatalog 4 攻撃と実行のカタログ
4.1 Risiko-Identifikation und Risiko-Analyse 4.1 リスクの特定とリスク分析
4.2 Angriffskatalog 4.2 アタックカタログ
4.3 Durchführungskatalog 4.3 インプリメンテーションカタログ
5 Durchführung der Schwachstellenanalysen 5 脆弱性解析の実施
5.1 Vorgehensweise analog zum Durchführungskonzept Penetrationstests 5.1 ペネトレーションテストの実施概念に準じた手順
5.2 Ablauf der Schwachstellenanalysen 5.2 脆弱性診断の実施手順
5.2.1 Erstellung Leistungsschein und Scope-Definition 5.2.1 サービス仕様書の作成とスコープ定義
5.2.2 Terminabstimmung und Kickoff 5.2.2 日程の調整とキックオフ
5.2.3 Testdurchführung, fachliche Qualitätssicherung und Lektorat 5.2.3 テスト実施、技術的品質保証、校正
5.2.4 Abschlussbesprechungen 5.2.4 最終打ち合わせ
5.2.5 Nachtest 5.2.5 テスト終了後
5.3 Kategorisierung der Ergebnisse 5.3 結果の分類
5.4 Schwachstellenbewertung 5.4 脆弱性評価
6 Erkenntnisse und Statistik 6 調査結果および統計
6.1 Schwachstellen auf Systemebene 6.1 システムレベルの脆弱性
6.2 Schwachstellen auf Anwendungsebene 6.2 アプリケーションレベルの脆弱性
6.2.1 Schwachstellen im Kontext eingesetzter Software 6.2.1 配備されたソフトウェアに関連する脆弱性
6.2.2 Schwachstellen im Kontext der Upload-Funktionen 6.2.2 アップロード機能に関する脆弱性
6.2.3 Denial-of-Service durch zwischengespeicherte Anträge 6.2.3 キャッシュされたリクエストによるサービス拒否
6.2.4 Unsichere Weiterleitung beim Login 6.2.4 ログイン時の安全でないフォワーディング
6.2.5 Umgang mit sensiblen Informationen 6.2.5 機密情報の取り扱い
6.2.6 Secure-Merkmal im Cookie fehlt 6.2.6 Cookie の欠落における安全な機能
6.2.7 Identifizierte Sicherheitshinweise 6.2.7 特定されたセキュリティ情報
7 Fazit und Ausblick 7 まとめと展望
8 Anhang: Fragebogen 8 附属書:アンケート
Abkürzungsverzeichnis 略語の一覧
Glossar 用語集
Literaturverzeichnis 参考情報

 

 

 

 


 

選挙も含めて電子投票関係。。。

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

電子投票

 

・2021.03.30 NISTIR 8310 (Draft) サイバーセキュリティフレームワーク(CSF) 選挙インフラのプロファイル

・2020.05.14 COVID-19でオンライン投票は普及するのか?

 

少し遡って

・2007.12.19 国政選挙でも電子投票ができるようになる?

・2007.01.08 総務省 「電子投票システムの技術的条件の適合確認等について」の公表

・2006.11.12 電子投票 参院選の導入見送り

・2006.10.17 自民党 電子投票促進へ交付金?

・2006.02.11 総務省試算 電子投票を全面導入すると国費負担1400億円

・2005.11.15 総務省 電子投票システム調査検討会発足

・2005.07.19 総務省 電子投票の普及促進 有識者検討会設置

・2005.07.10 可児市市議選 選挙無効確定!

・2005.03.11 名古屋高裁 可児市電子投票 無効!

・2005.02.26 電子投票 韓国は2008年から国選選挙でインターネット投票

 

| | Comments (0)

2023.04.24

B7 東京サミット共同提言

こんにちは、丸山満彦です。

G7が今回は日本で開催されますが、それに合わせて、G7国の経済団体のB7が東京で開催され、共同提言が行われましたね。。。

市場の分断の負の影響を低減させる必要性について強調していますね。。。

もちろん、デジタル(セキュリティを含む)に関することにも言及されていますね。。。

 

原文は英語ですが、日本語訳については、経団連から公表されています。

⚫︎日本経済団体連合

・2023.04.20 B7東京サミット共同提言

目次...

 


Ⅳ.デジタルトランスフォーメーション

1.「自由で公正な貿易投資のためのクラブ」を通じたDFFTの実現

2.データ保護制度間の相互運用性の実現

3.ガバメント・アクセスに係るルール設定

4.セキュリティの確保

(1) サイバーセキュリティの強化

COVID-19のパンデミックによるデジタル化の進展や、社会・経済活動の変化に伴い、産業界のみならず社会全体でサイバー空間と実空間との融合が進展している。一方でサプライチェーンを介したサイバー攻撃も増加している。また、地政学的緊張の高まりがサイバー空間にまで及ぶにつれ、サイバーセキュリティは国家安全保障の重要な分野となりつつある。このような状況下、「Society 5.0 for SDGs」の実現に向けた価値創造とバリューチェーン構築、リスク管理の観点から、G7は、運用上の協力、グローバルサウスに対するキャパシティビルディング、異なった制度間の調和に向けた対話などを推進すべきである。

(2) ディスインフォメーションへの対応

基本的人権の根本である表現の自由が保障されなければならない一方、悪意ある情報を含むディスインフォメーションは民主主義と国家安全保障を脅かす可能性がある。本件は市民の自由と安全保障上の考慮に関する憲法上の議論を含む問題であるため、G7各国はそれぞれの方法でディスインフォメーションへの対応と検閲の禁止といった課題に対処し、必要に応じて情報とベストプラクティスを共有すべきである。

5.デジタル技術の開発

6.キャパシティビルディング


 

 となっていますね。。。

原文は英語です。。。

・2023.04.20 B7 Tokyo Summit Joint Recommendation

 

欧州のビジネスヨーロッパでも公表されていますね。。。

⚫︎ Business Europe

・2023.04.20 B7 Tokyo Summit - Joint recommendation

・[PDF]

20230424-122756

 

 

| | Comments (0)

2023.02.20

デジタル庁 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の取組に関する総括報告書

こんにちは、丸山満彦です。

デジタル庁が、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の取組に関する総括報告書」と、「参考資料集」(新型コロナウイルス感染症対策テックチーム、接触確認アプリに関する有識者検討会合資料、不具合に関する厚生労働省検証報告書、会計検査院処置要求、GitHub での議論の結果)を公表していますね。。。


デジタル庁では、厚生労働省と連携し、アプリの成果・結果や課題を整理し、次のパンデミック時にデジタル技術を有効に活用するため、関係者へのヒアリングや利用者アンケートを踏まえてCOCOAの取組の総括を行い以下の報告書をまとめました。


この後、海外の類似アプリについての調査報告書も公表するとのことです。。。

この総括報告書はとても参考になると思います。もちろんシステム開発者側の人にとってもですが、むしろシステム開発を発注する立場の人、そうなるであろう人が目を通しておくことが重要だなぁと思いました。

開発した成果物の成否を気にする方も多いと思いますが、成果物はまさに結果であり、その結果が失敗というのは、おそらくその過程がうまく行っていなかったということであり、全体としてみれば、プロジェクトが失敗ということになるわけですよね。。。

となると、その原因はプロジェクトの責任者であり、その責任を考える上では、プロジェクトの責任者が自問するところから始まるのだろうと思います。。。もし、プロジェクトの責任者が、誰なのかあいまいであったり、プロジェクトのミッション、目的自体が曖昧であった場合は、そのプロジェクトを起案、発注した人が考えるべき問題なのかもしれません。。。

ーーーーー

ちなみに話題となっているJAXAの次世代主力ロケット「H3」の試験1号機が、発射直前に突然打ち上げが中止になった状況について、中止なのか失敗なのか、という話ですが、そういう意味では、安全に打ち上げるという目的、ミッション全体からみるとまだ、失敗しているわけではなく、プロセスを中止し、延期しているわけです。が、その日に打ち上げるというプロセスだけを取り上げると、その日のプロセスの目的は達成されなかったので、失敗といっても良いかも知れません。読者に対して、どのようなメッセージを伝えたいかということだろうと思います。主要な新聞は中止としています。

・IT media 2023.02.17 打ち上げ中止「H3」会見で共同記者の質問に批判相次ぐ ロケットを救った「フェールセーフ」とは

 ーーーーー

 

● デジタル庁

・2023.02.16 

・[PDF] 報告書本文

20230219-90254

1.はじめに

2.経緯
(1)2020 年(令和2年)5月8日の実装の決定まで
(2)2020 年(令和2年)6月 19 日のリリースまで
(3)リリースに至るまでの経緯のまとめ
(4)2021 年(令和3年)2月 18 日の不具合の修正まで
(5)不具合の修正以降
 ア)IT 室(デジタル庁)の関与
 イ)厚生労働省の不具合検証報告書を踏まえた対応
 ウ)内製化の取組
 エ)オープンソースコミュニティとの連携
 オ)機能停止
 カ)政府の基本的対処方針における COCOA の位置づけ

3.実績
(1)ダウンロード件数と陽性登録件数
(2)COCOA の開発運用費用
(3)最終アップデート版での提供データ

4.評価
(1)関係者へのヒアリングから
(2)利用者アンケートから

5.まとめ
(1)感染症対応に新たなデジタル技術の活用を検討する際に留意すべき事項
 ア)関係者間での必要な機能として目指すべきこと、その具体の仕様の合意
 イ)感染症対策上の位置づけ
 ウ)PDCA サイクルを意識した設計

(2)平時から準備をしておくべき事項
 ア)方針変更や要望への速やかな対応が可能な開発・運用体制
 イ)有事を見据えた感染症対策における平時からのデジタルツールの活用
 ウ)有事にデジタルツールを開発・運用しうるケイパビリティの確保

 

・[PDF] 参考資料集

20230219-91356

【新型コロナウイルス感染症対策テックチーム、接触確認アプリに関する有識者検討会合】
○テックチーム開催実績
 ・第1回テックチーム資料、議事概要
 ・第2回テックチーム資料、議事概要
 ・第3回テックチーム資料、議事概要
 ・第4回テックチーム資料、議事概要

○有識者会合開催実績
 ・第1回有識者会合資料、議事概要
 ・第2回有識者会合資料、議事概要
 ・第3回有識者会合資料、議事概要

○接触確認アプリ及び関連システム仕様書
COCOA の開発運用費用について
○プライバシー及びセキュリティ上の評価及びシステム運用留意事項

【不具合に関する厚生労働省検証報告書、会計検査院処置要求】
○接触確認アプリ「COCOA」の不具合の発生経緯の調査と再発防止の検討について(2021/4/16COCOA 不具合調査再発防止策検討チーム)
○厚生労働大臣に対する改善処置要求(2021/10/27 会計検査院)
COCOA の総括(オープンソースコミュニティとして)

 

 

| | Comments (0)

2023.02.07

米国 国家情報長官室 2026年までのCOVID-19パンデミックの経済的および国家安全保障上の影響 (2022.04作成)

こんにちは、丸山満彦です。

米国の国家情報長官室が、2022年4月に作成した「2026年までのCOVID-19パンデミックの経済的および国家安全保障上の影響」という報告書を公表していますね。。。

● Office of the Director of National Intelligence

・2023.02.03 Economic and National Security Implications of the COVID-19 Pandemic Through 2026

Economic and National Security Implications of the COVID-19 Pandemic Through 2026 2026年までのCOVID-19パンデミックの経済的および国家安全保障上の影響
As part of our ongoing transparency efforts to enhance public understanding of the Intelligence Community’s (IC) work and to provide insights on national security issues, ODNI today is releasing this declassified IC product dated April 2022. 情報機関(IC)の活動に対する国民の理解を深め、国家安全保障上の問題についての洞察を提供するための継続的な透明性の取り組みの一環として、ODNIは本日、2022年4月付けのこの機密解除済みICプロダクトを公開することにした。

 

・[PDF]

20230207-61816

インテリジェンス報告書をどのように書いたら良いのかという点からも参考になるかもですね。。。

 

 

 

| | Comments (0)

2023.01.07

JASA 監査人の警鐘- 2023年 情報セキュリティ十大トレンド

こんにちは、丸山満彦です。

JASA(特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会 )が情報セキュリティ監査人が選ぶ2023年の情報セキュリティ十大トレンドを発表していますね。。。

 

● JASA

・2023.01.06 監査人の警鐘 – 2023年 情報セキュリティ十大トレンド

 

ちなみに過去分は2018年からあります。。。

情報セキュリティ十大トレンド

 

今年の10位までを過去に遡ると。。。

  2023 2022 2021 2020 2019 2018
1 大規模社会インフラシステム障害により増大するサイバーリスク 14        
2 ITサプライチェーンの統制強化 3 11      
3 サイバーランサムによってあぶりだされる「怠け者システム管理者」や「ダメ経営者」 12   8 8 1
4 クラウド障害による社会的影響の拡大 9 3 2 10  
5 要注意!大事故につながるクラウドサービスのユーザ設定不備 7        
6 働き方改革に追いつかない組織管理 2 6      
7 待ったなし!中小企業のセキュリティ対策     5    
8 ディープフェイク等高度化する虚偽情報を使ったネット詐欺に要注意          
9 経済安全保障上の観点からも重要なサイバー攻撃対策          
10 オープンソースソフトウェアの脆弱性懸念に対するSBOM普及の期待          

 

コロナ関係がなくなった感じですね。。。

 

Jasa_logo_darkblue

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2022.01.07 JASA 監査人の警鐘 – 2022年 情報セキュリティ十大トレンド

 

| | Comments (0)

2022.10.14

米国 国家安全保障戦略

こんにちは、丸山満彦です。

米国が国家安全保障戦略を公表していますね。。。

3つのポイントがありますね。。。

Invest in the underlying sources and tools of American power and influence; ・米国の力と影響力の根本的な源泉と手段に投資する。
Build the strongest possible coalition of nations to enhance our collective influence to shape the global strategic environment and to solve shared challenges; and ・可能な限り強力な国家連合を構築し、世界の戦略的環境を形成し、共有する課題を解決するための我々の集団的影響力を強化する。
Modernize and strengthen our military so it is equipped for the era of strategic competition. ・わが国の軍隊を近代化・強化し、戦略的競争の時代に対応できるようにする。

 

日本もこの影響を受けるでしょうから、目を通していても良いかもですね。。。

中国は競争相手であり、協力できるところがあれば、協力するとあります。そして、ロシアも中国も党や政府とは競争するが、国民同士は仲良くやろうという感じです。。。

 

The White House

・2022.10.13 FACT SHEET: The Biden-Harris Administration’s National Security Strategy

FACT SHEET: The Biden-⁠Harris Administration’s National Security Strategy ファクトシート:バイデン-ハリス政権の国家安全保障戦略
President Biden’s National Security Strategy outlines how the United States will advance our vital interests and pursue a free, open, prosperous, and secure world. We will leverage all elements of our national power to outcompete our strategic competitors; tackle shared challenges; and shape the rules of the road. バイデン大統領の国家安全保障戦略は、米国がいかにして重要な利益を推進し、自由で開かれた、繁栄し、安全な世界を追求するかを概説している。我々は、戦略的な競争相手に打ち勝つために国力のあらゆる要素を活用し、共有の課題に取り組み、世界のルールを形成していく。
The Strategy is rooted in our national interests: to protect the security of the American people, to expand economic opportunity, and to realize and defend the democratic values at the heart of the American way of life. In pursuit of these objectives, we will: この戦略は、米国民の安全を守り、経済的機会を拡大し、米国の生活様式の中核にある民主的価値を実現し、守る、という我々の国益に根ざしている。これらの目標を達成するために、我々は以下のことを行う。
Invest in the underlying sources and tools of American power and influence; ・米国の力と影響力の根本的な源泉と手段に投資する。
Build the strongest possible coalition of nations to enhance our collective influence to shape the global strategic environment and to solve shared challenges; and ・可能な限り強力な国家連合を構築し、世界の戦略的環境を形成し、共有する課題を解決するための我々の集団的影響力を強化する。
Modernize and strengthen our military so it is equipped for the era of strategic competition. ・わが国の軍隊を近代化・強化し、戦略的競争の時代に対応できるようにする。
COOPERATION IN THE AGE OF COMPETITION 競争時代における協力
In the early years of this decisive decade, the terms of geopolitical competition will be set while the window of opportunity to deal with shared challenges will narrow. We cannot compete successfully to shape the international order unless we have an affirmative plan to tackle shared challenges, and we cannot do that unless we recognize how heightened competition affects cooperation and act accordingly. この決定的な 10 年の初期には、地政学的競争の条件が設定される一方で、共通の課題に対処する機会 の窓は狭くなる。我々は、共有する課題に取り組むための確たる計画を持たない限り、国際秩序を形成するための競争を成功させることはできない。また、競争の激化が協力にどのような影響を及ぼすかを認識し、それに従って行動しない限り、それを実現することはできない。
Strategic Competition. The most pressing strategic challenge we face as we pursue a free, open, prosperous, and secure world are from powers that layer authoritarian governance with a revisionist foreign policy. 戦略的競争。 自由で開かれた、繁栄した、安全な世界を追求するうえで、われわれが直面する最も差し迫った戦略的課題は、権威主義的統治と修正主義的外交政策を重ねる大国によるものである。
・We will effectively compete with the People’s Republic of China, which is the only competitor with both the intent and, increasingly, the capability to reshape the international order, while constraining a dangerous Russia. ・われわれは、中華人民共和国と効果的に競争する。中華人民共和国は、危険なロシアを抑制しつつ、国際秩序を再構築する意図と、次第にその能力を備えた唯一の競争相手である。
・Strategic competition is global, but we will avoid the temptation to view the world solely through a competitive lens, and engage countries on their own terms. ・戦略的競争はグローバルなものであるが、我々は、競争というレンズを通してのみ世界を見る誘惑を避け、それぞれの国の事情に応じた関わり方をする。
Shared Challenges. While this competition is underway, people all over the world are struggling to cope with the effects of shared challenges that cross borders—whether it is climate change, food insecurity, communicable diseases, or inflation. These shared challenges are not marginal issues that are secondary to geopolitics. They are at the very core of national and international security and must be treated as such. 課題の共有。このような競争が行われている一方で、世界中の人々は、気候変動、食糧不安、伝染病、インフレなど、国境を越えた共通の課題の影響に対処するために苦闘している。これらの課題は、地政学の二の次ではなく、国家の根幹に関わる問題である。国や国際社会の安全保障の中核をなすものであり、そのように扱われなければならない。
・We are building the strongest and broadest coalition of nations to enhance our collective capacity to solve these challenges and deliver for the American people and those around the world. ・我々は、これらの課題を解決し、米国民と世界中の人々のために成果を上げるための集団的能力を強化するため、最も強力で広範な国家連合を構築している。
・To preserve and increase international cooperation in an age of competition, we will pursue a dual-track approach. On one track, we will work with any country, including our competitors, willing to constructively address shared challenges within the rules-based international order and while working to strengthen international institutions. On the other track, we will deepen cooperation with democracies at the core of our coalition, creating a latticework of strong, resilient, and mutually reinforcing relationships that prove democracies can deliver for their people and the world. ・競争の時代にあって国際協力を維持し、拡大するために、われわれは二本立てのアプローチを追求する。一つは、ルールに基づく国際秩序の下で、国際機関の強化に努めつつ、共有する課題に建設的に取り組む意思のある国とは、競争相手を含め、いかなる国とも協力することである。もう1つは、民主主義国家との協力を深め、強固でレジリエンスの高い、相互に強化し合う格子状の関係を構築し、民主主義国家が国民と世界のために貢献できることを証明していくことである。
INVESTING AT HOME 自国への投
The Biden-Harris Administration has broken down the dividing line between domestic and foreign policy because our strength at home and abroad are inextricably linked. The challenges of our age, from strategic competition to climate change, require us to make investments that sharpen our competitive edge and bolster our resilience. バイデン-ハリス政権は、国内政策と外交政策の間の境界線を取り払った。なぜなら、国内と海外の強さは表裏一体であるからである。戦略的競争から気候変動に至るまで、この時代の課題は、競争力を高め、レジリエンスを強化するための投資を必要とする。
・Our democracy is at the core of who we are and is a continuous work in progress. Our system of government enshrines the rule of law and strives to protect the equality and dignity of all individuals. As we strive to live up to our ideals, to reckon with and remedy our shortcomings, we will inspire others around the world to do the same. ・我々の民主主義は、我々自身の核心であり、絶えず進行中の作業です。我々の政治体制は、法の支配を明文化し、すべての個人の平等と尊厳を守るよう努力しています。我々は理想を実現するために努力し、自らの欠点を認識し、それを改善することで、世界中の人々に同じことをするように刺激を与えていきます。
・We are complementing the innovative power of the private sector with a modern industrial strategy that makes strategic public investments in our workforce, strategic sectors, and supply chains, especially in critical and emerging technologies. ・我々は、労働力、戦略的分野、サプライチェーン、特に重要な新興技術に戦略的な公共投資を行う近代的な産業戦略によって、民間部門の革新力を補っている。
・A powerful U.S. military helps advance and safeguard vital U.S. national interests by backstopping diplomacy, confronting aggression, deterring conflict, projecting strength, and protecting the American people and their economic interests. We are modernizing our military, pursuing advanced technologies, and investing in our defense workforce to best position America to defend our homeland, our allies, partners, and interests overseas, and our values across the globe. ・強力な米軍は、外交を支え、侵略に立ち向かい、紛争を抑止し、力を誇示し、米国民とその経済的利益を守ることで、米国の重要な国益を促進し保護するのに役立つ。我々は、米国が母国、同盟国、パートナー、海外の利益、そして世界中の我々の価値を守るために、軍の近代化、先端技術の追求、そして国防人材への投資を進めている。
OUR ENDURING LEADERSHIP 我々の永続的なリーダーシップ
The United States will continue to lead with strength and purpose, leveraging our national advantages and the power of our alliances and partnerships. We have a tradition of transforming both domestic and foreign challenges into opportunities to spur reform and rejuvenation at home. The idea that we should compete with major autocratic powers to shape the international order enjoys broad support that is bipartisan at home and deepening abroad. 米国は、国家の優位性と同盟・パートナーシップの力を活用し、強さと目的を持ってリードし続ける。米国には、国内外の課題を、自国の改革と若返りに拍車をかける機会に変えてきた伝統がある。国際秩序を形成するために独裁的な大国と競争すべきだという考え方は、国内では超党派の幅広い支持を得ており、海外でもその傾向が強まっている。
・Our alliances and partnerships around the world are our most important strategic asset that we will deepen and modernize for the benefit of our national security. ・世界中の同盟とパートナーシップは、わが国の最も重要な戦略的資産であり、わが国の安全保障に資するよう、これを深化させ、近代化する。
・We place a premium on growing the connective tissue on technology, trade and security between our democratic allies and partners in the Indo-Pacific and Europe because we recognize that they are mutually reinforcing and the fates of the two regions are intertwined. ・我々は、インド太平洋と欧州の民主的な同盟国やパートナーとの間で、技術、貿易、安全保障に関する結合組織を拡大することに重点を置いている。なぜなら、これらは相互に補強し合い、2つの地域の運命が絡み合っていることを認識しているからである。
・We are charting new economic arrangements to deepen economic engagements with our partners and shaping the rules of the road to level the playing field and enable American workers and businesses—and those of partners and allies around the world—to thrive. ・我々は、パートナーとの経済的関与を深めるために新たな経済的取り決めを図り、競争の場を公平にし、米国の労働者と企業、そして世界中のパートナーや同盟国の企業が繁栄できるようにするための道路上の規則を形成している。
・As we deepen our partnerships around the world, we will look for more democracy, not less, to shape the future. We recognize that while autocracy is at its core brittle, democracy’s inherent capacity to transparently course-correct enables resilience and progress. ・我々は、世界中でパートナーシップを深めるとともに、未来を形作るために、より少ない民主主義ではなく、より多くの民主主義を模索する。独裁政治はその根幹において脆弱であるが、民主主義に固有の透明性のある軌道修正能力がレジリエンスと進歩を可能にすることを、我々は認識している。
AFFIRMATIVE ENGAGEMENT 積極的関与
The United States is a global power with global interests; we are stronger in each region because of our engagement in the others. We are pursuing an affirmative agenda to advance peace and security and to promote prosperity in every region. 米国は世界的な利益を有するグローバルな大国であり、他の地域への関与によって、それぞれの地域でより強くなっている。我々は、平和と安全を推進し、すべての地域において繁栄を促進するために、積極的なアジェンダを追求している。
・As an Indo-Pacific power, the United States has a vital interest in realizing a region that is open, interconnected, prosperous, secure, and resilient. We are ambitious because we know that we and our allies and partners hold a common vision for the region’s future. ・インド太平洋地域の大国として、米国は、開かれた、相互接続された、繁栄し、安全で、レジリエンスに富む地域を実現することに重大な関心を持っている。われわれが野心的であるのは、われわれと同盟国およびパートナーが、この地域の将来について共通のビジョンを持っていることを知っているからである。
・With a relationship rooted in shared democratic values, common interests, and historic ties, the transatlantic relationship is a vital platform on which many other elements of our foreign policy are built. To effectively pursue a common global agenda, we are broadening and deepening the transatlantic bond. ・共通の民主的価値観、共通の利益、そして歴史的な絆に根ざした大西洋の関係は、我々の外交政策の他の多くの要素を支える重要な基盤である。共通のグローバル・アジェンダを効果的に追求するために、我々は大西洋の絆を広げ、深めている。
・The Western Hemisphere directly impacts the United States more than any other region so we will continue to revive and deepen those partnerships to advance economic resilience, democratic stability, and citizen security. ・西半球は、他のどの地域よりも米国に直接影響を与えるため、我々は、経済的レジリエンス、民主主義の安定、および市民の安全を促進するために、こうしたパートナーシップを復活させ、深めていくつもりである。
・A more integrated Middle East that empowers our allies and partners will advance regional peace and prosperity, while reducing the resource demands the region makes on the United States over the long term. ・同盟国やパートナーに力を与える中東の統合は、地域の平和と繁栄を促進し、この地域が米国にもたらす資源需要を長期的に減少させるだろう。
・In Africa, the dynamism, innovation, and demographic growth of the region render it central to addressing complex global problems. ・アフリカは、そのダイナミズム、革新性、人口増加により、複雑な地球規模の問題に対処するための中心的な地域となっている。

 

・[PDF] NATIONAL SECURITY STRATEGY October 2022

20221014-34810

・[DOCX] 仮訳

 

目次...

PART I: THE COMPETITION FOR WHAT COMES NEXT 第I部: 次に来るもののための競争
 Our Enduring Vision  不滅のビジョン
 Our Enduring Role  我々の変わらぬ役割
 The Nature of the Competition Between Democracies and Autocracies  民主主義国家と独裁国家の競争の本質 
 Cooperating to Address Shared Challenges in an Era of Competition  競争の時代、共通の課題に協力して取り組む 
 Overview of Our Strategic Approach  戦略的アプローチの概要
PART II: INVESTING IN OUR STRENGTH 第II部: 強さへの投資
Investing in Our National Power to Maintain a Competitive Edge 競争力を維持するための国力への投資
 Implementing a Modern Industrial and Innovation Strategy  現代的な産業・イノベーション戦略の実施
 Investing In Our People  人材への投資
 Strengthening Our Democracy  民主主義を強化する
Using Diplomacy to Build the Strongest Possible Coalitions 外交で最強の連合体を構築する
Transformative Cooperation 変革のための協力
 An Inclusive World  インクルーシブな世界
 A Prosperous World  豊かな世界
Modernizing and Strengthening Our Military 軍備の近代化と強化
PART III: OUR GLOBAL PRIORITIES 第III部: グローバルな優先課題
Out-Competing China and Constraining Russia 中国に先んじ、ロシアを抑える
 China  中国
 Russia  ロシア
Cooperating on Shared Challenges 共通の課題への協力
 Climate and Energy Security  気候変動とエネルギー安全保障
 Pandemics and Biodefense  パンデミックとバイオディフェンス
 Food Insecurity  食料不安
 Arms Control and Non-Proliferation  軍備管理・不拡散
 Terrorism  テロリズム
Shaping the Rules of the Road 道のルールを作る
 Technology  技術
 Securing Cyberspace   サイバースペースの確保
 Trade and Economics  貿易・経済
PART IV: OUR STRATEGY BY REGION 第IV部:地域別戦略
Promote a Free and Open Indo-Pacific 自由で開かれたインド太平洋を推進する
Deepen Our Alliance with Europe 欧州との提携を深める
Foster Democracy and Shared Prosperity in the Western Hemisphere 西半球の民主化と繁栄の促進
Support De-Escalation and Integration in the Middle East 中東での段階的な緩和と統合を支援する
Build 21st Century U.S.-Africa Partnerships 21世紀の米国とアフリカのパートナーシップの構築
Maintain a Peaceful Arctic 平和な北極圏を維持するために
Protect Sea, Air, and Space 海・空・宇宙を守る
PART V: CONCLUSION 第V部:結論

 

サリバン国家安全保障顧問の発言

これを読むと本質的な思いがわかるかもしれません。。。

 

・2022.10.12 Remarks by National Security Advisor Jake Sullivan on the Biden-Harris Administration’s National Security Strategy

Remarks by National Security Advisor Jake Sullivan on the Biden-⁠Harris Administration’s National Security Strategy バイデン=ハリス政権の国家安全保障戦略に関するジェイク・サリバン国家安全保障顧問の発言
Good afternoon. こんにちは。
Thank you, Dean Hellman, and thanks to Paul Scharre and the teams at Georgetown and the Center for New America Security for bringing us all together today. And Meghan, thank you for hosting our conversation, though I may want to wait until after the grilling to say thank you. ポール・シャールさんをはじめ、ジョージタウン大学と新アメリカ安全保障センターの皆さん、本日はお集まりいただきありがとうございます。そして、メーガンさん、この対談を主催してくださってありがとうございます。
We have here before us today some of the sharpest foreign policy strategists in the country, many of whom I’m privileged to call friends. 今日、私たちの前にいるのは、この国で最も鋭い外交政策戦略家たちであり、その多くは、私が友人と呼べる特権を持った人たちです。
We also have the next generation of national security leaders – the students. And, in some ways, my speech today is a job interview because I, and my colleagues, are likely going to be working for you all one of these days. また、次世代の国家安全保障のリーダーである学生たちもいる。そして、ある意味では、今日のスピーチは就職面接のようなものです。なぜなら、私も、そして私の同僚たちも、近い将来、皆さんの下で働くことになるからです。
I also want to take a moment to recognize a team without whom we not be here today, starting with the Senior Director for Strategic Planning at the NSC Tom Wright, our former Senior Director who is now at DoD, Sasha Baker, and Rebecca Lissner, who has joined the Office of the Vice President – the three of them were instrumental in putting together this National Security Strategy, and I think we should all give them a round of applause. And I’d like to thank the leadership team of the NSC, Jon Finer, Liz Sherwood-Randall, Anne Neuberger, Jake Phillips, and Mike Pyle – a team that has seen us through an incredibly turbulent and challenging time, but also a time where we were able to see these meaningful strategic opportunities, some of which we will talk about in my remarks today. NSCの戦略計画担当シニア・ディレクターのトム・ライト、前シニア・ディレクターで現在は国防総省にいるサーシャ・ベーカー、そして副大統領府に移ったレベッカ・リズナーです。この3人は、この国家安全保障戦略の策定に大きく貢献したので、全員で拍手を送りたいと思います。そして、NSCのリーダーシップ・チーム、ジョン・フィナー、リズ・シャーウッド・ランドル、アン・ノイバーガー、ジェイク・フィリップス、マイク・パイルに感謝したいと思います。このチームは、信じられないほど激動で困難な時期を乗り越えてきましたが、同時に、意義深い戦略的機会を見出すことができた時期でもあります。
And then, I’d just like to say that I’m very grateful to this community in this room representing both the future and present of our national security enterprise. It really is incredible to have the counsel and the guidance and the support of so many people who helped shape the substance of the document we are releasing today. そして、この部屋にいる、わが国の国家安全保障企業の未来と現在を代表する人たちにとても感謝していることを申し上げたいと思います。今日発表する文書の内容を形成するために、これほど多くの人々の助言と指導と支持を得られたことは、本当に素晴らしいことです。
Seventy-five years ago, in the summer of 1947, President Truman was flying home to Independence, Missouri on a C-54 transport plane nicknamed called the “Scared Cow” – I sort of wish that’s what they still called Air Force One. 75年前の1947年夏、トルーマン大統領は「恐ろしい牛」というニックネームを持つC-54輸送機でミズーリ州インディペンデンスに帰ろうとしていました。
He’s sitting on the “Scared Cow,” and nations in Europe are rebuilding from the rubble of the war, the Iron Curtain was falling, and people everywhere were reckoning with the horrors of the Holocaust. 彼が「恐ろしい牛」に座っている間、ヨーロッパの国々は戦争の瓦礫から復興し、鉄のカーテンは崩壊し、世界中の人々がホロコーストの恐怖を思い知らされることになったのです。
It was what President Biden would call an inflection point. バイデン大統領が言うところの「変曲点」でありました。
The post-war world – and America’s role in leading it – was only beginning to take shape. 戦後の世界、そしてそれをリードするアメリカの役割は、まだ形を整え始めたばかりでした。
And to make sure it did take shape in a way that represented America’s values and interests, on that very plane ride, Truman signed a law that required his administration to create a National Security Strategy—a blueprint for a new world—that the United States would build with nations around the globe. そして、戦後の世界がアメリカの価値と利益を代表するような形で形成されることを確認するために、トルーマンはまさにその飛行機の中で、アメリカが世界中の国々とともに構築する新しい世界のための青写真である国家安全保障戦略を作成するよう政府に求める法律に署名したのです。
In just a few years, guided by that first National Security Strategy, Truman would create the Marshall Plan and NATO, help Europe usher in a new era of integration, and set the terms for America’s engagement with the international community. トルーマンは、この最初の国家安全保障戦略に基づいて、わずか数年の間に、マーシャル・プランとNATOを創設し、ヨーロッパが新しい統合の時代を迎えるのを助け、アメリカの国際社会への関与の条件を設定することにな理ました。
Today, our world is once again at an inflection point. 今日、私たちの世界は再び変曲点にあります。
We are in the early years a decisive decade. 私たちは、決定的な10年の始まりの時期にいるのです。
The terms of our competition with the People’s Republic of China will be set. 中華人民共和国との競争条件が設定されることになります。
The window of opportunity to deal with shared challenges like climate change will narrow drastically, even as the intensity of those challenges grows.   気候変動のような共通の課題に対処するための機会の窓は、その課題の強度が増しているにもかかわらず、大幅に狭まるでしょう。 
So, we need to grasp our moment, just as Truman did his. だから、トルーマンがそうしたように、われわれはこの瞬間をとらえる必要があるのです。
Today, the Biden Administration is releasing our National Security Strategy. 本日、バイデン政権は国家安全保障戦略を発表します。
It touches on our plans and partners in every region of the world. It details the President’s vision of a free, open, prosperous, and secure international order. この戦略では、世界のあらゆる地域における私たちの計画やパートナーについて触れています。この戦略では、自由で開かれた、繁栄し、かつ安全な国際秩序という大統領のビジョンが詳述されています。
And it offers a roadmap for seizing this decisive decade to advance America’s vital interests, position the America and our allies to outpace our competitors, and build broad coalitions to tackle shared challenges. そして、米国の死活的利益を高め、米国と同盟国が競争相手より一歩抜け出し、共通の課題に取り組むために幅広い連合を構築するために、この決定的な10年をつかむためのロードマップを提供しています。
I’d encourage all of you to read it in full, and I hope there will be a thoughtful and robust discussion of it in the months ahead—where you agree, and where you don’t. そして、今後数カ月の間に、この文書について、同意するところとしないところを含めて、思慮深く堅実な議論が行われることを期待します。
Because the matters laid out in this document – and the execution of it – do not only belong to the U.S. Government. They belong to everyone who shares this vision worldwide. この文書に書かれていること、そしてその実行は、米国政府だけのものではありません。このビジョンを共有する世界中の人々のものなのです。
And the stakes could not be higher. The actions we take now will shape whether this decisive decade is an age of conflict and discord… or the beginning of a more prosperous and stable future. そして、その利害はこれ以上ないほど大きいのです。私たちが今取る行動は、この決定的な10年間が紛争と不和の時代となるか、あるいはより豊かで安定した未来の始まりとなるかを決定づけます。
Simply put, we face two main strategic challenges. 簡単に言えば、私たちは2つの主要な戦略的課題に直面しています。
The first is geopolitical competition. The post-Cold War era is over, and a competition is underway between the major powers to shape what comes next. 第一は、地政学的な競争です。ポスト冷戦の時代は終わり、次に来るものを形作るために、主要国の間で競争が進行中です。
The United States, we believe, is better positioned than any other nation in the world to seize this moment – to help set the rules, shore up the norms, and advance the values that will define the world we want to live in.   私たちは、米国がこの瞬間をとらえるのに、世界のどの国よりも適した立場にあると信じています。つまり、ルールを決め、規範を強化し、私たちが生きたいと思う世界を定義する価値を前進させることに貢献できるのです。
But, we are not on the field alone. しかし、私たちは単独で戦場にいるわけではありません。
The PRC’s assertiveness at home and abroad is advancing an illiberal vision across economic, political, security, and technological realms in competition with the West. It is the only competitor with both the intent to reshape the international order and the growing capacity to do it. 中国の国内外における自己主張は、経済、政治、安全保障、技術の各領域で非自由主義的なビジョンを推進し、西側諸国と競争しています。国際秩序を再構築する意図とそれを実行する能力の両方を備えた唯一の競争相手です。
Meanwhile, Russia’s war against Ukraine builds on years of growing regional aggression. Putin is making reckless nuclear threats. Willfully violating the UN Charter. Relentlessly targeting civilians. Acting with a brutality that threatens to drag us all back into the dark days of Soviet expansionism. 一方、ロシアのウクライナに対する戦争は、長年にわたる地域的な侵略の高まりの上に成り立っています。プーチンは、無謀な核の脅威を作り出しています。国連憲章を故意に破っています。民間人を容赦なく標的にしています。ソ連の拡張主義の暗黒時代に引きずり戻そうとする残忍な行為です。
The second strategic challenge we face is the sheer scale and speed of transnational challenges that do not respect borders or adhere to ideologies. 私たちが直面する第2の戦略的課題は、国境やイデオロギーにとらわれない国境を越えた挑戦の規模とスピードが非常に大きいことです。
Climate change, which is already destroying lives and livelihoods in every part of the world. Food insecurity, the energy transition. And now, as we know all too well, diseases and pandemics like COVID-19. 気候変動は、すでに世界のあらゆる地域で生命と生活を破壊しています。食糧不安、エネルギー転換。そして今、私たちがよく知っているように、COVID-19のような病気とパンデミックです。
Our strategy proceeds from the premise that the two strategic challenges – geopolitical competition and shared transnational threats – are intertwined. 私たちの戦略は、地政学的な競争と国境を越えた脅威の共有という2 つの戦略的課題が絡み合っているという前提のもとに進められます。
We cannot build the broad coalitions we need to out-compete our rivals if we sideline the issues that most directly impact the lives of billions of people. 何十億もの人々の生活に最も直接的に影響を与える問題を脇においていては、ライバルに打ち勝つために必要な幅広い連合を構築することはできないのです。
Now over the last thirty years, at various points, American strategists declared geopolitics dead. At other points, like in the last administration, cooperation on climate and other shared challenges fell by the wayside. 過去30年間、アメリカの戦略家はさまざまな局面で地政学は死んだと宣言してきました。また、前政権のように、気候変動やその他の共通の課題に関する協力が道半ばに陥った時期もありました。
In this Administration, the Biden Administration, we believe we’ve come to a point where we can and simply have to tackle both on an equal plane: geopolitical competition and shared transnational challenges. バイデン政権では、地政学的な競争と国境を越えた共通の課題、その両方に対等に取り組むことが可能であり、またそうしなければならない段階に来ていると考えています。
So, we are building a strategy fit for purpose for both competition we cannot ignore and global cooperation without which we cannot succeed. そこで、無視できない競争と、それなくしては成功できないグローバルな協力の両方について、目的に適った戦略を構築しているのです。
Now the good and bad news is that the timelines for these two challenges align. さて、良いニュースと悪いニュースは、この2つの課題のタイムラインが一致していることです。
This is a decisive decade for shaping the terms of competition, especially with the PRC. この10年間は、特に中国との競争条件を形成するための決定的な10年です。
This is a decisive decade for getting ahead of the great global challenges from climate, to disease, to emerging technology. また、気候、病気、新興技術など、地球規模の大きな課題に先手を打つための決定的な10年でもあります。
The further good news is that — despite the obvious tensions between competing vigorously while also rallying cooperation — the basic strategic moves we have to make to prevail on both of these major challenges are also the same. さらに良い知らせは、強力に競争しながらも、協力を呼びかけるという明らかな緊張関係があるにもかかわらず、これら2つの大きな課題に打ち勝つために私たちが取らなければならない基本的な戦略的行動は同じであるということです。
One, invest ambitiously and rapidly in the sources of our national strength. 1つ目は、国力の源泉に野心的かつ迅速に投資することです。
Two, mobilize the broadest coalition of nations to enhance our collective influence. 2つ目は、最も広範な国家連合を動員して、私たちの集団的影響力を強化することです。
Three, shape the rules of the road of the 21st Century economy, from technology, to cyber to trade and economics. 3つ目は、テクノロジー、サイバー、貿易、経済など、21世紀の経済のルールを形成することです。
This is how we will shape geopolitical competition to our advantage, and it is how we will shape effective cooperation on those transnational challenges I just described. これが、地政学的な競争を有利に進める方法であり、今述べたような国境を越えた課題に対する効果的な協力関係を構築する方法でもあります。
Our approach encompasses all elements of our national power—diplomacy, development cooperation, industrial strategy, economic statecraft, intelligence, and defense. 私たちのアプローチは、外交、開発協力、産業戦略、経済政策、情報、防衛など、国力のすべての要素を包含しています。
So, let me take a moment to walk through each of these three main elements of the strategy.  それでは、この戦略の3つの主要な要素について、それぞれ説明させていただきます。 
First, we are replenishing the reservoirs of our national power through targeted, far-reaching investments. まず、ターゲットを絞った広範囲な投資を通じて、国力の貯蔵庫を補充します。
A hallmark of the Biden approach is the integration of foreign policy and domestic policy and a focus on issues that spill out of these two traditional silos – supply chains, foundational technologies, the energy transition, even tax policy. バイデンアプローチの特徴は、外交政策と国内政策を統合し、サプライチェーン、基盤技術、エネルギー移行、さらには税制など、これら2つの伝統的なサイロからはみ出る問題に焦点を当てることです。
We are pursuing a modern industrial and innovation strategy to invest in our economic strength and technological edge at home, which is the deepest source of our power in the world.  私たちは、世界における私たちの力の最も深い源泉である自国の経済力と技術的優位性に投資するため、近代的な産業・イノベーション戦略を追求しています。 
Over the summer alone, President Biden signed the CHIPS and Science Act, an Executive Order on Advancing Biotechnology and Biomanufacturing Innovation, and the Inflation Reduction Act, the single largest investment in climate and clean energy solutions in history. この夏だけでも、バイデン大統領は、CHIPS および科学法、バイオテクノロジーおよびバイオ製造業イノベーションの促進に関する大統領令、インフレ抑制法に署名し、気候およびクリーンエネルギー対策への単独で史上最大の投資を行いました。
Alongside these investments, we are intensely focused on modernizing our military – the strongest fighting force the world has ever known – the foundation of our deterrence in a turbulent world. これらの投資と並行して、私たちは、激動する世界における私たちの抑止力の基盤である、世界がかつて知ることのなかった最強の戦闘力を誇る我が軍の近代化に、最大限の力を注いでいます。
And we are intensely focused on refurbishing our Intelligence Community as well, getting it the tools it needs to succeed in a fast-changing world. さらに、変化の激しい世界で成功するために必要なツールを手に入れるため、情報機関の改修にも力を注いでいます。
We must equip both our military enterprise and our intelligence enterprise for this era of strategic competition, while maintaining the capability to disrupt the terrorist threat to the American homeland. 米国本土に対するテロ脅威を阻止する能力を維持しつつ、この戦略的競争時代に備えて、軍事部門と情報部門の双方を整備する必要があります。
The war in Ukraine, as many of you have come to learn, also highlights the need for a vibrant Defense Industrial Base – one that is capable of rapid mobilization and tooled for innovation and creative adaptation. ウクライナでの戦争は、多くの人が知っているように、迅速な動員を可能にし、革新と創造的な適応のための道具を備えた、活力ある防衛産業基盤の必要性をも浮き彫りにしています。
All of these steps we take at home are force-multiplied by another core source of our American strength – our alliances. 私たちが国内で講じるこうしたすべての措置は、米国の強さのもう一つの核心的な源泉である同盟関係によって、より大きな力を発揮します。
After a period of significant distance and disjuncture with our allies, we are now more fully in lockstep with our friends than at any point in recent history. If there’s anything that’s a true hallmark of Joe Biden’s approach to the world, it is an investment in America’s alliances. 同盟国との間に大きな距離と断絶があった時期を経て、現在では最近の歴史のどの時点よりも完全に同盟国と歩調を合わせています。ジョー・バイデンの世界に対するアプローチの真の特徴があるとすれば、それはアメリカの同盟関係に対する投資です。
A few years ago, NATO was working overtime to justify its value proposition. Today, it is at the apex of its purpose and power. 数年前、NATOはその価値観を正当化することに時間をかけすぎていました。しかし今日、NATOはその目的と力の頂点にあります。
The G7 was struggling for any consensus on how to operate. Today, it is the steering committee of the free world – whether on sanctions or energy security or delivering global policy. G7は、その運営方法についてコンセンサスを得るのに苦労していました。しかし、現在では、制裁やエネルギー安全保障、世界的な政策など、自由な世界の舵取りをする委員会として機能しています。
That is through the hard work of the United States and fellow like-minded democracies, and it’s paying dividends in so many of the crises we see around the world. これは米国と同じ志を持つ民主主義国の努力によるものであり、世界中で起きている多くの危機に対して利益をもたらしています。
In the Indo-Pacific, we have reaffirmed out iron-clad commitments to our treaty allies, lifted our alliances with Japan to South Korea to Australia to new levels of vitality, and restored the Visiting Forces Agreement with the Philippines. インド太平洋地域では、条約加盟国に対する鉄壁の約束を再確認し、日本、韓国、オーストラリアとの同盟関係を新たな活力のあるレベルに引き上げ、フィリピンとの訪問部隊協定を復活させました。
We’ve elevated a new partnership of democracies – the Quad – to help drive our vision of a free and open Indo-Pacific. We’ve built a new transatlantic architecture for trade and technology cooperation with the European Union. 私たちは、自由で開かれたインド太平洋という私たちのビジョンを推進するために、民主主義国の新たなパートナーシップである「クワッド」を立ち上げました。私たちは、欧州連合(EU)と貿易・技術協力のための新しい大西洋横断アーキテクチャを構築しました。
One of the things that we are doing as we strengthen our alliances is to drive more strategic alignment between the Atlantic and the Pacific. 同盟関係を強化する中で、大西洋と太平洋の間の戦略的な整合性を高めることも行っています。
We’ve launched an innovative and far-reaching security arrangement called AUKUS with the Australia and the United Kingdom. 私たちは、オーストラリアと英国との間で、AUKUS と呼ばれる革新的で広範囲な安全保障協定を開始しました。
We included, for the first time ever, the leaders of Japan, South Korea, New Zealand, and Australia at the NATO Summit in Madrid this past June. 今年6月にマドリッドで開催されたNATO首脳会議には、史上初めて日本、韓国、ニュージーランド、オーストラリアの首脳が出席しました。
And we’re working very closely with the European Union, as each of us have formulated and now implementing our Indo-Pacific Strategies. また、欧州連合(EU)とも緊密に連携し、それぞれがインド太平洋戦略を策定し、現在、実施しているところです。
At a time when we need democracies and market economies around the world to work together, the United States has a key role to play in build out these collaborations.  世界中の民主主義国と市場経済国が協力することが必要な今、米国はこうした協力関係を構築する上で重要な役割を担っている。 
Japan and South Korea’s work with us to reroute surplus natural gas to Europe and Australia’s contribution of weapons to Ukraine are examples of how connecting the Atlantic and the Pacific is playing out in practice. 日本と韓国が余剰天然ガスを欧州に送るために協力し、オーストラリアがウクライナに武器を提供したことは、大西洋と太平洋を結ぶことが実際に行われている例です。
Now, the world’s major autocracies believe the democratic world is in decline. 現在、世界の主要な独裁国家は、民主主義世界が衰退していると考えています。
They seek to advance a very different vision —where might makes right, and technological and economic coercion squeezes anyone who steps out of line. 彼らは、全く異なるビジョン、すなわち、力が正義となり、技術的・経済的な強制力が一線を越える者を圧迫するようなビジョンを推進しようとしています。
The last year alone has demonstrated the extreme shortcomings – indeed, the fundamental fragility – of this subversive vision. 昨年だけでも、この破壊的なビジョンの極端な欠点が、いや、根本的な脆弱性が、明らかにな理ました。
And the Biden Administration has proven that a broad and powerful range of nations supports our vision of a free, open, prosperous, and secure world. そしてバイデン政権は、自由で開かれた、繁栄し、かつ安全な世界というわれわれのビジョンを、広範で強力な諸国が支持していることを証明しました。
Even if our democratic allies and partners don’t agree with us on everything, they are aligned with us. And so are many countries that do not embrace democratic institutions but nevertheless depend upon and help sustain a rules-based international system.  They don’t want to see it vanish, and they know that we are the world’s best bet to defend it. 民主的な同盟国やパートナーは、すべてにおいてわれわれと意見が一致しないとしても、われわれと足並みをそろえています。また、民主的な制度を受け入れてはいないが、それでもルールに基づく国際システムに依存し、その維持に貢献している多くの国も同様です。  彼らはこのシステムが消滅するのを見たくはないし、それを守るために私たちが世界で最も頼りになる存在であることを知っています。
That’s why the second strategic focus of President Biden’s approach is mobilizing the broadest possible coalition of nations to leverage our collective influence. だからこそ、バイデン大統領のアプローチの第2の戦略的焦点は、可能な限り広範な国々の連合を動員し、私たちの集団的影響力を活用することなのです。
Our goal is not to force our partners to fall in line with us on every issue. And we will not carve the world into rigid blocs. われわれの目標は、すべての問題についてパートナーにわれわれの意向に沿うよう強制することではありません。また、世界を硬直したブロックに切り分けることもしません。
As the President said in the UN General Assembly last month, “The United Nations Charter was not only signed by democracies of the world, it was negotiated among citizens of dozens of nations with vastly different histories and ideologies, united in their commitment to work for peace.”  大統領が先月の国連総会で述べたように、「国連憲章は世界の民主主義国が署名しただけでなく、歴史もイデオロギーも大きく異なる数十カ国の市民が、平和のために働くという約束で結束して交渉したもの」なのです。 
So, we will work with any nation prepared to stand up for the values of the UN Charter.  ですから、私たちは、国連憲章の価値を守るために立ち上がる用意のある国なら、どんな国とも協力するつもりです。 
That includes the principle of sovereignty and territorial integrity. Last March, 141 nations voted to condemn Putin’s war in the General Assembly. And only four nations stood up for Russia – Belarus, Eritrea, North Korea, and Syria. その中には、主権と領土保全の原則も含まれる。昨年3月の総会では、141カ国がプーチンの戦争を非難する票を投じました。そして、ロシアのために立ち上がったのは、ベラルーシ、エリトリア、北朝鮮、シリアの4カ国だけでした。
I know which side of that I would want to be on – what side the United States is on. 私は、米国がどちらの側にいたいか、わかっています。
This week – in fact today, while this session is ongoing – the nations of the world will vote again overwhelmingly to send another a strong, unmistakable message to Moscow:  that we reject its illegitimate and illegal acts of annexation as fundamentally inconsistent with the UN Charter. 今週、いや、実は今日、このセッションが進行している間に、世界の国々は再び圧倒的多数の投票を行い、モスクワに対してまたもや強力で紛れもないメッセージを送ることになります。すなわち、国連憲章と根本的に矛盾する、不法で違法な併合行為を拒否するというメッセージです。
The UN Charter also includes the freedom of navigation and overflight. So, we stood up the Indo-Pacific Partnership for Maritime Domain Awareness – we’re excellent at naming things in government by the way – which brings the Quad together with nations of the Pacific Islands, Southeast Asia, and the Indian Ocean to address illegal fishing practices and build capacity to respond to disasters. 国連憲章には、航行と上空の飛行の自由も含まれています。このパートナーシップは、太平洋諸島、東南アジア、インド洋の国々とともに、違法な漁業行為に対処し、災害に対応する能力を構築するためのものです。
It’s the world’s democracies working with a diverse range of governments on shared challenges that promote a common vision consistent with the terms of the UN Charter. これは、世界の民主主義国家が多様な政府とともに、国連憲章の条件に合致した共通のビジョンを推進するための共通の課題に取り組むものです。
We’re trying these flexible, creative arrangements all over the world in creative, resourceful, entrepreneurial ways. Like I2U2, which sounds a bit ridiculous by name, but is actually a fascinating new partnership with India, Israel, the United States, and the United Arab Emirates to work together in areas like water, space, health, and food security.  Or bringing the countries of the Atlantic Basin from Africa, from Europe, North America, South America together to cooperate on priorities like maritime security and the blue economy. 私たちは、このような柔軟で創造的な取り決めを、創造的で機知に富み、起業家的な方法で世界中で試みているのです。例えば、I2U2という名前は少しばかばかしいですが、実際にはインド、イスラエル、米国、アラブ首長国連邦が水、宇宙、健康、食糧安全保障などの分野で協力するための魅力的な新しいパートナーシップです。  また、大西洋盆地のアフリカ、ヨーロッパ、北米、南米の国々を結びつけ、海洋安全保障やブルーエコノミーといった優先事項で協力することもできます。
By the end of this year, in 2022 alone, the President will have hosted the leaders of the Americas, the leaders of the Pacific Islands, the leaders of ASEAN, and Africa in separate summits with a focus on practical problem-solving, from climate to food to energy to health. 今年末までに、2022年だけでも、大統領は南北アメリカの首脳、太平洋諸島の首脳、ASEANの首脳、アフリカの首脳を個別に招き、気候、食糧、エネルギー、健康に至るまで、実際的な問題解決に焦点を当てたサミットを開催する予定である。
The pace, scope, and sheer dynamism of our engagements does not give us much time to rest – but it is delivering. 私たちの活動のペース、範囲、そしてそのダイナミズムは、私たちに休む暇を与えてはくれない。
And it is particularly deep and growing in the critical realms where competition will play out most acutely in the decades to come: そして、今後数十年の間に競争が最も激しくなるであろう重要な領域で、特に深く、大きくなっています。
Foundational Technologies. Cyberspace. Trade and Economics. Investment. 基盤技術。サイバースペース。貿易と経済。投資。
That is why the third critical step to our strategy is to shape the rules of the road in these decisive domains, in this decisive decade. だからこそ、われわれの戦略の第3 の重要なステップは、この決定的な10 年間に、これらの決定的な領域における道路のルールを形成することなのです。
A few weeks ago, I laid out the fundamentals of our work to preserve American and allied technological and scientific leadership for generations to come. 数週間前、私は、米国と同盟国の技術的・科学的リーダーシップを次世代に残すための私たちの活動の基本について説明しました。
It tracks closely with what we just released in the National Security Strategy, including recharging the engine of American dynamism at home and deepening our partnerships abroad. これは、先日発表した「国家安全保障戦略」の内容と密接に関連するもので、国内ではアメリカの活力のエンジンを再充電し、海外ではパートナーシップを深めていくことを含んでいます。
This includes making sure we are doing this in a secure and effective way – securing our critical infrastructure, advancing foundational cybersecurity for critical actors from pipelines to water, and working with the private sector to improve security defenses in technology products that you all are using everyday here at Georgetown. これには、重要インフラの安全確保、パイプラインから水道に至る重要な関係者のための基礎的なサイバーセキュリティの推進、民間部門との協力による、皆さんがここジョージタウンで毎日使っている技術製品のセキュリティ防御の改善など、安全かつ効果的な方法でこれを行うことが含まれています。
We’re investing in the technologies and industries of the future to ensure these investments will withstand the next global stress test, and our investments are only as good as the steps we take to protect them, which is why cybersecurity remains so central to the approach we are taking at the National Security Council and across our government. 私たちは、未来のテクノロジーと産業に投資し、これらの投資が次のグローバルなストレステストに耐えられるようにします。私たちの投資は、それらを保護するために講じる措置によってのみ有効です。だからこそ、サイバーセキュリティは、国家安全保障会議と政府全体で取っているアプローチの中心であり続けるのです。
We are enhancing our investment screening, by providing the first formal Presidential guidance to CFIUS in the history of that committee. 私たちは、CFIUS委員会の歴史上初めてとなる大統領による正式なガイダンスを提供することにより、投資審査を強化しています。
And we are making progress in addressing outbound investments in sensitive technologies, especially technologies and investments that would not be captured by export controls and that could accelerate the capabilities of our competitors in the most sensitive areas.  また、機密性の高い技術、特に輸出規制の対象とならず、最も機密性の高い分野で競合他社の能力を加速させる可能性のある技術や投資に対するアウトバウンド投資の取り組みを進めています。 
For example, last week, we launched significant, carefully tailored restrictions on semiconductor technology exports to the PRC, focused on advanced semiconductor manufacturing tools, the most advanced chips, and supercomputing capabilities. 例えば、先週、中国への半導体技術の輸出について、高度な半導体製造装置、最先端のチップ、スーパーコンピューティング機能に焦点を当てた、慎重に調整された重要な制限を開始しました。
These restrictions are premised on straightforward national security concerns. These technologies are used to develop and field advanced military systems, including weapons of mass destruction, hypersonic missiles, autonomous systems, and mass surveillance. これらの規制は、国家安全保障に関する直接的な懸念が前提となっています。これらの技術は、大量破壊兵器、極超音速ミサイル、自律型システム、大量監視など、高度な軍事システムの開発・実戦に使用されるものです。
Many of you have heard the term “small yard, high fence” when it comes to protecting critical technologies.  The concept has been citied at think tanks and universities and conferences for years.  We are now implementing it.  重要技術の保護に関して、「小さな庭、高いフェンス」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。  このコンセプトは、何年も前からシンクタンクや大学、会議などで引用されてきました。  私たちは今、それを実践しているのです。 
Chokepoints for foundational technologies have to be inside that yard, and the fence has to be high—because our strategic competitors should not be able to exploit American and allied technologies to undermine American and allied security. なぜなら、戦略的な競争相手が米国や同盟国の技術を利用して、米国や同盟国の安全保障を損なうようなことがあってはならないからです。
Alongside these efforts in the technology realm, we are charting new arrangements to shape the economic rules of the road while protecting the interests of American workers. 技術分野におけるこうした努力と並行して、私たちは、米国の労働者の利益を保護しつつ、経済的なルールを形成するための新たな取り決めを図りつつあります。
The bottom line is that we can’t just fall back on the traditional FTAs of the past.  要するに、私たちは過去の伝統的な FTA に後戻りすることはできないということです。 
We have to adapt. We have to cope with fragile supply chains, widening inequality, and the PRC’s emergence as both our most consequential competitor and our largest trading partner. 私たちは適応しなければなりません。脆弱なサプライチェーン、拡大する不平等、そして中国が私たちの最も重要な競争相手であり最大の貿易相手国として台頭してきたことに対処しなければならないのです。
So, we’re bringing American workers and international partners to the table to create a more fair and agile set of economic relationships. そこで私たちは、より公平で機敏な経済関係を構築するために、米国の労働者と国際的なパートナーをテーブルに引き入れています。
In June, in Tokyo, President Biden launched the Indo-Pacific Economic Framework, which now includes fourteen economies, accounting for more than a third of global GDP. 6 月には東京でバイデン大統領がインド太平洋経済枠組みを発足させ、現在では世界の GDP の 3 分の 1 以上を占める 14 の経済圏が参加しています。
The Americas Partnership for Economic Prosperity follows a similar model. It is designed to promote integration by charting new rules to govern trade in digital goods and services and to protect proprietary technologies. To establish early warning systems to identify bottlenecks in supply chains before they occur to set new standards on clean energy. 経済繁栄のための米州パートナーシップも同様のモデルに従っています。これは、デジタル製品やサービスの貿易を管理し、独自の技術を保護するための新しいルールを策定することで、統合を促進することを目的としています。クリーンエネルギーに関する新しい基準を設定するために、サプライチェーンのボトルネックを事前に特定するための早期警告システムを確立することです。
And President Biden’s Partnership for Global Infrastructure and Investment adopted at the G7 this summer will leverage the collective resources of the world’s democracies to mobilize hundreds of billions of dollars for high-standard, sustainable investments in the Global South. また、今夏の G7 で採択されたバイデン大統領の「グローバル・インフラと投資のためのパートナーシップ」は、世界の民主主義国の総力を結集し、「南半球」における高水準で持続可能な投資のために数千億ドルを動員するものです。
Each of these partnerships will be critical to hastening the clean energy transition, which has profound geostrategic consequences as the world weans itself off fossil fuels. これらのパートナーシップは、クリーン・エネルギーへの移行を促進するために不可欠であり、世界が化石燃料から脱却していく中で、地政学的に重大な影響を及ぼすものです。
I know that National Security Strategies often get criticized for not setting priorities. And frankly, as the United States, we can’t be overly rigid about this. Because there’s a lot happening in the world, and we have got to deal with all of it. We have to keep our eye on more than one ball at one time. 国家安全保障戦略は、しばしば優先順位を定めていないと批判されることがあります。率直に言って、米国として、この点に関して過度に厳格になることはできません。なぜなら、世界ではさまざまなことが起こっており、私たちはそのすべてに対処しなければならないからです。私たちは一度に複数のボールから目を離さないようにしなければならないのです。
The DPRK has not halted its forward progress. Iran is still advancing its nuclear program and plotting harm to Americans. Terrorist threats are more geographically diffuse than ever before. The world is anything but calm. 朝鮮民主主義人民共和国は、その前進を止めてはいません。イランは依然として核開発を進め、米国人への危害を企てています。テロリストの脅威は、かつてないほど地理的に拡散しています。世界は決して平穏ではありません。
But the document does recognize some core priorities. The PRC represents America’s most consequential geopolitical challenge. Competition with the PRC is most pronounced in the Indo-Pacific, but it is also increasingly global. しかし、この文書は、いくつかの核となる優先事項を識別しています。中国(PRC)は、米国にとって最も重大な地政学的課題です。中国との競争はインド太平洋地域で最も顕著であるが、グローバルな競争も激化しています。
From Day One of the Biden Administration, our approach has followed the same fundamentals that I have just described in the National Security Strategy, writ large. Invest in the foundations of our strength at home. Align our efforts with our network of allies and partners. And compete responsibility to defend and advance our interests and those of like-minded nations. バイデン政権の初日から、私たちのアプローチは、先ほど私が国家安全保障戦略で説明したのと同じ基本的なことを、大々的に行ってきました。自国の強さの基盤に投資します。同盟国やパートナーのネットワークと私たちの努力を一致させます。そして、自国の利益と志を同じくする国々の利益を守り、促進するために、責任をもって競争します。
Invest. Align. Compete. This is the framework that Secretary Blinken laid out in his speech on our China Strategy a few months ago. 投資する。連携する。競い合う。これは、数カ月前にブリンケン長官が中国戦略に関するスピーチで示した枠組みです。
We will engage constructively with the PRC wherever we can – not as a favor, and not in exchange for our principles – but because working together to solve common problems is what the world expects from responsible powers. And because it is in our interest. しかし、共通の問題を解決するために協力することは、世界が責任ある大国に対して期待することであるため、好意でもなければ、私たちの原則と引き換えでもありません。そして、それが私たちの利益につながるからです。
In that spirit, the National Security Strategy also recognizes that the climate crisis is the greatest of all the shared problems we face. Without immediate global action during this decisive decade, global temperatures will cross the critical warming threshold of 1.5 degrees Celsius. And after that, scientists have warned some of the most catastrophic climate impacts will be irreversible. この精神に基づき、国家安全保障戦略は、気候変動危機が、私たちが直面しているすべての共有問題の中で最大のものであることも認識しています。この決定的な10年間に早急に世界的な行動を起こさなければ、地球の気温は1.5度という決定的な温暖化のしきい値を超えてしまいます。そしてその後、最も壊滅的な気候変動の影響のいくつかは、不可逆的になると科学者たちは警告しています。
The United States will meet its global responsibility on climate, thanks to the Inflation Reduction Act. 米国は、インフレ抑制法のおかげで、気候に関する国際的な責任を果たすことができます。
And we will meet it on health, on food security, on arms control and nonproliferation. そして、健康、食糧安全保障、軍備管理、核不拡散の面でも責任を果たすでしょう。
Because we are steadfastly avoiding the temptation to see the world solely through the prism of strategic competition. なぜなら、われわれは、戦略的競争というプリズムを通してのみ世界を見ようとする誘惑を断固として回避しているからです。
We will continue to engage with countries on their own terms. We will always seek to defend, not dominate. To inspire, not impose. And we will work with any nation that is willing to protect the rules-based order and uphold international law – in every region of the world, no matter the country’s size or so-called strategic importance. 私たちは、各国とそれぞれの条件で関わり続けていきます。私たちは常に、支配するのではなく、防衛することを目指します。押し付けるのではなく、鼓舞します。そして、ルールに基づく秩序を守り、国際法を遵守する意思のある国とは、その国の規模や戦略的重要性にかかわらず、世界のどの地域でも協力します。
A more integrated Middle East that empowers our allies and partners will advance regional peace and prosperity, while reducing the demands the region makes on the United States over the long term. 同盟国やパートナーに力を与える、より統合された中東は、地域の平和と繁栄を促進すると同時に、この地域が米国にもたらす長期的な負担を軽減します。
In Africa, the dynamism and demographic growth of the region make it central to solving every single significant global challenge we face. アフリカは、そのダイナミズムと人口増加により、われわれが直面するあらゆる重要なグローバル課題の解決に中心的な役割を果たします。
And we will continue to revive and deepen our partnerships in the region that most directly impacts the United States more than any other: our own region, the Western Hemisphere. そして、米国に最も直接的に影響を与える地域、すなわち自国の地域である西半球において、パートナーシップを復活させ、深めていくことになります。
This brings me to a thought that I suspect is on your minds, just as it is on mine. ここで、私と同じように皆さんも考えているであろうことをお話しします。
And that is Ukraine. それはウクライナです。
In many ways, the strength of the international response to Russia’s brutal, unprovoked assault – its catastrophic shedding of the terms of the UN Charter – the way the world has come together to respond reveals President Biden’s National Security Strategy in action. 多くの意味で、ロシアの残忍でいわれのない攻撃、すなわち国連憲章の条項を破滅的に覆す行為に対する国際的な反応の強さは、バイデン大統領の国家安全保障戦略の実践を示すものでした。
From the moment we received the first intelligence reports in the fall and stood up a planning cell out of the West Wing, we were disciplined and determined in our strategic objectives:  秋に最初の情報報告を受け、西翼から計画室を立ち上げた瞬間から、われわれは戦略的目標に対して規律正しく、断固とした態度をとっていました。 
To help Ukraine succeed as a democratic, independent, sovereign, and prosperous state, able to deter and defend itself against further aggression. ウクライナが民主的で独立した主権国家として成功し、さらなる侵略を抑止して自らを守ることができるよう支援することです。
To avoid a direct conflict between nuclear superpowers. 核超大国間の直接対決を回避することです。
And to ensure the international system emerges from this conflict stronger rather than weaker. そして、この紛争から国際システムが弱体化するのではなく、むしろ強化されるようにすることです。
And seven months later, we are still guided by these aims.   そして7ヵ月後、私たちはまだこれらの目標に導かれています。 
We wove together a coalition of nations to help Ukrainians defend their country with enormous military, economic, and humanitarian support. 私たちは、ウクライナ人が自国を守るために、膨大な軍事的、経済的、人道的支援を行うために、国家連合を織り成しました。
We united the G7 to impose unprecedented economic costs that are squeezing Russia’s key sources of critical goods and inputs for its economy. 私たちはG7 を結束させ、前例のない経済的コストを課し、ロシア経済の重要な財や投入物の主要供給源を圧迫しています。
We’ve worked closely with our European friends to address the global ripple effects of the war, from striking an energy supply deal that helped cut dependence on Russian gas to driving new investments in food security globally. 私たちは欧州の友人たちと緊密に協力し、ロシア産ガスへの依存を減らすためのエネルギー供給契約の締結から、世界的な食糧安全保障への新たな投資の推進まで、戦争の世界的な波及効果に対処してきました。
And we have put months of quiet work to help shepherd Finland and Sweden into NATO, proving that Putin’s actions have only infused the Alliance with a sense of common purpose that it has not seen in decades. また、フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟するために、数カ月にわたって静かな努力を重ねてきました。これは、プーチンの行動が同盟にここ数十年見られなかった共通の目的意識を吹き込んだだけであることを証明しています。
At extraordinary cost, with extraordinary bravery, the people of Ukraine can take enormous pride in knowing that Russia has gotten the exact opposite of what it expected. 並外れたコストと勇気をもって、ウクライナの人々は、ロシアが期待したものと正反対のものを手に入れたことを知り、大きな誇りを持つことができます。
And it is the bravery and courage of the people of Ukraine, with the support of the international community, that has pushed Russia back from the aim it had set out with at the start of this conflict, which was quite literally, as President Biden has said, “to wipe Ukraine off of the map.” そして、バイデン大統領が言ったように、文字通り「ウクライナを地図上から消し去る」という紛争開始時の目的からロシアを押し戻したのは、国際社会の支援を受けたウクライナ国民の勇敢さと勇気です。
At the same time, we remember how acute the risk of escalation has been throughout this conflict. How it was in those first few weeks and how real it remains. 同時に、この紛争を通じてエスカレーションの危険性がどれほど高まっていたかも忘れてはなりません。最初の数週間はそうであったし、今もそうです。
And as National Security Advisor, the risk is never out of my mind. 国家安全保障顧問として、そのリスクは私の頭から離れません。
We take the threats that President Putin is making to the international community –  and to Ukraine itself –  seriously, as we have from the outset of this war. プーチン大統領が国際社会に対して、そしてウクライナ自身に対して行っている脅威を、この戦争の当初からそうであったように、われわれは真剣に受け止めています。
We will continue to be both resolute and responsible in our actions in support of Ukraine’s freedom, its democracy, its sovereignty, its territorial integrity. 私たちは、ウクライナの自由、民主主義、主権、領土保全のために、断固とした態度で責任ある行動を取り続けます。
We will not be intimidated. We will not be knocked off course. We will continue to support Ukraine for as long as it takes. 私たちは脅かされることはありません。軌道修正されることもありません。私たちは、必要な限りウクライナを支援し続けるでしょう。
Standing here today, nearly two years into the Biden Administration, it actually can be kind of hard to look all the way back to the first day on the job. A lot has happened since then. And it can be easy to look around and see that remarkable unity and resolve of the free world today, the way it has stepped up on Ukraine and so many other issues, and say that was just the natural order of things. バイデン政権が発足して2年近くが経過し、今日ここに立ってみると、就任初日から振り返ってみるのはちょっと難しいかもしれません。それ以来、多くのことが起きています。そして、今日の自由世界の驚くべき結束と決意、ウクライナやその他多くの問題に対する歩み寄りを見て、それが自然の摂理であると言うのは簡単なことです。
But it is not necessary the natural order of things. しかし、それは自然の摂理である必要はありません。
It takes work. It takes effort. It takes strategy. 行動が必要なのです。努力も必要です。戦略も必要です。
And, against an array of steep, sharp, and dogged challenges, the United States – I believe – is today strategically well-positioned and – through our historic investments and unrelenting work we’re doing, is growing more so month-by-month. そして、険しく、鋭く、執拗な一連の挑戦に対して、米国は今日、戦略的に十分な位置を占め、歴史的な投資と私たちの行っている絶え間ない活動によって、月ごとにますます成長していると私は信じています。
That doesn’t just happen – like a rubber band springing back into shape. これは、ゴムバンドが元の形に戻るように、ただ起こることではありません。
It is the culmination of the work over 21 months to bend and build the architecture of this National Security Strategy – under the leadership of our President – to replenish our reservoir of strength at home, to rebuild and create our strategic and economic partnerships around the world and to meet every challenge we facing – whether geopolitical or transnational – from a situation of strength. これは、21カ月にわたって、大統領のリーダーシップの下で、この国家安全保障戦略の構造を曲げ、構築してきた作業の集大成であり、国内における力の貯蔵庫を補充し、世界中で戦略と経済のパートナーシップを再構築、創造し、地政学的あるいは国境を越えたものであれ、直面するあらゆる課題に強みのある状況から対処するためです。
That is what we set out to do. That is what we are trying to do every day we have the honor to hold these jobs. それが、私たちが目指したものです。このような職務に就く名誉に浴している私たちは、日々、それを実現しようとしているのです。
And I thank you very much for the opportunity to address you today.  本日は、皆様にご挨拶する機会をいただき、誠にありがとうございます。 

 

記者会見

・2022.10.13 On-the-Record Press Call by National Security Advisor Jake Sullivan Previewing the Biden-Harris Administration’s National Security Strategy

詳細な内容は...  ↓

 

Continue reading "米国 国家安全保障戦略"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧