« IPA ビジネスメール詐欺(BEC)対策特設ページ | Main | 日本ファクトチェックセンター »

2022.09.30

欧州委員会 AI責任指令案

こんにちは、丸山満彦です。

欧州委員会から、AI責任指令の案が公表されていますね。。。AI法の審議は別途進んでいます。AIの責任についての規制は、RegulationではなくDirectiveです。。。各国の責任に関する法律の違いが大きいのが理由のようです。

立証責任の問題は確かに難しい問題なのかもしれません。。。

 

EU Commission

・2022.09.28 New liability rules on products and AI to protect consumers and foster innovation

New liability rules on products and AI to protect consumers and foster innovation 消費者を保護し、イノベーションを促進するための製品およびAIに関する新たな責任ルール
Today, the Commission adopted two proposals to adapt liability rules to the digital age, circular economy and the impact of global value chains. Firstly, it proposes to modernise the existing rules on the strict liability of manufacturers for defective products (from smart technology to pharmaceuticals). The revised rules will give businesses legal certainty so they can invest in new and innovative products and will ensure that victims can get fair compensation when defective products, including digital and refurbished products, cause harm. Secondly, the Commission proposes for the first time a targeted harmonisation of national liability rules for AI, making it easier for victims of AI-related damage to get compensation. In line with the objectives of the AI White Paper and with the Commission's 2021 AI Act proposal, setting out a framework for excellence and trust in AI – the new rules will ensure that victims benefit from the same standards of protection when harmed by AI products or services, as they would if harm was caused under any other circumstances. 本日、欧州委員会は、デジタル時代、循環型経済、グローバルなバリューチェーンの影響に賠償責任規則を適応させるための2つの提案を採択した。まず、欠陥製品(スマートテクノロジーから医薬品まで)に対する製造者の厳格責任に関する現行の規則を近代化することを提案している。改正された規則は、企業に法的確実性を与えて、新製品や革新的な製品への投資を可能にするとともに、デジタル製品や再生製品を含む欠陥製品が損害を与えた場合に、被害者が公正な補償を受けられるようにするものである。第二に、欧州委員会は、AIに関連する損害の被害者が補償を受けることを容易にするため、AIに関する各国の責任規則を的を絞って調和させることを初めて提案する。AI白書の目的と、AIにおける卓越性と信頼のための枠組みを定めた欧州委員会の2021年AI法の提案に沿って、新規則は、AI製品やサービスによって被害を受けた場合、被害者が他の状況で被害を受けた場合と同じ水準の保護の恩恵を受けられることを保証するものである。
Revised Product Liability Directive, fit for the green and digital transition and global value chains グリーン・デジタル移行とグローバル・バリューチェーンに適合する製造物責任指令の改訂版
The revised Directive modernises and reinforces the current well-established rules, based on the strict liability of manufacturers, for the compensation of personal injury, damage to property or data loss caused by unsafe products, from garden chairs to advanced machinery. It ensures fair and predictable rules for businesses and consumers alike by: 改正された指令は、製造者の厳格責任に基づき、ガーデンチェアから高度な機械まで、安全でない製品によって引き起こされた人身事故、物的損害、データ損失の補償に関する、現在確立されている規則を近代化し、強化するものである。これにより、企業と消費者双方にとって、公平で予測可能なルールが保証される。
•  Modernising liability rules for circular economy business models: by ensuring that liability rules are clear and fair for companies that substantially modify products. ・循環型経済ビジネスモデルのための責任ルールの近代化:製品を大幅に改良する企業にとって、責任ルールが明確かつ公正であることを保証すること。
•  Modernising liability rules for products in the digital age: allowing compensation for damage when products like robots, drones or smart-home systems are made unsafe by software updates, AI or digital services that are needed to operate the product, as well as when manufacturers fail to address cybersecurity vulnerabilities. ・デジタル時代の製品のための責任ルールの近代化:ロボット,ドローン,スマートホームシステムなどの製品が、製品の操作に必要なソフトウェアアップデート、AI、デジタルサービスによって安全でなくなった場合や、メーカーがサイバーセキュリティの脆弱性に対処しなかった場合の損害賠償を可能にする。
•  Creating a more level playing field between EU and non-EU manufacturers: when consumers are injured by unsafe products imported from outside the EU, they will be able to turn to the importer or the manufacturer's EU representative for compensation. ・EU域外のメーカーとの間により公平な競争条件を設ける:EU域外から輸入された安全でない製品によって消費者が損害を受けた場合、輸入業者またはメーカーのEU代理店に賠償を求めることができるようになる。
•  Putting consumers on an equal footing with manufacturers: by requiring manufacturers to disclose evidence, by introducing more flexibility to the time restrictions to introduce claims, and by alleviating the burden of proof for victims in complex cases, such as those involving pharmaceuticals or AI. ・消費者を製造業者と対等な立場に置く:製造業者に証拠の開示を義務付けること、請求権導入の時間的制約をより柔軟にすること、医薬品やAIなど複雑なケースにおける被害者の立証負担を軽減することで製造業者と対等な立場に置く。
Easier access to redress for victims AI Liability Directive 被害者の救済へのアクセスを容易にする AI責任指令
The purpose of the AI Liability Directive is to lay down uniform rules for access to information and alleviation of the burden of proof in relation to damages caused by AI systems, establishing broader protection for victims (be it individuals or businesses), and fostering the AI sector by increasing guarantees. It will harmonise certain rules for claims outside of the scope of the Product Liability Directive, in cases in which damage is caused due to wrongful behaviour. This covers, for example, breaches of privacy, or damages caused by safety issues. The new rules will, for instance, make it easier to obtain compensation if someone has been discriminated in a recruitment process involving AI technology. AI責任指令の目的は、AIシステムによる損害に関連して、情報へのアクセスや立証責任の軽減に関する統一ルールを定め、(個人・企業を問わず)被害者の保護を拡大し、保証を増やすことでAI分野を育成することである。不正行為により損害が生じた場合の製造物責任指令の範囲外の請求に関する一定のルールを調和させることになる。これは、例えば、プライバシーの侵害や、安全性の問題による損害などを対象としている。新しい規則により、例えば、AI技術を含む採用プロセスで差別を受けた場合、賠償金を得ることが容易になる。
The Directive simplifies the legal process for victims when it comes to proving that someone's fault led to damage, by introducing two main features: first, in circumstances where a relevant fault has been established and a causal link to the AI performance seems reasonably likely, the so called ‘presumption of causality' will address the difficulties experienced by victims in having to explain in detail how harm was caused by a specific fault or omission, which can be particularly hard when trying to understand and navigate complex AI systems. Second, victims will have more tools to seek legal reparation, by introducing a right of access to evidence from companies and suppliers, in cases in which high-risk AI is involved. この指令は、2つの主要な特徴を導入することにより、誰かの過失が損害につながったことを証明する際の被害者の法的手続きを簡素化する:第一に、関連する過失が立証され、AIの性能との因果関係が合理的にありそうな状況では、いわゆる「因果関係の推定」が、被害者が経験する、特定の過失によってどのように被害が生じたかを詳細に説明しなければならない困難さに対処することになり、これは複雑なAIシステムを理解し操作しようとすると特に困難となる場合がある。第二に、リスクの高いAIが関与している場合に、企業やサプライヤーから証拠を入手する権利を導入することで、被害者は法的賠償を求めるための手段をより多く得ることができるようになる。
The new rules strike a balance between protecting consumers and fostering innovation, removing additional barriers for victims to access compensation, while laying down guarantees for the AI sector by introducing, per instance, the right to fight a liability claim based on a presumption of causality. 新ルールは、消費者保護とイノベーションの促進を両立させ、被害者が賠償にアクセスするための新たな障壁を取り除く一方で、例えば因果関係の推定に基づく賠償請求に対抗する権利を導入するなど、AI分野への保証を定めている。
Members of the College said: 同カレッジのメンバーは次のように述べている。
 Vice-President for Values and Transparency, Věra Jourová said: “We want the AI technologies to thrive in the EU. For this to happen, people need to trust digital innovations. With today's proposal on AI civil liability we give customers tools for remedies in case of damage caused by AI so that they have the same level of protection as with traditional technologies and we ensure legal certainty for our internal market.”  価値と透明性担当の副学長であるVěra Jourováは、次のように述べている。 「私たちは、AI技術がEUで繁栄することを望んでいる。そのためには、人々がデジタル・イノベーションを信頼する必要があります。本日のAIの民事責任に関する提案により、我々はAIによって損害が発生した場合の救済のためのツールを顧客に提供し、顧客が従来の技術と同じレベルの保護を受けられるようにするとともに、我々の域内市場の法的確実性を確保する。」
Commissioner for Internal Market, Thierry Breton, said: “The Product Liability Directive has been a cornerstone of the internal market for four decades. Today's proposal will make it fit to respond to the challenges of the decades to come. The new rules will reflect global value chains, foster innovation and consumer trust, and provide stronger legal certainty for businesses involved in the green and digital transition.” ティエリ・ブルトン域内市場担当委員は、次のように述べている。 「製造物責任指令は、40年にわたり、域内市場の礎となってきた。本日の提案により、今後数十年の課題に対応できるようになる。新しい規則は、グローバルなバリューチェーンを反映し、イノベーションと消費者の信頼を育み、グリーンおよびデジタル移行に関わる企業により強い法的確実性を提供することになる」
 Commissioner for Justice, Didier Reynders, said: “While considering the huge potential of new technologies, we must always ensure the safety of consumers. Proper standards of protection for EU citizens are the basis for consumer trust and therefore successful innovation. New technologies like drones or delivery services operated by AI can only work when consumers feel safe and protected. Today, we propose modern liability rules that will do just that. We make our legal framework fit for the realities of the digital transformation.”  ディディエ・レインダース司法担当委員は、次のように述べている。 「新技術の大きな可能性を考慮する一方で、我々は常に消費者の安全を確保しなければならない。EU市民のための適切な保護基準は、消費者の信頼、ひいてはイノベーションの成功の基礎となるものである。ドローンやAIによる配送サービスなどの新技術は、消費者が安全で守られていると感じて初めて機能するものである。本日、私たちは、まさにそれを実現する近代的な責任ルールを提案します。私たちは、法的枠組みをデジタル変革の現実に適合させるのである。」
Next steps 次のステップ
The Commission's proposal will now need to be adopted by the European Parliament and the Council. 欧州委員会の提案は、今後、欧州議会と理事会で採択される必要がある。
It is proposed that five years after the entry into force of the AI Liability Directive, the Commission will assess the need for no-fault liability rules for AI-related claims if necessary. AI責任指令の発効から5年後に、欧州委員会は、必要に応じて、AI関連の請求に対する無過失責任規則の必要性を評価することが提案されている。
Background 背景
The current EU rules on product liability, based on the strict liability of manufacturers, are almost 40 years old. Modern rules on liability are important for the green and digital transformation, specifically to adapt to new technologies, like Artificial Intelligence. This is about providing legal certainty for businesses and ensuring consumers are well protected in case something goes wrong. 製造者の厳格責任に基づく現行のEUの製造物責任に関する規則は、約40年前に制定されたものである。グリーン・デジタルトランスフォーメーション、具体的には人工知能のような新しい技術に適応するためには、責任に関する最新の規則が重要である。これは、企業に法的確実性を提供し、何か問題が発生した場合に消費者が十分に保護されるようにするためである。
In her Political Guidelines, President von der Leyen laid out a coordinated European approach on Artificial Intelligence. The Commission has undertaken to promote the uptake of AI and to holistically address the risks associated with its uses and potential damages. フォン・デル・ライアン委員長は、政治的指針の中で、人工知能に関する欧州の協調的アプローチを打ち出した。欧州委員会は、AIの普及を促進し、その利用に伴うリスクと潜在的な損害に総合的に対処することを約束した。
In its White Paper on AI of 19 February 2020, the Commission undertook to promote the uptake of AI and to address the risks associated with some of its uses by fostering excellence and trust. In the Report on AI Liability accompanying the White Paper, the Commission identified the specific challenges posed by AI to existing liability rules. 2020年2月19日付のAI白書において、欧州委員会は、卓越性と信頼を育むことにより、AIの取り込みを促進し、その用途の一部に関連するリスクに対処することを約束した。同白書に添付された「AI責任に関する報告書」の中で、欧州委員会は、既存の責任規定に対してAIがもたらす具体的な課題を特定した。
The Commission adopted its proposal for the AI Act, which lays down horizontal rules on artificial intelligence, focusing on the prevention of damage, in April 2021. The AI Act is a flagship initiative for ensuring safety and trustworthiness of high-risk AI systems developed and used in the EU. It will guarantee the safety and fundamental rights of people and businesses, while strengthening AI uptake, investment and innovation. Today's AI liability package complements the AI Act by facilitating fault-based civil liability claims for damages, laying down a new standard of trust in reparation. 欧州委員会は、損害の防止を中心に人工知能に関する水平的なルールを定めた「AI法」の提案を2021年4月に採択した。AI法は、EU域内で開発・利用される高リスクのAIシステムの安全性と信頼性を確保するための旗印となる取り組みである。これは、人々と企業の安全性と基本的権利を保証するとともに、AIの取り込み、投資、イノベーションを強化するものである。本日のAI責任パッケージは、過失に基づく民事上の損害賠償請求を容易にすることでAI法を補完し、賠償における信頼の新しい基準を打ち立てるものである。
The AI Liability Directive adapts private law to the new challenges brought by AI. Together with the revision of the Product Liability Directive, these initiatives complement the Commission's effort to make liability rules fit for the green and digital transition. AI責任指令は、AIがもたらす新たな課題に私法を適応させるものである。製造物責任指令の改正と合わせて、これらの取り組みは、グリーンおよびデジタル移行に適した責任規則を作ろうとする欧州委員会の取り組みを補完するものである。
For More Information 詳細はこちら
Proposal for a Directive on adapting non contractual civil liability rules to artificial intelligence    非契約上の民事責任規則を人工知能に適応させるための指令の提案   
Proposal: Revision of the Product Liability Directive 提案 製造物責任指令(Product Liability Directive)の改正
Questions & Answers: AI Liability Directive 質問と回答 AI賠償責任指令
Questions & Answers: Product Liability Directive 質問と回答 製造物責任指令
Liability rules on Artificial Intelligence 人工知能に関する責任規定
Liability of defective products  欠陥製品の責任 
Commission White Paper on Artificial Intelligence - A European approach to excellence and trust 人工知能に関する欧州委員会の白書 - 卓越性と信頼に対する欧州のアプローチ
Commission Report on the safety and liability implications of Artificial Intelligence, the Internet of Things and robotics 人工知能、モノのインターネット、ロボット工学の安全性と責任への影響に関する欧州委員会の報告書
Expert Group report on Liability for artificial intelligence and other emerging digital technologies 人工知能およびその他の新興デジタル技術に対する責任に関する専門家グループの報告書
Comparative Law Study on Civil Liability for Artificial Intelligence 人工知能の民事責任に関する比較法研究

 

Proposal for a Directive on adapting non contractual civil liability rules to artificial intelligence

・[PDF

20220929-172825

 


ちょっと関連...

 

AI法案

・2021.04.21 Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL - LAYING DOWN HARMONISED RULES ON ARTIFICIAL INTELLIGENCE (ARTIFICIAL INTELLIGENCE ACT) AND AMENDING CERTAIN UNION LEGISLATIVE ACTS

 

 

AIに関する調査(人工知能の活用に関する欧州の企業調査)

・2020.09.04 [PDF] (downloaded) European enterprise survey on the use of technologies based on artificial intelligence

20220929-234112

 

AI白書(人工知能に関する白書-卓越性と信頼に対する欧州のアプローチ)

・2020.02.19 [PDF] WHITE PAPER On Artificial Intelligence - A European approach to excellence and trust

20220930-00411


・人工知能、モノのインターネット、ロボット工学の安全性と責任に関する欧州委員会から欧州議会、理事会、経済社会委員会への報告書

・2020.02.19 [PDF] REPORT FROM THE COMMISSION TO THE EUROPEAN PARLIAMENT, THE COUNCIL AND THE EUROPEAN ECONOMIC AND SOCIAL COMMITTEE - Report on the safety and liability implications of Artificial Intelligence, the Internet of Things and robotics

20220930-02102



 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

 

AI責任指令関係...

・2022.09.25 英国 Ada Lovelace 協会 欧州におけるAI責任:EUのAI責任指令の先取り

 

AI法関係...

・2022.09.23 ⽇欧産業協⼒センター 欧州デジタル政策 (Vol.1-3)

・2022.06.18 英国 Ada Lovelace 協会: EUのAI法について説明 (2022.04.11)

・2021.12.05 欧州理事会 AI法改正案を欧州議会に提出

 

AIの保証関係...

・2021.04.21 英国政府 データ倫理とイノベーションセンターのブログ AIの保証についての3つの記事

・2020.05.01 (人工知能 AI)ブラックボックスの検証:アルゴリズムシステムを評価するためのツール - アルゴリズムの監査・影響評価のための共通言語の特定



 

|

« IPA ビジネスメール詐欺(BEC)対策特設ページ | Main | 日本ファクトチェックセンター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« IPA ビジネスメール詐欺(BEC)対策特設ページ | Main | 日本ファクトチェックセンター »