« ロシア 科学技術センター 大規模言語モデル:認知的な視点 | Main | IPA 暗号鍵管理ガイドライン »

2023.05.10

米国 ホワイトハウス 重要新興技術に関する国家標準化戦略を発表 (2023.05.04)

こんにちは、丸山満彦です。

米国政府が重要新興技術 (Critical and Emerging Technology:CET) に関する国家標準化戦略を発表していますね。。。

このCETには、次のような技術が含まれていますね。。。

1 Communication and Networking Technologies 通信・ネットワーク技術
2 Semiconductors and Microelectronics, including Computing, Memory, and Storage Technologies 半導体とマイクロエレクトロニクス(コンピューティング、メモリ、ストレージ技術を含む)
3 Artificial Intelligence and Machine Learning 人工知能と機械学習
4 Biotechnologies バイオテクノロジー
5 Positioning, Navigation, and Timing Services 測位・航法・計時サービス
6 Digital Identity Infrastructure and Distributed Ledger Technologies デジタル・アイデンティティ・インフラストラクチャーと分散型台帳技術
7 Clean Energy Generation and Storage クリーンエネルギーの生成と貯蔵
8 Quantum Information Technologies 量子情報技術

 

⚫︎ White House

・2023.05.04 FACT SHEET: Biden-Harris Administration Announces National Standards Strategy for Critical and Emerging Technology

FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration Announces National Standards Strategy for Critical and Emerging Technology ファクトシート:バイデン-ハリス政権、重要新興技術に関する国家標準化戦略を発表
Today, the Biden-Harris Administration released the United States Government’s National Standards Strategy for Critical and Emerging Technology (Strategy), which will strengthen both the United States’ foundation to safeguard American consumers’ technology and U.S. leadership and competitiveness in international standards development. バイデン-ハリス政権は本日、米国政府の「重要技術および新興技術のための国家標準化戦略」(Strategy)を発表し、米国の消費者の技術を保護する米国の基盤と国際標準化における米国のリーダーシップと競争力の両方を強化した。
Standards are the guidelines used to ensure the technology Americans routinely rely on is universally safe and interoperable. This Strategy will renew the United States’ rules-based approach to standards development. It also will emphasize the Federal Government’s support for international standards for critical and emerging technologies (CETs), which will help accelerate standards efforts led by the private sector to facilitate global markets, contribute to interoperability, and promote U.S. competitiveness and innovation. 標準は、米国人が日常的に利用している技術が普遍的に安全で相互運用可能であることを保証するためのガイドラインである。この戦略は、標準開発に対する米国のルールベースのアプローチを一新するものである。また、重要技術および新興技術(CETs)の国際標準に対する連邦政府の支援を強調し、民間部門が主導する標準化への取り組みを加速させ、グローバル市場の促進、相互運用性の向上、米国の競争力およびイノベーションの促進を支援するものである。
The Strategy focuses on four key objectives that will prioritize CET standards development: 本戦略は、CET の標準化を優先的に進めるための 4 つの主要な目標に焦点を当てている:
・Investment: Technological contributions that flow from research and development are the driving force behind new standards. The Strategy will bolster investment in pre-standardization research to promote innovation, cutting-edge science, and translational research to drive U.S. leadership in international standards development. The Administration is also calling on the private sector, universities, and research institutions to make long-term investments in standards development. 投資: 研究開発から生まれる技術的貢献は、新しい標準を生み出す原動力となる。本戦略では、標準化前の研究への投資を強化し、イノベーション、最先端科学、トランスレーショナルリサーチを促進し、国際標準化において米国がリーダーシップを発揮できるようにする。また、民間企業、大学、研究機関に対し、標準化開発への長期的な投資を呼びかけている。
・Participation: Private sector and academic innovation fuels effective standards development, which is why it’s imperative that the United States to work closely with industry and the research community to remain ahead of the curve. The U.S. Government will engage with a broad range of private sector, academic, and other key stakeholders, including foreign partners, to address gaps and bolster U.S. participation in CET standards development activities. 参画: 民間企業や学術界のイノベーションが効果的な標準開発の原動力となるため、米国が産業界や研究機関と緊密に連携し、常に時代の先端を行くことが不可欠である。米国政府は、民間企業、学術界、その他の主要な利害関係者(外国のパートナーを含む)と幅広く協力し、CET標準開発活動への米国の参加を強化するために、ギャップに対処する。
・Workforce: The number of standards organizations has grown rapidly over the past decade, particularly with respect to CETs, but the U.S. standards workforce has not kept pace. The U.S. Government will invest in educating and training stakeholders — including academia, industry, small- and medium-sized companies, and members of civil society — to more effectively contribute to technical standards development. 人材: 標準化団体の数は、特にCETに関して過去10年間で急速に増加したが、米国の標準化人材はそれに追いついていない。米国政府は、学術界、産業界、中小企業、市民社会のメンバーを含む関係者が、より効果的に技術標準の開発に貢献できるよう、教育・訓練に投資する。
・Integrity and Inclusivity: It is essential for the United States to ensure the standards development process is technically sound, independent, and responsive to broadly shared market and societal needs. The U.S. Government will harness the support of like-minded allies and partners around the world to promote the integrity of the international standards system to ensure that international standards are established on the basis of technical merit through fair processes that will promote broad participation from countries across the world and build inclusive growth for all. 誠実さと包括性: 米国にとって、標準開発プロセスが技術的に健全で、独立性が高く、広く共有された市場および社会のニーズに応えるものであることを保証することは不可欠である。米国政府は、世界中の志を同じくする同盟国やパートナーの支援を得て、国際標準システムの完全性を促進し、国際標準が、世界各国からの幅広い参加を促進し、すべての人のための包括的な成長を構築する公正なプロセスを通じて、技術的メリットに基づいて確立されることを保証する。
Putting the Strategy into Practice 戦略を実践する
The U.S. private sector leads standards activities globally, through standard development organizations (SDOs), to respond to market demand, with substantial contributions from the U.S. Government, academia, and civil society groups. The American National Standards Institute (ANSI) coordinates the U.S. private sector standards activities, while the National Institute of Standards and Technology (NIST) coordinates Federal Government engagement in standards activities. Industry associations, consortia, and other private sector groups work together within this system to develop standards to solve specific challenges. To date, this approach has fostered an effective and innovative standards system that has supercharged economic growth and worked for people of all nations. 米国の民間部門は、市場の需要に応えるため、標準開発組織(SDO)を通じて世界的に標準化活動を主導しており、米国政府、学術界、市民社会団体の貢献も大きい。米国標準協会(ANSI)は米国の民間企業の標準化活動を調整し、米国国立標準技術研究所(NIST)は連邦政府の標準化活動への関与を調整している。業界団体、コンソーシアム、その他の民間団体がこのシステムの中で協力し、特定の課題を解決するための標準を開発している。今日まで、このアプローチは、経済成長を促進し、あらゆる国の人々のために働く、効果的で革新的な標準システムを育んできた。
The CHIPS and Science Act of 2022 (Pub. L. 117–167) provided $52.7 billion for American semiconductor research, development, manufacturing, and workforce development. The legislation also codifies NIST’s role in leading information exchange and coordination among Federal agencies and communication from the Federal Government to the U.S. private sector. This engagement, coupled with the CHIPS and Science Act’s investments in pre-standardization research, will drive U.S. influence and leadership in international standards development. NIST provides a portal with resources and standards information to government, academia, and the public; updates on the U.S. Government’s implementation efforts for the Strategy will also be posted to that portal. 2022年のCHIPSおよび科学法(Pub. L. 117-167)は、米国の半導体の研究、開発、製造、および労働力開発のために527億ドルを提供しました。この法律はまた、連邦政府機関間の情報交換と調整、および連邦政府から米国の民間セクターへのコミュニケーションを主導するNISTの役割を成文化した。このような関与は、CHIPS および科学法の標準化前研究への投資と相まって、国際標準化における米国の影響力とリーダーシップを推進することになります。 NIST は、政府、学界、および一般市民に対して、リソースや標準化情報を提供するポータルを提供している。この戦略に対する米国政府の実施努力に関する最新情報も、このポータルに掲載される予定である。
The United States Government has already made significant commitments to leading and coordinating international efforts outlined in the Strategy.  The United States has joined like-minded partners in the International Standards Cooperation Network, which serves as a mechanism to connect government stakeholders with international counterparts for inter-governmental cooperation.  Additionally, the U.S.-EU Trade and Technology Council launched a Strategic Standardization Information mechanism to enable transatlantic information sharing.  米国政府は、この戦略で説明されている国際的な取り組みを主導し、調整するために、すでに重要なコミットメントを行っている。 米国は、政府間協力のために政府関係者と国際的なカウンターパートをつなぐメカニズムとして機能する国際標準協力ネットワークに、同じ考えを持つパートナーと共に参加している。 さらに、米欧貿易技術評議会は、大西洋を越えた情報共有を可能にする戦略的標準化情報機構を立ち上げた。 
Many U.S. Government agencies have already demonstrated their commitment to the Strategy through their actions and partnerships. Examples include:  多くの米国政府機関が、その行動やパートナーシップを通じて、すでにこの戦略へのコミットメントを表明している。例を挙げれば以下の通りである: 
・The National Science Foundation has updated its proposal and award policies and procedures to incentivize participation in standards development activities.  ・全米科学財団は、標準開発活動への参加を奨励するため、提案および授与の方針と手続きを更新した。 
・The Department of State, NIST, the Department of Commerce, the Federal Communications Commission (FCC), the National Security Agency (NSA), the Office of the U.S. Trade Representative, USAID and other agencies engage in multilateral fora, such as the International Telecommunication Union, the Quad, the U.S.-EU Trade and Technology Council, the G7, and the Asia-Pacific Economic Cooperation, to share information on standards and CETs. ・国務省、NIST、商務省、連邦通信委員会(FCC)、国家安全保障局(NSA)、米国通商代表部、USAID、その他の機関は、国際電気通信連合、クワッド、米欧貿易技術会議、G7、アジア太平洋経済協力などの多国間フォーラムで、標準と CET に関する情報共有に携わっている。
・The National Telecommunications and Information Administration (NTIA) administers the Public Wireless Supply Chain Innovation Fund, a $1.5 billion grant program funded by the CHIPS and Science Act of 2022 that aims to catalyze the research, development, and adoption of open, interoperable, and standards-based networks.  ・米国電気通信情報局(NTIA)は、オープン、相互運用、標準ベースのネットワークの研究、開発、採用を促進することを目的とした、2022年CHIPSおよび科学法の資金による15億ドルの助成プログラム、公共無線サプライチェーン革新基金を運営している。 
・The Department of Defense engages with ANSI and the private sector in collaborative standards activities such as Global Supply Chain Security for Microelectronics and the Additive Manufacturing Standards Roadmap, as well as with the Alliance for Telecommunications Industry Solutions and the 3rd Generation Partnership Project (3GPP). ・国防総省は、マイクロエレクトロニクスのグローバルサプライチェーンセキュリティや積層造形標準ロードマップといったANSIや民間企業との共同標準活動や、電気通信産業ソリューション同盟や第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP)とも連携している。
・The United States Agency for International Development and ANSI work together through a public-private partnership to support the capacity of developing countries in areas of standards development, conformity assessment, and private sector engagement. ・米国国際開発庁とANSIは、官民パートナーシップを通じて協力し、標準開発、適合性評価、民間部門の関与の分野で途上国の能力を支援している。
・The Environmental Protection Agency SmartWay program works closely with the International Organization for Standardization (ISO) to standardize greenhouse gas accounting for freight and passenger transportation, providing a global framework for credible, accurate calculation and evaluation of transportation-related climate pollutants. ・環境保護庁SmartWayプログラムは、国際標準化機構(ISO)と緊密に連携し、貨物・旅客輸送の温室効果ガス会計を標準化し、輸送関連の気候汚染物質の信頼できる正確な計算と評価のためのグローバルな枠組みを提供している。
・NTIA, NIST, and the FCC coordinate U.S. Government participation in 3GPP and work with the Alliance for Telecommunications Industry Solutions to ensure participation by international standards delegates at North American-hosted 3GPP meetings. ・NTIA、NIST、FCCは、3GPPへの米国政府の参加を調整し、Alliance for Telecommunications Industry Solutionsと協力して、北米主催の3GPP会議への国際標準代表の参加を確保している。
・The FCC’s newly established Office of International Affairs is managing efforts across the FCC to ensure expert participation in international standards activities, such as 3GPP and the Internet Engineering Task Force, in order to promote U.S. leadership in 5G and other next-generation technologies. ・FCCに新設された国際問題室は、5Gやその他の次世代技術における米国のリーダーシップを促進するため、3GPPやインターネット技術タスクフォースなどの国際標準化活動への専門家の参加を確保するためのFCC全体での取り組みを管理している。
・The Department of Transportation supports development of voluntary consensus technical standards via multiple cooperative efforts with U.S.-domiciled and international SDOs. ・運輸省は、米国内外のSDOとの複数の協力体制により、自主的なコンセンサス技術標準の策定を支援している。
・The U.S. Department of Energy (DOE), though partnerships with the private sector and the contributions of technical experts at DOE and its 17 National Laboratories, contributes to standards efforts in multiple areas ranging from hydrogen and energy storage to biotechnology and high-performance computing. ・米国エネルギー省(DOE)は、民間企業とのパートナーシップや、DOEおよび17の国立研究所の技術専門家の貢献により、水素やエネルギー貯蔵からバイオテクノロジーやハイパフォーマンスコンピューティングまで、さまざまな分野の標準化活動に貢献している。
・The Department of the Treasury’s Office of Financial Research leads and contributes to financial data standards development work for digital identity, digital assets, and distributed ledger technology in ISO and ANSI. ・財務省の金融研究局は、ISO および ANSI におけるデジタル ID、デジタル資産、分散型台帳技術に関する金融データ標準の開発作業を主導し、貢献している。
The actions laid out in the Strategy align with principles set forth in the National Security Strategythe National Cybersecurity Strategy, and ANSI’s United States Standards Strategy, and will not only protect the integrity of standards development, but will ensure the long-term success of the United States’ innovation. 本戦略に示された行動は、国家安全保障戦略、国家サイバーセキュリティ戦略、およびANSIの米国標準化戦略で定められた原則と一致し、標準開発の整合性を保護するだけでなく、米国のイノベーションの長期的成功を保証するものである。

 

・[PDF] UNITED STATES GOVERNMENT NATIONAL STANDARDS STRATEGY FOR CRITICAL AND EMERGING TECHNOLOGY


20230510-13859

 

UNITED STATES GOVERNMENT NATIONAL STANDARDS STRATEGY FOR CRITICAL AND EMERGING TECHNOLOGY 重要新興技術のための米国政府国家標準化戦略
Table of Contents  目次 
・Executive Summary ・エグゼクティブサマリー
・What Standards Are and Why They Matter ・標準とは何か、なぜ標準が重要なのか
・Standards for Critical and Emerging Technology ・重要新興技術のための標準 
・The Objectives of the Critical and Emerging Technology Standards Strategy ・重要新興技術標準化戦略の目的
・Conclusion 結・論
Executive Summary   エグゼクティブサマリー  
Strength in standards development has been instrumental to the United States’ global technological leadership. Standards development underpins economic prosperity across the country and fortifies U.S. leadership in the industries of the future at the same time. Bolstering U.S. engagement in standards for critical and emerging technology (CET) spaces will strengthen U.S. economic and national security. The U.S. Government has long engaged in these standards development processes through an approach built on transparency, private sector and public sector leadership, and stakeholder engagement—a process that reflects the United States’ commitment to free and fair market competition in which the best technologies come to market. Government support for scientific research and development (R&D), an open investment climate, and the rule of law have also been critical for U.S. standards leadership. America’s workers, economy, and society have benefited significantly as a result, as have those of like-minded nations alongside which the United States has collaborated to forge technological progress.   標準開発の強さは、米国が世界的な技術的リーダーシップを発揮するために不可欠なものである。標準開発は、全米の経済的繁栄を支え、同時に未来の産業における米国のリーダーシップを強化する。重要新興技術(CET)分野の標準化における米国の関与を強化することは、米国の経済と国家安全保障を強化することになる。米国政府は、透明性、民間および公的セクターのリーダーシップ、利害関係者の参加に基づくアプローチを通じて、こうした標準開発プロセスに長年携わってきた。このプロセスは、最高の技術が市場に投入される自由で公正な市場競争に対する米国の公約を反映している。科学的研究開発(R&D)、開かれた投資環境、法の支配に対する政府の支援も、米国の標準化のリーダーシップにとって重要である。その結果、米国の労働者、経済、社会は大きな恩恵を受け、また、米国が協力して技術的進歩を遂げてきた志を同じくする国々も恩恵を受けた。 
Today, however, the United States faces challenges to its longstanding standards leadership, and to the core principles of international standard-setting that, together with like-minded partners, we have upheld for decades. Strategic competitors are actively seeking to influence international standards development, particularly for CET, to advance their military-industrial policies and autocratic objectives, including blocking the free flow of information and slowing innovation in other countries, by tilting what should be a neutral playing field to their own advantage.   しかし、今日、米国は、長年にわたる標準化のリーダーシップと、志を同じくするパートナーとともに数十年にわたって支持してきた国際標準設定の基本原則に対する挑戦に直面している。戦略的な競争相手は、特にCETの国際標準開発に積極的に影響を与えようとし、中立的な土俵であるべきものを自国に有利なように傾けることで、他国における情報の自由な流れを妨げ、技術革新を遅らせるなど、軍産政策や独裁的目的を推進しようとしている。 
The United States must renew our commitment to the rules-based and private sector-led approach to standards development, and complement the innovative power of the private sector with strategic government and economic policies, public engagements, and investments in CET. By supporting our unrivaled innovation ecosystem and related international standards development as part of a modern industrial strategy, we can ensure that CET are developed and deployed in ways that benefit not only the United States but all who seek to promote and advance technological progress. Strengthening the U.S. approach to standards development will lead to standards that are technologically sound, earn people’s trust, reflect our values, and help U.S. industry compete on a level playing field.   米国は、標準策定におけるルールベースかつ民間主導のアプローチへのコミットメントを新たにし、戦略的な政府・経済政策、公的関与、CETへの投資によって民間セクターの革新力を補完する必要がある。近代的な産業戦略の一環として、米国の比類なきイノベーション・エコシステムと関連する国際標準開発を支援することにより、米国だけでなく、技術進歩の促進・発展を目指すすべての人々に利益をもたらす方法でCETが開発・展開されることを保証することができる。標準開発に対する米国のアプローチを強化することは、技術的に健全で、人々の信頼を得、我々の価値観を反映し、米国産業が公平な競争条件で競争できるような標準につながる。 
This strategy outlines how the U.S. Government will strengthen U.S. leadership and competitiveness in international standards development, and ensure that the “rules of the road” for CET standards embrace transparency, openness, impartiality and consensus, effectiveness and relevance, coherence, and broad participation.   この戦略では、米国政府が国際標準化における米国のリーダーシップと競争力を強化し、CET標準の「道則」が透明性、開放性、公平性と合意、有効性と関連性、一貫性、および幅広い参加を包含することを確実にする方法を説明する。 
What Standards Are and Why They Matter  標準とは何か、なぜ重要なのか 
From computers and smartphones to cars and lightbulbs, societies rely on technology standards for everyday life. In the broadest sense, standards are the common and repeated use of rules, conditions, guidelines, or characteristics for products or related processes, practices, and production methods.[1] They enable technology that is safe, universal, and interoperable. Standards define the requirements that make it possible for mobile phones sold in different countries to communicate across the world, for bank cards issued in one country to be recognized at ATMs in another, and for cars to run on fuel purchased from any gas station. Standards also help manage risk, security, safety, privacy, and quality in the development of new innovations. In short, good standards are good for business, good for consumers, and good for society.  コンピュータやスマートフォンから自動車や電球に至るまで、社会は日常生活において技術標準に依存している。広義には、製品や関連するプロセス、慣習、生産方法に関するルール、条件、ガイドライン、特性などを共通に繰り返し使用することを「標準」といいる[1]。標準は、異なる国で販売された携帯電話が世界中で通信できるようにするための要件、ある国で発行された銀行カードが別の国のATMで認識されるようにするための要件、どのガソリンスタンドで購入した燃料でも車が走るようにするための要件を定義している。また、標準は、新しいイノベーションの開発におけるリスク、セキュリティ、安全、プライバシー、品質の管理にも役立っている。つまり、優れた標準は、ビジネスにとっても、消費者にとっても、そして社会にとっても有益なのである。
Standards Developing Organizations (SDOs) consist of experts from industry, academia, civil society groups, and government, all of whom share a common goal of ensuring safety, interoperability, and competition in a particular technology or technology application. In wellfunctioning SDOs, ideas are selected not on the basis of the nationality, employer, or personality originating them, but instead on the basis of technical merit. Six principles govern the international standards development process: transparency, openness, impartiality and consensus, effectiveness and relevance, coherence, and a commitment to participation by low- and middle-income countries.  標準化団体(SDO)は、産業界、学界、市民団体、政府の専門家で構成され、特定の技術や技術応用における安全性、相互運用性、競争力を確保するという共通の目標を掲げている。機能するSDOでは、アイデアは国籍や雇用主、発案者の個性ではなく、技術的なメリットに基づいて選ばれる。国際標準化プロセスは、透明性、開放性、公平性と合意、有効性と関連性、一貫性、低・中所得国の参加という6つの原則によって管理されている。
The private sector has led U.S. engagement with SDOs for more than 100 years. An example of how this system works comes from the communications industry. Qualcomm Technologies provided the proposal in the 1990s that became the basis for all 3G standards, while NTT Docomo, a large mobile phone operator in Japan, provided the proposal that later became LTE, the predominant standard for wireless broadband communication for mobile devices and data terminals.   民間部門は、100年以上にわたって米国のSDOとの関わりをリードしてきた。このシステムがどのように機能するかを示す例として、通信業界の事例を紹介する。クアルコム・テクノロジーズは1990年代に、すべての3G標準の基礎となる提案を行い、日本の大手携帯電話事業者であるNTTドコモは、後にモバイル機器やデータ端末向けのワイヤレスブロードバンド通信の主流となるLTEとなる提案を行った。 
This private sector leadership has come with significant assistance from government and academia. In 1901, the Congress established the National Bureau of Standards—which has since become the National Institute of Standards and Technology (NIST)—as the authoritative domestic measurement science research and standards laboratory. Not long after, five engineering societies and three Federal agencies banded together to establish a national nongovernmental body now known as the American National Standards Institute (ANSI). ANSI is a private, nonprofit organization that administers and coordinates the U.S. standardization system and is the sole U.S. representative to the International Organization for Standardization (ISO) and the International Electrotechnical Commission. Industry, consortia, and private-sector groups often complement the roles of NIST, ANSI, and ANSI-accredited SDOs, working together to develop standards to solve specific challenges. To date, this approach, supported by U.S. leadership, has fostered an effective and innovative system that has supercharged U.S. and global economic growth.   このような民間のリーダーシップは、政府や学識経験者の大きな支援によってもたらされたものである。1901年、米国議会は、国内の権威ある計測科学研究・標準研究所として、国立標準局(後の国立標準技術研究所(NIST))を設立しました。その後、5つの技術協会と3つの連邦機関が協力して、現在アメリカ国家標準協会(ANSI)として知られる国家民間機関を設立しました。ANSIは、米国の標準化システムを管理・調整する民間非営利団体であり、国際標準化機構(ISO)および国際電気標準会議に対する米国唯一の代表である。産業界、コンソーシアム、民間団体は、NIST、ANSI、および ANSI 認定 SDO の役割を補完し、特定の課題を解決するための標準を共同で開発することがよくある。今日まで、米国のリーダーシップに支えられたこのアプローチは、米国と世界の経済成長を加速させる効果的で革新的なシステムを育んできた。 
In an era of rapid technological transformation and global scale, standards will continue to define and drive the markets of the future. Standards for CET—advanced technologies that are  急速な技術革新とグローバルな規模の時代において、標準は将来の市場を定義し、牽引し続けるでしょう。CET-先進的な技術のための標準は、以下のようなものである。
significant for U.S. competitiveness and national security - carry strategic significance.[2] The United States will work with all nations committed to an open and transparent standards system to lead the way in these new arenas - just as we did with previous internet, wireless communications, and other digital standards. Failing to do so will risk the United States’—and the world’s—innovation, security, and prosperity.  米国は、従来のインターネット、無線通信、その他のデジタル標準と同様に、オープンで透明性の高い標準システムに取り組むすべての国々と協力して、これらの新しい分野での道を切り開いていきます。これを怠れば、米国、そして世界のイノベーション、安全保障、そして繁栄を危険にさらすことになる。
Standards for Critical and Emerging Technology  重要新興技術のための標準 
The United States will prioritize efforts for standards development for a subset of CET that are essential for U.S. competitiveness and national security, including the following areas:  米国は、以下の分野を含む、米国の競争力および国家安全保障に不可欠な CET のサブセットに対する標準化の取り組みを優先する予定である: 
•       Communication and Networking Technologies, which are enabling dramatic changes in how consumers, businesses, and governments interact, and which will form the basis of tomorrow’s critical communications networks;  通信・ネットワーク技術:消費者、企業、政府の交流方法に劇的な変化をもたらし、明日の重要な通信ネットワークの基礎を形成するものである; 
•       Semiconductors and Microelectronics, including Computing, Memory, and Storage Technologies, which affect every corner of the global economy, society, and government, and which power a panoply of innovations and capabilities;  半導体とマイクロエレクトロニクス(コンピューティング、メモリ、ストレージ技術を含む):世界経済、社会、政府の隅々にまで影響を及ぼし、様々な革新と能力を生み出す; 
•       Artificial Intelligence and Machine Learning, which promise transformative technologies and scientific breakthroughs across industries, but which must be developed in a trustworthy and risk-managed manner;  人工知能と機械学習は、産業界に変革をもたらす技術と科学的ブレークスルーを約束するものであるが、信頼できるリスク管理された方法で開発されなければならない; 
•       Biotechnologies, which will affect the health, agricultural, and industrial sectors of all nations, and which will need to be used safely and securely to support the health of our citizens, animals, and environment;  バイオテクノロジー:すべての国の健康、農業、産業分野に影響を与え、国民、動物、環境の健康を支えるために安全かつ確実に使用される必要がある; 
•       Positioning, Navigation, and Timing Services, which are a largely invisible utility for technology and infrastructure, including the electrical power grid, communications infrastructure and mobile devices, all modes of transportation, precision agriculture, weather forecasting, and emergency response;  ・電力網、通信インフラ、モバイル機器、あらゆる交通手段、精密農業、天気予報、緊急対応など、テクノロジーやインフラにとって、ほとんど目に見えないユーティリティである測位・航法・計時サービスである; 
•       Digital Identity Infrastructure and Distributed Ledger Technologies, which increasingly affect a range of key economic sectors;  デジタル・アイデンティティ・インフラストラクチャーと分散型台帳技術:様々な主要経済分野にますます影響を与える; 
•       Clean Energy Generation and Storage, which are critical to the generation, storage, distribution, and climate-friendly and efficient utilization of energy, and to the security of the technologies that support energy-producing plants; and  クリーンエネルギーの生成と貯蔵:エネルギーの生成、貯蔵、分配、気候にやさしい効率的な利用、およびエネルギー生成プラントをサポートする技術のセキュリティに不可欠である。
•       Quantum Information Technologies, which leverage quantum mechanics for the storage, transmission, manipulation, computing, or measurement of information, with major national security and economic implications.   量子情報技術:量子力学を活用して情報の保存、伝送、操作、計算、計測を行うもので、国家安全保障や経済に大きな影響を与える。
There are also specific applications of CET that departments and agencies have determined will impact our global economy and national security. The United States will focus standards development activities and outreach on these applications, which include:   また、各省庁が世界経済や国家安全保障に影響を与えると判断したCETの具体的な応用例もある。米国は、これらのアプリケーションに標準化活動およびアウトリーチを集中させる予定である:  
•       Automated and Connected Infrastructure, such as smart communities, Internet of Things, and other novel applications;  スマートコミュニティ、IoT、その他の新しいアプリケーションなど、自動化され接続されたインフラストラクチャ; 
•       Biobanking, which involves the collection, storage, and use of biological samples;  バイオバンキング:生物学的サンプルの収集、保存、使用を含む; 
•       Automated, Connected, and Electrified Transportation, including automated and connected surface vehicles of many types and unmanned aircraft systems, many of which may be electric vehicles (EVs), along with the safe and efficient integration into smart communities and the transportation system as a whole, including standards to integrate EVs with the electrical grid and charging infrastructure;  自動化、コネクテッド、電化された輸送手段。自動化、コネクテッドされた様々な種類の地上車両や無人航空機システム、その多くが電気自動車(EV)である可能性があり、EVを電力網や充電インフラと統合する標準など、スマートコミュニティや交通システム全体に安全かつ効率的に統合することが含まれる; 
•       Critical Minerals Supply Chains, where we will promote standards that support increased sustainable extraction of critical minerals necessary to manufacture renewable energy technologies, semiconductors, and EVs;   ・再生可能エネルギー技術、半導体、EVの製造に必要な重要鉱物の持続可能な採掘の増加を支援する基準を推進する「重要鉱物のサプライチェーン」;  
•       Cybersecurity and Privacy, which are cross-cutting issues that are critical to enabling the development and deployment of emerging technologies and promote the free flow of data and ideas with trust; and  サイバーセキュリティとプライバシー:新興技術の開発と展開を可能にし、信頼に基づくデータとアイデアの自由な流れを促進するために不可欠な、横断的な問題である。
•       Carbon Capture, Removal, Utilization and Storage, which can build on evolving standards for CO2 storage, and emerging standards for point source carbon capture, removal, and utilization, especially as those standards relate to monitoring and verification.   炭素の回収、除去、利用、貯蔵。これは、CO2貯蔵に関する進化した標準と、点源炭素の回収、除去、利用に関する新しい標準、特に監視と検証に関連する標準を基にすることができます。
The Objectives of the Critical and Emerging Technology Standards Strategy  重要新興技術標準化戦略の目的 
The lifeblood of SDOs is good-faith engagement on the technical merits. As such, this strategy focuses on increasing U.S. private and public sector engagement with SDOs that will sustain and strengthen this foundational ethos. The U.S. Government and its partners in the public and private sectors will launch new efforts to do this. In so doing, we will foster U.S. and likeminded nations’ competitiveness in emerging markets and work to vigorously promote our shared values and market economies based on impartial and effective standards.   SDOの生命線は、技術的なメリットに関する誠意ある関与である。そのため、この戦略では、この基本的な理念を維持・強化するために、米国の民間および公共部門とSDOとの関わりを増やすことに焦点を当てる。米国政府と官民のパートナーは、このための新たな取り組みを開始する。そうすることで、我々は、新興市場における米国と同様の国の競争力を育成し、我々が共有する価値観と公平で効果的な基準に基づく市場経済を強力に推進するために努力することになる。 
The U.S. Government will pursue the following four objectives and corresponding eight lines of effort in its strategy:  米国政府は、その戦略において、以下の4つの目的とそれに対応する8つの努力項目を追求する: 
Objective 1: Investment   目標1:投資  
Science, technology, research, experimentation, and innovation have been the keys to the  科学、技術、研究、実験、イノベーションは、その鍵を握っている。
United States’ long standing as a global leader. Continued broad bipartisan support for Federal investment in cutting-edge R&D will enable the United States to achieve the greatest aspirations of this century. Standards are substantially driven by technical contributions that flow from R&D, and greater U.S. investment in pre-standardization research and analysis helps facilitate contributions to standards-setting discussions.   米国のグローバルリーダーとしての長い地位。最先端の研究開発に対する連邦政府の投資に対する幅広い超党派の支持を継続することで、米国は今世紀の最大の願望を達成することができる。標準は、研究開発から生まれる技術的貢献によって実質的に推進されるものであり、標準化前の研究および分析に対する米国の投資を拡大することは、標準化の議論への貢献を促進するのに役立つ。 
Context: Novel discoveries, technical insights, and refinements are at the core of many new standards, especially in CET. Historically, the U.S. Government has facilitated this vital innovation. Government R&D investments catalyzed U.S. standards leadership and shaped successful standards that include Wi-Fi, the C computer programming language, and the suite of technologies comprising cellular communications.   コンテキスト 新規の発見、技術的な洞察、改良は、特にCETにおいて、多くの新標準の核となる。歴史的に、米国政府はこの重要なイノベーションを促進してきた。政府の研究開発投資は、米国の標準化のリーダーシップを触媒し、Wi-Fi、Cコンピュータプログラミング言語、携帯電話通信を構成する一連の技術を含む、成功した標準を形成しました。 
Action: The U.S. Government will bolster its support for R&D in CET and further increase investment in pre-standardization research. Innovation, cutting-edge science, and translational research will remain the drivers of U.S. influence and leadership in international standards development. To this end, the Biden-Harris Fiscal Year (FY) 2024 budget funds CHIPS and Science Act discretionary investments at over 80 percent of the FY24 authorized levels.   行動 米国政府は、CETの研究開発への支援を強化し、標準化前の研究への投資をさらに拡大する。イノベーション、最先端科学、トランスレーショナルリサーチは、国際標準化における米国の影響力とリーダーシップの原動力であり続けるだろう。この目的のため、バイデン-ハリス 2024 年度予算は、CHIPS および科学法の裁量投資に対し、24 年度授権レベルの 80%以上の資金を提供している。 
•       Line of Effort #1: Increase R&D funding to ensure a strong foundation for future standards development. The Administration will work with the Congress to increase funding for R&D through appropriations as requested in the Biden-Harris Administration FY24 budget. This budget features spending levels for basic and applied research that top $100 billion. Total Federal R&D is $210 billion, an increase of nearly $9 billion over the FY23 level and an historic amount. As part of these efforts, we will accelerate fundamental research to drive technical contributions to international standards, fostering the translation of these research results and measurement science into globally accepted specifications and features. In addition, we will explicitly recognize as within scope SDO participation by Federal R&D grantees and funding recipients, when appropriate. For example, the National Science Foundation is currently updating its proposal and award policies and procedures to include participation in standards development activities.   ・努力項目1:将来の標準開発のための強固な基盤を確保するために研究開発資金を増加させる。政権は、バイデン-ハリス政権の FY24 予算で要求されたように、議会と協力して、予算を通じて研究開発への資金を増額する。この予算は、基礎研究および応用研究のための支出レベルが1000億ドルを超えることを特徴としている。連邦政府の研究開発費総額は2100億ドルで、23年度の水準より90億ドル近く増加し、歴史的な額となった。これらの取り組みの一環として、国際標準への技術貢献を推進するための基礎研究を加速し、これらの研究成果や測定科学を世界的に通用する仕様や機能に変換することを促進する。さらに、適切な場合には、連邦研究開発助成機関および資金提供者によるSDOの参加を範囲内として明示的に認識する。たとえば、全米科学財団は現在、標準開発活動への参加を含む提案および授与の方針と手続きを更新している。 
•       Line of Effort #2: Support the development of standards that address risk, security, and resilience. The U.S. Government is uniquely suited to lead standards development on topics of national security. For example, it has developed standards that support priority access for public safety and emergency services during disasters and wide-scale emergency events. U.S. Government support—including through our national labs—for standards like these will enable future innovation and development to be done in as secure and resilient a manner as possible. We will continue to support the development of standards that consider the impacts and effects of risk (comprised of threats, vulnerabilities, and consequences) and account for security concerns.  ・努力項目2:リスク、セキュリティ、およびレジリエンスに対応する標準の開発を支援する。米国政府は、国家安全保障に関するトピックの標準開発を主導するのに非常に適している。例えば、災害や大規模な緊急事態の発生時に、公共安全や緊急サービスの優先的なアクセスをサポートする標準を開発したことがある。米国政府は、国立研究所を含め、このような標準をサポートすることで、将来の技術革新と開発を可能な限り安全で弾力的な方法で行うことができるようになります。私たちは、リスク(脅威、脆弱性、結果で構成)の影響と効果を考慮し、セキュリティ上の懸念を考慮した標準の開発を引き続き支援する。
Objective 2: Participation  目標2:参画 
U.S. organizations confront difficult choices on where to focus resources in a more diversified standards landscape, at times resulting in little to no U.S. participation in potentially disruptive technological fields.  米国の組織は、多様化する標準の中でどこにリソースを集中させるかという難しい選択を迫られ、時には破壊的な技術分野への米国の参加がほとんどないこともある。
Context: Private-sector and academic innovation fuels effective standards development. New standards often start with a proposal that contains technical specifications or performance metrics that relate to companies’ own products. In other cases, companies put forward proposals containing their proprietary technologies for use in products made by other firms. Where standards include patented technologies, licensing revenues allow industry to recoup R&D expenditures and re-invest in future innovations. Despite competition among technology contributors, industry collaborates in standards development because it is good for business: Widely adopted standards facilitate access and growth in new markets.   背景 民間および学術界のイノベーションが、効果的な標準開発を促進する。新しい標準は、多くの場合、企業の自社製品に関連する技術仕様や性能指標を含む提案から始まります。また、他社製品に使用する自社独自の技術を盛り込んだ提案を行う場合もある。標準に特許技術が含まれている場合、ライセンス収入によって、産業界は研究開発費を回収し、将来の技術革新に再投資することができる。技術提供者間の競争にもかかわらず、産業界が標準開発に協力するのは、それがビジネスにとって良いことだからである: 広く採用された標準は、新市場への参入と成長を促進する。 
However, in some commercially competitive areas, U.S. companies may choose not to participate in standards development for a variety of reasons. For example, technology may still be under development and standardization is therefore premature. Firms also may have concerns about protecting intellectual property and proprietary information. This is particularly true for critical and emerging technologies. In other cases, a company may opt to focus limited resources on nearer-term priorities, given the sustained and often long-term investment needed for standards development. Still other firms may be new entrants to the technology market and may not be aware of opportunities to engage and influence standards development, or of the risks or opportunity costs of remaining on the sidelines. Regardless of the reason, however, reduced U.S. participation in standards development will put the United States at a strategic disadvantage.   しかし、商業的に競争の激しい分野では、米国企業が様々な理由で標準標準開発に参加しないことを選択することもある。例えば、技術がまだ開発中であり、標準化が時期尚早である場合がある。また、企業は、知的財産や専有情報の保護に懸念を抱いている場合もある。これは、重要な技術や新興技術に特に当てはまります。また、標準化に必要な持続的かつ長期的な投資を考慮し、限られた資源をより近い将来の優先事項に集中させることを選択する場合もある。また、技術市場に新規参入する企業で、標準開発に関与し影響を与える機会や、傍観することのリスクや機会費用に気づいていない場合もある。しかし、理由の如何に関わらず、標準開発への米国の参加が減少すれば、米国は戦略的に不利な立場に立たされる。 
In some cases, the need for standards begins in the public sector. This includes interoperable infrastructure like traffic signals, where there is significant public benefit, but there may be less of a business case for private sector to support sufficient voluntary engagement in standards development without some public sector assistance.   標準化の必要性は、公共部門から始まる場合もある。これには、交通信号のような相互運用可能なインフラが含まれ、大きな公共利益があるが、民間部門が公共部門の支援なしに標準開発への十分な自発的関与を支援するためのビジネスケースは少ないかもしれない。 
Academic and other research institutions are also critical stakeholders in international standards development. Subject matter experts and researchers make essential contributions to standards development and provide important non-vendor perspectives. Academia is also a critical partner in increasing U.S. engagement in standards and training the next generation of standards professionals. Institutions of higher education should renew a commitment to teaching and highlighting the value, development, and use of standards and standardization in a range of career fields.   学術機関やその他の研究機関も、国際標準化における重要なステークホルダーである。主題専門家や研究者は、標準開発に不可欠な貢献をし、ベンダ以外の重要な視点を提供する。また、学術機関は、米国の標準化への関与を高め、次世代の標準化専門家を育成する上で、重要なパートナーである。高等教育機関は、様々な職業分野における標準および標準化の価値、開発、利用を教え、強調することに改めて取り組むべきである。 
Action: The U.S. Government will work closely with the private sector and academia to minimize gaps in coverage within SDOs, work collectively to address challenges to accelerate standards development in CET, bolster private-sector participation, and ensure that the government plays an active—but appropriate—role in the private sector-led system. The U.S. Government will also continue to meaningfully contribute to multilateral, treaty-based standards organizations such as the International Telecommunication Union (ITU).   活動: 米国政府は、民間部門および学術界と緊密に連携し、SDO内の適用範囲のギャップを最小限に抑え、CETにおける標準開発を加速させるための課題に共同で取り組み、民間部門の参加を強化し、民間部門主導のシステムにおいて政府が積極的かつ適切な役割を果たすことを確保する。また、米国政府は、国際電気通信連合(ITU)などの条約に基づく多国間標準化機関にも引き続き有意義に貢献する。 
•       Line of Effort #3: Remove and prevent barriers to private sector participation in standards development. We will coordinate policy and regulations to create an environment that facilitates U.S. private sector engagement and influence in international standards. We will continue to create programs to foster U.S. stakeholders’ participation in international standards development and remove barriers to involvement. For example, in 2022, the Department of Commerce revisited and revised an export control interim final rule authorizing the release of certain technology and software in the context of standards setting and development. Additionally, after receiving inputs from industry, the Department of Justice’s Antitrust Division, the U.S. Patent and Trademark Office, and NIST took action to increase innovation and competitiveness in the marketplace by withdrawing their policy statement on Standards Essential Patents, which often cover breakthroughs at the core of new technologies. Taken together, these actions will strengthen the ability of U.S. companies to engage and influence international standards that are essential to our nation’s technology leadership. We will also consider opportunities to promote standards meetings held in the United States in order to enable broad participation, including through reducing the wait times for visa processing for attendance at priority meetings.   ・努力項目3:標準開発への民間セクターの参加に対する障壁を取り除き、防止する。国際標準への米国の民間部門の関与と影響力を促進する環境を作るために、政策と規制を調整する。米国の利害関係者の国際標準開発への参加を促進し、参加への障壁を取り除くためのプログラムを継続的に作成する予定である。例えば、2022年、商務省は、標準設定・開発の文脈で特定の技術やソフトウェアの公開を許可する輸出管理暫定最終規則を再検討・改訂した。さらに、産業界からの意見を受け、司法省反トラスト局、米国特許商標庁、NISTは、新技術の核となる画期的な技術をカバーすることが多い標準必須特許に関する政策声明を撤回し、市場におけるイノベーションと競争力を高めるための行動をとった。これらの行動を総合すると、米国企業が、わが国の技術リーダーシップに不可欠な国際標準に関与し、影響を与える能力を強化することになります。また、優先的な会議への出席のためのビザ手続きの待ち時間を短縮するなど、幅広い参加を可能にするために、米国で開催される標準化会議を促進する機会も検討する予定である。 
•       Line of Effort #4: Improve communications between public and private sectors on standards. We will expand communication with the private sector, including through strategic partnerships, information sharing arrangements, and other cooperative efforts between U.S. Government agencies and private sector standards stakeholders, including SDOs, industry associations, civil society, and others that participate in international standards activities. The U.S. Government will look to the private sector to inform or otherwise work with senior government leaders regarding the changing standards landscape. Together we can identify areas where the United States can propose the development of new international standards committees and prioritize areas for participation and leadership. The U.S. Government will also more clearly articulate government interest in technology areas. Finally, through public-private partnerships, we will offer roadmaps for CET, as we did with the NIST Cloud Computing Standards Roadmap and the ANSI Nanotechnology Standards Panel.   ・努力項目4:標準に関する官民間のコミュニケーションを改善する。米国政府機関と、SDO、業界団体、市民社会、その他国際標準化活動に参加する民間の標準化関係者との間の戦略的パートナーシップ、情報共有の取り決め、その他の協力的な取り組みを通じて、民間部門とのコミュニケーションを拡大する。米国政府は、変化する標準化の状況について、民間部門が政府の上級指導者に情報を提供したり、その他の形で協力したりすることを期待することになる。私たちは、米国が新たな国際標準化委員会の設立を提案できる分野を特定し、参加と指導のための優先順位をつけることができる。また、米国政府は、技術分野に対する政府の関心をより明確に示すことができる。最後に、官民パートナーシップを通じて、NISTクラウドコンピューティング標準ロードマップやANSIナノテクノロジー標準パネルで行ったように、CETのためのロードマップを提供することになります。
•       Line of Effort #5: Enhance U.S. Government and like-minded nations’ representation and influence in international standards governance and leadership.  ・努力項目5:国際標準のガバナンスとリーダーシップにおいて、米国政府および志を同じくする国の代表と影響力を強化する。
We will focus on expanding U.S. Government and like-minded nations’ participation and leadership in standards activities where the government is the official representative, in specific technology areas where it has significant national interest as defined above, and where the government can fill representational gaps, particularly in early-stage technology and related policy development. We will elevate leadership and expand coordination across the government in support of standards activities, particularly in work with the ITU. In these efforts, we will expand science and technology diplomacy to focus on CET standards development. We will leverage opportunities to assume leadership roles on international standards committees in CET areas. For early-stage technology development, the U.S. Government will convene experts to understand the appropriate time to promote technologically sound and impartial standards development.  私たちは、政府が公式な代表である標準化活動、上記で定義された重要な国益を有する特定の技術分野、および特に初期段階の技術や関連する政策開発において政府が代表としてのギャップを埋めることができる分野において、米国政府および同様の考えを持つ国々の参加とリーダーシップの拡大に焦点を当てます。私たちは、標準化活動、特にITUとの協力関係を支援するために、リーダーシップを高め、政府全体の調整を拡大する。これらの取り組みにおいて、私たちは、CET 標準開発に焦点を当てた科学技術外交を拡大する。CET 分野の国際標準化委員会で指導的役割を担う機会を活用する。初期段階の技術開発については、米国政府は専門家を招集し、技術的に健全かつ公平な標準開発を促進する適切な時期を理解する。
Furthermore, we will catalyze U.S. attendance in standards development in high priority early-stage CET areas, such as quantum information technologies, where U.S. industry is nascent but standards work is ongoing.  さらに、量子情報技術など、米国の産業が発展途上でありながら標準化作業が進行している優先度の高い初期段階の CET 分野において、標準化作業に米国が参加することを促進させる。
Objective 3: Workforce   目標3:人材
The number of standards organizations and venues has increased significantly over the past decade, particularly with respect to CET. Meanwhile the U.S. standards workforce has not kept pace with this growth.  標準団体や会場の数は、特にCETに関しては、過去10年間で大幅に増加した。一方、米国の標準の労働力はこの成長に追いついていない。
Context: A technically expert and standards-knowledgeable workforce, comprised of industry, academic, and government experts, is essential for success. Unfortunately, standards successes are not recognized or celebrated in the same way as traditional academic or industry achievements such as publications, patents, and awards, which makes it difficult to attract new participants. Standards work is ongoing in many fora, including formal consensus bodies, treaty organizations, and consortia. It is essential that the United States participates across the board, though too often it does not. According to data collected by NIST on a select group of standards committees in 2019, U.S. entities led participation in the Institute of Electrical and Electronics Engineers, but lagged far behind in the ITU Telecommunication Standardization Sector. The number of leadership positions, such as secretariat or editorial positions, held by the United States has also declined in certain organizations; for example, U.S.-held positions were down 10 percent in the ISO in 2021 as compared to 2016[3]—a trend that is beginning to reverse with the recent election of a U.S. candidate as the Secretary-General of the ITU.   その背景には 産業界、学界、政府の専門家で構成される技術的専門性と標準知識のある労働力は、成功のために不可欠である。残念ながら、標準化の成功は、出版物、特許、賞などの伝統的な学術的または産業的な業績と同じように認識または賞賛されないため、新しい参加者を引き付けることが困難である。標準化作業は、正式な合意形成機関、条約機関、コンソーシアムなど、多くの場で進行中である。米国が全面的に参加することが不可欠であるが、そうでないことがあまりにも多い。NISTが2019年に一部の標準化委員会について収集したデータによると、米国の事業体は、電気電子学会では参加をリードしているが、ITU電気通信標準化部門では大きく遅れをとっている。また、特定の組織では、米国が保有する事務局や編集などの指導的地位の数も減少しており、例えば、2021年のISOでは、2016年と比較して米国が保有する地位が10%減少している[3]が、最近のITU事務総長に米国人候補が選出されたことでこの傾向は逆転し始めている。 
Action: The U.S. Government will invest in educating and training a cadre of professionals that can effectively contribute to and drive technical standards development.   活動: 米国政府は、技術標準の開発に効果的に貢献し、推進することができる専門家の集団の教育と訓練に投資する。 
We will work with the private sector to find innovative ways to educate and train those in academia and industry.   私たちは、民間部門と協力して、学界や産業界の人々を教育・訓練する革新的な方法を見出す。 
• Line of Effort #6: Educate and empower the new standards workforce. We will increase opportunities for engagement in standards development among additional stakeholders, such as start-ups, small- and medium-sized companies, academia, and members of civil society, through standards development information, training, and education. We will also expand efforts to develop standards-related curricula with universities and educational institutions to address technical, business, and policy aspects of standards development and focus on developing standards skillsets on CET. We will build capacity and resources for standards professionals, such as supporting a Standards Center of Excellence, to be led by non-federal entities, to engage the private sector, provide training, and assist in engagement with standards activities—particularly for small- and medium-sized companies. We will also grow the technical capacity and standards workforce within government agencies, particularly in CET areas.   ・努力項目 6:新しい標準化人材を教育し、力を与える。私たちは、標準化情報、トレーニング、および教育を通じて、新興企業、中小企業、学界、および市民社会のメンバーなど、さらなる利害関係者が標準化開発に関与する機会を増やする。また、大学や教育機関と標準化関連のカリキュラムを開発する取り組みを拡大し、標準化開発の技術、ビジネス、政策の側面を取り上げ、CETにおける標準化スキルセットの開発に重点を置く。特に中小企業の標準化活動を支援するため、民間セクターを巻き込み、トレーニングを提供し、標準化活動への関与を支援する、連邦政府以外の団体が主導する標準化センターオブエクセレンスを支援するなど、標準化専門家の能力およびリソースを構築する。また、政府機関、特に CET 分野の技術能力および標準化人材の育成を図る。 
Objective 4: Integrity and Inclusivity  目標4:誠実さと包括性
In response to the increasing attempts of some nations to tilt the playing field to their parochial advantage, we must ensure that standards development processes are technically sound, independent, and responsive to broadly shared market and societal needs.  一部の国々が自国の優位に立つために競技場を傾けようとする傾向が強まる中、標準開発プロセスが技術的に健全で独立し、広く共有された市場や社会のニーズに対応するものであることを保証しなければならない。
Context: International standards development is at an inflection point. Strategic competition, a complex global economy, and fast-moving technology trends combine to pose new challenges. In this moment of change, strategic competitors such as the People’s Republic of China (PRC) seek to undermine the integrity of longstanding standards development processes, pushing topdown approaches to dominate future markets and reinforce coercive leverage. The PRC, in particular, is seen as using foreign investment and coercive economic influence to cajole or compel support for its standards proposals, and to drive standards development toward SDOs in which it is likely to wield maximum unilateral influence. Furthermore, in some sectors, the PRC, often acting through proxy companies, promotes prescriptive standards, irrespective of technical merit, designed solely to entrench market dominance. The United States, together with our allies and partners, supports broad and inclusive participation that enables global standards-setting, but participation must occur on terms that support the integrity and impartiality of the system.   背景 国際標準化は変曲点を迎えている。戦略的な競争、複雑なグローバル経済、そして急速に変化する技術トレンドが組み合わさって、新たな課題を突きつけている。この変革期において、中華人民共和国(PRC)のような戦略的競争相手は、長年の標準開発プロセスの整合性を損ない、トップダウン方式で将来の市場を支配し、強制的な影響力を強化しようとする。特に中華人民共和国は、外国投資と強制的な経済的影響力を利用して、自国の標準提案への支持をおだてたり強制したりし、一方的な影響力を最大限に行使できる SDO に向けて標準開発を推進すると見られている。さらに、一部の分野では、PRC は、しばしば代理会社を通して行動し、技術的なメリットとは無関係に、市場支配力を強化することのみを目的とした規定的な標準を推進している。米国は、同盟国やパートナーとともに、グローバルな基準設定を可能にする広範かつ包括的な参加を支持するが、参加は、システムの完全性と公平性を支える条件で行われなければならない。 
Action: We will harness the support of like-minded allies and partners to promote the integrity of the international standards system and work to ensure that international standards are established on the basis of technical merit and fair-processes. We will also promote greater inclusion in the international standards system, and look to facilitate broad representation from countries across the world, in order to build inclusive growth for all.    活動: 我々は、志を同じくする同盟国やパートナーの支援を得て、国際標準化システムの完全性を促進し、国際標準が技術的なメリットと公正なプロセスに基づいて確立されることを確保するために努力する。また、すべての人のための包括的な成長を構築するために、国際標準化システムにおけるインクルージョンの拡大を促進し、世界各国からの幅広い代表を促進することを目指す。  
•       Line of Effort #7: Deepen standards cooperation with allies and partners to support a robust standards governance process. We will continue to expand coordination with partners to enhance and protect the private sector-led international standards process and seek to increase U.S. and partner leadership in SDOs. We will seek to include standards activities in bilateral and multilateral science and technology cooperation agreements. We will leverage the U.S.-EU Trade and Technology Council Strategic Standardization Information mechanism to enable information sharing on international standards development, such as sharing of best practices and lessons learned in our respective standards systems. We are joining with like-minded partners in the International Standards Cooperation Network, which will serve as a sustainable mechanism that connects government stakeholders responsible for broad standards coordination across their own government with international counterparts for inter-governmental coordination and cooperation. Trade agencies, led by the Office of the U.S. Trade Representative, will continue to promote the adoption and use of international standards, as defined in bilateral, regional, and international trade agreements on sanitary and phytosanitary and standards-related trade measures. We will also support the use of international standards through trade agreement chapter committees, technical assistance, and capacity building efforts, including by seeking funding from national, regional, and international fora to support this goal. Models of such cooperation are found in fora such as the Asia Pacific Economic Cooperation and the U.S. partnership with Association of Southeast Asian Nations. Additional vehicles to address such standards include commercial dialogues, trade missions, and other trade tools to ensure U.S. exporters can compete on even ground.  ・努力項目7:強固な標準ガバナンスプロセスを支援するために、同盟国やパートナーとの標準協力を深める。我々は、民間主導の国際標準化プロセスを強化・保護するために、パートナーとの連携を拡大し、SDOにおける米国とパートナーのリーダーシップを高めることを目指す。二国間および多国間の科学技術協力協定に標準化活動を含めるよう努める。我々は、米欧貿易技術評議会の戦略的標準化情報メカニズムを活用し、それぞれの標準化システムにおけるベストプラクティスや教訓の共有など、国際標準化に関する情報共有を可能にする。我々は、志を同じくするパートナーと共に、国際標準化協力ネットワークに参加している。このネットワークは、自国政府全体の広範な標準化調整を担当する政府関係者と、政府間の調整・協力のための国際的カウンターパートをつなぐ持続的なメカニズムとして機能する。米国通商代表部を中心とする通商機関は、衛生植物検疫および基準関連貿易措置に関する二国間、地域、および国際貿易協定で定義された国際基準の採用と利用を引き続き促進する。また、この目標を支援するために国内、地域、国際的なフォーラムから資金を求めることを含め、貿易協定章委員会、技術支援、能力開発努力を通じて国際基準の利用を支援する予定である。このような協力のモデルは、アジア太平洋経済協力や東南アジア諸国連合との米国のパートナーシップのようなフォーラムに見られる。このような基準に対処するためのその他の手段としては、米国の輸出業者が互角に競争できるようにするための商業対話、貿易使節団、その他の貿易手段がある。
•       Line of Effort #8: Facilitate broad representation in standards development. We will support the development of a diverse and inclusive generation of emerging economy standards professionals who can effectively participate in international standards development and promote the adoption of international standards. In partnership with the U.S. academic and private sectors, we will look to engage with influential emerging economy academic institutions or other related organizations to ensure longer-term sustainability and identify opportunities for additional training on coalition building, including through programming from the U.S. Agency for International Development. We will foster participation of small and medium enterprises, including from like-minded countries, and further advance the design and implementation of technical assistance programs to enable broad and inclusive participation in international standards organizations.  ・努力項目 8:標準開発における広範な代表を促進する。私たちは、国際標準開発に効果的に参加し、国際標準の採用を促進できる、多様で包括的な世代の新興国標準専門家の育成を支援する。米国の学界および民間部門と連携して、影響力のある新興経済国の学術機関やその他の関連組織との連携を図り、長期的な持続性を確保するとともに、米国国際開発庁のプログラムなどを通じて、連携構築に関する追加訓練の機会を特定する。我々は、志を同じくする国々を含む中小企業の参加を促進し、国際標準化機構への広範かつ包括的な参加を可能にする技術支援プログラムの設計と実施をさらに推進する。
Conclusion   結論
A proactive and sustained long-term approach is required to ensure that the United States remains a global leader in contributing to the development of fair, merit-based standards for CET. The changing international dynamics around standardization for CET require the United States to reaffirm and strengthen its private sector-led approach to standards development rather than abandon it, as many autocratic nations would like to see. Key elements to continued success in standardization include strong support for R&D in CET areas; strengthening publicprivate, allied, and emerging partnerships; and expanding investments in a workforce empowered to engage and lead in international standards development. These strategic investments will create new economic opportunities for U.S. industry, protect the integrity of international standards systems, and lead to CET standards that are durable and benefit communities both at home and abroad.    米国が公正で実力主義的なCETの規格開発に貢献する世界的リーダーであり続けるためには、積極的かつ持続的な長期的アプローチが必要である。CETの標準化をめぐる国際的な力学の変化により、米国は、多くの独裁国家が望むように、標準開発に対する民間部門主導のアプローチを放棄するのではなく、再確認し強化する必要がある。標準化で継続的に成功するための重要な要素には、CET 分野の研究開発への強力な支援、官民、同盟、および新興のパートナーシップの強化、国際標準開発に関与し主導できる能力を備えた労働力への投資の拡大が含まれます。これらの戦略的投資は、米国産業に新たな経済機会を創出し、国際標準化システムの整合性を保護し、耐久性があり国内外のコミュニティに利益をもたらすCET標準につながる。  

 

 

 

|

« ロシア 科学技術センター 大規模言語モデル:認知的な視点 | Main | IPA 暗号鍵管理ガイドライン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロシア 科学技術センター 大規模言語モデル:認知的な視点 | Main | IPA 暗号鍵管理ガイドライン »