« ドイツ 政治選挙以外の選挙向けオンライン投票製品の認証を開始... | Main | 米国 司法省 中国政府関連の7人のハッカーを中国および米国の企業や政治家に対する批判者を標的としたコンピュータ侵入で起訴 »

2024.03.28

英国 中国国家関連組織と個人の悪質なサイバー活動の責任を追及

こんにちは、丸山満彦です。

英国が、中国国家関連組織と個人について、民主的な機関や選挙プロセスを標的にした悪質なサイバー活動をしているとし、中国代理大使を外務省に召喚し、制裁および反マネーロンダリング法による制裁も課していますね...

APT31ということですね... 米国も司法省も7名を起訴していますね...

UKの件については、EUの対外行動庁もコメントを出していますね。。。

 

民主主義を脅かすということなのですが、このタイミングというのは、どういう背景なんでしょうかね...

 

ちなみに中国側は、外交部の記者会見で「贼喊捉贼」(泥棒のくせに他人を泥棒というなや...)といってますね...

 

GOV.UK

プレス

・2024.03.25 UK holds China state-affiliated organisations and individuals responsible for malicious cyber activity

UK holds China state-affiliated organisations and individuals responsible for malicious cyber activity 英国は中国国家関連組織と個人による悪質なサイバー活動の責任を問う
UK calls out pattern of malicious cyber activity by Chinese state-affiliated organisations and individuals targeting democratic institutions and parliamentarians. 英国は、中国の国家関連組織と個人による、民主的機関と国会議員を標的にした悪質なサイバー活動のパターンを指摘した。
The United Kingdom, supported by allies globally, have today identified that Chinese state-affiliated organisations and individuals were responsible for 2 malicious cyber campaigns targeting democratic institutions and parliamentarians. Partners across the Indo-Pacific and Europe also express solidarity with the UK’s efforts to call out malicious cyber activities targeting democratic institutions and electoral processes. 英国は、世界の同盟国の支援を受け、本日、中国の国家関連組織と個人が、民主的機関と国会議員を標的とした2件の悪質なサイバーキャンペーンに関与していたことを明らかにした。インド太平洋および欧州のパートナーもまた、民主的な機関や選挙プロセスを標的にした悪質なサイバー活動を告発する英国の努力に連帯を表明する。
First, the UK can reveal today that the National Cyber Security Centre (NCSC) – a part of GCHQ – assesses that the UK Electoral Commission systems were highly likely compromised by a Chinese state-affiliated entity between 2021 and 2022. 第一に、英国は本日、GCHQの一部である国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)が、英国選挙管理委員会のシステムが2021年から2022年にかけて中国の国家関連組織によって侵害された可能性が高いと評価していることを明らかにすることができる。
Second, NCSC assesses it is almost certain that the China state-affiliated Advanced Persistent Threat Group 31 (APT31) conducted reconnaissance activity against UK parliamentarians during a separate campaign in 2021. The majority of those targeted were prominent in calling out the malign activity of China. No parliamentary accounts were successfully compromised. 次にNCSCは、中国国家系のAdvanced Persistent Threat Group 31(APT31)が2021年に別のキャンペーンで英国の国会議員に対して偵察活動を行ったことはほぼ確実だと評価している。標的となった人物の大半は、中国の悪質な活動を訴える著名な人物だった。国会議員のアカウントの侵害に成功したものはなかった。
This is the latest in a clear pattern of malicious cyber activity by Chinese state-affiliated organisations and individuals targeting democratic institutions and parliamentarians in the UK and beyond. これは、英国内外の民主的機関や国会議員を標的とした、中国の国家関連組織や個人による悪意あるサイバー活動の明確なパターンの最新版である。
In response, the Foreign, Commonwealth and Development Office has today summoned the Chinese Ambassador to the UK, and sanctioned a front company and 2 individuals who are members of APT31. Concurrently, the United States is designating the same persons and entity for malicious cyber activity. We greatly value our close coordination and cooperation with the US in addressing these threats.  This sends a clear message that we will not tolerate malicious cyber activity against democratic institutions and parliamentarians. これを受けて、外務・英連邦・開発局は本日、駐英中国大使を召喚し、APT31のメンバーであるフロント企業と2人の個人を制裁した。同時に米国は、悪質なサイバー活動に対して同じ人物と組織を指定している。我々は、これらの脅威に対処する上での米国との緊密な連携と協力を非常に重視している。 これは、民主的な機関や国会議員に対する悪意あるサイバー活動を容認しないという明確なメッセージを送るものである。
Foreign Secretary Lord Cameron said: キャメロン外務大臣は次のように述べた:
It is completely unacceptable that China state-affiliated organisations and individuals have targeted our democratic institutions and political processes. While these attempts to interfere with UK democracy have not been successful, we will remain vigilant and resilient to the threats we face. 中国国家関連の組織や個人が、英国の民主的な制度や政治プロセスを標的にしたことは、まったく容認できない。英国の民主主義を妨害しようとするこうした試みは成功していないが、われわれは直面する脅威に対して警戒を怠らず、弾力的に対処していく。
I raised this directly with Chinese Foreign Minister Wang Yi and we have today sanctioned 2 individuals and one entity involved with the China state-affiliated group responsible for targeting our parliamentarians. 私は中国の王毅外相に直接この問題を提起し、私たちは本日、私たちの国会議員を標的にした中国国家関連団体に関与する2人の個人と1つの団体を制裁した。
We will always defend ourselves from those who seek to threaten the freedoms that underpin our values and democracy. One of the reasons that it is important to make this statement is that other countries should see the detail of threats that our systems and democracies face. われわれは、われわれの価値観と民主主義を支える自由を脅かそうとする者たちから常に身を守る。この声明を発表することが重要な理由のひとつは、他国が我々のシステムと民主主義が直面している脅威の詳細を知るべきだということだ。
Deputy Prime Minister Oliver Dowden said: オリバー・ダウデン副首相は次のように述べた:
The UK will not tolerate malicious cyber activity targeting our democratic institutions. It is an absolute priority for the UK government to protect our democratic system and values. The Defending Democracy Taskforce continues to coordinate work to build resilience against these threats. 英国は、民主主義機関を標的にした悪意あるサイバー活動を容認しない。英国政府にとって、民主主義のシステムと価値を守ることは絶対的な優先事項である。民主主義防衛タスクフォースは、こうした脅威に対する回復力を構築するための作業を引き続き調整している。
I hope this statement helps to build wider awareness of how politicians and those involved in our democratic processes around the world are being targeted by state-sponsored cyber operations. この声明が、世界中の政治家や民主的なプロセスに携わる人々が、国家に支援されたサイバー作戦によってどのように標的にされているかについて、より広く認識する一助となることを願っている。
We will continue to call out this activity, holding the Chinese government accountable for its actions. 我々は、中国政府の行動に対する責任を追及し、この活動を訴え続けていく。
Home Secretary James Cleverly said: ジェームズ・クレバリー内務大臣は次のように述べた:
It is reprehensible that China sought to target our democratic institutions. 中国が我々の民主的制度を標的にしようとしたことは非難に値する。
China’s attempts at espionage did not give them the results they wanted and our new National Security Act has made the UK an even harder target. Our upcoming elections, at local and national level, are robust and secure. 中国のスパイ活動の試みは、彼らの望む結果を得られず、我々の新しい国家安全保障法によって、英国はさらにターゲットにされにくくなった。今度の選挙は、地方レベルでも全国レベルでも、強固で安全なものだ。
Democracy and the rule of law is paramount to the United Kingdom. Targeting our elected representatives and electoral processes will never go unchallenged. 民主主義と法の支配は英国にとって最も重要だ。選挙で選ばれた代表や選挙プロセスを標的にすることは、決して許されない。
This statement today sees the international community once again call on the Chinese government to demonstrate its credibility as a responsible cyber actor. The UK will continue to call out malicious cyber activity that infringes on our national security and democracy. 本日の声明は、国際社会が中国政府に対し、責任あるサイバー行為者としての信頼性を実証するよう改めて求めるものである。英国は今後も、わが国の国家安全保障と民主主義を侵害する悪質なサイバー活動を訴えていく。
The UK believes these behaviours are part of large-scale espionage campaign. We have been clear that the targeting of democratic institutions is completely unacceptable. To date, cumulative attempts to interfere with UK democracy and politics have not been successful. The UK has bolstered its defences against these types of incidents. The Defending Democracy Taskforce and the National Security Act 2023 give government, Parliament, the security services, and law enforcement agencies the tools they need to disrupt hostile activity. The NCSC has also published guidance to help high-risk individuals, including parliamentarians, to bolster their resilience to cyber threats, as well as advice to help organisations improve their security. 英国は、これらの行為が大規模なスパイ活動の一環であると考えている。我々は、民主的な機関を標的にすることは完全に容認できないことを明確にしてきた。今日まで、英国の民主主義と政治を妨害する累積的な試みは成功していない。英国はこの種の事件に対する防御を強化してきた。民主主義防衛タスクフォースと国家安全保障法2023は、政府、議会、治安当局、法執行機関に、敵対的活動を妨害するために必要な手段を与えている。NCSCはまた、国会議員を含むリスクの高い個人がサイバー脅威への耐性を強化するためのガイダンスや、組織のセキュリティ向上を支援するアドバイスも発表している。

Find out more: FCDO summons Chinese Chargé d’Affaires over malicious cyber activity.

詳細はこちら: FCDO、悪質なサイバー活動で中国代理大使を召喚する。
You can also view the full UK Sanctions List. また、英国制裁リストの全文を見ることもできる。
Background 背景
Sanctions 制裁
The individuals and entity being designated in the UK are: 英国で指定されている個人と組織は以下の通りである:
・Wuhan Xiaoruizhi Science and Technology Company Limited, which is associated with APT31, operating on behalf of the Chinese Ministry of State Security (MSS) as part of China’s state-sponsored apparatus ・Wuhan Xiaoruizhi Science and Technology Company LimitedはAPT31に関連しており、中国の国家安全保障省(MSS)の代理として、中国の国家支援組織の一部として活動している。
・Zhao Guangzong, who is a member of APT31, operating on behalf of the Chinese Ministry of State Security (MSS), and has engaged in cyber activities targeting officials, government entities, and parliamentarians in the UK and internationally ・趙光宗はAPT31のメンバーであり、中国国家安全部(MSS)を代表して活動し、英国および国際的に政府高官、政府機関、国会議員を標的としたサイバー活動に従事している。
・Ni Gaobin who is a member of APT31, operating on behalf of the Chinese Ministry of State Security (MSS), and has engaged in cyber activities targeting officials, government entities, and parliamentarians in the UK and internationally ・中国国家安全保障省(MSS)を代表して活動するAPT31のメンバーであり、英国内外の政府高官、政府機関、国会議員を標的にしたサイバー活動に従事している。
Electoral Commission 選挙管理委員会
The Electoral Commission oversees elections and regulates political finance in the UK. It is independent of UK government and reports to the UK, Welsh and Scottish Parliaments. Between late 2021 and October 2022 the Electoral Commission’s systems were compromised by a China state-affiliated cyber actor. 選挙管理委員会は英国の選挙を監督し、政治資金を規制している。英国政府から独立しており、英国議会、ウェールズ議会、スコットランド議会に報告する。2021年後半から2022年10月にかけて、選挙管理委員会のシステムは中国国家関連のサイバー行為者によって侵害された。
As the Electoral Commission stated in 2023, the malicious cyber activity has not had an impact on electoral processes, has not affected the rights or access to the democratic process of any individual, nor has it affected electoral registration. The Electoral Commission has taken steps to secure its systems against future activity. When the compromise was discovered, the Commission worked with NCSC and security specialists to investigate the incident, and acted to secure its systems to reduce the risk of future attacks. 選挙管理委員会が2023年に発表したように、悪質なサイバー活動は選挙プロセスには影響を与えず、いかなる個人の権利や民主的プロセスへのアクセスにも影響を与えず、選挙人登録にも影響を与えなかった。選挙管理委員会は、今後の活動からシステムを保護するための措置を講じた。侵害が発見されたとき、選挙管理委員会はNCSCおよびセキュリティ専門家と協力して事件を調査し、今後の攻撃のリスクを減らすためにシステムの安全確保に努めた。
Targeting of UK parliamentarians by APT31 APT31による英国議会議員の標的化
NCSC assesses it is highly likely that the China state-affiliated cyber actor APT31 conducted reconnaissance activity against UK parliamentarians during a separate campaign in 2021. Parliamentary Cybersecurity Team identified this reconnaissance and were able to confirm that no accounts had been compromised. NCSCは、中国国家系のサイバー行為者APT31が、2021年の別のキャンペーン中に英国の国会議員に対して偵察活動を行った可能性が高いと評価している。国会サイバーセキュリティチームはこの偵察活動を特定し、アカウントが侵害されていないことを確認できた。
APT31 was one of a number of Chinese state-affiliated organisations the UK publicly linked to the Chinese Ministry of State Security in 2021 following the hacking of Microsoft Exchange Server globally. Similar statements were issued by allies in condemning these actions. APT31は、2021年にマイクロソフトのExchangeサーバーが世界的にハッキングされたことを受けて、英国が中国国家安全保障省との関連を公にした数多くの中国国家関連組織の1つである。同様の声明が同盟国からも発表され、これらの行為を非難している。
Further information さらなる情報
・earlier this year, NCSC and partners issued a warning about state- sponsored cyber attackers hiding on critical infrastructure networks, and released an advisory on China state-sponsored cyber actors compromising and maintaining persistent access to US critical infrastructure ・今年初め、NCSCとパートナーは、国家が支援するサイバー攻撃者が重要インフラ・ネットワークに潜伏していることについて警告を発し、中国が国家が支援するサイバー行為者が米国の重要インフラを侵害し、持続的なアクセスを維持していることに関する勧告を発表した。
・in December 2023, the UK also condemned attempted Russian cyber interference in politics and democratic processes ・2023年12月、英国は政治と民主的プロセスに対するロシアのサイバー干渉の試みを非難した。
・in May 2023, NCSC and partners issued a warning around China state-sponsored cyber activities targeting Critical National Infrastructure (CNI) networks ・2023年5月、NCSCとパートナーは、重要な国家インフラ(CNI)ネットワークを標的とした中国国家支援のサイバー活動に関する警告を発表した。
・an asset freeze prevents any UK citizen, or any business in the UK, from dealing with any funds or economic resources which are owned, held or controlled by the designated person. It also prevents funds or economic resources being provided to or for the benefit of the designated person. UK financial sanctions apply to all persons within the territory and territorial sea of the UK and to all UK persons, wherever they are in the world ・資産凍結は、英国市民や英国内の企業が、指定された人物が所有、保有、管理する資金や経済資源を扱うことを妨げる。また、資金や経済資源が指定された人物に提供されたり、指定された人物の利益のために提供されたりすることもできなくなる。英国の金融制裁は、英国の領土および領海内にいるすべての人物と、世界のどこにいるかにかかわらず、すべての英国人に適用される。
・a travel ban means that the designated person must be refused leave to enter or to remain in the United Kingdom, providing the individual is an excluded person under section 8B of the Immigration Act 1971 ・渡航禁止とは、指定された人物が1971年移民法第8B条に基づき排除された人物である場合、英国への入国または残留を拒否されることを意味する。

 

 

・2024.03.26 FCDO summons Chinese Chargé d'Affaires over malicious cyber activity

FCDO summons Chinese Chargé d'Affaires over malicious cyber activity FCDO、悪質なサイバー活動で中国大使を召喚
The Chargé d'Affaires at the Chinese Embassy attended the summons after attribution of cyber attacks to Chinese state-affiliated individuals and organisations. 中国大使館の臨時代理大使は、サイバー攻撃が中国国家関連の個人および組織に起因するものであるとして、召喚に出席した。
A Foreign, Commonwealth and Development Office (FCDO) spokesperson said: 外務英連邦開発局(FCDO)のスポークスマンは次のように述べた:
・Today, on instruction from the Foreign Secretary, the Chargé d’Affaires of the Chinese Embassy in London was summoned to the Foreign, Commonwealth and Development Office. ・本日、外務大臣からの指示により、在ロンドン中国大使館の臨時代理大使が外務英連邦開発局に召喚された。
・The FCDO set out the government’s unequivocal condemnation of Chinese state-affiliated organisations and individuals undertaking malicious cyber activity against UK democratic institutions and parliamentarians.  The UK government would not tolerate such threatening activity, and would continue to take strong action with partners across the globe to respond. ・FCDOは、中国の国家関連組織や個人が英国の民主的機構や国会議員に対して悪質なサイバー活動を行っていることについて、政府の明確な非難を表明した。 英国政府はこのような脅威的な活動を容認せず、世界中のパートナーとともに強力な対応策を取り続ける。
・The summons followed yesterday’s announcement in Parliament by the Deputy Prime Minister, that the UK had imposed tough, targeted sanctions on a front company and 2 individuals involved in China’s malicious cyber activity targeting officials, government entities, and parliamentarians around the world. ・今回の召喚は、昨日の副首相による議会での発表に続くもので、英国は、世界中の政府高官、政府事業体、国会議員を標的にした中国の悪質なサイバー活動に関与しているフロント企業と2人の個人に対し、厳しい制裁を科した。

 

Guidance The UK Sanctions List

The UK Sanctions List 英国制裁リスト
Find out which people, entities and ships are designated or specified under regulations made under the Sanctions and Anti-Money Laundering Act 2018, and why. 制裁および反マネーロンダリング法(Sanctions and Anti-Money Laundering Act 2018)に基づき制定された規制により指定または特定されている人物、事業体、船舶とその理由を確認する。

 

HTML format UK Sanctions List

このリストのUnique ID

  • Unique ID: CYB0044 - Entityの武汉晓睿智科技有限责任公司 (WUHAN XIAORUIZHI SCIENCE AND TECHNOLOGY COMPANY LIMITED)
  • Unique ID: CYB0045 - Individualの赵光宗 (Guangzong ZHAO)
  • Unique ID: CYB0046 - Individualの倪高彬 (Gaobin NI)

資産凍結や渡航禁止ですね...

 


EU...

● European Union External Action

・2024.03.25 

UK: Statement by the Spokesperson on recent malicious cyber activities 英国 最近の悪質なサイバー活動に関する報道官の声明
The European Union expresses its solidarity with the United Kingdom on the impact of malicious cyber activities against their democratic processes . 欧州連合(EU)は、英国の民主的プロセスに対する悪質なサイバー活動の影響について、英国との連帯を表明する。
We continue to monitor and address malicious cyber activities against our societies, democracies and economies, and stand ready to take further action when necessary. われわれは、われわれの社会、民主主義、経済に対する悪質なサイバー活動を引き続き監視し、対処していくとともに、必要に応じてさらなる措置を講じる用意がある。
Ahead of the European and national elections, we are providing recommendations and guidance to public and private sector organisations in the EU to raise awareness about these cyber threats and enhance EU cyber resilience. 欧州選挙および国内選挙に先立ち、われわれは、こうしたサイバー脅威に関する認識を高め、EUのサイバーレジリエンスを強化するため、EUの公共部門および民間部門の組織に勧告と指針をプロバイダとして提供している。
The EU and Member States remain strongly committed to the adherence to the UN framework of responsible State behaviour in cyberspace as endorsed by all UN Member States. EUおよび加盟国は、すべての国連加盟国が承認した、サイバー空間における国家の責任ある行動に関する国連の枠組みの遵守に引き続き強くコミットする。
All States must adhere to these norms and not allow their territory to be used for malicious cyber activities, as called for in bilateral exchanges as well as in multiple EU Statements, including the 2021 Declaration urging Chinese authorities to take action against malicious cyber activities undertaken from its territory. すべての加盟国はこれらの規範を遵守し、自国の領土が悪意のあるサイバー活動に利用されることを許してはならない。これは、中国当局に対し、自国の領土から行われる悪意のあるサイバー活動に対する措置をとるよう要請した2021年宣言を含む、二国間交流や複数のEU声明でも求められていることである。

 

 

 


 

中国側の反応ですが...

 

中国 外交部

 例行记者会 定例記者会見

2024.03.25

英国独立电视新闻记者:据悉,英国政府正准备针对英国选举委员会和40多名英国议会议员所遭到的网络攻击发起制裁及实施某项政策。英方认为受到国家支持的中国黑客发动了这些网络攻击。请问发言人对此有何评论? Independent Television News(英国):英国選挙管理委員会と40人以上の英国議会議員に対するサイバー攻撃に対し、英国政府が制裁を開始し、政策を実施する準備を進めていることが報じられた。 英国側は、国家に支援された中国のハッカーがこれらのサイバー攻撃を仕掛けたと考えている。 これについての報道官のコメントは?
林剑:网络安全是全球性挑战。中国是网络攻击的主要受害者之一,一贯坚决依法制止和严厉打击各类网络恶意活动,主张各国通过对话与合作共同应对。网络攻击溯源问题高度复杂敏感,在调查和定性网络事件时,应有充分客观证据,而不是在没有事实依据的情况下抹黑他国,更不能将网络安全问题政治化。希望各方停止散布虚假信息,切实采取负责任的态度,共同维护网络空间的和平与安全。中方一贯反对非法单边制裁,将坚决维护自身合法权益。 ジアン・リン:サイバーセキュリティは世界的な課題だ。 中国はサイバー攻撃の主な被害者の一人であり、法律に基づいてあらゆる悪質なサイバー活動を阻止し、取り締まることに常に断固として取り組んでおり、対話と協力を通じて各国が協力してこの問題に取り組むことを提唱している。 サイバー攻撃の起源を追跡する問題は、非常に複雑かつ繊細であり、サイバー事件を調査し特徴づける際には、サイバーセキュリティの問題を政治化することはもちろん、事実無根で他国を中傷するのではなく、十分な客観的証拠を示すべきである。 すべての関係者が虚偽の情報を広めることをやめ、サイバー空間の平和と安全を共同で維持するために責任ある態度をとることが望まれる。 中国は一貫して違法な一方的制裁に反対しており、自国の合法的権益を断固として守る。

 

2024.03.26

《环球时报》记者:据报道,3月25日,美国、英国政府指责并起诉制裁同中国政府有关联的黑客组织“APT31”对其进行恶意网络攻击,称严重危害其民主机构和选举系统,澳大利亚、新西兰予以呼应,新西兰并称与中国政府有关的黑客组织“APT40”对其议会系统发动网络攻击。中方对此有何评论? 環球時報記者:3月25日、米国と英国の政府が、中国政府とつながりのあるハッキング集団APT31が、自国の民主制度と選挙システムを深刻に危険にさらしたとして、悪質なサイバー攻撃を行ったと非難し、起訴・制裁したことが報道されているが、これに対し、オーストラリアとニュージーランドは、ニュージーランドは、中国政府とつながりのあるハッキング集団APT31が、自国の民主制度と選挙システムを深刻に危険にさらしたとして、悪質なサイバー攻撃を行ったと主張した。 ニュージーランドはまた、中国政府とつながりのあるハッカー集団APT40が自国の議会システムにサイバー攻撃を仕掛けたと主張した。 これに対する中国のコメントは?
林剑:中方坚决反对并打击各种形式的网络攻击,致力于在相互尊重、平等互利基础上,与各国通过双边对话或司法协助等渠道加强合作,共同应对网络安全威胁。此前,中方曾就英方提交的所谓“APT31”相关信息进行过技术澄清和回应,明确表明英方提供的证据不足,相关结论缺乏专业性。但令人遗憾的是英方此后未有进一步回应。 林健:中国は、あらゆる形態のサイバー攻撃に断固として反対し、これに対抗する。また、二国間対話や相互法的支援などのチャンネルを通じて、相互尊重、平等、互恵を基礎に他国との協力を強化し、サイバーセキュリティの脅威に共同で対処することを約束する。 以前、中国は英国側が提出したいわゆるAPT31の情報に対し、技術的な説明と回答を行い、英国側が提出した証拠が不十分であり、関連する結論が専門性を欠いていることを明確に示した。 しかし、遺憾なことに、英国側はそれ以降、何の回答もしていない。
一段时间以来,美国出于地缘政治目的鼓动其主导的世界上最大的情报组织“五眼联盟”编凑散布各种“中国黑客”威胁的虚假信息,现在又伙同英国大肆炒作所谓“中国网络攻击”,甚至发起对华无理单边制裁。中方对此坚决反对,已向美及相关方提出严正交涉,将采取必要措施维护中方的合法权益。 米国はここしばらくの間、地政学的な目的のために、米国を中心とする世界最大の情報機関である「ファイブ・アイズ連合」に、「中国のハッキング」の脅威に関するあらゆる偽情報をまとめ、広めるよう働きかけており、現在は英国と協力して、いわゆる「中国のサイバー攻撃」について憶測を巡らせている。 中国は今、イギリスと一緒になって、いわゆる「中国のサイバー攻撃」について憶測をめぐらし、中国に対する理不尽な一方的制裁まで始めている。 中国はこれに断固として反対し、米国やその他の関係者に厳粛な申し入れを行い、中国の合法的な権益を守るために必要な措置を講じる。
中方相关网络安全机构曾发布美国政府对中国及其他国家进行网络攻击的系列报告,但美国政府一直装聋作哑。我们敦促美方在网络空间采取负责任态度,更不要“贼喊捉贼”。 中国の関連サイバーセキュリティ組織は、米国政府による中国やその他の国に対するサイバー攻撃について一連の報告書を発表しているが、米国政府は耳を貸さず、口を閉ざしている。 我々は、米側がサイバー空間において責任ある態度をとり、「盗人が他人を盗人呼ばわりをする」ようなことをしないよう強く求める。
... ...
英国广播公司记者:美、英政府昨日指责中国进行国家网络犯罪,你对此有何回应? BBC記者:米英両政府は昨日、中国が国家的なサイバー犯罪を犯していると非難したが、これに対するあなたの反応は?
林剑:我刚才已经阐明了中方的相关立场。美方和英方再次翻炒所谓“中国实施网络攻击”,并制裁中国个人和实体,这纯属政治操弄,中方对此强烈不满、坚决反对,已向相关方面提出严正交涉。 林健:これに対する中国の立場を述べただけだ。 米英側は再び、いわゆる「中国のサイバー攻撃実施」を蒸し返し、中国の個人と団体に制裁を科したが、これは純粋に政治的な工作であり、中国側は強く不満であり、断固として反対し、関係各方面に厳粛な申し入れを行った。
我们敦促美方和英方停止将网络安全问题政治化,停止对中国的污蔑抹黑和单边制裁,停止对中国的网络攻击行为。中方将采取必要措施坚决维护自身合法权益。 われわれは米英両国に対し、サイバーセキュリティの問題を政治的に利用し、中国を中傷し、一方的に制裁することをやめ、中国に対するサイバー攻撃をやめるよう強く求める。 中国は自国の合法的権益を断固として守るために必要な措置を取る。

 

1_20240328055901

 


 

参考...

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2024.03.28 米国 司法省 中国政府関連の7人のハッカーを中国および米国の企業や政治家に対する批判者を標的としたコンピュータ侵入で起訴

 

|

« ドイツ 政治選挙以外の選挙向けオンライン投票製品の認証を開始... | Main | 米国 司法省 中国政府関連の7人のハッカーを中国および米国の企業や政治家に対する批判者を標的としたコンピュータ侵入で起訴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドイツ 政治選挙以外の選挙向けオンライン投票製品の認証を開始... | Main | 米国 司法省 中国政府関連の7人のハッカーを中国および米国の企業や政治家に対する批判者を標的としたコンピュータ侵入で起訴 »