« 外務省 外交青書 2024 | Main | IPA サプライチェーン上のデータ連携の仕組みに関するガイドラインβ版(蓄電池CFP・DD関係) »

2024.04.17

欧州議会 欧州メディア自由法案 (2024.03.13)

こんにちは、丸山満彦です。

備忘録...

欧州メディア自由法、common framework for media services in the internal market (European Media Freedom Act) に関する欧州議会の情報...

 

European Parliament 

1_20240417055501

 

・2023.03.13  European Parliament legislative resolution of 13 March 2024 on the proposal for a regulation of the European Parliament and of the Council establishing a common framework for media services in the internal market (European Media Freedom Act) and amending Directive 2010/13/EU (COM(2022)0457 – C9-0309/2022 – 2022/0277(COD))

 

 

 

(1)  Independent media services play a unique role in the internal market. They represent a fast-changing and economically important sector and at the same time provide access to a plurality of views and reliable sources of information to citizens and businesses alike, thereby fulfilling the general interest function of ‘public watchdog’ and being an indispensable factor in the process of the formation of public opinion. Media services are increasingly available online and across borders but are not subject to the same rules and the same level of protection in different Member States. While some matters related to the audiovisual media sector have been harmonised at Union level by means of Directive 2010/13/EU of the European Parliament and of the Council(4), the scope and matters covered by that Directive are limited. Moreover, the radio and press sectors are not covered by that Directive, despite their increasing cross-border relevance in the internal market. (1) 独立系メディア・サービスは、域内市場において独自の役割を果たしている。急速に変化する経済的に重要なセクターであると同時に、市民にも企業にも多様な意見や信頼できる情報源へのアクセスを提供し、「公共の番人」という一般的な利益機能を果たすとともに、世論形成の過程において欠くことのできない要素となっている。メディア・サービスはますますオンラインで国境を越えて利用できるようになっているが、加盟国によって同じ規則や同じレベルの保護が適用されるわけではない。欧州議会および欧州理事会指令2010/13/EU(4)によって、視聴覚メディア部門に関連するいくつかの事項がEUレベルで調和されたが、その範囲と対象事項は限られている。さらに、ラジオ部門と報道部門は、域内市場において国境を越えた関連性が高まっているにもかかわらず、同指令の対象外となっている。
(2)  Given the unique role of media services, the protection of media freedom and media pluralism as two of the main pillars of democracy and of the rule of law constitutes an essential feature of a well-functioning internal market for media services. That market, including audiovisual media services , radio and the press, has substantially changed since the beginning of the 21st century, becoming increasingly digital and international. It offers many economic opportunities but also faces a number of challenges. The Union should help the media sector so that it can seize those opportunities within the internal market, while at the same time protecting the values that are common to the Union and to its Member States, such as the protection of fundamental rights. (2) メディアサービスのユニークな役割を考えると、民主主義と法の支配の2つの主要な柱としてのメディアの自由とメディアの多元主義の保護は、メディアサービスのためのよく機能する域内市場の本質的な特徴を構成する。視聴覚メディアサービス、ラジオ、報道を含むこの市場は、21世紀に入ってから大きく変化し、デジタル化と国際化が進んでいる。多くの経済的機会を提供する一方で、多くの課題にも直面している。欧州連合は、メディア部門が域内市場の中でこうした機会を捉えることができるよう支援すると同時に、基本的権利の保護など、欧州連合と加盟国に共通する価値を守るべきである。
(3)  In the digital media space, citizens and businesses access and consume media content and services, which are immediately available on their personal devices, increasingly in a cross-border setting. That is the case for audiovisual media services, radio and the press, which are easily accessible through the internet, for example via podcasts or online news portals. The availability of content in a number of languages and the ease with which it can be accessed through smart devices, such as smartphones or tablets, increases the cross-border relevance of media services, as established in a judgment of the Court of Justice of the European Union(5) (the ‘Court of Justice’). That relevance is underpinned by the growing use and acceptance of automatic translation or subtitling tools which reduce the linguistic barriers within the internal market and the convergence of the different types of media, combining audiovisual and non-audiovisual content within the same offering. (3) デジタルメディア空間では、市民や企業がメディアコンテンツやサービスにアクセスし、消費する。例えば、ポッドキャストやオンライン・ニュース・ポータルなど、インターネットを通じて簡単にアクセスできる視聴覚メディア・サービス、ラジオ、報道がそうである。欧州連合司法裁判所(5) (以下「司法裁判所」)の判決で立証されているように、多くの言語でコンテンツが利用でき、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスから簡単にアクセスできることは、メディアサービスの国境を越えた関連性を高めている。この関連性は、域内市場内の言語的障壁を軽減する自動翻訳または字幕ツールの使用と受容の拡大、および同じ提供物の中で視聴覚コンテンツと非視聴覚コンテンツを組み合わせるという、異なる種類のメディアの融合によって支えられている。
(4)  However, the internal market for media services is insufficiently integrated and suffers from a number of market failures that have increased due to digitalisation. Firstly, global online platforms act as gateways to media content, with business models that tend to disintermediate access to media services and amplify polarising content and disinformation. Those platforms are also essential providers of online advertising, which has diverted financial resources from the media sector, affecting its financial sustainability and, consequently, the diversity of content on offer. As media services are knowledge-intensive and capital-intensive, they require scale to remain competitive, to meet their audiences’ needs and to thrive in the internal market. To that end, the possibility to offer services across borders and obtain investment, including from or in other Member States, is particularly important. Secondly, a number of national restrictions hamper free movement within the internal market. In particular, different national rules and approaches related to media pluralism and editorial independence, insufficient cooperation between national regulatory authorities or bodies and an opaque and unfair allocation of public and private economic resources make it difficult for media market players to operate and expand across borders and lead to an uneven playing field across the Union. Thirdly, the good functioning of the internal market for media services is challenged by providers, including those controlled by certain third countries, that systematically engage in disinformation or information manipulation and interference, and use the internal market freedoms for abusive purposes, thus thwarting the proper functioning of market dynamics. (4) しかし、メディア・サービスの域内市場は十分に統合されておらず、デジタル化によって増大した多くの市場の失敗に苦しんでいる。第一に、グローバルなオンライン・プラットフォームがメディア・コンテンツへのゲートウェイとして機能しており、メディア・サービスへのアクセスを遮断し、偏向的なコンテンツや偽情報を増幅させる傾向のあるビジネスモデルとなっている。これらのプラットフォームはまた、オンライン広告の不可欠なプロバイダでもあり、メディア部門から財源を流用し、その財政的持続可能性、ひいては提供されるコンテンツの多様性に影響を及ぼしている。メディアサービスは知識集約的で資本集約的であるため、競争力を維持し、視聴者のニーズを満たし、域内市場で繁栄するためには規模が必要である。そのためには、国境を越えてサービスを提供し、他加盟国からの、あるいは他加盟国での投資を得る可能性が特に重要である。第二に、多くの国内規制が域内市場内での自由な移動を妨げている。特に、メディアの多元主義や編集の独立性に関する各国の規則やアプローチが異なっていること、各国の規制当局や団体間の協力が不十分であること、官民の経済資源の配分が不透明で不公正であることなどが、メディア市場のプレーヤーが国境を越えて活動し、拡大することを困難にし、域内全体で不均等な競争条件をもたらしている。第三に、偽情報や情報操作、干渉に組織的に関与し、域内市場の自由を濫用的な目的のために利用するプロバイダ(特定の第三国が管理するプロバイダを含む)によって、メディア・サービスの域内市場の良好な機能が脅かされ、市場力学の適切な機能が阻害されている。
(5)   The fragmentation of rules and approaches which characterises the media market in the Union negatively affects, to varying degrees, the conditions for the exercise of economic activities in the internal market by media service providers in different sectors, including the audiovisual, radio and press sectors, and undermines their capability to efficiently operate across borders or establish operations in other Member States. National measures and procedures could be conducive to media pluralism in a Member State, but the divergence and lack of coordination between Member States’ national measures and procedures could lead to legal uncertainty and additional costs for media undertakings willing to enter new markets and could therefore prevent them from benefitting from the scale of the internal market for media services. Moreover, discriminatory or protectionist national measures affecting the operation of media undertakings disincentivise cross-border investment in the media sector and, in some cases, could force media undertakings that are already operating in a given market to exit it. Those obstacles affect undertakings active both in the broadcasting sector, including audiovisual and radio, and the press sector. Although the fragmentation of editorial independence safeguards concerns all media sectors, it especially affects the press sector as national regulatory or self-regulatory approaches differ more in relation to the press. (5) 組合のメディア市場を特徴づける規則とアプローチの分断は、程度の差こそあれ、視聴覚、ラジオ、報道部門を含むさまざまな部門のメディア事業者が域内市場で経済的活動を行うための条件に悪影響を及ぼし、国境を越えて効率的に活動したり、他の加盟国に事業を設立したりする能力を損なう。国内的な措置や手続きは加盟国のメディア多元主義を助長しうるが、加盟国の国内的な措置や手続きの間の乖離や調整の欠如は、新しい市場に参入しようとするメディア事業者にとって法的不確実性や追加的なコストにつながり、したがってメディア・サービスのための域内市場の規模から恩恵を受けることを妨げる可能性がある。さらに、メディア事業の運営に影響を及ぼす差別的または保護主義的な国内措置は、メディア部門への国境を越えた投資を阻害し、場合によっては、すでにある市場で事業を展開しているメディア事業がその市場から撤退せざるを得なくなる可能性もある。こうした障害は、オーディオビジュアルやラジオを含む放送部門と報道部門の両方で活動する企業に影響を及ぼす。編集の独立性保障措置の分断はすべてのメディア部門に関わるが、報道に関しては各国の規制や自主規制のアプローチがより異なるため、特に報道部門に影響を及ぼす。
(6)  The internal market for media services could also be affected by insufficient tools for regulatory cooperation between national regulatory authorities or bodies. Such cooperation is key to ensuring that media market players, which are often active in different media sectors, that systematically engage in disinformation or information manipulation and interference, do not benefit from the scale of the internal market for media services. Furthermore, while a biased allocation of economic resources, in particular in the form of state advertising, is used to covertly subsidise media outlets in all the media sectors, it tends to have a particularly negative impact on the press, which has been weakened by decreasing levels of advertising revenues. The challenges stemming from the digital transformation also reduce the ability of undertakings in all media sectors, in particular the smaller ones in the radio and press sectors, to compete on a level playing field with online platforms, which play a key role in the online distribution of content. (6) メディア・サービスの域内市場は、各国の規制当局や団体間の規制協力の手段が不十分であることによっても影響を受ける可能性がある。このような協力は、偽情報や情報操作、干渉を組織的に行う、異なるメディア分野で活動することが多いメディア市場関係者が、メディア・サービスのための域内市場の規模から利益を得ないようにするための鍵である。さらに、経済的資源のバイアス配分、特に国営広告の形が、すべてのメディア部門のメディアに密かに補助金を出すために使われる一方で、広告収入の減少によって弱体化している報道機関には特にマイナスの影響を与えがちである。デジタルトランスフォーメーションに起因する課題もまた、すべてのメディア部門の事業、特にラジオや報道部門の小規模事業者の能力を低下させ、コンテンツのオンライン配信で重要な役割を果たすオンライン・プラットフォームと公平な土俵で競争することを困難にしている。
(7)  In response to challenges to media pluralism and media freedom online, some Member States have taken regulatory measures and other Member States are likely to do so. That risks furthering the divergence in national approaches and restrictions to free movement in the internal market. Therefore, it is necessary to harmonise certain aspects of national rules related to media pluralism and editorial independence, thereby guaranteeing high standards in that area. (7) メディアの多元性とメディアの自由に対するオンライン上の挑戦に対応して、いくつかの加盟国は規制措置をとっており、他の加盟国も同様の措置をとる可能性がある。このことは、各国のアプローチの乖離や域内市場における自由な移動の制限をさらに助長するリスクとなる。したがって、メディアの多元性と編集の独立に関連する国内規則の特定の側面を調和させ、この分野における高い標準を保証することが必要である。
(8)  Recipients of media services in the Union, namely natural persons who are nationals of Member States or benefit from rights conferred upon them by Union law and legal persons established in the Union, should be able to ▌ enjoy pluralistic media content produced in accordance with editorial freedom in the internal market. That is key to fostering public discourse and civic participation, as a broad range of reliable sources of information and quality journalism empowers citizens to make informed choices, including about the state of their democracies. It is also essential for cultural and linguistic diversity in the Union, given the role of media services as carriers of cultural expression. Member States should respect the right to a plurality of media content and contribute to an enabling media environment by making sure that relevant framework conditions are in place. Such an approach reflects the right to receive and impart information and the requirement to respect media freedom and media pluralism pursuant to Article 11 of the Charter of Fundamental Rights of the European Union (the ‘Charter’), in conjunction with Article 22 thereof, which requires the Union to respect cultural, religious and linguistic diversity. Furthermore, in fostering the cross-border flow of media services, a minimum level of protection for recipients of media services should be ensured in the internal market. In the final report of the Conference on the Future of Europe, citizens called on the Union to further promote media independence and media pluralism, in particular by introducing legislation addressing threats to media independence through Union-wide minimum standards. (8) 組合におけるメディア・サービスの取得者、すなわち加盟国の国民である自然人、または組合法によって与えられた権利の恩恵を受ける者、および組合内に設立された法人は、▌内国市場において、編集の自由に従って制作された多元的なメディア・コンテンツを享受できるようにすべきである。幅広い信頼できる情報源と質の高いジャーナリズムは、民主主義国家のあり方を含め、市民が十分な情報に基づいた選択をする力を与えるからである。また、文化的表現の担い手としてのメディア・サービスの役割を考えれば、EUにおける文化的・言語的多様性にとっても不可欠である。加盟国は、メディア・コンテンツの多様性を享受する権利を尊重し、関連する枠組み条件が整っていることを確認することで、メディア環境の実現に貢献すべきである。このようなアプローチは、EU基本権憲章(以下、「憲章」)第11条と、文化的、宗教的、言語的多様性を尊重することをEUに求めている同第22条に基づき、情報を受信し伝達する権利と、メディアの自由とメディアの多元主義を尊重する要件を反映するものである。さらに、国境を越えたメディアサービスの流れを促進する上で、メディアサービスの取得者に対する最低限の保護が域内市場において確保されるべきである。欧州の未来に関する会議の最終報告書では、市民は連邦に対し、メディアの独立性とメディアの多元主義をさらに促進すること、特に連邦全体の最低標準を通じてメディアの独立性に対する脅威に対処する法律を導入することを求めた。
It is thus necessary to harmonise certain aspects of national rules related to media services, also taking into consideration Article 167 of the Treaty on the Functioning of the European Union (TFEU), which reaffirms the importance of respecting the national and regional diversity of the Member States. However, Member States should have the possibility to adopt more detailed or stricter rules in specific fields, provided that those rules ensure a higher level of protection for media pluralism or editorial independence in accordance with this Regulation and comply with Union law and that Member States do not restrict the free movement of media services from other Member States which comply with the rules laid down in those fields. Member States should also retain the possibility to maintain or adopt measures to preserve media pluralism or editorial independence at national level regarding aspects not covered by this Regulation in so far as such measures comply with Union law, including Regulation (EU) 2022/2065 of the European Parliament and of the Council(6). It is also appropriate to recall that this Regulation respects the Member States’ responsibilities as referred to in Article 4(2) of the Treaty on European Union (TEU), in particular their powers to safeguard essential state functions. したがって、加盟国の国や地域の多様性を尊重することの重要性を再確認している欧州連合機能条約(TFEU)第167条も考慮に入れつつ、メディアサービスに関連する国内規則の一定の側面を調和させることが必要である。ただし、加盟国は、特定の分野において、より詳細で厳格な規則を採用する可能性を持つべきである。ただし、それらの規則が、この規則に従ってメディアの多元性や編集の独立性をより高いレベルで保護し、かつ欧州連合の法律を遵守するものであり、かつ加盟国が、それらの分野において定められた規則を遵守する他の加盟国からのメディア・サービスの自由な移動を制限しないことを条件とする。加盟国はまた、欧州議会および理事会規則(EU)2022/2065(6)を含む欧州連合法を遵守する限りにおいて、この規則でカバーされていない側面に関して、メディアの多元主義や編集の独立性を維持するための措置を国内レベルで維持または採用する可能性を保持すべきである。また、本規則は、欧州連合条約(TEU)第4条第2項にいう加盟国の責任、特に国家の重要な機能を保護する権限を尊重するものであることを想起することが適切である。
(9)  For the purposes of this Regulation, the definition of media service should be limited to services as defined by the TFEU and, therefore, should cover any form of economic activity. The definition of media service should cover, in particular, television or radio broadcasts, on-demand audiovisual media services, audio podcasts or press publications. It should exclude user-generated content uploaded to an online platform unless it constitutes a professional activity normally provided for consideration, be it of a financial or other nature. It should also exclude purely private correspondence, such as e-mails, and all services that do not have the provision of programmes or press publications as their principal purpose, meaning where the content is merely incidental to the service and not its principal purpose, such as advertisements or information related to a product or a service provided by websites that do not offer media services. Corporate communication and distribution of informational or promotional materials for public or private entities should be excluded from the scope of the definition. Furthermore, since the operation of media service providers in the internal market can take different forms, the definition of media service provider should cover a wide spectrum of professional media actors falling within the scope of the definition of media service, including freelancers. (9) 本規則の目的上、メディアサービスの定義は、TFEUが定義するサービスに限定されるべきであり、したがって、あらゆる形態の経済活動を対象とすべきである。メディアサービスの定義は、特に、テレビ放送またはラジオ放送、オンデマンドのオーディオビジュアル・メディア・サービス、オーディオ・ポッドキャストまたは報道出版物を対象とすべきである。オンライン・プラットフォームにアップロードされたユーザー生成的コンテンツは、それが財務上のものであれその他の性質のものであれ、対価を得て通常提供される専門的活動に該当しない限り、除外すべきである。また、電子メールのような純粋に私的な通信や、番組や報道出版物の提供を主たる目的としないすべてのサービス、つまり、メディアサービスを提供しないウェブサイトが提供する製品やサービスに関連する広告や情報のように、コンテンツがサービスの単なる付随的なものであり、主たる目的ではないものも除外すべきである。企業コミュニケーションや、公的・私的事業体のための情報・宣伝資料の配布は、定義の範囲から除外すべきである。さらに、域内市場におけるメディア・サービス・プロバイダーの活動はさまざまな形態をとりうるため、メディア・サービス・プロバイダーの定義は、フリーランサーを含め、メディア・サービスの定義の範囲に含まれるプロのメディア関係者を幅広くカバーすべきである。
(10)   Public service media providers should be understood to be those concurrently entrusted with a public service remit and receiving public funding for the fulfilment of that remit. That should not cover private media undertakings that have agreed to carry out, as a limited part of their activities, certain specific tasks of general interest in return for payment. (10)公共サービス・メディア・プロバイダとは、同時に公共サービスの使命を負い、その使命を果たすために公的資金を受けているものと理解すべきである。このことは、報酬と引き換えに、その活動の限定された部分として、一般に関心のある特定の業務を遂行することに合意した民間メディア事業者をカバーすべきではない。
(11)  In the digital media market, video-sharing platform providers or providers of very large online platforms could fall under the definition of media service provider. In general, such providers play a key role in the organisation of content, including by automated means or by means of algorithms, but do not exercise editorial responsibility over the content to which they provide access. However, in the increasingly convergent media environment, some video-sharing platform providers or providers of very large online platforms have started to exercise editorial control over a section or sections of their services. Therefore, where such providers exercise editorial control over a section or sections of their services, they could be qualified as both a video-sharing platform provider or a provider of a very large online platform and a media service provider. (11)デジタルメディア市場では、動画共有プラットフォームのプロバイダや、非常に大規模なオンラインプラットフォームのプロバイダが、メディアサービス・プロバイダの定義に該当する可能性がある。一般に、こうしたプロバイダは、自動化された手段やアルゴリズムによるものを含め、コンテンツの編成において重要な役割を果たすが、アクセスを提供するコンテンツに対して編集責任を行使することはない。しかし、メディア環境の融合が進む中、動画共有プラットフォームのプロバイダや、非常に大規模なオンラインプラットフォームのプロバイダの中には、サービスの一部または全部に対して編集責任を行使し始めたところもある。したがって、そのようなプロバイダがサービスの一部または全部に対して編集上の支配権を行使する場合、そのプロバイダは、動画共有プラットフォーム・プロバイダまたは超大型オンライン・プラットフォームのプロバイダであると同時に、メディア・サービス・プロバイダであるとみなされる可能性がある。
(12)  The definition of audience measurement should cover measurement systems developed as agreed by industry standards within self-regulatory organisations, like the Joint Industry Committees, and measurement systems developed outside self-regulatory approaches. The latter tend to be used by certain online players, including online platforms, that self-measure or provide their proprietary audience measurement systems to the market without abiding by the commonly agreed industry standards or best practices. Given the significant impact that such audience measurement systems have on the advertising and media markets, they should be covered by this Regulation. In particular, the capacity to provide access to media content and the ability to target their users with advertising allow online platforms to compete with the media service providers whose content they distribute. Thus, the definition of audience measurement should be understood as including measurement systems that enable the collection, interpretation or other processing of information about the use of media content and content created by users on online platforms that are primarily used to access such content. That would ensure that providers of audience measurement systems that are intermediaries involved in content distribution are transparent about their audience measurement activities, fostering the ability of media service providers and advertisers to make informed choices. (12) 視聴者測定の定義は、Joint Industry Committeesのような自主規制組織内の業界標準によって合意された測定システムと、自主規制アプローチ以外で開発された測定システムをカバーすべきである。後者は、一般的に合意された業界標準またはベストプラクティスを遵守することなく、自己測定または独自の視聴者測定システムを市場に提供するオンラインプラットフォームを含む特定のオンラインプレーヤーによって使用される傾向がある。このような視聴者測定システムが広告・メディア市場に与える影響が大きいことを考慮すると、本規則の対象とすべきである。特に、メディアコンテンツへのアクセスを提供する能力と、広告でユーザーをターゲットにする能力により、オンラインプラットフォームは、コンテンツを配信するメディアサービスプロバイダと競争することができる。従って、視聴者測定の定義は、主に当該コンテンツへのアクセスに使用されるオンラインプラットフォーム上で、メディアコンテンツおよびユーザーによって作成されたコンテンツの利用に関する情報の収集、解釈またはその他の処理を可能にする測定システムを含むと理解すべきである。そうすることで、コンテンツ配信に関与する仲介者である視聴者測定システムのプロバイダが、その視聴者測定活動について透明性を確保し、メディア・サービス・プロバイダと広告主が十分な情報に基づいた選択を行う能力を育成することができる。
(13)  State advertising as defined in this Regulation should be understood broadly as covering promotional or self-promotional activities, public announcements or information campaigns undertaken by, for or on behalf of a wide range of public authorities or entities, including national or subnational governments, regulatory authorities or bodies and entities controlled by national or subnational governments. Such control can result from rights, contracts or any other means which confer the possibility of exercising a decisive influence on an entity. In particular, ownership of capital or the right to use all or part of the assets of an entity, or rights or contracts which confer a decisive influence on the composition, voting or decisions of the organs of an entity are relevant factors, as laid down in Article 3(2) of Council Regulation (EC) No 139/2004(7). However, the definition of state advertising should not include official announcements that are justified by an overriding reason of public interest, such as emergency messages by public authorities or entities which are necessary, for example, in cases of natural disasters or health crises, accidents or other sudden incidents that can cause harm to individuals. When the emergency situation has ended, announcements pertaining to that emergency which are placed, promoted, published or disseminated in return for payment or for any other consideration should be considered state advertising. (13) 本規則で定義される国営広告は、国または準国家政府、規制当局、国または準国家政府によって管理される団体および組織を含む、広範な公的機関または事業体によって、あるいはそのために、またはそのために行われる宣伝活動または自己宣伝活動、告知活動または情報キャンペーンを含むものとして、広範に理解されるべきである。このような支配は、事業体に対して決定的な影響力を行使する可能性を与える権利、契約、その他の手段によってもたらされる。特に、資本金の所有権、事業体の資産の全部または一部を使用する権利、または事業体の機関の構成、議決権、意思決定に決定的な影響力を与える権利や契約は、理事会規則(EC)No 139/2004(7)の第3条(2)に規定される関連要素である。ただし、国営広告の定義には、例えば、自然災害や健康危機、事故、個人に危害を及ぼす可能性のあるその他の突発的なインシデントが発生した場合に必要な、公的機関や事業体による緊急メッセージなど、公共の利益という卓越した理由によって正当化される認可アナウンスは含めるべきでない。緊急事態が終了した場合、その緊急事態に関連する告知で、有償またはその他の対価の見返りとして掲載、宣伝、公表または流布されるものは、国の広告とみなされるべきである。
(14)  In order to ensure that society reaps the benefits of the internal market for media services, it is essential not only to guarantee the fundamental freedoms under the Treaties, but also the legal certainty which is needed for the enjoyment of benefits of an integrated and developed market. In a well-functioning internal market, recipients of media services should be able to access quality media services which have been produced by journalists ▌in an independent manner and in line with ethical and journalistic standards and which, therefore, provide trustworthy information. That is particularly relevant for news and current affairs content, which comprises a wide category of content of political, societal or cultural interest at local, national or international level. News and current affairs content has the potential to play a major role in shaping public opinion and has a direct impact on democratic participation and societal well-being. In that context, news and current affairs content should be understood as covering any type of news and current affairs content, regardless of the form it takes. News and current affairs content can reach audiences in diverse formats, such as documentaries, magazines or talk-shows, and can be disseminated in diverse ways, including by uploading it to online platforms. Quality media services are also an antidote against disinformation and foreign information manipulation and interference. Access to such services should also be ensured by preventing attempts to silence journalists, ranging from threats and harassment to censorship and cancelling of dissenting opinions, which could limit the free flow of information into the public sphere by reducing the quality and plurality of information. The right to a plurality of media content does not entail any corresponding obligation on any given media service provider to adhere to standards not set out explicitly by law. (14) 社会がメディア・サービスのための域内市場の利益を享受できるようにするためには、条約に基づく基本的自由を保障するだけでなく、統合され発展した市場の利益を享受するために必要な法的確実性をも保障することが不可欠である。十分に機能する域内市場においては、メディア・サービスの取得者は、ジャーナリスト▌によって独立した方法で、倫理的・ジャーナリズム的標準に沿って制作され、したがって信頼できる情報を提供する、質の高いメディア・サービスにアクセスできるべきである。このことは、地方、国内、国際レベルで、政治的、社会的、文化的関心のある幅広いカテゴリーからなるニュース・時事コンテンツに特に関連する。ニュースや時事問題のコンテンツは、世論形成に大きな役割を果たす可能性があり、民主主義への参加や社会の幸福に直接的な影響を与える。その意味で、ニュース・時事コンテンツは、その形態にかかわらず、あらゆるタイプのニュース・時事コンテンツをカバーするものと理解されるべきである。ニュースや時事問題のコンテンツは、ドキュメンタリー、雑誌、トークショーなど多様な形式で視聴者に届き、オンライン・プラットフォームへのアップロードなど多様な方法で普及させることができる。質の高いメディア・サービスは、偽情報や外国の情報操作・干渉に対する解毒剤でもある。このようなサービスへのアクセスは、脅迫や嫌がらせから検閲や反対意見の取り消しに至るまで、ジャーナリストを黙らせようとする試みを防ぐことによっても確保されるべきである。メディア・コンテンツの多様性を享受する権利は、特定のメディア・サービス・プロバイダに対して、法律で明確に定められていない標準を遵守する対応する義務を伴うものではない。
(15)  This Regulation does not affect the freedom of expression and information guaranteed to individuals under the Charter. The European Court of Human Rights has observed that in such a sensitive sector as the audiovisual media sector, in addition to its negative duty of non-interference, the public powers have a positive obligation to put in place an appropriate legislative and administrative framework to guarantee effective media pluralism(8). (15)この規則は、憲章の下で個人に保障された表現と情報の自由に影響を与えるものではない。欧州人権裁判所は、視聴覚メディア分野のようなデリケートな分野では、不干渉という消極的義務に加えて、公権力には、効果的なメディア多元主義を保証するために適切な立法・行政の枠組みを整備する積極的義務があるとしている(8)。
(16)  The free flow of trustworthy information is essential in a well-functioning internal market for media services. Therefore, the provision of media services should not be subject to any restrictions contrary to this Regulation or other rules of Union law, such as Directive 2010/13/EU ▌, which provide for measures necessary to protect users from illegal and harmful content. Restrictions could also derive from measures applied by national public authorities in compliance with Union law. (16) メディア・サービスのための内部市場が十分に機能するためには、信頼できる情報の自由な流れが不可欠である。したがって、メディア・サービスの防御は、本規則や、違法かつ有害なコンテンツから利用者を保護するために必要な措置を定めた指令2010/13/EU ▌などの域内法の他の規則に反する制限の対象になってはならない。また、規制は、EU法に準拠して各国の公的機関が適用する措置に由来する可能性もある。
(17)  The protection of editorial independence is a precondition for exercising the activity of media service providers and their professional integrity in a safe media environment. Editorial independence is especially important for media service providers which provide news and current affairs content, given its societal role as a public good. Media service providers should be able to exercise their economic activities freely in the internal market and compete on an equal footing in an increasingly online environment where information flows across borders. (17) 編集の独立性の保護は、安全なメディア環境において、メディア・サービス・プロバイダの活動とその専門的誠実性を発揮するための前提条件である。編集の独立性は、公共財としての社会的役割を考えれば、ニュースや時事コンテンツを提供する輸入事業者にとって特に重要である。メディア・サービス・プロバイダは、域内市場において自由に経済活動を行い、国境を越えて情報が流れるオンライン化が進む環境において、対等な立場で競争できるべきである。
(18)  Member States have taken different approaches to the protection of editorial freedom and editorial independence, which is increasingly being challenged across the Union. In particular, there is a growing interference with the editorial decisions of media service providers in several Member States. Such interference can be direct or indirect, from the state or other actors, including public authorities, elected officials, government officials and politicians, for example to obtain a political advantage. Shareholders and other private parties who have a stake in media service providers might act in ways which go beyond the necessary balance between their own business freedom and the freedom of expression, on the one hand, and editorial freedom of expression and the information rights of users, on the other hand, in pursuit of an economic or other advantage. Given the societal role of the media, such undue interference could negatively affect the public opinion-forming process. Moreover, recent trends in media distribution and consumption, including, in particular, in the online environment, have prompted Member States to consider laws which aim to regulate the provision of media content. Approaches taken by media service providers to guarantee editorial independence also vary. As a result of such interference and fragmentation of regulation and approaches, the conditions for the exercise of economic activities by media service providers and, ultimately, the quality of media services received by citizens and businesses are negatively affected in the internal market. It is thus necessary to put in place effective safeguards enabling the exercise of editorial freedom across the Union so that media service providers can independently produce and distribute their content across borders and recipients of media services can receive such content. (18) 加盟国は、編集の自由と編集の独立性の保護に対してさまざまなアプローチをとっているが、それは連合全体でますます問われている。特に、いくつかの加盟国では、メディア・サービス・プロバイダの編集上の決定に対する干渉が強まっている。このような干渉は、政治的優位を得るためなど、国や、公権力、選挙で選ばれた認可当局者、政府高官、政治家などの行為者から、直接的または間接的に行われることがある。メディア・サービス・プロバイダに利害関係を持つ株主やその他の私人は、経済的またはその他の利益を追求するために、一方では自らの事業の自由と表現の自由、他方では編集の自由と利用者の情報の権利との必要なバランスを超えた行動をとるかもしれない。メディアの社会的役割を考えれば、このような不当な干渉は世論形成過程に悪影響を及ぼしかねない。さらに、特にオンライン環境を含むメディアの流通と消費における最近の傾向から、加盟国はメディア・コンテンツの提供を規制することを目的とした法律を検討するようになった。編集の独立性を保証するためにメディア・サービス・プロバイダがとっているアプローチもさまざまである。このような規制やアプローチの干渉や分断の結果、メディア・サービス・プロバイダによる経済活動の条件、ひいては市民や企業が受けるメディア・サービスの質が、域内市場で悪影響を受けることになる。したがって、メディア・サービス・プロバイダが国境を越えて独立してコンテンツを制作・配信できるように、またメディア・サービスの取得者がそのようなコンテンツを受け取ることができるように、域内全体で編集の自由を行使できるようにする効果的なセーフガードを設けることが必要である。
(19)  Journalists and editors are the main actors in the production and provision of trustworthy media content, in particular by reporting on news or current affairs. Sources are tantamount to ‘raw material’ for journalists: they are the basis for the production of media content, in particular news and current affairs content. It is ▌ therefore crucial that journalists’ ability to collect, fact-check and analyse information be protected, in particular information imparted or communicated confidentially, both offline and online, which relates to or is capable of identifying journalistic sources. Media service providers and their editorial staff, in particular journalists, including those operating in non-standard forms of employment, such as freelancers, should be able to rely on a robust protection of journalistic sources and confidential communications, including protection against undue interference and the deployment of surveillance technologies. Without such protection, the free flow of sources to media service providers could be deterred and, thus, the free exercise of the economic activity by media service providers could be hindered to the detriment of the provision of information to the public, including on matters of public interest. As a result, journalists’ freedom to exercise their economic activity and fulfil their vital ‘public watchdog’ role could be jeopardised by such obstacles, thus affecting access to quality media services negatively. (19) ジャーナリストと編集者は、特にニュースや時事問題を報道することによって、信頼できるメディア・コンテンツを制作・提供する主体である。情報源はジャーナリストにとって「原材料」に等しく、メディア・コンテンツ、特にニュースや時事問題のコンテンツ制作の基礎となる。したがって、ジャーナリストが情報を収集し、事実を確認し、分析する能力が保護されること、特に、ジャーナリスティックな情報源に関連する、あるいはそれを特定できるような情報が、オフラインとオンラインの両方において、秘密裏に伝達され、あるいは伝達されることが極めて重要である。メディア・サービス・プロバイダとその編集スタッフ、特にジャーナリスト(フリーランサーなど標準的でない雇用形態で活動する者を含む)は、不当な干渉や監視技術の展開からの保護を含め、取材源と秘密コミュニケーションの強固な保護に頼ることができるべきである。そのような保護がなければ、メディア・サービス・プロバイダへの情報源の自由な流入が抑止され、その結果、メディア・サービス・プロバイダによる経済活動の自由な行使が妨げられ、公共の関心事を含む公衆への情報提供が害される可能性がある。その結果、ジャーナリストが経済活動を行使し、重要な「公共の番人」としての役割を果たす自由が、そのような障害によって脅かされ、質の高いメディア・サービスへのアクセスに悪影響を及ぼす可能性がある。
(20)  In order to avoid circumvention of the protection of journalistic sources and confidential communications and guarantee adequate respect for one’s private and family life, home and communications in accordance with the Charter, safeguards should also apply to persons who, because of their regular private or professional relationship with media service providers or members of their editorial staff, are likely to have information that could identify journalistic sources or confidential communications. (20) ジャーナリスティックな情報源および秘密通信の防御の迂回を回避し、憲章に従って私生活・家族生活・家庭・通信の十分な尊重を保証するために、メディア・サービス・プロバイダまたはその編集スタッフとの定期的な私的関係または職業的関係のために、ジャーナリスティックな情報源または秘密通信を特定できる情報を持っている可能性が高い人物にも、保護措置が適用されるべきである。
That should include persons living in a close relationship in a joint household and on a stable and continuous basis and persons who are or have been professionally involved in the preparation, production or dissemination of programmes or press publications and who are only targeted due to their close links with media service providers, journalists or other members of the editorial staff. The protection of journalistic sources and confidential communications should also benefit the staff of media service providers, such as the technical staff, including cybersecurity experts, who could be targeted given the important support role they provide to journalists in their daily work, which requires solutions to ensure the confidentiality of journalists’ work, and the resulting likelihood that they have access to information concerning journalistic sources or confidential communications. これには、共同世帯で安定的かつ継続的に緊密な関係にある者、番組や報道出版物の準備、制作、普及に専門的に関与している者、または関与していた者であって、メディア・サービス・プロバイダー、ジャーナリスト、編集スタッフの他のメンバーとの緊密な関係によってのみ標的とされる者も含まれるべきである。ジャーナリスティックな情報源や秘密通信の保護は、サイバーセキュリティの専門家を含む技術スタッフなど、メディア・サービス・プロバイダのスタッフにも恩恵を与えるべきである。彼らは、ジャーナリストの日常業務において重要なサポート役を担っており、ジャーナリストの業務の秘密性を確保するための解決策が必要であること、その結果、彼らがジャーナリスティックな情報源や秘密通信に関する情報にアクセスできる可能性があることから、標的とされる可能性がある。
(21)  Protecting journalistic sources and confidential communications is consistent with and contributes to the protection of the fundamental right enshrined in Article 11 of the Charter. It is also crucial for safeguarding the ‘public watchdog’ role of media service providers and, in particular investigative journalists in democratic societies and for upholding the rule of law. In light thereof, ensuring an adequate level of protection for journalistic sources and confidential communications requires that measures for obtaining such information be authorised by an authority that can independently and impartially assess whether it is justified by an overriding reason of public interest, such as a court, a judge, a prosecutor acting in a judicial capacity, or another such authority with competence to authorise those measures in accordance with national law. (21) ジャーナリストの取材源や秘密通信を防御することは、憲章第11条に謳われている基本的権利の保護に合致し、これに寄与する。また、民主主義社会におけるメディア・サービス・プロバイダ、とりわけ調査報道ジャーナリストの「公共の番人」としての役割を守り、法の支配を維持するためにも極めて重要である。こうした観点から、取材源や機密コミュニケーションの適切な保護レベルを確保するためには、そうした情報を入手するための措置が、裁判所、裁判官、司法の立場で行動する検察官、あるいは国内法に従ってそうした措置を認可する権限を持つその他の当局など、公共の利益を最優先する理由によって正当化されるかどうかを独立かつ公平に評価できる当局によって認可される必要がある。
It also requires that surveillance measures be subject to regular review by such an authority to ascertain whether the conditions justifying the use of the measure in question continue to be fulfilled. That requirement is also met where the purpose of the regular review is to verify whether the conditions justifying an extension of the authorisation for the use of the measure have been fulfilled. また、監視措置は、当該措置の使用を正当化する条件が引き続き満たされているかどうかを確認するために、そのような当局による定期的な見直しの対象となることも要求されている。この要件は、定期的な見直しの目的が、措置の使用許可の延長を正当化する条件が満たされているかどうかを検証することである場合にも満たされる。
(22)  It should also be recalled that, in line with the established case law of the European Court of Human Rights, the right to effective judicial protection presupposes, in principle, being informed in due time, without jeopardising the effectiveness of ongoing investigations, of the surveillance measures taken without the knowledge of the person concerned in order to effectively exercise that right. In order to further strengthen that right, it is important that media service providers, journalists and persons who have a regular or professional relationship with them are able to rely on an adequate assistance when they exercise that right. Such assistance could be of legal, financial or other nature, for example providing information on available judicial remedies. Such assistance could be effectively provided, for example, by an independent authority or body or, where no such authority or body exists, a self-regulatory body or mechanism. It is not the purpose of this Regulation to harmonise the concepts of ‘detain’, ‘inspect’, ‘search and seizure’ or ‘surveillance’. (22) また、欧州人権裁判所の確立された判例法に従い、実効的な司法保護を受ける権利は、原則として、その権利を実効的に行使するために、関係者が知らないうちに行われた監視措置について、進行中の捜査の実効性を損なうことなく、適切な時期に知らされることを前提とすることを想起すべきである。この権利をさらに強化するためには、メディア・サービスのプロバイダ、ジャーナリスト、彼らと定期的または専門的な関係を持つ人が、この権利を行使する際に適切な支援に頼ることができるようにすることが重要である。そのような支援は、例えば利用可能な司法救済手段に関する情報を提供するなど、法的、財政的、あるいはその他の性質のものである。そのような支援は、例えば、独立した認可機関もしくは団体、またはそのような認可機関もしくは団体が存在しない場合には、自主規制機関もしくは機構によって効果的に提供されうる。拘束」、「検査」、「捜索・押収」または「監視」の概念を調和させることは、本規則の目的ではない。
(23)  The protection of journalistic sources and confidential communications is currently regulated heterogeneously in the Member States. Some Member States provide an absolute protection against coercing journalists to disclose in criminal and administrative proceedings information that identifies their source, including communications that are held under a commitment of confidentiality. Other Member States provide a qualified protection confined to judicial proceedings based on certain criminal charges, while others provide protection in the form of a general principle. That leads to fragmentation in the internal market for media services and uneven standards of protection for journalistic sources and confidential communications across the Union. To that end, this Regulation introduces common minimum standards of protection for journalistic sources and confidential communications with regard to coercive measures used by Member States to obtain such information. For the purpose of ensuring the effective protection of journalistic sources and confidential communications, Member States should not take such measures, including the deployment of intrusive surveillance software, in relation to media service providers, their editorial staff or any persons who, because of their regular or professional relationship with a media service provider or its editorial staff, might have information related to or capable of identifying journalistic sources or confidential communications. (23) ジャーナリズムの情報源および機密コミュニケーションの保護は、現在加盟国によって異質に規制されている。加盟国のなかには、ジャーナリストが刑事手続や行政手続において、情報源を特定する情報を開示するよう強要されない絶対的な防御を規定している国もある。他の加盟国は、特定の刑事責任に基づく司法手続きに限定した限定的な保護を提供し、他の加盟国は一般原則の形で保護を提供している。そのため、メディアサービスの域内市場が分断され、ジャーナリスティックな情報源や機密コミュニケーションに対する保護の標準が域内でばらばらになっている。このため、本規則は、加盟国がこうした情報を入手するために用いる強制的手段に関して、取材源および秘密通信の保護に関する共通の最低基準を導入する。ジャーナリスティックな情報源および秘密通信の効果的な保護を確保するため、加盟国は、メディア・サービス・プロバイダー、その編集スタッフ、またはメディア・サービス・プロバイダーもしくはその編集スタッフとの定期的もしくは職業上の関係により、ジャーナリスティックな情報源もしくは秘密通信に関連する、もしくは特定できる情報を持っている可能性のあるいかなる人物に対しても、侵入的な監視ソフトウェアの配備を含め、そのような措置をとってはならない。
(24)  Media professionals, in particular journalists and other media professionals involved in editorial activities, work increasingly on cross-border projects and provide their services to cross-border audiences and, by extension, to media service providers. As a result, media service providers are likely to face barriers, legal uncertainty and uneven conditions of competition. Therefore, the protection of journalistic sources and confidential communications requires harmonisation and further strengthening at Union level. That should be without prejudice to further or absolute protection at national level. (24) メディア専門家、特に編集活動に携わるジャーナリストやその他のメディア専門家は、国境を越えたプロジェクトに取り組むことが増え、国境を越えた視聴者、ひいてはメディア・サービス・プロバイダーにサービスを提供するようになっている。その結果、メディア・サービス・プロバイダは、障壁、法的不確実性、不均等な競争条件に直面する可能性が高い。したがって、ジャーナリズムの情報源と機密コミュニケーションの保護には、EUレベルでの調和とさらなる強化が必要である。それは、国家レベルでのさらなる保護や絶対的な保護を妨げるものであってはならない。
(25)   Intrusive surveillance software, including, in particular, what is commonly referred to as ‘spyware’, represents a particularly invasive form of surveillance over media professionals and their sources. It can be deployed to secretly record calls or otherwise use the microphone of an end-user device, film or photograph natural persons, machines or their surroundings, copy messages, access encrypted content data, track browsing activity, track geolocation or collect other sensor data, or track activities across multiple end-user devices. It has dissuasive effects on the free exercise of economic activities in the media sector. It jeopardises, in particular, the trusted relationship of journalists with their sources, which is the core of the journalistic profession. Given the digital and intrusive nature of such software and the use of devices across borders, it has a particularly detrimental impact on the exercise of economic activities by media service providers in the internal market. It is therefore necessary to ensure that media service providers, including journalists, operating in the internal market for media services can rely on robust harmonised protection in relation to the deployment of intrusive surveillance software in the Union, including where Member State authorities resort to private parties to deploy it. (25)特に一般に「スパイウェア」と呼ばれるものを含む侵入的な監視ソフトウェアは、メディア関係者とその情報源に対する特に侵襲的な監視形態である。通話を密かに録音したり、エンドユーザーデバイスのマイクを使用したり、自然人や機械、その周囲を撮影したり、メッセージをコピーしたり、暗号化されたコンテンツデータにアクセスしたり、閲覧活動を追跡したり、地理位置情報を追跡したり、その他のセンサーデータを収集したり、複数のエンドユーザーデバイスにまたがる活動を追跡したりするために導入されることがある。メディア分野における経済活動の自由な行使を阻害する効果がある。特に、ジャーナリズムという職業の核心である、ジャーナリストと情報源との信頼関係を危うくする。このようなソフトウェアのデジタルで侵入的な性質と、国境を越えたデバイスの使用を考えると、特に域内市場におけるメディア・サービス・プロバイダによる経済活動の行使に有害な影響を与える。したがって、メディア・サービスの域内市場で活動するジャーナリストを含むメディア・サービス・プロバイダが、加盟国当局が私人に委託して侵入型監視ソフトウェアを導入する場合も含め、域内における侵入型監視ソフトウェアの導入に関して、調和のとれた強固な保護に依拠できるようにすることが必要である。
(26)  Intrusive surveillance software should only be deployed where it is justified by an overriding reason of public interest, it is provided for in Union or national law, it is in compliance with Article 52(1) of the Charter as interpreted by the Court of Justice and with other Union law, it has been authorised ex ante or, in exceptional and urgent cases, subsequently confirmed by a judicial authority or an independent and impartial decision-making authority, it occurs in investigations of offences listed in Article 2(2) of Council Framework Decision 2002/584/JHA(9) punishable in the Member State concerned by a custodial sentence or a detention order of a maximum period of at least three years or in investigations of other serious offences punishable in the Member State concerned by a custodial sentence or a detention order of a maximum period of at least five years, as determined by the national law of that Member State, and provided that no other less restrictive measure would be adequate and sufficient to obtain the information sought. According to the principle of proportionality, limitations can be made to an individual’s rights and freedoms only if they are necessary and genuinely meet objectives of general interest recognised by the Union. Thus, as regards specifically the deployment of intrusive surveillance software, it is necessary to ascertain whether the offence in question attains a threshold of seriousness as laid down in this Regulation, whether, following an individual assessment of all the relevant circumstances in a given case, the investigation and prosecution of that offence merit the particularly intrusive interference with fundamental rights and economic freedoms consisting in the deployment of intrusive surveillance software, whether there is sufficient evidence that the offence in question has been committed, and whether the deployment of intrusive surveillance software is relevant for the purpose of establishing the facts related to the investigation and prosecution of that offence. (26) 侵入型監視ソフトウェアは、公共の利益という卓越した理由によって正当化され、連邦法または国内法に規定され、司法裁判所によって解釈された憲章第52条第1項およびその他の連邦法を遵守し、事前に認可され、例外的かつ緊急の場合には、その後、司法当局または独立した公平な意思決定機関によって確認された場合にのみ、配備されるべきである、 理事会枠組み決定2002/584/JHA(9)の第2条(2)に列挙された、当該加盟国において少なくとも3年の拘禁刑もしくは拘禁命令によって処罰される犯罪、または当該加盟国の国内法によって決定される、当該加盟国において少なくとも5年の拘禁刑もしくは拘禁命令によって処罰されるその他の重大な犯罪の捜査において行われるものであり、かつ、求められる情報を入手するために、より制限の緩い他のいかなる手段も適切かつ十分でないことを条件とする。比例原則によれば、個人の権利と自由を制限することができるのは、それが必要であり、連合が認める一般的利益の目的を真に満たす場合に限られる。したがって、特に侵入型監視ソフトウェアの導入に関しては、当該犯罪が本規則に規定された重大性の閾値に達しているかどうか、所定の事案におけるすべての関連事情を個別に評価した結果、当該犯罪の捜査と訴追が必要であるかどうかを確認する必要がある、 当該犯罪の捜査および訴追が、侵入型監視ソフトウェアの配備によって構成される基本的権利および経済的自由に対する特に侵入的な干渉に値するかどうか、当該犯罪が行われたという十分な証拠があるかどうか、侵入型監視ソフトウェアの配備が当該犯罪の捜査および訴追に関連する事実を立証する目的に関連するかどうか。
(27)  Public service media providers play a particular role in the internal market for media services by ensuring that citizens and businesses have access to a diverse content offering, including quality information and impartial and balanced media coverage, as part of their remit as defined at national level in line with Protocol No 29 on the system of public broadcasting in the Member States, annexed to the TEU and the TFEU. They play an important role in upholding the fundamental right to freedom of expression and information, enabling people to seek and receive diverse information, and in promoting the values of democracy, cultural diversity and social cohesion. They provide a forum for public discussion and a means of promoting the broader democratic participation of citizens. The independence of public service media providers is key during electoral periods to ensure that citizens have access to impartial quality information. However, public service media providers can be particularly exposed to the risk of interference, given their institutional proximity to the state and the public funding they receive. That risk is exacerbated by uneven safeguards related to balanced coverage by and independent governance of public service media providers in the Union. Both the communication from the Commission of 13 July 2022 entitled ‘2022 Rule of Law Report’ and the 2022 Media Pluralism Monitor by the Centre for Media Pluralism and Media Freedom confirm the fragmentation of such safeguards and point to risks stemming from inadequate funding. As shown by the European Audiovisual Observatory in its 2022 report entitled ‘Governance and independence of public service media’, guarantees for the independent functioning of public service media providers vary across the Union, with differences in their scope and the level of detail in national approaches. (27) 公共サービス・メディア・プロバイダは、TEUおよびTFEUに附属する加盟国の公共放送制度に関する議定書第29号に従って国レベルで定義された任務の一環として、質の高い情報や公平でバランスのとれた報道を含む多様なコンテンツへのアクセスを市民や企業が確保することにより、メディア・サービスのための域内市場において特別な役割を果たす。公共放送は、表現と情報の自由に対する基本的権利を守り、人々が多様な情報を求め、受け取ることを可能にし、民主主義、文化的多様性、社会的結束の価値を促進するうえで重要な役割を果たす。公共メディアは公開討論の場を提供し、市民の広範な民主的参加を促進する手段でもある。選挙期間中、市民が公平で質の高い情報にアクセスできるようにするためには、公共サービス・メディア・プロバイダーの独立性が鍵となる。しかし、公共メディア・プロバイダは、その機構が国家に近く、公的資金を受けていることから、干渉のリスクに特にさらされる可能性がある。このリスクは、公共メディア・プロバイダーによるバランスの取れた報道と独立したガバナンスに関連するセーフガードが連邦内で不均等であるために、さらに悪化している。2022年7月13日に欧州委員会が発表した「2022年法の支配報告書」と題するコミュニケーションと、メディア多元主義とメディアの自由のためのセンターによる「2022年メディア多元主義モニター」はいずれも、そうしたセーフガードの分断を確認し、不十分な資金に起因するリスクを指摘している。欧州視聴覚監視機構(European Audiovisual Observatory)が「公共サービスメディアのガバナンスと独立性」と題した2022年の報告書で示したように、公共サービスメディア・プロバイダの独立した機能の保証はEU全域で異なっており、その範囲や各国のアプローチの詳細度にも違いがある。
(28)  Legal frameworks to ensure balanced coverage by public service media providers vary across the Union. Moreover, rules vary across the Union as regards the appointment and dismissal of the management of public service media. For instance, while most national legal orders set out several grounds for dismissal, others do not provide for any specific rules. Where rules exist, they are, in some cases, insufficient or are not effective in practice. There are also cases where legislative reforms in Member States have increased governmental control of public service media, including as regards the appointment of heads or members of the management board of public service media. Approaches to ensuring the adequacy and predictability of funding for public service media providers also diverge across the Member States. Where safeguards do not exist or are insufficient, there are risks of political interference in the editorial line or governance of public service media. Not having safeguards for the independence of public service media providers or having insufficient ones could also lead to a lack of stability in funding, thus exposing public service media providers to the risk of political control or further political control. That could lead to cases of partial reporting or biased media coverage by public service media providers, instances of interference by the government in the appointment or dismissal of their management or arbitrary adjustments to or the unstable funding of public service media providers. All of that negatively affects the access to independent and impartial media services, thereby affecting the right to freedom of expression as enshrined in Article 11 of the Charter, and could lead to a distortion of competition in the internal market for media services, including for media service providers established in other Member States. (28) 公共サービス・メディア・プロバイダーによるバランスのとれた報道を確保するための法的枠組みは、連邦全域で異なっている。さらに、公共サービスメディアの経営陣の任命と解任に関する規則も連邦加盟国によって異なる。たとえば、ほとんどの国の法規則はいくつかの解雇理由を定めているが、特定の規則を定めていない国もある。規則が存在する場合でも、場合によっては不十分であったり、実際には有効でなかったりする。加盟国の法改正によって、公共メディアのトップや経営委員会のメンバーの任命など、公共メディアに対する政府の統制が強化されたケースもある。公共サービスメディアのプロバイダに対する資金の適切性と予測可能性を確保するためのアプローチも加盟国によって異なる。セーフガードが存在しないか不十分な場合、公共メディアの編集方針やガバナンスに政治的干渉が及ぶリスクがある。公共メディア・プロバイダーの独立のためのセーフガードがない、あるいは不十分な場合、資金調達が安定せず、公共メディア・プロバイダーが政治的統制やさらなる政治的統制のリスクにさらされる可能性もある。その結果、公共サービス・メディア・プロバイダーによる部分的な報道や偏向報道、政府による経営陣の任命・解任への干渉、公共サービス・メディア・プロバイダーへの恣意的な調整や不安定な資金提供などの事例が発生する可能性がある。こうしたことはすべて、独立した公平なメディア・サービスへのアクセスに悪影響を及ぼし、それによって憲章第11条に謳われている表現の自由への権利に影響を与え、他の加盟国に設立されたメディア・サービス・プロバイダーを含め、メディア・サービスの域内市場における競争を歪めることにつながりかねない。
(29)   In national media environments characterised by a co-existence of public and private media service providers, public service media providers contribute to the promotion of media pluralism and foster competition in the media sector by producing a wide range of content that caters to various interests, perspectives and demographics and by offering alternative viewpoints and programming options, which provides a rich and unique offering. Public service media providers compete with private media undertakings and online platforms, including those established in other Member States, for audiences and, where applicable, for advertising resources. That concerns commercial broadcasters in both the audiovisual and radio sectors and publishers, and is particularly true in the current digital media environment in which all media expand into the online sphere and increasingly provide their services across borders. Where such a dual and competitive media market, which is distinctive for large parts of the Union, is functioning well, it ensures a diverse and qualitative supply of media services in all sectors. However, where public funding does not serve to fulfil the remit benefitting all viewers but, instead, serves partisan views, due to political interference in governance or the editorial line, it could affect trading conditions and competition in the Union to an extent contrary to the common interest. The Court of First Instance has confirmed that public service broadcasting can have its state funding declared compliant with the provisions of the TFEU on State aid only inasmuch as the qualitative requirements set out in the public service remit are complied with(10). (29) 公共と民間のメディア・サービス・プロバイダが共存することを特徴とする国内のメディア環境では、公共サービス・メディア・プロバイダは、さまざまな関心、視点、人口動態に対応する幅広いコンテンツを制作し、代替的な視点と番組の選択肢を提供することによって、メディア多元主義の促進に貢献し、メディア部門の競争を促進し、豊かでユニークなサービスを提供する。公共サービス・メディアのプロバイダは、他の加盟国で設立されたものも含め、民間のメディア事業やオンライン・プラットフォームと、視聴者や、場合によっては広告資源をめぐって競合する。これはオーディオビジュアルとラジオの両分野における商業放送事業者と出版社に関係することであり、すべてのメディアがオンライン領域に拡大し、国境を越えてサービスを提供することが増えている現在のデジタルメディア環境においては特に当てはまる。連邦の大部分にとって特徴的な、このような二元的で競争的なメディア市場がうまく機能している場合、あらゆる分野におけるメディア・サービスの多様で質的な供給が保証される。しかし、公的資金がガバナンスや編集方針への政治的干渉によって、すべての視聴者に利益をもたらす役割を果たさず、党派的な見解に奉仕している場合、連邦内の取引条件や競争に影響を及ぼし、共通の利益に反する可能性がある。第一審裁判所は、公共放送が国家補助に関するTFEUの規定を遵守していると宣言できるのは、公共サービスの責務に定められた質的要件が遵守されている場合に限られることを確認している(10)。
(30)   While the risk of what is commonly referred to as ‘media capture’ is relevant for the entire market for media services, public service media providers are particularly exposed to such a risk, given their proximity to the state. Diverging or insufficient safeguards for the independent functioning of public service media providers could prevent or disincentivise media service providers from other Member States from operating in or entering a given media market. While independent media undertakings invest their resources in high-quality reporting which complies with journalistic standards, certain ‘captured’ public service media providers which do not comply with such standards could provide imbalanced reporting, while being subsidised by the state. The competitive advantage that independent media can obtain through independent reporting could be lessened as ‘captured’ public service media providers might unduly retain their market position. Politicised media markets can affect advertising markets as a whole because businesses have to factor in politics in addition to devising effective advertising campaigns. If public service media providers, which are usually considered as trusted sources of information, provide biased coverage on the political or economic situation or concerning specific economic actors as a result of being captured, that might also reduce the ability of undertakings to inform themselves properly about the economic situation in a given market and, therefore, their ability to take informed business decisions. Such capture could therefore adversely impact the functioning of the internal market. Finally, as a result of biased reporting by certain ‘captured’ public service media providers in some Member States, citizens might turn to alternative sources of information, in particular those available on online platforms, which might further weaken the level playing field in the internal market. (30) 一般に「メディア・キャプチャー」と呼ばれるリスクは、メディア・サービスの市場全体に関連するが、公共サービスのメディア・プロバイダは、国家に近いことから、特にそのようなリスクにさらされている。公共サービス・メディア・プロバイダーの独立した機能のためのセーフガードが乖離していたり不十分だったりすると、他の加盟国のメディア・サービス・プロバイダーがあるメディア市場で事業を展開したり、その市場に参入したりすることを妨げたり、阻害したりする可能性がある。独立したメディア事業者は、ジャーナリズム標準に準拠した質の高い報道に資源を投入するが、そうした標準に準拠していない特定の「取り込まれた」公共サービス・メディア・プロバイダは、国から補助金を受けながら、不均衡な報道を提供する可能性がある。取り込まれた」公共サービスメディア・プロバイダーが不当に市場での地位を維持する可能性があるため、独立メディアが独立した報道を通じて得られる競争上の優位性が低下する可能性がある。企業は効果的な広告キャンペーンを考案するだけでなく、政治も考慮しなければならないため、政治化したメディア市場は広告市場全体に影響を与えかねない。通常、トラストサービス・プロバイダは信頼できる情報源と考えられているが、捕捉された結果、政治・経済情勢や特定の経済主体に関する偏った報道を提供した場合、事業者が特定の市場の経済情勢について適切な情報を提供する能力も低下し、その結果、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を行う能力も低下する可能性がある。したがって、このような捕捉は、域内市場の機能に悪影響を及ぼす可能性がある。最後に、加盟国によっては、特定の「捕捉された」公共メディアプロバイダーによる偏った報道の結果、市民が代替的な情報源、特にオンラインプラットフォームで入手可能な情報源に目を向ける可能性があり、その結果、域内市場における公平な競争条件がさらに弱まる可能性がある。
(31)   It is thus necessary that Member States, building on the international standards developed by the Council of Europe in that regard, put in place effective legal safeguards for the independent functioning of public service media providers across the Union, free from governmental, political, economic or private interests, without prejudice to national constitutional law consistent with the Charter. That should include principles suited to the ways in which Member States organise their public service media, such as those that exist in national administrative law frameworks or national corporate law frameworks as applicable to private listed undertakings, as regards the appointment and dismissal of the persons or bodies which have a role in determining editorial policies or constitute the highest decision-making authority in that respect within the public service media provider. Those principles should be set out at national level. It is also necessary to guarantee that, without prejudice to the application of the Union’s State aid rules, public service media providers benefit from transparent and objective funding procedures which guarantee adequate and stable financial resources for the fulfilment of their public service remit, enable predictability in their planning processes and allow them to develop within their public service remit. Such funding should be preferably decided and appropriated on a multi-year basis, in line with the public service remit of public service media providers, in order to avoid the risk of undue influence from yearly budget negotiations. This Regulation does not affect the competence of Member States to provide for the funding of public service media providers as enshrined in Protocol No 29. (31) そのため加盟国は、欧州評議会が策定した国際標準に基づき、憲章に合致した国内憲法を損なうことなく、政府的、政治的、経済的、私的な利害から解放された公共サービス・メディア・プロバイダの独立した機能のための効果的な法的保障措置を、同盟国全体で整備する必要がある。これには、編集方針を決定する役割を持つ、あるいは公共サービス・メディア・プロバイダー内の最高意思決定機関を構成する人物や団体の任命と解任に関して、国内の行政法の枠組みや、民間の上場企業に適用される国内の会社法の枠組みに存在するような、加盟国が公共サービス・メディアを組織する方法に適した原則を含めるべきである。こうした原則は国レベルで定められるべきである。また、欧州連合の国家補助規則の適用を妨げることなく、公共サービス・メディア・プロバイダーが、その公共サービスの任務遂行のために適切かつ安定した財源を保証し、その計画プロセスにおける予測可能性を可能にし、公共サービスの任務の範囲内で発展することを可能にする、透明かつ客観的な資金調達手続きの恩恵を受けることを保証することも必要である。このような資金調達は、毎年の予算交渉から不当な影響を受けるリスクを回避するため、公共サービス・メディアプロバイダーの公共サービスの使命に沿って、複数年単位で決定され、充当されることが望ましい。この規則は、議定書第29号に明記されている公共サービス・メディア・プロバイダーの資金を提供する加盟国の権限に影響を与えるものではない。
(32)  It is crucial that recipients of media services know with certainty who owns and is behind the ▌ media so that they can identify and understand potential conflicts of interest. That is a prerequisite for forming well-informed opinions and, consequently, for actively participating in a democracy. Such transparency is also an effective tool to disincentivise and thus to limit the risk of interference with editorial independence. Furthermore, it contributes to an open and fair market environment and enhances media accountability vis-à-vis the recipients of media services, ultimately contributing to the quality of media services in the internal market. It is thus necessary to introduce common information requirements for ▌ media service providers across the Union. Those requirements should include proportionate and targeted requirements that media service providers disclose relevant information on their ownership and the advertising revenues received from public authorities or entities. Such information is necessary so that the recipients of media services can understand and are able to enquire about potential conflicts of interest, including where media owners are politically exposed, as a pre-condition for their ability to assess the reliability of the information they receive. That can only be achieved if the recipients of media services have up-to-date media ownership information at their disposal in a user-friendly manner, in particular at the time they view, listen to or read media content, so that they can put the content in the right context and form the right impression of it. (32)メディア・サービスの取得者が、潜在的な利益相反を特定し理解できるように、誰がメディアを所有し、その背後にいるのかを確実に知ることはきわめて重要である。これは、十分な情報に基づいた意見を形成し、ひいては民主主義に積極的に参加するための前提条件である。このような透明性は、編集の独立性を阻害するリスクを抑制する有効な手段でもある。さらに、オープンで公正な市場環境に貢献し、メディア・サービスの取得者に対するメディアの説明責任を高め、最終的には域内市場におけるメディア・サービスの質の向上に寄与する。したがって、域内全域のメディア・サービス・プロバイダに対して共通の情報要件を導入する必要がある。これらの要件には、メディア・サービス・プロバイダが、その所有権や公的機関または事業体から受け取る広告収入に関する関連情報を開示するという、比例的かつ的を絞った要件が含まれるべきである。こうした情報は、メディアサービスの取得者が、受け取る情報の信頼性を評価するための前提条件として、メディア所有者が政治的に露出している場合を含め、潜在的な利益相反を理解し、問い合わせることができるようにするために必要である。それは、メディア・サービスの取得者が、特にメディア・コンテンツを見たり、聞いたり、読んだりするときに、最新のメディア所有者情報を使いやすい方法で自由に入手し、コンテンツを適切な文脈でとらえ、それについて適切な印象を抱くことができる場合にのみ達成される。
Thus, the disclosure of targeted media ownership information would produce benefits clearly outweighing any possible impact of the disclosure obligation on fundamental rights, including the right to private and family life and the right to protection of personal data. In that context, the measures taken by Member States under Article 30(9) of Directive (EU) 2015/849 of the European Parliament and of the Council(11) should not be affected. The required information should be disclosed by the relevant media service providers in an electronic format, for instance on their websites, or another medium that is easily and directly accessible. したがって、対象となるメディアの所有者情報の開示は、私生活・家族生活権や個人データ保護権などの基本的権利に対する開示義務の影響を明らかに上回る利益をもたらすだろう。その意味で、欧州議会および理事会の指令(EU)2015/849の第30条9項に基づき加盟国が講じた措置(11)は影響を受けるべきではない。必要な情報は、関連するメディア・サービス・プロバイダによって、電子フォーマット、例えばウェブサイト、または容易かつ直接アクセス可能な他の媒体で開示されるべきである。
(33)  To further contribute to a high level of media ownership transparency, Member States should also entrust national regulatory authorities or bodies, or other competent authorities and bodies, with developing media ownership databases. Such databases should work as a one-stop shop allowing recipients of media services to easily check the relevant information related to a given media service provider. In view of national administrative specificities and with a view to reducing the administrative burden, Member States should have flexibility in deciding which authority or body will be in charge of developing such media ownership databases. That could be, for instance, a national regulatory authority or body, or another administrative body, which could in turn rely on the assistance of another body with relevant expertise for the fulfilment of the task. (33) 高水準のメディア所有権の透明性にさらに貢献するため、加盟国は、各国の規制当局や団体、あるいはその他の管轄当局や団体に、メディア所有権データベースの開発を委託すべきである。このようなデータベースは、メディア・サービスの取得者が所定のメディア・サービス・プロバイダに関連する情報を簡単に確認できるワンストップ・ショップとして機能すべきである。加盟国は、各国の行政上の特殊性を考慮し、また行政負担を軽減する観点から、どの機関や団体がそのようなメディア所有者データベースの開発を担当するかを柔軟に決定すべきである。それはたとえば、国内の認可機関や団体、あるいは別の行政機関である可能性があり、その場合、その任務を遂行するために、関連する専門知識を持つ別の機関の支援を受けることもできる。
(34)  Media integrity also requires a proactive approach to promoting editorial independence by media undertakings providing news and current affairs content, in particular by means of internal safeguards. Media service providers should adopt proportionate measures to guarantee ▌ the freedom of editors to take editorial decisions within the established long-term editorial line of the media service provider. The objective to shield editorial decisions, in particular those taken by editors-in-chief and editors, on specific pieces of content from undue interference contributes to ensuring a level playing field in the internal market for media services and the quality of such services. Those measures should aim to ensure the respect for independence standards throughout the entire editorial process within the media, including with a view to safeguarding the integrity of journalistic content. That objective is also in compliance with the fundamental right to receive and impart information under Article 11 of the Charter. In view of those considerations, media service providers should also ensure the transparency of actual or potential conflicts of interest vis-à-vis the recipients of their media services. (34) メディアの完全性には、ニュースや時事コンテンツを提供するメディア事業者が、特に内部的なセーフガードによって、編集の独立性を促進するための積極的なアプローチも必要である。メディア・サービス・プロバイダーは、メディア・サービス・プロバイダーの確立された長期的な編集方針の範囲内で編集者が編集上の決定を下す自由を保証するために、相応の措置を採用すべきである。特定のコンテンツに関する編集上の決定、特に編集長や編集者による決定を不当な干渉から保護するという目的は、メディア・サービスの域内市場における公平な競争条件と、そうしたサービスの質の確保に寄与する。これらの措置は、ジャーナリズムのコンテンツの完全性を保護する観点も含め、メディア内の編集プロセス全体を通じて、独立基準の尊重を確保することを目的とすべきである。その目的は、憲章第11条に基づく情報を受け取り、伝達する基本的権利にも合致する。このような観点から、メディア・サービス・プロバイダは、メディア・サービスの取得者に対する実際の、あるいは潜在的な利益相反の透明性も確保すべきである。
(35)  Media service providers should adopt internal safeguards with a view to guaranteeing the independence of ▌ editorial decisions tailored to their size, structure and needs. Commission Recommendation (EU) 2022/1634(12) provides a catalogue of voluntary internal safeguards that media undertakings can adopt in that regard. This Regulation should not be construed as depriving the owners of private media service providers of their prerogative to set strategic or general goals or to foster the growth and financial viability of their undertakings. In that respect, this Regulation should recognise that the goal of fostering editorial independence needs to be reconciled with the legitimate rights and interests of private media owners, such as the right to determine the editorial line of the media service provider and to shape the composition of their editorial teams. (35) メディア・サービス・プロバイダは、その規模、構造、ニーズに合わせて、▌編集上の意思決定の独立性を保証するための内部セーフガードを導入すべきである。欧州委員会勧告(EU)2022/1634(12)は、この点でメディア事業者が採用できる自主的な内部セーフガードのカタログを提供している。この規則は、民間のメディア・サービス・プロバイダのオーナーが、戦略的または一般的な目標を設定したり、事業の成長と財務的な存続可能性を促進したりする特権を奪うものと解釈されるべきではない。その点で、この規則は、編集の独立性を促進するという目標と、メディア・サービス・プロバイダの編集方針を決定する権利や編集チームの構成を形成する権利など、民間メディア所有者の正当な権利や利益とを調和させる必要があることを認識すべきである。
(36)  Independent national regulatory authorities or bodies are key to the proper application of media law across the Union. While national regulatory authorities or bodies often do not have competence related to the press sector, they are best placed to ensure the correct application of the requirements related to regulatory cooperation and a well-functioning market for media services in general, as envisaged in ▌ this Regulation. National regulatory authorities or bodies should have the resources necessary for the fulfilment of their tasks in terms of staffing, expertise and financial means, including to enable their participation in the activities of the European Board for Media Services (the ‘Board’). They should be provided with technical resources, for instance relevant digital tools. Where appropriate, Member States should, to the extent necessary, increase the resources allocated to national regulatory authorities or bodies, taking into account the additional tasks conferred upon them under this Regulation. National regulatory authorities or bodies should also have appropriate powers, in particular to request information and data from any natural or legal person to which this Regulation applies or which, for purposes related to their trade, business or profession, might reasonably be in possession of the information and data needed, in respect of the rights and interests of such persons. (36) 独立した各国の規制当局や団体は、連邦全体でメディア法を適切に適用するための鍵となる。各国の規制当局または団体は報道部門に関連する機能を持たないことが多いが、規制協力に関連する要求事項の正しい適用と、本規則が想定するメディア・サービス市場全般の良好な機能を確保する上で、最も適した立場にある。各国の規制当局または団体は、欧州メディアサービス理事会(「理事会」)の活動への参加を可能にすることも含め、人員、専門知識、財政的手段などの面で、その任務遂行に必要な資源を持つべきである。また、関連するデジタルツールなどの技術的資源もプロバイダとして提供されるべきである。加盟国は、必要な場合には、本規則に基づき各国の規制当局または団体に付与される追加的な任務を考慮し、必要な範囲で、各国の規制当局または団体に割り当てられる資源を増加させるべきである。また、各国規制当局または団体は、特に、本規則が適用される、またはその取引、事業もしくは職業に関連する目的のために、必要な情報およびデータを合理的に保有する可能性のある個人または法人に対し、当該者の権利および利益に関して、情報およびデータを要求する適切な権限を有するべきである。
(37)   In order to ensure that this Regulation and other Union media law is consistently applied, it is necessary to set up the Board as an independent advisory body at Union level gathering national regulatory authorities or bodies and coordinating their actions. In the performance of its tasks and the exercise of its powers, the Board should be fully independent, including from any political or economic influence, and neither seek nor take instructions from any government, institution, whether national, supranational or international, or any public or private person or body. The European Regulators Group for Audiovisual Media Services (ERGA), established by Directive 2010/13/EU, has been essential in promoting the consistent implementation of that Directive. The Board should therefore build on ERGA and replace it. That requires a targeted amendment of Directive 2010/13/EU to delete Article 30b thereof, which establishes ERGA, and, as a consequence, to replace references to ERGA and its tasks. The amendment of Directive 2010/13/EU by this Regulation is justified as it is limited to provisions which do not need to be transposed by Member States and is addressed to the institutions of the Union. (37) 本規則およびその他の連合メディア法の一貫した適用を確保するため、連合レベルの独立諮問機関として理事会を設置し、各国の規制当局または団体を集め、その行動を調整することが必要である。理事会は、その任務の遂行と権限の行使において、いかなる政治的・経済的影響からも完全に独立していなければならず、政府、国内・超国家的・国際的機関、いかなる公的・私的個人・団体からの指示も求めないものとする。指令2010/13/EUによって設立されたERGA(European Regulators Group for Audiovisual Media Services)は、同指令の一貫した実施を推進する上で不可欠な存在である。したがって、理事会はERGAを基礎とし、それに取って代わるべきである。そのためには、ERGAを設立する指令2010/13/EUの第30条bを削除し、結果としてERGAとその任務への言及を置き換えるという、的を絞った指令2010/13/EUの改正が必要である。本規則による指令2010/13/EUの改正は、加盟国が移管する必要のない条項に限定され、EUの機構に宛てているため、正当化される。
(38)  The Board should bring together senior representatives of the national regulatory authorities or bodies. The national regulatory authorities or bodies should appoint those representatives. Where Member States have several relevant national regulatory authorities or bodies, including at regional level, a joint representative should be chosen by means of appropriate procedures and the right to vote should remain limited to one representative per Member State. For the purposes of their activities within the Board, national regulatory authorities or bodies should be able to consult and coordinate with relevant competent authorities or bodies and, where relevant, with self-regulatory bodies in their Member States. That should not affect the possibility for the other national regulatory authorities or bodies to participate, as appropriate, in the meetings of the Board. The Board should also be able to invite, on a case-by-case basis, external experts to attend its meetings. It should also be able to designate, in agreement with the Commission, permanent observers to attend its meetings, including, in particular, national regulatory authorities or bodies from candidate countries or potential candidates ▌, or ad hoc delegates from other competent national authorities. (38) 理事会は、各国規制当局または団体の上級代表者を招集すべきである。各国規制当局または団体は、これらの代表者を認可すべきである。加盟国が、地域レベルも含め、複数の関連する国内規制当局または団体を有する場合、適切な手続きを経て共同代表者を選出し、投票権は加盟国ごとに1名とすべきである。理事会内での活動のために、各国の規制当局または団体は、関連する認可当局または団体、および関連する場合には加盟国の自主規制団体と協議・調整できるようにすべきである。このことは、他の国の規制当局または団体が理事会の会合に適宜参加する可能性に影響を及ぼすべきではない。理事会はまた、ケースバイケースで、外部の専門家を理事会の会合に招聘できるようにすべきである。また、理事会は、欧州委員会との合意のもと、理事会の会合に出席する常設オブザーバーを指名できるようにすべきである。常設オブザーバーには、特に、候補国または潜在的候補国▌の国内規制当局または団体、あるいは他の所管国家当局からのアドホック代表団が含まれる。
(39)  Due to the sensitivity of the media sector and following the practice regarding ERGA decisions as set out in its rules of procedure, the Board should adopt its decisions on the basis of a two-thirds majority of the votes. The Board’s rules of procedure should specify, in particular, the role, tasks and appointment procedures of the Chair and the Vice-Chair and arrangements for the prevention and management of conflicts of interest of the members of the Board. To support the Chair and the Vice-Chair, the Board should be able to set up a Steering Group. The composition of the Steering Group should take into account the principle of geographical balance. The Board should specify the specific arrangements for the Steering Group in its rules of procedure. The ERGA Chair and Vice-Chair, advised by the members of the ERGA Board, should facilitate an orderly, transparent and effective transition from ERGA to the Board, until the Chair and Vice-Chair of the Board are elected. (39) メディア部門はデリケートであるため、またERGAの手続規則に定められたERGAの決定に関する慣例に従い、理事会は投票の3分の2以上の多数に基づいて決定を採択すべきである。理事会の手続規則には、特に、理事長と副理事長の役割、任務、任命手続き、理事会メンバーの利益相反の防止と管理に関する取り決めを明記すべきである。理事長と副理事長を支援するため、理事会は運営グループを設置できるものとする。運営グループの構成は、地理的均衡の原則を考慮に入れるべきである。理事会は、その手続規則に運営グループの具体的な取り決めを明記すべきである。ERGAの理事長と副理事長は、理事会の理事長と副理事長が選出されるまでの間、ERGAの理事会メンバーから助言を受けながら、ERGAから理事会への秩序ある透明で効果的な移行を促進すべきである。
(40)   Where the Board deals with matters beyond the audiovisual media sector, it should rely on an effective consultation mechanism involving stakeholders from the relevant media sectors active both at Union and national level. Such stakeholders could include press councils, journalistic associations, trade unions and business associations. The Board should give such stakeholders the possibility to draw its attention to the developments and issues relevant to their sectors. The consultation mechanism should enable the Board to gather targeted input from the relevant stakeholders and obtain relevant information supporting its work. When establishing the arrangements for the consultation mechanism in its rules of procedure, the Board should take into account the need for transparency, diversity and fair geographical representation. The Board should also be able to consult academia in order to gather additional relevant information. (40)理事会が視聴覚メディア部門以外の問題を扱う場合、理事会は、連合レベルおよび国レベルの両方で活動する関連メディア部門の利害関係者が参加する効果的な協議メカニズムに頼るべきである。そのような利害関係者には、報道評議会、ジャーナリスト協会、労働組合、企業団体などが含まれうる。理事会は、このような利害関係者に、それぞれの部門に関連する進展や問題に注意を喚起する可能性を与えるべきである。協議の仕組みは、理事会が関連する利害関係者から的を絞った意見を収集し、その作業を支援する関連情報を得ることを可能にするものでなければならない。理事会は、手続規則に協議メカニズムの取り決めを定める際、透明性、多様性、公正な地理的代表の必要性を考慮に入れるべきである。また、理事会は、追加的な関連情報を収集するために、学識経験者と協議することができるものとする。
(41)  Without prejudice to the powers granted to the Commission by the Treaties, it is essential that the Commission and the Board cooperate closely, enabling the Board to advise and support the Commission on matters related to media services within its competence. The Board should actively support the Commission in its tasks of ensuring the consistent and effective application of this Regulation and the implementation of Directive 2010/13/EU. For that purpose, the Board should, in particular, advise and assist the Commission on regulatory, technical or practical aspects relevant to the application of Union law, promote cooperation and the effective exchange of information, experience and best practices and draw up opinions in the cases provided for in this Regulation, taking into account, where relevant, the situation regarding media freedom and media pluralism in the media markets concerned. Such opinions should not be legally binding but should serve as useful guidance for the national regulatory authorities or bodies concerned and could be taken into account by the Commission in its tasks of ensuring the consistent and effective application of this Regulation and the implementation of Directive 2010/13/EU. By making their best effort to implement the opinion of the Board or by properly explaining any deviation therefrom, national regulatory authorities or bodies should be considered to have done their utmost to take the opinion of the Board into account. (41) 条約によって欧州委員会に与えられている権限を損なうことなく、欧州委員会と理事会が緊密に協力し、理事会がその権限の範囲内で、メディア・サービスに関する事項について欧州委員会に助言し、支援できるようにすることが不可欠である。理事会は、本規則および指令2010/13/EUの一貫した効果的な適用を確保するという欧州委員会の任務を積極的に支援すべきである。そのために、理事会は特に、欧州連合法の適用に関連する規制的、技術的、実務的側面について欧州委員会に助言し、支援し、協力と情報、経験、ベストプラクティスの効果的な交換を促進し、本規則に規定されている場合には、関連するメディア市場におけるメディアの自由とメディアの多元主義に関する状況を考慮して、意見を作成すべきである。このような意見は法的拘束力を持つものではないが、関係各国の規制当局または団体にとって有益な指針となるべきであり、欧州委員会が本規則および指令2010/13/EUの一貫した効果的な適用を確保するという任務において考慮されうるものである。審査会の意見を実施するために最善の努力を払うか、または審査会からの逸脱を適切に説明することにより、各国の規制当局または団体は、審査会の意見を考慮するために最大限の努力を払ったとみなされるべきである。
(42)  In order to effectively and independently fulfil its tasks, the Board should be assisted by a secretariat devoted to the activities of the Board. The Commission should provide the secretariat. The secretariat should be adequately resourced for the performance of its tasks. Without prejudice to the Commission’s institutional and budgetary autonomy, it is important that the Commission take into account the needs communicated by the Board, in particular in relation to the qualifications, expertise and profile of the secretariat’s staff for the effective performance of its tasks. The secretariat should also be able to rely on the expertise and ▌ resources of national regulatory authorities or bodies. That would be key to assisting the Board when it is preparing its deliverables. Therefore, the secretariat should include an appropriate number of staff seconded by national regulatory authorities or bodies in order to benefit from their skills and experience. In its mission of contributing to the independent execution of the tasks of the Board, the secretariat should follow only the instructions of the Board when supporting the Board in the fulfilment of its tasks under this Regulation. The secretariat should provide substantive, administrative and organisational support to the Board and assist the Board when it is carrying out its tasks, in particular by conducting relevant research or carrying out information-gathering activities. (42) 審査会は、その任務を効果的かつ独立して遂行するため、審査会の活動に専念する事務局の支援を受けるべきである。委員会は事務局をプロバイダとして提供すべきである。事務局は、その任務遂行のために十分な資金を供給されるべきである。欧州委員会の機構上および予算上の自治を損なうことなく、欧州委員会は、理事会から伝えられたニーズ、特に事務局職員の資格、専門知識、プロフィールに関するニーズを考慮し、その任務を効果的に遂行することが重要である。事務局はまた、各国の規制当局や団体の専門知識と資源に頼ることができるべきである。このことは、理事会が成果物を作成する際に、理事会を支援する鍵となる。したがって、事務局には、各国の規制当局または団体から出向している適切な人数のスタッフを含めるべきであ る。理事会の任務の独立した遂行に貢献するというその使命において、事務局は、本規則に基づく理事会の任務 の遂行を支援する際、理事会の指示にのみ従うべきである。事務局は、理事会に対して実質的、管理的、および組織的な支援を提供し、特に関連する研究または情報収集活動を実施することによって、理事会が任務を遂行する際にこれを支援するものとする。
(43)  Regulatory cooperation between independent media regulatory authorities or bodies is essential to making the internal market for media services function properly. However, Directive 2010/13/EU does not provide for a structured cooperation framework for national regulatory authorities or bodies. Since the revision of the Union framework for audiovisual media services by means of Directive (EU) 2018/1808 of the European Parliament and of the Council(13), which extended its scope to video-sharing platforms, there has been an ever-increasing need for close cooperation among national regulatory authorities or bodies, in particular to resolve cross-border cases. Such a need is also justified in view of the new challenges in the Union media environment that this Regulation seeks to address, including by entrusting national regulatory authorities or bodies with new tasks. (43) 独立したメディア規制当局または団体間の規制協力は、メディアサービスの域内市場を適切に機能させるために不可欠である。しかし、指令2010/13/EUは各国の規制当局や団体に対する体系的な協力枠組みをプロバイダとして規定していない。欧州議会および理事会指令(EU)2018/1808(13)によって視聴覚メディアサービスに関する欧州連合の枠組みが改正され、その範囲が動画共有プラットフォームにまで拡大されて以来、特に国境を越えた事例を解決するために、各国の規制当局または団体間で緊密に協力する必要性がますます高まっている。このような必要性は、各国の規制当局または団体に新たな任務を委託することを含め、本規則が対処しようとしているユニオンのメディア環境における新たな課題に鑑みても認可される。
(44)  Aware of those challenges and in order to respond to the need for closer cooperation in the field of audiovisual media services, in 2020, ERGA agreed on a Memorandum of Understanding which set out non-binding mechanisms for cross-border cooperation to strengthen the application of Union rules relevant for audiovisual media services and video-sharing platform services. Building on that voluntary framework and in order to ensure the effective enforcement of Union media law, to avoid the raising of additional barriers in the internal market for media services and to prevent the possible circumvention of the applicable rules by rogue media service providers, it is essential to provide for a clear, legally binding framework for national regulatory authorities or bodies to cooperate effectively and efficiently with one another within the established legal framework. Such a framework is crucial for upholding the country of origin principle, which is a cornerstone of Directive 2010/13/EU, and for ensuring that national regulatory authorities or bodies are able to exercise oversight over relevant media service providers. The objective should be to ensure the consistent and effective application of this Regulation and the implementation of Directive 2010/13/EU, for instance by ensuring a smooth exchange of information between national regulatory authorities or bodies or enabling queries related to jurisdiction issues to be quickly addressed. Where national regulatory authorities or bodies exchange information, all relevant Union and national law on the exchange of information, including relevant data protection law, should be respected. Such cooperation and, in particular accelerated cooperation is of key relevance to support actions to protecting the internal market from rogue media service providers, while ensuring compliance with fundamental rights, in particular the freedom of expression. In particular, accelerated cooperation is needed to prevent media services which have been suspended in certain Member States under Article 3(3) and (5) of Directive 2010/13/EU from continuing to be provided via satellite or other means in those Member States and thus to contribute, in compliance with Union law, to the ‘effet utile’ of the relevant national measures. The opinions of the Board will be important for the effective functioning of the cooperation mechanism. (44) このような課題を認識し、視聴覚メディアサービスの分野における緊密な協力の必要性に応えるため、2020年、ERGAは、視聴覚メディアサービスおよび動画共有プラットフォームサービスに関連する連邦規則の適用を強化するための国境を越えた協力のための拘束力のないメカニズムを定めた覚書に合意した。この自主的な枠組みを基礎とし、EUメディア法の効果的な執行を確保し、メディアサービスの域内市場において新たな障壁が生じることを回避し、不正なメディアサービスプロバイダによる適用法の回避を防止するためには、各国の規制当局または団体が確立された法的枠組みの中で効果的かつ効率的に協力し合うための、明確で法的拘束力のある枠組みを定めることが不可欠である。このような枠組みは、指令2010/13/EUの根幹である原産国原則を堅持し、各国の規制当局または団体が関連するメディアサービスプロバイダに対する監視を確実に行えるようにするために極めて重要である。例えば、各国の規制当局または団体間の円滑な情報交換を確保したり、管轄権の問題に関連する問い合わせに迅速に対応できるようにするなど、本規則の一貫した効果的な適用と指令2010/13/EUの実施を確保することを認可の目的とすべきである。各国の規制当局または団体が情報交換を行う場合、関連するデータ保護法を含む、情報交換に関するすべての関連するEU法および国内法が尊重されるべきである。このような協力、特に協力の加速化は、基本的権利、特に表現の自由の遵守を確保しつつ、不正なメディア・サービス・プロバイダから域内市場を守るための行動を支援する上で、重要な意味を持つ。特に、指令2010/13/EUの第3条(3)および(5)に基づき特定の加盟国で一時停止されているメディアサービスが、当該加盟国で衛星放送やその他の手段を通じて提供され続けることを防止し、関連する国内措置の「有用性(effet utile)」に寄与するためには、協力の加速化が必要である。理事会の意見は、協力メカニズムを効果的に機能させるために重要である。
(45)  Due to the pan-European nature of video-sharing platforms, national regulatory authorities or bodies need to have a dedicated tool to protect users of video-sharing platform services from certain illegal and harmful content, including commercial communications. In particular, without prejudice to the country of origin principle, a mechanism is needed to allow any relevant national regulatory authority or body to request its counterpart to take necessary and proportionate actions to ensure the enforcement of obligations on video-sharing platform providers under Article 28b(1), (2) and (3) of Directive 2010/13/EU. That is key to ensuring that audiences and, in particular, minors are effectively protected across the Union when accessing content on video-sharing platforms and that they can rely on an appropriate level of transparency when it comes to online commercial communications. Mediation provided by and opinions of the Board would be conducive to ensuring mutually acceptable and satisfactory results for the national regulatory authorities or bodies concerned. Where the use of such a mechanism does not lead to an amicable solution, the freedom to provide information society services from another Member State can be restricted only where the conditions set out in Article 3 of Directive 2000/31/EC of the European Parliament and of the Council(14) have been fulfilled and the procedure set out therein has been followed. (45) 動画共有プラットフォームは汎欧州的な性質を持っているため、各国の規制当局または団体は、動画共有プラットフォームサービスの利用者を、商業コミュニケーションを含む特定の違法かつ有害なコンテンツから保護するための専用の手段を持つ必要がある。特に、原産国原則を損なうことなく、関連する各国の規制当局または団体が、指令 2010/13/EUの第28b条(1)、(2)および(3)に基づく動画共有プラットフォームのプロバイダに対する義務の執行を確保するために必要かつ適切な措置をとるよう、その団体に要請できる仕組みが必要である。これは、動画共有プラットフォーム上のコンテンツにアクセスする際、視聴者、特に未成年者がEU全域で効果的に保護され、オンライン商業コミュニケーションに関して適切なレベルの透明性を信頼できるようにするための鍵である。理事会が提供する調停と認可は、関係する各国の規制当局または団体にとって、相互に受け入れ可能で満足のいく結果を確保することに資するものである。このようなメカニズムの利用が友好的な解決につながらない場合、欧州議会および理事会指令 2000/31/EC(14) の第 3 条に定められた条件が満たされ、そこに定められた手続きに従った場合に限り、他の加盟国から情報社会サービスを提供する自由を制限することができる。
(46)  It is essential to ensure consistent regulatory practice, the consistent and effective application of this Regulation and the implementation of Directive 2010/13/EU. For that purpose and to contribute to ensuring a convergent implementation of Union media law, the Commission should be able, when needed, to issue guidelines on cross-border matters covered by both this Regulation and Directive 2010/13/EU. When deciding whether to issue guidelines and in light of the relevant discussions with the contact committee established by Directive 2010/13/EU for matters related to that Directive, the Commission should consider, in particular, regulatory issues which affect a significant number of Member States or regulatory issues with a cross-border element. In view of the abundance of information and the increasing use of digital means to access the media, it is important that prominence be ensured for content of general interest in order to help achieve a level playing field in the internal market and compliance with the fundamental right to receive information under Article 11 of the Charter ▌ . Given the possible impact of the national measures taken under Article 7a of Directive 2010/13/EU on the functioning of the internal market for media services, guidelines by the Commission would be important to achieve legal certainty in that field. It would also be useful to provide guidance on measures taken under Article 5(2) of Directive 2010/13/EU to ensure the public availability of accessible, accurate and up-to-date information related to media ownership and on the duty of media service providers to make certain up-to-date information easily and directly accessible to the recipients of their services. When preparing its guidelines, the Commission should be assisted by the Board. The Board should, in particular, share its regulatory, technical and practical expertise regarding the areas and topics covered by the relevant guidelines with the Commission. (46) 一貫した規制実務、本規則の一貫した効果的な適用、および指令 2010/13/EU の実施を確保することが不可欠である。この目的のため、また、欧州連合メディア法の統一的な実施の確保に貢献するため、欧州委員会は必要に応じて、本規則と指令2010/13/EUの両方が対象とする国境を越えた事項に関するガイドラインを発行できるようにすべきである。ガイドラインを発行するかどうかを決定する際、また、同指令に関連する事項に関して指令2010/13/EUにより設置された連絡委員会との関連する協議に照らして、欧州委員会は、特に、相当数の加盟国に影響を与える規制上の問題、または国境を越える要素を持つ規制上の問題を考慮すべきである。情報が氾濫し、メディアにアクセスするためのデジタル手段の利用が増加していることを考慮すると、域内市場における公平な競争条件を実現し、憲章第11条に基づく情報を受け取る基本的権利を遵守するために、一般的な関心を引くコンテンツを目立たせることが重要である。指令2010/13/EUの第7条aに基づく国内措置がメディアサービスの域内市場の機能に影響を及ぼす可能性を考えると、この分野で法的確実性を確保するためには、欧州委員会による指針が重要となる。また、指令2010/13/EUの第5条2項に基づき、メディアの所有権に関連するアクセス可能で正確な最新情報の公開を確保するために取られる措置や、メディアサービスプロバイダーがそのサービスの取得者が一定の最新情報に容易かつ直接アクセスできるようにする義務に関する指針を提供することも有益であろう。ガイドラインを作成する際、欧州委員会は理事会の支援を受けるべきである。理事会は特に、関連ガイドラインが対象とする分野やトピックに関して、規制、技術、実務に関する専門知識を委員会と共有すべきである。
(47)  National regulatory authorities or bodies have specific practical expertise that allows them to effectively balance the interests of the media service providers and recipients of media services, while ensuring respect for the freedom of expression and safeguarding and promoting media pluralism. That is key when it comes, in particular, to protecting the internal market from media services from outside the Union, irrespective of the means by which they are distributed or accessed, that target or reach audiences in the Union where, inter alia in view of the control that could be exercised by third countries over them, they could prejudice or pose a risk of prejudice to public security. A risk of prejudice to public security could relate to a public provocation to commit a terrorist offence, as set out in Article 5 of Directive (EU) 2017/541 of the European Parliament and of the Council(15), and systematic international campaigns of foreign information manipulation and interference with a view to destabilising the Union as a whole or particular Member States. In that regard, the coordination between national regulatory authorities or bodies to face together possible public security threats stemming from such media services needs to be strengthened and given a legal framework to ensure the effectiveness and possible coordination of the national measures adopted in accordance with Union media law. (47) 国の規制当局や団体は、表現の自由の尊重を確保し、メディアの多元主義を守り促進しながら、メディア・サービスのプロバイダと取得者の利益のバランスを効果的にとることができるような、特定の実務的な専門知識を持っている。このことは、特に、第三国がメディアサービスに対して行使しうる統制の観点から、公共の安全を害し、または害するリスクをもたらす可能性のある、域内の視聴者を対象とする、または域内の視聴者に到達する、域外からのメディアサービスから域内市場を保護することに関しては、その頒布またはアクセスの手段にかかわらず、重要な鍵となる。公共の安全を害するリスクとは、欧州議会および理事会指令(EU)2017/541の第5条(15)に規定されているように、テロ犯罪を犯す公然たる挑発行為や、欧州連合全体または特定の加盟国を不安定化させることを目的とした、外国による情報操作および干渉の組織的な国際キャンペーンに関連する可能性がある。その意味で、このようなメディア・サービスから生じうる公共の安全保障上の脅威に共に立ち向かうために、各国の規制当局または団体間の調整を強化し、連邦メディア法に従って採用された国内措置の有効性と可能な調整を確保するための法的枠組みを与える必要がある。
(48)   It is necessary to coordinate the national measures that could be adopted to counter public security threats by media services originating from or established outside of the Union and targeting audiences in the Union, including the possibility for the Board, in consultation with the Commission, to issue opinions on such measures, as appropriate, in particular where a situation affects several Member States. In that regard, risks to public security need to be assessed in light of all relevant factual and legal elements, at Union and national level, including any existing assessments of how the media service concerned is disseminated or received on the territory of the Union. The objective should be to allow for a more coordinated approach for the national regulatory authorities or bodies concerned in relation to restrictions on the distribution of such media services, without prejudice to the competence of Member States or their national regulatory authorities or bodies in accordance with Union law. In that regard, the national regulatory authorities or bodies concerned should be able to take into account the opinions of the Board when considering taking measures against a media service provider. That is without prejudice to the competence of the Union under Article 215 TFEU. (48)特に複数の加盟国に影響を及ぼすような事態が発生した場合には、欧州委員会と協議の上、理事会が適宜、そのような措置について意見を発表する可能性を含め、連合域外から発信または設立され、連合域内の視聴者を対象とするメディア・サービスによる公共の安全に対する脅威に対抗するために採用されうる国内措置を調整することが必要である。この点に関して、公共の安全に対するリスクは、連邦レベルおよび各国レベルで、関連する事実上および法律上のあらゆる要素に照らして評価される必要があり、これには、当該メディア・サービスが連邦域内でどのように普及し、または受信されているかについての既存の評価も含まれる。その目的は、加盟国またはその国の規制当局もしくは団体の連邦法に基づく権限を害することなく、当該メディアサービスの頒布の制限に関して、当該国の規制当局もしくは団体がより協調的なアプローチをとることを可能にすることである。この点で、各国の規制当局または団体は、メディア・サービス・プロバイダに対する措置を検討する際、理事会の意見を考慮することができるはずである。これはTFEU215条に基づくEUの権限を損なうものではない。
(49)   In order to further support national regulatory authorities or bodies in their role of protecting the internal market for media services from rogue media service providers, the Board should draw up a list of criteria concerning media service providers established or originating from outside of the Union. Such a list would help the national regulatory authorities or bodies concerned in situations where a relevant media service provider seeks jurisdiction in a Member State or where a media service provider already under the jurisdiction of a Member State appears to pose a serious and grave risk to public security. Elements to be covered in such a list could concern, inter alia, ownership, management, financing structures, editorial independence from third countries or adherence to co-regulatory or self-regulatory mechanisms governing editorial standards in one or more Member States. (49)不正なメディア・サービス・プロバイダーからメディア・サービスの域内市場を保護するという各国の規制当局または団体の役割をさらに支援するため、理事会は、域外に設立された、または域外から認可を受けたメディア・サービス・プロバイダーに関する基準のリストを作成すべきである。このようなリストは、関連するメディア・サービス・プロバイダが加盟国に管轄権を求める場合、またはすでに加盟国の管轄下にあるメディア・サービス・プロバイダが公共の安全保障に深刻かつ重大なリスクをもたらすと思われる場合に、各国の規制当局または関係団体の助けとなるであろう。このようなリストの対象となるガバナンスは、特に、所有権、経営権、資金調達構造、第三国からの編集の独立性、または1つ以上の加盟国における編集標準を管理する共同規制または自主規制メカニズムの遵守に関係する可能性がある。
(50)  Very large online platforms act for many users as a gateway for providing access to media content and media services. Media service providers that exercise editorial responsibility over their content play a key role in the distribution of information and in the exercise of the right to receive and impart information online. When exercising such editorial responsibility, media service providers are expected to act diligently and provide information that is trustworthy and respectful of fundamental rights, in line with the regulatory requirements or co-regulatory or self-regulatory mechanisms to which they are subject in the Member States. Therefore, also in view of users’ right to receive and impart information ▌ , where a provider of a very large online platform considers that content provided by such media service providers is incompatible with its terms and conditions, ▌it should duly consider media freedom and media pluralism, in accordance with Regulation (EU) 2022/2065, and provide, as early as possible, the necessary explanations to media service providers in a statement of reasons as referred to in Article 4(1) of Regulation (EU) 2019/1150 of the European Parliament and of the Council(16) and Article 17 of Regulation (EU) 2022/2065. To minimise the impact of any restriction to that content on users’ right to receive and impart information, very large online platforms should submit their statement of reasons prior to the suspension or restriction of visibility taking effect. In addition, they should provide the media service provider concerned with an opportunity to reply to the statement of reasons within 24 hours of receiving it, prior to the suspension or restriction of visibility taking effect. A shorter timeframe could apply in the event of a crisis as referred to in Article 36(2) of Regulation (EU) 2022/2065 in order to take into account, in particular, an urgent need to moderate the relevant content in such exceptional circumstances. (50) 非常に大規模なオンラインプラットフォームは、多くのユーザーにとって、メディアコンテンツおよびメディアサービスへのアクセスを提供するゲートウェイとして機能する。コンテンツに対して編集責任を行使するメディア・サービス・プロバイダは、情報の流通において、またオンラインで情報を受信し伝達する権利の行使において、重要な役割を果たす。そのような編集責任を行使する際、メディア・サービス・プロバイダは、加盟国において従う規制要件または共同規制もしくは自主規制の仕組みに沿って、真摯に行動し、信頼に足る、基本的権利を尊重した情報を提供することが期待される。したがって、利用者の情報受発信の権利の観点からも▌、非常に大規模なオンライン・プラットフォームのプロバイダが、そのようなメディア・サービス・プロバイダが提供するコンテンツがその規約と相容れないと考える場合、▌メディアの自由とメディアの多元主義を正当に考慮すべきである、 規則(EU)2022/2065に従い、欧州議会および理事会規則(EU)2019/1150の第4条(1)(16)および規則(EU)2022/2065の第17条で言及されている理由書において、可能な限り早期に、メディア・サービス・プロバイダに必要な説明を行うべきである。当該コンテンツに対する制限が利用者の情報受領・伝達の権利に与える影響を最小限に抑えるため、超大規模オンラインプラットフォームは、閲覧の一時停止または制限が発効する前に理由書を提出すべきである。さらに、当該メディアサービスプロバイダに対し、一時停止または可視性の制限が発効する前に、理由書を受け取ってから24時間以内に回答する機会を提供すべきである。規則(EU)2022/2065の第36条2項にいう危機が発生した場合は、特に、そのような例外的な状況において関連コンテンツを規制する緊急の必要性を考慮するため、より短い時間枠が適用される可能性がある。
(51)  The use of labelling or age verification tools by providers of very large online platforms in accordance with their terms of service and with Union law should not be understood as a restriction of visibility. Following the reply of a media service provider to the statement of reasons by a provider of a very large online platform, or in the absence of such a reply within the given period of time, that provider of a very large online platform should inform the media service provider if it intends to proceed with the suspension of the provision of its online intermediation services in relation to the content provided by the media service provider or the restriction of the visibility of that content. This Regulation should not affect the obligations of providers of very large online platforms to take measures against illegal content disseminated through their services, to take measures in order to assess and mitigate systemic risks posed by their services, for example through disinformation, or to take measures in order to protect minors. In that context, nothing in this Regulation should be construed as deviating from the obligations of providers of very large online platforms pursuant to Articles 28, 34 and 35 of Regulation (EU) 2022/2065 and Article 28b of Directive 2010/13/EU. (51) 非常に大規模なオンライン・プラットフォームのプロバイダが、その利用規約およびEU法に従ってラベル付けや年齢検証ツールを使用することは、可視性の制限として理解されるべきではない。超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダによる理由の陳述に対するメディア・サービス・プロバイダの回答後、または所定の期間内にそのような回答がない場合、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、メディア・サービス・プロバイダが提供するコンテンツに関するオンライン仲介サービスの提供の停止または当該コンテンツの可視性の制限を進める意図があるかどうかを、メディア・サービス・プロバイダに通知すべきである。本規則は、非常に大規模なオンラインプラットフォームのプロバイダが、そのサービスを通じて流布される違法コンテンツに対する措置を講じたり、偽情報などを通じてそのサービスによってもたらされるシステミック・リスクを評価・軽減するための措置を講じたり、未成年者を保護するための措置を講じたりする義務に影響を及ぼすべきではない。その意味で、本規則のいかなる内容も、規則(EU)2022/2065の第28条、第34条および第35条ならびに指令2010/13/EUの第28b条に基づく、非常に大規模なオンラインプラットフォームのプロバイダの義務を逸脱するものと解釈されるべきではない。
(52)  It is justified, in view of an expected positive impact on the freedom to provide services and the freedom of expression, that where media service providers comply with certain regulatory, co-regulatory or self-regulatory standards, their complaints against decisions of providers of very large online platforms be treated with priority and without undue delay. (52) メディアサービスプロバイダが一定の規制、共同規制、または自主規制の標準を遵守している場合、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダの決定に対する苦情が優先的に、かつ不当に遅れることなく処理されることは、サービス提供の自由と表現の自由に期待されるプラスの影響から見て正当である。
(53)  To that end, providers of very large online platforms providing access to media content should provide a functionality on their online interface to enable media service providers to declare that they meet certain requirements, while at the same time retaining the possibility to reject such self-declarations where they consider that those conditions are not met. When a media service provider declares itself compliant with regulatory requirements or a co-regulatory or self-regulatory mechanism, it should be able to provide the contact details of the relevant national regulatory authority or body or of the representatives of the co-regulatory or self-regulatory mechanism, including those provided by widely-recognised professional associations representing a given sector and operating at Union or national level. Where there is a reasonable doubt, that information would enable the provider of a very large online platform to confirm with those authorities or bodies whether the media service provider is subject to such requirements or mechanisms. Where relevant, providers of very large online platforms should rely on information regarding adherence to those requirements, such as the machine-readable standard of the Journalism Trust Initiative, developed under the aegis of the European Committee for Standardisation, or other relevant codes of conduct. Recognised civil society organisations, fact-checking organisations and other relevant professional organisations recognising the integrity of media sources on the basis of standards agreed with the media industry should also have the possibility to flag to the providers of very large online platforms any potential issue regarding compliance by media service providers with the relevant requirements for the self-declaration. Guidelines issued by the Commission would be key to facilitate an effective implementation of such a functionality. Those guidelines should contribute to minimising the risk of potential abuse of the functionality, in particular by media service providers that engage systematically in disinformation, information manipulation and interference, including those controlled by certain third countries, taking into account the criteria to be developed by the Board regarding media service providers from outside the Union. For that purpose, those guidelines could cover arrangements related to the involvement of recognised civil society organisations, including fact-checking organisations, in the review of the declarations or to the consultation of national regulatory authorities or bodies or co-regulatory or self-regulatory bodies. (53) そのために、メディア・コンテンツへのアクセスを提供する超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダは、メディア・サービス・プロバイダが一定の要件を満たしていることを宣言できる機能をオンライン・インターフェース上に提供すべきであり、同時に、それらの条件が満たされていないと考える場合には、そのような自己宣言を拒否する可能性を保持すべきである。メディア・サービス・プロバイダが規制要件または共同規制もしくは自主規制の仕組みに準拠すると宣言する場合、関連する国内規制当局もしくは団体、または共同規制もしくは自主規制の仕組みの代表者の連絡先を提供できるようにすべきである。合理的な疑いがある場合、その情報により、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、メディアサービスプロバイダがそのような要件またはメカニズムに従うかどうかを、これらの団体または機関に確認することができる。関連する場合、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、欧州標準化委員会の庇護の下で開発されたジャーナリズム・トラスト・イニシアティブの機械可読標準、またはその他の関連する行動規範など、それらの要件の遵守に関する情報に依拠すべきである。公認の市民社会組織、ファクトチェック組織、およびメディア業界と合意した標準に基づいてメディア・ソースの完全性を認識するその他の関連専門組織も、メディア・サービス・プロバイダーが自己宣言の関連要件を遵守しているかどうかに関する潜在的な問題を、非常に大規模なオンライン・プラットフォームのプロバイダに知らせる可能性を持つべきである。このような機能の効果的な実装を促進するためには、欧州委員会が発行するガイドラインが鍵となる。これらのガイドラインは、特に、偽情報、情報操作、干渉に組織的に関与しているプロバイダ(特定の第三国によって管理されているプロバイダを含む)が、この機能を悪用するリスクを最小化することに貢献すべきである。この目的のために、これらのガイドラインは、ファクトチェック団体を含む公認の市民社会組織の宣言の見直しへの関与、または各国の規制当局もしくは団体、または共同規制団体もしくは自主規制団体の協議に関する取り決めを対象とすることができる。
(54)  This Regulation recognises the importance of co-regulatory and self-regulatory mechanisms in the context of the provision of media services on very large online platforms. Such mechanisms represent a type of voluntary initiative, for instance in the form of codes of conduct, which enables media service providers or their representatives to adopt common guidelines, including on ethical standards, the correction of errors or complaint handling, amongst themselves and for themselves. Robust, inclusive and widely accepted media self-regulation represents an effective guarantee of the quality and professionalism of media services and is key to safeguarding editorial integrity. (54) 本規則は、非常に大規模なオンライン・プラットフォームにおけるメディア・サービスの提供という文脈において、共同規制および自主規制の仕組みの重要性を認識している。このような仕組みは、例えば行動規範のような形で、メディアサービスのプロバイダまたはその代表者が、倫理基準、誤りの訂正、苦情処理などに関する共通のガイドラインを、自分たちの間で、自分たちのために採用することを可能にする、一種の自主的な取り組みを意味する。強固で包括的かつ広く受け入れられたメディアの自主規制は、メディア・サービスの質と専門性を効果的に保証するものであり、編集の完全性を守る鍵である。
(55)  Providers of very large online platforms should engage in a dialogue with media service providers that respect standards of credibility and transparency and that consider that restrictions on or suspensions of their content are repeatedly imposed by providers of very large online platforms without sufficient grounds, in order to find an amicable solution for terminating any unjustified restrictions or suspensions and avoiding them in the future. Providers of very large online platforms should engage in such dialogues in good faith, paying particular attention to safeguarding media freedom and the freedom of information. The Board should inform the Commission of its opinions on the outcome of such dialogues. The Commission could take such opinions into account in the context of the enforcement of Regulation (EU) 2022/2065. (55) 超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、信頼性と透明性の標準を尊重し、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダによってコンテンツの制限や停止が十分な根拠なく繰り返し課せられていると考えるメディアサービスプロバイダとの対話を行い、不当な制限や停止を解除し、将来的に回避するための友好的な解決策を見出すべきである。超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、メディアの自由と情報の自由を守ることに特に注意を払いながら、このような対話に誠実に取り組むべきである。理事会は、そのような対話の結果についての意見を欧州委員会に報告すべきである。欧州委員会は、規則(EU)2022/2065の施行に際して、このような意見を考慮することができる。
(56)  Building on the useful role played by ERGA in monitoring compliance by the signatories of the EU Code of Practice on Disinformation, the Board should, at least on a yearly basis, organise a structured dialogue between providers of very large online platforms, representatives of media service providers and representatives of civil society to foster access to diverse offerings of independent media on very large online platforms, discuss experience and best practices related to the application of the relevant provisions of this Regulation, including as regards the moderation processes by very large online platforms, and to monitor adherence to self-regulatory initiatives aimed at protecting users from harmful content, including those which aim to counter disinformation. The Commission could, where relevant, examine the reports on the results of such structured dialogues when assessing systemic and emerging issues across the Union as part of its enforcement of Regulation (EU) 2022/2065 and could ask the Board to support it for that purpose. (56) EU偽情報に関する行動規範の署名者による遵守の監視においてERGAが果たした有益な役割を踏まえ、理事会は、少なくとも年1回、超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダ、メディア・サービス・プロバイダの代表者、市民社会の代表者の間で、超大規模オンライン・プラットフォームにおける独立メディアの多様な提供へのアクセスを促進するための構造的な対話を組織すべきである、 超大規模オンラインプラットフォームによるモデレーションプロセスを含め、本規則の関連条項の適用に関する経験とベストプラクティスについて議論し、偽情報への対抗を目的としたものを含め、有害なコンテンツから利用者を保護することを目的とした自主規制イニシアチブの遵守を監視する。欧州委員会は、規則(EU) 2022/2065の施行の一環として、欧州連合全体におけるシステミックな問題や新たな問題を評価する際に、関連する場合には、このような構造化されたダイアログの結果に関する報告書を検討することができ、また、理事会に対し、そのための支援を要請することができる。
(57)  Recipients of ▌media services providing programmes should be able to effectively choose the ▌content they want to watch or listen to according to their preferences. Their freedom to choose content could, however, be constrained by commercial practices in the media sector, such as agreements for content prioritisation between media service providers and manufacturers of devices or providers of user interfaces controlling or managing access to and the use of media services providing programmes, such as connected televisions or car audio systems. Prioritisation can be implemented, for example, on the home screen of a device, through hardware settings or software shortcuts, applications and search areas, which have implications on the recipients’ ▌behaviour, who might be unduly incentivised to choose certain ▌media offerings over others. User choice could also be limited by closed circuits of pre-installed applications. Users should be able to change, at any time, in a simple, easily accessible and user-friendly manner, the configuration, including default settings, of a device, such as a remote control, or of a user interface controlling or managing access to and the use of media services providing programmes. That should be understood as covering all the customisation features of devices or user interfaces which orientate or guide users in their choices as regards the media services or content they wish to access and which allow them to find or discover such services or content, taking into account the goal of fair access to media services in all their diversity, from the perspective of both users and media service providers. That right should not extend to individual items, such as programmes, within an on-demand service catalogue and is without prejudice to measures intended to ensure the appropriate prominence of audiovisual media services of general interest implementing Article 7a of Directive 2010/13/EU as well as those implementing Article 7b of that Directive, taken in the pursuit of legitimate public policy considerations. Manufacturers, developers and importers should be able to demonstrate the effective user-friendliness of the functionality required when placing their relevant products on the market. Member States should ensure, by appropriate measures, that devices and interfaces placed on their market by relevant market players comply with the relevant requirements set out in this Regulation. That could be achieved by monitoring the application and effectiveness of the actions taken by such market players. (57) ▌番組を提供するメディア・サービスの取得者は、自分の好みに応じて、見たい、あるいは聞きたい ▌コンテンツを効果的に選択できるべきである。しかし、コンテンツを選択する自由は、メディア・サービス・プロバイダと、接続されたテ レビやカー・オーディオ・システムなど、番組を提供するメディア・サービスへのアクセス やその利用を管理・制御する機器やユーザー・インターフェースの製造事業者やプロバイダ との間で結ばれるコンテンツの優先順位付けに関する合意など、メディア分野における商業慣行によって 制約される可能性がある。優先順位付けは、例えば、機器のホーム画面、ハードウェアの設定やソフトウェアのショートカット、アプリケーショ ン、検索エリアなどで実施されることがあるが、これらは取得者の行動に影響を及ぼし、取得者は他のものよりも 特定のメディアを選択する不当な動機付けを受ける可能性がある。また、プリインストールされたアプリケーションの閉じた回路によって、ユーザーの選択肢が制限される可能性もある。利用者は、リモコンなどの機器、または番組を提供するメディアサービスへのアクセスやその利用を制御・管理するユーザーインターフェースの構成を、デフォルト設定を含め、いつでも、シンプルでアクセスしやすく、ユーザーフレンドリーな方法で変更できるべきである。これは、利用者とメディア・サービス・プロバイダ双方の観点から、多様なメディア・サービスへの公正なアクセスという目標を考慮し、利用者がアクセスしたいメディア・サービスやコンテンツに関して利用者の選択を方向付け、誘導し、利用者がそのようなサービスやコンテンツを見つけ、発見できるようにする機器やユーザー・インターフェースのすべてのカスタマイズ機能を対象とすると理解すべきである。この権利はオンデマンドサービスカタログ内の番組などの個々のアイテムに及ぶべきで はなく、合法的な公共政策的配慮の追求のために講じられる指令 2010/13/EU の第 7 条 a を実施する一般的関心のあるオーディオビジュアルメディアサービス及び同指令の第 7 条 b を実施するものの適切な顕著性を確保することを意図した措置を損なうものではない。製造事業者、開発者、輸入事業者は、関連製品を上市する際、必要とされる機能の効果的な使いやすさを実証できるようにすべきである。加盟国は、適切な措置により、関連する市場関係者が上市する機器およびインタフェースが、本規則に定める関連要件に適合していることを保証すべきである。これは、当該市場関係者が取った措置の適用と有効性を監視することで達成できる。
(58)   Visual identities of media service providers consist of brands, logos, trademarks or other characteristic traits and enable recipients of media services providing programmes to determine easily who bears the editorial responsibility for the service. Visual identities are also a key competitive asset for media service providers, enabling them to differentiate their media offering on the market. Therefore, it is important that visual identities of media service providers providing programmes are preserved when users access their media services through different devices and user interfaces. To that end, manufacturers, developers and importers of devices and user interfaces should make sure that such visual identities as provided by such media service providers are not removed or modified. (58) メディア・サービス・プロバイダの視覚的アイデンティティは、ブランド、ロゴ、商標またはその他の特徴的な特徴から構成され、番組を提供するメディア・サービスの取得者が、誰がサービスの編集責任を負うかを容易に判断できるようにする。また、ビジュアル・アイデンティティは、メディア・サービス・プロバイダにとって重要な競争資産であり、市場で提供するメディアを差別化することができる。したがって、ユーザーがさまざまな機器やユーザー・インターフェースを通じてメディア・サービスにアクセスする際にも、番組を提供するメディア・サービス・プロバイダの視覚的アイデンティティが維持されることが重要である。そのため、機器やユーザー・インタフェースの製造事業者、開発事業者、輸入事業者は、当該メディア・サービス・プロバイダーが提供する視覚的アイデンティティが削除されたり変更されたりしないようにすべきである。
(59)   In order to ensure a level playing field in the provision of diverse media services providing programmes in the face of technological developments in the internal market and to ensure fair access to media services in all their diversity, it is necessary to promote the development of common harmonised standards for devices and user interfaces controlling or managing access to and the use of media services providing programmes or digital signals conveying the content from source to destination. In that context, it is important to avoid diverging technical standards which create barriers and additional costs for the industry and consumers, while encouraging the development of solutions to implement existing obligations concerning media services. (59)域内市場の技術発展に直面して、番組を提供する多様なメディア・サービスの提供における公平な競争条件を確保し、メディア・サービスへのあらゆる多様性における公正なアクセスを確保するためには、番組を提供するメディア・サービスまたはコンテンツを送信元から送信先に伝送するデジタル信号へのアクセスおよびその利用を制御または管理する機器およびユーザー・インターフェースに関する共通の整合標準の策定を促進することが必要である。その際、メディアサービスに関する既存の義務を履行するためのソリューションの開発を奨励する一方で、業界と消費者に障壁と追加コストをもたらす技術標準の乖離を回避することが重要である。
(60)  Different legislative, regulatory or administrative measures could be justified and conducive to media pluralism. However, some measures could hinder or render less attractive the exercise of the freedom of establishment and the freedom to provide services in the media sector, to the detriment of media pluralism or the editorial independence of media service providers operating in the internal market. Such measures can take various forms, for example rules to limit the ownership of media undertakings by other undertakings active in the media sector or non-media related sectors. They also include decisions related to licensing, such as revoking or making more difficult the renewal of media service providers’ licences, and decisions related to the authorisation or prior notification of media service providers. In order to mitigate their potential negative impact on media pluralism or the editorial independence of media service providers operating in the internal market and to enhance legal certainty in the internal market for media services, it is important that such measures comply with the principles of objective justification, transparency, non-discrimination and proportionality. Administrative measures that are liable to affect media pluralism or editorial independence should be adopted within predictable timeframes. Such timeframes should have a sufficient length to ensure an adequate assessment by media service providers of the measures and their foreseeable consequences. Moreover, media service providers which are individually and directly affected by regulatory or administrative measures should have the right to appeal such measures before an independent appellate body. If the appellate body is not a court, it should have the adequate resources necessary for its effective functioning. (60) さまざまな立法、規制、行政上の措置は、メディアの多元主義を正当化し、助長しうる。しかし、いくつかの措置は、メディア分野における設立の自由とサービス提供の自由の行使を妨げたり、魅力的でなくしたりして、メディアの多元主義や域内市場で活動するメディア・サービス・プロバイダの編集上の独立性を損なう可能性がある。このような措置はさまざまな形をとることができ、たとえば、メディア部門やメディア関連以外の部門で活動する他の事業者によるメディア事業の所有を制限する規則などがある。また、メディア・サービス・プロバイダーの免許の取り消しや更新を困難にするといった免許に関する決定や、メディア・サービス・プロバイダーの認可や事前通知に関する決定も含まれる。域内市場で活動するメディア事業者のメディア多元主義や編集の独立性に対する潜在的な悪影響を低減し、メディア・サービスの域内市場における法的確実性を高めるためには、こうした措置が客観的正当化、透明性、無差別、比例の原則に従うことが重要である。メディアの多元主義や編集の独立性に影響を及ぼす可能性のある行政措置は、予測可能な期限内に採択されるべきである。そのような時間枠は、メディア・サービス・プロバイダによる措置とその予見可能な結果についての十分な評価を確保するのに十分な長さを持つべきである。さらに、規制措置や行政措置によって個別的かつ直接的に影響を受けるメディア・サービス・プロバイダは、独立した上訴機関にそのような措置を不服とする権利を持つべきである。上訴機関が裁判所でない場合、その効果的な機能のために必要な十分な資源を有するべきである。
(61)  Without prejudice to the application of the Union’s competition and State aid rules and national measures taken in compliance with such rules, it is ▌ key that the Board, where national regulatory or administrative measures are likely to significantly affect the operation of media service providers in the internal market, is empowered to issue opinions. The opinions of the Board should focus on national measures that have the potential to disrupt the activities of media service providers in the internal market, for instance by preventing or obstructing their operation in such a way that the provision of their media services in a given market is seriously undermined. That could be the case where a national administrative measure is addressed specifically to a media service provider providing its services to more than one Member State or where it concerns a media service provider that, because of, inter alia, its market shares, audience reach or level of circulation, has a significant influence on the formation of public opinion in that Member State, and it prevents such a media service provider from effectively operating in a given market or entering a new one. The Board can issue such opinions on its own initiative and should issue such opinions at the request of the Commission. The Board should also issue opinions on such measures at the request of individually and directly affected media service providers. To that end, the media service provider concerned should submit a duly justified and reasoned request to the Board. In its request, the media service provider concerned should, in particular, indicate whether it has already exhausted all the available national remedies by challenging the contested measures before national courts or other competent national authorities or bodies and the type of decision or decisions that resulted therefrom. The request should indicate the reasons for which the media service provider concerned considers that the contested measure or measures significantly affect its operation in the internal market and the reasons for which it considers that such measure or measures directly and individually affect its legal situation. (61) 欧州連合の競争・国家補助規則および当該規則に従ってとられた国内措置の適用を害することなく、国内の規制・行政措置が域内市場におけるメディア・サービス・プロバイダの運営に重大な影響を及ぼす可能性がある場合、審査会に意見を出す権限が与えられることが重要である。理事会の意見は、例えば、ある市場におけるメディア・サービスの提供が著しく損なわれるような形でプロバイダの活動を妨げたり、妨害したりすることによって、域内市場におけるメディア・サービス・プロバイダの活動を混乱させる可能性のある国内措置に焦点を当てるべきである。これは、国内行政措置が、複数の加盟国にサービスを提供するメディア・サービス・プロバイダを特に対象としている場合や、特にその市場占有率、視聴者層、発行部数のレベルにより、当該加盟国における世論形成に大きな影響力を持つメディア・サービス・プロバイダに関するものであり、そのようなメディア・サービス・プロバイダが所定の市場で効果的に活動したり、新たな市場に参入したりすることを妨げる場合である。理事会は、自らの判断でこのような意見を発表することができ、欧州委員会の要請に応じてこのような意見を発表すべきである。また、理事会は、個別に直接影響を受けるプロバイダの要請に応じて、そのような措置に関する意見を発表すべきである。そのために、当該プロバイダは、正当な根拠をもった要請書を理事会に提出しなければならない。当該メディア・サービス・プロバイダは、その要請の中で、特に、国内裁判所または他の権限ある国内当局または団体に争われている措置に異議を申し立てることによって、利用可能なすべての国内救済手段をすでに使い果たしたかどうか、およびその結果どのような決定が下されたかを示すべきである。要請には、当該メディア・サービス・プロバイダが、争われた措置が域内市場における自らの業務に重大な影響を及ぼすと考える理由、および当該措置が自らの法的状況に直接かつ個別に影響を及ぼすと考える理由を示すべきである。
(62)   Media market concentrations are assessed differently across the Union from a media pluralism standpoint. The rules and procedures related to the assessment of media market concentrations vary across the Union. Some Member States rely on competition assessments only, whereas others have dedicated frameworks for specific media pluralism assessments of concentrations. In the latter case, there are considerable differences. In some cases, all media transactions are scrutinised, irrespective of whether they reach certain thresholds, while in other cases an assessment is conducted only when specific thresholds are exceeded or certain qualitative criteria are met. For instance, for the purposes of such an assessment, some Member States apply revenue multipliers in order to ensure that competitive threats do not pass undetected and are brought under scrutiny even when the outlets involved have low revenues. Where they exist, there are also differences in the procedures applicable to the scrutiny of market transactions for media pluralism purposes. That scrutiny is often carried out independently by the media regulator through a self-standing assessment or by the competent authority with the involvement of the media regulator by means of an opinion, which could be a stand-alone contribution or take the form of written views or comments in the context of an ongoing assessment. Certain national rules enable ministries or governmental bodies to intervene in the scrutiny of media markets on non-economic grounds, ranging from the protection of media pluralism to the safeguarding of public security or other general interests. (62) メディア市場の集中は、メディア多元主義の観点から、域内全域で異なって評価される。メディア市場集中の評価に関する規則や手続きは、EU全域で異なっている。加盟国の中には競争上の評価だけに頼る国もあれば、集中に関する特定のメディア多元主義の評価のための特別な枠組みを持つ国もある。後者の場合、かなりの違いがある。ある場合には、すべてのメディア取引が、それが一定の閾値に達するかどうかにかかわらず、精査される一方、ある場合には、特定の閾値を超えるか、一定の質的基準を満たす場合にのみ評価が行われる。たとえば、このような評価のために、加盟国によっては、競争上の脅威が検出されないまま通過することがないように、また、関係する店舗の収益が低い場合でも精査の対象となるように、収益倍率を適用している。それが存在する場合、メディア多元主義の目的のための市場取引の精査に適用される手続きにも違いがある。その精査は、メディア規制当局が独立した評価によって独自に行うか、所轄官庁がメディア規制当局の関与のもとに意見書によって行うことが多い。ある国の規則では、省庁や政府団体が、メディアの多元性の保護から治安やその他の一般的利益の保護に至るまで、非経済的な理由でメディア市場の精査に介入することを認めている。
(63)  The divergence and lack of coordination between Member States’ rules and procedures applicable to media market concentrations can result in legal uncertainty and regulatory, administrative or economic burdens for media undertakings willing to operate across borders, thus distorting competition in the internal market for media services. In some cases, national measures in the area can effectively prevent a media undertaking established in the Union from entering another national market, without being genuinely aimed at promoting media pluralism(17). Ultimately, instead of achieving greater media plurality, that might reinforce the oligopolistic dynamics in the media market. In order to reduce obstacles which hinder media service providers’ ability to operate in the internal market, it is important that this Regulation set out a common framework for assessing media market concentrations across the Union. (63)メディア市場の集中に適用される加盟国の規則と手続きの間の乖離と調整の欠如は、国境を越えて事業を行おうとするメディア事業者にとって、法的不確実性と規制的、行政的、経済的負担をもたらし、メディア・サービスのための域内市場における競争を歪めることになりかねない。場合によっては、この分野の国内措置は、純粋にメディアの多元主義を促進することを目的とすることなく、域内で設立されたメディア事業が他の国内市場に参入することを事実上妨げることがある(17)。結局のところ、メディアの多元性を高めるどころか、メディア市場の寡占的な力学を強化することになりかねない。輸入事業者の域内市場での活動を妨げる障害を減らすために、この規則が域内全域でメディア市場の集中を評価するための共通の枠組みを定めることが重要である。
(64)  Media play a decisive role in shaping public opinion and providing citizens with information which is relevant for actively participating in democratic processes. That is why Member States, independently from competition law assessments, should provide for rules and procedures in national law to allow for the assessment of media market concentrations that could have a significant impact on media pluralism and editorial independence. In that context, media pluralism should be understood as the possibility to have access to a variety of media services and media content which reflect diverse opinions, voices and analyses. National rules and procedures can have an impact on the freedom to provide media services in the internal market and need to be properly framed and be transparent, objective, proportionate and non-discriminatory. Media market concentrations subject to such rules should be understood as covering those which could result in a single entity controlling or having significant interests in the market concerned and thus having a substantial influence on the formation of public opinion in a given media market ▌ in one or more Member States. An important criterion to be taken into account is the reduction of competing views within that market as a result of the media market concentration. (64) メディアは、世論を形成し、民主的プロセスに積極的に参加するために必要な情報を市民に提供する上で、決定的な役割を果たす。だからこそ加盟国は、競争法の評価とは別に、メディアの多元性と編集の独立性に重大な影響を与える可能性のあるメディア市場集中の評価を可能にする規則と手続きを国内法に規定すべきである。その文脈において、メディアの多元主義とは、多様な意見、声、分析を反映する多様なメディア・サービスやメディア・コンテンツにアクセスできる可能性と理解されるべきである。国内的な規則や手続きは、域内市場におけるメディア・サービス提供の自由に影響を与えうるものであり、適切な枠組みを持ち、透明性、客観性、比例性、非差別的である必要がある。このような規則の対象となるメディア市場の集中は、単一の事業体が当該市場を支配し、または重要な権益を持ち、その結果、1つまたは複数の加盟国のメディア市場▌における世論形成に実質的な影響を及ぼす可能性のあるものを指すと理解すべきである。考慮すべき重要な基準は、メディア市場の集中の結果、当該市場内で競合する意見が減少することである。
(65)  National regulatory authorities or bodies, which have specific expertise in the area of media pluralism, should be involved in the assessment of the impact of media market concentrations on media pluralism and editorial independence where they are not the designated authorities or bodies themselves. The involvement of those national regulatory authorities or bodies should be substantive, for instance by ensuring that their views are taken into account in the competition assessment. In order to foster legal certainty and ensure that the national rules and procedures that allow for the assessment of media market concentrations that could have a significant impact on media pluralism and editorial independence genuinely aim to protect media pluralism and editorial independence, it is essential that objective, non-discriminatory and proportionate criteria for notifying and assessing the impact of media market concentrations on media pluralism and editorial independence be set out in advance. (65) メディア市場の集中がメディアの多元性と編集の独立に与える影響の評価には、メディアの多元性の分野で特定の専門知識を持つ各国の規制当局または団体が関与すべきである。それらの国の規制当局または団体の関与は、例えば、競争評価において彼らの意見が考慮されることを保証することによって、実質的なものとすべきである。法的確実性を醸成し、メディアの多元性と編集の独立に重大な影響を及ぼしうるメディア市場集中の評価を可能にする国内規則と手続が、純粋にメディアの多元性と編集の独立を保護することを目的としていることを保証するためには、メディア市場集中がメディアの多元性と編集の独立に及ぼす影響を通知し評価するための客観的、非差別的かつ比例的な基準が、あらかじめ定められていることが不可欠である。
(66)  Where a media market concentration constitutes a concentration falling within the scope of Regulation (EC) No 139/2004 ▌, the application of this Regulation or of any rules and procedures adopted by Member States on the basis of this Regulation should not affect and should be distinct from the application of Article 21(4) of Regulation (EC) No 139/2004. Any measures taken by the designated national regulatory authorities or bodies or the national regulatory authorities or bodies involved on the basis of their assessment of media market concentrations that could have a significant impact on media pluralism and editorial independence should therefore aim to protect legitimate interests within the meaning of Article 21(4), second subparagraph, of Regulation (EC) No 139/2004 and should be in line with the general principles and other provisions of Union law. This Regulation should be without prejudice to more detailed national rules applicable to media market concentrations occurring, in particular, at regional or local level. (66) メディア市場の集中が規則(EC) No 139/2004 ▌の範囲内の集中に該当する場合、本規則または本規則に基づいて加盟国が採択した規則および手続きの適用は、規則(EC) No 139/2004 の第21条(4)の適用に影響を及ぼすべきではなく、またそれと区別されるべきである。したがって、メディアの多元性と編集の独立性に重大な影響を及ぼす可能性のあるメディア市場集中の評価に基づき、指定された国内規制当局または団体、あるいは関係する国内規制当局または団体が講じる措置は、規則(EC)No 139/2004の第21条第4項第2号にいう正当な利益を保護することを目的とすべきであり、EU法の一般原則およびその他の規定に沿ったものでなければならない。この規則は、特に地域または地方レベルで発生するメディア市場の集中に適用される、より詳細な国内規則を妨げるものであってはならない。
(67)  The Board should be empowered to provide opinions on draft assessments by the designated national regulatory authorities or bodies or draft opinions by the national regulatory authorities or bodies involved, where the media market concentrations are likely to affect the functioning of the internal market for media services. That would be the case, for example, where such concentrations involve acquisitions by or of an undertaking established in another Member State or operating across borders or result in media service providers having a significant influence on the formation of public opinion in a given media market with potential effects on audiences in the internal market. Where a media market concentration has not been or could not be assessed for its impact on media pluralism and editorial independence by the relevant ▌ authorities or bodies at the national level or where the national regulatory authorities or bodies have not consulted the Board regarding a ▌media market concentration that is considered likely to affect the functioning of the internal market for media services, the Board can provide an opinion on its own initiative and should provide an opinion at the request of the Commission. In that context, the Commission should retain the possibility to issue its own opinions ▌. (67) 理事会は、メディア市場の集中がメディア・サービスの域内市場の機能に影響を及ぼす可能性が高い場合、指定された各国規制当局または団体による評価案、あるいは関係する各国規制当局または団体による意見案に対して意見を提供する権限を与えられるべきである。例えば、そのような集中が、他の加盟国に設立された、あるいは国境を越えて活動する事業による、あるいはそのような事業による買収を伴う場合、あるいはメディアサービスプロバイダが、あるメディア市場における世論形成に大きな影響力を持ち、その結果、域内市場の視聴者に潜在的な影響を及ぼすような場合である。メディア市場の集中が、メディアの多元性と編集の独立性に与える影響について、国内レベルの関連▌当局または団体によって評価されていない、もしくは評価できなかった場合、または、メディアサービスの域内市場の機能に影響を与える可能性が高いと考えられる▌メディア市場の集中について、各国の規制当局または団体が理事会に相談していない場合、理事会は自らの主導で意見を述べることができ、欧州委員会の要請に応じて意見を述べるべきである。その際、欧州委員会は独自の意見を発表する可能性を保持すべきである。
(68)  With a view to ensuring pluralistic media markets, the national authorities or bodies and the Board should take account of the elements provided for in this Regulation. In particular, the national authorities or bodies and the Board should consider the expected impact that media market concentrations have on media pluralism, including, in particular, the effect they have on the formation of public opinion, taking into account ▌ the online environment. In that respect and particularly where relevant in order to assess the possible impact they have on the formation of public opinion in significant parts of a given media market, the national authorities or bodies and the Board should take into account the geographical reach of the entities involved in media market concentrations. Concurrently, they should consider whether other media outlets that provide different and alternative content would still coexist in the given market or markets if the media market concentration in question is implemented. When assessing safeguards for editorial independence, the national authorities or bodies and the Board should examine the potential risks of undue interference by the prospective owner, management or governance structure in the ▌ editorial decisions of the acquired or merged entity. The national authorities or bodies and the Board should also take into account the existing or envisaged internal safeguards which aim to preserve ethical and professional standards as well as the independence of ▌ editorial decisions taken within the media undertakings involved. In assessing the potential impact of media market concentrations on media pluralism and editorial independence, the national authorities or bodies and the Board should consider the effect of the concentration in question on the economic sustainability of the entity or entities involved in the concentration. They should also consider whether, in the absence of the concentration, the entity or entities involved in the concentration would be economically sustainable, in the sense that, in the medium term, they would be able to continue to provide and further develop financially viable, adequately resourced and technologically adapted quality media services in the market. Where applicable, the national authorities or bodies and the Board should also take into account the commitments that any of the parties involved might offer in order to ensure that the relevant media market concentration guarantees media pluralism and editorial independence. Where relevant, the national authorities or bodies in their assessments and the Board in its opinions should also take into account the findings of the Commission’s annual rule of law reports related to media pluralism and media freedom. (68) 多元的なメディア市場を確保する観点から、各国当局または団体および委員会は、本規則に規定されている要素を考慮すべきである。特に、各国当局または団体および理事会は、メディア市場の集中がメディアの多元性に及ぼす影響(特に、オンライン環境を考慮した世論形成への影響を含む)を考慮すべきである。この点に関し、また特に、あるメディア市場の重要な部分における世論形成に及ぼしうる影響を評価するために関連する場合、各国当局または団体および理事会は、メディア市場集中に関与する事業体の地理的範囲を考慮に入れるべきである。同時に、問題のメディア市場集中が実施された場合にも、異なる代替コンテンツを提供する他のメディアが当該市場において共存するかどうかを検討すべきである。編集の独立性に関するセーフガードをアセスメントする際、各国当局または団体と理事会は、買収または合併される事業体の編集上の意思決定において、オーナー候補、マネジメントまたはガバナンス機構による不当な干渉の潜在的リスクを検討すべきである。各国当局または団体と理事会はまた、倫理的・職業的標準と、関係するメディア事業体内で行われる▌編集上の決定の独立性を維持することを目的とする、既存または想定される内部的な保護措置も考慮すべきである。メディア市場の集中がメディアの多元性と編集の独立性に及ぼす潜在的影響を評価する際、各国当局または団体と理事会は、当該集中が集中に関与する事業体または団体の経済的持続可能性に及ぼす影響を検討すべきである。また、集中がなければ、集中に関与する事業体は、中期的に、当該市場において、財政的に存続可能で、十分な資源があり、技術的に適合した質の高いメディアサービスを提供し続け、さらに発展させることができるという意味で、経済的に持続可能であるかどうかを検討すべきである。該当する場合、各国当局または団体と理事会は、関連するメディア市場の集中がメディアの多元性と編集の独立性を保証することを確保するために、関係者が提示する可能性のある約束も考慮すべきである。関連する場合、各国当局または団体はその評価において、また理事会はその意見において、メディアの多元主義とメディアの自由に関連する欧州委員会の年次法治報告書の所見も考慮に入れるべきである。
(69)  Audience measurement has a direct impact on the allocation and prices of advertising, which represents a key revenue source for the media sector. It is a crucial tool for evaluating the performance of media content and understanding the preferences of audiences in order to plan the future production of content. Accordingly, media market players, in particular media service providers and advertisers, should be able to rely on objective and comparable audience data stemming from transparent, unbiased and verifiable audience measurement solutions. In principle, audience measurement should be carried out in accordance with widely accepted industry self-regulatory mechanisms. However, certain new players that have emerged in the media ecosystem, such as online platforms, do not abide by the industry standards or best practices agreed through relevant industry self-regulatory mechanisms and provide their proprietary measurement services without making available information on their methodologies. That could result in audience measurement solutions that are not comparable, information asymmetries among media market players and ▌ potential market distortions, to the detriment of the equality of opportunities for media service providers in the market. Therefore, it is important that audience measurement systems and methodologies made available on the market ensure an appropriate level of transparency, impartiality, inclusiveness, proportionality, non-discrimination, comparability and verifiability. (69) 視聴率測定は、メディア部門の重要な収入源である広告の配分と価格に直接的な影響を与える。視聴者測定は、メディア・コンテンツのパフォーマンスを評価し、将来のコンテンツ制作を計画するために視聴者の嗜好を理解するための重要なツールである。したがって、メディア市場のプレーヤー、特にメディア・サービス・プロバイダと広告主は、透明で公平かつ検証可能な視聴者測定ソリューションから得られる客観的で比較可能な視聴者データに頼ることができるべきである。原則として、視聴者測定は、広く受け入れられている業界の自主規制メカニズムに従って実施されるべきである。しかし、オンライン・プラットフォームなど、メディア・エコシステムに登場した特定の新規プロバイダは、関連する業界自主規制メカニズムを通じて合意された業界標準やベスト・プラクティスを守らず、その方法論に関する情報を公開することなく、独自の測定サービスを提供している。その結果、視聴者測定ソリューションが比較できなくなり、メディア市場のプレーヤー間で情報の非対称性が生じ、▌ 潜在的な市場の歪みが生じ、市場におけるメディア・サービス・プロバイダの機会の平等が損なわれる可能性がある。したがって、市場で入手可能な視聴者測定システムと方法論は、適切なレベルの透明性、公平性、包括性、比例性、無差別性、比較可能性、検証可能性を確保することが重要である。
(70)  Relevant market players have traditionally agreed upon a set of measurement methodologies in order to carry out audience measurement in a transparent and reliable manner and develop impartial and trusted benchmarks to be used when assessing the performance of media and advertising content. Those measurement methodologies are either reflected in relevant industry standards and best practices or are organised and consolidated by self-regulatory bodies, such as the Joint Industry Committees, which are established in several Member States and bring together all the key stakeholders operating in the media and advertising industry. In order to enhance the verifiability, reliability and comparability of audience measurement methodologies, in particular online, transparency obligations should be laid down for providers of proprietary audience measurement systems that do not follow the relevant industry standards and best practices or do not abide by the industry benchmarks agreed within the relevant self-regulatory bodies. Under those obligations, such actors, where requested and to the extent possible, should provide advertisers and media service providers or parties acting on their behalf with information describing the methodologies employed for the measurement of the audience. Such information could consist in providing elements such as the size of the sample measured, the definition of the indicators that are measured, the metrics, the measurement methods, the measurement period, the coverage of measurement and the margin of error. To ensure an adequate level of effectiveness of those transparency obligations and to foster the trustworthiness of proprietary audience measurement systems, the methodologies and the way in which they are applied should be subject to independent audits on a yearly basis. Furthermore, in order to help achieve a level playing field and foster the clarity and contestability of the relevant information that is provided to the market, it is also key that the audience measurement results be made available. (70) 関連する市場関係者は従来、透明で信頼できる方法で視聴者測定を実施し、メディアや広告コンテンツのパフォーマンスを評価する際に使用する公平で信頼できるベンチマークを開発するため、一連の測定方法論に合意してきた。これらの測定方法は、関連する業界標準やベストプラクティスに反映されるか、あるいは、いくつかの加盟国に設立され、メディア・広告業界で活動するすべての主要な利害関係者が集まる合同業界委員会のような自主規制団体によって組織・統合されている。視聴者測定手法の検証可能性、信頼性、比較可能性を高めるため、特にオンラインでは、関連する業界標準やベストプラクティスに従わない、あるいは関連する自主規制団体で合意された業界ベンチマークに従わない独自の視聴者測定システムのプロバイダに対して、透明性の義務を定めるべきである。このような義務に基づき、そのようなプロバイダは、要求された場合、また可能な限り、広告主やメディア・サービス・プロバイダ、またはそれらの代理を務める当事者に対し、視聴者測定に採用された方法論を説明する情報を提供すべきである。そのような情報は、測定サンプルのサイズ、測定される指標の定義、測定基準、測定方法、測定期間、測定範囲、誤差などの要素を提供することで構成される。これらの透明性義務の適切な有効性を確保し、独自の視聴者測定システムの信頼性を促進するために、その方法論と適用方法は、毎年独立した監査を受けるべきである。さらに、公平な競争条件を実現し、市場に提供される関連情報の明確性と競争可能性を促進するためには、視聴者測定結果を利用可能にすることも重要である。
For that reason, media service providers should be able to request providers of proprietary audience measurement systems to provide information on the audience measurement results concerning their own media content and services. In particular, providers of proprietary audience measurement systems should ensure that that information is provided in an industry-standard form, includes the relevant non-aggregated data, is of high quality and is detailed enough to allow the requesting media service providers to carry out an effective and meaningful assessment of the reach and performance of their media content and services. The need to increase the transparency and contestability of proprietary audience measurement systems should be reconciled with the freedom of providers of audience measurement systems to develop their own measurement systems as part of their freedom to conduct business. In particular, the transparency obligations imposed on providers of audience measurement systems by this Regulation should be without prejudice to the protection of the trade secrets of providers of audience measurement systems as defined in Directive (EU) 2016/943 of the European Parliament and of the Council(18). The obligations imposed by this Regulation should also be without prejudice to any obligations that apply to providers of audience measurement systems under Regulation (EU) 2019/1150 or Regulation (EU) 2022/1925 of the European Parliament and of the Council(19), including those concerning ranking, self-preferencing or providing access to performance measuring tools and the relevant data. そのため、メディア・サービス・プロバイダは、独自の視聴者測定システムのプロバイダに対し、自らのメディア・コンテンツおよびサービスに関する視聴者測定結果に関する情報の提供を要求できるようにすべきである。特に、独自の視聴者測定システムのプロバイダは、その情報が業界標準の形式で提供され、関連する非集計データを含み、質が高く、要求するメディア・サービス・プロバイダが自らのメディア・コンテンツとサービスのリーチとパフォーマンスの効果的で意味のある評価を実施できるよう十分に詳細であることを保証すべきである。独自の視聴者測定システムの透明性と競争性を高める必要性は、視聴者測定システムのプロバイダが事業遂行の自由の一環として独自の測定システムを開発する自由と両立させるべきである。特に、本規則によって視聴者測定システムのプロバイダに課される透明性義務は、欧州議会および理事会指令(EU)2016/943(18)で定義されている視聴者測定システムのプロバイダの企業秘密の保護を損なうものであってはならない。また、本規則が課す義務は、欧州議会および理事会規則(EU)2019/1150または欧州議会および理事会規則(EU)2022/1925(19)に基づき視聴者測定システムのプロバイダに適用される義務(ランキング、自己参照、パフォーマンス測定ツールおよび関連データへのアクセス提供に関するものを含む)を損なうものであってはならない。
(71)  Codes of conduct, drawn up either by the providers of audience measurement systems or by organisations or associations representing them, together with media service providers and providers of online platforms, as well as their representative organisations, and other relevant stakeholders, could contribute to the effective application of this Regulation and should, therefore, be encouraged. Self-regulatory mechanisms widely recognised in the media industry have already been used to foster high quality standards in the area of audience measurement, ensuring the impartiality of the measurements and the comparability of the results. Their further development could be seen as an effective tool for the industry to agree on the practical solutions needed for ensuring compliance of audience measurement systems and their methodologies with the principles of transparency, impartiality, inclusiveness, proportionality, non-discrimination, comparability and verifiability. When drawing up such codes of conduct, in consultation with all relevant stakeholders and notably media service providers and providers of online platforms, account could be taken, in particular, of the increasing digitalisation of the media sector and the need to make increasingly comparable the different audience measurement solutions available on the market. In fact, comparability of audience measurement results is key to achieving a level playing field among media market players as it enables media service providers and advertisers to better gauge the success of their offering, which users increasingly consume across different devices and platforms. For that reason, the relevant industry players should be encouraged to make use of codes of conduct and other self-regulatory mechanisms to foster the development of audience measurement solutions which are comparable across different media and platforms. In addition, such codes of conduct should also foster the development of solutions ensuring the proper measurement of audiences of small media service providers. (71)視聴者測定システムのプロバイダまたはそれらを代表する組織もしくは団体によって、メディア・サービス・プロバイダおよびオンライン・プラットフォームのプロバイダ、ならびにそれらの代表者組織、その他の関連する利害関係者とともに作成される行動規範は、本規則の効果的な適用に貢献する可能性があり、したがって奨励されるべきである。メディア業界で広く認知されている自主規制の仕組みは、視聴者測定の分野において、測定の公平性と結果の比較可能性を確保し、質の高い標準を育成するためにすでに利用されている。そのさらなる発展は、視聴者測定システムとその方法論が、透明性、公平性、包括性、比例性、無差別性、比較可能性、検証可能性の原則に準拠していることを保証するために必要な現実的な解決策について、業界が合意するための効果的なツールとみなすことができる。このような行動規範を策定する際には、すべての関係者、特にメディア・サービス・プロバイダやオンライン・プラットフォームのプロバイダと協議し、特にメディア部門のデジタル化の進展と、市場で入手可能なさまざまな視聴者測定ソリューションの比較可能性を高める必要性を考慮することができる。実際、視聴者測定結果の比較可能性は、メディア・サービス・プロバイダーや広告主が、さまざまなデバイスやプラットフォームでユーザーがますます消費するようになるサービスの成功をより適切に評価することを可能にするため、メディア市場のプレーヤー間で公平な競争条件を達成するための鍵となる。そのため、関連する業界関係者は、異なるメディアやプラットフォーム間で比較可能な視聴者測定ソリューションの開発を促進するため、行動規範やその他の自主規制メカニズムを活用するよう奨励されるべきである。さらに、このような行動規範は、小規模なメディア・サービス・プロバイダの視聴者の適切な測定を保証するソリューションの開発も促進すべきである。
(72)  Public funds allocated for state advertising and supply or service contracts are an important source of revenue for many media service providers and providers of online platforms, contributing to their economic sustainability. In order to ensure equal opportunities in the internal market, access to such funds should be granted in a non-discriminatory way to any media service provider or provider of an online platform from any Member State which can adequately reach some or all of the relevant members of the public. Moreover, public funds allocated for state advertising and supply or service contracts could make media service providers and providers of online platforms vulnerable to undue state influence or partial interests to the detriment of the freedom to provide services and fundamental rights. An opaque and biased allocation of such funds is therefore a powerful tool to exert influence on the editorial freedom of media service providers, ‘capture’ media service providers or covertly subsidise such providers to gain unfair political or commercial advantage or favourable coverage. Public funds allocated for state advertising and supply or service contracts are in some regards regulated through a fragmented framework of media-specific measures and Union public procurement rules, which do not offer sufficient protection against preferential or biased distribution. In particular, Directive 2014/24/EU of the European Parliament and of the Council(20) does not apply to public service contracts for the acquisition, development, production or co-production of programme material intended for audiovisual media services or radio media services. Media-specific rules on public funds allocated for state advertising and supply or service contracts, where they exist, diverge significantly from one Member State to another. That could create information asymmetry for media market players and have a negative impact on cross-border economic activity in the internal market for media services. Most importantly, it could distort competition, discourage investment and be detrimental to a level playing field in the internal market for media services. (72)国の広告および供給またはサービス契約に割り当てられた公的資金は、多くのメディア・サービス・プロバイダおよびオンライン・プラットフォームのプロバイダにとって重要な収入源であり、その経済的持続可能性に寄与している。域内市場における機会均等を確保するため、このような資金へのアクセスは、関連する公衆の一部またはすべてに適切にリーチできる加盟国のメディア・サービス・プロバイダまたはオンライン・プラットフォームのプロバイダに対して、非差別的に認められるべきである。さらに、国の広告や供給・サービス契約に割り当てられる公的資金は、メディア・サービス・プロバイダーやオンライン・プラットフォームのプロバイダーを、サービス提供の自由や基本的権利を害する国の不当な影響や部分的利益に脆弱にする可能性がある。したがって、このような資金の不透明でバイアスのかかった配分は、メディア・サービス・プロバイダの編集の自由に影響力を行使したり、メディア・サービス・プロバイダを「捕捉」したり、不当な政治的・商業的優位や有利な報道を得るためにそのようなプロバイダに密かに補助金を出したりする強力な手段となる。国営広告や供給・サービス契約に割り当てられる公的資金は、メディア固有の措置やEUの公共調達規則の断片的な枠組みを通じて規制されている面もあるが、これらは優遇的またはバイアス的な分配に対する十分な保護を提供していない。特に、欧州議会および理事会指令2014/24/EU(20)は、視聴覚メディア・サービスまたはラジオ・メディア・サービス向けの番組素材の取得、開発、制作または共同制作に関する公共サービス契約には適用されない。国営広告に割り当てられる公的資金や、供給・サービス契約に関するメディア固有の規則は、存在する場合、加盟国によって大きく異なっている。これは、メディア市場関係者に情報の非対称性をもたらし、メディア・サービスの域内市場における国境を越えた経済活動に悪影響を及ぼす可能性がある。最も重要なことは、競争を歪め、投資を抑制し、メディア・サービスの域内市場における公平な競争条件を害する可能性があるということである。
(73)  In order to ensure undistorted competition between media service providers and online platforms and to avoid the risk of covert subsidies and of undue political influence on the media, it is necessary to establish common requirements of transparency, objectivity, proportionality and non-discrimination in the allocation of public funds or other state resources to media service providers and providers of online platforms for state advertising or in purchasing goods or services from them other than state advertising, for example, audiovisual productions, market data and consulting or training services. Where possible, with due regard to the national and local specificities of the relevant media markets, to national governance models and to the division of competence between national, regional and local level in the Member States, taking into account, in particular, the amount of state resources allocated and the number of potential providers of relevant advertising services or relevant goods or services other than advertising, such allocation should aim to ensure media plurality, in particular by benefitting a variety of different media service providers and providers of online platforms. Such allocation should not result in an unjustified and disproportionate advantage for certain providers. In order to ensure a high level of transparency, it is important that the criteria and procedures used to allocate public funds to media service providers and providers of online platforms for state advertising and supply or service contracts be made publicly available in advance by electronic and user-friendly means. (73) メディア・サービス・プロバイダーとオンライン・プラットフォーム間の歪みのない競争を確保し、秘密の補助金やメディアへの不当な政治的影響のリスクを回避するためには、メディア・サービス・プロバイダーおよび国家広告のためのオンライン・プラットフォームのプロバイダーへの公的資金またはその他の国家資源の配分、またはそれらからの国家広告以外の商品またはサービス(たとえば、視聴覚制作、市場データ、コンサルティングまたは研修サービスなど)の購入において、透明性、客観性、比例性および識別的でないという共通の要件を確立することが必要である。可能であれば、関連するメディア市場の国および地域の特殊性、加盟国におけるガバナンスモデル、および国、地域、地方レベルの権限の分担を考慮し、特に、割り当てられる国家資源の量と、関連広告サービスまたは広告以外の関連商品もしくはサービスの潜在的なプロバイダの数を考慮して、そのような割当ては、特に、さまざまな異なるメディアサービスプロバイダおよびオンラインプラットフォームのプロバイダに利益をもたらすことによって、メディアの多元性を確保することを目指すべきである。このような配分は、特定のプロバイダにとって不当かつ不釣り合いな優位性をもたらすものであってはならない。高い透明性を確保するためには、国家広告および供給またはサービス契約のために公的資金をメディア・サービス・プロバイダおよびオンライン・プラットフォームのプロバイダに配分するために使用される基準および手順が、電子的かつユーザーフレンドリーな手段によって事前に公開されることが重要である。
The common requirements regarding state advertising and supply or service contracts should cover public funds allocated both directly and indirectly, for instance through specialised intermediaries such as advertising agencies and advertising exchange providers. It is also necessary to establish common requirements to publish information on the recipients of state advertising expenditure and the amounts spent. It is important that Member States make the necessary information related to state advertising publicly accessible in an electronic format that is easy to view, access and download, in compliance with Union and national rules on commercial confidentiality. It is also necessary for national regulatory authorities or bodies or other competent independent authorities or bodies in the Member States to monitor and report on the allocation of public funds for state advertising to media service providers and providers of online platforms. Where requested by national regulatory authorities or bodies or other competent independent authorities or bodies, public authorities and entities should provide them with additional information necessary to assess the completeness of the information published and the application of criteria and procedures used for the allocation of such funds. This Regulation should not affect the application of the Union’s public procurement and State aid rules. 国営広告や供給・サービス契約に関する共通要件は、例えば広告代理店や広告交換プロバイダなどの専門仲介業者を通じて、直接的・間接的に配分される公的資金を対象とすべきである。また、国家広告費の取得者や支出額に関する情報を公表するための共通要件を設けることも必要である。加盟国は、商業上の守秘義務に関する連邦規則および国内規則を遵守し、国家広告に関連する必要な情報を、閲覧、アクセス、ダウンロードが容易な電子フォーマットで一般に公開することが重要である。また、加盟国の国内規制当局または団体、あるいは権限を有するその他の独立当局または団体が、メディア・サービス・プロバイダおよびオンライン・プラットフォームのプロバイダに対する国営広告のための公的資金の配分を監視し、報告することも必要である。各国の規制当局もしくは団体、または他の管轄の独立当局もしくは団体から要請があった場合、公的機関および事業体は、公表された情報の完全性、およびそのような資金の割り当てに使用された基準および手続きの適用を評価するために必要な追加情報を提供しなければならない。本規則は、欧州連合の公共調達規則および国家補助規則の適用に影響を及ぼすべきではない。
(74)  The Commission should ensure that risks to the functioning ▌of the internal market for media services are independently and continuously monitored as part of the efforts to improve the functioning of the internal market for media services (the ‘monitoring exercise’). The monitoring exercise should aim to provide detailed data and qualitative assessments ▌ , including as regards the degree of concentration of the media market at national and regional level and risks of foreign information manipulation and interference. It should be conducted independently by a specialised academic entity in collaboration with researchers from the Member States on the basis of a robust list of key performance indicators and methodological safeguards. The Commission, in consultation with the Board, should develop and regularly update those key performance indicators and methodological safeguards. Given the rapidly evolving nature of risks to and technological developments in the internal market for media services, the monitoring exercise should ▌assess the prospective economic viability of the internal market for media services in order to alert about vulnerabilities in media pluralism and editorial independence and to help efforts to improve governance, data quality and risk management. The monitoring exercise should cover, in particular, the level of cross-border activity and investment, regulatory cooperation and convergence in media regulation, obstacles to the provision of media services, including in a digital environment, the position of media service providers in the digital environment, and transparency and fairness in the allocation of economic resources in the internal market for media services. (74) 欧州委員会は、メディア・サービスのための域内市場の機能を改善する努力の一環として、メディア・サービスのための域内市場の機能に対するリスクを独立的かつ継続的に監視することを確保すべきである(「監視活動」)。モニタリングは、国・地域レベルでのメディア市場の集中の度合いや、外国による情報操作・干渉のリスクなど、詳細なデータと定性的アセスメント▌を提供することを目指すべきである。これは、加盟国の研究者と協力して、専門的な学術事業体によって、主要業績評価指標と方法論的保護措置の確固としたリストに基づいて、独自に実施されるべきである。欧州委員会は、理事会と協議の上、これらの重要業績評価指標と方法論的保護措置を策定し、定期的に更新すべきである。メディアサービスのための域内市場に対するリスクや技術開発は急速に進化しているため、監視は、メディアの多元性と編集の独立性における脆弱性に注意を喚起し、ガバナンス、データの質、リスクマネジメントの改善に役立てるために、メディアサービスのための域内市場の経済的存続可能性の見通しをアセスメントすべきである。モニタリングは特に、国境を越えた活動と投資のレベル、メディア規制における規制協力と収斂、デジタル環境を含むメディアサービス提供の障害、デジタル環境におけるメディアサービスプロバイダーの地位、メディアサービス域内市場における経済資源配分の透明性と公平性を対象とすべきである。
The monitoring exercise should also consider broader trends in the internal market for media services and national media markets and national law affecting media service providers. In addition, the monitoring exercise should provide a general overview of measures taken by media service providers with a view to guaranteeing the independence of editorial decisions, including those proposed in Recommendation (EU) 2022/1634, and an analysis of their potential to reduce risks to the functioning of the internal market for media services. In order to ensure the highest standards of the monitoring exercise, the Board, because it gathers together entities with a specialised media market expertise, should be duly involved in the monitoring exercise. Furthermore, where relevant, the monitoring exercise should take into account the findings of the Council of Europe Platform to promote the protection of journalism and safety of journalists and of the Media Freedom Rapid Response, given their effectiveness in identifying risks or threats to journalists and media service providers which can also affect the internal market for media services. モニタリングはまた、メディア・サービスのための域内市場、各国のメディア市場、メディア・サービス・プロバイダに影響を与える国内法におけるより広範な傾向も考慮すべきである。さらに、モニタリングは、勧告(EU)2022/1634で提案されているものを含め、編集決定の独立性を保証するためにメディア・サービス・プロバイダが取っている措置の全般的な概要と、メディア・サービスのための域内市場の機能に対するリスクを軽減する可能性の分析を提供すべきである。監視活動の標準を最高水準にするため、メディア市場の専門知識を有する事業体を集めた理事会は、監視活動に適切に関与すべきである。さらに、ジャーナリズムの保護とジャーナリストの安全を促進するための欧州評議会プラットフォームおよびメディアの自由に関する迅速な対応(Media Freedom Rapid Response)が、メディアサービスのための域内市場にも影響を及ぼしうるジャーナリストおよびメディアサービスプロバイダに対するリスクや脅威を特定する上で有効であることを考慮し、関連する場合には、監視活動の結果を考慮に入れるべきである。
(75)   It should be recalled that the Commission has the duty to monitor the application of this Regulation in accordance with its responsibility pursuant to Article 17 TEU. In that regard, the Commission has stated in its communication of 19 January 2017 entitled ‘EU law: Better results through better application’ that it is important that it focus and prioritise its enforcement efforts on the most significant breaches of Union law affecting the interests of Union’s citizens and businesses. (75) 欧州委員会は、TEU第17条に基づく責任に従い、本規則の適用を監視する義務を負っていることを想起すべきである。この点に関して、欧州委員会は2017年1月19日付のコミュニケーション「EU法: より良い適用によるより良い結果』において、EU市民および企業の利益に影響を及ぼす最も重大なEU法違反に執行努力を集中し、優先順位をつけることが重要であると述べている。
(76)  Since the objective of this Regulation, namely ensuring the proper functioning of the internal market for media services, cannot be sufficiently achieved by the Member States, because they cannot or might not have incentives to achieve the necessary harmonisation and cooperation acting alone, but can rather, by reasons of the increasingly digital and cross-border production, distribution and consumption of media content as well as the unique role of media services, be better achieved at the Union level, the Union may adopt measures, in accordance with the principle of subsidiarity as set out in Article 5 of the TEU. In accordance with the principle of proportionality as set out in that Article, this Regulation does not go beyond what is necessary in order to achieve that objective. (76) 本規則の目的、すなわちメディアサービスの域内市場の適切な機能の確保は、加盟国が単独で必要な調和と協力を達成できないか、または達成するインセンティブを持たない可能性があるため、加盟国によって十分に達成されるものではなく、むしろ、メディアコンテンツのデジタル化と国境を越えた制作、分布外および消費、ならびにメディアサービスの独特な役割の増大により、連合レベルでよりよく達成されるため、連合は、TEU第5条に定める補完性の原則に従い、措置を採択することができる。同条に定める比例原則に従い、本規則はその目的を達成するために必要な範囲を超えるものではない。
(77)  This Regulation respects the fundamental rights and observes the principles recognised by the Charter, in particular Articles 7, 8, 11, 16, 47, 50 and 52 thereof. Accordingly, this Regulation should be interpreted and applied with due respect for those rights and principles. In particular, nothing in this Regulation should be interpreted as interfering with the freedom of information, editorial freedom or the freedom of the press as enshrined in national constitutional law that is consistent with the Charter or as incentivising Member States to introduce requirements for the editorial content of press publications. (77) 本規則は基本的権利を尊重し、憲章、特に同第7条、第8条、第11条、第16条、第47条、第50条および第52条で認められた原則を遵守する。従って、本規則はこれらの権利と原則を十分に尊重して解釈され、適用されるべきである。特に、本規則のいかなる規定も、情報の自由、編集の自由、あるいは憲章に合致する国内憲法に明記されている報道の自由を妨げるもの、あるいは加盟国が報道出版物の編集内容に関する要件を導入する動機付けとなるものと解釈されるべきではない。
(78)  The European Data Protection Supervisor was consulted in accordance with Article 42(1) of Regulation (EU) 2018/1725 of the European Parliament and of the Council(21) and delivered an opinion on 11 November 2022(22), (78) 欧州データ保護監督機関は、欧州議会および理事会の規則(EU)2018/1725の第42条1項に従って諮問を受け(21)、2022年11月11日に意見を提出した(22)、
HAVE ADOPTED THIS REGULATION: は本規則を採択した:
Chapter I 第1章
General provisions 一般規定
Article 1 第1条
Subject matter and scope 対象および範囲
1.  This Regulation lays down common rules for the proper functioning of the internal market for media services and establishes the European Board for Media Services, while safeguarding the independence and pluralism of media services. 1.  本規則は、メディアサービスの独立性と多元性を保護しつつ、メディアサービスの域内市場が適切に機能するための共通規則を定め、欧州メディアサービス委員会を設立する。
2.  This Regulation does not affect rules laid down by: 2.  本規則は、以下の規則には影響を与えない:
(a)  Directive 2000/31/EC; (a) 指令2000/31/EC;
(b)  Directive (EU) 2019/790 of the European Parliament and of the Council(23); (b) 欧州議会および理事会の指令(EU)2019/790(23);
(c)  Regulation (EU) 2019/1150; (c) 規則(EU)2019/1150;
(d)  Regulation (EU) 2022/2065; (d) 規則(EU)2022/2065;
(e)  Regulation (EU) 2022/1925; (e) 規則(EU)2022/1925;
(f)  Regulation (EU) 2024/… of the European Parliament and of the Council(24)(25); (f) 欧州議会および理事会規則(EU) 2024/...(24)(25);
(g)   Regulation (EU) 2016/679 of the European Parliament and of the Council(26). (g) 欧州議会および理事会規則(EU) 2016/679(26).
3.  This Regulation does not affect the possibility for Member States to adopt more detailed or stricter rules in the fields covered by Chapter II, Chapter III, Section 5, and Article 25, provided that those rules ensure a higher level of protection for media pluralism or editorial independence in accordance with this Regulation and comply with Union law. 3.  本規則は、加盟国が第2章、第3章、第5節および第25条の対象分野において、より詳細またはより厳格な規則を採用する可能性に影響を及ぼすものではなく、ただし、それらの規則が本規則に従ってメディアの多元主義または編集の独立性のより高度な保護を確保し、かつ欧州連合法を遵守することを条件とする。
Article 2 第2条
Definitions 定義
For the purposes of this Regulation, the following definitions apply: 本規則では、以下の定義を適用する:
(1)  ‘media service’ means a service as defined by Articles 56 and 57 TFEU, where the principal purpose of the service or a dissociable section thereof consists in providing programmes or press publications, under the editorial responsibility of a media service provider, to the general public, by any means, in order to inform, entertain or educate; (1) 「メディア・サービス」とは、TFEU第56条および第57条によって定義されるサービスであって、当該サービスまたはその分離可能な部分の主たる目的が、メディア・サービス・プロバイダーの編集責任の下で、情報提供、娯楽または教育のために、いかなる手段によっても、番組または報道出版物を一般公衆に提供することにあるものをいう;
(2)  ‘media service provider’ means a natural or legal person whose professional activity is to provide a media service and who has editorial responsibility for the choice of the content of the media service and determines the manner in which it is organised; (2) 「メディア・サービス・プロバイダ」とは、メディア・サービスを提供することを職業的活動とする自然人または法人であって、メディア・サービスの内容の選択について編集責任を有し、メディア・サービスの組織方法を決定する者をいう;
(3)  ‘public service media provider’ means a media service provider which is entrusted with a public service remit under national law and receives national public funding for the fulfilment of such a remit; (3) 「公共サービス・メディア・プロバイダ」とは、国内法に基づき公共サービスの使命を委託され、その使命を果たすために国の公的資金を受けるメディア・サービス・プロバイダをいう;
(4)  ‘programme’ means a set of moving images or sounds constituting an individual item, irrespective of its length, within a schedule or a catalogue established by a media service provider; (4) 「番組」とは、メディア・サービス・プロバイダが定めたスケジュールまたはカタログの中で、長さにかかわらず、個々の項目を構成する一連の動画像または音声をいう;
(5)  ‘press publication’ means press publication as defined in Article 2, point (4), of Directive (EU) 2019/790; (5) 「報道出版物」とは、指令(EU)2019/790の第2条(4)に定義される報道出版物をいう;
(6)  ‘audiovisual media service’ means audiovisual media service as defined in Article 1(1), point (a), of Directive 2010/13/EU; (6) 「視聴覚メディアサービス」とは、指令 2010/13/EU の第 1 条(1)項(a)号に定義される視聴覚メディアサービスをいう;
(7)  ‘editorial decision’ means a decision which is taken on a regular basis for the purpose of exercising editorial responsibility and linked to the day-to-day operation of a media service provider; (7) 「編集上の決定」とは、編集上の責任を行使する目的で定期的に行われ、かつメディアサービスプロバイダの日常的な運営に関連する決定をいう;
(8)  ‘editorial responsibility’ means the exercise of effective control both over the selection of programmes or press publications and over their organisation, for the purposes of the provision of a media service, regardless of the existence of liability under national law for the service provided; (8) 「編集責任」とは、提供されるサービスに対する国内法上の責任の有無にかかわらず、メディア・サービスの提供を目的として、番組または報道出版物の選択およびそれらの組織に対する実効的な統制を行うことをいう;
(9)   ‘online platform’ means online platform as defined in Article 3, point (i), of Regulation (EU) 2022/2065; (9) 「オンラインプラットフォーム」とは、規則(EU)2022/2065の第3条(i)に定義されるオンラインプラットフォームをいう;
(10)  ‘provider of a very large online platform’ means a provider of an online platform that has been designated as a very large online platform pursuant to Article 33(4) of Regulation (EU) 2022/2065; (10) 「超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダ」とは、規則(EU)2022/2065の第33条第4項に従って超大規模オンラインプラットフォームとして指定されたオンラインプラットフォームのプロバイダをいう;
(11)  ‘video-sharing platform service’ means video-sharing platform service as defined in Article 1(1), point (aa), of Directive 2010/13/EU; (11) 「動画共有プラットフォームサービス」とは、指令2010/13/EUの第1条(1)の(aa)に定義される動画共有プラットフォームサービスをいう;
(12)  ‘video-sharing platform provider’ means video-sharing platform provider as defined in Article 1(1), point (da), of Directive 2010/13/EU; (12) 「動画共有プラットフォームプロバイダ」とは、指令 2010/13/EU の第 1 条(1)項(da)号に定義される動画共有プラットフォームプロバイダをいう;
(13)  ‘national regulatory authority or body’ means any authority or body designated by a Member State pursuant to Article 30 of Directive 2010/13/EU; (13) 「国内規制当局または団体」とは、指令 2010/13/EU の第 30 条に従って加盟国が指定する当局または団体をいう;
(14)   ‘user interface’ means a service which controls or manages access to and the use of media services providing programmes and which enables users to select media services or content; (14) 「ユーザーインターフェース」とは、番組を提供するメディアサービスへのアクセスおよびその利用を管理または統制し、利用者がメディアサービスまたはコンテンツを選択できるようにするサービスをいう;
(15)  ‘media market concentration’ means a concentration as defined in Article 3 of Regulation (EC) No 139/2004 involving at least one media service provider or one provider of an online platform providing access to media content; (15) 「メディア市場集中」とは、少なくとも1つのメディア・サービス・プロバイダーまたはメディア・コンテンツへのアクセスを提供するオンライン・プラットフォームのプロバイダーが関与する、規則(EC)No 139/2004の第3条に定義される集中をいう;
(16)  ‘audience measurement’ means the activity of collecting, interpreting or otherwise processing data about the number and characteristics of users of media services or users of content on online platforms for the purposes of decisions regarding advertising allocation, pricing, purchases or sales or regarding the planning ▌or distribution of content; (16) 「視聴者測定」とは、広告の割当、価格設定、購入もしくは販売に関する意思決定、またはコンテンツの企画▌または配信に関する意思決定を目的として、メディア・サービスの利用者またはオンライン・プラットフォーム上のコンテンツの利用者の数および特性に関するデータを収集、解釈またはその他の方法で処理する活動をいう;
(17)   ‘proprietary audience measurement’ means audience measurement which does not follow industry standards and best practices agreed through self-regulatory mechanisms; (17) 「独自の視聴者測定」とは、自主規制メカニズムを通じて合意された業界標準およびベストプラクティスに従わない視聴者測定をいう;
(18)   ‘public authority or entity’ means a national or subnational government, a regulatory authority or body, or an entity controlled, directly or indirectly, by a national or subnational government; (18) 「認可または事業体」とは、国もしくは地方政府、規制当局もしくは団体、ま たは国もしくは地方政府が直接的もしくは間接的に支配する事業体をいう;
(19)  ‘state advertising’ means the placement, promotion, publication or dissemination, in any media service or online platform, of a promotional or self-promotional message or a public announcement or an information campaign, normally in return for payment or for any other consideration, by, for or on behalf of a public authority or entity; (19) 「国営広告」とは、あらゆるメディア・サービスまたはオンライン・プラットフォームにおいて、公権力または事業体によって、公権力または事業体のために、または公権力または事業体のために、通常、支払いと引き換えに、またはその他の対価と引き換えに、宣伝または自己宣伝メッセージ、公告または情報キャンペーンを掲載、宣伝、公表または流布することをいう;
(20)  ‘intrusive surveillance software’ means any product with digital elements specially designed to exploit vulnerabilities in other products with digital elements that enables the covert surveillance of natural or legal persons by monitoring, extracting, collecting or analysing data from such products or from the natural or legal persons using such products, including in an indiscriminate manner ▌ ; (20) 「侵入型監視ソフトウェア」とは、デジタル要素を含む他の製品の脆弱性を悪用するために特別に設計されたデジタル要素を含む製品であって、当該製品または当該製品を使用する自然人または法人のデータを監視、抽出、収集または分析することにより、自然人または法人の秘密監視を可能にするものをいう;
(21)   ‘media literacy’ means skills, knowledge and understanding which allow citizens to use media effectively and safely and which are not limited to learning about tools and technologies but aim to equip citizens with the critical thinking skills required to exercise judgment, analyse complex realities and recognise the difference between opinion and fact. (21) 「メディア・リテラシー」とは、市民が効果的かつ安全にメディアを利用することを可能にする技能、知識および理解を意味し、ツールや技術に関する学習に限定されるものではなく、判断力を発揮し、複雑な現実を分析し、意見と事実の違いを認識するために必要な批判的思考力を市民に身につけさせることを目的とする。
Chapter II 第2章
Rights and duties of media service providers and recipients of media services メディアサービス・プロバイダおよびメディアサービス取得者の権利と義務
Article 3 第3条
Right of recipients of media services メディアサービス取得者の権利
Member States shall respect the right of recipients of media services to have access to a plurality of editorially independent media content and ensure that framework conditions are in place in line with this Regulation to safeguard that right, to the benefit of free and democratic discourse. 加盟国は、メディア・サービスの取得者が編集上独立した複数のメディア・コンテンツにアクセスする権利を尊重し、自由で民主的な言論の利益のために、その権利を保護するための枠組み条件が本規則に沿って整備されていることを確保する。
Article 4 第4条
Rights of media service providers メディアサービス・プロバイダの権利
1.  Media service providers shall have the right to exercise their economic activities in the internal market without restrictions other than those allowed pursuant to Union law. 1.  メディアサービス・プロバイダは、域内市場において、域内法に従って認められる以外の制限を受けることなく、経済活動を行う権利を有する。
2.  Member States shall respect the effective editorial freedom and independence of media service providers in the exercise of their professional activities. Member States, including their national regulatory authorities and bodies, shall not interfere in or try to influence the editorial policies and editorial decisions of media service providers. 2.  加盟国は、メディアサービス・プロバイダーがその専門的な活動を行うにあたり、実効的な編集の自由および独立性を尊重する。加盟国は、その国の規制当局および団体を含め、メディア・サービス・プロバイダーの編集方針および編集上の決定に干渉してはならず、また影響を与えようとしてはならない。
3.   Member States shall ensure that journalistic sources and confidential communications are effectively protected. Member States shall not take any of the following measures: 3.   加盟国は、取材源および秘密コミュニケーションが効果的に保護されることを確保する。加盟国は、以下の措置をとってはならない:
(a)  oblige media service providers or their editorial staff to disclose information related to or capable of identifying journalistic sources or confidential communications or oblige any persons who, because of their regular or professional relationship with a media service provider or its editorial staff, might have such information to disclose it; (a)メディアサービス・プロバイダもしくはその編集スタッフに対し、取材源もしくは秘密通信に関連する情報もしくはそれを特定できる情報を開示するよう義務づけること、またはメディア・サービス・プロバイダもしくはその編集スタッフとの定期的もしくは職業上の関係により、そのような情報を持つ可能性のある者に対し、その情報を開示するよう義務づけること;
(b)  detain, sanction, intercept ▌ or inspect media service providers or their editorial staff or subject them or their corporate or private premises to surveillance or search and seizure for the purpose of obtaining information related to or capable of identifying journalistic sources or confidential communications or detain, sanction, intercept ▌ or inspect any persons who, because of their regular or professional relationship with a media service provider or its editorial staff, might have such information or subject them or their corporate or private premises to surveillance or search and seizure for the purpose of obtaining such information; (b) ジャーナリズムの情報源または機密のコミュニケーションに関連する、またはそれを特定できる情報を入手する目的で、メディア・サービス・プロバイダまたはその編集スタッフを拘束、制裁、傍受▌または検査すること、あるいは彼らまたは彼らの会社または私有施設を監視または捜索差し押さえの対象とすること、あるいはメディア・サービス・プロバイダまたはその編集スタッフとの定期的または職業上の関係から、そのような情報を持つ可能性のある人物を拘束、制裁、傍受▌または検査すること、あるいは彼らまたは彼らの会社または私有施設を、そのような情報を入手する目的で監視または捜索差し押さえの対象とすること;
(c)  deploy intrusive surveillance software on any material, digital device, machine or tool used by media service providers ▌ , their editorial staff or any persons who, because of their regular or professional relationship with a media service provider or its editorial staff, might have information related to or capable of identifying journalistic sources or confidential communications. (c) メディアサービス・プロバイダ▌、その編集スタッフ、またはメディア・サービス・プロバイダ▌またはその編集スタッフとの定期的もしくは職業上の関係により、報道情報源もしくは機密コミュニケーションに関連する、またはそれを特定できる情報を持つ可能性のある人物によって使用されるあらゆる素材、デジタル・デバイス、機械、ツールに、侵入型監視ソフトウェアを導入すること。
4.   By way of derogation from paragraph 3, points (a) and (b), of this Article, Member States may take a measure referred to therein, provided that it: 4.   本条第3項第(a)号および第(b)号の適用除外により、加盟国は、以下に掲げる措置をとることができる:
(a)   is provided for by Union or national law; (a) 組合法又は国内法によってプロバイダが定められている;
(b)   is in compliance with Article 52(1) of the Charter and other Union law; (b) 憲章第52条(1)およびその他の同盟法に準拠している;
(c)   is justified on a case-by-case basis by an overriding reason of public interest and is proportionate; and (c)公共の利益という卓越した理由によってケースバイケースで正当化され、かつ、比例的である。
(d)   is subject to prior authorisation by a judicial authority or an independent and impartial decision-making authority or, in duly justified exceptional and urgent cases, is subsequently authorised by such an authority without undue delay. (d) 司法当局または独立した公平な意思決定機関による事前の認可を受けている、あるいは、正当な理由がある例外的かつ緊急の場合には、不当に遅延することなく、そのような機関による事後の認可を受けている。
5.  By way of derogation from paragraph 3, point (c), Member States may deploy intrusive surveillance software, provided that the deployment: 5.  第3項(c)の適用除外により、加盟国は、以下の条件を満たす場合に限り、侵入型監視ソフトウェアを配備することができる:
(a)  complies with the conditions listed in paragraph 4; and (a)第4項に列挙された条件を遵守している。
(b)  is carried out for the purpose of investigating one of the persons referred to in paragraph 3, point (c), for: (b) 第3項(c)に規定される者の一人を捜査する目的で、以下の条件で実施されること:
(i)  offences listed in Article 2(2) of Framework Decision 2002/584/JHA punishable in the Member State concerned by a custodial sentence or a detention order of a maximum period of at least three years; or (i) 当該加盟国において、少なくとも3年の拘禁刑又は拘禁命令により処罰される、枠組み決定2002/584/JHA第2条(2)に掲げる犯罪。
(ii)  other serious crimes punishable in the Member State concerned by a custodial sentence or a detention order of a maximum period of at least five years, as determined by the law of that Member State. (ii)当該加盟国において、当該加盟国の法律が定める最長5年の拘禁刑または拘禁命令により処罰されるその他の重大な犯罪。
Member States shall not take a measure as referred to in paragraph 3, point (c), where a measure as referred to in point (a) or (b) of that paragraph would be adequate and sufficient to obtain the information sought. 加盟国は、同項(a)または(b)に規定する措置が、求める情報を得るために適切かつ十分である場合には、第3項(c)に規定する措置をとってはならない。
6.   Member States shall ensure that the surveillance measures referred to in paragraph 3, point (b), and the deployment of intrusive surveillance software referred to in point (c) of that paragraph are regularly reviewed by a judicial authority or an independent and impartial decision-making authority in order to determine whether the conditions justifying their use continue to be fulfilled. 6.   加盟国は、第3項(b)にいう監視措置および同項(c)にいう侵入型監視ソフトウェアの配備について、その使用を正当化する条件が引き続き満たされているかどうかを判断するために、司法当局または独立した公正な意思決定機関により定期的に見直されることを確保するものとする。
7.   Directive (EU) 2016/680 of the European Parliament and of the Council(27), including the safeguards provided therein such as the right of the data subject to information and access to personal data undergoing processing, shall apply to any processing of personal data carried out in the context of the deployment of the surveillance measures referred to in paragraph 3, point (b), of this Article or the deployment of intrusive surveillance software referred to in point (c) of that paragraph. 7.   欧州議会および理事会指令(EU) 2016/680(27)は、データ主体が情報を得る権利および処理中の個人データにアクセスする権利など、同指令に規定された保護措置を含め、本条第3項(b)に言及された監視措置の展開または同項(c)に言及された侵入型監視ソフトウェアの展開に関連して実施される個人データの処理に適用されるものとする。
8.  Member States shall ensure that media service providers, their editorial staff or any persons who, because of their regular or professional relationship with a media service provider or its editorial staff, might have information related to or capable of identifying journalistic sources or confidential communications have a right to effective judicial protection, in line with Article 47 of the Charter, in cases regarding breaches of paragraphs 3 to 7 of this Article. 8.  加盟国は、メディアサービス・プロバイダ、その編集スタッフ、または、メディアサービス・プロバイダもしくはその編集スタッフとの定期的もしくは職業上の関係のために、取材源もしくは機密コミュニケーションに関連する、もしくはそれを特定できる情報を有する可能性のある者が、本条第3項から第7項までの違反に関する場合において、憲章第47条に従って、効果的な司法保護を受ける権利を有することを確保する。
Member States shall entrust an independent authority or body with relevant expertise to provide assistance to the persons referred to in the first subparagraph with regard to the exercise of that right. Where no such authority or body exists, those persons may seek assistance from a self-regulatory body or mechanism. 加盟国は、当該権利の行使に関し、第1号にいう者に援助を提供するために、関連する専門知識を有する独立の当局または機関に委託する。このような当局または団体が存在しない場合、これらの者は、自主規制機関または機構に援助を求めることができる。
9.   The Member States’ responsibilities as laid down in the TEU and the TFEU are respected. 9.   TEUおよびTFEUに定められた加盟国の責任は尊重される。
Article 5 第5条
Safeguards for the independent functioning of public service media providers 公共メディアプロバイダーの独立した機能のための保護措置
1.  Member States shall ensure that public service media providers are editorially and functionally independent and provide in an impartial manner a plurality of information and opinions to their audiences, in accordance with their public service remit as defined at national level in line with Protocol No 29. 1.  加盟国は、公共サービス・メディア・プロバイダが編集上および機能上独立しており、議定書第29条に沿って国レベルで定義された公共サービスの任務に従って、公平な方法で視聴者に多様な情報と意見を提供することを確保する。
2.  Member States shall ensure that the procedures for the appointment and the dismissal of the head of management or the members of the management board of public service media providers aim to guarantee the independence of public service media providers. 2.  加盟国は、公共サービス・メディア・プロバイダの経営責任者または経営委員会のメンバーの任命および解任の手続きが、公共サービス・メディア・プロバイダの独立性を保証することを目的としていることを確保しなければならない。
The head of management or the members of the management board of public ▌ service media providers shall be appointed on the basis of transparent, open, effective and non-discriminatory procedures and transparent, objective, non-discriminatory and proportionate criteria laid down in advance at national level. The duration of their term of office shall be sufficient for the effective independence of public service media providers. 公共▌ サービス・メディア・プロバイダの経営責任者または経営委員会の委員は、透明で、公開された、効果的かつ非差別的な手続きと、国レベルであらかじめ定められた透明で、客観的で、非差別的かつ均衡のとれた基準に基づいて任命されなければならない。その任期は、公共サービス・メディア・プロバイダーの効果的な独立のために十分なものでなければならない。
Decisions on dismissal of the head of management or the members of the management board of public service media providers before the end of their term of office shall be duly justified, may be taken only exceptionally where they no longer fulfil the conditions required for the performance of their duties according to criteria laid down in advance at national level, shall be subject to prior notification to the persons concerned and shall include the possibility of judicial review. 公共サービス・メディア・プロバイダの経営責任者または経営委員会のメンバーの任期満了前の解任に関する決定は、正当に正当化されなければならず、国家レベルであらかじめ定められた基準に従って職務の遂行に必要な条件を満たさなくなった場合にのみ例外的に行うことができ、関係者への事前通知の対象とし、司法審査の可能性を含まなければならない。
3.  Member States shall ensure that funding procedures for public service media providers are based on transparent and objective criteria laid down in advance. Those funding procedures shall guarantee that public service media providers have adequate, sustainable and predictable financial resources corresponding to the fulfilment of and the capacity to develop within their public service remit. Those financial resources shall be such that the editorial independence of public service media providers is safeguarded. 3.  加盟国は、公共サービス・メディア・プロバイダーに対する資金調達手続きが、あらかじめ定められた透明かつ客観的な基準に基づいて行われることを確保しなければならない。これらの資金調達手続きは、公共サービス・メディア・プロバイダーが、その公共サービスの任務の履行とその範囲内で発展する能力に見合った、適切で持続可能かつ予測可能な財源を有することを保証するものとする。これらの財源は、公共サービス・メディア提供者の編集上の独立性が守られるようなものでなければならない。
4.  Member States shall designate one or more independent authorities or bodies, or put in place mechanisms free from political influence by governments, to monitor the application of paragraphs 1, 2 and 3. The results of that monitoring shall be made available to the public. 4.  加盟国は、第1項、第2項および第3項の適用を監視するために、1つ以上の独立した当局または団体を認可するか、または政府による政治的影響を受けない機構を設置しなければならない。監視の結果は、一般に公開されるものとする。
Article 6 第6条
Duties of media service providers ▌ メディア・サービス・プロバイダの義務 ▌ 
1.  Media service providers ▌ shall make easily and directly accessible to the recipients of their services up-to-date information on: 1.  メディア・サービス・プロバイダ▌は、そのサービスの取得者に対し、以下の最新情報に容易かつ直接アクセスできるようにしなければならない:
(a)  their legal name or names and contact details; (a) 自己の法的名称および氏名ならびに連絡先の詳細;
(b)  the name or names of their direct or indirect owner or owners with shareholdings enabling them to exercise influence on the operation and strategic decision making, including direct or indirect ownership by a state or by a public authority or entity; (b) 運営および戦略的意思決定に影響力を行使できる直接的または間接的な所有者(国または公的機関もしくは事業体による直接的または間接的な所有を含む)の氏名または名称;
(c)  the name or names of their beneficial owner or owners as defined in Article 3, point (6), of Directive (EU) 2015/849 ▌; (c) 指令(EU) 2015/849 ▌の第3条(6)に定義される実質的所有者の氏名または名称;
(d)   the total annual amount of public funds for state advertising allocated to them and the total annual amount of advertising revenues received from third-country public authorities or entities. (d) それらに割り当てられた国家広告のための公的資金の年間総額、および第三国の公的機関または事業体から受領した広告収入の年間総額。
2.   Member States shall entrust national regulatory authorities or bodies or other competent authorities or bodies with the development of national media ownership databases containing the information set out in paragraph 1. 2.   加盟国は、第1項に定める情報を含む国内メディア所有者データベースの作成を、各国の認可当局または団体、あるいはその他の所管当局または団体に委託するものとする。
3.  Without prejudice to national constitutional law consistent with the Charter, media service providers providing news and current affairs content shall take measures that they deem appropriate with a view to guaranteeing the independence of editorial decisions. In particular, such measures shall aim to: 3.  本憲章に合致する国内憲法を害することなく、ニュースおよび時事コンテンツを提供するメディア・サービス・プロバイダは、編集決定の独立性を保証する観点から、適切と考える措置を講じなければならない。特に、このような措置は以下を目的とする:
(a)  guarantee that editorial decisions can be taken freely within the established editorial line of the media service provider concerned; and (a) 当該メディア・サービス・プロバイダーの確立された編集方針の範囲内で、編集上の決定が自由に行われることを保証する。
(b)  ensure that any actual or potential conflicts of interest ▌ that might affect the provision of news and current affairs content are disclosed. (b) ニュースおよび時事コンテンツの提供に影響を及ぼす可能性のある、実際のまたは潜在的な利益相反が開示されることを確保する。
Chapter III 第3章
Framework for regulatory cooperation and a well-functioning internal market for media services メディア・サービスのための規制協力と十分に機能する域内市場のための機能
Section 1 第1節
Independent media authorities 独立したメディア当局
Article 7 第7条
National regulatory authorities or bodies 各国の規制当局または団体
1.  The national regulatory authorities or bodies shall ensure, where applicable by consulting or coordinating with other relevant authorities or bodies or, where relevant, self-regulatory bodies in their Member States, that this Chapter ▌ is applied. 1.  各国の規制当局または団体は、認可が必要な場合には、加盟国の他の関連当局または団体、または関連する場合には自主規制団体と協議または調整することにより、本章▌の適用を確保しなければならない。
2.  The national regulatory authorities or bodies shall be subject to the requirements set out in Article 30 of Directive 2010/13/EU in relation to the exercise of the tasks assigned to them by this Regulation. 2.  各国規制当局または団体は、本規則により割り当てられた任務の遂行に関して、指令 2010/13/EU の第 30 条に定める要件に従うものとする。
3.  Member States shall ensure that the national regulatory authorities or bodies have adequate financial, human and technical resources to carry out their tasks under this Regulation. 3.  加盟国は、国内規制当局または団体が本規則に基づく業務を遂行するために十分な財政的、人的、技術的資源を確保するものとする。
4.  Where needed for carrying out their tasks under this Regulation, Member States shall ensure that the national regulatory authorities or bodies are empowered to request the following persons to provide, within a reasonable period of time, information and data that are proportionate and necessary for carrying out the tasks under this Chapter: 4.  加盟国は、本規則に基づく業務を遂行するために必要な場合、各国規制当局又は団体に、合理的な期間内に、本章に基づく業務を遂行するために相応かつ必要な情報及びデータを提供するよう、次に掲げる者に要請する権限を確保するものとする:
(a)  the natural persons to whom or the legal persons to which this Chapter applies; and (a) 本章が適用される自然人又は法人。
(b)  any other natural or legal person that, for purposes related to its trade, business or profession, might reasonably be in possession of such information and data.▌ (b) 自己の取引、事業又は職業に関連する目的のために、当該情報及びデータを合理的に保有する可能性のあるその他の自然人又は法人。
Section 2 第2節
European Board for Media Services 欧州メディアサービス委員会
Article 8 第8条
European Board for Media Services 欧州メディアサービス理事会
1.  The European Board for Media Services (the ‘Board’) is hereby established. 1.  欧州メディアサービス理事会(以下「理事会」という。
2.  The Board shall replace and succeed the European Regulators Group for Audiovisual Media Services (ERGA) established by Article 30b of Directive 2010/13/EU. 2.  理事会は、指令2010/13/EUの第30条bにより設立された欧州視聴覚メディアサービス規制者グループ(ERGA)に代わり、これを継承する。
Article 9 第9条
Independence of the Board 理事会の独立性
The Board shall act in full independence when performing its tasks or exercising its powers. In particular, the Board shall, in the performance of its tasks or the exercise of its powers, neither seek nor take instructions from any government, institution, person or body. This shall not affect the competences of the Commission or the national regulatory authorities or bodies in accordance with this Regulation. 理事会は、その任務の遂行または権限の行使に際し、完全に独立して行動するものとする。特に、理事会は、その任務の遂行または権限の行使において、いかなる政府、機構、個人または団体からの指示も求めず、また受けないものとする。このことは、本規則に基づく欧州委員会または各国の規制当局もしくは団体の権限に影響を及ぼすものではない。
Article 10 第10条
Structure of the Board 理事会の構成
1.  The Board shall be composed of representatives of national regulatory authorities or bodies. 1.  理事会は、各国規制当局または団体の代表者で構成される。
2.  Each member of the Board shall have one vote. 2.  理事会の各メンバーは、1票の投票権を有する。
3.   The Board shall take decisions by a two-thirds majority of its members with voting rights. 3.   理事会は、投票権を有する委員の3分の2以上の賛成により決定を行うものとする。
4.  Where a Member State has more than one national regulatory authority or body, those national regulatory authorities or bodies shall coordinate with each other as necessary and appoint a joint representative. The joint representative shall exercise the right to vote. 4.  加盟国に複数の国内規制当局または団体がある場合、これらの国内規制当局または団体は、必要に応じて相互に調整し、共同代表者を任命するものとする。共同代表者は投票権を行使するものとする。
5.  The Board shall elect a Chair and a Vice-Chair from amongst its members. The term of office of the Chair shall be one year, renewable once. The Board may set up a Steering Group. The Board shall be represented by its Chair. 5.  理事会は、委員の中から議長および副議長を選出するものとする。議長の任期は1年とし、1回更新できるものとする。理事会は運営グループを設置することができる。理事会の代表者は、その議長とする。
6.  The Commission shall designate a representative to the Board. The representative of the Commission shall participate in the deliberations of the Board, without voting rights. The Chair of the Board shall keep the Commission informed about the ▌ activities of the Board. ▌ 6.  委員会は、理事会に代表者を指名するものとする。委員会の代表者は、理事会の審議に議決権なしで参加するものとする。理事会の委員長は、理事会の活動について委員会に報告を続けるものとする。▌
7.  The Board may invite experts and, in agreement with the Commission, permanent observers to attend its meetings. 7.  理事会は、専門家および委員会と合意の上、常任オブザーバーを理事会の会合に招 聘することができる。
8.  The Board shall adopt its rules of procedure, in consultation with the Commission. Those rules of procedure shall include the arrangements for the prevention and management of conflicts of interest of the members of the Board. 8.  理事会は、委員会と協議の上、手続規則を採択するものとする。これらの手続規則には、理事会メンバーの利益相反の防止および管理に関する取り決めを含むものとする。
Article 11 第11条
Secretariat of the Board 理事会事務局
1.  The Board shall be assisted by a secretariat. The Commission shall provide the secretariat, taking into account the needs indicated by the Board. The secretariat shall be adequately resourced for the performance of its tasks. 1.  理事会は、事務局によって支援されるものとする。委員会は、理事会が示した必要性を考慮し、事務局をプロバイダするものとする。事務局は、その任務遂行のために十分な資金を提供するものとする。
2.  The main task of the secretariat shall be to contribute to the independent execution of the tasks of the Board laid down in this Regulation and in Directive 2010/13/EU. The secretariat shall act on the sole instructions of the Board regarding its tasks under this Regulation. 2.  事務局の主な任務は、本規則および指令2010/13/EUに定められた理事会の任務の独立した遂行に貢献することである。事務局は,本規則に基づく業務に関して,理事会の唯一の指示に基づいて行動するものとする。
3.  The secretariat shall provide administrative and organisational support to the Board with regard to its activities. The secretariat shall also assist the Board substantively in carrying out its tasks. 3.  事務局は、理事会の活動に関し、管理上および組織上の支援を提供するものとする。事務局はまた、理事会の任務遂行を実質的に支援するものとする。
Article 12 第12条
Consultation mechanism 協議の仕組み
1.   Where the Board considers matters beyond the audiovisual media sector, it shall consult representatives from the relevant media sectors operating at Union or national level. 1.   理事会が視聴覚メディア部門以外の問題を検討する場合、理事会は、連合レベルまたは国レベルで活動する関連メディア部門の代表者と協議するものとする。
2.   The Board shall, in its rules of procedure, set out the arrangements for conducting consultations as referred to in paragraph 1. Such arrangements shall ensure that it is possible to involve several representatives, as appropriate. 2.   理事会は、その手続規則において、第1項にいう協議を実施するための取り決めを定めるものとする。このような取り決めは、必要に応じて複数の代表者が参加できるようにするものとする。
3.   Where possible, the Board shall make the results of consultations as referred to in paragraph 1 publicly available. 3.   理事会は、可能な場合、第1項に規定する協議の結果を公表するものとする。
Article 13 第13条
Tasks of the Board 理事会の任務
1.  Without prejudice to the powers granted to the Commission by the Treaties, the Board shall advise and support the Commission on matters related to media services within the Board’s competence and promote the consistent and effective application of this Chapter and the implementation of Directive 2010/13/EU throughout the Union. The Board shall therefore: 1.  条約により欧州委員会に与えられた権限を損なうことなく、理事会は、理事会の権限内にあるメディアサービスに関する事項について欧州委員会に助言し、支援し、本章の一貫した効果的な適用および欧州連合全体における指令2010/13/EUの実施を促進するものとする。そのため、理事会は以下のことを行う:
(a)  provide technical expertise to the Commission with regard to its task of ensuring the consistent and effective application of this Chapter and the implementation of Directive 2010/13/EU across all Member States, without prejudice to the tasks of national regulatory authorities or bodies; (a) 本章および指令2010/13/EUの全加盟国における一貫した効果的な適用を確保するという欧州委員会の任務に関して、各国の規制当局または団体の任務を損なうことなく、欧州委員会に技術的な専門知識を提供する;
(b)  promote cooperation and the effective exchange of information, experience and best practices between the national regulatory authorities or bodies on the application of the Union and national rules applicable to media services, including this Regulation and Directive 2010/13/EU, in particular as regards Articles 3, 4 and 7 of that Directive; (b) 特に同指令の第 3 条、第 4 条および第 7 条に関して、本規則および指令 2010/13/EU を含む、メディアサービスに適用される連合規則および国内規則の適用に関する各国規制当局または団体間の協力および情報、経験、ベストプラクティスの効果的な交換を促進する;
(c)  when requested by the Commission, provide opinions on the technical and factual issues that arise with regard to Article 2(5c), Article 3(2) and (3), Article 4(4), point (c), and Article 28a(7) of Directive 2010/13/EU; (c) 欧州委員会から要請があった場合、指令2010/13/EUの第2条(5c)、第3条(2)および(3)、第4条(4)、(c)ならびに第28a条(7)に関して生じる技術的および事実上の問題について意見を提供すること;
(d)  in consultation with the Commission, draw up opinions with respect to: (d) 欧州委員会と協議の上、以下の事項に関して意見を作成する:
(i)  requests for cooperation ▌ between national regulatory authorities or bodies, in accordance with Article 14(5) of this Regulation; (i) 本規則第14条(5)に基づき、各国規制当局または団体間の協力要請;
(ii)  requests for enforcement measures in the event of disagreement between the requesting authority or body and the requested authority or body, including recommended actions, pursuant to Article 15(3) of this Regulation; (ii) 本規則第15条(3)に基づき、要請した当局または団体と要請された当局または団体との間で意見の相違がある場合の強制措置の要請(勧告措置を含む);
(iii)  national measures concerning media services from outside the Union, in accordance with Article 17(2) of this Regulation; (iii) 本規則第17条(2)に従った、域外からのメディア・サービスに関する国内措置;
(e)  at the request of a media service provider with which a provider of a very large online platform has engaged in a dialogue as referred to in Article 18(6) of this Regulation, draw up opinions on the outcome of such a dialogue; (e) 超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダが本規則第18条(6)にいう対話を行ったメディア・サービス・プロバイダの要請に応じて、当該対話の結果に関する意見を作成すること;
(f)  on its own initiative, at the request of the Commission or upon a duly justified and reasoned request of a media service provider that is individually and directly affected, draw up opinions with respect to regulatory or administrative measures which are likely to significantly affect the operation of media service providers in the internal market for media services, in accordance with Article 21(4) of this Regulation; ▌ (f) 本規則第21条(4)に従い、自発的に、欧州委員会の要請により、または個別かつ直接的に影響を受けるメディア・サービス・プロバイダから正当な理由ある要請があった場合、メディア・サービスの域内市場におけるメディア・サービス・プロバイダの運営に重大な影響を及ぼす可能性のある規制措置または行政措置に関して意見を作成する。
(g)  draw up opinions on draft assessments or draft opinions of national regulatory authorities or bodies, in accordance with Article 22(5) of this Regulation; (g) 本規則第22条(5)に従い、各国規制当局または団体の評価草案または意見草案に対する意見を作成する;
(h)   on its own initiative or at the request of the Commission, draw up opinions with respect to media market concentrations which are likely to affect the functioning of the internal market for media services, in accordance with Article 23(1) of this Regulation; (h) 本規則第23条(1)に従い、自らの主導で、または欧州委員会の要請により、メディアサービスの域内市場の機能に影響を及ぼす可能性のあるメディア市場の集中に関する意見を作成する;
(i)  assist the Commission in drawing up guidelines with respect to: (i) 以下の事項に関して、欧州委員会のガイドライン作成を支援すること:
(i)  the application of this Regulation and the implementation of Directive 2010/13/EU, in accordance with Article 16(2) of this Regulation; (i) 本規則の第16条(2)に従い、本規則の適用および指令2010/13/EUの実施を支援する;
(ii)  the elements referred to in Article 22(2), points (a), (b) and (c), of this Regulation, in accordance with paragraph (3) of that Article; (ii) 本規則第22条(2)の(a)、(b)及び(c)に規定される要素;
(iii)  the application of Article 24(1), (2) and (3) of this Regulation pursuant to paragraph (4) of that Article; (iii) 同条(4)項に基づく、本規則第24条(1)、(2)及び(3)の適用;
(j)  at the request of at least one of the national regulatory authorities or bodies concerned, mediate in the event of disagreements between national regulatory authorities or bodies, in accordance with Article 15(3) of this Regulation; (j) 関係国の規制当局又は団体の少なくとも一方の要請により、本規則第 15 条(3)に従い、各国の規制当局又は団体間の意見の相違が生じた場合に、調停を行うこと;
(k)  foster cooperation on harmonised standards related to ▌ the design of devices or user interfaces or to digital signals carried by such devices, in accordance with Article 20(5) of this Regulation; (k) ▌本規則第20条(5)に従い、機器若しくはユーザーインターフェースの設計又は当該機器により伝送されるデジタル信号に関連する整合標準に関する協力を促進すること;
(l)  coordinate relevant measures by the national regulatory authorities or bodies concerned related to the dissemination of or access to content of media services from outside of the Union that target or reach audiences in the Union, where such media services prejudice or present a serious and grave risk of prejudice to public security, in accordance with Article 17(1) of this Regulation, and develop, in consultation with the Commission, a set of criteria as referred to in paragraph 4 of that Article; (l) 本規則第17条(1)に従い、公共の安全を害し、または害する深刻かつ重大なリスクをもたらす、域外からのメディア・サービスの普及またはコンテンツへのアクセスに関連する、域内の視聴者を対象とし、または域内に到達するメディア・サービスの普及またはコンテンツへのアクセスに関連する、各国の規制当局または団体による関連措置を調整し、欧州委員会と協議の上、同条第4項にいう基準を策定する;
(m)  organise a structured dialogue between providers of very large online platforms and representatives of media service providers and of civil society, and report on the results of such a dialogue to the Commission, in accordance with Article 19 of this Regulation; (m) 本規則第19条に従い、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダと、メディア・サービス・プロバイダおよび市民社会の代表者との間で、体系的な対話を行い、その結果を欧州委員会に報告すること;
(n)  foster the exchange of best practices related to the deployment of audience measurement systems, in accordance with Article 24(5) of this Regulation; (n) 本規則第24条5項に従い、視聴者測定システムの導入に関するベストプラクティスの交換を促進すること;
(o)   exchange experience and best practices on media literacy, including to foster the development and use of effective measures and tools to strengthen media literacy; (o) メディア・リテラシーを強化するための効果的な措置および手段の開発・使用を促進することを含め、メディア・リテラシーに関する経験およびベスト・プラクティスを交換する;
(p)   draw up a detailed annual report on its activities and tasks. (p) その活動と任務に関する詳細な年次報告書を作成する。
The Board shall make the detailed annual report referred to in point (p) of the first subparagraph publicly available. When invited to do so, the Chair shall present that report to the European Parliament. 理事会は、第1号(p)で言及された詳細な年次報告書を公開するものとする。要請があった場合、議長は欧州議会に報告書を提出する。
2.  Where the Commission requests advice or opinions from the Board, it may indicate a time limit, unless otherwise provided for in Union law, taking into account the urgency of the matter. 2.  欧州委員会が理事会に助言または意見を求める場合、理事会は、連邦法に別段の定めがない限り、問題の緊急性を考慮して期限を示すことができる。
3.  The Board shall forward its deliverables to the contact committee established by Article 29(1) of Directive 2010/13/EU (the ‘contact committee’). 3.  理事会は、指令2010/13/EUの第29条1項により設置された連絡委員会(「連絡委員会」)に対し、その成果物を送付するものとする。
Section 3 第3節
Regulatory cooperation and convergence 規制協力とコンバージェンス
Article 14 第14条
Structured cooperation 組織的協力
1.  A national regulatory authority or body ▌ (the ‘requesting authority’) may at any time request one or more other national regulatory authorities or bodies (the ‘requested authorities’) to cooperate with it, including by exchanging information or by means of mutual assistance, for the ▌ consistent and effective application of this Chapter or the implementation of Directive 2010/13/EU. 1.  国内規制当局又は団体(「要請当局」)は,本章の一貫した効果的な適用又は指令 2010/13/EU の実施のため,情報交換又は相互援助の手段を含め,1 つ以上の他の国内規制当局又は団体(「要請当局」)に対し,いつでも協力を要請することができる。
2.  A request for cooperation ▌ shall contain all the necessary information related to it, including the purpose of and reasons for the request for cooperation. 2.  協力要請には,協力要請の目的及び理由を含む,協力要請に関連するすべての必要な情 ▌ 報が含まれていなければならない。
3.  The requested authority may refuse to address a request for cooperation only in the following cases: 3.  要請当局は,次の場合に限り,協力要請への対応を拒否することができる:
(a)  it is not competent with regard to the subject matter of the request for cooperation or to provide the type of cooperation requested; (a) 協力要請の主題に関して,又は要請された種類の協力を提供する権限を有しない;
(b)  the execution of the request for cooperation would infringe this Regulation, Directive 2010/13/EU or other Union law or national law which complies with Union law and to which the requested authority is subject; (b) 協力要請の実行が,本規則,指令 2010/13/EU,その他の同盟法又は同盟法に準拠し,要請された当局が従う国内法に抵触する場合;
(c)   the scope or the subject matter of the request for cooperation has not been duly justified or is disproportionate. (c) 協力要請の範囲又は対象が正当に正当化されていない,又は不釣り合いである。
The requested authority shall, without undue delay, provide the reasons for any refusal to address a request for cooperation. Where the requested authority has refused a request for cooperation under point (a) of the first subparagraph, it shall, where possible, indicate the competent authority. 要請された当局は,協力要請への対処を拒否する場合には,不当に遅延することなく,その理由を提出しなければならない。要請された当局が第 1 号の(a)に基づく協力要請を拒否した場合,可能であれば,所轄当局を示 すものとする。
4.  The requested authority shall do its utmost to address and reply to a request for cooperation without undue delay and provide ▌ regular updates on the progress made in executing that request. ▌ 4. 被要請官庁は、不当な遅滞なく協力要請に対処し、これに回答するよう最大限の努力を払い、 ▌ 当該要請の履行進捗に関する定期的な最新情報を提供しなければならない。▌
5.  Where the requesting authority considers that the requested authority has not sufficiently addressed or replied to its request for cooperation, it shall inform the requested authority without undue delay, explaining the reasons for its position. Where the requesting authority and the requested authority do not come to an agreement concerning the request for cooperation, either authority may refer the matter to the Board. In accordance with timelines to be established by the Board in its rules of procedure, the Board shall issue, in consultation with the Commission, an opinion on the matter, including recommended actions. The authorities concerned shall do their utmost to take into account the opinion of the Board. 5.  要請当局は,要請された当局が協力要請に対して十分に対処又は回答していないと考える場 合,不当に遅延することなく,要請された当局にその旨を通知し,その理由を説明しなければな らない。要請当局と要請された当局が協力要請に関して合意に達しない場合、いずれの当局もこの問 題を理事会に付託することができる。理事会がその手続規則で定める期限に従い、理事会は欧州委員会と協議の上、勧告措置を含むこの問題に関する意見を発表する。関係当局は、理事会の意見を最大限考慮するものとする。

6.   Where a requesting authority considers that there is a serious and grave risk of limitation of the freedom to provide or receive media services in the internal market or a serious and grave risk of prejudice to public security, it may submit a request to a requested authority to provide accelerated cooperation, while ensuring compliance with fundamental rights, in particular the freedom of expression, including for the purpose of ensuring the effective application of national measures referred to in Article 3 of Directive 2010/13/EU. The requested authority shall reply to and do its utmost to address requests for accelerated cooperation within 14 calendar days. 6.   要請当局が、域内市場におけるメディアサービスの提供もしくは受領の自由が制限される重大かつ深刻なリスク、または公共の安全が害される重大かつ深刻なリスクがあると考える場合、要請当局は、指令2010/13/EUの第3条で言及されている国内措置の効果的な適用を確保する目的も含め、基本的権利、特に表現の自由の遵守を確保しつつ、要請当局に対し、協力を加速する要請を提出することができる。要請を受けた認可当局は、14暦日以内に加速協力の要請に回答し、最大限の努力を払うものとする。
Paragraphs 2, 3 and 5 of this Article shall apply mutatis mutandis to requests for accelerated cooperation. 本条第 2 項、第 3 項及び第 5 項は、迅速な協力の要請に準用されるものとする。
7.   The Board shall set out in its rules of procedure further details on the procedure for structured cooperation as referred to in this Article . 7.   理事会は,その手続規則において,本条にいう構造化された協力の手続に関する詳細 を定めるものとする。
Article 15 第15条
Requests for enforcement of obligations of video-sharing platform providers 動画共有プラットフォームプロバイダの義務の執行に関する要請
1.  Without prejudice to Article 3 of Directive 2000/31/EC, a requesting authority may submit a duly justified request to a requested authority which is competent for the subject matter of the request to take necessary and proportionate actions for the effective enforcement of the obligations imposed on video-sharing platform providers under Article 28b(1), (2) and (3) of Directive 2010/13/EU. 1.  指令2000/31/ECの第3条を損なうことなく、要請当局は、指令2010/13/EUの第28b条(1)、(2)及び(3)に基づき動画共有プラットフォームプロバイダに課される義務の効果的な執行のために必要かつ相応の措置をとるために、要請の対象について権限を有する要請当局に対し、正当に正当化された要請を提出することができる。
2.  The requested authority shall inform the requesting authority, without undue delay, of the actions it has taken or plans to take, or about the reasons for which actions were not taken, pursuant to a request for enforcement under paragraph 1. The Board shall establish the timelines for that purpose in its rules of procedure. 2.  要請を受けた認可当局は、要請を受けた当局に対し、第1項に基づく執行の要請に従い、同当局が講じた措置もしくは講じる予定の措置、または措置が講じられなかった理由について、過度の遅滞なく通知するものとする。理事会は、そのための期限を手続規則に定めるものとする。
3.  In the event of a disagreement between the requesting ▌ authority ▌ and the requested authority regarding actions taken or planned to be taken or a lack of actions following a request for enforcement under paragraph 1, either authority ▌ may refer the matter to the Board for mediation with a view to finding an amicable solution. 3.  第 1 項に基づく実施要請後、実施された措置もしくは実施される予定であった措置ま たは実施されなかった措置に関して、要請 ▌ 当局と要請 ▌ 当局との間に意見の相違がある場合、いずれかの当局▌は、友好的な解決策を見出すことを目 的として、理事会に調停を付託することができる。
Where no amicable solution is found following mediation by the Board, the requesting ▌ authority ▌ or the requested ▌ authority ▌ may request the Board to issue an opinion on the matter. In its opinion, the Board shall assess whether the ▌ request for enforcement under paragraph 1 has been sufficiently addressed. Where the Board considers that the requested authority has not sufficiently addressed the request for enforcement, the Board shall recommend actions to address the request. The Board shall issue its opinion, in consultation with the Commission, without undue delay. 理事会による調停後も友好的な解決策が見出されない場合、要請▌ 当局または要請▌ ▌は、理事会に対し、この問題に関する意見書を発行するよう要請すること ができる。意見書において、理事会は、第 1 項に基づく ▌ 強制執行の要請が十分に対処されているかどうかを評価するものとする。理事会は、要請された認可当局が施行要請に十分に対処していないと考える場合、要請 に対処するための措置を勧告するものとする。理事会は、欧州委員会と協議の上、過度の遅滞なく意見を発表するものとする。
4.  Following receipt of an opinion as referred to in paragraph 3, second subparagraph, the requested authority shall, without undue delay and within timelines to be established by the Board in its rules of procedure, inform the Board, the Commission and the requesting authority ▌ of the actions taken or planned to be taken in relation to the opinion. 4.  第 3 項第 2 号の意見を受領した後、要請当局は、理事会がその手続規則において定める期限内に、過 剰な遅滞なく、理事会、欧州委員会、および要請当局に対して、意見に関連して実施された、または実 施する予定の措置を通知するものとする。
Article 16 第16条
Guidance on media regulation matters メディア規制に関する指導
1.  The Board shall foster the exchange of best practices among the national regulatory authorities or bodies, consulting stakeholders ▌ where appropriate ▌ , on regulatory, technical or practical aspects relevant to the consistent and effective application of this Chapter and the implementation of Directive 2010/13/EU. 1.  理事会は、本章の一貫した効果的な適用および指令2010/13/EUの実施に関連する規制的、技術的または実務的側面について、必要に応じて利害関係者▌に相談しながら、各国の認可当局または団体の間でベストプラクティスの交換を促進するものとする。
2.  Where the Commission issues guidelines related to the application of this Regulation or the implementation of Directive 2010/13/EU, the Board shall assist it by providing expertise on regulatory, technical or practical aspects, in particular as regards: 2.  欧州委員会が本規則の適用又は指令 2010/13/EU の実施に関連するガイドラインを発行する場 合、理事会は、特に以下の点に関して、規制的、技術的又は実務的側面に関する専門知識を提 供することにより、同委員会を支援するものとする:
(a)  the appropriate prominence of audiovisual media services of general interest under Article 7a of Directive 2010/13/EU; (a) 指令 2010/13/EU の第 7a 条に基づく、一般的な関心のある視聴覚メディアサービスの適切な目立たせ方;
(b)  making information accessible on the ownership structure of media service providers, as provided for by Article 5(2) of Directive 2010/13/EU and Article 6(1) of this Regulation. (b) 指令2010/13/EUの第5条(2)および本規則の第6条(1)が規定する、メディア・サービス・プロバイダーの所有構造に関する情報にアクセスできるようにすること。
Where the Commission issues guidelines related to the implementation of Directive 2010/13/EU, it shall consult the contact committee. 欧州委員会が指令2010/13/EUの実施に関連するガイドラインを発行する場合は、連絡委員会に相談するものとする。
3.  Where the Commission issues an opinion on a matter related to the application of this Regulation or the implementation of Directive 2010/13/EU, the Board shall assist the Commission ▌ . 3.  欧州委員会が本規則の適用または指令2010/13/EUの実施に関連する事項について意見を発表する場合、理事会は欧州委員会を支援するものとする。
Article 17 第17条
Coordination of measures concerning media services from outside the Union 域外からのメディアサービスに関する措置の調整
1.  Without prejudice to Article 3 of Directive 2010/13/EU, the Board shall, at the request of the national regulatory authorities or bodies from at least two Member States, coordinate relevant measures by the national regulatory authorities or bodies concerned related to the dissemination of or access to media services originating from outside the Union or provided by media service providers established outside the Union that, irrespective of their means of distribution or access, target or reach audiences in the Union where, inter alia, in view of the control that could be exercised by third countries over them, such media services prejudice or present a serious and grave risk of prejudice to public security ▌ . 1.  指令2010/13/EUの第3条を損なうことなく、理事会は、少なくとも2つの加盟国の国内規制当局または団体の要請に応じて、域外から発信される、または域外に設立されたメディア・サービス・プロバイダが提供するメディア・サービスの普及またはそれへのアクセスに関連する、当該国内規制当局または団体による関連措置を調整するものとする、 頒布またはアクセスの手段にかかわらず、特に、第三国による統制の可能性に鑑み、当該メディア・サービスが公共の安全を害し、または害する深刻かつ重大なリスクをもたらす場合、域内の視聴者を対象とし、または域内に到達するもの ▌ 。
2.  The Board, in consultation with the Commission, may issue opinions on appropriate measures as referred to in paragraph 1. Without prejudice to their powers under national law, the competent national authorities concerned, including the national regulatory authorities or bodies, shall do their utmost to take into account the opinions of the Board. 2.  理事会は、欧州委員会と協議のうえ、第1項にいう適切な措置について意見を発表することができる。国内法に基づく権限を害することなく、各国の規制当局または団体を含む当該国の認可当局は、審査会の意見を最大限考慮するものとする。
3.   Member States shall ensure that the national regulatory authorities or bodies concerned are not precluded from taking into account an opinion issued by the Board under paragraph 2 when considering taking measures as referred to in paragraph 1 against a media service provider. 3.   加盟国は、メディア・サービス・プロバイダに対して第1項にいう措置をとることを検討する際に、関係する国内規制当局または団体が、第2項に基づき理事会が発表した意見を考慮することを妨げられないようにしなければならない。
4.   The Board, in consultation with the Commission, shall develop a set of criteria for the use of national regulatory authorities or bodies when they exercise their regulatory powers over media service providers as referred to in paragraph 1. National regulatory authorities or bodies shall do their utmost to take those criteria into account. 4.   理事会は、欧州委員会と協議のうえ、各国規制当局または団体が第1項にいうメディア・サービス・プロバイダに対する規制権限を行使する際に使用する一連の基準を策定するものとする。各国の規制当局または団体は、これらの基準を考慮するよう最大限の努力を払わなければならない。
Section 4 第4節
Provision of and access to media services in a digital environment デジタル環境におけるメディア・サービスの提供およびメディア・サービスへのアクセス
Article 18 第18条
Content of media service providers on very large online platforms 超大規模オンライン・プラットフォームにおけるメディア・サービス・プロバイダのコンテンツ
1.  Providers of very large online platforms shall provide a functionality allowing recipients of their services to: 1.  超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダは、そのサービスの取得者が以下を行うことを可能にする機能を提供しなければならない:
(a)  declare that they are media service providers; (a) 自らがメディア・サービス・プロバイダであることを宣言すること;
(b)  declare that they comply with Article 6(1); (b) 第6条第1項を遵守していることを宣言すること;
(c)  declare that they are editorially independent from Member States, political parties, third countries ▌ and entities controlled or financed by third countries; (c) 加盟国、政党、サードパーティ▌、およびサードパーティが支配または資金提供する事業体から編集上独立していることを宣言すること;
(d)  declare that they are subject to regulatory requirements for the exercise of editorial responsibility in one or more Member States and to oversight by a competent national regulatory authority or body or that they adhere to a co-regulatory or self-regulatory mechanism governing editorial standards that is widely recognised by and accepted in the relevant media sector in one or more Member States; (d) 1つまたは複数の加盟国において、編集責任を行使するための規制要件に服し、管轄の国内規制当局または団体による監督を受けていること、あるいは、1つまたは複数の加盟国の関連メディア部門で広く認められ、受け入れられている、編集標準を管理する共同規制または自主規制のメカニズムを遵守していることを宣言する;
(e)   declare that they do not provide content generated by artificial intelligence systems without subjecting it to human review or editorial control; (e)人工知能システムによって生成されたコンテンツを、人間のレビューや編集統制にかけることなく提供しないことを宣言すること;
(f)   provide their legal name and contact details, including an email address, through which the provider of the very large online platform can communicate quickly and directly with them; and (f) 超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダが迅速かつ直接的にコミュニケーションできるよう、その法的名称および電子メールアドレスを含む連絡先を提供すること。
(g)   provide the contact details of the relevant national regulatory authorities or bodies or representatives of the co-regulatory or self-regulatory mechanisms referred to in point (d). (g) (d)で言及された、関連する各国の規制当局もしくは団体、または共同規制もしくは自主規制機構の代表者の連絡先を提供すること。
Where there is reasonable doubt concerning the media service provider’s compliance with point (d) of the first subparagraph, the provider of a very large online platform shall seek confirmation on the matter from the relevant national regulatory authority or body or the relevant co-regulatory or self-regulatory mechanism. メディア・サービス・プロバイダが第1号(d)を遵守しているかどうかについて合理的な疑いがある場合、超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダは、関連する国内規制機関もしくは団体、または関連する共同規制もしくは自主規制の仕組みに確認を求めなければならない。
2.   Providers of very large online platforms shall ensure that the information declared under paragraph 1, with the exception of the information set out in paragraph 1, first subparagraph, point (f), is made publicly available in an easily accessible manner on their online interface. 2.   超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、第1項第1号(f)に定める情報を除き、第1項に基づき申告された情報が、そのオンライン・インターフェース上で容易にアクセス可能な方法で公開されることを確保しなければならない。
3.   Providers of very large online platforms shall acknowledge receipt of declarations submitted pursuant to paragraph 1 and provide their contact details, including an email address, through which the media service provider can communicate directly and quickly with them. 3.   超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダは、第1項に従って提出された申告を受領したことを認め、メディア・サービス・プロバイダが直接かつ迅速に連絡を取ることができる電子メールアドレスを含む連絡先の詳細を提供しなければならない。
Providers of very large online platforms shall, without undue delay, indicate whether they accept or reject declarations submitted pursuant to paragraph 1. 超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、過度の遅滞なく、第1項に従って提出された申告を受諾するか拒否するかを示さなければならない。
4.  Where a provider of a very large online platform intends to take a decision to suspend the provision of its online intermediation services in relation to content provided by a media service provider that has submitted a declaration pursuant to paragraph 1 of this Article or a decision to restrict the visibility of such content, on the grounds that such content is incompatible with its terms and conditions, prior to such a decision to suspend or restrict visibility taking effect, it shall: 4.  超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダは、本条第1項に従って申告を提出したメディア・サービス・プロバイダが提供するコンテンツに関して、当該コンテンツがその利用条件と両立しないという理由で、オンライン仲介サービスの提供を停止する決定または当該コンテンツの可視性を制限する決定を下そうとする場合、当該停止または可視性の制限の決定が効力を発する前に、次のことを行わなければならない:
(a)   communicate to the media service provider concerned a statement of reasons as referred to in Article 4(1) of Regulation (EU) 2019/1150 and Article 17 of Regulation (EU) 2022/2065 for its envisaged decision to suspend or restrict visibility; and (a) 可視性の一時停止または制限の決定について、規則(EU)2019/1150の第4条(1)および規則(EU)2022/2065の第17条で言及されている理由の声明を、当該メディア・サービス・プロバイダに伝達する。
(b)   give the media service provider the opportunity to reply to the statement of reasons referred to in point (a) of the first subparagraph of this paragraph within 24 hours of receiving it or, in the case of a crisis as referred to in Article 36(2) of Regulation (EU) 2022/2065, within a shorter timeframe which allows the media service provider sufficient time to reply in a meaningful manner. (b) 本項第1号(a)に言及する理由書を受領してから24時間以内、または、規則(EU)2022/2065第36条(2)に言及する危機の場合は、メディア・サービス・プロバイダが有意義な方法で回答するのに十分な時間を確保できる、より短い期間内に、メディア・サービス・プロバイダに回答する機会を与えること。
Where, following or in the absence of a reply as referred to in point (b) of the first subparagraph, the provider of a very large online platform takes a decision to suspend or restrict visibility, it shall inform the media service provider concerned without undue delay. 第1号(b)にいう回答があった場合、またはない場合、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、可視性を一時停止または制限する決定を下す場合、当該メディア・サービス・プロバイダに不当な遅滞なく通知しなければならない。
This paragraph shall not apply where providers of very large online platforms suspend the provision of their services in relation to content provided by a media service provider or restrict the visibility of such content in compliance with their obligations pursuant to Articles 28, 34 and 35 of Regulation (EU) 2022/2065 and Article 28b of Directive 2010/13/EU or with their obligations relating to illegal content pursuant to Union law. 本項は、超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダが、規則(EU)2022/2065の第28条、第34条および第35条ならびに指令2010/13/EUの第28条bに従った義務、またはEU法に従った違法コンテンツに関する義務に従って、メディアサービスプロバイダが提供するコンテンツに関するサービスの提供を停止し、または当該コンテンツの可視性を制限する場合には適用されない。
5.  Providers of very large online platforms shall take all the necessary technical and organisational measures to ensure that complaints lodged by media service providers under Article 11 of Regulation (EU) 2019/1150 or Article 20 of Regulation (EU) 2022/2065 are processed and decided upon with priority and without undue delay. A media service provider may be represented by a body in the internal complaint-handling process referred to in those Articles. 5.  非常に大規模なオンラインプラットフォームのプロバイダは、規則(EU)2019/1150の第11条または規則(EU)2022/2065の第20条に基づきメディアサービスプロバイダが申し立てた苦情が、優先的に、かつ不当な遅延なく処理され、決定されることを保証するために、必要なすべての技術的および組織的措置を講じるものとする。メディア・サービス・プロバイダは、これらの条項で言及される内部苦情処理プロセスにおいて、団体によって代表者を務めることができる。
6.  Where a media service provider that has submitted a declaration pursuant to paragraph 1 considers that a provider of a very large online platform has repeatedly restricted or suspended, without sufficient grounds, the provision of its services in relation to content provided by the media service provider, the provider of a very large online platform shall engage in a meaningful and effective dialogue with the media service provider, at its request, in good faith with a view to finding an amicable solution, within a reasonable timeframe, for terminating unjustified restrictions or suspensions and avoiding them in the future. The media service provider may notify the outcome and the details of such a dialogue to the Board and to the Commission. The media service provider may request the Board to issue an opinion on the outcome of such a dialogue, including, where relevant, recommended actions for the provider of a very large online platform. The Board shall inform the Commission of its opinion. 6.  第1項に従って申告書を提出したメディア・サービス・プロバイダが、超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダが、十分な根拠なく、メディア・サービス・プロバイダが提供するコンテンツに関連するサービスの提供を繰り返し制限または停止していると考える場合、超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダは、メディア・サービス・プロバイダの要請に基づき、不当な制限または停止を終了させ、将来的に回避するための友好的な解決策を合理的な期間内に見出すことを目的として、メディア・サービス・プロバイダと有意義かつ効果的な対話を誠実に行わなければならない。プロバイダは、理事会および欧州委員会に対し、かかる対話の結果と詳細を通知することができる。メディア・サービス・プロバイダーは、理事会に対し、そのような対話の結果について、関連する場合には、非常に大規模なオンライン・プラットフォームのプロバイダに対する推奨措置を含む意見を発表するよう要請することができる。理事会は、その意見を欧州委員会に通知するものとする。
7.   Where a provider of a very large online platform rejects or invalidates a declaration by a media service provider submitted pursuant to paragraph 1 of this Article or where no amicable solution is found following a dialogue pursuant to paragraph 6 of this Article, the media service provider concerned may resort to mediation under Article 12 of Regulation (EU) 2019/1150 or to out-of-court dispute settlement under Article 21 of Regulation (EU) 2022/2065. The media service provider concerned may notify the Board of the outcome of that mediation or out-of-court dispute settlement. 7.   超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダが、本条第1項に従って提出されたメディア・サービス・プロバイダの宣言を拒否もしくは無効とする場合、または本条第6項に従った対話の結果、友好的な解決策が見つからない場合、当該メディア・サービス・プロバイダは、規則(EU)2019/1150第12条に基づく調停または規則(EU)2022/2065第21条に基づく裁判外の紛争解決に訴えることができる。当該メディア・サービス・プロバイダは、当該調停または裁判外の紛争解決の結果を理事会に通知することができる。
8.  A provider of a very large online platform shall make publicly available on an annual basis detailed information on: 8.  超大規模オンラインプラットフォームのプロバイダは、以下の詳細な情報を毎年公開しなければならない:
(a)  the number of instances in which it imposed any restriction or suspension on the grounds that the content provided by a media service provider that has submitted a declaration pursuant to paragraph 1 ▌is incompatible with its terms and conditions; ▌ (a) 第1項に従って宣言を提出したメディア・サービス・プロバイダが提供するコンテンツがその条件と両立しないという理由で、制限または停止を課した件数。
(b)  the grounds for imposing such restrictions or suspensions, including the specific clauses in its terms and conditions with which the media service providers’ content was deemed incompatible; (b) そのような制限または停止を課した理由(プロバイダのコンテンツがその条件に適合しないと判断された具体的な条項を含む);
(c)   the number of dialogues with media service providers pursuant to paragraph 6; (c) 第6項に基づくプロバイダとの対話の回数;
(d)   the number of instances in which it rejected declarations submitted by a media service provider pursuant to paragraph 1 and the grounds for rejection; (d) 第1項に従ってプロバイダが提出した宣言を拒否した件数とその理由;
(e)   the number of instances in which it invalidated a declaration submitted by a media service provider pursuant to paragraph 1 and the grounds for invalidation. (e) 第1項に従ってプロバイダが提出した宣言を無効とした件数とその理由。
9.  With a view to facilitating the consistent and effective implementation of this Article, the Commission shall issue guidelines to facilitate the effective implementation of the functionality referred to in paragraph 1. 9.  本条の一貫した効果的な実施を促進するため、欧州委員会は、第1項にいう機能の効果的な実施を促進するためのガイドラインを発行する。
Article 19 第19条
Structured dialogue 構造化された対話
1.  The Board shall regularly organise a structured dialogue between providers of very large online platforms, representatives of media service providers and representatives of civil society in order to: 1.  理事会は、超大規模オンライン・プラットフォームのプロバイダ、メディア・サービス・プロバイダの代表者、および市民社会の代表者の間で、以下のことを目的とした構造的対話を定期的に開催するものとする:
(a)   discuss experience and best practices in the application of Article 18, including as regards the functioning of very large online platforms and their processes for moderating content provided by media service providers; (a)超大規模オンライン・プラットフォームの機能およびメディア・サービス・プロバイダーが提供するコンテンツをモデレートするためのプロセスを含め、第18条の適用における経験およびベスト・プラクティスについて議論する;
(b)   foster access to diverse offerings of independent media on very large online platforms; and (b) 超大規模オンラインプラットフォームにおける独立メディアの多様な提供へのアクセスを促進する。
(c)   monitor adherence to self-regulatory initiatives which aim to protect users from harmful content, including disinformation and foreign information manipulation and interference. (c) 偽情報、外国の情報操作および干渉を含む有害なコンテンツから利用者を保護することを目的とする自主規制イニシアチブの遵守を監視する。
2.  The Board shall report on the results of structured dialogues as referred to in paragraph 1 to the Commission. Where possible, the Board shall make the results of such structured dialogues publicly available. 2.  理事会は、第1項にいう構造化された対話の結果を欧州委員会に報告するものとする。可能な場合、理事会は、このような構造化対話の結果を公開するものとする。
Article 20 第20条
Right to customise ▌the media offering 提供するメディアをカスタマイズする権利
1.  Users shall have a right to easily change the configuration, including default settings, of any device or user interface controlling or managing access to and the use of ▌ media services providing programmes in order to customise the ▌ media offering in accordance with their interests or preferences in compliance with Union law. This paragraph shall not affect national measures implementing Article 7a or 7b of Directive 2010/13/EU. 1.  利用者は、番組を提供する▌メディア・サービスへのアクセスおよびその利用を制御または管理する機器またはユーザー・インターフェースの設定を、デフォルト設定を含め、容易に変更する権利を有する。本項は、指令 2010/13/EU の第 7a 条または第 7b 条を実施する国内措置には影響しない。
2.  When placing devices and user interfaces as referred to in paragraph 1 on the market, manufacturers, developers and importers shall ensure that such devices and user interfaces include a functionality enabling users to freely and easily change at any time their configuration, including default settings controlling or managing access to and use of the ▌ media services offered. 2.  製造事業者、開発者および輸入事業者は、第1項で言及される機器およびユーザーインターフェイスを上市する際、当該機器およびユーザーインターフェイスが、提供される▌メディアサービスへのアクセスおよびその使用を制御または管理する初期設定を含め、ユーザーがいつでも自由かつ容易にその設定を変更できる機能を含むことを確保しなければならない。
3.   Manufacturers, developers and importers of devices and user interfaces as referred to in paragraph 1 shall ensure that the visual identity of media service providers to whose services their devices and user interfaces give access is consistently and clearly visible to the users. 3.   第1項で言及される機器およびユーザー・インターフェースの製造事業者、開発事業者、輸入事業者は、その機器およびユーザー・インターフェースがアクセスするサービスを提供するメディア・サービス・プロバイダの視覚的アイデンティティが、一貫してかつ明確に利用者に見えるようにしなければならない。
4.   Member States shall take appropriate measures to ensure that manufacturers, developers and importers of devices and user interfaces as referred to in paragraph 1 comply with paragraphs 2 and 3. 4.   加盟国は、第1項にいう機器およびユーザー・インターフェースの製造事業者、開発事業者、輸入事業者が第2項および第3項に従うことを確保するために、適切な措置を講じなければならない。
5.   The Board shall foster cooperation between media service providers, standardisation bodies or any other relevant stakeholders in order to promote the development of harmonised standards related to the design of devices or user interfaces as referred to in paragraph 1 or to digital signals carried by such devices. 5.   理事会は、第1項に規定される機器もしくはユーザー・インターフェースの設計または当該機器によって伝送されるデジタル信号に関連する調和された標準の開発を促進するため、メディア・サービス・プロバイダ、標準化団体またはその他の関連する利害関係者間の協力を促進するものとする。
Section 5 第5節
Requirements for well-functioning media market measures and procedures メディア市場が十分に機能するための措置および手続きの機能
Article 21 第21条
National measures affecting ▌ media service providers メディア・サービス・プロバイダに影響を及ぼす国内措置
1.  ▌Legislative, regulatory or administrative measures taken by a Member State that are liable to affect media pluralism or the editorial independence of media service providers operating in the internal market shall be duly justified and proportionate. Such measures shall be reasoned, transparent, objective and non-discriminatory. 1.  域内市場で活動するメディア・サービス・プロバイダのメディア多元主義または編集の独立性に影響を及ぼす可能性のある、加盟国による立法的、規制的または行政的措置は、正当に正当化され、かつ比例的でなければならない。そのような措置は、理由があり、透明性があり、客観的で、非差別的でなければならない。
2.  Any national procedure used for the purpose of ▌ adopting an administrative measure as referred to in paragraph 1 shall follow ▌ timeframes set out in advance. Such procedures shall be conducted without undue delay. 2.  第 1 項にいう行政措置を採択するために用いられる国内手続は、あらかじめ定められた ▌ 期間に従わなければならない。当該手続は、不当な遅延なく実施されなければならない。
3.  ▌Any media service provider subject to a regulatory or administrative measure as referred to in paragraph 1 that concerns it individually and directly shall have the right to appeal that measure before an appellate body. That body, which may be a court, shall be independent of the parties involved and of any external intervention or political pressure liable to jeopardise its independent assessment of matters coming before it. It shall have the appropriate expertise to enable it to carry out its functions effectively and in a timely manner. 3.  第1項にいう規制措置または行政措置の対象となるメディア・サービス・プロバイダで、そのプロバイダに個別かつ直接関係するものは、その措置を上訴機関に上訴する権利を有する。この機関は、裁判所であってもよいが、関係団体から独立していなければならず、また、外部からの介入や政治的圧力から独立していなければならない。上訴機関は、その機能を効果的かつ適時に遂行できるよう、適切な専門知識を有するものとする。
4.  Where a regulatory or administrative measure as referred to in paragraph 1 is likely to significantly affect the operation of media service providers in the internal market, the Board shall, on its own initiative, at the request of the Commission or upon a duly justified and reasoned request of a media service provider that is individually and directly affected by such a measure, draw up an opinion on the measure. Without prejudice to its powers under the Treaties, the Commission may issue its own opinion on the matter. ▌The Board and ▌ the Commission shall make their opinions publicly available. 4.  第1項にいう規制上または行政上の措置が、域内市場におけるメディア・サービス・プロバイダの業務に重大な影響を及ぼす可能性がある場合、理事会は、自らの主導で、欧州委員会の要請により、または当該措置によって個別的かつ直接的に影響を受けるメディア・サービス・プロバイダから正当な理由ある要請があった場合には、当該措置に関する意見を作成しなければならない。条約に基づく欧州委員会の権限を損なうことなく、欧州委員会はこの問題について独自の意見を発表することができる。理事会および▌委員会は、その意見を公表するものとする。
5.  For the purpose of drawing up an opinion under paragraph 4, the Board and, where applicable, ▌ the Commission may request relevant information from a national authority or body that has adopted a regulatory or administrative measure as referred to in paragraph 1 that affects a media service provider individually and directly. The national authority or body concerned shall provide that information without undue delay by electronic means. 5.  第4項に基づく意見を作成するために、▌審議会および該当する場合、▌委員会は、メディア・サービス・プロバイダに個別的かつ直接的に影響を及ぼす、第1項にいう規制上または行政上の措置を採択した国の当局または団体に対して、関連情報を要請することができる。当該国の当局または団体は、電子的手段により、過度の遅滞なく当該情報を提供しなければならない。
Article 22 第22条
Assessment of media market concentrations メディア市場集中の評価
1.  Member States shall lay down, in national law, substantive and procedural rules which allow for an assessment of media market concentrations that could have a significant impact on media pluralism and editorial independence. Those rules shall: 1.  加盟国は、国内法において、メディアの多元性および編集の独立性に重大な影響を及ぼす可能性のあるメディア市場集中の評価を可能にする実体的および手続き的規則を定めるものとする。これらの規則は以下のものでなければならない:
(a)  be transparent, objective, proportionate and non-discriminatory; (a) 透明性、客観性、比例性、非差別性を有する;
(b)  require the parties involved in such a media market concentration to notify the concentration in advance to the relevant national authorities or bodies or provide such authorities or bodies with appropriate powers to obtain information from those parties which is necessary to assess the concentration; (b) そのようなメディア市場の集中に関与する当事者に対し、関連する国内当局または団体に事前に集中を通知するよう求めるか、またはそのような当局または団体に対し、集中を評価するために必要な情報をそれらの当事者から入手する適切な権限を与える;
(c)  designate the national regulatory authorities or bodies as the ones responsible for the assessment ▌ or ensure that they are substantively involved in the assessment; (c) 国の規制当局または団体を、評価に責任を有するものとして認可する、または評価に実質的に関与させる;
(d)  set out in advance objective, non-discriminatory and proportionate criteria for notifying such media market concentrations ▌ and for assessing the impact ▌ on media pluralism and editorial independence; and (d) そのようなメディア市場の集中を通告し、メディアの多元性と編集の独立性に与える影響▌を評価するための客観的、非差別的かつ比例的な基準をあらかじめ定める。
(e)   specify in advance the timeframes for completing such assessments. (e) そのような評価を完了するための期間をあらかじめ明示する。
The assessment of media market concentrations referred to in this paragraph shall be distinct from Union and national competition law assessments, including those provided for under merger control rules. It shall be without prejudice to Article 21(4) of Regulation (EC) No 139/2004, where applicable. 本項にいうメディア市場集中の評価は、合併管理規則に基づきプロバイダが提供するものを含め、EUおよび国内競争法の評価とは区別されるものとする。また、適用される場合には、規則(EC)No 139/2004の第21条4項を損なうものではない。
2.  In an assessment of media market concentrations as referred to in paragraph 1, the following elements shall be taken into account: 2.  第1項にいうメディア市場集中の評価においては、以下の要素を考慮しなければならない:
(a)  the expected impact of the media market concentration on media pluralism, including its effects on the formation of public opinion and on the diversity of media services and the media offering on the market, taking into account the online environment and the parties’ interests in, links to or activities in other media or non-media businesses; (a)オンライン環境、当事者の他のメディアまたは非メディア事業への関心、つながり、または活動を考慮に入れた上で、世論形成への影響、メディアサービスの多様性、および市場におけるメディアの提供への影響を含む、メディア市場の集中がメディアの多元性に及ぼすと予想される影響;
(b)  the safeguards for editorial independence, including the measures taken by media service providers ▌ with a view to guaranteeing the independence of ▌ editorial decisions; (b) ▌編集上の決定の独立性を保証するためにメディア・サービス・プロバイダが講じた措置を含む、編集上の独立性のための保障措置;
(c)  whether, in the absence of the media market concentration, the parties involved in the media market concentration would remain economically sustainable, and whether there are any possible alternatives to ensure their economic sustainability; (c) メディア市場の集中がない場合、メディア市場の集中に関与する当事者が経済的に持続可能であり続けるかどうか、また、その経済的持続可能性を確保するために可能な代替案があるかどうか;
(d)   where relevant, the findings of the Commission’s annual rule of law report concerning media pluralism and media freedom; and (d) 関連する場合、メディアの多元主義とメディアの自由に関する欧州委員会の年次法治報告書の所見。
(e)   where applicable, the commitments that any of the parties involved in the media market concentration might offer to safeguard media pluralism and editorial independence. (e)該当する場合、メディアの多元主義と編集の独立を守るために、メディア市場の集中に関与する当事者が提示する可能性のある約束。
3.  The Commission, assisted by the Board, shall issue guidelines on the elements referred to in paragraph 2, points (a), (b) and (c). 3.  委員会は理事会の支援を受け、第2項の(a)、(b)および(c)の要素に関するガイドラインを発行する。
4.  Where a media market concentration is likely to affect the functioning of the internal market for media services, the national regulatory authority or body concerned shall consult the Board in advance on its draft assessment or draft opinion. 4.  メディア市場の集中がメディア・サービスの域内市場の機能に影響を及ぼす可能性がある場合、当該国の規制当局または団体は、その評価案または意見案について、事前に欧州委員会と協議しなければならない。
5.  Within timelines to be established by the Board in its rules of procedure, the Board shall draw up an opinion on the draft assessment or draft opinion referred to in paragraph 4, taking into account the elements referred to in paragraph 2, and transmit that opinion to the national regulatory authority or body concerned and the Commission. 5.  理事会は、その手続規則で定める期限内に、第2項にいう要素を考慮して、第4項にいう評価案または意見案について意見を作成し、その意見を当該国の規制当局または団体および欧州委員会に送付するものとする。
6.  The national regulatory authority or body referred to in paragraph 4 shall take utmost account of the opinion referred to in paragraph 5. Where that national regulatory authority or body does not follow the opinion, fully or partially, it shall provide the Board and the Commission with a reasoned justification explaining its position within timelines to be established by the Board in its rules of procedure. 6.  第4項にいう国内規制当局または団体は、第5項にいう意見を最大限考慮しなければならない。当該国の規制当局または団体が、当該意見に全面的または部分的に従わない場合は、理事会および欧州委員会に対し、理事会がその手続規則で定める期限内に、自らの立場を説明する理由ある正当な理由を提出しなければならない。
Article 23 第23条
Opinions on media market concentrations メディア市場の集中に関する意見
1.  In the absence of an assessment or a consultation pursuant to Article 22, the Board, on its own initiative or at the request of the Commission, shall draw up an opinion on the impact of a media market concentration on media pluralism and editorial independence, where that media market concentration is likely to affect the functioning of the internal market for media services. The Board shall base its opinion on the elements referred to in Article 22(2). The Board may bring such media market concentrations ▌to the attention of the Commission. 1.  第22条に基づく評価または協議がない場合、理事会は、自らの主導で、または欧州委員会の要請に応じて、メディア市場の集中がメディアの多元性および編集の独立性に与える影響に関する意見を作成しなければならない。理事会は、第22条2項で言及された要素に基づいて意見を述べなければならない。理事会は、そのようなメディア市場の集中について、欧州委員会の注意を喚起することができる。
2.  ▌Without prejudice to its powers under the Treaties, the Commission may issue its own opinion on the matter. 2.  条約に基づく権限を損なうことなく、欧州委員会はこの問題について独自の意見を発表することができる。
3.  ▌The Board and ▌ the Commission shall make their opinions as referred to in this Article publicly available. 3.  理事会および▌委員会は、本条の意見を公表するものとする。
Section 6 第6節
Transparent and fair allocation of economic resources 経済資源の透明かつ公正な配分
Article 24 第24条
Audience measurement 視聴者測定
1.  Providers of audience measurement systems shall ensure that their audience measurement systems and the methodology used by their audience measurement systems comply with the principles of transparency, impartiality, inclusiveness, proportionality, non-discrimination, comparability and verifiability. 1.  視聴者測定システムのプロバイダは、その視聴者測定システムおよび視聴者測定システムによって使用される方法が、透明性、公平性、包括性、比例性、無差別性、比較可能性および検証可能性の原則に準拠していることを確保しなければならない。
2.  Without prejudice to the protection of undertakings’ trade secrets as defined in Article 2, point (1), of Directive (EU) 2016/943, providers of proprietary audience measurement systems shall provide, without undue delay and free of charge, to media service providers, to advertisers and to third parties authorised by media service providers and advertisers ▌ accurate, detailed, comprehensive, intelligible and up-to-date information on the methodology used by their audience measurement systems. 2.  指令(EU)2016/943の第2条(1)に定義される事業者の企業秘密の保護を損なうことなく、独自の視聴者測定システムのプロバイダは、メディア・サービス・プロバイダ、広告主、およびメディア・サービス・プロバイダと広告主が許可した第三者に対して、視聴者測定システムで使用される方法に関する正確、詳細、包括的、明瞭かつ最新の情報を、不当な遅延なく、かつ無料で提供しなければならない。
Providers of proprietary audience measurement systems shall ensure that the methodology used by their audience measurement systems and the way in which it is applied is independently audited once a year. At the request of a media service provider, a provider of a proprietary audience measurement system shall provide it with information on audience measurement results, including non-aggregated data, which relate to the media content and media services of that media service provider. 独自の視聴者測定システムのプロバイダは、視聴者測定システムで使用される方法論およびその適用方法が、年に1回独立監査されることを保証しなければならない。メディア・サービス・プロバイダの要請があれば、独自の視聴者測定システムのプロバイダは、当該メディア・サービス・プロバイダのメディア・コンテンツおよびメディア・サービスに関連する、非集計データを含む視聴者測定結果に関する情報を、当該プロバイダに提供しなければならない。
This paragraph shall not affect the Union’s data protection and privacy rules. 本項は、当組合のデータ・プライバシー規則に影響を与えないものとする。
3.  National regulatory authorities or bodies shall encourage providers of audience measurement systems to draw up, together with media service providers, providers of online platforms, their representative organisations and any other interested parties, codes of conduct or shall encourage providers of audience measurement systems to comply with codes of conduct jointly agreed and widely accepted by media service providers, their representative organisations and any other interested parties. 3.  各国規制当局または団体は、視聴者測定システムのプロバイダに対し、メディア・サービス・プロバイダ、オンライン・プラットフォームのプロバイダ、それらの代表者団体およびその他の利害関係者とともに、行動規範を作成するよう奨励するか、または視聴者測定システムのプロバイダに対し、メディア・サービス・プロバイダ、それらの代表者団体およびその他の利害関係者によって共同合意され、広く受け入れられた行動規範を遵守するよう奨励しなければならない。
Codes of conduct as referred to in the first subparagraph of this paragraph shall be intended to promote the regular, independent and transparent monitoring of the effective achievement of their objectives and compliance with the principles referred to in paragraph 1, including through independent and transparent audits. 本項第 1 号にいう行動規範は、その目的の効果的な達成および第 1 項にいう原則の遵守について、独立した透明性のある監査を含め、定期的かつ独立した透明性のある監視を促進することを意図したものでなければならない。
4.  The Commission, assisted by the Board, may issue guidelines on the practical application of paragraphs 1, 2 and 3, taking into account, where appropriate, codes of conduct as referred to in paragraph 3. 4.  委員会は、理事会の支援を受け、適切な場合には第3項にいう行動規範を考慮しつつ、第1項、第2項および第3項の実際の適用に関するガイドラインを発行することができる。
5.  The Board shall foster the exchange of best practices related to the deployment of audience measurement systems through a regular dialogue between representatives of the national regulatory authorities or bodies, representatives of providers of audience measurement systems, representatives of media service providers, representatives of providers of online platforms and other interested parties. 5.  理事会は、各国の規制当局または団体の代表者、視聴者測定システムのプロバイダの代表者、メディア・サービス・プロバイダの代表者、オンライン・プラットフォームのプロバイダの代表者、およびその他の利害関係者の間の定期的な対話を通じて、視聴者測定システムの導入に関するベスト・プラクティスの交換を促進するものとする。
Article 25 第25条
Allocation of public funds for state advertising and supply or service contracts 国営広告および供給・サービス契約のための公的資金の配分
1.  Public funds or any other consideration or advantage made available, directly or indirectly, by public authorities or entities to media service providers or providers of online platforms for state advertising or supply or service contracts concluded with media service providers or providers of online platforms shall be awarded in accordance with transparent, objective, proportionate and non-discriminatory criteria, made publicly available in advance by electronic and user-friendly means, and by means of open, proportionate and non-discriminatory procedures. 1.  国家広告またはメディア・サービス・プロバイダーもしくはオンライン・プラットフォームのプロバイダーとの間で締結される供給もしくはサービス契約のために、公的機関または事業体からメディア・サービス・プロバイダーもしくはオンライン・プラットフォームのプロバイダーに対して直接的または間接的に提供される公的資金またはその他の対価もしくは便益は、透明で客観的、比例的かつ非差別的な基準に従って授与されるものとし、電子的かつユーザーフレンドリーな手段によって事前に公開され、公開された比例的かつ非差別的な手続きによって授与されるものとする。
Member States shall seek to ensure that the overall yearly public expenditure allocated for state advertising is distributed to a wide plurality of media service providers represented on the market, taking into account the national and local specificities of the media markets concerned. 加盟国は、国営広告のために割り当てられた年間公費全体が、当該メディア市場の国および地域の特殊性を考慮し、市場に代表される幅広い複数のメディア・サービス・プロバイダに分配されるよう努めるものとする。
This Article shall not affect the awarding of public contracts and concession contracts under Union public procurement rules or the application of Union State aid rules. 本条は、連合の公共調達規則に基づく公共契約およびコンセッション契約の発注、または連合の国家補助規則の適用に影響を及ぼすものではない。
2.  Public authorities or entities ▌ shall make publicly available by electronic and user-friendly means information on an annual basis about their public expenditure for state advertising ▌ . That information shall include at least the following: 2.  認可当局または事業体▌は、国▌の広告のための公的支出に関する情報を、電子的かつ利用しやすい手段により、毎年公開しなければならない。その情報には、少なくとも以下を含めるものとする:
(a)  the legal names of the media service providers or the providers of online platforms from which ▌ services were purchased; (a) ▌サービスが購入されたメディア・サービス・プロバイダまたはオ ▌オンライン・プラットフォームのプロバイダの法的名称;
(b)   where applicable, the legal names of the business groups of which any media service providers or providers of online platforms as referred to in point (a) are part; and (b) 該当する場合、(a)で言及されたメディア・サービス・プロバイダまたはオンライン・プラットフォームのプロバイダが属する企業グループの法的名称。
(c)  the total annual amount spent and the annual amounts spent per media service provider or provider of an online platform. (c) 年間総支出額およびメディアサービスプロバイダまたはオンラインプラットフォームプロバイダごとの年間支出額。
Member States may exempt subnational governments of territorial entities of less than 100 000 inhabitants, and entities controlled, directly or indirectly, by such subnational governments, from the obligation under point (b) of the first subparagraph. 加盟国は、人口10万人未満の地域の準国家政府、および当該準国家政府が直接的または間接的に支配する事業体について、第1号(b)に基づく義務を免除することができる。
3.  National regulatory authorities or bodies or other competent independent authorities or bodies in the Member States shall monitor and report annually on the allocation of state advertising expenditure to media service providers and to providers of online platforms based on the information listed in paragraph 2. Those annual reports shall be made publicly available in an easily accessible manner. 3.  加盟国の国家規制当局もしくは団体またはその他の権限のある独立当局もしくは団体は、第2項に掲げる情報に基づいて、メディア・サービス・プロバイダおよびオンライン・プラットフォームのプロバイダへの国家広告費の配分を監視し、毎年報告するものとする。これらの年次報告書は、容易にアクセス可能な方法で公開されなければならない。
In order to assess the completeness of the information on state advertising made available pursuant to paragraph 2, national regulatory authorities or bodies or other competent independent authorities or bodies in the Member States may request from the public authorities or entities referred to in the first subparagraph of paragraph 2 further information, including more detailed information on the application of the criteria and procedures referred to in paragraph 1. 第2項に従って公開される国家広告に関する情報の完全性を評価するため、加盟国の国内規制当局もしくは団体またはその他の権限のある独立当局もしくは団体は、第2項第1号に言及する公的当局または事業体に対し、第1項に言及する基準および手続の適用に関するより詳細な情報を含む、さらなる情報を要求することができる。
Where the monitoring, assessment and reporting are carried out by other competent independent authorities or bodies in the Member States, they shall keep the national regulatory authorities or bodies duly informed. 監視、評価および報告が、加盟国の権限を有する他の独立当局または団体によって実施される場合、これらの当局は、各国の規制当局または団体に、正式に情報を提供するものとする。
Chapter IV 第4章
Final provisions 最終規定
Article 26 第26条
Monitoring exercise モニタリングの実施
1.  The Commission shall ensure that the internal market for media services, including risks to and progress in its functioning ▌ , is independently and continuously monitored (the ‘monitoring exercise’). The findings of that monitoring exercise shall be subject to consultation with the Board and shall be presented to and discussed with the contact committee. 1.  欧州委員会は、メディアサービスのための域内市場(その機能に対するリスクと進捗状況を含む)を独立的かつ継続的に監視することを確保するものとする。モニタリングの結果は、理事会と協議し、連絡委員会に提示し、協議するものとする。
2.  The Commission shall, in consultation with the Board, define key performance indicators for, methodological safeguards to protect the objectivity of and criteria for selecting the researchers for the monitoring exercise . 2.  2.委員会は、理事会と協議の上、主要業績評価指標、監視活動の客観性を守るための方法論的保護措置、および監視活動の調査員を選出するための基準を定めるものとする。
3.  The monitoring exercise shall include: 3.  モニタリングには以下を含むものとする:
(a)  a detailed analysis of ▌ media markets in all Member States, including as regards the level of media concentration and risks of foreign information manipulation and interference; (a) 全加盟国の▌メディア市場について、メディアの集中度、外国による情報操作や干渉のリスクなど、詳細な分析を行う;
(b)  an overview and forward-looking assessment of the functioning of the internal market for media services as a whole, including as regards the impact of online platforms; (b) オンライン・プラットフォームの影響を含む、メディア・サービスのための域内市場全体の機能の概要と将来的評価;
(c)   an overview of risks to media pluralism and the editorial independence of media service providers where they could impact the functioning of the internal market; (c) メディアの多元性およびメディア・サービス・プロバイダの編集の独立性に対するリスクが域内市場の機能に影響を与える可能性がある場合、そのリスクの概要;
(d)  an overview of measures taken by media service providers with a view to guaranteeing the independence of ▌ editorial decisions; (d) ▌編集決定の独立性を保証するために、メディア・サービス・プロバイダが講じた措置の概要;
(e)   a detailed overview of frameworks and practices for the allocation of public funds for state advertising. (e) 国営広告のための公的資金の配分に関する枠組みと慣行の詳細な概要。
4.  The monitoring exercise shall be carried out annually. The results of the monitoring exercise, including the methodology and data used therefor, shall be made publicly available and presented annually to the European Parliament. 4.  モニタリングは毎年実施する。モニタリングの結果は、そのために使用された方法論およびデータを含め、一般に公開され、毎年欧州議会に提出されるものとする。
Article 27 第27条
Evaluation and reporting 評価および報告
1.  By … [51 months from the date of entry into force of this Regulation], and every four years thereafter, the Commission shall evaluate this Regulation and report to the European Parliament, the Council and the European Economic and Social Committee. 1.  欧州委員会は、...[本規則の発効日から51カ月後]まで、およびその後4年ごとに、本規則を評価し、欧州議会、理事会および欧州経済社会委員会に報告する。
2.   In the first such evaluation referred to in paragraph 1 of this Article, the Commission shall in particular examine the effectiveness of the functioning of the Board’s secretariat referred to in Article 11, including as regards the adequacy of resources in relation to the performance of its tasks. 2.   本条第1項にいう最初の評価において、欧州委員会は特に、第11条にいう理事会事務局の機能の有効性を、その任務の遂行に関連する資源の妥当性を含めて検証するものとする。
3.  For the purposes of paragraph 1 and at the request of the Commission, Member States and the Board shall send it relevant information. 3.  第1項の目的のため、また、欧州委員会の要請に応じて、加盟国および理事会は、関連情報を欧州委員会に送付するものとする。
4.  In carrying out the evaluations referred to in paragraph 1 of this Article, the Commission shall take into account: 4.  委員会は、本条第1項にいう評価を行うにあたり、以下を考慮するものとする:
(a)  the positions and findings of the European Parliament, the Council and other relevant bodies or sources; (a) 欧州議会、理事会、その他の関連団体または情報源の見解および所見;
(b)  outcomes of the relevant discussions carried out in relevant fora; (b) 関連する場で行われた関連する討議の結果
(c)  relevant documents issued by the Board; (c) 理事会が発行した関連文書
(d)  the findings of the monitoring exercise referred to in Article 26. (d) 第26条で言及されているモニタリングの結果。
5.   The reports referred to in paragraph 1 may be accompanied, where appropriate, by a proposal to amend this Regulation. 5.   第1項の報告書には、必要に応じて、本規則の改正案を添付することができる。
Article 28 第28条
Amendments to Directive 2010/13/EU 指令2010/13/EUの改正
Directive 2010/13/EU is amended as follows: 指令2010/13/EUは以下のように改正される:
(1)  Article 30b is deleted. (1) 第30b条は削除される。
(2)  References to Article 30b of Directive 2010/13/EU shall be construed as references to Article 13(1), point (c), of this Regulation. (2) 指令2010/13/EUの第30b条への言及は、本規則の第13条(1)の(c)への言及と解釈されるものとする。
Article 29 第29条
Entry into force and application 発効および適用
This Regulation shall enter into force on the twentieth day following that of its publication in the Official Journal of the European Union. 本規則は、欧州連合官報に掲載された翌日から20日目に発効する。
This Regulation shall apply from … [15 months from the date of entry into force of this Regulation]▌ . However: この規則は、...[この規則の発効日から15カ月]▌から適用される。ただし
(a)  Article 3 shall apply from … [6 months from the date of entry into force of this Regulation]; (a) 第3条は... [本規則の発効日から6ヶ月間]から適用される;
(b)  Article 4(1) and (2), Article 6(3) and Articles 7 to 13 and 28 shall apply from … [9 months from the date of entry into force of this Regulation]; (b) 第4条第1項および第2項、第6条第3項、第7条から第13条までおよび第28条は、... [本規則の発効日から9ヶ月]から適用される;
(c)  Articles 14 to 17 shall apply from … [12 months from the date of entry into force of this Regulation]; (c) 第14条から第17条までは、...[この規則の発効日から12カ月]から適用する;
(d)  Article 20 shall apply from … [36 months from the date of entry into force of this Regulation] ▌. (d) 第20条は... [本規則の発効日から36ヶ月後]から適用される。
This Regulation shall be binding in its entirety and directly applicable in all Member States. 本規則は、その全体を拘束し、すべての加盟国に直接適用されるものとする。
Done at …, 欧州議会
For the European Parliament For the Council 欧州議会 理事会
The President The President 議長 議長 議長 議長
The President The President 大統領 大統領
(1) OJ C 100, 16.3.2023, p. 111. (1) OJ C 100, 16.3.2023, p. 111.
(2) OJ C 188, 30.5.2023, p. 79. (2) OJ C 188, 30.5.2023, p. 79.
(3) Position of the European Parliament of 13 March 2024. (3) 2024年3月13日の欧州議会の見解。
(4) Directive 2010/13/EU of the European Parliament and of the Council of 10 March 2010 on the coordination of certain provisions laid down by law, regulation or administrative action in Member States concerning the provision of audiovisual media services (Audiovisual Media Services Directive) (OJ L 95, 15.4.2010, p. 1). (4) 2010年3月10日付欧州議会および欧州理事会指令2010/13/EU(視聴覚メディアサービスの提供に関する加盟国の法律、規則または行政行為によって定められた一定の規定の調整に関する指令)(OJ L 95, 15.4.2010, p. 1)。
(5) Judgment of the Court of Justice of 12 December 2006, Germany v Parliament and Council, C-380/03, ECLI:EU:C:2006:772, paragraphs 53 and 54. (5) 2006年12月12日、ドイツ対欧州議会および理事会、C-380/03、ECLI:EU:C:2006:772、パラグラフ53および54の司法裁判所の判決。
(6) Regulation (EU) 2022/2065 of the European Parliament and of the Council of 19 October 2022 on a Single Market For Digital Services and amending Directive 2000/31/EC (Digital Services Act) (OJ L 277, 27.10.2022, p. 1). (6) デジタルサービスの単一市場および指令2000/31/ECの改正に関する2022年10月19日付欧州議会および理事会規則(EU)2022/2065(デジタルサービス法)(OJ L 277, 27.10.2022, p. 1)。
(7) Council Regulation (EC) No 139/2004 of 20 January 2004 on the control of concentrations between undertakings (the EC Merger Regulation) (OJ L 24, 29.1.2004, p. 1). (7) 2004年1月20日付理事会規則(EC) No 139/2004 事業者間の集中の規制に関する規則(EC合併規則)(OJ L 24, 29.1.2004, p. 1)。
(8) Centro Europa 7 S.R.L. and Di Stefano v. Italy [GC], no 38433/09, § 134, ECHR 2012. (8) Centro Europa 7 S.R.L. and Di Stefano v. Italy [GC], no 38433/09, § 134, ECHR 2012.
(9) Council Framework Decision 2002/584/JHA of 13 June 2002 on the European arrest warrant and the surrender procedures between Member States (OJ L 190, 18.7.2002, p. 1). (9) 欧州逮捕状および加盟国間の引渡し手続きに関する2002年6月13日の理事会枠組み決定2002/584/JHA(OJ L 190, 18.7.2002, p. 1)。
(10) Judgment of the Court of First Instance of 26 June 2008, SIC v. Commission, T-442/03, ECLI:EU:T:2008:228, paragraph 211. (10) 2008年6月26日第一審判決、SIC対欧州委員会、T-442/03、ECLI:EU:T:2008:228、パラグラフ211。
(11) Directive (EU) 2015/849 of the European Parliament and of the Council of 20 May 2015 on the prevention of the use of the financial system for the purposes of money laundering or terrorist financing, amending Regulation (EU) No 648/2012 of the European Parliament and of the Council, and repealing Directive 2005/60/EC of the European Parliament and of the Council and Commission Directive 2006/70/EC (OJ L 141, 5.6.2015, p. 73). (11) マネーロンダリングまたはテロ資金供与を目的とする金融システムの利用防止に関する2015年5月20日付欧州議会および理事会指令(EU)2015/849、欧州議会および理事会規則(EU)No 648/2012を改正し、欧州議会および理事会指令2005/60/ECおよび欧州委員会指令2006/70/ECを廃止する(OJ L 141, 5.6.2015, p. 73)。
(12) Commission Recommendation (EU) 2022/1634 of 16 September 2022 on internal safeguards for editorial independence and ownership transparency in the media sector (OJ L 245, 22.9.2022, p. 56). (12) メディア部門における編集の独立性と所有者の透明性に関する2022年9月16日付の欧州委員会勧告(EU)2022/1634(OJ L 245, 22.9.2022, p. 56)。
(13) Directive (EU) 2018/1808 of the European Parliament and of the Council of 14 November 2018 amending Directive 2010/13/EU on the coordination of certain provisions laid down by law, regulation or administrative action in Member States concerning the provision of audiovisual media services (Audiovisual Media Services Directive) in view of changing market realities (OJ L 303, 28.11.2018, p. 69). (13) 2018年11月14日付欧州議会及び理事会指令(EU)2018/1808は、市場の現実の変化に鑑み、視聴覚メディア・サービスの提供に関する加盟国における法律、規則又は行政行為により定められる一定の規定の調整に関する指令2010/13/EU(視聴覚メディア・サービス指令)を改正する(OJ L 303, 28.11.2018, p. 69)。
(14) Directive 2000/31/EC of the European Parliament and of the Council of 8 June 2000 on certain legal aspects of information society services, in particular electronic commerce, in the Internal Market ('Directive on electronic commerce') (OJ L 178, 17.7.2000, p. 1). (14) 欧州域内市場における情報社会サービス、特に電子商取引の特定の法的側面に関する2000年6月8日の欧州議会および理事会指令2000/31/EC(「電子商取引に関する指令」)(OJ L 178, 17.7.2000, p. 1)。
(15) Directive (EU) 2017/541 of the European Parliament and of the Council of 15 March 2017 on combating terrorism and replacing Council Framework Decision 2002/475/JHA and amending Council Decision 2005/671/JHA (OJ L 88, 31.3.2017, p. 6). (15) テロ対策に関する2017年3月15日の欧州議会および理事会指令(EU)2017/541であり、理事会枠組み決定2002/475/JHAを置き換え、理事会決定2005/671/JHAを修正する(OJ L 88, 31.3.2017, p. 6)。
(16) Regulation (EU) 2019/1150 of the European Parliament and of the Council of 20 June 2019 on promoting fairness and transparency for business users of online intermediation services (OJ L 186, 11.7.2019, p. 57). (16) オンライン仲介サービスの事業利用者に対する公正性と透明性の促進に関する2019年6月20日付欧州議会および理事会規則(EU)2019/1150(OJ L 186, 11.7.2019, p. 57)。
(17) Judgment of the Court of Justice of 3 September 2020, Vivendi SA v Autorità per le Garanzie nelle Comunicazioni, C-719/18, ECLI:EU:C:2020:627. (17) 2020年9月3日の司法裁判所の判決、Vivendi SA v. Autorità per le Garanzie nelle Comunicazioni, C-719/18, ECLI:EU:C:2020:627.
(18) Directive (EU) 2016/943 of the European Parliament and of the Council of 8 June 2016 on the protection of undisclosed know-how and business information (trade secrets) against their unlawful acquisition, use and disclosure (OJ L 157, 15.6.2016, p. 1). (18) 非公表のノウハウおよび営業情報(企業秘密)の違法な取得、使用および開示に対する保護に関する2016年6月8日付欧州議会および理事会指令(EU)2016/943(OJ L 157, 15.6.2016, p. 1)。
(19) Regulation (EU) 2022/1925 of the European Parliament and of the Council of 14 September 2022 on contestable and fair markets in the digital sector and amending Directives (EU) 2019/1937 and (EU) 2020/1828 (Digital Markets Act) (OJ L 265, 12.10.2022, p. 1). (19) デジタル分野における競争可能かつ公正な市場、および指令(EU) 2019/1937および(EU) 2020/1828(デジタル市場法)の改正に関する2022年9月14日付欧州議会および理事会規則(EU) 2022/1925(OJ L 265, 12.10.2022, p. 1)。
(20) Directive 2014/24/EU of the European Parliament and of the Council of 26 February 2014 on public procurement and repealing Directive 2004/18/EC (OJ L 94, 28.3.2014, p. 65). (20) 公共調達に関する2014年2月26日付欧州議会および理事会指令2014/24/EUおよび指令2004/18/ECの廃止(OJ L 94, 28.3.2014, p. 65)。
(21) Regulation (EU) 2018/1725 of the European Parliament and of the Council of 23 October 2018 on the protection of natural persons with regard to the processing of personal data by the Union institutions, bodies, offices and agencies and on the free movement of such data, and repealing Regulation (EC) No 45/2001 and Decision No 1247/2002/EC (OJ L 295, 21.11.2018, p. 39). (21) 欧州連合機関、団体、事務所及び機関による個人データの処理に関する自然人の保護並びに当該データの自由な移動に関する2018年10月23日付欧州議会及び理事会規則(EU)2018/1725、並びに規則(EC)第45/2001号及び決定第1247/2002/EC号の廃止(OJ L 295, 21.11.2018, p. 39)。
(22) OJ C 487, 22.12.2022, p. 9. (22) OJ C 487, 22.12.2022, p. 9.
(23) Directive (EU) 2019/790 of the European Parliament and of the Council of 17 April 2019 on copyright and related rights in the Digital Single Market and amending Directives 96/9/EC and 2001/29/EC (OJ L 130, 17.5.2019, p. 92). (23) デジタル単一市場における著作権及び関連する権利並びに指令96/9/EC及び2001/29/ECの改正に関する2019年4月17日の欧州議会及び理事会の指令(EU)2019/790(OJ L 130, 17.5.2019, p. 92)。
(24) Regulation (EU) 2024/… of the European Parliament and of the Council of … on the transparency and targeting of political advertising (OJ L, 2024/…, …, ELI: http://data.europa.eu/eli/reg/2024/…/oj). (24) 政治広告の透明性およびターゲティングに関する欧州議会および理事会の規則(EU)2024/...(OJ L, 2024/..., ..., ELI: http://data.europa.eu/eli/reg/2024/.../oj)。
(25) + OJ: Please insert in the text the number of the Regulation contained in document PE-CONS 90/23 (2021/0381(COD)) and insert the number, date and OJ reference of that Regulation in the footnote. (25) + OJ: 本文中に文書PE-CONS 90/23 (2021/0381(COD))に含まれる規則の番号を挿入し、脚注にその規則の番号、日付、OJリファレンスを挿入すること。
(26) Regulation (EU) 2016/679 of the European Parliament and of the Council of 27 April 2016 on the protection of natural persons with regard to the processing of personal data and on the free movement of such data, and repealing Directive 95/46/EC (General Data Protection Regulation) (OJ L 119, 4.5.2016, p. 1). (26) 個人データの処理に関する自然人の保護及び当該データの自由な移動に関する2016年4月27日付欧州議会及び理事会規則(EU)2016/679、並びに指令95/46/EC(一般データ保護規則)の廃止(OJ L 119, 4.5.2016, p. 1)。
(27) Directive (EU) 2016/680 of the European Parliament and of the Council of 27 April 2016 on the protection of natural persons with regard to the processing of personal data by competent authorities for the purposes of the prevention, investigation, detection or prosecution of criminal offences or the execution of criminal penalties, and on the free movement of such data, and repealing Council Framework Decision 2008/977/JHA (OJ L 119, 4.5.2016, p. 89). (27) 刑事犯罪の予防、捜査、探知もしくは訴追または刑事罰の執行を目的とする権限のある当局による個人データの処理に関する自然人の保護および当該データの自由な移動に関する2016年4月27日付欧州議会および理事会指令(EU)2016/680、ならびに理事会枠組み決定2008/977/JHA(OJ L 119, 4.5.2016, p.89)の廃止。

 

|

« 外務省 外交青書 2024 | Main | IPA サプライチェーン上のデータ連携の仕組みに関するガイドラインβ版(蓄電池CFP・DD関係) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 外務省 外交青書 2024 | Main | IPA サプライチェーン上のデータ連携の仕組みに関するガイドラインβ版(蓄電池CFP・DD関係) »