« 世界経済フォーラム (WEF) 製造事業者がサイバーレジリエンス文化を構築する3つの方法 | Main | NATO CCDCOE タリン文書第14号は、サイバー外交とその実践に焦点を当てている »

2024.06.13

世界経済フォーラム (WEF) グローバル・ジェンダーギャップ報告書 2024 (昨年よりも7つも順位を上げる!)

こんにちは、丸山満彦です。

世界経済フォーラム (WEF)がグローバル・ジェンダーギャップ報告書の2024年版を公表していますね。。。

日本は総合で、118位(146カ国中)という状況ですが、昨年は。。。125位(146カ国中)ということだったので、7つも順位を上げています。

上昇に貢献したのが、政治。113位(146カ国中)は昨年の138位(146カ国中)から大きく順位を上げています!

 

Fig1_20240613010101

 

Fig2_20240613010101

 

指数をみると日本はほぼ同じ。。。でも、順位は下がっている。。。

日本が停滞しているのは、世界がかわっていっているのに、日本が変わっていっていないからかもしれませんね。。。取り残される日本...

 

 

World Economic Forum - Whitepaper

・2023.06.11 Global Gender Gap Report 2024

 

Global Gender Gap Report 2024 グローバル・ジェンダーギャップ報告書 2024
The Global Gender Gap Index annually benchmarks the current state and evolution of gender parity across four key dimensions (Economic Participation and Opportunity, Educational Attainment, Health and Survival, and Political Empowerment). It is the longest-standing index tracking the progress of numerous countries’ efforts towards closing these gaps over time since its inception in 2006. グローバル・ジェンダー・ギャップ指数は毎年、4つの主要な次元(経済参加と機会、教育達成、健康と生存、政治的エンパワーメント)におけるジェンダー平等の現状と進展をベンチマークしている。この指標は、2006年の開始以来、長期にわたってこれらの格差の解消に向けた多くの国々の努力の進捗状況を追跡している、最も長い歴史を持つ指標である。

 

・[PDF] Global Gender Gap Report 2024

20240612-235059

 

日本についてはP219, P220に詳細なものがありますね。。。

 

これは私がまとめた日本の推移...

経済参画 教育 健康 政治参画 経済参画 教育 健康 政治参画 総合 国数
2006年 0.545 0.986 0.980 0.067 0.645 83 60 1 83 80 115
2007年 0.549 0.986 0.979 0.067 0.645 97 69 37 94 91 128
2008年 0.544 0.985 0.979 0.065 0.643 102 82 38 107 98 130
2009年 0.550 0.985 0.979 0.065 0.645 108 84 41 110 101 134
2010年 0.572 0.986 0.980 0.072 0.652 101 82 1 101 94 134
2011年 0.567 0.986 0.980 0.072 0.651 100 80 1 101 98 135
2012年 0.576 0.987 0.979 0.070 0.653 102 81 34 110 101 135
2013年 0.584 0.976 0.979 0.060 0.650 104 91 34 118 105 136
2014年 0.618 0.978 0.979 0.058 0.658 102 93 37 129 104 142
2015年 0.611 0.988 0.979 0.103 0.670 106 84 42 104 101 145
2016年 0.569 0.990 0.979 0.103 0.660 118 76 40 103 111 144
2017年 0.580 0.991 0.98 0.078 0.657 114 74 1 123 114 144
2018年 0.595 0.994 0.979 0.081 0.662 117 65 41 125 110 149
2020年 0.598 0.983 0.979 0.049 0.652 115 91 40 144 121 153
2021年 0.604 0.983 0.973 0.061 0.656 117 92 65 147 120 156
2022年 0.564 1.000 0.973 0.061 0.650 121 1 63 139 116 146
2023年 0.561 0.997 0.973 0.057 0.647 123 47 59 138 125 146
2024年 0.568 0.993 0.973 0.118 0.663 120 72 58 113 118 146

 

Key Findings

Full Report

User Guide

Economy Profiles

Shareables

 

 

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.06.23 世界経済フォーラム (WEF) グローバル・ジェンダーギャップ報告書 2023 (政治参画は146カ国中138位)

・2023.06.15 経団連 「男性の家事・育児」に関するアンケ―ト調査結果 (2023.06.05)

・2023.04.03 米国 米サイバー軍 科学・技術・サイバースペースの未来に図らずも挑戦した女性たち

・2023.03.14 CISA より多くの若い女性をサイバーセキュリティに導くためにガールスカウトUSAと連携を強化

・2023.03.14 CISAとWomen in CyberSecurityがパートナーシップを強化し、サイバーと技術におけるジェンダーギャップを解消へ

 

|

« 世界経済フォーラム (WEF) 製造事業者がサイバーレジリエンス文化を構築する3つの方法 | Main | NATO CCDCOE タリン文書第14号は、サイバー外交とその実践に焦点を当てている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 世界経済フォーラム (WEF) 製造事業者がサイバーレジリエンス文化を構築する3つの方法 | Main | NATO CCDCOE タリン文書第14号は、サイバー外交とその実践に焦点を当てている »