« 米国 CISA 次世代マルウェア解析サービスを提供 (2024.04.10) | Main | 米国 NSA データ・ピラー全体でゼロトラストの成熟度を進める (2024.04.09) »

2024.04.14

米国 EPIC他 テック・プラットフォーマーにAIによる選挙偽情報に対抗するように要請

こんにちは、丸山満彦です。

米国の電子プライバシー情報センター (Electronic Privacy Information Center, EPIC) など、200を超える団体とともに、プラットフォーマ(Meta、X、Tiktok など)に対して、AIを使った選挙偽情報に対抗するよう働きかけているようですね。。。

民主主義の根幹に関わる問題ですからね...

プラットフォーマーもここまで社会に影響を及ぼせるような能力をもってしまうと社会的な影響が大きいですから、仕方ないですね...

 

Electronic Privacy Information Center, EPIC

・2024.04.09 EPIC Joins More than 200 Organizations Urging Tech Platforms to Combat AI Election Disinformation

 

EPIC Joins More than 200 Organizations Urging Tech Platforms to Combat AI Election Disinformation EPICは200以上の団体と共に、AI選挙偽情報に対抗するようテック・プラットフォームに要請する
Today, EPIC and a coalition of over 200 civil society organizations sent a letter to leading platform companies like Meta, X, and Tiktok urging them to strengthen their efforts to protect elections from AI disinformation
.
本日、EPICと200を超える市民社会組織の連合は、Meta、X、Tiktokのような大手プラットフォーム企業に書簡を送り、AI偽情報から選挙を守る取り組みを強化するよう促した。
The letter, signed by organizations around the world with ties to election integrity, AI accountability, and civil rights, highlights six interventions that tech platforms must pursue: この書簡は、選挙の完全性、AIの説明責任、市民的権利に関係する世界中の団体によって署名され、テック・プラットフォームが追求すべき6つの介入策を強調している:
1, Reinstating previous election-integrity policies—and supporting them by staffing up platform integrity and moderation teams; 1. 以前の選挙インテグリティ・ポリシーを復活させ、プラットフォーム・インテグリティ・チームとモデレーション・チームに人員を割くことでそれをサポートすること;
2. Increasing enforcement against false of deceptive political advertising; 2. 虚偽の政治広告に対する取り締まりを強化する;
3. Adding stronger safeguards against AI-generated content, including required disclosures for AI-generated political content, prohibiting political deepfakes, and finetuning algorithmic amplification toward factual election information; 3. AIが生成した政治的コンテンツに対する情報開示の義務付け、政治的ディープフェイクの禁止、事実に基づいた選挙情報へのアルゴリズム増幅の微調整など、AI生成的コンテンツに対するより強力なセーフガードを追加する;
4. Actively reducing the visibility and spread of election disinformation; 4. 選挙偽情報の可視化と拡散を積極的に減らす;
5. Holding influencers, political candidates, and other public figures to the same content moderation standards as everyone else; and 5. インフルエンサー、政治家候補、その他の公人に対して、他の人々と同じコンテンツモデレーション標準を課す。
6. Improving transparency of content moderation to enable civil-society oversight. 6. 市民社会の監視を可能にするため、コンテンツ調整の透明性を改善する。
The coalition letter, which comes at a time when at least 60 countries are conducting national elections, is the latest in a string of efforts by EPIC to rein in AI harms to democracy and elections. EPIC continues to pursue robust, common-sense AI and platform accountability regulations as part of its AI & Human Rights Project and platform governance work. 少なくとも60カ国が国政選挙を実施しているこの時期に出された連合書簡は、民主主義と選挙に対するAIの害を抑制するためのEPICによる一連の取り組みの最新版である。EPICは、「AIと人権プロジェクト」やプラットフォーム・ガバナンスの一環として、強固で常識的なAIとプラットフォームの説明責任に関する規制を追求し続けている。

 

・[PDF] Letter [downloaded]

20240413-190803

 

関連...

・2024.03.21 Murthy v. Missouri and the Threat of Election Disinformation

 

・2023.09.18 Generative AI and Elections: The Approaching Train Wreck

 

・2023.05 [PDF] Generate Harms - Generative AI’s Impact & Paths Forward

20240413-191232

 

 

 

 

|

« 米国 CISA 次世代マルウェア解析サービスを提供 (2024.04.10) | Main | 米国 NSA データ・ピラー全体でゼロトラストの成熟度を進める (2024.04.09) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 CISA 次世代マルウェア解析サービスを提供 (2024.04.10) | Main | 米国 NSA データ・ピラー全体でゼロトラストの成熟度を進める (2024.04.09) »