« 米国 消費者金融保護局 AIを使った与信結果についても消費者にその理由を説明しなければならない | Main | 英国 防衛省 セキュア・バイ・デザイン要求 »

2022.06.02

米国 GAO 消費者保護:議会は消費者ランク付けに使用されるスコアに関する保護の強化を検討すべき (2022.05.26)

こんにちは、丸山満彦です。

米国のGAOが、消費者保護の観点から、議会は消費者ランク付けに使用されるスコアに関する保護の強化を検討すべき(例えば、法制化とか)であるという報告書を公表していますね。。。

 

● U.S. Government Accountability Office

・2022.05.26 Consumer Protection: Congress Should Consider Enhancing Protections around Scores Used to Rank Consumers

Consumer Protection:Congress Should Consider Enhancing Protections around Scores Used to Rank Consumers 消費者保護:議会は消費者ランク付けに使用されるスコアに関する保護の強化を検討すべき
GAO-22-104527 GAO-22-104527
Fast Facts 概要
Companies increasingly use numeric scores to predict how consumers will behave. Scores are based on hundreds of pieces of information about a person's purchases, consumer characteristics, and more. Scores are used to target ads, to help companies collect debts from consumers, to assess the likelihood of criminal behavior and flight risk, and more. 企業は、消費者がどのような行動を取るかを予測するために、ますます数値的なスコアを使用するようになっています。スコアは、その人の購入品や消費者の特徴などに関する数百の情報に基づいている。スコアは、広告のターゲット、企業の消費者向け債権回収、犯罪行為や逃亡リスクの可能性の評価などに使用されている。
Unlike traditional credit scores, these scores may not be subject to consumer protection laws that seek to assure fair and transparent treatment. Consumers are generally unaware of how they're scored. We urged Congress to consider a consumer right to view and correct this data and more. 従来のクレジットスコアとは異なり、これらのスコアは、公正で透明性のある取り扱いを保証しようとする消費者保護法の適用を受けない場合がある。消費者は一般に、自分がどのようにスコアリングされているのか知らないのです。私たちは、このデータなどを閲覧・修正する消費者の権利を検討するよう、議会に要請しました。
Key Ways Consumer Scores Are Used 消費者スコアの主な使用方法
Fastfacts_v1c2104527jys
Highlights ハイライト
What GAO Found GAOの調査結果
Consumer scores are indicators that group consumers based on their past actions and characteristics. Score creators use public records and nonpublic information such as purchase histories to create scores. Businesses and other entities use these scores to segment or rank individuals to predict how they will behave in the future. For example, businesses use certain scores to target advertising toward consumers most likely to purchase a particular product or service. Consumers may benefit from such scores by receiving targeted discounts or deals that they might not have otherwise received. Consumer scores have a variety of uses, although the full range of uses is unknown. GAO identified a number of score uses, including those in the figure below. 消費者スコアは、消費者を過去の行動や特性に基づいてグループ化する指標である。スコアの作成者は、公的な記録や購入履歴などの非公開情報を使ってスコアを作成する。企業やその他の団体は、これらのスコアを用いて個人を区分したりランク付けしたりして、その人が将来どのような行動を取るかを予測する。例えば、企業は、特定の製品やサービスを購入する可能性が最も高い消費者に向けて広告を出すために、特定のスコアを使用します。消費者は、このようなスコアを利用することで、他の方法では得られないような割引や取引を受けることができるかもしれない。消費者金融のスコアには様々な用途があるが、その用途の全容は不明である。GAOは、下図に示すものを含め、多くのスコアの用途を特定した。
Selected Ways That Consumer Scores Are Used 消費者スコアの利用方法(抜粋)
The risks that consumer scores can pose include potential bias and adverse effects, and the scores generally lack transparency. The data used to create scores may contain racial biases—for example, one study found Black patients were assigned lower risk scores than White patients with the same health care needs, predicting less of a need for a care management program. The use of consumer scores can also have potential negative outcomes for some consumers, who may be charged higher prices or targeted for less desirable financial products. Further, consumers are generally unaware of the ways in which they are scored—which prevents them from knowing how their personal information is being used and responding to negative consequences. 消費者スコアがもたらすリスクには、潜在的な偏りや悪影響が含まれ、スコアは一般的に透明性に欠ける。例えば、ある研究では、同じヘルスケアニーズを持つ白人患者よりも黒人患者の方がリスクスコアが低く、ケアマネジメントプログラムの必要性が低いと予測されることが分かっている。また、消費者スコアの利用は、一部の消費者にとっては、より高い価格を請求されたり、より望ましくない金融商品の対象となるなど、マイナスの結果をもたらす可能性がある。さらに、消費者は一般的に自分がどのようにスコアリングされているかを知らないため、自分の個人情報がどのように利用されているかを知ることができず、否定的な結果に対応することができない。
No federal law expressly governs the creation, sale, and use of all consumer scores. Federal consumer protection laws can help to ensure that consumer scores are based on accurate information and used in a fair and transparent manner, but these laws only apply in certain circumstances. For example, whether a law applies to a particular score may depend on the information used to create the score, the source of the score, or the purpose for which the score is used. Without congressional consideration of whether consumer scores should be subject to additional consumer protections, consumers may continue to be at risk of being adversely affected by the use of these scores and may have limited options for recourse. すべての消費者スコアの作成、販売、利用を明示的に規定する連邦法はない。連邦消費者保護法は、消費者スコアが正確な情報に基づき、公正かつ透明な方法で使用されることを保証するのに役立つが、これらの法律は特定の状況においてのみ適用される。例えば、ある法律が特定のスコアに適用されるかどうかは、スコア作成に使われた情報、スコアの出所、あるいはスコアが使用される目的によって異なる場合がある。消費者スコアをさらなる消費者保護の対象とすべきかどうかについて議会が検討しなければ、消費者はこれらのスコアの使用によって悪影響を受けるリスクを負い続け、救済のための選択肢も限られてしまうかもしれない。
Why GAO Did This Study GAOが本調査を実施した理由
The growing use of consumer scores to make decisions affecting consumers has raised questions among some in Congress and others about their usage and potential risks. Scores are generated using various pieces of information about consumers, which can include public data. Some may derive from complex methodologies using technologies such as artificial intelligence. 消費者に影響を与える意思決定を行うために消費者スコアの利用が拡大していることから、その利用方法や潜在的リスクについて議会やその他の人々の間で疑問が投げかけられている。消費者スコアは、公共データを含む消費者に関する様々な情報を用いて作成される。また、人工知能のような技術を用いた複雑な方法論から導き出されるものもある。
GAO was asked to review how predictive consumer scores are used and regulated. This report examines (1) how such scores are used, (2) the potential risks to consumers, and (3) federal consumer protections for scores. The review is focused on selected types of scores, some of which may fall outside of the Fair Credit Reporting Act. GAO analyzed publicly available information from the websites of a nongeneralizable sample of 49 consumer scores, selected based on literature reviews and stakeholder interviews; reviewed studies by academics and consumer advocates; interviewed score creators, industry organizations, consumer advocates, and federal officials; and reviewed applicable laws and regulations. GAOは、消費者予測スコアがどのように利用され、規制されているかを検討するよう要請された。本報告書では、(1)こうしたスコアがどのように利用されているか、(2)消費者に対する潜在的リスク、(3)スコアに関する連邦消費者保護について検証している。本調査では、公正信用報告法(Fair Credit Reporting Act)の適用外となる可能性のある、特定の種類のスコア(点数)に焦点を当てています。GAOは、文献調査や関係者へのインタビューに基づいて選択した49の消費者スコアの非一般化サンプルのウェブサイトから公開情報を分析し、学者や消費者擁護団体の研究を検討し、スコア作成者、業界団体、消費者擁護団体、連邦政府関係者にインタビューし、該当する法律や規制を検討した。
Recommendations 提言
Congress should consider implementing appropriate consumer protections for consumer scores beyond those currently afforded under existing federal laws. Among the issues that should be considered are the rights of consumers to view and correct data used in the creation of scores and to be informed of scores' uses and potential effects. 議会は、既存の連邦法で与えられている以上の、消費者スコアに対する適切な消費者保護を実施することを検討すべきである。検討されるべき問題の中には、消費者がスコア作成に使用されたデータを閲覧し修正する権利や、スコアの用途と潜在的影響について知らされる権利も含まれる。
Matter for Congressional Consideration 連邦議会での検討事項
Matter 事項
Congress should consider determining and implementing appropriate consumer protections for consumer scores beyond those currently afforded under existing federal laws. Among the issues that should be considered are the rights of consumers to view and correct data used in the creation of scores and to be informed of scores' uses and potential effects. (Matter for Consideration 1) 議会は、既存の連邦法の下で現在与えられているものを超える、消費者スコアのための適切な消費者保護を決定し、実施することを検討するべきである。検討されるべき問題の中には、消費者がスコア作成に使用されたデータを閲覧・修正する権利や、スコアの用途と潜在的効果について知らされる権利も含まれる。(検討事項1) 
Status 審議状況
Open 未対応
Comments コメント
When we confirm what actions the agency has taken in response to this recommendation, we will provide updated information. 本提言に対する当局の対応が確認され次第、最新の情報を提供する。

 

・[PDF] Highlights Page

20220602-51547


・[PDF] Full Report

20220602-51415

・[DOCX] 仮訳

 

 

消費者スコアの説明と利用方法。。。

Selected Ways That Consumer Scores Are Used
消費者スコアの利用方法
Marketing マーケティング
Scores that are designed to group consumers based on various demographic and socioeconomic factors, among others. Companies use these scores to target advertisements for financial or other products, allocate customer service resources, provide individualized pricing, and conduct other marketing activities. 消費者を様々な人口統計学的、社会経済学的要因などに基づいてグループ化するために設計されたスコア。企業はこのスコアを利用して、金融商品やその他の商品の広告のターゲット、顧客サービスのリソース配分、個別価格の提供、その他のマーケティング活動を行う。
Debt collections 債権回収
Scores designed to assist companies in collecting debts owed by consumers. Companies use these scores to prioritize collection efforts or to determine the best methods for contacting consumers. 企業が消費者から借りた債権の回収を支援するためのスコア。企業は、回収活動の優先順位付けや、消費者への最適な連絡方法を決定するために、これらのスコアを使用する。
Fraud prevention and identity verification 詐欺防止・身元確認
Scores that assess the risk that a consumer transaction is fraudulent or whether consumers are who they say they are. Businesses use these scores to determine whether to do business with a particular consumer or whether to complete a specific transaction. This in turn helps to prevent identity theft and other types of fraud, particularly in the context of online transactions. 消費者取引が詐欺であるリスクや、消費者が本人であるかどうかを評価するためのスコア。企業はこれらのスコアを利用して、特定の消費者と取引を行うかどうか、あるいは特定の取引を完了させるかどうかを決定する。これにより、特にオンライン取引において、個人情報の盗難やその他の不正行為の防止に役立つ。
Health care administration 健康管理
Scores that assess an individual's health status or history. Health systems, including hospitals and other companies, use these scores to help triage patients, develop billing plans that are suited to patient needs, and identify patients with complex health needs who require additional medical attention, among other things. 個人の健康状態や病歴を評価するためのスコア。病院やその他の企業を含む医療システムは、患者のトリアージ、患者のニーズに合った請求プランの作成、追加医療を必要とする複雑な健康ニーズを持つ患者の特定などにこれらのスコアを使用している。
Higher education 高等教育
Scores that assess potential students' enrollment likelihood, financial need, and likelihood of success at the institution. Higher education institutions use these scores to inform strategies for marketing, financial aid, and student retention. 入学希望者の入学の可能性、経済的な必要性、教育機関での成功の可能性などを評価するスコア。高等教育機関では、マーケティング、学資援助、学生維持のための戦略にこれらのスコアを使用している。
Insurance 保険
Scores that assess a consumer's likelihood to purchase insurance products or file insurance claims and other behavior. Insurance companies use these scores for purposes other than making eligibility or pricing decisions, such as to target marketing resources, make decisions about insurance claims, and prevent fraud. 消費者が保険商品を購入する可能性や保険金請求などの行動を評価するためのスコア。保険会社はこれらのスコアを、マーケティング・リソースのターゲット化、保険金請求に関する意思決定、不正行為の防止など、加入資格や価格決定以外の目的で使用している。
Legal due diligence 法的デューデリジェンス
Scores that assess the risk that a consumer is connected to money laundering, terrorist financing, or other financial crimes. Businesses often use these scores to satisfy due diligence obligations required by law. 消費者がマネーロンダリング、テロ資金調達、その他の金融犯罪に関係しているリスクを評価するスコア。企業は、法律で定められたデューデリジェンスの義務を果たすために、これらのスコアを利用することが多い。
Criminal Justice 刑事司法
Scores that predict the future behavior of an individual acccused or convicted of a crime based on the individual's criminal history, education, and other factors. State and local government officials may use these scores in policing, pretrial detention, bail, rehabilitation, sentencing, and parole decisions. 犯罪歴、学歴、その他の要素から、犯罪を犯した、または有罪判決を受けた個人の将来の行動を予測するスコア。国や地方自治体の職員は、取り締まり、公判前勾留、保釈、更生、判決、仮釈放の決定において、これらのスコアを使用することがある。

 


まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2022.06.01 米国 消費者金融保護局 AIを使った与信結果についても消費者にその理由を説明しなければならない

 

ちょっと掠るかも...

・2022.05.15 カナダ プライバシーコミッショナー室 プライバシーに関する戦略的優先事項とそこから生まれたテーマと見解

・2022.04.13 中国 香港 個人データのためのプライバシーコミッショナー室 (PCPD) が「ソーシャルメディアのプライバシー設定比較」報告書を公表していますね。。。

・2022.03.29 米国 GAO 政府・社会に影響を与えるトレンド (2022.03.15)

・2022.03.29 米国 GAO 2022-2027の戦略計画 (2022.03.15)

・2021.10.17 インターポール、国連地域間犯罪司法研究所、オランダ警察、世界経済会議が「顔認証を責任もって制限するためのポリシーフレームワーク ユースケース:法執行機関の捜査」 at 2021.10.05

|

« 米国 消費者金融保護局 AIを使った与信結果についても消費者にその理由を説明しなければならない | Main | 英国 防衛省 セキュア・バイ・デザイン要求 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 消費者金融保護局 AIを使った与信結果についても消費者にその理由を説明しなければならない | Main | 英国 防衛省 セキュア・バイ・デザイン要求 »