« 参議院常任委員会調査室・特別調査室 サイバー犯罪条約第2追加議定書の概要 ― 国境を越えるサイバー犯罪捜査のための国際協力 ― (2023.04.14) | Main | 米国 連邦取引委員会 司法省 消費者金融保護局 雇用機会均等委員会 「自動化システムにおける差別やバイアスに対する執行努力に関する共同声明 」 »

2023.04.27

EU 議会 暗号資産に関する法案を承認

こんにちは、丸山満彦です。

EU議会が、暗号通貨を含む暗号資産の監督、消費者保護、環境保護に関する新たな共通ルール(MiCA)を承認しましたね。。。ビットコインや電子マネートークンなどの暗号資産の移転追跡し、疑わしい取引をブロックできるようにしています。。。

Crypto-assets: green light to new rules for tracing transfers in the EU 暗号資産:EUにおける移転追跡のための新ルールに青信号が灯る
Parliament endorsed the first EU rules to trace crypto-asset transfers, prevent money laundering, as well as common rules on supervision and customer protection. 欧州議会は、暗号資産の送金を追跡し、マネーロンダリングを防止するためのEU初の規則を承認し、監督と顧客保護に関する共通規則も承認した。
On Thursday, MEPs approved with 529 votes in favour to 29 against and 14 abstentions, the first piece of EU legislation for tracing transfers of crypto-assets like bitcoins and electronic money tokens. The text –which was provisionally agreed by Parliament and Council negotiators in June 2022- aims to ensure that crypto transfers, as is the case with any other financial operation, can always be traced and suspicious transactions blocked. The so-called “travel rule”, already used in traditional finance, will in future cover transfers of crypto assets. Information on the source of the asset and its beneficiary will have to “travel” with the transaction and be stored on both sides of the transfer. 木曜日、欧州議会は、ビットコインや電子マネートークンなどの暗号資産の移転追跡に関するEU初の法案を、賛成529票、反対29票、棄権14票で承認した。この文書は、2022年6月に議会と理事会の交渉担当者が暫定的に合意したもので、他の金融業務と同様に、暗号の送金を常に追跡し、疑わしい取引をブロックできるようにすることを目的としている。いわゆる「トラベルルール」は、伝統的な金融であるでに使用されているが、将来的には暗号資産の移転も対象となる。資産の出所と受取人に関する情報は、取引と一緒に「移動」し、送金の両側で保存されなければならない。
The law would also cover transactions above €1000 from so-called self-hosted wallets (a crypto-asset wallet address of a private user) when they interact with hosted wallets managed by crypto-assets service providers. The rules do not apply to person-to-person transfers conducted without a provider or among providers acting on their own behalf. この法律は、いわゆるセルフホストウォレット(個人ユーザーの暗号資産ウォレットアドレス)が、暗号資産サービスプロバイダーが管理するホストウォレットとやり取りする際の、1000ユーロを超える取引も対象とする予定である。この規則は、プロバイダーを介さずに行われる個人間送金や、自らを代行するプロバイダー間で行われる個人間送金には適用されない。
Uniform EU market rules for crypto-assets 暗号資産に関するEU統一市場ルール
Plenary also gave its final green light with 517 votes in favour to 38 against and 18 abstentions, to new common rules on the supervision, consumer protection and environmental safeguards of crypto-assets, including crypto-currencies (MiCA). The draft law agreed informally with the Council in June 2022 includes safeguards against market manipulation and financial crime. プレナリーはまた、暗号通貨を含む暗号資産の監督、消費者保護、環境保護に関する新たな共通ルール(MiCA)に対して、賛成517票、反対38票、棄権18票で最終的なGOサインを与えた。2022年6月に理事会と非公式に合意したドラフト法には、市場操作や金融犯罪に対する保護措置が盛り込まれている。
MiCA will cover crypto-assets that are not regulated by existing financial services legislation. Key provisions for those issuing and trading crypto-assets (including asset-reference tokens and e-money tokens) cover transparency, disclosure, authorisation and supervision of transactions. Consumers would be better informed about the risks, costs and charges linked to their operations. In addition, the new legal framework will support market integrity and financial stability by regulating public offers of crypto-assets. MiCAは、既存の金融サービス法では規制されない暗号資産を対象とする予定である。暗号資産(資産参照トークン、電子マネートークンを含む)の発行・取引業者に対する主要な規定は、取引の透明性、開示、認可、監督をカバーしている。消費者は、取引に関連するリスク、コスト、手数料について、よりよく知らされることになる。さらに、新しい法的枠組みは、暗号資産の公募を規制することで、市場の整合性と金融の安定性をサポートする。
Finally, the agreed text includes measures against market manipulation and to prevent money laundering, terrorist financing and other criminal activities. To counter money-laundering risks the European Securities and Markets Authority (ESMA) should set up a public register for non-compliant crypto assets service providers that operate in the European Union without authorisation. 最後に、合意された文書には、市場操作に対する対策、マネーロンダリング、テロ資金調達、その他の犯罪行為を防止するための対策が含まれている。マネーロンダリングリスクに対抗するため、欧州証券市場庁(ESMA)は、認可を受けずに欧州連合で活動する非適合暗号資産サービスプロバイダーの公開登録簿を設置する必要がある。
To reduce the high carbon footprint of crypto-currencies, significant service providers will have to disclose their energy consumption. 暗号通貨の高いカーボンフットプリントを削減するため、重要なサービスプロバイダーはエネルギー消費量を開示する必要がある。
Quotes by rapporteurs 報告者による引用
Stefan Berger (EPP, DE), lead MEP for the MiCA regulation, said: “This puts the EU at the forefront of the token economy with 10 000 different crypto assets. Consumers will be protected against deception and fraud, and the sector that was damaged by the FTX collapse can regain trust. Consumers will have all the information they need and all underlying risks around crypto-assets will have to be monitored. We secured that the environmental impact disclosure will be taken into account by investors in crypto assets. This regulation brings a competitive advantage for the EU. The European crypto-asset industry has regulatory clarity that does not exist in countries like the US.” MiCA規制のリードMEPであるStefan Berger(EPP、DE)は、次のように述べている: 「これにより、EUは1万種類の暗号資産を持つトークンエコノミーの最前線に立つことになる。消費者は欺瞞や詐欺から守られ、FTXの破綻でダメージを受けたセクターは信頼を取り戻すことができる。消費者は必要な情報をすべて得ることができ、暗号資産にまつわるすべての潜在的なリスクを監視する必要がある。私たちは、環境影響の開示が暗号資産の投資家に考慮されることを確保した。この規制は、EUに競争上の優位性をもたらすものである。欧州の暗号資産業界は、米国のような国にはない規制の明確性を持っている。"
Ernest Urtasun (Greens/EFA, ES), co-rapporteur for the Economic and Monetary Affairs Committee on crypto-asset transfers said: “Currently illicit flows in crypto-assets are moved swiftly across the world, with a high chance of never being detected. The Recast of the TFR will oblige crypto-asset service providers to detect and stop criminal crypto flows and also ensure that all categories of crypto companies are subject to the full set of anti-money laundering obligations. This will close a major loophole in our AML framework and implement in the EU the most ambitious travel rule legislation in the world so far, in full compliance with international standards.” 暗号資産移転に関する経済金融委員会の共同報告者であるErnest Urtasun (Greens/EFA, ES)は次のように述べた: 「現在、暗号資産の不正な流れは、高い確率で検出されることなく、世界中で迅速に移動している。TFRのRecastは、暗号資産サービスプロバイダーに犯罪的な暗号の流れを検知して停止することを義務付けるとともに、すべてのカテゴリーの暗号企業がマネーロンダリング防止義務一式の対象となることを保証するものである。これにより、AMLの枠組みにおける大きな抜け穴を塞ぎ、国際基準に完全に準拠した、これまで世界で最も野心的な旅行規則の法律をEUで実施することになる。"
Co-rapporteur for the Civil Liberties, Justice and Home Affairs Committee Assita Kanko (ECR, BE) said: “Parliament and Council have found a fair compromise that will make it safer for people of good will to hold and trade crypto assets. However, it will make it more difficult for criminals, terrorists and sanctions evaders to misuse crypto assets. Any administrative burden on crypto companies and innovators will be more than offset by the fact that we are unifying the currently fragmented European market that has 27 regulatory regimes.” 市民的自由・司法・内務委員会の共同報告者であるアシタ・カンコ(ECR、BE)は次のように述べた: 「議会と理事会は、善意の人々が暗号資産を保有し、取引することをより安全にするための公正な妥協点を見出した。しかし、犯罪者、テロリスト、制裁逃れ者が暗号資産を悪用することはより困難になる。暗号企業やイノベーターにかかる管理上の負担は、27の規制体制がある現在断片的な欧州市場を統一するという事実によって、十二分に相殺されるだろう。"
Next steps 次のステップへ
The texts will now have to be formally endorsed by Council, before publication in the EU Official Journal. They will enter into force 20 days later. この文書は今後、EU官報に掲載される前に、理事会で正式に承認される必要がある。施行はその20日後となる。
In adopting this legislation, Parliament is responding to citizens’ expectations to set safeguards and standards for the use of blockchain technology as expressed in Proposal 35(8) of the conclusions of the Conference on the Future of Europe. 本法案を採択することで、議会は、欧州未来会議の結論の提案35(8)で示された、ブロックチェーン技術の使用に関するセーフガードと基準を設定するという市民の期待に応えることになる。

 

 

(1)暗号資産の市場に関する欧州議会および理事会の規則の提案と指令(EU)2019/1937の改正に関する2023年4月20日の欧州議会立法決議

European Parliament legislative resolution of 20 April 2023 on the proposal for a regulation of the European Parliament and of the Council on Markets in Crypto-assets and amending Directive (EU) 2019/1937

・[PDF] [DOCX]

20230427-03320

 

・(2)資金及び特定の暗号資産の移転に伴う情報に関する欧州議会及び理事会の規則の提案に関する2023年4月20日の欧州議会立法決議(再掲載)

European Parliament legislative resolution of 20 April 2023 on the proposal for a regulation of the European Parliament and of the Council on information accompanying transfers of funds and certain crypto-assets (recast) 

・[PDF][DOCX]

20230427-03426

 


 

⚫︎まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2023.03.29 米国 司法省 30億ドル以上の違法取引を処理したダークネット暗号通貨ミキサーのテイクダウンに成功 (2023.03.15)

・2023.03.28 金融庁 事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係(16 暗号資産交換業者関係)の一部改正

・2023.03.17 警察庁 令和4年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について

・2023.02.11 米国 英国 ロシアを拠点とするサイバー犯罪組織「Trickbot」のメンバーに制裁を科す

・2023.01.04 世界経済フォーラム (WEF) 暗号通貨の未来はこうなる

・2022.12.30 Belfer Center: Web3関連のイベント(構築、投資、政策立案)(2022.10.20-12.01)

・2022.12.03 Interpol サイバー化された金融犯罪:インターポールの世界的な警察活動で1億3,000万米ドル(175億円)を阻止 (2022.11.24)

・2022.11.13 欧州議会 NIS2とデジタル・オペレーショナル・レジリエンス法を可決

・2022.10.15 警察庁 金融庁 NISC 北朝鮮当局の下部組織とされるラザルスと呼称されるサイバー攻撃グループによる暗号資産関連事業者等を標的としたサイバー攻撃について(注意喚起)

・2022.10.14 デジタル庁 Web3.0研究会 第1回 (2022.10.05) + 第2回 (2022.10.12)

 

 

|

« 参議院常任委員会調査室・特別調査室 サイバー犯罪条約第2追加議定書の概要 ― 国境を越えるサイバー犯罪捜査のための国際協力 ― (2023.04.14) | Main | 米国 連邦取引委員会 司法省 消費者金融保護局 雇用機会均等委員会 「自動化システムにおける差別やバイアスに対する執行努力に関する共同声明 」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 参議院常任委員会調査室・特別調査室 サイバー犯罪条約第2追加議定書の概要 ― 国境を越えるサイバー犯罪捜査のための国際協力 ― (2023.04.14) | Main | 米国 連邦取引委員会 司法省 消費者金融保護局 雇用機会均等委員会 「自動化システムにおける差別やバイアスに対する執行努力に関する共同声明 」 »