« ENISA 遠隔身元証明 (Remote ID Proofing) の優れた実践 | Main | 国立国会図書館 調査及び立法考査局 サイバーセキュリティの確保と通信の秘密の保護―この 20年の議論と能動的サイバー防御導入等に向けた課題― »

2024.03.22

国連 総会で人工知能 (AI) に関する決議を採択

こんにちは、丸山満彦です。

国連総会で、人種差別撤廃の日を記念し、人工知能、平和の文化、犯罪防止に関する決議が採択されましたね...

ここでは、人工知能に関する決議を紹介...

 

● United Nations

・2024.03.21 General Assembly Commemorates Day for Elimination of Racial Discrimination, Adopts Resolutions on Artificial Intelligence, Culture of Peace, Crime Prevention

SEVENTY-EIGHTH SESSION, 第78会期
63RD MEETING (AM) 第63回会合(午前)
GA/12588 GA/12588
21-Mar-24 3月21日-24日
General Assembly Commemorates Day for Elimination of Racial Discrimination, Adopts Resolutions on Artificial Intelligence, Culture of Peace, Crime Prevention 総会、人種差別撤廃デーを記念、人工知能、平和文化、犯罪防止に関する決議を採択
(Note: The final summary of this meeting will be available at a later time.) (注:この会合の最終サマリーは後日入手可能となる)
The General Assembly met this morning in commemoration of the International Day for the Elimination of Racial Discrimination.  It was also expected to take action on the following draft resolutions: “Seizing the opportunities of safe, secure and trustworthy artificial intelligence systems for sustainable development” (document A/78/L.49); “International Year of Peace and Trust, 2025” (document A/78/L.47); and “International Day for the Prevention of and Fight against All Forms of Transnational Organized Crime” (document A/78/L.45). 総会は今朝、国際人種差別撤廃デーを記念して開かれた。 また、以下の決議案についても決定される予定であった: 「持続可能な開発のため、安全、安心、信頼の人工知能システムの機会を捉える」(文書A/78/L.49)、「2025年国際平和と信頼年」(文書A/78/L.47)、「あらゆる形態の国際組織犯罪の防止と闘いのための国際デー」(文書A/78/L.45)。
The Assembly would then consider extending the appointment of the Under-Secretary-General for Safety and Security (document A/78/785) and appoint members of the Board of the 10-Year Framework of Programmes on Sustainable Consumption and Production Patterns. 続いて総会は、安全保障担当事務次長の任命延長(文書A/78/785)を検討し、持続可能な消費と生産パターンに関する10カ年プログラム枠組み理事会のメンバーを任命する。

 

 

・[PDF] A/78/L.47

20240322-54417

・[DOCX] 仮訳

 

 

米国が提案をしたようですね...

U.S. The White House

・2024.03.21 Statement from National Security Advisor Jake Sullivan on the United Nations General Assembly Resolution on Artificial Intelligence for Sustainable Development

Statement from National Security Advisor Jake Sullivan on the United Nations General Assembly Resolution on Artificial Intelligence for Sustainable Development 持続可能な開発のための人工知能に関する国連総会決議に関するジェイク・サリバン国家安全保障顧問の声明|
Today, the UN General Assembly in New York adopted by consensus a resolution establishing principles for the deployment and use of artificial intelligence (AI). This resolution, proposed by the United States and co-sponsored by more than 120 countries, is a historic step in fostering safe, secure, and trustworthy AI systems. 本日、ニューヨークで開催された国連総会は、人工知能(AI)の展開と利用に関する原則を確立する決議を総意で採択した。米国が提案し、120カ国以上が共同提案したこの決議は、安全・安心で信頼できるAIシステムの育成に向けた歴史的な一歩である。
The resolution adopted today lays out a comprehensive vision for how countries should respond to the opportunities and challenges of AI. It lays out a path for international cooperation on AI, including to promote equitable access, take steps to manage the risks of AI, protect privacy, guarding against misuse, prevent exacerbated bias and discrimination. Developed in consultation with civil society and private sector experts, the resolution squarely addresses the priorities of many developing countries, such as encouraging AI capacity building and harnessing the technology to advance sustainable development. Critically, the resolution makes clear that protecting human rights and fundamental freedoms must be central to the development and use of AI systems. 本日採択された決議は、各国がAIの機会と課題にどのように対応すべきかについて、包括的なビジョンを示している。公平なアクセスを促進し、AIのリスクをマネジメントし、プライバシーを保護し、悪用から守り、バイアスや識別的差別の悪化を防ぐための措置を講じるなど、AIに関する国際協力の道筋を示すものである。市民社会や民間セクターの専門家との協議を経て策定されたこの決議は、AIの能力構築を奨励し、持続可能な開発を進めるために技術を活用するなど、多くの発展途上国の優先事項に正面から取り組んでいる。この決議は、人権と基本的自由を保護することが、AIシステムの開発と利用の中心でなければならないことを明確に示している。
From the time he took office, President Biden has prioritized restoring our American leadership at the United Nations and on the world stage. For this reason, the United States turned to the UN General Assembly to have a truly global conversation on how to manage the implications of this fast-advancing technology. While it took nearly four months and countless hours of negotiations, the world now has a baseline set of principles to guide next steps in AI’s development and use. バイデン大統領は就任以来、国連や世界の舞台で米国のリーダーシップを取り戻すことを優先してきた。このため米国は、この急速に進歩するテクノロジーの影響をどのように管理するかについて、真にグローバルな対話を行うために国連総会を利用した。交渉には4ヶ月近くと数え切れないほどの時間を要したが、今や世界は、AIの開発と利用における次のステップを導くための基本原則を手に入れた。
We now look forward to building off of this landmark achievement. As this technology swiftly evolves, we will continue to strengthen international cooperation and respond to the far-reaching implications of AI. 私たちは今、この画期的な成果を土台にしていくことを楽しみにしている。この技術が急速に進化する中、我々は国際協力を強化し、AIの持つ広範囲な影響に対応していく。

 

 

・2024.03.21 Statement from Vice President Harris on the UN General Assembly Resolution on Artificial Intelligence

Statement from Vice President Harris on the UN General Assembly Resolution on Artificial Intelligence 人工知能に関する国連総会決議に関するハリス副大統領の声明
The United States welcomes the UN General Assembly’s adoption of a resolution setting out principles for the deployment and use of artificial intelligence (AI). President Biden and I are committed to establishing and strengthening international rules and norms on emerging technology – because technology with global impact, such as AI, requires global action, and when it comes to the challenges of the 21st century, we believe all nations must be guided by a common set of understandings. This resolution proposed by the United States and co-sponsored by more than 100 nations, is a historic step toward establishing clear international norms for AI and for fostering safe, secure, and trustworthy AI systems. 米国は、国連総会が人工知能(AI)の展開と利用に関する原則を定めた決議を採択したことを歓迎する。バイデン大統領と私は、新たなテクノロジーに関する国際的なルールと規範を確立し、強化することにコミットしている。AIのような世界的な影響を及ぼすテクノロジーには世界的な行動が必要であり、21世紀の課題に関しては、すべての国が共通の理解によって導かれなければならないと考えるからだ。米国が提案し、100カ国以上が共同提案したこの決議は、AIに関する明確な国際規範を確立し、安全、安心、信頼できるAIシステムを育成するための歴史的な一歩である。
As I said in London last year, AI must be in the public interest – it must be adopted and advanced in a way that protects everyone from potential harm and ensures everyone is able to enjoy its benefits.  And we must also address the full spectrum of risk, from catastrophic risks to all of humanity to the harms felt by individuals and communities, such as bias. Too often, in past technological revolutions, the benefits have not been shared equitably, and the harms have been felt by a disproportionate few. This resolution establishes a path forward on AI where every country can both seize the promise and manage the risks of AI. 昨年ロンドンで申し上げたように、AIは公共の利益に適うものでなければならない。潜在的な危害からすべての人を守り、すべての人がその恩恵を享受できるような形で、AIは採用され、発展していかなければならない。 また、人類全体に対する破滅的リスクから、バイアスなど個人やコミュニティが感じる害まで、あらゆるリスクに対処しなければならない。過去の技術革命では、恩恵が公平に共有されず、不釣り合いな少数の人々が害を被ることがあまりにも多かった。本決議案は、すべての国がAIの将来性をつかみ、リスクをマネジメントできるような、AIに関する前進の道筋を確立するものである。
This resolution reflects extensive consultation and input from countries all around the world. Together we have set a path whereby AI can be harnessed for sustainable development, all nations gain access to AI resources and expertise, and all nations understand the need to protect the safety, privacy, and human rights of their citizens. And the resolution makes clear that protecting human rights and fundamental freedoms must be central to the development and use of AI systems. この決議は、世界各国からの広範な協議と意見を反映したものである。我々は共に、AIが持続可能な開発のために活用され、すべての国がAIのリソースと専門知識を利用できるようになり、すべての国が自国民の安全、プライバシー、人権を守る必要性を理解できるような道筋を設定した。そして決議は、人権と基本的自由を守ることが、AIシステムの開発と利用の中心でなければならないことを明確にしている。
As this technology continues to evolve, the United States will continue to lead and work with partners throughout the international community to build on the important foundational principles adopted by the UN General Assembly today. この技術が進化し続ける中、米国は、本日国連総会で採択された重要な基本原則を基に、国際社会全体のパートナーと協力し、主導していく。

 

|

« ENISA 遠隔身元証明 (Remote ID Proofing) の優れた実践 | Main | 国立国会図書館 調査及び立法考査局 サイバーセキュリティの確保と通信の秘密の保護―この 20年の議論と能動的サイバー防御導入等に向けた課題― »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ENISA 遠隔身元証明 (Remote ID Proofing) の優れた実践 | Main | 国立国会図書館 調査及び立法考査局 サイバーセキュリティの確保と通信の秘密の保護―この 20年の議論と能動的サイバー防御導入等に向けた課題― »