新エネルギー

2023.12.06

COP28

こんにちは、丸山満彦です。

2023.11.30 からUAEのドバイで、2023年 国連気候変動会議 (COP28)  [wikipedia] が開催されていますね。。。

12月8日は宣言がだされるようですね。。。

 

Theofficiallogoofcop28_185c057a316_mediu

 

COP28のWebページ

COP28

 

国連のCOP28のWebページ

United Nations - COP28

 

 

検索はできる限り日付順です。。。

 

国連のページでのCOP28の検索

United Nation (COP28)

 

米国連邦政府のページでのCOP28の検索

U.S. White House  (COP28)

U.S. Department of State (COP28)

 

英国政府のページでのCOP28の検索

GOV.UK (COP28)

 

中国人民日報のページでのCOP28の検索

人民网 (COP28)


EU関連のページでのCOP28の検索

EU Commission (COP28)

The Diplomatic Service of the European Union (COP28)

EU Council (COP28)

 

日本政府のページでのCOP28の検索

首相官邸 (COP28)

外務省 (COP28)

環境省 (COP28)

経済産業省 (COP28)

 

ドイツ連邦政府のページでのCOP28の検索

ドイツ連邦政府 (COP28)

 

 

 

| | Comments (0)

2023.08.07

経済産業省 第32回 産業構造審議会総会

 こんにちは、丸山満彦です。

2023.08.03 に第32回 産業構造審議会総会が開催され、[PDF] 令和6年度経済産業政策の重点(案)も示されていますが、なんかこう、重点政策と言いながら、いろいろな利害関係者へ配慮した結果、「いろいろと話題になっていることは、もらさず記載していますよ。最近急に話題になってきた生成AIについてもふれているし...」みたいなものになっているような気がして、これで世界に通用する産業が成長していく感じを受けないというか、、、なんだろうね、、、わくわくしないというか。。。

ちょうど、[PDF] 経済産業政策の新機軸第2次中間整理についての4ページに米欧中の「課題」と「対応」がコンパクトにまとめられているのですが、このレベルでの日本の政策をわかりやすく説明すれば、国民も理解がすすみ、政策の実現がしやすくなるのではないかと思ったりもします。。。

そういう意味では、バイデンさんの2023.06.28の発表はわかりやすい方針なのかもしれませんね。。。

 

経済産業省

・2023.08.04 第32回 産業構造審議会総会

20230807-11518

20230807-11531

20230807-11545

動画...

動画

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.07.01 米国 ホワイトハウス バイデノミクスは機能している: 大統領の計画はトップダウンではなくミドルアウトとボトムアップから経済を成長させる

・2023.06.26 EU 欧州経済安全保障戦略

 

| | Comments (0)

2023.07.19

NIST NISTIR 8473(ドラフト)電気自動車の超高速充電インフラのためのサイバーセキュリティフレームワークプロファイル

こんにちは、丸山満彦です。

NISTが電気自動車の超高速充電インフラに対してサイバーセキュリティフレームワークを適用する場合のガイダンス案を公表し、意見募集をしていますね。。。

設計思想が違うITとOTが連携しなければならない世界で、シームレスにセキュリティ・レジリエンスを担保するための考え方ということですかね。。。

 

NIST - ITL

・2023.07.14. NISTIR 8473 (Draft) Cybersecurity Framework Profile for Electric Vehicle Extreme Fast Charging Infrastructure

 

NISTIR 8473 (Draft) Cybersecurity Framework Profile for Electric Vehicle Extreme Fast Charging Infrastructure NISTIR 8473(ドラフト)電気自動車の超高速充電インフラのためのサイバーセキュリティフレームワークプロファイル
Announcement 発表
This Cybersecurity Framework Profile (Profile) has been developed for the Electric Vehicle Extreme Fast Charging (EV/XFC) ecosystem and the subsidiary functions that support each of the four domains: (i) Electric Vehicles (EV); (ii) Extreme Fast Charging (XFC); (iii) XFC Cloud or Third-Party Operations; (iv) and Utility and Building Networks. The document provides a foundation that relevant parties may use to develop profiles specific to their organization to assess their cybersecurity posture as a part of their risk management process. This non-regulatory, voluntary profile is intended to supplement, not replace, an existing risk management program or the current cybersecurity standards, regulations, and industry guidelines that are in current use by the EV/XFC industry. このサイバーセキュリティフレームワーク・プロファイルは、電気自動車の超高速充電(EV/XFC)エコシステムと、(i)電気自動車(EV)、(ii)超高速充電(XFC)、(iii)XFCクラウドまたはサードパーティ運用、(iv)ユーティリティおよびビルディングネットワークの4つのドメインをサポートする補助機能を対象として開発された。この文書は、関係者がリスクマネジメントプロセスの一環としてサイバーセキュリティ態勢を評価するために、それぞれの組織に特化したプロファイルを作成するための基礎を提供するものである。この非規制的で自主的なプロファイルは、既存のリスクマネジメントプログラムや、EV/XFC 業界で現在使用されているサイバーセキュリティ標準、規制、業界ガイドラインを補完するものであり、代替するものではない。
Purpose 目的
The EV/XFC Cybersecurity Framework Profile is designed to be part of an enterprise risk management program to aid organizations in managing threats to systems, networks, and assets within the EV/XFC ecosystem. The EV/XFC Cybersecurity Framework Profile is not intended to serve as a solution or compliance checklist. Users of this profile will understand that its application cannot eliminate the likelihood of disruption or guarantee some level of assurance. EV/XFCサイバーセキュリティフレームワークプロファイルは、EV/XFCエコシステム内のシステム、ネットワーク、資産に対する脅威を管理する組織を支援するエンタープライズリスクマネジメントプログラムの一部として設計されている。EV/XFCサイバーセキュリティフレームワークプロファイルは、ソリューションやコンプライアンスチェックリストとして機能することを意図していない。このプロファイルの利用者は、その適用によって混乱の可能性を排除したり、ある程度の保証を保証したりすることはできないことを理解する。
Use of the Profile will help organizations: このプロファイルを使用することは、組織にとって次のような助けとなる:
・Identify key assets and interfaces in each of the ecosystem domains. ・エコシステムの各領域における主要な資産とインタフェースを識別する。
・Address cybersecurity risk in the management and use of EV/XFC services. ・EV/XFCサービスのマネジメントと利用におけるサイバーセキュリティリスクに対処する。
・Identify the threats, vulnerabilities, and associated risks to EV/XFC services, equipment, and data. ・EV/XFCサービス、機器、データに対する脅威、脆弱性、関連リスクを識別する。
・Apply protection mechanisms to reduce risk to manageable levels. ・管理可能なレベルまでリスクを低減するための防御メカニズムを適用する。
・Detect disruptions and manipulation of EV/XFC services. ・EV/XFCサービスの妨害や操作を検知する。
・Respond to and recover from EV/XFC service anomalies in a timely, effective, and resilient manner. ・EV/XFCサービスの異常に、タイムリーかつ効果的に、レジリエンスを持って対応し、回復する。
Join the Community of Interest 関心のあるコミュニティに参加する
If you have expertise in EV/XFC and/or cybersecurity, consider joining the Community of Interest (COI) to receive the latest project news and announcements. Email the team at evxfc-nccoe@nist.gov declaring your interest or complete the sign-up form on our project page. EV/XFCやサイバーセキュリティの専門知識をお持ちの方は、COI(Community of Interest)に参加して、プロジェクトの最新ニュースやお知らせを受け取ることをご検討いただきたい。evxfc-nccoe@nist.gov までメールでご興味を表明いただくか、プロジェクトページの登録フォームにご記入の上、送信していただきたい。
Abstract 概要
This document is the Cybersecurity Framework Profile (Profile) developed for the Electric Vehicle Extreme Fast Charging (EV/XFC) ecosystem and the subsidiary functions that support each of the four domains: (i) Electric Vehicles (EV); (ii) Extreme Fast Charging (XFC); (iii) XFC Cloud or Third-Party Operations; (iv) and Utility and Building Networks. This Profile provides a foundational profile that relevant parties may use to develop profiles specific to their organization to assess their cybersecurity posture as a part of their risk management process. The profile is intended to supplement, not replace, an existing risk management program or the current cybersecurity standards, regulations, and industry guidelines that are in current use by the EV/XFC industry. 本書は、電気自動車超高速充電(EV/XFC)エコシステムと、(i)電気自動車(EV)、(ii)超高速充電(XFC)、(iii)XFC クラウドまたはサードパーティ運用、(iv)ユーティリティおよびビルディングネットワークの 4 つのドメインそれぞれをサポートする補助機能のために開発されたサイバーセキュリティフレームワーク・プロファイル(プロファイル)である。このプロファイルは、関係者がリスクマネジメントプロセスの一環としてサイバーセキュリティ態勢を評価するために、それぞれの組織に固有のプロファイルを作成するために使用できる基礎となるプロファイルを提供するものである。このプロファイルは、既存のリスクマネジメントプログラムや EV/XFC 業界で現在使用されているサイバーセキュリティ標準、規制、業界ガイドラインを補完するものであり、置き換えるものではない。

 

[PDF] NISTIR 8473 (Draft)

20230718-174608

 

目次...

1. Introduction 1. 序文
1.1. Purpose 1.1. 目的
1.2. Scope 1.2. 適用範囲
1.3. Audience 1.3. 想定読者
2. Intended Use 2. 使用目的
3. EV/XFC Cybersecurity Mission Objectives 3. EV/XFC サイバーセキュリティのミッション目標
3.1. Mission Objective 1: Deliver Reliable Performance through Secure Communications 3.1. ミッション目標1:セキュアなコミュニケーションを通じて信頼できるパフォーマンスを提供する。
3.2. Mission Objective 2: Maintain Resilience of the XFC Infrastructure 3.2. ミッション目標2:XFCインフラのレジリエンスを維持する
3.3. Mission Objective 3: Build and Maintain Trustworthy Relationships with Partners and Customers 3.3. ミッション目標3:パートナーおよび顧客との信頼関係の構築と維持
3.4. Mission Objective 4: Maintain Continuity of Operations 3.4. ミッション目標4:業務の継続性を維持する
4. Overview of the Cybersecurity Framework 4. サイバーセキュリティフレームワークの概要
4.1. The Framework Core 4.1. フレームワークの中核
4.2. Sector-Level Profiles 4.2. セクター・レベルのプロファイル
5. XFC Baseline Profile 5. XFCベースラインプロファイル
5.1. Identify Function 5.1. 機能の識別
5.1.1. Asset Management Category 5.1.1. 資産管理カテゴリー
5.1.2. Business Environment Category 5.1.2. ビジネス環境カテゴリー
5.1.3. Governance Category 5.1.3. ガバナンス・カテゴリー
5.1.4. Risk Assessment Category 5.1.4. リスクアセスメント カテゴリー
5.1.5. Risk Management Category 5.1.5. リスクマネジメントカテゴリー
5.1.6. Supply Chain Risk Management Category 5.1.6. サプライチェーンリスクマネジメントカテゴリー
5.2. Protect Function Considerations Across the EV/XFC Domains 5.2. EV/XFC領域にわたる防御機能の考慮事項
5.2.1. Identity Management, Authentication and Access Control Category 5.2.1. アイデンティティ管理、認証/アクセス制御カテゴリー
5.2.2. Awareness and Training Category 5.2.2. 意識向上およびトレーニングカテゴリー
5.2.3. Data Security Category 5.2.3. データセキュリティカテゴリー
5.2.4. Information Protection and Processes Category 5.2.4. 情報防御とプロセスカテゴリー
5.2.5. Maintenance Category 5.2.5. 保守カテゴリー
5.2.6. Protective Technology Category 5.2.6. 保護技術カテゴリー
5.3. Detect Function Considerations Across the EV/XFC Domains 5.3. EV/XFC領域にわたる検知機能の検討
5.3.1. Anomalies and Events 5.3.1. 異常とイベント
5.3.2. Security Continuous Monitoring 5.3.2. セキュリティの継続的なモニタリング
5.3.3. Detection Processes 5.3.3. 検知プロセス
5.4. Respond Function Considerations Across the EV/XFC Domains 5.4. EV/XFCドメイン間での対応機能の考慮事項
5.4.1. Analysis 5.4.1. 分析
5.4.2. Communications 5.4.2. コミュニケーション
5.4.3. Improvements Category 5.4.3. 改善カテゴリー
5.4.4. Mitigation 5.4.4. 低減
5.4.5. Response Planning 5.4.5. 対応計画
5.5. Recover Function Considerations Across the EV/XFC Domains 5.5. EV/XFCドメイン間での機能回復に関する考慮事項
5.5.1. Communications 5.5.1. コミュニケーション
5.5.2. Improvements 5.5.2. 改善
5.5.3. Recovery Planning 5.5.3. 復旧計画
References 参考文献
Appendix A. List of Symbols, Abbreviations, and Acronyms 附属書A. 記号、略語、頭字語のリスト

 

 

 


 

Series Number Title Status Release Date
NISTIR 8473 Cybersecurity Framework Profile for Electric Vehicle Extreme Fast Charging Infrastructure Draft 07/14/2023
Download: NISTIR 8473 (Draft) (DOI)Local DownloadProject homepage
NISTIR 8467 Cybersecurity Framework Profile for Genomic Data Draft 06/15/2023
DDownload: NISTIR 8467 (Draft) (DOI)Local DownloadComment templateProject homepage
NISTIR 8406 Cybersecurity Framework Profile for Liquefied Natural Gas Final 06/08/2023
Download: NISTIR 8406 (DOI)Local DownloadProject homepage
NISTIR 8441 Cybersecurity Framework Profile for Hybrid Satellite Networks (HSN) Draft 06/06/2023
Download: NISTIR 8441 (Draft) (DOI)Local DownloadComment templateProject homepage
NISTIR 8323 Rev. 1 Foundational PNT Profile: Applying the Cybersecurity Framework for the Responsible Use of Positioning, Navigation, and Timing (PNT) Services Final 1/31/2023
Download: NISTIR 8323 Rev. 1 (DOI); Local Download; Comments received on public draft; PNT homepage
White Paper NIST CSWP 27 Cybersecurity Framework Profile for Hybrid Satellite Networks (HSN): Final Annotated Outline Final 11/03/2022
Download: White Paper (DOI)NIST CSWP 27Project homepage
NISTIR 8323 Foundational PNT Profile: Applying the Cybersecurity Framework for the Responsible Use of Positioning, Navigation, and Timing (PNT) Services Final 02/11/2021
Download: NISTIR 8323 (DOI)Local DownloadPNT Profile Quick GuideNIST news articlePNT homepage

 

 


 

● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.06.24 NIST NISTIR 8467(ドラフト)ゲノムデータのサイバーセキュリティフレームワーク・プロファイル

・2023.06.11 NIST NISTIR 8406 液化天然ガス向けサイバーセキュリティフレームワークプロファイル

・2023.06.10 NIST NISTIR 8441(ドラフト)ハイブリッド衛星ネットワークのためのサイバーセキュリティフレームワークプロファイル (2023.06.06)

・2023.03.05 NISTIR 8432(ドラフト) ゲノムデータのサイバーセキュリティ

・2022.11.06 NIST ホワイトペーパー NIST CSWP 27:ハイブリッド衛星ネットワーク (HSN) 用サイバーセキュリティフレームワーク・プロファイル:注釈付きアウトライン最終版

・2022.10.25 NIST NISTIR 8406 (ドラフト) 液化天然ガス向けサイバーセキュリティフレームワークプロファイル (2022.10.17)

・2021.09.10 NISTIR 8374 (Draft) ランサムウェア・リスク管理のためのサイバーセキュリティフレームワーク・プロファイル

・2021.06.11 NISTIR 8374 (Draft) ランサムウェア・リスク管理のためのサイバーセキュリティフレームワーク・プロファイル(初期ドラフト)

 


 

 

 

Continue reading "NIST NISTIR 8473(ドラフト)電気自動車の超高速充電インフラのためのサイバーセキュリティフレームワークプロファイル"

| | Comments (0)

2023.06.28

世界経済フォーラム (WEF) 新技術トップ10 2023

こんにちは、丸山満彦です。

世界経済フォーラム (WEF) が新技術トップ10の2023年版が公表されていますね。。。

ことしの新技術トップ10

1     Flexible batteries 1 フレキシブルバッテリー
2     Generative artificial intelligence 2 生成的人工知能
3     Sustainable aviation fuel 3 持続可能な航空燃料
4     Designer phages 4 設計されたバクテリア・ファージ
5     Metaverse for mental health 5 メンタルヘルスのためのメタバース
6     Wearable plant sensors 6 ウェアラブル植物センサー
7     Spatial omics 7 空間オミックス
8     Flexible neural electronics 8 フレキシブル神経エレクトロニクス
9     Sustainable computing 9 持続可能なコンピューティング
10   AI-facilitated healthcare 10 AIが促進するヘルスケア

 

興味深い内容です。。。

 

World Economic Forum - Report

・2023.06.26 Top 10 Emerging Technologies of 2023

Top 10 Emerging Technologies of 2023 2023年の新技術トップ10
The Top 10 Emerging Technologies of 2023 report, now in its 11th year, highlights the technologies set to positively impact society within the next three to five years. This comprehensive report goes beyond listing the top 10 technologies and their associated risks and opportunities. It provides a qualitative assessment of each technology's potential impact on people, the planet, prosperity, industry and equity. 今年で11年目を迎える「2023年の新技術トップ10」レポートは、今後3〜5年以内に社会にポジティブな影響を与えるであろう技術を取り上げている。この包括的なレポートは、トップ10のテクノロジーとそれに関連するリスクや機会を列挙するにとどまらない。各技術が人々、地球、繁栄、産業、公平性に与える潜在的な影響について、定性的な評価を提供している。

 

・[PDF]

20230628-100314 

 

 

| | Comments (0)

2023.06.25

デジタル庁 デジタル社会の実現に向けた重点計画 (2023.06.09)

こんいちは、丸山満彦です。

デジタル庁の「デジタル社会の実現に向けた重点計画」を忘れないうちに...

 

デジタル庁

デジタル社会の実現に向けた重点計画

目次的...


誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化を

重点計画とは

デジタルにより目指す社会
 デジタル社会で目指す6つの姿

デジタル社会の実現に向けた理念・原則
 デジタル社会形成のための基本10原則
 国の行政手続オンライン化の3原則
 構造改革のためのデジタル5原則
 サービス設計12箇条
 クラウド・バイ・デフォルト原則

戦略として取り組む政策群

重点的な取組
 1. マイナンバーカードとデジタル行政サービスで便利な暮らしを提供する
 2. デジタル技術を活用するためのルールを整える
 3. 国や地方公共団体を通じてデジタル変革を推進する
 4. 官民でデータ連携の基盤を整備する
 5. 準公共分野のデジタルサービスを拡充する
 6. AI活用及びデータ戦略を踏まえた取組を推進する
 7. データ連携とデータ移転の国際的な枠組みをつくる
 8. 事業者向け行政サービスの利便性を高める
 9. 公平かつ迅速な調達を実現できる仕組みをつくる
 10. インターネット上の偽情報対策などを推進する

資料
 本ページ掲載内容の紹介資料
 過去資料


 


デジタル社会で目指す6つの姿

  1. デジタル化による成長戦略
  2. 医療・教育・防災・こども等の準公共分野のデジタル化
  3. デジタル化による地域の活性化
  4. 誰一人取り残されないデジタル社会
  5. デジタル人材の育成・確保
  6. DFFT※の推進をはじめとする国際戦略
    ※DFFT:Data Free Flow with Trust:信頼性のある自由なデータ流通

 

デジタル社会形成のための基本10原則

  1. オープン・透明
  2. 公平・倫理
  3. 安全・安心
  4. 継続・安定・強靭
  5. 社会課題の解決
  6. 迅速・柔軟
  7. 包摂・多様性
  8. 浸透
  9. 新たな価値の創造
  10. 飛躍・国際貢献

 

国の行政手続オンライン化の3原則

  1. デジタルファースト:個々の手続・サービスが一貫してデジタルで完結
  2. ワンスオンリー:一度提出した情報は二度提出が不要
  3. コネクテッド・ワンストップ:民間を含む複数の手続き・サービスをワンストップで実現

↑ 英語にせずに、日本語にすればよいのにね。。。

 

構造改革のためのデジタル5原則

  1. デジタル完結・自動化原則
  2. アジャイルガバナンス原則
  3. 官民連携原則
  4. 相互運用性確保原則
  5. 共通基盤利用原則

 

サービス設計12箇条

  1. 利用者のニーズから出発する
  2. 事実を詳細に把握する
  3. エンドツーエンドで考える
  4. 全ての関係者に気を配る
  5. サービスはシンプルにする
  6. デジタル技術を活用し、サービスの価値を高める
  7. 利用者の日常体験に溶け込む
  8. 自分で作りすぎない
  9. オープンにサービスを作る
  10. 何度も繰り返す
  11. 一編にやらず、一貫してやる
  12. 情報システムではなくサービスを作る

 


 

・[PDF] 本ページ掲載内容の紹介資料

 

概要(簡易版)[PDF][ PPTX]

概要 [PDF][ PPTX]

20230625-74943

 

本文 [PDF][WORD]

20230625-75116

工程表 [PDF][XLSX]

20230625-75337

施策集 [PDF][WORD]

・本計画とデジタル社会形成基本法第37条第2項各号、及び官民データ活用推進基本法第8条第2項各号に定める記載事項との対応関係 [PDF][XLSX]

オンライン化を実施する行政手続の一覧等 [PDF]

  1. 行政手続のデジタル化 [WORD]
  2. オンライン化を実施する行政手続等 [XLSX]
  3. 添付書類の省略を実施する行政手続 [XLSX]
  4. 更なる利便性の向上を図る行政手続等 [XLSX]
  5. 地方公共団体が優先的にオンライン化を推進すべき手続 [WORD]

統合版(令和5年6月9日閣議決定)デジタル社会の実現に向けた重点計画(本文/工程表/別冊) [PDF]

別表(施策集)[PDF][XLSX]

 

施策集...

1. 国際戦略の推進
[No.
1-1] インターネットガバナンスにおける国際連携とマルチステークホルダー間連携の強化
[No.1-2] 国際的なデータ流通の推進

2. サイバーセキュリティ等の安全・安心の確保
[No.
2-1] セキュリティ標準の策定
[No.2-2] 個人情報等の適正な取扱いの確保及び効果的な活用の促進

3. 急速なAIの進歩・普及を踏まえた対応
[No.
3-1] 民主主義的な価値に基づいた人間中心のAI原則の実践の支援
[No.3-2] AI・データの利用に関する適切な契約の促進

4. 包括的データ戦略の推進と今後の取組
[No.
4-1] 「Trusted Web」構想の実現
[No.4-2] 地域経済分析システム(RESAS)による官民のオープンデータ利活用の推進
[No.4-3] 海のデータ連携の推進
[No.4-4] 信頼性のある個人データ流通の観点から個人情報を安全・円滑に越境移転できる国際環境の構築
[No.4-5] オープンデータカタログの一元的提供の推進
[No.4-6] 土地情報連携の高度化
[No.4-7] いわゆる情報銀行等の実装に向けた制度整備
[No.4-8] 統計データのオープン化の推進・高度化
[No.4-9] 海外安全情報のデータ公開と活用の促進
[No.4-10] 地理空間情報(G空間情報)の流通基盤の整備等
[No.4-11] 不動産関連データの情報連携のキーとなる不動産ID(共通番号)の活用促進
[No.4-12] i-Constructionの推進による3次元データの利活用の促進
[No.4-13] 気象情報の利活用の促進

5. 国民に対する行政サービスのデジタル化
[No.
5-1] 運転免許証とマイナンバーカードの一体化
[No.5-2] 地方公共団体が優先的にオンライン化を推進すべき手続のオンライン・デジタル化の推進
[No.5-3] 引越し手続のオンライン・デジタル化の推進
[No.5-4] マイナポータルの継続的改善
[No.5-5] 自治体マイナポイントの効果的な活用の推進
[No.5-6] 国外におけるマイナンバーカード・公的個人認証サービスの継続利用
[No.5-7] コンビニ交付サービスの導入推進
[No.5-8] マイナンバーカードと健康保険証の一体化の加速

6. 安全・安心で便利な暮らしのデジタル化
[No.
6-1] ハザードマップ(災害リスク情報)のオープンデータ化
[No.6-2] 匿名加工医療情報の利活用の推進
[No.6-3] 防災・減災のため、必要な情報を円滑に共有できる仕組みの構築
[No.6-4] 国・地方公共団体・事業者等における災害情報の共有の推進
[No.6-5] スマート防災ネットワークの構築
[No.6-6] 準天頂衛星システムの開発・整備・運用及び利活用促進
[No.6-7] スマートインフラマネジメントシステムの構築
[No.6-8] 被災者支援におけるマイナポータル活用の推進
[No.6-9] 保育所や放課後児童クラブの利用に関する有益な情報の公開促進
[No.6-10] 「デジタルを活用した交通社会の未来2022」に基づいた取組の推進
[No.6-11] 官民の保有するモビリティ関連データの連携
[No.6-12] 位置情報を統一的な基準で一意に特定する「4次元時空間ID」の整備
[No.6-13] 取引のデジタル化
[No.6-14] 電子インボイスの標準仕様(デジタルインボイス)の定着とそれを契機としたグローバル展開に向けた取組
[No.6-15] 健康・医療・介護等データの流通・利活用環境の実現
[No.6-16] 高度遠隔医療ネットワーク実用化研究の推進
[No.6-17] 公共安全LTEの実現に向けた技術的検討
[No.6-18] Jアラートによる迅速かつ確実な情報伝達の実施
[No.6-19] Lアラートによる迅速な災害情報発信や発信情報の拡充・利活用の拡大
[No.6-20] 地域課題解決のためのスマートシティの推進
[No.6-21] ITUとの連携による国際協力事業
[No.6-22] 医療高度化に資するPHRデータ流通基盤の構築
[No.6-23] 消防防災分野におけるAIの活用も含めたDXの推進
[No.6-24] 児童生徒1人1台端末の活用促進
[No.6-25] 次世代の学校・教育現場を見据えた先端技術・教育データの利活用促進
[No.6-26] 教育データの効果的な活用の推進
[No.6-27] 学習者用デジタル教科書の普及促進等
[No.6-28] 介護サービス情報公表システムを活用した効果的な情報提供
[No.6-29] レセプト・健診情報等を活用したデータヘルスの推進事業
[No.6-30] レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)の利活用促進
[No.6-31] 指定難病患者、小児慢性特定疾病児童等の診療情報を登録するためのデータベースの活用促進
[No.6-32] 予防接種記録の電子化推進と疫学調査等への活用の検討
[No.6-33] ICT等を用いた遠隔診療の推進
[No.6-34] 農業関係情報のオープンデータ化の推進
[No.6-35] データ連携による生産・流通改革
[No.6-36] スマート農業実証プロジェクト(「スマート農業産地モデル実証」及び「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」)
[No.6-37] データをフル活用したスマート水産業の推進
[No.6-38] 水産流通適正化制度における電子化推進対策事業
[No.6-39] 農林水産省共通申請サービス(eMAFF)によるDXの促進
[No.6-40] 農林水産省地理情報共通管理システム(eMAFF地図)による農地情報の一元化に資する農業委員会サポートシステムの運用
[No.6-41] 林業におけるデジタル技術の活用の推進
[No.6-42] 筆ポリゴンデータのオープンデータ化・高度利用促進
[No.6-43] ICTを活用した教育サービスの充実
[No.6-44] フィジカルインターネットの実現
[No.6-45] 指定緊急避難場所情報の迅速な整備・更新・公開及び各種情報との連携の推進
[No.6-46] 歩行空間における自律移動支援の推進
[No.6-47] 国家座標に準拠した高精度な位置情報の利活用及び流通の促進
[No.6-48] 基盤となる地理空間情報等の整備・提供
[No.6-49] ボーリング柱状図データ(土質調査結果含む)の公開の促進
[No.6-50] 小型無人機(ドローン)の制度整備と社会実装の推進
[No.6-51] サイバーポートの整備(港湾物流分野)
[No.6-52] 「ヒトを支援するAIターミナル」の実現に向けた取組の深化
[No.6-53] 国土交通データプラットフォーム整備
[No.6-54] スマートシティの実装化の推進
[No.6-55] 3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化の推進

7. アクセシビリティの確保
[No.
7-1] 障害者の本人確認等の簡素化
[No.7-2] ウェブアクセシビリティ確保のための環境整備等
[No.7-3] 情報アクセシビリティ確保のための環境整備
[No.7-4] 高齢者等に向けたデジタル活用支援の推進
[No.7-5] 多言語翻訳技術の高度化に関する研究開発
[No.7-6] 障害当事者参加型技術開発の推進
[No.7-7] デジタル技術を活用した郵便局による地域連携

8. 産業のデジタル化
[No.
8-1] データ連携基盤を支えるサイバーセキュリティ対策
[No.8-2] サイバーセキュリティお助け隊の構築
[No.8-3] 中小企業支援のDX推進
[No.8-4] 地域企業のDX推進
[No.8-5] 産業界におけるデジタルトランスフォーメーションの推進
[No.8-6] DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進による観光サービスの変革と観光需要の創出等
[No.8-7] 観光DXの推進

9. デジタル社会を支えるシステム・技術
[No.
9-1] 人事管理のデジタル化
[No.9-2] 革新的な基礎研究から社会実装までのAI研究開発の推進
[No.9-3] 警察共通基盤を活用した警察業務のデジタル化
[No.9-4] 交通管制の高度化に関する調査研究
[No.9-5] 視覚障害者、高齢者等の移動支援システムの普及促進
[No.9-6] オープンデータ・バイ・デザインの推進
[No.9-7] 地方におけるオープンデータの促進
[No.9-8] ガバメントクラウドの整備
[No.9-9] ガバメントソリューションサービスの整備
[No.9-10] 情報システム整備方針を踏まえた独立行政法人の情報システムの整備及び管理の推進
[No.9-11] 地方公共団体の基幹業務等システムの統一・標準化
[No.9-12] 公共工事電子入札システムの統合
[No.9-13] デジタル技術を用いた防災気象情報の高度化等に係るプロジェクトの推進
[No.9-14] 条件不利地域における通信インフラの整備の推進
[No.9-15] 鉄道トンネルなどにおける携帯電話の通じない区間の解消の加速
[No.9-16] 5G高度化等に向けた総合的・戦略的な国際標準化・知財活動の促進
[No.9-17] データセンターの分散立地の推進、国際的なデータ流通のハブとしての機能強化等
[No.9-18] ローカル5Gに関する実証の結果を踏まえた制度整備に向けた検討、ローカル5G等の地域のデジタル基盤の整備と先進的ソリューション実装の一体的推進の実施
[No.9-19] グリーン社会に資する先端光伝送技術の研究開発
[No.9-20] 安全なデータ連携による最適化AI技術の研究開発
[No.9-21] リモートセンシング技術のユーザー最適型データ提供に関する要素技術の研究開発
[No.9-22] 量子暗号通信網構築のための研究開発
[No.9-23] 量子インターネット実現に向けた要素技術の研究開発
[No.9-24] 革新的情報通信技術(Beyond 5G(6G))基金事業
[No.9-25] 非常時における事業者間ローミングの実現
[No.9-26] 非地上系ネットワーク(NTN)の整備等
[No.9-27] 登記情報システムに係るプロジェクトの推進
[No.9-28] 国税情報システムに係るプロジェクトの推進
[No.9-29] 国税地方税連携の推進
[No.9-30] 最先端スーパーコンピュータの運用等
[No.9-31] 研究データの活用・流通・管理を促進する次世代学術研究プラットフォーム
[No.9-32] AIP:人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト(次世代人工知能技術等研究開発拠点形成事業費補助金)
[No.9-33] 光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)
[No.9-34] 経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータの実現(ムーンショット型研究開発制度 目標6)
[No.9-35] データ駆動型研究開発を推進するためのマテリアル研究開発プラットフォームの基盤整備
[No.9-36] マテリアル分野をユースケースとした「研究DXプラットフォーム」の構築
[No.9-37] 地球環境データ統合・解析プラットフォーム事業
[No.9-38] 科学技術イノベーション・システムの構築
[No.9-39] 社会保険オンラインシステムに係るプロジェクトの推進
[No.9-40] ハローワークシステムを活用したサービスの充実
[No.9-41] 特許事務システムに係るプロジェクトの推進
[No.9-42] ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業
[No.9-43] 高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業
[No.9-44] 港湾(港湾管理分野及び港湾インフラ分野)のデジタル化
[No.9-45] デジタル技術を活用したTEC-FORCEの強化

10. デジタル社会のライフスタイル・人材
[No.10
-1] 政府機関におけるデジタル人材の確保・育成等の推進
[No.10-2] テレワークの普及
[No.10-3] デジタル人材育成プラットフォームの運営
[No.10-4] 地域のデータ利活用推進のための地域人材の育成
[No.10-5] 実践的サイバー防御演習(CYDER)
[No.10-6] 産学における自立的なサイバーセキュリティ人材育成の推進
[No.10-7] デジタルと掛けるダブルメジャー大学院教育構築事業
[No.10-8] 数理・データサイエンス・AI教育の全国展開の推進
[No.10-9] 情報教育の強化・充実
[No.10-10] データ関連人材育成プログラム
[No.10-11] IT人材スキル標準の策定
[No.10-12] IT・セキュリティ人材育成及び国家資格の普及啓発等
[No.10-13] ITとOT(制御技術)の知見を備えたセキュリティ人材の育成



 

 

| | Comments (0)

米国・インド 共同声明 (モディ首相の訪米)

こんにちは、丸山満彦です。

おそらく世界一の人口国となり、これからの発展が期待される大国であるインド。英国から独立し、民主的な政治制度をもちながらも、ソビエト時代から防衛装備はロシアからの購入も多く、近年は中国との紛争も決着をつけ、米国のオフショアの受け皿となってきたインド。日英を挟んだQuadの効果か、米印で直接トップ同士が話し合いを密接にできるようになりますかね。。。米国はインドを米国の経済発展のための市場ととらえているのでしょうかね。。。日本、中国と経済発展を支援しつつも、自国の脅威となると、方針を変えてきているようにも思えますが、これからどうなるのでしょうかね。。。

インドのモディ首相は、米国で、政治家以外にも、アルファベット社や、アマゾン社、ボーイング社のCEO、投資家、シンクタンクなどの経済界のメンバー、学者、芸術家とも積極的にあったようですね。。。そして、国際ヨガの日に135カ国から集まった数千人のヨガ愛好家とともにヨガもした(^^)

1_20230625062901

 

U.S. White House

・2023.06.22 Joint Statement from the United States and India

Joint Statement from the United States and India 米国とインドの共同声明
1.        President Joseph R. Biden, Jr. and Prime Minister Narendra Modi today affirmed a vision of the United States and India as among the closest partners in the world – a partnership of democracies looking into the 21st century with hope, ambition, and confidence.  The U.S.-India Comprehensive Global and Strategic Partnership is anchored in a new level of trust and mutual understanding and enriched by the warm bonds of family and friendship that inextricably link our countries together.  Together, we will build an even stronger, diverse U.S.-India partnership that will advance the aspirations of our people for a bright and prosperous future grounded in respect for human rights, and shared principles of democracy, freedom, and the rule of law.  Our cooperation will serve the global good as we work through a range of multilateral and regional groupings – particularly the Quad– to contribute toward a free, open, inclusive, and resilient Indo-Pacific.  No corner of human enterprise is untouched by the partnership between our two great countries, which spans the seas to the stars. 1.      ジョセフ・R・バイデン・ジュニア大統領とナレンドラ・モディ首相は本日、米国とインドが世界で最も緊密なパートナーであり、希望と野心と自信をもって21世紀を展望する民主主義国家のパートナーシップであるというビジョンを確認した。  米印の包括的な世界戦略パートナーシップは、新たなレベルの信頼と相互理解に支えられ、両国を表裏一体で結ぶ家族と友好の温かい絆によって豊かになっている。  我々は共に、人権の尊重と、民主主義、自由、法の支配という共通の原則に根ざした、明るく豊かな未来に向けた我々の人々の願望を前進させる、さらに強力で多様な米印パートナーシップを構築していく。  我々の協力は、自由で開かれた、包摂的でレジリエンスのあるインド太平洋の実現に向け、多国間・地域グループ(特にクアッド)を通じて、世界の利益に貢献するものである。 海から星まで広がる日米両国のパートナーシップによって、人類のエンタープライズのいかなる部分も手つかずのものとなることはない。

Charting a Technology Partnership for the Future 未来のための技術パートナーシップを描く
2.        President Biden and Prime Minister Modi affirm that technology will play the defining role in deepening our partnership.  The leaders hailed the inauguration of the Initiative on Critical and Emerging Technology (iCET) in January 2023 as a major milestone in U.S.-India relations.  They called on our governments, businesses, and academic institutions to realize their shared vision for the strategic technology partnership.  The leaders recommitted the United States and India to fostering an open, accessible, and secure technology ecosystem, based on mutual confidence and trust that reinforces our shared values and democratic institutions. 2.        バイデン大統領とモディ首相は、テクノロジーが両国のパートナーシップを深める上で決定的な役割を果たすことを確認した。  両首脳は、2023年1月の重要技術・新興技術イニシアティブ(iCET)の発足を、米印関係における大きな節目として歓迎した。  両首脳は、両国の政府、企業、学術機関が共有する戦略的技術パートナーシップのビジョンを実現するよう呼びかけた。  両首脳は、共通の価値観と民主的制度を強化する相互の信頼と信用に基づき、オープンでアクセスしやすく、安全な技術エコシステムを育成するために、米国とインドを再確認した。
3.        President Biden and Prime Minister Modi set a course to reach new frontiers across all sectors of space cooperation.  The leaders applauded our growing cooperation on earth and space science, and space technologies. They welcomed the decision of NASA and ISRO to develop a strategic framework for human spaceflight cooperation by the end of 2023.The leaders hailed the announcement by NASA to provide advanced training to Indian astronauts at the Johnson Space Center in Houston, Texas, with a goal of mounting a joint effort to the International Space Station in 2024.The leaders celebrated the delivery of the NASA-ISRO Synthetic Aperture Radar (NISAR) satellite to ISRO’s U.R. Rao Satellite Centre in Bengaluru, India, and looked forward to NISAR’s 2024 launch from India.  Welcoming India’s Space Policy – 2023, the leaders called for enhanced commercial collaboration between the U.S. and Indian private sectors in the entire value chain of the space economy and to address export controls and facilitate technology transfer. President Biden deeply appreciated India’s signing of the Artemis Accords, which advance a common vision of space exploration for the benefit of all humankind.   3.        バイデン大統領とモディ首相は、宇宙協力のあらゆる分野で新たなフロンティアに到達するための道筋をつけた。  両首脳は、地球科学、宇宙科学、宇宙技術に関する我々の協力の拡大を称賛した。両首脳は、2023年末までに有人宇宙飛行協力の戦略的枠組みを策定するというNASAとISROの決定を歓迎した。両首脳は、2024年に国際宇宙ステーションへの共同作業を実施することを目標に、テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターでインドの宇宙飛行士に高度な訓練を提供するというNASAの発表を歓迎した。 両首脳は、NASA-ISRO合成開口レーダー(NISAR)衛星がインドのベンガルールにあるISROのU.R.Rao衛星センターに引き渡されたことを祝い、NISARが2024年にインドから打ち上げられることを期待した。  インドの宇宙政策-2023を歓迎し、両首脳は、宇宙経済のバリューチェーン全体における米印民間セクター間の商業協力の強化、輸出規制への対応、技術移転の促進を求めた。バイデン大統領は、インドがアルテミス協定に署名したことを深く評価した。アルテミス協定は、全人類の利益のために宇宙探査という共通のビジョンを推進するものである。  
4.        President Biden and Prime Minister Modi committed their administrations to promoting policies and adapting regulations that facilitate greater technology sharing, co-development, and co-production opportunities between U.S. and Indian industry, government, and academic institutions.  The leaders welcomed the launch of the interagency-led Strategic Trade Dialogue in June2023 and directed both sides to undertake regular efforts to address export controls, explore ways of enhancing high technology commerce, and facilitate technology transfer between the two countries. 4.        バイデン大統領とモディ首相は、米国とインドの産業界、政府、学術機関の間で、より大きな技術共有、共同開発、共同生産の機会を促進する政策を推進し、規制を適応させることを約束した。  両首脳は、6月2023年の省庁間主導の戦略的貿易対話の開始を歓迎し、輸出規制への対応、ハイテク通商の強化方法の検討、両国間の技術移転の促進のための定期的な取り組みを行うよう双方に指示した。
5.        President Biden and Prime Minister Modi hailed the signing of an MoU on Semiconductor Supply Chain and Innovation Partnership as a significant step in the coordination of our countries’ semiconductor incentive programs.  This will promote commercial opportunities, research, talent, and skill development.  The leaders welcomed an announcement by Micron Technology, Inc., to invest up to $825 million to build a new semiconductor assembly and test facility in India with support from the Indian government.  The combined investment valued at $2.75 billion would create up to 5,000 new direct and 15,000 community jobs opportunities in next five years.  The leaders also welcomed Lam Research’s proposal to train 60,000 Indian engineers through its Semiverse Solution virtual fabrication platform to accelerate India’s semiconductor education and workforce development goals, and an announcement by Applied Materials, Inc., to invest $400 million to establish a collaborative engineering center in India.  5.        バイデン大統領とモディ首相は、半導体サプライチェーンとイノベーション・パートナーシップに関する MoU の調印を、両国の半導体奨励プログラムの調整における重要な一歩として歓迎した。  これにより、商機、研究、人材、技能開発が促進される。 両首脳は、マイクロン・テクノロジー社がインド政府の支援を受け、インドに新しい半導体組立・テスト施設を建設するために最大8億2500万ドルを投資するとの発表を歓迎した。  総額27億5,000万ドルの投資により、今後5年間で新たに5,000人の直接雇用と15,000人の地域雇用の機会が創出される。  両首脳はまた、インドの半導体教育と労働力開発の目標を加速させるため、セミバース・ソリューションのバーチャルファブリケーションプラットフォームを通じて6万人のインド人エンジニアを訓練するというラム・リサーチ社の提案と、インドに共同エンジニアリングセンターを設立するため4億ドルを投資するというアプライドマテリアルズ社の発表を歓迎した。 
6.         President Biden and Prime Minister Modi share a vision of creating secure and trusted telecommunications, resilient supply chains, and enabling global digital inclusion.  To fulfill this vision, the leaders launched two Joint Task Forces on advanced telecommunications, focused on Open RAN and research and development in 5G/6G technologies. Public-private cooperation between vendors and operators will be led by India’s Bharat 6G Alliance and the U.S. Next G Alliance.  We are partnering on Open RAN field trials and rollouts, including scaled deployments, in both countries with operators and vendors of both markets, backed by U.S. International Development Finance Corporation (DFC) financing.  The leaders welcomed participation of Indian companies in the U.S. Rip and Replace Program.  They endorsed an ambitious vision for 6G networks, including standards cooperation, facilitating access to chipsets for system development, and establishing joint research and development projects.  President Biden and Prime Minister Modi also stressed the need to put in place a “Trusted Network/Trusted Sources” bilateral framework. 6.         バイデン大統領とモディ首相は、安全で信頼できる通信、レジリエンスに優れたサプライチェーンを構築し、グローバルなデジタルインクルージョンを実現するというビジョンを共有している。  このビジョンを実現するため、両首脳は、オープンRANと5G/6G技術の研究開発に焦点を当てた先進通信に関する2つの合同タスクフォースを立ち上げた。 ベンダーと通信事業者間の官民協力は、インドのBharat 6G Allianceと米国のNext G Allianceが主導する。  我々は、米国の国際開発金融公社(DFC)の融資をバックに、両市場の通信事業者やベンダーと、両国でOpen RANのフィールドトライアルや、規模を拡大した展開を含むロールアウトで提携している。  両首脳は、米国のRip and Replace Programへのインド企業の参加を歓迎した。  両首脳は、標準化協力、システム開発のためのチップセットへのアクセス促進、共同研究開発プロジェクトの設立など、6Gネットワークの野心的なビジョンを承認した。  バイデン大統領とモディ首相はまた、「信頼されたネットワーク/信頼された情報源」の二国間枠組みを構築する必要性を強調した。
7.        President Biden and Prime Minister Modi welcomed the establishment of a joint Indo-U.S. Quantum Coordination Mechanism to facilitate collaboration among industry, academia, and government, and our work toward a comprehensive Quantum Information Science and Technology agreement.  The United States welcomes India’s participation in the Quantum Entanglement Exchange and in the Quantum Economic Development Consortium to facilitate expert and commercial exchanges with leading, like-minded quantum nations.  The United States and India will sustain and grow quantum training and exchange programs and work to reduce barriers to U.S.-India research collaboration.  The leaders welcomed the launch of a $2million grant program under the U.S.-India Science and Technology Endowment fund for the joint development and commercialization of Artificial Intelligence (AI) and quantum technologies, and encouraged public-private collaborations to develop high performance computing (HPC) facilities in India.  President Biden also reiterated his government’s commitment to work with U.S. Congress to lower barriers to U.S. exports to India of HPC technology and source code.   The U.S. side pledged to make its best efforts in support of India’s Center for Development of Advanced Computing (C-DAC) joining the U.S. Accelerated Data Analytics and Computing (ADAC) Institute. 7.        バイデン大統領とモディ首相は、産学官の連携を促進するための印米共同の量子調整メカニズムの設立と、包括的な量子情報科学技術協定に向けた我々の取り組みを歓迎した。  米国はインドが量子もつれ交換や量子経済開発コンソーシアムに参加し、志を同じくする主要な量子国家との専門家や商業交流を促進することを歓迎する。  米国とインドは、量子トレーニングや交流プログラムを維持・発展させ、米印の研究協力に対する障壁を減らす努力をする。  両首脳は、人工知能(AI)と量子技術の共同開発・商業化のための米印科学技術基金(U.S.-India Science and Technology Endowment Fund)に基づく200万ドルの助成金プログラムの開始を歓迎し、インドにおけるハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)施設開発のための官民協力を奨励した。  バイデン大統領はまた、米国議会と協力し、HPC技術やソースコードのインドへの輸出に対する障壁を撤廃する政府のコミットメントを改めて表明した。   米国側は、インドのC-DAC(Center for Development of Advanced Computing)が米国のADAC(Accelerated Data Analytics and Computing)研究所に参加するのを支援するため、最大限の努力をすることを約束した。
8.        The leaders welcomed 35 innovative joint research collaborations in emerging technologies funded by the U.S. National Science Foundation (NSF) and the Indian Department of Science and Technology (DST).  Under a new implementation arrangement between NSF and DST, both sides will fund joint research projects in computer and information science and engineering, cyber physical systems, and secure and trustworthy cyberspace. Furthermore, NSF and India’s Ministry of Electronics and Information Technology will bring fresh funding for joint projects in applied research areas such as semiconductors, next generation communication, cyber security, sustainability and green technologies and intelligent transportation systems. 8.        両首脳は、米国国立科学財団(NSF)とインド科学技術省(DST)が資金提供する新興技術における35の革新的な共同研究を歓迎した。 NSFとインド科学技術省(DST)の新たな実施取り決めにより、双方はコンピュータ・情報科学・工学、サイバー物理システム、安全で信頼できるサイバースペースにおける共同研究プロジェクトに資金を提供する。さらに、NSFとインドの電子情報技術省は、半導体、次世代通信、サイバーセキュリティ、持続可能性とグリーン技術、インテリジェント交通システムなどの応用研究分野における共同プロジェクトに新たな資金を提供する。
9.        Both President Biden and Prime Minister Modi acknowledge the profound opportunities and significant risks associated with AI.  Accordingly, they committed to develop joint and international collaboration on trustworthy and responsible AI, including generative AI, to advance AI education and workforce initiatives, promote commercial opportunities, and mitigate against discrimination and bias. The United States also supports India’s leadership as Chair of the Global Partnership on AI.  The leaders applauded Google’s intent to continue investing through its $10 billion India Digitization Fund, including in early-stage Indian startups.  Through its AI Research Center in India, Google is building models to support over 100 Indian languages. 9.        バイデン大統領とモディ首相はともに、AIに伴う大きなチャンスと大きなリスクを認識している。  従って、両大統領は、生成的AIを含む、信頼できる責任あるAIに関する共同および国際的な協力関係を発展させ、AI教育と労働力イニシアチブを推進し、商業的機会を促進し、差別とバイアスを緩和することを約束した。米国はまた、AIに関するグローバル・パートナーシップの議長国としてのインドのリーダーシップを支持する。  両首脳は、グーグル社がインドの初期段階の新興企業を含め、100億ドルのインドデジタル化基金を通じて投資を継続する意向であることを称賛した。  グーグルはインドのAI研究センターを通じて、100以上のインド言語をサポートするモデルを構築している。
10.      President Biden and Prime Minister Modi hailed our deepening bilateral cooperation on cutting-edge scientific infrastructure, including a $140 million in-kind contribution from the Indian Department of Atomic Energy (DAE) to the U.S. Department of Energy’s (DOE’s) Fermi National Laboratory toward collaborative development of the Proton Improvement Plan-II Accelerator, for the Long Baseline Neutrino Facility — the first and largest international research facility on U.S. soil.  They also welcomed the commencement of construction of a Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory (LIGO) in India.  The leaders called on their administrations to extend these partnerships to advanced biotechnology and biomanufacturing, and enhance biosafety and biosecurity innovation, practices, and norms. 10.      バイデン大統領とモディ首相は、最先端の科学インフラに関する二国間協力の深化を歓迎した。 これには、インド原子力省(DAE)から米国エネルギー省(DOE)のフェルミ国立研究所への1億4,000万ドルの現物供与が含まれ、陽子改良計画-II加速器の共同開発が行われる。この施設は、米国内初で最大規模の国際研究施設である。  両首脳はまた、インドにおけるレーザー干渉計重力波天文台(LIGO)の建設開始を歓迎した。  両首脳は、これらのパートナーシップを先端バイオテクノロジーとバイオ製造にまで拡大し、バイオセーフティとバイオセキュリティの革新、実践、規範を強化するよう、両政権に呼びかけた。
Powering a Next Generation Defense Partnership 次世代防衛パートナーシップを強化する
11.      The U.S.-India Major Defense Partnership has emerged as a pillar of global peace and security.  Through  joint exercises, strengthening of defense industrial cooperation, the annual “2+2” Ministerial Dialogue, and other consultative mechanisms, we have made substantial progress in building an advanced and comprehensive defense partnership in which our militaries coordinate closely across all domains.  The leaders appreciated the strong military-to-military ties, mutual logistics support, and efforts to streamline implementation of foundational agreements.  They noted that information sharing and placement of Liaison Officers in each other’s military organizations will spur joint service cooperation.  They also reiterated their resolve to strengthen maritime security cooperation, including through enhanced underwater domain awareness. The leaders welcomed the launch of dialogues in new defense domains including space and AI, which will enhance capacity building, knowledge, and expertise. 11.      米印主要防衛パートナーシップは、世界の平和と安全の柱として浮上してきた。  合同演習、防衛産業協力の強化、毎年開催される「2+2」閣僚対話、その他の協議メカニズムを通じて、米印両国は、あらゆる領域で両軍が緊密に連携する先進的かつ包括的な防衛パートナーシップの構築を実質的に進展させてきた、 我々は、両軍があらゆる領域にわたって緊密に連携する先進的かつ包括的な防衛パートナーシップの構築において、実質的な進展を遂げた。  両首脳は、軍と軍の強い絆、相互の後方支援、基本的な協定の実施を合理化する努力を高く評価した。  両首脳は、情報共有と、互いの軍事組織にリエゾンオフィサーを配置することで、共同作戦協力に拍車がかかると指摘した。  両首脳はまた、水中領域認識の強化を含め、海上安全保障協力を強化する決意を改めて表明した。両首脳は、宇宙やAIを含む新たな防衛領域における対話の開始を歓迎し、能力構築、知識、専門性の向上を図った。
12.      Expressing their desire to accelerate defense industrial cooperation, the leaders welcomed the adoption of a Defense Industrial Cooperation Roadmap, which will provide policy direction to defense industries and enable co-production of advanced defense systems and collaborative research, testing, and prototyping of projects.  Both sides are committed to addressing any regulatory barriers to defense industrial cooperation.  The leaders also noted the decision of India’s Ministry of Defense and the U.S. Department of Defense to commence negotiations for concluding a Security of Supply arrangement and initiate discussions about Reciprocal Defense Procurement agreement. 12.      両首脳は、防衛産業協力を加速させたいとの意向を表明し、防衛産業協力ロードマップの採択を歓迎した。このロードマップは、防衛産業に政策の方向性を示し、先進防衛システムの共同生産や、プロジェクトの共同研究、試験、試作を可能にするものである。  双方は、防衛産業協力に対するあらゆる規制上の障壁に対処することにコミットしている。  両首脳はまた、インド国防省と米国防総省が供給保証協定の締結に向けた交渉を開始し、相互防衛調達協定に関する協議を開始することを決定したことにも言及した。
13.      President Biden and Prime Minister Modi hailed the landmark signing of an MoU between General Electric and Hindustan Aeronautics Limited for the manufacture of GE F-414 jet engines in India, for the Hindustan Aeronautics Limited Light Combat Aircraft Mk 2.  This trailblazing initiative to manufacture F-414 engines in India will enable greater transfer of U.S. jet engine technology than ever before.  The leaders committed their governments to working collaboratively and expeditiously to support the advancement of this unprecedented co-production and technology transfer proposal.  13.      バイデン大統領とモディ首相は、ゼネラル・エレクトリック社とヒンドゥスタン・エアロノーティックス社の間で、ヒンドゥスタン・エアロノーティックス社製軽戦闘機Mk2用のGE F-414ジェットエンジンをインドで製造するという画期的なMoUが調印されたことを歓迎した。 インドでF-414エンジンを製造するというこの先駆的な取り組みにより、米国のジェットエンジン技術の移転がこれまで以上に進むことになる。  両首脳は、この前例のない共同生産と技術移転の提案の推進を支援するため、両国政府が協力的かつ迅速に取り組むことを約束した。 
14.      President Biden and Prime Minister Modi also welcomed India’s emergence as a hub for maintenance and repair for forward deployed U.S. Navy assets and the conclusion of  Master Ship Repair Agreements with Indian shipyards.  This will allow the U.S. Navy to expedite the contracting process for mid-voyage and emergent repair.  As envisaged in the Defense Industrial Roadmap, both countries agree to work together for the creation of logistic, repair, and maintenance infrastructure for aircrafts and vessels in India. 14.      バイデン大統領とモディ首相はまた、前方に展開する米海軍資産の保守・修理の拠点としてインドが浮上し、インドの造船所と船舶修理基本契約が締結されたことを歓迎した。  これにより、米海軍は航海中や緊急修理の契約プロセスを迅速化できるようになる。  防衛産業ロードマップで想定されているように、両国はインドにおける航空機や船舶の物流、修理、メンテナンスのインフラ構築のために協力することに合意する。
15.      The leaders welcomed the setting up and launch of the U.S.-India Defense Acceleration Ecosystem (INDUS-X). As a network of universities, startups, industry and think tanks, INDUS-X will facilitate joint defense technology innovation, and co-production of advanced defense technology between the respective industries of the two countries. The U.S. Department of Defense’s Space Force has signed its first International Cooperative Research and Development Agreement with Indian start-up 114 AI and 3rdiTech. Both companies will work with General Atomics to co-develop components using cutting edge technologies in AI and semiconductors respectively. 15.      両首脳は、米印防衛アクセラレーション・エコシステム(INDUS-X)の設立と発足を歓迎した。大学、新興企業、産業界、シンクタンクのネットワークであるINDUS-Xは、防衛技術の共同革新と、両国の各産業間の先端防衛技術の共同生産を促進する。米国防総省の宇宙軍は、インドの新興企業114AIおよび3rdiTechと初の国際協力研究開発協定を締結した。両社はゼネラル・アトミクス社と協力し、それぞれAIと半導体の最先端技術を使った部品を共同開発する。
16.      President Biden and Prime Minister Modi welcomed India’s plans to procure General Atomics MQ-9B HALE UAVs.  The MQ-9Bs, which will be assembled in India, will enhance the ISR capabilities of India’s armed forces across domains. As part of this plan, General Atomics will also establish a Comprehensive Global MRO facility in India to support of India’s long-term goals to boost indigenous defense capabilities. 16.      バイデン大統領とモディ首相は、インドがゼネラル・アトミクスのMQ-9B HALE UAVを調達する計画を歓迎した。  インドで組み立てられるMQ-9Bは、インド軍のISR能力を領域横断的に強化する。この計画の一環として、ゼネラル・アトミクスはインドに包括的グローバルMRO施設も設立し、自国防衛能力を高めるというインドの長期目標を支援する。
Catalyzing the Clean Energy Transition クリーンエネルギー転換の触媒となる
17.      As climate action and clean energy leaders, the United States and India share a common and ambitious vision to rapidly deploy clean energy at scale, build economic prosperity, and help achieve global climate goals.  They recognize the critical role of the U.S. Inflation Reduction Act and India’s ambitious production-linked incentives scheme for cutting-edge clean and renewable technologies.  The leaders highlighted the U.S.-India Climate and Clean Energy Agenda 2030 Partnership and Strategic Clean Energy Partnership (SCEP) as reflective of this commitment.  The leaders welcomed joint efforts to develop and deploy energy storage technologies, including through the establishment of a new task force under SCEP. The leaders welcomed the launch of the U.S.-India New and Emerging Renewable Energy Technologies Action Platform, which will accelerate cooperation in green hydrogen, offshore and onshore wind, and other emerging technologies. They will collaborate to achieve their respective national goals to reduce the cost of green/clean hydrogen under India’s National Green Hydrogen Mission and the U.S. Hydrogen Energy Earthshot.  The United States welcomed India’s decision to co-lead the multilateral Hydrogen Breakthrough Agenda. The leaders called for the development of joint efforts in carbon capture, utilization, and storage, given its role in reducing emissions.  The leaders welcomed India’s VSK Energy LLC’s announcement to invest up to $1.5 billion to develop a new, vertically integrated solar panel manufacturing operation in the United States and India’s JSW Steel USA’s plans to invest $120 million at its Mingo Junction, Ohio, steel plant to better serve growing markets in the renewable energy and infrastructure sectors. 17.      気候変動対策とクリーンエネルギーのリーダーとして、米国とインドは、クリーンエネルギーを迅速に大規模に導入し、経済的繁栄を築き、世界的な気候変動目標の達成を支援するという共通の野心的なビジョンを共有している。  両首脳は、米国のインフレ抑制法とインドの野心的な生産連動型インセンティブ制度が、最先端のクリーン・再生可能技術に果たす重要な役割を認識している。 両首脳は、このコミットメントを反映するものとして、米印気候・クリーンエネルギーアジェンダ2030パートナーシップと戦略的クリーンエネルギーパートナーシップ(SCEP)を強調した。  両首脳は、SCEPの下での新たなタスクフォースの設立を含め、エネルギー貯蔵技術の開発と展開のための共同の努力を歓迎した。両首脳は、グリーン水素、洋上・陸上風力、その他の新興技術における協力を加速させる米印新・新興再生可能エネルギー技術行動プラットフォームの立ち上げを歓迎した。両者は、インドの「グリーン水素国家ミッション」と米国の「水素エネルギー・アースショット」の下、グリーン/クリーン水素のコスト削減というそれぞれの国家目標を達成するために協力する。 米国は、インドが多国間の水素ブレークスルー・アジェンダを共同主導することを歓迎した。両首脳は、排出削減における炭素の役割を考慮し、炭素の回収・利用・貯蔵における共同努力の発展を求めた。  両首脳は、インドのVSKエナジーLLCが最大15億ドルを投資し、米国で垂直統合型の新しいソーラーパネル製造事業を開発すると発表したこと、またインドのJSWスチールUSAが、再生可能エネルギーとインフラ分野の成長市場により貢献するため、オハイオ州ミンゴジャンクションの製鉄所に1億2000万ドルを投資する計画を発表したことを歓迎した。
18.      President Biden and Prime Minister Modi underscored the importance of decarbonizing the transportation sector, including by accelerating the deployment of zero emissions vehicles, continued collaboration to promote public and private financing for electric transportation, and the development of biofuels, including sustainable aviation fuels.  To this end, the leaders lauded the creation and development of the Global Biofuels Alliance, which will be launched in July 2023, with the United States as a founding member.  Both leaders welcomed the signing of an MOU under which the U.S. Agency for International Development will support Indian Railways’ ambitious target to become a “net-zero” carbon emitter by 2030.The United States and India also announced plans to create a payment security mechanism that will facilitate the deployment of 10,000 made-in-India electric buses in India, augmenting India’s focused efforts in reducing greenhouse gas emissions, improving public health, and diversifying the global supply chain. 18.      バイデン大統領とモディ首相は、ゼロ・エミッション車の導入加速、電気輸送のための公的・民間資金調達促進のための継続的な協力、持続可能な航空燃料を含むバイオ燃料の開発など、運輸部門の脱炭素化の重要性を強調した。  この目的のため、両首脳は、米国を創設メンバーとして2023年7月に発足する世界バイオ燃料同盟の創設と発展を称賛した。 両首脳は、2030年までに炭素排出量を「ネットゼロ」にするというインド鉄道の野心的な目標を米国国際開発庁が支援する覚書の調印を歓迎した。米国とインドはまた、温室効果ガスの排出削減、公衆衛生の向上、グローバル・サプライ・チェーンの多様化というインドの重点的な取り組みを強化するため、インド製電気バス1万台のインド国内への配備を促進する支払保証メカニズムを構築する計画も発表した。
19.      India and the United States committed to create innovative investment platforms that will effectively lower the cost of capital and attract international private finance at scale to accelerate the deployment of greenfield renewable energy, battery storage, and emerging green technology projects in India.  The United States and India will endeavor to develop a first-of-its kind, multibillion-dollar investment platform aimed at providing catalytic capital and de-risking support for such projects.  19.      インドと米国は、インドにおけるグリーンフィールドの再生可能エネルギー、蓄電池、新興グリーン技術プロジェクトの展開を加速するため、資本コストを効果的に引き下げ、国際的な民間金融を大規模に誘致する革新的な投資プラットフォームを構築することを約束した。 米国とインドは、このようなプロジェクトに触媒的資本を提供し、リスクを軽減することを目的とした、これまでにない数十億ドル規模の投資プラットフォームを開発することに努める。 
20.      President Biden and Prime Minister Modi reaffirmed their support for the mission of the International Energy Agency (IEA), and President Biden pledged to continue working with the Government of India, IEA members, the IEA Secretariat, and other relevant stakeholders toward IEA membership for India in accordance with the provisions of the Agreement on an International Energy Program.   20.      バイデン大統領とモディ首相は、国際エネルギー機関(IEA)の使命に対する両国の支持を再確認し、バイデン大統領は、国際エネルギー計画に関する協定の規定に従い、インドのIEA加盟に向けて、インド政府、IEA加盟国、IEA事務局、その他の関係者と引き続き協力することを約束した。  
21.      President Biden and Prime Minister Modi affirmed the intention of the two governments, as trusted partners, to work together to ensure that our respective markets are well-supplied with the essential critical minerals needed to achieve our climate, economic and strategic technology cooperation goals.  The leaders pledged to hasten bilateral collaboration to secure resilient critical minerals supply chains through enhanced technical assistance and greater commercial cooperation, and exploration of additional joint frameworks as necessary.  The United States enthusiastically welcomes India as the newest partner in the Mineral Security Partnership (MSP), to accelerate the development of diverse and sustainable critical energy minerals supply chains globally while agreeing to the principles of the MSP including environmental, social, and governance standards.  The leaders lauded the announcement of India’s Epsilon Carbon Limited’s plans toinvest $650 million in a U.S. greenfield electric vehicle battery component factory. 21.      バイデン大統領とモディ首相は、両政府が信頼できるパートナーとして、気候、経済、戦略的技術協力の目標を達成するために必要不可欠な重要鉱物が、それぞれの市場に十分に供給されるよう協力していく意向を確認した。  両首脳は、強化された技術支援とより大きな商業協力、および必要に応じて追加的な共同枠組みの検討を通じて、レジリエンスに優れた重要鉱物のサプライチェーンを確保するための二国間協力を急ぐことを約束した。  米国は、環境・社会・ガバナンス基準を含むMSPの原則に合意しつつ、多様で持続可能な重要エネルギー鉱物のサプライチェーンの開発を世界的に加速するため、インドを鉱物安全保障パートナーシップ(MSP)の新たなパートナーとして熱烈に歓迎する。  両首脳は、インドのイプシロン・カーボン・リミテッドが米国のグリーンフィールドの電気自動車用バッテリー部品工場に6億5000万ドルを投資する計画を発表したことを称賛した。
22.      President Biden and Prime Minister Modi underscored the important role nuclear energy plays in global decarbonization efforts and affirmed nuclear energy as a necessary resource to meet our nations’ climate, energy transition, and energy security needs.  The leaders noted ongoing negotiations between the Nuclear Power Corporation of India Limited (NPCIL) and Westinghouse Electric Company (WEC) for the construction of six nuclear reactors in India.  They welcomed intensified consultations between the U.S. DOE and India’s DAE for facilitating opportunities for WEC to develop a techno-commercial offer for the Kovvada nuclear project. They also noted the ongoing discussion on developing next generation small modular reactor technologies in a collaborative mode for the domestic market as well as for export. The United States reaffirms its support for India’s membership in the Nuclear Suppliers Group and commits to continue engagement with likeminded partners to advance this goal. 22.      バイデン大統領とモディ首相は、世界の脱炭素化の取り組みにおいて原子力エネルギーが果たす重要な役割を強調し、原子力エネルギーが、気候変動、エネルギー転換、エネルギー安全保障のニーズを満たすために必要な資源であることを確認した。  両首脳は、インド原子力公社(NPCIL)とウェスチングハウス・エレクトリック・カンパニー(WEC)の間で進行中の、インドにおける原子炉6基の建設に関する交渉に言及した。 両首脳は、WECがKovvada原子力プロジェクトの技術的・商業的オファーを開発する機会を促進するため、米国DOEとインドのDAEとの間で協議が強化されていることを歓迎した。両者はまた、輸出だけでなく国内市場向けの次世代小型モジューラー炉技術の共同開発に関する継続的な議論にも言及した。米国は、インドが原子力供給国グループ(Nuclear Suppliers Group)に加盟することへの支持を再確認し、この目標を推進するために、志を同じくするパートナーとの関与を継続することを約束する。
23.      The leaders recognize that addressing sustainable consumption and production is a key component to achieving of the development, environment and climate ambitions of the 2030 Agenda for Sustainable Development and the SDGs.  In this regard, President Biden welcomed Prime Minister Modi’s Lifestyle for Environment initiative (LiFE) as a successful national model to address the impacts of climate change, biodiversity loss, desertification and land degradation, and resolved to work together to implement the G20 High Level Principles on Lifestyles for Sustainable Development. 23.      両首脳は、持続可能な消費と生産に取り組むことが、持続可能な開発のための2030アジェンダとSDGsの開発、環境、気候の野望を達成するための重要な要素であることを認識する。 この観点から、バイデン大統領は、モディ首相の「環境のためのライフスタイル」イニシアティブ(LiFE)を、気候変動、生物多様性の損失、砂漠化、土地の劣化の影響に対処するための成功した国家モデルとして歓迎し、持続可能な開発のためのライフスタイルに関するG20ハイレベル原則を実施するために協力することを決議した。
Deepening Strategic Convergence 戦略的融合の深化
24.      As global partners, the United States and India affirm that the rules-based international order must be respected. They emphasized that the contemporary global order has been built on principles of the UN Charter, international law, and respect for sovereignty and territorial integrity of states. 24.      グローバル・パートナーとして、米国とインドは、ルールに基づく国際秩序が尊重されなければならないことを確認する。両者は、現代の国際秩序が国連憲章の原則、国際法、国家の主権と領土保全の尊重の上に構築されていることを強調した。
25.      President Biden and Prime Minister Modi expressed their deep concern over the conflict in Ukraine and mourned its terrible and tragic humanitarian consequences.  The leaders underscored the serious and growing impacts of the war on the global economic system, including on food, fuel and energy security, and critical supply chains.  They called for greater efforts to mitigate the consequences of the war, especially in the developing world.   Both countries further pledge to render continuing humanitarian assistance to the people of Ukraine.  They called for respect for international law, principles of the UN charter, and territorial integrity and sovereignty.  Both countries concurred on the importance of post-conflict reconstruction in Ukraine. 25.      バイデン大統領とモディ首相は、ウクライナにおける紛争に深い憂慮を表明し、その恐るべき悲劇的な人道的結果を悼んだ。  両首脳は、食糧、燃料、エネルギーの安全保障、重要なサプライチェーンなど、戦争が世界経済システムに及ぼす深刻かつ増大する影響を強調した。  両首脳は、特に発展途上国において、戦争の影響を緩和するための一層の努力を求めた。   両国はさらに、ウクライナの人々に継続的な人道支援を提供することを約束した。  両国は、国際法、国連憲章の原則、領土保全と主権の尊重を求めた。  両国は、ウクライナにおける紛争後の復興の重要性で一致した。
26.      The United States and India reaffirmed their resolve to counter any attempts to unilaterally subvert the multilateral system. The leaders underscored the need to strengthen and reform the multilateral system so it may better reflect contemporary realities. In this context both sides remain committed to a comprehensive UN reform agenda, including through expansion in permanent and non-permanent categories of membership of the UN Security Council.  Sharing the view that global governance must be more inclusive and representative, President Biden reiterated U.S. support for India’s permanent membership on a reformed UN Security Council(UNSC).  In this context, President Biden welcomed India’s candidature as a non-permanent member of the UNSC for the 2028-29 term, in view of India’s significant contributions to the UN system and commitment to multilateralism, as well as its active and constructive engagement in the Inter-Governmental Negotiations process on Security Council reforms, with an overall objective of making the UNSC more effective, representative, and credible. 26.      米国とインドは、多国間システムを一方的に破壊しようとするいかなる試みにも対抗する決意を再確認した。両首脳は、多国間システムが現代の現実をよりよく反映できるよう、その強化と改革の必要性を強調した。この文脈において、双方は、国連安全保障理事会の常任理事国および非常任理事国の枠を拡大することを含め、包括的な国連改革アジェンダに引き続きコミットしている。  バイデン大統領は、グローバル・ガバナンスはより包括的で代表的なものでなければならないという見解を共有し、改革された国連安全保障理事会(UNSC)におけるインドの常任理事国入りを改めて支持した。  この観点から、バイデン大統領は、国連安保理の2028-29年の非常任理事国としてインドが立候補したことを歓迎した。これは、インドが国連システムに大きく貢献し、多国間主義にコミットしていること、また、国連安保理をより効果的、代表的、信頼性の高いものにするという全体的な目的の下、安保理改革に関する政府間交渉プロセスに積極的かつ建設的に関与していることを考慮したものである。
27.       President Biden and Prime Minister Modi recommitted themselves to empowering the Quad as a partnership for global good.  The two leaders welcomed the progress made at the Hiroshima Summit last month among the four maritime democracies to further advance a positive and constructive agenda for peace and prosperity in the Indo-Pacific.  The leaders welcomed progress on the Indo-Pacific Partnership for Maritime Domain Awareness, through which Quad partners are providing maritime domain data across the Indian Ocean, Southeast Asia, and the Pacific regions. The Quad to be hosted in India in 2024 would be another opportunity to continue the dialogue and consolidate cooperation.  The leaders committed to continue working in partnership with regional platforms such as the Indian Ocean Rim Association, Indo-Pacific Oceans Initiative, and ASEAN to achieve shared aspirations and address shared challenges in the Indo-Pacific Region.  Prime Minister Modi welcomed the United States joining the Indo-Pacific Oceans Initiative and President Biden welcomed India’s continued participation as an observer in the Partners in the Blue Pacific.   27.       バイデン大統領とモディ首相は、世界善のためのパートナーシップとして、クアッドに力を与えることを誓い合った。  両首脳は、インド太平洋における平和と繁栄のための積極的かつ建設的なアジェンダをさらに推進するため、先月の広島サミットにおける海洋民主主義4カ国の進展を歓迎した。  両首脳は、インド太平洋海域認識パートナーシップの進展を歓迎し、同パートナーシップを通じて、インド洋、東南アジア、太平洋地域の海域データを提供している。2024年にインドで開催されるクワッドは、対話を継続し、協力を強化するもう一つの機会となるだろう。  両首脳は、インド太平洋地域における共通の願望を達成し、共通の課題に取り組むため、環インド洋協会、インド太平洋海洋イニシアティブ、ASEANなどの地域プラットフォームと引き続き連携していくことを約束した。  モディ首相は、米国がインド太平洋海洋イニシアティブに参加することを歓迎し、バイデン大統領は、インドが引き続き「青い太平洋のパートナー」にオブザーバーとして参加することを歓迎した。  
28.      The leaders also welcomed the depth and pace of enhanced consultations between the two governments on regional issues including South Asia, the Indo-Pacific and East Asia and looked forward to our governments holding an inaugural Indian Ocean Dialogue in 2023. 28.      両首脳はまた、南アジア、インド太平洋、東アジアを含む地域問題に関する両国政府間の協議強化の深さとペースを歓迎し、両国政府が2023年に第1回インド洋対話を開催することを期待した。
29.      President Biden and Prime Minister Modi reiterated their enduring commitment to a free, open, inclusive, peaceful, and prosperous India-Pacific region with respect for territorial integrity and sovereignty, and international law.  Both leaders expressed concern over coercive actions and rising tensions, and strongly oppose destabilizing or unilateral actions that seek to change the status quo by force. Both sides emphasized the importance of adherence to international law, particularly as reflected in the United Nations Convention on the Law of the Sea (UNCLOS), and the maintenance of freedom of navigation and overflight, in addressing challenges to the maritime rules-based order, including in the East and South China Seas. 29.      バイデン大統領とモディ首相は、領土保全と主権、そして国際法を尊重し、自由で開かれた、包摂的で平和で繁栄するインド太平洋地域への不変のコミットメントを改めて表明した。  両首脳は、強圧的な行動や緊張の高まりに懸念を表明し、力によって現状を変えようとする不安定化や一方的な行動に強く反対した。双方は、東シナ海および南シナ海を含む海洋のルールに基づく秩序に対する挑戦に対処する上で、国際法、特に国連海洋法条約(UNCLOS)に反映されている国際法の順守、および航行と上空の自由の維持の重要性を強調した。
30.      The leaders expressed deep concern about the deteriorating situation in Myanmar, and called for the release of all those arbitrarily detained, the establishment of constructive dialogue, and the transition of Myanmar toward an inclusive federal democratic system. 30.      両首脳は、ミャンマー情勢の悪化に深い懸念を表明し、恣意的に拘束されている全ての者の釈放、建設的な対話の確立、包摂的な連邦民主主義体制への移行を求めた。
31.      The leaders also condemned the destabilizing ballistic missile launches of the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK), which violate relevant UN Security Council resolutions and pose a grave threat to international peace and security.  They reaffirmed their commitment to the complete denuclearization of the Korean Peninsula and urged DPRK to comply with its obligations under these resolutions and engage in substantive dialogue.  They stressed the importance of addressing the concerns regarding DPRK’s proliferation linkages related to weapons of mass destruction, their means of delivery, and related items in the region and beyond. 31.      両首脳はまた、国連安全保障理事会の関連決議に違反し、国際の平和と安全に対する重大な脅威となっている朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の不安定化させる弾道ミサイル発射を非難した。  両首脳は、朝鮮半島の完全な非核化へのコミットメントを再確認し、朝鮮民主主義人民共和国に対し、これらの決議に基づく義務を遵守し、実質的な対話に参加するよう促した。  また、朝鮮民主主義人民共和国が、大量破壊兵器、その運搬手段、関連品目に関して、地域内外で拡散につながる懸念に対処することの重要性を強調した。
32.       The United States and India stand together to counter global terrorism and unequivocally condemn terrorism and violent extremism in all its forms and manifestations.  President Biden and Prime Minister Modi reiterated the call for concerted action against all UN-listed terrorist groups including Al-Qa’ida, ISIS/Daesh, Lashkar e-Tayyiba (LeT), Jaish-e-Mohammad (JeM), and Hizb-ul-Mujhahideen.  They strongly condemned cross-border terrorism, the use of terrorist proxies and called on Pakistan to take immediate action to ensure that no territory under its control is used for launching terrorist attacks.  They called for the perpetrators of the 26/11 Mumbai and Pathankot attacks to be brought to justice. They noted with concern the increasing global use of unmanned aerial vehicles (UAVs), drones and information and communication technologies for terrorist purposes and reaffirmed the importance of working together to combat such misuse. They welcomed the cooperation between our two governments on counterterrorism designations and homeland security cooperation, including in intelligence sharing and law enforcement cooperation, and called upon the Financial Action Task Force to undertake further work identifying how to improve global implementation of its standards to combat money laundering and the financing of terrorism. 32.       米国とインドは、世界的なテロリズムに対抗するために共に立ち上がり、テロリズムと暴力的過激主義を、そのあらゆる形態と現れにおいて明確に非難する。  バイデン大統領とモディ首相は、アル・カーイダ、ISIS/ダーイシュ、ラシュカール・エ・タイイーバ(LeT)、ジャイシュ・エ・モハマド(JeM)、ヒズブ・ウル・ムジャヒディーンなど、国連にリストアップされたすべてのテロリスト・グループに対する協調行動の呼びかけを繰り返した。  彼らは、国境を越えたテロやテロリストの代理人の利用を強く非難し、パキスタンに対し、自国の支配下にある領土がテロ攻撃のために利用されることのないよう、直ちに行動を起こすよう求めた。  また、26.11ムンバイとパタンコットの同時多発テロ事件の犯人を裁くよう求めた。両首脳は、無人航空機(UAV)、ドローン、情報通信技術がテロ目的で世界的に使用されるようになっていることに懸念を示し、このような悪用と闘うために協力することの重要性を再確認した。両政府は、情報共有及び法執行協力を含む、テロ対策指定及び国土安全保障協力に関する日米政府間の協力を歓迎し、金融活動作業部会に対し、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与と闘うための基準の世界的な実施を改善する方法を特定するための更なる作業を行うよう要請した。
33.      The leaders reiterated their strong support for a peaceful, secure, and stable Afghanistan.They discussed the current humanitarian situation and concurred on the need to continue to provide immediate humanitarian assistance to the people of Afghanistan. The leaders urged the Taliban to abide by UNSC Resolution 2593 which demands that Afghan territory should never be used to threaten or attack any country, shelter or train terrorists, or plan or finance terrorist attacks. Committing to continue close consultations on the situation in Afghanistan, the leaders emphasized the importance of formation of an inclusive political structure and called on the Taliban to respect the human rights of all Afghans, including women and girls, and to respect freedom of movement. 33.      両首脳は、平和で安全かつ安定したアフガニスタンへの強い支持を改めて表明した。両首脳は、現在の人道的状況について議論し、アフガニスタンの人々に緊急の人道支援を提供し続ける必要性について合意した。両首脳はタリバンに対し、アフガニスタンの領土をいかなる国への脅威や攻撃、テロリストの匿いや訓練、テロ攻撃の計画や資金調達のためにも決して使用してはならないとする国連安保理決議2593を遵守するよう促した。両首脳は、アフガニスタン情勢に関する緊密な協議を継続することを約束し、包摂的な政治構造の形成の重要性を強調し、タリバンに対し、女性と女児を含む全てのアフガニスタン人の人権を尊重し、移動の自由を尊重するよう求めた。
34.       President Biden and Prime Minister Modi looked forward to strengthening a long-term strategic partnership between the I2U2 countries of India, Israel, United Arab Emirates, and the United States to leverage markets to build more innovative, inclusive, and science-based solutions to enhance food and energy security, improve movement of people and goods across hemispheres, and increase sustainability and resilience. 34.       バイデン大統領とモディ首相は、インド、イスラエル、アラブ首長国連邦、米国のI2U2諸国間の長期的な戦略的パートナーシップを強化し、市場を活用して、食料とエネルギーの安全保障を強化し、半球を越えた人と物資の移動を改善し、持続可能性とレジリエンスを高めるため、より革新的で包括的かつ科学に基づくソリューションを構築することを期待した。
35.  President Biden and Prime Minister Modi reaffirmed their countries’ commitment to an open, secure, inclusive, safe, interoperable, and reliable Internet, and to continuing cooperation on a range of cybersecurity issues, including preventing and responding to cyber threats, promoting cybersecurity education and awareness and measures to build resilient cyber infrastructure.  Both the United States and India are committed to sharing information about cyber threats and vulnerabilities, and to working together to investigate and respond to cyber incidents.  35.  バイデン大統領とモディ首相は、オープン、セキュア、インクルーシブ、安全、相互運用性、信頼性の高いインターネットに対する両国のコミットメントを再確認するとともに、サイバー脅威の防止と対応、サイバーセキュリティ教育と啓発の促進、レジリエンス・サイバーインフラの構築策を含む、サイバーセキュリティの諸問題に関する協力の継続を確認した。  米印両国は、サイバー上の脅威や脆弱性に関する情報を共有し、サイバーインシデントの調査や対応に協力することを約束する。 
36.      The United States and India reaffirm and embrace their shared values of freedom, democracy, human rights, inclusion, pluralism, and equal opportunities for all citizens.  Both countries have a tradition of recognizing the diversity represented in their nations and celebrating the contributions of all their citizens.  They reasserted that democracy, freedom, and rule of law are the shared values that anchor global peace and sustainable development. In keeping with the spirit of leaving no one behind, both leaders committed to working towards ensuring that fruits of economic growth and well-being reach the underprivileged. They also committed to pursue programs and initiatives that would facilitate women-led development, and enable all women and girls to live free from gender-based violence and abuse. President Biden underscored his appreciation for India’s participation in the Summit for Democracy process, and for efforts made by India toward sharing knowledge, technical expertise, and experiences with electoral management bodies of other democracies. The leaders also welcomed the re-launch of the Global Issues Forum, which would hold its next meeting at an appropriate time. 36.      米国とインドは、自由、民主主義、人権、包摂、多元主義、すべての国民に平等な機会という共通の価値観を再確認し、受け入れている。  両国は、自国に代表される多様性を認め、すべての国民の貢献を称える伝統を持っている。  両国は、民主主義、自由、法の支配が、世界平和と持続可能な開発を支える共通の価値観であることを再確認した。誰一人取り残さないという精神に則り、両首脳は、経済成長と福祉の果実が恵まれない人々に届くよう努力することを約束した。両首脳はまた、女性主導の開発を促進し、すべての女性と女児がジェンダーに基づく暴力や虐待から解放された生活を送れるようにするプログラムやイニシアティブを追求することを約束した。バイデン大統領は、インドが「民主主義のためのサミット」プロセスに参加していること、また他の民主主義国の選挙管理組織と知識、技術的専門知識、経験を共有するためにインドが行っている努力について、感謝の意を強調した。両首脳はまた、グローバル・イシュー・フォーラムの再始動を歓迎した。
Propelling Global Growth グローバルな成長を推進する
37.      As two of the world’s largest democratic economies, the United States and India are indispensable partners in advancing global prosperity and a free, fair, and rules-based economic order.  President Biden highlighted the impactful participation of Prime Minister Modi in the G7 Hiroshima Summit and looks forward to the G20 Summit in September in New Delhi. He applauded India’s leadership in its ongoing G20 Presidency, which has brought renewed focus on strengthening multilateral institutions and international cooperation to tackle global challenges such as climate change, pandemics, fragility and conflict, along with work to accelerate achievement of the UN Sustainable Development Goals, and lay the foundation for strong, sustainable, balanced, and inclusive growth. 37.      世界最大の民主主義経済国の2つとして、米国とインドは、世界の繁栄と自由で公正なルールに基づく経済秩序を推進する上で、欠くことのできないパートナーである。  バイデン大統領は、モディ首相がG7広島サミットに衝撃的な形で参加したことを強調し、9月にニューデリーで開催されるG20サミットに期待を寄せた。また、現在開催中のG20議長国であるインドが、気候変動、パンデミック、脆弱性、紛争といったグローバルな課題に取り組むため、多国間機関と国際協力の強化に新たな焦点を当てるとともに、国連の持続可能な開発目標の達成を加速させ、力強く、持続可能で、バランスの取れた、包摂的な成長の基盤を築いたことを称賛した。
38.      President Biden and Prime Minister Modi are united in their determination to use the G20 to deliver on shared priorities for the G20 Leaders’ Summit, including improving the sovereign debt restructuring process; advancing the multilateral development bank evolution agenda, including mobilizing new concessional financing at the World Bank to support all developing countries; and raising the level of ambition on mobilizing private sector investment for quality, sustainable, and resilient infrastructure, including through the Partnership for Global Infrastructure and Investment. The United States looks forward to hosting the G20 presidency in 2026, nearly two decades after the first full-scale G20 Leaders’ Summit in Pittsburgh. 38.      バイデン大統領とモディ首相は、ソブリン債の再編プロセスの改善、全ての途上国を支援するための世界銀行における新たな譲許的資金の動員を含む、多国間開発銀行の進化に関するアジェンダの推進、そして、グローバル・インフラ投資パートナーシップを通じたものを含め、質の高い、持続可能でレジリエンスのあるインフラのための民間部門の投資の動員に関する野心的なレベルの引き上げなど、G20首脳会合において共有された優先事項を実現するためにG20を活用するという決意において、一致している。米国は、ピッツバーグでの初の本格的なG20首脳会議から約20年後となる2026年に、G20の議長国を務めることを楽しみにしている。
39.      The United States and India recognize the potential of Digital Public Infrastructure (DPI) approaches for enabling open and inclusive digital economies. President Biden and Prime Minister Modi intend to work together to provide global leadership for the implementation of DPI to promote inclusive development, competitive markets, and protect individual rights.  In this regard, the United States and India will explore how to partner together and align our efforts to advance the development and deployment of robust DPIs, including appropriate safeguards to protect, privacy, data security and intellectual property.  They will explore developing a U.S.-India Global Digital Development Partnership, which would bring together technology and resources from both countries to enable development and deployment of DPIs in developing countries. 39.      米国とインドは、オープンでインクルーシブなデジタル経済を実現するためのデジタル公共インフラ(DPI)アプローチの可能性を認識している。バイデン大統領とモディ首相は、包括的な開発、競争力のある市場、個人の権利の保護を促進するために、DPIの実施に向けてグローバルなリーダーシップを発揮するために協力する意向である。  この観点から、米国とインドは、プライバシー、データ・セキュリティ、知的財産を保護するための適切なセーフガードを含む、強固なDPIの開発と展開を進めるために、どのように協力し、我々の努力を一致させるかを模索する。  このパートナーシップは、発展途上国におけるDPIの開発と展開を可能にするために、両国の技術とリソースを結集するものである。
40.      The leaders are committed to pursuing ambitious efforts to strengthen Multilateral Development Banks (MDBs) to address shared global challenges of the 21st century. In this regard, they emphasized the need for comprehensive efforts by MDBs to evolve their vision, incentive structure, operational approaches and financial capacity so that they are better equipped to address a wide range of SDGs and trans-boundary challenges including climate change, pandemics, conflicts and fragility. Recognizing multilateral efforts in this area, the leaders acknowledged the ongoing work under the Indian presidency of the G20 on strengthening MDBs including the report of the G20 Expert Group on Strengthening MDBs.  By the G20 Leaders’ Summit in New Delhi, the United States and India will work together to secure G20 commitment to create a major new dedicated pool of funds at the World Bank to deploy concessional lending for global challenges, and to enhance support for crisis response in International Development Association recipient countries. 40.      両首脳は、21世紀に共有されるグローバルな課題に対処するため、多国間開発銀行(MDBs)を強化する野心的な努力を追求することにコミットしている。この観点から、首脳は、MDBsがSDGsや気候変動、パンデミック、紛争、脆弱性を含む国境を越えた課題に幅広く対応できるよう、MDBsのビジョン、インセンティブ構造、運営アプローチ、資金能力を進化させる包括的な努力の必要性を強調した。この分野における多国間の努力を認識し、首脳は、G20インド議長国の下で、MDBの強化に関するG20専門家グループの報告書を含む、MDBの強化に関する現在進行中の作業を認めた。  ニューデリーで開催されるG20首脳会議までに、米国とインドは、世界的な課題のために譲許的な融資を展開し、国際開発協会(IDA)取得者の危機対応への支援を強化するために、世界銀行に新たな大規模な専用資金プールを創設するというG20のコミットメントを確保するために協力する。
41.      The leaders reaffirmed that the Indo-Pacific Economic Framework (IPEF) is an important pillar of our collective and collaborative efforts to build resilience in our supply chains, harness transformations in clean energy, and accelerate progress of our economies through anti-corruption efforts, efficient tax administrative practices, and capacity building measures.  The leaders welcomed the substantial conclusion of negotiations on the proposed IPEF Supply Chain Agreement and committed to working with other partners expeditiously to conclude negotiations of the agreements under the clean economy and fair economy pillars to deliver concrete benefits that enhance the economic competitiveness and prosperity of countries in the Indo-Pacific. President Biden invited India to attend the APEC Summit in San Francisco in November 2023 as a guest of the host. 41.      両首脳は、インド太平洋経済枠組み(IPEF)が、我々のサプライチェーンにおける強靭性の構築、クリーンエネルギーにおける変革の活用、腐敗防止努力、効率的な税務行政慣行、能力構築策を通じた我々の経済の進歩の加速に向けた、我々の集団的かつ協力的な努力の重要な柱であることを再確認した。 両首脳は、提案されているIPEFサプライチェーン協定の交渉の実質的な妥結を歓迎し、インド太平洋諸国の経済競争力と繁栄を強化する具体的な利益を提供するため、他のパートナーと協力して、クリーンエコノミーとフェアエコノミーの柱の下で協定の交渉を迅速に妥結することを約束した。バイデン大統領は、2023年11月にサンフランシスコで開催されるAPEC首脳会議に主催国のゲストとして出席するようインドを招待した。
42.      The U.S.-India trade and investment partnership is an engine for global growth, with bilateral trade exceeding $191 billion in 2022, nearly doubling from 2014.  The leaders applauded the reconvening of the U.S.-India Commercial Dialogue and CEO Forum in March in New Delhi.  They encouraged respective industries to take action on the recommendations from the CEOs for greater engagement and technical cooperation to build resilient supply chains for emerging technologies, clean energy technologies, and pharmaceuticals; promote an innovative digital economy; lower barriers to trade and investment; harmonize standards and regulations wherever feasible; and  work towards skilling our workforces.  The leaders support continued active engagement between the U.S. Treasury Department and the Indian Ministry of Finance under the Economic and Financial Partnership dialogue.  They encouraged the U.S. Federal Insurance Office and the Insurance Regulatory and Development Authority of India to advance areas of mutual interest in the insurance sector under their existing MoU framework. 42.      米印の貿易・投資パートナーシップは世界的な成長の原動力であり、2022年の二国間貿易額は1910億ドルを超え、2014年からほぼ倍増する。  両首脳は、3月にニューデリーで開催された米印商業対話およびCEOフォーラムの再開を称賛した。  両首脳は、新興技術、クリーンエネルギー技術、医薬品のためのレジリエンス・サプライチェーンの構築、革新的なデジタル経済の促進、貿易・投資障壁の低減、可能な限りの基準・規制の調和、労働力の習熟に向けた取り組みなど、CEOからの提言に基づき、各産業界がさらなる関与と技術協力を行うよう促した。  両首脳は、経済・金融パートナーシップ対話の下で、米財務省とインド財務省が引き続き積極的に関与することを支持した。 両首脳は、米国連邦保険局とインド保険規制開発庁が、既存のMoUの枠組みの下で、保険分野における相互の関心分野を推進するよう奨励した。
43.      The United States and India have also taken steps toward deepening bilateral cooperation to strengthen our economic relationship, including trade ties. Underscoring the willingness and trust of both countries in resolving trade issues, the leaders welcomed the resolution of six outstanding WTO disputes between the two countries through mutually agreed solutions as well as their understandings on market access related to certain products of significance to the bilateral trade relationship.  They also looked forward to reconvening the India-U.S. Trade Policy Forum before the end of 2023 to further enhance the bilateral trade relationship by addressing trade concerns and identifying further areas for engagement. India highlighted its interest in the restoration of its status under the U.S. Generalized System of Preferences program, which could be considered in relation to eligibility criteria determined by the U.S. Congress.  The leaders supported intensifying the work to advance progress on issues related to the eligibility criteria. Prime Minister Modi also expressed India’s interest towards being recognized as a Trade Agreements Act-designated country by the United States to further enhance the integration of both economies and to further promote trade and investment between two countries.  In this regard, the leaders welcomed the initiation of discussions between both sides at an official level on issues related to bilateral government procurement. 43.       米国とインドはまた、貿易関係を含む両国の経済関係を強化するため、二国間協力の深化に向けた措置を講じてきた。両首脳は、貿易問題の解決における両国の意欲と信頼を強調し、両国間の6つの未解決のWTO紛争が相互に合意した解決策によって解決されたこと、また、二国間貿易関係にとって重要な特定の製品に関連する市場アクセスに関する両国の合意を歓迎した。  両首脳はまた、2023年末までに米印通商政策フォーラムを再開し、貿易上の懸念に対処し、更なる関与分野を特定することにより、二国間貿易関係を更に強化することを期待した。インドは、米国の一般特恵関税制度における地位回復に関心があることを強調した。  両首脳は、参加資格基準に関する問題を前進させるための作業を強化することを支持した。モディ首相はまた、両国経済の統合をさらに強化し、両国間の貿易・投資をさらに促進するため、米国から貿易協定法指定国として承認されることへのインドの関心を表明した。  この点に関して、両首脳は、二国間の政府調達に関連する問題について、公式レベルで両国間の協議が開始されることを歓迎した。
44.      The leaders welcomed focused efforts under the re-launched U.S.-India Commercial Dialogue to expand cooperation in the areas of Talent, Innovation, and Inclusive Growth.  President Biden expressed appreciation for the significant workforce development efforts undertaken by several of the Indian companies taking part in the U.S.-India CEO Forum to upskill more than 250,000 employees and promote STEM learning within local communities across the United States.  Both leaders applauded the concept of an “Innovation Handshake” under the Commercial Dialogue that will lift up and connect the two sides’ dynamic startup ecosystems, address specific regulatory hurdles to cooperation, and promote further innovation and job growth, particularly in emerging technologies.  The Innovation Handshake demonstrates the resolve on both sides to further bolster their shared vision of an elevated strategic technology partnership, leveraging the strength and ingenuity of their respective private sectors to identify new innovations and match them with industry requirements across the priority sectors identified under the iCET framework.  44.      両首脳は、人材、革新、包括的成長の分野における協力拡大のため、再開された米印商業対話の下での集中的な取り組みを歓迎した。  バイデン大統領は、米印CEOフォーラムに参加するインド企業数社が、25万人以上の従業員のスキルアップと、米国内の地域社会におけるSTEM学習を促進するために行っている重要な労働力開発の取り組みに感謝の意を表明した。  両首脳は、商業対話の下での「イノベーション・ハンドシェイク」のコンセプトを称賛した。このコンセプトは、両国のダイナミックな新興企業エコシステムを引き上げ、結びつけ、協力に対する特定の規制上の障害に対処し、特に新興技術における更なるイノベーションと雇用の拡大を促進するものである。  イノベーション・ハンドシェイクは、iCETの枠組みで特定された優先分野全体において、新たなイノベーションを特定し、産業界の要求に合致させるために、それぞれの民間部門の強みと創意工夫を活用し、戦略的技術パートナーシップの強化という共通のビジョンをさらに強化するという双方の決意を示すものである。 
45.      Recognizing the essential role that micro, small and medium-sized enterprises (MSMEs) play in advancing inclusive growth, expanding exports, and boosting employment across our respective cities, towns, and rural areas, the leaders welcomed plans under the Commercial Dialogue to organize a forum to promote the role and scope of MSMEs in bilateral trade and a digital commerce showcase to strengthen the engagement of women-owned and rural enterprises in particular.  They commended the work of the U.S. Small Business Administration and the Indian Ministry of Micro, Small and Medium Enterprises, which are pursuing increased cooperation and intend to formalize their work through a MoU to support entrepreneurs and MSMEs. 45.      両首脳は、包摂的な成長を推進し、輸出を拡大し、それぞれの都市、町、地方における雇用を促進する上で、零細・中小企業(MSMEs)が果たす重要な役割を認識し、商業対話の下で、二国間貿易におけるMSMEsの役割と範囲を促進するフォーラムと、特に女性が経営する企業及び地方企業の関与を強化するためのデジタル・コマース・ショーケースを開催する計画を歓迎した。  両首脳は、米国中小企業庁とインド零細・中小企業省が協力の拡大を追求し、起業家とMSMEを支援するためのMoUを通じて両省の活動を正式なものにする意向であることを称賛した。
46.      President Biden and Prime Minister Modi again welcomed Air India’s historic agreement with Boeing to acquire more than 200 American-made aircraft.  This purchase will support more than one million American jobs across 44 states and contribute to ongoing efforts to modernize the civil aviation sector in India.  Boeing has announced a $100 million investment on infrastructure and programs to train pilots in India, supporting India’s need for 31,000 new pilots over the next 20 years. The leaders also welcomed Boeing’s announcement of its completion of a C-17 aftermarket support facility for MRO and a new parts logistics center in India to capture future synergies between defense and civil aviation. 46.      バイデン大統領とモディ首相は、エア・インディアがボーイング社と200機以上の米国製航空機を購入するという歴史的な合意に達したことを改めて歓迎した。  この購入は、44州にわたる100万人以上のアメリカ人の雇用を支援し、インドの民間航空部門を近代化する継続的な取り組みに貢献する。  ボーイングは、インドのパイロット養成のためのインフラとプログラムに1億ドルを投資することを発表しており、今後20年間で31,000人の新規パイロットを必要としているインドを支援する。両首脳はまた、ボーイング社がインドでMROのためのC-17アフターマーケット・サポート施設と新しい部品物流センターを完成させ、防衛と民間航空間の将来の相乗効果を取り込むと発表したことを歓迎した。
Empowering Future Generations and Protecting the Health of our People 将来の世代に力を与え、国民の健康を守る
47.      President Biden and Prime Minister hailed the growing bilateral education partnership between the United States and India.  Indian students are on pace to soon become the largest foreign student community in the United States, with an increase of nearly 20 percent in Indian students studying in the United States last year alone.  The leaders welcomed the establishment of a new Joint Task Force of the Association of American Universities and leading Indian educational institutions, including the Indian Institutes of Technology, and the nomination of councils on each side, and noted their interim recommendations for expanding research and university partnerships between the two countries.  They also welcomed the establishment of Indo-U.S. Global Challenge Institutes to spark deeper research partnerships and people-to-people exchanges between a range of diverse institutions in the U.S. and India in semiconductors, sustainable agriculture, clean energy, health and pandemic preparedness, and emerging technologies. 47.      バイデン大統領と首相は、米国とインドの二国間教育パートナーシップの拡大を歓迎した。昨年だけでも、米国で学ぶインド人留学生は20%近く増加しており、インド人留学生は間もなく米国最大の留学生コミュニティとなる勢いだ。両首脳は、米国大学協会とインド工科大学を含むインドの主要教育機関による新たな合同タスクフォースの設立と、双方の評議会の指名を歓迎し、両国間の研究と大学のパートナーシップを拡大するための中間提言に言及した。また、半導体、持続可能な農業、クリーンエネルギー、保健衛生、パンデミック対策、新興技術など、米印の多様な機関の間で、より深い研究パートナーシップと人的交流を促進するための印米グローバル・チャレンジ研究所の設立を歓迎した。
48.      The leaders welcomed an announcement by the U.S. Department of State that it would launch a pilot to adjudicate domestic renewals of certain petition-based temporary work visas later this year, including for Indian nationals, with the intent to implement this for an expanded pool of H1B and L visa holders in 2024 and eventually broadening the program to include other eligible categories. 48.      両首脳は、米国務省が今年後半、インド人を含む特定の請願書ベースの一時的就労ビザの国内更新を審査する試験的な取り組みを開始し、2024年にH1BおよびLビザ保持者の拡大プールにこれを実施し、最終的には他の適格カテゴリーにもこのプログラムを拡大するという発表を歓迎した。
49.      The leaders affirmed that the movement of professional and skilled workers, students, investors and business travelers between the countries contributes immensely to enhancing bilateral economic and technological partnership. While acknowledging the important steps taken to augment processing of visa applications, they noted the pressing need to further expedite this process. The leaders also directed officials to identify additional mechanisms to facilitate travel for business, tourism, and professional and technical exchanges between the two countries. 49.      両首脳は、両国間の専門的、熟練した労働者、学生、投資家、ビジネス旅行者の移動は、二国間の経済的、技術的パートナーシップの強化に大いに貢献することを確認した。両首脳は、ビザ申請手続きを強化するために取られた重要な措置を認める一方で、この手続きをさらに迅速化することが急務であると指摘した。両首脳はまた、両国間のビジネス、観光、専門的・技術的交流のための旅行を促進するための追加的なメカニズムを特定するよう関係者に指示した。
50.      Concomitant with the rapid growth in our strategic partnership and demand for travel, both sides intend to open new consulates in each other’s countries. The United States intends to initiate the process to open two new consulates in India in the cities of Bengaluru and Ahmedabad.  India will take steps to operationalize its new consulate in Seattle later this year, and open two new consulates at jointly identified locations in the United States. 50.      両国の戦略的パートナーシップと旅行需要の急成長に伴い、双方は互いの国に新たな領事館を開設する意向である。米国はインドにベンガルールとアーメダバードの2都市に新たに領事館を開設する手続きを開始する予定である。  インドは今年後半にシアトルで新しい領事館を開設し、米国内の共同で特定した場所に2つの新しい領事館を開設する予定である。
51.      The leaders recognized the role of asocial security totalization agreement in protecting the interests of cross border workers and reaffirmed the intent to continue ongoing discussions concerning the elements required in both countries to enter into a bilateral social security totalization agreement. 51.      両首脳は、国境を越えた労働者の利益を保護する社会保障協定が果たす役割を認識し、二国間社会保障協定を締結するために両国が必要とする要素に関する継続的な協議を継続する意図を再確認した。
52.      President Biden and Prime Minister Modi celebrate the historic and active collaboration across the full expanse of our respective health sectors. They welcomed the opportunity for deeper collaboration to secure pharmaceutical supply chains.  The leaders encouraged their administrations to continue their strong collaboration on pandemic preparedness, supported by epidemiology training; laboratory strengthening and point of entry surveillance; and food safety and regulation.  The leaders applauded collaborations between research institutes of both countries on affordable cancer technology programs, including for the development of AI enabled diagnostic and prognosis prediction tools, and on diabetes research.  The leaders committed to holding a U.S.-India Cancer Dialogue, hosted by President Biden’s Cancer Moonshot, to bring experts together from both countries to identify concrete areas of collaboration to accelerate the rate of progress against cancer. They also called for expanded collaboration on digital health platforms including responsible use of cutting-edge technologies like AI, and to explore cooperation in research and the use of traditional medicine. President Biden lauded Prime Minister Modi’s plan to eliminate tuberculosis in India by 2025, five years ahead of the target set by the UN’s sustainable development goals, hailing it as a big step forward that will inspire other countries to action. 52.      バイデン大統領とモディ首相は、両国の保健分野の全領域にわたる歴史的かつ積極的な協力を祝った。両首脳は、医薬品サプライチェーンを確保するためのより深い協力の機会を歓迎した。  両首脳は、疫学研修に支えられたパンデミック(世界的大流行)への備え、研究所の強化および入国地点のサーベイランス、食品安全および規制に関する強力な協力関係を継続するよう、両政権に奨励した。 両首脳は、AIを活用した診断・予後予測ツールの開発を含む、安価ながん技術プログラム、および糖尿病研究に関する両国の研究機関の協力を称賛した。  両首脳は、バイデン大統領のキャンサー・ムーンショットが主催する米印がん対話の開催を約束し、両国の専門家を集め、がんに対する進歩の速度を加速させるための具体的な協力分野を特定した。また、AIのような最先端技術の責任ある利用を含むデジタルヘルスプラットフォームに関する協力の拡大や、研究や伝統医療の利用における協力の模索も呼びかけた。バイデン大統領は、国連の持続可能な開発目標が設定した目標よりも5年前倒しで、2025年までにインドで結核を撲滅するというモディ首相の計画を称賛し、他の国々の行動を鼓舞する大きな前進だと称賛した。
53.      President Biden and Prime Minister Modi welcomed the opportunity for deeper collaboration to secure, de-risk, and strengthen pharmaceutical supply chains, with a focus on active pharmaceutical ingredients, key starting materials, and key vaccine input materials. They also underscored the need for strengthening global collaboration network on research and development in medical countermeasures,  vaccines, therapeutics and diagnostics to promote access to safe, effective, and innovative medical products in an affordable manner. 53.      バイデン大統領とモディ首相は、医薬品原薬、主要な出発原料、主要なワクチン原料に焦点を当て、医薬品サプライチェーンの確保、リスク回避、強化のための協力関係を深める機会を歓迎した。両者はまた、安全で有効かつ革新的な医薬品を安価に入手することを促進するため、医療対策、ワクチン、治療薬、診断薬の研究開発におけるグローバルな協力ネットワークを強化する必要性を強調した。
54.      President Biden and Prime Minister Modi committed to work toward a broader and deeper bilateral drug policy framework for the 21st century.  Under this framework, both countries aspire to expand cooperation and collaboration to disrupt the illicit production and international trafficking of illicit drugs, including synthetic drugs, such as fentanyl and Amphetamine Type Stimulants and illicit use of their Precursors. Toward this end, they committed to a holistic public health partnership to prevent and treat illicit drug use, address workforce shortages and skilling requirements, and showcase a secure, resilient, reliable and growing pharmaceutical supply chain as a model for the world. 54.      バイデン大統領とモディ首相は、21世紀に向けた、より広範で深化した二国間の薬物政策の枠組みに向けて努力することを約束した。  この枠組みの下で、両国は、フェンタニルやアンフェタミン型覚せい剤などの合成麻薬や、その前駆物質の不正使用を含む、不正薬物の不法生産と国際取引を阻止するための協力・連携を拡大することを目指す。この目的のため、両協議会は、違法薬物の使用を防止し、治療するための包括的な公衆衛生パートナーシップにコミットし、労働力不足とスキリング要件に対処し、世界のモデルとして、安全でレジリエンスがあり、信頼性が高く、成長する医薬品サプライチェーンを紹介する。
55.      Prime Minister Modi conveyed his deep appreciation for the repatriation of antiquities to India by the United States.  Both sides expressed strong interest in working quickly toward a Cultural Property Agreement, which would help to prevent illegal trafficking of cultural property from India and enhance cooperation on the protection and lawful exchange of cultural property. 55.      モディ首相は、米国によるインドへの古美術品の送還について深い感謝の意を伝えた。  双方は、インドからの文化財の違法な売買を防止し、文化財の保護と合法的な交換に関する協力を強化するのに役立つ文化財協定に向けて迅速に取り組むことに強い関心を表明した。
56.      The Leaders welcomed the establishment of the Tamil Studies Chair at the University of Houston and reinstating the Vivekananda Chair at the University of Chicago to further research and teaching of India’s history and culture. 56.      両首脳は、インドの歴史と文化に関する研究と教育を促進するため、ヒューストン大学におけるタミル研究講座の設立とシカゴ大学におけるヴィヴェーカナンダ講座の復活を歓迎した。
57.      Prime Minister Modi looked forward to the visit of President Biden to the G20 Leaders’ Summit in New Delhi in September 2023. 57.      モディ首相は、2023年9月にニューデリーで開催されるG20首脳会議にバイデン大統領が出席することを期待した。
58.      Taken together, the leaders today affirmed that this document, in its breadth and depth,  represents the most expansive and comprehensive vision for progress in the history of our bilateral relationship.  Still, our ambitions are to reach ever greater heights, and we commit both our governments and our peoples to this endeavor, now and into the future. 58.      両首脳は本日、この文書が、その幅と深さにおいて、両国関係の歴史において最も広範で包括的な進展のためのビジョンを示すものであることを確認した。  それでもなお、我々の野望はさらなる高みに到達することであり、我々は、現在そして将来にわたり、両国政府と両国民がこの努力にコミットするものである。

 

防衛関係...

U.S. Department of Defense

・2023.06.22 Defense Part of Deepening Overall U.S.-India Relationship

Defense Part of Deepening Overall U.S.-India Relationship 防衛は米印関係全体の深化の一部である
Ryder spoke after President Joe Biden welcomed Indian Prime Minister Narendra Modi to the White House for a state visit.   ライダー氏は、ジョー・バイデン大統領がインドのナレンドラ・モディ首相を国賓訪問のためホワイトハウスに迎えた後に語った。 
During that White House meeting Secretary of Defense Lloyd J. Austin III shared perspectives on the tremendous strides both countries' militaries have made to promote peace and security, Ryder said.  そのホワイトハウスでの会談で、ロイド・J・オースティン3世国防長官は、両国の軍隊が平和と安全保障を促進するために行ってきた多大な進歩についての見解を共有した、とライダーは述べた。 
The relationship between the two largest democracies in the world has been a work in progress and includes all aspects including political, economic, defense, diplomatic and people-to-people ties.   世界最大の民主主義国家である両国の関係は、政治、経済、国防、外交、そして人と人とのつながりを含むあらゆる面で、現在進行形である。  
"We've made critical and emerging technologies the pillar of our next-generation partnership to ensure that these technologies promote and protect our values, remain open, accessible and trusted, and secure," Biden said during his speech welcoming the Indian leader to the White House. "All this matters for America, for India and for the world."  バイデンは、インドの指導者をホワイトハウスに歓迎するスピーチの中で、「我々は、重要で新興的な技術を次世代パートナーシップの柱とし、これらの技術が我々の価値を促進し、保護し、オープンでアクセスしやすく、信頼され、安全であり続けることを保証する」と述べた。「これはすべて、アメリカ、インド、そして世界にとって重要なことだ。 
The relationship between the two countries will be important to peace and stability in the world. "We face an inflection point, one of those moments that only come around every several generations, when so much is changing … technologically, politically, socially, and environmentally that the decisions we make today are going to determine our future for decades to come," he said. "And as democracies, we can better tap into the full talent of all of our people and attract investments as true and trusted partners, as leading nations, with our … greatest export being the power of our example."  両国の関係は、世界の平和と安定にとって重要である。「技術的、政治的、社会的、環境的に多くのことが変化しており、今日の決断が今後数十年の未来を決定することになる。「そして、民主主義国家として、真の信頼できるパートナーとして、先進国として、国民の才能を最大限に引き出し、投資を呼び込むことができる。 
Spotlight: Focus on Indo-Pacific スポットライト:インド太平洋に焦点を当てる
The Defense Department will play its part in drawing the two nations closer together Ryder said. "Secretary Austin is scheduled to attend the state dinner to celebrate over 75 years of deepening partnership between the United States and India and the bonds that link our peoples together," he said. "The secretary has been looking forward to these engagements especially following his recent trip to India, where the United States and India established an ambitious new roadmap for defense industrial cooperation."  国防省は、日米両国がより緊密になるよう、その役割を果たすだろう。「オースティン長官は、75年以上にわたる米国とインドのパートナーシップの深化と両国民を結ぶ絆を祝う晩餐会に出席する予定だ。「オースティン長官は、最近インドを訪問し、米国とインドが防衛産業協力のための野心的な新しいロードマップを策定したことを受けて、特にこのような機会を楽しみにしている。 
The U.S.-India partnership is a cornerstone of a free and open Indo-Pacific, Ryder said, "and our deepening bonds show how technological innovation and growing military cooperation between two great powers can be a force for global good."  米印のパートナーシップは、自由で開かれたインド太平洋の礎石であり、我々の深まる絆は、2つの大国間の技術革新と拡大する軍事協力が、いかに世界的な利益につながるかを示している」とライダーは述べた。 
Spotlight: Science and Tech スポットライト:科学技術
Part of this effort is the India-U.S. Defense Acceleration Ecosystem – shortened to INDUS-X. The Defense Department and the Indian Ministry of Defense will work together to expand the strategic technology partnership and defense industrial cooperation among government, businesses and academic institutions.   この努力の一環として、インド・米国防衛加速エコシステム(略称INDUS-X)がある。国防総省とインド国防省は、政府、企業、学術機関の間の戦略的技術提携と防衛産業協力を拡大するために協力する。 
INDUS-X grew out of the desire for an "Innovation Bridge" between the two countries that will encourage innovation in research and ultimately each nations' defense industrial bases. "Through INDUS-X, we will strengthen ties between our defense industrial ecosystems to make them more innovative, accessible and resilient," DOD officials said.  INDUS-Xは、両国の研究、ひいては各国の防衛産業基盤の革新を促す「イノベーションの架け橋」を求める声から生まれた。「INDUS-Xを通じて、防衛産業エコシステム間の結びつきを強化し、より革新的で、アクセスしやすく、レジリエンスに富んだものにする」と国防総省関係者は述べた。 
Spotlight: Engineering in the DOD スポットライト:DODにおけるエンジニアリング
"In light of the ... Prime Minister's visit today, and Secretary Austin's recent visit, and all of the engagements that we've had with India, this is really part of a wide-ranging strategic partnership, in which we see defense and security cooperation, really becoming central to our strategic relationship," Ryder said. "And the focus here is really on a continued commitment to defense cooperation to promote regional security and stability, not only an Indo-Pacific region, but globally."  「今日の首相の訪問と 今日の首相の訪問、オースティン長官の最近の訪問、そして我々がインドと行ってきたすべての関与に照らして、これは本当に広範な戦略的パートナーシップの一部であり、防衛と安全保障協力が我々の戦略的関係の中心になると考えている」とライダーは述べた。「そして、ここでの焦点は、インド太平洋地域だけでなく、世界的な地域の安全保障と安定を促進するための防衛協力への継続的なコミットメントである。 
Part of that is the United States intends to support India in the creation of logistics, repair and maintenance infrastructure for aircraft and ships. その一環として、米国は航空機や艦船のロジスティクス、修理、メンテナンスのインフラ構築においてインドを支援する意向だ。
Related Links 関連リンク
TRANSCRIPT: Pentagon Press Secretary Air Force Brig. Gen. Pat Ryder Holds a Press Briefing ペンタゴン報道官パット・ライダー空軍准将によるプレス・ブリーフィング(英語
NEWS: U.S., India Rapidly Expand Their Military Cooperation ニュース 米印軍事協力の急速な拡大
NEWS RELEASE: Launch of the India-U.S. Defense Acceleration Ecosystem (INDUS-X) ニュースリリース インド・米国防衛加速エコシステム(INDUS-X)の立ち上げ
PUBLICATION: Fact Sheet: India-U.S. Defense Acceleration Ecosystem (INDUS-X) ファクトシート インド-米国防衛加速エコシステム(INDUS-X)
STORY: Remarks by President Biden and Prime Minister Modi of India at Arrival Ceremony ストーリー バイデン大統領とインドのモディ首相による到着式典でのスピーチ

 








 

経済界としては、米国商工会議所


・2023.06.22 U.S. Chamber Partners with U.S. Department of Defense, Indian Ministry of Defense to Boost U.S.-India Defense Partnership

U.S. Chamber Partners with U.S. Department of Defense, Indian Ministry of Defense to Boost U.S.-India Defense Partnership 米商工会議所、米国防総省、インド国防省と提携し米印防衛パートナーシップを強化
WASHINGTON, D.C. — Yesterday, the U.S. Chamber of Commerce’s U.S.-India Business Council (USIBC) hosted U.S. Secretary of Commerce Gina Raimondo, U.S. National Security Advisor Jake Sullivan, and Indian National Security Advisor Ajit Doval in advance of the inaugural launch of the U.S.-India Initiative on Critical and Emerging Technologies (iCET). ワシントンD.C.-昨日、米国商工会議所の米印ビジネス協議会(USIBC)は、ジーナ・ライモンド米商務長官、ジェイク・サリバン米国家安全保障顧問、アジト・ドバル・インド国家安全保障顧問を招き、重要・新興技術に関する米印イニシアチブ(iCET)の発足に先立ち会合を開いた。
Announced during U.S. President Joe Biden and Indian Prime Minister Narendra Modi’s bilateral talks in Tokyo last May, the iCET is spearheaded by the National Security Councils of both countries and focuses on strengthening the U.S.-India partnership on the technologies that will drive global growth, bolster both countries’ economic competitiveness, and protect shared national security interests. 昨年5月に東京で行われたジョー・バイデン米大統領とナレンドラ・モディ・インド首相の二国間会談で発表されたiCETは、両国の国家安全保障会議が主導し、世界的な成長を促し、両国の経済競争力を強化し、共有する国家安全保障上の利益を守る技術に関する米印パートナーシップの強化に焦点を当てている。
In support of the iCET, the U.S. Chamber of Commerce held a roundtable with industry executives across the spectrum of advanced technologies, including semiconductor design and manufacturing, commercial electronics, advanced telecommunications, commercial space, aerospace and defense, and information technology services. Leadership from academia and venture capital firms also participated. iCETを支援するため、米国商工会議所は、半導体設計・製造、商業エレクトロニクス、先端通信、商業宇宙、航空宇宙・防衛、情報技術サービスなど、先端技術の分野にわたる業界幹部との円卓会議を開催した。また、学界やベンチャーキャピタルの幹部も参加した。
“The U.S. Chamber strongly supports the launch of this important dialogue on critical and emerging technologies,” said U.S. Chamber of Commerce President and CEO Suzanne P. Clark.  「米国商工会議所会頭兼CEOのスザンヌ・P・クラーク氏は、「米国商工会議所は、重要な新興技術に関するこの重要な対話の開始を強く支持する。 
“We commend the administration on working with India to launch the iCET. By strengthening our technology partnership with India, we will make both our economies stronger and ready to shape the next phase of global growth.” 米国商工会議所のスザンヌ・クラーク会頭は、「米国商工会議所は、インドと協力してiCETを立ち上げた政権を称賛する。インドとの技術パートナーシップを強化することで、両国の経済をより強固なものとし、世界的な成長の次の段階を形成する準備を整えることができる」と述べた。
U.S. Secretary of Commerce Gina Raimondo attended the roundtable to highlight the central role the U.S. and India would play in shaping the development of advanced technologies. ジーナ・ライモンド米商務長官は円卓会議に出席し、米国とインドが先端技術開発の形成において中心的な役割を果たすことを強調した。
Roundtable participants discussed opportunities to promote development of critical and emerging technologies such as quantum computing and artificial intelligence, with a special focus on how to increase academic and government research exchanges and strengthen their linkages with the private sector. A key theme throughout the roundtable was how both governments could facilitate deeper alignment on technology issues, including encouraging semiconductor supply chain resilience, deepening the two countries' research and development collaboration, strengthening workforce and education connectivity, and promoting co-investment and co-development. 円卓会議の参加者は、量子コンピューティングや人工知能などの重要な新技術の開発を促進する機会について議論し、特に学術的・政府的な研究交流を増やし、民間企業との連携を強化する方法に焦点を当てた。円卓会議全体を通しての主要テーマは、半導体サプライチェーンのレジリエンスの促進、両国の研究開発協力の深化、労働力と教育の連結強化、共同投資と共同開発の促進など、技術問題に関して両国政府がどのようにしてより深い連携を促進できるかであった。
Addressing industry executives, NSA Sullivan said that “iCET is about much more than technology cooperation, it's a platform to accelerate our strategic convergence and policy alignment.” Highlighting the work ahead for both governments, Sullivan added that the United States and Indian governments “want to establish a list of 'firsts',” "firsts in removing barriers—on both sides—to enable greater ambition by all of you." NSAサリバンは業界幹部を前に、「iCETは技術協力以上のものであり、両国の戦略的収束と政策連携を加速させるプラットフォームである」と述べた。サリバンNSAは、両政府の今後の課題を強調し、米国とインド政府は「"初 "のリストを確立したい」と付け加えた。
NSA Sullivan highlighted how iCET will accelerate the United States’ strategic technology partnership with India and advance the two countries’ shared democratic values. He also recognized the pivotal role that businesses, educators, and investors play, urged attendees to be ambitious in deepening business and academic ties, and committed to working with NSA Doval to remove barriers on both sides. サリバンNSAは、iCETがいかに米国とインドの戦略的技術パートナーシップを加速させ、両国が共有する民主的価値観を前進させるかを強調した。また、企業、教育者、投資家が果たす極めて重要な役割を認識し、ビジネスや学術的な結びつきを深めることに意欲的に取り組むよう出席者に促し、ドヴァルNSAと協力して双方の障壁を取り除くことを約束した。
NSA Ajit Doval and Ambassador Sandhu highlighted India’s remarkable capacity for technology development and absorption and emphasized India’s use of technology not only as an enabler of economic growth but as an instrument of social inclusion. Both officials commended the launch of the iCET, given the natural complementary strengths of the Indian and American economies and the growing strategic convergence between both nations. Both officials also emphasized India’s growing role a trusted supply chain partner and contributor in the global technology value chain, and underlined the importance of easing export control measures to facilitate technology access, co-production, and co-development between India and the U.S. アジト・ドヴァル国家安全保障省とサンドゥ大使は、インドの技術開発・吸収能力の高さを強調し、インドが経済成長の手段としてだけでなく、社会的包摂の手段として技術を活用していることを強調した。両大使は、インドとアメリカの経済が本来持っている補完的な強みと、両国間の戦略的収束の高まりを考慮し、iCETの立ち上げを称賛した。また、両政府高官は、インドが世界の技術バリューチェーンにおいて信頼できるサプライチェーンパートナーであり、貢献者としての役割を拡大していることを強調し、インドと米国の技術アクセス、共同生産、共同開発を促進するために輸出規制措置を緩和することの重要性を強調した。
In one of the sessions, the roundtable discussed microchips as a critical technology and the important role the U.S.-India relationship could play in building a reliable semiconductor supply chain. Sanjay Mehrotra, President and CEO of Micron Technology, discussed the importance of government-industry collaboration in this effort. “It is promising to see the U.S. and India prioritize the necessary discussions and investments that will enable greater semiconductor leadership within and among partner economies. The U.S. Chamber of Commerce, as a major advocate for the CHIPS and Science Act and now the host of the U.S.-India iCET dialogue, is creating compelling opportunities for public-private partnership that will ultimately strengthen our economies. Micron looks forward to continuing to work with both governments, the Chamber, and industry as part of this key forum.” 円卓会議では、重要な技術であるマイクロチップと、信頼性の高い半導体サプライチェーンの構築において米印関係が果たす重要な役割について議論された。マイクロン・テクノロジー社のサンジェイ・メヘロトラ社長兼最高経営責任者(CEO)は、この取り組みにおける政府と産業界の協力の重要性について述べた。「米国とインドが、パートナー経済圏の中で、またパートナー経済圏の間で、より大きな半導体のリーダーシップを可能にするために必要な議論と投資を優先させることは有望である。米国商工会議所は、CHIPS and Science Actの主要な提唱者として、また現在、米印iCET対話の主催者として、最終的に両国の経済を強化する官民パートナーシップのための説得力のある機会を創出している。マイクロンは、この重要なフォーラムの一員として、両政府、商工会議所、産業界と引き続き協力していくことを楽しみにしている。
Edward Knight, Executive Vice Chairman of NASDAQ, and Chair of the USIBC Global Board of Directors, stated that “both governments choosing USIBC to host this dialogue only reaffirms its position as the leading convener of public-private consultation in the U.S.-India Corridor.” Knight added, “the U.S. and India pursuing this initiative on critical and emerging technologies demonstrates their growing alignment and sends signals of confidence to the investment community.” NASDAQのエドワード・ナイト取締役副会長(USIBCグローバル理事会議長)は、「両政府がUSIBCをこの対話の主催者に選んだことは、米印回廊における官民協議の主要な主催者としてのUSIBCの立場を再確認するものである」と述べた。また、ナイト氏は、「米国とインドが、重要な新興技術に関するこのイニシアチブを追求することは、両国の連携強化の証であり、投資コミュニティーに信頼のシグナルを送るものである」と付け加えた。
The U.S. Chamber of Commerce will continue conversations with India on critical and emerging technologies as part of its close engagement with its G20 agenda, and as a chair of the B20.   米国商工会議所は、G20アジェンダへの緊密な関与の一環として、またB20の議長国として、重要技術や新興技術に関するインドとの対話を続けていく。  

 

1_20230625064801

 


 

インド側...

 

Press Information Bureau Government of India

 

Ministry of External Affairs - Media Center

2023.06.24 Prime Minister Shri Narendra Modi successfully concludes his first Official State visit to USA, emplaned for Egypt ナレンドラ・モディ首相は、初の米国公式訪問を成功裏に終え、エジプトに向かった。
  Prime Minister Shri Narendra Modi interacted with the members of the Indian community at the Ronald Reagan Centre in Washington D.C ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンD.C.のロナルド・レーガン・センターでインド人コミュニティのメンバーと交流した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi interacted with the leading professionals at the John F. Kennedy Centre in Washington D.C ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンD.C.のジョン・F・ケネディ・センターで、一流の専門家と交流した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met CEO of Alphabet Inc. and Google, Mr. Sundar Pichai in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンD.C.でアルファベット社およびグーグル社のスンダル・ピチャイCEOと会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met President and CEO of Boeing, Mr. David L. Calhoun in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCでボーイング社のデービッド・L・カルフーン社長兼CEOと会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met President and CEO of Amazon, Mr. Andrew R. Jassy in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCでアマゾンのアンドリュー・R・ジャシー社長兼CEOと会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi hosted by Vice President, H.E. Ms. Kamala Harris and Secretary of State, H.E. Mr. Antony Blinken for a State Luncheon at the US Department of State ナレンドラ・モディ首相は、カマラ・ハリス副大統領とアントニー・ブリンケン国務長官の主催により、米国務省で昼食会を開催した。
2023.06.23 Prime Minister Shri Narendra Modi arrived at the White House for a State dinner hosted by US President, H.E. Mr. Joseph Biden and First Lady H.E. Dr. Jill Biden ナレンドラ・モディ首相は、ホワイトハウスで、ジョセフ・バイデン米大統領とジル・バイデン米大統領夫人が主催する晩餐会に出席した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met H.E. Mr. Kevin McCarthy, Speaker of the US Congress in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCでケビン・マッカーシー米議会議長と会談した。
2023.06.22 Prime Minister Shri Narendra Modi holds bilateral talks with H.E. Mr. Joseph Biden, President of USA in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCでジョセフ・バイデン米国大統領と二国間会談を行った。
  Prime Minister Shri Narendra Modi Welcomed by H.E. Mr. Joseph Biden, President of USA at White House, Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCのホワイトハウスにて、ジョセフ・バイデン米国大統領に歓迎される
  Prime Minister Shri Narendra Modi arrived at the White House for a private engagement hosted by US President, H.E. Mr. Joe Biden and First Lady H.E. Dr. Jill Biden ナレンドラ・モディ首相は、ジョー・バイデン米大統領とジル・バイデン米大統領夫人の歓迎を受け、ホワイトハウスに到着した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Mr. Gary E. Dickerson, President and CEO of Applied Materials in Washington DC. ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCでアプライド マテリアルズ社長兼CEOのゲイリー・E・ディッカーソン氏と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Mr. H. Lawrence Culp, Jr., CEO of General Electric in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCでゼネラル・エレクトリック社のH・ローレンス・カルプ・ジュニアCEOと会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi and First Lady of USA Dr. Jill Biden participated in an event focused on “India and USA: Skilling for Future” in Washington DC ナレンドラ・モディ首相とジル・バイデン米国大統領夫人は、ワシントンDCで開催された「インドと米国:将来のためのスキルアップ」に焦点を当てたイベントに参加した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi accorded a ceremonial welcome and guard of honour at the Joint Base Andrews airport in Washington DC ナレンドラ・モディ首相は、ワシントンDCのアンドリュース統合基地空港で儀礼的な歓迎と儀仗兵の儀式を行った。
2023.06.21 Thousands of Yoga enthusiasts from 135 nationalities joined Prime Minister Shri Narendra Modi for the 9th International Day of Yoga celebrations at UN Headquarter in New York ナレンドラ・モディ首相は、ニューヨークの国連本部で開催された第9回国際ヨガの日に、135カ国から集まった数千人のヨガ愛好家とともに参加した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi paid tributes at the Wall of Peace and the Mahatma Gandhi Statue situated in the north lawns at UN Headquarter in New York ナレンドラ・モディ首相は、ニューヨーク国連本部の北側の芝生にある平和の壁とマハトマ・ガンディー像に敬意を表した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi arrived at the UN Headquarters to lead the IDY2023 celebrations in New York ナレンドラ・モディ首相は、ニューヨークでのIDY2023祝賀行事を指揮するため、国連本部を訪問した。
2023.06.20 Prime Minister Shri Narendra Modi met Ms. Falguni Shah, Indian American singer, composer and Grammy award winner in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、アメリカ・ニューヨークにて、インド系アメリカ人の歌手、作曲家、グラミー賞受賞者であるファルグニ・シャー氏と面会した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met a group of leading US experts from the health sector in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、米国ニューヨークにて、米国を代表する健康分野の専門家グループと会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met experts from several leading US think-tanks in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、米国ニューヨークにて、米国の有力シンクタンクの専門家と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Nobel laureate Professor Paul Romer, American economist and policy entrepreneur in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、アメリカ・ニューヨークにて、ノーベル経済学賞受賞者で政策起業家のポール・ローマー教授と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met a group of eminent US academics in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、米国ニューヨークで著名な米国の学者グループと会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Mr. Neil de Grasse Tyson, leading American astrophysicist, author and science communicator in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、米国ニューヨークにて、米国の著名な天体物理学者、作家、科学コミュニケーターであるニール・ド・グラース・タイソン氏と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Mr. Ray Dalio, American investor, author and co-founder of the hedge fund, Bridgewater Associates in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、米国ニューヨークにて、米国の投資家、作家、ヘッジファンドBridgewater Associatesの共同設立者であるレイ・ダリオ氏と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Professor Robert Thurman, American Buddhist scholar, author, and Padma Shri awardee in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、アメリカ・ニューヨークにて、アメリカの仏教学者、作家、パドマ・シュリー受賞者のロバート・サーマン教授と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi met Professor Nicholas Taleb, distinguished American mathematical statistician, academician, public intellectual and author in New York, USA ナレンドラ・モディ首相は、米国ニューヨークにて、米国の著名な数理統計学者、学者、知識人、作家であるニコラス・タレブ教授と会談した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi arrived in the vibrant city of New York ナレンドラ・モディ首相は、活気あふれるニューヨークに到着した。
  Prime Minister Shri Narendra Modi embarks on a visit to USA and Egypt ナレンドラ・モディ首相は、米国とエジプトを訪問する

 

1_20230625064901

| | Comments (0)

2023.06.24

欧州委員会 欧州経済安全保障戦略に関する共同コミュニケ

こんにちは、丸山満彦です。

欧州委員会が、欧州の経済安全保障戦略に関する共同コミュニケを発表していますね。。。

地政学的緊張の高まりと加速する技術革新の中で、経済開放とダイナミズムを最大限に維持しつつ、特定の経済の流れから生じるリスクを最小限に抑えることに焦点を当てているとのことです。。。

この経済安全保障戦略はハイブリッド戦の文脈での見方も必要なんでしょうね。。。

 

次の4つの分野で経済的安全保障に対するリスクを評価することを提案していますね。。。

  • エネルギー安全保障を含むサプライチェーンのレジリエンスに対するリスク;
  • 重要インフラの物理的・サイバー的セキュリティするリスク;
  • 技術セキュリティおよび技術漏洩に関するリスク;
  • 経済的依存関係や経済的強制が武器化される危険性がある。

 

 European Commission(欧州委員会)

プレス...

・2023.06.20 An EU approach to enhance economic security

 

European Unison - External Action(欧州外交部)

・2023.06.23 Economic security: a new horizon for EU foreign and security policy

 

経済安全保障戦略に関する共同コミュニケ

EUR-Lex

・2023.06.20 JOINT COMMUNICATION TO THE EUROPEAN PARLIAMENT, THE EUROPEAN COUNCIL AND THE COUNCIL ON “EUROPEAN ECONOMIC SECURITY STRATEGY”

・[PDF] EN

20231102-33308

 

・[DOCX] EN

・[HTML] EN

 

 

 

 


<2023.10.05 追記>

「技術セキュリティおよび技術漏えいに関するリスク」については、次の4つの分野を強調していますね。。。

  • 先端半導体技術(マイクロエレクトロニクス、フォトニクス、高周波チップ、半導体製造装置);
  • 人工知能技術 (ハイパフォーマンスコンピューティング、クラウドコンピューティング、エッジコンピューティング、データ分析、コンピュータビジョン、言語処理、物体認識);
  • 量子技術(量子コンピュータ、量子暗号、量子通信、量子センシング、量子レーダー);
  • バイオテクノロジー(遺伝 子組み換え技術、新しいゲノム技術、遺伝子ドライブ、合成生物学)。

・2023.10.03 Commission recommends carrying out risk assessments on four critical technology areas: advanced semiconductors, artificial intelligence, quantum, biotechnologies

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2022.12.18 国家安全保障戦略が閣議決定されましたね。。。(2022.12.16) 対英訳付き...

・2022.10.14 米国 国家安全保障戦略

 

 

| | Comments (0)

2023.05.22

中国 第1回中国・中央アジアサミット 西安宣言

こんにちは、丸山満彦です。

世間はG7ですが、中国が「第1回中国・中央アジアサミット」を開催していますね。。。中央アジアの5カ国

  1. カザフスタン
  2. キルギス
  3. タジギスタン
  4. トルクメニスタン
  5. ウズベキスタン

と中国が参加しての開催となっていますね。。。

ちなみにスタンはペルシャ語で〜の国とか〜の町とかという意味があると、ペルシャ人の友人がいうとりました。。。

 

20230522-50437

20230522-50702

 

⚫︎中央网安全和信息化委公室 (Cyberspace Administration of China: CAC)

・2023.05.19 习近平主持首届中国-中亚峰会并发表主旨讲话 强调携手建设守望相助、共同发展、普遍安全、世代友好的中国-中亚命运共同体

 

⚫︎外交部

・2023.05.19 习近平主持首届中国—中亚峰会并发表主旨讲话

习近平主持首届中国—中亚峰会并发表主旨讲话 習近平主席、第1回中国・中央アジアサミットを開催、基調講演を行う
2023年5月19日上午,国家主席习近平在陕西省西安市主持首届中国—中亚峰会。哈萨克斯坦总统托卡耶夫、吉尔吉斯斯坦总统扎帕罗夫、塔吉克斯坦总统拉赫蒙、土库曼斯坦总统别尔德穆哈梅多夫、乌兹别克斯坦总统米尔济约耶夫出席。元首们在友好的气氛中全面回顾中国同中亚五国友好交往历史,总结各领域合作经验,展望未来合作方向,一致同意着眼未来,携手构建更加紧密的中国—中亚命运共同体。 2023年5月19日午前、習近平主席は陝西省西安市で第1回中国・中央アジアサミットを開催した。 カザフスタンのトカエフ大統領、キルギスのザパロフ大統領、タジキスタンのラフモン大統領、トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領、ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が出席した。 友好的な雰囲気の中、各国首脳は中国と中央アジア5カ国の友好関係の歴史を包括的に振り返り、各分野の協力経験を総括し、今後の協力の方向性を展望し、将来を見据えてより緊密な中国・中央アジア運命共同体を構築するために協力することに合意した。
5月的西安,花团锦簇,生机盎然。灞河之滨的西安国际会议中心,中国和中亚五国国旗迎风飘扬,与中国—中亚峰会会标交相辉映,千年古都迎来一场历史与未来交融的盛会。 5月の西安は、花と生命に溢れている。 巴河畔の西安国際会議場には、中国と中央アジア5カ国の国旗が、中国・中央アジアサミットのロゴと同じように風になびき、千年の都は歴史と未来が融合したイベントを迎えた。
中亚五国元首相继抵达。习近平同五国元首亲切握手并集体合影。 中央アジア5カ国の首脳が続々と到着した。 習近平は5人の首脳と握手し、集合写真に収まる。
10时许,中国—中亚峰会正式开始。 10時頃、中国・中央アジアサミットは正式にスタートした。
习近平首先代表中国政府和中国人民对五国元首来到西安出席首届中国—中亚峰会表示热烈欢迎。习近平指出,当今世界,百年未有之大变局加速演进,国际和地区形势正在发生深刻复杂变化,机遇和挑战都前所未有。在这个关键历史时刻,我们召开中国—中亚峰会,顺应合作共赢的时代潮流,体现世代友好的人民期盼,必将对中国同中亚国家关系发展产生重要而深远的影响,并具有世界意义。中方愿同各方一道,以西安峰会为契机,总结历史经验,擘画合作蓝图,展现凝聚力、创造力、行动力,共同推动中国—中亚关系行稳致远。 習近平は、中国政府と中国人民を代表して、まず西安で開催される第1回中国・中央アジアサミットに出席する5人の首脳を温かく迎え入れた。 習近平は、今日の世界では、100年ぶりの大きな変化が加速しており、国際情勢や地域情勢が深く複雑に変化し、かつてないほどのチャンスとチャレンジが起きていると指摘した。 この歴史の重要な時期に、我々は中国・中央アジアサミットを開催しているが、これはウィンウィンの協力という時代の流れに沿い、世代を超えた友好という人々の期待を反映しており、中国と中央アジア諸国の関係の発展に重要かつ広範囲な影響を与えることは間違いなく、グローバルな意義を持っている。 中国は、西安サミットを、歴史的経験を総括し、協力の青写真を描き、結束力、創造力、行動力を発揮し、中国・中央アジア関係の安定を共同で促進する機会と捉え、各方面と協力していく用意がある。
习近平发表题为《携手建设守望相助、共同发展、普遍安全、世代友好的中国—中亚命运共同体》的主旨讲话。 習近平は「相互支援、共同発展、普遍的安全保障、世代間友好のための中国・中央アジア運命共同体の構築に向けた協力」と題する基調演説を行った。
习近平指出,西安是中华文明和中华民族的重要发祥地之一,也是古丝绸之路的东方起点。千百年来,中国同中亚各族人民一道推动了丝绸之路的兴起和繁荣,为世界文明交流交融、丰富发展作出了历史性贡献。今天我们在西安相聚,续写千年友谊,开辟崭新未来,具有十分重要的意义。 習近平は、西安が中国文明と中華民族の重要な発祥地の一つであり、古代シルクロードの東の起点であると指摘した。 中国は数千年にわたり、中央アジアの人々とともにシルクロードの興隆と繁栄を促進し、世界の文明の交流と統合、その豊かさと発展に歴史的貢献をしてきた。 今日、私たちが西安で会い、千年の友好を更新し、新しい未来を切り開くことは、大きな意義がある。
习近平指出,2013年,我提出共建“丝绸之路经济带”倡议。10年来,中国同中亚国家携手推动丝绸之路全面复兴,倾力打造面向未来的深度合作,将双方关系带入一个崭新时代。中国同中亚国家关系有着深厚的历史渊源、广泛的现实需求、坚实的民意基础,在新时代焕发出勃勃生机和旺盛活力。 この10年間、中国と中央アジア諸国は手を携えてシルクロードの包括的な復興を推進し、未来に向けた深い協力を構築し、双方の関係を新たな時代へと導いてきた。 中国と中央アジア諸国との関係は、深い歴史的な根を持ち、広範な実践的ニーズと確固たる世論の基盤があり、新時代に入り活気と活力を帯びてきた。
当前,世界之变、时代之变、历史之变正以前所未有的方式展开。中亚处在联通东西、贯穿南北的十字路口。 現在、世界、時代、歴史の変化は、かつてない形で展開されている。 中央アジアは、東西を結び、南北に走る十字路にある。
世界需要一个稳定的中亚。中亚国家主权、安全、独立、领土完整必须得到维护,中亚人民自主选择的发展道路必须得到尊重,中亚地区致力于和平、和睦、安宁的努力必须得到支持。 世界は、安定した中央アジアを必要としている。 中央アジア諸国の主権、安全、独立、領土保全が守られ、中央アジアの人々が自ら選択した発展の道が尊重され、中央アジア地域の平和、調和、静穏のための努力が支持されなければならない。
世界需要一个繁荣的中亚。一个充满活力、蒸蒸日上的中亚,将实现地区各国人民对美好生活的向往,也将为世界经济复苏发展注入强劲动力。 世界は、繁栄する中央アジアを必要としている。 活力と繁栄のある中央アジアは、より良い生活を求める中央アジアの人々の願いをかなえ、世界経済の回復と発展に強い推進力を与えるであろう。
世界需要一个和谐的中亚。团结、包容、和睦是中亚人民的追求。任何人都无权在中亚制造不和、对立,更不应该从中谋取政治私利。 世界は、調和のとれた中央アジアを必要としている。 統一、寛容、調和は、中央アジアの人々が求めるものである。 中央アジアに不和や対立を生み出す権利は誰にもなく、また、そこから政治的利益を得ようともしない。
世界需要一个联通的中亚。中亚有基础、有条件、有能力成为亚欧大陆重要的互联互通枢纽,为世界商品交换、文明交流、科技发展作出中亚贡献。 世界は、つながった中央アジアを必要としている。 中央アジアには、アジアとヨーロッパの重要な相互接続ハブとなり、世界の商品交換、文明交流、科学技術発展に中央アジアが貢献するための基礎、条件、能力がある。
习近平指出,去年,中国和中亚五国宣布建设中国—中亚命运共同体,这是我们在新的时代背景下,着眼各国人民根本利益和光明未来,作出的历史性选择。建设中国—中亚命运共同体,要做到四个坚持: 習近平は、昨年、中国と中央アジア5カ国が中国・中央アジア運命共同体の構築を発表したが、これは新しい時代を背景に、私たち国民の基本的利益と明るい未来を見据えて行った歴史的選択であると指摘した。 中国・中央アジア運命共同体の構築において、我々は4つの原則を堅持しなければならない:
一是坚持守望相助。要深化战略互信,在涉及主权、独立、民族尊严、长远发展等核心利益问题上,始终给予彼此明确、有力支持,携手建设一个守望相助、团结互信的共同体。 第一に、私たちは相互扶助の原則を堅持しなければならない。 戦略的相互信頼を深め、主権、独立、民族の尊厳、長期的発展といった核心的な問題について常に明確かつ強力に支持し、相互支援、連帯、信頼の共同体を構築するために協力しなければならない。
二是坚持共同发展。要继续在共建“一带一路”合作方面走在前列,推动落实全球发展倡议,充分释放传统合作潜力,打造减贫、绿色低碳等新增长点,携手建设一个合作共赢、相互成就的共同体。 第二に、我々は共通の発展を堅持しなければならない。 一帯一路」協力の構築を引き続き主導し、グローバルな開発イニシアティブの実施を推進し、伝統的な協力の潜在力を最大限に引き出し、貧困削減、グリーン、低炭素の分野で新たな成長点を創出し、ウィンウィンの協力と相互達成の共同体を共に構築していかなければならない。
三是坚持普遍安全。要共同践行全球安全倡议,坚决反对外部势力干涉地区国家内政,着力破解地区安全困境,携手建设一个远离冲突、永沐和平的共同体。 第三に、私たちは普遍的な安全保障を堅持しなければならない。 我々は、グローバルな安全保障のイニシアティブの実現に協力し、地域諸国の内政に対する外部勢力の干渉に断固反対し、地域の安全保障のジレンマの解決に努め、紛争のない、恒久平和の共同体を構築するために共に努力しなければならない。
四是坚持世代友好。要践行全球文明倡议,加强治国理政经验交流,深化文明互鉴,筑牢中国同中亚国家人民世代友好的基石,携手建设一个相知相亲、同心同德的共同体。 第四に、世代間友好の原則を堅持することである。 世界文明イニシアティブを実践し、ガバナンスの経験交流を強化し、文明の相互理解を深め、中国と中央アジア諸国の人々の世代を超えた友情の礎を築き、手を携えて相互理解、意思統一の共同体を築き上げるべきである。
习近平强调,这次峰会为中国同中亚合作搭建了新平台,开辟了新前景。中方愿以举办这次峰会为契机,同各方密切配合,将中国—中亚合作规划好、建设好、发展好。 習近平は、サミットが新たなプラットフォームを構築し、中国と中央アジアの協力の新たな展望を切り開いたと強調した。 中国は今回のサミットの開催を契機に、すべての関係者と緊密に協力し、中国と中央アジアの協力を計画し、建設し、良好に発展させることを望んでいる。
一是加强机制建设。中方倡议成立产业与投资、农业、交通、应急管理、教育、政党等领域会晤和对话机制,为各国开展全方位互利合作搭建广泛平台。 第一に、メカニズムの構築を強化する。 中国は産業・投資、農業、交通、緊急管理、教育、政党の各分野で会議と対話メカニズムの構築を開始し、各国間の全面的な互恵協力のための幅広いプラットフォームを構築している。
二是拓展经贸关系。中方将出台更多贸易便利化举措,升级双边投资协定,实现双方边境口岸农副产品快速通关“绿色通道”全覆盖,举办“聚合中亚云品”主题活动,打造大宗商品交易中心。 第二に、経済・貿易関係の拡大である。 中国はより多くの貿易円滑化イニシアチブを導入し、二国間投資協定をアップグレードし、双方の国境交差点で農産物や副産物を迅速に通関するための「グリーンチャンネル」の完全適用を実現し、「中央アジア雲製品の収束」イベントを開催し、商品取引センターを建設していく予定です。
三是深化互联互通。中方将全面提升跨境运输过货量,支持跨里海国际运输走廊建设,推进航空运输市场开放,发展地区物流网络。加强中欧班列集结中心建设,鼓励优势企业在中亚国家建设海外仓,构建综合数字服务平台。 第三に、相互接続を深化させる。 中国は国境を越えた輸送量を包括的に増加させ、カスピ海横断国際輸送回廊の建設を支援し、航空輸送市場の開放を促進し、地域の物流ネットワークを発展させる。 また、中国と欧州の列車連結センターの建設を強化し、有利な企業が中央アジア諸国に海外倉庫を建設することを奨励し、包括的なデジタルサービスプラットフォームを構築する。
四是扩大能源合作。中方倡议建立中国—中亚能源发展伙伴关系,加快推进中国—中亚天然气管道D线建设,扩大双方油气贸易规模,发展能源全产业链合作,加强新能源与和平利用核能合作。 第四に、エネルギー協力の拡大である。 中国は中国・中央アジアエネルギー開発パートナーシップの設立を開始し、中国・中央アジアガスパイプラインラインD線の建設を加速し、双方の石油・ガス貿易の規模を拡大し、エネルギー産業チェーン全体における協力を展開し、新エネルギーと原子力の平和利用における協力を強化した。
五是推进绿色创新。中方愿同中亚国家在盐碱地治理开发、节水灌溉等领域开展合作,共同建设旱区农业联合实验室,推动解决咸海生态危机,支持在中亚建立高技术企业、信息技术产业园。中方欢迎中亚国家参与可持续发展技术、创新创业、空间信息科技等“一带一路”专项合作计划。 第五に、グリーンイノベーションを推進する。 中国は中央アジア諸国と塩害地の管理・開発や節水型灌漑などの分野で協力し、乾燥地農業の共同実験室を共同で建設し、アラル海の生態系危機の解決を促進し、中央アジアのハイテク企業や情報技術工業団地の設立を支持することを望んでいる。 中国は中央アジア諸国が持続可能な開発技術、イノベーションと起業家精神、宇宙情報技術、その他の「一帯一路」プロジェクトに関する特別協力プログラムに参加することを歓迎する。
六是提升发展能力。中方将制定中国同中亚国家科技减贫专项合作计划,实施“中国—中亚技术技能提升计划”,在中亚国家设立更多鲁班工坊,鼓励在中亚的中资企业为当地提供更多就业机会,向中亚国家提供融资支持和无偿援助。 第六に、開発能力の強化。 中国は貧困削減のための科学技術に関する中国と中央アジア諸国の特別協力計画を策定し、中国・中央アジア技術技能向上プログラムを実施し、中央アジア諸国でより多くのルバン工房を設置し、中央アジアの中国出資企業がより多くの現地雇用機会を提供することを奨励し、中央アジア諸国に対して融資支援と償還不要の援助を提供する。
七是加强文明对话。中方邀请中亚国家参与“文化丝路”计划,将在中亚设立更多传统医学中心,加快互设文化中心,继续向中亚国家提供政府奖学金名额,支持中亚国家高校加入“丝绸之路大学联盟”,推动开展“中国—中亚文化和旅游之都”评选活动,办好中国同中亚国家人民文化艺术年,开行面向中亚的人文旅游专列。 第七に、文明間の対話を強化する。 中国は中央アジア諸国に「文化シルクロード」プログラムへの参加を呼びかけ、中央アジアにより多くの伝統医学センターを設置し、文化センターの相互設立を加速し、中央アジア諸国への政府奨学金の提供を続け、中央アジアの大学が「シルクロード大学連合」に参加することを支持し、「中国-中央アジア文化対話」を推進する。 また、「中国・中央アジア文化観光首都」の選定を推進し、中国と中央アジア諸国の文化芸術年を開催し、中央アジアの人文観光特別列車を運行する。
八是维护地区和平。中方愿帮助中亚国家加强执法安全和防务能力建设,支持各国自主维护地区安全和反恐努力,开展网络安全合作。继续发挥阿富汗邻国协调机制作用,共同推动阿富汗和平重建。 第八に、地域の平和を維持する。 中国は、中央アジア諸国が法執行と安全保障、防衛能力構築を強化し、地域の安全保障とテロ対策を維持するための独自の努力を支援し、サイバーセキュリティに関する協力を展開することを望んでいる。 また、アフガニスタンの近隣諸国の調整メカニズムの役割を果たし続け、アフガニスタンの平和的復興を共同で推進していく。
习近平最后指出,中国共产党第二十次全国代表大会明确了全面建成社会主义现代化强国、实现第二个百年奋斗目标、以中国式现代化全面推进中华民族伟大复兴的中心任务。我们愿同中亚国家加强现代化理念和实践交流,推进发展战略对接,为合作创造更多机遇,协力推动六国现代化进程。让我们携手并肩,团结奋斗,积极推进共同发展、共同富裕、共同繁荣,共同迎接六国更加美好的明天! 習近平は最後に、中国共産党第20回全国代表大会が、全面的に強い社会主義現代国家を建設し、第二百年目標を達成し、中国式現代化で中華民族の偉大な若返りを全面的に推進するという中心課題を明確に規定したと指摘した。 我々は中央アジア諸国との近代化理念と実践の交流を強化し、発展戦略のドッキングを推進し、より多くの協力の機会を作り出し、6カ国の近代化プロセスを共に推進することを望んでいる。 手を携えて、共同発展、共同繁栄、共同繁栄を積極的に推進し、共に6カ国のより良い明日を迎えようではありませんか!
中亚五国元首先后发言,感谢中方倡议并成功主办首届中国—中亚峰会,积极评价中亚国家同中国全方位合作取得的丰硕成果。他们表示,中亚国家同中国拥有千年友好和深厚情谊,始终是相互支持、相互信赖的好邻居、好朋友、好伙伴,是中国西出阳关最真挚的故人。当前,中国已经成为保障全球安全稳定和促进科技经济发展的关键力量,同中国合作是各国实现可持续发展不可或缺的重要因素,进一步深化中亚五国同中国的关系符合各国人民共同愿望,符合各国根本和长远利益。中国—中亚峰会为中亚国家同中国合作提供了新平台,引领双方关系进入了新时代。各方欢迎并赞赏中国对中亚友好合作政策,愿继续充分发挥元首外交战略引领作用,做大做强中国—中亚峰会机制,加强顶层设计和统筹规划,深化中亚国家同中国全方位务实合作,为各国人民带来更多福祉,助力各国实现共同发展繁荣,并为促进地区安全稳定作出应有贡献。 中央アジア5カ国の首脳は次々と発言し、中国が主導して第1回中国・中央アジアサミットを成功裏に開催したことに感謝し、中央アジア諸国と中国との全面的な協力の実りある成果について積極的にコメントした。 中央アジア諸国は何千年もの間、中国と良き隣人、友人、パートナーであり、常に相互に支持し、信頼し合っており、西側諸国の中で最も誠実な中国の友人である、と述べた。 現在、中国は世界の安全と安定を確保し、科学技術経済の発展を促進する上で重要な力となっており、中国との協力は各国の持続可能な発展にとって不可欠な要素であり、中央アジア5カ国と中国の関係をさらに深めることは、全人民の共通の願望とその基本的かつ長期的利益に合致する。 中国・中央アジア首脳会議は、中央アジア諸国と中国との協力のための新たなプラットフォームを提供し、両者の関係の新時代を切り開くものである。 双方は中国の中央アジアに対する友好協力政策を歓迎し、評価し、引き続き国家元首の外交の戦略的指導力を十分に発揮し、中国・中央アジアサミットのメカニズムを拡大・強化し、トップレベルの設計と全体計画を強化し、中央アジア諸国と中国の全面的実務協力を深め、各国の国民に多くの利益をもたらし、共通の発展と繁栄の実現を助け、地域の安全・安定推進に貢献したいとしています。 5カ国首脳は、互いへの確固たる支持を表明した。
五国元首表示,坚定支持彼此选择符合本国国情的发展道路,坚定维护各国主权、独立、安全、领土完整等核心利益,坚决反对干涉他国内政。他们高度评价习近平主席提出的构建人类命运共同体理念以及全球安全倡议、全球发展倡议、全球文明倡议,表示将认真落实此次峰会达成的重要共识和成果,以共建“一带一路”倡议提出十周年为契机,加强各自国家发展战略同共建“一带一路”对接,推进地区互联互通,深化贸易投资、农业、能源、科技、安全等领域务实合作,加强人文交流,共同应对挑战,实现合作共赢,构建更加紧密的中国—中亚命运共同体。 5カ国首脳は、互いの国情に即した発展路線の選択を断固として支持し、主権、独立、安全、領土保全という各国の核心的利益をしっかりと守り、他国の内政への干渉に断固として反対することを表明した。 両氏は、習近平主席の人類運命共同体構築の理念や、世界安全保障、世界発展、世界文明のイニシアティブを高く評価し、サミットで得られた重要な合意や成果を真摯に実行し、「一帯一路」イニシアティブ10周年を機に、それぞれの国の発展戦略と「一帯一路」の共同建設の関係を強化すると述べました。 彼らは「一帯一路」イニシアティブ10周年を契機に、それぞれの国家発展戦略と共同で建設する「一帯一路」との連携を強化し、地域の連結を促進し、貿易・投資、農業、エネルギー、科学技術、安全保障などの分野で実務協力を深め、人的交流を強化し、共に課題に取り組み、ウィンウィン協力を実現し、中国-中央アジア運命共同体を緊密に構築すると述べた。
习近平同中亚五国元首签署了《中国—中亚峰会西安宣言》,并通过《中国—中亚峰会成果清单》。 習近平と中央アジア5カ国の首脳は「中国・中央アジアサミット西安宣言」に署名し、「中国・中央アジアサミットの成果リスト」を採択した。
各方商定由哈萨克斯坦于2025年主办第二届中国—中亚峰会,同意在中国设立中国—中亚机制常设秘书处。 また、2025年にカザフスタンが第2回中国・中央アジアサミットを開催することに合意し、中国に中国・中央アジアメカニズムの常任事務局を設置することに合意した。
习近平还同中亚五国元首共同会见了记者。 また、習近平は中央アジア5カ国の首脳とともに記者会見した。
峰会结束后,习近平和中亚五国元首共同种下六棵石榴树,既见证中国同中亚千年友好交往,也象征中国同中亚紧密团结合作,更寄托对中国—中亚关系美好未来的期待。 サミット終了後、習近平と中央アジア5カ国の首脳は共同で6本のザクロの木を植え、中国と中央アジアの友好関係千年を証し、中国と中央アジアの密接な連帯と協力を象徴し、中国と中央アジア関係の明るい未来への期待を高めた。
蔡奇、王毅、秦刚等参加上述活动。 蔡奇、王毅、秦剛は上記の活動に参加した。

 

・2023.05.19 习近平同中亚五国元首共同会见记者

习近平同中亚五国元首共同会见记者 習近平主席、中央アジア5カ国の首脳と記者会見
2023年5月19日,中国—中亚峰会在西安国际会议中心成功举行,国家主席习近平同哈萨克斯坦总统托卡耶夫、吉尔吉斯斯坦总统扎帕罗夫、塔吉克斯坦总统拉赫蒙、土库曼斯坦总统别尔德穆哈梅多夫、乌兹别克斯坦总统米尔济约耶夫共同会见记者。 習近平主席は2023年5月19日、西安国際会議センターで成功裏に開催された中国・中央アジアサミットで、カザフスタンのトカイエフ大統領、キルギスのサパロフ大統領、タジキスタンのラフモン大統領、トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領、ウズベキスタンのミルジョイエフ大統領とともに記者と会見した。
习近平指出,刚才,我同中亚五国元首成功举行中国-中亚峰会。我们回顾了中国中亚友好交往历史,梳理了双方合作成果,总结了成功经验,凝聚了新的共识。我们共同签署了《中国—中亚峰会西安宣言》,通过了峰会成果清单,擘画了未来中国—中亚关系发展蓝图。 習近平は、「たった今、私は中央アジア5カ国の首脳と中国・中央アジアサミットを成功裏に開催した。 我々は中国と中央アジアの友好関係の歴史を振り返り、双方の協力の成果を整理し、成功した経験を総括し、新たな合意を形成した。 我々は中国・中央アジアサミットの西安宣言に署名し、サミットの成果リストを採択し、中国・中央アジア関係の将来の発展のための青写真を描いた。
习近平强调,面对百年未有之大变局,着眼各国人民的根本利益和光明未来,我们决心携手并肩,共迎挑战,构建更加紧密的中国—中亚命运共同体,为推动构建人类命运共同体贡献力量。 習近平は、前世紀の未曾有の変化に直面し、両国民の根本的利益と明るい未来を見据え、我々は協力して課題に取り組み、より緊密な中国・中央アジア運命共同体を構築し、人類運命共同体の推進に貢献する決意だ、と強調した。
我们将在涉及彼此主权、独立、安全、领土完整等核心利益问题上相互坚定支持,尊重彼此根据本国国情选择的发展道路,坚决反对任何势力以任何借口干涉内政。中亚国家充分肯定中国式现代化道路对世界发展的重要意义,重申坚定恪守一个中国原则。 我々は、主権、独立、安全、領土保全など互いの核心的利益に関わる問題について、互いにしっかりとした支援を行い、互いの国情に応じて選択した発展の道を尊重し、いかなる勢力によるいかなる口実での内政干渉にも断固として反対していくつもりである。 中央アジア諸国は、世界の発展における中国式近代化路線の重要性を十分に認識し、一帯一路の原則を堅持することをあらためて表明する。
我们将以共建“一带一路”合作十周年为新起点,加快发展战略对接,推动贸易自由化便利化,扩大产业与投资合作,推进中国—中亚交通走廊建设,支持建立中国—中亚能源发展伙伴关系,鼓励高新技术合作,保障地区粮食安全,共同打造深度互补、高度共赢的合作新格局。 我々は「一帯一路」協力10周年を新たな出発点とし、発展戦略のドッキングを加速し、貿易自由化・円滑化を推進し、産業・投資協力を拡大し、中国・中央アジア輸送回廊の建設を進め、中国・中央アジアエネルギー発展パートナーシップの構築を支持し、ハイテク協力を奨励し、中国・中央アジアエネルギー資源の開発を保証する。 我々は、ハイテク協力を奨励し、地域の食料安全保障を確保し、深い相互補完と高いウィンウィンを実現する新しい協力パターンを共同で構築していく。
我们将全面深化人文交流合作,积极开展体育、考古、旅游、医疗卫生等领域合作,办好中国同中亚国家人民文化艺术年暨中国—中亚青年艺术节活动,推进互设文化中心,扩大人员往来,鼓励青年交流,共同实施“文化丝路”计划。中方愿继续向中亚国家青年学子提供政府奖学金名额,在中亚设立更多鲁班工坊、传统医学中心,帮助各国培养高素质人才。 人文交流と協力を深め、スポーツ、考古学、観光、医療などの分野での協力を積極的に行い、「中国・中央アジア文化芸術年」と「中国・中央アジア青年芸術祭」を開催し、文化センターの相互設立を推進し、人と人との交流を拡大し、青年の交流を奨励し、「文化シルクロード」を共同実施する。 "中国は、中央アジア諸国の青少年に支援を提供し続けることを望んでいる。 中国は、中央アジア諸国の若い学生に政府奨学金を提供し続け、中央アジアでより多くのルバン工房と伝統医学センターを設立し、各国が高い能力を持つ人材を育成することを支援することを望んでいる。
我们将坚决打击一切形式的恐怖主义、分裂主义、极端主义以及毒品走私、跨国有组织犯罪,加强生物安全、网络安全、应急救灾合作,继续帮助阿富汗人民维护安全稳定、实现和平重建,携手建设一个远离冲突、永沐和平的中亚。 我々は、あらゆる形態のテロリズム、分離主義及び過激主義、並びに麻薬密輸及び国際組織犯罪と断固として闘い、バイオセキュリティ、サイバーセキュリティ及び緊急災害救援における協力を強化し、アフガニスタンの人々が安全と安定を維持し平和的復興を達成するのを引き続き支援し、紛争のない、恒久平和の中央アジアを築くために手を携えていく。
我们将恪守联合国宪章宗旨和原则,坚定维护多边主义以及公认的国际法和国际关系准则,维护国际公平正义,推动国际秩序和全球治理体系朝着更加公正合理的方向发展。各方支持并愿积极践行全球发展倡议、全球安全倡议、全球文明倡议,认为这对维护世界和平与发展、促进人类文明进步具有重要意义。 我々は、国連憲章の目的と原則を堅持し、多国間主義及び普遍的に受け入れられた国際法及び国際関係の規範を堅持し、国際的な公正及び正義を守り、国際秩序及びグローバル・ガバナンス体制のより公正かつ合理的な方向への発展を促進する。 締約国は、世界の平和と発展を維持し、人類の文明の進歩を促進するために重要な意義を有すると考える世界開発イニシアティブ、世界安全保障イニシアティブ及び世界文明イニシアティブを支持し、これらを積極的に実施する意思がある。
我们将以举办这次峰会为契机,正式成立中国—中亚元首会晤机制,每两年举办一次,轮流在中国和中亚国家举办。下次峰会将于2025年在哈萨克斯坦举行。我们将加快完善机制建设,在中国设立常设秘书处,以交通、经贸、投资与产业、农业、能源、海关、人文为优先方向,扎实、高效推进六国全方位、深层次合作。 我々は、今回のサミットの開催を契機に、2年に1度、中国と中央アジアの国々で交互に開催される「中国・中央アジア首脳会議」メカニズムを正式に確立する予定である。 次回の首脳会談は2025年にカザフスタンで開催される。 メカニズムの整備を加速し、中国に常設事務局を設置し、交通、貿易・経済、投資・工業、農業、エネルギー、税関、人文などを優先し、6カ国の全面的かつ踏み込んだ協力を堅実かつ効率的に推進する。
习近平指出,这次峰会为各国合作开了一个好头。在大家共同努力下,中国同中亚国家关系的航船一定能够乘风破浪、勇毅前行,为六国发展振兴增添新助力,为地区和平稳定注入强大正能量。 習近平は、今回のサミットが各国間の協力のための良いスタートを切ったことを指摘した。 私たち全員の共同努力により、中国と中央アジア諸国との関係の船は必ずや風波に乗り、勇気を持って前進することができ、6カ国の発展と活性化に新たな原動力を与え、地域の平和と安定に強いプラスのエネルギーを注入することができるだろう。
蔡奇、王毅、秦刚等出席。 蔡奇、王毅、秦剛が出席した。

 

 

・2023.05.19 中国—中亚峰会成果清单(全文)

中国—中亚峰会成果清单(全文) 中国・中央アジアサミットの成果一覧(全文)
2023年5月18日至19日,中国—中亚峰会在陕西省西安市举办。峰会期间,中国同中亚五国达成系列合作共识。 2023年5月18日から19日にかけて、陝西省西安市で中国・中央アジア首脳会議が開催されました。 サミット期間中、中国と中央アジア5カ国は、協力に関する一連のコンセンサスに達した。
一、主要合作共识和倡议 I. 主な協力のコンセンサスとイニシアチブ
1.成立中国—中亚元首会晤机制; 1.中国と中央アジアの首脳会談のメカニズムの確立
2.在重点优先合作领域成立部长级会晤机制; 2.重要な優先協力分野における閣僚級会合メカニズムの確立。
3.研究成立中国—中亚机制常设秘书处的可行性; 3. 中国・中央アジアメカニズムのための常設事務局設置の実現可能性を検討すること。
4.加强共建“一带一路”倡议同中亚五国倡议和发展战略对接; 4. 「一帯一路」イニシアティブと中央アジア5カ国のイニシアティブ及び発展戦略との連携を強化する。
5.挖掘中国—中亚电子商务合作对话机制潜力; 5.電子商取引協力に関する中国・中央アジア対話メカニズムの可能性を探る。
6.推动贸易发展,促进贸易结构多元化,简化贸易程序; 6. 貿易の発展、貿易構造の多様化、貿易手続きの簡素化を促進する。
7.制定中国—中亚新经济对话战略; 7.新しい中国-中央アジア経済対話の戦略を策定する;
8.加快数字和绿色基础设施联通; 8.デジタルとグリーンインフラの接続を加速させる;
9.研究建立绿色投资重点项目数据库的可能性; 9. 主要なグリーン投資プロジェクトのデータベース構築の可能性を研究する。
10.推动落实中国—中亚产业与投资合作青岛倡议; 10. 中国・中央アジア産業・投資協力に関する青島イニシアティブの実施を促進する;
11.升级中国同中亚国家投资协定; 11. 中国と中央アジア諸国との間の投資協定をアップグレードする;
12.逐步有序增开民用客运、货运航班; 12.民間旅客便と貨物便の数を徐々に、秩序正しく増加させる;
13.研究中国—中亚合作商务旅行卡可行性; 13.中国と中央アジアの協力のためのビジネス旅行カードの実現可能性を研究する。
14.对现有口岸设施进行现代化改造; 14. 既存の国境交差点の施設を近代化する。
15.实现边境口岸农副产品快速通关“绿色通道”全覆盖; 15. 国境で農産物や副産物を迅速に通関するための「グリーンチャンネル」の完全な適用を実現する。
16.开展国际贸易“单一窗口”互联互通、促进跨境通关便利化; 16. 国際貿易の「単一の窓口」の相互接続を発展させ、国境を越えた通関の円滑化を促進する。
17.推动中国—中亚交通走廊建设; 17. 中国-中央アジア輸送回廊の建設を促進する。
18.推进途经阿克套港、库雷克港、土库曼巴什港等海港的跨里海运输线路多式联运过境运输,发挥铁尔梅兹市的过境运输潜力; 18. アクタウ、クレク、トルクメンバシなどの海港を経由するカスピ海横断輸送ルートの複合一貫輸送を推進し、ティルメズ市の輸送ポテンシャルを活用する。
19.推进中国—中亚铁路运输; 19. 中国-中央アジアの鉄道輸送を促進する;
20.完善交通基础设施,包括新建和升级改造现有的中国至中亚铁路和公路; 20. 既存の中国-中央アジアの鉄道と道路の建設と改良を含む、輸送インフラの改善。
21.完成中吉乌铁路可研工作,推进该铁路加快落地建设; 21.中・ウルグアイ鉄道のフィージビリティスタディを完了し、同鉄道の着工・建設の加速化を推進する。
22.保障中吉乌公路畅通运行; 22.中・ウルグアイの高速道路の円滑な運用を実現する。
23.实现中塔乌公路和“中国西部-欧洲西部”公路常态化运营; 23.中国-タウラシア-ウクライナ高速道路と「中国西部-西ヨーロッパ」高速道路の定期的な運用を実現する。
24.研究制定从中亚国家往返东南亚和亚洲其他国家最佳过境运输方案的可能性; 24. 中央アジア諸国から東南アジアおよび他のアジア諸国への最適な通過輸送ソリューションの開発の可能性を研究する。
25.增加中国进口中亚农产品种类; 25. 中国が中央アジアに輸入する農産物の範囲を拡大する。
26.发展智慧农业合作,加强节水、绿色和其他高效技术应用和先进经验交流; 26. スマート農業の協力を発展させ、節水、グリーン、その他の効率的な技術の適用と先進的な経験の交換を強化する。
27.推动在荒漠化土地和盐碱地治理开发、节水灌溉、病虫害防治、畜牧兽医等领域开展技术与人才交流合作; 27. 砂漠化土地と塩性土地の管理と開発、節水灌漑、害虫駆除、畜産と獣医学の分野で技術や人材の交流と協力を促進する。
28.在农业现代化、建立城乡生产链等方面开展经验交流,落实减贫措施; 28.農業の近代化、都市と農村の生産チェーンの確立等、貧困削減対策の実施に関する経験交流を行う。
29.加强减贫合作,出台有效社会帮扶政策,开展专家和业务交流; 29. 貧困削減における協力を強化し、効果的な社会扶助政策を導入し、専門家と業務の交換を行う。
30.建立中国—中亚能源发展伙伴关系; 30.中国と中央アジアのエネルギー開発パートナーシップを確立する。
31.保障中国—中亚天然气管道稳定运营; 31. 中国-中央アジアガスパイプラインの安定的な運用を確保する。
32.开展可再生能源领域合作; 32. 再生可能エネルギー分野での協力を発展させる。
33.发展中国同中亚国家地区间合作,促进更多地方结好; 33. 中国と中央アジア諸国の地域間協力を発展させ、よりローカルな結びつきを促進する。
34.开展联合考古、文化遗产保护修复、博物馆交流、流失文物追索返还等合作; 34.共同考古学、文化遺産の保存と修復、博物館交流、失われた文化財の回復と返還における協力を発展させる。
35.中方邀请中亚五国参与实施“文化丝路”计划; 35.中央アジア5カ国が「文化シルクロード」プログラムの実施に参加するよう招請する。
36.研究共同制定中国—中亚旅游线路的可能性; 36.中国と中央アジアの観光ルートの共同開発の可能性を研究する。
37.推动建设中医药中心,开展草药种植及加工合作,打造“健康丝绸之路”; 37. 漢方薬センターの建設、漢方薬の栽培と加工における協力、および「健康のシルクロード」の創設を促進する;
38.支持关于在联合国主导下建立国际生物安全多边专门机构的倡议; 38.国連の支援の下、国際バイオセーフティに関する多国間専門機関を設立するイニシアティブを支持する。
39.启动中国同中亚国家人民文化艺术年暨中国—中亚青年艺术节; 39.中国と中央アジア人民共和国の文化芸術年および中国・中央アジア青少年芸術祭を立ち上げる。
40.推动高校和大学生交流,举办青年文化节、论坛和体育赛事; 40.大学と大学生の交流を促進し、青少年文化祭、フォーラム、スポーツイベントを開催する。
41.各相关方将积极推动互设文化中心; 41.関係者は、文化センターの相互設立を積極的に推進する。
42.中国向中亚国家提供政府奖学金名额,组织相关领域专业人才赴华进修; 42.中国は中央アジア諸国に政府奨学金を提供し、関連分野の専門家のために中国での研修コースを開催する;
43.推进“鲁班工坊”职业教育发展; 43.「ルバンワークショップ」を通じて、職業教育の発展を促進する。
44.拓展人工智能、智慧城市、大数据、云计算等高新技术领域合作; 44.人工知能、スマートシティ、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどのハイテク分野での協力を拡大する。
45.实施绿色措施,减缓气候变化影响; 45. 気候変動の影響を緩和するためのグリーン対策を実施する。
46.发起中国—中亚绿色低碳发展行动,深化绿色发展和应对气候变化领域合作; 46.中国・中央アジアグリーン・低炭素開発イニシアティブを立ち上げ、グリーン開発と気候変動への対処の分野で協力を深める。
47.加强应急管理部门协作,深化防灾减灾、安全生产、应急救援以及地震科学技术等领域交流合作; 47. 緊急管理部門間の連携を強化し、防災・減災、生産安全、緊急救助、地震科学技術の分野での交流と協力を深める。
48.实施绿色技术领域的地区计划和项目; 48. グリーン技術分野における地域プログラムおよびプロジェクトの実施。
49.研究在联合国毒品和犯罪问题办公室参与下制定联合禁毒行动计划的可能性; 49. 国連薬物犯罪事務所の参加を得て、反薬物共同行動計画を策定する可能性を研究する。
50.组织中国和中亚影视节目展映; 50. 中国と中央アジアの映画とテレビ番組の展示会を開催する。
51.加强中国—中亚大众传媒交流合作; 51.中国と中央アジアのマスメディアの交流と協力の強化。
52.积极践行全球发展倡议、全球安全倡议和全球文明倡议; 52. 「世界開発イニシアティブ」、「世界安全保障イニシアティブ」、「世界文明イニシアティブ」を積極的に実施する。
53.落实中国同中亚五国视频峰会共识路线图(2022-2025年); 53.中国と中央アジア5カ国のビデオサミットの合意に向けたロードマップを実施する(2022-2025年)。
54.2025年在哈萨克斯坦举办第二届中国—中亚峰会。 54.2025年にカザフスタンで第2回中国・中央アジアサミットを開催する。
二、中方倡议成立的多边合作平台 II.中国の主導で設立された多国間協力プラットフォーム
1.中国—中亚外长会晤机制; 1.中国・中央アジア外相会議メカニズム
2.中国—中亚经贸部长会议机制; 2.中国・中央アジア経済貿易大臣会合のメカニズム
3.中国—中亚产业与投资部长级会晤机制; 3.中国・中央アジア産業・投資閣僚会議
4.中国—中亚农业部长会晤机制; 4.中国・中央アジア農業大臣会合
5.中国—中亚应急管理合作机制; 5.中国・中央アジア緊急事態管理協力メカニズム
6.中国—中亚交通部长会晤机制; 6.中国・中央アジア交通大臣会合
7.中国—中亚教育部长会议机制; 7.中国・中央アジア教育大臣会合メカニズム
8.中国—中亚能源合作机制; 8.中国・中央アジアエネルギー協力メカニズム
9.中国—中亚海关署长会晤机制; 9.中国・中央アジア税関管理者会議
10.中国—中亚政党对话会; 10.中国・中央アジア政党ダイアローグ
11.中国—中亚行政院校合作网络; 11.中国・中央アジア行政機関連携ネットワーク;
12.中国—中亚实业家委员会; 12.中国・中央アジアビジネス協議会
13.中国—中亚合作论坛; 13.中国・中央アジア協力フォーラム
14.中国—中亚地方合作论坛; 14.中国・中央アジア地域協力フォーラム;
15.中国—中亚产业与投资合作论坛; 15.中国・中央アジア産業・投資協力フォーラム;
16.中国—中亚智库论坛; 16.中国・中央アジア・シンクタンク・フォーラム
17.中国—中亚电子商务合作对话机制; 17.中国・中央アジア電子商取引協力対話メカニズム;
18.中国—中亚健康产业联盟; 18.中国・中央アジア健康産業連合会;
19.中国—中亚通讯社论坛。 19.中国・中央アジア通信社フォーラム
三、峰会框架内的多边合作文件 III.サミットの枠組みにおける多国間協力文書
1.《中国—中亚峰会西安宣言》; 1.中国・中央アジアサミットの西安宣言
2.《关于“中国—中亚五国”产业与投资合作的谅解备忘录》; 2.中国と中央アジア5カ国との産業・投資協力に関する了解覚書
3.《“中国—中亚五国”经贸部门关于加强经贸合作的谅解备忘录》; 3.「中国・中央アジア5カ国」の経済・貿易部門間の経済・貿易協力の強化に関する覚書
4.《“中国—中亚五国”经贸部门关于数字贸易领域合作的谅解备忘录》; 4.「中国・中央アジア5カ国」の経済・貿易部門間のデジタル貿易分野の協力に関する覚書
5.《“中国—中亚五国”相关部门关于推动基础设施和工程建设合作发展的谅解备忘录》; 5.「中国・中央アジア5カ国」の関係当局間のインフラ整備とエンジニアリング建設における協力の促進に関する覚書
6.《“中国—中亚五国”农业部长会议机制谅解备忘录》; 6.「中国・中央アジア5カ国」の農業大臣会合のメカニズムに関する覚書;
7.《“中国—中亚五国”海关署长会晤机制工作章程》; 7.「中国・中央アジア5カ国」税関長会議メカニズムの業務規程
8.《“中国—中亚五国”合作机制下动植物检疫主管机构间关于进出境动植物检疫技术合作谅解备忘录》; 8.「中国・中央アジア5カ国」動植物検疫の出入国に関する協力メカニズムの下での管轄動植物検疫当局間の技術協力に関する覚書
9.《关于成立中国—中亚实业家委员会的谅解备忘录》。 9.中国・中央アジア産業人委員会の設立に関する覚書。

 

 

・2023.05.19 中国—中亚峰会西安宣言(全文)

中国—中亚峰会西安宣言(全文) 中国・中央アジアサミットの西安宣言(全文)
2023年5月18日至19日,中华人民共和国主席习近平、哈萨克斯坦共和国总统托卡耶夫、吉尔吉斯共和国总统扎帕罗夫、塔吉克斯坦共和国总统拉赫蒙、土库曼斯坦总统别尔德穆哈梅多夫、乌兹别克斯坦共和国总统米尔济约耶夫在西安共同举行中国—中亚峰会。 2023年5月18日から19日にかけて、中華人民共和国の習近平主席、カザフスタン共和国のトカエフ大統領、キルギス共和国のザパロフ大統領、タジキスタン共和国のラフモン大統領、トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領、ウズベキスタン共和国のミルジヨエフ大統領は共同で習安で中国-中央アジアサミットを開催し .
各方在热烈、友好和相互理解的气氛中全面回顾中国同中亚五国友好交往历史,总结各领域互利合作经验,展望未来合作方向,并声明如下: 温かな友情と相互理解の雰囲気の中で、両者は中国と中央アジア5カ国との友好関係の歴史を包括的に振り返り、各分野における互恵協力の経験を総括し、今後の協力の方向性を展望し、次のことを宣言した:
一、各方一致认为,中国同中亚五国保持富有成效的全方位合作,符合六国和六国人民的根本利益。面对百年未有之大变局,着眼地区各国人民未来,六国决心携手构建更加紧密的中国—中亚命运共同体。 1.中国と中央アジア5カ国が実りある全面的な協力を維持することは、6カ国とその国民の根本的な利益になることに、すべての締結国が同意する。 前世紀の未曾有の変化に直面し、この地域の人々の将来を見据え、6カ国は、より緊密な中国-中央アジア運命共同体を構築するために協力することを決意する。
二、各方宣布,以举办此次峰会为契机,中国—中亚元首会晤机制正式成立。峰会每两年举办一次,中国为一方,中亚国家按国名首字母排序为另一方,双方轮流举办。各方愿充分发挥元首外交的战略引领作用,加强对中国同中亚国家关系发展的顶层设计和统筹规划。 2.当事国は、今回のサミットを機に、中国・中央アジア首脳会議メカニズムが正式に設立されたことを発表した。 首脳会談は2年に1度、一方を中国、他方をアルファベット順の中央アジア諸国とし、交互に開催する予定である。 双方は、国家元首外交の戦略的指導の役割を十分に発揮し、中国の中央アジア諸国との関係発展のためのトップレベルの設計と全体的な計画を強化したい。
各方将加快推进中国—中亚机制建设,在重点优先合作领域尽快成立部长级会晤机制,充分发挥本国外交部门作用,研究成立常设秘书处可行性,全方位推动中国—中亚合作和相关机制建设。 締結国は、中国・中央アジアメカニズムの構築を加速し、重要な優先協力分野における閣僚級会議をできるだけ早期に立ち上げ、両国の外交部の役割を十分に発揮し、常設事務局の設置の可能性を検討し、中国・中央アジア協力及び関連メカニズムをあらゆる面で推進する。
三、各方重申,在涉及彼此核心利益问题上互予理解和支持。中方坚定支持中亚国家选择的发展道路,支持各国维护国家独立、主权和领土完整以及采取的各项独立自主的内外政策。 3.すべての締結国は、互いの核心的利益に関連する問題についての相互理解と支持を再確認する。 中国は、中央アジア諸国が選択した発展の道と、各国が民族の独立、主権及び領土保全を守るために採用した自主的な内政及び外交政策を断固として支持する。
中方支持中亚国家间加强合作,高度评价中亚国家元首协商会晤机制,认为该机制是维护地区安全、稳定和可持续发展的重要因素,高度评价中亚国家为维护地区及世界和平发展所作重大贡献。 中国は、中央アジア諸国間の協力の強化を支持し、地域の安全、安定及び持続可能な発展を維持するための重要な要素である中央アジア首脳間の協議会議のメカニズム、並びに地域及び世界の平和及び発展の維持に対する中央アジア諸国の重要な貢献を高く評価する。
中亚国家高度评价中国共产党的宝贵治国理政经验,肯定中国式现代化道路对世界发展的重要意义。中亚国家重申恪守一个中国原则。 中央アジア諸国は、中国共産党の統治における貴重な経験を高く評価し、世界の発展にとって中国式の近代化路線が重要であることを確認した。 中央アジア諸国は、一帯一路の原則を堅持することを再確認した。
四、各方一致认为,维护国家安全、政治稳定和宪法制度意义重大,坚决反对破坏合法政权和策动“颜色革命”,反对以任何形式和任何借口干涉他国内政。 4. 締結国は、国家の安全、政治的安定及び憲法制度を維持することの重要性に同意し、正当な政権を弱体化させ、「カラー革命」を扇動すること、並びにいかなる形式及び口実によっても他国の内政に干渉することに断固として反対する。
各方强调,民主是全人类的共同追求和价值。自主选择发展道路和治理模式是一国主权,不容干涉。 両党は、民主主義が全人類共通の追求であり価値であることを強調する。 自国の発展の道と統治様式を選択することは、一国の主権的権利であり、干渉の余地はない。
各方认为,立法机构交往对促进和平、安全与稳定的全球合作具有重要作用。 締結国は、立法機関との交流が、平和、安全及び安定した世界的協力を促進する上で重要な役割を果たすと信じる。
五、各方高度评价共建“一带一路”倡议对引领国际合作的重要意义,将以共建“一带一路”倡议提出十周年为新起点,加强“一带一路”倡议同哈萨克斯坦“光明之路”新经济政策、吉尔吉斯斯坦“2026年前国家发展纲要”、塔吉克斯坦“2030年前国家发展战略”、土库曼斯坦“复兴丝绸之路”战略、“新乌兹别克斯坦”2022-2026年发展战略等中亚五国倡议和发展战略对接,深化各领域务实合作,形成深度互补、高度共赢的合作新格局。 締結国は、国際協力をリードする「一帯一路」イニシアティブの重要性を高く評価する。締結国は、「一帯一路」イニシアティブの10周年を新たな出発点とし、「一帯一路」イニシアティブとカザフスタンの「明るい道」新経済政策、キルギスの「2026年までの国家開発計画」、タジキスタンの「2030年までの国家開発計画、トルクメニスタンの「シルクロード更新戦略"2022-2026年、新ウズベキスタン開発戦略 "など、中央アジア5カ国の取り組みや開発戦略が鎬を削っており、 我々は、様々な分野での実践的な協力を深め、深い相互補完と高いウィンウィンを実現する新しい協力のパターンを形成していく。
六、各方认为中国同中亚国家经贸合作潜力巨大,愿充分发挥中国—中亚经贸部长会议机制作用,全面提升贸易规模。挖掘中国—中亚电子商务合作对话机制潜力,拓展数字贸易、绿色经济等新兴领域合作。 6. 締結国は、中国と中央アジア諸国の経済貿易協力には大きな潜在力があると考え、中国・中央アジア経済貿易閣僚会議のメカニズムを十分に発揮し、貿易規模を全面的に拡大することを希望する。 電子商取引協力に関する中国・中央アジア対話メカニズムの可能性を探り、デジタル貿易やグリーン経済などの新興分野での協力を拡大する。
各方愿提升经贸合作的质量和水平,持续推动贸易发展,促进贸易结构多元化,简化贸易程序。 締結国は,経済貿易協力の質とレベルを高め,貿易の発展を引き続き促進し,貿易構造の多様化を促進し,貿易手続を簡素化することを望んでいる。
各方注意到共同制定中国—中亚新经济对话战略的重要性,包括采取相应举措保障贸易畅通,扩大各国产品供应量,建立产业合作共同空间。 締結国は、円滑な貿易の流れを確保し、各国の製品の供給を拡大し、産業協力のための共通の空間を確立するための対応するイニシアティブを含む、新しい中国・中央アジア経済対話のための戦略を共同で策定することの重要性に留意する。
各方愿推动基础设施和工程建设合作发展,加快数字和绿色基础设施联通,共同推进基础设施和工程建设合作可持续发展。各方愿研究建立绿色投资重点项目数据库的可能性。 締結国は、インフラ及びエンジニアリング建設協力の発展を促進し、デジタル及びグリーンインフラ接続を加速し、インフラ及びエンジニアリング建設協力の持続可能な発展を共同で促進することに意欲的である。 締結国は、主要なグリーン投資プロジェクトのデータベースの構築の可能性を検討する用意がある。
各方宣布成立中国—中亚实业家委员会,支持贸促机构、商协会及相关组织在贸易投资促进方面密切合作,为促进中国同中亚国家经贸合作发展发挥更大作用。 締結国は、中国・中央アジアビジネス協議会の設立を発表し、貿易・投資促進における貿易促進機関、ビジネス協会及び関連組織の緊密な協力を支持し、中国と中央アジア諸国の経済・貿易協力の発展の促進においてより大きな役割を果たす。
各方愿定期举办中国—中亚产业与投资合作论坛,升级中国同中亚国家投资协定,鼓励扩大产业合作,提升地区产业发展水平,维护地区产业链、供应链的稳定和效率,创造共同价值链,鼓励提高本国外商投资政策的稳定性、公平性、透明度、可持续性,持续打造市场化、更具吸引力的投资和营商环境。 締結国は、中国・中央アジア産業・投資協力フォーラムを定期的に開催し、中国と中央アジア諸国との間の投資協定をアップグレードし、産業協力の拡大を奨励し、地域の産業発展を強化し、地域の産業チェーンとサプライチェーンの安定性と効率性を維持し、共通のバリューチェーンを構築し、それぞれの外国投資政策の安定性や公平性、透明性、持続性を高めることを奨励し、引き続き建設することに意欲がある。 を段階的かつ秩序的に増加させることに合意した。
七、各方商定逐步有序增开航班,研究中国—中亚合作商务旅行卡等人员往来便利化举措可行性。加快推进现有口岸设施现代化改造,研究增开口岸,实现边境口岸农副产品快速通关“绿色通道”全覆盖,开展国际贸易“单一窗口”互联互通、优化口岸营商环境、促进跨境通关便利化等合作交流,积极发展地区物流网络。 7.締結国は、航空便の数を徐々にかつ秩序立てて増加させ、人の移動を促進するための中国-中央アジア協力ビジネス旅行カード及びその他のイニシアティブの実現可能性を研究することに合意した。 締約国は,既存の港湾施設の近代化を加速し,追加の港湾の開設を検討し,国境港における農産物及び副産物の迅速な通関のための「グリーンチャンネル」の完全な適用を実現し,国際貿易の「単一の窓口」の相互接続に関する協力及び交流を行い,港におけるビジネス環境を最適化し国境を越えた通関の円滑化を促進し,地域の物流を積極的に開発することに同意した。 締結国は、地域の物流ネットワークの重要な構成要素としての中央アジアの役割を強化することの重要性を強調する。
各方强调,应巩固中亚作为欧亚大陆交通枢纽的重要地位,加快推进中国—中亚交通走廊建设,发展中国—中亚-南亚、中国—中亚-中东、中国—中亚-欧洲多式联运,包括中-哈-土-伊(朗)过境通道,途经阿克套港、库雷克港、土库曼巴什港等海港的跨里海运输线路,发挥铁尔梅兹市的过境运输潜力。 締結国は、中央アジアがユーラシア大陸の輸送ハブとしての重要な地位を固め、中国-中央アジア間の輸送回廊の建設を加速し、中国-中央アジア-南アジア、中国-中央アジア-中東及び中国-中央アジア-欧州の複合輸送を開発すべきであることを強調する。 中国-カザフスタン-トルコ-イランの輸送回廊、アクタウ、クレク、トルクメンバシの海港を経由するカスピ海横断輸送ルート、ティルメズ市の通過輸送の可能性の開発を含む中央アジア-欧州の複合輸送がある。 締結国は、輸送インフラを改善し、テルメズ市の潜在能力を活用するために協力することを望んでいる。
各方愿共同完善交通基础设施,包括新建和升级改造现有的中国至中亚铁路和公路。 締約国は、中国から中央アジアへの既存の鉄道及び道路の建設及び改良を含む輸送インフラの改良のために協力することを希望する。
各方指出完成中吉乌铁路可研工作的重要性,将推进该铁路加快落地建设。各方同时指出,建设中哈塔城-阿亚古兹铁路以及保障中吉乌公路畅通运行,实现中塔乌公路和“中国西部-欧洲西部”公路常态化运营具有重要意义。 締結国は、中・ウルグアイ鉄道の事業化調査を完了することの重要性に留意し、その建設の迅速な実施を促進する。 締結国はまた、中国-カザフスタン-タシュケント-アヤグズ鉄道を建設し、中国-義烏高速道路の円滑な運用及び中・ウルグアイ高速道路及び「中国西部-西ヨーロッパ」高速道路の定期的な運用を確保する重要性に留意する。
各方指出,研究制定从中亚国家往返东南亚和亚洲其他国家的最佳过境运输方案具有重要意义。 締結国は、中央アジア諸国から東南アジア及び他のアジア諸国への最適な通過輸送ソリューションを開発することの重要性に留意する。
各方将采取有效举措提升包括边境口岸在内的过货量,构建中国同中亚全方位、复合型、立体化、绿色低碳、可持续的交通基础设施体系。 締約国は、国境通過を含む通過交通量を増加させ、中国と中央アジアとの間の包括的、複雑、三次元的、グリーン、低炭素及び持続可能な交通インフラシステムを構築するための効果的な措置を講じるものとする。
八、各方愿深挖中国同中亚国家农业合作潜力,促进农畜产品贸易。中方愿增加进口中亚农产品的种类。 8.締結国は,中国と中央アジア諸国との間の農業協力の可能性を深め,農畜産物の貿易を促進することに意欲的である。 中国は、中央アジアに輸入される農産物の種類を増やすことに意欲的である。
各方愿积极发展智慧农业,加强节水、绿色和其他高效技术应用和先进经验交流。 締結国は,スマート農業を積極的に発展させ,節水,グリーン及びその他の効率的な技術の適用及び先進的な経験の交換を強化することに意欲的である。
各方愿推动在荒漠化土地和盐碱地治理开发、节水灌溉、病虫害防治、畜牧兽医等领域开展技术与人才交流合作,增强农业系统可持续发展韧性。 締約国は、砂漠化土地及び塩性土地の管理及び開発、節水型灌漑、害虫駆除、畜産及び獣医学の分野における技術及び人材の交流及び協力を促進し、持続可能な開発のための農業システムの弾力性を高めることに意欲的である。
各方欢迎2023年在乌兹别克斯坦举行国际粮食安全会议的倡议,注意到在气候变化背景下于2023年3月9日至10日在阿什哈巴德举行的国际粮食安全合作会议成果。 締約国は、2023年にウズベキスタンで食料安全保障に関する国際会議を開催するイニシアティブを歓迎し、2023年3月9日から10日にかけてアシガバートで開催される「気候変動の文脈における食料安全保障のための協力に関する国際会議」の結果に留意する。
各方重申愿共同努力保障气候变化条件下的粮食安全,指出以保护生物多样性、合理利用水资源和土地资源等更加生态的方式开展农业的重要性。 締約国は、気候変動の文脈における食料安全保障を確保するために協力する意思を再確認し、生物多様性の保全及び水・土地資源の合理的利用を含む、農業に対するより生態的なアプローチの重要性に留意した。
各方指出共同完善在减少贫困、提高就业、增加收入和创造劳动岗位等方面政策的重要性,愿加强上述领域合作,出台有效社会帮扶政策,开展专家和业务交流。 締約国は、貧困の削減、雇用の増加、所得の増加及び雇用の創出のための政策を共同で改善することの重要性に留意し、これらの分野における協力を強化し、効果的な社会支援政策を導入し、専門家及び業務交流を実施する意思を表明した。
九、各方支持建立中国—中亚能源发展伙伴关系,扩大能源全产业链合作,进一步拓展石油、天然气、煤炭等传统能源领域合作,加强水力、太阳能、风能等可再生能源合作,深化和平利用核能合作,实施绿色技术、清洁能源等项目,践行创新、协调、绿色、开放、共享的发展理念。 9. 締結国は、中国・中央アジアエネルギー開発パートナーシップの設立、エネルギー産業チェーン全体における協力の拡大、石油、天然ガス、石炭などの伝統的エネルギー分野における協力の更なる拡大、水力、太陽光、風力などの再生可能エネルギーにおける協力の強化、原子力平和利用における協力の深化、グリーン技術・クリーンエネルギープロジェクトの実施、革新、協調、グリーン、開放という開発コンセプトの実践を支持し 締約国は、エネルギーの安定供給が国の発展にとって不可欠であることを指摘した。
各方指出稳定的能源供应对发展经贸投资合作的重要性,支持加快中国—中亚天然气管道D线建设。 締結国は、経済、貿易及び投資協力の発展にとってエネルギーの安定供給が重要であることに留意し、中国-中央アジアガスパイプラインラインD線の建設の加速を支持する。
各方指出,能源合作是本地区可持续发展的重要组成部分。 締約国は、エネルギー協力が地域の持続可能な発展のための重要な要素であることに留意する。
各方注意到关于制定旨在发展低碳能源的联合国战略,以及在联合国主导下制定优先发展氢能国际合作路线图的倡议。 締約国は、低炭素エネルギーの開発を目的とする国連戦略を策定し、国連の支援の下、水素エネルギーの優先的開発に関する国際協力のためのロードマップを策定するイニシアティブに留意する。
十、各方愿继续巩固教育、科学、文化、旅游、考古、档案、体育、媒体、智库等人文合作,推动地方省州(市)交流,促进更多地方结好,丰富青年交流形式,开展联合考古、文化遗产保护修复、博物馆交流、流失文物追索返还等合作。 10.締約国は、教育、科学、文化、観光、考古学、公文書館、スポーツ、メディア、シンクタンクにおける文系協力を引き続き強化し、地方の省・州(市)間の交流を促進し、より地域のつながりを育み、青年交流の形態を豊かにし、共同考古学、文化遺産の保存・修復、博物館交流、失われた文化財の回復・返還における協力を実施したいとしている。
中方邀请中亚五国参与实施“文化丝路”计划,促进民心相通。 中国は、中央アジア5カ国に対し、人と人との交流を促進する「文化のシルクロード」プログラムの実施に参加するよう呼びかけた。
各方指出进一步加强旅游合作和共同制定中国—中亚旅游线路的重要性。 締約国は、観光協力をさらに強化し、中国-中央アジア間の観光ルートを共同開発することの重要性に留意した。
各方认为应进一步深化卫生医疗合作,推进中医药中心建设,开展草药种植及加工合作,打造“健康丝绸之路”。 締結国は,保健医療協力を更に深め,漢方薬センターの建設を促進し,漢方薬の栽培及び加工における協力を発展させ,「健康のシルクロード」を建設することに合意した。
各方指出在生物安全、危险传染病预防等领域扩大合作的重要性,支持关于在联合国主导下建立国际生物安全多边专门机构的倡议。 締約国は、バイオセキュリティ及び危険な感染症の予防の分野における協力を拡大することの重要性に留意し、国連の支援の下、国際バイオセキュリティのための特別多国間機関を設立するイニシアティブを支持した。
各方强调加强人文合作、促进民心相通具有重要意义,欢迎中国同中亚国家人民文化艺术年暨中国—中亚青年艺术节启动。 締結国は、人文科学の協力を強化し、人と人との接触を促進することの重要性を強調し、中国と中央アジア諸国との間の文化芸術年及び中国・中央アジア青少年芸術祭の開始を歓迎する。
各方支持推动高校和大学生交流,支持举办青年文化节、论坛和体育赛事。 締結国は、大学と大学生の交流の促進、青少年文化祭、フォーラム、スポーツ大会の開催を支持する。
各相关方将积极推动互设文化中心。中方愿继续向中亚国家提供政府奖学金名额,组织相关领域专业人才赴华参训、进修和交流。各方愿促进“鲁班工坊”职业教育发展。 関係締結国は、文化センターの相互設立を積極的に推進する。 中国は、中央アジア諸国への政府奨学金の提供を継続し、中国における関連分野の専門家のための研修、進学、交流を組織することを希望する。 締結国は、「ルバン工房」を通じて職業教育の発展を促進することを希望する。
各方鼓励拓展人工智能、智慧城市、大数据、云计算等高新技术领域合作。 締結国は、人工知能、スマートシティ、ビッグデータ及びクラウドコンピューティング等のハイテク分野における協力の拡充を奨励する。
十一、各方重申《联合国气候变化框架公约》及其《巴黎协定》作为国际社会合作应对气候变化的主渠道地位和基本法律遵循,强调各国应恪守《公约》及其《巴黎协定》目标、原则和制度框架,特别是共同但有区别的责任原则,推动《巴黎协定》全面有效实施,共同构建公平合理、合作共赢的全球气候治理体系。 11. 締約国は、気候変動に対処するための国際協力の主要なチャンネル及び基本的な法的指針としての国連気候変動枠組条約及びそのパリ協定の地位を再確認し、すべての国が条約及びそのパリ協定の目的、原則及び制度的枠組み、特に共通だが差異ある責任の原則を遵守し、パリ協定の完全かつ有効な実施を促進し、公正かつ合理的、協調的かつウィンウィンを共同で構築すべきことを強調し 締約国は、公正かつ合理的で、協力的で、かつウィンウィンであるグローバルな気候ガバナンスシステムの確立を支持する。
各方支持在气候变化适应和可持续发展领域开展更紧密的合作,强调共同实施绿色措施是减缓气候变化影响的有效途径。 締約国は、気候変動への適応及び持続可能な開発の分野におけるより緊密な協力を支持し、グリーン措置の共同実施が気候変動の影響を緩和するための有効な方法であることを強調する。
各方愿加强应急管理部门协作,深化防灾减灾、安全生产、应急救援以及地震科学技术等领域交流合作。 締約国は、緊急事態管理分野における協力を強化し、防災・減災、生産安全、緊急救助、地震科学・技術の分野における交流・協力を深めることを希望する。
中方欢迎2022年7月21日在吉尔吉斯斯坦乔蓬阿塔举行的中亚国家元首协商会晤上通过的中亚《绿色议程》地区方案,各方支持实施绿色技术领域的地区计划和项目。 中国は、2022年7月21日にキルギスのチョポン・アッタで開催された中央アジア首脳協議会議で採択された中央アジアのグリーンアジェンダの地域プログラムを歓迎し、締約国は、グリーン技術分野における地域計画及びプロジェクトの実施を支持する。
各方指出,2021年11月联合国教科文组织第41届大会通过的由吉尔吉斯斯坦提交的“加强山地冰川监测研究”决议、第76届联合国大会关于宣布2022年为“国际山地可持续发展年”的决议及第77届联合国大会“山地可持续发展”决议宣布在2023年至2027年实施《山区发展五年纲要》具有重要意义,高度评价2022年9月19日在纽约举行的山地可持续发展高级别会议对加强山地议题国际合作与落实的重要作用。 締約国は、2021年11月の第41回ユネスコ総会で採択され、キルギスが提出した「山岳氷河のモニタリングに関する研究の強化」に関する決議、2022年を「持続可能な山岳開発の国際年」と宣言することに関する第76回国連総会決議、2022年を「持続可能な山岳開発の国際年」と宣言することに関する第77回国連総会決議に留意しつつ "2022年を持続可能な山岳開発の国際年と宣言することに関する第76回国連総会決議及び2023年から2027年までの山岳開発のための5年枠組みの実施を宣言する「持続可能な山岳開発」に関する第77回国連総会決議は、非常に重要である。 締約国は、2022年9月19日にニューヨークで開催された「持続可能な山の開発に関するハイレベル会合」が、山の問題に関する国際協力と実施を強化する上で重要であることに留意する。
各方指出,塔吉克斯坦提交的关于宣布2025年为国际冰川保护年的联合国大会决议具有重要意义,高度评价2023年3月22日至24日由塔吉克斯坦和荷兰在纽约联合主办的联合国水事会议。 締約国は、タジキスタンが提出した2025年を国際氷河保護年とする宣言に関する国連総会決議の重要性に留意し、2023年3月22日から24日までニューヨークでタジキスタンとオランダが共催する国連水会議を評価する。
各方欢迎关于在阿什哈巴德建立由联合国主导的中亚气候技术地区中心并将其作为适应和减缓气候变化影响技术转让平台的倡议。 締約国は、気候変動の影響に対する適応及び緩和のための技術移転のためのプラットフォームとして、国連主導の中央アジア気候技術地域センターをアシガバトに設立するイニシアティブを歓迎する。
各方注意到乌兹别克斯坦倡议的关于宣布咸海地区为生态创新和科技区联大特别决议的重要性。 締約国は、ウズベキスタンが主導した、アラル海地域をエコ・イノベーション、科学技術ゾーンとする宣言に関する特別総会決議の重要性に留意する。
各方注意到关于在阿拉木图建立联合国可持续发展目标中亚及阿富汗地区中心的倡议。 締約国は、アルマトイに中央アジア及びアフガニスタンのための持続可能な開発目標のための国連地域センターを設立するイニシアティブに留意する。
十二、各方认为,一个稳定、发展和繁荣的中亚符合六国和世界人民的共同利益。 12. 締約国は、安定し、発展し、かつ、繁栄する中央アジアが、6か国及び世界の人々の共通の利益となることを信じる。
各方强烈谴责一切形式的恐怖主义、分裂主义和极端主义,愿合力打击“三股势力”、毒品走私、跨国有组织犯罪、网络犯罪等活动,加强重点项目、大型活动安保经验交流,保障战略性合作项目安全稳定运营,共同应对安全威胁。 締約国は、あらゆる形態のテロリズム、分離主義及び過激主義を強く非難し、「3つの力」、麻薬密売、国際組織犯罪及びサイバー犯罪と闘い、重要プロジェクト及び大規模イベントのセキュリティに関する経験の交換を強化し、戦略的協力プロジェクトの安全かつ安定した運営を確保し、セキュリティの脅威に共同で対処するために協力する準備がある。
各方注意到2022年10月18日至19日在塔吉克斯坦杜尚别举行了“打击恐怖主义和防止恐怖分子流窜的国际和地区安全与边境管控合作”高级别会议。 締約国は、2022年10月18日から19日にかけてタジキスタンのドゥシャンベで開催された、テロとの闘い及びテロリストの移動の防止における国際及び地域の安全保障及び国境管理の協力に関するハイレベル会議に留意する。
各方重申包容性对话对发展国家关系的重要作用,指出土方提出的将2023年定为“国际对话保障和平年”的倡议是推进国际社会维护和平、增进互信的重要手段。 締約国は、国家関係の発展における包括的な対話の重要な役割を再確認し、2023年を「平和のための国際対話の年」とするトルコのイニシアティブが、平和を維持し相互信頼を高めるための国際社会の努力を促進する重要な手段であることを指摘した。
各方欢迎“撒马尔罕团结倡议——为了共同安全与繁荣”,该倡议旨在维护和平与稳定、开展广泛的国际合作、促进人类可持续发展。 締結国は、平和と安定の維持、広範な国際協力の発展、持続可能な人間開発の促進を目的とする「サマルカンド連帯イニシアティブ-共通の安全と繁栄のために」を歓迎する。
各方愿继续同国际社会一道,帮助阿富汗人民维护和平稳定、重建社会基础设施、融入地区和世界经济体系。 締結国は、アフガニスタンの人々が平和と安定を維持し、社会基盤を再建し、地域及び世界の経済システムに統合することを支援するために、国際社会と引き続き協力する用意がある。
各方强调推动阿富汗建立各民族和政党广泛参与的包容性政府的重要性。 締約国は、アフガニスタンにおいて、すべての民族及び政党が広く参加する包括的な政府の樹立を促進することの重要性を強調する。
各方注意到关于在联合国支持下建立国际谈判小组的倡议。 締約国は、国連の支援を受けて国際交渉団を設置するイニシアティブに留意する。
各方支持把阿富汗建成一个和平、稳定、繁荣,免受恐怖主义、战争和毒品威胁的国家。 締約国は、テロリズム、戦争及び麻薬の脅威から解放された平和で安定し繁栄するアフガニスタンの確立を支持する。
各方指出应合力打击毒品走私,研究在联合国毒品和犯罪问题办公室参与下制定联合禁毒行动计划的可能性。 締約国は、麻薬取引と闘うために共同の努力を払うべきであり、国連薬物犯罪事務所の参加を得て、共同の麻薬対策行動計画を策定する可能性を検討することに留意する。
十三、各方认为,安全和发展是当今国际社会面临的突出问题。中亚国家高度评价并愿积极践行中方提出的全球发展倡议、全球安全倡议和全球文明倡议,认为上述倡议对实现联合国可持续发展目标、维护世界和平与安全、促进人类文明进步具有重要意义。 13.締結国は、安全保障及び開発が、今日の国際社会が直面する顕著な問題であると考える。 中央アジア諸国は、中国が提唱する世界開発イニシアティブ、世界安全保障イニシアティブ及び世界文明イニシアティブを高く評価し、積極的に実施する意思があり、上記のイニシアティブは、国連の持続可能な開発目標の達成、世界の平和と安全の維持及び人類文明の進歩の促進に大きな意義があると考える。
十四、各方支持在《全球数据安全倡议》框架内构建和平、开放、安全、合作、有序的网络空间,共同落实好《“中国—中亚五国”数据安全合作倡议》,共同推进在联合国主导下谈判制定关于打击为犯罪目的使用信息和通信技术全面国际公约,合力应对全球信息安全面临的威胁和挑战。 14. 全ての締結国は、グローバル・データ・セキュリティ・イニシアチブの枠組みにおいて、平和で開かれた、安全で協力的かつ秩序あるサイバースペースの構築を支持し、データ・セキュリティ協力に関する中国・中央アジア5カ国イニシアティブを共同で実施し、国連の主導の下、犯罪目的の情報通信技術の使用に対する対処に関する包括的国際条約の交渉を共同で促進し、データセキュリティに関する中国・中央アジア5カ国イニシアティブを共同して実施する。 我々は、国連の主導の下、犯罪目的の情報通信技術の使用に対抗する包括的な国際条約の交渉を共同で推進し、世界の情報セキュリティに対する脅威と課題に対処するために共同で努力する。
十五、各方将坚定维护联合国在维护国际和平、安全和可持续发展中的核心关键作用,弘扬和平、发展、公平、正义、民主、自由的全人类共同价值,反对将人权等问题政治化。 15. 締約国は、国際平和、安全及び持続可能な開発の維持における国際連合の中心的かつ極めて重要な役割を堅持し、全人類の平和、開発、公平、正義、民主及び自由という共通の価値を促進し、人権及び他の問題の政治化に反対する。
各方重申恪守《联合国宪章》宗旨和原则,强调各国领土完整和主权不容损害。各方坚定捍卫多边主义以及公认的国际法和国际关系准则,维护国际公平正义,推动国际秩序和全球治理体系朝着公正合理的方向发展。 締約国は、国際連合憲章の目的及び原則に対するコミットメントを再確認し、すべての国の領土保全及び主権を損なうことができないことを強調する。 締約国は、多国間主義及び普遍的に認められた国際法及び国際関係の規範を堅持し、国際正義を守り、国際秩序及びグローバル・ガバナンス・システムの公正かつ合理的な方向への発展を促進する。
各方愿加强在联合国、上海合作组织、亚洲相互协作与信任措施会议等多边机制内的对话与合作,就地区和国际热点问题及时交换意见、协调立场。 締結国は、国連、上海協力機構及びアジアにおける交流及び信頼醸成措置に関する会議等の多国間メカニズムにおける対話及び協力を強化し、地域及び国際的なホットスポットの問題について適時に意見を交換し、立場を調整することを希望する。
各方肯定国际原子能机构在和平利用核能方面的重要作用,指出该机构成员国有权充分参与该机构所有决策程序,支持该机构《规约》规定的主权平等进程,支持中亚国家加入该机构相关地区小组。 締約国は、原子力の平和利用における国際原子力機関(IAEA)の重要な役割を認め、IAEA加盟国が同機関のすべての意思決定過程に全面的に参加する権利を有することに留意し、同機関の規約に規定される主権平等の過程を支持し、同機関の関連地域グループに中央アジア諸国が参加することを支持する。
各方对中方高水平举办中国—中亚峰会表示感谢。 締約国は、中国-中央アジアサミットの高水準の組織について、中国に感謝の意を表明した。
各方商定第二届中国—中亚峰会将于2025年由哈萨克斯坦主办。 締結国は、2025年に第2回中国・中央アジアサミットをカザフスタンが主催することに合意した。
中华人民共和国主席          习近平            習近平 中華人民共和国国家主席           
哈萨克斯坦共和国总统   卡瑟姆若马尔特·托卡耶夫  カザフスタン共和国大統領 カシムジョマート・トカエフ 
吉尔吉斯共和国总统      萨德尔·扎帕罗夫       キルギス共和国大統領 サドル・ザパロフ      
塔吉克斯坦共和国总统      埃莫马利·拉赫蒙       タジキスタン共和国大統領 エモマリ・ラフモン      
土库曼斯坦总统   谢尔达尔·别尔德穆哈梅多夫 トルクメニスタン共和国大統領 セルアル・ベルディムハメドフ
乌兹别克斯坦共和国总统   沙夫卡特·米尔济约耶夫   ウズベキスタン共和国大統領 シャブカト・ミルジヨエフ  
2023年5月19日于西安 西安、2023年5月19日

 

 

 

| | Comments (0)

2023.05.20

米国 ホワイトハウス G7 バイデン大統領と岸田総理大臣との会談

こんにちは、丸山満彦です。

 

G7の会合に先立って、日米の首脳による個別会談がおこなわれのですが、米国側のポイントは次ですかね。。。もちろん、核とウクライナ問題は当然あります。。。

  • 防衛投資
  • インド太平洋(クアッド含む)
  • クリーンエネルギー
  • 重要鉱物
  • 量子コンピュータ
  • 半導体
  • 日米企業・大学のパートナーシップ
  • 日韓関係の改善

 

⚫︎ U.S. White House

・2023.05.18 Readout of President Biden’s Meeting with Prime Minister Kishida of Japan

 

Readout of President Biden’s Meeting with Prime Minister Kishida of Japan バイデン大統領、岸田首相との会談の声明
President Joseph R. Biden, Jr. met with Prime Minister Kishida Fumio of Japan in Hiroshima today to advance cooperation on a range of security, economic, and regional issues.  He underscored that the U.S.-Japan Alliance is the cornerstone of regional peace and prosperity, and reaffirmed the U.S. extended deterrence commitment using the full range of U.S. capabilities.  Both leaders discussed ways to further strengthen defense cooperation, building on Japan’s revised strategy documents and increased defense investments.  バイデン大統領は本日、広島で岸田文雄首相と会談し、安全保障、経済、地域問題など幅広い分野での協力を推進した。 バイデン氏は、日米同盟が地域の平和と繁栄の礎であることを強調し、米国のあらゆる能力を用いた米国の拡大抑止のコミットメントを再確認した。 両首脳は、日本が改訂した戦略文書や防衛投資の増加に基づき、防衛協力をさらに強化する方法について議論した。 
They also addressed efforts to bolster economic cooperation, including through negotiations on the Indo-Pacific Economic Framework (IPEF), the promotion of clean and secure energy, and the establishment of diverse and resilient critical minerals supply chains.  The leaders highlighted their deepening cooperation on emerging technology, including the finalization of a memorandum of cooperation on education and technology and the launching of new partnerships between U.S. and Japanese companies and universities, including the University of Chicago and Purdue University, in areas like quantum computing and semiconductors.  The President thanked the Prime Minister for Japan’s commitment to increase investment in these areas.   両首脳はまた、インド太平洋経済枠組み(IPEF)の交渉、クリーンで安全なエネルギーの促進、多様で強靭な重要鉱物のサプライチェーンの確立を含む、経済協力強化のための努力についても言及した。 両首脳は、教育・技術に関する協力覚書の最終決定や、量子コンピュータや半導体などの分野におけるシカゴ大学やパデュー大学を含む日米企業・大学間の新たなパートナーシップの立ち上げなど、新興技術に関する協力の深化を強調しました。 大統領は、これらの分野への投資を増やすという日本のコミットメントに対して、首相に謝意を表明した。 
Both leaders affirmed their resolve to continue supporting Ukraine as it defends itself from Russia’s brutal and unlawful invasion, and committed to work closely together to address regional security challenges, including the Democratic People’s Republic of Korea’s (DPRK) nuclear and ballistic missile programs and coercive behavior by the People’s Republic of China that runs counter to international law. The President reaffirmed the U.S. commitment to the immediate resolution of the abductions issue.  The two leaders underscored their opposition to any attempts to change the status quo by force, and reiterated their resolve to maintain peace and stability across the Taiwan Strait. They also reaffirmed their support for ASEAN centrality, and emphasized the importance of increasing multilateral cooperation in the Indo-Pacific region, particularly with the Republic of Korea (ROK), the Quad nations including Australia and India, Southeast Asia, and the Pacific Islands.  The President commended Prime Minister Kishida on his courageous efforts to improve bilateral ties with the ROK, which will contribute to greater regional stability and prosperity. 両首脳は、ロシアの残忍かつ不法な侵略から自らを守るウクライナを引き続き支援する決意を確認し、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の核・弾道ミサイル計画や国際法に反する中華人民共和国の強制的行動など、地域の安全保障課題に取り組むために緊密に連携していくことを約束した。 大統領は、拉致問題の即時解決に向けた米国のコミットメントを再確認した。 両首脳は、力による現状変更の試みに反対することを強調し、台湾海峡の平和と安定を維持する決意を改めて表明した。 また、ASEANの中心性を支持することを再確認し、インド太平洋地域、特に韓国(ROK)、オーストラリアやインドを含むクアッド諸国、東南アジア、太平洋諸島との多国間協力を拡大することの重要性を強調した。 大統領は、韓国との二国間関係を改善し、地域の安定と繁栄に貢献するための岸田首相の勇気ある努力を賞賛した。
The two leaders committed to continue deepening the bilateral relationship to advance their shared vision for a free and open Indo-Pacific.  The President said he looked forward to a productive G7 Summit under Japan’s leadership. 両首脳は、自由で開かれたインド太平洋という共通のビジョンを推進するため、二国間関係を引き続き深めていくことを約束した。 大統領は、日本のリーダーシップの下、生産的なG7サミットが開催されることを期待すると述べた。

 

・2023.05.18 Remarks by President Biden and Prime Minister Kishida Fumio of Japan Before Bilateral Meeting

Remarks by President Biden and Prime Minister Kishida Fumio of Japan Before Bilateral Meeting バイデン大統領と岸田文雄首相による二国間会談前のコメント
RIHGA Royal Hotel Hiroshima リーガロイヤルホテル広島
Hiroshima, Japan 日本、広島
6:02 P.M. JST 午後6時2分(日本時間)
PRIME MINISTER KISHIDA: (As interpreted.)  Joe, the last time we met in person was in January upon my visit to the U.S.  And it is indeed a great pleasure to see you again in person and especially to welcome you, Joe, here in my hometown. 岸田首相:(通訳)ジョー、前回直接お会いしたのは1月の訪米時でした。
The Japan-U.S. alliance is the very foundation of peace and security in the Indo-Pacific.  Japan and the United States have a strong relationship not only in the area of security, we have close and strong cooperation in all areas.  We very much welcome that the cooperation has evolved by leaps and bounds.  日米同盟は、インド太平洋地域の平和と安全保障の基盤です。  日米は安全保障の分野だけでなく、あらゆる分野で緊密で強力な協力関係を築いています。  この協力関係が飛躍的に発展していることを、私たちは大いに歓迎しています。 
Here in Hiroshima, the U.S. company Micron is engaged in leading semiconductor research, development, and manufacturing.  And this is a great case of Japan-U.S. semiconductor cooperation, and Japanese government will continue to support Micron’s efforts. ここ広島では、米国のマイクロン社が半導体の研究・開発・製造をリードしています。  これは日米半導体協力の素晴らしい事例であり、日本政府もマイクロンの努力を引き続き支援していきます。
And based upon our vision to develop an ecosystem for innovation and startups in deep tech as we plan to create a global startup campus in central Tokyo, joint study with the Massachusetts Institute of Technology — the MIT, one of the leading universities of the United States — has commenced.  By gaining cooperation from the United States, we will materialize such vision. また、東京都心にグローバルスタートアップキャンパスを設立する計画で、ディープテックのイノベーションとスタートアップのためのエコシステムを開発するというビジョンに基づき、米国を代表する大学であるマサチューセッツ工科大学との共同研究が開始されました。  米国の協力を得ることで、このようなビジョンを具体化します。
Today, Joe and I will go over what we intend to discuss at the G7 Hiroshima Summit and engage in last-minute coordination.  And at the summit, I am confident that the G7 will demonstrate our unwavering will to uphold free and open international order based on the rule of law — a concept that we both share. 今日は、G7広島サミットで議論する内容をジョーと確認し、ギリギリの調整を行います。  そして、このサミットで、G7が、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を維持するという、私たち二人が共有するコンセプトに対する揺るぎない意志を示すと確信しています。
PRESIDENT BIDEN:  Well, Mr. President [Prime Minister], it’s wonderful to see you again and here in your own hometown.  The — and thank you for hosting the G7 Summit here.  バイデン大統領:さて、大統領(首相)、再び、そしてここ地元でお会いできるのは素晴らしいことです。  G7サミットをこの地で開催していただき、ありがとうございます。 
Under Japan’s leadership, we’ve already delivered progress on the G7 agenda this year.  And I’m looking forward to our meetings in the days ahead. 日本のリーダーシップの下、私たちは今年、G7の議題についてすでに進展を実現しました。  そして、これからの数日間、私たちの会議を心待ちにしています。
As you said back in January when you were at the White House, I think the quote is: We face the most — one of the most complex environments in recent history — security environments.  And I couldn’t agree with you more. 1月にホワイトハウスにいらっしゃったときにおっしゃった言葉だと思います: 私たちは、最近の歴史の中で最も複雑な環境、つまり安全保障環境に直面しています。  これ以上ないほど同意します。
But I’m proud that the United States and Japan are facing it together.  And, you know, we stand up for the shared values, including supporting the brave people of Ukraine as they defend their sovereign territory and holding Russia accountable for its brutal aggression. しかし、私は、日米が共にこの問題に立ち向かっていることを誇りに思います。  そして、ウクライナの勇敢な人々が主権を守るのを支援し、ロシアの残忍な侵略の責任を追及するなど、共通の価値観のために立ち上がっています。
And we’re tracking the global challenges — from strengthening our community and our commitment to nuclear nonproliferation, to ensuring a free and open Indo-Pacific.  That’s at the heart of all this. そして、私たちは、核不拡散に対する私たちのコミュニティとコミットメントの強化から、自由で開かれたインド太平洋の確保に至るまで、世界的な課題を追跡しています。  これがすべての核心です。
And, you know, we’re — it seems to me we’re — we’re deepening our cooperation on emerging technologies, including — including new partnerships between the United States and Japanese companies and, as you mentioned, universities as well in area- — in areas like quantum computing and semiconductors.  And I want to thank you for Japan’s commitment to increase investment in these areas. また、私たちは、量子コンピューターや半導体などの分野で、米国と日本の企業、そしておっしゃるように大学間の新しいパートナーシップを含め、新興技術に関する協力を深めているように思われます。  そして、これらの分野への投資を拡大するという日本のコミットメントに感謝したいと思います。
The bottom line, Mr. Prime Minister, is that when our countries stand together, we stand stronger.  And I believe the whole world is safer when we do. 総理、結論から申し上げると、私たちの国が一つになれば、私たちはより強くなれるということです。  そして、私たちがそうすることで、全世界がより安全になると私は信じています。
So, thank you again for having me here today.  And we look forward to the next several days. ですから、今日、私をここにお招きいただき、改めて感謝いたします。  そして、これからの数日間を楽しみにしています。
6:06 P.M. JST 午後6時6分(日本時間)

 

 

Fig1_20210802074601

 


 

日本側の公表

⚫︎ 外務省 - G7広島サミット

・2023.05.18 日米首脳会談


 5月18日午後6時から約1時間10分、岸田文雄内閣総理大臣は、G7広島サミット出席のため訪日中のジョセフ・バイデン米国大統領(The Honorable Joseph R. Biden, Jr., President of the United States of America)と会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、岸田総理大臣から、本年1月の訪米以来の再会を嬉しく思う旨述べた上で、日米同盟はインド太平洋地域の平和と安定の礎であり、日米関係は、安全保障や経済にとどまらず、あらゆる分野で重層的な協力関係にあると述べたのに対し、バイデン大統領から、日米両国は基本的価値を共有しており、日米同盟はかつてなく強固である旨述べました。

  2. 岸田総理大臣から、ディープテック分野のイノベーション及びスタートアップのエコシステムを構築するため、「グローバル・スタートアップ・キャンパス」を東京都心(目黒・渋谷)に創設すべく、米国のリーディング大学の一つであるマサチューセッツ工科大学(MIT)と連携しフィージビリティ・スタディを実施し、米国の協力も得つつ構想の具体化を強力に進める旨述べ、両首脳はスタートアップ、イノベーションの分野で両国が緊密に連携することの重要性で一致しました。また、両首脳は、教育・科学技術分野における日米間の協力に関する覚書が作成されることを歓迎しました。

  3. 両首脳は、日米安全保障協力について意見交換を行い、1月の日米安全保障協議委員会(日米「2+2」)や日米首脳会談の成果を踏まえた日米同盟の抑止力・対処力の一層の強化に向けた協力を継続していくことを改めて確認しました。また、両首脳は、米国の拡大抑止が日本の強化される防衛力と相まって、日本の安全及び地域の平和と安定の確保に果たす不可欠な役割を再確認しました。

  4. バイデン大統領からは、核を含むあらゆる種類の米国の能力によって裏付けられた、日米安全保障条約の下での日本の防衛に対する米国のコミットメントが改めて表明され、両首脳は、そうした文脈において、情勢が進展する際のあらゆる段階において二国間の十分な調整を確保する意思を改めて確認しました。両首脳は、直近の日米「2+2」や日米拡大抑止協議における、米国の拡大抑止に関する活発かつ突っ込んだ議論を評価し、こうした議論を一層強化していくことの重要性を改めて確認しました。

  5. 両首脳は、インド太平洋地域、とりわけ東アジアにおいて、力による一方的な現状変更の試みを許してはならないという観点も踏まえつつ、地域情勢について意見交換を行いました。
  • (1)両首脳は、中国をめぐる諸課題への対応に当たり、引き続き日米で緊密に連携していくことで一致しました。また、両首脳は、中国と共通の課題については協力していくことの重要性を確認しました。さらに、両首脳は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促しました。
  • (2)岸田総理大臣から、今月上旬の訪韓に触れつつ、日韓関係を更に進展させていく旨述べたのに対し、バイデン大統領から、日韓関係の改善を歓迎する旨述べました。両首脳は、国連安保理決議に従った北朝鮮の完全な非核化に向け、日米韓の安全保障協力を含む地域の抑止力強化や安保理での対応において、引き続き日米、日米韓で緊密に連携していくことで一致しました。また、岸田総理大臣から、拉致問題の即時解決に向けた米国の引き続きの理解と協力を求め、バイデン大統領から、改めて全面的な支持を得ました。
  • (3)両首脳は、ロシアによるウクライナ侵略について、引き続きG7を始めとする同志国と緊密に連携しながら、厳しい対露制裁と強力なウクライナ支援を継続していくことで一致しました。
  • (4)両首脳は、いわゆるグローバル・サウスへの関与や支援の重要性を確認しました。
  1. 両首脳は、明19日から行われるG7広島サミットに向け、国際社会や地域の課題に対するG7の揺るぎない結束を世界に示すべく、日米でも緊密に連携していくことで一致しました。

  2. 両首脳は、地域の経済秩序に対する米国の関与がますます重要となっているとの認識を共有し、IPEFについても意見交換するとともに、岸田総理大臣から、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)についての我が国の考えと取組を伝えました。

  3. 両首脳は、重要技術の育成・保護の重要性に関する認識を共有し、量子及び半導体分野における日米間の大学及び企業間でのパートナーシップ締結が予定されていることを歓迎するとともに、バイオやAIといった分野にも協力を広げていくことで一致しました。さらに、両首脳は、エネルギー安全保障の強化に向けて取り組む重要性を共有しました。また、日米経済政策協議委員会(経済版「2+2」)において、経済安全保障の協力を具体化させることで一致しました。
(参考)別添

 

G7関係


 

| | Comments (0)

2023.03.04

米国 国家サイバーセキュリティ戦略を発表

こんにちは、丸山満彦です。

米国が5年ぶり?に国家サイバーセキュリティ戦略を発表しましたね。。。

5つの柱

(1) Defend Critical Infrastructure (1)重要インフラの防衛
(2) Disrupt and Dismantle Threat Actors (2)脅威アクターの破壊と解体
(3) Shape Market Forces to Drive Security and Resilience (3)セキュリティとレジリエンスを推進するための市場の力の形成
(4) Invest in a Resilient Future (4)レジリエンスな未来への投資
(5) Forge International Partnerships to Pursue Shared Goals (5)共通の目標を達成するための国際的パートナーシップの構築

 

大統領令14028の考え方がベースになっていて、それに最近のランサムグループ解体等の成功事例を踏まえて、国際連携、民間連携を強く打ち出しているように思いました。。。

米国政府は、自分だけでは犯罪者組織を倒せないし、競争国との競争も仲間と一緒にやらないと勝てないと感じているのかもしれません。。。欧州も日本もサイバーだけでなく、安全保障の観点で米国の考えに巻き込まれますよね。。。これからもっと。。。

 

戦略の目次的なもの...

National Cybersecurity Strategy 国家サイバーセキュリティ戦略
PILLAR ONE | DEFEND CRITICAL INFRASTRUCTURE  柱1:重要インフラの防御 
STRATEGIC OBJECTIVE 1.1: ESTABLISH CYBERSECURITY REQUIREMENTS TO SUPPORT NATIONAL SECURITY AND PUBLIC SAFETY  戦略目標 1.1: 国家安全保障と公共安全を支援するためのサイバーセキュリティ要件の確立
ESTABLISH CYBERSECURITY REGULATIONS TO SECURE CRITICAL INFRASTRUCTURE   重要インフラを保護するためのサイバーセキュリティ規制の確立 
HARMONIZE AND STREAMLINE NEW AND EXISTING REGULATION  新規および既存の規制の調和と合理化 
ENABLE REGULATED ENTITIES TO AFFORD SECURITY  規制対象事業者のセキュリティ確保の推進 
STRATEGIC OBJECTIVE 1.2: SCALE PUBLIC-PRIVATE COLLABORATION  戦略目標1.2: 官民協力の拡大 
STRATEGIC OBJECTIVE 1.3: INTEGRATE FEDERAL CYBERSECURITY CENTERS  戦略目標1.3: 連邦政府のサイバーセキュリティセンターの統合 
STRATEGIC OBJECTIVE 1.4: UPDATE FEDERAL INCIDENT RESPONSE PLANS AND PROCESSES  戦略目標 1.4: 連邦政府の事故対応計画及びプロセスの更新 
STRATEGIC OBJECTIVE 1.5: MODERNIZE FEDERAL DEFENSES   戦略目標 1.5: 連邦防衛の近代化  
COLLECTIVELY DEFEND FEDERAL CIVILIAN AGENCIES  連邦政府民間機関の一括防衛 
MODERNIZE FEDERAL SYSTEMS  連邦システムの近代化 
DEFEND NATIONAL SECURITY SYSTEMS  国家安全保障システムの保護 
PILLAR TWO | DISRUPT AND DISMANTLE THREAT ACTORS  柱2:脅威アクターの破壊と解体
STRATEGIC OBJECTIVE 2.1: INTEGRATE FEDERAL DISRUPTION ACTIVITIES  戦略目標2.1: 連邦政府の破壊活動の統合 
STRATEGIC OBJECTIVE 2.2: ENHANCE PUBLIC-PRIVATE OPERATIONAL COLLABORATION TO DISRUPT ADVERSARIES  戦略目標2.2: 敵対者をかく乱するための官民の作戦協力の強化 
STRATEGIC OBJECTIVE 2.3: INCREASE THE SPEED AND SCALE OF INTELLIGENCE SHARING AND VICTIM NOTIFICATION  戦略目標 2.3: 情報共有と被害者通知の速度と規模の拡大 
STRATEGIC OBJECTIVE 2.4: PREVENT ABUSE OF U.S.-BASED INFRASTRUCTURE  戦略目標2.4: 米国拠点のインフラ悪用の防止 
STRATEGIC OBJECTIVE 2.5: COUNTER CYBERCRIME, DEFEAT RANSOMWARE  戦略目標2.5: サイバー犯罪への対抗とランサムウェアの撲滅 
PILLAR THREE | SHAPE MARKET FORCES TO DRIVE SECURITY AND RESILIENCE  柱3:セキュリティとレジリエンスを推進するための市場の力の形成 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.1: HOLD THE STEWARDS OF OUR DATA ACCOUNTABLE 戦略目標3.1: データの管理者に説明責任を持たせる 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.2: DRIVE THE DEVELOPMENT OF SECURE IOT DEVICES  戦略目標3.2: 安全なIoTデバイスの開発の促進 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.3: SHIFT LIABILITY FOR INSECURE SOFTWARE PRODUCTS AND SERVICES  戦略目標 3.3: 安全でないソフトウェア製品とサービスに対する責任の転換 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.4: USE FEDERAL GRANTS AND OTHER INCENTIVES TO BUILD IN SECURITY  戦略目標 3.4: 連邦政府の補助金やその他のインセンティブを利用したセキュリティの構築 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.5: LEVERAGE FEDERAL PROCUREMENT TO IMPROVE ACCOUNTABILITY  戦略目標 3.5: 連邦調達の活用によるアカウンタビリティの向上 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.6: EXPLORE A FEDERAL CYBER INSURANCE BACKSTOP  戦略目標 3.6: 連邦政府によるサイバー保険のバックアップの検討 
PILLAR FOUR | INVEST IN A RESILIENT FUTURE  柱4:レジリエンスな未来への投資 
STRATEGIC OBJECTIVE 4.1: SECURE THE TECHNICAL FOUNDATION OF THE INTERNET  戦略目標 4.1: インターネットの技術的基盤の確保 
STRATEGIC OBJECTIVE 4.2: REINVIGORATE FEDERAL RESEARCH AND DEVELOPMENT FOR CYBERSECURITY  戦略目標 4.2: サイバーセキュリティのための連邦政府研究開発の活性化 
STRATEGIC OBJECTIVE 4.3: PREPARE FOR OUR POST-QUANTUM FUTURE  戦略目標 4.3: 量子時代後の未来への備え 
STRATEGIC OBJECTIVE 4.4: SECURE OUR CLEAN ENERGY FUTURE  戦略目標 4.4: クリーンエネルギーの未来の確保 
STRATEGIC OBJECTIVE 4.5: SUPPORT DEVELOPMENT OF A DIGITAL IDENTITY ECOSYSTEM  戦略目標 4.5: デジタル ID エコシステムの開発支援 
STRATEGIC OBJECTIVE 4.6: DEVELOP A NATIONAL STRATEGY TO STRENGTHEN OUR CYBER WORKFORCE  戦略目標4.6: サイバー人材強化のための国家戦略の策定 
PILLAR FIVE | FORGE INTERNATIONAL PARTNERSHIPS TO PURSUE SHARED GOALS  柱5:共通の目標を追求するために国際的なパートナーシップの構築
STRATEGIC OBJECTIVE 5.1: BUILD COALITIONS TO COUNTER THREATS TO OUR DIGITAL ECOSYSTEM  戦略目標5.1: デジタル・エコシステムへの脅威に対抗するための連合を構築する 
STRATEGIC OBJECTIVE 5.2: STRENGTHEN INTERNATIONAL PARTNER CAPACITY  戦略目標5.2: 国際的なパートナーの能力の強化 
STRATEGIC OBJECTIVE 5.3: EXPAND U.S. ABILITY TO ASSIST ALLIES AND PARTNERS  戦略目標 5.3: 同盟国やパートナーを支援する米国の能力の拡大
STRATEGIC OBJECTIVE 5.4: BUILD COALITIONS TO REINFORCE GLOBAL NORMS OF RESPONSIBLE STATE BEHAVIOR   戦略目標5.4: 責任ある国家行動の世界的規範を強化するための連合体構築  
STRATEGIC OBJECTIVE 5.5: SECURE GLOBAL SUPPLY CHAINS FOR INFORMATION, COMMUNICATIONS, AND OPERATIONAL TECHNOLOGY PRODUCTS AND SERVICES  戦略目標5.5: 情報・通信・運用技術製品およびサービスのためのグローバル・サプライ・チェーンの安全確保 

 

U.S. Department of State

・2023.03.02 Announcing the Release of the Administration’s National Cybersecurity Strategy

 

U.S. White House

・2023.03.02 FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration Announces National Cybersecurity Strategy

FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration Announces National Cybersecurity Strategy ファクトシート:バイデン=ハリス政権、国家サイバーセキュリティ戦略を発表
Today, the Biden-Harris Administration released the National Cybersecurity Strategy to secure the full benefits of a safe and secure digital ecosystem for all Americans. In this decisive decade, the United States will reimagine cyberspace as a tool to achieve our goals in a way that reflects our values: economic security and prosperity; respect for human rights and fundamental freedoms; trust in our democracy and democratic institutions; and an equitable and diverse society. To realize this vision, we must make fundamental shifts in how the United States allocates roles, responsibilities, and resources in cyberspace. 本日、バイデン-ハリス政権は、すべての米国人に安全でセキュアなデジタルエコシステムの恩恵を十分に確保するための「国家サイバーセキュリティ戦略」を発表した。この決定的な 10 年において、米国は、経済的安全性と繁栄、人権と基本的自由の尊重、民主主義と民主的制度への信頼、公平で多様な社会という我々の価値観を反映した形で、目標を達成するためのツールとしてサイバースペースを再構築することになるだろう。このビジョンを実現するためには、米国がサイバースペースにおける役割、責任、資源をどのように配分するかについて、根本的な転換を図る必要がある。
1. We must rebalance the responsibility to defend cyberspace by shifting the burden for cybersecurity away from individuals, small businesses, and local governments, and onto the organizations that are most capable and best-positioned to reduce risks for all of us. 1. サイバーセキュリティの負担を個人、中小企業、地方自治体から、最も能力があり、我々全員のリスクを軽減できる立場にある組織に移すことで、サイバー空間を防衛する責任を再分配しなければならない。
2. We must realign incentives to favor long-term investments by striking a careful balance between defending ourselves against urgent threats today and simultaneously strategically planning for and investing in a resilient future. 2. 今日の緊急の脅威から身を守ると同時に、レジリエンスの高い将来に向けて戦略的に計画を立て、投資することの間で慎重にバランスを取ることにより、長期的な投資を促進するようインセンティブを再編成しなければならない。
The Strategy recognizes that government must use all tools of national power in a coordinated manner to protect our national security, public safety, and economic prosperity. 本戦略は、政府が国家の安全保障、公共の安全、経済的繁栄を守るために、国力のあらゆる手段を協調して使用しなければならないことを認識する。
VISION ビジョン
Our rapidly evolving world demands a more intentional, more coordinated, and more well-resourced approach to cyber defense. We face a complex threat environment, with state and non-state actors developing and executing novel campaigns to threaten our interests. At the same time, next-generation technologies are reaching maturity at an accelerating pace, creating new pathways for innovation while increasing digital interdependencies. 急速に進化する世界は、サイバー防衛に対して、より意図的で、より協調的で、より十分なリソースのあるアプローチを求めている。我々は複雑な脅威環境に直面しており、国家や非国家主体が我々の利益を脅かす斬新なキャンペーンを開発し実行している。同時に、次世代技術は加速度的に成熟し、デジタル相互依存を高めながら、イノベーションのための新たな道筋を作り出している。
This Strategy sets out a path to address these threats and secure the promise of our digital future. Its implementation will protect our investments in rebuilding America’s infrastructure, developing our clean energy sector, and re-shoring America’s technology and manufacturing base. Together with our allies and partners, the United States will make our digital ecosystem: 本戦略は、これらの脅威に対処し、デジタルの未来の約束を守るための道筋を示すものである。この戦略の実施により、米国のインフラの再建、クリーンエネルギー分野の開発、米国の技術・製造基盤の再構築への投資が守られる。同盟国やパートナーとともに、米国はデジタル・エコシステムを構築する。
Defensible, where cyber defense is overwhelmingly easier, cheaper, and more effective; 防衛可能:サイバー防衛が圧倒的に容易で、安価で、効果的である。
Resilient, where cyber incidents and errors have little widespread or lasting impact; and, レジリエンス:サイバーインシデントやエラーが、広範囲に、あるいは永続的に影響を及ぼすことが少ない。
Values-aligned, where our most cherished values shape—and are in turn reinforced by— our digital world. 価値観の一致:我々の最も大切な価値観がデジタル世界を形成し、それによって強化される。
The Administration has already taken steps to secure cyberspace and our digital ecosystem, including the National Security Strategy, Executive Order 14028 (Improving the Nation’s Cybersecurity), National Security Memorandum 5 (Improving Cybersecurity for Critical Infrastructure Control Systems), M-22-09 (Moving the U.S. Government Toward Zero-Trust Cybersecurity Principles), and National Security Memorandum 10 (Promoting United States Leadership in Quantum Computing While Mitigating Risks to Vulnerable Cryptographic Systems). Expanding on these efforts, the Strategy recognizes that cyberspace does not exist for its own end but as a tool to pursue our highest aspirations. 政権は、国家安全保障戦略、大統領令14028(国家のサイバーセキュリティの改善)、国家安全保障覚書5(重要インフラ制御システムのサイバーセキュリティの改善)、M-22-09(ゼロ信頼サイバーセキュリティ原則に向けた米国政府の動き)、国家安全保障覚書10(脆弱な暗号システムに対するリスクを軽減しつつ量子コンピュータにおける米国のリーダーシップを促進)を含むサイバー空間と我々のデジタルエコシステムを確保する措置をすでに講じている。これらの取り組みを発展させ、本戦略は、サイバースペースがそれ自体の目的のために存在するのではなく、我々の最高の願望を追求するためのツールとして存在することを認識する。
APPROACH アプローチ
This Strategy seeks to build and enhance collaboration around five pillars: 本戦略では、5つの柱を軸に、協働を構築・強化することを目指す。
1. Defend Critical Infrastructure – We will give the American people confidence in the availability and resilience of our critical infrastructure and the essential services it provides, including by: 1. 重要インフラの防御 - 我々は、以下のような方法で、重要インフラとそれが提供する重要なサービスの可用性とレジリエンスについて米国民に信頼感を与える。
・Expanding the use of minimum cybersecurity requirements in critical sectors to ensure national security and public safety and harmonizing regulations to reduce the burden of compliance; ・国家の安全保障と公共の安全を確保するために、重要なセクターにおけるサイバーセキュリティの最低要件の利用を拡大し、規制を調和させてコンプライアンスの負担を軽減すること。
・Enabling public-private collaboration at the speed and scale necessary to defend critical infrastructure and essential services; and, ・重要なインフラと重要なサービスを守るために必要なスピードと規模での官民協働を可能にすること。
・Defending and modernizing Federal networks and updating Federal incident response policy ・連邦ネットワークの防御と近代化、連邦事故対応ポリシーの更新
2. Disrupt and Dismantle Threat Actors – Using all instruments of national power, we will make malicious cyber actors incapable of threatening the national security or public safety of the United States, including by: 2. 脅威アクターの破壊と解体 - 国力のあらゆる手段を用いて、悪意のあるサイバー行為者を、以下のように、米国の国家安全保障や公共の安全を脅かすことができないようにする。
・Strategically employing all tools of national power to disrupt adversaries;  ・敵対者を混乱させるために、あらゆる国力の手段を戦略的に使用する。 
・Engaging the private sector in disruption activities through scalable mechanisms; and,  ・スケーラブルなメカニズムを通じて、民間部門を破壊活動に参加させる。 
・Addressing the ransomware threat through a comprehensive Federal approach and in lockstep with our international partners. ・ランサムウェアの脅威に対して、連邦政府の包括的なアプローチと国際的なパートナーとの連携により対処する。
3. Shape Market Forces to Drive Security and Resilience – We will place responsibility on those within our digital ecosystem that are best positioned to reduce risk and shift the consequences of poor cybersecurity away from the most vulnerable in order to make our digital ecosystem more trustworthy, including by: 3. セキュリティとレジリエンスを推進するための市場の力の形成 - 我々は、デジタルエコシステムをより信頼できるものにするために、リスクを低減し、サイバーセキュリティの不備がもたらす結果を最も脆弱な人々から遠ざけるために、デジタルエコシステム内の最も適した立場にある人々に責任を負わせえる。
・Promoting privacy and the security of personal data; ・プライバシーと個人データの安全性を促進する。
・Shifting liability for software products and services to promote secure development practices; and, ・ソフトウェア製品やサービスに対する責任を転換し、安全な開発慣行を促進する。
・Ensuring that Federal grant programs promote investments in new infrastructure that are secure and resilient. ・連邦政府の補助金プログラムが、安全でレジリエンスに優れた新しいインフラへの投資を促進するようにする。
4. Invest in a Resilient Future – Through strategic investments and coordinated, collaborative action, the United States will continue to lead the world in the innovation of secure and resilient next-generation technologies and infrastructure, including by: 4. レジリエンスな未来への投資 - 戦略的な投資と協調的な行動を通じて、米国は、安全でレジリエンスに優れた次世代技術やインフラの革新において、世界をリードし続ける。
・Reducing systemic technical vulnerabilities in the foundation of the Internet and across the digital ecosystem while making it more resilient against transnational digital repression; ・インターネットの基盤やデジタルエコシステム全体におけるシステム的な技術的脆弱性を低減し、国境を越えたデジタル抑圧に対するレジリエンスを向上させる。
・Prioritizing cybersecurity R&D for next-generation technologies such as postquantum encryption, digital identity solutions, and clean energy infrastructure; and, ・ポスト量子暗号、デジタルIDソリューション、クリーンエネルギーインフラなど、次世代技術に対するサイバーセキュリティ研究開発を優先する。
 ・Developing a diverse and robust national cyber workforce ・ 多様で強固な国家サイバー人材の育成
5. Forge International Partnerships to Pursue Shared Goals – The United States seeks a world where responsible state behavior in cyberspace is expected and reinforced and where irresponsible behavior is isolating and costly, including by: 5. 共通の目標を達成するための国際的パートナーシップの構築 - 米国は、サイバー空間における国家の責任ある行動が期待され、強化され、無責任な行動が孤立し、コストがかかるような世界を求めている。
・Leveraging international coalitions and partnerships among like-minded nations to counter threats to our digital ecosystem through joint preparedness, response, and cost imposition; ・志を同じくする国同士の国際連合やパートナーシップを活用し、共同の準備、対応、コスト賦課を通じて、我々のデジタル・エコシステムへの脅威に対抗する。
・Increasing the capacity of our partners to defend themselves against cyber threats, both in peacetime and in crisis; and, ・平時と危機時の両方で、サイバー脅威から自らを守るためのパートナーの能力を向上させる。
・Working with our allies and partners to make secure, reliable, and trustworthy global supply chains for information and communications technology and operational technology products and services. ・情報通信技術や運用技術に関する製品・サービスのグローバルなサプライチェーンを安全、確実、信頼できるものにするために、同盟国やパートナーと協力する。
Coordinated by the Office of the National Cyber Director, the Administration’s implementation of this Strategy is already underway. 国家サイバー長官室によって調整され、本戦略の行政実施は既に進行中である。

 

・[PDF

20230304-72820

 

 

National Cybersecurity Strategy 国家サイバーセキュリティ戦略
1-Mar-23 2023.03.01
Digital technologies today touch nearly every aspect of American life.  The openness and connection enabled by access to the Internet are game-changers for communities everywhere, as we have all experienced throughout the COVID-19 pandemic.  That’s why, thanks to the Bipartisan Infrastructure Law, my Administration is investing $65 billion to make sure every American has access to reliable, high-speed Internet.  And when we pick up our smart phones to keep in touch with loved ones, log on to social media to share our ideas with one another, or connect to the Internet to run a business or take care of any of our basic needs, we need to be able to trust that the underlying digital ecosystem is safe, reliable, and secure.  This National Cybersecurity Strategy details the comprehensive approach my Administration is taking to better secure cyberspace and ensure the United States is in the strongest possible position to realize all the benefits and potential of our digital future.  デジタル技術は、今日、アメリカ人の生活のほぼすべての面に浸透している。 インターネットへのアクセスによって可能になる開放性とつながりは、COVID-19の大流行を通して我々全員が経験したように、あらゆる場所のコミュニティにとって大変革となる。 だからこそ、超党派インフラ法によって、私の政権はすべてのアメリカ人が信頼できる高速インターネットにアクセスできるようにするため、650億ドルを投資している。 そして、愛する人と連絡を取るためにスマートフォンを手に取り、互いにアイデアを共有するためにソーシャルメディアにログオンし、ビジネスを運営したり基本的なニーズを満たすためにインターネットに接続するとき、基盤となるデジタルエコシステムが安全で、信頼性があり、セキュアであることを信頼できるようにする必要がある。 この国家サイバーセキュリティ戦略は、サイバースペースの安全性を高め、米国がデジタルの未来から得られるあらゆる恩恵と可能性を実現するための最強のポジションを確保するために、私の政権が取っている包括的なアプローチについて詳しく説明している。
Cybersecurity is essential to the basic functioning of our economy, the operation of our critical infrastructure, the strength of our democracy and democratic institutions, the privacy of our data and communications, and our national defense.  From the very beginning of my Administration, we have moved decisively to strengthen cybersecurity.  I appointed senior cybersecurity officials at the White House and issued an Executive Order on Improving the Nation’s Cybersecurity.  Working in close cooperation with the private sector, my Administration has taken steps to protect the American people from hackers, hold bad actors and cybercriminals accountable, and defend against the increasingly malicious cyber campaigns targeting our security and privacy.  And we’ve worked with our allies and partners around the world to improve our capacity to collectively defend against and respond to cyber threats from authoritarian states that go against our national interests.   サイバーセキュリティは、経済の基本的機能、重要インフラの運用、民主主義と民主主義的制度の強さ、データと通信のプライバシー、そして国防に不可欠なものである。 私の政権発足当初から、我々はサイバーセキュリティを強化するために断固とした姿勢で取り組んできた。 私は、ホワイトハウスにサイバーセキュリティ担当官を任命し、「国家のサイバーセキュリティの改善に関する大統領令」を発布した。 民間部門と緊密に協力しながら、私の政権は、ハッカーから米国民を守り、悪質業者やサイバー犯罪者に責任を取らせ、我々のセキュリティとプライバシーを標的とした悪質なサイバーキャンペーンから守るための措置をとってきた。 また、世界中の同盟国やパートナーと協力し、我々の国益に反する権威主義的な国家からのサイバー脅威を集団で防御し、それに対応する能力を向上させてきた。 
This strategy recognizes that robust collaboration, particularly between the public and private sectors, is essential to securing cyberspace.  It also takes on the systemic challenge that too much of the responsibility for cybersecurity has fallen on individual users and small organizations.  By working in partnership with industry; civil society; and State, local, Tribal, and territorial governments, we will rebalance the responsibility for cybersecurity to be more effective and more equitable.  We will realign incentives to favor long-term investments in security, resilience, and promising new technologies.  We will collaborate with our allies and partners to strengthen norms of responsible state behavior, hold countries accountable for irresponsible behavior in cyberspace, and disrupt the networks of criminals behind dangerous cyberattacks around the globe.  And we will work with the Congress to provide the resources and tools necessary to ensure effective cybersecurity practices are implemented across our most critical infrastructure.  本戦略は、特に官民間の強固な協力がサイバースペースの安全確保に不可欠であることを認識するものである。 また、サイバーセキュリティに対する責任のあまりの大きさが、個々のユーザーや小規模な組織に負わされてきたというシステム上の課題にも取り組んでいる。 産業界、市民社会、そして州、地方、部族、地域政府と協力することで、我々はサイバーセキュリティの責任をより効果的でより公平なものにするために、そのバランスを調整することになる。 我々は、セキュリティ、レジリエンス、および有望な新技術への長期的な投資を促進するために、インセンティブを再構築する。 我々は、同盟国やパートナーと協力して、責任ある国家の行動規範を強化し、サイバースペースにおける無責任な行動に対して各国の責任を追及し、世界中の危険なサイバー攻撃の背後にある犯罪者のネットワークを破壊する。 また、議会と協力して、最も重要なインフラ全体で効果的なサイバーセキュリティの実践を確保するために必要な資源とツールを提供する。
As I have often said, our world is at an inflection point.  That includes our digital world.  The steps we take and choices we make today will determine the direction of our world for decades to come.  This is particularly true as we develop and enforce rules and norms for conduct in cyberspace.  We must ensure the Internet remains open, free, global, interoperable, reliable, and secure—anchored in universal values that respect human rights and fundamental freedoms.  Digital connectivity should be a tool that uplifts and empowers people everywhere, not one used for repression and coercion.  As this strategy details, the United States is prepared to meet this challenge from a position of strength, leading in lockstep with our closest allies and working with partners everywhere who share our vision for a brighter digital future.   これまで何度も言ってきたように、我々の世界は今、変曲点にある。 その中には、デジタルの世界も含まれる。 今日、我々が取る措置と選択は、今後数十年の世界の方向性を決定することになる。 特に、サイバースペースでの行動に関するルールや規範を策定し、実施する際には、そのことが顕著に表れる。 我々は、インターネットが人権と基本的自由を尊重する普遍的価値に支えられ、オープン、フリー、グローバル、相互運用性、信頼性、安全性を維持することを保証しなければならない。 デジタル接続は、抑圧や強制のために使われるものではなく、あらゆる場所で人々を高揚させ、力を与える道具であるべきだ。 本戦略で詳述しているように、米国は、最も緊密な同盟国と歩調を合わせ、明るいデジタル未来へのビジョンを共有する世界中のパートナーと協力しながら、強者の立場でこの課題に取り組む用意がある。 
TABLE OF CONTENTS  目次 
INTRODUCTION 序文
PILLAR ONE | DEFEND CRITICAL INFRASTRUCTURE 第1の柱:重要インフラの防衛
PILLAR TWO | DISRUPT AND DISMANTLE THREAT ACTORS 第2の柱:脅威の担い手を崩壊させ、解体する。
PILLAR THREE | SHAPE MARKET FORCES TO DRIVE SECURITY AND RESILIENCE 第3の柱:セキュリティとレジリエンスを推進するために市場原理を形成する。
PILLAR FOUR | INVEST IN A RESILIENT FUTURE 第4の柱:レジリエンスに富んだ未来への投資
PILLAR FIVE | FORGE INTERNATIONAL PARTNERSHIPS TO PURSUE SHARED GOALS 第5の柱:国際的なパートナーシップを構築し、共通の目標を達成する。
IMPLEMENTATION 実施
INTRODUCTION  序文 
The Internet has transformed our world.  In a single generation, it has revolutionized the way we innovate, communicate, and share information on a global scale, catalyzing unprecedented advancements in human prosperity, equality, and connectivity.  Upon this Internet backbone we have built a flourishing digital ecosystem, combining systems and technologies with our economies, our societies, and ourselves.    インターネットは我々の世界を一変させた。 一世代で、我々の技術革新、コミュニケーション、世界規模での情報共有の方法に革命を起こし、人類の繁栄、平等、接続性において前例のない進歩をもたらした。 このインターネットのバックボーンの上に、我々はシステムとテクノロジーを経済、社会、そして我々自身と結合させ、繁栄するデジタルエコシステムを構築してきた。  
In doing so, the digital ecosystem has come to reflect the values of its architects and its users.  Technologies have promoted democracy, free speech, innovation, and equality.  But they also have been misused to enable transnational repression and digital authoritarianism; steal data and intellectual property; distribute disinformation; disrupt critical infrastructure; proliferate online harassment, exploitation, and abuse; enable criminals and foster violent extremism; and threaten peace and stability.  People and technology are increasingly linked, further enabling the very best, as well as the worst, of humanity.  そうすることで、デジタルエコシステムは、その設計者とユーザーの価値を反映するようになった。 テクノロジーは民主主義、言論の自由、革新、そして平等を促進してきた。 しかし、国境を越えた抑圧やデジタル権威主義を可能にし、データや知的財産を盗み、偽情報を配信し、重要インフラを破壊し、オンラインハラスメント、搾取、虐待を拡散し、犯罪を可能にし、暴力的過激主義を助長し、平和と安定を脅かすために悪用されてきたのもまた事実である。 人とテクノロジーの結びつきはますます強くなり、人間の持つ最高の能力だけでなく、最悪の能力をも可能にしている。
In this decisive decade, we have grand ambitions for the further values-driven development of our digital ecosystem.  We are building a smart grid, powered by distributed renewable electricity and balanced with intelligent systems, that promises a bright and resilient future of energy abundance.  We envision a maturing “Internet of Things” (IoT), comprising everything from consumer goods to digitized industrial controls to constellations of satellites, that will increase efficiency and safety while providing game-changing insights into our environment and economy.  We are laying the foundations for real-time global collaboration leveraging vast amounts of data and computing power that will unlock scientific discoveries and other public goods of which we cannot yet conceive.  この決定的な10年間で、我々はデジタル・エコシステムの価値主導のさらなる発展のために壮大な野望を抱いている。 我々は、再生可能な分散型電力とインテリジェントなシステムによって駆動されるスマートグリッドを構築し、エネルギーが豊富な明るくレジリエンスに富んだ未来を約束する。 我々は、消費財からデジタル化された産業用制御機器、人工衛星群までを含む成熟した「IoT」が、効率と安全性を高め、環境と経済に関する画期的な洞察を提供することを想定している。 我々は、大量のデータと膨大なコンピューティングパワーを活用したリアルタイムのグローバルなコラボレーションの基礎を築き、まだ想像もつかないような科学的発見やその他の公共財を解き放つことができる。
Achieving this vision of a prosperous, connected future will depend upon the cybersecurity and resilience of its underlying technologies and systems.  We have learned hard lessons and made significant progress in the collaborative defense of our digital ecosystem.  Every day, cyber defenders foil state-backed attacks and prevent criminal plots around the world.  But the underlying structural dynamics of the digital ecosystem frustrate their efforts.  Its components remain prone to disruption, vulnerable to exploitation, and are often co-opted by malicious actors.  このような豊かでつながった未来のビジョンを達成できるかどうかは、その基盤となるテクノロジーとシステムのサイバーセキュリティとレジリエンスにかかっている。 我々は、デジタル・エコシステムの共同防衛において、困難から教訓を学び、大きな進歩を遂げた。 毎日、サイバーディフェンダーたちは、国家が支援する攻撃を阻止し、世界中で犯罪計画を防止している。 しかし、デジタル・エコシステムの根底にある構造的な力学は、彼らの努力を挫折させる。 その構成要素は依然として破壊されやすく、悪用されやすい上に、悪意のある行為者にしばしば利用されている。
We must make fundamental changes to the underlying dynamics of the digital ecosystem, shifting the advantage to its defenders and perpetually frustrating the forces that would threaten it.  Our goal is a defensible, resilient digital ecosystem where it is costlier to attack systems than defend them, where sensitive or private information is secure and protected, and where neither incidents nor errors cascade into catastrophic, systemic consequences.  In creating these conditions, we can and must seize the opportunity to instill our most cherished values, as embodied by the Declaration for the Future of the Internet (DFI) and by the Freedom Online Coalition.  我々は、デジタル・エコシステムの根底にある力学を根本的に変え、その優位性を守る側にシフトさせ、それを脅かす勢力を永久に挫折させる必要がある。 我々の目標は、システムを防御するよりも攻撃する方がコストが高く、機密情報や個人情報が安全に保護され、事故やエラーが連鎖して壊滅的なシステム的影響をもたらさない、防御力と回復力のあるデジタルエコシステムを実現することにある。 このような条件を整えることで、我々は、「インターネットの未来のための宣言」(DFI)や「自由オンライン連合」が体現するような、我々の最も大切な価値観を浸透させる機会をつかむことができる。そして、そうしなければならないのである。
This strategy will position the United States and its allies and partners to build that digital ecosystem together, making it more easily and inherently defensible, resilient, and aligned with our values.  By the end of this decisive decade, we will achieve these outcomes so we can confidently take bold leaps into a digitally-enabled future that benefits us all.  本戦略により、米国とその同盟国およびパートナーは、デジタル・エコシステムを共に構築し、より容易に、本質的に防御可能で、レジリエンスに富み、我々の価値と一致するものにすることができる。 この決定的な 10 年の終わりまでに、我々はこれらの成果を達成し、我々全員に利益をもたらすデジタル対応の未来に向けて、自信を持って大胆な飛躍を遂げることができるようになる。
THE STRATEGIC ENVIRONMENT  戦略的環境 
The United States has made significant progress toward achieving the President’s affirmative vision for a digitally-enabled future, but emerging trends are creating both new opportunities for further advancement and new challenges to overcome.  Malicious actors threaten our progress toward a digital ecosystem that is inclusive, equitable, promotes prosperity, and aligns with our democratic values.   米国は、デジタル技術を駆使した未来に対する大統領の肯定的なビジョンの達成に向けて大きく前進してきたが、新たなトレンドによって、さらなる前進のための新たな機会と克服すべき新たな課題の両方が生み出されている。 悪意のある行為者は、包括的で公平、かつ繁栄を促進し、民主主義の価値と一致するデジタル・エコシステムへの前進を脅かしている。 
EMERGING TRENDS  新たなトレンド 
The world is entering a new phase of deepening digital dependencies.  Driven by emerging technologies and ever more complex and interdependent systems, dramatic shifts in the coming decade will unlock new possibilities for human flourishing and prosperity while also multiplying the systemic risks posed by insecure systems.  世界は、デジタル依存が深まる新たな局面を迎えている。 新興のテクノロジーと、これまで以上に複雑で相互依存的なシステムに牽引され、今後10年間の劇的な変化は、人間の繁栄と繁栄のための新たな可能性を引き出すと同時に、安全でないシステムがもたらすシステム上のリスクを増大させるだろう。
Software and systems are growing more complex, providing value to companies and consumers but also increasing our collective insecurity.  Too often, we are layering new functionality and technology onto already intricate and brittle systems at the expense of security and resilience.  The widespread introduction of artificial intelligence systems—which can act in ways unexpected to even their own creators—is heightening the complexity and risk associated with many of our most important technological systems.  ソフトウェアとシステムはより複雑になり、企業や消費者に価値をもたらす一方で、我々の集団的な不安感を増大させている。 すでに複雑で脆いシステムに新しい機能や技術を重ね、セキュリティやレジリエンスを犠牲にしているケースがあまりにも多いのである。 人工知能システムの広範な導入は、その作成者でさえ予期しない方法で行動することができるため、最も重要な技術システムの多くに関連する複雑さとリスクを高めている。
The Internet continues to connect individuals, businesses, communities, and countries on shared platforms that enable scaled business solutions and international exchange.  But this accelerating global interconnectivity also introduces risks.  An attack on one organization, sector, or state can rapidly spill over to other sectors and regions, as happened during Russia’s 2017 “NotPetya” cyberattack on Ukraine, which spread across Europe, Asia, and the Americas, causing billions of dollars in damage.  The potential cost of attacks like this will only grow as interdependencies increase.  インターネットは、個人、ビジネス、コミュニティ、そして国を共有プラットフォームでつなぎ、大規模なビジネスソリューションと国際交流を可能にし続けている。 しかし、この加速するグローバルな相互接続は、同時にリスクも発生させる。 2017年にロシアがウクライナに対して行ったサイバー攻撃「NotPetya」の際に起きたように、ある組織、セクター、国家に対する攻撃が他のセクターや地域に急速に波及し、ヨーロッパ、アジア、アメリカ大陸に広がって数十億ドルの被害をもたらす可能性がある。 このような攻撃の潜在的なコストは、相互依存関係が高まるにつれて大きくなっていくだろう。
Digital technologies increasingly touch the most sensitive aspects of our lives, providing convenience, but also creating new, often unforeseen risks.  The COVID-19 pandemic has pushed us to live ever more deeply in a digital world.  As our lives become intertwined with video and audio streaming, wearable devices, and biometric technologies, the quantity and intimacy of personal data collection is growing exponentially.  Theft of that data is also growing rapidly, and opening up novel vectors for malicious actors to surveil, manipulate, and blackmail individuals.  デジタル技術は、我々の生活の最も繊細な部分に触れることが多くなり、利便性をもたらす一方で、新たな、しばしば予期せぬリスクも生み出している。 COVID-19の大流行により、我々はこれまで以上にデジタルな世界で生活することを余儀なくされている。 我々の生活は、ビデオや音声ストリーミング、ウェアラブルデバイス、生体認証技術などと絡み合うようになり、個人情報の収集の量と親密さは飛躍的に増大している。 また、そのようなデータの盗難も急増しており、悪意のある行為者が個人を監視、操作、脅迫するための新たなベクトルを開いている。
Next-generation interconnectivity is collapsing the boundary between the digital and physical worlds, and exposing some of our most essential systems to disruption.  Our factories, power grids, and water treatment facilities, among other essential infrastructure, are increasingly shedding old analog control systems and rapidly bringing online digital operational technology (OT).  Advanced wireless technologies, IoT, and space-based assets—including those enabling positioning, navigation, and timing for civilian and military uses, environmental and weather monitoring, and everyday Internet-based activities from banking to telemedicine—will accelerate this trend, moving many of our essential systems online and making cyberattacks inherently more destructive and impactful to our daily lives.  次世代の相互接続性は、デジタル世界と物理世界の境界を崩壊させ、我々の最も重要なシステムのいくつかを破壊の危機にさらしている。 工場、電力網、水処理施設などの基幹インフラでは、旧来のアナログ制御システムの撤去とデジタル運用技術(OT)のオンライン化が急速に進んでいる。 高度な無線技術、IoT、および宇宙ベースの資産(民間および軍事用途の測位・航法・計時、環境・気象モニタリング、銀行から遠隔医療に至る日常のインターネットベースの活動を可能にするものを含む)は、この傾向を加速させ、我々の重要なシステムの多くをオンライン化し、サイバー攻撃の破壊力と我々の日常生活への影響を本質的に増加させることになるだろう。
MALICIOUS ACTORS  悪意のある行為者 
Malicious cyber activity has evolved from nuisance defacement, to espionage and intellectual property theft, to damaging attacks against critical infrastructure, to ransomware attacks and cyberenabled influence campaigns designed to undermine public trust in the foundation of our democracy.  Once available only to a small number of well-resourced countries, offensive hacking tools and services, including foreign commercial spyware, are now widely accessible.  These tools and services empower countries that previously lacked the ability to harm U.S. interests in cyberspace and enable a growing threat from organized criminal syndicates.  悪意のあるサイバー攻撃は、迷惑な改ざんから、スパイ活動や知的財産の窃盗、重要インフラへの有害な攻撃、ランサムウェア攻撃、民主主義の基盤に対する国民の信頼を損ねることを目的としたサイバー攻撃による影響力の行使に発展してきた。 かつては、十分な資金を持つ少数の国だけが利用できた攻撃的なハッキングツールやサービスが、今では外国の商用スパイウェアを含め、広くアクセス可能になっている。 これらのツールやサービスは、以前はサイバースペースで米国の利益を害する能力を持たなかった国に力を与え、組織的犯罪シンジケートからの脅威を増大させることを可能にしている。
The governments of China, Russia, Iran, North Korea, and other autocratic states with revisionist intent are aggressively using advanced cyber capabilities to pursue objectives that run counter to our interests and broadly accepted international norms.  Their reckless disregard for the rule of law and human rights in cyberspace is threatening U.S. national security and economic prosperity.  中国、ロシア、イラン、北朝鮮、および修正主義的な意図を持つ他の独裁国家の政府は、我々の利益や広く認められた国際規範に反する目的を追求するために、高度なサイバー能力を積極的に使用している。 サイバー空間における法の支配と人権を無視した彼らの無謀な行動は、米国の国家安全保障と経済的繁栄を脅かしている。
The People’s Republic of China (PRC) now presents the broadest, most active, and most persistent threat to both government and private sector networks and is the only country with both the intent to reshape the international order and, increasingly, the economic, diplomatic, military, and technological power to do so.  Over the last ten years, it has expanded cyber operations beyond intellectual property theft to become our most advanced strategic competitor with the capacity to threaten U.S. interests and dominate emerging technologies critical to global development.  Having successfully harnessed the Internet as the backbone of its surveillance state and influence capabilities, the PRC is exporting its vision of digital authoritarianism, striving to shape the global Internet in its image and imperiling human rights beyond its borders.  中華人民共和国(PRC)は現在、政府機関と民間企業の両方のネットワークに対して、最も広範で、最も活発で、最も持続的な脅威を示しており、国際秩序を再構築する意図を持ち、ますますそのための経済、外交、軍事、技術力を持つ唯一の国となっている。 過去10年間で、知的財産の窃盗を超えてサイバー作戦を拡大し、米国の利益を脅かし、世界の発展に不可欠な新興技術を支配する能力を持つ、最も高度な戦略的競合相手となった。 インターネットを監視国家と影響力のバックボーンとしてうまく利用した中国は、デジタル権威主義のビジョンを輸出し、グローバル・インターネットを自らのイメージ通りに形成しようと努め、国境を越えて人権を脅かしている。
For more than two decades, the Russian government has used its cyber capabilities to destabilize its neighbors and interfere in the domestic politics of democracies around the world.  Russia remains a persistent cyber threat as it refines its cyber espionage, attack, influence, and disinformation capabilities to coerce sovereign countries, harbor transnational criminal actors, weaken U.S. alliances and partnerships, and subvert the rules-based international system.  Like its 2017 “NotPetya” attack, Russia’s cyberattacks in support of its 2022 brutal and unprovoked invasion of Ukraine have resulted in irresponsible spillover impacts onto civilian critical infrastructure in other European countries.  ロシア政府は20年以上にわたって、そのサイバー能力を使って近隣諸国を不安定にし、世界中の民主主義国家の国内政治に干渉してきた。 ロシアは、主権国家を威圧し、多国籍犯罪者を匿い、米国の同盟とパートナーシップを弱め、ルールに基づく国際システムを破壊するために、サイバースパイ、攻撃、影響、偽情報の能力を磨いており、依然として根強いサイバー上の脅威であることに変わりはない。 2017年の「NotPetya」攻撃と同様に、2022年の残忍でいわれのないウクライナ侵攻を支援するロシアのサイバー攻撃は、他の欧州諸国の民間の重要インフラに無責任な波及効果をもたらす結果となった。
The governments of Iran and the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) are similarly growing in their sophistication and willingness to conduct malicious activity in cyberspace.  Iran has used cyber capabilities to threaten U.S. allies in the Middle East and elsewhere, while the DPRK conducts cyber activities to generate revenue through criminal enterprises, such as through the theft of cryptocurrency, ransomware, and the deployment of surreptitious information technology (IT) workers for the purposes of fueling its nuclear ambitions.  Further maturation of these capabilities could have significant impacts on U.S., allied, and partner interests.  イランと朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の政府も同様に、サイバースペースで悪質な活動を行うための洗練さと意欲を高めている。 イランは、中東やその他の地域における米国の同盟国を脅かすためにサイバー能力を使用し、北朝鮮は、暗号通貨の窃盗、ランサムウェア、核開発を促進するための密かな情報技術(IT)従事者の配置など、犯罪事業を通じて収益を上げるためにサイバー活動を実施している。 これらの能力がさらに成熟すれば、米国、同盟国、パートナーの利益に重大な影響を与える可能性がある。
The cyber operations of criminal syndicates now represent a threat to the national security, public safety, and economic prosperity of the United States and its allies and partners.  Ransomware incidents have disrupted critical services and businesses across the country and around the world, from energy pipelines and food companies, to schools and hospitals.  Total economic losses from ransomware attacks continue to climb, reaching billions of U.S. dollars annually.  Criminal syndicates often operate out of states that do not cooperate with U.S. law enforcement and frequently encourage, harbor, or tolerate such activities.  These and other malicious cyber activities continue to threaten Americans across society, including disproportionately affecting those without the resources necessary to protect themselves, recover, or seek recourse.  犯罪組織のサイバー作戦は、今や米国とその同盟国およびパートナーの国家安全保障、公共の安全、経済的繁栄に対する脅威となっている。 ランサムウェアの事件は、エネルギーパイプラインや食品会社、学校や病院に至るまで、国内および世界各地の重要なサービスやビジネスに支障をきたしている。 ランサムウェア攻撃による経済的損失の総額は上昇を続けており、年間数十億ドルに達している。 犯罪組織は、米国の法執行機関に協力しない国々で活動することが多く、このような活動を奨励、匿い、容認することがよくある。 このようなサイバー犯罪やその他の悪質な活動は、社会全体で米国人を脅かし続けており、自らを守り、回復し、救済を求めるために必要なリソースを持たない人々に不釣り合いな影響を及ぼしている。
OUR APPROACH: A PATH TO RESILIENCE IN CYBERSPACE  我々のアプローチ: サイバースペースにおけるレジリエンスへの道 
Deep and enduring collaboration between stakeholders across our digital ecosystem will be the foundation upon which we make it more inherently defensible, resilient, and aligned with U.S.  values.  This strategy seeks to build and enhance collaboration around five pillars: (1) Defend Critical Infrastructure, (2) Disrupt and Dismantle Threat Actors, (3) Shape Market Forces to Drive Security and Resilience, (4) Invest in a Resilient Future, and (5) Forge International Partnerships to Pursue Shared Goals.  Each effort requires unprecedented levels of collaboration across its respective stakeholder communities, including the public sector, private industry, civil society, and international allies and partners.  The pillars organizing this strategy articulate a vision of shared purpose and priorities for these communities, highlight challenges they face in achieving this vision, and identify strategic objectives around which to organize their efforts.  デジタルエコシステム全体のステークホルダー間の深く永続的なコラボレーションは、それをより本質的な防御力、レジリエンス、そして米国の価値観に沿ったものにするための土台となる。 この戦略は、(1)重要インフラの防衛、(2)脅威アクターの破壊と解体、(3)セキュリティとレジリエンスを推進するための市場の力の形成、(4)レジリエンスな未来への投資、(5)共通の目標を達成するための国際的パートナーシップの構築という5つの柱を中心に、協力体制の構築と強化を目指す。 それぞれの取り組みには、公共部門、民間企業、市民社会、国際的な同盟国やパートナーなど、それぞれのステークホルダーのコミュニティを横断する前例のないレベルの協力が必要である。 この戦略を構成する柱は、これらのコミュニティが共有する目的と優先事項のビジョンを明確にし、このビジョンを達成するために直面する課題を明らかにし、その努力を組織化するための戦略目標を特定するものである。
To realize the vision these pillars lay out, we will make two fundamental shifts in how the United States allocates roles, responsibilities, and resources in cyberspace.  In realizing these shifts, we aspire not just to improve our defenses, but to change those underlying dynamics that currently contravene our interests.  これらの柱が示すビジョンを実現するために、米国がサイバースペースにおける役割、責任、および資源をどのように配分するかについて、2つの根本的なシフトを行うことになる。 これらのシフトを実現することで、単に防衛力を向上させるだけでなく、現在、わが国の利益に反している根本的な力学を変えることを目的としている。
REBALANCE THE RESPONSIBILITY TO DEFEND CYBERSPACE  サイバースペース防衛の責任の再構築
The most capable and best-positioned actors in cyberspace must be better stewards of the digital ecosystem.  Today, end users bear too great a burden for mitigating cyber risks.  Individuals, small businesses, state and local governments, and infrastructure operators have limited resources and competing priorities, yet these actors’ choices can have a significant impact on our national cybersecurity.  A single person’s momentary lapse in judgment, use of an outdated password, or errant click on a suspicious link should not have national security consequences.  Our collective cyber resilience cannot rely on the constant vigilance of our smallest organizations and individual citizens.  サイバースペースにおいて最も有能で最も有利な立場にある主体は、デジタル・エコシステムのより良い管理者にならなければならない。 今日、サイバー・リスクを軽減するためにエンド・ユーザーが負うべき負担は大きすぎる。 個人、中小企業、州政府や地方自治体、インフラ事業者は、限られたリソースと競合する優先事項を持っているが、これらの関係者の選択は、国家のサイバーセキュリティに大きな影響を与える可能性がある。 一人の人間の一瞬の判断ミス、古いパスワードの使用、疑わしいリンクの誤クリックが、国家安全保障に影響を及ぼすべきではないのである。 我々の集団的なサイバーレジリエンスは、最も小さな組織や個々の市民の絶え間ない警戒に依存することはできない。
Instead, across both the public and private sectors, we must ask more of the most capable and bestpositioned actors to make our digital ecosystem secure and resilient.  In a free and interconnected society, protecting data and assuring the reliability of critical systems must be the responsibility of the owners and operators of the systems that hold our data and make our society function, as well as of the technology providers that build and service these systems.  Government’s role is to protect its own systems; to ensure private entities, particularly critical infrastructure, are protecting their systems; and to carry out core governmental functions such as engaging in diplomacy, collecting intelligence, imposing economic costs, enforcing the law, and, conducting disruptive actions to counter cyber threats.  Together, industry and government must drive effective and equitable collaboration to correct market failures, minimize the harms from cyber incidents to society’s most vulnerable, and defend our shared digital ecosystem.  むしろ、官民両部門にわたって、最も有能で立場の良い関係者に、デジタル・エコシステムを安全でレジリエンスに富んだものにするよう求めなければならない。 自由で相互接続された社会では、データの保護と重要なシステムの信頼性の確保は、データを保有し社会を機能させているシステムの所有者と運営者、およびこれらのシステムを構築しサービスを提供する技術プロバイダーの責任でなければならない。 政府の役割は、自国のシステムを保護すること、民間企業、特に重要なインフラストラクチャのシステムを確実に保護すること、そして外交活動、情報収集、経済的コストの賦課、法の執行、サイバー脅威に対抗する破壊的行動の実施などの政府の中核機能を実行することである。 産業界と政府は、市場の失敗を是正し、社会の最も脆弱な人々がサイバー犯罪から受ける損害を最小限に抑え、我々が共有するデジタルエコシステムを守るために、効果的かつ公平な協力を推進する必要がある。
REALIGN INCENTIVES TO FAVOR LONG-TERM INVESTMENTS   長期的な投資を促進するためのインセンティブの再構築
Our economy and society must incentivize decision-making to make cyberspace more resilient and defensible over the long term.  Balancing short-term imperatives against a long-term vision will be no easy task.  We must defend the systems we have now, while investing in and building toward a future digital ecosystem that is more inherently defensible and resilient.  我々の経済と社会は、サイバースペースのレジリエンスと防衛力を長期的に向上させるための意思決定を促す必要がある。 長期的なビジョンに対して短期的な要請のバランスをとることは、簡単なことではないだろう。 我々は、現在あるシステムを守ると同時に、より本質的に防御力と回復力のある将来のデジタル・エコシステムに向けて投資し、構築しなければならない。
This strategy outlines how the Federal Government will use all tools available to reshape incentives and achieve unity of effort in a collaborative, equitable, and mutually beneficial manner.  We must ensure that market forces and public programs alike reward security and resilience, build a robust and diverse cyber workforce, embrace security and resilience by design, strategically coordinate research and development investments in cybersecurity, and promote the collaborative stewardship of our digital ecosystem.  To achieve these goals, the Federal Government will focus on points of leverage, where minimally invasive actions will produce the greatest gains in defensibility and systemic resilience.  本戦略は、連邦政府が利用可能なあらゆる手段を用いて、インセンティブを再構築し、協力的で公平、かつ互恵的な方法で努力の統一を達成する方法を概説するものである。 我々は、市場原理と公的プログラムが同様にセキュリティとレジリエンスに報いるようにし、強固で多様なサイバー人材を育成し、セキュリティとレジリエンスをデザインによって受け入れ、サイバーセキュリティの研究開発投資を戦略的に調整し、デジタルエコシステムの共同スチュワードシップを推進しなければならない。 これらの目標を達成するために、連邦政府は、最小限の侵襲的行動によって防御力とシステム上のレジリエンスに最大の利益をもたらす、レバレッジポイントに焦点を当てる。
The Federal Government is making generational investments in renewing our infrastructure, digitizing and decarbonizing our energy systems, securing our semiconductor supply chains, modernizing our cryptographic technologies, and rejuvenating our foreign and domestic policy priorities.  The United States has an opportunity to rebalance the incentives necessary to lay a stronger, more resilient foundation on which to build the future of our digital ecosystem.  連邦政府は、インフラの更新、エネルギーシステムのデジタル化と脱炭素化、半導体サプライチェーンの確保、暗号技術の近代化、外交・国内政策の優先順位の若返りなど、世代を超えた投資を行っている。 米国は、デジタル・エコシステムの未来を築くために、より強固でレジリエンスに富んだ基盤を構築するために必要なインセンティブをバランスよく調整する機会を得ている。
BUILDING ON EXISTING POLICY  既存の方針の上に構築する 
This strategy, while laying out a new approach to our cybersecurity, builds on significant achievements already shaping our strategic environment and digital ecosystem.  In its first days, the Biden-Harris Administration assumed responsibility for managing the fallout from Russia’s compromise of the SolarWinds Orion platform and the PRC’s compromise of servers running Microsoft Exchange.  The President elevated White House leadership on cybersecurity, appointing experienced, senior leaders in new positions at the National Security Council (NSC) and the Office of National Cyber Director (ONCD), and moved quickly to fold lessons learned from these and other incidents into executive actions.  本戦略は、サイバーセキュリティに対する新たなアプローチを示す一方で、すでに戦略的環境とデジタル・エコシステムを形成している重要な成果の上に構築されている。 バイデン-ハリス政権は、その最初の数日間で、ロシアによる SolarWinds Orion プラットフォームの侵害と、PRC による Microsoft Exchange を実行するサーバーの侵害からの影響に対処する責任を負った。 大統領は、ホワイトハウスのサイバーセキュリティに関するリーダーシップを強化し、国家安全保障会議(NSC)と国家サイバーディレクター室(ONCD)の新しい役職に経験豊富なシニアリーダーを任命し、これらやその他の事件から学んだ教訓を行政措置に反映させるために迅速に動き出した。
These forward-leaning efforts have laid the foundation upon which this strategy is built.  It was developed alongside the National Security Strategy and National Defense Strategy by a broad interagency team and through a months-long consultation process with the private sector and civil society.  It is informed by and implements the values of the DFI, the Freedom Online Coalition, and other long-standing efforts to realize a democratic vision for our digital ecosystem.  It carries forward the foundational direction of Executive Order (EO) 14028, “Improving the Nation’s Cybersecurity,” National Security Memorandum (NSM) 5, “Improving Cybersecurity for Critical Infrastructure Control Systems,” NSM 8, “Improving the Cybersecurity of National Security, Department of Defense (DoD), and Intelligence Community Systems,” and other executive actions.  It integrates cybersecurity into the once-in-a-generation new investments made by the Bipartisan Infrastructure Law, the Inflation Reduction Act, the Creating Helpful Incentives to Produce Semiconductors (CHIPS) and Science Act, and EO 14017, “America’s Supply Chains.”  このような前向きな取り組みが、本戦略の土台となった。 本戦略は、国家安全保障戦略や国家防衛戦略とともに、幅広い省庁間チームによって、また民間企業や市民社会との数カ月にわたる協議プロセスを通じて策定されたものである。 本戦略は、DFI、自由オンライン連合、およびその他のデジタル・エコシステムのための民主的ビジョンを実現するための長年の取り組みから情報を得て、その価値を実行に移すものである。 これは、大統領令14028「国家のサイバーセキュリティを改善する」、国家安全保障メモランダム(NSM)5「重要インフラ制御システムのサイバーセキュリティを改善する」、NSM8「国家安全保障、国防省(DoD)、および情報コミュニティシステムのサイバーセキュリティを改善する」、およびその他の行政措置の基本方針を継承しているものである。 また、超党派インフラ法、インフレ抑制法、CHIPS(Creating Helpful Incentives to Produce Semiconductors)および科学法、大統領令 14017「米国のサプライチェーン」によって行われた一世一代の新規投資にサイバーセキュリティを統合している。
This strategy also builds on the work of prior administrations.  It replaces the 2018 National Cyber Strategy but continues momentum on many of its priorities, including the collaborative defense of the digital ecosystem.  The Administration remains committed to enhancing the security and resilience of U.S. space systems, including by implementing Space Policy Directive 5, “Cybersecurity Principles for Space Systems.” The Administration also continues to implement critical efforts to secure next-generation technologies, including through the National Artificial Intelligence Initiative and the National Strategy to Secure 5G, among other existing policies and initiatives.  本戦略はまた、以前の政権の仕事をベースにしている。 本戦略は、2018年の国家サイバー戦略を置き換えるものであるが、デジタル・エコシステムの協調的な防衛など、その優先事項の多くについて勢いを維持している。 政権は、宇宙政策指令5「宇宙システムのサイバーセキュリティ原則」の実施を含め、米国の宇宙システムのセキュリティとレジリエンスを強化することに引き続き尽力している。また、政権は、既存の政策やイニシアティブの中でも、国家人工知能イニシアティブや5G確保のための国家戦略など、次世代技術の安全確保に向けた重要な取り組みを引き続き実施している。
This strategy’s goals for securing Federal systems and collaborating with the private sector build on EO 13800, “Strengthening the Cybersecurity of Federal Networks and Critical Infrastructure,” EO 13691, “Promoting Private Sector Cybersecurity Information Sharing,” and EO 13636, “Improving Critical Infrastructure Cybersecurity,” and fit within the frameworks established by Presidential Policy Directive 21, “Critical Infrastructure Security and Resilience,” and Presidential Policy Directive 41, “United States Cyber Incident Coordination.”  It carries forward and evolves many of the strategic efforts originally initiated by the 2008 Comprehensive National Cybersecurity Initiative. 連邦システムの安全確保と民間企業との協力に関する本戦略の目標は、大統領令 13800「連邦ネットワークと重要インフラのサイバーセキュリティ強化」、大統領令 13691「民間企業のサイバーセキュリティ情報共有促進」、大統領令 13636「重要インフラのサイバーセキュリティ改善」に基づき、大統領政策指令 21「重要インフラのセキュリティとレジリエンス」および大統領政策指令 41「米国サイバー事件の調整」が定めた枠組みに適合するものである。 これは、2008年の包括的な国家サイバーセキュリティ・イニシアチブによって開始された戦略的取り組みの多くを継承し、発展させるものである。
PILLAR ONE | DEFEND CRITICAL INFRASTRUCTURE  柱1:重要インフラの防御 
Defending the systems and assets that constitute our critical infrastructure is vital to our national security, public safety, and economic prosperity.  The American people must have confidence in the availability and resilience of this infrastructure and the essential services it provides.  We aim to operationalize an enduring and effective model of collaborative defense that equitably distributes risk and responsibility, and delivers a foundational level of security and resilience for our digital ecosystem.  重要インフラを構成するシステムと資産を守ることは、国家の安全保障、公共の安全、そして経済の繁栄に不可欠である。 米国民は、このインフラとそれが提供する重要なサービスの可用性と回復力に信頼を置かなければならない。 我々は、リスクと責任を公平に分配し、デジタル・エコシステムの基盤となるレベルのセキュリティとレジリエンスを実現する、永続的かつ効果的な協調防衛モデルを運用することを目指する。
Collaboration to address advanced threats will only be effective if owners and operators of critical infrastructure have cybersecurity protections in place to make it harder for adversaries to disrupt them.  The Administration has established new cybersecurity requirements in certain critical sectors.  In other sectors, new authorities will be required to set regulations that can drive better cybersecurity practices at scale.  This Administration has conducted sector-specific engagement with industry to construct consistent, predictable regulatory frameworks for cybersecurity that focus on achieving security outcomes and enabling continuity of operations and functions, while promoting collaboration and innovation.  高度な脅威に対処するための協力は、重要インフラの所有者と運営者が、敵対者がそれらを妨害することを困難にするサイバーセキュリティ保護を備えている場合にのみ、効果的となる。 政権は、特定の重要セクターにおいて、新たなサイバーセキュリティ要件を定めた。 その他の分野では、より優れたサイバーセキュリティの実践を大規模に推進できるような規制を設定するために、新たな当局が必要となる。 本政権は、サイバーセキュリティに関する一貫した予測可能な規制の枠組みを構築するために、産業界と分野別の協議を行い、協力とイノベーションを促進しながら、セキュリティ成果の達成と業務・機能の継続性の実現に焦点を当てた。
Private sector entities have made significant commitments to engage in collaborative defense efforts.  The “Shields Up” campaign preceding Russia’s 2022 brutal and unprovoked war on Ukraine, to proactively increase preparedness and promote effective measures to combat malicious activity, is an example of public-private collaboration that must be scaled and repeated.  民間企業は、協調的な防衛努力に従事することに大きなコミットメントをした。 ロシアによる2022年の残忍でいわれのないウクライナ戦争に先立ち、積極的に備えを強化し、悪意のある活動に対抗する効果的な対策を推進する「シールドアップ」キャンペーンは、規模を拡大して繰り返さなければならない官民協力の一例である。
We must build new and innovative capabilities that allow owners and operators of critical infrastructure, Federal agencies, product vendors and service providers, and other stakeholders to effectively collaborate with each other at speed and scale.  Federal agencies that support critical infrastructure providers must enhance their own capabilities and their ability to collaborate with other Federal entities.  When incidents occur, Federal response efforts must be coordinated and tightly integrated with private sector and State, local, Tribal, and territorial (SLTT) partners.  重要インフラの所有者や運営者、連邦政府機関、製品ベンダーやサービスプロバイダー、その他の関係者が、スピードとスケールで効果的に協力し合えるような、新しく革新的な機能を構築しなければならない。 重要インフラ提供者を支援する連邦機関は、自らの能力および他の連邦機関との協力能力を強化しなければならない。 インシデントが発生した場合、連邦政府の対応努力は、民間部門および州、地方、部族、準州(SLTT)のパートナーと協調し、緊密に統合される必要がある。
Finally, the Federal Government can better support the defense of critical infrastructure by making its own systems more defensible and resilient.  This Administration is committed to improving Federal cybersecurity through long-term efforts to implement a zero trust architecture strategy and modernize IT and OT infrastructure.  In doing so, Federal cybersecurity can be a model for critical infrastructure across the United States for how to successfully build and operate secure and resilient systems.  最後に、連邦政府は、自らのシステムをより防御的でレジリエンスに優れたものにすることで、重要インフラの防衛をよりよく支援することができる。 本政権は、ゼロ・トラスト・アーキテクチャー戦略を実施し、IT および OT インフラを近代化する長期的な取り組みを通じて、連邦政府のサイバーセキュリティを改善することを確約する。 そうすることで、連邦政府のサイバーセキュリティは、安全でレジリエンスに優れたシステムの構築と運用を成功させる方法について、米国全体の重要インフラのモデルとなることができる。
STRATEGIC OBJECTIVE 1.1: ESTABLISH CYBERSECURITY REQUIREMENTS TO SUPPORT NATIONAL SECURITY AND PUBLIC SAFETY  戦略目標 1.1: 国家安全保障と公共安全を支援するためのサイバーセキュリティ要件の確立
The American people must have confidence in the critical services underpinning their lives and the nation’s economy.  While voluntary approaches to critical infrastructure cybersecurity have produced meaningful improvements, the lack of mandatory requirements has resulted in inadequate and inconsistent outcomes.  Today’s marketplace insufficiently rewards—and often disadvantages—the owners and operators of critical infrastructure who invest in proactive measures to prevent or mitigate the effects of cyber incidents.  米国民は、自分たちの生活と国家経済を支える重要なサービスに対して信頼感を持たなければならない。 重要インフラのサイバーセキュリティに対する自主的なアプローチは有意義な改善をもたらしてきたが、強制的な要件がないため、不十分で一貫性のない結果になっている。 今日の市場では、サイバーインシデントの影響を防止または軽減するために事前対策に投資する重要インフラの所有者と運営者に十分な報酬が与えられず、しばしば不利益を被っている。
Regulation can level the playing field, enabling healthy competition without sacrificing cybersecurity or operational resilience.  Our strategic environment requires modern and nimble regulatory frameworks for cybersecurity tailored for each sector’s risk profile, harmonized to reduce duplication, complementary to public-private collaboration, and cognizant of the cost of implementation.  New and updated cybersecurity regulations must be calibrated to meet the needs of national security and public safety, in addition to the security and safety of individuals, regulated entities, and their employees, customers, operations, and data.  規制は、サイバーセキュリティや運用のレジリエンスを犠牲にすることなく、健全な競争を可能にし、競争の場を平準化することができる。 我々の戦略的環境には、各セクターのリスクプロファイルに合わせたサイバーセキュリティのための近代的で軽快な規制の枠組みが必要であり、重複を減らすために調和がとれ、官民の協力を補完し、実施コストを認識することが必要である。 新規および更新されるサイバーセキュリティ規制は、個人、規制対象企業、その従業員、顧客、業務、データのセキュリティと安全性に加え、国家安全保障と公共安全のニーズを満たすように調整されなければならない。
The Administration has made progress in this area, establishing cybersecurity requirements in key sectors such as oil and natural gas pipelines, aviation, and rail, led by the Transportation Security Administration and water systems, led by the Environmental Protection Agency.  A collaborative process between industry and regulators will produce regulatory requirements that are operationally and commercially viable and will ensure the safe and resilient operation of critical infrastructure.  The most effective and efficient regulatory frameworks will be those put in place well before a crisis, rather than through the imposition of emergency regulations after a crisis occurs.  政権はこの分野で進展を見せ、石油・天然ガスパイプライン、航空、鉄道などの主要分野で、運輸保安庁が主導し、環境保護庁が主導する水道システムでサイバーセキュリティの要件を確立している。 産業界と規制当局の協力プロセスにより、運用・商業的に実現可能な規制要件が生まれ、重要インフラの安全かつレジリエンスな運用を確保することができる。 最も効果的かつ効率的な規制の枠組みは、危機が発生した後に緊急規制を課すのではなく、危機のかなり前に導入されるものであろう。
ESTABLISH CYBERSECURITY REGULATIONS TO SECURE CRITICAL INFRASTRUCTURE   重要インフラを保護するためのサイバーセキュリティ規制の確立 
The Federal Government will use existing authorities to set necessary cybersecurity requirements in critical sectors.  Where Federal departments and agencies have gaps in statutory authorities to implement minimum cybersecurity requirements or mitigate related market failures, the Administration will work with Congress to close them.  Where states or independent regulators have authorities that can be used to set cybersecurity requirements, the Administration will encourage them to use those authorities in a deliberate and coordinated manner.  連邦政府は、重要なセクターにおいて必要なサイバーセキュリティ要件を設定するために、既存の権限を活用する。 連邦省庁が、サイバーセキュリティの最低要件の実施や関連する市場の失敗を緩和するための法的権限に隙間がある場合、政権は議会と協力してそれを解消する。 州または独立した規制当局がサイバーセキュリティ要件を設定するために使用できる権限を有している場合、政権は、これらの当局が意図的かつ協調的な方法でこれらの権限を使用することを奨励する。
Regulations should be performance-based, leverage existing cybersecurity frameworks, voluntary consensus standards, and guidance—including the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)’s Cybersecurity Performance Goals and the National Institute of Standards and Technology (NIST) Framework for Improving Critical Infrastructure Cybersecurity— and be agile enough to adapt as adversaries increase their capabilities and change their tactics.  In setting cybersecurity regulations for critical infrastructure, regulators are encouraged to drive the adoption of secure-bydesign principles, prioritize the availability of essential services, and ensure that systems are designed to fail safely and recover quickly.  Regulations will define minimum expected cybersecurity practices or outcomes, but the Administration encourages and will support further efforts by entities to exceed these requirements.  規制はパフォーマンス・ベースであるべきで、CISA (Cybersecurity and Infrastructure Security Agency) の Cybersecurity Performance Goals や NIST (National Institute of Standards and Technology) Framework for Improving Critical Infrastructure Cybersecurity など、既存のサイバーセキュリティの枠組み、任意の合意基準、指針を活用し、敵が能力を高めて戦略を変えても適応できるだけの俊敏性があることが必要である。 重要インフラのサイバーセキュリティ規制を設定する際、規制当局は、セキュアデザイン原則の採用を推進し、必須サービスの可用性を優先し、システムが安全に故障し迅速に回復するように設計されていることを確認することが推奨される。 規制は、最低限期待されるサイバーセキュリティの実践や成果を定義するが、行政は、これらの要件を上回るような事業者のさらなる努力を奨励し、支援する。
Further, these and other critical sectors rely upon the cybersecurity and resilience of their third-party service providers.  Cloud-based services enable better and more economical cybersecurity practices at scale, but they are also essential to operational resilience across many critical infrastructure sectors.  The Administration will identify gaps in authorities to drive better cybersecurity practices in the cloud computing industry and for other essential third-party services, and work with industry, Congress, and regulators to close them.  さらに、これらのセクターやその他の重要なセクターは、サードパーティサービスプロバイダーのサイバーセキュリティとレジリエンスに依存している。 クラウドベースのサービスは、より優れた、より経済的なサイバーセキュリティの実践を大規模に可能にするだけでなく、多くの重要インフラ部門における運用のレジリエンスにも不可欠なものである。 政府は、クラウドコンピューティング業界やその他の重要なサードパーティ・サービスにおいて、より優れたサイバーセキュリティの実践を推進するための当局のギャップを特定し、業界、議会、規制当局と協力して、そのギャップを解消していく予定である。
HARMONIZE AND STREAMLINE NEW AND EXISTING REGULATION  新規および既存の規制の調和と合理化 
Effective regulations minimize the cost and burden of compliance, enabling organizations to invest resources in building resilience and defending their systems and assets.  By leveraging existing international standards in a manner consistent with current policy and law, regulatory agencies can minimize the burden of unique requirements and reduce the need for regulatory harmonization.  効果的な規制は、コンプライアンスにかかるコストと負担を最小限に抑え、組織がレジリエンスの構築とシステムおよび資産の防御にリソースを投入できるようにする。 現行の政策や法律と整合性のある形で既存の国際標準を活用することで、規制当局は、独自 の要件の負担を最小限に抑え、規制の調和の必要性を低減することができる。
Where Federal regulations are in conflict, duplicative, or overly burdensome, regulators must work together to minimize these harms.  When necessary, the United States will pursue cross-border regulatory harmonization to prevent cybersecurity requirements from impeding digital trade flows.  Where feasible, regulators should work to harmonize not only regulations and rules, but also assessments and audits of regulated entities.  ONCD, in coordination with the Office of Management and Budget (OMB), will lead the Administration’s efforts on cybersecurity regulatory harmonization. The Cyber Incident Reporting Council will coordinate, deconflict, and harmonize Federal incident reporting requirements.  連邦政府の規制が矛盾していたり、重複していたり、過度に負担が大きい場合、規制当局はこれらの害を最小化するために協力する必要がある。 必要な場合、米国はサイバーセキュリティ要件がデジタル貿易の流れを阻害するのを防ぐため、国境を越えた規制の調和を追求する。 実行可能であれば、規制当局は、規制や規則だけでなく、規制対象事業者の評価や監査も調和させるよう努力すべきである。 ONCD は、行政管理予算局(OMB)と連携して、サイバーセキュリティ規制の調和に関する行政の取り組みを主導する。サイバーインシデント報告評議会は、連邦政府のインシデント報告要件を調整し、矛盾を解消し、調和を図る。
ENABLE REGULATED ENTITIES TO AFFORD SECURITY  規制対象事業者のセキュリティ確保の推進 
Different critical infrastructure sectors have varying capacities to absorb the costs of cybersecurity, ranging from low-margin sectors that cannot easily increase investment without intervention, to those where the marginal costs of improving cybersecurity can be absorbed.  In some sectors, regulation may be necessary to create a level playing field so that companies are not trapped in a competition to underspend their peers on cybersecurity.  In other sectors, regulators are encouraged to ensure that necessary investments in cybersecurity are incentivized through the rate-making process, tax structures, or other mechanisms.  In setting new cybersecurity requirements, regulators are encouraged to consult with regulated entities to understand how those requirements will be resourced.  In seeking new regulatory authority, the Administration will work with Congress to develop regulatory frameworks that take into account the resources necessary to implement them.  重要インフラ・セクターによって、サイバーセキュリティのコストを吸収する能力は様々であり、介入しなければ容易に投資を増やすことができない低利益セクターから、サイバーセキュリティを改善するための限界コストが吸収可能なセクターまで様々である。 一部のセクターでは、企業がサイバーセキュリティに対する同業他社の支出を過小評価する競争に陥らないよう、公平な競争環境を整えるための規制が必要かもしれない。 他の分野では、規制当局は、料金決定プロセス、税制、または他のメカニズムを通じて、サイバーセキュリティへの必要な投資がインセンティブとして働くようにすることが推奨される。 新たなサイバーセキュリティの要件を設定する場合、規制当局は規制対象事業者と協議し、これらの要件がどのようにリソースとして確保されるかを理解することが奨励される。 新たな規制権限を求める場合、行政は議会と協力して、その実施に必要なリソースを考慮した規制の枠組みを策定する。
STRATEGIC OBJECTIVE 1.2: SCALE PUBLIC-PRIVATE COLLABORATION  戦略目標1.2:官民協力の拡大 
Defending critical infrastructure against adversarial activity and other threats requires a model of cyber defense that emulates the distributed structure of the Internet.  We will realize this distributed, networked model by developing and strengthening collaboration between defenders through structured roles and responsibilities and increased connectivity enabled by the automated exchange of data, information, and knowledge.  Combining organizational collaboration and technologyenabled connectivity will create a trust-based “network of networks” that builds situational awareness and drives collective and synchronized action among the cyber defenders that protect our critical infrastructure.  重要インフラを敵対的活動やその他の脅威から防衛するには、インターネットの分散構造を模倣したサイバー防衛のモデルが必要である。 我々は、役割と責任の明確化、およびデータ、情報、知識の自動交換によって可能になる接続性の向上を通じて、防衛者間の協力を開発・強化することにより、この分散型ネットワーク化モデルを実現する。 組織的なコラボレーションとテクノロジーを駆使した接続性を組み合わせることで、信頼に基づく「ネットワークのネットワーク」を構築し、重要インフラを守るサイバー防衛者の間で状況認識を高め、集団的かつ同期した行動を促進することができる。
CISA is the national coordinator for critical infrastructure security and resilience.  In this role, CISA coordinates with Sector Risk Management Agencies (SRMAs) to enable the Federal Government to scale its coordination with critical infrastructure owners and operators across the United States.  SRMAs have day-to-day responsibility and sector-specific expertise to improve security and resilience within their sectors.  In turn, SRMAs support individual owners and operators in their respective sectors who are responsible for protecting the systems and assets they operate.  Information sharing and analysis organizations (ISAOs), sector-focused information sharing and analysis centers (ISACs), and similar organizations facilitate cyber defense operations across vast and complex sectors.  CISAは、重要インフラのセキュリティとレジリエンスのための国家コーディネーターである。 この役割において、CISAはセクター・リスクマネジメント機関(SRMA)と連携し、連邦政府が全米の重要インフラの所有者および運用者との連携を拡大できるようにする。 SRMAは、セクター内のセキュリティとレジリエンスを向上させるための日々の責任とセクター固有の専門知識を有している。 また、SRMAは、各分野の所有者や運用者が運用するシステムや資産の保護に責任を持つよう支援する。 情報共有・分析組織(ISAO)、セクターに特化した情報共有・分析センター(ISAC)、および同様の組織は、広大で複雑なセクターにわたるサイバー防衛業務を促進する。
The Federal Government will continue to enhance coordination between CISA and other SRMAs, invest in the development of SRMA capabilities, and otherwise enable SRMAs to proactively respond to the needs of critical infrastructure owners and operators in their sectors.  The Federal Government will collaborate with industry to define sector-by-sector needs and assess gaps in current SRMA capabilities.  Investment by the Federal Government in building out the capabilities of SRMAs will enable security and resilience improvements across critical infrastructure.  SRMAs will coordinate with CISA to improve their ability to be proactive and responsive to the needs of their sectors.  SRMAs must also continue to support the maturation of third-party collaboration mechanisms.  Building on decades of experience collaborating with ISACs and ISAOs, the Federal Government will work with these and other groups to develop a shared vision of how this model should evolve.  連邦政府は、CISA と他の SRMA との間の調整を引き続き強化し、SRMA の能力開発 に投資し、その他 SRMA が各セクターの重要インフラ所有者および運用者のニーズに積極 的に対応できるようにする。 連邦政府は、セクター毎のニーズを定義し、現在のSRMA能力のギャップを評価するために、産業界と協働する。 連邦政府がSRMAの能力強化に投資することで、重要インフラ全体のセキュリティとレジリエンスの向上が可能になる。 SRMAはCISAと連携し、各セクターのニーズに対してプロアクティブに対応する能力を向上させることができる。 SRMAはまた、第三者による協力メカニズムの成熟を引き続き支援しなければならない。 連邦政府は、ISAC や ISAO との十年以上にわたる協力の経験に基づき、これらのグループや他のグループと協 力して、このモデルがどのように進化すべきかという共有ビジョンを策定する。
Accelerating operational collaboration will require the use of technology solutions to share information and coordinate defensive efforts.  We must complement human-to-human collaboration efforts with machine-to-machine data sharing and security orchestration.  Realizing this model will enable real-time, actionable, and multi-directional sharing to drive threat response at machine speed.  In partnership with the private sector, CISA and SRMAs will explore technical and organizational mechanisms to enhance and evolve machine-to-machine sharing of data.  The Federal Government will also deepen operational and strategic collaboration with software, hardware, and managed service providers with the capability to reshape the cyber landscape in favor of greater security and resilience.  作戦上の協力を加速するには、情報を共有し、防御の努力を調整するためのテクノロジー・ソリューションを使用する必要がある。 我々は、人間対人間のコラボレーション活動を、マシン対マシンのデータ共有とセキュリティ・オーケストレーションで補完しなければならない。 このモデルを実現することで、リアルタイムで実用的な多方向の共有が可能になり、脅威への対応をマシンスピードで推進することができる。 CISAとSRMAは、民間企業との連携により、マシン間のデータ共有を強化・進化させるための技術的・組織的なメカニズムを検討する。 また、連邦政府は、より高いセキュリティとレジリエンスを実現するために、サイバーランドスケープを再構築する能力を持つソフトウェア、ハードウェア、およびマネージドサービスプロバイダとの運用上および戦略上の協働を深める。
STRATEGIC OBJECTIVE 1.3: INTEGRATE FEDERAL CYBERSECURITY CENTERS  戦略目標1.3:連邦政府のサイバーセキュリティセンターの統合 
The Federal Government must coordinate the authorities and capabilities of the departments and agencies that are collectively responsible for supporting the defense of critical infrastructure.  Federal Cybersecurity Centers serve as collaborative nodes that fuse together whole-of-government capabilities across the homeland defense, law enforcement, intelligence, diplomatic, economic, and military missions.  Once fully integrated, they will drive intragovernmental coordination and enable the Federal Government to effectively and decisively support non-Federal partners.  連邦政府は、重要インフラの防衛を支援する総体的な責任を負う省庁の権限と能力を調整する必要がある。 連邦サイバーセキュリティ・センターは、国土防衛、法執行、情報、外交、経済、軍事などの任務にわたって、政府全体の能力を融合させる共同ノードとして機能する。 完全に統合されれば、政府内の調整を促進し、連邦政府が連邦政府以外のパートナーを効果的かつ決定的に支援することを可能にする。
The Administration has made progress toward this goal, establishing the Joint Cyber Defense Collaborative (JCDC) at CISA to integrate cyber defense planning and operations across the Federal Government and with the private sector and international partners; strengthening the capabilities of the National Cyber Investigative Joint Task Force (NCIJTF) to coordinate law enforcement and other disruption actions; and revitalizing the Cyber Threat Intelligence Integration Center’s (CTIIC) role in coordinating intelligence collection, analysis, and partnerships.  政府はこの目標に向けて前進しており、連邦政府全体および民間企業や国際パートナーとのサイバー防衛計画と運用を統合するために、CISA に統合サイバー防衛協力(JCDC)を設立し、法執行やその他の破壊活動を調整する国家サイバー捜査統合任務部隊(NCIJTF)の能力を強化し、情報収集、分析、パートナーシップを調整するサイバー脅威情報統合センター(CTIIC)の役割を活性化させている。
Operational collaboration models at SRMAs, such as the Department of Energy (DOE)’s Energy Threat Analysis Center (ETAC) pilot, DoD’s Defense Industrial Base Collaborative Information Sharing Environment (DCISE), and the National Security Agency (NSA)’s Cybersecurity Collaboration Center provide opportunities to enable timely, actionable, and relevant information sharing directly with private sector partners in their respective sectors.  エネルギー省(DOE)のエネルギー脅威分析センター(ETAC)パイロット、国防総省の国防産業基盤共同情報共有環境(DCISE)、国家安全保障局(NSA)のサイバーセキュリティ共同センターなどのSRMAにおける運用協力モデルは、それぞれの分野における民間部門のパートナーと直接、タイムリーで実行可能、かつ適切な情報共有を可能にする機会を提供するものである。
Further efforts will be required to strengthen and integrate the Federal Government’s operational capabilities and improve integration of the Federal Cybersecurity Centers.  ONCD will lead the Administration’s efforts to enhance the integration of centers such as these, identify gaps in capabilities, and develop an implementation plan to enable collaboration at speed and scale.   連邦政府の運用能力を強化・統合し、連邦サイバーセキュリティ・センターの統合を改善するためには、さらなる努力が必要であろう。 ONCD は、このようなセンターの統合を強化するための行政の取り組みを主導し、能力のギャップを特定し、スピードと規模での協力を可能にするための実施計画を策定する。 
STRATEGIC OBJECTIVE 1.4: UPDATE FEDERAL INCIDENT RESPONSE PLANS AND PROCESSES  戦略目標 1.4: 連邦政府の事故対応計画及びプロセスの更新 
The private sector is capable of mitigating most cyber incidents without direct Federal assistance.  When Federal assistance is required, the Federal Government must present a unified, coordinated, whole-of-government response.  Organizations targeted by cyber threats must know which government agencies to contact for what purposes.  The Federal Government must provide clear guidance on how private sector partners can reach Federal agencies for support during cyber incidents and what forms of support the Federal Government may provide.  民間部門は、連邦政府の直接的な支援を受けることなく、ほとんどのサイバーインシデントを軽減することが可能である。 連邦政府の支援が必要な場合、連邦政府は統一的、協調的、かつ政府全体としての対応を示さなければならない。 サイバー脅威の標的となった組織は、どの政府機関にどのような目的で連絡すればよいかを知らなければならない。 連邦政府は、サイバーインシデント発生時に民間セクターのパートナーがどのように連邦機関に支援を求めることができるのか、また連邦政府がどのような形で支援を行うことができるのかについて、明確なガイダンスを提供する必要がある。
Consistent with Presidential Policy Directive 41, “United States Cyber Incident Coordination,”— which defines lead roles for the Department of Justice (DOJ), Department of Homeland Security (DHS), and the Office of the Director of National Intelligence in threat, asset, and intelligence response efforts, respectively—CISA will lead a process to update the subordinate National Cyber Incident Response Plan (NCIRP) to strengthen processes, procedures, and systems to more fully realize the policy that “a call to one is a call to all.”  When any Federal agency receives a request for assistance, the agency will know what support the wider Federal Government can provide, how to contact the right Federal agencies that can provide such support, and have access to effective information sharing mechanisms.  Because most Federal responses take place through field offices, the NCIRP will bolster coordination at the local level, taking lessons from the successes of the Joint Terrorism Task Forces.   大統領政策指令41号「米国サイバー事件の調整」(脅威、資産、情報対応作業における司法省(DOJ)、国土安全保障省(DHS)、国家情報長官室の主導的役割をそれぞれ定義)に沿って、CISAは下位の国家サイバー事件対応計画(NCIRP)を更新するプロセスを主導し、プロセス、手順、システムを強化して「一人の通報はすべての通報」という方針をより完全に実現させる。 どの連邦機関も支援要請を受けたとき、より広い連邦政府がどのような支援を提供できるか、そのような支援を提供できる適切な連邦機関にどのように連絡すればよいか、効果的な情報共有メカニズムにアクセスできるかを知っているはずである。 連邦政府の対応のほとんどは現地事務所を通じて行われるため、NCIRP はテロ対策共同隊の成功例から教訓を得て、現地レベルでの連携を強化する。 
When incidents do occur, the Cyber Incident Reporting for Critical Infrastructure Act of 2022 (CIRCIA) will enhance our awareness and ability to respond effectively.  CIRCIA will require covered entities in critical infrastructure sectors to report covered cyber incidents to CISA within hours.  These timely notifications and CISA’s rapid sharing of relevant information with DOJ and other incident response stakeholders will strengthen our collective defense, improve efforts to identify the root causes of incidents, and inform decision-making within government on how to respond.  CISA will consult with SRMAs, DOJ, and other Federal agencies during the CIRCIA rulemaking and implementation process to integrate incident reporting systems and ensure real-time sharing and actioning of all relevant incident information.  インシデントが発生した場合、2022年の重要インフラ・インシデント報告法(Cyber Incident Reporting for Critical Infrastructure Act: CIRCIA)は、我々の意識と効果的に対応する能力を強化する。 重要インフラ・インシデント報告法は、重要インフラ部門の対象事業者に、対象となるサイバーインシデントを数時間以内にCISAに報告することを義務付ける。 こうしたタイムリーな通知とCISAによる関連情報の司法省および他のインシデント対応関係者との迅速な共有は、集団的な防衛を強化し、インシデントの根本原因を特定する取り組みを改善し、対応方法に関する政府内の意思決定に情報を提供することになる。 CISAは、重要インフラ・インシデント報告法の規則策定と実施の過程でSRMA、DOJ、および他の連邦機関と協議し、インシデント報告システムを統合し、すべての関連インシデント情報のリアルタイムの共有と対処を確保する予定である。
Following major incidents, we will ensure that the cybersecurity community benefits from lessons learned through the Cyber Safety Review Board (CSRB).  Established by EO 14028, “Improving the Nation’s Cybersecurity,” the CSRB brings together public and private sector cybersecurity leaders to review major cyber incidents, conduct authoritative fact-finding, generate insights that will inform and guide industry remediations, and provide recommendations for improving the nation’s cybersecurity posture going forward. The Administration will work with Congress to pass legislation to codify the CSRB within DHS and provide it the authorities it needs to carry out comprehensive reviews of significant incidents.  大規模インシデントの後、サイバーセキュリティ・コミュニティがサイバー・セーフティ・レビュー委員会(CSRB)を通じて学んだ教訓から利益を得られるようにする。 大統領令 14028「国家のサイバーセキュリティの改善」によって設立されたCSRBは、官民のサイバーセキュリティのリーダーを集め、主要なサイバー事件を検討し、権威ある事実調査を行い、業界の是正に情報を与え導くような洞察を生み出し、今後国家のサイバーセキュリティ体制を改善するための提言を提供するものである。政府は議会と協力して、DHS 内に CSRB を成文化し、重要インシデントの包括的なレビューを実施するために必要な権限を与えるための法案を可決する予定である。
STRATEGIC OBJECTIVE 1.5: MODERNIZE FEDERAL DEFENSES   戦略目標 1.5: 連邦防衛の近代化  
The Federal Government requires secure and resilient information, communications, and operational technology and services to perform its duties.  In its first months, this Administration set a new strategic direction for Federal cybersecurity, publishing EO 14028, “Improving the Nation’s Cybersecurity,” which led to the release of NSM 8, “Improving the Cybersecurity of National Security, the Defense Department, and Intelligence Community Systems,” and the OMB Federal zero trust architecture strategy.  連邦政府は、その職務を遂行するために、安全で弾力性のある情報、通信、運用技術およびサービスを必要とする。 この政権は、最初の数カ月で、大統領令 14028「国家のサイバーセキュリティの改善」を発表し、連邦政府のサイバーセキュリティのための新しい戦略的方向を定め、NSM 8「国家安全保障、防衛省、情報コミュニティシステムのサイバーセキュリティの改善」とOMB連邦ゼロ信頼アーキテクチャ戦略の発表につながりました。
Building on this momentum, the Administration will drive long-term efforts to defend the Federal enterprise and modernize Federal systems in accordance with zero trust principles that acknowledge threats must be countered both inside and outside traditional network boundaries.  By making its own networks more defensible and resilient, the Federal Government will be a model for private sector emulation.  この勢いに乗って、政権は、脅威は従来のネットワーク境界の内側と外側の両方で対抗しなければならないことを認識するゼロトラスト原則に従って、連邦エンタープライズを守り、連邦システムを近代化する長期的な取り組みを推進する予定である。 自国のネットワークの防御力とレジリエンスを高めることで、連邦政府は民間企業が模範とする存在となる。
COLLECTIVELY DEFEND FEDERAL CIVILIAN AGENCIES  連邦政府民間機関の一括防衛 
Federal civilian executive branch (FCEB) agencies are responsible for managing and securing their own IT and OT systems.  With different agency structures, missions, capabilities, and resourcing, FCEB cybersecurity outcomes vary.  We must continue to build a model for Federal cybersecurity that balances the individual authorities and capabilities of agencies with the security benefits achieved through a collective approach to defense.  連邦文民行政機関(FCEB)は、自らの IT および OT システムを管理し、保護する責任を負っている。 機関の構造、任務、能力、リソースが異なるため、FCEB のサイバーセキュリティの成果はさまざまである。 我々は、各機関の個別の権限と能力と、防衛への集団的アプローチによって達成されるセキュリティ上の利点のバランスをとる連邦サイバーセキュリティのモデルを構築し続けなければならない。
We will continue to build Federal cohesion through focused action across the Federal Government.  OMB, in coordination with CISA, will develop a plan of action to secure FCEB systems through collective operational defense, expanded availability of centralized shared services, and software supply chain risk mitigation.  These efforts will build on prior programs and prioritize actions that advance a whole-of-government approach to defending FCEB information systems.  The software supply chain risk mitigation objective, developed in coordination with NIST, will build on the implementation of EO 14028, “Improving the Nation’s Cybersecurity,” including the Software Bills of Material (SBOM) efforts, NIST’s Secure Software Development Framework, and related efforts to improve open-source software security.  我々は、連邦政府全体の集中的な行動を通じて、連邦の結束力を引き続き構築していく。 OMB は CISA と連携して、集団的な運用防御、集中型共有サービスの利用拡大、ソフトウェア・サプライ チェーンのリスク軽減を通じて、FCEB システムを安全にするための行動計画を策定する予定である。 これらの取り組みは、先行プログラムを基に、FCEB情報システムの防御に向けた政府全体のアプローチを促進する行動に優先順位をつけるものである。 NISTと連携して開発されたソフトウェア・サプライ・チェーンのリスク軽減目標は、ソフトウェア部品表(SBOM)の取り組み、NISTの安全なソフトウェア開発フレームワーク、オープンソース・ソフトウェアのセキュリティを改善する関連取り組みなど、大統領令 14028「国家のサイバーセキュリティの改善」の実施に基づいて策定される予定だ。
MODERNIZE FEDERAL SYSTEMS  連邦システムの近代化 
The Federal Government must replace or update IT and OT systems that are not defensible against sophisticated cyber threats.  The OMB zero trust architecture strategy directs FCEB agencies to implement multi-factor authentication, encrypt their data, gain visibility into their entire attack surface, manage authorization and access, and adopt cloud security tools.  These and other cybersecurity goals cannot be achieved unless Federal IT and OT systems are modernized so they are capable of leveraging critical security technologies.  OMB will lead development of a multi-year lifecycle plan to accelerate FCEB technology modernization, prioritizing Federal efforts on eliminating legacy systems which are costly to maintain and difficult to defend.  The plan will identify milestones to remove all legacy systems incapable of implementing our zero trust architecture strategy within a decade, or otherwise mitigate risks to those that cannot be replaced in that timeframe.  Replacing legacy systems with more secure technology, including through accelerating migration to cloud-based services, will elevate the cybersecurity posture across the Federal Government and, in turn, improve the security and resilience of the digital services it provides to the American people.  連邦政府は、高度なサイバー脅威に対して防御できない IT および OT システムを交換または更新する必要がある。 OMB のゼロ・トラスト・アーキテクチャー戦略は、FCEB 機関に対し、多要素認証の導入、データの暗号化、攻撃対象領域全体の可視化、権限とアクセスの管理、クラウド・セキュリティ・ツールの採用を指示している。 連邦政府の IT および OT システムを近代化し、重要なセキュリティ技術を活用できるようにしなければ、これらの目標やその他のサイバーセキュリティの目標を達成することはできない。 OMB は、FCEB 技術の近代化を加速するための複数年のライフサイクル計画の策定を主導し、維持費が高く防衛が困難なレガシーシステムの排除に連邦政府の努力を優先させる。 この計画では、10年以内にゼロ・トラスト・アーキテクチャー戦略を実施できないレガシーシステムをすべて撤去する、あるいはその期間内に置き換えられないシステムのリスクを軽減するためのマイルストーンを特定する予定である。 レガシーシステムをより安全な技術で置き換えることは、クラウドベースサービスへの移行を加速することを含め、連邦政府全体のサイバーセキュリティ体制を向上させ、ひいては米国民に提供するデジタルサービスのセキュリティと耐障害性を改善することにつながる。
DEFEND NATIONAL SECURITY SYSTEMS  国家安全保障システムの保護 
National security systems (NSS) store and process some of the Federal Government’s most sensitive data and must be secured against a wide range of cyber and physical threats, including insider threats, cyber criminals, and the most sophisticated nation-state adversaries.  The Director of the NSA, as the National Manager for NSS, will coordinate with OMB to develop a plan for NSS at FCEB agencies that ensures implementation of the enhanced cybersecurity requirements of NSM-8.  国家安全保障システム(NSS)は、連邦政府の最も機密性の高いデータを保存、処理するものであり、内部脅威、サイバー犯罪者、最も巧妙な国家敵対者を含む幅広いサイバーおよび物理的脅威から保護する必要がある。 NSA長官はNSSのナショナル・マネージャーとして、OMBと連携し、NSM-8の強化されたサイバーセキュリティ要件の実施を保証するFCEB機関のNSSのための計画を策定することになる。
PILLAR TWO | DISRUPT AND DISMANTLE THREAT ACTORS  柱2:脅威アクターの破壊と解体
The United States will use all instruments of national power to disrupt and dismantle threat actors whose actions threaten our interests.  These efforts may integrate diplomatic, information, military (both kinetic and cyber), financial, intelligence, and law enforcement capabilities.  Our goal is to make malicious actors incapable of mounting sustained cyber-enabled campaigns that would threaten the national security or public safety of the United States.  米国は、国力のあらゆる手段を用いて、わが国の国益を脅かす脅威となる勢力を崩壊させ、解体していく。 これらの取り組みは、外交、情報、軍事(動力学的とサイバーの両方)、金融、情報、法執行の能力を統合することができる。 我々の目標は、米国の国家安全保障や治安を脅かすような持続的なサイバーキャンペーンを、悪意ある行為者が行えないようにすることである。
Coordinated efforts by Federal and non-Federal entities have proven effective in frustrating the malicious cyber activity of foreign government, criminal, and other threat actors. The Federal Government has increased its capacity to respond to cyber incidents; arrested and successfully prosecuted transnational cybercriminals and state-sponsored actors; imposed sanctions on malicious cyber actors, including bans on travel and denying access to money service providers; and deprived threat actors of access to digital infrastructure and victim networks.  The Federal Government has also targeted financial infrastructure used for illicit activity; established new diplomatic initiatives attributing disruptive, destructive, or otherwise destabilizing cyber activities to hold actors accountable for their malicious behavior; and recovered billions of dollars’ worth of ill-gotten assets.  連邦政府と連邦政府以外の組織が連携した取り組みは、外国政府や犯罪者、その他の脅威者の悪質なサイバー活動を挫くのに有効であることが証明されている。連邦政府は、サイバーインシデントへの対応能力を高め、国際的なサイバー犯罪者や国家が支援する行為者を逮捕し起訴することに成功し、渡航禁止やマネーサービスプロバイダーへのアクセス拒否などの制裁措置を悪質なサイバー行為者に課し、デジタルインフラや被害者ネットワークへのアクセスを脅威行為者から奪ってきた。 また、連邦政府は、不正な活動に利用される金融インフラを標的にし、破壊的、不安定なサイバー活動に起因する新たな外交イニシアチブを確立して、悪質な行為に対する責任を負わせ、数十億ドル相当の不正な資産を回収してきた。
We will build upon these successes to enable more sustained and effective disruption of adversaries.  Our efforts will require greater collaboration by public and private sector partners to improve intelligence sharing, execute disruption campaigns at scale, deny adversaries use of U.S.-based infrastructure, and thwart global ransomware campaigns.  我々は、これらの成功に基づき、より持続的かつ効果的に敵対者を混乱させることができるようにする。 そのためには、情報共有の改善、大規模な破壊作戦の実行、敵対者による米国を拠点とするインフラの使用拒否、世界的なランサムウェア・キャンペーンの阻止など、官民のパートナーによるさらなる協力が必要となる。
STRATEGIC OBJECTIVE 2.1: INTEGRATE FEDERAL DISRUPTION ACTIVITIES  戦略目標2.1: 連邦政府の破壊活動の統合 
Disruption campaigns must become so sustained and targeted that criminal cyber activity is rendered unprofitable and foreign government actors engaging in malicious cyber activity no longer see it as an effective means of achieving their goals.  DOJ and other Federal law enforcement agencies have pioneered the integrated deployment of domestic legal authorities with private industry and international allies and partners to disrupt online criminal infrastructure and resources, from taking down notorious botnets to seizing cryptocurrency gleaned from ransomware and fraud campaigns.  Information generated from these investigations enables other efforts, such as victim notification, issuance of cybersecurity advisories, private-sector actions, sanctions designations, diplomatic actions, and intelligence operations.  破壊工作は、犯罪的なサイバー活動が採算に合わなくなり、悪意のあるサイバー活動を行う外国政府関係者が、もはやそれが目的を達成する効果的な手段であるとは考えないように、持続的かつ標的を定めたものにならなければならない。 司法省と他の連邦法執行機関は、悪名高いボットネットの破壊からランサムウェアや詐欺キャンペーンから得た暗号通貨の押収まで、オンライン犯罪インフラとリソースを破壊するために、民間企業や国際的な同盟国およびパートナーとともに国内の法的権限を統合的に展開するパイオニア的存在となっている。 これらの調査から得られた情報は、被害者への通知、サイバーセキュリティ勧告の発行、民間部門の活動、制裁指定、外交活動、諜報活動など、他の活動を可能にする。
The Department of Defense’s strategic approach of defending forward has helped generate insights on threat actors, identify and expose malware, and disrupt malicious activity before it could affect its intended targets.  Informed by lessons learned and the rapidly-evolving threat environment, DoD will develop an updated departmental cyber strategy aligned with the National Security Strategy, National Defense Strategy, and this National Cybersecurity Strategy.  DoD’s new strategy will clarify how U.S. Cyber Command and other DoD components will integrate cyberspace operations into their efforts to defend against state and non-state actors capable of posing strategic-level threats to U.S. interests, while continuing to strengthen their integration and coordination of operations with civilian, law enforcement, and intelligence partners to disrupt malicious activity at scale.  一歩踏み込んだ防衛の戦略的アプローチにより、脅威の主体に関する洞察を生み出し、マルウェアを特定して公開し、悪意のある活動が意図したターゲットに影響を与える前に破壊することができた。 国防総省は、学んだ教訓と急速に進化する脅威環境から情報を得て、国家安全保障戦略、国家防衛戦略、およびこの国家サイバーセキュリティ戦略に沿った最新の部門サイバー戦略を策定する予定である。 国防総省の新戦略は、米サイバー司令部とその他の国防総省部門が、米国の利益に対して戦略レベルの脅威を与えることができる国家および非国家主体から防衛するための努力にサイバー空間作戦を統合する方法を明確にし、同時に、大規模な悪意ある活動を破壊するために文民、法執行、諜報のパートナーとの作戦統合と調整を引き続き強化するものである。
To increase the volume and speed of these integrated disruption campaigns, the Federal Government must further develop technological and organizational platforms that enable continuous, coordinated operations.  The NCIJTF, as a multi-agency focal point for coordinating whole-of-government disruption campaigns, will expand its capacity to coordinate takedown and disruption campaigns with greater speed, scale, and frequency.  Similarly, DoD and the Intelligence Community are committed to bringing to bear their full range of complementary authorities to disruption campaigns.  こうした統合的破壊作戦の量と速度を高めるために、連邦政府は継続的で協調的な作戦を可能にする技術的・組織的プラットフォームをさらに開発する必要がある。 NCIJTFは、政府全体の破壊活動を調整するための複数省庁の中心的存在として、より迅速、大規模、かつ頻繁にテイクダウンと破壊活動を調整する能力を拡大する。 同様に、国防総省と情報機関も、破壊活動に対して補完的な権限をフルに活用することを約束する。
STRATEGIC OBJECTIVE 2.2: ENHANCE PUBLIC-PRIVATE OPERATIONAL COLLABORATION TO DISRUPT ADVERSARIES  戦略目標2.2: 敵対者をかく乱するための官民の作戦協力の強化 
The private sector has growing visibility into adversary activity.  This body of insight is often broader and more detailed than that of the Federal Government, due in part to the sheer scale of the private sector and its threat hunting operations, but also due to the rapid pace of innovation in tooling and capabilities.  Effective disruption of malicious cyber activity requires more routine collaboration between the private sector entities that have unique insights and capabilities and the Federal agencies that have the means and authorities to act.  The 2021 takedown of the Emotet botnet showed the potential of this collaborative approach, with Federal agencies, international allies and partners, and private industry cooperating to disrupt the botnet’s operations.  Given the interest of the cybersecurity community and digital infrastructure owners and operators in continuing this approach, we must sustain and expand upon this model so that collaborative disruption operations can be carried out on a continuous basis.  民間部門は、敵対勢力の活動に対する可視性を高めている。 この洞察力は、連邦政府の洞察力よりも広範かつ詳細であることが多い。これは、民間企業やその脅威探求活動の規模が大きいことに加え、ツールや能力における技術革新のスピードが速いことが一因である。 悪意のあるサイバー活動を効果的に阻止するには、独自の洞察力と能力を持つ民間部門と、行動する手段と権限を持つ連邦機関の間で、より日常的な協力が必要である。 2021年のEmotetボットネットの破壊は、連邦政府機関、国際的な同盟国やパートナー、民間企業が協力してボットネットの活動を妨害し、この協力アプローチの可能性を示した。 サイバーセキュリティ業界とデジタルインフラ所有者・運営者がこのアプローチを継続することに関心を持っていることを考えると、我々はこのモデルを維持・拡大し、共同破壊作戦を継続的に実施できるようにしなければならない。
Private sector partners are encouraged to come together and organize their efforts through one or more nonprofit organizations that can serve as hubs for operational collaboration with the Federal Government, such as the National Cyber-Forensics and Training Alliance (NCFTA).  Threatspecific collaboration should take the form of nimble, temporary cells, comprised of a small number of trusted operators, hosted and supported by a relevant hub.  Using virtual collaboration platforms, members of the cell would share information bidirectionally and work rapidly to disrupt adversaries. The Federal Government will rapidly overcome barriers to supporting and leveraging this collaboration model, such as security requirements and records management policy.  民間セクターのパートナーは、全米サイバー犯罪捜査・訓練連合(NCFTA)のような、連邦政府との作戦協力のハブとなりうる一つまたは複数の非営利組織を通じて、その努力を結集し組織化することが推奨される。 脅威別のコラボレーションは、少数の信頼できるオペレータで構成され、関連するハブによってホストされサポートされる、迅速で一時的なセルの形態を取るべきである。 仮想コラボレーション・プラットフォームを使って、セルのメンバーは情報を双方向に共有し、敵対者を混乱させるために迅速に作業することになる。連邦政府は、セキュリティ要件や記録管理方針など、このコラボレーション・モデルの支援と活用を阻む障壁を迅速に克服する。
STRATEGIC OBJECTIVE 2.3: INCREASE THE SPEED AND SCALE OF INTELLIGENCE SHARING AND VICTIM NOTIFICATION  戦略目標 2.3: 情報共有と被害者通知の速度と規模の拡大 
The timely sharing of threat intelligence between Federal and non-Federal partners enhances collaborative efforts to disrupt and dismantle adversaries.  Open-source cybersecurity intelligence and private sector intelligence providers have greatly increased collective awareness of cyber threats, but national intelligence that only the government can collect remains invaluable.  For instance, the NSA Cybersecurity Collaboration Center’s national intelligence-driven engagement with industry has been highly effective at disrupting adversary activity targeting the Defense Industrial Base.  Similarly, CISA enables persistent, multi-directional threat information sharing with the private sector through the JCDC and, in coordination with the FBI, uses that information to accelerate victim notification and to reduce the impact of identified intrusions.  連邦政府と連邦政府以外のパートナーとの間で脅威の情報をタイムリーに共有することで、敵対者を混乱させ、解体するための協力的な取り組みが強化される。 オープンソースのサイバーセキュリティ情報と民間の情報プロバイダーによって、サイバー脅威に対する認識が大幅に向上したが、政府のみが収集できる国家情報は依然として非常に貴重である。 例えば、NSAサイバーセキュリティ・コラボレーション・センターの国家情報主導型の産業界との連携は、防衛産業基盤を標的とする敵対者の活動を妨害する上で非常に効果的であった。 同様に、CISA は JCDC を通じて民間企業との持続的かつ多方向の脅威情報共有を可能にし、FBI と連携してその情報を利用して被害者通知を迅速化し、特定した侵入の影響を軽減している。
The Federal Government will increase the speed and scale of cyber threat intelligence sharing to proactively warn cyber defenders and notify victims when the government has information that an organization is being actively targeted or may already be compromised.  SRMAs, in coordination with CISA, law enforcement agencies, and the CTIIC, will identify intelligence needs and priorities within their sector and develop processes to share warnings, technical indicators, threat context, and other relevant information with both government and non-government partners.  These processes must provide mechanisms for the private sector to provide timely feedback and their own threat intelligence to the Federal Government to improve targeting of cyber threats for disruption and further intelligence collection.  The Federal Government will also review declassification policies and processes to determine the conditions under which extending additional classified access and expanding clearances is necessary to provide actionable intelligence to owners and operators of critical infrastructure.  連邦政府は、組織が積極的に狙われている、または既に侵害されている可能性があるという情報を政府が得た場合、サイバー防御者に警告し、被害者に通知するために、サイバー脅威情報の共有のスピードと規模を向上させる。 SRMA は、CISA、法執行機関、および CTIIC と連携して、その部門における情報のニーズと優先順位を特定し、警告、技術的指標、脅威の状況、およびその他の関連情報を政府および非政府組織の両方のパートナーと共有するためのプロセスを開発することになる。 これらのプロセスは、民間部門がタイムリーなフィードバックと独自の脅威情報を連邦政府に提供し、サイバー脅威の破壊とさらなる情報収集のターゲットを改善するための仕組みを提供する必要がある。 連邦政府はまた、機密解除の方針とプロセスを見直し、重要インフラの所有者と運営者に実用的な情報を提供するために、追加の機密アクセス権とクリアランスを拡大することが必要な条件を判断することになる。
STRATEGIC OBJECTIVE 2.4: PREVENT ABUSE OF U.S.-BASED INFRASTRUCTURE  戦略目標2.4:米国拠点のインフラ悪用の防止 
Malicious cyber actors exploit U.S.-based cloud infrastructure, domain registrars, hosting and email providers, and other digital services to carry out criminal activity, malign influence operations, and espionage against individual victims, businesses, governments, and other organizations in the United States and abroad.  Often, these services are leased through foreign resellers who have multiple degrees of separation from their U.S.-based providers, hindering the ability of those providers to address abuse complaints or respond to legal process from U.S. authorities.  The Federal Government will work with cloud and other internet infrastructure providers to quickly identify malicious use of U.S.-based infrastructure, share reports of malicious use with the government, make it easier for victims to report abuse of these systems, and make it more difficult for malicious actors to gain access to these resources in the first place.  悪意のあるサイバー行為者は、米国を拠点とするクラウドインフラ、ドメイン登録業者、ホスティングおよび電子メールプロバイダー、その他のデジタルサービスを悪用して、米国内外の被害者個人、企業、政府、その他の組織に対して犯罪行為、悪意ある影響力の行使、スパイ活動を実施している。 多くの場合、これらのサービスは、米国を拠点とするプロバイダーから何段階も離れた海外の再販業者を通じてリースされているため、プロバイダーが不正利用の苦情に対処したり、米国当局からの法的手続きに対応したりする能力に支障をきたしている。 連邦政府は、クラウドおよびその他のインターネット・インフラ・プロバイダーと協力して、米国を拠点とするインフラの悪意ある利用を迅速に特定し、悪意ある利用の報告を政府と共有し、被害者がこれらのシステムの悪用を報告しやすくし、悪意ある行為者がそもそもこれらのリソースにアクセスすることをより困難にするよう努める。
All service providers must make reasonable attempts to secure the use of their infrastructure against abuse or other criminal behavior.  The Administration will prioritize adoption and enforcement of a risk-based approach to cybersecurity across Infrastructure-as-a-Service providers that addresses known methods and indicators of malicious activity including through implementation of EO 13984, “Taking Additional Steps to Address the National Emergency with Respect to Significant Malicious Cyber-Enabled Activities.”  Implementation of this order will make it more difficult for adversaries to abuse U.S.-based infrastructure while safeguarding individual privacy.  すべてのサービス・プロバイダーは、そのインフラの利用を悪用やその他の犯罪行為から保護するために合理的な試みをしなければならない。 行政は、EO 13984「重大な悪意のあるサイバー対応活動に関する国家緊急事態に対処するための追加措置」の実施などを通じて、悪意のある活動の既知の手法や指標に対処するInfrastructure-as-a-Serviceプロバイダー全体のサイバーセキュリティに対するリスクベースのアプローチの採用と実施を優先させるだろう。 この命令を実施することで、個人のプライバシーを保護しながら、敵対者が米国を拠点とするインフラを悪用することをより困難にすることができる。
STRATEGIC OBJECTIVE 2.5: COUNTER CYBERCRIME, DEFEAT RANSOMWARE  戦略目標2.5:サイバー犯罪への対抗とランサムウェアの撲滅 
Ransomware is a threat to national security, public safety, and economic prosperity.  Ransomware operators have disrupted hospitals, schools, pipeline operations, government services, and other critical infrastructure and essential services.  Operating from safe havens like Russia, Iran, and North Korea, ransomware actors exploit poor cybersecurity practices to take control of victim networks and rely on cryptocurrencies to receive extortion payments and launder their proceeds.  ランサムウェアは、国家の安全保障、公共の安全、および経済の繁栄に対する脅威である。 ランサムウェアの運営者は、病院、学校、パイプラインの運用、政府サービス、その他の重要なインフラや重要なサービスに支障をきたしている。 ロシア、イラン、北朝鮮などの安全な避難所から活動するランサムウェアの実行者は、サイバーセキュリティの不備を突いて被害者のネットワークを制御し、暗号通貨に依存して恐喝の支払いを受け、その収益を洗浄する。
Given ransomware’s impact on key critical infrastructure services, the United States will employ all elements of national power to counter the threat along four lines of effort: (1) leveraging international cooperation to disrupt the ransomware ecosystem and isolate those countries that provide safe havens for criminals; (2) investigating ransomware crimes and using law enforcement and other authorities to disrupt ransomware infrastructure and actors; (3) bolstering critical infrastructure resilience to withstand ransomware attacks; and (4) addressing the abuse of virtual currency to launder ransom payments.  ランサムウェアが重要なインフラサービスに影響を及ぼすことを踏まえ、米国はこの脅威に対抗するため、国力のあらゆる要素を用いて、次の4つの取り組みを行っていく。(1)国際協力を活用してランサムウェアのエコシステムを破壊し、犯罪者のセーフヘイブンを提供している国を孤立させる、(2)ランサムウェア犯罪を捜査し、法執行機関やその他の権限を活用してランサムウェアのインフラと行為者を破壊する、(3)ランサムウェア攻撃に耐える重要インフラの回復力を高める、(4)身代金支払いを洗浄する仮想通貨の不正使用に対処する、ということである。
As ransomware is a borderless challenge requiring international cooperation, the White House has convened the Counter-Ransomware Initiative (CRI) with participation from more than thirty countries.  The CRI has conducted global exercises to build resilience and, as of January 2023, launched an international counter ransomware task force, led by Australia, to share information regarding the actors and infrastructure conducting ransomware attacks that will support and further accelerate CRI member countries’ existing, often coordinated disruption efforts.  The CRI will also drive synchronization of policy and diplomatic efforts across its members.  ランサムウェアは国境を越えた問題であり、国際的な協力が必要であるため、ホワイトハウスは30カ国以上が参加するランサムウェア対策イニシアチブ(CRI)を開催している。 CRIは、レジリエンスを高めるためのグローバルな演習を実施し、2023年1月には、オーストラリアが主導する国際的なランサムウェア対策タスクフォースを立ち上げ、ランサムウェア攻撃を行う主体とインフラに関する情報を共有し、CRIメンバー国の既存の、しばしば連携した破壊活動を支援、さらに加速させることにしている。 CRIはまた、加盟国間の政策および外交努力の同期化を推進する。
The Administration is committed to mounting disruption campaigns and other efforts that are so sustained, coordinated, and targeted that they render ransomware no longer profitable.  The Joint Ransomware Task Force (JRTF), co-chaired by CISA and the Federal Bureau of Investigation (FBI), will coordinate, deconflict, and synchronize existing interagency efforts to disrupt ransomware operations and provide support to private sector and SLTT efforts to increase their protections against ransomware.  CRIは、ランサムウェアがもはや利益を生まないようにするために、持続的、協調的、かつ的を絞った破壊キャンペーンやその他の取り組みを実施することを約束する。 CISAと連邦捜査局(FBI)が共同議長を務めるランサムウェア合同対策チーム(JRTF)は、ランサムウェアの活動を妨害するための既存の省庁間の取り組みを調整、混乱、同期化し、ランサムウェアに対する保護を強化する民間部門とSLTTの取り組みに支援を提供する。
Our approach will also include targeting the illicit cryptocurrency exchanges on which ransomware operators rely and improving international implementation of standards for combatting virtual asset illicit finance.  The United States subjects financial institutions offering covered services in cryptocurrencies to Anti-Money Laundering and Countering the Financing of Terrorism (AML/CFT) controls, and the Department of the Treasury, the Secret Service, DOJ, the FBI, and private sector partners are collaborating to trace and interdict ransomware payments.  The CRI has gained the commitment of members to implement international AML/CFT standards, including know-your-customer (KYC) rules, to make it harder for ransomware actors to launder cryptocurrency proceeds from attacks.  Over the long term, the United States will support implementation of international AML/CFT standards globally to mitigate the use of cryptocurrencies for illicit activities that undermine our national interest as part of our efforts to implement EO 14067, “Ensuring Responsible Development of Digital Assets.”  また、ランサムウェアの運営者が依存する不正な暗号通貨取引所を標的とし、仮想資産の不正金融に対抗するための基準の国際的な実施を改善することも、我々のアプローチに含まれるだろう。 米国では、暗号通貨で対象サービスを提供する金融機関をマネーロンダリング防止およびテロ資金調達対策(AML/CFT)規制の対象としており、財務省、シークレットサービス、司法省、FBI、民間部門のパートナーが連携してランサムウェアによる支払いの追跡と阻止を進めている。 CRIは、ランサムウェアの実行者が攻撃から得た暗号通貨の収益を洗浄することを困難にするために、顧客に関する知識(KYC)ルールを含む国際的なAML/CFT基準を実施するようメンバーのコミットメントを獲得してきた。 長期的には、米国は大統領令 14067 「デジタルアセットの責任ある開発の確保」を実施する取り組みの一環として、国益を損なう不正行為への暗号通貨の使用を軽減するために、国際的なAML/CFT基準の実施をグローバルに支援していく。
Ultimately, the most effective way to undermine the motivation of these criminal groups is to reduce the potential for profit.  For this reason, the Administration strongly discourages the payment of ransoms.  At the same time, victims of ransomware – whether or not they choose to pay a ransom - should report the incident to law enforcement and other appropriate agencies.  These reports enhance the Federal Government’s ability to provide victim support, to prevent further use of cryptocurrencies to evade AML/CFT controls, and to reduce the likelihood that future ransomware attacks will be successful. 最終的に、これらの犯罪集団の動機を弱める最も効果的な方法は、利益を得る可能性を減らすことである。 このため、行政は身代金を支払わないことを強く推奨している。 同時に、ランサムウェアの被害者は、身代金の支払いを選択するかどうかにかかわらず、法執行機関やその他の適切な機関に事件を報告する必要がある。 これらの報告により、連邦政府は被害者支援を提供する能力を高め、AML/CFT規制を回避するための暗号通貨のさらなる使用を防止し、将来のランサムウェア攻撃が成功する可能性を低減させることができる。
PILLAR THREE | SHAPE MARKET FORCES TO DRIVE SECURITY AND RESILIENCE  柱 3|セキュリティとレジリエンスを推進するための市場の力の形成 
To build the secure and resilient future we want, we must shape market forces to place responsibility on those within our digital ecosystem that are best positioned to reduce risk.  We will shift the consequences of poor cybersecurity away from the most vulnerable, making our digital ecosystem more worthy of trust.  In this effort, we will not replace or diminish the role of the market, but channel market forces productively toward keeping our country resilient and secure.  Our goal is a modern digital economy that promotes practices that enhance the security and resilience of our digital ecosystem while preserving innovation and competition.  我々が望む安全でレジリエンスに優れた未来を築くためには、デジタル・エコシステムの中でリスクを低減するために最も適した立場にある人々に責任を負わせるよう、市場の力を形成する必要がある。 我々は、サイバーセキュリティの不備がもたらす結果を最も脆弱な人々から遠ざけ、デジタルエコシステムがより信頼に値するものになるようにする。 この取り組みにおいて、我々は市場の役割に取って代わることも減らすこともしませんが、市場の力を我が国のレジリエンスと安全性の維持に向け、生産的に働かせていく。 我々の目標は、イノベーションと競争を維持しながら、デジタルエコシステムのセキュリティとレジリエンスを強化する手法を推進する近代的なデジタル経済である。
Continued disruptions of critical infrastructure and thefts of personal data make clear that market forces alone have not been enough to drive broad adoption of best practices in cybersecurity and resilience.  In too many cases, organizations that choose not to invest in cybersecurity negatively and unfairly impact those that do, often disproportionately impacting small businesses and our most vulnerable communities.  While market forces remain the first, best route to agile and effective innovation, they have not adequately mobilized industry to prioritize our core economic and national security interests.  重要インフラの破壊や個人情報の盗難が続いていることから、サイバーセキュリティとレジリエンスのベストプラクティスを広く普及させるには、市場の力だけでは十分でないことが明らかになった。 サイバーセキュリティに投資しないことを選択した組織が、投資している組織に悪影響を与え、不公平になるケースがあまりにも多く、中小企業や最も脆弱なコミュニティに不釣り合いな影響を与えることも少なくない。 市場原理は、機敏で効果的なイノベーションを実現するための最初で最善の方法であることに変わりはないが、経済と国家安全保障の中核的利益を優先させるために産業を十分に動員しているとは言えない。
To address these challenges, the Administration will shape the long-term security and resilience of the digital ecosystem, against both today’s threats and tomorrow’s challenges.  We must hold the stewards of our data accountable for the protection of personal data; drive the development of more secure connected devices; and reshape laws that govern liability for data losses and harm caused by cybersecurity errors, software vulnerabilities, and other risks created by software and digital technologies.  We will use Federal purchasing power and grant-making to incentivize security.  And we will explore how the government can stabilize insurance markets against catastrophic risk to drive better cybersecurity practices and to provide market certainty when catastrophic events do occur.  これらの課題に対処するため、政権は、今日の脅威と明日の課題の両方に対して、デジタル・エコシステムの長期的なセキュリティとレジリエンスを形成していく。 我々は、データの管理者に個人情報保護の責任を負わせ、より安全な接続機器の開発を促進し、サイバーセキュリティのエラーやソフトウェアの脆弱性、ソフトウェアやデジタル技術によって生じるその他のリスクによるデータ損失や損害に対する責任を規定する法律を再構築しなければならない。 我々は、連邦政府の購買力と助成金制度を利用して、セキュリティを奨励する。 また、より優れたサイバーセキュリティの実践を促進し、壊滅的な事象が発生した場合に市場の確実性を高めるために、政府が壊滅的なリスクに対する保険市場を安定化させる方法を検討する。
STRATEGIC OBJECTIVE 3.1: HOLD THE STEWARDS OF OUR DATA ACCOUNTABLE 戦略目標3.1:データの管理者に説明責任を持たせる 
Securing personal data is a foundational aspect to protecting consumer privacy in a digital future.  Data-driven technologies have transformed our economy and offer convenience for consumers.  But the dramatic proliferation of personal information expands the threat environment and increases the impact of data breaches on consumers.  When organizations that have data on individuals fail to act as responsible stewards for this data, they externalize the costs onto everyday Americans.  Often, the greatest harm falls upon the vulnerable populations for whom risks to their personal data can produce disproportionate harms.  個人データの保護は、デジタルの未来において消費者のプライバシーを保護するための基礎となる側面である。 データ駆動型テクノロジーは、経済を変革し、消費者に利便性を提供してきた。 しかし、個人情報の激増は、脅威の環境を拡大し、データ侵害が消費者に与える影響を増大させる。 個人に関するデータを保有する組織が、このデータの責任ある管理者として行動できない場合、そのコストは一般消費者に外部に漏れることになる。 多くの場合、最大の被害は、個人データへのリスクが不均衡な被害をもたらす可能性のある社会的弱者に降りかかる。
The Administration supports legislative efforts to impose robust, clear limits on the ability to collect, use, transfer, and maintain personal data and provide strong protections for sensitive data like geolocation and health information.  This legislation should also set national requirements to secure personal data consistent with standards and guidelines developed by NIST.  By providing privacy requirements that evolve with threats, the United States can pave the way for a more secure future.   行政は、個人データの収集、利用、移転、維持に強固で明確な制限を課し、地理位置情報や健康情報などの機密データに強力な保護を提供する立法措置を支持する。 また、この法律は、NISTが開発した標準とガイドラインに一致する個人データを保護するための国家要件を設定する必要がある。 脅威に応じて進化するプライバシー要件を提供することで、米国はより安全な未来への道を開くことができる。 
STRATEGIC OBJECTIVE 3.2: DRIVE THE DEVELOPMENT OF SECURE IOT DEVICES  戦略目標3.2:安全なIoTデバイスの開発の促進 
Internet of Things (IoT) devices, including both consumer goods like fitness trackers and baby monitors, as well as industrial control systems and sensors, introduce new sources of connectivity in our homes and businesses.  However, many of the IoT devices deployed today are not sufficiently protected against cybersecurity threats.  Too often they have been deployed with inadequate default settings, can be difficult or impossible to patch or upgrade, or come equipped with advanced—and sometimes unnecessary—capabilities that enable malicious cyber activities on critical physical and digital systems.  Recent IoT vulnerabilities have shown just how easily bad actors can exploit these devices to construct botnets and conduct surveillance.  フィットネストラッカーやベビーモニターなどの消費財や、産業用制御システム、センサーなどのIoT機器は、家庭やビジネスに新しいコネクティビティの源を導入している。 しかし、今日展開されているIoT機器の多くは、サイバーセキュリティの脅威から十分に保護されていない。 不適切な初期設定のまま導入されたり、パッチやアップグレードが困難または不可能であったり、重要な物理システムやデジタルシステムに対する悪意のあるサイバー活動を可能にする高度な、時には不必要な機能を備えていることが非常に多くなっている。 最近のIoTの脆弱性により、悪意ある行為者がいかに簡単にこれらの機器を悪用してボットネットを構築し、監視を行うことができるかが明らかになっている。
The Administration will continue to improve IoT cybersecurity through Federal research and development (R&D), procurement, and risk management efforts, as directed in the IoT Cybersecurity Improvement Act of 2020.  In addition, the Administration will continue to advance the development of IoT security labeling programs, as directed under EO 14028, “Improving the Nation’s Cybersecurity.”  Through the expansion of IoT security labels, consumers will be able to compare the cybersecurity protections offered by different IoT products, thus creating a market incentive for greater security across the entire IoT ecosystem.  政権は、2020年IoTサイバーセキュリティ改善法の指示に従い、連邦政府の研究開発(R&D)、調達、リスクマネジメントの取り組みを通じて、IoTサイバーセキュリティを引き続き改善する。 また、大統領令 14028 「国家のサイバーセキュリティの改善」の指示に従い、政権はIoTセキュリティ・ラベリング・プログラムの開発を引き続き推進する予定である。 IoTセキュリティラベルの拡大を通じて、消費者はさまざまなIoT製品が提供するサイバーセキュリティ保護を比較できるようになり、IoTエコシステム全体でセキュリティを強化するための市場インセンティブが生まれる。
STRATEGIC OBJECTIVE 3.3: SHIFT LIABILITY FOR INSECURE SOFTWARE PRODUCTS AND SERVICES  戦略目標 3.3: 安全でないソフトウェア製品とサービスに対する責任の転換 
Markets impose inadequate costs on—and often reward—those entities that introduce vulnerable products or services into our digital ecosystem.  Too many vendors ignore best practices for secure development, ship products with insecure default configurations or known vulnerabilities, and integrate third-party software of unvetted or unknown provenance.  Software makers are able to leverage their market position to fully disclaim liability by contract, further reducing their incentive to follow secure-by-design principles or perform pre-release testing.  Poor software security greatly increases systemic risk across the digital ecosystem and leave American citizens bearing the ultimate cost.  市場は、デジタル・エコシステムに脆弱な製品やサービスを導入する主体に対して不適切なコストを課しており、多くの場合、それに見合う報酬を得ている。 多くのベンダーが、安全な開発のためのベストプラクティスを無視し、安全でないデフォルト設定や既知の脆弱性を持つ製品を出荷し、検証されていない、または出所が不明なサードパーティソフトウェアを統合している。 ソフトウェアメーカーは、市場での地位を利用して契約による責任を完全に放棄することができるため、セキュアバイデザインの原則に従ったり、リリース前のテストを実施したりするインセンティブがさらに低下している。 ソフトウェア・セキュリティの不備は、デジタル・エコシステム全体のシステミック・リスクを大幅に増大させ、最終的なコストは米国市民が負担することになる。
We must begin to shift liability onto those entities that fail to take reasonable precautions to secure their software while recognizing that even the most advanced software security programs cannot prevent all vulnerabilities.  Companies that make software must have the freedom to innovate, but they must also be held liable when they fail to live up to the duty of care they owe consumers, businesses, or critical infrastructure providers.  Responsibility must be placed on the stakeholders most capable of taking action to prevent bad outcomes, not on the end-users that often bear the consequences of insecure software nor on the open-source developer of a component that is integrated into a commercial product.  Doing so will drive the market to produce safer products and services while preserving innovation and the ability of startups and other small- and medium-sized businesses to compete against market leaders.  我々は、最も高度なソフトウェアセキュリティプログラムでもすべての脆弱性を防ぐことはできないことを認識しつつ、ソフトウェアを保護するための合理的な予防措置を講じなかった事業者に責任を負わせることを開始しなければならない。 ソフトウェアを製造する企業には技術革新の自由がなければならないが、消費者、企業、重要インフラ提供者に負うべき注意義務を果たせなかった場合には、責任を負わなければならないことも確かである。 責任は、安全でないソフトウェアの結果をしばしば負担するエンドユーザーや、商用製品に統合されるコンポーネントのオープンソース開発者ではなく、悪い結果を防ぐために行動を起こすことが最も可能な利害関係者に負わせる必要がある。 そうすることで、より安全な製品やサービスを生み出す市場を促進する一方、イノベーションと、新興企業やその他の中小企業が市場のリーダーと競争する能力を維持することができる。
The Administration will work with Congress and the private sector to develop legislation establishing liability for software products and services.  Any such legislation should prevent manufacturers and software publishers with market power from fully disclaiming liability by contract, and establish higher standards of care for software in specific high-risk scenarios.  To begin to shape standards of care for secure software development, the Administration will drive the development of an adaptable safe harbor framework to shield from liability companies that securely develop and maintain their software products and services.  This safe harbor will draw from current best practices for secure software development, such as the NIST Secure Software Development Framework.  It also must evolve over time, incorporating new tools for secure software development, software transparency, and vulnerability discovery.  政権は、議会や民間部門と協力して、ソフトウェア製品とサービスの責任を確立する法律を策定する。 そのような法律は、市場支配力のあるメーカーやソフトウェア出版社が契約によって責任を完全に放棄することを防ぎ、特定の高リスクのシナリオにおけるソフトウェアのためのより高いケア基準を確立する必要がある。 安全なソフトウェア開発のためのケア基準を策定し始めるために、行政は、ソフトウェア製品とサービスを安全に開発・維持する企業を責任から保護する、適応可能なセーフハーバーの枠組みの開発を推進する予定である。 このセーフハーバーは、NISTの「セキュアソフトウェア開発フレームワーク」 など、安全なソフトウェア開発のための現在のベストプラクティスを参考にする予定である。 また、安全なソフトウェア開発、ソフトウェアの透明性、脆弱性の発見のための新しいツールを取り入れ、時とともに進化させなければならない。
To further incentivize the adoption of secure software development practices, the Administration will encourage coordinated vulnerability disclosure across all technology types and sectors; promote the further development of SBOMs; and develop a process for identifying and mitigating the risk presented by unsupported software that is widely used or supports critical infrastructure.  In partnership with the private sector and the open-source software community, the Federal Government will also continue to invest in the development of secure software, including memorysafe languages and software development techniques, frameworks, and testing tools.  安全なソフトウェア開発手法の採用をさらに奨励するため、行政は、すべての技術タイプおよびセクターにわたる協調的な脆弱性開示を奨励し、SBOM のさらなる開発を促進し、広く使用されているか重要インフラを支えているサポートされていないソフトウェアが示すリスクを特定および軽減するプロセスを開発する予定である。 また、民間企業やオープンソースソフトウェアコミュニティと連携して、連邦政府は、メモリセーフ言語やソフトウェア開発技術、フレームワーク、テストツールなど、安全なソフトウェアの開発への投資を継続する。
STRATEGIC OBJECTIVE 3.4: USE FEDERAL GRANTS AND OTHER INCENTIVES TO BUILD IN SECURITY  戦略目標 3.4: 連邦政府の補助金やその他のインセンティブを利用したセキュリティの構築 
Federal grant programs offer strategic opportunities to make investments in critical infrastructure that are designed, developed, fielded, and maintained with cybersecurity and all-hazards resilience in mind.  Through programs funded by the Bipartisan Infrastructure Law, the Inflation Reduction Act, and the CHIPS and Science Act, the United States is making once-in-a-generation investments in our infrastructure and the digital ecosystem that supports it.  This Administration is committed to making investments in a manner that increases our collective systemic resilience.  連邦政府の助成金制度は、サイバーセキュリティとオールハザードのレジリエンスを念頭に置いて設計、開発、実戦、保守された重要インフラへの投資を行う戦略的機会を提供する。 超党派インフラ法、インフレ抑制法、CHIPS および科学法から資金提供を受けたプログラムを通じて、米国はインフラとそれを支えるデジタル・エコシステムに一世一代の投資を行っている。 本政権は、我々の集合的なシステムのレジリエンスを高めるような形で投資を行うことを確約している。
The Federal Government will collaborate with SLTT entities, the private sector, and other partners to balance cybersecurity requirements for applicants with technical assistance and other forms of support.  Together, we can drive investment in critical products and services that are secure- and resilient-by-design, and sustain and incentivize security and resilience throughout the lifecycle of critical infrastructure.  The Federal Government will also prioritize funding for cybersecurity research, development, and demonstration (RD&D) programs aimed at strengthening critical infrastructure cybersecurity and resilience.  And, the Administration will work with Congress to develop other incentive mechanisms to drive better cybersecurity practices at scale.  連邦政府は、SLTT、民間企業、その他のパートナーと協力し、申請者に対するサイバーセキュリティの要件と技術支援やその他の形態の支援のバランスを取っていく予定である。 我々は、設計段階から安全とレジリエンスを確保した重要な製品とサービスへの投資を促進し、重要インフラのライフサイクル全体を通じてセキュリティとレジリエンスを維持し、奨励することができる。 連邦政府は、重要インフラのサイバーセキュリティとレジリエンスの強化を目的としたサイバーセキュリティ研究・開発・実証(RD&D)プログラムへの資金提供も優先させる予定である。 さらに、政府は議会と協力して、より優れたサイバーセキュリティの実践を大規模に推進するための他のインセンティブメカニズムを開発する。
STRATEGIC OBJECTIVE 3.5: LEVERAGE FEDERAL PROCUREMENT TO IMPROVE ACCOUNTABILITY  戦略目標 3.5: 連邦調達の活用によるアカウンタビリティの向上 
Contracting requirements for vendors that sell to the Federal Government have been an effective tool for improving cybersecurity.  EO 14028, “Improving the Nation’s Cybersecurity,” expands upon this approach, ensuring that contract requirements for cybersecurity are strengthened and standardized across Federal agencies.  Continuing to pilot new concepts for setting, enforcing, and testing cybersecurity requirements through procurement can lead to novel and scalable approaches.  連邦政府への販売を行うベンダーに対する契約要件は、サイバーセキュリティを改善するための効果的な手段となっている。 大統領令 14028「国家のサイバーセキュリティの改善」は、このアプローチを発展させ、サイバーセキュリティに関する契約要件が強化され、連邦政府機関全体で標準化されることを保証している。 調達を通じてサイバーセキュリティ要件を設定、実施、テストするための新しいコンセプトの試行を継続することで、斬新であるケーラブルなアプローチにつながる可能性がある。
When companies make contractual commitments to follow cybersecurity best practices to the Federal Government, they must live up to them.  The Civil Cyber-Fraud Initiative (CCFI) uses DOJ authorities under the False Claims Act to pursue civil actions against government grantees and contractors who fail to meet cybersecurity obligations.  The CCFI will hold accountable entities or individuals that put U.S. information or systems at risk by knowingly providing deficient cybersecurity products or services, knowingly misrepresenting their cybersecurity practices or protocols, or knowingly violating obligations to monitor and report cyber incidents and breaches.  企業が連邦政府に対してサイバーセキュリティのベストプラクティスに従うと契約上の約束をした場合、企業はその約束に従わなければならない。 市民サイバー不正イニシアティブ (Civil Cyber-Fraud Initiative; CCFI) は、偽請求法に基づく司法省の権限を利用して、サイバーセキュリティの義務を果たさない政府の助成金および請負業者に対して民事訴訟を起こする。 CCFI は、欠陥のあるサイバーセキュリティ製品やサービスを故意に提供したり、サイバーセキュリティの実践やプロトコルを故意に不当表示したり、サイバー事件や侵害を監視・報告する義務に故意に違反することによって、米国の情報やシステムを危険にさらす事業者や個人に責任を負わせるものである。
STRATEGIC OBJECTIVE 3.6: EXPLORE A FEDERAL CYBER INSURANCE BACKSTOP  戦略目標 3.6: 連邦政府によるサイバー保険のバックアップの検討 
When catastrophic incidents occur, it is a government responsibility to stabilize the economy and provide certainty in uncertain times.  In the event of a catastrophic cyber incident, the Federal Government could be called upon to stabilize the economy and aid recovery.  Structuring that response before a catastrophic event occurs—rather than rushing to develop an aid package after the fact—could provide certainty to markets and make the nation more resilient.  The Administration will assess the need for and possible structures of a Federal insurance response to catastrophic cyber events that would support the existing cyber insurance market.  In developing this assessment, the Administration will seek input from, and consult with, Congress, state regulators, and industry stakeholders. 大惨事が発生した場合、経済を安定させ、不確実な時代に確実性を提供することは政府の責任である。 壊滅的なサイバー事件が発生した場合、連邦政府は経済を安定化させ、回復を支援するよう求められる可能性がある。 壊滅的な事件が発生してから慌てて支援策を練るのではなく、事件が発生する前にその対応を構築しておけば、市場に確実性をもたらし、国家をより強固にすることができる。 政府は既存のサイバー保険市場を支援する、壊滅的なサイバー事象に対する連邦保険対応の必要性と可能な構造を評価する予定である。 この評価を行うにあたり、行政は議会、州の規制当局、業界の利害関係者からの意見を求め、協議を行う。
PILLAR FOUR | INVEST IN A RESILIENT FUTURE  柱4:レジリエンスな未来への投資 
A resilient and flourishing digital future tomorrow begins with investments made today.  We can build a more secure, resilient, privacy-preserving, and equitable digital ecosystem through strategic investments and coordinated, collaborative action.  In doing so, the United States will maintain its leading role as the world’s foremost innovator in secure and resilient next-generation technologies and infrastructure.  レジリエンスと繁栄をもたらすデジタルの未来は、今日の投資によって始まる。 我々は、戦略的投資と協調的・協力的行動を通じて、より安全でレジリエンスに優れ、プライバシーを保護し、公平なデジタル・エコシステムを構築することができる。 そうすることで、米国は安全でレジリエンスの高い次世代技術とインフラにおいて、世界有数のイノベーターとしての役割を維持することができる。
Foundational elements of our digital ecosystem, like the Internet, are products of sustained and mutually-supporting investments by both public and private sector entities.  However, public and private investments in cybersecurity have long trailed the threats and challenges we face.  As we build a new generation of digital infrastructure, from next-generation telecommunications and IoT to distributed energy resources, and prepare for revolutionary changes in our technology landscape brought by artificial intelligence and quantum computing, the need to address this investment gap has grown more urgent.  インターネットのようなデジタル・エコシステムの基礎的要素は、官民両セクターによる持続的かつ相互支援的な投資の産物である。 しかし、サイバーセキュリティに対する官民の投資は、我々が直面する脅威や課題に対して長い間追いついていないのが現状である。 次世代通信やIoTから分散型エネルギー資源まで、新世代のデジタルインフラを構築し、人工知能や量子コンピュータがもたらす技術環境の革命的変化に備える中で、この投資ギャップに対処する必要性はより一層高まっている。
The Federal Government must leverage strategic public investments in innovation, R&D, and education to drive outcomes that are economically sustainable and serve the national interest.  We will leverage the National Science Foundation’s (NSF) Regional Innovation Engines program, longstanding Secure and Trustworthy Cyberspace program; new grant programs and funding opportunities established in the Bipartisan Infrastructure Law, Inflation Reduction Act, and CHIPS and Science Act; Manufacturing Institutes; and other elements of the Federal research and development enterprise.  連邦政府は、イノベーション、研究開発、教育への戦略的な公共投資を活用し、経済的に持続可能で国益に資する成果を推進しなければならない。 我々は、全米科学財団(NSF)の地域イノベーションエンジン・プログラム、長年にわたる安全で信頼できるサイバースペース・プログラム、超党派インフラ法、インフレ削減法、CHIPSおよび科学法で確立された新しい助成プログラムおよび資金調達機会、製造研究所、および連邦研究開発企業の他の要素を活用する。
These investments will assure continued U.S. leadership in technology and innovation as part of a modern industrial and innovation strategy.  Decades of adversaries and malicious actors weaponizing our technology and innovation against us—to steal our intellectual property, interfere in or influence our electoral process, and undercut our national defenses—has demonstrated that leadership in innovation without security is not enough.  We will complement our efforts to outinnovate other countries with focused, coordinated action to optimize critical and emerging technologies for cybersecurity as they are developed and deployed.  We will ensure that resilience is not a discretionary element of new technical capabilities but a commercially viable element of the innovation and deployment process.  これらの投資は、近代的な産業およびイノベーション戦略の一環として、技術とイノベーションにおける米国の継続的なリーダーシップを保証するものである。 数十年にわたり、敵対勢力や悪意ある行為者が米国のテクノロジーとイノベーションを武器に、知的財産の窃盗、選挙プロセスへの干渉や影響、国防の弱体化を行ってきたことから、イノベーションにおけるリーダーシップは安全保障なしでは十分でないことが実証された。 我々は、他国を凌駕する革新的な取り組みを、重要かつ新たな技術を開発・展開する際に、サイバーセキュリティに最適化するための集中的かつ協調的な行動で補完していく。 我々は、レジリエンスが新しい技術的能力の裁量的要素ではなく、技術革新と配備のプロセスにおいて商業的に実行可能な要素であることを保証する。
STRATEGIC OBJECTIVE 4.1: SECURE THE TECHNICAL FOUNDATION OF THE INTERNET  戦略目標 4.1: インターネットの技術的基盤の確保 
The Internet is critical to our future but retains the fundamental structure of its past.  Many of the technical foundations of the digital ecosystem are inherently vulnerable.  Every time we build something new on top of this foundation, we add new vulnerabilities and increase our collective risk exposure.  We must take steps to mitigate the most urgent of these pervasive concerns such as Border Gateway Protocol vulnerabilities, unencrypted Domain Name System requests, and the slow adoption of IPv6.  Such a “clean-up” effort to reduce systemic risk requires identification of the most pressing of these security challenges, further development of effective security measures, and close collaboration between public and private sectors to reduce our risk exposure without disrupting the platforms and services built atop this infrastructure.  The Federal Government will lead by ensuring that its networks have implemented these and other security measures while partnering with stakeholders to develop and drive adoption of solutions that will improve the security of the Internet ecosystem and support research to understand and address reasons for slow adoption.  インターネットは我々の未来にとって不可欠なものであるが、過去の基本的な構造を保持している。 デジタル・エコシステムの技術的基盤の多くは、本質的に脆弱である。 この基盤の上に新しいものを構築するたびに、新たな脆弱性が追加され、我々の集団的なリスクエクスポージャーが増加する。 我々は、Border Gateway Protocol の脆弱性、暗号化されていない Domain Name System のリクエスト、IPv6 の採用の遅れなど、蔓延する懸念のうち最も緊急性の高いものを緩和するための措置を講じなければならない。 システミックリスクを軽減するためのこのような「クリーンアップ」作業には、これらのセキュリティ課題のうち最も緊急性の高いものを特定し、効果的なセキュリティ対策をさらに開発し、このインフラの上に構築されたプラットフォームやサービスを中断させることなくリスクへのエクスポージャーを減らすために官民が緊密に連携することが必要である。 連邦政府は、自国のネットワークがこれらのセキュリティ対策やその他のセキュリティ対策を確実に実施することによって主導権を握るとともに、利害関係者と連携してインターネットのエコシステムのセキュリティを向上させるソリューションの開発と採用を推進し、採用が進まない理由を理解し対処するための研究を支援する。
Preserving and extending the open, free, global, interoperable, reliable, and secure Internet requires sustained engagement in standards development processes to instill our values and ensure that technical standards produce technologies that are more secure and resilient.  As autocratic regimes seek to change the Internet and its multistakeholder foundation to enable government control, censorship, and surveillance, the United States and its foreign and private sector partners will implement a multi-pronged strategy to preserve technical excellence, protect our security, drive economic competitiveness, promote digital trade, and ensure that the “rules of the road” for technology standards favor principles of transparency, openness, consensus, relevance, and coherence.  By supporting non-governmental Standards Developing Organizations (SDOs), the United States will partner with industry leaders, international allies, academic institutions, professional societies, consumer groups, and nonprofits, to secure emerging technologies, enable interoperability, foster global market competition, and protect our national security and economic advantage.  オープン、フリー、グローバル、相互運用性、信頼性、安全性の高いインターネットを維持、拡張するには、標準開発プロセスに持続的に関与し、当社の価値観を浸透させ、技術標準がより安全で弾力性のある技術を生み出すことを保証する必要がある。 独裁政権がインターネットとそのマルチステークホルダー基盤を変更し、政府の統制、検閲、監視を可能にしようとする中、米国とその海外および民間部門のパートナーは、技術的卓越性を維持し、安全を守り、経済競争力を推進し、デジタル取引を促進し、技術標準の「道路の規則」が透明性、開放性、合意、関連性、一貫性の原則に賛成するように多角的戦略を実施する予定である。 非政府の標準化団体(SDOs)を支援することにより、米国は業界リーダー、国際的な同盟国、学術機関、専門学会、消費者団体、非営利団体と提携し、新興技術の安全確保、相互運用性の実現、国際市場競争の促進、国家安全保障と経済の優位性の保護に努める。
STRATEGIC OBJECTIVE 4.2: REINVIGORATE FEDERAL RESEARCH AND DEVELOPMENT FOR CYBERSECURITY  戦略目標 4.2: サイバーセキュリティのための連邦政府研究開発の活性化 
Through Federal efforts to prioritize research and development in defensible and resilient architectures and reduce vulnerabilities in underlying technologies, we can ensure that the technologies of tomorrow are more secure than those of today.   防衛的でレジリエンスに優れたアーキテクチャの研究開発を優先し、基盤技術の脆弱性を低減する連邦政府の取り組みを通じて、我々は明日の技術を今日よりも確実に安全なものにすることができる。 
As part of the update to the Federal Cybersecurity Research and Development Strategic Plan, the Federal Government will identify, prioritize, and catalyze the research, development, and demonstration (RD&D) community to proactively prevent and mitigate cybersecurity risks in existing and next generation technologies.  Departments and agencies will direct RD&D projects to advance cybersecurity and resilience in areas such as artificial intelligence, operational technologies and industrial control systems, cloud infrastructure, telecommunications, encryption, system transparency, and data analytics used in critical infrastructure.  These efforts will be supported by the Federal RD&D enterprise, including the NSF, DOE National Laboratories, and other Federally funded research and development centers (FFRDCs), and through partnerships with academia, manufacturers, technology companies, and owners and operators.  連邦サイバーセキュリティ研究開発戦略計画の更新の一環として、連邦政府は、既存および次世代の技術におけるサイバーセキュリティのリスクを積極的に防止・軽減するための研究・開発・実証(RD&D)コミュニティを特定し、優先順位を付け、活性化させる予定である。 各省庁は、人工知能、運用技術、産業用制御システム、クラウドインフラ、通信、暗号化、システム透過性、重要インフラで使用されるデータ分析などの分野で、サイバーセキュリティとレジリエンスを推進するRD&Dプロジェクトを指示する。 これらの取り組みは、NSF、DOE 国立研究所、その他の連邦政府出資の研究開発センター(FFRDC)を含む連邦 RD&D 企業、および学界、メーカー、テクノロジー企業、所有者および運営者とのパートナーシップによって支援されることになる。
These RD&D investments will focus on securing three families of technologies that will prove decisive for U.S. leadership in the coming decade: computing-related technologies, including microelectronics, quantum information systems, and artificial intelligence; biotechnologies and biomanufacturing; and clean energy technologies.  This effort will facilitate the proactive identification of potential vulnerabilities, as well as the research to mitigate them.  It will also support a larger modern industrial and innovation strategy to promote coordinated and strategic innovation and create markets for trustworthy products and services by comprehensively leveraging Federal investment vehicles, Federal purchasing power, and Federal regulations.  これらの RD&D 投資は、今後 10 年間の米国のリーダーシップにとって決定的となる、マイクロエレクトロニクス、量子情報システム、人工知能を含むコンピューティング関連技術、バイオテクノロジーとバイオ製造、クリーンエネルギー技術の 3 系統の確保に重点を置くことになる。 この取り組みは、潜在的な脆弱性を事前に特定し、それを軽減するための研究を促進するものである。 また、連邦政府の投資手段、連邦政府の購買力、連邦政府の規制を総合的に活用することにより、協調的かつ戦略的なイノベーションを促進し、信頼できる製品・サービスの市場を創出する、より大きな現代産業・イノベーション戦略を支援するものである。
STRATEGIC OBJECTIVE 4.3: PREPARE FOR OUR POST-QUANTUM FUTURE  戦略目標 4.3: 量子時代後の未来への備え 
Strong encryption is foundational to cybersecurity and global commerce.  It is the primary way we protect our data online, validate end users, authenticate signatures, and certify the accuracy of information.  But quantum computing has the potential to break some of the most ubiquitous encryption standards deployed today.  We must prioritize and accelerate investments in widespread replacement of hardware, software, and services that can be easily compromised by quantum computers so that information is protected against future attacks.  強力な暗号化は、サイバーセキュリティとグローバルな商取引の基礎となる。 暗号化は、オンラインでのデータ保護、エンドユーザーの認証、署名の認証、情報の正確性の証明のための主要な手段である。 しかし、量子コンピュータは、現在最も普及している暗号化標準のいくつかを破る可能性がある。 将来の攻撃から情報を保護するために、量子コンピュータによって容易に侵害される可能性のあるハードウェア、ソフトウェア、サービスを広く交換するための投資を優先し、加速させる必要がある。
To balance the promotion and advancement of quantum computing against threats posed to digital systems, NSM 10, “Promoting United States Leadership in Quantum Computing While Mitigating Risks to Vulnerable Cryptographic Systems,” establishes a process for the timely transition of the country’s cryptographic systems to interoperable quantum-resistant cryptography.  The Federal Government will prioritize the transition of vulnerable public networks and systems to quantumresistant cryptography-based environments and develop complementary mitigation strategies to provide cryptographic agility in the face of unknown future risks.  The private sector should follow the government’s model in preparing its own networks and systems for our post-quantum future.  NSM 10「量子コンピューティングにおける米国のリーダーシップの推進と脆弱な暗号システムに対するリスクの軽減」は、量子コンピューティングの推進とデジタルシステムにもたらされる脅威のバランスを取るために、国内の暗号システムを相互運用可能な量子耐性暗号に適時に移行するプロセスを確立するものである。 連邦政府は、脆弱な公共ネットワークやシステムを量子耐性暗号ベースの環境へ優先的に移行し、将来の未知のリスクに直面した際に暗号の俊敏性を提供するための補完的な緩和策を開発することとしている。 民間企業は、政府のモデルに倣って、量子化後の未来に向けた我々のネットワークやシステムの準備を進めるべきである。
STRATEGIC OBJECTIVE 4.4: SECURE OUR CLEAN ENERGY FUTURE  戦略目標 4.4: クリーンエネルギーの未来の確保 
Our accelerating national transition to a clean energy future is bringing online a new generation of interconnected hardware and software systems that have the potential to strengthen the resiliency, safety, and efficiency of the U.S. electric grid.  These technologies, including distributed energy resources, “smart” energy generation and storage devices, advanced cloud-based grid management platforms, and transmission and distribution networks designed for high-capacity controllable loads are far more sophisticated, automated, and digitally interconnected than prior generations of grid systems.  クリーンエネルギーの未来への国家的移行が加速する中、米国の電力網のレジリエンス、安全性、効率性を強化する可能性を持つ、相互接続された新世代のハードウェアとソフトウェアシステムがオンライン化されている。 分散型エネルギー資源、「スマート」なエネルギー生成・貯蔵装置、高度なクラウドベースのグリッド管理プラットフォーム、大容量の制御可能な負荷用に設計された送配電網などのこれらの技術は、前世代のグリッドシステムよりもはるかに高度で自動化され、デジタル的に相互接続されている。
As the United States makes a generational investment in new energy infrastructure, the Administration will seize this strategic opportunity to build in cybersecurity proactively through implementation of the Congressionally-directed National Cyber-Informed Engineering Strategy, rather than developing a patchwork of security controls after these connected devices are widely deployed.  The Administration is coordinating the work of stakeholders across the Federal Government, industry, and SLTT to deploy a secure, interoperable network of electric vehicle chargers, zero-emission fueling infrastructure, and zero-emission transit and school buses.  DOE, through efforts such as the Clean Energy Cybersecurity Accelerator (CECA) and the Bipartisan Infrastructure Law-directed Energy Cyber Sense program, and the National Labs are leading the government’s effort to secure the clean energy grid of the future and generating security best practices that extend to other critical infrastructure sectors.  DOE will also continue to promote cybersecurity for electric distribution and distributed energy resources in partnership with industry, States, Federal regulators, Congress, and other agencies.  米国が新しいエネルギー・インフラに世代を超えた投資を行うにあたり、行政は本戦略的機会を捉え、これらの接続機器が広く展開された後にセキュリティ管理のパッチワークを開発するのではなく、議会が指示する国家サイバー情報工学戦略の実施を通じてサイバーセキュリティを積極的に構築していく予定である。 政権は、電気自動車充電器、ゼロエミッション給油インフラ、ゼロエミッション輸送バス・スクールバスの安全で相互運用可能なネットワークを展開するために、連邦政府、産業界、SLTTの関係者の作業を調整している。 DOE は、クリーンエネルギーサイバーセキュリティアクセラレータ(CECA)や超党派インフラ法直轄のエネルギーサイバーセンスプログラムなどの取り組みを通じて、国立研究所は、将来のクリーンエネルギーグリッドを保護する政府の取り組みを主導し、他の重要インフラ部門に拡大するセキュリティベストプラクティスを生成している。 また DOE は、産業界、州、連邦規制当局、議会、および他の機関と連携して、配電および分散型 エネルギー資源のサイバーセキュリティを引き続き推進する。
STRATEGIC OBJECTIVE 4.5: SUPPORT DEVELOPMENT OF A DIGITAL IDENTITY ECOSYSTEM  戦略目標 4.5: デジタル ID エコシステムの開発支援 
Enhanced digital identity solutions and infrastructure can enable a more innovative, equitable, safe and efficient digital economy.  These solutions can support easier and more secure access to government benefits and services, trusted communication and social networks, and new possibilities for digital contracts and payment systems.  強化されたデジタル ID ソリューションおよびインフラは、より革新的で公平、安全かつ効率的なデジタル 経済を可能にする。 これらのソリューションは、政府の給付やサービスへの容易かつ安全なアクセス、信頼できるコミュニ ケーションやソーシャル・ネットワーク、デジタル契約や支払システムの新しい可能性をサポート することができる。
Today, the lack of secure, privacy-preserving, consent-based digital identity solutions allows fraud to flourish, perpetuates exclusion and inequity, and adds inefficiency to our financial activities and daily life.  Identity theft is on the rise, with data breaches impacting nearly 300 million victims in 2021 and malicious actors fraudulently obtaining billions of dollars in COVID-19 pandemic relief funds intended for small businesses and individuals in need.  This malicious activity affects us all, creating significant losses for businesses and producing harmful impacts on public benefit programs and those Americans who use them.  Operating independently, neither the private nor public sectors have been able to solve this problem.  今日、安全でプライバシーを保護し、同意に基づくデジタル ID ソリューションがないため、詐欺が横行し、排除と不公平が永続し、金融活動や日常生活に非効率性が付加されている。 個人情報漏洩は増加傾向にあり、2021年には約3億人の被害者に影響を与え、悪意のある行為者は、困っている中小企業や個人を対象としたCOVID-19パンデミック救済資金を数十億ドル不正に取得している。 このような悪質な行為は我々全員に影響を与え、企業に大きな損失を与え、公的な給付プログラムやそれを利用するアメリカ人に有害な影響を及ぼする。 民間部門も公的部門も、単独ではこの問題を解決することができなかった。
The Federal Government will encourage and enable investments in strong, verifiable digital identity solutions that promote security, accessibility and interoperability, financial and social inclusion, consumer privacy, and economic growth.  Building on the NIST-led digital identity research program authorized in the CHIPS and Science Act, these efforts will include strengthening the security of digital credentials; providing attribute and credential validation services; conducting foundational research; updating standards, guidelines, and governance processes to support consistent use and interoperability; and develop digital identity platforms that promote transparency and measurement.  Acknowledging that States are piloting mobile drivers’ licenses, we note and encourage a focus on privacy, security, civil liberties, equity, accessibility, and interoperability.  連邦政府は、セキュリティ、アクセシビリティ、相互運用性、金融・社会的包摂、消費者プライバシー、経済成長を促進する強力で検証可能なデジタル ID ソリューションへの投資を奨励し、可能にする。 CHIPSと科学法で認可された NIST 主導のデジタル ID 研究プログラムを基礎に、取り組みをすすめる。これらの取り組みには、デジタル・クレデンシャルのセキュリティ強化、属性およびクレデンシャル検証サービスの提供、基礎研究の実施、一貫した使用と相互運用性をサポートする標準、ガイドライン、統治プロセスの更新、透明性と測定を促進するデジタル ID プラットフォームの開発などが含まれる。 各州がモバイル運転免許証を試験的に導入していることを認め、プライバシー、セキュリティ、 市民的自由、公平性、アクセシビリティ、および相互運用性に重点を置いていることを指摘し、 奨励する。
In developing these capabilities, our digital identity policies and technologies will protect and enhance individual privacy, civil rights, and civil liberties; guard against unintended consequences, bias, and potential abuse; enable vendor choice and voluntary use by individuals; increase security and interoperability; promote inclusivity and accessibility; and improve transparency and accountability in the use of technology and individuals’ data.  これらの機能の開発において、当社のデジタル ID 政策および技術は、個人のプライバシー、 市民権、および市民的自由を保護および強化し、予期せぬ結果、バイアス、および潜在的乱用を防 ぎ、業者の選択および個人による自発的使用を可能にし、セキュリティおよび相互運用性を高め、包 摂性およびアクセシビリティを促進し、技術および個人のデータの使用における透明性および説明 責任を向上させるものである。
STRATEGIC OBJECTIVE 4.6: DEVELOP A NATIONAL STRATEGY TO STRENGTHEN OUR CYBER WORKFORCE  戦略目標4.6: サイバー人材強化のための国家戦略の策定 
Today, there are hundreds of thousands of unfilled vacancies in cybersecurity positions nationwide, and this gap is growing.  Both private sector and public sector employers face challenges in recruiting, hiring, and retaining professionals to fill these vacancies, which negatively impacts our collective cybersecurity.  To address this challenge, ONCD will lead the development and oversee implementation of a National Cyber Workforce and Education Strategy.  現在、全国でサイバーセキュリティの欠員が何十万人分もあり、このギャップは拡大しつつある。 民間部門と公共部門の雇用主は、これらの欠員を埋める専門家の募集、雇用、定着に課題を抱えており、これは我々全体のサイバーセキュリティにマイナスの影響を及ぼす。 この問題に対処するため、ONCDは、国家サイバー人材・教育戦略の策定と実施を監督することを主導する。
This strategy will take a comprehensive and coordinated approach to expanding the national cyber workforce, improving its diversity, and increasing access to cyber educational and training pathways.  It will address the need for cybersecurity expertise across all sectors of the economy, with a special focus on critical infrastructure, and will enable the American workforce to continue to innovate in secure and resilient next-generation technologies.  The strategy will strengthen and diversify the Federal cyber workforce, addressing the unique challenges the public sector faces in recruiting, retaining, and developing the talent and capacity needed to protect Federal data and IT infrastructure.  And, the strategy will recognize that cyber workforce challenges are not unique to the United States, expanding upon and drawing inspiration from efforts underway in other countries.  この戦略は、国家のサイバー人材を拡大し、その多様性を改善し、サイバー教育と訓練の道へのアクセスを増加させるための包括的かつ協調的なアプローチを取ることになる。 この戦略は、重要インフラに特に重点を置きながら、経済のあらゆる部門におけるサイバーセキュリティの専門知識の必要性に対処し、米国の労働力が安全で回復力のある次世代技術において革新を続けることができるようにする。 この戦略は、連邦政府のデータとITインフラを保護するために必要な人材と能力を採用、保持、開発する上で公共部門が直面する特有の課題に対処し、連邦政府のサイバー人材を強化、多様化するものである。 また、この戦略は、サイバー人材に関する課題が米国に特有のものではないことを認識し、他の国で行われている取り組みを拡大し、そこからインスピレーションを得る。
The strategy will build on existing efforts to develop our national cybersecurity workforce including the National Initiative for Cybersecurity Education (NICE), the CyberCorps: Scholarship for Service program, the National Centers of Academic Excellence in Cybersecurity program, the Cybersecurity Education Training and Assistance Program, and the registered apprenticeships program.  The strategy will also leverage ongoing workforce development programs at NSF and other science agencies to augment Federal Government programs.  この戦略は、サイバーセキュリティ教育のための国家イニシアチブ(NICE)、サイバーコープス(CyberCorps)、奉仕のための奨学金プログラムなど、国家のサイバーセキュリティ人材を育成する既存の取り組みに基づいて構築される。サイバーセキュリティ教育のための国家イニシアチブ(NICE)、奉仕のための奨学金プログラム、国家のサイバーセキュリティ人材を育成するプログラム、サイバーセキュリティ教育、訓練、支援プログラム、登録見習いプログラムなどである。 また、この戦略では、NSF や他の科学機関が現在行っている人材育成プログラムを活用し、連邦政府のプログラムを補強する予定である。
It will tackle head on the lack of diversity in the cyber workforce.  Employers are hiring from too small a pool of talent and from professional networks that and are not able to draw from the full diversity of the country.  Women, people of color, first-generation professionals and immigrants, individuals with disabilities, and LGBTQI+ individuals are among the communities which are underrepresented in the field.  Addressing systemic inequities and overcoming barriers that inhibit diversity in the cyber workforce is both a moral necessity and a strategic imperative.  この戦略では、サイバー人材に多様性がないことを正面から取り上げる。 雇用主は、あまりにも少ない人材や専門家のネットワークから雇用しているため、国内の多様性を十分に引き出すことができていない。 女性、有色人種、専門職一世、移民、障害者、LGBTQI+など、この分野で十分な存在感を示せていないコミュニティがある。 システム上の不公平に対処し、サイバー人材における多様性を阻害する障壁を克服することは、道徳的に必要であると同時に戦略上不可欠なことである。
To recruit and train the next generation of cybersecurity professionals to secure our digital ecosystem will require Federal leadership and enduring partnership between public and private sectors.  Building and maintaining a strong cyber workforce cannot be achieved unless a cybersecurity career is within reach for any capable American who wishes to pursue it and every organization with an unfilled position plays a part in training the next generation of cybersecurity talent. デジタル・エコシステムを保護する次世代のサイバーセキュリティ専門家を採用し、育成するためには、連邦政府のリーダーシップと官民の永続的な連携が必要である。 サイバーセキュリティのキャリアを追求しようとする有能なアメリカ人なら誰でも手が届き、未就職の職を持つすべての組織が次世代のサイバーセキュリティ人材の育成に一役買わない限り、強力なサイバー人材の構築と維持は達成されない。
PILLAR FIVE | FORGE INTERNATIONAL PARTNERSHIPS TO PURSUE SHARED GOALS  第 5 の柱:共通の目標を追求するために国際的なパートナーシップの構築
The United States seeks a world where responsible state behavior in cyberspace is expected and rewarded and where irresponsible behavior is isolating and costly.  To achieve this goal, we will continue to engage with countries working in opposition to our larger agenda on common problems while we build a broad coalition of nations working to maintain an open, free, global, interoperable, reliable, and secure Internet.  米国は、サイバースペースにおける国家の責任ある行動が期待され、報われ、無責任な行動は孤立し、コストがかかるような世界を求めている。 この目標を達成するために、我々は、共通の問題に関して我々の大きなアジェンダに反対している国々との関与を続ける一方、オープンで自由、グローバル、相互運用性、信頼性、安全性の高いインターネットを維持するために活動している国々の幅広い連合を構築していく予定である。
For decades, we have worked through international institutions to define and advance responsible state behavior in cyberspace.  We have used multilateral processes such as the United Nations (UN) Group of Governmental Experts and Open-Ended Working Group to develop a framework that includes a set of peacetime norms and confidence-building measures, which all UN member states have affirmed in the UN General Assembly.  We have supported the expansion of the Budapest Convention on Cybercrime and other global efforts to make cyberspace more secure.  We will continue these efforts while recognizing the need to work with partners to thwart the dark vision for the future of the Internet that the PRC and other autocratic governments promote.  We will do so by demonstrating to economies and societies the value of openness and jointly imposing consequences for behavior that runs counter to agreed norms of state behavior.  数十年にわたり、我々は国際機関を通じて、サイバースペースにおける責任ある国家の行動を定義し、促進するために活動してきた。 我々は、国連(UN)政府専門家会合やオープン・エンド・ワーキング・グループなどの多国間プロセスを用いて、一連の平時の規範と信頼醸成措置を含む枠組みを開発し、すべての国連加盟国が国連総会でこれを承認してきた。 我々は、サイバー犯罪に関するブダペスト条約の拡大や、サイバースペースをより安全にするためのその他の世界的な努力を支持してきた。 我々は、中国や他の独裁的な政府が推進するインターネットの将来に対する暗いビジョンを阻止するためにパートナーと協力する必要性を認識しながら、これらの努力を継続する。 我々は、経済や社会に開放性の価値を示し、合意された国家行動の規範に反する行動に対して共同で結果を課すことによって、これを実現するつもりである。
To counter common threats, preserve and reinforce global Internet freedom, protect against transnational digital repression, and build toward a shared digital ecosystem that is more inherently resilient and defensible, the United States will work to scale the emerging model of collaboration by national cybersecurity stakeholders to cooperate with the international community.  We will expand coalitions, collaboratively disrupt transnational criminals and other malicious cyber actors, build the capacity of our international allies and partners, reinforce the applicability of existing international law to state behavior in cyberspace, uphold globally accepted and voluntary norms of responsible state behavior in peacetime, and punish those that engage in disruptive, destructive, or destabilizing malicious cyber activity.  共通の脅威に対抗し、グローバルなインターネットの自由を維持・強化し、国境を越えたデジタル抑圧から守り、より本質的にレジリエンスと防御力に優れた共有デジタルエコシステムを構築するために、米国は各国のサイバーセキュリティ関係者が国際社会と協力するという新しいモデルを拡大するよう努力する。 我々は、連携を拡大し、多国籍犯罪者やその他の悪質なサイバー・アクターを協調して破壊し、国際的な同盟国やパートナーの能力を高め、サイバー空間における国家の行動に対する既存の国際法の適用性を強化し、平時における責任ある国家の行動について世界的に受け入れられ自発的規範を支持し、破壊的、破壊的、不安定な悪質サイバー活動に従事するものを罰することになるであろう。
STRATEGIC OBJECTIVE 5.1: BUILD COALITIONS TO COUNTER THREATS TO OUR DIGITAL ECOSYSTEM  戦略目標5.1:デジタル・エコシステムへの脅威に対抗するための連合を構築する 
In April 2022, the United States and 60 countries launched the Declaration for the Future of the Internet (DFI), bringing together a broad, diverse coalition of partners—the largest of its kind— around a common, democratic vision for an open, free, global, interoperable, reliable, and secure digital future.  Through the DFI, the Freedom Online Coalition, and other partnerships and mechanisms, the United States is rallying like-minded countries, the international business community, and other stakeholders to advance our vision for the future of the Internet that promotes secure and trusted data flows, respects privacy, promotes human rights, and enables progress on broader challenges.  2022年4月、米国と60カ国は「インターネットの未来のための宣言(DFI)」を発表し、オープンで自由、グローバル、相互運用性、信頼性、安全性の高いデジタルな未来のための共通の民主的ビジョンを中心に、この種のものとしては最大の広範で多様なパートナー連合を結集させた。 DFI や Freedom Online Coalition、その他のパートナーシップやメカニズムを通じて、米国は志を同じくする国や国際ビジネス界、その他の利害関係者を結集し、安全で信頼できるデータの流れを促進し、プライバシーを尊重し、人権を推進し、より大きな課題に対する進展を可能にするインターネットの未来についての我々のビジョンを推進している。
Through mechanisms like the Quadrilateral Security Dialogue (“the Quad”) between the United States, India, Japan, and Australia, the United States and its international allies and partners are advancing these shared goals for cyberspace.  These include improving information sharing between computer emergency response teams and the development of a digital ecosystem based on shared values.  The Indo-Pacific Economic Framework for Prosperity (IPEF) and the Americas Partnership for Economic Prosperity (APEP) create opportunities for the United States and regional governments to collaborate in setting rules of the road for the digital economy, including facilitating the development of technical standards, mechanisms to enable cross-border data flows that protect privacy while avoiding strict data localization requirements, and actions to foster supply chain security and resilience.  Through the U.S.-EU Trade and Technology Council (TTC), we are coordinating across the Atlantic to combat shared threats and demonstrate how market approaches to digital trade, technology, and innovation can improve the lives of our citizens and be a force for greater prosperity.  The United States is also working closely with Australia and the United Kingdom through the trilateral security and technology pact (“AUKUS”) to secure critical technologies, improve cyber coordination, and share advanced capabilities.  米国、インド、日本、オーストラリア間の四極安全保障対話(「四極」)のようなメカニズムを通じて、米国とその国際的な同盟国やパートナーは、サイバースペースに関するこれらの共有目標を推進している。 これには、コンピュータ緊急対応チーム間の情報共有の改善や、共通の価値観に基づくデジタルエコシステムの開発などが含まれる。 インド太平洋経済繁栄枠組(IPEF)および米州経済繁栄パートナーシップ(APEP)は、米国と地域政府がデジタル経済のためのルールを設定するために協力する機会を創出する。この中には、技術基準の開発を促進し、厳しいデータのローカライズ要件を回避しながらプライバシーを保護する国境を越えたデータの流れを可能にするメカニズムや、サプライチェーンのセキュリティとレジリエンスを促進するための行動などが含まれる。 米欧通商技術委員会(TTC)を通じて、我々は大西洋を横断して、共有された脅威と戦い、デジタル貿易、技術、革新に対する市場アプローチがいかに市民生活を向上させ、より大きな繁栄の力となり得るかを実証するために協調している。 米国はまた、オーストラリアおよび英国とも、三国間安全保障技術協定(AUKUS)を通じて緊密に協力し、重要技術の保護、サイバー連携の改善、高度な能力の共有に取り組んでいる。
Through these and other partnerships, the United States and international counterparts can advance common cybersecurity interests by sharing cyber threat information, exchanging model cybersecurity practices, comparing sector-specific expertise, driving secure-by-design principles, and coordinating policy and incident response activities.  Furthermore, multistakeholder partnerships and coalitions that also include private sector and civil society organizations, such as the Christchurch Call to Action to Eliminate Terrorist and Violent Extremist Content Online, the Freedom Online Coalition, and the Global Partnership for Action on Gender-Based Online Harassment and Abuse, are crucial to tackling systemic issues.  We will leverage these partnerships to enable effective operational collaboration to defend our shared digital ecosystem.  We will also support and help build, as needed, new and innovative partnerships—as in the case of the international Counter-Ransomware Initiative—that bring together unique collections of stakeholders to address new and emerging cybersecurity challenges.  このようなパートナーシップやその他のパートナーシップを通じて、米国と海外のカウンターパートは、サイバー脅威情報の共有、サイバーセキュリティのモデル事例の交換、セクター固有の専門知識の比較、セキュア・バイ・デザイン原則の推進、政策と事故対応活動の調整によって、サイバーセキュリティに関する共通の利益を向上させることができる。 さらに、「テロリストおよび暴力的過激派コンテンツのオンライン撲滅のためのクライストチャーチ行動要請」、「フリーダムオンライン連合」、「ジェンダーに基づくオンラインハラスメントと虐待に関する行動のためのグローバルパートナーシップ」などの民間セクターや市民社会組織も含むマルチステークホルダーパートナーシップと連合は、制度的問題に対処する上で極めて重要である。 我々は、これらのパートナーシップを活用し、我々が共有するデジタル・エコシステムを守るための効果的な運用協力を可能にする。 また、国際的な「ランサムウェア対策イニシアティブ」のように、サイバーセキュリティの新たな課題に取り組むために関係者が一堂に会する、新しく革新的なパートナーシップを支援し、必要に応じてその構築を支援する予定である。
Because most malicious cyber activity targeting the United States is carried out by actors based in foreign countries or using foreign computing infrastructure, we must strengthen the mechanisms we have to collaborate with our allies and partners so that no adversary can evade the rule of law.  The United States will work with its allies and partners to develop new collaborative law enforcement mechanisms for the digital age.  For example, the European Cybercrime Centre has played a vital role in modernizing legal frameworks, training law enforcement, improving attribution, collaborating with private sector partners, and responding to malicious cyber activities in Europe.  To extend this model, we will support efforts to build effective hubs with partners in other regions.  米国を標的とする悪質なサイバー活動のほとんどは、外国に拠点を置く、あるいは外国のコンピューティング・インフラを使用する行為者によって行われているため、いかなる敵も法の支配から逃れることができないように、同盟国やパートナーと協力するためのメカニズムを強化しなければならない。 米国は同盟国やパートナーと協力して、デジタル時代に対応した新しい共同法執行メカニズムを開発する。 例えば、欧州サイバー犯罪センターは、欧州における法的枠組みの近代化、法執行機関の訓練、帰属の改善、民間部門パートナーとの協力、悪質なサイバー活動への対応において重要な役割を担ってきた。 このモデルを拡大するため、他の地域のパートナーとの効果的なハブを構築する取り組みを支援する。
STRATEGIC OBJECTIVE 5.2: STRENGTHEN INTERNATIONAL PARTNER CAPACITY  戦略目標5.2:国際的なパートナーの能力の強化 
As we build a coalition to advance shared cybersecurity priorities and promote a common vision for the digital ecosystem, the United States will strengthen the capacity of like-minded states across the globe to support these goals.  We must enable our allies and partners to secure critical infrastructure networks, build effective incident detection and response capabilities, share cyber threat information, pursue diplomatic collaboration, build law enforcement capacity and effectiveness through operational collaboration, and support our shared interests in cyberspace by adhering to international law and reinforcing norms of responsible state behavior.  サイバーセキュリティに関する共通の優先事項を推進し、デジタル・エコシステムに関する共通のビジョンを促進するための連合を構築するにあたり、米国はこれらの目標を支援するために、世界中の同じ考えを持つ国家の能力を強化する。 我々は、同盟国やパートナーが重要インフラ・ネットワークを保護し、効果的なインシデント検知・対応能力を構築し、サイバー脅威情報を共有し、外交協力を進め、作戦協力を通じて法執行能力と効果を高め、国際法を遵守し責任ある国家行動規範を強化することによってサイバースペースにおける共通の利益をサポートできるようにしなければならない。
To accomplish this goal, the United States will marshal expertise across agencies, the public and private sectors, and among advanced regional partners to pursue coordinated and effective international cyber capacity-building and operational collaboration efforts.  Within the law enforcement community, DOJ will continue to build a more robust cybercrime cooperation paradigm through bilateral and multilateral engagement and agreements, formal and informal cooperation, and providing international and regional leadership to strengthen cybercrime laws, policies, and operations.  DoD will continue to strengthen its military-to-military relationships to leverage allies’ and partners’ unique skills and perspectives while building their capacity to contribute to our collective cybersecurity posture.  The Department of State will continue to coordinate wholeof-government efforts to ensure Federal capacity building priorities are strategically aligned and further U.S., allied, and partner interests.  この目標を達成するために、米国は省庁、官民、そして先進的な地域パートナー間の専門知識を結集し、協調的かつ効果的な国際的サイバー能力構築と作戦協力の努力を追求することになる。 法執行機関においては、司法省は二国間および多国間の関与と協定、公式・非公式な協力、サイバー犯罪の法律・政策・運用を強化するための国際的・地域的リーダーシップの提供を通じて、より強固なサイバー犯罪協力のパラダイムを構築し続ける。 国防総省は、同盟国やパートナーのユニークなスキルや視点を活用し、サイバーセキュリティ体制に貢献する能力を高めるため、軍対軍の関係を引き続き強化する。 国務省は、連邦政府の能力構築の優先事項が戦略的に整合し、米国、同盟国、およびパートナーの利益を促進するよう、政府全体の努力を引き続き調整する。
STRATEGIC OBJECTIVE 5.3: EXPAND U.S. ABILITY TO ASSIST ALLIES AND PARTNERS  戦略目標 5.3: 同盟国やパートナーを支援する米国の能力の拡大
As recent cyberattacks against Costa Rica, Albania, and Montenegro have demonstrated, allies and partners who fall victim to a significant cyberattack may seek support from the United States and allied and partner nations to investigate, responding to, and recover from such incidents.  Providing this support will not only assist with partner recovery and response, but will also advance U.S. foreign policy and cybersecurity goals.  Close cooperation with an affected ally or partner demonstrates solidarity in the face of adversary activity and can accelerate efforts to expose counternormative state behavior and impose consequences.  コスタリカ、アルバニア、モンテネグロに対する最近のサイバー攻撃が示すように、重大なサイバー攻撃の被害を受けた同盟国やパートナーは、そのような事件の調査、対応、回復のために米国や同盟国・パートナー国からの支援を求めることができる。 このような支援を提供することは、パートナーの復旧と対応を支援するだけでなく、米国の外交政策とサイバーセキュリティの目標を推進することにもなる。 被害を受けた同盟国やパートナーとの緊密な協力は、敵対的な活動に直面した際の連帯感を示し、規範に反する国家の行動を暴露して結果を課す努力を加速させることができる。
The Administration will establish policies for determining when it is in the national interest to provide such support, develop mechanisms for identifying and deploying department and agency resources in such efforts, and, where needed, rapidly seek to remove existing financial and procedural barriers to provide such operational support.  As one example, the United States is leading a North Atlantic Treaty Organization (NATO) effort to build a virtual cyber incident support capability that enables Allies to more effectively and efficiently support each other in response to significant malicious cyber activities.  政権は、このような支援を提供することが国益にかなう場合を判断するための政策を確立し、このような取り組みにおいて省庁の資源を特定し展開するための仕組みを構築し、必要な場合には、このような作戦支援を行うための既存の財政的・手続き的障壁を迅速に取り除くよう努力する。 その一例として、米国は北大西洋条約機構(NATO)の取り組みを主導し、重大な悪意あるサイバー活動に対応するため、同盟国がより効果的かつ効率的に相互支援できる仮想サイバー事件支援能力を構築している。
STRATEGIC OBJECTIVE 5.4: BUILD COALITIONS TO REINFORCE GLOBAL NORMS OF RESPONSIBLE STATE BEHAVIOR   戦略目標5.4: 責任ある国家行動の世界的規範を強化するための連合体構築  
Every member of the United Nations has made a political commitment to endorse peacetime norms of responsible state behavior in cyberspace that includes refraining from cyber operations that would intentionally damage critical infrastructure contrary to their obligations under international law.  While our adversaries know that such commitments are not self-enforcing, the growing influence of this framework has led states to call out those who act contrary to it.  Increasingly, a community of nations has collaborated to produce coordinated statements of attribution that carry the simultaneous diplomatic condemnation of many governments and strengthening the coalition committed to a stable cyberspace.  国連のすべての加盟国は、国際法の義務に反して重要インフラに故意に損害を与えるようなサイバー作戦を行わないことを含め、サイバースペースにおける責任ある国家の平時の行動規範を支持することを政治的に約束している。 敵対勢力は、このようなコミットメントが自己強制力を持たないことを知っているが、この枠組みの影響力が高まるにつれて、それに反する行動を取る者を国家が呼ぶようになった。 このような声明は、多くの政府から同時に外交的非難を受け、安定したサイバースペースにコミットする連合を強化するものである。
The United States, as a core part of its renewed, active diplomacy, will hold irresponsible states accountable when they fail to uphold their commitments.  To effectively constrain our adversaries and counter malicious activities below the threshold of armed conflict, we will work with our allies and partners to pair statements of condemnation with the imposition of meaningful consequences.  These efforts will require collaborative use of all tools of statecraft, including diplomatic isolation, economic costs, counter-cyber and law enforcement operations, or legal sanctions, among others.  米国は、新たな積極的外交の中核として、無責任な国家が約束を守らない場合には、その責任を追及する。 敵対国を効果的に拘束し、武力紛争の閾値以下の悪意ある活動に対抗するために、我々は同盟国やパートナーと協力し、非難の声明と意味のある結果を課すことを両立させる。 このような取り組みには、外交的孤立、経済的コスト、サイバー対策や法執行活動、あるいは法的制裁など、あらゆる国家運営の手段を共同で使用することが必要である。
STRATEGIC OBJECTIVE 5.5: SECURE GLOBAL SUPPLY CHAINS FOR INFORMATION, COMMUNICATIONS, AND OPERATIONAL TECHNOLOGY PRODUCTS AND SERVICES  戦略目標5.5: 情報・通信・運用技術製品およびサービスのためのグローバル・サプライ・チェーンの安全確保 
Complex and globally interconnected supply chains produce the information, communications, and operational technology products and services that power the U.S. economy.  From raw materials and basic components to finished products and services—both virtual and physical—we depend upon a growing network of foreign suppliers.  This dependency on critical foreign products and services from untrusted suppliers introduces multiple sources of systemic risk to our digital ecosystem.  Mitigating this risk will require long-term, strategic collaboration between public and private sectors at home and abroad to rebalance global supply chains and make them more transparent, secure, resilient, and trustworthy.  複雑でグローバルに相互接続されたサプライチェーンは、米国経済を支える情報通信・運用技術製品およびサービスを生み出す。 原材料や基本部品から完成品やサービスに至るまで、バーチャルなものから物理的なものまで、我々は海外のサプライヤーのネットワークに依存するようになっている。 信頼できないサプライヤーからの重要な外国製品やサービスへの依存は、デジタル・エコシステムに複数のシステミック・リスクをもたらすことになる。 このリスクを軽減するためには、国内外の官民が長期的かつ戦略的に協力して、グローバルなサプライチェーンのバランスを調整し、透明性、安全性、レジリエンス、信頼性を高めることが必要である。
Critical inputs, components, and systems must increasingly be developed at home or in close coordination with allies and partners who share our vision of an open, free, global, interoperable, reliable, and secure Internet.  Building on the National Strategy to Secure 5G, we are working with our partners to develop secure, reliable, and trustworthy supply chains for 5G and next-generation wireless networks including through Open Radio Access Networks (Open RAN) and collaborative initiatives to diversify suppliers.  Such efforts include DoD testing of Open RAN implementations across multiple bases, with multi-million dollar smart warehouse and logistics projects, and National Telecommunications and Information Administration’s (NTIA) work to catalyze the development and adoption of open, interoperable, and standards-based networks through the Public Wireless Supply Chain Innovation Fund.  Extending this model to other critical technologies will require long-term, strategic collaboration between public and private sectors at home and abroad to rebalance global supply chains and make them more secure, resilient, and trustworthy.  The Bipartisan Infrastructure Law mandates “Build America, Buy America” for Federally-funded projects, including for digital infrastructure. Through EO 14017, “America’s Supply Chains,” the CHIPS and Science Act, and the Inflation Reduction Act, the Federal Government has introduced new industrial and innovation strategy tools to help restore production of critical goods to the United States and its close partners while securing our information technology and advanced manufacturing supply chains.  重要なインプット、コンポーネント、システムは、ますます自国で、あるいはオープンで自由、グローバル、相互運用可能、信頼性が高く、安全なインターネットというビジョンを共有する同盟国やパートナーと緊密に連携して開発されなければならない。 5Gを安全にする国家戦略に基づいて、我々はパートナーと協力して、オープン無線アクセスネットワーク(Open RAN)やサプライヤーを多様化する共同イニシアチブなどを通じて、5Gや次世代無線ネットワーク向けに安全で信頼できる、信用のおけるサプライチェーンを開発している。 このような取り組みには、複数の基地にまたがるオープン RAN 実装の DoD テスト、数百万ドルのスマート倉庫および物流プロジェクト、および公共無線サプライチェーン革新基金を通じてオープンで相互運用可能な標準ベースのネットワークの開発と採用を促進する米国電気通信情報局(NTIA)の取り組みが含まれる。 このモデルを他の重要技術にも拡大するには、国内外の官民が長期的かつ戦略的に協力し、グローバルなサプライチェーンを再構築して、より安全でレジリエンスに富み、信頼性の高いものにすることが必要である。 超党派インフラ法は、デジタル・インフラを含む連邦政府が資金を提供するプロジェクトについて、「Build America, Buy America」を義務付けている。大統領令 14017「米国のサプライチェーン」、CHIPS および科学法、インフレ抑制法を通じて、連邦政府は新しい産業・イノベーション戦略ツールを導入し、情報技術と先進製造業のサプライチェーンを確保しながら、米国とその密接なパートナーに重要物資の生産を回復させるのに貢献している。
The United States will work with our allies and partners, including through regional partnerships like IPEF, the Quad Critical and Emerging Technology Working Group, and the TTC, to identify and implement best practices in cross-border supply chain risk management and work to shift supply chains to flow through partner countries and trusted vendors.  This effort will prioritize opportunities to provide higher levels of assurance that digital technologies will function as expected and to attract countries to support the shared vision of an open, free, global, interoperable, reliable, and secure Internet.  The Department of State will further accelerate these efforts through the new International Technology Security and Innovation Fund to support the creation of secure and diverse supply chains for semiconductors and telecommunications.  Finally, through implementation of EO 13873, “Securing the Information and Communications Technology and Services Supply Chain,” as well as EO 14034 “Protecting Americans’ Sensitive Data From Foreign Adversaries,” we will work to prevent unacceptable and undue risks to our national security from information and communications technology and services subject to control or influence from adversarial governments. 米国は、IPEF、クワッド重要新興技術ワーキンググループ、TTCなどの地域パートナーシップを含め、同盟国やパートナーと協力して、国境を越えたサプライチェーンのリスクマネジメントにおけるベストプラクティスを特定・実施し、サプライチェーンをパートナー国や信頼できるベンダーを通じて流れるように移行するための作業を行う。 この取り組みは、デジタル技術が期待通りに機能することをより高いレベルで保証する機会を提供し、オープンで自由、グローバル、相互運用可能、信頼性が高く、安全なインターネットという共通のビジョンを支援する国々を惹きつけることに優先させるものである。 国務省は、半導体と電気通信のための安全で多様なサプライチェーンの構築を支援する新しい国際技術安全保障・イノベーション基金を通じて、こうした取り組みをさらに加速させる。 最後に、大統領令13873「情報通信技術・サービスのサプライチェーンの確保」および大統領令14034「米国人の機密データを外国の敵対者から保護する」の実施を通じて、敵対政府による管理または影響を受ける情報通信技術・サービスによる国家安全保障への容認できない過度のリスクを防止することに努める。
IMPLEMENTATION  導入 
Realizing the strategic objectives outlined in this strategy will require a strong focus on implementation.  Under the oversight of NSC staff and in coordination with OMB, ONCD will coordinate implementation of this strategy.  ONCD will work with interagency partners to develop and publish an implementation plan to set out the Federal lines of effort necessary to implement this strategy.  Where implementation of this strategy requires review of existing policy or the development of new policy, NSC staff will lead this effort through the process described in NSM-2, “Renewing the National Security Council System.”    本戦略で説明された戦略目標を実現するには、実施に強い焦点を当てる必要がある。 NSCスタッフの監督の下、OMBと連携して、ONCDは本戦略の実施を調整する。 ONCDは省庁間のパートナーと協力して、本戦略を実施するために必要な連邦政府の努力系統を示す実施計画を策定し、公表する。 本戦略の実施に際して、既存の政策の見直しや新たな政策の策定が必要な場合、NSCスタッフは、NSM-2「国家安全保障会議システムの刷新」に記載されているプロセスを通じて、この取り組みを主導する。  
ASSESSING EFFECTIVENESS  有効性の評価 
In implementing this strategy, the Federal Government will take a data-driven approach.  We will measure investments made, our progress toward implementation, and ultimate outcomes and effectiveness of these efforts.  ONCD, in coordination with NSC staff, OMB, and departments and agencies, will assess the effectiveness of this strategy and report annually to the President, the Assistant to the President for National Security Affairs, and Congress on the effectiveness of this strategy, associated policy, and follow-on actions in achieving its goals.  本戦略を実施するにあたり、連邦政府はデータ主導のアプローチをとる。 我々は、行った投資、実施に向けた進捗状況、そして最終的な成果やこれらの取り組みの効果を測定する。 ONCDは、NSCスタッフ、OMB、各省庁と協力して、本戦略の効果を評価し、本戦略、関連政策、目標達成のための事後措置の効果について、毎年大統領、国家安全保障問題担当大統領補佐官、連邦議会に報告する。
INCORPORATING LESSONS LEARNED  得られた教訓を取り入れ
The Federal Government will prioritize capturing lessons learned from cyber incidents and apply those lessons in the implementation of this strategy.  The CSRB completed its first review on the Log4j vulnerability in summer 2022, during which the CSRB compiled an authoritative account of what happened, from the discovery of the vulnerability to the progression of the largest-scale cyber incident response in history.  The CSRB also provided industry, Federal agencies, and the software development community with clear, actionable recommendations based on what the review discovered, so that the community can be better protected going forward.  連邦政府は、サイバーインシデントから得られた教訓を優先的に取り込み、本戦略の実施に適用する。 CSRBは、2022年夏にLog4jの脆弱性に関する最初のレビューを完了し、その中で、脆弱性の発見から史上最大規模のサイバーインシデント対応の進行に至るまで、何が起こったのかについて権威ある説明をまとめました。 CSRBはまた、産業界、連邦政府機関、ソフトウェア開発コミュニティに対し、レビューで発見された内容に基づく明確で実行可能な推奨事項を提供し、コミュニティが今後より良く保護されるようにした。
When the CSRB concludes its reviews, the Federal Government will address its recommendations by improving its own operations through executive action where possible, and will work with Congress to enhance authorities, as necessary.  Federal agencies also will promote and amplify CSRB recommendations that are directed to network defenders in the private sector.  Beyond the CSRB, a broader national effort to learn from cyber incidents is required.  Regulators are encouraged to build incident review processes into their regulatory frameworks.  CISA and law enforcement agencies are also encouraged to build processes to routinely extract lessons learned from their investigations and incident response activities.  Private companies are likewise encouraged to undertake these reviews and share findings from their efforts to inform implementation of this strategy.  CSRBがレビューを終えたら、連邦政府は、可能な限り行政措置によって自らの業務を改善することでその勧告に対処し、必要に応じて議会と協力して権限を強化することになる。 連邦政府機関はまた、民間部門のネットワーク・ディフェンダーに向けられたCSRBの勧告を推進し、増幅させる。 CSRB 以外にも、サイバーインシデントから学ぶためのより広範な国家的取り組みが必要である。 規制当局は、インシデント・レビュー・プロセスを各自の規制枠組みに組み込むことが奨励される。 CISA と法執行機関も、調査やインシデント対応活動から学んだ教訓を日常的に抽出するプロセスを構築するよう奨励される。 民間企業も同様に、このようなレビューを実施し、その結果を共有して、本戦略の実施に役立てることが奨励される。
MAKING THE INVESTMENT  投資の実施
Maintaining an open, free, global, interoperable, reliable, and secure Internet and building a more defensible and resilient digital ecosystem will require generational investments by the Federal Government, allies and partners, and by the private sector.  Many Federal actions contained in this strategy are intended to increase private sector investment in security, resilience, improved collaboration, and research and development.  For Federal agencies to support their private sector partners and increase their capacity to carry out essential Federal missions, targeted investment will be required.  To guide this investment, ONCD and OMB will jointly issue annual guidance on cybersecurity budget priorities to departments and agencies to further the Administration’s strategic approach.  ONCD will work with OMB to ensure alignment of department and agency budget proposals to achieve the goals set out in this strategy.  The Administration will work with Congress to fund cybersecurity activities to keep pace with the speed of change inherent within the cyber ecosystem.  オープンで自由、グローバル、相互運用性、信頼性、安全性の高いインターネットを維持し、より防衛的でレジリエンスの高いデジタルエコシステムを構築するには、連邦政府、同盟国、パートナー、そして民間セクターによる世代を超えた投資が必要である。 本戦略に含まれる多くの連邦政府の行動は、セキュリティ、レジリエンス、コラボレーションの改善、および研究開発に対する民間部門の投資を増加させることを意図している。 連邦機関が民間セクターのパートナーを支援し、本質的な連邦ミッションを遂行する能力を高めるためには、的を絞った投資が必要である。 この投資を導くために、ONCD と OMB は共同で、省庁に対してサイバーセキュリティ予算の優先順位に関する年次ガイダンスを発行し、行政の戦略的アプローチを推進する予定である。 ONCD は OMB と協力して、本戦略で示された目標を達成するために、各省庁の予算案が整合するようにする。 行政は議会と協力して、サイバーエコシステムに内在する変化のスピードに対応できるようなサイバーセキュリティ活動に資金を提供する。

 

公開前日に行われた電話による質疑...

 

・2023.03.02 Background Press Call by Senior Administration Officials Previewing the Biden-Harris Administration’s National Cyber Strategy

Background Press Call by Senior Administration Officials Previewing the Biden-⁠Harris Administration’s National Cyber Strategy バイデン-ハリス政権の国家サイバー戦略をプレビューする政権高官によるプレスコールの背景
5:02 P.M. EST 5:02 P.M. EST
MODERATOR:  Hi everyone.  And thanks for joining.  This is [Moderator] from NSC.  司会:皆さん、こんにちは。  そして、ご参加ありがとうございます。  こちらはNSCの【モデレーター】です。 
Before we get started, a quick housekeeping: Everyone on this call should have received the embargoed copy of the factsheet and an embargoed version of the strategy.  All of that is embargoed until 5:00 a.m. tomorrow for reference.  If you haven’t, please reach out to Michael Morris from ONCD, and he’ll be able to help you out.  But with that, I guess we’ll get to it.  始める前に、簡単なハウスキーピングをします。この電話会議に参加された皆さんは、ファクトシートの差し止めコピー版と戦略の差し止めバージョンを受け取っていますはずです。  これらはすべて、参考のためで、明日の午前5時まで公開を差し止められいます。 もしまだの方は、ONCDのマイケル・モリスに声をかけてください。  それでは、本題に入りたいと思います。 
Welcome to our call previewing the national — the Biden-Harris administration’s National Cyber Strategy.  We’ll start this call on record with remarks from the acting Director —  Cyber National Director Kemba Walden and the NSC’s Deputy Director [Deputy National Security Advisor] for Cyber and Emerging Technologies, Anne Neuberger.  バイデン-ハリス政権の国家サイバー戦略をプレビューする電話会議へようこそ。  この通話ではまず、サイバー国家局長代理のケンバ・ウォルデンとNSCのサイバーおよび新興技術担当副長官(副国家安全保障アドバイザー)のアン・ノイバーガーの発言から記録を始めます。 
And then we’ll move to a background, attributable to “senior administration officials” for a few questions, where you’ll also hear from [senior administration official] and the [senior administration official].  そして、いくつかの質問のために「上級行政官」に帰属するバックグラウンドに移り、そこでは【上級行政官】と【上級行政官】からも話を聞くことができます。 
So, with that, I will turn it over to you, Kemba.  それでは、ケンバさんに譲ります。 
MS. WALDEN:  Thank you, [Moderator].  And good evening.  Thank you all for being here.  So, tomorrow, President Biden will release the administration’s National Cybersecurity Strategy.  This strategy sets forth a bold new vision for the future of cyberspace in the wider digital ecosystem.  MS. ウォルデン:ありがとうございます、そして【司会】さん、こんばんは。  皆さん、お集まりいただきありがとうございます。  さて、明日、バイデン大統領は政権の「国家サイバーセキュリティ戦略」を発表します。  この戦略は、より広いデジタルエコシステムにおけるサイバースペースの将来について、大胆な新しいビジョンを打ち出すものです。 
I want to thank the President for recognizing the critical importance of cybersecurity issues for the American people and for making cybersecurity a policy priority from day one of this administration.  私は、米国民にとってサイバーセキュリティ問題が極めて重要であることを認識し、政権発足初日からサイバーセキュリティを政策の優先事項としています大統領に感謝したい。 
The strategy builds on two years of unprecedented attention that the President has placed on cybersecurity issues, starting with the May 2021 executive order.  この戦略は、2021年5月の大統領令を皮切りに、大統領が2年間にわたりサイバーセキュリティの問題に前例のない関心を寄せてきたことを土台としています。 
I also wanted to thank Congress for their continued willingness to work with the administration on cybersecurity issues.  We’re fortunate to benefit from a long history of bipartisan cooperation on cybersecurity.  また、サイバーセキュリティの問題で政権と協力する意思を持ち続けています議会にも感謝したいと思います。  私たちは幸運にも、サイバーセキュリティに関する超党派の協力の長い歴史から恩恵を受けています。 
And I want to thank the many departments and agencies that contributed their time and expertise to the development of this strategy and who will now be at the forefront of its implementation.  また、この戦略の策定に時間と専門知識を提供し、今後、その実施の最前線に立つことになる多くの省庁に感謝したい。 
The President’s strategy fundamentally reimagines America’s social — cyber social contract.  It will rebalance the responsibility for managing cyber risk onto those who are most able to bear it.  Today, across the public and private sectors, we tend to devolve responsibility for cyber risk downwards.  We ask individuals, small businesses, and local governments to shoulder a significant burden for defending us all.  This isn’t just unfair, it’s ineffective.  大統領の戦略は、米国の社会契約(サイバー社会契約)を根本的に再構築するものである。  この戦略は、サイバーリスクマネジメントの責任を、それを最も負担することができる人々に再割り当てするものです。  今日、官民を問わず、私たちはサイバーリスクに対する責任を下方に委ねる傾向があります。  個人、中小企業、地方公共団体に、私たち全員を守るための大きな負担を強いていますのです。  これは不公平なだけでなく、効果的ではありません。 
The biggest, most capable, and best positioned actors in our digital ecosystem can and should shoulder a greater share of the burden for managing cyber risk and keeping us all safe.  This strategy asks more of industry, but also commits more from the federal government.  私たちのデジタルエコシステムにおいて、最も大きく、最も有能で、最も有利な立場にある主体が、サイバーリスクをマネジメントし、私たち全員の安全を守るために、より大きな負担を負うことができ、またそうすべきです。  この戦略は、産業界に多くのことを求めると同時に、連邦政府にも多くのことを約束します。 
With respect to industry, we will identify gaps and reduce burdens in existing authorities where targeted and narrow regulations are necessary to improve public safety and cybersecurity.  産業界に関しては、公共の安全とサイバーセキュリティを向上させるために、対象を絞った規制が必要な場合、既存の権限におけるギャップを特定し、負担を軽減する予定です。 
But for government, we have a duty to the American people to also double down on tools that only government can wield, including the law enforcement and military authorities to disrupt malicious cyberactivity and pursue their perpetrators.  しかし、政府については、悪意のあるサイバー活動を妨害し、その犯人を追求するための法執行機関や軍事当局など、政府だけが行使できる手段をさらに強化することが、米国民に対する義務である。 
And we will continue to invest in information sharing, operational collaboration, and other forms of partnership with the private sector.  そして、情報共有や作戦協力など、民間企業とのパートナーシップにも引き続き投資していくつもりです。 
Every American should be able to benefit from cyberspace, but every American should not have the same responsibility to keep it secure.  すべてのアメリカ人がサイバースペースから恩恵を受けることができるはずですが、すべてのアメリカ人がサイバースペースの安全を保つために同じ責任を負うべきではありません。 
Simply shifting the burden for security, though, won’t solve all of our problems if we don’t start thinking in terms of long-term solutions.  There are very real near-term risks, legal requirements, and commercial incentives that cause us to prioritize short-term approaches over long-term solutions.  しかし、単に安全保障の責任を転嫁するだけでは、長期的な解決策を考えなければ、すべての問題を解決することはできません。  目先のリスクや法的要件、商業的なインセンティブによって、長期的な解決策よりも短期的なアプローチを優先してしまうことは、実際にあります。 
But it’s not enough just to manage the threats of today.  We need to invest in a tomorrow that is more inherently defensible and resilient.  しかし、現在の脅威を管理するだけでは十分ではありません。  私たちは、より本質的な防御力とレジリエンスを備えた明日に投資する必要があります。 
To do that, we need to make it so that when public- and private-sector entities face tradeoffs between easy but temporary fixes and durable and long-term solutions, they are incentivized to consistently choose the latter.  そのためには、公共部門と民間部門が、簡単だが一時的な解決策と耐久性のある長期的な解決策の間のトレードオフに直面したとき、一貫して後者を選択するようなインセンティブを与える必要があります。 
This strategy calls for investments in our cyber workforce, our infrastructure, and the digital ecosystems underlining the technologies to improve our national resilience and economic competitiveness.  Rebalancing the responsibility to defend cyberspace and incentivizing investments in a resilient future are the fundamental shifts that guide the President’s strategy.  この戦略では、国家のレジリエンスと経済競争力を向上させるために、サイバー人材、インフラ、そして技術を支えるデジタルエコシステムへの投資を求めています。  サイバースペース防衛の責任を再均衡し、レジリエンスの高い未来への投資を奨励することが、大統領の戦略を導く基本的な転換点である。 
I want to turn now to my colleague, Anne Neuberger, who can provide her view on the strategy and some of its most important policy objectives.  次に、私の同僚であるアン・ニューバーガーに、この戦略とその最も重要な政策目標について見解を述べてもらいたいと思います。 
Thanks so much for your time.  お時間をいただき、ありがとうございました。 
MS. NEUBERGER:  Thank you, Kemba.  Good afternoon, all.  It is really great to be here with you today.  MS. ノイバーガー:ありがとうございました、ケンバ。  皆さん、こんにちは。  今日、皆さんとご一緒できて本当にうれしいです。 
I want to first kick off by thanking the ODNC team and, as Kemba did, the many departments and agencies who led and participated in building a strong, comprehensive strategy.  まず、ODNCチームと、ケンバが言ったように、強力で包括的な戦略を構築するために主導し参加した多くの部門や機関に感謝することから始めたいと思います。 
Before I get to the strategy, though, I’d like to simply start off by simply saying how the strategy is really being released at a pivotal moment, at a very timely moment.  Looking back at the last 24 months of the Biden-Harris administration and especially over the last year as we recently hit the one-year mark of the war in Ukraine, we’ve seen the cyber threat be at the forefront of geopolitical crises.  しかし、戦略の話に入る前に、まず、この戦略がいかに重要な時期に、非常にタイムリーなタイミングで発表されたかということを、簡単に申し上げたいと思います。  バイデン=ハリス政権の過去24カ月を振り返ると、特に昨年はウクライナ戦争から1年を迎え、地政学的な危機の最前線にサイバーの脅威があることがわかりました。 
And as we know, the threat is not only Russia.  We’ve seen destructive cyber and ransomware attacks executed by cybercriminals and other countries across the globe.  そして、ご存知のように、脅威はロシアだけではありません。  サイバー犯罪者や世界中の国々によって、破壊的なサイバー攻撃やランサムウェア攻撃が実行されていますのを目の当たりにしています。 
For example, last fall, we saw Iranian intelligence services attack Albania’s government networks, disrupting government services to the country’s citizens.  And almost immediately, we, at the ready, mobilized ourselves and our European partners to assist in Albania’s response to the attack and to hold Iran accountable by designating sanctions on individuals responsible.  例えば、昨年秋には、イランの諜報機関がアルバニア政府のネットワークを攻撃し、同国の国民への行政サービスを妨害する事件が発生しました。  その直後、私たちは欧州のパートナーとともに、アルバニアの攻撃への対応を支援し、イランの責任を追及するため、責任者に制裁を科す準備を整えた。 
Here at home, we’re no stranger to these sort of threats, which is important, because the Biden administration’s fundamental commitment is that Americans must be able to have confidence that they can rely on critical services, hospitals, gas pipelines, air/water services even if they are being targeted by our adversaries.  このような脅威を身近に感じることができるのは、とても重要なことです。なぜなら、バイデン政権の基本的なコミットメントは、重要なサービス、病院、ガスパイプライン、航空・水道サービスなどが敵に狙われたとしても、アメリカ人が安心して頼ることができるようにしなければならないということだからです。
And that’s why the Biden-Harris administration has worked tirelessly over the last two years to deliver on that commitment by building a more resilient cyber infrastructure to protect the services we all rely on daily, and also to strengthen our international partnerships, because cyber threats are fundamentally transnational threats.  They cross borders.  バイデン-ハリス政権は過去2年間、この公約を実現するため、私たちが日常的に利用していますサービスを守るため、よりレジリエンスなサイバーインフラを構築し、さらに国際的なパートナーシップを強化するために、たゆまぬ努力を続けてきました。  サイバー脅威は基本的に国境を越える脅威だからです。 
So that’s exactly what the strategy captures and sets out to continue to do, drawing direction and inspiration from the National Security Strategy, and establishing an affirmative vision for a secure cyberspace that creates opportunities to achieve our collective aspirations.  この戦略では、国家安全保障戦略から方向性とインスピレーションを得て、安全なサイバー空間に対する肯定的なビジョンを確立し、私たちの集団的な願望を達成するための機会を創出することを目指しています。 
It endeavors to make a stronger and more resilient cyber infrastructure for the American people and our allies and partners around the world.  そして、アメリカ国民と世界中の同盟国やパートナーのために、より強く、よりレジリエンスに優れたサイバーインフラを作ることに努めています。 
So, I’ll take a moment to walk through the five core pillars that the strategy is built on.  そこで、この戦略の土台となる5つの柱について、少し説明させていただきます。 
First, the strategy will defend critical infrastructure by expanding minimum cybersecurity requirements for critical sectors, enabling public-private collaboration, and ensuring that our systems are kept to the level needed to meet the threat.  It’s critical, as I said, that the American people have confidence in the availability and resiliency of our critical infrastructure and the essential services it provides.  第一に、この戦略では、重要セクターに対するサイバーセキュリティの最低要件を拡大し、官民の協力を可能にし、脅威を満たすために必要なレベルにシステムが保たれるようにすることで、重要インフラを防衛します。  重要インフラとそれが提供する重要なサービスの可用性とレジリエンスについて、米国民が信頼を寄せることが重要であることは、申し上げたとおりです。
Second, it will disrupt and dismantle threat actors by using all instruments of national power to make malicious cyber actors — to make it harder for them to threaten the national security or public safety of the United States.  第二に、悪意のあるサイバー攻撃者が米国の国家安全保障や公共の安全を脅かすことを困難にするため、国力のあらゆる手段を用いて、脅威の担い手を破壊し、解体します。 
Third, it will shape market forces to drive security and resilience by ensuring we place responsibilities on those who can address the risks, and we work to shift the consequences of poor cybersecurity away from the most vulnerable.  We need to make our digital ecosystem more trustworthy.  第三に、リスクに対処できる人々に責任を負わせ、サイバーセキュリティの不備がもたらす結果を最も脆弱な人々から遠ざけるよう努力することで、セキュリティとレジリエンスを推進する市場原理を形成することです。  私たちは、デジタルエコシステムをより信頼できるものにする必要があります。 
Fourth, invest in a resilient future through strategic investments that the Biden administration has made over the first two years and continued investments and coordinated, collaborative action.  We’ll continue to lead the world in developing secure and resilient next-generation technologies and infrastructure.  第四に、バイデン政権が最初の2年間に行った戦略的投資と、継続的な投資と協調的・協力的行動を通じて、レジリエンスの高い未来に投資します。  私たちは、安全でレジリエンスに優れた次世代技術やインフラの開発において、世界をリードし続けます。 
And finally, we’ll continue to forge international partnerships to pursue shared goals by promoting a cyberspace where responsible state behavior is expected and rewarded, and irresponsible behavior is isolating and costly, as in the Iran example I noted earlier.  そして最後に、先ほど述べたイランの例のように、責任ある国家の行動が期待され、報われ、無責任な行動は孤立し、犠牲となるようなサイバースペースを推進することで、共通の目標を追求するための国際パートナーシップを構築し続けていきます。 
There are three elements in particular I’d like to highlight.  特に強調したいのは、3つの要素です。 
First, on the critical infrastructure side.  A lot of the work we’ve done on critical infrastructure is already underway.  This strategy codifies the first two years of putting in place minimum cybersecurity pipe- — requirements for pipelines, for railways, and, shortly, for additional sectors we’ll be announcing.  第一に、重要インフラの側面からです。  重要インフラに関する私たちの取り組みの多くは、すでに進行中です。  この戦略では、最初の2年間、パイプライン、鉄道、そしてまもなく発表する新たなセクターに対して、サイバーセキュリティに関する最低限の要件を整備することを明記しています。 
We recognize that we need to move from just a public-private partnership, information-sharing approach to implement minimum mandates.  Information sharing and public-private partnerships are inadequate for the threats we face when we look at critical infrastructure.  私たちは、最低限の義務付けを実施するためには、単なる官民パートナーシップや情報共有のアプローチから脱却する必要があることを認識しています。  情報共有や官民のパートナーシップは、重要なインフラを対象とした場合に直面する脅威に対して不十分です。 
As I said, we’ve made major progress in executing this as a core Biden administration commitment in the first two years, and we’ll continue to carry it forward with the executive branch authorities we have in place and work with Congress to develop those limited additional authorities we may still need.  私たちは、バイデン政権の中核的なコミットメントとして、最初の2年間でこれを実行する上で大きな進歩を遂げました。私たちは、現在ある行政府の権限でこれを継続し、議会と協力して、まだ必要と思われる限られた追加権限を開発するつもりです。 
Second, as we continue our focus on disrupting and dismantling threat actors, we’re elevating our work on ransomware, declaring ransomware a threat to national security rather than just a criminal challenge.  第二に、私たちは、脅威を引き起こす要因の破壊と解体に重点を置きながら、ランサムウェアに対する取り組みを強化し、ランサムウェアを単なる犯罪行為ではなく、国家安全保障に対する脅威と位置付けています。 
And again, this is something we’ve already begun to tackle through domestic work targeting the most virulent ransomware actors — I’d call out the FBI’s work against Hive as an example — and with 36 partners and the European Union in the international counter ransomware initiative, which just had its first anniversary in October.  これは、最も悪質なランサムウェアの攻撃者を標的とした国内での活動(例としてHiveに対するFBIの活動を挙げます)や、36のパートナーや欧州連合とともに、10月に1周年を迎えたばかりの国際ランサムウェア対策イニシアチブを通じて、すでに取り組み始めています。 
Finally, it redoubles our commitment to international partnerships and implementation of norms.  Threats in cyberspace are often borderless.  Cyber defense matters in the modern geopolitical climate.  And we must work with our close allies and partners to deliver the security we all need and our citizens deserve.  最後に、国際的なパートナーシップと規範の実施に対する私たちのコミットメントを再確認することができます。  サイバースペースにおける脅威は、しばしば国境を越えるものです。  現代の地政学的状況において、サイバー防衛は重要です。  そして、私たち全員が必要とし、私たちの市民が値するセキュリティを提供するために、緊密な同盟国やパートナーと協力しなければなりません。 
So, with that, thank you for your time.  And we’ll turn it over for questions, as [Moderator] noted, to [senior administration official] and [senior administration official].  Thank you for your questions.  それでは、お時間をいただきありがとうございました。  ご質問は、【司会】が指摘したように、【上級行政官】と【上級行政官】にお譲りします。  ご質問をありがとうございました。 
MODERATOR:  Thanks, Anne.  And thanks, Kemba.  And just to make sure I got everyone’s title right there at the top for our on-the-record speakers, it was the acting National Cyber Director, Kemba Walden, and the Deputy National Security Advisor for Cyber and Emerging Technologies, Anne Neuberger.  司会:ありがとう、アンさん。  そして、ケンバさん、ありがとうございます。  そして、念のため、記録上の発言者の肩書きを一番上に書いておきますが、国家サイバー長官代理のケンバ・ウォルデン氏と、サイバーと新興技術担当の国家安全保障副顧問のアン・ノイバーガー氏でしたね。 
So, if you want to use the “hand raising” feature, we’ll give it a quick minute to let people raise their hands and then we’ll get started with a Q&A.  それでは、「挙手」機能を使いたい方は、1分ほどで手を挙げていただき、その後、Q&Aを開始します。 
We’ll get started.  Our first question will go to Maggie Miller from Politico.  You should be able to unmute yourself.  始めましょう。  最初の質問は、Politicoのマギー・ミラーさんです。  ミュートを解除してください。 
Q    Yep.  Hi.  Thanks so much for hosting this call.  I wanted to ask a little bit more about some of these, you know, regulations that are going in place.  I know Anne mentioned there’s going to be new sectors that are going to be announced soon.  Can you talk more about what those sectors will be and what the feedback from industry has been about having this more mandatory approach to cybersecurity requirements that has, as you mentioned, already been ongoing?  Thanks so much.  Q:はい。  こんにちは。  この電話会議を主催していただき、本当にありがとうございます。  私は、このような規制についてもう少し詳しく聞きたいと思いました。  アンが、近々新しいセクターが発表されると言っていましたね。  また、サイバーセキュリティ要件に対するより強制的なアプローチについて、産業界からどのようなフィードバックがあったのか、もう少し詳しく教えてください。  どうもありがとうございました。 
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:   Hi, Maggie.  [Senior administration official] here.  Thanks for the question.  [上級行政官] マギーさん、こんにちは。  [上級行政官] です。  質問をありがとうございます。  
So, we’ve taken up a sector-by-sector approach in looking at each critical infrastructure sector and thinking about what are the ways that we can improve the cybersecurity posture within that sector.  There are a number of sectors that are already regulated — for instance, electricity grid, you know, nuclear facilities, there are others — where the ability to require cybersecurity practices as part of an overall security program and safety program is already in place.  私たちは、各重要インフラ部門を対象に、部門ごとにアプローチし、その部門におけるサイバーセキュリティ態勢をどのように改善できるかを考えています。  例えば、電力網や原子力施設など、すでに規制されている部門は数多くあり、全体的なセキュリティプログラムや安全プログラムの一部としてサイバーセキュリティの実践を要求する能力はすでに備わっています。  
And so, we just want to make sure that those regulatory regimes take advantage of the best thought that exists across the cybersecurity industry and what we’re learning from examining cyber incidents that have occurred in recent years.  そこで私たちは、これらの規制が、サイバーセキュリティ業界全体に存在する最善の考えや、近年発生したサイバー事件の検証から学んだことを活用できるようにしたいと思います。 
But there are sectors where the authorities aren’t as clear or we have not fully exercised the authorities that exist.  One example of where we’re beginning to take the first steps is EPA for the water sector.  They have made a public notice, and I’m not exactly sure where it stands, but I think it’s coming out soon.  It’s an interpretation of an existing rule for sanitary surveys in which water facility owners and operators will have to incorporate some cybersecurity elements in their regularized sanitary survey program, where they’re looking at drinking water safety issues and the equipment and such.  しかし、権限が明確でない分野や、存在する権限を十分に行使できていない分野もあります。  最初の一歩を踏み出しつつある例として、水分野ではEPAが挙げられます。  正確なところはわかりませんが、近々発表されると思います。  これは衛生調査に関する既存の規則を解釈したもので、水道施設の所有者や運営者は、飲料水の安全性や設備などを調べる定期的な衛生調査プログラムに、サイバーセキュリティの要素を取り入れる必要があるというものです。 
So, it’s not a — it’s not a new authority.  It’s an interpretation and adding additional elements into an existing authority.  So that that will begin to come into place here in the very near term but will take time to fully see that ripple through the industry because these are on a couple-of-year cycles to be when the sanitary surveys get done on a periodic basis.  つまり、これは新たな権限ではありません。  既存の権限に解釈と追加要素を加えたものです。  このため、ごく近い将来には導入されることになるでしょうが、衛生調査が定期的に行われるため、業界全体に波及するには時間がかかると思います。 
There are other sectors where we’re looking at similar things and finding ways to close gaps.  There are a number of sectors where it’s purely voluntary and there’s actually not a regulatory regime around it.  And so, those are things that we’re looking at.  And also turning to CISA, through those cross-sector cyber performance goals that they’ve put out, to find ways to encourage the incorporation of cybersecurity best practices.  These are things that everybody knows about — multi-factor authentication, network segmentation, things like that, encryption.  他の分野でも同じようなことを検討し、ギャップを埋める方法を見つけていますところがあります。  純粋に自主的な活動で、規制がない分野もたくさんあります。  そのような分野にも目を向けています。  また、CISAが発表した分野横断的なサイバーパフォーマンス目標を通じて、サイバーセキュリティのベストプラクティスを取り入れることを奨励する方法を模索することも必要です。  多要素認証、ネットワークのセグメンテーション、暗号化など、誰もが知っていますようなことです。 
And so, the bar we’re setting is not a high bar. We really are just hoping that owners and operators do the basics.  And over time, we’re going to be able to bring and raise all ships.  ですから、私たちが設定したハードルは決して高くありません。私たちは、オーナーやオペレーターが基本的なことを実践してくれることを望んでいますのです。  そして、時が経てば、私たちはすべての船を引き上げられるようになるでしょう。 
MODERATOR:  Great.  We’ll go to our next question.  Sean from CNN.  You should be able to unmute yourself.  モデレーター:素晴らしい。  次の質問に行きます。  CNNのショーンです。  ミュートを解除してください。 
Q    Hi, can you hear me? Q ハイ、聞こえますか?
MODERATOR:  Yes, we can hear you.  モデレーター:はい、聞こえます。 
Q    Great.  Thanks for the call.  Very interesting strategy.  I wanted to ask, kind of, a question that comes up in a lot of these calls, but, you know, you have to ask it, is: in terms of the international dimension, how the administration is going to address the bear in the room and try to get — if try at all — to get Russia to cooperate on norms, on pursuing ransomware actors, et cetera.  Q 素晴らしい。  お電話ありがとうございました。  とても興味深い戦略ですね。  国際的な側面について、政権は部屋の中の熊にどのように対処するつもりなのか、また、ロシアに規範やランサムウェアの実行者の追求などで協力させるために、もし努力するとしても、どのようにするつもりなのか、といった質問です。 
We’re all well aware of the tools that the administration can use to rally allies and use it and coordinate with everyone else except Russia.  But the government will agree that cooperating with Russia would certainly help in this space.  私たちは、政権が同盟国を結集し、それを利用して、ロシア以外のすべての人と協調するためのツールをよく知っています。  しかし、ロシアと協力することがこの分野で確実に役立つことは、政府も認めるところでしょう。 
So, has that — has that ship sailed with the war in Ukraine and given that the war has no end in sight?  Has the administration given up on engaging Moscow on cybercriminal issues and other cyber issues?  Or are we going to see some sort of effort in the future?  Thank you.  では、ウクライナでの戦争と、戦争に終わりが見えないことを考えると、その船は出航したのでしょうか。  政権は、サイバー犯罪問題やその他のサイバー問題でモスクワに関与することをあきらめたのでしょうか。  それとも、今後何らかの取り組みが見られるのでしょうか。  ありがとうございました。 
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  I think what we’re seeing is an approach that draws directly from the National Security Strategy into the National Cyber Strategy, which is to focus on our regional partners around the globe to build the coalitions that can create pressure on Russia and other malicious actors to change their behavior.  I think we’ve seen some success in sustaining that coalition over the last year.  [上級行政官] :国家安全保障戦略から直接、国家サイバー戦略へとつながるアプローチであり、ロシアやその他の悪意ある行為者に行動を変えるよう圧力をかけることができる連合を構築するために、世界中の地域パートナーに焦点を当てるということだと思います。  この1年間で、この連合を維持することに一定の成功を収めたと思います。 
And so, we’re hopeful that Russia understands the consequences of malicious activity in cyberspace and will continue to be restrained.  ロシアがサイバー空間における悪意ある活動の結果を理解し、今後も自制してくれることを期待しています。 
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  So, I’ll amplify a little bit.  You hit the nail on the head, Sean, that this is a significant problem, which is why Anne Neuberger had mentioned and the strategy calls out essentially a new policy that ransomware constitutes a national security threat.  [上級行政官]:では、少し話を広げます。  アン・ニューバーガーが言及したように、ランサムウェアは国家安全保障上の脅威であるという新たな方針が、この戦略で明確に打ち出されています。 
Traditionally, cybercrime issues would be handled within the criminal justice system, and responsible countries would investigate crime, collect evidence on behalf of each other, share information, cooperate, have mutual legal assistance, request things fulfilled, and extradition.  And these types of problems would be addressed and suppressed through normative avenues.  従来、サイバー犯罪の問題は刑事司法制度の中で扱われ、責任ある国が犯罪を捜査し、互いに証拠を集め、情報を共有し、協力し、相互法的支援を行い、要求事項を実現し、引き渡しを行うものでした。  そして、この種の問題は、規範的な手段によって対処され、抑制されることになるでしょう。 
We do have a problem where Russia is serving as a de facto safe haven for cybercrime, and ransomware is a predominant issue that we’re dealing with today, which is why the strategy also calls out — since the criminal justice system isn’t going to be able to, on its own, address this problem, we do need to look at other elements of national power to be going after the threat.  ロシアがサイバー犯罪の事実上の安住の地となっているという問題があり、ランサムウェアは今日我々が扱っている主要な問題です。刑事司法制度だけではこの問題に対処できないので、国力の他の要素にも目を向けて、脅威を追及していく必要があります。 
And so, we won’t be able to — well, some of the things that we can talk about are, you know, Treasury sanctions, and State Department has done Reward for Justice offerings to try to shine a light on these issues, make it more difficult for the cybercrime actors to operate.  And then, as well, you’ve seen successes by the FBI and the Secret Service in apprehending actors who go on vacation somewhere, and they find themselves, you know, arrested on behalf of a U.S. extradition request.  そこで、私たちができることは、財務省の制裁や、国務省が行っています「正義の報酬」によって、こうした問題に光を当て、サイバー犯罪者の活動をより困難なものにする、ということです。  また、FBIやシークレットサービスが、休暇でどこかに出かけていた犯罪者を逮捕することに成功し、その結果、米国の犯罪者引き渡し要求のために逮捕されることもありました。 
And so, ultimately, I think [senior administration official] hit the nail on the head, which is that the — we want to shrink the surface of the Earth that people can conduct malicious cyber activity with impunity, and put pressure on them and make their lives a little bit less pleasurable.  つまり、悪意のあるサイバー活動を平然と行える地球の表面を縮小し、彼らに圧力をかけ、彼らの生活を少しばかり楽しくないものにしたい、ということです。 
And if a criminal is restricted to living in Russia and can’t leave the borders, then perhaps that might create a bit of a deterrent effect.  そして、犯罪者がロシアに住むことを制限され、国境を離れることができなくなれば、おそらく、ちょっとした抑止効果が生まれるかもしれません。 
And then, we want to rally likeminded countries to be able to take a similar approach and to be using the tools that they have, and to make sure that we’re all focused on the problem and that we’re putting pressure across all areas, including diplomatic, on countries that do not follow, you know, agreed-upon norms.  そして、同じような考えを持つ国々が同じようなアプローチを取り、持っていますツールを使うことができるように、そして、私たち全員がこの問題に集中し、合意された規範に従わない国に対して、外交も含めてあらゆる分野で圧力をかけることができるようにしたいのです。 
MODERATOR:  Thank you.  We’ll go next to Kevin with NBC.  You should be able to unmute yourself. 司会:ありがとうございました。  次はNBCのケヴィンにお願いします。  ミュートを解除してください。
Q    Hi.  Yeah, thanks, y’all, for doing the call.  I wanted to ask — I’m looking through this and I’m seeing echoes of a lot of this stuff this administration has been doing already, in terms of executive orders, the international cooperation stuff.  Q ハイ。  電話をしてくれてありがとう。  私はこれを読んでいて、大統領令や国際協力など、この政権がすでに行ってきたことの多くが反響を呼んでいますことを知りました。 
To what degree should we view this as — the new strategy as an extension and a coalescence of what this administration has been doing versus a — kind of a genuine — like a pivot, new vision? この新戦略は、これまで政権が行ってきたことの延長線上、合体であると考えるべきか、それとも本物のピボット、新しいビジョンのようなものだと考えるべきか、どの程度に見るべきでしょうか。
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  So, I think the first thing to begin with is that this strategy, we acknowledge in it, is not only continuing the work from the start of the administration, when we came in and were addressing the crisis of SolarWinds and handling the reoccurring major ransomware incidents in that first year, but it’s also continuing many of the initiatives and many of the efforts that date back to the Obama administration, and builds on many of the efforts in the Trump administration.  [上級行政官]:まず、この戦略は、政権発足後、SolarWindsの危機への対応や、初年度に頻発した大規模なランサムウェア事件への対応など、政権発足時の取り組みを継続していますだけでなく、オバマ政権時代から続く多くの取り組みやトランプ政権での多くの取り組みをベースにしていますということが、この戦略の中で認識されていますと考えています。 
And so, the first thing the strategy acknowledges is that we’re building on that path while we move in a new direction.  And so, the big shift here, obviously, compared to previous strategies, is the focus on saying that we do need to set targeted requirements for critical infrastructure where those don’t exist today.  That’s a major departure from the past.  つまり、この戦略では、新しい方向に進む一方で、その道を積み重ねていますことを最初に認めていますのです。  そして、これまでの戦略と比較して、ここでの大きな変化は、明らかに、重要なインフラストラクチャーについて、現在存在しないものを対象とした要件を設定する必要がある、ということに焦点が当てられていますことです。  これは、これまでの戦略とは大きく異なる点です。 
The other shift is to look at how we think about liability for software manufacturers, something that has not been in previous strategies. もうひとつは、これまでの戦略にはなかった、ソフトウェアメーカーの責任に関する考え方の転換です。
And I think the other thing I would note is the major shift that Anne has focused on, on how we’re really bringing all instruments of national power against cybercrime in the form of ransomware.  そして、もうひとつ注目したいのは、ランサムウェアという形のサイバー犯罪に対して、いかに国力のあらゆる手段を投入するかという、アンが重視した大きな転換点です。 
And so, the strategy is meant to pull together all of these threads and then provide us a direction forward.  この戦略は、これらすべての糸を引き寄せ、前進する方向を示すものです。 
MODERATOR:  Great, thank you.  We’ll now go to Elias with CyberScoop. 司会:ありがとうございました。  それでは、CyberScoopのエリアスさんにお願いします。
Q    Hey, thanks so much for doing this call.  So, a couple questions.  Two on software liability and another on offensive operations. Q この電話会議をセットしてくれてありがとうございます。  いくつか質問をさせてください。  ソフトウェア責任について2つ、攻撃的な作戦についてもう1つです。
On software liability, can you elaborate a bit on where in the software ecosystem you want to place liability?  Figuring out where to place liability is just, kind of, a tough technical problem.  And I’m wondering if maybe you guys can elaborate a little bit just on how you think about it.  ソフトウェアの責任についてですが、ソフトウェアのエコシステムのどこに責任を負わせるかについて、もう少し詳しく教えてください。  どこに責任を負わせるかを考えるのは、技術的に難しい問題です。  そこで、あなた方がどのように考えているのか、少し詳しく説明していただけないでしょうか。 
And then, to follow up on that, you’re going to need Congress to move legislation on software liability reform.  Can you talk through, a little bit, the politics of doing that, what you think the prospects are of moving that through Congress? そして、その続きとして、ソフトウェア責任改革に関する法案を議会が動かす必要があると思います。  そのための政治的な方法と、議会を通過させる見込みについて、少しお話しいただけますか?
And then, in terms of a third question, if I can squeeze it in here at the end, can you elaborate a little bit on what you mean by bringing all forms of national power to bear on this problem and the extent to which this strategy is embracing greater use of offensive operations in cyberspace?  Thanks.  それから、3つ目の質問ですが、もし最後の方に入れるのであれば、この問題に対してあらゆる形態の国力を投入するというのはどういう意味なのか、この戦略がサイバースペースでの攻撃的な作戦をどの程度採用しているのか、少し詳しく説明してください。  ありがとうございました。 
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  So, on the liability question, the first thing that we’re trying to do here is make sure that we’re placing liability where it will do the most good.  So, we don’t want to place liability, say, on the developers of open-source software who don’t have any resources, whose software is used by commercial providers to build their products.  上級行政官:責任の所在に関する質問ですが、まず、私たちがここで行おうとしていますのは、最も効果のあるところに責任を負わせるということです。  例えば、リソースを持たないオープンソースソフトウェアの開発者に責任を負わせるのではなく、そのソフトウェアは商業プロバイダーが製品を製造するために使用されます。 
If we placed liability there, we don’t get the changes that we want in the ecosystem.  So, the first principle we’ve had is to place liability where it will do the most good.  And in some people’s articulations, that’s on the final goods-assembler.  Right?  The company that is building and selling the software, they need to be liable for what they put in it and work to reduce vulnerabilities and use best practices.  もしそこに責任を負わせたら、エコシステムに私たちが望むような変化をもたらすことはできません。  ですから、私たちが持つ最初の原則は、責任を最も良い効果をもたらす場所に置くということです。  そして、ある人たちの表現では、それは最終的な商品の組み立て業者にあるのです。  そうでしょう?  ソフトウェアを製造・販売しています会社は、その中に入れたものに対して責任を持ち、脆弱性を減らし、ベストプラクティスを使うように努力する必要があります。 
We can’t have them devolving that responsibility down to a two-person, open-source project that hasn’t received any funding in the last five years.  That’s not going to get us the outcome that we want.  その責任を、過去5年間資金援助を受けていない2人組のオープンソースプロジェクトに委ねるわけにはいきません。  それでは、私たちが望むような結果を得ることはできません。 
We see shifting liability as a long-term process.  When we think about this strategy, we’re looking out a decade.  And so, our anticipation is that we will need to begin this process working with industry to really establish what better software development practices look like, work to implement those, work to articulate those, and then work with industry and Congress to establish what some kind of liability shield for the adoption of those practices would look like.  私たちは、責任転嫁を長期的なプロセスとして捉えています。  この戦略を考えるとき、私たちは10年先まで見通しています。  そのため、私たちの予想では、業界と協力して、より良いソフトウェア開発の実践方法を確立し、それを実施し、明確にするために努力し、さらに業界や議会と協力して、その実践方法の採用に対する何らかの責任の盾を確立するために、このプロセスを始める必要があると思います。 
But we don’t anticipate that this is something where we’re going to see a new law on the books within the next year.  しかし、来年中に新しい法律が制定されるような事態は想定していません。 
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  Quickly, maybe a little bit of a departure, but on the same theme of secure-by-design, recall that Anne Neuberger hosted, in October, an IoT security labeling event where we were beginning to engage with stakeholders and get feedback on what a government labeling program would look like to make sure that IoT products, their security posture is transparent to the customers so they can make informed choices. [上級行政官] 少し話がそれますが、セキュア・バイ・デザインという同じテーマで、10月にアン・ノイバーガーが主催したIoTセキュリティ・ラベリング・イベントで、IoT製品のセキュリティ態勢が顧客にとって透明であることを確認するために、政府によるラベル付けプログラムがどのようなものかについて関係者とともに意見を出し合い、顧客が十分な情報に基づいて選択できるようにし始めていたことを思い出してください。
That will help to encourage an ecosystem of secure-by-design products where, according to Carnegie Mellon’s research, there is a preference and people are willing to pay a premium for products that protect their security and their privacy.  カーネギーメロン大学の研究によると、セキュリティとプライバシーを保護する製品にプレミアムを支払うことを望む傾向があるそうです。 
So, in this theme, we’re looking to make sure that software design is using best practices and that it is a — security is in mind in the development of it, and that IoT products and other things like that are also in a better posture so that the attack surface is much reduced over time.  このテーマでは、ソフトウェアの設計がベストプラクティスを用いていること、そしてその開発においてセキュリティが考慮されていること、さらにIoT製品などもより良い姿勢であることを確認し、長期的に攻撃対象が大幅に減少するようにすることを目指したいと思います。 
On the topic, Elias, you were asking about — implied, you know, offensive cyber or other tools of the government that can be applied against problems like ransomware in hard to reach places — in general, we are looking at the ransomware problem as a national security threat and, therefore, we need to be able to use additional tools such as, for instance, intelligence tools to make sure that we understand the threat and understand, you know, how it is that we can protect ourselves, how we can tip victims or intended victims before they’re attacked through whatever authorities are needed to do that.  ランサムウェアのような手の届きにくい場所での問題に対して、政府が提供する攻撃的なサイバーツールについてお聞きしましたが、一般的に、私たちはランサムウェアの問題を国家安全保障上の脅威としてとらえています。したがって、一般的に、私たちはランサムウェアの問題を国家安全保障上の脅威として見ています。私たちは、脅威を理解し、自分たちを守るにはどうすればいいのか、被害者や被害予定者に攻撃を受ける前に知らせるにはどうすればいいのかを理解するために、例えば情報ツールなどの追加ツールを使用できるようにする必要があります。  
I will not speak to what all activities that we may contemplate or be undertaking.  But we are certainly in a more forward-leaning position to make sure that we’re protecting the American people from these threats and that we apply the tools that are necessary to address it.  私たちがどのような活動を考えているのか、また、どのような活動をしようとしているのかについては、お話しするつもりはありません。  しかし、こうした脅威から米国民を守り、それに対処するために必要なツールを適用するために、私たちがより前向きの立場にあることは確かです。 
And everything from diplomacy to law enforcement to intelligence to economic and financial, these are all tools — and military tools, as necessary — these are options that the President has.  And we’re — we’re certainly open to using all of them in a smart way to go after the threat.  外交、法執行、情報、経済・金融、これらすべてが手段であり、必要に応じて軍事的手段も用いますが、これらは大統領が持つ選択肢である。  そして私たちは、脅威を追及するための賢い方法として、これらすべてを使うことに前向きです。 
MODERATOR:  Thank you.  I think we have time for one more question, so we’ll go to Tim Starks from the Washington Post.  司会:ありがとうございました。  もう1つ質問の時間がありますので、ワシントン・ポスト紙のティム・スタークスさんにお願いします。 
Q    Hi there.  Thanks.  Mine is a pretty easy, hopefully, logistical question.  Is the process by which this needs to be approved by the President complete?  And what is that process?  Does he sign it?  Does he just say, “I approve this”? Q こんにちわ。  ありがとうございます。  私のは非常に簡単な、できればロジカルな質問です。  大統領による承認が必要なプロセスは完了していますのでしょうか?  また、そのプロセスはどのようなものでしょうか?  大統領はそれに署名するのですか?  大統領は「私はこれを承認する」と言うだけなのでしょうか?
And then, the implementation strategy — sorry, the implementation plan.  How far along is that?  When might we expect to see it? それから、実施戦略、つまり実施計画です。  それはどの程度進んでいますのでしょうか?  いつごろになるのでしょうか。
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  So, that’s a great question.  There certainly are details about how paperwork moves through this building.  And what we can say is that this strategy will be announced tomorrow. 上級行政官:素晴らしい質問ですね。  確かに、この建物内でどのように事務処理が行われるかについては、詳細が決まっています。  そして、私たちが言えることは、この戦略は明日発表されるということです。
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  And, Tim, can you repeat your question on implementation, please? 上級行政官:それから、ティム、実施に関する質問をもう一度お願いできますか?
Q    Yes, happily.  How far along is the implementation plan?  And when might we expect to see it? Q はい、喜んで。  実施計画はどの程度進んでいますのでしょうか?  また、いつ頃、それを目にすることができるのでしょうか?
SENIOR ADMINISTRATION OFFICIAL:  I can answer.  So, the implementation plan has been developed in parallel with the strategy.  And so, the effort is ongoing to take that.  We’ve already, in fact, begun to implement aspects of the strategy over the last few months.  And so, we anticipate that we will have a public snapshot of the strategy of the implementation plan out in the coming months. 上級行政官:お答えします。  実施計画は、戦略と並行して策定されています。  そのため、そのための努力は継続中です。  私たちはすでに、実際、ここ数ヶ月の間に戦略の側面を実施し始めました。  ですから、今後数ヶ月のうちに、実施計画に関する戦略のスナップショットを公開することになると思います。
MODERATOR:  Cool.  Thank you, everyone.  As a reminder, our first two speakers were on record, and then the Q&A portion was on background, attributable to “senior administration officials.”  The contents of this call and all the supplemental paperwork you got in email earlier are all embargoed until 5:00 a.m. Eastern tomorrow, Thursday, March 2nd. 司会:素晴らしい。  皆さん、ありがとうございました。  念のため申し添えますが、最初の2人の発言は記録されており、その後、質疑応答の部分は「上級行政官」に起因するバックグラウンドで行われます。  この電話会議の内容と、先ほどメールで受け取った補足書類は、すべて明日3月2日(木)東部時間午前5時までの公開差し止めの措置です。
If you have any other questions, feel free to follow up with us.  Have a great night. 他に質問があれば、遠慮なくフォローアップしてください。  それでは、良い夜をお過ごしください。
5:32 P.M. EST 5:32 P.M. EST

 

 

下院 国土安全保障委員会

●  U.S. House Committee on Homeland Security

・2023.03.02 Green, Garbarino Statement on the Release of the National Cybersecurity Strategy

 

 


 

[2023.03.14 追記]

JETRO

・2023.03.14 バイデン米政権、国家サイバーセキュリティー戦略を公表


  1. 重要インフラの防衛:重要分野に求める最低限のサイバーセキュリティー基準を拡大する。官民協力を迅速かつ大規模に進める。連邦政府のネットワークの防衛と現代化を進めるとともに、危機対応政策を更新する。

  2. 脅威ある行動者への対抗:国家権力で利用できる全てのツールを戦略的に活用する。ランサムウエアの脅威に連邦政府として包括的に対処するとともに、国際的パートナーと強固に連携する。

  3. 安全と強靭性を促進させるための市場形成:個人データのプライバシーと安全保障を促進する。安全な開発慣行を促進するために、ソフトウエア製品・サービスに責任を課す。連邦の補助金プログラムを確保する。

  4. 強靭な未来への投資:インターネットの構造的・技術的な脆弱(ぜいじゃく)性を減少させ、越境するデジタル脅威に対する強靭性を高める。ポスト量子暗号やデジタル個人認証、クリーンエネルギーインフラなど次世代技術のためのサイバーセキュリティーにかかる研究開発を優先する。

  5. 共通する目標を追求する国際パートナーシップの構築:デジタルエコシステムへの脅威に対抗するために有志国による国際連携を強化する。平時と非常時いずれにもパートナー国がサイバー脅威に対して自らを防衛できる能力を向上させる。


 

 

参考 各国のサイバーセキュリティ戦略

■ EUの場合

European Commission

・2020.12.16 The EU's Cybersecurity Strategy in the Digital Decade

・[PDF] Factsheet

20210513-120625

 

■ ドイツの場合

Bundesministerium des Innern, für Bau und Heimat 

プレス

・2021.09.08 (press) Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021 beschlossen

戦略本文

・[PDF] Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021

20210926-60648

 

■ オランダの場合

・2022.10.10 Kabinet presenteert nieuwe cybersecuritystrategie

● 戦略

・2022.10.10 Nederlandse Cybersecuritystrategie 2022 - 2028

・[PDF

20221016-52157

 

● 活動計画 2022-2023

・2022.10.10 Actieplan Nederlandse Cybersecuritystrategie 2022 - 2023

・[PDF

20221016-52520

 

■ UKの場合

National Cyber Security Centre

2021.12.15 (news) Government publishes blueprint to protect UK from cyber threats

・2021.12.15 Policy paper National Cyber Strategy 2022

・[heml] National Cyber Strategy 2022

 ・[PDF] National Cyber Strategy 2022

20211217-55613

日本語訳 [Downloded]

20230221-170849

 

■ U.S. の場合

・2023.03.02 FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration Announces National Cybersecurity Strategy

・[PDF] National Cybersecurity Strategy 

20230304-72820

 

・2018.09.20 President Trump Unveils America’s First Cybersecurity Strategy in 15 Years

・[PDF] NATIONAL CYBER STRATEGY of the United States of America


20210513-121917

・仮訳 [DOCX

 

■ 日本の場合

内閣官房 - サイバーセキュリティセンター - サイバーセキュリティ戦略本部

・2021.09.28 [PDF] サイバーセキュリティ戦略

20230820-153236

・2022.06.17 サイバーセキュリティ戦略本部 第34回会合

・2021.09.27 第31回会合

 

 

🔳オーストラリアの場合

AU - Department of Home Affairs - Cyber security - Strategy

・2020.08.06 [PDF] AUSTRALIA’S CYBER SECURITY STRATEGY 2020

20230520-150216

2016年の前回のバージョン

・[PDF] Australia's Cyber Security Strategy

20230520-150443

 

■ 中国の場合

 中央网络安全和信息化委员会办公室 (Cyberspace Administration of China)

 プレス発表

戦略全文

・2016.12.27 国家网络空间安全战略

・英語訳

 ・2016.12.27 National Cyberspace Security Strategy

 

 

■ ロシアの場合(NATO CCDCOEの論文)

● NATO CCDCOE

2020 [PDF] The Past, Present, and Future of Russia’s Cyber Strategy and Forces by Bilyana Lilly and Joe Cheravitch



■ インドの場合

Data Security Council of India

・2020.08.15 [PDF] National Cyber Security Strategy 2020

20210513-131956

 

■ シンガポールの場合

● Cyber Security Agency of Singapore

・2021.10.05 Singapore Updates National Cybersecurity Strategy

The Singapore Cybersecurity Strategy 2021

・[PDF]

20211011-134730

 


まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2022.10.29 米国 国家防衛戦略

・2022.10.14 米国 国家安全保障戦略

 

・2023.03.03 ENISA 国家サイバーセキュリティ戦略の実施に向けた効果的なガバナンスフレームワークの構築

・2022.10.16 オランダ サイバーセキュリティ戦略2022-2028 デジタル・セキュリティー社会の実現に向けた渇望と行動 (2022.10.10)

・2022.06.21 内閣官房 サイバーセキュリティ 2022 重要インフラのサイバーセキュリティに係る行動計画 (2022.06.17)

・2022.02.22 NATO CCDCOE 「国家サイバーセキュリティ戦略策定のためのガイド」第2版 (2021.11)

・2021.12.17 英国 国家サイバー戦略

・2021.10.11 シンガポール サイバーセキュリティ戦略2021

・2021.09.28 NISC サイバーセキュリティ戦略本部 第31回会合 サイバーセキュリティ戦略確定 (予算からみるとサイバーセキュリティは経済発展というよりも安全保障?)

・2021.09.26 独国 サイバーセキュリティ戦略2021 at 2021.09.08

・2021.07.15 経団連 提言「全員参加によるサイバーセキュリティの実現に向けて」

・2021.07.13 NISC 「次期サイバーセキュリティ戦略(案)」と「サイバーセキュリティ2021(案)」に関する意見の募集について

・2021.07.12 NATO関連機関が分析したサイバー空間におけるロシアの戦略 at 2021.06.11

・2021.07.07 NISC 「サイバーセキュリティ戦略本部第30回会合」と「サイバーセキュリティ対策推進会議(CISO等連絡会議)第18回会合」

・2021.06.29 IISS サイバー対応能力と国家力 日本のサイバー能力はいけていない?

・2021.06.03 サイバー領域の制度、法律、政策などについての米英の比較

・2021.05.13 米国 国家のサイバーセキュリティ向上に関する大統領令

・2021.05.13 サイバーセキュリティ戦略本部 次期サイバーセキュリティ戦略の骨子

・2020.12.08 ENISA 自国のサイバーセキュリティ能力の成熟度を自己評価するための「国家能力評価フレームワーク(NCAF)」を発行

・2020.08.11 オーストラリア政府 内務省がサイバーセキュリティ戦略2020を公表していましたね。。。

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧