« 中国 意見募集 国家標準案 情報セキュリティ技術- インターネットプラットフォーム及び製品サービスにおけるプライバシーポリシー要求事項 | Main | 米国 GAO 消費者保護:議会は消費者ランク付けに使用されるスコアに関する保護の強化を検討すべき (2022.05.26) »

2022.06.01

米国 消費者金融保護局 AIを使った与信結果についても消費者にその理由を説明しなければならない

こんにちは、丸山満彦です。

米国の連邦消費者金融保護局 (Consumer Financial Protection Bureau: CFPB) は、差別禁止法を踏まえると、AIを使って与信判断をし、その結果、申込みを拒否する場合であっても、なぜそのような結果になったのか消費者にその理由を説明しなければならないという、通達を公表していますね。。。


U.S. Consumer Financial Protection Bureau: CFPB

・2022.05.26 CFPB Acts to Protect the Public from Black-Box Credit Models Using Complex Algorithms

 

CFPB Acts to Protect the Public from Black-Box Credit Models Using Complex Algorithms CFPB、複雑なアルゴリズムを使用したブラックボックス型クレジットモデルから一般消費者を保護するための措置を実施
Companies relying on complex algorithms must provide specific and accurate explanations for denying applications 複雑なアルゴリズムに依存する企業は、申込みを拒否する際に具体的かつ正確な説明を提供する必要がある
Washington, D.C. – Today, the Consumer Financial Protection Bureau (CFPB) confirmed that federal anti-discrimination law requires companies to explain to applicants the specific reasons for denying an application for credit or taking other adverse actions, even if the creditor is relying on credit models using complex algorithms. The CFPB published a Consumer Financial Protection Circular to remind the public, including those responsible for enforcing federal consumer financial protection law, of creditors’ adverse action notice requirements under the Equal Credit Opportunity Act (ECOA). ワシントンD.C.-本日、消費者金融保護局(CFPB)は、連邦差別禁止法が、債権者が複雑なアルゴリズムを使用した信用モデルに依存している場合でも、企業がクレジット申請を拒否する、またはその他の不利益な措置を取る具体的な理由を申請者に説明するよう求めていることを確認した。CFPBは、連邦消費者金融保護法を執行する責任者を含め、債権者が信用機会均等法(ECOA)に基づく不利益処分の通知義務を負うことを周知するため、消費者金融保護通達を発表した。
“Companies are not absolved of their legal responsibilities when they let a black-box model make lending decisions,” said CFPB Director Rohit Chopra. “The law gives every applicant the right to a specific explanation if their application for credit was denied, and that right is not diminished simply because a company uses a complex algorithm that it doesn’t understand.” CFPB の Rohit Chopra 長官は、「企業は、ブラックボックス・モデルに融資の決定を任せても、法的責任を免れることはできません」と述べ、次のように述べている。「法律では、すべての申込者に、融資の申し込みが拒否された場合に具体的な説明を受ける権利が与えられており、企業が理解できない複雑なアルゴリズムを使用したからといって、その権利が損なわれることはない。
Data harvesting on Americans has become voluminous and ubiquitous, giving firms the ability to know highly detailed information about their customers before they ever interact with them. Many firms across the economy rely on these detailed datasets to power their algorithmic decision-making, which is sometimes marketed as “artificial intelligence.” The information gleaned from data analytics has a broad range of commercial uses by financial firms, including for targeted advertising and in credit decision-making. アメリカ人に関するデータ採取は大量かつ遍在するようになり、企業は顧客と接触する前に、その顧客に関する非常に詳細な情報を知ることができるようになった。経済界の多くの企業は、こうした詳細なデータセットに依存して、アルゴリズムによる意思決定を行っている。これは時に「人工知能」として販売されている。データ分析から得られた情報は、ターゲット広告や与信判断など、金融会社による幅広い商業的用途に利用されている。
Law-abiding financial companies have long used advanced computational methods as part of their credit decision-making processes, and they have been able to provide the rationales for their credit decisions. However, some creditors may make credit decisions based on the outputs from complex algorithms, sometimes called “black-box” models. The reasoning behind some of these models’ outputs may be unknown to the model’s users, including the model’s developers. With such models, adverse action notices that meet ECOA’s requirements may not be possible. 遵法精神に富む金融会社は、以前から与信判断の過程で高度な計算手法を用い、与信判断の根拠を提示してきた。しかし、一部の債権者は、時に「ブラックボックス」モデルと呼ばれる複雑なアルゴリズムからの出力に基づいて与信判断を行う場合がある。これらのモデルの出力の背後にある理由は、モデルの開発者を含め、モデルの利用者にはわからない場合がある。このようなモデルでは、ECOAの要件に合致した不利益処分の通知は不可能かもしれない。
ECOA protects individuals and businesses against discrimination when seeking, applying for, and using credit. To help ensure a creditor does not discriminate, ECOA requires that a creditor provide a notice when it takes an adverse action against an applicant, which must contain the specific and accurate reasons for that adverse action. Creditors cannot lawfully use technologies in their decision-making processes if using them means that they are unable to provide these required explanations. ECOAは、クレジットを求め、申請し、利用する際の差別から個人と企業を保護する。債権者が差別をしないようにするために、ECOAは、債権者が申請者に対して不利益な措置を取るときに通知を行うことを義務付けており、その通知にはその不利益措置の具体的かつ正確な理由が含まれていなければならない。もし、テクノロジーを使用することによって、これらの要求される説明を行うことができないのであれば、債権者は意思決定プロセスにおいて合法的にテクノロジーを使用することはできない。
Today’s Circular makes clear that: 本日の通達は、次のことを明確にしている。
・Federal consumer financial protection laws and adverse action requirements should be enforced regardless of the technology used by creditors. For example, ECOA does not permit creditors to use technology that prevents them from providing specific and accurate reasons for adverse actions. Creditors’ use of complex algorithms should not limit enforcement of ECOA or other federal consumer financial protection laws. ・連邦消費者金融保護法および不利益処分の要件は、債権者が使用するテクノロジーに関係なく施行されるべきである。 例えば、ECOAは、債権者が不利益処分の理由を具体的かつ正確に説明できないような技術を使用することを認めていない。債権者が複雑なアルゴリズムを使用することで、ECOAや他の連邦消費者金融保護法の施行が制限されるべきではない。
・Creditors cannot justify noncompliance with ECOA based on the mere fact that the technology they use to evaluate credit applications is too complicated, too opaque in its decision-making, or too new. Creditors who use complex algorithms—including artificial intelligence or machine learning technologies—to engage in credit decisions must still provide a notice that discloses the specific, principal reasons for taking adverse actions. There is no exception for violating the law because a creditor is using technology that has not been adequately designed, tested, or understood. ・債権者は、クレジット申請の評価に使用する技術が複雑すぎる、意思決定が不透明すぎる、あるいは新しすぎるという事実だけで、ECOAの不遵守を正当化することはできない。 人工知能や機械学習技術を含む複雑なアルゴリズムを使用して与信判断に携わる債権者は、不利な措置を取る具体的かつ主要な理由を開示する通知を提供しなければならないことに変わりはない。債権者が十分に設計、テスト、理解されていない技術を使用していることを理由に、法律に違反することは例外ではない。
Whistleblowers play a central role in uncovering information about companies using technologies, like black-box models, in ways that violate ECOA and other federal consumer financial protection laws. Having clear, actionable information is critical for the CFPB and other consumer protection enforcers. The CFPB encourages tech workers to provide the agency with information, and they can visit the CFPB’s Whistleblower Program webpage to learn more. 内部告発者は、ECOAやその他の連邦消費者金融保護法に違反する方法でブラックボックスモデルのような技術を使用している企業に関する情報を明らかにする上で中心的な役割を担っている。明確で実用的な情報を得ることは、CFPBやその他の消費者保護執行機関にとって非常に重要である。CFPBは、技術者が同機関に情報を提供することを奨励しており、その詳細については、CFPBの内部告発者プログラムのウェブページを参照すること。
Along with whistleblowers, government partners are also vital to the CFPB’s enforcement efforts. For example, the CFPB is closely monitoring the work of the National Institute of Standards and Technology , within the U.S. Department of Commerce , and other governmental bodies around the world, to assess the benefits and risks associated with emerging technologies. CFPBの執行活動には、内部告発者だけでなく、政府のパートナーも不可欠である。例えば、CFPBは、米国商務省内の国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology)や世界中の他の政府機関の活動を注意深く監視し、新興技術に関連する利益とリスクを評価している。
The risks associated with decision-making technologies extend beyond adverse action notices and ECOA. Recently, the CFPB began taking a close look at the use of automated valuation models within the home appraisal process to ensure home valuations are accurate and fair. 意思決定技術に関連するリスクは、不利益処分の通知やECOAにとどまらない。最近、CFPBは、住宅の評価が正確かつ公正であることを保証するために、住宅評価プロセスにおける自動評価モデルの使用を詳細に検討し始めた。
Read today’s Consumer Financial Protection Circular, Adverse action notification requirements in connection with credit decisions based on complex algorithms. 本日の消費者金融保護通達、複雑なアルゴリズムに基づく与信判断に関連する不利益処分通知の要件を参照すること。
Consumers can submit fair lending complaints, or complaints about financial products or services, by visiting the CFPB’s website or by calling (855) 411-CFPB (2372). 消費者は、公正な貸付に関する苦情や金融商品・サービスに関する苦情を、CFPBのウェブサイトまたは電話(855-411-CFPB (2372))で提出することができる。

 

通達はこちら、、、

・2022.05.26 [PDF] Consumer Financial Protection Circular 2022-03 Adverse action notification requirements in connection with credit decisions based on complex algorithms 

20220601-50935

 

Consumer Financial Protection Circular 2022-03  消費者金融保護 通達 2022-03 
Adverse action notification requirements in connection with credit decisions based on complex algorithms   複雑なアルゴリズムに基づく与信判断に関連する不利益処分通知の要件  
26-May-22 2022年5月26日
Question presented  提示された質問 
When creditors make credit decisions based on complex algorithms that prevent creditors from accurately identifying the specific reasons for denying credit or taking other adverse actions, do these creditors need to comply with the Equal Credit Opportunity Act’s requirement to provide a statement of specific reasons to applicants against whom adverse action is taken?  債権者が与信拒否やその他の不利益処分の具体的な理由を正確に特定することを妨げる複雑なアルゴリズムに基づいて与信判断を行う場合、これらの債権者は、不利益処分を受けた申請者に具体的な理由の説明を提供するという信用機会均等法の要件に従う必要があるか?
Response  回答 
Yes.  ECOA and Regulation B require creditors to provide statements of specific reasons to applicants against whom adverse action is taken.  Some creditors may make credit decisions based on certain complex algorithms, sometimes referred to as uninterpretable or “black-box” models, that make it difficult—if not impossible—to accurately identify the specific reasons for denying credit or taking other adverse actions.[1]  The adverse action notice requirements of ECOA and Regulation B, however, apply equally to all credit decisions, regardless of the technology used to make them.  Thus, ECOA and Regulation B do not permit creditors to use complex algorithms when doing so means they cannot provide the specific and accurate reasons for adverse actions.  はい、そうである。 ECOAとRegulation Bは、不利な扱いを受けた申請者に具体的な理由を説明するよう、債権者に要求している。 債権者の中には、信用供与の拒否やその他の不利益処分の具体的な理由を正確に特定することが不可能ではないにしても困難な、時に解釈不能な、あるいは「ブラックボックス」モデルと呼ばれる特定の複雑なアルゴリズムに基づいて信用供与の決定を行う場合がある。 [1] しかしながら、ECOAと規制Bの不利益処分通知の要件は、それを行うために使用する技術に関わらず、全ての信用供与の決定に等しく適用される。 従って、ECOAとRegulation Bは、クレジット会社が複雑なアルゴリズムを使用することで、不利益処分の具体的かつ正確な理由を提供できない場合、それを許可するものではない。
Analysis  分析 
ECOA makes it unlawful for any creditor to discriminate against any applicant, with respect to any aspect of a credit transaction, on the basis of race, color, religion, national origin, sex or marital status, age (provided the applicant has the capacity to contract), because all or part of the applicant’s income derives from any public assistance program, or because the applicant has in good faith exercised any right under the Consumer Credit Protection Act.[2]  In addition, ECOA provides that a creditor must provide a statement of specific reasons in writing to applicants against whom adverse action is taken.[3]  “Adverse action[s]” include denying an application for credit, terminating an existing credit account, making unfavorable changes to the terms of an existing account, and refusing to increase a credit limit.[4]  ECOAは、人種、肌の色、宗教、国籍、性別、婚姻状況、年齢(申請者に契約能力がある場合)、申請者の収入の全部または一部が公的扶助制度に由来すること、または申請者が消費者信用保護法に基づく権利を誠実に行使したことを理由に、クレジット取引のあらゆる側面に関して、債権者が申請者を差別することを違法としている[2]。加えて、ECOAは、債権者が不利益処分を受けた申請者に対して、具体的な理由の説明を書面で提供しなければならないと規定している[3]。 「不利益処分」には、クレジット申請の拒否、既存のクレジット口座の解約、既存の口座の条件に対する不利な変更、クレジット限度額の引き上げの拒否などがある[4]。
Pursuant to Regulation B, a statement of reasons for adverse action taken “must be specific and indicate the principal reason(s) for the adverse action.”[5]  Regulation B explains that “[s]tatements that the adverse action was based on the creditor’s internal standards or policies or that the applicant, joint applicant, or similar party failed to achieve a qualifying score on the creditor’s credit scoring system are insufficient.”[6]  The Official Interpretations to Regulation B explain that “[t]he specific reasons disclosed . . . must relate to and accurately describe the factors actually considered or scored by a creditor.”[7]  Moreover, while Appendix C of Regulation B includes sample forms intended for use in notifying an applicant that adverse action has been taken, “[i]f the reasons listed on the forms are not the factors actually used, a creditor will not satisfy the notice requirement by simply checking the closest identifiable factor listed.”[8]  With respect to adverse actions based on a credit scoring system specifically, the Official Interpretations explain that—  規則 B に従い、取られた不利な処置の理由の声明は「具体的でなければならず、不利な処置の主要な理由を示さなければならない」[5] 。 規則 B は「不利な処置が債権者の内部基準または方針に基づいていたこと、または申請者、共同申請者、または同様の当事者が債権者のクレジットスコアリングシステムで資格あるスコアを達成できなかったという声明は不十分」だと説明している [6] 。規則 B の公式解釈は「開示された特定の理由..は、そのような要因を正確に説明しなければならない」と説明している。さらに、規則 B の附属書 C には、不利な措置が取られたことを申請者に通知する際に使用することを意図したサンプルフォームが含まれているが、「フォームに記載された理由が実際に使用された要因でない場合、債権者は記載されている最も近い識別可能な要因にチェックするだけでは通知要件を満たさない」[8]。特に信用スコアリングシステムに基づく不利な措置に関して、公式解釈は以下のように説明している: -開示された理由は、信用スコアリングシステムにおいて適格とされるスコアのみに関連するものでなければならず、また、不利な措置が行われた際に申請者に通知するためのフォームのサンプルは、申請者がその理由を説明するために使用されなければならない」[9]。
the reasons disclosed must relate only to those factors actually scored in the system.  Moreover, no factor that was a principal reason for adverse action may be excluded from disclosure.  The creditor must disclose the actual reasons for denial (for example, “age of automobile”) even if the relationship of that factor to predicting creditworthiness may not be clear to the applicant.[9]  開示される理由は、システムで実際に採点された要素にのみ関係するものでなければならない。 さらに、不利な処分の主要な理由であった要素を開示から除外することはできない。 債権者は、たとえその要因と信用度の予測との関係が申請者にとって明確でなくても、実際の拒否の理由(例えば、「自動車の年式」)を開示しなければならない[9]。
ECOA’s notice requirements “were designed to fulfill the twin goals of consumer protection and education.”[10]  In terms of consumer protection, “the notice requirement is intended to prevent discrimination ex ante because ‘if creditors know they must explain their decisions . . . they [will] effectively be discouraged’ from discriminatory practices.”[11]  The notice requirement “fulfills a broader need” as well by educating consumers about the reasons for the creditor’s action.[12]  As a result of being informed of the specific reasons for the adverse action, consumers can take steps to try to improve their credit status or, in cases “where the creditor may have acted on misinformation or inadequate information[,] . . . to rectify the mistake.”[13]  In addition, Congress also believed ECOA’s notice requirement would have “a beneficial competitive effect on the credit marketplace.”[14]  ECOAの通知要件は、「消費者保護と教育という2つの目標を達成するために設計された」[10]。消費者保護の観点からは、「通知要件は、『債権者が自らの決定を説明しなければならないことを知れば』、差別を事前に防ぐことを意図したものである。また、通知要件は、債権者の行動の理由について消費者を教育することによっても、「より広範な必要性を満たす」[12]。 不利な行動の具体的な理由を知らされた結果、消費者は信用状態を改善しようとする措置をとることができるし、「債権者が誤った情報または不十分な情報に基づいて行動した可能性がある場合、[]は、その誤りを正すことができる。さらに、議会は、ECOAの通知義務が「クレジット市場において有益な競争効果をもたらす」とも考えていた[14]。
Creditors who use complex algorithms, including artificial intelligence or machine learning, in any aspect of their credit decisions must still provide a notice that discloses the specific principal reasons for taking an adverse action.  Whether a creditor is using a sophisticated machine learning algorithm or more conventional methods to evaluate an application, the legal requirement is the same: Creditors must be able to provide applicants against whom adverse action is taken with an accurate statement of reasons.[15]  The statement of reasons “must be specific and indicate the principal reason(s) for the adverse action.”[16]  A creditor cannot justify noncompliance with ECOA and Regulation B’s requirements based on the mere fact that the technology it employs to evaluate applications is too complicated or opaque to understand.  A creditor’s lack of understanding of its own methods is therefore not a cognizable defense against liability for violating ECOA and Regulation B’s requirements. 与信判断のいかなる側面においても、人工知能や機械学習を含む複雑なアルゴリズムを使用する債権者は、不利な措置を取るための具体的な主要理由を開示する通知を提供しなければならないことに変わりはない。 債権者がアプリケーションを評価するために高度な機械学習アルゴリズムを使用しているか、より従来の方法を使用しているかにかかわらず、法的要件は同じである:債権者は、不利益な措置が取られた申請者に正確な理由の記述を提供できなければならない。理由の記述は「特定でなければならず、不利益措置の主要理由を示さなければならない」[16]。債権者は、アプリケーションの評価に採用したテクノロジーが複雑すぎたり不透明で理解できないという事実だけで、ECOAおよび規制Bの要件に対する非適応を正当化できない。 したがって、債権者が自身の方法を理解していないことは、ECOAおよび規制Bの要件に違反したことに対する責任に対する認識可能な抗弁ではない。
[1] While some creditors may rely upon various post-hoc explanation methods, such explanations approximate models and creditors must still be able to validate the accuracy of those approximations, which may not be possible with less interpretable models.  [1] 債権者によっては、様々な事後的説明手法に依存する場合もあるが、そのような説明はモデルを近似しており、債権者はその近似の正確性を検証できなければならず、解釈可能なモデルが少ない場合には、それができない可能性がある。
[2] 15 U.S.C. 1691(a). [2] 15 U.S.C. 1691(a) 参照
[3] 15 U.S.C. 1691(d)(2)(A), (B); see also 15 U.S.C. 1691(d)(3).  A creditor may either provide the notice or follow certain requirements to inform consumers on how to obtain such notice.  15 U.S.C. 1691(d)(2)(B).  [3] 15 U.S.C. 1691(d)(2)(A),(B); 15 U.S.C. 1691(d)(3) も参照。 債権者は、通知を提供するか、またはそのような通知を得る方法について消費者に通知するための一定の要件に従うかのいずれかである。 15 U.S.C. 1691(d)(2)(B)を参照。
[4] 12 CFR 1002.2(c).  [4] 12 CFR 1002.2(c) 参照
[5] 12 CFR 1002.9(b)(2) (emphasis added); see also 12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(2)-9 (“The Fair Credit Reporting Act (FCRA) requires a creditor to disclose when it has based its decision in whole or in part on information from a source other than the applicant or its own files.... The FCRA also requires a creditor to disclose, as applicable, a credit score it used in taking adverse action along with related information, including up to four key factors that adversely affected the consumer’s credit score (or up to five factors if the number of inquiries made with respect to that consumer report is a key factor). Disclosing the key factors that adversely affected the consumer’s credit score does not satisfy the ECOA requirement to disclose specific reasons for denying or taking other adverse action on an application or extension of credit.”). [5] 12 CFR 1002.9(b)(2) (強調); また、12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(2)-9(「公正信用報告法(FCRA)は、申請者または自身のファイル以外の情報源からの情報の全部または一部に基づいて判断した場合、債権者に開示することを義務付けている......」)。FCRAはまた、債権者に対し、消費者のクレジットスコアに悪影響を与えた最大4つの主要因(その消費者レポートに関して行われた問い合わせの数が主要因である場合は最大5つの要因)を含む関連情報とともに、不利益措置を取る際に使用したクレジットスコアを、該当する場合は開示することを義務付けています。消費者のクレジットスコアに悪影響を与えた主要因を開示しても、与信の申込みや延長を拒否したり、その他の不利益な措置を取る具体的な理由を開示するというECOAの要件は満たされない」)。
[6] 12 CFR 1002.9(b)(2).  [6] 12 CFR 1002.9(b)(2) 参照
[7] 12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(1)-2.  A creditor, however, “need not describe how or why a factor adversely affected an applicant.”  12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(1)-3.  [7] 12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(1)-2.  しかし、債権者は、「ある要因がどのように、あるいはなぜ申請者に悪影響を与えたかを説明する必要はない」。 12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(1)-3 参照
[8] 12 CFR Part 1002 (App. C), comment 4 (emphasis added).  The sample forms are illustrative and may not be appropriate for all creditors.  If a creditor chooses to use the checklist of reasons provided in one of the sample forms and if reasons commonly used by the creditor are not provided on the form, the creditor should modify the checklist by substituting or adding other reasons.  12 CFR Part 1002 (App. C), comment 3.  [8] 12 CFR Part 1002 (App. C), comment 4 (emphasis added)。 サンプルフォームは例示であり、すべての債権者に適切であるとは限りません。 債権者がサンプルフォームの一つで提供される理由のチェックリストを使用することを選択し、債権者が一般的に使用する理由がフォームに提供されていない場合、債権者は他の理由を代用または追加することによりチェックリストを修正する必要がある。 12 CFR Part 1002 (App. C), comment 3 参照
[9] 12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(1)-4.  [9] 12 CFR Part 1002 (Supp. I), sec. 1002.9, para. 9(b)(1)-4 参照
[10] Fischl v. Gen. Motors Acceptance Corp., 708 F.2d 143, 146 (5th Cir. 1983); see also id. (calling these provisions “[p]erhaps the most significant of the 1976 amendments to the ECOA”).  [10] Fischl v. Gen. Motors Acceptance Corp., 708 F.2d 143, 146 (5th Cir. 1983); see also id. (calling these provisions "[p] erhaps the most significant of the 1976 amendments to the ECOA"). 
[11] Treadway v. Gateway Chevrolet Oldsmobile Inc., 362 F.3d 971, 977–78 (7th Cir. 2004) (quoting Fischl, 708 F.2d at 146); see also S. Rep. 94-589, 94th Cong., 2d Sess., at 4, reprinted in 1976 U.S.S.C.A.N. 403, 406 (calling the notice requirement “a strong and necessary adjunct to the antidiscrimination purpose of the legislation”).  [11] Treadway v. Gateway Chevrolet Oldsmobile Inc., 362 F.3d 971, 977-78 (7th Cir. 2004) (quotes Fischl, 708 F.2d at 146); また、S. Rep. 94-589, 94th Cong., 2d Sess., at 4, reprinted in 1976 U.S.S.C.A.N. 403, 406を参照。(「通知義務を「立法の反差別的目的に対する強力かつ必要な付属物」と呼んでいる。 )
[12] S. Rep. 94-589, 94th Cong., 2d Sess., at 4, reprinted in 1976 U.S.S.C.A.N. 403, 406.  [12] S. Rep. 94-589, 94th Cong., 2d Sess., at 4, reprinted in 1976 U.S.S.C.A.N. 403, 406 参照
[13] Id.  [13] 同上。
[14] S. Rep. No. 94-589, at 4, 7 (1976).  [14] S. Rep. No. 94-589, at 4, 7 (1976) 参照
[15] 15 U.S.C. 1691(d)(2)(A), (B); 12 CFR 1002.9(a)(2)(i), (ii).  [15] 15 U.S.C. 1691(d)(2)(A), (B); 12 CFR 1002.9(a)(2)(i), (ii) 参照。
[16] 12 CFR 1002.9(b)(2).  [16] 12 CFR 1002.9(b)(2)参照

 

|

« 中国 意見募集 国家標準案 情報セキュリティ技術- インターネットプラットフォーム及び製品サービスにおけるプライバシーポリシー要求事項 | Main | 米国 GAO 消費者保護:議会は消費者ランク付けに使用されるスコアに関する保護の強化を検討すべき (2022.05.26) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中国 意見募集 国家標準案 情報セキュリティ技術- インターネットプラットフォーム及び製品サービスにおけるプライバシーポリシー要求事項 | Main | 米国 GAO 消費者保護:議会は消費者ランク付けに使用されるスコアに関する保護の強化を検討すべき (2022.05.26) »