« 米国 CISA サプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)のためのハードウェア部品表フレームワーク(HBOM) | Main | 第78回 国連総会 トップ等の発言... »

2023.09.26

米国 商工会議所 教育・提言キャンペーン「責任あるAIビジネス・リーダーシップ・イニシアティブ」

こんにちは、丸山満彦です。

米高商工会議所が2023.03.09に人工知能についての報告書を公表しておりますが、今回は、企業主導の教育・提言キャンペーンである「 「責任あるAIビジネス・リーダーシップ・イニシアティブ」の開始についての発表をしていますね。。。

この教育・提言キャンペーンの目的...

  1. 一般市民と政策立案者を教育する
  2. イノベーションと信頼できるAIを実現するための連邦政策の提唱
  3. グローバルなAIフレームワーク構築における米国のリーダーシップを促進する
  4. 州や地域の規制の矛盾を防ぐ

だそうです。。。

官民とも力強いですね。。。

 

U.S. Chamber of Commerce

・2023.09.20 U.S. Chamber Launches ‘Responsible AI Business Leadership Initiative,’ An Education and Advocacy Effort to Promote the Responsible Development and Use of Artificial Intelligence

U.S. Chamber Launches ‘Responsible AI Business Leadership Initiative,’ An Education and Advocacy Effort to Promote the Responsible Development and Use of Artificial Intelligence 米国商工会議所、人工知能の責任ある開発と利用を促進するための教育・提言活動「責任あるAIビジネス・リーダーシップ・イニシアティブ」を開始
U.S. Chamber announcement on the launch of the 'Responsible AI Business Leadership Initiative.' 米国商工会議所は、「責任あるAIビジネス・リーダーシップ・イニシアティブ」の立ち上げについて発表した。
WASHINGTON, D.C. — Today, the U.S. Chamber of Commerce announced the launch of the ‘Responsible AI Business Leadership Initiative,’ a business-led education and advocacy campaign on the importance of developing and deploying responsible artificial intelligence (AI). ワシントンD.C.-本日、米国商工会議所は、責任ある人工知能(AI)の開発と導入の重要性に関する企業主導の教育・提言キャンペーンである「責任あるAIビジネス・リーダーシップ・イニシアティブ」の立ち上げを発表した。
The announcement, which was made during the U.S. Chamber’s Global AI Forum at the National Press Club in Washington D.C., marks the formal start of this campaign to educate policymakers and key decisionmakers on the benefits and uses of AI, and advocate for a responsible federal policy framework.  この発表は、ワシントンD.C.のナショナル・プレス・クラブで開催された米国商工会議所のグローバルAIフォーラムの中で行われたもので、政策立案者や主要な意思決定者にAIの利点と用途について教育し、責任ある連邦政策の枠組みを提唱するこのキャンペーンの正式な開始を意味する。
“The age of artificial intelligence has ushered in an unparalleled opportunity to leverage America’s technological prowess as a tremendous force of good here at home and around the world,” said Tom Quaadman, executive vice president of the U.S. Chamber’s Technology Engagement Center (C_TEC). “As the leading voice for American businesses of all sizes across the economy, the U.S. Chamber is uniquely positioned to convene the brain-trust necessary to forge a sensible path forward on responsible AI leadership at scale. 「米国商工会議所テクノロジー・エンゲージメント・センター(C_TEC)のエグゼクティブ・バイスプレジデントであるトム・クワッドマンは、「人工知能の時代は、米国の技術力を国内および世界における多大な善の力として活用するまたとない機会を到来させた。「米国商工会議所は、経済全般にわたるあらゆる規模の米国企業の代表的な代弁者として、大規模で責任あるAIのリーダーシップについて賢明な道筋を築くために必要な頭脳集団を招集するユニークな立場にある。
“It is imperative for the United States, in partnership with like-minded nations, lead the effort to create a global regulatory framework for trustworthy and responsible AI. It is also vital for the U.S. federal government to work with the private sector to develop national policies that promote innovation and mitigate risk. We are optimistic the ‘Responsible AI Business Leadership Initiative’ will be a force multiplier for the development of responsible AI that harnesses the immense potential of this technology,” Quaadman concluded. 「米国は、志を同じくする国々と連携して、信頼できる責任あるAIのためのグローバルな規制の枠組みを構築する努力をリードすることが不可欠である。また、米国連邦政府が民間セクターと協力し、イノベーションを促進しリスクを軽減する国家政策を策定することも不可欠である。我々は、『責任あるAIビジネス・リーダーシップ・イニシアティブ』が、この技術の計り知れない可能性を活用する責任あるAIの発展のための戦力となることを確信している」とクワッドマンは締めくくった。
The Initiative will focus on four key activities:  このイニシアティブは、4つの主要な活動に焦点を当てる: 
1. Educating the Public and Policymakers  1. 一般市民と政策立案者を教育する
2. Advocating for Federal Policies to Achieve Innovation and Trustworthy AI  2. イノベーションと信頼できるAIを実現するための連邦政策の提唱 
3. Advancing U.S. Leadership in Creating a Global AI Framework  3. グローバルなAIフレームワーク構築における米国のリーダーシップを促進する
4. Preventing a Conflicting Patchwork of State and Local Regulations 4. 州や地域の規制の矛盾を防ぐ
The Initiative will build on the work of the U.S. Chamber’s Commission on AI Competitiveness, Inclusion, and Innovation to determine the real-world impacts of AI on the economy and society, and recommendations for a policy framework that optimizes the benefits of the technology and mitigates its potential risks.  このイニシアティブは、米国商工会議所の「AIの競争力、インクルージョン、イノベーションに関する委員会」の活動を基に、AIが経済や社会に与える現実世界への影響、およびこの技術の利点を最適化し、潜在的リスクを軽減する政策フレームワークの提言を決定する。
This Initiative will also leverage the insights derived from the U.S. Chamber’s Artificial Intelligence Working Group, which was started in 2019 and currently convenes over 160 companies across 32 industries. このイニシアティブは、2019年に発足し、現在32業種160社以上が参加している米国商工会議所の人工知能ワーキンググループから得られた知見も活用する。

 

U.S. Chamber of Commerce Foundation - YouTube

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.03.14 米国商工会議所 人工知能報告書


|

« 米国 CISA サプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)のためのハードウェア部品表フレームワーク(HBOM) | Main | 第78回 国連総会 トップ等の発言... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 CISA サプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)のためのハードウェア部品表フレームワーク(HBOM) | Main | 第78回 国連総会 トップ等の発言... »