« 米国 次の国家サイバー長官は実に素敵な人 (a genuinely lovely human being) ? | Main | インド デジタル個人データ保護法案(2023年) »

2023.08.04

米国 国防総省監察官室 米軍情報センターおよび米サイバー軍による分析標準の適用に関する統制の評価 (+情報コミュニティ指令203 分析標準)

こんにちは、丸山満彦です。

米国連邦政府の場合、国防に関連する組織、インテリジェンス組織という国家安全保障に関連するために秘密が多いような部門であっても、国民のための政府であるから、当然に法律に基づき内部監査が実施され、その結果は秘密に該当しなければ公開されます。秘密の指定期間がすぎれば、すべて公開されるということになります。また、GAOによる監査(省庁から見ると第三者機関)も行われます。これらの仕組みと活動が、国民と政府の信頼のもとになっていると思いますね。。。

さて、国防総省監察官室が、国家情報分析の作成と評価を統制する情報コミュニティー (Intelligence Community; IC) の分析標準である「情報コミュニティ指令203号:分析標準 (INTELLIGENCE COMMUNITY DIRECTIVE NUMBER 203: ANALYTIC STANDARDS) に基づく監査を実施し、その結果を公表していますね。。。 

これは、インテリジェンスの成果物  (products) の品質を担保するための分析標準にしたがって成果物をだしているかの監査です。。。 



Department of Defense Office of Inspector General

・2023.08.02 Evaluation of Controls over the Application of Analytic Standards by the Service Intelligence Centers and U.S. Cyber Command (DODIG-2023-100)

Evaluation of Controls over the Application of Analytic Standards by the Service Intelligence Centers and U.S. Cyber Command (DODIG-2023-100) 米軍情報センターおよび米サイバー軍による分析標準の適用に関する統制の評価(DODIG-2023-100)
Evaluations 評価
Publicly Released: August 2, 2023 公開日: 2023年8月2日
Objective 目的
The objective of this evaluation was to determine the extent to which the Service intelligence centers and U.S. Cyber Command (USCYBERCOM) trained and operationalized Intelligence Community Directive 203 (ICD 203). In addition, we determined whether ICD 203 processes changed because of the coronavirus disease–2019 (COVID-19) pandemic. Our scope included the Army’s National Ground Intelligence Center (NGIC), the Marine Corps Intelligence Activity (MCIA), the Navy’s Office of Naval Intelligence (ONI), and USCYBERCOM. We did not evaluate the Air Force’s Service intelligence center. この評価の目的は、各軍情報センターと米サイバー軍(USCYBERCOM)が情報コミュニティ指令203(ICD 203)をどの程度訓練し、運用しているかを判断することであった。さらに、コロナウイルス感染症-2019(COVID-19)の大流行により、ICD 203のプロセスが変更されたかどうかを判断した。われわれの調査範囲には、陸軍の国家陸上情報センター(NGIC)、海兵隊情報活動部(MCIA)、海軍の海軍情報部(ONI)、およびUSCYBERCOMが含まれた。空軍の情報センターについては評価しなかった。
Background 背景
The Office of the Director of National Intelligence (ODNI) establishes analytic tradecraft standards across the Intelligence Community. ICD 203 is an ODNI directive that establishes standards for the Intelligence Community that govern the production and evaluation of finished all-source intelligence products and standards for excellence and integrity in those products. 国家情報長官室(ODNI)は情報コミュニティ全体の分析技術標準を制定している。ICD203はODNIの指令であり、完成した全情報源の情報製品の作成と評価、およびそれらの情報製品の卓越性と完全性の基準をガバナンスする情報コミュニティの標準を定めている。
Findings 発見事項
NGIC, the MCIA, the ONI, and USCYBERCOM each had programs to operationalize ICD 203; however, each of the commands modified portions of their analytic standards and tradecraft programs because of the COVID-19 pandemic. NGIC、MCIA、ONI、USCYBERCOMは、それぞれICD 203を運用するためのプログラムを持っていたが、COVID-19のパンデミックのため、各司令部は分析標準と技術プログラムの一部を変更した。
NGIC, MCIA, and ONI personnel conducted tradecraft evaluation boards as required by ICD 203. Although USCYBERCOM is not required to conduct tradecraft evaluation boards, and did so voluntarily, USCYBERCOM personnel had not conducted a tradecraft evaluation board since March 2020 due to the COVID-19 pandemic. USCYBERCOM officials told us that COVID-19 protocols required reduced staffing and operational adjustments. NGIC、MCIA、およびONIの要員は、ICD203で義務付けられている通り、技術評価委員会を実施した。USCYBERCOMは訓練評価会を実施する義務はなく、自主的に実施していたが、USCYBERCOM職員はCOVID-19パンデミックのため、2020年3月以降訓練評価会を実施していなかった。USCYBERCOMの職員は、COVID-19のプロトコルは人員削減と作戦調整を必要としたと語った。
There was no formal DoD requirement for combatant commands such as USCYBERCOM to conduct tradecraft evaluation boards; however, USCYBERCOM planned to reestablish a tradecraft evaluation board in FY 2023. As a result, USCYBERCOM did not have an internal program of review and evaluation of analytic intelligence products that sought to improve materials and programs for education and training. USCYBERCOMのような戦闘司令部に対して、正式な国防総省の要求事項として、技術評価委員会を実施することはなかったが、USCYBERCOMは2023年度に技術評価委員会を再設置する予定であった。その結果、USCYBERCOMには、教育訓練のための教材やプログラムの改善を目指す、分析情報製品のレビューと評価の内部プログラムがなかった。
In addition, during the COVID-19 pandemic, newly hired analysts and military analysts at NGIC, the MCIA, the ONI, and USCYBERCOM were not trained on ICD 203 analytic tradecraft standards, for a variety of reasons. さらに、COVID-19パンデミックの際、NGIC、MCIA、ONI、USCYBERCOMで新たに採用されたアナリストや軍事アナリストは、さまざまな理由から、ICD203分析トレードクラフト標準の訓練を受けていなかった。
As a result of the lack of initial ICD 203 training for new analysts, some all-source intelligence analysts may be unfamiliar with analytic tradecraft standards. As stated by the respondents to a Defense Analytic Tradecraft Council survey, gaps in analytic tradecraft training were the top analytic tradecraft challenge, and created the potential for inconsistent application of analytic tradecraft standards. This increases the risk of inconsistent approaches to objectivity, bias, politicization, or other challenges in analytic products across the DoD. 新人分析官に対するICD203の初期トレーニングが行われなかった結果、全情報源の情報分析官の中には、分析技術標準に不慣れな者もいるかもしれない。国防分析技術評議会(Defense Analytic Tradecraft Council)の調査の回答者が述べているように、分析技術訓練におけるギャップが分析技術上の最大の課題であり、分析技術基準の適用に一貫性がない可能性を生み出している。このことは、国防総省全体における分析成果物の客観性、バイアス、政治化、その他の課題に対するアプローチに一貫性がないリスクを増大させる。
Recommendations 勧告
We recommend that the Under Secretary of Defense for Intelligence and Security (USD[I&S]), through the Defense Intelligence Enterprise Manager for Analysis, provide guidance for the combatant commands and the Defense Intelligence Enterprise on the requirement for a tradecraft evaluation program. 国防総省情報安全保障次官(USD[I&S])が、国防情報企業の分析担当エ ンタープライズ・マネジャーを通じて、戦闘司令部および国防情報企業のために、 技術評価プログラムの要件に関するガイダンスを提供することを勧告する。
We recommend that the Defense Intelligence Agency (DIA) Director, through the Defense Intelligence Enterprise Manager for Analysis, conduct an assistance visit to USCYBERCOM to provide mentorship, advice, training, and best practices as USCYBERCOM seeks to restart its tradecraft evaluation program. 我々は、防衛情報局(DIA)長官が分析担当エンタープライズ・マネジャーを通じて、USCYBERCOMを訪問し、USCYBERCOMが技術評価プログラムの再開を目指す際に、指導、助言、訓練、ベストプラクティスを提供することを勧告する。
Additionally, we recommend that the USD(I&S) issue policy guidance to ensure that the Service intelligence centers and combatant command Joint Intelligence Operations Centers provide ICD 203 training to their respective command’s senior analysts and staff members responsible for analytical and editorial review of junior analysts’ production items. さらに、米国防総省情報センターと戦闘司令部統合情報作戦センターが、各司令部の上級アナリストと、若手アナリストの作成した分析・編集項目のレビューを担当するスタッフに、ICD203のトレーニングを提供するよう、米国防総省に政策指針を出すよう勧告する。
Also, we observed that current ICD 203 training initiatives may not be currently sufficiently resourced, and would benefit from resourcing review in order to ensure their success. また、現在のICD 203トレーニング・イニシアチブは、現在十分な資金が提供されていない可能性があり、その成功を確実にするためには、資金を見直すことが有益である。
Management Comments and Our Response マネジメント・コメントと我々の回答
OUSD(I&S) and DIA officials agreed with the recommendations and plan to take actions that will fully address the recommendations. Therefore, the recommendations are resolved, but will remain open until we verify that the actions were taken. The Deputy USD(I&S), responding on behalf of the USD(I&S), agreed and stated that the OUSD(I&S) is consolidating eight DoD instructions on defense intelligence and security training into a single instruction with an estimated publication date in early FY 2024. The Deputy USD(I&S) anticipated that this instruction would state that the DIA, as the Defense Intelligence Enterprise Manager for Analysis, would be responsible for training the Defense Intelligence Enterprise all-source analytic workforce. OUSD(I&S)およびDIAのマネジメントは勧告に同意し、勧告に完全に対処する行動を取る予定である。従って、勧告は解決されたが、我々がその行動が取られたことを確認するまで、未解決のままである。米国防総省(USD(I&S))を代表して回答した米国防総省(USD(I&S))副長官は、これに同意し、OUSD(I&S) は国防情報・安全保障訓練に関する8つの国防総省(DoD)指示を、2024年度初頭に発行予定 の1つの指示に統合していると述べた。同副SDU(I&S)は、この教書にはDIAが国防情報エンタープライズの分析担当マネジャーとして、国防情報エンタープライズの全情報分析要員の訓練に責任を持つことが明記されるだろう。
This report is a result of Project No. D2022-DEV0SI-0129.000. 本報告書はプロジェクト番号 D2022-DEV0SI-0129.000 の成果である。

 

・[PDF]

20230803-172324

目次...

 

(U) Contents (U) 目次
(U) Introduction (U) 序文
(U) Objective (U) 目的
(U) Background (U) 背景
(U) Finding. The Service Intelligence Centers and USCYBERCOM Had Programs to Operationalize Analytic Standards, but Faced Tradecraft Evaluation and Training Challenges (U) 調査結果 サービスインテリジェンスセンターとUSCYBERCOMは分析標準を運用化するプログラムを実施していたが、トラデクラフトの評価と訓練に課題を抱えていた。
(U) The Service Intelligence Centers and USCYBERCOM Had Programs to Operationalize Analytic Standards, but Encountered Tradecraft Evaluation and Training Challenges (U) 米軍情報センターとUSCYBERCOMは、分析標準を運用するためのプログラムを実施していた が、戦術の評価と訓練に課題を抱えていた。
(U) Pandemic Restrictions, Policy Gaps, and Resource Constraints Limited How the Service Intelligence Centers and USCYBERCOM Applied Controls over Analytic Standards (U) パンデミック(世界的大流行)による制約、政策ギャップ、資源制約により、各情報センターと USCYBERCOM が分析標準に関する統制を適用する方法は限られていた。
(U) Recommendations, Management Comments and Our Response (U) 勧告、マネジメント・コメントと我々の回答
(U) Appendixes (U) 附属書
(U) Appendix A. Scope and Methodology (U) 附属書A. 範囲と方法論
(U) Use of Computer-Processed Data (U) コンピュータ処理データの使用
(U) Prior Coverage (U) 過去の調査範囲
(U) Appendix B. ICD 203 Analytic Standards and Analytic Tradecraft Standards (U) 附属書B. ICD 203 分析標準および分析技術標準
(U) Management Comments (U) マネジメント・コメント
(U) Under Secretary of Defense for Intelligence and Security (U) 国防次官(情報・安全保障担当)
(U) Defense Intelligence Agency Director (U) 防衛情報局長官
(U) Office of Naval Intelligence (U) 海軍情報局
(U) Acronyms and Abbreviations (U) 頭字語および略語

 

 

クライテリアとなる、ICD203の原則の要約...

 

(U) ICD 203 Analytic Standards and Analytic Tradecraft Standards  (U) ICD 203 分析標準と分析技術標準 
(U)   (U)  
ICD 203 Analytic Standard ICD 203 分析標準
Objective Analysts must perform their functions with objectivity and with awareness of their own assumptions and reasoning.  They must employ reasoning techniques and practical mechanisms that reveal and mitigate bias.  Analysts should be alert to influence by existing analytic positions or judgments and must consider alternative perspectives and contrary information.  Analysis should not be unduly constrained by previous judgments when new developments indicate a modification is necessary. 客観性 分析者は、客観性を持ち、自分自身の思い込みや推論を意識しながら、その機能を果たさなければならない。 分析者は、バイアスを明らかにし、軽減する推論技術や実践的なメカニズムを用いなければならない。 分析者は、既存の分析的立場や判断による影響を警戒し、代替的視点や反対情報を考慮しなければならない。 新たな進展が修正の必要性を示している場合、分析は過去の判断に過度に拘束されるべきではない。
Independent of political consideration Analytic assessments must not be distorted by, nor shaped for, advocacy of a particular audience, agenda, or policy viewpoint.  Analytic judgments must not be influenced by the force of preference for a particular policy.   政治的状況からの独立 分析的評価は、特定の聴衆、議題、政策的観点の擁護によって歪められてはならず、またそのために形成されてはならない。 分析的判断は、特定の政策への嗜好に影響されてはならない。 
Timely Analysis must be disseminated in time for it to be actionable by customers.  Analytic elements have the responsibility to be continually aware of events of intelligence interest, of customer activities and schedules, and of intelligence requirements and priorities, in order to provide useful analysis at the right time. 適時性 分析は、顧客によって実行可能な時間内に普及されなければならない。 分析部門には、適切な時期に有用な分析を提供するために、情報上関心のある出来事、顧客の活動やスケジュール、情報要件や優先事項を常に把握しておく責任がある。
Based on all available sources of intelligence information Analysis should be informed by all relevant information available.  All-source intelligence elements should identify and address critical information gaps and work with collection activities and data providers to develop access and collection strategies.   利用可能な入手可能な全ての情報源に基づく  分析は、入手可能なすべての関連情報に基づくべきである。 識別情報部門は、重要な情報ギャップを特定し、それに対処し、収集活動やデータ・プロバイダーと協力して、アクセス戦略や収集戦略を策定すべきである。 
ICD 203 Analytic Tradecraft Standard ICD 203 分析技術標準
Sourcing Properly describes quality and credibility of underlying sources, data, and methodologies. ソーシング 基礎となる情報源、データ、および方法論の質と信頼性を適切に説明する。
Uncertainty Properly expresses and explains uncertainties associated with major analytic judgments. 不確実性 主要な分析判断に関連する不確実性を適切に表現し、説明する。
Distinctions Properly distinguishes between underlying intelligence information and analysts’ assumptions and judgments. 区別 基礎となるインテリジェンス情報とアナリストの仮定や判断を適切に区別する。
Alternatives Incorporates analysis of alternatives. 代替案 代替案の分析を取り入れる。
Relevance Demonstrates customer relevance and addresses implications. 関連性 顧客との関連性を示し、その意味を説明する。
Argumentation Uses clear and logical argumentation. 論証 明確で論理的な論証を行う
Analytic line Explains change to or consistency of analytic judgments. 分析ライン 分析判断の変更や一貫性を説明する。
Accuracy Expresses judgments as clearly and precisely as possible, reducing ambiguity by addressing the likelihood, timing, and nature of the outcome or development. 正確さ 可能な限り明確かつ正確に判断を表現し、結果や展開の可能性、時期、性質に言及することで曖昧さを減らす。
Visualization Incorporates effective visual information. 視覚化 効果的な視覚情報を取り入れる
  (U)   (U)
(U) Source:  ICD 203, “Analytic Standards,” January 2, 2015. (U)出典  ICD203「分析標準」2015年01月02日

 

 


 

参考

・2015.01.02 [PDF] INTELLIGENCE COMMUNITY DIRECTIVE 203

20230804-70839

 

 

INTELLIGENCE COMMUNITY DIRECTIVE 203 情報コミュニティ指令203号
Analytic Standards 分析標準
A. AUTHORITY A. 権限
The National Security Act of 1947, as amended; the Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004; Executive Order 12333, as amended; Presidential Policy Directive/PPD-28; and other applicable provisions of law.  1947 年国家安全保障法(改正後)、2004 年情報改革・テロ防止法、大統領令 12333(改正後)、大統領政策指令/PPD-28、その他適用法。
B. PURPOSE B. 目的
l. This Intelligence Community Directive (ICD) establishes the Intelligence Community (IC) Analytic Standards that govern the production and evaluation of analytic products; articulates the responsibility of intelligence analysts to strive for excellence, integrity, and rigor in their analytic thinking and work practices; and delineates the role of the Office of the Director of National Intelligence (ODNI) Analytic Ombudsman. 1. この情報コミュニティ指令(ICD)は、分析成果物の作成と評価を統制する情報コミュニティ(IC)分析標準を制定し、分析的思考と作業の実践において卓越性、誠実さ、厳格さを追求する情報分析者の責任を明確にし、国家情報長官室(ODNI)分析監察官の役割を明確にするものである。。
2. This Directive supersedes ICD 203, Analytic Standards, dated 21 June 2007, and rescinds ICPM 2006-200-2, Role of the Office of the Director of National Intelligence Analytic Ombudsman. 2. 本指令は、2007 年 6 月 21 日付の ICD 203「分析標準」に取って代わり、ICPM 2006-200-2 「国家情報長官室分析監察官の役割」を取り消す。
C. APPLICABILITY C. 適用範囲
1. This ICD applies to the IC, as defined by the National Security Act of 1947, as amended; and to such elements of any other department or agency as may be designated an element of the IC by the President, or jointly by the Director of National Intelligence (DNI) and the head of the department or agency concerned. 1. 本 ICD は,1947 年国家安全保障局法(改正後)により定義された IC,および,大統領により,または国家情報長官(DNI) と関係省庁の長との連名により IC の構成要素として指定された他の省庁の構成要素に適用される。
2. This Directive does not apply to purely law enforcement information. When law enforcement information also contains intelligence or intelligence-related information, this Directive shall apply only to the intelligence or intelligence-related information and analysis contained therein.  2. 本指令は、純粋な法執行情報には適用されない。法執行情報がインテリジェンスまたはインテリジェンス関連情報を含む場合、本指令は、そこに含まれるインテリジェンスまたはインテリジェンス関連情報および分析にのみ適用されるものとする。
D. POLICY D. 方針
l. The IC Analytic Standards are the core principles of intelligence analysis and are to be applied across the IC. IC Analytic Standards shall be applied in each analytic product in a manner appropriate to its purpose, the type and scope of its underlying source information, its production timeline, and its customers. IC elements may create supplemental analytic standards that are tailored to their particular missions. 1. IC 分析標準は情報分析の基本原則であり、IC 全体に適用される。IC 分析標準は、各分析成果物において、その目的、基礎となる情報源 の種類と範囲、作成スケジュール、及び顧客に適した方法で適用されるも のとする。IC の各要素は、その特定の任務に合わせて補足的な分析標準を作成することができる。
2. The IC Analytic Standards are the foundational assessment criteria for a regular program of review of IC analytic products. Each IC element shall maintain a program of product evaluation using the IC Analytic Standards as the core elements for assessment criteria. 2. IC 分析基準は、IC 分析成果物の定期的なレビュープログラムの基礎となる評 価基準である。IC の各要素は、IC 分析基準を評価基準の中核要素として使用する成果物評価プログラ ムを維持しなければならない。
3. The IC Analytic Standards serve as a common IC foundation for developing education and training in analytic skills. The results of analytic product evaluations will be used to improve materials and programs for education and training in analytic knowledge, skills, abilities, and tradecraft. 3. IC 分析基準は、分析スキルの教育と訓練を開発するための IC 共通の基礎となる。分析成果物評価の結果は、分析知識、技能、能力、および技術に関する教育および訓練 のための教材およびプログラムの改善に使用される。
4. The Standards also promote a common ethic for achieving analytic rigor and excellence, and for personal integrity in analytic practice. Adherence to IC Analytic Standards is safeguarded by the ODNI Analytic Ombuds, who addresses concerns regarding lack of objectivity, bias, politicization, or other issues in Standards application in analytic products. 4. 標準はまた、分析上の厳密さと卓越性を達成するための共通の倫理観と、分析実務にお ける個人の誠実さを促進する。IC 分析標準の遵守は、ODNI 分析オンブズによって保護されており、このオンブズは、客観性 の欠如、バイアス、政治化、または分析成果物における標準の適用におけるその他の問題に 関する懸念に対処する。
5. The Standards promote the protection of privacy and civil liberties by ensuring the objectivity, timeliness, relevance, and accuracy of personally identifiable information (PII) used in analytic products. Analysts should include PII in products only as it relates to a specific analytic purpose (e.g., necessary to understand the foreign intelligence or counterintelligence information or assess its importance), consistent with IC element mission and in compliance with IC element regulation and policy, including procedures to prevent, identify, and correct errors in Pll.  5. 標準は、分析成果物に使用される個人を特定できる情報(PII)の客観性、適時性、妥当性、正確 性を確保することにより、プライバシーと市民的自由の保護を促進する。分析者は、特定の分析目的(例えば、対外情報または防諜情報を理解するため、あるいはその重要性を評価するために必要である)に関連する場合に限り、IC 要素の使命に合致し、Pll の誤りを防止し、識別し、修正するための手順を含む IC 要素の規則および方針に従って、PII を成果物に含めるべきである。
6. The IC Analytic Standards guide analysis and analytic production. All IC analytic products shall be consistent with the following five Analytic Standards, including the nine Analytic Tradecraft Standards. 6. IC 分析標準は、分析と分析成果物の指針となる。すべての IC の分析成果物は、9 つの分析技術標準を含む、次の 5 つの分析標準に合致していなけれ ばならない。
a. Objective: Analysts must perform their functions with objectivity and with awareness of their own assumptions and reasoning. They must employ reasoning techniques and practical mechanisms that reveal and mitigate bias. Analysts should be alert to influence by existing analytic positions or judgments and must consider alternative perspectives and contrary information. Analysis should not be unduly constrained by previous judgments when new developments indicate a modification is necessary.  a. 客観性:分析者は、客観性を持ち、自らの仮定と推論を認識した上で、その機能を遂行しなければならない。分析者は、バイアスを明らかにし、軽減する推論技法と実際的なメカニズムを用いなければならない。分析者は、既存の分析的立場や判断による影響に注意深くなければならず、代替的な視点や反対情報を考慮しなければならない。新たな進展が修正の必要性を示している場合、分析は過去の判断に過度に拘束されるべきではない。
b. Independent of political consideration: Analytic assessments must not be distorted by, nor shaped for, advocacy of a particular audience, agenda, or policy viewpoint. Analytic judgments must not be influenced by the force of preference for a particular policy. b. 政治的状況からの独立: 分析的評価は、特定の聴衆、アジェンダ、または政策的観点の擁護によって歪められてはならず、またそのために形作られてはならない。分析的判断は、特定の政策に対する嗜好の力によって影響されてはならない。
c. Timely: Analysis must be disseminated In time for it to be actionable by customers. Analytic elements have the responsibility to be continually aware of events of intelligence interest, of customer activities and schedules, and of intelligence requirements and priorities, in order to provide useful analysis at the right time. c. 適時性: 分析は、顧客によって実行可能な時間内に普及されなければならない。分析部門は、適切な時期に有用な分析を提供するために、情報上関心のある出来事、顧客の活動やスケジュール、情報要件や優先順位を常に把握しておく責任がある。
d. Based on all available sources of intelligence information: Analysis should be informed by all relevant information available. Analytic elements should identify and address critical information gaps and work with collection activities and data providers to develop access and collection strategies. d. 利用可能なすべての情報源に基づく: 分析は、入手可能なすべての関連情報に基づくべきである。分析部門は、重要な情報ギャップを特定し、それに対処し、収集活動やデータプロバイダーと協力して、アクセス戦略や収集戦略を策定すべきである。
e. Implements and exhibits Analytic Tradecraft Standards, specifically:  e. 分析技術標準を実施し,これを示す: 
(1) Properly describes quality and credibility of underlying sources, data, and methodologies: Analytic products should identify underlying sources and methodologies upon which judgments are based, and use source descriptors in accordance with ICD 206, Sourcing Requirements for Disseminated Analytic Products, to describe factors affecting source quality and credibility. Such factors can include accuracy and completeness, possible denial and deception, age and continued currency of information, and technical elements of collection as well as source access, validation, motivation, possible bias, or expertise. Source summarystatements, described in [CD 206, are strongly encouraged and should be used to provide a holistic assessment of the strengths or weaknesses in the source base and explain which sources are most important to key analytic judgments. (1) 基礎となる情報源、データ、方法論の質と信頼性を適切に説明する: 分析成果物は、判断の基礎となる情報源及び方法論を特定し、情報源の質及び信頼性に影響する要 因を記述するために、識別番号206「普及した分析成果物のための情報源要件」に従った情報源記述子を使用す べきである。このような要因には、正確性および完全性、否定および欺瞞の可能性、情報の古さお よび継続的最新性、情報収集の技術的要素、ならびに情報源へのアクセス、検証、動機、 バイアスの可能性、または専門知識が含まれる。CD206]に記載されている情報源要約は、強く推奨され、情報源ベースの長所または短所の全体的な評価を提供し、どの情報源が重要な分析判断にとって最も重要であるかを説明するために使用されるべきである。
(2) Properly expresses and explains uncertainties associated with major analytic judgments: Analytic products should indicate and explain the basis for the uncertainties associated with major analytic judgments, specifically the likelihood of occurrence of an event or development, and the analyst's confidence in the basis for this judgment. Degrees of likelihood encompass a full spectrum from remote to nearly certain. Analysts' confidence in an assessment or judgment may be based on the logic and evidentiary base that underpin it, including the quantity and quality of source material, and their understanding of the topic. Analytic products should note causes of uncertainty (e.g., type, currency, and amount of information, knowledge gaps, and the nature of the issue) and explain how uncertainties affect analysis (e.g., to what degree and how a judgment depends on assumptions). As appropriate, products should identify indicators that would alter the levels of uncertainty for major analytic judgments. Consistency in the terms used and the supporting information and logic advanced is critical to success in expressing uncertainty, regardless of whether likelihood or confidence expressions are used.  (2) 主要な分析判断に関連する不確実性を適切に表現し、説明する: 分析成果物は、主要な分析判断に関連する不確実性の根拠、具体的には、事象や展開の発生可能性、およびこの判断の根拠に対する分析者の確信を示し、説明すべきである。尤度の程度は、遠隔からほぼ確実までの全範囲を包含する。ある評価や判断に対する分析者の確信は、ソース資料の量や質、トピックに対する理解など、それを支える論理や証拠基盤に基づいている場合がある。分析成果物は、不確実性の原因(情報の種類、最新性、量、知識のギャップ、問題の性質など)を指摘し、不確実性が分析にどのように影響するか(どの程度、どのように判断が仮定に依存するかなど)を説明すべきである。適切であれば、主要な分析判断の不確実 性のレベルを変化させる指標を特定する。尤度表現と確信度表現のいずれが使用され ているかに関わらず、不確実性の表現に成功す るためには、使用される用語、裏付けとなる情報、お よび論理の一貫性が重要である。
(a) For expressions of likelihood or probability, an analytic product must use one of the following sets of terms: (a)可能性または確率の表現では、分析成果物は以下の用語セットのいずれかを使用しなければならない:
almost no chance : remote : 01-05% ほとんど可能性がない:ほぼない:01~05%
very unlikely : highly improbable : 05-20% 非常に可能性が低い : 確率が非常に低い : 05~20%
unlikely :improbable (improbably) : 20-45% 可能性が低い :確率が低い : 20-45%
roughly even chance : roughly even odds : 45-55% ほぼ互角 : ほぼ互角の確率 : 45-55%
likely : probable (probably) : 55-80% 可能性が高い : 確率が高い(おそらく): 55-80%
very likely : highly probable : 80-95% 非常に可能性が高い : 確率が非常に高い : 80-95%
almost certain(ly) : nearly certain : 95-99% ほとんど確実 : ほぼ確実 : 95-99%
Analysts are strongly encouraged not to mix terms from different rows. Products that do mix terms must include a disclaimer clearly noting the terms indicate the same assessment of probability. 分析者には、異なる行の用語を混在させないことが強く推奨される。用語が混在している成果物については、これらの用語が同じ確率の評価を示していることを明記した免責事項を含めなければならない。
(b) To avoid confusion, products that express an analyst's confidence in an assessment or judgment using a "confidence level" (e.g., "high confidence") must not combine a confidence level and a degree of likelihood, which refers to an event or development, in the same sentence. (b) 混乱を避けるため、分析者の評価や判断に対する確信度を「確信度」(例:「高信頼度」)で 表している成果物は、ある事象や展開に言及する確信度と可能性の程度を同じ文の中で組み合わせてはならない
(3) Properly distinguishes between underlying intelligence information and analysts' assumptions and judgments: Analytic products should clearly distinguish statements that convey underlying intelligence information used in analysis from statements that convey assumptions or judgments, Assumptions are defined as suppositions used to frame or support an argument; assumptions affect analytic interpretation of underlying intelligence information. Judgments are defined as conclusions based on underlying intelligence information, analysis, and assumptions. Products should state assumptions explicitly when they serve as the linchpin of an argument or when they bridge key information gaps. Products should explain the implications for judgments if assumptions prove to be incorrect. Products also should, as appropriate, identify indicators that, if detected, would alter judgments. (3) 情報の基礎となる情報と分析者の仮定や判断を適切に区別する: 分析成果物は、分析に使用される基本的なインテリジェンス情報を伝える記述と、仮定や判断を伝える記述とを明確に区別すべきである。仮定とは、議論の枠組みや裏付けに使用される仮定と定義される。仮定は、基本的なインテリジェンス情報の分析的解釈に影響を与える。判断とは、基礎となる情報、分析、仮定に基づく結論と定義される。成果物では、仮定が議論の要となる場合、または重要な情報ギャップを埋める場合には、仮定を明示すべきである。成果物は、仮定が正しくないことが判明した場合の判断への影響を説明すべきである。また、必要に応じて、もし検知された場合、判断を変えるような指標を示すべきである。
(4) Incorporates analysis of alternatives: Analysis of alternatives is the systematic evaluation of differing hypotheses to explain events or phenomena, explore near-term outcomes, and imagine possible futures to mitigate surprise and risk. Analytic products should identify and assess plausible alternative hypotheses. This is particularly important when major judgments must contend with significant uncertainties, or complexity (e.g., forecasting future trends), or when low probability events could produce high-impact results. In discussing alternatives, products should address factors such as associated assumptions, likelihood, or implications related to U.S. interests. Products also should identify indicators that, if detected, would affect the likelihood of identified alternatives.  (4) 代替案の分析を含む: 代替案の分析とは、出来事や現象を説明し、近い将来の結果を探り、驚きやリスクを軽減するために起こりうる未来を想像するために、異なる仮説を体系的に評価することである。分析成果物は、もっともらしい代替仮説を特定し、評価しなければならない。これは、重大な判断が重大な不確実性や複雑性(将来のトレンド予測など)と闘わなければならない場合や、確率の低い事象が大きな影響を与える結果をもたらす可能性がある場合に、特に重要である。代替案について議論する際、報告書は、関連する仮定、可能性、または米国の利益に関連する影響などの要素に言及すべきである。また、成果物は、もし検知された場合、特定された代替案の可能性に影響を与えるであろう指標を特定すべきである。
(5) Demonstrates customer relevance and addresses implications: Analytic products should provide information and insight on issues relevant to the customers of U.S. intelligence and address the implications of the information and analysis they provide. Products should add value by addressing prospects, context, threats, or factors affecting opportunities for action. (5) 顧客との関連性を示し、その影響に対処する: 分析成果物は、米国の情報機関の顧客に関連する問題についての情報と洞察を提供し、提供する情報と分析が持つ意味合いに対処すべきである。成果物は、見通し、状況、脅威、または行動の機会に影響を与える要因に対処することで、付加価値を与えるものでなければならない。
(6) Uses clear and logical argumentation: Analytic products should present a clear main analytic message up front. Products containing multiple judgments should have a main analytic message that is drawn collectively from those judgments. All analytic judgments should be effectively supported by relevant intelligence information and coherent reasoning. Language and syntax should convey meaning unambiguously. Products should be internally consistent and acknowledge significant supporting and contrary information affecting judgments. (6) 明確で論理的な論述を用いる: 分析成果物は、主要な分析メッセージを明確に示すべきである。複数の判断を含む成果物は、それらの判断から総合的に導き出される主要な分析的メッセージを持つべきである。すべての分析的判断は、関連するインテリジェンス情報と首尾一貫した推論によって効果的にサポートされるべきである。言語と構文は意味を明確に伝えるべきである。作成物は内部的に一貫性があり、判断に影響を与える重要な裏付け情報や反対情報を認めるべきである。
(7) Explains change to or consistency of analytic judgments: Analytic products should state how their major judgments on a topic are consistent with or represent a change from those in previously published analysis, or represent initial coverage of a topic. Products need not be lengthy or detailed in explaining change or consistency. They should avoid using boilerplate language, however, and should make clear how new information or different reasoning led to the judgments expressed in them. Recurrent products such as daily crisis reports should note any changes in judgments; absent changes, recurrent products need not confirm consistency with previous editions. Significant differences in analytic judgment, such as between two IC analytic elements, should be fully considered and brought to the attention of customers. (7) 分析的判断の変更または一貫性を説明する: 分析成果物は、そのトピックに関する主要な判断が、過去に発表された分析成果物とどのように整合しているか、またはそれからの変更を代表者としているか、あるいはそのトピックの最初の報道を代表するものであるかを明記すべきである。変更点や一貫性を説明するために、分析報告書が長くなったり、詳細になったりする必要はない。しかし、定型的な表現を使うことは避けるべきであり、新しい情報や異なる推論が、どのようにその判断につながったかを明確にすべきである。危機管理日報のようなリカレント・プロダクツでは、判断に変更があった場合はその旨を明記すべきである。変更がなければ、リカレント・プロダクツで前回との整合性を確認する必要はない。2つのICの分析要素間のような、分析判断における重大な相違は、十分に検討し、顧客の注意を喚起すべきである。
(8) Makes accurate judgments and assessments: Analytic products should apply expertise and logic to make the most accurate judgments and assessments possible, based on the information available and known information gaps. In doing so, analytic products should present all judgments that would be useful to customers, and should not avoid difficult judgments in order to minimize the risk of being wrong. Inherent to the concept of accuracy is that the analytic message a customer receives should be the one the analyst intended to send. Therefore, analytic products should express judgments as clearly and precisely as possible, reducing ambiguity by addressing the likelihood, timing, and nature of the outcome or development. Clarity of meaning permits assessment for accuracy when all necessary information is available.  (8) 正確な判断と評価を行う: 分析成果物は、入手可能な情報と既知の情報ギャップに基づき、可能な限り正確な判断と評価を行うために、専門知識と論理を適用すべきである。その際、分析成果物は、顧客にとって有用なすべての判断を提示すべきであり、間違いのリスクを最小化するために困難な判断を回避すべきではない。正確さの概念に内在するのは、顧客が受け取る分析メッセージは、分析者が意図したものであるべきだということである。したがって、分析成果物は、可能な限り明確かつ正確に判断を表現し、結果や展開の可能性、時期、性質に言及することで曖昧さを減らすべきである。意味が明確であれば、必要な情報がすべて入手可能な場合、正確性を評価することができる。
(9) Incorporates effective visual information where appropriate: Analytic products should incorporate visual information to clarify an analytic message and to complement or enhance the presentation of data and analysis. In particular, visual presentations should be used when information or concepts (e.g., spatial or temporal relationships) can be conveyed better in graphic form (e.g., tables, flow charts, images) than in written text. Visual information may range from plain presentation of intelligence information to interactive displays for complex information and analytic concepts. All of the content in an analytic product may be presented visually. Visual information should always be clear and pertinent to the product's subject. Analytic content in visual information should also adhere to other analytic tradecraft standards. (9) 適切な場合には、効果的な視覚情報を取り入れる: 分析成果物は、分析メッセージを明確にし、データと分析のプレゼンテーションを補完または強化するために、視覚情報を取り入れるべきである。特に、情報や概念(空間的関係や時間的関係など)が、文章よりも図式(表、フローチャート、画像など)の方がよく伝わる場合には、視覚的な表現を用いるべきである。視覚的情報には、インテリジェンス情報の平易な表示から、複雑な情報や分析コンセプトのインタラクティブな表示まで、さまざまなものがある。分析成果物のすべての内容が視覚的に提示されることもある。視覚情報は常に明確で、成果物の主題に関連したものでなければならない。視覚情報における分析内容は、他の分析技術標準にも準拠すべきである。
E. RESPONSIBILITIES E. 責任
l . The Deputy DNI for Intelligence Integration (DDNI/II) shall: 1. 情報統合担当副DNI(DDNI/II)は以下を行う:
a. Confirm and direct the application of these Analytic Standards by IC elements in analytic intelligence products; a. IC の各要素が分析情報成果物に本基準を適用することを確認し、指示する;
b. Conduct an IC-wide program of periodic review and evaluation of analytic intelligence products, guided by the annual identification of functional or geographical areas of analysis for specific review:  b. IC 全体を対象とした分析情報プロダクトの定期的な見直しと評価のプログラ ムを実施し、特に見直すべき分析機能分野または地理的分野を毎年特定す る: 
(l) Disseminate ODNI Analytic Tradecraft Standards Evaluation Rating Criteria to IC elements; (1) ODNI 分析技術標準の評価基準を IC の各要素に周知する;
(2) Prepare findings of analytic intelligence product reviews for reporting to Congress and relevant IC elements; (2) 分析情報成果物レビューの結果を作成し、議会及び関連する IC 要素に報告する;
(3) Develop lessons learned and identify exemplary products for use by IC elements in training; (3) 教訓を作成し、IC の各要素が訓練で使用する模範的な成果物を識別する;
(4) Refine the IC-wide program of periodic review and evaluation based on new lessons learned and best practices identified. (4) 新たに学んだ教訓や特定されたベストプラクティスに基づいて、IC 全体の定期的なレビューと評価のプログラムを改良する。
c. Assist IC elements in effective application of the Analytic Standards; and c. IC の諸要素が分析標準を効果的に適用できるよう支援する。
d. Oversee analytic product evaluation programs in individual IC elements to ensure standards and practices are compatible with the IC-wide program. d. 個々の IC 要素における分析成果物評価プログラムを監督し、標準と実務が IC 全体のプロ グラムに適合していることを確認する。
2. The Chief, Analytic Integrity and Standards Group, within the Office of the DDNI/II, is designated as the ODNI Analytic Ombuds and shall:  2. DDNI/II 部の分析完全性・標準化グループ長は、ODNI 分析オンブズとして指名され、以下を行う: 
a. Be available to ODNI analysts who wish to raise concerns about adherence to analytic standards (including tradecraft standards) in analytic products;  a. ODNI 分析官が、分析成果物における分析標準(技術標準を含む)の遵守について懸念 を表明する場合に利用できるようにする; 
b. Respond to concerns raised by Commumty analysts, as appropriate, with fact finding, problem solving, conflict resolution, counseling, and recommendations: b. 委員会の分析者が提起した懸念に対し、必要に応じて、事実確認、問題解決、 紛争解決、カウンセリング、勧告などの対応を行う:
(l) Analysts in IC elements other than the ODNI must first use existing administrative procedures within their own IC element to raise concerns about adherence to analytic standards; (1) ODNI 以外の IC 部隊に所属する分析官は、分析標準の遵守に関する懸念を提起するた めには、まず所属する IC 部隊内の既存の管理手続を使用しなければならない;
(2) When these internal administrative procedures have been exhausted, or when an analyst believes that those procedures will not preserve confidentiality, the analyst may bring these concerns to the ()DNI Analytic Ombuds; (2) これらの内部的な管理手続を使い果たした場合、またはこれらの手続では機密保 持が守られないと分析官が考える場合、その分析官は、()DNI 分析オンブズ に懸念を申し出ることができる;
(3) In such instances, the ODNI Analytic Ombuds will carry out responsibilities in the same manner as if responding to an ODNI analyst's concerns. The ODNI Analytic Ombuds may address concerns that span more than one IC element; and  (3) このような場合、ODNI分析オンブズは、ODNI分析官の懸念に対応する場合と同様の方法で責務を遂行する。ODNI 分析オンブッドは、複数の IC 要素にまたがる懸念に対応することができる。
c. Perform all responsibilities confidentially so that analysts may raise concerns without fear of reprisal. However, confidentiality will not extend to significant misconduct, to violations of law or ethics, or when otherwise precluded by law. c. 分析者が報復を恐れることなく懸念を表明できるよう、すべての責務を内密に行う。ただし、重大な不正行為、法律または倫理に違反した場合、あるいは法律により除外されている場合には、守秘義務は適用されない。
3. Heads of IC elements shall: 3. IC 部隊の長は、次のことを行う:
a. Ensure that analytic intelligence products produced and disseminated by their element properly apply the IC Analytic Standards; a. 自部隊が作成し、流布する分析情報成果物が、IC 分析標準を適切に適用 していることを確認する;
b. Designate an individual or office responsible for responding to concerns raised by the element's analysts about adherence to analytic standards (including tradecraft standards) in analytic products; b. 分析成果物の分析標準(技術標準を含む)の遵守について、当該機関の 分析官が提起した懸念に対応する責任を負う個人または事務所を指名する;
c. Conduct internal programs of review and evaluation of analytic intelligence products utilizing the IC Analytic Standards as the core criteria, and provide annual status reporting to the DDNI/II according to DDNI/II guidelines; and c. IC 分析基準を中核的基準として、分析情報成果物のレビューと評価の内部プロ グラムを実施し、DDNI/II のガイドラインに従って、DDNI/II に年次状況報告を行う。
d. Ensure that the IC Analytic Standards are properly addressed in their elements' education and training programs.  d. 各部隊の教育・訓練プログラムにおいて、IC 分析標準が適切に扱われていることを確認する。
F. EFECTIVE DATE: This Directive becomes effective on the date of signature. F. 発効日:本指令は署名日に発効する。
Date: 2015.01.02 日付:2015.01.02

 

 

この前のバージョン

・2007.06.21 [PDF] INTELLIGENCE COMMUNITY DIRECTIVE 203

20230804-71130

 


 

一応参考...

この内部監査のきっかけ...

Department of Defense Office of Inspector General

・2022.04.25 Evaluation of the Services and U.S. Cyber Command Application of Analytic Standards (Project No. D2022-DEV0SI-0129.000) 

20230804-72605

 

 

|

« 米国 次の国家サイバー長官は実に素敵な人 (a genuinely lovely human being) ? | Main | インド デジタル個人データ保護法案(2023年) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 次の国家サイバー長官は実に素敵な人 (a genuinely lovely human being) ? | Main | インド デジタル個人データ保護法案(2023年) »