« 米国 NIST IR 8525 顔分析技術の評価:年齢推定と検証 | Main | 公認会計士協会 テクノロジー委員会研究文書第10号「サイバーセキュリティリスクへの監査人の対応(研究文書)」 »

2024.06.01

欧州会計監査院が「欧州はAI分野で出遅れてるぞ!」といっていますね...

こんにちは、丸山満彦です。

欧州会計監査院が、 EU 人工知能の野望 - 今後は強力なガバナンスと集中投資の拡大が不可欠という報告書を出していますね。。。

欧州はAI分野で米国、中国に比べて出遅れている感じですね...

 

EUROPEAN COURT OF AUDITORS

・2024.05.29 Special report 08/2024: EU Artificial intelligence ambition – Stronger governance and increased, more focused investment essential going forward

Special report 08/2024: EU Artificial intelligence ambition – Stronger governance and increased, more focused investment essential going forward ライブストリーミングも予定されている: EU 人工知能の野望 - 今後は強力なガバナンスと集中投資の拡大が不可欠
Embracing AI technology will likely determine the path of the EU’s future economic development. In 2018, the Commission adopted a coordinated plan with the member states to scale up investment in artificial intelligence and adapt the regulatory environment, which was updated in 2021. We assessed whether the Commission’s implementation of the framework was being effective. We found that the Commission’s actions covered key dimensions that are important for the development of an EU ecosystem for artificial intelligence. However, the multiple actions (many of which are still ongoing) had a limited effect in developing the EU AI ecosystem by the time of the audit and did not accelerate AI investment in line with global leaders. The Commission and national measures were not effectively coordinated, as the Commission lacked the necessary governance tools and information. We recommend that the Commission re-assess the EU investment target for AI and how member states might contribute to it, evaluate the need for a more AI-focused capital support instrument, reinforce coordination and monitoring, and steps up support for the exploitation of results in the EU. AI技術の導入は、EUの今後の経済発展の道筋を左右することになるだろう。2018年、欧州委員会は、人工知能への投資を拡大し、規制環境を適応させるための加盟国との協調計画を採択し、2021年に更新した。我々は、欧州委員会によるこの枠組みの実施が効果的であったかどうかをアセスメントした。その結果、欧州委員会の行動は、人工知能のためのEUエコシステムの発展にとって重要な側面をカバーしていることがわかった。しかし、複数の行動(その多くは現在も進行中である)は、監査時点までにEUのAIエコシステムを発展させる効果は限定的であり、世界のリーダーたちに匹敵するAI投資を加速させるものではなかった。欧州委員会には必要なガバナンスツールと情報が不足していたため、欧州委員会と各国の対策は効果的に調整されていなかった。欧州委員会は、AIに対するEUの投資目標と、加盟国がそれにどのように貢献できるかを再度アセスメントし、よりAIに焦点を当てた資本支援手段の必要性を評価し、調整と監視を強化し、EUにおける成果の活用に対する支援を強化することを勧告する。

 

・[PDF

20240531-135349

 

目次...

Timeline タイムライン
Executive summary 要旨
Introduction 序文
Audit scope and approach 監査の範囲とアプローチ
Observations 観察事項
Conclusions and recommendations 結論と提言
Annexes 附属書
Abbreviations 略語
Glossary 用語集
Audit team 監査チーム
Endnotes 注釈

 

エグゼクティブサマリー...

Executive summary エグゼクティブサマリー
I. Artificial intelligence (AI) is a technology that comes with a promise to transform economies, boost growth and address societal challenges, but it also carries inherent safety risks and significant potential for economic and societal disruption. The Commission designed the EU’s path to become a leader in AI in 2018 in the “Coordinated Plan on the Development and Use of Artificial Intelligence Made in Europe” and its second plan in 2021. The main goal was to develop an AI ecosystem of excellence and trust in the EU. The two AI plans included coordinated measures to be taken by the Commission or member states in order to scale up investment in AI and adapt the regulatory environment. I. 人工知能(AI)は、経済を変革し、成長を促進し、社会的課題に対処することが期待される技術であるが、同時に、固有の安全リスクや、経済・社会を混乱させる大きな可能性もはらんでいる。欧州委員会は、2018年の「欧州製人工知能の開発と利用に関する調整計画」と2021年の第2次計画において、EUがAIのリーダーになるための道筋を設計した。主な目標は、EUにおいて卓越性と信頼のあるAIエコシステムを発展させることであった。2つのAI計画には、AIへの投資を拡大し、規制環境を適応させるために、欧州委員会または加盟国が講じるべき調整措置が含まれていた。
II. The EU's targets for private and public investment in AI were €20 billion in total over the 2018-2020 period and €20 billion per year over the following decade. The Commission committed to increasing EU-funded investment in research and innovation to €1.5 billion in 2018-2020 and €1 billion per year in 2021-2027. II. AIへの民間および公的投資に関するEUの目標は、2018年から2020年にかけて総額200億ユーロ、その後10年間は毎年200億ユーロであった。欧州委員会は、EUが出資する研究・イノベーションへの投資を、2018~2020年に15億ユーロ、2021~2027年に年間10億ユーロに増やすことを約束した。
III. This audit is the first to assess the effectiveness of the Commission’s contribution to the development of the EU’s AI ecosystem. We examined the Commission’s actions to coordinate the measures of EU AI plans of 2018 and 2021, and to adopt a common legal framework for data sharing and trustworthy AI. We also assessed the implementation of EU-funded infrastructure that facilitates access for small and medium-sized enterprises (SMEs) to innovation in, and uptake of, AI technologies (through the Digital Europe programme), and the implementation of EU funds for research in AI over the 2014-2022 period (through Horizon 2020 and the Horizon Europe programmes). The audit provides insights into the performance of the EU’s plans for AI, which could be instrumental in any future debate about their revision or other EU-wide measures supporting AI. III. この監査は、EUのAIエコシステムの発展に対する欧州委員会の貢献の有効性を評価する初めてのものである。我々は、2018年と2021年のEUのAI計画の施策を調整し、データ共有と信頼できるAIのための共通の法的枠組みを採択するための欧州委員会の行動を調査した。また、(デジタル・ヨーロッパ・プログラムを通じて)中小企業がAI技術の革新や導入にアクセスしやすくするための、EUが資金提供するインフラの実施状況や、(ホライゾン2020およびホライゾン・ヨーロッパ・プログラムを通じて)2014年から2022年にかけてのAI研究のためのEU資金の実施状況についてもアセスメントを行った。この監査は、AIに関するEUの計画のパフォーマンスに関する洞察を提供するものであり、今後、計画の見直しや、AIを支援するその他のEU全体の施策について議論する際に有益なものとなる可能性がある。
IV. We conclude that the Commission and national measures were not effectively coordinated due to the few governance tools available, their partial implementation, and outdated targets. Furthermore, EU AI investment did not keep pace with global leaders. The implementation of infrastructure and capital support for SMEs to embrace AI technologies took time, and so did not yield significant results by the time of the audit. The Commission generally managed to scale up spending from the EU budget for research projects in the AI field, but did not monitor their contribution to the development of an EU AI ecosystem. The Commission’s efforts to ensure that research results translated into innovation were partially effective. IV. われわれは、利用可能なガバナンス・ツールの少なさ、部分的な実施、時代遅れの目標により、欧州委員会と各国の施策が効果的に調整されていなかったと結論づける。さらに、EUのAIへの投資は、世界のリーダーたちと歩調を合わせることができなかった。中小企業がAI技術を導入するためのインフラストラクチャーや資本支援の実施には時間がかかったため、監査の時点では大きな成果は得られなかった。欧州委員会は、概して、AI分野の研究プロジェクトに対するEU予算からの支出を拡大することができたが、EUのAIエコシステムの発展への寄与を監視することはできなかった。研究成果を確実にイノベーションにつなげるための欧州委員会の取り組みは、部分的に有効であった。
V. The EU’s AI plans were comprehensive when compared with similar AI plans in the US and the UK, and with the recommendations of the Organisation for Economic Co-operation and Development. However, the targets for AI investment were not specific about the expected results. The Commission did not update the investment targets that had been set in 2018. No comprehensive monitoring framework was in place to check the performance of the EU’s ecosystem on a regular basis, nor did the AI plans contain any specific performance targets. National involvement was critical in mobilising AI investment. However, it was not clear how the member states would contribute to overall EU investment targets. V. EUのAI計画は、米国や英国の同様のAI計画や経済協力開発機構(OECD)の勧告と比較すると、包括的なものであった。しかし、AI投資の目標は、期待される成果について具体的なものではなかった。欧州委員会は、2018年に設定した投資目標を更新しなかった。EUのエコシステムのパフォーマンスを定期的にチェックするための包括的なモニタリングの枠組みもなく、AI計画にも具体的なパフォーマンス目標は含まれていなかった。AI投資の動員には、各国の関与が不可欠であった。しかし、加盟国がEU全体の投資目標にどのように貢献するかは明確ではなかった。
VI. The EU plans aimed to remove obstacles to trustworthy AI development by means of two key regulatory reforms. Although the legal framework for the single market for data is already in place, it still needs to be implemented in the member states. The creation of a predictable framework for trustworthy AI across the EU has progressed as a result of the general agreement on the AI Act in December 2023. The legislative process was ongoing at the time of the audit. VI. EUの計画は、2つの重要な規制改革によって、信頼できるAI開発の障害を取り除くことを目的としていた。データの単一市場に関する法的枠組みはすでに整備されているが、加盟国で実施される必要がある。2023年12月のAI法に関する大筋合意の結果、EU全体で信頼できるAIのための予測可能な枠組み作りが進展した。監査当時、立法プロセスは進行中であった。
VII. The EU’s measures in support of SMEs are at various stages of implementation. Dedicated capital funding schemes initially triggered modest capital support for AI innovators. EU-funded AI infrastructure was slow to get off the ground, and some of the projects launched are not yet fully operational, partly due to late adoption of the Digital Europe programme. VII. EUの中小企業支援策は、さまざまな実施段階にある。当初は、専用の資本支援スキームがAIイノベーターへのささやかな資本支援を引き起こした。EUが資金を提供するAIインフラストラクチャーの立ち上げは遅々として進まず、立ち上げられたプロジェクトの中には、デジタル・ヨーロッパ・プログラムの採用が遅れたこともあって、まだ完全に稼動していないものもある。
VIII. In 2018-2020, the Commission increased spending from the EU budget on AI research in line with targets, but did not significantly boost private co-financing. The Commission did not track or set up a performance monitoring system for AI investment, and had only partial checks in place to ensure that the results of EU-funded AI projects were fully commercialised or otherwise exploited. VIII. 2018年から2020年にかけて、欧州委員会はAI研究に対するEU予算からの支出を目標に沿って増加させたが、民間からの共同出資を大幅に増加させることはなかった。欧州委員会は、AI投資に関する実績監視システムを追跡調査も設定もしておらず、EUが資金提供したAIプロジェクトの成果が十分に商業化されるか、その他の形で活用されるかを確認するためのチェック体制も部分的にしか整えていなかった。
IX. Based on these findings, we recommend that the Commission should: IX. これらの調査結果に基づき、欧州委員会は以下を行うことを勧告する:
・re-assess the EU investment target for AI, and agree with the member states on how they might contribute to it; ・AIに対するEUの投資目標を再度アセスメントし、加盟国がそれにどのように貢献するかについて合意する;
・evaluate the need for an EU-funded capital support instrument focused on AI-innovative SMEs; ・AIに革新的な中小企業に焦点を当てた、EUが資金提供する資本支援手段の必要性を評価する;
・ensure that EU-funded AI infrastructure operates in a coordinated way; ・EUが資金提供するAIインフラが協調して運営されることを確保する;
・tag research and innovation spending on AI across the EU budget, set out performance targets and indicators, and regularly monitor their progress; ・AIに関する研究・革新支出をEU予算全体でタグ付けし、実績目標と指標を定め、その進捗状況を定期的に監視する;
・step up its action to support the exploitation of EU-funded AI research results. ・EUが資金提供したAIの研究成果の活用を支援するための行動を強化する。

 

投資についての世界比較...

日本は比較対象になっていないね...(データがないのかな?)

図2 - AIおよびデータ分野へのベンチャーキャピタルの地域別投資額(10億ドル)

 

Image2

Source: OECD(opens in new window) data (November 2023).

 


 

プレスリリース

・2024.05.29 Artificial intelligence: EU must pick up the pace

Artificial intelligence: EU must pick up the pace 人工知能: EUはペースを上げなければならない
・EU AI investment is not keeping pace with global leaders ・EUのAI投資は世界のリーダーたちに遅れをとっている
・Results of EU-funded AI projects are not systematically monitored ・EUが資金提供するAIプロジェクトの成果は体系的にモニターされていない。
・Coordination between EU and member states is ineffective due to a lack of governance tools ・EUと加盟国の間の調整は、ガバナンス・ツールの不足のために効果的ではない
The EU has so far had little success in developing Europe’s artificial intelligence ecosystem, and has failed to accelerate AI investment on a par with global leaders, according to a report by the European Court of Auditors. Since 2018, the European Commission has taken multiple actions and worked on key building blocks to advance the EU’s AI ecosystem, such as regulation, infrastructure, research, and investment. In addition, the EU took early steps to explore AI risks, leading to the world’s first general rules on AI use. However, EU measures were not well coordinated with those of the member states, and monitoring of investment was not systematic. Going forward, stronger governance and more – and better targeted – public and private investment in the EU will be paramount if the EU is to achieve its AI ambitions. 欧州会計監査院の報告書によると、EUはこれまで、欧州の人工知能エコシステムの開発においてほとんど成功を収めておらず、AI投資をグローバルリーダー並みに加速させることができていない。2018年以降、欧州委員会は複数の行動を起こし、規制、インフラ、研究、投資など、EUのAIエコシステムを前進させるための主要なビルディングブロックに取り組んできた。加えて、EUはAIのリスクを探るための早期の措置を講じ、世界初のAI利用に関する一般規則につながった。しかし、EUの施策は加盟国の施策とうまく連携しておらず、投資の監視も体系的ではなかった。今後、EUがAIの野望を達成するためには、より強力なガバナンスと、より的を絞った官民投資の拡大が不可欠である。
The EU faces challenges in the global race for AI investment. Since 2015, venture capital investments have been lower than in the other AI-leading regions: the United States and China. According to estimates, the overall AI investment gap between the US and the EU more than doubled between 2018 and 2020 (with the EU trailing by more than €10 billion). Against this backdrop, the EU has gradually taken steps to develop a framework for coordinating AI across the bloc by scaling up investment and adapting regulation. In 2018 and 2021, the Commission and the EU’s member states agreed on measures to develop an AI ecosystem of excellence and trust, which would set the EU on the path of a global leader in cutting-edge, ethical, and secure AI. EUは、世界的なAI投資競争における課題に直面している。2015年以降、ベンチャーキャピタルへの投資は、米国や中国といった他のAI先進地域よりも低くなっている。試算によると、米国とEUのAI投資額全体の格差は、2018年から2020年にかけて2倍以上に拡大した(EUは100億ユーロ以上の差をつけられている)。このような背景から、EUは投資を拡大し、規制を適応させることで、ブロック全体でAIを調整する枠組みを構築するための措置を徐々に講じている。2018年と2021年、欧州委員会とEU加盟国は、卓越性と信頼のあるAIのエコシステムを開発するための施策に合意した。
“Sizeable and focused AI investment is a game-changer in setting the speed of EU economic growth in the years to come,” said ECA Member Mihails Kozlovs who led the audit. In the AI race, there is a risk that the winner takes it all. If the EU wishes to succeed in its ambition, the European Commission and the member states must join forces more effectively, pick up the pace, and unlock the EU’s potential to succeed in this ongoing major technological revolution.” 「大規模かつ集中的なAI投資は、今後数年間のEUの経済成長スピードを決定するゲームチェンジャーとなる」と、監査を主導したECAメンバーのミハイルス・コズロフスは述べた。AI競争では、勝者がすべてを手にするリスクがある。EUがその野望を成功させたいのであれば、欧州委員会と加盟国はより効果的に力を合わせ、ペースを上げ、この進行中の大きな技術革命で成功するためにEUの潜在力を解き放たなければならない」と述べた。
The Commission’s 2018 and 2021 AI plans are comprehensive, and broadly in line with international best practices. However, more than five years after the first plan, the framework for coordinating and regulating EU investment in AI is still a work in progress. The auditors are critical of the Commission’s coordination with member states, which has had only “limited effects”. This was because the executive lacked the necessary governance tools and information. The credibility of EU plans suffered further as the Commission had not set up a proper system for monitoring how AI investments perform. Nor was it clear how the member states would contribute to overall EU investment targets, meaning that there has been no EU overview. 欧州委員会の2018年と2021年のAI計画は包括的であり、国際的なベストプラクティスにほぼ沿ったものである。しかし、最初の計画から5年以上が経過した現在でも、EUのAIへの投資を調整・規制する枠組みはまだ未完成である。監査役は、「限られた効果」しか上げていない欧州委員会の加盟国との調整を批判している。これは、政府が必要なガバナンスツールと情報を欠いていたためである。欧州委員会はAI投資の成果を監視する適切なシステムを構築していなかったため、EU計画の信頼性はさらに低下した。また、加盟国がEU全体の投資目標にどのように貢献するかも明確でなかった。
The EU’s investment targets remain too vague and outdated: they have not changed since 2018, and the lack of ambition for investment targets contrasts with the objective of building a globally competitive AI ecosystem. Although the Commission generally managed to scale up EU budget spending on AI research projects, it did not significantly boost private co-financing. The Commission also has to do more to ensure that the results of EU-funded research projects in AI are fully commercialised or exploited. EUの投資目標は、あまりにも曖昧で時代遅れのままである。2018年以来変更されておらず、投資目標に対する野心の欠如は、国際競争力のあるAIエコシステムを構築するという目的とは対照的である。欧州委員会は、AI研究プロジェクトに対するEU予算の支出を拡大することはできたが、民間からの共同出資を大幅に増やすことはできなかった。また、欧州委員会は、EUが資金提供したAIの研究プロジェクトの成果が十分に商業化され、利用されるようにするために、さらに努力する必要がある。
The Commission took action to put financial and infrastructure enablers in place for AI development and uptake. However, EU-funded infrastructure – such as testing facilities, data spaces, or an AI-on-demand platform – has been slow to get off the ground. Indeed, AI plans have so far triggered only modest EU capital support (such as equity financing) for innovators. The recent EU measures to achieve a single market for data are still at the inception phase, and cannot immediately boost AI investment. 欧州委員会は、AIの開発と普及のために、資金面およびインフラ面での支援策を講じた。しかし、試験施設、データ空間、AIオンデマンド・プラットフォームなど、EUが資金を提供するインフラはなかなか軌道に乗らない。実際、AI計画は、これまでのところ、イノベーターに対するEUのささやかな資本支援(エクイティ・ファイナンスなど)しか引き起こしていない。データの単一市場を実現するための最近のEU措置は、まだ開始段階にあり、AI投資を直ちに後押しすることはできない。
Background information 背景情報
AI encompasses emerging technologies in fast-evolving areas including robotics, big data and cloud computing, high-performance computing, photonics, and neuroscience. The US has long been a front runner in AI, while China plans to become the global AI leader by 2030, with both countries relying on substantial private investment through their tech giants. The EU’s AI targets for public and private investment were €20 billion over the 2018-2020 period, and €20 billion each year over the following decade; the Commission set out to increase EU AI funding to €1.5 billion in the 2018-2020 period and €1 billion per year in 2021-2027. The share of businesses in the EU using AI differs significantly between member states. France and Germany have announced the largest public AI investments, while four countries are still without any AI strategies at all. The EU has an ambitious target of reaching 75 % of firms using AI by 2030. In 2021, Europe and Central Asia were together responsible for only 4 % of AI patent filings worldwide. AIは、ロボット工学、ビッグデータ、クラウド・コンピューティング、ハイパフォーマンス・コンピューティング、フォトニクス、神経科学など、日進月歩の新興技術を含む。米国は長らくAIのトップランナーであり、中国は2030年までに世界のAIリーダーになることを計画している。EUの公共投資と民間投資のAI目標は、2018年から2020年の間に200億ユーロ、その後10年間は毎年200億ユーロであった。欧州委員会は、EUのAI資金を2018年から2020年の間に15億ユーロ、2021年から2027年の間に年間10億ユーロに増やすことを目標としている。EUでAIを利用している企業の割合は、加盟国によって大きく異なる。フランスとドイツは最大のAI公共投資を発表しているが、4カ国はまだAI戦略をまったく持っていない。EUは、2030年までにAIを利用する企業の割合を75%にするという野心的な目標を掲げている。2021年には、欧州と中央アジアを合わせたAI特許出願件数は、世界全体のわずか4%に過ぎない。
Special report 08/2024, “EU Artificial Intelligence ambition: stronger governance and increased, more focused investment essential going forward”,” is available on the ECA website. The AI Act agreed recently was not within the audit scope. On 14 June 2024, the ECA will hold an online panel debate on the EU's AI ambitions; livestreaming will be available. 特別報告書08/2024「EU人工知能の野望:ガバナンスの強化と重点的な投資拡大が今後不可欠」は、ECAウェブサイトから入手できる。最近合意されたAI法は監査対象外であった。2024年6月14日、ECAはEUのAI野望に関するオンラインパネル討論会を開催する。

|

« 米国 NIST IR 8525 顔分析技術の評価:年齢推定と検証 | Main | 公認会計士協会 テクノロジー委員会研究文書第10号「サイバーセキュリティリスクへの監査人の対応(研究文書)」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 NIST IR 8525 顔分析技術の評価:年齢推定と検証 | Main | 公認会計士協会 テクノロジー委員会研究文書第10号「サイバーセキュリティリスクへの監査人の対応(研究文書)」 »