« オーストラリア政府機関の年次パフォーマンス報告書の監査-パイロット・プログラム2020-21年 | Main | 中国 人工知能白書 2022 (2022.04.12) »

2022.04.24

カナダ プライバシーコミッショーナー事務局 政府機関が機関の長の判断によって個人情報を公開する場合のガイダンス

こんにちは、丸山満彦です。

カナダのプライバシー法 (Privacy Act) では、

政府機関(省庁等)の長(大臣、長官等)が、個人情報を本人の同意なしに開示することができる場合が第8条(2)に列挙されていて、そして包括的な規定として(m)に

(i) 開示の公益性が、開示によって生じ得るプライバシーの侵害を明らかに上回るか、または

(ii) 開示が、その情報の対象となる個人にとって明らかに有益である

と判断する場合、と定められているのですが、機関の長がその判断をする際のガイダンスがプライバシーコミッショナー事務局から公表されていますね。。。

参考になるかもですね。。。

 

Office of the Privacy Commissioner of Canada: OPC

・2022.04.21 OPC publishes updated guidance on public interest disclosures by federal institutions under the Privacy Act

・2022.04.21(改正)Public interest disclosures by federal institutions under the Privacy Act

Public interest disclosures by federal institutions under the Privacy Act プライバシー法に基づく連邦機関による公益情報の開示
Guidance on disclosures under paragraph 8(2)(m), which allows institutions to disclose personal information in the public interest or in the interest of the individual to whom the information relates. 個人情報保護法第8条(2)(m)に基づく開示に関するガイダンスである。この条項により、機関は公共の利益またはその情報に関連する個人の利益のために個人情報を開示することができる。
Overview 概要
The Privacy Act allows federal institutions to disclose personal information in the public interest or in the interest of the individual to whom the information relates. This includes cases where health, safety or security may be at risk, as well as other situations related to the individual or public interest. プライバシー法は、連邦機関が公共の利益または情報が関連する個人の利益のために個人情報を開示することを許可している。これには、健康、安全またはセキュリティが危険にさらされている可能性がある場合、および個人または公共の利益に関連する他の状況が含まれている。
When seeking to make use of these provisions, it is important that institutions have a clear understanding of appropriate use. This understanding helps to ensure that privacy rights are appropriately considered. これらの規定を利用しようとする場合、機関が適切な利用について明確に理解することが重要である。この理解は、プライバシー権への適切な配慮を確保するのに役立つ。
Understanding Paragraph 8(2)(m) 第8条(2)(m)の理解
Subsection 8(2) of the Privacy Act sets out specific circumstances in which government institutions may disclose personal information without the consent of the individual. プライバシー法第8条(2)では、政府機関が本人の同意なしに個人情報を開示できる具体的な状況を定めている。
Paragraph 8(2)(m) permits the disclosure of personal information where, in the opinion of the head of the institution, the public interest in disclosure clearly outweighs any invasion of privacy that could result from the disclosure, or disclosure would clearly benefit the individual to whom the information relates. It is up to the head of the institution, as defined in the Privacy Act, to make this assessment. 第8条(2)(m)は、機関の長の見解として、開示によるプライバシーの侵害を開示による公共の利益が明らかに上回る場合、または開示がその情報に関連する個人の利益に明らかになる場合に、個人情報の開示を許可するものである。この評価を行うのは、プライバシー法に定義される機関の長に任されている。
Paragraph 8(2)(m) is an important section in the Act which provides institutions with a tool to help them effectively balance an individual's right to privacy with other important contextual interests. For example, this provision has been used in cases such as: 第8条(2)(m)は、プライバシー法における重要な条項であり、個人のプライバシー権と他の重要な文脈上の利益とのバランスを効果的にとるためのツールを機関に提供するものである。例えば、この規定は、以下のようなケースで利用されている。
To seek assistance for an individual denied government benefits who has threatened self-harm or harm to others; 自傷行為や他者への危害を予告し、政府からの給付を拒否された個人に対して支援を求める場合。
To notify public health authorities charged with informing individuals of their potential exposure to a communicable disease; and 伝染病への曝露の可能性を個人に知らせることを担当する公衆衛生当局に通知する場合。
To assist in locating the next of kin of an individual who is injured or deceased. 負傷または死亡した個人の近親者の所在を確認するのを支援するため。
Paragraph 8(2)(m) may also apply in the context of a request for information under the Access to Information Act. While subsection 19(1) of the Access to Information Act requires heads of institutions to refuse to disclose any record requested that contains personal information, this requirement is subject to the discretionary exceptions contained in subsection 19(2). Of particular note is paragraph 19(2)(c) of the Act, which allows for the disclosure of personal information in accordance with section 8 of the Privacy Act. In considering whether to exercise discretion to disclose personal information in response to an Access to Information Act request under paragraph 19(2)(c), heads of institutions should follow this guidance. 第 8 項(2)(m)は、情報公開法に基づく情報提供の要請にも適用される場合がある。情報公開法第19条(1)では、機関の長は、個人情報を含む要求された記録の開示を拒否することを要求しているが、この要求は、第19条(2)に含まれる裁量的な例外に従うものである。特に注目すべきは、プライバシー法第8条に従って個人情報の開示を認める同法第19条(2)(c)である。第19条(2)(c)に基づく情報公開法の要求に対して、個人情報を開示する裁量を行使するかどうかを検討する場合、機関の長はこのガイダンスに従うこと。
The decision to disclose 開示の決定
The decision to disclose under paragraph 8(2)(m) requires a careful balancing of potentially competing interests. It is the responsibility of the head of the institution to ensure that the public interest clearly outweighs the invasion of privacy, in the case of subparagraph 8(2)(m)(i), or, in the case of 8(2)(m)(ii), disclosure must clearly benefit the individual to whom the information relates. 第8条(2)(m)に基づく開示の決定には、潜在的に競合する利害のバランスを慎重にとることが必要である。第8条(2)(m)(i)の場合、公共の利益がプライバシーの侵害を明らかに上回り、第8条(2)(m)(ii)の場合、開示がその情報に関連する個人の利益に明らかにならなければならないことは、機関の長の責任である。
The discretion to disclose personal information should be exercised with restraint. Paragraph 8(2)(m) does not require disclosure by a government institution nor is it a "loophole" that allows government departments and agencies to make information public when it should remain private. With this in mind, government institutions should be careful not to disclose more personal information than is necessary. 個人情報を開示する裁量は、抑制的に行使されなければならない。第8条(2)(m)は、政府機関による開示を義務付けるものではなく、また、政府省庁が非公開とすべき情報を公開することを認める「抜け道」でもない。このことを踏まえ、政府機関は必要以上に個人情報を開示しないように注意する必要がある。
Paragraph 8(2)(m) is applied in unique, fact-specific situations. In other words, institutions should exercise discretion to disclose personal information pursuant to this paragraph in unique circumstances where disclosure is truly justified. 第8項(2)(m)は、固有の、事実に基づいた状況で適用される。言い換えれば、機関は、開示が本当に正当化される特定の状況において、このパラグラフに従って個人情報を開示する裁量権を行使すべきである。
Institutions should apply the "invasion-of-privacy" test to determine the level of privacy risk in the disclosure. The invasion-of-privacy test involves a detailed review of three interrelated risk factors that will help institutions determine whether to apply subparagraph 8(2)(m)(i). These factors are: the sensitivity of the information; the expectations of the individual; and the probability and degree of injury. In addition, institutions should consider factors unique to their own operational context, as applicable. 機関は、開示におけるプライバシーリスクのレベルを決定するために、「プライバシーの侵害」テストを適用するべきである。プライバシー侵害テストでは、サブ第8条(2)(m)(i)を適用するかどうかを判断するのに役立つ、相互に関連する3つのリスク要因を詳細に検討する。これらの要因とは、情報の機密性、個人の期待、損害の発生する確率と程度である。さらに、各機関は、該当する場合、各自の業務状況に固有の要因を考慮する必要があります。
Tips for applying the invasion-of-privacy test プライバシーの侵害テスト適用のためのヒント
1) Sensitivity of the information 1) 情報の機密性
Consider whether the type of information is of a detailed (e.g., name and address) or highly personal (e.g., health information) nature. 情報の種類が、詳細な情報(例:氏名や住所)か、極めて個人的な情報(例:健康情報)かを検討する。
Evaluate the context in which the information was collected, and determine whether any contextual sensitivities apply to the information. For example, a list of public servants may not be considered particularly sensitive, but that same list, if collected to identify employees having a specific illness would be considered sensitive based on the context. 情報が収集された背景を評価し、その情報に文脈上の機微性が適用されるかどうかを判断する。例えば、公務員のリストは特にセンシティブとは見なされないかもしれませんが、同じリストでも、特定の病気を持つ従業員を特定するために収集された場合は、コンテキストに基づいてセンシティブと見なされるだろう。
2) Expectations of the individual 2) 本人への期待
Evaluate the conditions under which the personal information was collected, and consider what expectations the collecting institution may have established for its confidentiality, including whether the possibility of disclosure is conveyed in an applicable Privacy Notice Statement. 個人情報が収集された条件を評価し、開示の可能性が適用されるプライバシー通知ステートメントで伝えられているかどうかを含め、収集機関がその機密性に対してどのような期待を抱いていたかを検討する。
Consider the reasonable expectations of privacy that apply to the context in which the information was collected. To determine what constitutes a reasonable expectation of privacy, courts will look at the totality of circumstances. This could include location of collection (e.g., in a private conversation as compared to a public town hall), context of collection (e.g., in a routine application for services as compared to a letter sent to several government ministers), etc. 情報が収集された状況に適用される、プライバシーに対する合理的な期待を検討する。プライバシーの合理的な期待を構成するものを決定するために、裁判所は状況の全体像に注目する。これには、収集の場所(例:公共の役所と比べた私的な会話)、収集の状況(例:複数の政府閣僚に送られた手紙と比べた、サービスのための日常的なアプリケーション)などが含まれる。
3) Probability and degree of injury 3) 危害・名誉毀損等の可能性と程度
Consider the probability and degree or gravity of injury relative to the benefits of the disclosure to the public. This could include personal or physical injury, or damage to the reputation of an individual or others, which causes adverse consequences (e.g., any harm or embarrassment that negatively affects an individual's career, reputation, financial position, safety, health or well-being). 公開による利益と比較して、危害・名誉毀損等が発生する可能性と程度または重大性を検討する。これには、個人的または身体的な傷害、あるいは個人または他者の評判への損害が含まれ、有害な結果を引き起こす(例えば、個人のキャリア、評判、財政的地位、安全、健康または幸福に悪影響を及ぼすあらゆる害や恥辱)可能性がある。
Determine the potential of injury if the receiving party wrongfully disclosed the information further. 受け手が不当にその情報をさらに開示した場合の危害・名誉毀損等の可能性を判断する。
Alternatives to disclosure under paragraph 8(2)(m) 第8条(2)(m)に基づく開示の代替手段
Whether in the context of an access request, open government or otherwise, institutions can often be open and transparent about their activities where there is a public interest in doing so without resorting to disclosing personal information pursuant to paragraph 8(2)(m). For example, institutions can provide the public with access to information on the application or outcomes of government policies in a format that does not include personal information, such as program evaluation reports. They can also release information that has been de-identified to the point that there is no longer a serious possibility that it can be used to identify an individual, either through that information alone or in combination with other available information. アクセス要求、オープンガバメント、その他のいずれの状況であっても、公共的利益がある場合、機関は第8条(2)(m)に従って個人情報を開示することなく、その活動をオープンで透明性のあるものにできることが多い。例えば、政府政策の適用や成果に関する情報へのアクセスを、プログラム評価報告書など、個人情報を含まない形で一般に提供することができる。また、その情報だけで、あるいは他の利用可能な情報と組み合わせて、個人を特定するために使用される深刻な可能性がもはやないところまで非識別化された情報を公開することができる。
If an institution finds that it is routinely relying on paragraph 8(2)(m) to disclose information under a similar set of circumstances, it should evaluate whether this paragraph is the most appropriate authority for disclosure. Given that disclosures pursuant to this paragraph require a case-by-case assessment as well as a notification to the Privacy Commissioner of Canada, institutions may find that there are options more amenable to conducting systemic disclosures. In these cases, institutions may find that they have established a program that may require a Privacy Impact Assessment (PIA); or may determine the need for an Information Sharing Agreement (ISA) to formalize an ongoing information sharing relationship. もし金融機関が、同様の状況下で日常的に第8条(2)(m)に依拠して情報を開示していることを発見した場合、このパラグラフが開示のための最も適切な権限であるかどうかを評価するべきである。この条文に基づく開示は、ケースバイケースの評価とカナダプライバシーコミッショナーへの届出が必要であることから、機関によっては、システム的な開示の実施にもっと適した選択肢があると考えるかもしれない。このような場合、教育機関は、プライバシー影響評価(PIA)を必要とする可能性のあるプログラムを確立していることに気づくかもしれませんし、継続的な情報共有関係を公式化するための情報共有契約(ISA)が必要であると判断されるかもしれない。
Notifying the Office of the Privacy Commissioner of Canada カナダ・プライバシーコミッショナー事務局への通知
Under subsection 8(5) of the Privacy Act, the head of an institution has a duty to notify the Privacy Commissioner of Canada in writing prior to the release of any records under the Act's public interest disclosure provision. If this is not possible, institutions must notify the Commissioner as soon as possible upon the disclosure. This subsection serves to ensure that institutions rely on paragraph 8(2)(m) in a reasonable manner. The Commissioner may express concerns with the proposed disclosure and may notify the individual whose information will be disclosed. プライバシー法の第8条(5) に基づき、教育機関の長は、同法の公益開示規定に基づく記録の公開に先立ち、カナダ・プライバシーコミッショナーに書面で通知する義務を負っている。これが不可能な場合、機関は開示後できるだけ早く委員に通知しなければならない。この小項目は、機関が合理的な方法で第8条(2)(m)に依拠することを保証するためのものである。コミッショナーは、提案された開示について懸念を表明し、情報が開示される個人に通知することができる。
The Commissioner has no authority to prevent the disclosure and it is ultimately the institution's decision as to whether to release the information. コミッショナーには開示を阻止する権限はなく、情報を開示するかどうかは、最終的には教育機関の判断に委ねられる。
Public interest disclosure notifications can be submitted to the OPC by email at scg-ga@priv.gc.ca. Please note that this address cannot accept encrypted emails. In the case that an institution needs to provide information at a Protected B level or higher, the institution should contact scg-ga@priv.gc.ca to arrange the transmission. 公益開示通知は、OPCに電子メールで提出することができる(scg-ga@priv.gc.ca)。このアドレスは暗号化された電子メールを受け付けないことに留意すること。保護Bレベル以上の情報を提供する必要がある場合、教育機関は scg-ga@priv.gc.ca に連絡し、送信の手配をする必要がある。
Alternatively, institutions may submit their notifications by mail to: また、以下の宛先に郵送することも可能である。
Privacy Commissioner of Canada カナダ・プライバシーコミッショナー
30 Victoria Street ビクトリア通り30番地
Gatineau, Quebec ガティノー、ケベック州
K1A 1H3 K1A 1H3
Upon receiving notification of a public interest disclosure, the OPC's Government Advisory Directorate conducts a review of the disclosure. During the review, institutions may be asked to provide additional information to assist in understanding the context of the disclosure. We may provide recommendations for institutions to consider when applying the provisions. As noted above, in some circumstances, where deemed appropriate, the Commissioner may notify the individual whose personal information has been or will be disclosed. 公益開示の通知を受けた OPC の政府諮問部門は、その開示内容を審査します。審査の過程で、開示の背景を理解するための追加情報の提供を求められることがある。また、この規定を適用する際に、機関が考慮すべき推奨事項を提示することもあります。上述の通り、状況によっては、適切と判断される場合、コミッショナーは、個人情報が開示された、または開示される予定の個人に通知することがある。
For more information 詳細については
The Government Advisory Directorate offers information sessions for federal public servants on public interest disclosures. To schedule a session or for any questions related to public interest disclosures, please contact the OPC's Government Advisory Directorate at scg-ga@priv.gc.ca. 政府諮問本部は、連邦政府の公務員のために、公益開示に関する説明会を開催している。説明会の予約や公益開示に関する質問は、OPCの政府諮問局(scg-ga@priv.gc.ca)まで連絡すること。

 

Canada


 

Privacy ActR.S.C., 1985, c. P-21

第7条、第8条(2)(m)まで、、、

Protection of Personal Information 個人情報の保護
Marginal note:Use of personal information 個人情報の利用
7 Personal information under the control of a government institution shall not, without the consent of the individual to whom it relates, be used by the institution except 7 政府機関の管理下にある個人情報は、当該機関が関連する個人の同意なしに、以下の場合を除き、利用されてはならない。
(a) for the purpose for which the information was obtained or compiled by the institution or for a use consistent with that purpose; or (a) 当該機関が取得又は編集した目的又は当該目的に合致する利用。
(b) for a purpose for which the information may be disclosed to the institution under subsection 8(2). (b) 第8項(2)に基づき当該機関が情報を開示することができる目的のため。
1980-81-82-83, c. 111, Sch. II “7” 1980-81-82-83, 111, Sch. II "7".
Marginal note:Disclosure of personal information 個人情報の開示
8 (1) Personal information under the control of a government institution shall not, without the consent of the individual to whom it relates, be disclosed by the institution except in accordance with this section. 8 (1) 政府機関の管理下にある個人情報は、その情報に関連する個人の同意がない限り、本節に従った場合を除き、政府機関によって開示されてはならない。
Marginal note:Where personal information may be disclosed 注:個人情報を開示することができる場合
(2) Subject to any other Act of Parliament, personal information under the control of a government institution may be disclosed (2) 国会の他の法律に従うことを条件として、政府機関の管理下にある個人情報は、開示することができる。
(a) for the purpose for which the information was obtained or compiled by the institution or for a use consistent with that purpose; (a) 当該機関が取得または編集した目的、またはその目的に合致した用途のため。
(b) for any purpose in accordance with any Act of Parliament or any regulation made thereunder that authorizes its disclosure; (b) 開示を許可する国会法またはその下で制定された規則に従う任意の目的のため。
(c) for the purpose of complying with a subpoena or warrant issued or order made by a court, person or body with jurisdiction to compel the production of information or for the purpose of complying with rules of court relating to the production of information; (c) 情報の提出を強制するために裁判所、管轄権を有する個人または団体が発行した召喚状、令状または命令に従うため、または情報の提出に関する裁判所の規則に従うため。
(d) to the Attorney General of Canada for use in legal proceedings involving the Crown in right of Canada or the Government of Canada; (d) カナダ司法長官が、カナダの王室またはカナダ政府が関与する法的手続で使用するため。
(e) to an investigative body specified in the regulations, on the written request of the body, for the purpose of enforcing any law of Canada or a province or carrying out a lawful investigation, if the request specifies the purpose and describes the information to be disclosed; (e) 規則で指定された調査機関に対し、カナダまたは州の法律を執行するため、または合法的な調査を行うために、書面による要請があり、その要請に目的が明記され、開示される情報が記述されている場合。
(f) under an agreement or arrangement between the Government of Canada or any of its institutions and the government of a province, the council of the Westbank First Nation, the council of a participating First Nation as defined in subsection 2(1) of the First Nations Jurisdiction over Education in British Columbia Act, the council of a participating First Nation as defined in section 2 of the Anishinabek Nation Education Agreement Act, the government of a foreign state, an international organization of states or an international organization established by the governments of states, or any institution of any such government or organization, for the purpose of administering or enforcing any law or carrying out a lawful investigation; (f) カナダ政府またはその機関と州政府との間の協定または取り決めに基づき、ウェストバンク先住民族の議会、ブリティッシュ・コロンビア州教育に対する先住民族の管轄法(2)(1)に定義される参加先住民族の議会。Anishinabek Nation Education Agreement Actの(2)に定義された参加先住民の議会、外国政府、国家の国際組織、国家の政府によって設立された国際組織、またはその政府または組織の機関が、法律の管理または執行、合法的な調査の実施を目的として、参加するため。
(g) to a member of Parliament for the purpose of assisting the individual to whom the information relates in resolving a problem; (g) 情報の対象である個人の問題解決を支援する目的で、国会議員に提供する場合。
(h) to officers or employees of the institution for internal audit purposes, or to the office of the Comptroller General or any other person or body specified in the regulations for audit purposes; (h) 内部監査の目的で機関の役員または職員に、または監査の目的で会計検査院または規則で指定されたその他の個人または団体に提供される場合。
(i) to the Library and Archives of Canada for archival purposes; (i)カナダ図書館・公文書館によるアーカイブ目的のため。
(j) to any person or body for research or statistical purposes if the head of the government institution (j) 研究または統計目的のために、政府機関の長が以下の場合に個人または団体に提供する場合。
(i) is satisfied that the purpose for which the information is disclosed cannot reasonably be accomplished unless the information is provided in a form that would identify the individual to whom it relates, and (i) 情報が関連する個人を特定する形式で提供されなければ、その情報が開示される目的が合理的に達成されないと確信し、かつ、(ii)その個人から、その情報が開示される目的のために必要な情報を入手する場合。
(ii) obtains from the person or body a written undertaking that no subsequent disclosure of the information will be made in a form that could reasonably be expected to identify the individual to whom it relates; (ii) 当該個人又は団体から、当該情報が関連する個人を特定することが合理的に予想される形態で、当該情報のその後の開示を行わない旨の書面による約束を得る場合。
(k) to any aboriginal government, association of aboriginal people, Indian band, government institution or part thereof, or to any person acting on behalf of such government, association, band, institution or part thereof, for the purpose of researching or validating the claims, disputes or grievances of any of the aboriginal peoples of Canada; (k) カナダの原住民の主張、紛争、または苦情を調査または検証する目的で、原住民の政府、原住民の協会、インディアンバンド、政府機関またはその一部、あるいは当該政府、協会、バンド、機関またはその一部を代理する者に対し、提供する場合。
(l) to any government institution for the purpose of locating an individual in order to collect a debt owing to Her Majesty in right of Canada by that individual or make a payment owing to that individual by Her Majesty in right of Canada; and (l) 個人のカナダ国王陛下に対する債務を回収するため、または個人のカナダ国王陛下に対する債務を履行するために、個人を特定する目的で、政府機関へ。
(m) for any purpose where, in the opinion of the head of the institution, (m) 機関の長の見解において、以下の目的のため。
(i) the public interest in disclosure clearly outweighs any invasion of privacy that could result from the disclosure, or (i) 開示の公益性が、開示によって生じ得るプライバシーの侵害を明らかに上回るか、または
(ii) disclosure would clearly benefit the individual to whom the informa (ii) 開示が、その情報の対象となる個人にとって明らかに有益である場合。

 

 

 

|

« オーストラリア政府機関の年次パフォーマンス報告書の監査-パイロット・プログラム2020-21年 | Main | 中国 人工知能白書 2022 (2022.04.12) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オーストラリア政府機関の年次パフォーマンス報告書の監査-パイロット・プログラム2020-21年 | Main | 中国 人工知能白書 2022 (2022.04.12) »