« 米国 NSA FBI 国務省 北朝鮮がDMARCの脆弱なセキュリティポリシーを悪用してスピアフィッシング | Main | フランス CNIL 介護施設におけるビデオ監視についての勧告を発表 »

2024.05.07

OECD 閣僚会議声明とAI原則の改訂...

こんにちは、丸山満彦です。

2024.05.02-03にパリでOECD閣僚理事会が開催され、気候変動やデジタル化、高齢化がもたらす経済的・社会的影響、法の支配に対する挑戦などの課題について話されたようですね...

OECD

・2024.05 OECD Ministerial Council Meeting 2024

そして、OECDのAI原則が技術進歩に合わせて、改正されましたね...

 

OECD

・2024.05.03 OECD updates AI Principles to stay abreast of rapid technological developments

・2024.05.03 OECD、急速な技術の進歩に合わせてAI原則を更新

 

OECD updates AI Principles to stay abreast of rapid technological developments OECD、急速な技術の進歩に合わせてAI原則を更新
03/05/2024 - The 2024 OECD Ministerial Council Meeting (MCM) has adopted revisions to the landmark OECD Principles on Artificial Intelligence (AI). In response to recent developments in AI technologies, notably the emergence of general-purpose and generative AI, the updated Principles more directly address AI-associated challenges involving privacy, intellectual property rights, safety, and information integrity. 03/05/2024 - 2024年のOECD閣僚理事会(MCM)で、人工知能(AI)に関するOECD原則の改訂版が採択されました。特に汎用AIや生成AIの出現など、近年のAI技術の進歩を踏まえて更新されたこの原則は、プライバシー、知的財産権、安全性、情報の完全性など、AI関連課題に今まで以上に踏み込んで対応しています。
With 47 adherents now including the EU and a general scope that ensures applicability to AI developments around the world, the OECD AI Principles provide a blueprint for policy frameworks on how to address AI risks and shape AI policies. As the first intergovernmental standard on AI, they advocate for AI that is innovative and trustworthy, and that upholds human rights and democratic values. 現在、EUを含む47の国と地域が準拠し、世界各国のAI開発に適用できるよう対象範囲を一般的にしたOECDのAI原則は、AIリスクへの対処方法とAI政策の策定方法に関する政策枠組みの青写真を提供するものです。AIに関する最初の政府間基準として、この原則は、人権と民主主義の価値観を擁護する、革新的で信頼できるAIを提唱しています。
Tracking developments since the Principles were first adopted in 2019, the OECD AI Policy Observatory shows that venture capital investments in generative AI startups have increased nine-fold, demand for AI skills has soared by 130%, and the share of large firms using AI, on average in the OECD, has nearly doubled to more than four times their smaller counterparts. These developments coincide with significant policy attention and action, evidenced by more than 1 000 AI initiatives in over 70 countries and jurisdictions. 2019年にAI原則が最初に採択されて以来、その進展を追跡調査してきたOECDのAI政策に関するオブザーバトリーによれば、生成AIスタートアップ企業へのベンチャーキャピタル投資は9倍に増え、AIスキルの需要は130%増えています。また、AIを使用している大企業の比率は、OECD諸国平均でほぼ倍増し、小規模企業の4倍以上となっています。70以上の国・地域で1,000件以上のAIイニシアティブが発表されたことからもわかる通り、こうした発展に伴って重要な政策や措置も導入されつつあります。
The imperative is growing to develop and deploy AI systems to boost productivity, accelerate scientific research, promote environmental sustainability, and improve healthcare and education while upholding human rights and democratic values. But risks such as to privacy, security, fairness and well-being are developing at an unprecedented speed and scale, turning into real-world harms such as the perpetuation of bias and discrimination, the creation and dissemination of mis-and-dis information and the distortion of public discourse and markets. 人権と民主的な価値観を擁護しつつ、生産性を高め、科学研究を加速させ、環境の持続可能性を促進し、医療と教育を改善するため、AIシステムを開発・普及させる必要性は高まっています。しかし一方で、プライバシー、セキュリティ、公平性、福祉などのリスクもこれまでにないスピードと規模で高まっており、偏見や差別の継続、誤情報や偽情報の作成と拡散、公共政策にかかわる発言や市場の歪みなど、現実世界での害も広がっています。
Key elements of the OECD revisions, which ensure that the Principles remain relevant, robust and fit-for-purpose, include: 今回のOECD改訂の主眼点は、当原則が今も適切・堅牢で、目的に適合していることを確実にすることです。それには以下が含まれます:
Addressing safety concerns, so that if AI systems risk causing undue harm or exhibit undesired behaviour, robust mechanisms and safeguards exist to override, repair, and/or decommission them safely AIシステムが不当な害を引き起こすリスクがある、または望ましくない動作を示す場合、それらを安全にオーバーライド、修復、および/または廃止するための堅牢なメカニズムと保護手段が存在するよう、安全上の懸念に対処すること。
Reflecting the growing importance of addressing mis- and disinformation, and safeguarding information integrity in the context of generative AI 誤情報や偽情報に対処し、生成AIに関して情報の完全性を保護することの重要性の高まりを反映すること。
Emphasising responsible business conduct throughout the AI system lifecycle, involving co-operation with suppliers of AI knowledge and AI resources, AI system users, and other stakeholders AI知識やAIリソースのサプライヤー、AIシステムユーザー、その他のステークホルダーとの協力を含め、AIシステムのライフサイクル全体にわたって責任ある企業行動を強調すること。
Clarifying the information regarding AI systems that constitute transparency and responsible disclosure AIシステム関連情報を明確にして透明性と責任ある開示を提供すること。
Explicitly referencing environmental sustainability, a concern that has grown considerably in importance over the past five years この5年間で重要性が大いに高まっている環境の持続可能性について明示的に言及すること。
Underscoring the need for jurisdictions to work together to promote interoperable governance and policy environments for AI, as the number of AI policy initiatives worldwide surges 世界的にAI政策イニシアティブの数が急増する中、国・地域が協力してAIの相互運用可能なガバナンスと政策環境を促進する必要性を強調すること。
“The OECD has helped shape digital policy agendas for decades, through evidence-based recommendations and extensive multilateral and multi-stakeholder cooperation,” OECD Secretary-General Mathias Cormann said. “The OECD AI Principles are a global reference point for AI policymaking, facilitating global policy interoperability and promoting innovation with humans at the centre. The revised OECD AI Principles will provide a blueprint for global interoperability on AI policy and for policymakers to keep pace with technology, by addressing general-purpose and generative AI and their effects on our economies and societies.” マティアス・コーマンOECD事務総長は、次のように述べています。「OECDは、エビデンスに基づく提言や、複数の国やステークホルダー間における広範な協力を通じて、何十年にもわたってデジタル政策を形作るための支援を提供してきました。OECDのAI原則は、AI政策の策定における世界基準として、グローバルな政策の相互運用性を可能にするとともに人間中心のイノベーションを促進します。改訂されたOECDのAI原則は、汎用AIと生成AI、およびそれらが我々の経済社会に与える影響に対応することにより、AI政策に関する世界的な相互運用性を確保し、政策立案者が技術の進歩に適応するための青写真を提供するものです。」
The Recommendation of the OECD Council on Artificial Intelligence, which includes the OECD AI Principles, contains definitions that underpin and encourage international interoperability; the Recommendation’s definitions of an AI system and its lifecycle are used around the world, including in the European Union, Japan and the United States. The definitions also inform work of the United Nations and EU-US Trade and Technology Council. OECD AI原則を含むOECD人工知能に関する理事会勧告には、国際的な相互運用性を裏付け、奨励する定義が含まれ、勧告によるAIシステムとそのライフサイクルの定義は、欧州連合、日本、米国を含む世界中で使用されています。この定義は、国際連合並びに米国と欧州連合の貿易・技術評議会(TTC)の作業にも影響を与えています。

 

 

・2024.05.03 Recommendation of the Council on Artificial Intelligence

・2024.05.03 [PDF] 人工知能に関する理事会勧告

20240507-03937

Recommendation of the Council on Artificial Intelligence 人工知能に関する理事会勧告
THE COUNCIL, 理事会は:
HAVING REGARD to Article 5 b) of the Convention on the Organisation for Economic Co-operation and Development of 14 December 1960; 1960 年 12 月 14 日の経済協力開発機構条約の第 5(b)に鑑み、 
HAVING REGARD to standards developed by the OECD in the areas of privacy, digital security, consumer protection and responsible business conduct; プライバシー、デジタル・セキュリティ、消費者保護及び責任ある企業行動の分野で OECD が策定した標準に鑑み、
HAVING REGARD to the Sustainable Development Goals set out in the 2030 Agenda for Sustainable Development adopted by the United Nations General Assembly (A/RES/70/1) as well as the 1948 Universal Declaration of Human Rights; 国連総会で採択された持続可能な開発のための 2030 アジェンダで設定された持続可能な開発目標(A/RES/70/1)及び 1948 年の世界人権宣言に鑑み、 
HAVING REGARD to the important work being carried out on artificial intelligence (hereafter, “AI”) in other international governmental and non-governmental fora; その他の政府機関及び非政府団体が国際場裏において人工知能(以下、「AI」という)に関する重要な取組を行っていることに鑑み、
RECOGNISING that AI has pervasive, far-reaching and global implications that are transforming societies, economic sectors and the world of work, and are likely to increasingly do so in the future; AI が広範で多大な影響を世界的に及ぼし、社会や経済分野及び仕事の世界を変革させており、また、そのような影響が将来さらに強くなる可能性が高いことを認識し、
RECOGNISING that AI has the potential to improve the welfare and well-being of people, to contribute to positive sustainable global economic activity, to increase innovation and productivity, and to help respond to key global challenges; AI には、人々の福祉と幸福を増進し、確かで持続可能な世界の経済活動に貢献し、イノベーションと生産性を向上させるとともに、地球規模の重要な課題の解決の一助となる可能性があることを認識し、
RECOGNISING that, at the same time, these transformations may have disparate effects within, and between societies and economies, notably regarding economic shifts, competition, transitions in the labour market, inequalities, and implications for democracy and human rights, privacy and data protection, and digital security; それと同時に、これらの変革は、特に、経済のシフト、競争、労働市場の変化、格差、並びに民主主義と人権、プライバシーとデータの保護、及びデジタル・セキュリティに関して、社会及び経済の内部又は社会間及び経済間において本質的に異なる影響を与える可能性があることを認識し、
RECOGNISING that trust is a key enabler of digital transformation; that, although the nature of future AI applications and their implications may be hard to foresee, the trustworthiness of AI systems is a key factor for the diffusion and adoption of AI; and that a well-informed whole-of-society public debate is necessary for capturing the beneficial potential of the technology, while limiting the risks associated with it; 信頼がデジタル変革の成功要因であること、将来的な AI の利活用とその影響を予測することは難しいものの AI システムの信頼性が AI の普及と導入の鍵となる重要な要素であること、及びこのようなテクノロジーの有益な可能性を引き出しつつ関連するリスクを限定的なものにするためには十分な情報提供の下で社会全体で行われる開かれた議論が必要であることを認識し、
UNDERLINING that certain existing national and international legal, regulatory and policy frameworks already have relevance to AI, including those related to human rights, consumer and personal data protection, intellectual property rights, responsible business conduct, and competition, while noting that the appropriateness of some frameworks may need to be assessed and new approaches developed; 法律、規制、政策に係る国内及び国際的な既存の枠組については、人権、消費者及び個人データの保護、知的財産権、責任ある企業行動、並びに競争に関するものを含め、その妥当性の評価や新たなアプローチの開発が必要となる場合があるものの、既に AI との関連性を有することが示されていることを強調し、
RECOGNISING that given the rapid development and implementation of AI, there is a need for a stable policy environment that promotes a human-centric approach to trustworthy AI, that fosters research, preserves economic incentives to innovate, and that applies to all stakeholders according to their role and the context; AI の急速な発展と実装を踏まえ、信頼できる AI に対する人間中心のアプローチを推進し、研究を促進し、イノベーションのための経済的なインセンティブを保持し、かつその役割と状況に応じて全てのステークホルダーに対して適用される安定的な政策環境の必要性を認識し、
CONSIDERING that embracing the opportunities offered, and addressing the challenges raised, by AI applications, and empowering stakeholders to engage is essential to fostering adoption of trustworthy AI in society, and to turning AI trustworthiness into a competitive parameter in the global marketplace. AI の利活用がもたらす機会を歓迎するとともに、それによって生じる課題に対処すること、及びステークホルダーがこれらに関与するために必要な能力を身に付けることは、社会における信頼できる AI の導入の推進や、AI の信頼性が世界市場での競争力のパラメータとなっていくために不可欠なものであると考え、
On the proposal of the Digital Policy Committee: デジタル政策委員会の提案に対し: 
I.AGREES that for the purpose of this Recommendation the following terms should be understood as follows: I. 以下の用語については、本勧告の適用に当たり次のように理解されるべきものであることに同意する:
‒AI system: An AI system is a machine-based system that, for explicit or implicit objectives, infers, from the input it receives, how to generate outputs such as predictions, content, recommendations, or decisions that can influence physical or virtual environments. Different AI systems vary in their levels of autonomy and adaptiveness after deployment. ‒ AIシステム:AIシステムは、明示的又は黙示的な目的のために、実環境又は仮想環境に影響を及ぼす、予測、コンテンツ、推奨、又は決定などの出力をどのように生成するか、受け取った入力内容から推論する機械ベースのシステムである。展開後の自律性と順応性のレベルは、AI システムによってそれぞれ異なる。 
‒AI system lifecycle: An AI system lifecycle typically involves several phases that include to: plan and design; collect and process data; build model(s) and/or adapt existing model(s) to specific tasks; test, evaluate, verify and validate; make available for use/deploy; operate and monitor; and retire/decommission. These phases often take place in an iterative manner and are not necessarily sequential. The decision to retire an AI system from operation may occur at any point during the operation and monitoring phase. ‒ AIシステムのライフサイクル:AIシステムのライフサイクルは、通常、計画と設計、データの収集と処理、(モデルの構築及び/又は既存のモデルの特定のタスクへの適合、テスト、評価、検証、妥当性確認、使用/展開のための利用可能化、稼働とモニタリング、稼働停止/終了など、いくつかの段階から構成される。これらの段階はしばしば相互に作用し合い、かつ必ずしも順番に実行されるものではない。AI システムの稼働を終了する決定は、稼働とモニタリングの段階のどの時点でも行われる可能性がある。
‒AI actors: AI actors are those who play an active role in the AI system lifecycle, including organisations and individuals that deploy or operate AI. ‒ AI アクター:AI アクターとは、AI システムのライフサイクルにおいて能動的な役割を果たす者であり、AI の展開又は稼働を行う組織や個人が含まれる。 
‒AI knowledge: AI knowledge refers to the skills and resources, such as data, code, algorithms, models, research, know-how, training programmes, governance, processes, and best practices required to understand and participate in the AI system lifecycle, including managing risks. ‒ AI ナレッジ(knowledge):AI ナレッジ(knowledge)とは、データ、コード、アルゴリズム、モデル、研究、ノウハウ、トレーニング・プログラム、ガバナンス、プロセス及びベスト・プラクティスなど、リスク管理を含めた AI システムのライフサイクルを理解し、これに参画するために必要となるスキル及びリソースを指している。
‒Stakeholders: Stakeholders encompass all organisations and individuals involved in, or affected by, AI systems, directly or indirectly. AI actors are a subset of stakeholders. ‒ ステークホルダー:ステークホルダーには、直接的なものであるか間接的なものであるかを問わず、AI システムに関与するか、又は AI システムから影響を受ける組織及び個人の全てが含まれる。AI アクターはステークホルダーの一部である。 
Section 1: Principles for responsible stewardship of trustworthy AI 第 1 節:信頼できる AI の責任あるスチュワードシップのための原則 
II.RECOMMENDS that Members and non-Members adhering to this Recommendation (hereafter the “Adherents”) promote and implement the following principles for responsible stewardship of trustworthy AI, which are relevant to all stakeholders. II. 本勧告を遵守する加盟国及び非加盟国(以下、「遵守国」という)に対し、全てのステークホルダーに関係する以下の「信頼できる AI の責任あるスチュワードシップのための原則」を推進かつ履行するよう勧告する。
III.CALLS ON all AI actors to promote and implement, according to their respective roles, the following principles for responsible stewardship of trustworthy AI. III. 全ての AI アクターが、それぞれの役割に応じ、以下の「信頼できる AI の責任あるスチュワードシップのための原則」を推進かつ履行するよう求める
IV.UNDERLINES that the following principles are complementary and should be considered as a whole. IV. 以下の原則は相互に補完的なものであり、全体でまとめて考慮されるものであることを強調する。
1.1. Inclusive growth, sustainable development and well-being 1.1. 包摂的な成長、持続可能な開発及び幸福 
Stakeholders should proactively engage in responsible stewardship of trustworthy AI in pursuit of beneficial outcomes for people and the planet, such as augmenting human capabilities and enhancing creativity, advancing inclusion of underrepresented populations, reducing economic, social, gender and other inequalities, and protecting natural environments, thus invigorating inclusive growth, well-being, sustainable development and environmental sustainability. ステークホルダーは、人間の能力の増強や創造性の向上、少数派の包摂の促進、経済・社会・性別その他の格差の改善、及び自然環境の保護などがもたらす包摂的な成長、幸福、持続可能な開発及び環境の持続可能性といった、人々と地球にとって有益な結果を追求することにより、信頼できる AI の責任あるスチュワードシップに積極的に取り組むべきである。
1.2. Respect for the rule of law, human rights and democratic values, including fairness and privacy 1.2. 法の支配、人権並びに公平性及びプライバシーを含む民主主義的価値の尊重 
a)AI actors should respect the rule of law, human rights, democratic and human-centred values throughout the AI system lifecycle. These include non-discrimination and equality, freedom, dignity, autonomy of individuals, privacy and data protection, diversity, fairness, social justice, and internationally recognised labour rights. This also includes addressing misinformation and disinformation amplified by AI, while respecting freedom of expression and other rights and freedoms protected by applicable international law. a) AI アクターは、AI システムのライフサイクルの全体を通じて、法の支配、人権並びに民主主義的及び人間中心の価値観を尊重すべきである。これらには、無差別及び平等、自由、尊厳、自主自律、プライバシーとデータの保護、多様性、公平性、社会正義及び国際的に承認された労働者の権利が含まれる。これには、適用される国際法によって保護された表現の自由及びその他の権利と自由を尊重しつつ、AI によって増幅された誤情報や偽情報に対処することも含まれる。
b)To this end, AI actors should implement mechanisms and safeguards, such as capacity for human agency and oversight, including to address risks arising from uses outside of intended purpose, intentional misuse, or unintentional misuse in a manner appropriate to the context and consistent with the state of the art. b) の目的を達成するため、AI アクターは、意図された目的外の使用や意図的な不正使用、または意図しない誤用などから生じるリスクに対処することも含め、人間の主体性や人間による監視の余地を残しておくことなど、状況に適した形で、かつ技術の水準を踏まえたメカニズム及びセーフガードを実装すべきである。
1.3. Transparency and explainability 1.3. 透明性及び説明可能性 
AI Actors should commit to transparency and responsible disclosure regarding AI systems. To this end, they should provide meaningful information, appropriate to the context, and consistent with the state of art: AI アクターは、AI システムに関する透明性及び責任ある開示に積極的に関与すべきである。これらを達成するため、AI アクターは、以下のために、状況に適した形で、かつ技術の水準を踏まえ、意味のある情報提供を行うべきである:
i.to foster a general understanding of AI systems, including their capabilities and limitations, i. AI システムの能力及び限界も含め、一般的な理解を深めること。
ii.to make stakeholders aware of their interactions with AI systems, including in the workplace, ii. 職場におけるものを含め、AI システムが使われていることをステークホルダーに認識してもらうこと。
iii.where feasible and useful, to provide plain and easy-to-understand information on the sources of data/input, factors, processes and/or logic that led to the prediction, content, recommendation or decision, to enable those affected by an AI system to understand the output, and, iii. そうすることが実行可能かつ有益な場合には、AI システムに影響される者がその出力を理解できるようにするため、予測、コンテンツ、推奨、又は決定をもたらしたデータ/入力情報の出所、要因、プロセス及び/又は理論に関して平明で理解しやすい情報を提供すること。
iv.to provide information that enable those adversely affected by an AI system to challenge its output. iv. AI システムの悪影響を受けた人々が出力に対する異議を申し立てることができるような情報を提供すること。
1.4. Robustness, security and safety 1.4. 頑健性、セキュリティ及び安全性 
a)AI systems should be robust, secure and safe throughout their entire lifecycle so that, in conditions of normal use, foreseeable use or misuse, or other adverse conditions, they function appropriately and do not pose unreasonable safety and/or security risks. a)  AI システムは、通常の使用、予見可能な使用や誤用、又はその他の悪条件においても正常に機能するとともに、不合理な安全上及び/又はセキュリティ上のリスクをもたらすことがないように、そのライフサイクル全体にわたって頑健で、セキュア、かつ安全であるべきである。
b)Mechanisms should be in place, as appropriate, to ensure that if AI systems risk causing undue harm or exhibit undesired behaviour, they can be overridden, repaired, and/or decommissioned safely as needed. b) AI システムが過度の損害を引き起こす又は望ましくない動作を示す危険性がある場合であって、適当な場合には、必要に応じてそれらをオーバーライド、修復、及び/又は安全に廃止できるようにするためのメカニズムを整備しておくべきである。
c)Mechanisms should also, where technically feasible, be in place to bolster information integrity while ensuring respect for freedom of expression. c)  また、技術的に可能な場合には、表現の自由を尊重しつつ情報インテグリティを強化するためのメカニズムも整備すべきである。
1.5. Accountability 1.5. アカウンタビリティ 
a)AI actors should be accountable for the proper functioning of AI systems and for the respect of the above principles, based on their roles, the context, and consistent with the state of the art. a) AI アクターは、その役割と状況に基づき、かつ技術の水準を踏まえた形で、AI システムが適正に機能していること及び上記の原則を尊重していることについて、アカウンタビリティを果たすべきである。
b)To this end, AI actors should ensure traceability, including in relation to datasets, processes and decisions made during the AI system lifecycle, to enable analysis of the AI system’s outputs and responses to inquiry, appropriate to the context and consistent with the state of the art. b) この目的のために、AI アクターは、AI システムの出力及び問合せに対する応答の分析を可能とするため、データセット、プロセス及び AI システムのライフサイクルの中で行われた決定に関するものを含めて、状況に適した形で、かつ技術の水準を踏まえたトレーサビリティを確保すべきである。
c)AI actors, should, based on their roles, the context, and their ability to act, apply a systematic risk management approach to each phase of the AI system lifecycle on an ongoing basis and adopt responsible business conduct to address risks related to AI systems, including, as appropriate, via co-operation between different AI actors, suppliers of AI knowledge and AI resources, AI system users, and other stakeholders. Risks include those related to harmful bias, human rights including safety, security, and privacy, as well as labour and intellectual property rights. c) AI アクターは、その役割、状況及び能力に基づき、系統化されたリスクマネジメントのアプローチを AI システムのライフスタイルの各段階に継続的に適用し、適当な場合には、異なる AI アクター、AI ナレッジと AI リソースの提供者、AI システムの利用者、その他のステークホルダー間の協力を通じるなどして、AI システムに関連するリスクに対応するための責任ある企業行動を採用すべきである。リスクには、有害なバイアスに加え、安全、セキュリティ及びプライバシーなどの人権、労働者の権利、知的財産権に関連するリスクが含まれる。
Section 2: National policies and international co-operation for trustworthy AI 第 2 節:信頼できる AI のための国家政策と国際協力 
V.RECOMMENDS that Adherents implement the following recommendations, consistent with the principles in section 1, in their national policies and international co-operation, with special attention to small and medium-sized enterprises (SMEs). V. 遵守国に対し、国内の政策及び国際的な協力に関し、中小企業(SME)に対する特別の注意を払いながら、第1節の原則と整合させつつ以下の勧告を実行するよう勧告する。 
2.1. Investing in AI research and development 2.1. AI の研究開発への投資 
a)Governments should consider long-term public investment, and encourage private investment, in research and development and open science, including interdisciplinary efforts, to spur innovation in trustworthy AI that focus on challenging technical issues and on AI-related social, legal and ethical implications and policy issues. a)  技術的に困難な課題や AI の社会的・法的・倫理的な影響と政策課題に焦点を当てた信頼できる AI のイノベーションを促進するため、各国政府は、学際的な取組を含め、研究開発やオープンサイエンスの分野で長期的な公共投資を検討し、かつ民間投資を奨励すべきである。 
b)Governments should also consider public investment and encourage private investment in open-source tools and open datasets that are representative and respect privacy and data protection to support an environment for AI research and development that is free of harmful bias and to improve interoperability and use of standards. b) また、各国政府は、有害なバイアスがない AI の研究開発のための環境を支援し、かつ相互運用性と技術標準の利用を向上させるため、代表性を有し、かつプライバシーとデータの保護を尊重するオープンソースのツールやオープンなデータセットに対する公共投資を検討し、かつ民間投資を奨励すべきである。 
2.2. Fostering an inclusive AI-enabling ecosystem 2.2. 包摂的な AI を推進するためのエコシステムの整備  
Governments should foster the development of, and access to, an inclusive, dynamic, sustainable, and interoperable digital ecosystem for trustworthy AI. Such an ecosystem includes inter alia, data, AI technologies, computational and connectivity infrastructure, and mechanisms for sharing AI knowledge, as appropriate. In this regard, governments should consider promoting mechanisms, such as data trusts, to support the safe, fair, legal and ethical sharing of data. 各国政府は、信頼できる AI のための包摂的でダイナミック、持続可能で相互運用可能なデジタル・エコシステムの開発及びそれへのアクセスを促進すべきである。このエコシステムには、適切である限りにおいて、特に、データ、AI 技術、計算及び接続性のためのインフラ並びに AI ナレッジを共有するためのメカニズムが含まれる。これに関連し、各国政府は、データ・トラストのような、安全、公平、適法、かつ倫理的なデータ共有のためのメカニズムに対する支援を検討すべきである。 
2.3. Shaping an enabling interoperable governance and policy environment for AI 2.3. AI を推進するための相互運用可能なガバナンス及び政策環境の形成  
a)Governments should promote an agile policy environment that supports transitioning from the research and development stage to the deployment and operation stage for trustworthy AI systems. To this effect, they should consider using experimentation to provide a controlled environment in which AI systems can be tested, and scaled-up, as appropriate. They should also adopt outcome-based approaches that provide flexibility in achieving governance objectives and co-operate within and across jurisdictions to promote interoperable governance and policy environments, as appropriate. a)  各国政府は、信頼できる AI システムの研究・開発段階から展開・稼働の段階への移行を支援するための機動的な政策環境整備を促進すべきである。この観点から、各国政府は、適切な限りにおいて、AI システムのテストや規模の拡張を可能とする制御された環境を提供する実証実験の利用を検討すべきである。また、適切な限りにおいて、ガバナンスの目的達成に向けて柔軟性を提供する結果ベースのアプローチを採用するとともに、各国の管轄権の及ぶ領域の内外で協力して相互運用可能なガバナンスと政策環境を促進すべきである。 
b)Governments should review and adapt, as appropriate, their policy and regulatory frameworks and assessment mechanisms as they apply to AI systems to encourage innovation and competition for trustworthy AI. b)  各国政府は、信頼できる AI のイノベーションと競争を奨励するため、適切な限りにおいて、AI システムに適用される政策や規制の枠組とその評価のメカニズムについて見直し、かつ状況に順応させるべきである。 
2.4. Building human capacity and preparing for labour market transformation 2.4. 人材育成及び労働市場の変化への備え 
a)Governments should work closely with stakeholders to prepare for the transformation of the world of work and of society. They should empower people to effectively use and interact with AI systems across the breadth of applications, including by equipping them with the necessary skills. a) 各国政府は、仕事の世界と社会全体の変化に備えるために、ステークホルダーと緊密に協働すべきである。政府は人々に必要なスキルを習得させるなどして、広範囲に適用される AI システムを人々が効果的に利用し、かつそれとうまく関わることができるようにすべきである。 
b)Governments should take steps, including through social dialogue, to ensure a fair transition for workers as AI is deployed, such as through training programmes along the working life, support for those affected by displacement, including through social protection, and access to new opportunities in the labour market. b) 各国政府は、AI の普及がもたらす労働市場の変化が労働者にとって公平なものであるようにするため、就労期間を通じたトレーニング・プログラム、社会的保護も含めた離職を余儀なくされた者の支援、かつ労働市場における新たな機会へのアクセス提供等を通じて、社会対話も含め、様々な措置を講じるべきである。 
c)Governments should also work closely with stakeholders to promote the responsible use of AI at work, to enhance the safety of workers, the quality of jobs and of public services, to foster entrepreneurship and productivity, and aim to ensure that the benefits from AI are broadly and fairly shared. c)  また、各国政府は、職場における AI の責任ある利用の推進、労働者の安全及び仕事と公共サービスの質の向上、並びに起業家精神と生産性の向上のため、かつ AI の恩恵が幅広くかつ公平に共有されることを目指して、ステークホルダーと密接に協働すべきである。 
2.5. International co-operation for trustworthy AI 2.5. 信頼できる AI のための国際協力 
a)Governments, including developing countries and with stakeholders, should actively co-operate to advance these principles and to progress on responsible stewardship of trustworthy AI. a) 開発途上国を含め、各国政府は、ステークホルダーとともに、本勧告が掲げる原則の推進、及び信頼できる AI の責任あるスチュワードシップの進展のために、積極的に協力すべきである。 
b)Governments should work together in the OECD and other global and regional fora to foster the sharing of AI knowledge, as appropriate. They should encourage international, cross-sectoral and open multi-stakeholder initiatives to garner long-term expertise on AI. b) 各国政府は、OECD 及びその他の国際的並びに地域的なフォーラムを通じ、適切な限りにおいて、AI ナレッジの共有を促進するために協働すべきである。こうしたフォーラムは、AI に関する長期的な専門性を確保するため、国際的、分野横断的、かつ開放的なマルチ・ステークホルダーによる取組を奨励すべきである。 
c)Governments should promote the development of multi-stakeholder, consensus-driven global technical standards for interoperable and trustworthy AI. c)  各国政府は、相互運用性を有し、また、信頼できる AI のため、マルチ・ステークホルダーの合意に基づく国際的な技術基準の開発を推進すべきである。 
d)Governments should also encourage the development, and their own use, of internationally comparable indicators to measure AI research, development and deployment, and gather the evidence base to assess progress in the implementation of these principles. d)  各国政府はさらに、AI の研究開発及び展開を計測するための国際的に比較可能な指標の開発と各国政府自身による利用とを奨励するとともに、本勧告が掲げる原則の履行の進捗をモニターするための土台となるエビデンスを収集すべきである。 
VI.INVITES the Secretary-General and Adherents to disseminate this Recommendation. VI. 事務総長と遵守国に対し、本勧告を広く普及させるよう求める。 
VII.INVITES non-Adherents to take due account of, and adhere to, this Recommendation. VII.  非遵守国に対し、本勧告を十分に考慮し、かつ遵守するよう求める。 
VIII.INSTRUCTS the Digital Policy Committee, through its Working Party on AI Governance, to: VIII. デジタル政策委員会に対して、AI ガバナンス作業部会を通して次の事項を行うよう指示する。すなわち: 
a)continue its important work on artificial intelligence building on this Recommendation and taking into account work in other international fora, and to further develop the measurement framework for evidence-based AI policies; a) 本勧告を踏まえ、また、他の国際場裏における取組を考慮しつつ、本委員会におけるAIに関する重要な作業を継続し、エビデンスに基づいた AI政策の計測に係る枠組の開発をさらに進めていくこと。 
b)develop and iterate further practical guidance on the implementation of this Recommendation to meet evolving developments and new policy priorities; b) 状況の変化と新たな政策優先事項に対応するため、本勧告の履行のためのさらに実用的なガイダンスを作成及び更新すること。 
c)provide a forum for exchanging information on AI policy and activities including experience with the implementation of this Recommendation, and to foster multi-stakeholder and interdisciplinary dialogue to promote trust in and adoption of AI; and c) AI に関する政策や取組について、本勧告の履行に係る実例を含め、情報交換のためのフォーラムを提供するとともに、AI の信頼と導入を推進するためにマルチ・ステークホルダーかつ学際的な意見交換を促進すること。 
d)report to Council, in consultation with other relevant committees, on the implementation, dissemination and continued relevance of this Recommendation no later than five years following its revision and at least every ten years thereafter. d) 関係する他の委員会と協議した上で、本勧告の改訂後 5 年以内、及び少なくともその後10 年毎に、本勧告の履行、普及、継続的な関連性について理事会に報告すること。 

 

 

背景情報...

Background information 背景情報
The Recommendation on Artificial Intelligence (AI) (hereafter the “Recommendation”) – the first intergovernmental standard on AI – was adopted by the OECD Council meeting at Ministerial level on 22 May 2019 on the proposal of the Digital Policy Committee (DPC, formerly the Committee on Digital Economy Policy, CDEP). The Recommendation aims to foster innovation and trust in AI by promoting the responsible stewardship of trustworthy AI while ensuring respect for human rights and democratic values. In June 2019, at the Osaka Summit, G20 Leaders welcomed the G20 AI Principles, drawn from the Recommendation.  人工知能(AI)に関する勧告(以下、「勧告」)は、AIに関する初の政府間標準であり、デジタル政策委員会(DPC、旧デジタル経済政策委員会、CDEP)の提案に基づき、2019年5月22日に閣僚級で開催されたOECD理事会で採択された。この勧告は、人権と民主的価値の尊重を確保しつつ、信頼できるAIの責任ある管理を促進することにより、AIにおけるイノベーションと信頼を促進することを目的としている。2019年6月、大阪サミットでG20首脳は、勧告から導き出されたG20 AI原則を歓迎した。
The Recommendation was revised by the OECD Council on 8 November 2023 to update its definition of an “AI System”, in order to ensure the Recommendation continues to be technically accurate and reflect technological developments, including with respect to generative AI. On the basis of the 2024 Report to Council on its implementation, dissemination and continued relevance, the Recommendation was revised by the OECD Council meeting at Ministerial level on 3 May 2024 to reflect technological and policy developments, including with respect to generative AI, and to further facilitate its implementation. この勧告は、2023年11月8日にOECD理事会により改訂され、「AIシステム」の定義を 更新した。これは、この勧告が技術的に正確であり続け、生成的AIを含む技術開発を 反映していることを保証するためである。その実施、普及、継続的妥当性に関する2024年理事会報告書に基づき、2024年5月3日に閣僚級で開催されたOECD理事会により、生成的AIを含む技術的・政策的発展を反映し、その実施をさらに促進するために、勧告が改訂された。
The OECD’s work on Artificial Intelligence 人工知能に関するOECDの取り組み
Artificial Intelligence (AI) is a general-purpose technology that has the potential to: improve the welfare and well-being of people, contribute to positive sustainable global economic activity, increase innovation and productivity, and help respond to key global challenges. It is deployed in many sectors ranging from production, education, finance and transport to healthcare and security. 人工知能(AI)は、人々の福祉と幸福を向上させ、持続可能なグローバル経済活動に貢献し、イノベーションと生産性を高め、主要なグローバル課題への対応を支援する可能性を持つ汎用技術である。生産、教育、金融、輸送から医療、安全保障に至るまで、多くの分野で導入されている。
Alongside benefits, AI also raises challenges for our societies and economies, notably regarding economic shifts and inequalities, competition, transitions in the labour market, and implications for democracy and human rights. AIの恩恵と同時に、AIは我々の社会と経済に課題も提起している。特に、経済のシフトと不平等、競争、労働市場の移行、民主主義と人権への影響などである。
The OECD has undertaken empirical and policy activities on AI in support of the policy debate since 2016, starting with a Technology Foresight Forum on AI that year, followed by an international conference on AI: Intelligent Machines, Smart Policies in 2017. The Organisation also conducted analytical and measurement work that provides an overview of the AI technical landscape, maps economic and social impacts of AI technologies and their applications, identifies major policy considerations, and describes AI initiatives from governments and other stakeholders at national and international levels. OECDは、2016年以降、政策論議を支援するため、AIに関する実証的・政策的活動を実施しており、同年のAIに関するテクノロジー・フォーサイト・フォーラムに始まり、2017年には「AI:インテリジェント・マシン、スマートな政策」に関する国際会議を開催した。ガバナンスはまた、AIの技術的状況の概要を提供する分析・測定作業、AI技術とその応用による経済的・社会的影響のマッピング、主要な政策上の検討事項の特定、政府および国内・国際レベルの他の利害関係者によるAIの取り組みについての説明も行った。
This work has demonstrated the need to shape a stable policy environment at the international level to foster trust in and adoption of AI in society. Against this background, the OECD Council adopted, on the proposal of DPC, a Recommendation to promote a human-centred approach to trustworthy AI, that fosters research, preserves economic incentives to innovate, and applies to all stakeholders. この作業により、社会におけるAIへの信頼と導入を促進するために、国際レベルで安定した政策環境を形成する必要性が示された。このような背景から、OECD理事会はDPCの提案に基づき、研究を促進し、イノベーションへの経済的インセンティブを維持し、すべての利害関係者に適用される、信頼できるAIへの人間中心のアプローチを促進するための勧告を採択した。
An inclusive and participatory process for developing the Recommendation 包括的かつ参加型の勧告策定プロセス
The development of the Recommendation was participatory in nature, incorporating input from a broad range of sources throughout the process. In May 2018, the DPC agreed to form an expert group to scope principles to foster trust in and adoption of AI, with a view to developing a draft Recommendation in the course of 2019. The informal AI Group of experts at the OECD was subsequently established, comprising over 50 experts from different disciplines and different sectors (government, industry, civil society, trade unions, the technical community and academia) - see[web] for the full list. Between September 2018 and February 2019 the group held four meetings. The work benefited from the diligence, engagement and substantive contributions of the experts participating in the group, as well as from their multi-stakeholder and multidisciplinary backgrounds. 勧告の策定は参加型であり、プロセス全体を通じて幅広い情報源からの意見を取り入れた。2018年5月、ドラフト委員会は、2019年中に勧告案を作成することを視野に入れ、AIへの信頼と導入を促進するための原則を検討する専門家グループを結成することに合意した。その後、OECDの非公式なAI専門家グループが設立され、さまざまな分野、さまざまなセクター(政府、産業界、市民社会、労働組合、技術コミュニティ、学界)の50人以上の専門家で構成された-全リストは[web]を参照。2018年9月から2019年2月にかけて、同グループは4回の会合を開催した。この作業は、グループに参加した専門家の勤勉さ、関与、実質的な貢献だけでなく、マルチステークホルダーで学際的な背景からも恩恵を受けた。
Drawing on the final output document of the informal group, a draft Recommendation was developed in the DPC and with the consultation of other relevant OECD bodies and approved in a special meeting on 14-15 March 2019. The OECD Council adopted the Recommendation at its meeting at Ministerial level on 22-23 May 2019. 非公式グループの最終アウトプット文書に基づき、DPCおよび他のOECD関連団体の協議を経て勧告案が作成され、2019年3月14~15日の特別会合で承認された。OECD理事会は2019年5月22~23日の閣僚級会合でこの勧告を採択した。
Scope of the Recommendation  勧告の範囲 
Complementing existing OECD standards already relevant to AI – such as those on privacy and data protection, digital security risk management, and responsible business conduct – the Recommendation focuses on policy issues that are specific to AI and strives to set a standard that is implementable and flexible enough to stand the test of time in a rapidly evolving field. The Recommendation contains five high-level values-based principles and five recommendations for national policies and international co-operation. It also proposes a common understanding of key terms, such as “AI system”, “AI system lifecycle”, and “AI actors”, for the purposes of the Recommendation. プライバシー・データ保護、デジタル・セキュリティ・リスク管理、責任ある企業行動など、すでにAIに関連する既存のOECD基準を補完するものであるが、本勧告はAIに特有な政策課題に焦点を当て、急速に進化する分野において時の試練に耐えうるよう、実施可能かつ柔軟な標準を設定するよう努めている。勧告には、ハイレベルの価値観に基づく5つの原則と、各国の政策や国際協力に関する5つの勧告が含まれている。また、「AIシステム」、「AIシステム・ライフサイクル」、「AIアクター」といった重要な用語の共通理解も提案している。
More specifically, the Recommendation includes two substantive sections: より具体的には、勧告には2つの実質的なセクションがある:
1. Principles for responsible stewardship of trustworthy AI: the first section sets out five complementary principles relevant to all stakeholders: i) inclusive growth, sustainable development and well-being; ii) respect for the rule of law, human rights and democratic values, including fairness and privacy; iii) transparency and explainability; iv) robustness, security and safety; and v) accountability. This section further calls on AI actors to promote and implement these principles according to their roles. 信頼できるAIの責任ある管理のための原則:最初のセクションでは、すべてのステークホルダーに関連する5つの補完的原則を定めている:i) 包括的な成長、持続可能な開発、幸福; ii) 公平さとプライバシーを含む、法の支配、人権、民主的価値の尊重。iii) 透明性と説明可能性 iv) 堅牢性、セキュリティ、安全性、および v) 説明責任 さらに本セクションでは、AI関係者に対し、それぞれの役割に応じてこれらの原則を推進・実施するよう求める。
2. National policies and international co-operation for trustworthy AI: consistent with the five aforementioned principles, the second section provides five recommendations to Members and non-Members having adhered to the Recommendation (hereafter the “Adherents”) to implement in their national policies and international co-operation: i) investing in AI research and development; ii) fostering an inclusive AI-enabling ecosystem; iii) shaping an enabling interoperable governance and policy environment for AI; iv) building human capacity and preparing for labour market transformation; and v) international co-operation for trustworthy AI. 信頼できるAIのための国家政策と国際協力:前述の5つの原則に基づき、第2章では、勧告を順守した加盟国および非加盟国(以下、「順守国」)に対し、国家政策と国際協力において実施すべき5つの勧告を提示する: i) AIの研究開発に投資する; ii) AIを可能にする包括的なエコシステムを育成する; iii) AIを可能にする相互運用可能なガバナンスと政策環境を形成する; iv) 人的能力の構築と労働市場の変革に備える。v) 信頼できるAIのための国際協力
2023 and 2024 Revisions of the Recommendation  2023年および2024年の勧告改定 
In 2023, a window of opportunity was identified to maintain the relevance of the Recommendation by updating its definition of an “AI System”, and the DPC approved a draft revised definition in a joint session of the Committee and its Working Party on AI Governance (AIGO) on 16 October 2023. The OECD Council adopted the revised definition of “AI System” at its meeting on 8 November 2023. The update of the definition included edits aimed at:  2023年、「AIシステム」の定義を更新することにより、勧告の妥当性を維持する機会の窓が特定され、ドラフト委員会は2023年10月16日、同委員会とそのAIガバナンスに関する作業部会(AIGO)の合同会合において、定義の改訂案を承認した。OECD理事会は2023年11月8日の会合で「AIシステム」の改訂定義を採択した。定義の更新には、以下を目的とした編集が含まれる: 
・clarifying the objectives of an AI system (which may be explicit or implicit); ・AIシステムの目的(明示的または暗黙的)を明確にする;
・underscoring the role of input which may be provided by humans or machines; ・人間または機械によってプロバイダされる入力の役割を強調する;
・clarifying that the Recommendation applies to generative AI systems, which produce “content”; ・この勧告は、「コンテンツ」を生成する生成的AIシステムに適用されることを明確にする;
・substituting the word “real” with “physical” for clarity and alignment with other international processes; ・明確性と他の国際的プロセスとの整合性のため、"real "を "physical "に置き換える;
・reflecting the fact that some AI systems can continue to evolve after their design and deployment. ・AIシステムの中には、設計・配備後も進化し続けるものがあるという事実を反映する。
In line with the conclusions of the 2024 Report to Council, the Recommendation was further revised at the 2024 Meeting of the Council at Ministerial level to maintain its continued relevance and facilitate its implementation five years after its adoption. Specific updates aimed at:  2024年理事会報告書の結論に沿い、この勧告は2024年理事会閣僚級会合でさらに改訂され、その継続的な妥当性を維持し、採択から5年後の実施を促進した。具体的な更新の目的は以下の通りである: 
・reflecting the growing importance of addressing misinformation and disinformation, and safeguarding information integrity in the context of generative AI;  誤情報や偽情報への対応、生成的AIの文脈における情報の完全性を守ることの重要性の高まりを反映する; 
・addressing uses outside of intended purpose, intentional misuse, or unintentional misuse;  ・意図された目的以外の使用、意図的な誤用、意図しない誤用に対処する; 
・clarifying the information AI actors should provide regarding AI systems to ensure transparency and responsible disclosure; ・透明性と責任ある情報開示を確保するため、AIシステムに関してAIアクターが提供すべき情報を明確にする;
・addressing safety concerns, so that if AI systems risk causing undue harm or exhibit undesired behaviour, they can be overridden, repaired, and/or decommissioned safely by human interaction; ・AIシステムが不当な危害をもたらすリスクや望ましくない挙動を示した場合、人間の操作によって安全に無効化、修復、および/または廃止できるように、安全性への懸念に対処する;
・emphasising responsible business conduct throughout the AI system lifecycle, involving co-operation with suppliers of AI knowledge and AI resources, AI system users, and other stakeholders, ・AIの知識やAIのリソースの供給者、AIシステムの利用者、その他の利害関係者と協力し、AIシステムのライフサイクル全体を通じて責任ある事業活動を行うことを強調する、
・underscoring the need for jurisdictions to work together to promote interoperable governance and policy environments for AI, against the increase in AI policy initiatives worldwide, and ・世界的なAI政策イニシアチブの増加に対して、AIに関する相互運用可能なガバナンスと政策環境を促進するために、管轄区域が協力する必要性を強調する。
・introducing an explicit reference to environmental sustainability, of which the importance has grown considerably since the adoption of the Recommendation in 2019. ・2019年の勧告採択以来、その重要性が大幅に高まっている環境の持続可能性についての明確な言及を導入する。
Furthermore, some of the headings of the principles and recommendations were expanded for clarity, and the text on traceability and risk management was further elaborated and moved to the “Accountability” principle as the most appropriate principle for these concepts.  さらに、原則と勧告の見出しの一部を明確化するために拡大し、トレーサビリティとリスクマネジメントに関する文章をさらに精緻化し、これらの概念に最も適した原則である「説明責任」の原則に移した。

 

 


 

閣僚声明...

 

OECD

・2024.05 OECD Ministerial Council Meeting 2024

OECD Ministerial Council Meeting 2024 2024年OECD閣僚理事会
CO-CREATING THE FLOW OF CHANGE:  変化の流れを共創する 
Leading Global Discussions with Objective and Reliable Approaches Towards Sustainable and Inclusive Growth 持続可能で包括的な成長に向けて、客観的で信頼できるアプローチでグローバルな議論をリードする
Governments are facing complex and interrelated issues ranging from climate change and digitalisation, to the economic and social impacts of population ageing, to challenges to the rule of law. These are shared challenges that are best tackled together.  ガバナンスは、気候変動やデジタル化から、高齢化の経済的・社会的影響、法の支配への挑戦に至るまで、複雑で相互に関連する問題に直面している。これらは、共に取り組むことが最善である共通の課題である。
Effective policy cooperation on the strong foundation of evidence-based best practice and multilateral dialogue is essential and the 2024 OECD Ministerial Council Meeting is an opportunity to engage in high-level discussions among Members and non-Members on the issues critical to today’s international community.  エビデンスに基づくベスト・プラクティスと多国間対話という強固な基盤に基づく効果的な政策協力が不可欠であり、2024年OECD閣僚理事会は、今日の国際社会にとって重要な課題について、加盟国・非加盟国間でハイレベルの議論を行う機会となる。
The theme for the 2024 MCM on “Leading Global Discussions with Objective and Reliable Approaches towards Sustainable and Inclusive Growth” comprises three overarching pillars:  2024年MCMのテーマである「持続可能で包摂的な成長に向けた客観的かつ信頼できるアプローチでグローバルな議論をリードする」は、3つの包括的な柱からなる: 
• A Diverse, Inclusive, and Likeminded OECD: Strengthening the Outreach of our Work.  ・多様で,包括的で,好意的なOECD: 我々の活動のアウトリーチを強化する。
• An Economic Order based on the Shared Values: Firmly Maintaining Free and Fair Trade and Enhancing Economic Resilience.  ・共通の価値観に基づく経済秩序: 自由で公正な貿易を堅持し,経済のレジリエンスを高める。
• Co-creating a Better Future: Addressing Emerging Challenges at Global Scale.  ・より良い未来を共同創造する: グローバル規模で新たな課題に取り組む。
The 2024 MCM will further leverage the strengths of the OECD to support policymakers around the world to develop sound and well-coordinated policy responses to each of the structural shifts in front of us, grounded in our shared values of democracy, the protection of human rights, the rule of law and market-based economic principles. A renewed commitment to strong and effective multilateralism, with the OECD at the centre of global cooperation, will help promote global efforts to co-create better policies for better lives and a better future.  2024年MCMは、OECDの強みをさらに活用し、民主主義、人権擁護、法の支配、市場経済原則という共通の価値観に立脚しつつ、世界中の政策立案者が、目の前の構造転換のそれぞれに対して、健全かつ十分に調整された政策対応を展開できるよう支援する。OECDをグローバルな協力の中心に据え、強力かつ効果的な多国間主義への新たなコミットメントは、より良い生活とより良い未来のために、より良い政策を共創するためのグローバルな努力を促進する助けとなるであろう。
The 2024 MCM, chaired by Japan, with Mexico and the Netherlands as Vice-Chairs, will take place on 2 and 3 May 2024 at the OECD Headquarters in Paris.  2024年のMCMは、日本が議長を務め、メキシコとオランダが副議長として、2024年5月2日と3日にパリのOECD本部で開催される。

 

・[PDF]

20240507-62659

 

仮訳(機械翻訳..)

CO-CREATING THE FLOW OF CHANGE: LEADING GLOBAL DISCUSSIONS WITH OBJECTIVE AND RELIABLE APPROACHES TOWARDS SUSTAINABLE AND INCLUSIVE GROWTH  変化の流れを共創する:持続可能で包摂的な成長に向けた客観的で信頼できるアプローチでグローバルな議論をリードする 
On the occasion of the 2024 OECD Ministerial Council Meeting, we[1] assembled on 2-3 May 2024 under the leadership of Japan as MCM Chair, on the 60th anniversary of its accession to the OECD, and as Vice Chairs the Netherlands, and Mexico celebrating its 30th anniversary of membership, on the theme of “Co-creating the Flow of Change: Leading Global Discussions with Objective and Reliable Approaches towards Sustainable and Inclusive Growth.”  2024年OECD閣僚理事会に際し、我々は[1]、「変化の流れを共創する」をテーマに、OECD加盟60周年を迎えた日本がMCM議長として、また、加盟30周年を迎えたオランダとメキシコが副議長として、2024年5月2-3日に集った: 持続可能で包摂的な成長に向けて、客観的で信頼できるアプローチでグローバルな議論をリードする。" 
1. As set out in the 2021 Vision Statement, we form a like-minded community committed to shared values of individual liberty, democracy, open and transparent markets, the rule of law, protection of human rights, gender equality, environmental sustainability, tackling inequalities, promoting diversity and social inclusion. Our work is underpinned by the OECD’s distinctive capability for objective and highly reliable evidence-based analysis, standards and robust peer reviews to address the global challenges of our time.  1. 2021年ビジョン・ステートメントにあるように、私たちは、個人の自由、民主主義、オープンで透明性の高い市場、法の支配、人権の保護、男女平等、環境の持続可能性、不平等への取り組み、多様性の促進、社会的包摂といった共通の価値観にコミットする志を同じくするコミュニティを形成している。私たちの活動は、客観的で信頼性の高い証拠に基づく分析、標準、そして確固たるピアレビューというOECDの特徴的な能力によって支えられており、現代のグローバルな課題に取り組んでいる。
2. The macroeconomic situation is of modest growth with significant uncertainties surrounding disinflation pace and geopolitical tensions, which are affecting not only the economy, but society as a whole. In this context, we will address a wide range of social challenges such as demographic change, climate change, digital divides, and inequalities, to achieve sustainable economic growth, while dealing with fiscal challenges. We will also seek to build a sustainable and inclusive economy and society where all, including vulnerable groups, can experience prosperity and better lives. In order to achieve such a society while aiming at transforming initiatives to solve social challenges into engines for growth, we recognise the importance of improving productivity and quality of employment, as well as promoting science, technology and innovation through boosting investment, including in human capital such as education and skills training and R&D. We also reaffirm the importance of the digital and green transformations through wider applications of new technologies, fostering startups and supporting SMEs, striving to ensure free and fair trade, enhancing people’s well-being, and achieving gender equality and social and digital inclusion.  2. マクロ経済の状況は、緩やかな成長であり、ディスインフレ・ペースや地政学的緊張をめぐる重大な不確実性が、経済のみならず社会全体に影響を及ぼしている。このような状況の中、人口動態の変化、気候変動、デジタルデバイド(情報格差)、不平等など幅広い社会的課題に取り組み、財政的課題に対処しつつ、持続可能な経済成長を実現する。また、脆弱性を含む全ての人々が豊かさとより良い生活を実感できる、持続可能で包摂的な経済社会の構築を目指す。社会的課題の解決に向けた取組を成長の原動力へと転換することを目指しながら、そのような社会を実現するために、我々は、教育・技能訓練や研究開発などの人的資本への投資を強化することを通じて、科学・技術・イノベーションを促進するとともに、生産性や雇用の質を改善することの重要性を認識する。また、我々は、新技術の広範な応用、新興企業の育成と中小企業の支援、自由で公正な貿易の確保、人々の福利の向上、男女平等と社会的・デジタル的包摂の達成を通じた、デジタルとグリーンの変革の重要性を再確認する。
3. We condemn Russia’s aggression against Ukraine in the strongest possible terms. Russia’s unjustifiable and unprovoked war against Ukraine is a clear violation of international law and a serious threat to the rules-based international order. Russia’s war has caused human suffering, disrupted global supply chains, and diminished energy and food security worldwide. We reaffirm our commitment to support the people and democratically elected government of Ukraine and reiterate our firm commitment to Ukraine’s recovery and reconstruction including through the OECD Ukraine Country Programme, as part of an initial accession dialogue. We continue to work with the Ukrainian authorities, and in coordination with other international actors, and look forward to a successful outcome from the Ukraine Recovery Conference in Berlin in June.  3. 我々は、ウクライナに対するロシアの侵略を最も強い言葉で非難する。ロシアのウクライナに対する不当かついわれのない戦争は、明白な国際法違反であり、ルールに基づく国際秩序に対する深刻な脅威である。ロシアの戦争は、人的被害を引き起こし、世界のサプライチェーンを混乱させ、世界中のエネルギーと食糧の安全保障を低下させている。我々は、ウクライナの国民と民主的に選出された政府を支援するという我々のコミットメントを再確認し、最初の加盟対話の一環として、OECDウクライナ国別プログラムを含め、ウクライナの復興と再建に向けた我々の確固たるコミットメントを改めて表明する。我々は、引き続きウクライナ当局と協力し、また他の国際的アクターと協調して、6月にベルリンで開催されるウクライナ回復会議が成功裏に終わることを期待する。
4. We express deep concern about the negative economic and social impacts of the evolving conflicts in the Middle East.  4. 我々は、中東における紛争の進展が経済・社会に及ぼす悪影響について深い懸念を表明する。
5. In an increasingly complex geopolitical environment, we welcome the OECD’s increased global outreach and engagement, and its efforts to bridge advanced, emerging and developing economies in addressing global challenges and ensuring the OECD remains a relevant and impactful organisation. We will strengthen the OECD’s engagement with the United Nations in support of effective multilateralism. We strongly welcome the adoption of Argentina Accession Roadmap, along with the ongoing accession processes for Brazil, Bulgaria, Croatia, Peru and Romania. We will continue our collaboration with Key Partners and others, including through Regional and Country Programmes, emphasizing our engagement across diverse regions such as Southeast Asia, South East Europe, Middle East and North Africa (MENA), Latin America and the Caribbean (LAC) and Eurasia. We commit to further strengthening our cooperation with Africa through the implementation of the OECD-Africa Partnership, building on the signing of the Memorandum of Understanding (MOU) with the African Union and the launch of the African Virtual Investment Platform (AfVIP), to promote shared prosperity through sustainable and inclusive development. We will continue to contribute to global governance through our active engagement with the G20, G7 and APEC. We remain open to future requests for membership from all regions.  5. 複雑化する地政学的環境において、我々は、OECDが世界的なアウトリーチと関与を強化し、世界的な課題に取り組む先進国、新興国、途上国の架け橋となり、OECDが適切かつ影響力のある組織であり続けるための努力を行っていることを歓迎する。我々は、効果的な多国間主義を支援するため、OECDの国連への関与を強化する。我々は、ブラジル、ブルガリア、クロアチア、ペルー、ルーマニアの現在進行中の加盟プロセスとともに、アルゼンチン加盟ロードマップの採択を強く歓迎する。我々は、東南アジア、南東ヨーロッパ、中東・北アフリカ(MENA)、ラテンアメリカ・カリブ海地域(LAC)、ユーラシア等の多様な地域にわたる我々の関与を強調しつつ、地域及び国別プログラムを通じたものを含め、主要パートナー等との協力を継続する。我々は、持続可能で包摂的な開発を通じて共通の繁栄を促進するため、アフリカ連合との了解覚書(MOU)の調印とアフリカ仮想投資プラットフォーム(AfVIP)の立ち上げを基礎として、OECDアフリカ・パートナーシップの実施を通じてアフリカとの協力をさらに強化することを約束する。我々は、G20、G7、APECへの積極的な関与を通じて、グローバル・ガバナンスに貢献し続ける。我々は、すべての地域からの将来の加盟要請に対して引き続きオープンである。
6. We reaffirm the strategic priority of the Indo-Pacific region with a view to identifying countries for potential membership and renew our commitments to the region on the occasion of the 10th anniversary of the OECD Southeast Asia Regional Programme (SEARP). Since the launch of SEARP in 2014, OECD co-operation with the Indo-Pacific has continued to strengthen and deepen through Country Programmes, Joint Work Programmes and regional networks. Building on this long-standing collaboration, we strongly welcome the historic decision to open accession discussions with Indonesia and adoption of the Accession Roadmap. We welcome Thailand’s request to join the Organisation. We welcome the revision of the MOU with the Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) which strengthens OECD engagement in the region. We welcome the Implementation Plan for the OECD Strategic Framework for the Indo-Pacific, and commit to the promotion of global outreach and further dissemination of wide-ranging OECD standards and best practices in the IndoPacific region through its implementation. We will strive to enhance cooperation with the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and other international organisations in the region.  6. 我々は、加盟候補国の特定を視野に入れたインド太平洋地域の戦略的優先順位を再確認し、OECD東南アジア地域プログラム(SEARP)の10周年を機に、同地域に対する我々のコミットメントを更新する。2014年のSEARP発足以来、OECDのインド太平洋地域に対する協力は、国別プログラム、共同作業プログラム、地域ネットワークを通じて強化・深化を続けてきた。このような長年の協力関係を基礎として、我々は、インドネシアとの加盟協議を開始する歴史的な決定と加盟ロードマップの採択を強く歓迎する。我々は、タイからの加盟要請を歓迎する。我々は、域内におけるOECDの関与を強化するASEAN・東アジア経済研究所(ERIA)とのMOUの改訂を歓迎する。我々は、インド太平洋のためのOECD戦略的枠組みに関する実施計画を歓迎し、その実施を通じて、インド太平洋地域におけるグローバルなアウトリーチの促進と、広範なOECDの標準とベスト・プラクティスの更なる普及にコミットする。我々は、東南アジア諸国連合(ASEAN)及び域内の他の国際機関との協力の強化に努める。
7. We reaffirm our continued commitment to maintaining and strengthening the rules-based, inclusive, free and fair multilateral trading system, with the World Trade Organization (WTO) at its core. We reaffirm our commitments to WTO reform at the thirteenth WTO Ministerial Conference (MC13) which demonstrated the importance of strengthening and improving all the functions of the WTO, so that it can effectively respond to today’s key global trade challenges. We will accelerate discussions on Dispute Settlement reform with a view to having a fully and well-functioning dispute settlement system accessible to all Members by 2024. We encourage all WTO members to promptly finalise their domestic processes to formally accept the WTO Agreement on Fisheries Subsidies so that it enters into force, and to conclude the negotiations on additional provisions, to reach a comprehensive agreement as soon as possible. We recognise the need for all WTO members to work towards a meaningful outcome on agriculture reform at MC14, in line with Article 20 of the Agreement on Agriculture. We support the ongoing work of the WTO and emphasise the role of the OECD in helping governments addressing challenges in areas such as development, the environment, small economies, micro, small and medium-sized enterprises, and gender equality. We welcome the decision to continue to reinvigorate the Work Programme on Electronic Commerce and to maintain the moratorium on customs duties on electronic transmissions as decided at MC13, which provides certainty and predictability for the digital economy. We also commit to working towards the conclusion of negotiations of the Joint Statement Initiative (JSI) on E-Commerce by the summer. We value the substantive work of the OECD on digital trade. We further welcome OECD work on level playing field. In this regard, as a leading norm to enhance transparency and accountability of state-owned enterprises (SOEs), we adopt the revised OECD Recommendation on Guidelines on Corporate Governance of State-Owned Enterprises (SOEs) and we recognise the importance of their implementation by both OECD Members and non-Members. We also recognise the importance of global level playing field and addressing non-market policies and practices, which in turn support well-functioning markets underpinned by a rules-based system. We will continue our discussions on gaps between the existing WTO rules and real-world situations to secure a global level playing field including in relation to industrial subsidies and forced technology transfer. We welcome the implementation of the revised OECD Arrangement on Officially Supported Export Credits incorporating more flexible financing terms and conditions including for climate-friendly transactions, while ensuring a level playing field.  7. 我々は、世界貿易機関(WTO)を中核とする、ルールに基づく、包摂的で自由かつ公正な多国間貿易システムの維持・強化に対する我々の継続的なコミットメントを再確認する。我々は、WTOが今日の主要な世界貿易上の課題に効果的に対応できるよう、WTOの全ての機能を強化し改善することの重要性を示した第13回WTO閣僚会議(MC13)におけるWTO改革への我々の対応を再確認する。我々は、2024年までに全ての加盟国が利用可能な完全かつ十分に機能する紛争解決システムを有することを目指し、紛争解決改革に関する議論を加速させる。我々は、全てのWTO加盟国に対し、漁業補助金に関するWTO協定を正式に受諾し、発効させるための国内プロセスを速やかに完了させ、追加的な条項に関する交渉を妥結させ、可能な限り早期に包括的な協定に到達することを奨励する。我々は、全てのWTO加盟国が、農業に関する協定の第20条に則り、MC14において農業改革に関する有意義な成果に向けて努力する必要性を認識する。我々は、WTOの継続的な作業を支持するとともに、開発、環境、小規模経済、零細・中小企業、ジェンダー平等などの分野における課題に取り組む政府を支援するOECDの役割を強調する。我々は、電子商取引に関する作業計画の再活性化を継続し、デジタル経済に確実性と予測可能性を提供する、MC13で決定された電子通信に対する関税のモラトリアムを維持するとの決定を歓迎する。我々はまた、夏までに電子商取引に関する共同声明イニシアティブ(JSI)の交渉妥結に向けて努力することを約束する。我々は、デジタル貿易に関するOECDの実質的な作業を評価する。我々はさらに、公平な競争条件に関するOECDの作業を歓迎する。この観点から、国有企業(SOEs)の透明性と説明責任を強化するための主導的規範として、我々は、国有企業(SOEs)のコーポレート・ガバナンスに関するガイドラインに関するOECD勧告の改訂版を採択し、OECD加盟国と非加盟国の双方によるその実施の重要性を認識する。我々はまた、グローバルな公平な競争条件と、非市場的な政策及び慣行への取組みの重要性を認識する。我々は、産業補助金及び強制的な技術移転との関連も含め、グローバルな公平な競争条件を確保するため、既存のWTOルールと現実の状況との間のギャップに関する議論を継続する。我々は、公平な競争条件を確保しつつ、気候変動に配慮した取引を含む、より柔軟な融資条件を組み込んだ、公的支援輸出クレジットに関するOECDアレンジメントの改訂版の実施を歓迎する。
8. We affirm our commitment to enhancing cooperation on economic resilience and economic security through inter alia reducing vulnerabilities and countering practices that undermine international rules and norms. We recognise that the Principles on Resilient and Reliable Supply Chains, comprised of transparency, diversification, security, sustainability, and trustworthiness and reliability, are essential principles on which to build resilient supply chains among trusted partners, and we will work together to secure sustainable, reliable and trustworthy sources for strategic goods, including critical minerals essential for the green and digital transformations. We express serious concern over economic coercion, and call on all countries to refrain from its use which infringes upon the international order, centered on respect for sovereignty and the rule of law, and will work together with partners to ensure that attempts to weaponise economic dependencies will fail. We welcome OECD work that contributes to building our fact-based awareness on supply chain resilience and economic coercion and look forward to further analytical work. We commit to responding to comprehensive strategies to use non-market policies and practices that distort a global level playing field as well as other practices that create strategic dependencies and systemic vulnerabilities, which can then be exploited through economic coercion. We will work together on other economic security issues such as promoting and protecting critical and emerging technologies, enhancing resilience of critical infrastructure, and countering harmful practices in the digital sphere.  8. 我々は、特に、脆弱性を削減し、国際的なルール及び規範を損なう慣行に対抗することを通じて、経済のレジリエンス及び経済の安全保障に関する協力を強化するとのコミットメントを確認する。我々は、透明性、多様性、安全性、持続可能性、信頼性及び信頼性からなる「レジリエンスと信頼性のサプライチェーンに関する原則」が、信頼できるパートナー間でレジリエンスなサプライチェーンを構築するために不可欠な原則であることを認識し、グリーン及びデジタル変革に不可欠な重要鉱物を含む戦略物資について、持続可能で信頼できる、信頼できる供給源を確保するために協力する。我々は、経済的強制に深刻な懸念を表明し、全ての国に対し、主権の尊重と法の支配を中心とする国際秩序を侵害するその使用を控えるよう求める。我々は、サプライチェーンのレジリエンスと経済的強制力に関する事実に基づく認識の構築に貢献するOECDの作業を歓迎し、さらなる分析作業を期待する。我々は、グローバルな公平な競争条件を歪める非市場的な政策や慣行、戦略的な依存関係やシステミックな脆弱性を生み出し、それを経済的強制力を通じて悪用するその他の慣行を利用する包括的な戦略に対応することを約束する。我々は、重要技術や新興技術の促進・保護、重要インフラのレジリエンスの強化、デジタル領域における有害な慣行への対抗など、その他の経済安全保障上の課題についても協力する。
9. We welcome the revision of the 2019 OECD Recommendation on Artificial Intelligence (AI) and call on the OECD to support international implementation of the revised Recommendation. With the recognition that the Hiroshima Process International Guiding Principles and the Code of Conduct complement the implementation of the Recommendation, we support the Hiroshima AI Process and stress the importance of advancing international efforts to improve interoperability between AI governance frameworks, including for generative AI. We welcome the additional countries who support the outcomes of the Hiroshima AI Process to promote safe, secure and trustworthy AI as part of the Hiroshima AI Process Friends Group. We look forward to the OECD’s active contribution to international discussions on AI, at fora such as the UN, G7, G20, the Global Partnership on AI (GPAI), the AI Seoul Summit and the AI Paris Summit, with a focus on addressing the risk of mis- and dis- information and algorithmic biases as a major risk to our societies, democratic values and trust in institutions, as well as responding to impacts on the labour market and promoting an inclusive AI-enabling ecosystem. We call on the OECD to develop an action plan to harness the benefits and address the risks of AI in the labour market. We also welcome broad work on policy measures to counter mis- and dis- information including those relevant to OECD digital policies. We value the OECD’s leading role in advancing Data Free Flow with Trust (DFFT), in promoting cross-border data flows and in providing expert analysis on the digital economy, including analytical work regarding challenges to the free flow of data. We encourage work to facilitate trusted data flows and welcome the Expert Community. We commit to initiating discussions on enhancing visibility of data governance and privacy and the possible options of further strengthening the relevant committee structure. We welcome the Declaration on Transformative Science, Technology and Innovation Policies for a Sustainable and Inclusive Future, adopted[2] at the Ministerial-level meeting of the OECD Committee for Scientific and Technological Policy (CSTP), and emphasise the need for transformative science, technology and innovation policies for a sustainable and inclusive future. We call on the OECD to develop guidance for a human-centric and rights-oriented digital transformation that benefits all.  9. 我々は、人工知能(AI)に関する2019年OECD勧告の改訂を歓迎し、OECDが改訂勧告の国際的な実施を支援することを求める。広島プロセス国際指導原則と行動規範が勧告の実施を補完するとの認識の下、我々は広島AIプロセスを支持し、生成的AIを含むAIガバナンスの枠組み間の相互運用性を改善するための国際的な取り組みを進めることの重要性を強調する。我々は、広島AIプロセス・フレンド・グループの一員として、安全・安心・信頼のAIを促進する広島AIプロセスの成果を支持する追加的な国々を歓迎する。我々は、OECDが、国連、G7、G20、AIに関するグローバル・パートナーシップ(GPAI)、AIソウル・サミット、AIパリ・サミットなどの場において、AIに関する国際的な議論に積極的に貢献することを期待する。その際、我々の社会、民主的価値、機構に対する信頼に対する主要なリスクとして、情報の誤認・誤用やアルゴリズムのバイアスのリスクへの対応、労働市場への影響への対応、包括的なAIを可能にするエコシステムの促進に重点を置く。我々は、OECDに対し、労働市場におけるAIの恩恵を活用し、リスクに対処するための行動計画を策定するよう求める。また、我々は、OECDのデジタル政策に関連するものを含め、誤った情報や誤った情報に対抗するための政策措置に関する広範な作業を歓迎する。我々は、国境を越えたデータの流れを促進し、データの自由な流れに対する課題に関する分析作業を含むデジタル経済に関する専門家による分析を提供するDFFT(Data Free Flow with Trust)の推進におけるOECDの主導的役割を評価する。我々は、信頼されたデータの流れを促進するための作業を奨励し、専門家コミュニティを歓迎する。我々は、データ・ガバナンスとプライバシーの可視性の強化、及び関連する委員会構造の更なる強化の可能性について議論を開始することを約束する。我々は、OECD科学技術政策委員会(CSTP)の閣僚級会合で採択された「持続可能で包括的な未来のための変革的な科学技術・イノベーション政策に関する宣言」[2]を歓迎し、持続可能で包括的な未来のための変革的な科学技術・イノベーション政策の必要性を強調する。我々は、OECDに対し、万人に恩恵をもたらす人間中心かつ権利志向のデジタル変革のためのガイダンスを策定するよう求める。
10. We will continue to work together to reform the international tax system through the swift and effective implementation of the OECD/G20 BEPS Inclusive Framework’s Two-Pillar Solution to address the tax challenges arising from the digitalisation and globalisation of the economy. We call on all members of the Inclusive Framework to finalise expeditiously the work on Pillar One with a view to signing the Multilateral Convention (MLC) by the end of June. We welcome the 2023 update of the OECD/G20 Roadmap on Developing Countries and International Taxation. We recognise the respective roles of governments, business, and other stakeholders, and acknowledge the diverse approaches to implement relevant international standards, including the revised OECD Guidelines for Multinational Enterprises on Responsible Business Conduct. We reaffirm the importance of strengthening international cooperation on global value chains to promote respect for human rights, including internationally recognised labour rights, and the protection of the environment, leading to increased predictability and clarity for businesses. We commit to the effective and timely implementation of the revised G20/OECD Principles of Corporate Governance that support the resilience and sustainability of corporations, which, in turn, contributes to the resilience and sustainability of the broader economy, and look forward to the finalisation of the revised Methodology for Assessing the Implementation of the Principles.  10. 我々は、経済のデジタル化とグローバル化から生じる税制上の課題に対処するため、OECD/G20のBEPS包括的枠組みの「2つの柱による解決策」の迅速かつ効果的な実施を通じて、国際的な税制を改革するために引き続き協力する。我々は、包括的枠組みの全てのメンバーに対し、6月末までに多国間条約(MLC)に署名することを視野に、第一の柱に関する作業を迅速に最終化することを求める。我々は、途上国と国際課税に関するOECD/G20ロードマップの2023年の更新を歓迎する。我々は、政府、ビジネス及びその他のステークホルダーのそれぞれの役割を認識し、責任ある企業行動に関する多国籍企業向けOECDガイドラインの改訂版を含む、関連する国際標準を実施するための多様なアプローチを認識する。我々は、国際的に認知された労働者の権利を含む人権の尊重及び環境の保護を促進するため、グローバル・バリューチェーンに関する国際協力を強化することの重要性を再確認し、企業にとっての予測可能性と明確性の向上につなげる。我々は、企業のレジリエンスと持続可能性を支援し、ひいてはより広範な経済のレジリエンスと持続可能性に貢献する、改訂されたG20/OECDコーポレート・ガバナンス原則の効果的かつタイムリーな実施にコミットし、原則の実施評価のための改訂された手法の最終化を期待する。
11. We welcome the revised Declaration on International Investment and Multinational Enterprises, which aims to enable an open and transparent international investment environment and encourage multinational enterprises to contribute towards economic and social development. To attract “more, better, and safe FDI”, we will holistically consider inclusive economic growth, sustainability, and security in Emerging Markets and Developing Economies (EMDEs) and extend support to non-Member countries. Furthermore, we affirm the finalisation of the Investment Facilitation for Development Agreement and the continuation of discussions on its incorporation into the legal framework of the WTO.  11. この宣言は、オープンで透明性の高い国際投資環境を実現し、多国籍企業が経済的・社会的発展に貢献することを奨励することを目的としている。より多く、より良く、より安全なFDI」を誘致するため、我々は、新興市場・途上国経済(EMDEs)における包括的な経済成長、持続可能性、安全保障を総合的に検討し、非加盟国への支援を拡大する。さらに、我々は、開発のための投資円滑化協定の最終化及びWTOの法的枠組みへの組込みに関する議論の継続を確認する。
12. Based on the outcome of the first Global Stocktake (GST), we reaffirm our commitment to strengthening the implementation of the Paris Agreement and accelerating urgent action in this critical decade to keep the 1.5°C goal within reach and to achieve the common goal of net-zero by 2050. We emphasise the importance of simultaneously achieving net-zero, economic growth, and energy security, pursuing various pathways while taking into account national circumstances and recognising the need to develop further clean energy technologies. We reiterate our call on the OECD to continue to examine environmentally beneficial and harmful support measures across all sectors and provide evidence-based analysis to support reform. We call on all Parties to the Paris Agreement and the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) to commit to work collectively to peak global greenhouse gas emissions immediately and by no later than 2025, and to contribute to global efforts in line with the Global Stocktake decision, including tripling renewable energy capacity globally, doubling the global average annual rate of energy efficiency improvements by 2030, accelerating efforts towards the phasedown of unabated coal power, and transitioning away from fossil fuels in energy systems in a just, orderly and equitable manner, accelerating action in this critical decade so as to achieve net zero by 2050 in keeping with the science. We urge all countries, in particular major emitters, to submit their next Nationally Determined Contributions (NDCs) with ambitious, economy-wide reduction targets, covering all greenhouse gases, sectors and categories and aligned with keeping a limit of 1.5 °C temperature rise within reach, based on the best available science and the highest possible ambition. We reaffirm existing UNFCCC climate finance efforts, including the developed country commitment to the collective goal of providing and mobilising US$100 billion annually, which looks likely to have been met as of 2022 according to the statement by the OECD Secretary-General in 2023. We also look forward to an ambitious New Collective Quantified Goal on climate finance in 2024. We recognise the role of the IEA in shaping a secure and sustainable energy future for all.  12. 第1回グローバル・ストックテイク(GST)の結果に基づき、我々は、パリ協定の実施を強化し、1.5℃の目標を達成し、2050年までにネット・ゼロという共通の目標を達成するために、この重要な10年間における緊急の行動を加速させるとの我々のコミットメントを再確認する。我々は、ネット・ゼロ、経済成長、エネルギー安全保障を同時に達成することの重要性を強調し、各国の状況を考慮しつつ様々な道筋を追求し、更なるクリーン・エネルギー技術の開発の必要性を認識する。我々は、OECDに対し、あらゆるセクターにわたる環境に有益な支援策と有害な支援策を引き続き検討し、改革を支援するためのエビデンスに基づく分析を提供するよう、改めて要請する。我々は、パリ協定と気候変動枠組条約(UNFCCC)の全ての締約国に対し、世界の温室効果ガス排出量を直ちに、遅くとも2025年までにピークに到達させるために集団として取り組むことを約束し、また、再生可能エネルギー容量を世界全体で3倍にすることを含め、グローバル・ストックテイク決定に沿った世界的な取り組みに貢献することを求める、 2030年までにエネルギー効率の改善率を世界平均で年2倍にすること、停止していない石炭発電の段階的削減に向けた努力を加速すること、そして、公正で秩序ある衡平な方法でエネルギーシステムにおける化石燃料からの脱却を図り、この重要な10年間における行動を加速することで、科学に則り2050年までにネット・ゼロを達成することを含む。我々は、全ての国、特に主要排出国に対し、利用可能な最善の科学と可能な限り高い野心に基づき、全ての温室効果ガス、セクター、カテゴリーをカバーし、気温上昇1.5℃の制限を達成するための野心的な経済全体の削減目標を含む、次回の国別決定貢献(NDCs)を提出するよう求める。我々は、毎年1,000億米ドルを拠出・動員するという集団目標に対する先進国のコミットメントを含め、既存のUNFCCC気候変動資金への取り組みを再確認する。我々はまた、2024年の気候変動資金に関する野心的な新共同定量化目標に期待している。我々は、すべての人のための安全で持続可能なエネルギーの未来を形作る上でのIEAの役割を認識する。
13. We emphasise that transition finance, in line with keeping a limit of 1.5°C temperature rise within reach, avoiding carbon lock-ins and based on effective emissions reduction, is needed as it contributes to achieving a net-zero society. We emphasise that the rapid mobilisation of private finance through the establishment of ‘high integrity carbon markets’ and utilisation of Article 6 of the Paris Agreement can contribute to achieving net zero emissions by 2050. We affirm the significance of the OECD’s work on the interplays between voluntary and compliance carbon markets to enhance environmental integrity. We endeavour to achieve sustainable productivity growth contributing to reducing GHG emissions in all economic sectors and to taking action to reinforce rural development and food security whilst strengthening our natural carbon sinks. We welcome the launch of the OECD report ‘A Territorial Approach to Climate Action and Resilience (TACAR)’ at COP28. We welcome the steady progress made at the Inclusive Forum on Carbon Mitigation Approaches (IFCMA), including the launch of the Ministerial dialogue and work on carbon intensity metrics. We expect new membership, cooperation with international organisations, and further work that will lead to greater progress on cross-border climate change initiatives.  13. 我々は、1.5℃の気温上昇を達成可能な範囲にとどめ、カーボン・ロックインを回避し、効果的な排出削減に基づく移行資金が、ネット・ゼロ社会の達成に貢献することから、必要であることを強調する。我々は、「完全性の高い炭素市場」の確立とパリ協定第6条の活用を通じて、民間資金を迅速に動員することが、2050年までにネット・ゼロ排出を達成することに貢献できることを強調する。我々は、環境十全性を高めるための自主的炭素市場と遵守的炭素市場の相互作用に関するOECDの作業の重要性を確認する。我々は、全ての経済部門における温室効果ガス排出削減に貢献する持続可能な生産性成長を達成し、また、自然の炭素吸収源を強化しつつ、農村開発と食料安全保障を強化するための行動をとるよう努める。我々は、COP28において、OECDの報告書「気候変動対策とレジリエンスへの地域的アプローチ(TACAR)」が発表されたことを歓迎する。我々は、炭素低減アプローチに関する包括的フォーラム(IFCMA)において、閣僚級ダイアログの開始や炭素原単位評価指標に関する作業など、着実な進展があったことを歓迎する。我々は、新たな加盟、国際組織との協力、国境を越えた気候変動イニシアティブの更なる進展につながる更なる作業を期待する。
14. Recognising the interlinked global crises of climate change, biodiversity loss, and pollution, we commit to enhancing synergies and preventing trade-offs, as appropriate, as we pursue transformation toward net-zero, climate-resilient, circular and nature positive economies, taking into account just transitions, in light of the sixth session of the United Nations Environment Assembly (UNEA-6) resolution 6/7 on promoting synergies. Given the importance of trade in a circular economy to enhance environmentally sound recycling at the global level, we will work with stakeholders, including businesses, to increase circularity in our economies and improve international cooperation, and to increase environmentally sound recycling, including through relevant OECD decisions and rules and coordination to implement procedures. We will promote circular businesses, which will include utilizing the circular economy and resource-efficiency principles. We are committed to taking urgent action in support of the swift and full implementation of the Kunming-Montreal Global Biodiversity Framework (KMGBF), including the transition to nature-positive economies. We are determined to revise our National Biodiversity Strategies and Action Plans (NBSAPs) in line with the KMGBF and its goals and targets, and continue to work towards the implementation of the NBSAPs. We commit to supporting efforts for a sustainable Oceans and Water management to advance long-term environmental, economic and social development. We also commit to playing a constructive role in the Intergovernmental Negotiating Committee with an ambition to complete the work by the end of 2024 to develop an international legally binding instrument on plastic pollution, based on a comprehensive approach that addresses the full life cycle of plastic.  14. 我々は、気候変動、生物多様性の喪失、汚染という相互に関連する地球規模の危機を認識し、シナジーの促進に関する第6回国連環境総会(UNEA-6)決議6/7に照らして、公正な移行を考慮しつつ、ネット・ゼロ、気候レジリエンス、通達、自然共生型経済への変革を追求する際に、適宜、シナジーを強化し、トレードオフを防止することにコミットする。地球レベルで環境的に健全なリサイクルを強化するための循環型経済における貿易の重要性に鑑み、我々は、企業を含む利害関係者と協力し、我々の経済における循環性を高め、国際協力を改善し、OECDの関連する決定や規則、手続を実施するための調整を含め、環境的に健全なリサイクルを増加させる。我々は、循環経済と資源効率原則の活用を含む通達ビジネスを推進する。我々は、自然に配慮した経済への移行を含む、昆明・モントリオール世界生物多様性枠組み(KMGBF)の迅速かつ完全な実施を支援するための緊急行動をとることを約束する。我々は、KMGBFとその目標・ターゲットに沿って、生物多様性国家戦略・行動計画(NBSAPs)を改定し、NBSAPsの実施に向けて引き続き取り組むことを決意する。我々は、長期的な環境的、経済的、社会的発展を促進するため、持続可能な海洋と水の管理のための努力を支援することを約束する。我々はまた、プラスチックの全ライフサイクルに対応する包括的なアプローチに基づき、プラスチック汚染に関する国際的な法的拘束力のある文書を作成するための作業を2024年末までに完了させるという野心を持って、政府間交渉委員会において建設的な役割を果たすことにコミットする。 
15. We reaffirm universal respect for human rights and fundamental freedoms for all as enshrined in the UN Charter, and commit to achieving sustainable development in a peaceful and stable international environment. Recognising the importance of human dignity, we recommit to supporting, as an international community, developing countries most in need in achieving the Sustainable Development Goals (SDGs). The HumanitarianDevelopment-Peace (HDP) Nexus and the Women, Peace and Security (WPS) agenda, including its application to Disaster Risk Reduction (DRR), are increasingly important for building diverse and resilient societies to sustain peace. In this regard, we emphasise the need to address financing gaps to achieve the SDGs using all sources of finance. We continue to invite all providers of development cooperation to adhere more closely to international standards and practices that improve effectiveness, transparency and accountability in development cooperation. In particular, development finance should be provided in a transparent and fair manner in line with international rules and standards. We emphasise the importance of stepping up implementation of the G20 Common Framework in a predictable, timely, orderly and coordinated manner, and call on the international community to further enhance debt transparency through actions by all creditors and debtor countries, including through debt data sharing exercises. We commit to contributing to discussions towards the Summit of the Future and the Fourth International Conference on Financing for Development. We note that to follow up on the Summit for a New Global Financing pact (NFP), the OECD hosts the Secretariat of the Paris Pact for People and the Planet (4P). We commit to promoting quality infrastructure investment in line with the G20 Principles for Quality Infrastructure Investment and through the G7 Partnership for Global Infrastructure and Investment and initiatives such as the Global Gateway. We welcome efforts to operationalise the Blue Dot Network (BDN), and the hosting of the BDN secretariat in the OECD. We acknowledge the progress of the FAST-Infra certification scheme. We encourage the OECD to analyse and address the potential impact and spillovers of OECD standards and recommendations on non-Members, especially on developing countries. Furthermore, building on the commitments in our 2021 Vision Statement, we will deliver a new whole-of-OECD Strategy on Development for adoption at the 2025 MCM, to optimise our approach to sustainable development.  15. 我々は、国連憲章に謳われている全ての者の人権と基本的自由の普遍的な尊重を再確認し、平和で安定した国際環境における持続可能な開発の達成にコミットする。我々は、人間の尊厳の重要性を認識し、国際社会として、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を最も必要としている開発途上国を支援することを約束する。人道・開発・平和(HDP)ネクサスと女性・平和・安全保障(WPS)アジェンダは、災害リスク軽減(DRR)への適用を含め、平和を維持するための多様でレジリエンスある社会を構築するために、ますます重要となっている。この観点から、我々は、あらゆる資金源を用いてSDGs達成のための資金ギャップに対処する必要性を強調する。我々は、すべての開発協力プロバイダに対し、開発協力の有効性、透明性、説明責任を改善する国際標準と慣行をより緊密に遵守するよう引き続き要請する。特に、開発資金は、国際的なルールと標準に沿った透明かつ公正な方法で提供されるべきである。我々は、予測可能、タイムリー、秩序ある協調的な方法で、G20共通枠組みの実施を強化することの重要性を強調し、国際社会に対し、債務データ共有の実施を含む、全ての債権者及び債務国による行動を通じて、債務の透明性を更に強化することを求める。我々は、未来サミット及び第4回開発資金国際会議に向けた議論に貢献することを約束する。我々は、新たな国際金融協定(NFP)のためのサミットをフォローアップするため、OECDが「人と地球のためのパリ協定(4P)」の事務局を主催していることに留意する。我々は、「質の高いインフラ投資のためのG20原則」に沿って、また、「グローバル・インフラと投資のためのG7パートナーシップ」や「グローバル・ゲートウェイ」のようなイニシアティブを通じて、質の高いインフラ投資を促進することにコミットする。我々は、ブルードット・ネットワーク(BDN)の運用に向けた努力と、OECDにおけるBDN事務局のホスティングを歓迎する。我々は、FAST-Infra認証スキームの進展を認める。我々は、OECDが、OECDの標準と勧告が非加盟国、特に途上国に及ぼす潜在的な影響と波及効果について分析し、対処することを奨励する。さらに、我々の2021年ビジョン声明におけるコミットメントに基づき、我々は、持続可能な開発への我々のアプローチを最適化するため、2025年MCMでの採択に向けて、開発に関するOECD全体の新たな戦略を提供する。
16. In line with the OECD’s Contribution to Promoting Gender Equality, we encourage the OECD to continue to mainstream gender equality and inclusion, taking an intersectional approach, grounded in credible analysis using gender-disaggregated data. We welcome the progress of the Gender Dashboard, currently in its pilot phase, the gender policy reviews and the Gender Data Initiative, as well as the upcoming first edition of the OECD Forum on Gender Equality that incorporates best practices. Towards the goal of achieving a sustainable and inclusive economy and society, we commit to making progress to reduce gender gaps in employment and pay. We also recommit to building resilient education and training systems, to ensure inclusive and equitable quality education for all, from early childhood, through to the provision of lifelong learning opportunities as well as learning opportunities to improve well-being. We recognise the importance of using multidimensional indicators, in addition to economic growth as measured by GDP, with a view to improving all people’s wellbeing, and welcome the establishment of the OECD Knowledge Exchange Platform on Well-being Metrics and Policy Practice (KEP) that provides a space for sharing experience and solutions across countries. We also welcome the OECD Forum on Well-being to be held in Rome in November. We welcome the commitments made at the OECD Health Committee Ministerial Meeting in the Declaration on Building Better Policies for More Resilient Health Systems and hope that the OECD will contribute to promoting Universal Health Coverage (UHC) and strengthening pandemic prevention, preparedness and response (PPPR).  16. OECDの男女共同参画推進への貢献に沿って、我々は、OECDが、男女別データを用いた信頼できる分析に基づき、交差的アプローチをとりながら、ジェンダー平等とインクルージョンの主流化を継続することを奨励する。我々は、現在パイロット段階にあるジェンダー・ダッシュボード、ジェンダー政策レ ビュー、ジェンダー・データ・イニシアティブの進展、およびベスト・プラクティスを組み込んだ OECD男女共同参画フォーラムの第1版が予定されていることを歓迎する。持続可能で包摂的な経済社会を達成するという目標に向けて、我々は、雇用と賃金におけるジェンダー格差の縮小を進展させることにコミットする。また、我々は、幼児期から生涯学習の機会の提供、さらには幸福を向上させるための学習の機会の提供まで、全ての人々のための包摂的で公平な質の高い教育を確保するために、レジリエンスのある教育・訓練制度を構築することを約束する。我々は、すべての人々のウェルビーイングの改善を視野に入れ、GDPで測定される経済成長に加えて、多面的な指標を用いることの重要性を認識し、国を超えて経験や解決策を共有する場を提供する「ウェルビーイングの指標と政策実践に関するOECD知識交換プラットフォーム(KEP)」の設立を歓迎する。また、11月にローマで開催されるOECDウェルビーイング・フォーラムを歓迎する。我々は、OECD保健委員会閣僚会合での「よりレジリエンスに富んだ保健システムのためのより良い政策の構築に関する宣言」におけるコミットメントを歓迎し、OECDがユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の推進とパンデミック予防・準備・対応(PPPR)の強化に貢献することを希望する。
17. We commend the OECD’s policy recommendations based on credible data-based analysis. We support the Secretary-General’s efforts to enhance the global-relevance and inclusiveness of the OECD. We also support his endeavour to strive to achieve gender equality, nationality diversity and inclusion in line with OECD Staff Regulations. We look forward to the OECD’s continued support in delivering quality, data-driven policies for sustainable societies so that future generations can enjoy economic and social well-being.  17. 我々は、信頼できるデータに基づく分析に基づくOECDの政策提言を称賛する。我々は、OECDのグローバルな関連性と包括性を強化する事務総長の努力を支持する。また、男女平等、国籍の多様性、OECD職員規則に沿ったインクルージョンの達成に向けた事務総長の努力を支持する。我々は、将来の世代が経済的・社会的幸福を享受できるよう、持続可能な社会のための質の高い、データ主導の政策を提供するためのOECDの継続的な支援を期待する。
18. We welcome the designation of Costa Rica as the Chair of the MCM in 2025.  18. 我々は、コスタリカが2025年のMCM議長に指名されたことを歓迎する。
[1] Ministers and representatives of Australia, Austria, Belgium, Bulgaria, Canada, Chile, Colombia, Costa Rica, Croatia, Czechia, Denmark, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Iceland, Ireland, Israel, Italy, Japan, Latvia, Lithuania, Luxembourg, Mexico, the Netherlands, New Zealand, Norway, Peru, Poland, Portugal, Republic of Korea, Romania, the Slovak Republic, Slovenia, Spain, Sweden, Switzerland, Türkiye, the United Kingdom, the United States, and the European Union. [1] オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ペルー、ポーランド、ポルトガル、大韓民国、ルーマニア、スロバキア共和国、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、英国、米国、欧州連合の閣僚および代表者。
[2] The Declaration was not adopted by Israel.  [2] イスラエルはこの宣言を採択していない

 


 

外務省

・2024.05.03 OECD閣僚理事会(結果概要)

 


1. 概要

  • 今次閣僚会合では、我が国は「変化の流れの共創」のテーマの下、10年ぶり3回目となる議長国を務め、多国間での協力を通じ国際社会が直面する危機を乗り越えられるよう議論をリードしました。

  • 岸田総理大臣は、開会式における基調演説を行った他、炭素緩和アプローチに関する包摂的フォーラム(IFCMA)閣僚対話、生成AIに関するサイドイベント、東南アジア地域プログラム10周年記念式典においてそれぞれスピーチを行いました。

  • 5月2日(1日目)には、マクロ経済、自由で公正な貿易・投資、経済的強靱性等の分野について議論が行われました。

  • 5月3日(2日目)には、OECDによるアウトリーチ、環境問題・気候変動、持続可能な開発、AI・DFFTを含むデジタル等の分野について議論が行われました。

 

 

|

« 米国 NSA FBI 国務省 北朝鮮がDMARCの脆弱なセキュリティポリシーを悪用してスピアフィッシング | Main | フランス CNIL 介護施設におけるビデオ監視についての勧告を発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 NSA FBI 国務省 北朝鮮がDMARCの脆弱なセキュリティポリシーを悪用してスピアフィッシング | Main | フランス CNIL 介護施設におけるビデオ監視についての勧告を発表 »