« JIPDEC 安定したクラウドサービス実現のためのハンドブックを発行 | Main | 総務省 「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」(案)に対する意見募集の結果及び「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の公表 »

2022.08.12

Rand研究所 大国間戦争の再来 - 米中間のシステム的対立のシナリオ

こんにちは、丸山満彦です。

Rand研究所が興味深い報告書を公表しているので、備忘録...

 

Rand Corporation

・2022.08 The Return of Great Power War - Scenarios of Systemic Conflict Between the United States and China

 

The Return of Great Power War 大国間戦争の再来
Scenarios of Systemic Conflict Between the United States and China 米中間のシステム的対立のシナリオ
Through a careful synthesis of current and historical data on relevant factors, anticipated trends, and research-grounded speculation, the authors analyze several scenarios of systemic U.S.-China conflict under hypothetical conditions in which China has neared the point of global primacy. Drawing on academic and research findings regarding the potential trajectory of international security and warfare in coming years, China's approach to future warfare, relevant experiences of preceding great powers, and historic patterns in interstate wars, they explore the possibility of a U.S.-China war of power transition. The authors develop two scenarios of systemic U.S.-China conflict. The first scenario features a low-intensity conflict that unfolds across much of the world, across many domains and over many years. The second features a high-intensity war that evolved out of the low-intensity war. The high-intensity war scenario envisions aggressive actions by both countries to destroy the war-fighting capability of the adversary and carries an extremely high risk of escalation to the most destructive levels. Both scenarios occur within the context of a deeply fragmented international situation in which the U.S. and Chinese militaries experience immense strain from sustaining the war effort while grappling with an array of nontraditional threats and responding to demands for aid from embattled partners.  Although their analysis concerns a hypothetical conflict situation in which China had neared global primacy, their findings could inform defense planning for potential contingencies even today. 著者は、関連要因に関する現在および過去のデータ、予想される傾向、研究に基づく推測を慎重に総合することにより、中国が世界の優位に立った時点に近づいているという仮定の下、体系的な米中衝突のシナリオをいくつか分析している。今後数年間の国際安全保障と戦争の潜在的軌道、将来の戦争に対する中国のアプローチ、先行する大国の関連する経験、国家間戦争の歴史的パターンに関する学術・研究成果をもとに、米中間の勢力移行戦争の可能性を探り当てている。著者らは、米中間のシステム的な対立について2つのシナリオを描いている。第一のシナリオは、世界の多くの地域で、多くの領域にわたって、何年にもわたって展開される低強度の対立を想定している。もう一つは、低強度の対立から発展した高強度の対立を想定したものである。高強度の対立シナリオでは、敵対国の戦闘能力を破壊するために両国が積極的に行動し、最も破壊的なレベルまでエスカレートする危険性が極めて高いことが想定される。いずれのシナリオも、米中両国の軍隊が、非伝統的な脅威の数々に対処し、困窮したパートナーからの援助要請に応えつつ、戦力を維持するために大きな負担を強いられるという、深く分裂した国際状況の中で発生するものである。  彼らの分析は、中国が世界の優位に立ちつつある仮想的な紛争状況を対象としているが、その結果は、現在でも潜在的な不測の事態に対する防衛計画に反映させることができるだろう。
Research Questions 研究課題
1. How might China's security goals change if it were to engage in systemic conflict with the United States? 1. 中国が米国とシステム的対立を起こした場合、中国の安全保障目標はどのように変化するのか。
2. How might the People's Liberation Army (PLA) operate and modernize its forces in such a situation? 2. そのような状況において、人民解放軍はどのように軍隊を運用し、近代化することができるのか。
3. Where and how might conflict involving Chinese and U.S. forces unfold? 3. 中国軍と米軍の衝突はどこで、どのように展開されうるか。
4. What distinctive features of the Chinese military might enable or impede its ability to fight a systemic war with U.S. forces? 4. 中国軍のどのような特徴が、米軍とのシステム的な戦争を可能にし、あるいは妨げているのだろうか。
Key Findings 主な研究成果
・Systemic U.S.-China conflict would likely extend across the global and to all domains including cyberspace and outer space. Such a conflict would take a chronic, systemic form that persisted for possibly years. The conflict would only end when one side or the other conceded the fight and acknowledged its subordination to the other. ・米中間の組織的な紛争は、おそらく全世界に広がり、サイバースペースや宇宙空間を含むすべての領域に及 ぶであろう。そのような紛争は、慢性的でシステム的な形態をとり、何年も続く可能性がある。このような紛争は、どちらか一方が戦いを譲歩し、相手への従属を認めたときにのみ終結する。
・The U.S. and Chinese militaries could find themselves under immense strain in a systemic conflict owing to the competing demands to sustain the war effort, respond to a broad array of acute transnational threats, and help partner stations cope with their own security challenges. ・米中両軍は、戦争努力の維持、国境を越えた広範な脅威への対応、およびパートナー国が自国の安全保障上の課題に対処するのを支援するという競合する要求のために、システム的対立において多大な負担を強いられることになる可能性がある。
・Low-intensity war could feature extensive fighting conducted primarily through partner nations and nonstate groups. The escalation risk would remain high since either side might tire of the inconclusive nature of such fighting and seek more aggressive actions to bring the war to a conclusion. ・低強度の戦争は、主に相手国や非国家組織を通じて行われる大規模な戦闘を特徴とする可能性がある。どちらかがこのような戦闘の決定的でない性質に嫌気がさし、戦争を終結させるためにより積極的な行動を求めるかもしれないので、エスカレーションのリスクは高いままである。
・To fight U.S. forces in a high-intensity war, the PLA might favor operations that relied on lower-cost, lower-risk weapons and methods such as long-range precision-strike, cyber operations, and support for irregular forces. ・高強度の戦争で米軍と戦うために、中国共産党は低コスト、低リスクの兵器や長距離精密打撃、サイ バー作戦、非正規軍への支援といった方法に依存する作戦を好むかもしれない。
・Although such a war might begin with more modest war aims in mind, the temptation to escalate would be difficult to resist, owing to the underlying drive to dominate the other side. Fighting could feature extensive Chinese missile strikes throughout the Indo-Pacific region aimed at shattering U.S. military power. ・このような戦争は、より控えめな戦争目的を念頭に置いて始まるかもしれないが、相手を支配しようとする根本的な衝動から、エスカレートする誘惑に抗することは困難であろう。戦闘は、米国の軍事力を粉砕することを目的として、インド太平洋地域全体で中国の大規模なミサイル攻撃を特徴とする可能性がある。
Recommendations 提言
・Planners should consider a broader range of contingencies for low- or high-intensity war with China, which could carry out combat options beyond such flashpoints as Taiwan. ・中国との低強度・高強度の戦争を想定し、台湾のような一触即発の地点を超えて戦闘オプションを実行できるような、より広範なコンティンジェンシーを検討すべきである。
・Planners should consider the prospect of U.S.-China conflict less as a single battle or clash over a specific flashpoint such as Taiwan than as a series of sequentially related, geographically dispersed clashes between U.S.- and Chinese-aligned forces that spans many domains. Such conflict could last for years and severely stress a U.S. military already addressing competing demands for security assistance by allies and partners and possibly tackling severe transnational threats as well. ・米中紛争は、台湾のような特定の一点での戦闘や衝突というよりも、米中両軍が地理的に分散し、多くの領域にまたがって順次関連する一連の衝突として考えるべきである。このような紛争は何年も続く可能性があり、同盟国やパートナーからの安全保障支援に対する競合要求に対処し、場合によっては深刻な国境を越えた脅威にも対処している米軍に大きなストレスを与えることになる。
・The United States should consider bolstering its ability to wage low-intensity war, which is a more likely scenario for U.S.-China conflict than a high-intensity war. ・米国は、米中対立のシナリオとして、高強度戦争よりも可能性の高い低強度戦争の能力を強化することを検討すべきである。
・Planners should ensure U.S. ability to defend and secure vital choke points in the Middle East and along the Indian Ocean. ・中東やインド洋の重要な隘路の防衛・確保能力を確保すること。
・Planners should focus on alliance building and on weapons and platforms that help gain the information advantage and mitigate long-range strike capabilities, as well as on alliance building. ・計画者は、同盟関係の構築と同様に、情報優位の獲得と長距離攻撃能力を緩和するための兵器とプラッ トフォームに焦点を当てるべきである。

 

・[PDF]

20220812-61518

 

 

Summary 概要
This report explores scenarios of systemic U.S.-Chinese conflict in situations in which China has neared the point of global primacy. To help illuminate how war might unfold in such a circumstance, the authors examine trends in warfare and geopolitics, the behavior of select past great powers, and relevant patterns in interstate conflict. From these data, the authors formulate two scenarios of systemic war—one that is low-intensity and another that is high-intensity. 本報告書では、中国が世界の優位に立ちつつある状況において、米中が系統的に対立するシナリオを検討した。このような状況下で戦争がどのように展開するかを明らかにするために、著者らは、戦争と地政学のトレンド、過去の大国の行動、国家間紛争の関連パターンを検証している。これらのデータから、著者らは、低強度および高強度の2つのシステム戦争のシナリオを策定している。
The intensification of strategic rivalry between the United States and China introduces political and security challenges that in key ways exceed what U.S. policymakers faced during the Cold War. Although the immediate risk of conflict remains low and U.S.-Chinese relations are far less hostile than U.S.-Soviet relations tended to be, the two countries contend over a much broader range of issues than was the case during the Cold War. China and the United States routinely feud over an array of political, economic, technological, and ideological issues. The two countries also maintain a tense standoff over dangerous flash points near China and argue over the role of human rights, democracy, and individual freedoms in international politics.[1] Moreover, unlike the Cold War, which saw the United States enter the contest near the zenith of its economic might, in the current rivalry, the nation is in a period of relative decline. Even though its economic growth trajectory is slowing, Chinese national power continues to accrue at a rate faster than that of the United States. If the trends continue, the Chinese economy could exceed the U.S. economy in nominal terms by the 2030s, although Chinese per capita gross domestic product (GDP) will continue to lag.[2] A U.S. military facing flat budgets will in such a situation confront an increasingly powerful and modern Chinese military.[3] The same trends raise the risk that China could become emboldened in its approach to such long-standing flash points as the South China Sea or Taiwan and possibly provoke conflict.[4] Nor is there likely to be a quick and easy resolution to this imposing strategic challenge. Owing to deep structural drivers, the U.S.-China competition is expected to last many years, if not decades.[5] 米中間の戦略的対立の激化は、冷戦時代に米国の政策立案者が直面したものを重要な意味で超える政治的・安全保障的課題をもたらす。米中間の直接的な紛争リスクは依然として低く、米中関係は米ソ関係に比べてはるかに敵対的ではないが、両国は冷戦時代よりもはるかに広範な問題をめぐって争うようになった。中国と米国は、政治、経済、技術、イデオロギーなどさまざまな問題で日常的に対立している。また、中国周辺の危険な一触即発の地点をめぐって緊迫した対立があり、国際政治における人権、民主主義、個人の自由の役割をめぐって議論が交わされている。[1]さらに、冷戦期には経済力の頂点にあった米国が参戦したのに対し、現在の米国は相対的に衰退期に入っている。経済成長が鈍化しているとはいえ、中国の国力は米国を上回るスピードで蓄積され続けている。このままいけば、2030年代には中国経済が名目ベースで米国経済を上回る可能性があるが、中国の一人当たりの国内総生産(GDP)は引き続き遅れていくだろう。[2]そのような状況では、予算が横ばいの米軍は、ますます強力で近代化された中国軍と対峙することになる。[3]また、南シナ海や台湾のような長年の懸案事項に対して中国が増長し、紛争を誘発する危険性もある。[4]また、この深刻な戦略的課題に対して、迅速かつ容易な解決は望めない。米中間の競争は、深い構造的要因によって、数十年とは言わないまでも、何年も続くと予想される。[5]
Should China successfully realize its ambitious Belt and Road Initiative (BRI), an ambitious Chinese-led effort to develop a massive trade and infrastructure network spanning much of Africa and Eurasia, the United States could one day find itself confronting a peer rival for global leadership possessing far greater power than the Soviet Union ever held. If, under such conditions, U.S.-China relations deteriorated into open hostility, the risk of militarized crises and conflicts across many parts of the world could rapidly grow. The dangers of a global confrontation could be amplified by the advent of new, poorly understood civilian and military technologies and unprecedented historical developments. As one example, the ability of cybertechnologies to inflict massive damage and dislocation raises problematic new escalation risks. Chinese success in extending a network of client states could also result in confrontations and crises involving U.S. interests that do not exist today. Many questions about such an important and dangerous situation arise. How might China’s national and security goals change if it were to engage in systemic conflict with the United States? How might the People’s Liberation Army (PLA) operate and modernize its forces in such a situation? Where and how might conflict involving Chinese and U.S. forces unfold? What distinctive features of the Chinese military might enable or impede its ability to fight a systemic war with U.S. forces? While the answers to these questions remain ultimately unknowable, this report aims to encourage a preliminary consideration of them. 中国がアフリカとユーラシア大陸にまたがる巨大な貿易・インフラ網を構築する野心的な「一帯一路構想(BRI)」の実現に成功すれば、米国はいつの日かソ連をはるかにしのぐ力を持つ世界のリーダー格のライバルに対峙することになるかもしれない。このような状況下で米中関係が公然と敵対するようになれば、世界各地で軍事的な危機や紛争が発生する危険性が急速に高まるだろう。世界的な対立の危険性は、理解されていない新しい民生・軍事技術の出現と前例のない歴史的発展によって増幅される可能性がある。一例を挙げれば、大規模な損害と混乱をもたらすサイバーテクノロジーの能力は、問題となる新たなエスカレーション・リスクを提起するものである。また、中国が従属国のネットワークを拡大することに成功すれば、米国の利益に関わる対立や危機が、現在では存在しないものになる可能性もある。このような重要かつ危険な状況について、多くの疑問が生じる。もし中国が米国と組織的な対立をすることになれば、中国の国家目標や安全保障目標はどのように変化するのだろうか。そのような状況において、人民解放軍はどのように軍隊を運用し、近代化するのだろうか。中国軍と米軍が関与する紛争はどこでどのように展開される可能性があるのか。中国軍のどのような特徴が、米軍との体系的な戦争を可能にし、あるいは妨げているのだろうか。これらの問いに対する答えは最終的にはわからないままであるが、本報告書は、その予備的な 検討を促すことを目的としている。
We aim to analyze potential U.S.-China systemic conflict under conditions in which China has neared the point of global primacy through a careful synthesis of current and historical data on relevant factors, anticipated trends, and research-grounded speculation. For this report we considered academic and research findings regarding the potential trajectory of international security and warfare in coming years, China’s approach to future warfare, relevant experiences from preceding great powers, and historic patterns of interstate conflict. 我々は、関連要因に関する現在および過去のデータ、予想される傾向、そして研究に基づく推測を慎重に総合することで、中国が世界の優位に立ちつつある状況下での米中システム的対立の可能性を分析することを目的としている。本報告書では、今後数年間の国際安全保障と戦争の潜在的軌道、中国の将来の戦争へのアプローチ、先行大国の関連経験、国家間紛争の歴史的パターンに関する学術的・研究的知見を検討した。
Drawing from these findings, we then developed two scenarios of U.S.-China systemic conflict. The first scenario consists of pervasive low-intensity, or indirect, conflict. The primary means of fighting consists of combat by the militaries of partner countries or favored nonstate groups, as well as paramilitary and defense contractors. These proxy U.S.-China conflicts could be waged as part of intrastate or interstate conflicts. The fighting would take place against the backdrop of considerable international fragmentation and the proliferation of nonstate threats, which would add its own stresses on the two militaries. Extensive conflict that involved partners of both countries could raise demand for military assistance to cope with their own threats as well. The militaries of the two contending great powers could find themselves under immense pressure to respond to the competing demands while sustaining their low-intensity war efforts against one another. これらの知見から、米中間のシステム的対立のシナリオを2つ設定した。第一のシナリオは、低強度の間接的な対立が蔓延している場合である。戦闘の主な手段は、パートナー国の軍隊、または支持する非国家組織、準軍事組織や防衛請負業者による戦闘である。このような米中代理戦争は、国内紛争または国家間紛争の一部として行われる可能性がある。このような戦闘は、国際社会の大きな分断と非国家的脅威の拡散を背景として行われ、両軍に独自のストレスを与えることになるであろう。両国のパートナーを巻き込んだ大規模な紛争は、自国の脅威に対処するための軍事的支援に対する需要を高める可能性もある。競合する2つの大国の軍隊は、互いに低強度戦争の努力を維持しながら、競合する要求に応えなければならないという大きな圧力にさらされる可能性がある。
The low-intensity conflict scenario envisions these clashes as occurring primarily along the BRI routes that China has prioritized as the geographic basis of its international power. While avoiding direct conventional war with one another, relevant Chinese and U.S.-backed military units could support partners in combat operations against the rival power and its own partners. The two militaries could also engage each regularly in cyberspace and in the information domains. Conventional military forces would continue their buildup and preparations for major combat operations but operate primarily as deterrent forces or participate in limited operations such as those against nonstate actors or other forces backed by the rival power but in which the risk of escalation to high-intensity great power war remained low. War waged primarily through indirect means would leave open the possibility of U.S.-Chinese cooperation on some shared concerns, in a manner somewhat evocative of how relations between the Soviet Union and the United States stabilized despite their waging indirect conflict against one another through proxies around the world. If the combatants successfully avoided escalation and maintained the conflict at a low enough level, they might be able to sustain some trade and investment with each other. The result could be a chronic state of conflict featuring minor positional changes in influence in different parts of the world but also considerable stability. The stalemate could last years. Yet, despite the apparent stability, the risk of escalation would remain substantial because either side could tire of the persistent conflict and risk major high-intensity operations to bring the war to a conclusion. 低強度対立シナリオでは、こうした衝突は、中国がその国際的パワーの地理的基盤として優先している一帯一路構想のルート上で主に発生すると想定している。互いに直接的な通常戦争を避ける一方で、中国と米国の関連部隊が、ライバル国や自国のパートナーに対する戦闘作戦でパートナーを支援する可能性がある。両軍はまた、サイバースペースと情報領域で定期的に交戦することができる。通常兵力は、大規模戦闘のための増強と準備を続けるが、主として抑止力として活動するか、非国家主体や敵対国の支援を受けた他の勢力に対する作戦など、高強度の大国間戦争にエスカレートするリスクが低い限定的作戦に参加することになる。主に間接的な手段で行われる戦争は、ソ連と米国が世界各地で代理人を通じて互いに間接的な紛争を起こしながらも、米中関係が安定したことを想起させるように、いくつかの共有する懸念について米中が協力する可能性を残すことになる。戦闘の激化をうまく回避し、紛争を十分に低いレベルに維持すれば、互いにある程度の貿易と投資を維持することができるかもしれない。その結果、世界のさまざまな地域で影響力の位置がわずかに変化するものの、かなり安定した慢性的な紛争状態になる可能性がある。膠着状態が何年も続くこともあり得る。しかし、見かけの安定性とは裏腹に、どちらかが持続的な紛争に疲弊し、戦争を終結させるために大規模な強度の作戦を行う危険性があるため、エスカレートのリスクは相当なものになるだろう。
The second scenario consists of a high-intensity war and expands on many features of the low-intensity conflict. Indeed, it envisions considerable continuity with the low-intensity systemic war scenario. The two sides would continue to maintain low-intensity war efforts as low-cost means of distracting and bleeding away vital military and other resources for the rival power. As in the previous scenario, a gridlocked and fractured international order could yield an expansion of nonstate threats, potentially endangering the interests of both China and the United States. 第二のシナリオは、高強度の戦争から成り、低密度の紛争の多くの特徴を拡大したものである。実際、このシナリオは、低強度システム戦争シナリオとかなりの連続性があることを想定している。両陣営は、敵対国の重要な軍事的資源およびその他の資源を撹乱し、流出させるための低コストの手段として、低強度戦争の努力を維持し続けることになる。前シナリオと同様に、国際秩序の膠着と分断は、非国家的脅威の拡大をもたらし、中国と米国双方の利益を脅かす可能性がある。
Amid this situation of low intensity war and international fragmentation, the militaries in this high-intensity scenario initiate direct hostilities. Although traditional flash points such as Taiwan provide the most plausible proximate cause, others are possible. New flash points could emerge over time as well. The advent of high-intensity combat operations would introduce a new phase in conflict, and the two sides could rush to exploit the possibilities after a perhaps years-long period of chronic, indecisive low-intensity conflict. Although either side might begin the high-intensity war with restrained goals in mind, the urge to escalate into a broader war of decision regarding the issue of systemic leadership could be difficult to resist. For example, China’s ambition to shatter U.S. power could motivate it to rapidly escalate an initial clash arising from a crisis in Asia by striking U.S. military assets and facilities throughout the theater. The war in the first and second island chains could thus be characterized by extensive air, maritime, and missile attacks.[6] China’s willingness to engage in high-intensity operations in other parts of the world might similarly seek as a goal the degradation of U.S. combat power and ability to sustain major war. The possibility of kinetic and nonkinetic strikes on the homelands of both countries cannot be excluded either. このような低強度の戦争と国際的な分裂の状況の中で、この高強度シナリオの軍隊は、直接敵対行為を開始する。台湾のような伝統的な火種が最も妥当な近因であるが、他の火種も考えられる。また、新たな引火点が時間の経過とともに出現する可能性もある。高強度の戦闘行為の出現は、紛争に新たな局面をもたらし、両陣営は、慢性的で優柔不断な低密度の紛争が数年間続いた後、その可能性を利用しようと急ぐ可能性がある。いずれの側も、抑制的な目標を念頭に置いて高強度の戦争を始めるかもしれないが、体制的なリーダーシップの問題に関するより広範な決定戦へとエスカレートする衝動には抗しがたい可能性がある。例えば、中国は米国の力を打ち砕くという野心を抱いているため、アジアの危機から生じる最初の衝突を急速にエスカレートさせ、アジア全域の米軍資産や施設を攻撃する動機となる可能性がある。したがって、第1、第2列島線での戦争は、大規模な航空、海上、ミサイル攻撃によって特徴付けられる可能性がある。[6]世界の他の地域で高強度の作戦に従事する中国の意欲は、同様に、米国の戦闘力と大規模戦争を維持する能力の低下を目標として求めるかもしれない。また、両国の国土に対する運動論的・非運動論的攻撃の可能性も排除できない。
A high-intensity war to decide the issue of systemic leadership would thus likely feature extensive combat around the world and across all domains. It would likely involve many combatants as partners of one side or the other. The war could include a variety of overlapping war aims for China beyond the severe weakening of U.S. power. China could carry out amphibious or other ground operations in nearby countries to protect clients, punish adversary governments, and secure territory. In countries close to China’s borders, such as in Central Asia, South Asia, and Southeast Asia, the PLA could carry out direct interventions to bolster the efforts of rebel groups and governments engaged with U.S.-backed forces. If U.S. military forces operated in those regions, there could be risks of direct engagements, especially in regions along China’s land borders, such as Southeast Asia. したがって、体制的リーダーシップの問題を決定するための高強度の戦争は、世界中で、あらゆる領域にわたって、大規模な戦闘を特徴とする可能性が高い。この戦争には、一方または他方のパートナーとして、多くの戦闘員が参加する可能性がある。この戦争には、米国のパワーを著しく弱体化させること以上に、中国にとってさまざまな重複する戦争目標が含まれる可能性がある。中国は、顧客の保護、敵対政府の処罰、および領土の確保を目的として、近隣諸国において水陸両用またはその他の地上作戦を実施することができる。中央アジア、南アジア、東南アジアなど、中国の国境に近い国々では、中国軍は直接介入して、米国の支援を受ける反乱軍や政府の努力を強化することができる。もし米軍がこれらの地域で活動すれば、特に東南アジアなど中国の陸上国境に沿った地域で、直接交戦のリスクが生じる可能性がある。
Outside these areas, China’s eagerness to secure an Indian Ocean route could lead it to deploy major joint combat formations to seize vital choke points in the Middle East, perhaps in conjunction with a coalition of client military forces that might include paramilitary and contractor armed groups. With a de facto alliance with Russia, China could also rely more on overland routes to transport larger combat forces, opening opportunities to deploy larger combat formations farther afield. PLA forces could also step up combat support to client states in Central Asia and the Middle East to threaten any groups aligned with the United States. これらの地域以外では、インド洋航路の確保に熱心な中国は、おそらく準軍事組織や請負業者による武装集団を含む顧客軍事力の連合と連携して、中東の重要な隘路を押さえるために大規模な合同戦闘組織を展開する可能性がある。ロシアとの事実上の同盟関係により、中国は大規模な戦闘部隊の輸送を陸路に依存するようになり、大規模な戦闘部隊をより遠くへ展開する機会が生まれる可能性もある。また、中国軍は、中央アジアや中東の従属国への戦闘支援を強化し、米国と連携するグループを脅かすことも可能である。
Direct combat operations between Chinese and U.S. forces beyond the Middle East would be more difficult for the PLA to carry out, owing to the limitations of its power projection capabilities. However, in our scenarios we do not rule out the possibility of some sort of clash involving both militaries in those areas. Chinese military assets based on the Mediterranean coast in North Africa or on the coasts of East Africa or West Africa could engage passing U.S. naval and air assets as well, as might Chinese naval ships that escort merchant ships through the Arctic. In a climate of major war featuring contested environments, the PLA would struggle to safely transport large volumes of military equipment to more distant locations. PLA bases, assets, and personnel in Africa, Latin America, and the Middle East could come under attack by U.S.-backed forces. To support its clients in these areas, China could seek to provide weapons such as air defense missiles, unmanned combat systems, and other portable weapons and equipment. Small numbers of PLA troops could also travel to help advise and direct the efforts of client militaries. But client states and nonstate groups would, in this scenario, bear the brunt of the fighting in the most distant regions. 中東以遠で中米両軍が直接戦闘を行うことは、中国共産党の戦力投射能力の限界から、より困難であろう。しかし、本シナリオでは、これらの地域で両軍が何らかの衝突を起こす可能性は排除していない。北アフリカの地中海沿岸や東アフリカ、西アフリカの海岸に拠点を置く中国の軍事資産は、米国の海・空軍資産と交戦する可能性もあるし、北極圏で商船を護衛する中国海軍の艦船が交戦する可能性もある。大規模な戦争が起こり、環境が変化すると、中国共産党は、大量の軍備をより遠くの場所に安全に輸送するのに苦労することになる。アフリカ、中南米、中東にある中国共産党の基地、資産、人員は、米国の支援を受けた軍隊の攻撃を受ける可能性がある。これらの地域の顧客を支援するために、中国は防空ミサイル、無人戦闘システム、およびその他の携帯武器と装備などの兵器を提供しようとする可能性がある。また、少人数の中国軍兵士が出張して、従属国軍の努力に助言を与え、指導することも可能である。しかし、このシナリオでは、最も遠い地域で戦闘の矢面に立つのは、クライアント国や非国家グループである。
This report concludes with some observations and hypotheses about how the PLA might perform in the posited combat scenarios. It also reviews key challenges and vulnerabilities that could affect the PLA’s battlefield performance. The implications and recommendations herein would apply chiefly to a hypothetical conflict situation in which China had neared global primacy. However, the conclusions could inform defense planning for potential contingencies even today. Our first finding is that planners may need to consider a broader range of contingencies for low- or high-intensity war when contemplating possible combat involving China. Most defense planning scenarios focus on flash points such as Taiwan within an assumed context of U.S. primacy. These scenarios tend to envision a relatively contained set of combat operations that concludes with the resolution of China’s attempt to subjugate the island. This approach might make sense in a situation in which China experienced significant inferiority compared with the United States, such as Iraq did when the United States defeated its efforts to annex Kuwait in the first Gulf War. But China could consider combat options in a dramatically different way in conditions in which it had grown powerful enough to more aggressively contend for global primacy. In such circumstances, the drive to escalate an initial clash to a broader war of power transition could be difficult to resist, regardless of the outcome of the initial battle near a flash point such as Taiwan. 本報告書は、想定される戦闘シナリオにおいて中国共産党がどのようなパフォーマンスを発揮するかについて、いくつかの見解と仮説で締めくくられている。また、中国共産党の戦場でのパフォーマンスに影響を及ぼしうる主要な課題と脆弱性についても検討した。本書の意味と提言は、主として、中国が世界の優位に近づいている仮想的な紛争状況に適用されるものである。しかし、その結論は、今日でも、潜在的な不測の事態に対する防衛計画に反映させることができる。最初の発見は、中国との戦闘を想定する場合、計画者は低強度戦争や高強度戦争のより広い範囲の事態を考慮する必要があるかもしれないということである。防衛計画のシナリオの多くは、米国の優位という前提の下で、台湾のような一触即発の状況に焦点を当てている。これらのシナリオは、台湾を征服しようとする中国の企てを解決することで完結する、比較的封じ込められた一連の戦闘行為を想定する傾向がある。このアプローチは、第一次湾岸戦争でクウェート併合の努力を米国に敗れたイラクのように、中国が米国と比較して著しい劣勢に立たされている状況では意味を持つかもしれない。しかし、中国は、世界の優位性をより積極的に争うほどに力をつけてきた状況では、戦闘オプションについて劇的に異なる方法で検討することができる。そのような状況では、台湾のような一触即発の場所での最初の戦闘の結果にかかわらず、最初の衝突をより広範な勢力移行戦争へとエスカレートさせようとする動きに抗することは困難であろう。
Second, planners may need to consider U.S.-China conflict less as a single battle or war than as a series of sequentially related, geographically dispersed clashes between U.S.- and Chinese-aligned forces. A systemic war could last years, involve many participants, and span virtually all domains, even if it stayed at the level of low-intensity conflict. The possibility that U.S. military forces might be severely stressed by competing demands for security assistance by allies and partners or to tackle severe transnational threats should be considered as well. Third, the United States should consider bolstering its ability to wage indirect war, given our conclusion that a scenario of indirect, low-intensity conflict is more plausible than that of high-intensity war. Fourth, the analysis of high-intensity war has underscored the importance of ensuring the U.S. ability to defend and secure vital choke points in the Middle East and along the Indian Ocean. Fifth, U.S.-China conventional conflict scenarios outside the first island chain could consist mainly of engagements between intelligence, surveillance, and reconnaissance sensors and modest-size units of long-range strike systems, as well as potential clashes involving irregular and proxy forces. Planners who seek to anticipate such scenarios may want to focus on weapons and platforms that help gain the information advantage and mitigate long-range strike capabilities. Alliance building to develop counterinsurgency capabilities could be useful as well. 第二に、計画者は米中紛争を単一の戦闘や戦争としてではなく、米中両国が連携する軍隊の、順次関連する地理的に分散した一連の衝突として考える必要があるかもしれない。システム戦争は、たとえ低強度の紛争レベルにとどまったとしても、何年も続き、多くの参加者を巻き込み、事実上すべての領域にまたがる可能性がある。同盟国やパートナーによる安全保障支援や深刻な国境を越えた脅威への対処という競合する要求によって、米軍に深刻なストレスがかかる可能性も考慮しなければならない。第三に、間接的な低強度対立のシナリオは高強度戦争のシナリオよりも妥当であるという我々の結論から、米国は間接戦争の能力を強化することを検討すべきである。第四に、高強度戦争の分析から、中東とインド洋にある重要な隘路の防衛と安全を確保する米国の能力の重要性が強調された。第五に、第一列島線以外の米中通常戦シナリオは、主に情報・監視・偵察センサーと長距離攻撃システムの中型ユニット間の交戦、および非正規軍と代理軍が関与する潜在的な衝突で構成される可能性がある。このようなシナリオを想定しようとする計画者は、情報の優位性を獲得し、長距離攻撃能力を緩和するのに役立つ武器とプラットフォームに注目するとよいであろう。対反乱戦能力を開発するための同盟関係の構築も有効であろう。

 

・[DOCX] 仮訳

 

 

|

« JIPDEC 安定したクラウドサービス実現のためのハンドブックを発行 | Main | 総務省 「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」(案)に対する意見募集の結果及び「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の公表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JIPDEC 安定したクラウドサービス実現のためのハンドブックを発行 | Main | 総務省 「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」(案)に対する意見募集の結果及び「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の公表 »