« NIST ホワイトペーパー :消費者向けソフトウェアのサイバーセキュリティラベルの推奨規準 | Main | ドイツ BSIがIT基本保護大要 (IT-Grundschutz-Kompendium) 2022年版を発行 »

2022.02.08

米国 下院 アルゴリズム説明責任法 2022

こんにちは、丸山満彦です。

米国の下院にアルゴリズム責任法案が2022.02.03に持ち込まれましたね。。。一度2019年に持ち込まれたのですが、その際は成立に至らなかったようです。。。

機械学習が人間の価値観と同じ差別をしないという判断を自動的に持つとは思えないので、なんらかの学習をさせていく必要があり、また差別的な判断をしたと人間が判断した場合には、人間がそれを修正する必要があるとは思うのですが、そのような構造を社会に実装させるために法律が必要ということなのでしょうね。。。

欧州のAI規制法案ともまた少し異なる規制のあり方のようにも思います。

 

法案の概要によると法案の内容は、、、次のようになります。

・企業が重要な意思決定を自動化することによる影響を評価するための基本的な要件を提供する。

・連邦取引委員会 (FTC) は評価と報告のためのガイドラインを作成する。

・重要な意思決定を行う企業と、それを可能にする技術をつくる企業の双方が、影響を評価する責任を負うようにする。

・FTCは匿名化された年次報告書を公表し、消費者等が企業が自動化した重要な決定を、データソース、評価指標等を確認できる情報リポジトリを構築する。

・FTCを評価等をするために50名の増員を行い、技術局を設置する。

 

法案

CONGRESS.GOV

H.R.6580 - Algorithmic Accountability Act of 2022

・[PDF

20220208-52546

 

スポンサーは下院共和党(ニューヨーク州)のMs. Clarke議員ですが、上院民主党(オレゴン州)のWyden議員等も関与していますね。。。

Yvette D. Clarke

・2022.02.07 CLARKE, WYDEN AND BOOKER INTRODUCE ALGORITHMIC ACCOUNTABILITY ACT OF 2022 TO REQUIRE NEW TRANSPARENCY AND ACCOUNTABILITY FOR AUTOMATED DECISION SYSTEMS

 

Ron Wyden

・2022.02.03 Wyden, Booker and Clarke Introduce Algorithmic Accountability Act of 2022 To Require New Transparency And Accountability For Automated Decision Systems

法案の概要

・[PDF] Downloaded

20220208-60452

Algorithmic Accountability Act of 2022 2022年アルゴリズム説明責任法
Automated systems are increasingly making critical decisions about Americans' health, finances, housing, educational opportunities and more—potentially exposing the public to major new risks from flawed or biased algorithms. While automated systems can have benefits, there are currently insufficient safeguards to protect Americans from companies’ use of these programs that can exponentially amplify safety risks, unintentional errors, harmful bias and dangerous design choices. 自動化されたシステムは、アメリカ人の健康、財政、住宅、教育機会などに関する重要な決定を行うようになってきており、欠陥のある、あるいは偏ったアルゴリズムによって国民が新たなリスクにさらされる可能性があります。自動化されたシステムにはメリットがある一方で、企業が自動化されたプログラムを使用することで、安全性のリスク、意図しないエラー、有害なバイアス、危険な設計上の選択などが飛躍的に増大する可能性があり、国民を保護するためのセーフガードが不十分なのが現状です。
Numerous press reports have documented examples of flawed automated systems, which could have been mitigated if companies had tested their products for faulty data, bias, safety risks, performance gaps and other problems. Wired revealed a system that denied pain medications to patients—leaving some in agonizing pain—because it wrongly counted pets’ pain prescriptions to be their owners. The Markup investigated poorly designed mortgage-approval algorithms that inexplicably denied loans to applicants who had just previously been approved. These harms could have been mitigated if companies had appropriately assessed the impacts of applying automation to these critical decisions. 多くの報道では、欠陥のある自動化システムの例が取り上げられていますが、企業が製品の欠陥データ、偏り、安全性のリスク、性能のギャップ、その他の問題についてテストを行っていれば、これらの問題は軽減されていたはずです。「Wired誌」は、ペットの痛み止めの処方箋を飼い主と誤ってカウントしたために、患者に痛み止めの薬が投与されず、一部の患者が苦しい思いをしたシステムを明らかにしました。「The Markup」は、住宅ローン承認アルゴリズムの設計が不十分で、以前に承認されたばかりの申請者への融資が不可解にも拒否されたことを調査しました。これらの被害は、企業がこれらの重要な意思決定に自動化を適用することの影響を適切に評価していれば、軽減することができたはずです。
While decision automation is widespread in industry, consumers and regulators lack insight into where these “automated critical decision processes” are being used. This makes it difficult to hold companies accountable and for consumers to make informed choices. The American public and government needs more information to understand where and why automation is being used, and companies need clarity and structure to make the impact assessment process effective. 意思決定の自動化は産業界で広く行われていますが、消費者や規制当局は、これらの「自動化された重要な意思決定プロセス」がどこで使用されているかを把握していません。これでは、企業の責任を追及することも、消費者が十分な情報を得た上で選択することも難しくなります。アメリカ国民と政府は、自動化がどこで、なぜ使われているのかを理解するために、より多くの情報を必要としており、企業は影響評価プロセスを効果的に行うために、明確さと構造を必要としています。
The Algorithmic Accountability Act of 2022 requires companies to assess the impacts of the automated systems they use and sell, creates new transparency about when and how automated systems are used, and empowers consumers to make informed choices about the automation of critical decisions. 2022年アルゴリズム説明責任法は、企業が使用・販売する自動化システムの影響を評価することを求め、自動化システムがいつ、どのように使用されているかについて新たな透明性を創出し、消費者が重要な意思決定の自動化について十分な情報を得た上で選択できるようにするものである。
What the Bill Does: この法案の内容
●     Provides a baseline requirement that companies assess the impacts of automating critical decision-making, including decision processes that have already been automated. ・すでに自動化されている意思決定プロセスを含め、企業が重要な意思決定を自動化することによる影響を評価するための基本的な要件を提供する。
●     Requires the Federal Trade Commission (FTC) to create regulations providing structured guidelines for assessment and reporting. ・米連邦取引委員会(FTC)に対し、評価と報告のための構造化されたガイドラインを提供する規制を設ける。
●     Ensures the responsibility for assessing impact by both companies that make critical decisions and those that build the technology that enables these processes. ・重要な意思決定を行う企業と、そのプロセスを可能にする技術を構築する企業の双方が、影響を評価する責任を負うようにする。
●     Requires reporting of select impact-assessment documentation to the FTC. ・選択した影響評価文書のFTCへの報告を義務付ける。
●     Requires the FTC to publish an annual anonymized aggregate report on trends and to establish a repository of information where consumers and advocates can review which critical decisions have been automated by companies along with information such as data sources, high level metrics and how to contest decisions, where applicable. ・FTCは、トレンドに関する匿名の集計報告書を毎年発表し、消費者や支持者が、企業によって自動化された重要な意思決定を、データソースや高レベルの評価指標、意思決定に異議を唱える方法などの情報とともに確認できる情報リポジトリを構築することを要求する。

●     Adds resources to the FTC to hire 50 staff and establishes a Bureau of Technology to enforce this Act and support the Commission in the technological aspects of its functions. ・FTCに資源を追加し、50人のスタッフを雇用するとともに、本法を施行し、委員会の機能の技術的側面をサポートするために、技術局を設立する。

 

エンドースメント

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.12.05 欧州理事会 AI法改正案を欧州議会に提出

・2021.12.23 米国 購買担当職員に対するAIトレーニング法が上院を通過

 

 

117th CONGRESS 第117回米国連邦議会
2d Session 第2セッション
H. R. 6580 H. R. 6580
To direct the Federal Trade Commission to require impact assessments of automated decision systems and augmented critical decision processes, and for other purposes. 米連邦取引委員会に対し、自動化された意思決定システムおよび拡張された重要な意思決定プロセスの影響評価を要求するよう指示すること、およびその他の目的のため。
IN THE HOUSE OF REPRESENTATIVES 下院にて
3-Feb-22 2月3日-22日
Ms. Clarke of New York (for herself, Mrs. Watson Coleman, Ms. Norton, Mr. Espaillat, Mr. Grijalva, Mr. McGovern, Ms. Wilson of Florida, Ms. Moore of Wisconsin, Ms. Plaskett, Ms. Pressley, Mr. Payne, Mr. Butterfield, Mr. Veasey, Ms. Bass, Ms. Adams, Ms. Kelly of Illinois, Mr. Cohen, Ms. Omar, Mr. Khanna, Mr. Trone, Mr. Larsen of Washington, Mr. McNerney, Mrs. Trahan, Mr. Bowman, Mr. Jones, Ms. Jackson Lee, Mrs. Lawrence, Mr. Casten, Mr. Carson, Mr. Evans, Mr. Cleaver, and Mr. Huffman) introduced the following bill; which was referred to the Committee on Energy and Commerce ニューヨーク州クラーク氏(本人、ワトソン・コールマン氏、ノートン氏、エスパイラット氏、グリハルバ氏、マクガバン氏、フロリダ州ウィルソン氏、ウィスコンシン州ムーア氏、プラスケット氏、プレスリー氏、ペイン氏、バターフィールド氏、ヴィーズィー氏、バス氏、アダムス氏、イリノイ州ケリー氏、コーエン氏、Ms. Omar氏、Khanna氏、Trone氏、ワシントン州のLarsen氏、McNerney氏、Trahan氏、Bowman氏、Jones氏、Jackson Lee氏、Lawrence氏、Casten氏、Carson氏、Evans氏、Cleaver氏、Huffman氏)が以下の法案を提出し、エネルギー・商業委員会に付託されました。
A BILL 議案
To direct the Federal Trade Commission to require impact assessments of automated decision systems and augmented critical decision processes, and for other purposes. 自動化された意思決定システムおよび拡張された重要な意思決定プロセスの影響評価を要求するよう連邦取引委員会に指示すること、およびその他の目的。
Be it enacted by the Senate and House of Representatives of the United States of America in Congress assembled, 議会を構成するアメリカ合衆国の上院および下院によって制定される。
SECTION 1. SHORT TITLE. 第1条 略称
This Act may be cited as the “Algorithmic Accountability Act of 2022”. 本法は、「Algorithmic Accountability Act of 2022」として引用することができる。
SEC. 2. DEFINITIONS. 第2条 定義
In this Act: 本法では
(1) AUGMENTED CRITICAL DECISION PROCESS.—The term “augmented critical decision process” means a process, procedure, or other activity that employs an automated decision system to make a critical decision. (1)強化された重要な意思決定プロセス:「強化された重要な意思決定プロセス」とは、重要な意思決定を行うために自動化された意思決定システムを採用するプロセス、手順、またはその他の活動をいう。
(2) AUTOMATED DECISION SYSTEM.—The term “automated decision system” means any system, software, or process (including one derived from machine learning, statistics, or other data processing or artificial intelligence techniques and excluding passive computing infrastructure) that uses computation, the result of which serves as a basis for a decision or judgment. (2) 自動化された意思決定システム:「自動化された意思決定システム」とは、意思決定や判断の基礎となる計算を使用するシステム、ソフトウェア、またはプロセス(機械学習、統計、その他のデータ処理や人工知能技術に由来するものを含み、パッシブなコンピューティングインフラを除く)をいう。
(3) BIOMETRICS.—The term “biometrics” means any information that represents a biological, physiological, or behavioral attribute or feature of a consumer. (3) バイオメトリクス:「バイオメトリクス」とは、消費者の生物学的、生理学的、または行動学的な属性または特徴を表すあらゆる情報を意味する。
(4) CHAIR.—The term “Chair” means the Chair of the Commission. (4) 委員長:「委員長」とは、委員会の議長をいう。
(5) COMMISSION.—The term “Commission” means the Federal Trade Commission. (5) 委員会:「委員会」とは、連邦取引委員会をいう。
(6) CONSUMER.—The term “consumer” means an individual. (6) 消費者:「消費者」とは、個人をいう。
(7) COVERED ENTITY.— (7) 対象事業者:
(A) IN GENERAL.—The term “covered entity” means any person, partnership, or corporation over which the Commission has jurisdiction under section 5(a)(2) of the Federal Trade Commission Act (15 U.S.C. 45(a)(2))— (A)全般:「対象事業者」とは、連邦取引委員会法第5条(a)(2)に基づき委員会が管轄する個人、パートナーシップ、または法人を意味する(15 U.S.C. 45(a)(2))。
(i) that deploys any augmented critical decision process; and (i) 拡張された重要な意思決定プロセスを導入していること。
(I) had greater than $50,000,000 in average annual gross receipts or is deemed to have greater than $250,000,000 in equity value for the 3-taxable-year period (or for the period during which the person, partnership, or corporation has been in existence, if such period is less than 3 years) preceding the most recent fiscal year, as determined in accordance with paragraphs (2) and (3) of section 448(c) of the Internal Revenue Code of 1986; (I) 1986年内国歳入法第448条(c)項の(2)および(3)に従って決定された、直近の会計年度に先立つ3課税期間(3年に満たない場合は、個人、パートナーシップ、または法人が存続していた期間)の平均年間売上高が5,000万ドルを超えるか、または持分価値が2億5,000万ドルを超えるとみなされること。
(II) possesses, manages, modifies, handles, analyzes, controls, or otherwise uses identifying information about more than 1,000,000 consumers, households, or consumer devices for the purpose of developing or deploying any automated decision system or augmented critical decision process; or (II) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスを開発または展開する目的で、100万人を超える消費者、世帯、または消費者機器に関する識別情報を保有、管理、修正、処理、分析、制御、またはその他の方法で使用する場合。
(III) is substantially owned, operated, or controlled by a person, partnership, or corporation that meets the requirements under subclause (I) or (II); (III) (I)または(II)の要件を満たす個人、パートナーシップ、または法人によって実質的に所有、運営、または管理されていること。
(ii) that— (ii) 以下の項目
(I) had greater than $5,000,000 in average annual gross receipts or is deemed to have greater than $25,000,000 in equity value for the 3-taxable-year period (or for the period during which the person, partnership, or corporation has been in existence, if such period is less than 3 years) preceding the most recent fiscal year, as determined in accordance with paragraphs (2) and (3) of section 448(c) of the Internal Revenue Code of 1986; and (I) 1986年内国歳入法第448条(c)項の(2)および(3)に従って決定された、直近の会計年度に先立つ3課税対象年度の平均年間売上高が500万ドル以上であるか、または株式価値が2,500万ドル以上であるとみなされる個人、パートナーシップ、または法人、および
(II) deploys any automated decision system that is developed for implementation or use, or that the person, partnership, or corporation reasonably expects to be implemented or used, in an augmented critical decision process by any person, partnership, or corporation if such person, partnership, or corporation meets the requirements described in clause (i); or (II) 拡張された重要な意思決定プロセスにおいて、個人、パートナーシップ、法人が実施もしくは使用するために開発された、または実施もしくは使用されると合理的に期待される自動化された意思決定システムであって、当該個人、パートナーシップ、法人が(i)項に記載された要件を満たしているものを導入すること、または
(iii) that met the criteria described in clause (i) or (ii) within the previous 3 years. (iii) 過去3年以内に(i)項または(ii)項に記載された基準を満たしたもの。
(B) INFLATION ADJUSTMENT.—For purposes of applying this paragraph in any fiscal year after the first fiscal year that begins on or after the date of enactment of this Act, each of the dollar amounts specified in subparagraph (A) shall be increased by the percentage increase (if any) in the consumer price index for all urban consumers (U.S. city average) from such first fiscal year that begins after such date of enactment to the fiscal year involved. (B) インフレ調整-本法の施行日以降に開始される最初の会計年度以降に本項を適用するために、(A)項で指定された各金額は、施行日以降に開始される最初の会計年度から当該会計年度までの都市部の全消費者向け消費者物価指数(米国都市部平均)の上昇率(もしあれば)によって増額されるものとする。
(8) CRITICAL DECISION.—The term “critical decision” means a decision or judgment that has any legal, material, or similarly significant effect on a consumer's life relating to access to or the cost, terms, or availability of— (8) 重要な決定:「重要な決定」とは、以下の項目へのアクセス、費用、条件、利用可能性に関連して、消費者の生活に法的、物質的、または同様に重要な影響を与える決定または判断をいう。
(A) education and vocational training, including assessment, accreditation, or certification; (A) 教育および職業訓練(評価、認定、認証を含む)。
(B) employment, workers management, or self-employment; (B) 雇用、労働者管理、または自営業。
(C) essential utilities, such as electricity, heat, water, internet or telecommunications access, or transportation; (C) 電気、暖房、水、インターネットや通信へのアクセス、交通手段などの基本的な公共サービス。
(D) family planning, including adoption services or reproductive services; (D) 養子縁組サービスや生殖に関するサービスなどの家族計画
(E) financial services, including any financial service provided by a mortgage company, mortgage broker, or creditor; (E) 金融サービス:住宅ローン会社、住宅ローンブローカー、債権者が提供する金融サービスを含む。
(F) healthcare, including mental healthcare, dental, or vision; (F) ヘルスケア(メンタルヘルスケア、歯科、眼科を含む
(G) housing or lodging, including any rental or short-term housing or lodging; (G) 住居・宿泊施設(賃貸・短期滞在型住居・宿泊施設を含む)。
(H) legal services, including private arbitration or mediation; or (H) 民間の仲裁・調停を含む法的サービス
(I) any other service, program, or opportunity decisions about which have a comparably legal, material, or similarly significant effect on a consumer's life as determined by the Commission through rulemaking. (I) その他のサービス、プログラム、機会の決定で、規則制定を通じて欧州委員会が決定した、消費者の生活に同等の法的、重要な、または同様に重要な影響を与えるもの。
(9) DEPLOY.—The term “deploy” means to implement, use, or make available for sale, license, or other commercial relationship. (9) 展開:「展開」とは、販売、ライセンス、またはその他の商業的関係のために実施、使用、または利用可能にすることをいう。
(10) DEVELOP.—The term “develop” means to design, code, produce, customize, or otherwise create or modify. (10)開発:「開発」とは、設計、コーディング、生産、カスタマイズ、またはその他の方法で作成または修正することを意味する。
(11) IDENTIFYING INFORMATION.—The term “identifying information” means any information, regardless of how the information is collected, inferred, predicted, or obtained that identifies or represents a consumer, household, or consumer device through data elements or attributes, such as name, postal address, telephone number, biometrics, email address, internet protocol address, social security number, or any other identifying number, identifier, or code. (11) 識別情報:「識別情報」とは、情報の収集、推論、予測、または取得の方法にかかわらず、氏名、郵便住所、電話番号、生体認証、電子メール・アドレス、インターネット・プロトコル・アドレス、社会保障番号、またはその他の識別番号、識別子、コードなどのデータ要素または属性により、消費者、家庭、または消費者機器を識別または代表するあらゆる情報をいう。
(12) IMPACT ASSESSMENT.—The term “impact assessment” means the ongoing study and evaluation of an automated decision system or augmented critical decision process and its impact on consumers. (12) 影響評価:「影響評価」とは、自動化された意思決定システムまたは強化された重要な意思決定プロセスと消費者への影響についての継続的な研究および評価を意味する。
(13) PASSIVE COMPUTING INFRASTRUCTURE.—The term “passive computing infrastructure” means any intermediary technology that does not influence or determine the outcome of a decision, including— (13) パッシブ・コンピューティング・インフラストラクチャー:「パッシブ・コンピューティング・インフラストラクチャー」とは、意思決定の結果に影響を与えたり、決定したりしないあらゆる仲介技術を意味し、以下を含む。
(A) web hosting; (A) ウェブホスティング。
(B) domain registration; (B) ドメイン登録
(C) networking; (C) ネットワーク
(D) caching; (D) キャッシング
(E) data storage; or (E) データストレージ、または
(F) cybersecurity. (F) サイバー・セキュリティ。
(14) STATE.—The term “State” means each of the 50 States, the District of Columbia, and any territory or possession of the United States. (14) 州:「州」とは、米国50州、コロンビア特別区、および米国の領土または領有権を意味する。
(15) SUMMARY REPORT.—The term “summary report” means documentation of a subset of information required to be addressed by the impact assessment as described in this Act or determined appropriate by the Commission. (15) 概要報告:「概要報告」とは、本法令に記載された影響評価で取り上げられることが要求される情報のサブセットの文書、または委員会が適切と判断した情報をいう。
(16) THIRD-PARTY DECISION RECIPIENT.—The term “third-party decision recipient” means any person, partnership, or corporation (beyond the consumer and the covered entity) that receives a copy of or has access to the results of any decision or judgment that results from a covered entity's deployment of an automated decision system or augmented critical decision process. (16) 第三者意思決定受領者:「第三者意思決定受領者」とは、対象事業者が自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスを導入した結果として生じる意思決定または判断の結果のコピーを受領する、またはその結果にアクセスする(消費者および対象事業者を除く)個人、パートナーシップ、または法人をいう。
SEC. 3. ASSESSING THE IMPACT OF AUTOMATED DECISION SYSTEMS AND AUGMENTED CRITICAL DECISION PROCESSES. 第3条 自動化された意思決定システムおよび拡張された重要な意思決定プロセスの影響を評価する。
(a) Acts Prohibited.— (a) 禁止される行為
(1) IN GENERAL.—It is unlawful for— (1) 一般的に、以下の行為は違法である。
(A) any covered entity to violate a regulation promulgated under subsection (b); or (A) 対象となる企業が、(b)項に基づいて公布された規制に違反すること。
(B) any person to knowingly provide substantial assistance to any covered entity in violating subsection (b). (B) 何人も、対象事業者が(b)項に違反することを知りながら実質的な支援を行うこと。
(2) PREEMPTION OF PRIVATE CONTRACTS.—It shall be unlawful for any covered entity to commit the acts prohibited in paragraph (1), regardless of specific agreements between entities or consumers. (2) 民間契約の禁止:対象事業者が、事業者間または消費者間の特定の契約にかかわらず、(1)で禁止された行為を行うことは違法である。
(b) Regulations.— (b) 規制
(1) IN GENERAL.—Subject to paragraph (2), not later than 2 years after the date of enactment of this Act, the Commission shall, in consultation with the Director of the National Institute of Standards and Technology, the Director of the National Artificial Intelligence Initiative, the Director of the Office of Science and Technology Policy, and other relevant stakeholders, including standards bodies, private industry, academia, technology experts, and advocates for civil rights, consumers, and impacted communities, promulgate regulations, in accordance with section 553 of title 5, United States Code, that— (委員会は、本法の制定日から2年以内に、(2)項を条件として、米国標準技術研究所所長、米国人工知能イニシアチブ所長、科学技術政策局所長、および標準化団体、民間企業、学界、技術専門家、市民権・消費者・影響を受ける地域社会の擁護者を含むその他の関係者と協議のうえ、米国法典第5編第553項に従い、以下の規則を公布する。
(A) require each covered entity to perform impact assessment of any— (A) 各対象事業者は、以下のような場合に影響評価を行うことを要求する。
(i) deployed automated decision system that was developed for implementation or use, or that the covered entity reasonably expects to be implemented or used, in an augmented critical decision process by any person, partnership, or corporation that meets the requirements described in section 2(7)(A)(i); and (i) 第2条(7)(A)(i)に記載された要件を満たす個人、パートナーシップ、または法人による拡張重要意思決定プロセスでの実装または使用のために開発された、または対象事業者が実装または使用されることを合理的に期待する配備された自動意思決定システム、および
(ii) augmented critical decision process, both prior to and after deployment by the covered entity; (ii) 拡張された重要な意思決定プロセスを、対象事業体が展開する前と後の両方で行う。
(B) require each covered entity to maintain documentation of any impact assessment performed under subparagraph (A), including the applicable information described in section 4(a) for 3 years longer than the duration of time for which the automated decision system or augmented critical decision process is deployed; (B) 各対象事業者は、自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスが導入された期間よりも3年間、第4条(a)に記載された該当する情報を含む、(A)号に基づいて実施された影響評価の文書を保持することを要求する。
(C) require each person, partnership, or corporation that meets the requirements described in section 2(7)(A)(i) to disclose their status as a covered entity to any person, partnership, or corporation that sells, licenses, or otherwise provides through a commercial relationship any automated decision system deployed by the covered entity in an automated decision system or augmented critical decision process; (C) 第2条(7)(A)(i)項に記載された要件を満たす各個人、パートナーシップ、または法人に対し、自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスにおいて対象事業者が導入した自動化された意思決定システムを販売、ライセンス供与、またはその他の商業的関係を通じて提供する個人、パートナーシップ、または法人に対して、対象事業者としての地位を開示するよう求める。
(D) require each covered entity to submit to the Commission, on an annual basis, a summary report for ongoing impact assessment of any deployed automated decision system or augmented critical decision process; (D) 各対象事業者に対し、導入された自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの継続的な影響評価に関する要約報告書を、毎年、欧州委員会に提出するよう求める。
(E) require each covered entity to submit an initial summary report to the Commission for any new automated decision system or augmented critical decision process prior to its deployment by the covered entity; (E) 各対象事業者は、新しい自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスについて、対象事業者が導入する前に、最初の要約報告書を欧州委員会に提出することを要求する。
(F) allow any person, partnership, or corporation over which the Commission has jurisdiction under section 5(a)(2) of the Federal Trade Commission Act (15 U.S.C. 45(a)(2)) that deploys any automated decision system or augmented critical decision process, but is not a covered entity, to submit to the Commission a summary report for any impact assessment performed with respect to such system or process; (F) 連邦取引委員会法(15 U.S.C. 45(a)(2))の第5条(a)(2)項に基づき委員会が管轄する個人、パートナーシップ、または法人で、自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスを導入するが、対象事業者ではないものが、当該システムまたはプロセスに関して実施された影響評価の概要報告書を委員会に提出することを認める。
(G) require each covered entity, in performing the impact assessment described in subparagraph (A), to the extent possible, to meaningfully consult (including through participatory design, independent auditing, or soliciting or incorporating feedback) with relevant internal stakeholders (such as employees, ethics teams, and responsible technology teams) and independent external stakeholders (such as representatives of and advocates for impacted groups, civil society and advocates, and technology experts) as frequently as necessary; (G) 各対象事業者に対し、(A)号に記載された影響評価を行うにあたり、可能な限り、内部の関係者(従業員、倫理チーム、責任ある技術チームなど)および外部の独立した関係者(影響を受けるグループの代表者および擁護者、市民社会および擁護者、技術専門家など)と、必要に応じて頻繁に有意義な協議を行う(参加型設計、独立した監査、またはフィードバックの募集や取り込みを含む)ことを要求する。
(H) require each covered entity to attempt to eliminate or mitigate, in a timely manner, any impact made by an augmented critical decision process that demonstrates a likely material negative impact that has legal or similarly significant effects on a consumer's life; (H) 消費者の生活に法的または同様の重大な影響を与える可能性のある重大な負の影響を実証する、拡張された重要な意思決定プロセスによる影響を、適時に排除または緩和するよう試みることを、各対象事業者に要求する。
(I) establish definitions for— (I) 以下の定義を確立する。
(i) what constitutes “access to or the cost, terms, or availability of” with respect to a critical decision; (i) 重要な意思決定に関する「アクセス、コスト、条件、または入手可能性」とは何か。
(ii) what constitutes “possession”, “management”, “modification”, and “control” with respect to identifying information; (ii) 識別情報に関する「所有」、「管理」、「変更」、「管理」とは何を意味するか。
(iii) the different categories of third-party decision recipients that a covered entity must document under section 5(1)(H); and (iii) 被保険者が第5条(1)(H)に基づいて文書化しなければならない第三者意思決定受領者の異なるカテゴリー。
(iv) any of the services, programs, or opportunities described in subparagraphs (A) through (I) of section 2(8) for the purpose of informing consumers, covered entities, and regulators, as the Commission deems necessary; (iv) 欧州委員会が必要と考える、消費者、対象事業者および規制当局への情報提供を目的とした、第2条(8)項の(A)号から(I)号に記載されたサービス、プログラムまたは機会のいずれか。
(J) establish guidelines for any person, partnership, or corporation to calculate the number of consumers, households, or consumer devices for which the person, partnership, or corporation possesses, manages, modifies, or controls identifying information for the purpose of determining covered entity status; (J) 個人、パートナーシップ、または法人が、対象事業者の地位を決定する目的で、識別情報を保有、管理、変更、または管理している消費者、世帯、または消費者機器の数を計算するためのガイドラインを制定すること。
(K) establish guidelines for a covered entity to prioritize different automated decision systems and augmented critical decision processes deployed by the covered entity for performing impact assessment; and (K) 影響評価を行うために、対象事業者が導入したさまざまな自動意思決定システムおよび拡張重要意思決定プロセスに優先順位をつけるためのガイドラインを確立する。
(L) establish a required format for any summary report, as described in subparagraphs (D), (E), and (F), to ensure that such reports are submitted in an accessible and machine-readable format. (L) (D)、(E)および(F)項に記載された要約報告書の必須フォーマットを確立し、当該報告書がアクセス可能で機械で読み取り可能なフォーマットで提出されることを保証する。
(2) CONSIDERATIONS.—In promulgating the regulations under paragraph (1), the Commission— (2) パラグラフ(1)の規定を制定するにあたり、委員会は以下の点を考慮する。
(A) shall take into consideration— (A)以下の点を考慮しなければならない。
(i) that certain assessment or documentation of an automated decision system or augmented critical decision process may only be possible at particular stages of the development and deployment of such system or process or may be limited or not possible based on the availability of certain types of information or data or the nature of the relationship between the covered entity and consumers; (i) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの特定の評価または文書化は、当該システムまたはプロセスの開発および展開の特定の段階においてのみ可能であり、また、特定の種類の情報またはデータの入手可能性または対象事業者と消費者との間の関係の性質に基づいて、制限されるかまたは不可能である可能性がある。
(ii) the duration of time between summary report submissions and the timeliness of the reported information; (ii) 概要報告書を提出するまでの期間および報告された情報の適時性。
(iii) the administrative burden placed on the Commission and the covered entity; (iii) 欧州委員会および対象事業者にかかる管理上の負担
(iv) the benefits of standardizing and structuring summary reports for comparative analysis compared with the benefits of less-structured narrative reports to provide detail and flexibility in reporting; (iv) 比較分析のために要約報告書を標準化し構造化することの利点と、報告の詳細と柔軟性を提供するために構造化されていない説明的報告書の利点とを比較する。
(v) that summary reports submitted by different covered entities may contain different fields according to the requirements established by the Commission, and the Commission may allow or require submission of incomplete reports; (v) 異なる対象事業者が提出する概要報告書には、欧州委員会が設定した要件に応じて、異なるフィールドが含まれている可能性があり、欧州委員会は不完全な報告書の提出を許可または要求する可能性があること。
(vi) that existing data privacy and other regulations may inhibit a covered entity from storing or sharing certain information; and (vi) 既存のデータ・プライバシーおよびその他の規制は、対象事業者が特定の情報を保存または共有することを阻害する可能性があること。
(vii) that a covered entity may require information from other persons, partnerships, or corporations that develop any automated decision system deployed in an automated decision system or augmented critical decision process by the covered entity for the purpose of performing impact assessment; and (vii) 対象事業者は、影響評価を行う目的で、対象事業者が自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスに導入された自動化された意思決定システムを開発する他の個人、パートナーシップ、または法人からの情報を要求することができること。
(B) may develop specific requirements for impact assessments and summary reports for particular— (B) 特定の以下の項目について、影響度評価及び要約報告書に関する特定の要件を策定することができる。
(i) categories of critical decisions, as described in subparagraphs (A) through (I) of section 2(8) or any subcategory developed by the Commission; and (i) 第2条(8)項の(A)号から(I)号に記載された重要な意思決定のカテゴリー、または委員会が作成したサブカテゴリー。
(ii) stages of development and deployment of an automated decision system or augmented critical decision process. (ii) 自動化された意思決定システムまたは強化された重要な意思決定プロセスの開発と展開の段階。
(3) EFFECTIVE DATE.—The regulations described in paragraph (1) shall take effect on the date that is 2 years after such regulations are promulgated. (3) 施行日:第1項に記載された規制は、当該規制が公布されてから2年後の日付で施行される。
SEC. 4. REQUIREMENTS FOR COVERED ENTITY IMPACT ASSESSMENT. 第4条 被保険者の影響評価の要件
(a) Requirements For Impact Assessment.—In performing any impact assessment required under section 3(b)(1) for an automated decision system or augmented critical decision process, a covered entity shall do the following, to the extent possible, as applicable to such covered entity as determined by the Commission: (a) 影響評価の要件 -自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスについて、第 3 条(b)(1)に基づき要求される影響評価を行うにあたり、適用事業者は、可能な限り、欧州委員会が決定した当該適用事業者に適用さ れる以下の事項を行わなければならない。
(1) In the case of a new augmented critical decision process, evaluate any previously existing critical decision-making process used for the same critical decision prior to the deployment of the new augmented critical decision process, along with any related documentation or information, such as— (1) 新しい拡張された重要な意思決定プロセスの場合、新しい拡張された重要な意思決定プロセスを展開する前に、同じ重要な意思決定のために使用された以前の既存の重要な意思決定プロセスを、以下のような関連する文書または情報とともに評価する。
(A) a description of the baseline process being enhanced or replaced by the augmented critical decision process; (A) 拡張された重要な意思決定プロセスによって強化または置き換えられるベースライン・プロセスの説明。
(B) any known harm, shortcoming, failure case, or material negative impact on consumers of the previously existing process used to make the critical decision; (B) 重要な意思決定を行うために使用されている既存のプロセスの、既知の弊害、欠点、失敗例、消費者への重大な負の影響。
(C) the intended benefits of and need for the augmented critical decision process; and (C) 拡張された重要な意思決定プロセスの意図された利点と必要性。
(D) the intended purpose of the automated decision system or augmented critical decision process. (D) 自動化された意思決定システムまたは強化された重要な意思決定プロセスの意図された目的。
(2) Identify and describe any consultation with relevant stakeholders as required by section 3(b)(1)(G), including by documenting— (2) セクション3(b)(1)(G)で要求されている、関連するステークホルダーとの協議を特定し、説明すること。
(A) the points of contact for the stakeholders who were consulted; (A) コンサルテーションを受けたステークホルダーの連絡先。
(B) the date of any such consultation; and (B) そのような協議が行われた日付
(C) information about the terms and process of the consultation, such as— (C)以下のような協議の条件とプロセスに関する情報
(i) the existence and nature of any legal or financial agreement between the stakeholders and the covered entity; (i) 利害関係者と対象事業者との間の法的または金銭的な合意の存在および性質。
(ii) any data, system, design, scenario, or other document or material the stakeholder interacted with; and (ii) 利害関係者がやり取りしたデータ、システム、設計、シナリオ、その他の文書または資料。
(iii) any recommendations made by the stakeholders that were used to modify the development or deployment of the automated decision system or augmented critical decision process, as well as any recommendations not used and the rationale for such nonuse. (iii) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの開 発または展開を修正するために使用された利害関係者による勧告、および使用されなかった勧 告とその根拠のすべて。
(3) In accordance with any relevant National Institute of Standards and Technology or other Federal Government best practices and standards, perform ongoing testing and evaluation of the privacy risks and privacy-enhancing measures of the automated decision system or augmented critical decision process, such as— (3) 関連する米国標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology)またはその他の連邦政府のベスト・プラクティスおよび標準に従って、自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスのプライバシー・リスクおよびプライバシー強化措置について、以下のような継続的なテストおよび評価を行う。
(A) assessing and documenting the data minimization practices of such system or process and the duration for which the relevant identifying information and any resulting critical decision is stored; (A) 当該システムまたはプロセスのデータ最小化手法、ならびに関連する識別情報および結果としての重要な意思決定が保存される期間を評価し、文書化すること。
(B) assessing the information security measures in place with respect to such system or process, including any use of privacy-enhancing technology such as federated learning, differential privacy, secure multi-party computation, de-identification, or secure data enclaves based on the level of risk; and (B) リスクのレベルに応じて、連携学習、差分プライバシー、安全なマルチパーティ計算、非識別化、または安全なデータエンクレーブなどのプライバシー強化技術の使用を含む、当該システムまたはプロセスに関して実施されている情報セキュリティ対策を評価すること。
(C) assessing and documenting the current and potential future or downstream positive and negative impacts of such system or process on the privacy, safety, or security of consumers and their identifying information. (C) 消費者及びその識別情報のプライバシー、安全性又はセキュリティに対する当該システム又はプロセスの現在及び潜在的な将来又は下流のプラス及びマイナスの影響を評価し、文書化すること。
(4) Perform ongoing testing and evaluation of the current and historical performance of the automated decision system or augmented critical decision process using measures such as benchmarking datasets, representative examples from the covered entity’s historical data, and other standards, including by documenting— (4) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの現在および過去の性能について、ベンチマーク・データセット、対象事業者の過去のデータからの代表例、およびその他の基準などの手段を用いて、継続的なテストおよび評価を行うこと。
(A) a description of what is deemed successful performance and the methods and technical and business metrics used by the covered entity to assess performance; (A) 何が成功したパフォーマンスとみなされるかの説明、ならびにパフォーマンスを評価するために対象事業者が使用した方法および技術的・ビジネス的な指標。
(B) a review of the performance of such system or process under test conditions or an explanation of why such performance testing was not conducted; (B) テスト条件下での当該システムまたはプロセスのパフォーマンスのレビュー、またはそのようなパフォーマンス・テストが実施されなかった理由の説明。
(C) a review of the performance of such system or process under deployed conditions or an explanation of why performance was not reviewed under deployed conditions; (C) 配備された状態での当該システムまたはプロセスの性能のレビュー、または配備された状態で性能をレビューしなかった理由の説明。
(D) a comparison of the performance of such system or process under deployed conditions to test conditions or an explanation of why such a comparison was not possible; (D) 配備された状態での当該システムまたはプロセスの性能と試験条件との比較、またはそのような比較ができなかった理由の説明。
(E) an evaluation of any differential performance associated with consumers' race, color, sex, gender, age, disability, religion, family status, socioeconomic status, or veteran status, and any other characteristics the Commission deems appropriate (including any combination of such characteristics) for which the covered entity has information, including a description of the methodology for such evaluation and information about and documentation of the methods used to identify such characteristics in the data (such as through the use of proxy data, including zip codes); and (E) 消費者の人種、肌の色、性別、年齢、障害の有無、宗教、家族構成、社会経済的地位、退役軍人の地位、その他欧州委員会が適切と考える特性(これらの特性の組み合わせを含む)であって、対象事業者が情報を持っているものに関連した差異のある性能の評価であって、このような評価の方法の説明、およびデータ中のこのような特性を特定するために使用した方法(郵便番号などの代理データの使用など)に関する情報とその文書を含むもの。
(F) if any subpopulations were used for testing and evaluation, a description of which subpopulations were used and how and why such subpopulations were determined to be of relevance for the testing and evaluation. (F) テストおよび評価のために小集団が使用された場合は、どの小集団が使用されたか、また、どのようにして、そしてなぜその小集団がテストおよび評価に関連すると判断されたかの説明。
(5) Support and perform ongoing training and education for all relevant employees, contractors, or other agents regarding any documented material negative impacts on consumers from similar automated decision systems or augmented critical decision processes and any improved methods of developing or performing an impact assessment for such system or process based on industry best practices and relevant proposals and publications from experts, such as advocates, journalists, and academics. (5) 類似の自動意思決定システムまたは強化された重要な意思決定プロセスによる消費者への重大な負の影響が文書化されていること、および業界のベストプラクティスや、支持者、ジャーナリスト、学者などの専門家による関連する提案や出版物に基づいて、当該システムまたはプロセスの影響評価を開発または実行するための改善された方法について、関連するすべての従業員、請負業者、またはその他のエージェントに対する継続的なトレーニングおよび教育を支援し、実施する。
(6) Assess the need for and possible development of any guard rail for or limitation on certain uses or applications of the automated decision system or augmented critical decision process, including whether such uses or applications ought to be prohibited or otherwise limited through any terms of use, licensing agreement, or other legal agreement between entities. (6) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの特定の使用またはアプリケーションに対するガードレールまたは制限の必要性および開発の可能性を評価する。これには、そのような使用またはアプリケーションが、事業体間の使用条件、ライセンス契約、またはその他の法的契約によって禁止または制限されるべきかどうかを含む。
(7) Maintain and keep updated documentation of any data or other input information used to develop, test, maintain, or update the automated decision system or augmented critical decision process, including— (7) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスを開発、テスト、維持、または更新するために使用されたデータまたはその他の入力情報について、以下を含む、最新の文書を維持、保管する。
(A) how and when such data or other input information was sourced and, if applicable, licensed, including information such as— (A) 当該データまたはその他の入力情報が、いつ、どのようにして入手されたか、また、該当する場合には、以下のような情報を含めて、ライセンスされたか。
(i) metadata and information about the structure and type of data or other input information, such as the file type, the date of the file creation or modification, and a description of data fields; (i) データまたはその他の入力情報の構造および種類に関するメタデータおよび情報(ファイルの種類、ファイルの作成または変更の日付、データフィールドの説明など)。
(ii) an explanation of the methodology by which the covered entity collected, inferred, or obtained the data or other input information and, if applicable, labeled, categorized, sorted, or clustered such data or other input information, including whether such data or other input information was labeled, categorized, sorted, or clustered prior to being collected, inferred, or obtained by the covered entity; and (ii) 対象事業者がデータまたはその他の入力情報を収集、推論、または取得し、該当する場合には、当該データまたはその他の入力情報のラベル付け、分類、ソート、またはクラスタリングを行った方法の説明(当該データまたはその他の入力情報が対象事業者によって収集、推論、または取得される前にラベル付け、分類、ソート、またはクラスタリングされていたかどうかを含む)、および
(iii) whether and how consumers provided informed consent for the inclusion and further use of data or other input information about themselves and any limitations stipulated on such inclusion or further use; (iii) 消費者が自らに関するデータまたはその他の入力情報を含めることおよび今後使用することにインフォームド・コンセントを提供したかどうかおよびその方法、ならびにかかる含めることまたは今後使用することについて規定された制限。
(B) why such data or other input information was used and what alternatives were explored; and (B) 当該データまたはその他の入力情報が使用された理由、およびどのような代替手段が検討されたか、および
(C) other information about the data or other input information, such as— (C) データまたはその他の入力情報に関する以下のような情報
(i) the representativeness of the dataset and how this factor was measured, including any assumption about the distribution of the population on which the augmented critical decision process is deployed; and (i) データセットの代表性、及びこの要素の測定方法(拡張された重要な意思決定プロセスが展開される母集団の分布に関する仮定を含む)。
(ii) the quality of the data, how the quality was evaluated, and any measure taken to normalize, correct, or clean the data. (ii) データの質、その質の評価方法、データの正規化、修正、洗浄のために取られた措置。
(8) Evaluate the rights of consumers, such as— (8) 次のような消費者の権利を評価する。
(A) by assessing the extent to which the covered entity provides consumers with— (A) 被保険者が消費者に以下を提供する程度を評価する。
(i) clear notice that such system or process will be used; and (i) 当該システムまたはプロセスが使用されることを明確に通知すること。
(ii) a mechanism for opting out of such use; (ii) 当該使用をオプトアウトするためのメカニズム。
(B) by assessing the transparency and explainability of such system or process and the degree to which a consumer may contest, correct, or appeal a decision or opt out of such system or process, including— (B) 当該システムまたはプロセスの透明性および説明可能性、ならびに消費者が当該システムまたはプロセスの決定またはオプトアウトに対して異議、修正、または抗議を行うことができる程度を評価することにより、以下を含む。
(i) the information available to consumers or representatives or agents of consumers about the system or process, such as any relevant factors that contribute to a particular decision, including an explanation of which contributing factors, if changed, would cause the system or process to reach a different decision, and how such consumer, representative, or agent can access such information; (i) 消費者、消費者の代理人、またはエージェントが、システムまたはプロセスについて入手できる情報。例えば、特定の決定に寄与するあらゆる関連要因(どの関連要因が変更された場合にシステムまたはプロセスが異なる決定を下すことになるかの説明を含む)、および当該消費者、代理人、またはエージェントが当該情報にアクセスする方法。
(ii) documentation of any complaint, dispute, correction, appeal, or opt-out request submitted to the covered entity by a consumer with respect to such system or process; and (ii) 当該システムまたはプロセスに関して、消費者が対象事業者に提出した苦情、紛争、修正、上訴、またはオプトアウト要求の文書
(iii) the process and outcome of any remediation measure taken by the covered entity to address the concerns of or harms to consumers; and (iii) 消費者の懸念や被害に対処するために対象事業者が講じた是正措置のプロセスと結果。
(C) by describing the extent to which any third-party decision recipient receives a copy of or has access to the results of such system or process and the category of such third-party decision recipient, as defined by the Commission in section 3(b)(1)(I)(iii). (C) 第三者意思決定受領者が当該システムまたはプロセスの結果のコピーを受け取り、またはその結果にアクセスできる範囲、および第3条(b)(1)(I)(iii)で欧州委員会が定義した当該第三者意思決定受領者のカテゴリーを記述することによって。
(9) Identify any likely material negative impact of the automated decision system or augmented critical decision process on consumers and assess any applicable mitigation strategy, such as by— (9) 自動化された意思決定システムまたは強化された重要な意思決定プロセスが消費者に与える可能性のある重大な負の影響を特定し、以下のような適用可能な緩和戦略を評価する。
(A) identifying and measuring any likely material negative impact of the system or process on consumers, including documentation of the steps taken to identify and measure such impact; (A) システムまたはプロセスが消費者に与える可能性のある重大な負の影響を特定し、測定すること(そのような影響を特定し、測定するためにとられた手順の文書化を含む)。
(B) documenting any steps taken to eliminate or reasonably mitigate any likely material negative impact identified, including steps such as removing the system or process from the market or terminating its development; (B) 特定された重大な悪影響の可能性を排除する、または合理的に緩和するために取られた措置(システムまたはプロセスを市場から排除する、または開発を中止するなどの措置を含む)を文書化すること。
(C) with respect to the likely material negative impacts identified, documenting which such impacts were left unmitigated and the rationale for the inaction, including details about the justifying non-discriminatory, compelling interest and why such interest cannot be satisfied by other means (such as where there is an equal, zero-sum trade-off between impacts on 2 or more consumers or where the required mitigating action would violate civil rights or other laws); and (C)特定された重大な負の影響の可能性に関して、どの影響が軽減されないまま放置されたのか、また、正当化する非差別的でやむを得ない利益と、そのような利益が他の手段では満たされない理由(2人以上の消費者への影響の間に平等でゼロサムなトレードオフがある場合や、必要な軽減措置が市民権や他の法律に違反する場合など)の詳細を含む、不作為の根拠を文書化すること;および
(D) documenting standard protocols or practices used to identify, measure, mitigate, or eliminate any likely material negative impact on consumers and how relevant teams or staff are informed of and trained about such protocols or practices. (D) 消費者に対する重大な負の影響の可能性を特定、測定、緩和、または除去するために使用される標準的なプロトコルまたはプラクティス、および関連するチームまたはスタッフがそのようなプロトコルまたはプラクティスについてどのように通知され、訓練されているかを文書化すること。
(10) Describe any ongoing documentation of the development and deployment process with respect to the automated decision system or augmented critical decision process, including information such as— (10) 自動化された意思決定システム又は拡張された重要な意思決定プロセスに関する開発及び展開プロセスについて、以下のような情報を含む継続的な文書を記述する。
(A) the date of any testing, deployment, licensure, or other significant milestones; and (A) 試験、配備、免許取得、その他の重要なマイルストーンの日付。
(B) points of contact for any team, business unit, or similar internal stakeholder that was involved. (B) 関係したチーム、事業部、または同様の内部関係者の連絡先。
(11) Identify any capabilities, tools, standards, datasets, security protocols, improvements to stakeholder engagement, or other resources that may be necessary or beneficial to improving the automated decision system, augmented critical decision process, or the impact assessment of such system or process, in areas such as— (11) 自動化された意思決定システム、拡張された重要な意思決定プロセス、またはそのようなシステムやプロセスの影響評価を改善するために必要または有益な能力、ツール、標準、データセット、セキュリティプロトコル、利害関係者の関与の改善、またはその他のリソースを、以下のような分野で特定すること。
(A) performance, including accuracy, robustness, and reliability; (A) 正確性、頑健性、信頼性を含む性能。
(B) fairness, including bias and nondiscrimination; (B)偏りや無差別を含む公平性。
(C) transparency, explainability, contestability, and opportunity for recourse; (C)透明性、説明可能性、論争可能性、および救済の機会。
(D) privacy and security; (D) プライバシーとセキュリティ
(E) personal and public safety; (E) 個人および公共の安全性
(F) efficiency and timeliness; (F) 効率性と適時性
(G) cost; or (G) コスト
(H) any other area determined appropriate by the Commission. (H) 委員会が適切と判断したその他の分野。
(12) Document any of the impact assessment requirements described in paragraphs (1) through (11) that were attempted but were not possible to comply with because they were infeasible, as well as the corresponding rationale for not being able to comply with such requirements, which may include— (12) パラグラフ(1)から(11)に記載された影響評価要件のうち、試みられたものの実現不可能であったために遵守できなかったものを文書化するとともに、当該要件を遵守できなかったことに対応する根拠を示す。
(A) the absence of certain information about an automated decision system developed by other persons, partnerships, and corporations; (A) 他の個人、パートナーシップ、および法人が開発した自動意思決定システムに関する特定の情報がないこと。
(B) the absence of certain information about how clients, customers, licensees, partners, and other persons, partnerships, or corporations are deploying an automated decision system in their augmented critical decision processes; (B) クライアント、顧客、ライセンシー、パートナー、およびその他の個人、パートナーシップ、企業が、拡張された重要な意思決定プロセスにおいて、どのように自動化された意思決定システムを導入しているかについての情報がないこと。
(C) a lack of demographic or other data required to assess differential performance because such data is too sensitive to collect, infer, or store; or (C)差動性能を評価するために必要な人口統計学的データまたはその他のデータが、収集、推論、または保存するには機密性が高すぎるために欠如している場合。
(D) a lack of certain capabilities, including technological innovations, that would be necessary to conduct such requirements. (D) そのような要求を実施するために必要な、技術革新を含む特定の能力の欠如。
(13) Perform and document any other ongoing study or evaluation determined appropriate by the Commission. (13) 欧州委員会が適切と判断したその他の継続的な調査または評価を実施し、文書化すること。
(b) Rule Of Construction.—Nothing in this Act should be construed to limit any covered entity from adding other criteria, procedures, or technologies to improve the performance of an impact assessment of their automated decision system or augmented critical decision process. (b) 建設規則:本法令のいかなる規定も、対象となる事業者が、自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの影響評価の性能を向上させるために、他の基準、手順、または技術を追加することを制限するものであってはならない。
(c) Nondisclosure Of Impact Assessment.—Nothing in this Act should be construed to require a covered entity to share with or otherwise disclose to the Commission or the public any information contained in an impact assessment performed in accordance with this Act, except for any information contained in the summary report required under subparagraph (D) or (E) of section 3(b)(1). (c) 影響評価の非開示-本法は、第3条(b)(1)項の(D)号または(E)号に基づいて要求される要約報告書に含まれる情報を除き、本法に従って実施された影響評価に含まれる情報を、対象事業者が欧州委員会または公衆と共有すること、またはその他の方法で開示することを要求するものではないと解釈すべきである。
SEC. 5. REQUIREMENTS FOR SUMMARY REPORTS TO THE COMMISSION. 第5条 委員会への概要報告の要件
The summary report that a covered entity is required to submit under subparagraph (D) or (E) of section 3(b)(1) for any automated decision system or augmented critical decision process shall, to the extent possible— 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスについて、対象事業者が第 3 条(b)(1)項の(D)または(E)号に基づいて提出する必要のある概要報告は、可能な限り以下の通りとする。
(1) contain information from the impact assessment of such system or process, as applicable, including— (1) 必要に応じて、当該システムまたはプロセスの影響評価から得られた以下のような情報を含む。
(A) the name, website, and point of contact for the covered entity; (A) 対象事業者の名称、ウェブサイト及び連絡先。
(B) a detailed description of the specific critical decision that the augmented critical decision process is intended to make, including the category of critical decision as described in subparagraphs (A) through (I) of section 2(8); (B) 拡張された重要な意思決定プロセスが意図している特定の重要な意思決定の詳細な説明(第2条(8)項の(A)号から(I)号に記載されている重要な意思決定のカテゴリーを含む)。
(C) the covered entity's intended purpose for the automated decision system or augmented critical decision process; (C) 自動化された意思決定システム又は拡張された重要な意思決定プロセスに対する対象事業者の意図する目的。
(D) an identification of any stakeholders consulted by the covered entity as required by section 3(b)(1)(G) and documentation of the existence and nature of any legal agreements between the stakeholders and the covered entity; (D) 第 3 項(b)(1)(G)で要求されているように、対象事業者が協議した利害関係者の識別、および利害関係者と対象事業者との間の法的合意の存在と性質に関する文書。
(E) documentation of the testing and evaluation of the automated decision system or augmented critical decision process, including— (E) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスのテストおよび評価の文書。
(i) the methods and technical and business metrics used to assess the performance of such system or process and a description of what metrics are deemed successful performance; (i) 当該システムまたはプロセスの性能を評価するために使用された方法、技術的および ビジネス上の測定基準、およびどの測定基準が性能に成功したとみなされるかの説明。
(ii) the results of any assessment of the performance of such system or process and a comparison of the results of any assessment under test and deployed conditions; and (ii) そのようなシステムやプロセスの性能を評価した結果、および試験環境下と配備環境下での評価結果の比較。
(iii) an evaluation of any differential performance of such system or process assessed during the impact assessment; (iii) 影響評価の間に評価された、当該システムまたはプロセスの差異性能の評価。
(F) any publicly stated guard rail for or limitation on certain uses or applications of the automated decision system or augmented critical decision process, including whether such uses or applications ought to be prohibited or otherwise limited through any terms of use, licensing agreement, or other legal agreement between entities; (F) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの特定の使用またはアプリケーションに対する公に表明されたガードレールまたは制限(そのような使用またはアプリケーションが、使用条件、ライセンス契約、またはエンティティ間のその他の法的合意によって禁止またはその他の方法で制限されるべきかどうかを含む)。
(G) documentation about the data or other input information used to develop, test, maintain, or update the automated decision system or augmented critical decision process including— (G) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスを開発、テスト、維持、または更新するために使用されたデータまたはその他の入力情報に関する文書で、以下を含む。
(i) how and when the covered entity sourced such data or other input information; and (i) 対象となる事業体が、いつ、どのようにして当該データまたはその他の入力情報を調達したか。
(ii) why such data or other input information was used and what alternatives were explored; (ii) 当該データまたはその他の入力情報が使用された理由、およびどのような代替案が検討されたか。
(H) documentation of whether and how the covered entity implements any transparency or explainability measures, including— (H) カバーされるエンティティが透明性または説明可能性の手段を実施しているかどうかおよびその方法に関する文書。
(i) which categories of third-party decision recipients receive a copy of or have access to the results of any decision or judgment that results from such system or process; and (i) どのカテゴリーの第三者意思決定受領者が、当該システムまたはプロセスの結果である意思決定または判断の結果のコピーを受け取り、またはその結果にアクセスできるか。
(ii) any mechanism by which a consumer may contest, correct, or appeal a decision or opt out of such system or process, including the corresponding website for such mechanism, where applicable; (ii) お客様が決定に異議を唱え、訂正し、異議を申し立て、またはかかるシステムもしくはプロセスから脱退することができる仕組み(該当する場合は、かかる仕組みに対応するウェブサイトを含む)。
(I) any likely material negative impact on consumers identified by the covered entity and a description of the steps taken to remediate or mitigate such impact; (I) 対象事業者が特定した消費者への重大な悪影響の可能性と、そのような影響を是正または軽減するためにとった措置の説明。
(J) a list of any impact assessment requirements that were attempted but were not possible to comply with because they were infeasible, as well as the corresponding rationale for not being able to comply with such requirements; and (J) 試行錯誤の結果、実現不可能であったために遵守できなかった影響評価要件のリスト、および当該要件を遵守できなかったことに対応する根拠。
(K) any additional capabilities, tools, standards, datasets, security protocols, improvements to stakeholder engagement, or other resources identified by an impact assessment as necessary or beneficial to improve the performance of impact assessment or the development and deployment of any automated decision system or augmented critical decision process that the covered entity determines appropriate to share with the Commission; (K) 影響評価の性能を向上させるため、または自動意思決定システムもしくは拡張された重要な意思決定プロセスの開発および展開を向上させるために必要または有益なものとして、影響評価により特定された追加の能力、ツール、標準、データセット、セキュリティプロトコル、利害関係者の関与の改善、またはその他のリソースであって、対象事業者が欧州委員会と共有することが適切であると判断したもの。
(2) include, in addition to the information required under paragraph (1), any relevant additional information from section 4(a) the covered entity wishes to share with the Commission; (2) (1)項に基づいて要求される情報に加えて、対象事業者が委員会と共有することを希望する第4条(a)項の関連する追加情報を含むこと。
(3) follow any format or structure requirements specified by the Commission; and (3) 欧州委員会が指定する形式または構造の要件に従うこと。
(4) include additional criteria that are essential for the purpose of consumer protection, as determined by the Commission. (4) 欧州委員会が決定した、消費者保護の目的のために必要不可欠な追加基準を含むこと。
SEC. 6. REPORTING; PUBLICLY ACCESSIBLE REPOSITORY. 第6条 報告書、一般にアクセス可能なレポジトリ
(a) Annual Report.—Not later than 1 year after the effective date described in section 3(b)(3), and annually thereafter, the Commission shall publish publicly on the website of the Commission a report describing and summarizing the information from the summary reports submitted under subparagraph (D), (E), or (F) of section 3(b)(1) that— (委員会は、第3条(b)項(3)に記載された発効日から1年以内に、その後は毎年、第3条(b)項(1)の(D)、(E)、(F)のいずれかの項に基づいて提出された要約報告書の情報を記述し、要約した報告書を、委員会のウェブサイトで公開するものとする。
(1) is accessible and machine readable in accordance with the 21st Century Integrated Digital Experience Act (44 U.S.C. 3501 note); and (1) 21st Century Integrated Digital Experience Act (44 U.S.C. 3501 note)に準拠した、アクセス可能で機械可読なものであること。
(2) describes broad trends, aggregated statistics, and anonymized lessons learned about performing impact assessments of automated decision systems or augmented critical decision processes, for the purposes of updating guidance related to impact assessments and summary reporting, oversight, and making recommendations to other regulatory agencies. (2) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの影響評価を行うことについて、大まかな傾向、集約された統計、匿名化された教訓を記載し、影響評価および概要報告に関連するガイダンスの更新、監督、他の規制機関への提言を目的とする。
(b) Publicly Accessible Repository.— (b) 公開可能なリポジトリ。
(1) IN GENERAL.— (1) 一般的には
(A) ESTABLISHMENT.— (a) 設立:
(i) DEVELOPMENT.—Not later than 180 days after the Commission promulgates the regulations required under section 3(b)(1), the Commission shall develop a publicly accessible repository designed to publish a limited subset of the information about each automated decision system and augmented critical decision process for which the Commission received a summary report under subparagraph (D), (E), or (F) of section 3(b)(1) in order to facilitate consumer protection. (i) 委員会は、消費者保護の観点から、第3条(b)(1)項の(D)、(E)、(F)の各号に基づき委員会が概要報告を受けた各自動意思決定システムおよび拡張重要意思決定プロセスに関する情報の限られた部分を公開するために、一般にアクセス可能なリポジトリを開発しなければならない。
(ii) PUBLICATION.—Not later than 180 days after the effective date described in section 3(b)(3), the Commission shall make the repository publicly accessible. (ii) 委員会は、第3条(b)項(3)に記載された発効日から180日以内に、リポジトリを一般に公開しなければならない。
(iii) UPDATES.—The Commission shall update the repository on a quarterly basis. (iii) 委員会は、四半期ごとにリポジトリを更新する。
(B) PURPOSE.—The purposes of the repository established under subparagraph (A) are— (B) 目的: (A)号に基づいて設立されたリポジトリの目的は以下の通りである。
(i) to inform consumers about the use of automated decision systems and augmented critical decision processes; (i) 自動化された意思決定システムと拡張された重要な意思決定プロセスの使用について、消費者に知らせること。
(ii) to allow researchers and advocates to study the use of automated decision systems and augmented critical decision processes; and (ii) 研究者および支援者が、自動化された意思決定システムおよび拡張された重要な意思決定プロセスの使用について研究できるようにすること。
(iii) to ensure compliance with the requirements of this Act. (iii) 本法の要求事項の遵守を確保する。
(C) CONSIDERATIONS.—In establishing the repository under subparagraph (A), the Commission shall consider— (C) 検討事項:(A)項のリポジトリを構築するにあたり、委員会は以下を検討する。
(i) how to provide consumers with pertinent information regarding augmented critical decision processes while minimizing any potential commercial risk to any covered entity of providing such information; (i) 拡張された重要な意思決定プロセスに関する適切な情報を消費者に提供する方法と、当該情報を提供することによる対象事業者の潜在的な商業的リスクを最小限に抑える方法。
(ii) what information, if any, to include regarding the specific automated decision systems deployed in the augmented critical decision processes; (ii) 増強された重要な意思決定プロセスに導入された特定の自動化された意思決定システムに関する情報がある場合には、それをどのように含めるか。
(iii) how to document information, when applicable, about how to contest or seek recourse for a critical decision in a manner that is readily accessible by the consumer; and (iii) 重大な決定に対して異議を唱える、または救済を求める方法についての情報を、該当する場合には、消費者が容易にアクセスできる方法で文書化する方法。
(iv) how to streamline the submission of summary reports under subparagraph (D), (E), or (F) of section 3(b)(1) to allow the Commission to efficiently populate information into the repository to minimize or eliminate any burden on the Commission. (iv) 第3条(b)(1)項の(D)号、(E)号、(F)号に基づく概要報告書の提出を合理化し、欧州委員会が情報を効率的にリポジトリに入力して、欧州委員会の負担を最小限にしたり、排除したりする方法。
(D) REQUIREMENTS.—The Commission shall design the repository established under subparagraph (A) to— (D) 委員会は、(A)項に基づいて設立されたリポジトリを以下のように設計しなければならない。
(i) be publicly available and easily discoverable on the website of the Commission; (i) 欧州委員会のウェブサイトで公開され、容易に発見できること。
(ii) allow users to sort and search the repository by multiple characteristics (such as by covered entity, date reported, or category of critical decision) simultaneously; (ii) ユーザーが、複数の特性(対象事業者、報告日、重要な意思決定のカテゴリーなど)によって、同時にリポジトリをソートおよび検索できること。
(iii) allow users to make a copy of or download the information obtained from the repository, including any subsets of information obtained by sorting or searching as described in clause (ii), in accordance with current guidance from the Office of Management and Budget, such as the Open, Public, Electronic, and Necessary Government Data Act (44 U.S.C. 101 note); (iii) (ii)項に記載されたソートまたは検索によって得られた情報のサブセットを含む、リポジトリから得られた情報のコピーまたはダウンロードを、公開・公共・電子・必要な政府データ法(44 U.S.C. 101 note)など、行政管理予算局の最新のガイダンスに従って行うことができる。
(iv) be in accordance with user experience and accessibility best practices such as those described in the 21st Century Integrated Digital Experience Act (44 U.S.C. 3501 note); (iv) 21st Century Integrated Digital Experience Act (44 U.S.C. 3501 note)に記載されているような、ユーザーエクスペリエンスおよびアクセシビリティのベストプラクティスに準拠していること。
(v) include a limited subset of information from the summary reports, as applicable, under subparagraph (D), (E), or (F) of section 3(b)(1) that includes— (v) 第3条(b)(1)項の(D)号、(E)号、(F)号に該当する要約報告書の情報のうち、以下を含む限定されたサブセットを含む。
(I) the identity of the covered entity that submitted such summary report, including any link to the website of the covered entity; (I) 当該概要報告書を提出した対象事業者の身元(対象事業者のウェブサイトへのリンクを含む)。
(II) the specific critical decision that the augmented critical decision process makes, along with the category of the critical decision; (II) 拡張された重要な意思決定プロセスが行う特定の重要な意思決定と、その重要な意思決定のカテゴリー。
(III) any publicly stated prohibited applications of the automated decision system or augmented critical decision process, including whether such prohibition is enforced through any terms of use, licensing agreement, or other legal agreement between entities; (III) 自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの使用が禁止されていることが公に示されている場合、当該禁止事項が事業体間の使用条件、ライセンス契約、またはその他の法的契約によって強制されているかどうかを含む。
(IV) to the extent possible, the sources of any data used to develop, test, maintain, or update the automated decision system or augmented critical decision process; (IV) 可能な限り、自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの開発、テスト、維持、または更新に使用されたデータの出所。
(V) to the extent possible, the type of technical and business metrics used to assess the performance of the augmented critical decision process when deployed; and (V) 可能な限り、拡張された重要な意思決定プロセスの展開時のパフォーマンスを評価するために使用される、技術的およびビジネス的な指標の種類。
(VI) the link to any web page with instructions or other information related to a mechanism by which a consumer may contest, correct, or appeal a decision or opt out of the automated decision system or augmented critical decision process; and (VI) 消費者が決定に異議を唱え、訂正し、不服を申し立て、または自動化された決定システムもしくは拡張された重要な決定プロセスから脱退することができるメカニズムに関連する指示またはその他の情報を含むウェブページへのリンク。
(vi) include information about design, use, and maintenance of the repository, including— (vi) リポジトリの設計、使用、保守に関する情報を含み、以下を含む。
(I) how frequently the repository is updated; (I) リポジトリはどのくらいの頻度で更新されているか。
(II) the date of the most recent such update; (II) 最新の更新の日付。
(III) the types of information from the summary reports submitted under subparagraph (D), (E), or (F) of section 3(b)(1) that are and are not included in the repository; and (III) セクション3(b)(1)のサブパラグラフ(D)、(E)、(F)に基づいて提出されたサマリーレポートに含まれる情報のうち、リポジトリに含まれるものと含まれないもの。
(IV) any other information about the design, use, and maintenance the Commission determines is— (IV) 設計、使用、保守に関するその他の情報で、欧州委員会が以下のように判断するもの。
(aa) relevant to consumers and researchers; or (aa) 消費者および研究者に関連するもの、または
(bb) essential for consumer education and recourse. (bb) 消費者の教育および救済に不可欠なもの。
(2) AUTHORIZATION OF APPROPRIATIONS.—There are authorized to be appropriated to the Commission such sums as are necessary to carry out this subsection. (2) 本項を実行するために必要な金額を、委員会に計上することができる。
SEC. 7. GUIDANCE AND TECHNICAL ASSISTANCE; OTHER REQUIREMENTS. 第7条 指導および技術支援、その他の要件
(a) Guidance And Technical Assistance From The Commission.— (a) 委員会による指導と技術支援
(1) IN GENERAL.—The Commission shall publish guidance on how to meet the requirements of sections 4 and 5, including resources such as documentation templates and guides for meaningful consultation, that is developed by the Commission after consultation with the Director of the National Institute of Standards and Technology, the Director of the National Artificial Intelligence Initiative, the Director of the Office of Science and Technology Policy, and other relevant stakeholders, including standards bodies, private industry, academia, technology experts, and advocates for civil rights, consumers, and impacted communities. (1) 欧州委員会は、米国標準技術研究所所長、米国人工知能イニシアチブ所長、科学技術政策局所長、および標準化団体、民間企業、学界、技術専門家、公民権擁護者、消費者、影響を受ける地域社会を含むその他の関係者との協議を経て、欧州委員会が作成した文書テンプレートや有意義な協議のためのガイドなどのリソースを含む、第4条および第5条の要件を満たす方法についてのガイダンスを公表するものとする。
(2) ASSISTANCE IN DETERMINING COVERED ENTITY STATUS.—In addition to the guidance required under paragraph (1), the Commission shall— (2) 対象事業者の地位を決定する際の支援-(1)項で求められるガイダンスに加え、欧州委員会は以下を行う。
(A) issue guidance and training materials to assist persons, partnerships, and corporations in evaluating whether they are a covered entity; and (A) 個人、パートナーシップ、企業が対象事業者であるかどうかを判断するためのガイダンスとトレーニング資料を発行する。
(B) regularly update such guidance and training materials in accordance with any feedback or questions from covered entities, experts, or other relevant stakeholders. (B) 対象事業者、専門家、その他の関連する利害関係者からのフィードバックや質問に応じて、当該ガイダンスおよび研修資料を定期的に更新すること。
(b) Other Requirements.— (b) その他の要求事項
(1) PUBLICATION.—Nothing in this Act shall be construed to limit a covered entity from publicizing any documentation of the impact assessment maintained under section 3(b)(1)(B), including information beyond what is required to be submitted in a summary report under subparagraph (D) or (E) of section 3(b)(1), unless such publication would violate the privacy of any consumer. (1) 公表-本法令のいかなる規定も、第3条(b)(1)(B)に基づき維持される影響評価の文書(第3条(b)(1)の(D)または(E)項に基づく要約報告書で提出が義務付けられている以上の情報を含む)を、その公表が消費者のプライバシーを侵害する場合を除き、対象事業者が公表することを制限するものではない。
(2) PERIODIC REVIEW OF REGULATIONS.—The Commission shall review the regulations promulgated under section 3(b) not less than once every 5 years and update such regulations as appropriate. (2) 欧州委員会は、第3条(b)に基づいて制定された規則を少なくとも5年に1度は見直し、必要に応じて当該規則を更新する。
(3) REVIEW BY NIST AND OSTP.—The Commission shall make available, in a private and secure manner, to the Director of the National Institute of Standards and Technology, the Director of the Office of Science and Technology Policy, and the head of any Federal agency with relevant regulatory jurisdiction over an augmented critical decision process any summary report submitted under subparagraph (D), (E), or (F) of section 3(b)(1) for review in order to develop future standards or regulations. (3) 欧州委員会は、将来の基準や規制を策定するために、第3条(b)(1)項の(D)号、(E)号、(F)号に基づいて提出された要約レポートを、非公開かつ安全な方法で、国立標準技術研究所の所長、科学技術政策局の所長、拡張重要意思決定プロセスに関連する規制を管轄する連邦機関の長に提供する。
SEC. 8. RESOURCES AND AUTHORITIES. 第8条 資源と権限
(a) Bureau Of Technology.— (a) 技術局 
(1) ESTABLISHMENT.— (1) 設立
(A) IN GENERAL.—There is established within the Commission the Bureau of Technology (in this subsection referred to as the “Bureau”). (A)全般: 欧州委員会内に技術局(本項では「局」と呼ぶ)が設置される。
(B) DUTIES.—The Bureau shall engage in activities that include: (B) 技術局は、以下のような活動を行う。
(i) Aiding or advising the Commission with respect to the technological aspects of the functions of the Commission, including— (i) 欧州委員会の機能の技術的側面に関して、欧州委員会を支援または助言すること。
(I) preparing, conducting, facilitating, managing, or otherwise enabling studies, workshops, audits, community participation opportunities, or other similar activities; and (I) 調査、ワークショップ、監査、コミュニティ参加の機会、その他同様の活動の準備、実施、促進、管理、またはその他の方法で可能にする。
(II) any other assistance deemed appropriate by the Commission or Chair. (II) 委員会または議長が適切と判断したその他の支援。
(ii) Aiding or advising the Commission with respect to the enforcement of this Act. (ii) 本法の施行に関して、委員会を支援または助言すること。
(iii) Providing technical assistance to any enforcement bureau within the Commission with respect to the investigation and trial of cases. (iii) 事件の調査と裁判に関して、委員会内の執行局に技術的な支援を提供すること。
(2) CHIEF TECHNOLOGIST.—The Bureau shall be headed by a Chief Technologist. (2) 主任技術者:局は主任技術者によって統括される。
(3) STAFF.— (3) スタッフ
(A) APPOINTMENTS.— (a) 任命:
(i) IN GENERAL.—Subject to subparagraph (B), the Chair may, without regard to the civil service laws (including regulations), appoint personnel with experience in fields such as management, technology, digital and product design, user experience, information security, civil rights, technology policy, privacy policy, humanities and social sciences, product management, software engineering, machine learning, statistics, or other related fields to enable the Bureau to perform its duties. (i) 全般-(B)項を条件として、議長は、公務員法(規制を含む)にかかわらず、経営、技術、デジタル・製品デザイン、ユーザー・エクスペリエンス、情報セキュリティ、公民権、技術政策、プライバシー政策、人文・社会科学、製品管理、ソフトウェア・エンジニアリング、機械学習、統計、その他の関連分野などの分野で経験を積んだ人材を任命し、事務局がその職務を遂行できるようにすることができる。
(ii) MINIMUM APPOINTMENTS.—Not later than 2 years after the date of enactment of this Act, the Chair shall appoint not less than 50 personnel. (ii) この法律が制定された日から2年以内に、議長は50人以上の職員を任命しなければならない。
(B) EXCEPTED SERVICE.—The personnel appointed in accordance with subparagraph (A) may be appointed to positions described in section 213.3102(r) of title 5, Code of Federal Regulations. (A)項に従って任命された職員は、連邦規則集第5巻第213.3102(r)項に記載されている職に就くことができる。
(4) AUTHORIZATION OF APPROPRIATIONS.—There are authorized to be appropriated to the Commission such sums as are necessary to carry out this subsection. (4) 本項を実施するために必要な金額を委員会に計上することができる。
(b) Additional Personnel In The Bureau Of Consumer Protection.— (b) 消費者保護局の追加人員
(1) ADDITIONAL PERSONNEL.—Notwithstanding any other provision of law, the Chair may, without regard to the civil service laws (including regulations), appoint 25 additional personnel to the Division of Enforcement of the Bureau of Consumer Protection. (1) 他の法律の規定にかかわらず、委員長は、公務員法(規則を含む)に関係なく、消費者保護局の執行部門に25名の追加人員を任命することができる。
(2) AUTHORIZATION OF APPROPRIATIONS.—There are authorized to be appropriated to the Commission such sums as are necessary to carry out this subsection. (2) 本サブセクションを実行するために必要な金額を委員会に計上することができる。
(c) Establishment Of Agreements Of Cooperation.—The Commission shall negotiate agreements of cooperation, as needed, with any relevant Federal agency with respect to information sharing and enforcement actions taken regarding the development or deployment of an automated decision system to make a critical decision or of an augmented critical decision process. Such agreements shall include procedures for determining which agency shall file an action and providing notice to the non-filing agency, where feasible, prior to initiating a civil action to enforce any Federal law within such agencies' jurisdictions regarding the development or deployment of an automated decision system to make a critical decision or of an augmented critical decision process by a covered entity. (c) 委員会は、必要に応じて、重要な意思決定を行うための自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの開発または展開に関する情報共有および執行措置に関して、関連する連邦機関との協力協定を取り交わさなければならない。このような協定には、対象事業者による重要な意思決定を行うための自動化された意思決定システムまたは拡張された重要な意思決定プロセスの開発または展開に関して、当該機関の管轄区域内の連邦法を執行するための民事訴訟を開始する前に、どの機関が訴訟を提起するかを決定し、実行可能な場合には非提起機関に通知を行う手順を含むものとする。
SEC. 9. ENFORCEMENT. 第9条 執行
(a) Enforcement By The Commission.— (a) 委員会による執行
(1) UNFAIR OR DECEPTIVE ACTS OR PRACTICES.—A violation of this Act or a regulation promulgated thereunder shall be treated as a violation of a rule defining an unfair or deceptive act or practice under section 18(a)(1)(B) of the Federal Trade Commission Act (15 U.S.C. 57a(a)(1)(B)). (1) 本法または本法に基づいて制定された規則の違反は、連邦取引委員会法(15 U.S.C. 57a(a)(1)(B))第18条(a)(1)(B)に基づき、不公正または欺瞞的な行為または慣行を定義する規則の違反として扱われるものとする。)
(2) POWERS OF THE COMMISSION.— (2) 委員会の権限
(A) IN GENERAL.—The Commission shall enforce this Act and the regulations promulgated under this Act in the same manner, by the same means, and with the same jurisdiction, powers, and duties as though all applicable terms and provisions of the Federal Trade Commission Act (15 U.S.C. 41 et seq.) were incorporated into and made a part of this Act. (A) 委員会は、連邦取引委員会法(15 U.S.C. 41 et seq.)のすべての該当する条項および規定がこの法律に組み込まれ、その一部となっているのと同じ方法、同じ手段、および同じ管轄権、権限、および義務をもって、この法律およびこの法律に基づいて公布された規制を執行する。
(B) PRIVILEGES AND IMMUNITIES.—Any person who violates this Act or a regulation promulgated thereunder shall be subject to the penalties and entitled to the privileges and immunities provided in the Federal Trade Commission Act (15 U.S.C. 41 et seq.). (B) 本法または本法に基づいて制定された規則に違反した者は、連邦取引委員会法(15 U.S.C. 41 et seq.)に規定される罰則の対象となり、特権および免除を受けることができます。)
(C) AUTHORITY PRESERVED.—Nothing in this Act shall be construed to limit the authority of the Commission under any other provision of law. (C) 本法のいかなる規定も、他の法律の規定に基づく委員会の権限を制限するものと解釈してはならない。
(D) RULEMAKING.—The Commission shall promulgate in accordance with section 553 of title 5, United States Code, such additional rules as may be necessary to carry out this Act. (D)規則の制定: 欧州委員会は、米国法典第5編第553条に基づき、本法を実施するために必要な追加規則を制定する。
(b) Enforcement By States.— (b) 各州による執行
(1) IN GENERAL.—If the attorney general of a State has reason to believe that an interest of the residents of the State has been or is being threatened or adversely affected by a practice that violates this Act or a regulation promulgated thereunder, the attorney general of the State may, as parens patriae, bring a civil action on behalf of the residents of the State in an appropriate district court of the United States to obtain appropriate relief. (1) 州の司法長官は、本法または本法に基づいて制定された規則に違反する行為によって、州の住民の利益が脅かされている、または悪影響を受けていると信じるに足る理由がある場合、親権者として、州の住民を代表して米国の適切な地方裁判所に民事訴訟を提起し、適切な救済を得ることができる。
(2) RIGHTS OF COMMISSION.— (2) 委員会の権利
(A) NOTICE TO COMMISSION.— (a) 委員会への通知
(i) IN GENERAL.—Except as provided in clause (iii), the attorney general of a State, before initiating a civil action under paragraph (1), shall provide written notification to the Commission that the attorney general intends to bring such civil action. (i)一般的には、(iii)項に規定されている場合を除き、州の司法長官は、(1)項に基づく民事訴訟を開始する前に、委員会に対して、司法長官が当該民事訴訟を提起する意向であることを書面で通知しなければならない。
(ii) CONTENTS.—The notification required under clause (i) shall include a copy of the complaint to be filed to initiate the civil action. (ii) 内容:(i)項で要求される通知には、民事訴訟を開始するために提出される訴状のコピーが含まれる。
(iii) EXCEPTION.—If it is not feasible for the attorney general of a State to provide the notification required under clause (i) before initiating a civil action under paragraph (1), the attorney general shall notify the Commission immediately upon instituting the civil action. (iii) 例外:司法長官が第1項に基づく民事訴訟を開始する前に第1項に基づく通知を行うことが不可能な場合、司法長官は民事訴訟を開始した時点で直ちに欧州委員会に通知しなければならない。
(B) INTERVENTION BY COMMISSION.—The Commission may— (B) 委員会による介入 - 委員会は以下のことができる。
(i) intervene in any civil action brought by the attorney general of a State under paragraph (1); and (i) 州の司法長官が第1項に基づいて提起した民事訴訟に介入する。
(ii) upon intervening— (ii) 介入することにより、以下のことができる。
(I) be heard on all matters arising in the civil action; and (I) 当該民事訴訟で発生したすべての事項について審問を受ける。
(II) file petitions for appeal of a decision in the civil action. (II) 民事訴訟の判決に対する控訴の申し立てを行う。
(3) INVESTIGATORY POWERS.—Nothing in this subsection may be construed to prevent the attorney general of a State from exercising the powers conferred on the attorney general by the laws of the State to conduct investigations, to administer oaths or affirmations, or to compel the attendance of witnesses or the production of documentary or other evidence. (3) 本項のいかなる規定も、州の司法長官が、州の法律によって司法長官に与えられた、調査の実施、宣誓もしくは断言の実施、または証人の出席や文書その他の証拠の提出を強制する権限を行使することを妨げるものであってはならない。
(4) VENUE; SERVICE OF PROCESS.— (4) 裁判地、訴状の送達。
(A) VENUE.—Any action brought under paragraph (1) may be brought in— (A) 会場 - 第1項に基づき提起されたすべての訴訟は、以下の場所で提起することができる。
(i) the district court of the United States that meets applicable requirements relating to venue under section 1391 of title 28, United States Code; or (i) 米国コード第28条第1391項に基づく裁判地に該当する米国の地方裁判所、または
(ii) another court of competent jurisdiction. (ii) 管轄権を有する他の裁判所。
(B) SERVICE OF PROCESS.—In an action brought under paragraph (1), process may be served in any district in which— (B) 訴状の送達:第(1)項に基づいて提起された訴訟においては、以下のような地域で訴状を送達することができる。
(i) the defendant is an inhabitant, may be found, or transacts business; or (i) 被告が居住しているか、発見される可能性があるか、または事業を行っている地区。
(ii) venue is proper under section 1391 of title 28, United States Code. (ii) 合衆国法典第28編第1391条に基づく裁判地が適切である場合。
(5) ACTIONS BY OTHER STATE OFFICIALS.— (5) 他の国家公務員による訴訟
(A) IN GENERAL.—In addition to a civil action brought by an attorney general under paragraph (1), any other officer of a State who is authorized by the State to do so may bring a civil action under paragraph (1), subject to the same requirements and limitations that apply under this subsection to civil actions brought by attorneys general. (A) 一般に、司法長官が第1項に基づいて提起する民事訴訟に加えて、国から権限を与えられた他の国家公務員は、第1項に基づいて民事訴訟を提起することができるが、その際には、本項で司法長官が提起する民事訴訟に適用されるのと同じ要件および制限が適用される。
(B) SAVINGS PROVISION.—Nothing in this subsection may be construed to prohibit an authorized official of a State from initiating or continuing any proceeding in a court of the State for a violation of any civil or criminal law of the State. (B) 節約規定:本項のいかなる規定も、州の権限を有する職員が、州の民法または刑法の違反について、州の裁判所で訴訟を開始または継続することを禁止すると解釈してはならない。
SEC. 10. COORDINATION. 第10条 協調
In carrying out this Act, the Commission shall coordinate with any appropriate Federal agency or State regulator to promote consistent regulatory treatment of automated decision systems and augmented critical decision processes. 本法を実施するにあたり、欧州委員会は、自動化された意思決定システムおよび拡張された重要な意思決定プロセスの一貫した規制上の取り扱いを促進するために、適切な連邦政府機関または州の規制当局と連携するものとする。
SEC. 11. NO PREEMPTION. 第11条 専占の禁止
Nothing in this Act may be construed to preempt any State, tribal, city, or local law, regulation, or ordinance. この法律のいかなる部分も、州、部族、市、または地域の法律、規制、または条例を先取りすると解釈してはならない。

 

|

« NIST ホワイトペーパー :消費者向けソフトウェアのサイバーセキュリティラベルの推奨規準 | Main | ドイツ BSIがIT基本保護大要 (IT-Grundschutz-Kompendium) 2022年版を発行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NIST ホワイトペーパー :消費者向けソフトウェアのサイバーセキュリティラベルの推奨規準 | Main | ドイツ BSIがIT基本保護大要 (IT-Grundschutz-Kompendium) 2022年版を発行 »