« 米国 CISA 英国 NCSC 安全なAIシステム開発のための共同ガイドライン | Main | 米国 取引委員会 AIを利用した音声クローンの害を防ぐためアイデア募集 賞金総額35,000ドル(約500万円) (2023.11.17) »

2023.11.29

米国 国防総省 AI導入戦略 (2023.11.02)

こんにちは、丸山満彦です。

米国の国防総省が責任あるAIの利用という方針に基づいて、AIの導入戦略について発表していましたね。。。

軍事領域でAIをどのように活用するのか?責任あるAIの利用、AI倫理とかを考えた場合に、境界線をどこにおくのか難しい話ですよね。。。

2月に国務省が発表した「人工知能と自律システムの責任ある軍事利用に関する政治宣言」も参考に...

 

U.S. Department of Defense

プレス

・2023.11.02 Deputy Secretary of Defense Kathleen Hicks Announces Publication of Data, Analytics and AI Adoption Strategy

Deputy Secretary of Defense Kathleen Hicks Announces Publication of Data, Analytics and AI Adoption Strategy キャスリーン・ヒックス国防副長官、データ、アナリティクス、AI導入戦略の公表を発表
Deputy Secretary of Defense Kathleen Hicks announced the release of the 2023 DOD Data, Analytics, and AI Adoption Strategy. The document was developed by the Chief Digital and AI Office (CDAO) and unifies previous strategic guidance to scale advanced capabilities across the enterprise. The announcement was made today during a press event hosted by Deputy Secretary Hicks on 'The State of AI in the Department of Defense.' キャスリーン・ヒックス国防副長官は、「2023年国防総省データ・分析・AI導入戦略」を発表した。この文書はChief Digital and AI Office (CDAO)によって作成され、エンタープライズ全体に高度な能力を拡大するためのこれまでの戦略的指針を統一したものである。この発表は本日、ヒックス副長官主催の『国防総省におけるAIの現状』に関するプレスイベントで行われた。
"We've worked tirelessly, for over a decade, to be a global leader in the fast and responsible development and use of AI technologies in the military sphere, creating policies appropriate for their specific uses." said Deputy Secretary Hicks. "As we've focused on integrating AI into our operations responsibly and at speed, our main reason for doing so has been straightforward: because it gives us even better decision advantage than we already have today." 「ヒックス副長官は、「われわれは10年以上にわたって、軍事分野におけるAI技術の迅速かつ責任ある開発と利用において世界的なリーダーとなるべく、その特定の用途に適した政策を策定し、たゆまぬ努力を続けてきた。私たちは、責任を持って迅速にAIを作戦に組み込むことに重点を置いてきたが、その主な理由は単純明快だ。"AIは、私たちに現在よりもさらに優れた意思決定の優位性を与えてくれるからだ"
The first DOD AI Strategy, published in 2018, and revised DOD Data Strategy, published in 2020, are two foundational documents that matured the Department's data-centric structures to increase the efficacy of fielding modern AI-enabled capabilities.    2018年に発表された最初のDOD AI戦略と、2020年に発表された改訂版DODデータ戦略は、最新のAI対応能力の実戦投入の有効性を高めるために、国防総省のデータ中心構造を成熟させた2つの基礎文書である。  
Since these strategies were published, industry has produced tools, platforms, and services, enabling effective, decentralized data management, and analytics and AI development.   This updated 2023 Strategy focuses on how the Department will accelerate adoption of data, analytics and AI in a manner that is repeatable by all DoD Components.     これらの戦略が発表されて以来、産業界はツール、プラットフォーム、サービスを生み出し、効果的で分散化されたデータ管理、アナリティクス、AI開発を可能にしてきた。  この更新された2023年戦略は、国防総省がデータ、アナリティクス、AIの採用を、すべての国防総省構成機関によって再現可能な方法でどのように加速させるかに焦点を当てている。   
"Accelerating the adoption of advanced data, analytics, and artificial intelligence technologies presents an unprecedented opportunity to equip Department leaders, at all levels, with the data they need, to make better decisions faster, from the boardroom to the battlefield," said the Chief Digital and AI Officer, Craig Martell. "Our strategic approach prioritizes an agile approach to adoption by focusing on the fundamentals of speed, agility, responsibility, and learning." 「高度なデータ、アナリティクス、人工知能技術の採用を加速することは、国防総省のあらゆるレベルの指導者が、役員室から戦場まで、より良い意思決定をより迅速に行うために必要なデータを装備する、かつてない機会を提供する」と、クレイグ・マーテル最高デジタル・AI担当官は述べた。「我々の戦略的アプローチは、スピード、敏捷性、責任、学習という基本に焦点を当てることで、導入への機敏なアプローチを優先する。
The CDAO worked closely with offices across the DoD to develop the 2023 Data, Analytics, and AI Adoption Strategy. Implementation will ensure that Department has stronger alignment and synchronization to scale advanced capabilities for use across the enterprise.   CDAOは国防総省の各局と緊密に連携し、2023年データ・分析・AI導入戦略を策定した。この戦略の実施により、国防総省はエンタープライズ全体で利用できる高度な能力を拡大するため、より強力な連携と同期を確保することになる。  
The CDAO became operational in June 2022 and is dedicated to integrating and optimizing artificial intelligence capabilities across DOD. The office is responsible for accelerating DOD's adoption of data, analytics, and AI, enabling the Department's digital infrastructure and policy adoption to deliver scalable AI-driven solutions for enterprise and joint use cases, safeguarding the nation against current and emerging threats CDAOは2022年6月に運用を開始し、国防総省全体の人工知能能力の統合と最適化に専念している。CDAOはDODのデータ、アナリティクス、AIの採用を加速させ、DODのデジタル・インフラと政策の採用を可能にし、エンタープライズと共同使用のケースに拡張可能なAI主導のソリューションを提供し、現在および新たな脅威から国家を守る責任を負う。

 

・[PDF] 2023 Data, Analytics and Artificial Intelligence Adoption Strategy

20231129-53122

・[PDF] 2023 Data, Analytics and Artificial Intelligence Adoption Strategy Fact Sheet

20231129-53131

 

Strateging Goal

DOD AI Hierarchy of Needs(国防総省のAIニーズの階層構造)

1_20231129060001

 

 

ニュース

・2023.11.02 DOD Releases AI Adoption Strategy

DOD Releases AI Adoption Strategy 国防総省がAI導入戦略を発表
The Defense Department today released its strategy to accelerate the adoption of advanced artificial intelligence capabilities to ensure U.S. warfighters maintain decision superiority on the battlefield for years to come. 国防総省は本日、米国の戦闘員が今後何年にもわたって戦場での意思決定の優位性を維持できるよう、高度な人工知能能力の採用を加速するための戦略を発表した。
The Pentagon's 2023 Data, Analytics and Artificial Intelligence Adoption Strategy builds upon years of DOD leadership in the development of AI and further solidifies the United States' competitive advantage in fielding the emerging technology, defense officials said. 国防総省の2023年データ・分析・人工知能導入戦略は、AIの開発における国防総省の長年にわたるリーダーシップに基づくものであり、新たな技術の導入における米国の競争上の優位性をさらに強固なものにするものである、と国防当局者は述べた。 
"As we focused on integrating AI into our operations responsibly and at speed, our main reason for doing so has been straight forward: because it improves our decision advantage," Deputy Defense Secretary Kathleen Hicks said while unveiling the strategy at the Pentagon. 国防総省のキャスリーン・ヒックス副長官は、次のように述べた。「国防総省でこの戦略を発表する際に、われわれは、AIをわれわれの作戦に責任を持って迅速に統合することに重点を置いているが、その主な理由は単純明快だ。」
"From the standpoint of deterring and defending against aggression, AI-enabled systems can help accelerate the speed of commanders' decisions and improve the quality and accuracy of those decisions, which can be decisive in deterring a fight and winning in a fight," she said.   「侵略の抑止と防御の観点から、AI対応システムは指揮官の決断のスピードを速め、決断の質と精度を改善するのに役立つ、これは、戦闘を抑止し、戦闘に勝利する上で決定的なものとなりうるからである。」
The latest blueprint, which was developed by the Chief Digital and AI Office, builds upon and supersedes the 2018 DOD AI Strategy and revised DOD Data Strategy, published in 2020, which have laid the groundwork for the department's approach to fielding AI-enabled capabilities.   チーフ・デジタル・AIオフィスが策定した最新の青写真は、AI対応能力の実戦配備に向けた同省のアプローチの基礎を築いた、2020年に発表された2018年のDOD AI戦略と改訂版DODデータ戦略を基礎とし、それに取って代わるものだ。 
The new document aims to provide a foundation from which the DOD can continue to leverage emerging AI capabilities well into the future. この新しい文書は、DODが将来にわたって新たなAI能力を活用し続けるための基盤を提供することを目的としている。
"Technologies evolve. Things are going to change next week, next year, next decade. And what wins today might not win tomorrow," said DOD Chief Digital and AI Officer Craig Martell.  「テクノロジーは進化する。テクノロジーは進化する。そして、今日勝つものが明日勝つとは限らない」と、DODのクレイグ・マーテル最高デジタル・AI担当官は言う。
"Rather than identify a handful of AI-enabled warfighting capabilities that will beat our adversaries, our strategy outlines the approach to strengthening the organizational environment within which our people can continuously deploy data analytics and AI capabilities for enduring decision advantage," he said.   「我々の戦略は、敵に打ち勝つ一握りのAI対応戦闘能力を特定するのではなく、永続的な意思決定の優位性のためにデータ分析とAI能力を継続的に展開できる組織環境を強化するためのアプローチを概説している。 
The strategy prescribes an agile approach to AI development and application, emphasizing speed of delivery and adoption at scale leading to five specific decision advantage outcomes:  この戦略では、AIの開発と応用に対するアジャイル・アプローチを規定し、5つの具体的な意思決定の優位性につながる、提供のスピードと規模での採用を強調している: 
・Superior battlespace awareness and understanding ・優れた戦場認識と理解
・Adaptive force planning and application ・適応的な戦力計画と適用
・Fast, precise and resilient kill chains ・迅速、正確かつレジリエンスに優れたキルチェーン
・Resilient sustainment support ・レジリエンス・サステインメント・サポート
・Efficient enterprise business operations ・エンタープライズ業務の効率化
The blueprint also trains the department's focus on several data, analytics and AI-related goals: 青写真はまた、データ、アナリティクス、AIに関連するいくつかの目標に重点を置いている:
・Invest in interoperable, federated infrastructure ・相互運用可能な連携インフラへの投資
・Advance the data, analytics and AI ecosystem ・データ、アナリティクス、AIのエコシステムを推進する
・Expand digital talent management ・デジタル人材管理の拡大
・Improve foundational data management ・基盤となるデータ管理の改善
・Deliver capabilities for the enterprise business and joint warfighting impact ・エンタープライズビジネスと共同戦力のための能力を提供する。
・Strengthen governance and remove policy barriers ・ガバナンスを強化し、政策の障壁を取り除く
Taken together, those goals will support the "DOD AI Hierarchy of Needs" which the strategy defines as: quality data, governance, insightful analytics and metrics, assurance and responsible AI. これらの目標は、「DOD AI Hierarchy of Needs(国防総省のAIニーズの階層構造)」をサポートするもので、同戦略では、質の高いデータ、ガバナンス、洞察に満ちたアナリティクスと測定基準、保証、責任あるAIと定義している。
Spotlight: Science & Tech スポットライト 科学技術
In unveiling the strategy, Hicks emphasized the Pentagon's commitment to safety and responsibility while forging the AI frontier.   この戦略を発表したヒックス氏は、AIのフロンティアを開拓する一方で、安全性と責任に対する国防総省のコミットメントを強調した。 
"We've worked tirelessly for over a decade to be a global leader in the in the fast and responsible development and use of AI technologies in the military sphere, creating policies appropriate for their specific use," Hicks said. "Safety is critical because unsafe systems are ineffective systems."  「我々は、軍事分野におけるAI技術の迅速かつ責任ある開発と使用におけるグローバルリーダーとなるため、10年以上たゆまぬ努力を続けてきた。「安全でないシステムは効果のないシステムであるため、安全性は非常に重要である。
In January, the Defense Department updated its 2012 directive that governs the responsible development of autonomous weapon systems to the standards aligned with the advances in artificial intelligence.      国防総省は1月、自律型兵器システムの責任ある開発をガバナンスする2012年の指令を、人工知能の進歩に沿った標準に更新した。    
The U.S. has also introduced a political declaration on the responsible military use of artificial intelligence, which further seeks to codify norms for the responsible use of the technology.  米国はまた、人工知能の責任ある軍事利用に関する政治宣言を提出し、人工知能技術の責任ある利用に関する規範をさらに成文化しようとしている。
Hicks said the U.S. will continue to lead in the responsible and ethical use of AI, while remaining mindful of the potential dangers associated with the technology. ヒックス氏は、米国は人工知能に関連する潜在的な危険性に留意しながらも、責任ある倫理的な人工知能の使用をリードしていくと述べた。
Spotlight: Engineering in the DOD スポットライト 国防総省におけるエンジニアリング
"By putting our values first and playing to our strengths, the greatest of which is our people, we've taken a responsible approach to AI that will ensure America continues to come out ahead," she said. "Meanwhile, as commercial tech companies and others continue to push forward the frontiers of AI, we're making sure we stay at the cutting edge with foresight, responsibility and a deep understanding of the broader implications for our nation."  「我々の価値観を最優先し、我々の強みを発揮することで、我々の最大の強みは人材であり、我々はAIに対して責任あるアプローチをとってきた。「一方、営利目的のハイテク企業などがAIの最前線を押し進め続ける中、我々は、先見性、責任感、そして我が国に対するより広範な影響に対する深い理解をもって、最先端に留まることを確認している。
Related Links 関連リンク
TRANSCRIPT: Chief Digital and AI Officer Craig Martell Holds a Press Briefing to Discuss DOD's 2023 Data, Analytics and AI Adoption Strategy TRANSCRIPT: クレイグ・マーテル最高デジタル・AI担当官が、国防総省の2023年データ・分析・AI導入戦略についてプレスブリーフィングを行った。
PUBLICATION: 2023 Data, Analytics and Artificial Intelligence Adoption Strategy 発行:2023年データ、アナリティクス、人工知能導入戦略
PUBLICATION: 2023 Data, Analytics and Artificial Intelligence Adoption Strategy Fact Sheet 発行:2023年データ、アナリティクス、人工知能導入戦略ファクトシート
NEWS RELEASE: Deputy Secretary of Defense Kathleen Hicks Announces Publication of Data, Analytics and AI Adoption Strategy ニュースリリース キャスリーン・ヒックス国防副長官、データ、アナリティクス、AI導入戦略の公表を発表
SPEECH: Remarks by Deputy Secretary of Defense Kathleen H. Hicks on 'The State of AI in the Department of Defense' (As Delivered) スピーチ:キャスリーン・H・ヒックス国防副長官による「国防総省におけるAIの現状」に関するスピーチ(英語)
TRANSCRIPT: Deputy Defense Secretary Kathleen Hicks Holds a Press Briefing to Discuss the State of A.I. in the Defense Department TRANSCRIPT:キャスリーン・ヒックス国防副長官、国防総省におけるAIの現状について記者ブリーフィングを行う

 

 

・2023.11.22 U.S. Endorses Responsible AI Measures for Global Militaries

U.S. Endorses Responsible AI Measures for Global 米国はグローバルな責任あるAI対策を支持する
The United States government is leading global efforts to build strong norms that will promote the responsible military use of artificial intelligence and autonomous systems. Last week, the State Department announced that 47 states have now endorsed the "Political Declaration on Responsible Military Use of Artificial Intelligence and Autonomy" that the government first launched at The Hauge on Feb. 16.  米国政府は、人工知能と自律システムの責任ある軍事利用を促進する強固な規範を構築するための世界的な取り組みを主導している。先週、国務省は、政府が2月16日にThe Haugeで初めて発表した「人工知能と自律システムの責任ある軍事利用に関する政治宣言」に47カ国が賛同したと発表した。
AI refers to the ability of machines to perform tasks that would otherwise require human intelligence, such as recognizing patterns, learning from experience, drawing conclusions, making predictions or generating recommendations.  AIとは、パターンの認識、経験からの学習、結論の導出、予測、推奨事項の生成など、人間の知性を必要とするタスクを実行する機械の能力を指す。
Military AI capabilities includes not only weapons but also decision support systems that help defense leaders at all levels make better and more timely decisions, from the battlefield to the boardroom, and systems relating to everything from finance, payroll, and accounting, to the recruiting, retention, and promotion of personnel, to collection and fusion of intelligence, surveillance, and reconnaissance data.  軍用AIの能力には、兵器だけでなく、戦場から役員室に至るまで、あらゆるレベルの国防指導者がより適切でタイムリーな意思決定を行うための意思決定支援システムや、財務、給与、会計から、人員の採用、維持、昇進、情報、監視、偵察データの収集と融合に至るまで、あらゆるものに関連するシステムも含まれる。
"The United States has been a global leader in responsible military use of AI and autonomy, with the Department of Defense championing ethical AI principles and policies on autonomy in weapon systems for over a decade. The political declaration builds on these efforts. It advances international norms on responsible military use of AI and autonomy, provides a basis for building common understanding, and creates a community for all states to exchange best practices," said Sasha Baker, under secretary of defense for policy.  「米国は、AIと自律性の責任ある軍事利用における世界的リーダーであり、国防総省は10年以上にわたって、兵器システムにおける自律性に関する倫理的なAI原則と政策を支持してきた。今回の政治宣言は、こうした努力の上に成り立っている。この政治宣言は、AIと自律性の責任ある軍事利用に関する国際規範を前進させ、共通の理解を構築するための基礎を提供し、すべての国家がベストプラクティスを交換するためのコミュニティを創設するものである」と、国防総省のサーシャ・ベイカー政策担当次官は述べた。
The Defense Department has led the world through publishing a series of policies on military AI and autonomy, most recently the Data, Analytics, and AI Adoption Strategy released on November 2.  国防総省は、軍事AIと自律性に関する一連の政策を発表し、世界をリードしてきた。最近では、11月2日に発表された「データ、アナリティクス、AI導入戦略」がある。
The declaration consists of a series of non-legally binding guidelines describing best practices for responsible military use of AI. These guidelines include ensuring that military AI systems are auditable, have explicit and well-defined uses, are subject to rigorous testing and evaluation across their lifecycle, have the ability to detect and avoid unintended behaviors, and that high-consequence applications undergo senior-level review.   この宣言は、AIの責任ある軍事利用のためのベストプラクティスを記述した一連の法的拘束力のないガイドラインで構成されている。これらのガイドラインには、軍用AIシステムが監査可能であること、用途が明確かつ十分に定義されていること、ライフサイクル全体にわたって厳格なテストと評価が行われること、意図しない行動を検知・回避する能力があること、重大な影響を及ぼすアプリケーションは上級レベルの審査を受けることなどが含まれている。 
As the State Department's press release on November 13 states: "This groundbreaking initiative contains 10 concrete measures to guide the responsible development and use of military applications of AI and autonomy. The declaration and the measures it outlines, are an important step in building an international framework of responsibility to allow states to harness the benefits of AI while mitigating the risks. The U.S. is committed to working together with other endorsing states to build on this important development."    国務省が11月13日に発表したプレスリリースにはこうある: 「この画期的なイニシアチブには、AIと自律性の軍事的応用の責任ある開発と使用を導くための10の具体的な方策が含まれている。この宣言とそれが示す措置は、国家がリスクを低減しながらAIの利点を活用できるようにするための国際的な責任枠組みを構築するための重要な一歩である。米国は、この重要な発展を築くために、他の賛同国と協力していくことを約束する。 
The 10 measures are: 10の措置は以下の通りである:
01. States should ensure their military organizations adopt and implement these principles for the responsible development, deployment, and use of AI capabilities. 01. 国家は、自国の軍事組織がAI能力の責任ある開発、配備、使用のために、これらの原則を採用し、実施することを保証すべきである。
02. States should take appropriate steps, such as legal reviews, to ensure that their military AI capabilities will be used consistent with their respective obligations under international law, in particular international humanitarian law. States should also consider how to use military AI capabilities to enhance their implementation of international humanitarian law and to improve the protection of civilians and civilian objects in armed conflict. 02. 国家は、軍事AI能力が国際法、特に国際人道法の下でのそれぞれの義務に一致して使用されることを確実にするため、法的検討などの適切な措置をとるべきである。また、各国は、国際人道法の履行を強化し、武力紛争における文民および文民の物体の保護を改善するために、軍事AI能力をどのように使用するかを検討すべきである。
03. States should ensure that senior officials effectively and appropriately oversee the development and deployment of military AI capabilities with high-consequence applications, including, but not limited to, such weapon systems. 03. 国家は、高官が、そのような兵器システムを含むがこれに限定されない、重大な影響を及ぼす軍事AI能力の開発と配備を効果的かつ適切に監督することを確保すべきである。
04. States should take proactive steps to minimize unintended bias in military AI capabilities. 04. 国家は、軍事AI能力における意図せざるバイアスを最小化するための積極的な措置を講じるべきである。
05. States should ensure that relevant personnel exercise appropriate care in the development, deployment, and use of military AI capabilities, including weapon systems incorporating such capabilities. 05. 国家は、そのような能力を組み込んだ兵器システムを含め、軍事用AI能力の開発、配備、使用において、関係者が適切な注意を払うことを確保すべきである。
06. States should ensure that military AI capabilities are developed with methodologies, data sources, design procedures, and documentation that are transparent to and auditable by their relevant defense personnel. 06. 国家は、軍事 AI 能力が、関連する防衛要員に透明で監査可能な方法論、データソース、設計手順、および文書によって開発されることを確保すべきである。
07. States should ensure that personnel who use or approve the use of military AI capabilities are trained so they sufficiently understand the capabilities and limitations of those systems in order to make appropriate context-informed judgments on the use of those systems and to mitigate the risk of automation bias. 07. 国家は、軍事 AI 能力の使用または使用を承認する要員が、それらのシステムの使用に関して適切な文脈に基づいた判断を下し、自動化バイアスのリスクを軽減するために、それらのシステムの能力と限界を十分に理解するよう訓練されていることを確保すべきである。
08. States should ensure that military AI capabilities have explicit, well-defined uses and that they are designed and engineered to fulfill those intended functions. 08. 国家は、軍事 AI 能力が明確かつ十分に定義された用途を有し、それらの意図された機能を果たすよう設計・設計されていることを保証すべきである。
09. States should ensure that the safety, security, and effectiveness of military AI capabilities are subject to appropriate and rigorous testing and assurance within their well-defined uses and across their entire life-cycles. For self-learning or continuously updating military AI capabilities, States should ensure that critical safety features have not been degraded, through processes such as monitoring. 09. 国家は、軍用AI能力の安全性、安全保障、有効性が、その明確に定義された用途の範囲内において、またそのライフサイクル全体にわたって、適切かつ厳格なテストと保証の対象となることを確保すべきである。自己学習または継続的に更新される軍事用AI能力については、国家は、モニタリングなどのプロセスを通じて、重要な安全機能が低下していないことを保証すべきである。
10. States should implement appropriate safeguards to mitigate risks of failures in military AI capabilities, such as the ability to detect and avoid unintended consequences and the ability to respond, for example by disengaging or deactivating deployed systems, when such systems demonstrate unintended behavior.  10. 国家は、軍事AI能力における失敗のリスクを軽減するために、意図しない結果を検知して回避する能力、および、そのようなシステムが意図しない挙動を示した場合に、配備されたシステムを解除または非活性化するなどして対応する能力など、適切なセーフガードを導入すべきである。

 

 

国務省が2月に発表した人工知能と自律システムの責任ある軍事利用に関する政治宣言

● Department of States - Artificial Intelligence (AI)

・ 2023.02.16 Political Declaration on Responsible Military Use of Artificial Intelligence and Autonomy

 


 

こちらも参照。。。

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.02.18 米国 国務省 人工知能と自律システムの責任ある軍事利用に関する政治宣言

 

|

« 米国 CISA 英国 NCSC 安全なAIシステム開発のための共同ガイドライン | Main | 米国 取引委員会 AIを利用した音声クローンの害を防ぐためアイデア募集 賞金総額35,000ドル(約500万円) (2023.11.17) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 CISA 英国 NCSC 安全なAIシステム開発のための共同ガイドライン | Main | 米国 取引委員会 AIを利用した音声クローンの害を防ぐためアイデア募集 賞金総額35,000ドル(約500万円) (2023.11.17) »