« November 2021 | Main | January 2022 »

December 2021

2021.12.31

米国 サイバー司令部の2021年

こんにちは、丸山満彦です。

米国のサイバー司令部の一年の振り返りが公表されていますね。。。

  • 2021.01.12 COVID RESPONSE(COVID対応)
  • 2021.04.15 Cyber Operations(サイバー作戦)
  • 2021.07.30 TRAINING WITH PARTNERS(パートナーとの訓練)
  • 2021.11.04 INTEGRATED DETTERENCE(統合的抑止力)
  • 2021.12.03 LARGEST DOD MULTINATIONAL CYBER EXERCISE(国防総省最大の多国間サイバー演習)
  • 2021.11.23 EXCLUSIVE LOOK INTO THE JOINT INTEGRATED CYBER CENTER(共同統合サイバーセンターの取材)

 

U.S. Cyber Command

・2021.12.29 2021: A Year in Review

2021: A Year in Review 2021: 1年を振り返って
Here are some of U.S. Cyber Command’s (CYBERCOM) most impactful moments of 2021: 米国サイバー司令部(CYBERCOM)の2021年の最もインパクトのある瞬間を紹介します。
Over the last year, the cyber security community has encountered new challenges and worked to adapt and respond in innovative ways. Ransomware is no longer considered just criminal activity, but a threat to national defense and infrastructure; deterrence is conducted across multiple domains simultaneously; and the value of cyber defense partnerships across nations is reasserted again and again. 昨年、サイバーセキュリティコミュニティは新たな課題に遭遇し、革新的な方法で適応し対応することに努めました。ランサムウェアはもはや単なる犯罪行為ではなく、国防やインフラへの脅威とみなされ、抑止力は複数の領域で同時に行われ、国家間のサイバー防衛パートナーシップの価値が何度も再確認されています。
COVID RESPONSE COVID対応

This year started with the dissemination of vaccines to essential workers as well as vulnerable populations. Pictured here is U.S. Army Maj. Gen. William J. Hartman, commander of the Cyber National Mission Force, receiving his first dose of the COVID-19 vaccine Jan. 11, 2021. Despite a global pandemic, CYBERCOM still conducted cyber operations vital to the Nation’s defense. Read more about the Command’s early vaccination approach here.
今年は、必要な労働者や社会的弱者にワクチンを配布することから始まりました。 写真は、2021年1月11日、COVID-19ワクチンの初回接種を受けるサイバー国家任務部隊の司令官、ウィリアム・J・ハートマン米陸軍中将。世界的なパンデミックにもかかわらず、CYBERCOMは国家の防衛に不可欠なサイバー作戦を実施しました。同司令部の早期予防接種の取り組みについてはこちらをご覧ください。
CYBER OPERATIONS サイバー作戦
This year also saw a rise in cyber challenges that CYBERCOM rose to meet and overcome through various means, including full-spectrum cyber operations. 本年は、サイバーに関する課題が増加しましたが、サイバコムは、フルスペクトルのサイバー作戦を含む様々な手段を用いてこれを克服しました。
CYBERCOM Commander U.S. Army Gen. Paul M. Nakasone recently highlighted the work both CYBERCOM and the National Security Agency (NSA) have performed against foreign ransomware actors, including conducting successful offensive cyber operations that disrupted their malicious activity. CYBERCOM focuses on the away game, executing operations in foreign spaces against foreign actors. サイバコム司令官のポール・M・ナカソネは、外国のランサムウェアに対抗するためにサイバコムと国家安全保障局(NSA)が行った活動を紹介しました。サイバコムは、海外のアクターに対して海外の空間で作戦を実行するアウェイゲームに重点を置いています。
For example, when Russian intelligence actors compromised a supply chain of cybersecurity vendors to conduct espionage, CYBERCOM deployed an elite defensive cyber unit, called a hunt forward team, to hunt for additional Russian activity. They found and disclosed new malware that was being used to enable malicious cyber activity. That malware was shared with our partners to stop the actors and mitigate the ongoing compromise. These operations were conducted by the Cyber National Mission Force, the Command’s national offensive and defensive cyber unit. Read more about this mission and the benefit of hunt forward operations here. 例えば、ロシアの諜報機関がサイバーセキュリティベンダーのサプライチェーンを侵害してスパイ活動を行った際、サイバコムはハントフォワードチームと呼ばれる精鋭の防御型サイバー部隊を配備し、ロシアのさらなる活動を探しました。その結果、悪意のあるサイバー活動を可能にするために使用されている新しいマルウェアを発見し、公開しました。そのマルウェアをパートナーと共有することで、行為者を阻止し、進行中の侵害を緩和しました。これらの作戦は、司令部の国家的な攻撃・防御のサイバー部隊である「Cyber National Mission Force」によって実施されました。このミッションとハント・フォワード・オペレーションの利点についてはこちらをご覧ください。
TRAINING WITH PARTNERS パートナーとの訓練
As General Nakasone said this year, partnerships are the lifeblood that makes us so different than our adversaries.  The Command has benefited from a historic partnership with the Five Eyes, but there are other partnerships with likeminded nations that we will continue to work. 今年、中曽根元帥が述べたように、パートナーシップは、我々を敵とは大きく異なる存在にするための生命線です。  当司令部は、ファイブアイズとの歴史的なパートナーシップの恩恵を受けていますが、志を同じくする国々とのパートナーシップは他にもあり、今後も継続して取り組んでいきます。
Cyber is a team sport, and training and working along with our partners ensures we know how each of our cyber operations teams would respond in any situation. We accomplish this through CYBERCOM’s bilateral exercise programs. サイバーはチームスポーツであり、パートナーと協力してトレーニングを行うことで、どのような状況でもそれぞれのサイバー作戦チームがどのように対応するかを確実に把握することができます。これを実現するのが、CYBERCOMの二国間演習プログラムです。
Cyber Fort III – With our partners from France’s Cyber Defense Forces, cyber defenders from the two countries exercised with more than 70 participants, 400 simulated users, 450 simulated networks and subnets, and 1,000 different simulated systems. Cyber Fort III」:フランスのサイバー防衛軍をパートナーに迎え、70人以上の参加者、400人の模擬ユーザー、450の模擬ネットワークとサブネット、1,000の異なる模擬システムを使って、両国のサイバーディフェンダーが演習を行いました。
Cyber Dome VI – Brought our partners from the Israel Defense Forces’ Joint Cyber Defense Directorate (JCDD) for a hands-on-keyboard defensive cloud-based training exercise. The exercise brought together joint defensive cyber operators from the two countries and involved more than 75 participants. サイバードームVI - イスラエル国防軍の統合サイバー防衛局(JCDD)からパートナーを招き、クラウドを利用したハンズオンキーボードによる防御訓練を行いました。この演習には、両国の共同防衛サイバーオペレーターが参加し、75名以上の参加者が集まりました。
Both bilateral exercises simulate the relevant tactics, techniques, and procedures of advanced persistent threats that we confront both today and in the future. 両国間の演習では、現在と将来の両方で直面する高度な持続的脅威の関連する戦術、技術、手順をシミュレートしています。
Read more about Cyber Fort III here. Cyber Fort IIIの詳細はこちら。
INTEGRATED DETTERENCE 統合抑止力
Integrated Deterrence is a key aspect of our Nation’s success in the era of strategic competition. Strategic competition is alive and well in cyberspace, and the Command does its part every single day via persistent engagement efforts. How does CYBERCOM stay persistently engaged in multi-domain and multi-capable operations? One example is by sending a U.S. Air Force Cyber Protection Team to defend vital networks on a B-1 Lancer during a U.S. Strategic Command and U.S. European Command strategic deterrence mission. Cyber defense is one part of integrated strategic deterrence, achieved by denying any malicious cyber actor access to critical platforms like the B-1 Lancer.  Read more here. 統合抑止力は、戦略的競争の時代に我が国が成功するための重要な要素です。戦略的競争はサイバースペースにおいても健在であり、サイバ-コムは持続的な交戦活動を通じて、日々その役割を果たしています。サイバ-コムはどのようにしてマルチドメイン、マルチキャパシティの作戦に持続的に関与しているのでしょうか。その一例として、米戦略軍と米欧州軍の戦略的抑止ミッションにおいて、米空軍のサイバー・プロテクション・チームを派遣し、B-1ランサーの重要なネットワークを防御しています。サイバー防衛は統合的な戦略的抑止力の一部であり、悪意のあるサイバーアクターがB-1ランサーのような重要なプラットフォームにアクセスすることを拒否することで達成されます。  詳しくはこちらをご覧ください。
LARGEST DOD MULTINATIONAL CYBER EXERCISE 国防総省最大の多国間サイバー演習
Pictured here are two Estonian defensive cyber operators, wearing the insignia of the Estonian Defence Forces’ Cyber and Information Operations Centre, testing their skills and ability to detect enemy presence, expel it, and identify solutions to harden simulated networks during CYBERCOM’s CYBER FLAG 21-1 exercise. More than 200 cyber operators from 23 countries participated in the Department of Defense’s largest multinational cyber exercise, designed to help us bolster our collective defense against cyber-attacks targeting critical infrastructure and key resources. Defensive cyber teams from Canada, Denmark, Estonia, France, Germany, Lithuania, Norway, the Netherlands, Poland, Sweden, the United Kingdom and others participated in CYBER FLAG 21-1 using CYBERCOM’s real-time virtual training environment. Read more about this exercise here. 写真は、サイバコムの「CYBER FLAG 21-1」演習において、エストニア国防軍のサイバー・情報オペレーションセンターの記章をつけた2人のエストニア人防衛サイバーオペレーターが、敵の存在を検知し、それを排除し、模擬ネットワークを強化するためのソリューションを特定するスキルと能力をテストしているところです。23カ国から200人以上のサイバーオペレーターが参加した国防総省最大の多国籍サイバー演習は、重要インフラや主要資源を標的としたサイバー攻撃に対する集団的防御を強化することを目的としています。カナダ、デンマーク、エストニア、フランス、ドイツ、リトアニア、ノルウェー、オランダ、ポーランド、スウェーデン、英国などから参加した防衛サイバーチームは、サイバコムのリアルタイム仮想訓練環境を利用して「CYBER FLAG 21-1」に参加しました。この演習の詳細はこちらをご覧ください。
EXCLUSIVE LOOK INTO THE JOINT INTEGRATED CYBER CENTER 共同統合サイバーセンターを独占取材
We wrapped up the year with our Commander, Gen. Nakasone, who provided ABC News and the public with an exclusive look into our Joint Integrated Cyber Center and insight into how we defend the nation in cyberspace. It was a great opportunity to showcase how CYBERCOM and NSA work with our interagency, industry and international partners. You can view ABC’s special report here. 今年の締めくくりとして、司令官の中曽根元総理は、ABCニュースをはじめとする一般の方々に、当社の統合サイバーセンターを独占的に紹介し、サイバー空間でどのように国家を防衛しているかについて洞察を与えました。サイバーコムとNSAが、省庁間、産業界、国際的なパートナーとどのように協力しているかを紹介する素晴らしい機会となりました。 ABCの特集記事はこちらからご覧いただけます。

 

ABCの取材対応はなかなか新鮮ですね。。。国民のために、国民の税金を使って行っている活動ですから、できる限り国民に公開するという姿勢は重要ですね。。。

 

1200pxseal_of_the_united_states_cyber_co 

 


 

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

2021.12.29 米国 バイデン大統領が2022年国防授権法にサインをしましたね。。。

・2021.12.07 米国 国防省 23カ国が参加したサイバー防御演習 CYBER FLAG 21-1

・2021.10.15 米国 国家安全保障会議ランサムウェア対策イニシアチブ

・2021.08.15 日本の防衛副大臣が米サイバー軍を訪問し、CYBERCOM司令官のポール・ナカソネ大将と会談したようですね

・2021.07.13 従来型抑止と戦略的抑止に対するサイバー脅威と脆弱性 by 米国サイバースペース・ソラリウム委員会の事務局長

・2021.04.16 White HouseはSolarWindsの不正アクセスに関連する行動がロシアによるものと正式に認め制裁を課す大統領令を発出していますね。。。 U.S. サイバー司令部と国土安全保障省-CISAはSolarWindsの不正アクセスに関連するロシア製マルウェアのサンプルを公開

・2021.03.27 米国 連邦上院軍事委員会 公聴会 特殊作戦コマンドとサイバーコマンド

・2021.01.06 米国 2021年度 National Defense Authorization Act (NDAA) (国防授権法)成立 サイバー関係も・・・

ここからは2020年以前...

・2020.12.08 米国サイバーコマンドとオーストラリア国防軍情報戦部門がサイバー訓練プラットフォームの共同開発契約を締結

・2020.12.04 米軍とエストニアが共同作戦を通じてサイバー領域でのパートナーシップを強化

・2020.11.21 米国GAOが国防省のJoint Cyber Warfighting Architectureについて相互運用性目標を定義することを推奨していますね。。。

・2020.10.04 サイバースペース・ソラリウム委員会

・2020.09.10 米国サイバー軍司令官&国家安全保障局長官を務める中曽根氏による「サイバースペースで競争する方法 - サイバーコマンドの新しいアプローチ」という記事

・2020.08.28 北朝鮮によるサイバー銀行強盗についての警告(BeagleBoyz Robbing Banks)

・2020.06.17 今年の米軍のCyber Flag exerciseは、新しいトレーニング環境で行われる。。。

・2020.05.25 10歳になったUSのCyber Command

・2020.05.13 CISA / FBI / DoD : HIDDEN COBRA 北朝鮮の悪意あるサイバー活動

10年以上前

・2010.05.25 米国防総省 サイバー司令部を設立

・2006.11.06 米空軍 サイバー空間防衛司令部

| | Comments (0)

G7 内務担当、安全保障担当高官によるランサムウェアに関する臨時フォーラム

こんにちは、丸山満彦です。

G7の内務担当、安全保障担当高官によるランサムウェアに関する臨時フォーラムが12月15日、16日に開催されたと12月22日に発表されていましたね。。。

  1. 現実的な政策的解決策を見出す

  2. 技術支援に関する提案を行う

  3. 政策協力の推進 

  4. 国民の意識向上

が話し合われたようですね。。。

ランサムウェア攻撃の多く(全部ではない)は金銭的目的であるので、ランサムウェアのエコシステムを破壊することがポイントということですかね。。。

しかもそのエコシステムは国境を超えて広がっているので、各国政府間の連携が重要ということになりますね。。。

そのためには、

  1. 各国におけるランサムウェア攻撃の報告とその報告内容の共有

  2. 身代金が支払われる可能性の低減

が重要なのでしょうね。。。

また、エコシステムを無意味にするという意味で、

  • 暗号通貨から現実の通貨や商品に変換することを防止

することも重要ですね。。。

一方、各組織における対策としては、

  1. 基本的な対策の実施

  2. ベストプラクティスの共有

となるのですが、そのためにはコミュニケーションが重要ですね。。。

 

 

G7 U.K. 2021

・2021.12.22 G7 Interior and Security Ministers – Extraordinary Senior Officials’ Forum on Ransomware

 

G7 Interior and Security Ministers – Extraordinary Senior Officials’ Forum on Ransomware G7内務・安全保障担当大臣 - ランサムウェアに関する臨時上級実務者フォーラムを開催
Chair’s Summary 議長のまとめ
On 15-16 December, in line with the commitment made at the Interior and Security Ministers’ meeting in September 2021, G7 Senior Officials gathered virtually for an Extraordinary Senior Officials’ forum on ransomware, along with representatives from the Council of Europe; European Commission; European Union Agency for Cybersecurity, Europol; Financial Action Task Force; G7 Cyber Expert Group; Global Forum on Cyber Expertise; Interpol and the United Nations Office on Drugs and Crime. This forum builds on the commitment of our leaders to work together to urgently address the escalating shared threat from criminal ransomware networks.  12月15日から16日にかけて、2021年9月の内務・安全保障担当大臣会合での公約に基づき、G7高官は、欧州評議会、欧州委員会、欧州連合サイバーセキュリティ庁、ユーロポール、金融活動作業部会、G7サイバー専門家グループ、サイバー専門家に関するグローバルフォーラム、インターポール、国連薬物犯罪事務所の代表者とともに、ランサムウェアに関する臨時高官フォーラムのために事実上集まりました。今回のフォーラムは、犯罪者のランサムウェアネットワークから増大する共通の脅威に早急に対処するために協力するという、各国首脳のコミットメントに基づいています。 
Ransomware attacks are increasingly common globally and represent one of the most significant, and growing, international cyber threats. Earlier in the year, G7 leaders called on states to identify and disrupt ransomware criminal networks operating from within their borders at pace and hold those networks accountable for their actions.  ランサムウェアによる攻撃は、世界的にますます一般的になっており、国際的なサイバー脅威の中でも最も重大かつ拡大しているものの一つです。今年初め、G7首脳は、各国に対し、自国内で活動しているランサムウェアの犯罪ネットワークを迅速に特定して壊滅させ、それらのネットワークに責任を持たせるよう呼びかけました。 
This forum built on existing initiatives, such as the Counter Ransomware Initiative, and brought together expertise from across the G7 to: 今回のフォーラムでは、「ランサムウェア対策イニシアチブ」などの既存の取り組みをベースに、G7全体から専門家を集め、以下のことを行いました。
find practical policy solutions;  現実的な政策的解決策を見出す。 
develop proposals on technical assistance;  技術支援に関する提案を行う。 
advance policy cooperation; and  政策協力の推進 
raise public awareness. 国民の意識向上
Discussion included the following:  ディスカッションの内容は以下の通りです。 
Threat 脅威
Ransomware represents one of the most significant and growing international cyber threats with serious economic, security and public safety consequences. Ransomware is a complex crime type, with the key threat actors often operating from safe havens, payments made in largely unregulated cryptocurrency, and the acute vulnerability caused by low cyber security standards. Many of the organised crime groups launching ransomware attacks against western targets are based in Russia and nearby states. Most ransomware groups operate a Ransomware as a Service (RaaS) model. This is where the developer of the ransomware ‘rents out’ their ransomware infrastructure to other cyber criminals, known as affiliates, to use in their own attacks. This, in conjunction with the supporting cybercrime marketplace, has enabled less technically skilled cyber criminals to deploy ransomware. RaaS also makes attribution difficult because an attack could have been carried out by the core ransomware group, or by an affiliate who could be based anywhere. Combined, these factors have created an effective and resilient ‘business model’, resulting in an increased number of attackers and greater threat. ランサムウェアは、経済、安全保障、公共の安全に深刻な影響を及ぼす、最も重要かつ成長している国際的なサイバー脅威の一つです。ランサムウェアは複雑な犯罪であり、主要な脅威の主体はしばしば安全な場所で活動し、支払いはほとんど規制されていない暗号通貨で行われ、サイバーセキュリティの水準が低いことによる深刻な脆弱性を抱えています。欧米の標的にランサムウェア攻撃を仕掛ける組織的犯罪グループの多くは、ロシアやその周辺国を拠点としています。ほとんどのランサムウェアグループは、RaaS(Ransomware as a Service)モデルを採用しています。これは、ランサムウェアの開発者が、ランサムウェアのインフラを他のサイバー犯罪者(アフィリエート)に「貸し出し」、自分たちの攻撃に利用させるというものです。これは、サイバー犯罪市場のサポートと相まって、技術的なスキルの低いサイバー犯罪者でもランサムウェアを展開できるようになっています。また、RaaSでは、ランサムウェアの中核となるグループが攻撃を行うこともあれば、どこにでもいるようなアフィリエイトが攻撃を行うこともあるため、帰属が難しくなります。これらの要因が相まって、効果的で弾力性のある「ビジネスモデル」が生み出され、結果として攻撃者の数が増え、脅威が増大しているのです。
Policy Approaches 政策的アプローチ
As a transnational problem, any solution will need to be calibrated in close step between G7 members and international partners. We collectively recognise the need to advance solutions at pace and to take a multi-pronged and multi-sector approach. In addition, we have looked at how we define ‘reporting’ and ‘cyber incidents’ and recognise the need for join-up on sharing information received. Indeed current low reporting rates affect our ability to assist victims, understand the scale of the problem or reduce the likelihood of ransoms being paid. Increasing reporting rates will help inform our knowledge of the threat and assess ways to further disrupt the ransomware criminal business model. This could be by providing better victim support, clear and consistent reporting routes, linking reporting to insurance pay-outs or mandating timely reporting of attacks. Ransomware ransoms are a key part of this business model, so limiting their payment is key to disrupting this. However, we must ensure that we are careful not to inadvertently re-victimise the victim. We have looked at how we can further incentivise reporting and the need for a range of policy interventions to achieve the two outcomes of increasing reporting and reducing payments and will continue to develop our responses.  国境を越えた問題であるため、どのような解決策であっても、G7メンバーと国際的なパートナーが緊密に連携して調整する必要があります。私たちは、解決策を迅速に進め、多方面からのアプローチをとる必要性を認識しています。さらに、我々は「報告」と「サイバーインシデント」をどのように定義するかを検討し、受け取った情報を共有するための連携の必要性を認識しています。実際、現在の低い報告率は、被害者を支援したり、問題の規模を理解したり、身代金が支払われる可能性を減らしたりする能力に影響を与えています。報告率の向上は、脅威に関する知識を深め、ランサムウェアの犯罪的ビジネスモデルをさらに破壊する方法を評価するのに役立ちます。そのためには、被害者へのサポートの充実、明確で一貫性のある報告ルートの提供、報告と保険金の支払いとの連動、攻撃のタイムリーな報告の義務化などが考えられます。ランサムウェアの身代金は、このビジネスモデルの重要な部分を占めており、その支払いを制限することは、このビジネスモデルを崩壊させる鍵となります。しかし、不用意に被害者を再犠牲にすることのないように注意しなければなりません。私たちは、報告の増加と支払いの減少という2つの成果を達成するために、報告のインセンティブをさらに高める方法や、さまざまな政策的介入の必要性を検討し、今後も対応策を検討していきます。 
Cryptocurrency 暗号通貨
The primary motive for ransomware is the prospect of financial gain. Ransomware attackers, if successful, often receive payment in cryptocurrency, which they then seek to launder and “cash out” of the cryptoasset ecosystem. Attackers may also use cryptocurrency to procure goods and services to support their activities. The more the G7 can do, working with the private sector, to minimise the likely financial reward of a ransomware attack, the lesser the incentive for criminals to carry out a ransomware attack.  ランサムウェアの主な動機は、金銭的な利益を得ることです。ランサムウェアの攻撃者は、成功した場合、多くの場合、暗号通貨で支払いを受け、それをロンダリングして、暗号資産のエコシステムから「キャッシュアウト」しようとします。また、攻撃者は自分の活動を支援するための商品やサービスの調達に暗号通貨を使用することもあります。G7が民間部門と協力して、ランサムウェア攻撃の金銭的報酬を最小限に抑えることができれば、犯罪者がランサムウェア攻撃を実行するインセンティブは低下します。 
Resilience and Communications レジリエンスとコミュニケーション
Most cyber incidents, both ransomware and more broadly, can be prevented by following simple and actionable steps. Organisations that do so will improve their cyber resilience. It is a priority for us, as we address the threat from ransomware, to work to ensure sectors and organisations are more secure and resilient to cyber threats. Raising resilience will be a long-term endeavour, requiring public and private sector investment. Going forward our collective challenge will involve ensuring that best practises are implemented more often and by more organisations. Communicating effectively will be a key tool in achieving this. To make a real step-change in raising our resilience we will need to deepen international collaboration on these issues. ランサムウェアに限らず、ほとんどのサイバーインシデントは、簡単で実行可能な手順を踏むことで防ぐことができます。そうすることで、組織はサイバーレジリエンスを向上させることができます。 ランサムウェアの脅威に対処すると同時に、各セクターや組織がサイバー脅威に対してより安全で耐性のある状態になるように努めることが、私たちにとっての優先事項です。レジリエンスの向上には、官民一体となった長期的な取り組みが必要です。 今後、私たちが一丸となって取り組むべき課題は、ベスト・プラクティスをより多くの組織がより頻繁に実施することです。そのためには、効果的なコミュニケーションが重要なツールとなります。私たちのレジリエンスを高める上で真の一歩を踏み出すためには、これらの問題に関する国際的な協力関係を深める必要があります。
Next Steps 次のステップ
The G7 and participating international organisations recognise the need to continue to prioritise collective efforts to reduce the risk of ransomware. Together we identified priority areas for further work which complement the ongoing work of existing initiatives, such as the Counter Ransomware Initiative, to collectively address the threat and deepen our collaboration. G7と参加国際機関は、ランサムウェアのリスクを低減するための共同作業を引き続き優先する必要性を認識しています。我々はランサムウェア対策イニシアチブなどの既存のイニシアティブの継続的な活動を補完するために、今後の活動のための優先分野を特定し、脅威に共同で取り組み、連携を深めました。

 

1_20210917020101

英国政府のウェブページにも掲載されていますね。。。

● U.K. Gov.

・2021.12.24 G7 Interior and Security Senior Officials' meeting on ransomware

・2021.12.24 Chair's summary from the G7 Interior and Security Senior Officials' Extraordinary Forum on Ransomware on 15 and 16 December 2021

 


 

Counter Ransomware Initiative(ランサムウェア対策イニシアチブ)については、、、

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.10.15 米国 国家安全保障会議ランサムウェア対策イニシアチブ

 

 

| | Comments (0)

中国 ロボット産業発展のための第14次5ヵ年計画

こんにちは、丸山満彦です。

中国 工業情報化部が「ロボット産業発展のための第14次5ヵ年計画 」を発表していますね。。。

工业和信息化部(工業情報化部)

2021.12.28 十五部门关于印发《“十四五”机器人产业发展规划》的通知 工信部联规〔2021〕206号 ロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」発行に関する15省庁の通知
工業情報化部共同規則[2021]第206号
2021.12.28 《“十四五”机器人产业发展规划》解读
ロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」の解釈について

 

《“十四五”机器人产业发展规划》解读 ロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」の解釈について
近日,工业和信息化部、国家发展和改革委员会、科学技术部、公安部、民政部、住房和城乡建设部、农业农村部、国家卫生健康委员会、应急管理部、中国人民银行、国家市场监督管理总局、中国银行保险监督管理委员会、中国证券监督管理委员会、国家国防科技工业局、国家矿山安全监察局等十五部门正式印发《“十四五”机器人产业发展规划》。(下称《规划》),为便于理解《规划》内容,做好贯彻实施工作,现就相关问题解读如下。 最近では、工業情報化省、国家発展改革委員会、科学技術省、公安部、民政部、住宅都市農村開発省、農業農村部、国家医療委員会、危機管理部、中国人民銀行、国家市場監督管理総局、中国銀行保険監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、国家国防科学技術産業局、国家鉱山安全監督管理局の15の省庁がロボット産業発展のための「第14次5ヵ年計画」(以下、「本計画」という)を正式に発表しました。本計画の内容の理解を容易にし、業務の遂行に支障をきたさないために、現在、関連する事項について以下のように説明します。

一、《规划》编制背景 1. 計画の背景
机器人被誉为“制造业皇冠顶端的明珠”,其研发、制造、应用是衡量一个国家科技创新和高端制造业水平的重要标志。党中央、国务院高度重视机器人产业发展,将机器人纳入国家科技创新重点领域,大力推动机器人研发创新和产业化应用。“十三五”期间,在多方的共同努力下,我国机器人产业蓬勃发展,产业规模快速增长,技术水平持续提升,集成应用大幅拓展,骨干企业加速壮大,重点产业集群优势逐步显现。但与国外先进水平相比,依然存在技术积累不足、产业基础薄弱、高端供给缺乏等问题。 ロボティクスは「製造業の至宝」と呼ばれ、その研究開発、製造、応用は、その国の技術革新とハイエンド製造レベルの重要なシンボルとなっています。 党中央委員会と国務院は、ロボット産業の発展を非常に重視しており、ロボットを国家科学技術革新の重点分野に組み入れ、ロボットの研究開発イノベーションと産業化応用を強力に推進しています。 「第13次5カ年計画」期間中、多くの関係者の共同努力により、中国のロボット産業は、産業規模の急速な拡大、技術レベルの継続的な向上、統合アプリケーションの大幅な拡大、基幹企業の加速的な成長、重要な産業クラスターの優位性の漸進的な出現など、繁栄を遂げてきました。 しかし、海外の先進レベルと比較すると、技術蓄積の不足、産業基盤の弱さ、ハイエンドの供給不足などの問題が残っています。
当前新一轮科技革命和产业变革加速演进,新一代信息技术、生物技术、新能源、新材料等与机器人技术深度融合,机器人产业迎来升级换代、跨越发展的窗口期。世界主要工业发达国家均将机器人作为抢占科技产业竞争的前沿和焦点,加紧谋划布局。我国已转向高质量发展阶段,建设现代化经济体系,构筑美好生活新图景,迫切需要新兴产业和技术的强力支撑。机器人作为新兴技术的重要载体和现代产业的关键装备,引领产业数字化发展、智能化升级,不断孕育新产业新模式新业态。机器人作为人类生产生活的重要工具和应对人口老龄化的得力助手,持续推动生产水平提高、生活品质提升,有力促进经济社会可持续发展。面对新形势新要求,为推动我国机器人产业迈向中高端,加快实现高质量发展,工业和信息化部会同国家发展和改革委员会、科学技术部等共十五个部门,联合编制了《规划》。 科学技術革命と産業変化の新ラウンドが加速しており、新世代の情報技術、バイオテクノロジー、新エネルギー、新素材などがロボットと深く融合し、ロボット産業はアップグレードと飛躍的発展の窓を開けています。 世界の主要先進国では、ロボットを科学技術産業のフロンティアであり、競争の焦点であると捉え、計画やレイアウトを強化しています。 中国は高品質な発展の段階に移行し、近代的な経済システムを構築し、より良い生活のための新しい絵を構築していますが、そのためには新しい産業や技術の強力なサポートが緊急に必要です。 新技術の重要な担い手であり、現代産業のキーとなる機器であるロボットは、産業のデジタル開発とインテリジェントなアップグレードをリードし、常に新しい産業と新しいモデル、新しいビジネスモデルを生み出しています。 人間の生産や生活のための重要なツールとして、また高齢化社会に対応するための強力なアシスタントとして、ロボットは生産レベルや生活の質の向上を促進し、持続可能な経済・社会の発展に貢献し続けています。 新たな状況、新たな要求に直面し、中国のロボット産業のミドルエンド、ハイエンド化を促進し、高品質な発展の実現を加速するため、工業・情報化省は、国家発展改革委員会、科学技術省、その他計15の部門と共同で本計画をまとめました。
二、《规划》总体思路和目标 2. 本計画の一般的な考え方と目的
当前,机器人产业蓬勃发展,正极大改变着人类生产和生活方式,为经济社会发展注入强劲动能。“十四五”时期是我国开启全面建设社会主义现代化国家新征程、向第二个百年奋斗目标进军的第一个五年。《规划》以习近平新时代中国特色社会主义思想为指导,全面贯彻党的十九大和十九届历次全会精神,立足新发展阶段,完整、准确、全面贯彻新发展理念,构建新发展格局,统筹发展和安全,以高端化智能化发展为导向,面向产业转型和消费升级需求,坚持“创新驱动、应用牵引、基础提升、融合发展”,着力突破核心技术,着力夯实产业基础,着力增强有效供给,着力拓展市场应用,提升产业链供应链稳定性和竞争力,持续完善产业发展生态,推动机器人产业高质量发展,为建设制造强国、健康中国,创造美好生活提供有力支撑。 現在、ロボット産業は活況を呈しており、人間の生産や生活のあり方を大きく変え、経済や社会の発展に強い勢いを与えています。 「第14次5カ年計画」期間は、中国が近代的な社会主義国を建設するという新たな旅を始め、第2の100年目標に向かって邁進する最初の5年間です。 計画は、新時代の中国の特色ある社会主義という習近平の思想に導かれ、第19回党大会と第19回全体会議の精神を全面的に実施し、新発展段階に基づき、新発展概念を完全に、正確に、全面的に実施し、新発展パターンを構築し、発展と安全を協調させ、ハイエンドのインテリジェントな発展を志向し、産業の転換と消費者のアップグレードのニーズに直面し、「革新」の原則を堅持します。 新しい開発段階のコンセプトは、完全に、正確に、そして総合的に実施することを基本としています。 この計画は、中国のさまざまな分野の高い品質に基づいています。
《规划》立足我国各领域高质量发展需求和人民向往美好生活的需要,把握机器人产业发展趋势,提出“到2025年,我国成为全球机器人技术创新策源地、高端制造集聚地和集成应用新高地”。并提出了2025年的具体目标:一批机器人核心技术和高端产品取得突破,整机综合指标达到国际先进水平,关键零部件性能和可靠性达到国际同类产品水平;机器人产业营业收入年均增速超过20%;形成一批具有国际竞争力的领军企业及一大批创新能力强、成长性好的专精特新“小巨人”企业,建成3-5个有国际影响力的产业集群;制造业机器人密度实现翻番。 同計画は、中国の各分野における高品質な発展と、より良い生活を求める国民のニーズに基づき、ロボット産業の発展傾向を把握し、「2025年までに、中国は世界のロボット技術革新の源、ハイエンド製造クラスター、統合アプリケーションの新高地となる」と提案しています。 2025年の具体的な目標は、多くのロボットのコア技術とハイエンド製品が躍進し、機械全体の総合指数が国際的な先進レベルに達し、主要部品の性能と信頼性が国際的な同類製品のレベルに達すること、ロボット産業の事業収入の年平均成長率が20%を超えること、国際的な競争力を持つ多くの一流企業と、強い革新能力と良好な成長を持つ多くの特別新興企業が形成されること、などである。 "計画 "では、2035年までに、ロボット産業が以下の目標を達成できるようにすることを提案しています。
《规划》提出到2035年,我国机器人产业综合实力达到国际领先水平,机器人成为经济发展、人民生活、社会治理的重要组成。 この計画では、2035年までに中国のロボット産業の総合力が国際的にもトップレベルに達し、ロボットが経済発展や人々の生活、社会統治の重要な構成要素になることを提案しています。
三、《规划》部署的主要任务 3. 本計画で展開する主なタスク
为推动“十四五”发展目标落实落地,《规划》部署了提高产业创新能力、夯实产业发展基础、增加高端产品供给、拓展应用深度广度、优化产业组织结构等五项主要任务。 第14次5カ年計画」の発展目標の実施を促進するために、産業革新能力の向上、産業発展の基礎固め、ハイエンド製品の供給拡大、アプリケーションの深さと幅の拡大、産業組織の構造の最適化など、5つの主要課題を展開しています。
一是提高产业创新能力。加强核心技术攻关,突破机器人系统开发、操作系统等共性技术,研发仿生感知与认知、生机电融合等前沿技术,推进人工智能、5G、大数据、云计算等新技术与机器人技术的融合应用。建立健全创新体系,推动重点研发机构加强技术研究和成果转化,鼓励骨干企业协同推动软硬件系统标准化和模块化,支持企业加强技术中心建设。 第一は、産業イノベーション能力の向上です。 コア技術の研究開発を強化し、ロボットのシステム開発やOSなどの共通技術を突破し、バイオニック知覚・認知、生体・機械・電気の融合などの先端技術を開発し、人工知能、5G、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの新技術とロボットの融合・応用を推進します。 健全なイノベーションシステムを確立し、主要な研究開発機関が技術研究と成果の変換を強化することを促進し、基幹企業が協力してソフトウェアとハードウェアシステムの標準化とモジュール化を推進することを奨励し、企業がテクノロジーセンターの建設を強化することを支援します。
二是夯实产业发展基础。补齐专用材料、核心元器件、加工工艺等短板,开发机器人控制软件、核心算法等。建立全国机器人标准化组织,健全机器人标准体系,加快急需标准研究制定及应用,积极参与国际标准化工作。鼓励企业加强试验验证能力建设,增强机器人检测与评定中心检测能力,推进中国机器人认证体系建设。 第二は、産業発展の基盤を固めることです。 特殊素材、コアコンポーネント、加工プロセスの欠点を補い、ロボット制御ソフトやコアアルゴリズムを開発する。 国家ロボット標準化組織を設立し、ロボット標準システムを改善し、必要性の高い標準とその応用の研究開発を加速し、国際標準化作業に積極的に参加します。 企業に対し、試験・検証能力の構築を強化し、ロボット試験・評価センターの試験能力を強化し、中国のロボット認証システムの構築を促進することを奨励します。
三是增加高端产品供给。面向制造业、采矿业、建筑业、农业等行业,以及家庭服务、公共服务、医疗健康、养老助残、特殊环境作业等领域需求,集聚优势资源,重点推进工业机器人、服务机器人、特种机器人重点产品的研制及应用,拓展机器人产品系列,提升性能、质量和安全性,推动产品高端化智能化发展。 第三は、ハイエンド製品の供給拡大です。 製造業、鉱業、建設業、農業などの産業や、家庭サービス、公共サービス、医療・健康、高齢者介護・障害者支援、特殊環境作業などの分野のニーズに応えるために、有利な資源を集め、産業用ロボット、サービス用ロボット、特殊ロボットの開発と応用の促進に注力し、ロボット製品シリーズの拡大、性能・品質・安全性の向上、ハイエンドのインテリジェント製品の開発を推進していきます。
四是拓展应用深度广度。鼓励用户单位和机器人企业、整机企业和零部件企业联合开展技术试验验证。推动机器人系统集成商开发细分领域解决方案。支持搭建应用推广平台,组织产需对接。推进机器人应用场景开发和产品示范推广。加快医疗、养老、电力、矿山、建筑等领域机器人准入标准制订、产品认证或注册,鼓励企业建立产品体验中心。探索建立新型租赁服务平台,发展智能云服务等新型商业模式。 第四は、アプリケーションの深さと幅の拡大です。 ユーザーユニットとロボット企業、完成機企業と部品企業が共同で技術テストと検証を行うことを奨励する。 ニッチな分野でのソリューションを開発するロボットシステムインテグレーターを推進する。 アプリケーション・プロモーション・プラットフォームの構築を支援し、生産と需要のドッキングを整理する。 ロボットの活用シーンの開発や製品のデモンストレーション・プロモーションを推進する。 ヘルスケア、高齢者介護、電力、鉱業、建設などの分野におけるロボットの参入基準や製品認証・登録の開発を加速し、企業が製品体験センターを設立することを奨励する。 新たなレンタルサービスプラットフォームの構築や、インテリジェントクラウドサービスなどの新たなビジネスモデルの開発を模索する。
五是优化产业组织结构。培育壮大优质企业,推动企业成长为具有生态主导力和核心竞争力的领航企业,打造一批专精特新“小巨人”企业和单项冠军企业。推进强链固链稳链,支持产业链上中下游协同创新,加快短板产品的研发、验证和迭代,推动机器人产业链供应链多元化。打造优势特色集群,推动合理区域布局,培育创新能力强、产业环境好的优势集群,支持集群聚焦细分领域塑造特色集群品牌。 第五は、産業組織の最適化です。 質の高い企業を育成・強化し、企業が生態的優位性とコア競争力を備えた一流企業に成長することを促進し、多くの専門的・特殊な「小巨人」企業と単一のチャンピオン企業を創出する。 チェーンの強化と安定化を促進し、産業チェーンの上・中・下層部の共同イノベーションを支援し、ショートカット製品の研究開発・検証・反復を加速し、ロボット産業チェーンのサプライチェーンの多様化を促進する。 特別な特徴を持つ有利なクラスターを作り、合理的な地域レイアウトを推進し、強いイノベーション能力と良好な産業環境を持つ有利なクラスターを育成し、クラスターがニッチな分野に集中して特別なクラスターブランドを形成することを支援します。
四、推动《规划》贯彻实施的保障措施 4. 計画の実施を促進するためのセーフガード対策
为强化贯彻实施,《规划》提出了五项保障措施。 計画の実施を強化するために、計画では5つのセーフガード対策を打ち出しています。
一是强化统筹协调推进。统筹各部门资源和力量,支持产业创新发展。鼓励各地制定针对性政策措施,指导产业健康发展。发挥行业协会、中介组织作用,加强产业动态监测并及时反馈问题建议。 第一は、調整と促進の強化です。 産業の革新的な発展をサポートするために、様々な部門の資源と力を調整する。 産業の健全な発展を導くために、各地域が目標とする政策や措置を策定することを奨励します。 業界団体や中間組織の役割を果たし、業界のダイナミクスのモニタリングを強化し、問題や提案をタイムリーにフィードバックします。
二是加大财税金融支持。加强国家重大科技项目、国家重点研发计划等对机器人研发应用的支持。优化首台(套)重大技术装备保险补偿机制试点工作,发挥政府采购作用,促进机器人创新产品应用。落实好研发费用加计扣除等税收政策。推动各类产业基金投入,支持符合条件的企业上市。鼓励产融合作试点城市加大对机器人企业的投入,引导金融机构创新服务模式。 第二は、財政・金融支援の強化です。 国家の主要な科学技術プロジェクトや国家の重要な研究開発プログラムによるロボットの研究開発と応用への支援を強化します。 最初の(一連の)主要技術設備に対する保険補償メカニズムのパイロット作業を最適化し、革新的なロボット製品の適用を促進するために政府調達の役割を果たします。 研究開発費の控除などの税制上の施策を実施する。 各種産業ファンドの投資を促進し、対象となる企業の上場を支援します。 ロボット企業への投資を増やすために、産業統合のパイロット都市を奨励し、金融機関がサービスモデルを革新するよう指導します。
三是营造良好市场环境。完善行业规范条件,加大实施和采信力度。支持第三方检测认证机构能力建设。加强知识产权保护,加大知识产权侵权行为惩治力度。规范市场招标采购,禁止设立歧视性条款。开展机器人伦理道德和法律法规研究。 第三は、良好な市場環境の構築です。 業界の仕様条件を改善し、導入・採用の取り組みを強化します。 第三者検証・認証機関の能力向上を支援します。 知的財産権の保護を強化し、知的財産権侵害に対する罰則を強化します。 市場での入札・調達を規制し、差別的な条件の設定を禁止します。 ロボットの倫理や法規制に関する調査を行います。
四是健全人才保障体系。支持高校和科研院所培养专业技术和复合型高端人才。推进新工科建设,鼓励校企联合开展产学合作协同育人项目,共建现代产业学院,推行订单培养、现代学徒制等模式,培养产业发展急需人才。实施职业技能提升行动,支持开展企业职工技能提升和转岗转业培训。支持举办各类机器人大赛,加大青少年科普工作力度。 第四は、健全な人材育成システムの改善です。 大学や研究機関が専門的・技術的・複合的なハイエンド人材を育成することを支援します。 新しい工学分野の構築を促進し、学校と企業が共同で産学連携・共同教育プロジェクトを実施することを奨励し、近代工業大学を共同で建設し、オーダートレーニングや近代的な徒弟制度などのモデルを実施し、産業の発展に緊急に必要な人材を育成します。 職業技能向上アクションを実施し、企業の労働者のための技能向上および職業転換トレーニングの開発を支援します。 様々なロボット競技会の開催を支援し、若者に科学を普及させる取り組みを強化します。
五是深化国际交流合作。在技术、标准、检测认证、知识产权、人才培养等领域开展国际交流合作。鼓励国外企业与机构在华设立研发机构、教育培训中心等,支持国内企业在发达国家设立研发机构。充分利用多双边合作机制,推进机器人产品和解决方案“走出去”。 第五は、国際交流・協力の進化です。 技術、規格、試験・認証、知的財産権、人材育成などの分野で、国際的な交流・協力が行われます。 海外の企業や機関が中国に研究開発機関や教育訓練センターなどを設立することを奨励し、国内の企業が先進国に研究開発機関を設立することを支援します。 多国間協力の仕組みを活用し、ロボット製品やソリューションの「外への発信」を促進します。

 

計画本文...

・[PDF] “十四五”机器人产业发展规划 [downloaded]

20211230-72046

目次です。。。

一、现状与形势 1. 現状と状況
二、总体要求 2. 一般要求事項
(一)指导思想 (1) 指導原則
(二)发展目标 (2) 開発目標
三、主要任务 3. 主なタスク
(一)提高产业创新能力 (1) 産業イノベーション能力の向上
(二)夯实产业发展基础 (2) 産業発展の基盤を固める
(三)增加高端产品供给 (3) ハイエンド製品の供給拡大
(四)拓展应用深度广度 (4) アプリケーションの深さと幅の拡大
(五)优化产业组织结构 (5) 産業組織の最適化
四、保障措施 4. セーフガード対策
(一)强化统筹协调推进 (1) 調整と促進の強化
(二)加大财税金融支持 (2) 財政・金融支援の強化
(三)营造良好市场环境 (3) 良好な市場環境の構築
(四)健全人才保障体系 (4) 健全な人材育成システム
(五)深化国际交流合作 (5) 国際交流・協力の深化

 

 ・[DOCX] 仮訳

 

人民日報

2022.12.29 工信部:2035年,机器人成为人民生活重要组成部分 ネットワークセキュリティ・情報化中央委員会が「第14次5ヵ年国家情報化計画」を発表

 

工信部:2035年,机器人成为人民生活重要组成部分 工業情報化部: 2035年までに、ロボットは人々の生活の重要な一部になるだろう
28日,《“十四五”机器人产业发展规划》(以下简称《规划》)发布,工信部举行新闻发布会对其进行了介绍。工信部装备工业一司司长王卫明称,我国已经成为支撑世界机器人产业发展的一支重要力量。 産業・情報技術省は、28日に発表した「ロボット産業発展のための第14次5ヵ年計画」(以下、本計画)を紹介する記者会見を行いました。 工業情報化部機器産業部の王偉明部長は、「中国は世界のロボット産業の発展を支える重要な力になっている」と語りました。
据介绍,我国机器人产业总体规模快速增长,2020年营业收入首次突破1000亿元;技术水平稳步提升,核心部件加速突破,整机性能持续增强;行业应用深入拓展,工业机器人已在国民经济52个行业大类、143个行业中类广泛应用,服务机器人在教育、医疗、农业等领域大显身手,特别是在疫情防控和复工复产过程当中,机器人发挥了重要作用。 それによると、中国のロボット産業の全体的な規模は急速に拡大しており、2020年には事業収益が初めて1,000億元を超え、技術レベルは着実に向上しており、中核部品の躍進が加速し、完成した機械の性能が継続的に向上しています。産業用途は深く拡大しており、産業用ロボットは国民経済の52の産業カテゴリー、143の産業で広く使用されており、サービスロボットは教育、医療、農業などの分野で登場しています。 特に、疫病の予防や制御、仕事や生産の再開の過程では、ロボットが重要な役割を果たしています。
《规划》立足机器人产业高质量发展,从技术、规模、应用、生态等角度提出了未来5年至15年的发展目标,也就是到2025年,我国成为全球机器人技术创新策源地、高端制造集聚地和集成应用新高地。到2035年,我国机器人产业综合实力达到国际领先水平,机器人成为经济发展、人民生活、社会治理的重要组成。 この計画は、ロボット産業の質の高い発展を前提とし、技術、規模、応用、生態の観点から、今後5~15年の発展目標を定めています。すなわち、2025年までに、中国がロボット技術革新の世界的な発信地、ハイエンド製造拠点の集積地、統合的な応用のための新たな高地となることを目指しています。 2035年には、中国のロボット産業の総合力は国際的にも有数のレベルに達し、ロボットは経済発展、人々の生活、社会統治の重要な構成要素となるでしょう。
“到2025年,一批机器人核心技术和高端产品取得突破,整机综合指标达到国际先进水平,关键零部件性能和可靠性达到国际同类产品水平。机器人产业营业收入年均增速超过20%。形成一批具有国际竞争力的领军企业及一大批创新能力强、成长性好的专精特新‘小巨人’企业,建成3个至5个有国际影响力的产业集群。制造业机器人密度实现翻番。”王卫明介绍。 王偉明部長は、「2025年までに、多くのコア・ロボット技術とハイエンド製品が躍進し、機械全体の総合指数が国際的な先進レベルに達し、主要部品の性能と信頼性が類似製品の国際的なレベルに達するでしょう。 ロボット産業の営業利益の年平均成長率は20%を超える。 国際的な競争力を持つ多数の有力企業と、強いイノベーション能力を持ち、良好な成長を遂げている多数の特化した新しい「小さな巨人」企業が形成され、国際的な影響力を持つ3~5の産業クラスターが構築されることになる。 製造業におけるロボットの密度は2倍になる」と述べました。
中国机器人产业联盟执行理事长兼秘书长宋晓刚称,未来机器人应用广泛。例如在特种机器人方面,重点研制水下探测、作业、深海矿产资源开发等水下机器人,安保巡逻、反恐防暴、交通管理、边防管理等安防机器人,消防、应急救援、安全巡检、核工业操作等危险环境作业机器人,检验采样、消毒清洁、辅助巡诊查房、重症护理辅助操作等卫生防疫机器人。 中国ロボット産業アライアンスのエグゼクティブ・ディレクター兼事務局長であるSong Xiaogang氏は、今後のロボットの応用範囲は多岐にわたると述べています。 例えば、特殊ロボットでは、水中探査・作業、深海鉱物資源開発、警備パトロール、反テロ・暴動取締り、交通管理、国境管理などのセキュリティロボット、消防・救急救命、安全検査、原子力産業作業などの危険環境作業ロボット、検査・サンプリング、消毒・洗浄、補助巡回・室内点検、集中治療補助作業などの健康予防ロボットの開発に重点が置かれています。
不过王卫明也指出,与国外先进水平相比,我国机器人产业仍存在着技术积累不足、产业基础薄弱、高端供给缺乏等问题。“比如原创性研究、理论研究、正向设计能力欠缺;关键零部件质量稳定性、可靠性等还不能满足高性能整机的需求;高速、高精、重载等高性能整机产品供给缺乏等。” しかし、王偉明部長は、海外の先進レベルと比較して、中国のロボット産業はまだ技術の蓄積が不十分で、産業基盤が弱く、ハイエンドの供給が不足しているとも指摘しています。 「例えば、独創的な研究、理論的な研究、積極的な設計能力が不足していること、主要部品の品質安定性、信頼性などが高性能完成機のニーズを満たすことができていないこと、高速、高精度、ヘビーデューティーなどの高性能完成機の製品供給が不足していることなどが挙げられる。」
针对我国机器人产业的不足,王卫明称,“十四五”时期为加快提升机器人产业基础能力,《规划》从三个方面作出相关部署。一是补齐产业发展短板。重点补齐专用材料、核心元器件、加工工艺等短板,提升机器人关键零部件的功能、性能和可靠性;开发机器人控制软件、核心算法等,提高机器人控制系统的功能和智能化水平。 中国のロボット産業の欠点を受けて、王維明部長は、「第14次5カ年計画」期間中にロボット産業の基礎能力の向上を加速するために、3つの側面から「計画」を関連して展開すると述べました。 第一に、産業発展の欠点の補完です。 具体的には、特殊素材やコア部品、加工技術の欠点を補い、ロボットの主要部品の機能・性能・信頼性を向上させることや、ロボット制御ソフトウェアやコアアルゴリズムを開発し、ロボット制御システムの機能・知能を向上させることなどが挙げられます。
二是加强标准体系建设。建立全国机器人标准化组织,发挥国家技术标准创新基地(机器人)的技术标准创新作用,持续推进机器人标准化工作;健全机器人标准体系,加快急需标准研究制定,加强标准应用推广;积极参与国际标准化工作。 第二に、標準システムの構築強化です。 国家ロボット標準化組織を設立し、国家技術標準革新基地(ロボット)の技術標準革新の役割を果たし、ロボット標準化を継続的に推進する;ロボット標準システムを改善し、必要性の高い標準の研究開発を加速し、標準の適用と普及を強化する;国際標準化作業に積極的に参加します。
三是提升检测认证能力。鼓励企业加强试验验证能力建设,强化产品检测,提高质量与可靠性;增强机器人检测与评定中心检测能力,满足企业检测认证服务需求;推进中国机器人认证体系建设。 第三に、検査・認証機能の強化です。 企業に対し、試験・検証能力の構築、製品試験の強化、品質・信頼性の向上を促し、ロボット試験・評価センターの試験能力を強化して企業の試験・認証サービスのニーズに応え、中国のロボット認証システムの構築を促進します。 

 

| | Comments (0)

2021.12.30

総務省 デジタル時代における住民基本台帳制度のあり方に関する検討会報告書

こんにちは、丸山満彦です。

総務省が、「デジタル時代における住民基本台帳制度のあり方に関する検討会報告書」を公表していますね。。。

  1. 住民記録システムの標準化と業務改革のあり方
  2. 住民基本台帳ネットワークシステムのあり方
  3. デジタル技術を活用した届出のあり方

の3つのテーマについて、検討をしてきていますね。。。

住民の利便性の向上の観点、行政(国、自治体等)の業務効率の向上の観点、他のステークホルダーの利便性の向上といくつか観点があると思いますが、どのような仕方が最適なのかというのは、定量的に求めることはできないので、議論をして納得していくしかないのではないかと思います。。。

 

● 総務省

デジタル時代における住民基本台帳制度のあり方に関する検討会

・2021.12.28 [PDF] 報告書

20211229-192752

目次

はじめに

1.住民記録システムの標準化と業務改革のあり方
(1)地方公共団体の情報システムの標準化と業務改革
(2)地方公共団体によるガバメントクラウドの利用
(3)ガバメントクラウド上の地方公共団体のデータの国及び他の地方公共団体による参照

2.住民基本台帳ネットワークシステムのあり方
(1)住基ネットの意義・仕組み・各主体の役割
 ① 住基ネットの意義
 ② 住基ネットの仕組み
 ③ 都道府県の役割
 ④ 市町村の役割

(2)今後の住基ネットのあり方
 ① ネットワーク構成
 (ⅰ)全国サーバのあり方
 (ⅱ)都道府県サーバのあり方
 (ⅲ)CS のあり方
 ② 情報提供機能の強化
 ③ 住基ネットで提供・連携する情報
 (ⅰ)世帯情報の取扱い
 (ⅱ)DV 等被害者支援措置に係る情報の取扱い
 ④ 本人確認情報の提供記録等のオンライン確認の仕組み

3.デジタル技術を活用した届出のあり方
(1)住民基本台帳制度の意義
(2)転入届・転居届のオンライン化
(3)転入届・転居届のオンライン化と他制度との関係
(4)転出届の取扱い

おわりに

参考資料1(構成員名簿)
参考資料2(検討スケジュール)
参考資料3(住民基本台帳制度の概要)
参考資料4(住民基本台帳と市町村の他の行政分野との連携)
参考資料5(住基ネットの概要)
参考資料6(住基ネットの役割)
参考資料7(住基ネットの法制度上の整理)
参考資料8(住基ネット最高裁判決(H20.3.6)を踏まえたマイナンバー制度の設計)
参考資料9(住基法別表ごとの住基ネット利用事務・提供件数(R2 年度))
参考資料 10(マイナンバー制度を支える住基ネット)
参考資料 11(住基ネットの回線構成図)
参考資料 12(住基ネットの各サーバの主な役割・機能)
参考資料 13(住基ネットにおける都道府県の役割)
参考資料 14(住基ネットにおける市町村の役割)
参考資料 15(住基ネットのネットワーク構成の検討の方向性)
参考資料 16(住基ネットにおけるプッシュ型の情報提供(案))
参考資料 17(住基ネット・住民基本台帳・住民記録システムで管理されている情報)
参考資料 18(マイナンバー法別表第2に掲げる事務のうち世帯情報を利用している主な事務)
参考資料 19(世帯情報の確認方法(日本年金機構の例))
参考資料 20(住民基本台帳事務における DV 等被害者支援措置の概要)
参考資料 21(虚偽の住民異動届出の事例等)
参考資料 22(住民基本台帳の情報を基に行われている主な行政事務)
参考資料 23(転入届等を仮にオンライン化する場合の居住実態の確認方法)
参考資料 24(転入届・転居届の際に併せて住民が行っている手続の例)
参考資料 25(転出届の沿革)
参考資料 26(転出・転入手続のワンストップ化)
参考資料 27(住民の転出を契機として行われている手続・事務)
参考資料 28(住民基本台帳法の制定・改正経緯)



 

 

 

| | Comments (0)

防衛省と三菱電機が2019年に発生した不正アクセス事件についての発表をしていますね。。。

こんにちは、丸山満彦です。

三菱電機が「不正アクセスによる個人情報と企業機密の流出可能性について(第4報)」を、防衛省が「三菱電機株式会社に対する不正アクセスによる安全保障上の影響に関する調査結果について」について発表していますね。。。

 

● 防衛省

・2021.12.24 [PDF] 三菱電機株式会社に対する不正アクセスによる安全保障上の影響に関する調査結果について  [downloaded]

20211229-172010

 

● 三菱電機

20211229-174202

・2021.12.24 [PDF] 不正アクセスによる個人情報と企業機密の流出可能性について(第4報) [downloaded]

・2020.02.12 [PDF] 不正アクセスによる個人情報と企業機密の流出可能性について(第3報) [downloaded]

・2020.02.10 [PDF] 不正アクセスによる個人情報と企業機密の流出可能性について(第2報) [downloaded]

・2020.01.20 [PDF] 不正アクセスによる個人情報と企業機密の流出可能性について  [downloaded]



 

| | Comments (0)

2021.12.29

米国 バイデン大統領が2022年国防授権法にサインをしましたね。。。

こんにちは、丸山満彦です。

バイデン大統領が2022年国権授権法にサインをしましたね。。。この法律毎年あるのですが、400万単語を超える長い〜い法律です。。。

サイバーに関連するセクションだけでもかなりの分量です。。。

White House

・2021.12.27 Statement by the President on S. 1605, the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022

 

Fig1_20210802074601

 

Congress.GOV

S.1605 - National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022

 

サイバー関連のタイトルXV。。。

TITLE XV--CYBERSPACE-RELATED MATTERS タイトルXV:サイバースペース関連事項
Subtitle A--Matters Related to Cyber Operations and Cyber Forces サブタイトルA:サイバー作戦とサイバー部隊に関連する事項
Sec. 1501. Development of taxonomy of cyber capabilities. Sec. 1501. サイバー能力の分類法の開発
Sec. 1502. Extension of sunset for pilot program on regional cybersecurity training center for the Army National Guard. Sec. 1502. 陸軍州兵のための地域サイバーセキュリティトレーニングセンターのパイロットプログラムの終了を延長する
Sec. 1503. Modification of the Principal Cyber Advisor. Sec. 1503. 主任サイバーアドバイザーの変更
Sec. 1504.Evaluation of Department of Defense cyber governance. Sec. 1504. 国防総省のサイバーガバナンスの評価
Sec. 1505. Operational technology and mission-relevant terrain in cyberspace. Sec. 1505. サイバースペースにおける運用技術と任務に関連する地形
Sec. 1506. Matters concerning cyber personnel requirements. Sec. 1506. サイバー人材の要件に関する事項
Sec. 1507. Assignment of certain budget control responsibilities to commander of United States Cyber Command. Sec. 1507. 米国サイバー司令部の司令官への予算管理責任の割り当て
Sec. 1508. Coordination between United States Cyber Command and private sector. Sec. 1508. 米国サイバー司令部と民間企業との間の調整
Sec. 1509. Assessment of cyber posture and operational assumptions and development of targeting strategies and supporting capabilities. Sec. 1509. サイバー攻撃態勢と作戦前提の評価、標的戦略と支援能力の開発
Sec. 1510. Assessing capabilities to counter adversary use of ransomware, capabilities, and infrastructure. Sec. 1510. 敵のランサムウェア使用、能力、インフラに対抗する能力の評価
Sec. 1511. Comparative analysis of cybersecurity capabilities. Sec. 1511. サイバーセキュリティ能力の比較分析
Sec. 1512. Eligibility of owners and operators of critical infrastructure to receive certain Department of Defense support and services. Sec. 1512. 重要インフラの所有者と運営者が国防総省の支援とサービスを受ける資格
Sec. 1513. Report on potential Department of Defense support and assistance for increasing the awareness of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of cyber threats and vulnerabilities affecting critical infrastructure. Sec. 1513. 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性について、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の認識を高めるための国防総省の支援の可能性についての報告
Subtitle B--Matters Related to Department of Defense Cybersecurity and  Information Technology サブタイトルB:国防総省のサイバーセキュリティと情報技術に関連する事項
Sec. 1521. Enterprise-wide procurement of cyber data products and services. Sec. 1521. サイバーデータ製品・サービスの全社的調達
Sec. 1522. Legacy information technologies and systems accountability. Sec. 1522. レガシー情報技術とシステムの説明責任
Sec. 1523. Update relating to responsibilities of Chief Information Officer. Sec. 1523. 最高情報責任者(CIO)の責任についての更新
Sec. 1524. Protective Domain Name System within the Department of Defense. Sec. 1524. 国防総省内の保護ドメイン名システム
Sec. 1525. Cybersecurity of weapon systems. Sec. 1525. 兵器システムのサイバーセキュリティ
Sec. 1526. Assessment of controlled unclassified information program. Sec. 1526. 管理された未分類情報プログラムの評価
Sec. 1527. Cyber data management. Sec. 1527. サイバーデータ管理
Sec. 1528. Zero trust strategy, principles, model architecture, and implementation plans. Sec. 1528. ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャ、および実施計画
Sec. 1529. Demonstration program for automated security validation tools. Sec. 1529. 自動セキュリティ検証ツールの実証プログラム
Sec. 1530. Improvements to consortium of universities to advise Secretary of Defense on cybersecurity matters. Sec. 1530. 国防長官にサイバーセキュリティに関する助言を行う大学コンソーシアムの改善
Sec. 1531. Digital development infrastructure plan and working group. Sec. 1531. デジタル開発インフラ計画および作業部会
Sec. 1532. Study regarding establishment within the Department of Defense of a designated central program office to oversee academic engagement programs relating to establishing cyber talent across the Department. Sec. 1532. 国防総省内にサイバー人材の育成に関する学術的なプログラムを統括する中央プログラムオフィスを設置することに関する研究
Sec. 1533. Report on the Cybersecurity Maturity Model Certification program. Sec. 1533. サイバーセキュリティーマチュリティモデル認証プログラムに関する報告書
Sec. 1534. Deadline for reports on assessment of cyber resiliency of nuclear command and control system. Sec. 1534. 核指揮統制システムのサイバー復元力の評価に関する報告書の期限
Subtitle C--Matters Related to Federal Cybersecurity サブタイトルC:連邦政府のサイバーセキュリティに関する事項
Sec. 1541. Capabilities of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency to identify threats to industrial control systems. Sec. 1541. 産業用制御システムへの脅威を特定するためのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の能力
Sec. 1542. Cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1542. サイバーセキュリティの脆弱性
Sec. 1543. Report on cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1543. サイバーセキュリティの脆弱性に関する報告
Sec. 1544. Competition relating to cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1544. サイバーセキュリティの脆弱性に関する競争
Sec. 1545. Strategy. Sec. 1545. 戦略
Sec. 1546. Cyber incident response plan. Sec. 1546. サイバーインシデント対応計画
Sec. 1547. National cyber exercise program. Sec. 1547. 国家サイバー演習プログラム
Sec. 1548. CyberSentry program of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. Sec. 1548. サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のCyberSentryプログラム
Sec. 1549. Strategic assessment relating to innovation of information systems and cybersecurity threats. Sec. 1549. 情報システムの革新とサイバーセキュリティの脅威に関する戦略的評価
Sec. 1550. Pilot program on public-private partnerships with internet ecosystem companies to detect and disrupt adversary cyber operations. Sec. 1550. 敵国のサイバー活動を検知・妨害するためのインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップに関するパイロットプログラム
Sec. 1551. United States-Israel cybersecurity cooperation. Sec. 1551. 米国とイスラエルのサイバーセキュリティ協力
Sec. 1552. Authority for National Cyber Director to accept details on nonreimbursable basis. Sec. 1552. 国家サイバー長官が、払い戻しのない詳細な情報を受け取る権限

 


国防授権法に関連している書き込み。。。

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.12.03 米国 米国連邦議会諮問委員会 米中経済・安全保障調査委員会の報告書

・2021.09.22 NIST SP 800-50 Rev.1 (ドラフト)  ドラフト作成前のコメント募集:サイバーセキュリティとプライバシーに関する意識向上とトレーニングプログラムの構築

・2021.09.21 国務省OIG 国務省のセキュリティ・クリアランス・データを国家情報長官室に報告するプロセスには改善が必要

・2021.08.16 サイバースペース・ソラリウム委員会が2021年実施報告書を公表していますね。。。

・2021.07.13 従来型抑止と戦略的抑止に対するサイバー脅威と脆弱性 by 米国サイバースペース・ソラリウム委員会の事務局長

・2021.05.16 U.S. FBI & CISA 国内テロリズムに関する戦略的情報評価とデータ

・2021.05.10 米国連邦政府 人工知能イニシアティブ

・2021.03.25 U.S. GAO High-Riskシリーズ:連邦政府は主要なサイバーセキュリティの課題に対処するための重要な行動を早急に実施する必要がある

・2021.01.14 重要な情報の棚卸しは必要だが、そのリストをどのように伝達する?

・2021.01.06 米国 2021年度 National Defense Authorization Act (NDAA) (国防授権法)成立 サイバー関係も・・・

・2020.10.04 サイバースペース・ソラリウム委員会

・2020.07.25 米国連邦議会 2021年度の国防授権法が下院で可決しましたね。。。

 


条文も含めると、、、(ほぼ機械翻訳のままです。。。)

TITLE XV--CYBERSPACE-RELATED MATTERS タイトルXV:サイバースペース関連事項
Subtitle A--Matters Related to Cyber Operations and Cyber Forces サブタイトルA:サイバー作戦とサイバー部隊に関連する事項
Sec. 1501. Development of taxonomy of cyber capabilities. Sec. 1501. サイバー能力の分類法の開発
Sec. 1502. Extension of sunset for pilot program on regional cybersecurity training center for the Army National Guard. Sec. 1502. 陸軍州兵のための地域サイバーセキュリティトレーニングセンターのパイロットプログラムの終了を延長する
Sec. 1503. Modification of the Principal Cyber Advisor. Sec. 1503. 主任サイバーアドバイザーの変更
Sec. 1504.Evaluation of Department of Defense cyber governance. Sec. 1504. 国防総省のサイバーガバナンスの評価
Sec. 1505. Operational technology and mission-relevant terrain in cyberspace. Sec. 1505. サイバースペースにおける運用技術と任務に関連する地形
Sec. 1506. Matters concerning cyber personnel requirements. Sec. 1506. サイバー人材の要件に関する事項
Sec. 1507. Assignment of certain budget control responsibilities to commander of United States Cyber Command. Sec. 1507. 米国サイバー司令部の司令官への予算管理責任の割り当て
Sec. 1508. Coordination between United States Cyber Command and private sector. Sec. 1508. 米国サイバー司令部と民間企業との間の調整
Sec. 1509. Assessment of cyber posture and operational assumptions and development of targeting strategies and supporting capabilities. Sec. 1509. サイバー攻撃態勢と作戦前提の評価、標的戦略と支援能力の開発
Sec. 1510. Assessing capabilities to counter adversary use of ransomware, capabilities, and infrastructure. Sec. 1510. 敵のランサムウェア使用、能力、インフラに対抗する能力の評価
Sec. 1511. Comparative analysis of cybersecurity capabilities. Sec. 1511. サイバーセキュリティ能力の比較分析
Sec. 1512. Eligibility of owners and operators of critical infrastructure to receive certain Department of Defense support and services. Sec. 1512. 重要インフラの所有者と運営者が国防総省の支援とサービスを受ける資格
Sec. 1513. Report on potential Department of Defense support and assistance for increasing the awareness of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of cyber threats and vulnerabilities affecting critical infrastructure. Sec. 1513. 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性について、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の認識を高めるための国防総省の支援の可能性についての報告
Subtitle B--Matters Related to Department of Defense Cybersecurity and  Information Technology サブタイトルB:国防総省のサイバーセキュリティと情報技術に関連する事項
Sec. 1521. Enterprise-wide procurement of cyber data products and services. Sec. 1521. サイバーデータ製品・サービスの全社的調達
Sec. 1522. Legacy information technologies and systems accountability. Sec. 1522. レガシー情報技術とシステムの説明責任
Sec. 1523. Update relating to responsibilities of Chief Information Officer. Sec. 1523. 最高情報責任者(CIO)の責任についての更新
Sec. 1524. Protective Domain Name System within the Department of Defense. Sec. 1524. 国防総省内の保護ドメイン名システム
Sec. 1525. Cybersecurity of weapon systems. Sec. 1525. 兵器システムのサイバーセキュリティ
Sec. 1526. Assessment of controlled unclassified information program. Sec. 1526. 管理された未分類情報プログラムの評価
Sec. 1527. Cyber data management. Sec. 1527. サイバーデータ管理
Sec. 1528. Zero trust strategy, principles, model architecture, and implementation plans. Sec. 1528. ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャ、および実施計画
Sec. 1529. Demonstration program for automated security validation tools. Sec. 1529. 自動セキュリティ検証ツールの実証プログラム
Sec. 1530. Improvements to consortium of universities to advise Secretary of Defense on cybersecurity matters. Sec. 1530. 国防長官にサイバーセキュリティに関する助言を行う大学コンソーシアムの改善
Sec. 1531. Digital development infrastructure plan and working group. Sec. 1531. デジタル開発インフラ計画および作業部会
Sec. 1532. Study regarding establishment within the Department of Defense of a designated central program office to oversee academic engagement programs relating to establishing cyber talent across the Department. Sec. 1532. 国防総省内にサイバー人材の育成に関する学術的なプログラムを統括する中央プログラムオフィスを設置することに関する研究
Sec. 1533. Report on the Cybersecurity Maturity Model Certification program. Sec. 1533. サイバーセキュリティーマチュリティモデル認証プログラムに関する報告書
Sec. 1534. Deadline for reports on assessment of cyber resiliency of nuclear command and control system. Sec. 1534. 核指揮統制システムのサイバー復元力の評価に関する報告書の期限
Subtitle C--Matters Related to Federal Cybersecurity サブタイトルC:連邦政府のサイバーセキュリティに関する事項
Sec. 1541. Capabilities of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency to identify threats to industrial control systems. Sec. 1541. 産業用制御システムへの脅威を特定するためのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の能力
Sec. 1542. Cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1542. サイバーセキュリティの脆弱性
Sec. 1543. Report on cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1543. サイバーセキュリティの脆弱性に関する報告
Sec. 1544. Competition relating to cybersecurity vulnerabilities. Sec. 1544. サイバーセキュリティの脆弱性に関する競争
Sec. 1545. Strategy. Sec. 1545. 戦略
Sec. 1546. Cyber incident response plan. Sec. 1546. サイバーインシデント対応計画
Sec. 1547. National cyber exercise program. Sec. 1547. 国家サイバー演習プログラム
Sec. 1548. CyberSentry program of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. Sec. 1548. サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のCyberSentryプログラム
Sec. 1549. Strategic assessment relating to innovation of information systems and cybersecurity threats. Sec. 1549. 情報システムの革新とサイバーセキュリティの脅威に関する戦略的評価
Sec. 1550. Pilot program on public-private partnerships with internet ecosystem companies to detect and disrupt adversary cyber operations. Sec. 1550. 敵国のサイバー活動を検知・妨害するためのインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップに関するパイロットプログラム
Sec. 1551. United States-Israel cybersecurity cooperation. Sec. 1551. 米国とイスラエルのサイバーセキュリティ協力
Sec. 1552. Authority for National Cyber Director to accept details on nonreimbursable basis. Sec. 1552. 国家サイバー長官が、払い戻しのない詳細な情報を受け取る権限
   
Subtitle A--Matters Related to Cyber Operations and Cyber Forces サブタイトルA:サイバー作戦とサイバー部隊に関連する事項
SEC. 1501. DEVELOPMENT OF TAXONOMY OF CYBER CAPABILITIES. Sec. 1501. サイバー能力の分類法の開発
(a) In General.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall develop a taxonomy of cyber capabilities, including software, hardware, middleware, code, other information technology, and accesses, designed for use in cyber effects operations. (a) 一般的に...--この法律が制定された日から180日以内に、国防長官はソフトウェア、ハードウェア、ミドルウェア、コード、その他の情報技術、アクセスを含むサイバー能力の分類法を開発しなければならない。
(b) Report.-- (b) 報告。
(1) In general.--Not later than 30 days after the development of the taxonomy of cyber capabilities required under subsection (a), the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report regarding such taxonomy. (1) 国防長官は、(a)項で要求されるサイバー能力の分類法の開発後30日以内に、議会の防衛委員会に当該分類法に関する報告書を提出しなければならない。
(2) Elements.--The report required under paragraph (1) shall include the following: (2) 第1項の報告書には、以下の項目が含まれる。
(A) The definitions associated with each category contained within the taxonomy of cyber capabilities developed pursuant to subsection (a). (A) (a)項に従って作成されたサイバー能力の分類法に含まれる各カテゴリーに関連する定義。
(B) Recommendations for improved reporting mechanisms to Congress regarding such taxonomy of cyber capabilities, using amounts from the Cyberspace Activities Budget of the Department of Defense. (B)国防総省のサイバースペース活動予算を利用して、当該サイバー能力分類法に関する議会への報告メカニズムを改善するための提言。
(C) Recommendations for modifications to the notification requirement under section 396 of title 10, United States Code, in order that such notifications would include information relating to such taxonomy of cyber capabilities, including with respect to both physical and nonphysical cyber effects. (C)物理的および非物理的なサイバー効果に関する情報を含む、サイバー能力の分類に関連する情報を通知するための、米国コード第10編第396条に基づく通知要件の修正に関する提言。
(D) Any other elements the Secretary determines appropriate. (D) 長官が適切と判断するその他の要素。
SEC. 1502. EXTENSION OF SUNSET FOR PILOT PROGRAM ON REGIONAL CYBERSECURITY TRAINING CENTER FOR THE ARMY NATIONAL GUARD. Sec. 1502. 陸軍州兵のための地域サイバーセキュリティトレーニングセンターのパイロットプログラムの終了を延長する
 Section 1651(e) of the John S. McCain National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2019 (Public Law 115-232; 32 U.S.C. 501 note) is amended by striking ``2022'' and inserting ``2024''.  2019年度ジョン・S・マケイン国防権限法(Public Law 115-232; 32 U.S.C. 501 note)の第1651(e)項は、「2022年」を削除し、「2024年」を挿入することで修正される。
SEC. 1503. MODIFICATION OF THE PRINCIPAL CYBER ADVISOR. Sec. 1503. 主任サイバーアドバイザーの変更
(a) In General.--Paragraph (1) of section 932(c) of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2014 (Public Law 113-66; 10 U.S.C. 2224 note) is amended to read as follows: (a) 2014年会計年度国防権限法(Public Law 113-66; 10 U.S.C. 2224 note)の第932条(c)のパラグラフ(1)を以下のように修正する。
``(1) Designation.--(A) The Secretary shall designate, from among the personnel of the Office of the Under Secretary of Defense for Policy, a Principal Cyber Advisor to act as the principal advisor to the Secretary on military cyber forces and activities. ''(1) 名称:(A) 長官は、政策担当国防次官室の職員の中から、軍のサイバー戦力と活動に関する長官の主要アドバイザーとして、主席サイバーアドバイザーを指名する。
``(B) The Secretary may only designate an official under this paragraph if such official was appointed to the position in which such official serves by and with the advice and consent of the Senate.''. ''(B) 長官は、当該職員が上院の助言と同意を得て任命された場合にのみ、このパラグラフの下で当該職員を指名することができる」と述べた。
(b) Designation of Deputy Principal Cyber Advisor.--Section 905(a)(1) of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note) is amended by striking ``Office of the Secretary of Defense'' and inserting ``Office of the Under Secretary of Defense for Policy''. (b) 2020年会計年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note)の第905条(a)(1)は、「国防長官室」を削除し、「政策担当国防次官室」を挿入することで修正される。
(c) Briefing.--Not later than 90 days after the date of the enactment of this Act, the Deputy Secretary of Defense shall brief the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on such recommendations as the Deputy Secretary may have for alternate reporting structures for the Principal Cyber Advisor and the Deputy Principal Cyber Advisor within the Office of the Under Secretary for Policy. (c) 国防副長官は、上院軍事委員会と下院軍事委員会に対し、政策担当事務次官室の主席サイバー顧問と副主席サイバー顧問の別の報告体制について、副長官が提案する事項を説明する。
SEC. 1504. EVALUATION OF DEPARTMENT OF DEFENSE CYBER GOVERNANCE. Sec. 1504. 国防総省のサイバーガバナンスの評価
(a) In General.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall complete an evaluation and review of the Department of Defense's current cyber governance construct. (a) 本法制定後180日以内に、国防長官は国防省の現在のサイバーガバナンス構造の評価と見直しを完了しなければならない。
(b) Scope.--The evaluation and review conducted pursuant to subsection (a) shall-- (b) 範囲 -- サブセクション(a)に従って実施される評価とレビューは、以下の通りである。
(1) assess the performance of the Department of Defense in carrying out the pillars of the cyber strategy and lines of efforts established in the most recent cyber posture review, including-- (1) 最新のサイバー態勢レビューで確立されたサイバー戦略の柱と努力のラインを実行する上での国防総省のパフォーマンスを評価すること、これには以下が含まれる。
(A) conducting military cyberspace operations of offensive, defensive, and protective natures; (A)攻撃的、防御的、保護的な性質の軍事サイバースペース作戦を実施すること。
(B) securely operating technologies associated with information networks, industrial control systems, operational technologies, weapon systems, and weapon platforms; and (B) 情報ネットワーク、産業制御システム、運用技術、兵器システム、兵器プラットフォームに関連する技術を安全に運用する。
(C) enabling, encouraging, and supporting the security of international, industrial, and academic partners; (C)国際的、産業的、学術的パートナーのセキュリティを可能にし、奨励し、支援する。
(2) analyze and assess the current institutional constructs across the Office of the Secretary of Defense, Joint Staff, military services, and combatant commands involved with and responsible for the execution of and civilian oversight for the responsibilities specified in paragraph (1); (2) 国防長官室、統合幕僚監部、軍部、戦闘司令部における、(1)で指定された責任の遂行と文民の監督に関わる現在の制度的構造を分析・評価する。
(3) analyze and assess the delineation of responsibilities within the current institutional construct within the Office of the Secretary of Defense for addressing the objectives of the 2018 Department of Defense Cyber Strategy and any superseding strategies, as well as identifying potential seams in responsibility; (3) 2018年国防総省サイバー戦略およびそれに代わる戦略の目的に取り組むための、国防総省長官室内の現在の組織構造における責任の明確化を分析・評価するとともに、責任の継ぎ目となる可能性を特定すること。
(4) examine the Department's policy, legislative, and regulatory regimes related to cyberspace and cybersecurity matters, including the 2018 Department of Defense Cyber Strategy and any superseding strategies, for sufficiency in carrying out the responsibilities specified in paragraph (1); (4) 2018年国防総省サイバー戦略およびそれに続く戦略を含む、サイバースペースおよびサイバーセキュリティ関連の国防総省の政策、立法、規制体制について、第1項で指定された責任を遂行する上で十分かどうかを検討すること。
(5) examine the Office of the Secretary of Defense's current alignment for the integration and coordination of cyberspace activities with other aspects of information operations, including information warfare and electromagnetic spectrum operations; (5) サイバースペース活動を、情報戦や電磁スペクトル作戦を含む情報作戦の他の側面と統合・調整するための、国防長官室の現在の体制を検証する。
(6) examine the current roles and responsibilities of each Principal Staff Assistant to the Secretary of Defense as such relate to the responsibilities specified in paragraph (1), and identify redundancy, duplication, or matters requiring deconfliction or clarification; (6) 第1項の責任に関連した、各国防長官主席補佐官の現在の役割と責任を調査し、重複している部分や、矛盾の解消や明確化が必要な事項を特定する。
(7) evaluate and, as appropriate, implement relevant managerial innovation from the private sector in the management of complex missions, including enhanced cross-functional teaming; (7) 機能横断的なチーム編成の強化を含め、複雑なミッションの管理に関連する民間企業の経営革新を評価し、必要に応じて実施すること。
(8) evaluate the state of collaboration among each Principal Staff Assistant in matters related to acquisition of cyber capabilities and other enabling technologies supporting the responsibilities specified in paragraph (1); (8) 第1項の責任を支えるサイバー能力やその他の実現技術の獲得に関連する事項について、各主席補佐官間の連携状況を評価する。
(9) analyze and assess the Department's performance in and posture for building and retaining the requisite workforce necessary to perform the responsibilities specified in paragraph (1); (9)第1項の責任を果たすために必要な人材の育成・確保に関する省庁の実績と態勢を分析・評価すること。
(10) determine optimal governance structures related to the management and advancement of the Department's cyber workforce, including those structures defined under and evaluated pursuant to section 1649 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92) and section 1726 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 (Public Law 116-283); (10) 2020年会計年度国防権限法第1649条(公法116-92)および2021年会計年度国防権限法第1726条(公法116-283)の下で定義され、これらに基づいて評価された構造を含め、省のサイバー人材の管理および向上に関連する最適なガバナンス構造を決定する。)
(11) develop policy and legislative recommendations, as appropriate, to delineate and deconflict the roles and responsibilities of United States Cyber Command in defending and protecting the Department of Defense Information Network (DoDIN), with the responsibility of the Chief Information Officer, the Defense Information Systems Agency, and the military services to securely operate technologies described in paragraph (1)(B); (11) 国防総省情報ネットワーク(DoDIN)を防御・保護する米国サイバー司令部の役割・責任と、(1)(B)項に記載された技術を安全に運用する最高情報責任者、国防情報システム庁、軍部の責任とを明確にし、対立させないための政策・立法上の提言を適切に行う。
(12) develop policy and legislative recommendations to enhance the authority of the Chief Information Officers within the military services, specifically as such relates to executive and budgetary control over matters related to such services' information technology security, acquisition, and value; (12) 軍務内の最高情報責任者の権限を強化するための政策および立法上の提言を行う。
(13) develop policy and legislative recommendations, as appropriate, for optimizing the institutional constructs across the Office of the Secretary of Defense, Joint Staff, military services, and combatant commands involved with and responsible for the responsibilities specified in paragraph (1); and (13) 必要に応じて、国防長官室、統合幕僚監部、軍部、および第1項で指定された責任に関与し、責任を負う戦闘司令部全体の制度的構成を最適化するための政策および立法上の提言を行う。
(14) make recommendations for any legislation determined appropriate. (14) 適切と判断されるいかなる法律に対しても勧告を行うこと。
(c) Interim Briefings.--Not later than 90 days after the commencement of the evaluation and review conducted pursuant to subsection (a) and every 30 days thereafter, the Secretary of Defense shall brief the congressional defense committees on interim findings of such evaluation and review. (c) 国防長官は、(a)項に従って実施された評価・見直しの開始後90日以内に、またその後30日ごとに、議会の防衛委員会に対し、当該評価・見直しの中間的な結果について説明する。
(d) Report.--Not later than 30 days after the completion of the evaluation and review conducted pursuant to subsection (a), the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report on such evaluation and review. (d) 国防長官は、(a)項に基づいて行われた評価・審査の終了後30日以内に、議会の防衛委員会に当該評価・審査に関する報告書を提出する。
SEC. 1505. OPERATIONAL TECHNOLOGY AND MISSION-RELEVANT TERRAIN IN CYBERSPACE. Sec. 1505. サイバースペースにおける作戦技術と任務関連領域
(a) Mission-relevant Terrain.--Not later than January 1, 2025, the Secretary of Defense shall complete mapping of mission-relevant terrain in cyberspace for Defense Critical Assets and Task Critical Assets at sufficient granularity to enable mission thread analysis and situational awareness, including required-- (a) ミッション関連地形--2025年1月1日までに、国防長官は、防衛重要資産および任務重要資産のサイバー空間におけるミッション関連地形のマッピングを、ミッション・スレッド分析および状況認識を可能にするのに十分な粒度で完了しなければならず、これには以下が含まれる。
(1) decomposition of missions reliant on such Assets; (1) 当該資産に依存するミッションの分解。
(2) identification of access vectors; (2) アクセス・ベクターの特定。
(3) internal and external dependencies; (3) 内部および外部への依存関係
(4) topology of networks and network segments; (4) ネットワークおよびネットワークセグメントのトポロジー。
(5) cybersecurity defenses across information and operational technology on such Assets; and (5) 当該資産上の情報及び運用技術に関するサイバーセキュリティの防御策。
(6) identification of associated or reliant weapon systems. (6) 関連または依存する兵器システムの特定。
(b) Combatant Command Responsibilities.--Not later than January 1, 2024, the Commanders of United States European Command, United States Indo-Pacific Command, United States Northern Command, United States Strategic Command, United States Space Command, United States Transportation Command, and other relevant Commands, in coordination with the Commander of United States Cyber Command, in order to enable effective mission thread analysis, cyber situational awareness, and effective cyber defense of Defense Critical Assets and Task Critical Assets under their control or in their areas of responsibility, shall develop, institute, and make necessary modifications to-- (b) 遅くとも2024年1月1日までに、米国欧州司令部、米国インド太平洋司令部、米国北部司令部、米国戦略司令部、米国宇宙司令部、米国輸送司令部、およびその他の関連司令部の司令官は、米国サイバー司令部の司令官と連携して、自己の管理下にある、または自己の責任範囲内にある国防重要資産および業務重要資産の効果的なミッション・スレッド分析、サイバー状況認識、および効果的なサイバー防御を可能にするために、以下のことを開発、導入、および必要な変更を行わなければならない。
(1) internal combatant command processes, responsibilities, and functions; (1) 戦闘部隊の内部プロセス、責任、機能。
(2) coordination with service components under their operational control, United States Cyber Command, Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network, and the service cyber components; (2)作戦統制下にあるサービス・コンポーネント、米国サイバー・コマンド、統合部隊本部-国防省情報ネットワーク、およびサービス・サイバー・コンポーネントとの調整。
(3) combatant command headquarters' situational awareness posture to ensure an appropriate level of cyber situational awareness of the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems under their control or in their areas of responsibility, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets; and (3) 特に防衛重要資産および任務重要資産を含む、その管理下にある、またはその責任領域にある部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、および兵器システムの適切なレベルのサイバー状況認識を確保するための、戦闘指揮本部の状況認識態勢。
(4) documentation of their mission-relevant terrain in cyberspace. (4) サイバースペースにおける任務に関連する地形の文書化。
(c) Department of Defense Chief Information Officer Responsibilities.-- (c) 国防総省の最高情報責任者の責任--。
(1) In general.--Not later than November 1, 2023, the Chief Information Officer of the Department of Defense shall establish or make necessary changes to policy, control systems standards, risk management framework and authority to operate policies, and cybersecurity reference architectures to provide baseline cybersecurity requirements for operational technology in forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network. (1) 一般的に -- 遅くとも2023年11月1日までに、国防総省の最高情報責任者は、国防総省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムの運用技術に対する基本的なサイバーセキュリティ要件を提供するために、政策、制御システム標準、リスク管理フレームワーク、運用権限政策、サイバーセキュリティ参照アーキテクチャを確立し、または必要な変更を行う。
(2) Implementation of policies.--The Chief Information Officer of the Department of Defense shall leverage acquisition guidance, concerted assessment of the Department's operational technology enterprise, and coordination with the military department principal cyber advisors and chief information officers to drive necessary change and implementation of relevant policy across the Department's forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems. (2) 政策の実施 -- 国防総省の最高情報責任者は、取得ガイダンス、国防総省の運用技術企業の協調的評価、軍部の主要サイバーアドバイザーおよび最高情報責任者との調整を活用して、国防総省の部隊、施設、設置、基地、重要インフラ、兵器システム全体で必要な変更と関連政策の実施を推進する。
(3) Additional responsibilities.--The Chief Information Officer of the Department of Defense shall ensure that policies, control systems standards, and cybersecurity reference architectures-- (3) 国防総省の最高情報責任者(CIO)は、政策、制御システム標準、およびサイバーセキュリティ参照アーキテクチャが以下のようになるようにしなければならない。
(A) are implementable by components of the Department; (A) 国防総省の各部局が実施可能であること。
(B) limit adversaries' ability to reach or manipulate control systems through cyberspace; (B)サイバースペースを通じて制御システムに到達したり操作したりする敵対者の能力を制限する。
(C) appropriately balance non-connectivity and monitoring requirements; (C)非接続性と監視要件のバランスを適切にとる。
(D) include data collection and flow requirements; (D) データ収集とフローの要件を含む。
(E) interoperate with and are informed by the operational community's workflows for defense of information and operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department; (E) 省内の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムにおける情報および運用技術の防御のための運用コミュニティのワークフローと相互運用し、その情報を得る。
(F) integrate and interoperate with Department mission assurance construct; and (F) 省庁のミッション保証体制と統合し、相互運用する。
(G) are implemented with respect to Defense Critical Assets and Task Critical Assets. (G) 防衛重要資産およびタスク重要資産に関して実施される。
(d) United States Cyber Command Operational Responsibilities.--Not later than January 1, 2025, the Commander of United States Cyber Command shall make necessary modifications to the mission, scope, and posture of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network to ensure that Joint Forces Headquarters-- (d) 遅くとも2025年1月1日までに、米国サイバーコマンドの司令官は、国防省情報ネットワーク統合本部の任務、範囲、態勢に必要な変更を加え、統合本部が以下のことを確実にしなければならない。
(1) has appropriate visibility of operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (1) 国防省情報ネットワーク上の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システム(特に国防重要資産とタスク重要資産を含む)における運用技術の適切な可視性を有すること。
(2) can effectively command and control forces to defend such operational technology; and (2) そのような運用技術を守るために、部隊を効果的に指揮・統制できること。
(3) has established processes for-- (3) 以下のプロセスを確立していること。
(A) incident and compliance reporting; (A) インシデントおよびコンプライアンスの報告。
(B) ensuring compliance with Department of Defense cybersecurity policy; and (B)国防総省のサイバーセキュリティ政策の遵守を確保する。
(C) ensuring that cyber vulnerabilities, attack vectors, and security violations, including, in particular, those specific to Defense Critical Assets and Task Critical Assets, are appropriately managed. (C)サイバー脆弱性、攻撃ベクトル、セキュリティ違反(特に、国防重要資産とタスク重要資産に特有のものを含む)が適切に管理されていることを確認する。
(e) United States Cyber Command Functional Responsibilities.--Not later than January 1, 2025, the Commander of United States Cyber Command shall-- (e) 遅くとも2025年1月1日までには、米国サイバー司令部の司令官は以下を行う。
(1) ensure in its role of Joint Forces Trainer for the Cyberspace Operations Forces that operational technology cyber defense is appropriately incorporated into training for the Cyberspace Operations Forces; (1) サイバースペース作戦部隊の統合訓練官としての役割において、作戦技術によるサイバー防衛がサイバースペース作戦部隊の訓練に適切に組み込まれていることを確認する。
(2) delineate the specific force composition requirements within the Cyberspace Operations Forces for specialized cyber defense of operational technology, including the number, size, scale, and responsibilities of defined Cyber Operations Forces elements; (2) 運用技術のサイバー防衛に特化したサイバー作戦部隊内の具体的な部隊構成要件を、定義されたサイバー作戦部隊の要素の数、規模、規模、責任などを含めて明確にすること。
(3) develop and maintain, or support the development and maintenance of, a joint training curriculum for operational technology-focused Cyberspace Operations Forces; (3) 運用技術に特化したサイバー空間作戦部隊のための共同訓練カリキュラムを開発・維持、またはその開発・維持を支援すること。
(4) support the Chief Information Officer of the Department of Defense as the Department's senior official for the cybersecurity of operational technology under this section; (4) 本項に基づき、運用技術のサイバーセキュリティに関する国防総省の上級官僚として、国防総省の最高情報責任者を支援すること。
(5) develop and institutionalize, or support the development and institutionalization of, tradecraft for defense of operational technology across local defenders, cybersecurity service providers, cyber protection teams, and service-controlled forces; (5) 地域の防衛者、サイバーセキュリティサービスプロバイダー、サイバー防護チーム、および軍務管理下の部隊を横断して、運用技術の防衛のための技術を開発し、制度化すること、またはその開発と制度化を支援すること。
(6) develop and institutionalize integrated concepts of operation, operational workflows, and cybersecurity architectures for defense of information and operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets, including-- (6) 特に防衛重要資産およびタスク重要資産を含む、国防総省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムにおける情報および運用技術の防衛のための、統合された運用コンセプト、運用ワークフロー、およびサイバーセキュリティ・アーキテクチャを開発し、制度化する。
(A) deliberate and strategic sensoring of such Network and Assets; (A) 当該ネットワークおよび資産の意図的かつ戦略的なセンサーリング。
(B) instituting policies governing connections across and between such Network and Assets; (B) このようなネットワークと資産の間の接続を管理するポリシーを制定すること。
(C) modelling of normal behavior across and between such Network and Assets; (C) 当該ネットワークおよび資産間の正常な動作のモデル化。
(D) engineering data flows across and between such Network and Assets; (D) 当該ネットワーク及び資産間のデータフローのエンジニアリング。
(E) developing local defenders, cybersecurity service providers, cyber protection teams, and service-controlled forces' operational workflows and tactics, techniques, and procedures optimized for the designs, data flows, and policies of such Network and Assets; (E) 当該ネットワーク及び資産の設計、データフロー及びポリシーに最適化された、現地の防衛者、サイバーセキュリティサービスプロバイダー、サイバー保護チーム及びサービス管理軍の運用ワークフロー及び戦術、技術及び手順の開発。
(F) instituting of model defensive cyber operations and Department of Defense Information Network operations tradecraft; and (F) 防御的なサイバー作戦と国防省の情報ネットワーク作戦のモデルを確立すること。
(G) integrating of such operations to ensure interoperability across echelons; and (G)階層を超えた相互運用性を確保するために、これらの作戦を統合すること。
(7) advance the integration of the Department of Defense's mission assurance, cybersecurity compliance, cybersecurity operations, risk management framework, and authority to operate programs and policies. (7) 国防総省のミッション保証、サイバーセキュリティ・コンプライアンス、サイバーセキュリティ運用、リスク管理フレームワーク、運用権限のプログラムとポリシーの統合を進める。
(f) Service Responsibilities.--Not later than January 1, 2025, the Secretaries of the military departments, through the service principal cyber advisors, chief information officers, the service cyber components, and relevant service commands, shall make necessary investments in operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network and the service-controlled forces responsible for defense of such operational technology to-- (f) 遅くとも2025年1月1日までには、軍部長官は、軍の主要サイバーアドバイザー、最高情報責任者、軍のサイバー部門、関連する軍司令部を通じて、国防総省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、武器システムの運用技術に必要な投資を行い、当該運用技術の防御に責任を持つ軍が以下のことを行わなければならない。
(1) ensure that relevant local network and cybersecurity forces are responsible for defending operational technology across the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems, including, in particular, Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (1) 関連するローカルネットワークおよびサイバーセキュリティ部隊が、特に防衛重要資産およびタスク重要資産を含む、部隊、施設、設置、基地、重要インフラ、および兵器システム全体の運用技術の防御に責任を持つようにすること。
(2) ensure that relevant local operational technology-focused system operators, network and cybersecurity forces, mission defense teams and other service-retained forces, and cyber protection teams are appropriately trained, including through common training and use of cyber ranges, as appropriate, to execute the specific requirements of cybersecurity operations in operational technology; (2) 運用技術に特化した関連地域のシステム運用者、ネットワーク及びサイバーセキュリティ部隊、ミッション防衛チーム及びその他の軍維持部隊、並びにサイバー防護チームが、運用技術におけるサイバーセキュリティ運用の具体的な要件を実行するために、共通訓練や適宜サイバーレンジの使用を含め、適切な訓練を受けていることを確認する。
(3) ensure that all Defense Critical Assets and Task Critical Assets are monitored and defended by Cybersecurity Service Providers; (3) すべての国防重要資産およびタスク重要資産が、サイバーセキュリティ・サービス・プロバイダによって監視および防御されていることを確認すること。
(4) ensure that operational technology is appropriately sensored and appropriate cybersecurity defenses, including technologies associated with the More Situational Awareness for Industrial Control Systems Joint Capability Technology Demonstration, are employed to enable defense of Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (4) 運用技術が適切に感知され、産業用制御システムのためのMore Situational Awareness Joint Capability Technology Demonstrationに関連する技術を含む適切なサイバーセキュリティ防御が、国防上の重要資産およびタスククリティカルな資産の防御を可能にするために採用されていることを確認する。
(5) implement Department of Defense Chief Information Officer policy germane to operational technology, including, in particular, with respect to Defense Critical Assets and Task Critical Assets; (5) 特に国防上重要な資産およびタスククリティカルな資産に関するものを含め、運用技術に関連する国防総省の最高情報責任者の方針を実施すること。
(6) plan for, designate, and train dedicated forces to be utilized in operational technology-centric roles across the military services and United States Cyber Command; and (6) 軍部および米国サイバー司令部において、運用技術を中心とした役割に活用される専用部隊を計画し、指定し、訓練すること。
(7) ensure that operational technology, as appropriate, is not easily accessible via the internet and that cybersecurity investments accord with mission risk to and relevant access vectors for Defense Critical Assets and Task Critical Assets. (7) 必要に応じて、運用技術がインターネット経由で容易にアクセスできないようにし、サイバーセキュリティへの投資が、国防上の重要な資産および作業上の重要な資産に対するミッションのリスクおよび関連するアクセスのベクトルに合致するようにする。
(g) Office of the Secretary of Defense Responsibilities.--Not later than January 1, 2023, the Secretary of Defense shall-- (g) 国防長官室の責任 --2023年1月1日までに、国防長官は以下を行う。
(1) assess and finalize Office of the Secretary of Defense components' roles and responsibilities for the cybersecurity of operational technology in the forces, facilities, installations, bases, critical infrastructure, and weapon systems across the Department of Defense Information Network; (1) 国防省情報ネットワーク全体の部隊、施設、設備、基地、重要インフラ、兵器システムにおける運用技術のサイバーセキュリティに関する国防長官室のコンポーネントの役割と責任を評価し、最終的に決定する。
(2) assess the need to establish centralized or dedicated funding for remediation of cybersecurity gaps in operational technology across the Department of Defense Information Network; (2) 国防総省情報ネットワーク全体の運用技術におけるサイバーセキュリティのギャップを是正するために、集中的または専用の資金を確立する必要性を評価すること。
(3) make relevant modifications to the Department of Defense's mission assurance construct, Mission Assurance Coordination Board, and other relevant bodies to drive-- (3) 国防総省のミッション・アシュアランス・コンストラクト、ミッション・アシュアランス・コーディネーション・ボード、およびその他の関連組織に関連する変更を加え、以下を推進する。
(A) prioritization of kinetic and non-kinetic threats to the Department's missions and minimization of mission risk in the Department's war plans; (A) 国防総省のミッションに対する運動的・非運動的脅威の優先順位付けと、国防総省の戦争計画におけるミッション・リスクの最小化。
(B) prioritization of relevant mitigations and investments to harden and assure the Department's missions and minimize mission risk in the Department's war plans; and (B) 部局の任務を強化・保証し、部局の戦争計画におけるミッション・リスクを最小化するための関連緩和策と投資の優先順位付け。
(C) completion of mission relevant terrain mapping of Defense Critical Assets and Task Critical Assets and population of associated assessment and mitigation data in authorized repositories; (C) 国防上重要な資産および作業上重要な資産のミッションに関連する地形マッピングを完了し、関連する評価と緩和のデータを認可されたリポジトリに登録する。
(4) make relevant modifications to the Strategic Cybersecurity Program; and (4) 戦略的サイバーセキュリティプログラムに関連する変更を加える。
(5) drive and provide oversight of the implementation of this section. (5) 本節の実施を推進し、監督する。
(h) Budget Rollout Briefings.-- (h) 予算説明会...
(1) In general.--Beginning not later than 30 days after the date of the enactment of this Act, each of the Secretaries of the military departments, the Commander of United States Cyber Command, and the Chief Information Officer of the Department of Defense shall provide annual updates to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on activities undertaken and progress made to carry out this section. (1) 各軍部長官、米国サイバーコマンド司令官、国防総省最高情報責任者は、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、本項を遂行するために行われた活動とその進捗状況について、年次報告を行わなければならない。
(2) Annual briefings.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act and not less frequently than annually thereafter until January 1, 2024, the Under Secretary of Defense for Policy, the Under Secretary of Defense for Acquisition and Sustainment, the Chief Information Officer, and the Joint Staff J6, representing the combatant commands, shall individually or together provide briefings to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on activities undertaken and progress made to carry out this section. (2) 本法制定日から1年以内に、またその後2024年1月1日までは年1回以上の頻度で、政策担当国防次官、調達・維持担当国防次官、最高情報責任者、および戦闘司令部を代表する統合幕僚監部J6は、個別に、または共同で、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、本項を遂行するために行われた活動とその進捗状況について説明を行う。
(i) Implementation.-- (i)実施
(1) In general.--In implementing this section, the Secretary of Defense shall prioritize the cybersecurity and cyber defense of Defense Critical Assets and Task Critical Assets and shape cyber investments, policy, operations, and deployments to ensure cybersecurity and cyber defense. (1) 国防長官は、本項を実施するにあたり、国防上重要な資産および任務上重要な資産のサイバーセキュリティおよびサイバー防衛を優先し、サイバーセキュリティおよびサイバー防衛を確保するためのサイバー投資、政策、作戦および配備を策定する。
(2) Application.--This section shall apply to assets owned and operated by the Department of Defense, as well as to applicable non-Department assets essential to the projection, support, and sustainment of military forces and operations worldwide. (2) 本項は、国防総省が所有・運用する資産、および世界中の軍事力や作戦の投射・支援・維持に不可欠な国防総省以外の資産にも適用される。
(j) Definition.--In this section: (j)定義--本節では、以下のように定義する。
(1) Mission-relevant terrain in cyberspace.--``mission-relevant terrain in cyberspace'' has the meaning given such term as specified in Joint Publication 6-0. (1) サイバースペースにおけるミッション関連の地形--「サイバースペースにおけるミッション関連の地形」は、Joint Publication 6-0に明記されている意味を持つ。
(2) Operational technology.--The term ``operational technology'' means control systems or controllers, communication architectures, and user interfaces that monitor or control infrastructure and equipment operating in various environments, such as weapon systems, utility or energy production and distribution, or medical, logistics, nuclear, biological, chemical, or manufacturing facilities. (2) 運用技術 --運用技術とは、兵器システム、ユーティリティやエネルギーの生産・流通、医療・物流・核・生物・化学・製造施設など、様々な環境で稼働するインフラや機器を監視・制御する制御システムやコントローラ、通信アーキテクチャ、ユーザーインターフェースを意味する。
SEC. 1506. MATTERS CONCERNING CYBER PERSONNEL REQUIREMENTS. Sec. 1506. サイバー人材の要件に関する事項
(a) In General.--The Secretary of Defense, acting through the Under Secretary of Defense for Personnel and Readiness and the Chief Information Officer of the Department of Defense, in consultation with Secretaries of the military departments and the head of any other organization or element of the Department the Secretary determines appropriate, shall-- (a) 国防長官は、人事準備担当国防次官および国防総省の最高情報責任者を介して、各軍部の長官および長官が適切と判断する国防総省の他の組織または要素の長と協議しながら、以下を行うものとする。
(1) determine the overall workforce requirement of the Department for cyberspace and information warfare military personnel across the active and reserve components of the Armed Forces (other than the Coast Guard) and for civilian personnel, and in doing so shall-- (1) 軍(沿岸警備隊を除く)の現役・予備役部門全体のサイバー空間・情報戦の軍人と、文官のための、国防総省の全体的な労働力要件を決定し、その際、以下を行う。
(A) consider personnel in positions securing the Department of Defense Information Network and associated enterprise information technology, defense agencies and field activities, and combatant commands, including current billets primarily associated with the Department of Defense Cyber Workforce Framework; (A)主に国防省のサイバー人材フレームワークに関連する現在の職位を含め、国防省情報ネットワークおよび関連する企業情報技術、国防省の機関および現場活動、戦闘司令部を確保する職位の人員を考慮する。
(B) consider the mix between military and civilian personnel, active and reserve components, and the use of the National Guard; (B) 軍人と文官、現役と予備役の組み合わせ、州兵の活用などを検討する。
(C) develop a talent management strategy that covers accessions, training, and education; and (C) 入隊、訓練、教育をカバーする人材管理戦略を策定する。
(D) consider such other elements as the Secretary determines appropriate; (D) 長官が適切と判断するその他の要素を検討する。
(2) assess current and future cyber education curriculum and requirements for military and civilian personnel, including-- (2) 軍人および文官に対する現在および将来のサイバー教育カリキュラムと要求事項を評価する。
(A) acquisition personnel; (A) 購買要員。
(B) accessions and recruits to the military services; (B) 軍隊への加入者および新兵。
(C) cadets and midshipmen at the military service academies and enrolled in the Senior Reserve Officers' Training Corps; (C) 兵役アカデミーの士官候補生とミッドシップマン、および上級予備役訓練隊に登録されている者。
(D) information environment and cyberspace military and civilian personnel; and (D) 情報環境およびサイバースペースの軍人および文官
(E) non-information environment cyberspace military and civilian personnel; (E)非情報環境サイバースペースの軍人および文官。
(3) identify appropriate locations for information warfare and cyber education for military and civilian personnel, including-- (3) 軍人・文官向けの情報戦・サイバー教育の適切な場所を特定する。
(A) the military service academies; (A) 軍の士官学校。
(B) the senior level service schools and intermediate level service schools specified in section 2151(b) of title 10, United States Code; (B) アメリカ合衆国コード10のセクション2151(b)で指定されている上級士官学校と中級士官学校。
(C) the Air Force Institute of Technology; (C) 空軍技術研究所。
(D) the National Defense University; (D) 国防大学。
(E) the Joint Special Operations University; (E) 統合特殊作戦大学
(F) the Command and General Staff Colleges; (F) コマンド・アンド・ジェネラル・スタッフ・カレッジ
(G) the War Colleges; (G) 戦争大学
(H) any military education institution attached to or operating under any institution specified in this paragraph; (H) 本項で指定された機関に付属またはその下で運営されている軍事教育機関。
(I) any other military educational institution of the Department identified by the Secretary for purposes of this section; (I) 本項の目的のために長官が特定した、米軍のその他の軍事教育機関。
(J) the Cyber Centers of Academic Excellence; and (J) 学術的に優れたサイバーセンター。
(K) potential future educational institutions of the Federal Government in accordance with the assessment required under subsection (b); and (K) (b)項に基づき必要とされる評価に従って、将来的に連邦政府の教育機関となる可能性のある機関。
(4) determine-- (4) 以下を決定する。
(A) whether the cyberspace domain mission requires a graduate level professional military education college on par with and distinct from the war colleges for the Army, Navy, and Air Force as in existence on the day before the date of the enactment of this Act; (A) サイバースペース・ドメイン・ミッションが、この法律の制定日の前日に存在していた陸軍、海軍、空軍のウォー・カレッジと同等であり、それとは異なる大学院レベルの専門的軍事教育カレッジを必要とするかどうか。
(B) whether such a college should be joint; and (B) そのような大学を設立すべきかどうか。
(C) where such a college should be located. (C)そのようなカレッジをどこに設置すべきか。
(b) Assessment.--In identifying appropriate locations for information warfare and cyber education for military and civilian personnel at potential future educational institutions of the Federal Government pursuant to subsection (a)(3)(K), the Secretary of Defense, acting through the Under Secretary of Defense for Personnel and Readiness and the Chief Information Officer of the Department of Defense, in consultation with Secretaries of the military departments, the head of any other organization or element of the Department the Secretary determines appropriate, the Secretary of Homeland Security, and the National Cyber Director, shall assess the feasibility and advisability of establishing a National Cyber Academy or similar institute for the purpose of educating and training civilian and military personnel for service in cyber, information, and related fields throughout the Federal Government. (b) 評価... サブセクション(a)(3)(K)に従って、将来の連邦政府の教育機関の候補地で、軍人および文官のための情報戦およびサイバー教育の適切な場所を特定する際に、国防長官は、人事・準備担当国防次官および国防総省の最高情報責任者を通じて行動し、各軍部の長官と協議して、次のことを行う。国防長官は、人事準備担当国防次官および国防総省の最高情報責任者を通じて、各軍部の長官、長官が適切と判断した国防総省の他の組織または部門の長、国土安全保障長官、国家サイバー長官と協議し、連邦政府全体でサイバー、情報、および関連分野で働く文民および軍人を教育・訓練する目的で、国家サイバー・アカデミーまたは同様の機関を設立することの実現可能性と有益性を評価する。
(c) Reports Required.-- (c) 必要とされる報告--。
(1) Education.--Not later than November 1, 2022, the Secretary of Defense shall provide the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing and, not later than January 1, 2023, the Secretary shall submit to such committees a report, on-- (1) 遅くとも2022年11月1日までに、国防長官は上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、以下の内容のブリーフィングを行い、遅くとも2023年1月1日までに、これらの委員会に報告書を提出しなければならない。
(A) talent strategy to satisfy future cyber education requirements at appropriate locations referred to in subsection (a)(3); and (A) (a)(3)で言及されている適切な場所で、将来のサイバー教育の必要性を満たすための人材戦略。
(B) the findings of the Secretary in assessing cyber education curricula and identifying such locations. (B) サイバー教育のカリキュラムを評価し、そのような場所を特定する際に、長官が得た知見。
(2) Workforce.--Not later than November 1, 2024, the Secretary of Defense shall provide the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing and, not later than January 1, 2025, the Secretary shall submit to such committees a report, on-- (2) 遅くとも2024年11月1日までに、国防長官は上院軍事委員会および下院軍事委員会にブリーフィングを行い、遅くとも2025年1月1日までに、これらの委員会に報告書を提出する。
(A) the findings of the Secretary in determining pursuant to subsection (a)(1) the overall workforce requirement of the Department of Defense for cyberspace and information warfare military personnel across the active and reserve components of the Armed Forces (other than the Coast Guard) and for civilian personnel; (A)国防総省の現役・予備役部隊(沿岸警備隊を除く)のサイバー空間・情報戦要員および文民要員の全体的な労働力要件を(a)(1)に従って決定する際の長官の所見。
(B) such recommendations as the Secretary may have relating to such requirement; and (B) そのような要求に関連して、長官が持っている可能性のある提言。
(C) such legislative or administrative action as the Secretary identifies as necessary to effectively satisfy such requirement. (C)そのような要求を効果的に満たすために必要であると長官が認める立法上または行政上の措置。
(d) Education Described.--In this section, the term ``education'' includes formal education requirements, such as degrees and certification in targeted subject areas, as well as general training, including-- (d) 本項において「教育」とは、対象となる分野の学位や資格などの正式な教育要件に加え、以下のような一般的な訓練を含む。
(1) upskilling; (1) スキルアップ。
(2) knowledge, skills, and abilities; and (2) 知識、技能、能力
(3) nonacademic professional development. (3)学業以外の専門的能力の開発。
SEC. 1507. ASSIGNMENT OF CERTAIN BUDGET CONTROL RESPONSIBILITIES TO COMMANDER OF UNITED STATES CYBER COMMAND. SEC. 1507. 連邦サイバー司令部の司令官への予算管理責任の割り当て
(a) Assignment of Responsibilities.-- (a)責任の割り当て。
(1) In general.--The Commander of United States Cyber Command shall, subject to the authority, direction, and control of the Principal Cyber Advisor of the Department of Defense, be responsible for directly controlling and managing the planning, programming, budgeting, and execution of resources to train, equip, operate, and sustain the Cyber Mission Forces. (1) 米国サイバー司令部の司令官は、国防総省の主席サイバー顧問の権限、指示、管理のもと、サイバー作戦部隊の訓練、装備、運用、維持のための資源の計画、プログラミング、予算、実行を直接管理する責任を負う。
(2) Effective date and applicability.--Paragraph (1) shall take effect on the date of the enactment of this Act and apply-- (2) パラグラフ(1)は、本法令の制定日に発効し、以下の通り適用される。
(A) on January 1, 2022, for controlling and managing budget execution; and (A) 2022年1月1日から、予算執行を管理するために適用される。
(B) beginning with fiscal year 2024 and each fiscal year thereafter for directly controlling and managing the planning, programming, budgeting, and execution of resources. (B) 資源の計画、プログラミング、予算編成、実行を直接管理するために、2024年会計年度からそれ以降の各会計年度に適用される。
(b) Elements.-- (b) 要素。
(1) In general.--The responsibilities assigned to the Commander of United States Cyber Command pursuant to subsection (a)(1) shall include the following: (1) 第(a)項(1)に従って合衆国サイバー司令部の司令官に割り当てられた責任には、以下のものが含まれる。
(A) Preparation of a program objective memorandum and budget estimate submission for the resources required to train, equip, operate, and sustain the Cyber Mission Forces. (A) サイバー・ミッション・フォースを訓練、装備、運用、維持するために必要な資源について、プログラム目的覚書と予算見積もりの提出を準備する。
(B) Preparation of budget materials pertaining to United States Cyber Command for inclusion in the budget justification materials that are submitted to Congress in support of the Department of Defense budget for a fiscal year (as submitted with the budget of the President for a fiscal year under section 1105(a) of title 31, United States Code) that is separate from any other military service or component of the Department. (B) 他の軍部や国防総省の構成部とは別の会計年度の国防総省予算(アメリカ合衆国コード31条1105(a)項に基づく会計年度の大統領予算と一緒に提出されるもの)を支援するために議会に提出される予算正当化資料に含めるための、米国サイバー司令部に関連する予算資料の作成。
(2) Responsibilities not delegated.--The responsibilities assigned to the Commander of United States Cyber Command pursuant to subsection (a)(1) shall not include the following: (2) 委任されていない責任 --第(a)項(1)号に従って合衆国サイバー司令部の司令官に割り当てられた責任には、以下のものは含まれない。
(A) Military pay and allowances. (A) 軍人の給与と手当。
(B) Funding for facility support that is provided by the military services. (B) 軍部が提供する施設支援のための資金。
(c) Implementation Plan.-- (c) 実施計画。
(1) In general.--Not later than the date that is 30 days after the date of the enactment of this Act, the Comptroller General of the Department of Defense and the Commander of United States Cyber Command, in coordination with Chief Information Officer of the Department, the Principal Cyber Advisor, the Under Secretary of Defense for Acquisition and Sustainment, Cost Assessment and Program Evaluation, and the Secretaries of the military departments, shall jointly develop an implementation plan for the transition of responsibilities assigned to the Commander of United States Cyber Command pursuant to subsection (a)(1). (1) 国防総省の会計監査人と米国サイバー軍司令官は、国防総省の最高情報責任者、主席サイバー顧問、調達・維持・コスト評価・プログラム評価担当国防次官、各軍部長官と協力して、第(a)項(1)号に従って米国サイバー軍司令官に割り当てられた責任を移行するための実施計画を共同で作成しなければならない。)
(2) Elements.--The implementation plan developed under paragraph (1) shall include the following: (2) 要素・・・(1)項に基づいて作成された実施計画には、以下のものが含まれる。
(A) A budgetary review to identify appropriate resources for transfer to the Commander of United States Cyber Command for carrying out responsibilities assigned pursuant to subsection (a)(1). (A) サブセクション(a)(1)に従って割り当てられた責任を遂行するために、米国サイバー司令官に譲渡するための適切なリソースを特定するための予算の見直し。
(B) Definitions of appropriate roles and responsibilities. (B) 適切な役割と責任の定義。
(C) Specification of all program elements and sub-elements, and the training, equipment, Joint Cyber Warfighting Architecture capabilities, other enabling capabilities and infrastructure, intelligence support, operations, and sustainment investments in each such program element and sub-element for which the Commander of United States Cyber Command is responsible. (C) 米国サイバーコマンド司令官が責任を負うすべてのプログラム要素とサブ要素、およびそのようなプログラム要素とサブ要素ごとの訓練、装備、統合サイバー戦闘アーキテクチャ能力、その他の実現可能な能力とインフラ、情報支援、運用、および持続的投資の仕様。
(D) Specification of all program elements and sub-elements, and the training, equipment, Joint Cyber Warfighting Architecture capabilities, other enabling capabilities and infrastructure, intelligence support, operations, and sustainment investments in each such program element and sub-element relevant to or that support the Cyber Mission Force for which the Secretaries of the military departments are responsible. (D) 各軍部長官が責任を負うサイバー・ミッション・フォースに関連する、あるいはそれを支援する、すべてのプログラム要素とサブ要素、およびそのようなプログラム要素とサブ要素ごとの訓練、装備、統合サイバー戦構築能力、その他可能な能力とインフラ、情報支援、運用、および持続的投資の仕様。
(E) Required levels of civilian and military staffing within United States Cyber Command to carry out subsection (a)(1), and an estimate of when such levels of staffing will be achieved. (E) (a)(1)項を遂行するために必要な米国サイバー司令部内の文民および軍人の人員配置のレベル、およびそのような人員配置のレベルが達成される時期の見積もり。
(d) Briefing.-- (d) ブリーフィング
(1) In general.--Not later than the earlier of the date on which the implementation plan under subsection (c) is developed or the date that is 90 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall provide the congressional defense committees a briefing on the implementation plan. (1) 国防長官は、議会防衛委員会に対し、(c)項の実施計画が策定された日と、本法の制定日から90日後の日のいずれか早い日までに、実施計画に関するブリーフィングを行わなければならない。
(2) Elements.--The briefing required by paragraph (1) shall address any recommendations for when and how the Secretary of Defense should delegate to the Commander of United States Cyber Command budget authority for the Cyber Operations Forces (as such term is defined in the memorandum issued by the Secretary of Defense on December 12, 2019, relating to the definition of ``Department of Defense Cyberspace Operations Forces (DoD COF)''), after successful implementation of the responsibilities described in subsection (a) relating to the Cyber Mission Forces. (2) 要素・・・(1)項で要求されるブリーフィングでは、サイバー任務部隊に関連する(a)項に記載された責任を成功裏に実施した後、国防長官がいつ、どのようにしてサイバー任務部隊(この用語は、2019年12月12日に国防長官が発行した「国防省サイバー空間作戦部隊(DoD COF)」の定義に関する覚書で定義されている)の予算権限を米国サイバーコマンド司令官に委譲すべきかについての提言を取り上げるものとする。
SEC. 1508. COORDINATION BETWEEN UNITED STATES CYBER COMMAND AND PRIVATE SECTOR. Sec. 1508. 米国サイバー司令部と民間企業との間の調整
(a) Voluntary Process.--Not later than January 1, 2023, the Commander of United States Cyber Command shall establish a voluntary process to engage with private sector information technology and cybersecurity entities to explore and develop methods and plans through which the capabilities, knowledge, and actions of-- (a) 遅くとも2023年1月1日までには、米国サイバー司令部の司令官は、民間の情報技術およびサイバーセキュリティ事業体と関与するための自主的なプロセスを確立し、以下のような能力、知識、行動を通じた方法および計画を検討、開発する。
(1) private sector entities operating inside the United States to defend against foreign malicious cyber actors could assist, or be coordinated with, the actions of United States Cyber Command operating outside the United States against such foreign malicious cyber actors; and (1) 米国内で外国の悪意のあるサイバーアクターを防御するために活動している民間団体が、米国外で外国の悪意のあるサイバーアクターに対抗するために活動している米国サイバー司令部の活動を支援したり、調整したりすることができる方法や計画を模索し、開発する。
(2) United States Cyber Command operating outside the United States against foreign malicious cyber actors could assist, or be coordinated with, the actions of private sector entities operating inside the United States against such foreign malicious cyber actors. (2) 外国の悪意のあるサイバーアクターに対して米国外で活動する米国サイバー司令部は、そのような外国の悪意のあるサイバーアクターに対して米国内で活動する民間団体の行動を支援したり、協調したりすることができる。
(b) Annual Briefing.-- (b) 年次ブリーフィング--。
(1) In general.--During the period beginning on March 1, 2022, and ending on March 1, 2026, the Commander of United States Cyber Command shall, not less frequently than once each year, provide to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing on the status of any activities conducted pursuant to subsection (a). (1) 米国サイバー司令官は、2022年3月1日から2026年3月1日までの間、毎年1回以上の頻度で、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、(a)項に基づいて実施された活動の状況に関するブリーフィングを行わなければならない。)
(2) Elements.--Each briefing provided under paragraph (1) shall include the following: (2) 第1項に基づいて行われるブリーフィングには、以下の内容が含まれる。
(A) Such recommendations for legislative or administrative action as the Commander of United States Cyber Command considers appropriate to improve and facilitate the exploration and development of methods and plans under subsection (a). (A) 米国サイバー司令部の司令官が、(a)項に基づく方法や計画の検討・開発を改善・促進するために適切と考える、立法上または行政上の措置に関する提言。
(B) Such recommendations as the Commander may have for increasing private sector participation in such exploration and development. (B)そのような調査や開発への民間企業の参加を増やすために司令官が持つ提言。
(C) A description of the challenges encountered in carrying out subsection (a), including any concerns expressed to the Commander by private sector partners regarding participation in such exploration and development. (C) サブセクション(a)を実行する際に遭遇した課題の説明。これには、当該探査および開発への参加に関して民間セクターのパートナーが司令官に表明した懸念事項が含まれる。
(D) Information relating to how such exploration and development with the private sector could assist military planning by United States Cyber Command. (D) 民間企業とのこのような探査と開発が、米国サイバー司令部による軍事計画をどのように支援できるかに関する情報。
(E) Such other matters as the Commander considers appropriate. (E) 司令官が適切と考えるその他の事項。
(c) Consultation.--In developing the process described in subsection (a), the Commander of United States Cyber Command shall consult with the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security and the heads of any other Federal agencies the Commander considers appropriate. (c)  協議--(a)項に記載されたプロセスを開発するにあたり、米国サイバー司令部の司令官は、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の長官および司令官が適切と考えるその他の連邦機関の長と協議するものとする。
(d) Integration With Other Efforts.--The Commander of United States Cyber Command shall ensure that the process described in subsection (a) makes use of, builds upon, and, as appropriate, integrates with and does not duplicate, other efforts of the Department of Homeland Security and the Department of Defense relating to cybersecurity, including the following: (d) 他の取り組みとの統合 -- 米国サイバー軍司令官は、第(a)項に記載されたプロセスが、以下を含むサイバーセキュリティに関連する国土安全保障省および国防総省の他の取り組みを利用し、それに基づいて構築され、必要に応じてそれらと統合し、重複しないようにしなければならない。
(1) The Joint Cyber Defense Collaborative of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. (1) サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のJoint Cyber Defense Collaborative。
(2) The Cybersecurity Collaboration Center and Enduring Security Framework of the National Security Agency. (2) 国家安全保障局のCybersecurity Collaboration CenterとEnduring Security Framework。
(3) The office for joint cyber planning of the Department of Homeland Security. (3) 米国国土安全保障省の共同サイバー計画室。
(e) Protection of Trade Secrets and Proprietary Information.--The Commander of United States Cyber Command shall ensure that any trade secret or proprietary information of a private sector entity engaged with the Department of Defense through the process established under subsection (a) that is made known to the Department pursuant to such process remains private and protected unless otherwise explicitly authorized by such entity. (e) 企業秘密および専有情報の保護 -- 米国サイバーコマンド司令官は、第(a)項に基づいて設立されたプロセスを通じて国防総省と関わる民間企業の企業秘密または専有情報が、当該プロセスに従って国防総省に知らされた場合には、当該企業が明示的に許可しない限り、非公開で保護されることを保証しなければならない。
(f) Rule of Construction.--Nothing in this section may be construed to authorize United States Cyber Command to conduct operations inside the United States or for private sector entities to conduct offensive cyber activities outside the United States, except to the extent such operations or activities are permitted by a provision of law in effect on the day before the date of the enactment of this Act. (f) 本節のいかなる規定も、米国サイバーコマンドが米国内で作戦を行うことや、民間企業が米国外で攻撃的なサイバー活動を行うことを許可すると解釈してはならない。
SEC. 1509. ASSESSMENT OF CYBER POSTURE AND OPERATIONAL ASSUMPTIONS AND DEVELOPMENT OF TARGETING STRATEGIES AND SUPPORTING CAPABILITIES. Sec. 1509. サイバー攻撃態勢と作戦前提の評価、標的戦略と支援能力の開発
(a) Assessment of Cyber Posture of Adversaries and Operational Assumptions of United States Government.-- (a) 敵対者のサイバー態勢と米国政府の作戦想定の評価。
(1) In general.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Commander of United States Cyber Command, the Under Secretary of Defense for Policy, and the Under Secretary of Defense for Intelligence and Security, shall jointly sponsor or conduct an assessment, including, if appropriate, a war-game or tabletop exercise, of the current and emerging offensive and defensive cyber posture of adversaries of the United States and the current operational assumptions and plans of the Armed Forces for offensive cyber operations during potential crises or conflict. (1) 本法制定日から1年以内に、米国サイバー司令部司令官、政策担当国防次官、情報・安全保障担当国防次官が共同で、米国の敵対者の現在および今後の攻撃的・防御的サイバー態勢と、潜在的な危機や紛争時の攻撃的サイバー作戦のための軍の現在の作戦想定・計画について、必要に応じてウォーゲームや卓上演習を含む評価を主催・実施する。
(2) Elements.--The assessment required under paragraph (1) shall include consideration of the following: (2) 要素...第1項で要求される評価には、以下の検討が含まれなければならない。
(A) Changes to strategies, operational concepts, operational preparation of the environment, and rules of engagement. (A)  戦略、作戦コンセプト、環境に対する作戦準備、交戦規則の変更。
(B) Opportunities provided by armed forces in theaters of operations and other innovative alternatives. (B) 作戦地域の軍隊が提供する機会、およびその他の革新的な代替手段。
(C) Changes in intelligence community (as such term is defined in section 3 of the National Security Act of 1947 (50 U.S.C. 3003)) targeting and operations in support of the Department of Defense. (C) 国防省を支援するための情報コミュニティ(この用語は1947年国家安全保障法(50 U.S.C. 3003)の第3節で定義されている)の目標と作戦の変更。
(D) Adversary capabilities to deny or degrade United States activities in cyberspace. (D) サイバースペースにおける米国の活動を妨害または低下させる敵対者の能力。
(E) Adversaries' targeting of United States critical infrastructure and implications for United States policy. (E) 敵対者による米国の重要インフラの標的化と米国の政策への影響
(F) Potential effect of emerging technologies, such as fifth generation mobile networks, expanded use of cloud information technology services, and artificial intelligence. (F) 第5世代モバイルネットワーク、クラウド情報技術サービスの利用拡大、人工知能などの新興技術の潜在的な影響。
(G) Changes in Department of Defense organizational design. (G) 国防省の組織設計の変化。
(H) The effect of private sector cybersecurity research. (H) 民間企業のサイバーセキュリティ研究の効果。
(F) Adequacy of intelligence support to cyberspace operations by Combat Support Agencies and Service Intelligence Centers. (F) 戦闘支援機関およびサービス・インテリジェンス・センターによるサイバースペース作戦への情報支援の適切さ。
(b) Development of Targeting Strategies, Supporting Capabilities, and Operational Concepts.-- (b) ターゲット戦略、支援能力、作戦コンセプトの開発。
(1) In general.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Commander of United States Cyber Command shall-- (1) この法律の制定日から1年以内に、米国サイバー司令部の司令官は以下を行わなければならない。
(A) assess and establish the capabilities, capacities, tools, and tactics required to support targeting strategies for-- (A) 次のようなターゲット戦略を支援するために必要な能力、キャパシティ、ツール、戦術を評価し、確立する。
(i) day-to-day persistent engagement of adversaries, including support to information operations; (i) 情報作戦への支援を含む、敵対者への日々の持続的な関与。
(ii) support to geographic combatant commanders at the onset of hostilities and during sustained conflict; and (ii) 敵対行為の開始時および持続的な紛争中の地理的戦闘指揮官への支援。
(iii) deterrence of attacks on United States critical infrastructure, including the threat of counter value responses; (iii) カウンターバリューレスポンスの脅威を含む、米国の重要インフラへの攻撃の抑止。
(B) develop future cyber targeting strategies and capabilities across the categories of cyber missions and targets with respect to which-- (B) 将来のサイバー・ターゲティング戦略と能力を、以下のようなサイバー・ミッションとターゲットのカテゴリーにわたって開発する。
(i) time-consuming and human effort-intensive stealthy operations are required to acquire and maintain access to targets, and the mission is so important it is worthwhile to expend such efforts to hold such targets at risk; (i) ターゲットへのアクセスを獲得・維持するために、時間と人的労力を要するステルス作戦が必要であり、ミッションが非常に重要であるため、そのようなターゲットを危険にさらすためにそのような努力を費やす価値がある場合。
(ii) target prosecution requires unique access and exploitation tools and technologies, and the target importance justifies the efforts, time, and expense relating thereto; (ii) ターゲットの訴追には、独自のアクセスおよび利用ツールと技術が必要であり、ターゲットの重要性から、それに関連する努力、時間、費用が正当化される場合。
(iii) operational circumstances do not allow for and do not require spending the time and human effort required for stealthy, nonattributable, and continuous access to targets; (iii) 作戦上の事情により、ターゲットへのステルス性、非攻撃性、継続的なアクセスに必要な時間と人的努力を費やすことができず、またその必要もない。
(iv) capabilities are needed to rapidly prosecute targets that have not been previously planned and that can be accessed and exploited using known, available tools and techniques; and (iv) 事前に計画されておらず、既知の利用可能なツールや技術を用いてアクセスし、利用できるターゲットを迅速に起訴するための能力が必要であること。
(v) targets may be prosecuted with the aid of automated techniques to achieve speed, mass, and scale; (v) ターゲットは、スピード、マス、スケールを達成するために、自動化された技術の助けを借りて起訴される可能性がある。
(C) develop strategies for appropriate utilization of Cyber Mission Teams in support of combatant command objectives as-- (C) 戦闘部隊の目的を支援するために、サイバー・ミッション・チームを以下のように適切に活用するための戦略を策定する。
(i) adjuncts to or substitutes for kinetic operations; or (i) 動力作戦の補助または代替として。
(ii) independent means to achieve novel tactical, operational, and strategic objectives; and (ii) 新たな戦術的、作戦的、戦略的目標を達成するための独立した手段。
(D) develop collection and analytic support strategies for the service intelligence centers to assist operations by United States Cyber Command and the Service Cyber Components. (D) 米国サイバー司令部とサービス・サイバー・コンポーネントによる作戦を支援するために、サービス・インテリジェンス・センターのための収集および分析支援戦略を策定する。
(2) Briefing required.-- (2) ブリーフィングの必要性--。
(A) In general.--Not later than 30 days after the date on which all activities required under paragraph (1) have been completed, the Commander of United States Cyber Command shall provide the congressional defense committees a briefing on such activities. (A) 米国サイバー司令部の司令官は、第1項で要求されたすべての活動が完了した日から30日以内に、米国議会の防衛委員会に当該活動に関するブリーフィングを行わなければならない。
(B) Elements.--The briefing provided pursuant to subparagraph (A) shall include the following: (B) 構成要素--(A)号に従って提供されるブリーフィングには、以下の内容が含まれる。
(i) Recommendations for such legislative or administrative action as the Commander of United States Cyber Command considers necessary to address capability shortcomings. (i) 能力不足に対処するために米国サイバー軍司令官が必要と考える立法上または行政上の措置に関する提言。
(ii) Plans to address such capability shortcomings. (ii) そのような能力の不足に対処するための計画。
(c) Country-specific Access Strategies.-- (c) 国別アクセス戦略。
(1) In general.--Not later than one year after the date on which all activities required under subsection (b)(1) have been completed, the Commander of United States Cyber Command shall complete development of country-specific access strategies for the Russian Federation, the People's Republic of China, the Democratic People's Republic of Korea, and the Islamic Republic of Iran. (1) 米国サイバー軍司令官は、ロシア連邦、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、イラン・イスラム共和国の国別アクセス戦略の策定を完了させなければならない(第(b)項(1)に基づくすべての活動が完了した日から1年以内)。
(2) Elements.--Each country-specific access strategy developed under paragraph (1) shall include the following: (2) 要素--第1項に基づいて策定された各国別アクセス戦略は、以下を含むものとする。
(A) Specification of desired and required-- (A) 望ましい結果と必要な結果の特定
(i) outcomes; (i) 成果。
(ii) cyber warfighting architecture, including-- (ii) サイバー戦のアーキテクチャ。
(I) tools and redirectors; (I) ツールおよびリダイレクタ。
(II) access platforms; and (II) アクセスプラットフォーム、および
(III) data analytics, modeling, and simulation capacity; (III) データ分析、モデリング、シミュレーション能力。
(iii) specific means to achieve and maintain persistent access and conduct command and control and exfiltration against hard targets and in operationally challenging environments across the continuum of conflict; (iii) 持続的なアクセスを達成・維持し、ハードターゲットや紛争の連続する作戦上困難な環境において、指揮・統制・脱出を行うための具体的な手段。
(iv) intelligence, surveillance, and reconnaissance support; (iv) 情報、監視、偵察の支援。
(v) operational partnerships with allies; (v) 同盟国との作戦上のパートナーシップ。
(vi) rules of engagement; (vi) 交戦規則
(vii) personnel, training, and equipment; and (vii)人員、訓練、及び装備
(viii) targeting strategies, including strategies that do not demand deliberate targeting and precise access to achieve effects; and (viii)ターゲティング戦略(効果を得るために意図的なターゲティングや正確なアクセスを必要としない戦略を含む)、および
(B) recommendations for such policy or resourcing changes as the Commander of United States Cyber Command considers appropriate to address access shortfalls. (B) アクセス不足に対処するために、米国サイバーコマンド司令官が適切と考える政策または資源の変更に関する提言。
(3) Consultation required.--The Commander of United States Cyber Command shall develop the country-specific access strategies under paragraph (1) independently but in consultation with the following: (3) 米国サイバー司令部の司令官は、第1項の国別アクセス戦略を独立して策定するものとするが、以下の者との協議が必要である。
(A) The Director of the National Security Agency. (A) 国家安全保障局の局長。
(B) The Director of the Central Intelligence Agency. (B) 中央情報局(CIA)長官。
(C) The Director of the Defense Advanced Research Projects Agency. (C) 国防高等研究計画局の局長。
(D) The Director of the Strategic Capabilities Office. (D) 戦略的能力開発局の局長
(E) The Under Secretary of Defense for Policy. (E) 国防省政策担当次官
(F) The Principal Cyber Advisor to the Secretary of Defense. (F) 国防長官の主席サイバー顧問
(G) The Commanders of all other combatant commands. (G) 他のすべての戦闘司令部の司令官
(4) Briefing.--Upon completion of the country-specific access strategies under paragraph (1), the Commander of United States Cyber Command shall provide the Deputy Secretary of Defense, the Vice Chairman of the Joint Chiefs of Staff, the Committee on Armed Services of the Senate, and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a briefing on such strategies. (4) ブリーフィング --第1項の国別アクセス戦略が完成した時点で、米国サイバー司令部の司令官は、国防副長官、統合参謀本部副議長、上院軍事委員会、下院軍事委員会に対して、当該戦略に関するブリーフィングを行わなければならない。
(d) Definition.--In this section, the term ``critical infrastructure'' has the meaning given such term in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e)). (d) 定義--本項では、「重要インフラ」という用語は、公法107-56第1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で与えられた意味を持つ。
SEC. 1510. ASSESSING CAPABILITIES TO COUNTER ADVERSARY USE OF RANSOMWARE, CAPABILITIES, AND INFRASTRUCTURE. Sec. 1510. 敵のランサムウェア使用、能力、インフラに対抗する能力の評価
(a) Comprehensive Assessment and Recommendations Required.--Not later than 180 days after the date of enactment of this section, the Secretary of Defense shall-- (a) 包括的な評価と提言の必要性--本項の制定日から180日以内に、国防長官は以下を行う。
(1) conduct a comprehensive assessment of the policy, capacity, and capabilities of the Department of Defense to diminish and defend the United States from the threat of ransomware attacks, including-- (1) ランサムウェア攻撃の脅威から米国を守るための国防総省の政策、能力、能力の包括的な評価を行う。
(A) an assessment of the current and potential threats and risks to national and economic security posed by-- (A) 国家および経済の安全保障に対する現在および潜在的な脅威とリスクの評価。
(i) large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises that provide large-scale and sophisticated cyber attack capabilities and infrastructure used to conduct ransomware attacks; and (i) ランサムウェア攻撃を行うための大規模かつ洗練されたサイバー攻撃能力とインフラを提供する大規模かつ洗練された犯罪サイバー企業。
(ii) organizations that conduct or could conduct ransomware attacks or other attacks that use the capabilities and infrastructure described in clause (i) on a large scale against important assets and systems in the United States, including critical infrastructure; (ii) 重要インフラを含む米国内の重要な資産やシステムに対して、(i)項に記載された能力やインフラを利用したランサムウェア攻撃やその他の攻撃を大規模に行う、あるいは行う可能性のある組織。
(B) an assessment of-- (B) 以下の評価を行う。
(i) the threat posed to the Department of Defense Information Network and the United States by the large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises, capabilities, and infrastructure described in subparagraph (A); and (i) (A)項に記載された大規模かつ洗練された犯罪的サイバー企業、能力、インフラによって、国防省情報ネットワークおよび米国にもたらされる脅威。
(ii) the current and potential role of United States Cyber Command in addressing the threat referred to in clause (i) including-- (ii)(i)項で言及された脅威に対処する上での米国サイバー司令部の現在および潜在的な役割である。
(I) the threshold at which United States Cyber Command should respond to such a threat; and (I) 米国のサイバー司令部がそのような脅威に対応すべき閾値。
(II) the capacity for United States Cyber Command to respond to such a threat without harmful effects on other United States Cyber Command missions; (II) 米国サイバー司令部が他の米国サイバー司令部の任務に悪影響を与えることなく、そのような脅威に対応する能力。
(C) an identification of the current and potential Department efforts, processes, and capabilities to deter and counter the threat referred to in subparagraph (B)(i), including through offensive cyber effects operations; (C) 攻撃的なサイバー効果作戦を含む、第(B)項(i)号で言及された脅威を抑止し対抗するための、現在および潜在的な省庁の努力、プロセス、能力の特定。
(D) an assessment of the application of the defend forward and persistent engagement operational concepts and capabilities of the Department to deter and counter the threat of ransomware attacks against the United States; (D) 米国に対するランサムウェア攻撃の脅威を抑止し、対抗するための、省の前方防衛と持続的関与の作戦コンセプトと能力の適用に関する評価。
(E) a description of the efforts of the Department in interagency processes, and joint collaboration with allies and partners of the United States, to address the growing threat from large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises that conduct ransomware attacks and could conduct attacks with other objectives; (E) ランサムウェア攻撃を行い、他の目的でも攻撃を行う可能性のある大規模で洗練された犯罪的サイバー企業からの脅威の増大に対処するための省庁間プロセス、米国の同盟国やパートナーとの共同協力における省庁の取り組みの説明。
(F) a determination of the extent to which the governments of countries in which large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises are principally located are tolerating the activities of such enterprises, have interactions with such enterprises, could direct their operations, and could suppress such enterprises; (F) 大規模で洗練された犯罪的サイバー企業が主に存在する国の政府が、当該企業の活動をどの程度容認しているか、当該企業と交流しているか、当該企業の活動を指示できるか、当該企業を抑制できるかの判断。
(G) an assessment as to whether the large-scale and sophisticated criminal cyber enterprises described in subparagraph (F) are perfecting and practicing attack techniques and capabilities at scale that can be co-opted and placed in the service of the country in which such enterprises are principally located; and (G) (F)号に記載された大規模かつ洗練されたサイバー犯罪企業が、当該企業が主に所在する国に協力してサービスを提供できる規模の攻撃技術と能力を完成させ、実践しているかどうかについての評価。
(H) identification of such legislative or administrative action as may be necessary to more effectively counter the threat of ransomware attacks; and (H) ランサムウェア攻撃の脅威に、より効果的に対抗するために必要な立法上または行政上の措置を特定する。
(2) develop recommendations for the Department to build capabilities to develop and execute innovative methods to deter and counter the threat of ransomware attacks prior to and in response to the launching of such attacks. (2) ランサムウェア攻撃の脅威を抑止し、その脅威に対抗するための革新的な方法を、攻撃の開始前および攻撃に対応して開発・実行する能力を構築するために、省庁に対する提言を行う。
(b) Briefing.--Not later than 210 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall brief the congressional defense committees on the comprehensive assessment completed under paragraph (1) of subsection (a) and the recommendations developed under paragraph (2) of such subsection. (b) ブリーフィング --本法の制定日から210日以内に、国防長官は議会の防衛委員会に対し、(a)項の(1)に基づいて完了した包括的評価と、同項の(2)に基づいて策定された勧告についてブリーフィングを行う。
(c) Definition.--In this section, the term ``critical infrastructure'' has the meaning given such term in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e)). (c) 定義--本項では、「重要インフラ」という用語は、公法107-56の第1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で与えられた意味を持つ。
SEC. 1511. COMPARATIVE ANALYSIS OF CYBERSECURITY CAPABILITIES. Sec. 1511. サイバーセキュリティ能力の比較分析
(a) Comparative Analysis Required.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Chief Information Officer and the Director of Cost Assessment and Program Evaluation (CAPE) of the Department of Defense, in consultation with the Principal Cyber Advisor to the Secretary of Defense and the Chief Information Officers of each of the military departments, shall jointly sponsor a comparative analysis, to be conducted by the Director of the National Security Agency and the Director of the Defense Information Systems Agency, of the following: (a) 比較分析の必要性--本法の制定日から180日以内に、国防総省の最高情報責任者およびコスト評価・プログラム評価(CAPE)部長は、国防長官の主席サイバー顧問および各軍部の最高情報責任者と協議の上、国家安全保障局長官および国防情報システム局長官が実施する以下の比較分析を共同で主催しなければならない。
(1) The cybersecurity tools, applications, and capabilities offered as options on enterprise software agreements for cloud-based productivity and collaboration suites, such as is offered under the Defense Enterprise Office Solution and Enterprise Software Agreement contracts with Department of Defense components, relative to the cybersecurity tools, applications, and capabilities that are currently deployed in, or required by, the Department to conduct-- (1) クラウドベースの生産性およびコラボレーション・スイートのエンタープライズ・ソフトウェア契約のオプションとして提供されるサイバーセキュリティ・ツール、アプリケーション、能力(国防総省のコンポーネントとのDefense Enterprise Office SolutionおよびEnterprise Software Agreement契約の下で提供されているようなもの)。
(A) asset discovery; (A) 資産の発見。
(B) vulnerability scanning; (B) 脆弱性スキャン
(C) conditional access (also known as ``comply-to-connect''); (C) 条件付きアクセス(「comply-to-connect」としても知られる)。
(D) event correlation; (D) イベントの相関関係
(E) patch management and remediation; (E) パッチ管理と修復。
(F) endpoint query and control; (F) エンドポイントの照会と制御
(G) endpoint detection and response; (G) エンドポイントの検出と応答
(H) data rights management; (H) データ著作権管理
(I) data loss prevention; (I) データ損失防止
(J) data tagging; (J) データタギング
(K) data encryption; (K) データの暗号化
(L) security information and event management; and (L) セキュリティ情報およびイベント管理
(M) security orchestration, automation, and response. (M) セキュリティのオーケストレーション、自動化、および応答。
(2) The identity, credential, and access management (ICAM) system, and associated capabilities to enforce the principle of least privilege access, offered as an existing option on an enterprise software agreement described in paragraph (1), relative to-- (2) パラグラフ(1)に記載されたエンタープライズソフトウェア契約の既存オプションとして提供される、ID、クレデンシャル、およびアクセス管理(ICAM)システム、および最小特権アクセスの原則を実施するための関連機能は、以下と関連している。
(A) the requirements of such system described in the Zero Trust Reference Architecture of the Department; and (A) 省庁のゼロトラスト・リファレンス・アーキテクチャに記載されている当該システムの要求事項。
(B) the requirements of such system under development by the Defense Information Systems Agency. (B) 国防情報システム局が開発中の当該システムの要求事項。
(3) The artificial intelligence and machine-learning capabilities associated with the tools, applications, and capabilities described in paragraphs (1) and (2), and the ability to host Government or third-party artificial intelligence and machine-learning algorithms pursuant to contracts referred to in paragraph (1) for such tools, applications, and capabilities. (3) 第1項および第2項に記載されたツール、アプリケーション、能力に関連する人工知能および機械学習能力、ならびに第1項に記載されたツール、アプリケーション、能力に関する契約に従って政府または第三者の人工知能および機械学習アルゴリズムをホストする能力。
(4) The network consolidation and segmentation capabilities offered on the enterprise software agreements described in paragraph (1) relative to capabilities projected in the Zero Trust Reference Architecture. (4) ゼロトラストリファレンスアーキテクチャで予測される機能と比較して、第1項に記載されたエンタープライズソフトウェア契約で提供されるネットワーク統合およびセグメント化の機能。
(5) The automated orchestration and interoperability among the tools, applications, and capabilities described in paragraphs (1) through (4). (5) (1)~(4)項に記載されたツール、アプリケーション、および能力の間の自動化されたオーケストレーションおよび相互運用性。
(b) Elements of Comparative Analysis.--The comparative analysis conducted under subsection (a) shall include an assessment of the following: (b) 比較分析の要素 -- 第(a)項に基づいて実施される比較分析には、以下の評価が含まれるものとする。
(1) Costs. (1)コスト
(2) Performance. (2) 性能
(3) Sustainment. (3)持続性
(4) Scalability. (4) スケーラビリティ
(5) Training requirements. (5)トレーニング要件
(6) Maturity. (6)成熟度
(7) Human effort requirements. (7) 人的努力の必要性
(8) Speed of integrated operations. (8) 統合運用のスピード
(9) Ability to operate on multiple operating systems and in multiple cloud environments. (9) 複数のオペレーティングシステムや複数のクラウド環境で動作する能力。
(10) Such other matters as the Chief Information Officer and the Director of Cost Assessment and Program Evaluation consider appropriate. (10) 最高情報責任者およびコスト評価・プログラム評価担当ディレクターが適切と考えるその他の事項。
(c) Briefing Required.--Not later than 30 days after the date on which the comparative analysis required under subsection (a) is completed, the Chief Information Officer and the Director of Cost Assessment and Program Evaluation (CAPE) of the Department of Defense shall jointly provide the congressional defense committees with a briefing on the findings of the Chief Information Officer and the Director with respect to such analysis, together with such recommendations for legislative or administrative action as the Chief Information Officer and the Director may have with respect to the matters covered by such analysis. (c) ブリーフィングの必要性--(a)項に基づき要求される比較分析が完了した日から30日以内に、最高情報責任者と国防総省のコスト評価・プログラム評価ディレクター(CAPE)は、当該分析に関して最高情報責任者とディレクターが得た知見についてのブリーフィングを、当該分析が対象とする事項に関して最高情報責任者とディレクターが持つ可能性のある立法上または行政上の措置に関する提言とともに、議会の防衛委員会に共同で提供しなければならない。
SEC. 1512. ELIGIBILITY OF OWNERS AND OPERATORS OF CRITICAL INFRASTRUCTURE TO RECEIVE CERTAIN DEPARTMENT OF DEFENSE SUPPORT AND SERVICES. Sec. 1512. 重要インフラの所有者と運営者が国防総省の支援とサービスを受ける資格
Section 2012 of title 10, United States Code is amended-- 合衆国コード10のセクション2012を改正する。
(1) in subsection (e)-- (1)サブセクション(e)において--。
(A) by redesignating paragraph (3) as paragraph (4); and (A) パラグラフ(3)をパラグラフ(4)として再指定する。
(B) by inserting after paragraph (2) the following new paragraph: (B) パラグラフ(2)の後に以下の新しいパラグラフを挿入する。
``(3) Owners and operators of critical infrastructure (as such term is defined in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e))).''; and (3) 重要インフラの所有者および運営者(公法107-56の1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で定義されているもの)。
(2) in subsection (f), by adding at the end the following new paragraph: (2) サブセクション(f)の最後に以下の新しいパラグラフを追加する。
``(5) Procedures to ensure that assistance provided to an entity specified in subsection (e)(3) is provided in a manner that is consistent with similar assistance provided under authorities applicable to other Federal departments and agencies, including the authorities of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security pursuant to title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.).''. (5) (e)(3)で指定された団体に提供される支援が、2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 651 et seq.)のタイトルXXIIに基づく国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の権限を含む、他の連邦省庁に適用される権限に基づいて提供される同様の支援と整合性のある方法で提供されることを保証するための手順。
SEC. 1513. REPORT ON POTENTIAL DEPARTMENT OF DEFENSE SUPPORT AND ASSISTANCE FOR INCREASING THE AWARENESS OF THE CYBERSECURITY AND INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY OF CYBER THREATS AND VULNERABILITIES AFFECTING CRITICAL INFRASTRUCTURE. Sec. 1513. 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性について、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の認識を高めるための国防総省の支援の可能性についての報告
(a) Report Required.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense, in consultation with the Secretary of Homeland Security and the National Cyber Director, shall submit to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a report that provides recommendations on how the Department of Defense can improve support and assistance to the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security to increase awareness of cyber threats and vulnerabilities affecting information technology and networks supporting critical infrastructure within the United States, including critical infrastructure of the Department and critical infrastructure relating to the defense of the United States. (a) 必要な報告。 本法の制定日から270日以内に、国防長官は、国土安全保障長官および国家サイバー長官と協議した上で。国防総省は、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁に対する支援・援助をどのように改善し、国防総省の重要インフラおよび米国の防衛に関連する重要インフラを含む、米国内の重要インフラを支える情報技術およびネットワークに影響を与えるサイバー脅威および脆弱性に対する認識を高めることができるかについての提言を行う報告書を、上院の軍事委員会および下院の軍事委員会に提出しなければならない。
(b) Elements of Report.--The report required by subsection (a) shall-- (b) 報告書の構成要素 -- 第(a)項で求められる報告書は、以下の通りである。
(1) assess and identify areas in which the Department of Defense could provide support or assistance, including through information sharing and voluntary network monitoring programs, to the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency to expand or increase technical understanding and awareness of cyber threats and vulnerabilities affecting critical infrastructure; (1) 重要インフラに影響を与えるサイバー脅威と脆弱性に関する技術的理解と認識を拡大・向上させるために、国防総省がサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁に対して、情報共有や自主的なネットワーク監視プログラムを含めた支援・援助を提供できる分野を評価・特定すること。
(2) identify and assess any legal, policy, organizational, or technical barriers to carrying out paragraph (1); (2) パラグラフ(1)を実行するための法的、政策的、組織的、技術的な障害を特定し、評価する。
(3) assess and describe any legal or policy changes necessary to enable the Department to carry out paragraph (1) while preserving privacy and civil liberties; (3) プライバシーと市民的自由を守りつつ、第1項を実行するために必要な法律や政策の変更を評価し、説明すること。
(4) assess and describe the budgetary and other resource effects on the Department of carrying out paragraph (1); and (4) 第1項を実行することによる予算およびその他の資源の影響を評価し、説明する。
(5) provide a notional time-phased plan, including milestones, to enable the Department to carry out paragraph (1). (5) 部局が第1項を実行できるように、マイルストーンを含む想定される時間軸の計画を提供する。
(c) Critical Infrastructure Defined.--In this section, the term ``critical infrastructure'' has the meaning given such term in section 1016(e) of Public Law 107-56 (42 U.S.C. 5195c(e)). (c) 重要インフラの定義--このセクションでは、「重要インフラ」という用語はPublic Law 107-56の1016(e)項(42 U.S.C. 5195c(e))で与えられた意味を持つ。
Subtitle B--Matters Related to Department of Defense Cybersecurity and  Information Technology サブタイトルB:国防総省のサイバーセキュリティと情報技術に関連する事項
SEC. 1521. ENTERPRISE-WIDE PROCUREMENT OF CYBER DATA PRODUCTS AND SERVICES. Sec. 1521. サイバーデータ製品・サービスの全社的調達
(a) Program.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall designate an executive agent for Department of Defense-wide procurement of cyber data products and services. The executive agent shall establish a program management office responsible for such procurement, and the program manager of such program office shall be responsible for the following: (a) プログラム...この法律が制定された日から1年以内に、国防長官は国防総省全体のサイバーデータ製品とサービスの調達のための執行機関を指定しなければならない。執行代理人は、当該調達を担当するプログラム管理事務所を設立し、当該プログラム事務所のプログラムマネージャーは、以下の事項に責任を負う。
(1) Surveying components of the Department for the cyber data products and services needs of such components. (1) 国防総省の各部局のサイバーデータ製品・サービスのニーズを調査すること。
(2) Conducting market research of cyber data products and services. (2) サイバーデータ製品・サービスの市場調査を行うこと。
(3) Developing or facilitating development of requirements, both independently and through consultation with components, for the acquisition of cyber data products and services. (3) サイバーデータ製品およびサービスの取得のために、独自に、または各構成部との協議を通じて、要求事項を策定し、または策定を促進すること。
(4) Developing and instituting model contract language for the acquisition of cyber data products and services, including contract language that facilitates components' requirements for ingesting, sharing, using and reusing, structuring, and analyzing data derived from such products and services. (4) サイバーデータ製品・サービスの取得のためのモデル契約言語を開発し、制定すること。これには、当該製品・サービスから得られるデータの取り込み、共有、使用、再利用、構造化、分析に関するコンポーネントの要件を促進する契約言語が含まれる。
(5) Conducting procurement of cyber data products and services on behalf of the Department of Defense, including negotiating contracts with a fixed number of licenses based on aggregate component demand and negotiation of extensible contracts. (5) 国防総省を代表して、サイバーデータ製品・サービスの調達を行うこと。これには、コンポーネントの総需要に基づいた固定数のライセンスを持つ契約の交渉や、拡張可能な契約の交渉が含まれる。
(6) Carrying out the responsibilities specified in paragraphs (1) through (5) with respect to the cyber data products and services needs of the Cyberspace Operations Forces, such as cyber data products and services germane to cyberspace topology and identification of adversary threat activity and infrastructure, including-- (6) サイバースペースのトポロジー、敵の脅威活動やインフラの特定に関連するサイバーデータ製品・サービスなど、サイバースペース作戦部隊のサイバーデータ製品・サービスのニーズに関して、(1)~(5)項で指定された責任を遂行すること(以下を含む)。
(A) facilitating the development of cyber data products and services requirements for the Cyberspace Operations Forces, conducting market research regarding the future cyber data products and services needs of the Cyberspace Operations Forces, and conducting acquisitions pursuant to such requirements and market research; (A) サイバー空間作戦部隊のためのサイバーデータ製品およびサービスの要件の開発を促進し、サイバー空間作戦部隊の将来のサイバーデータ製品およびサービスのニーズに関する市場調査を実施し、かかる要件および市場調査に従って買収を実施すること。
(B) coordinating cyber data products and services acquisition and management activities with Joint Cyber Warfighting Architecture acquisition and management activities, including activities germane to data storage, data management, and development of analytics; (B) データストレージ、データ管理、分析の開発に関連する活動を含め、サイバーデータ製品・サービスの取得・管理活動を統合サイバー戦闘アーキテクチャの取得・管理活動と調整すること。
(C) implementing relevant Department of Defense and United States Cyber Command policy germane to acquisition of cyber data products and services; (C) サイバーデータ製品・サービスの取得に関連する国防総省および米国サイバー司令部の政策を実施すること。
(D) leading or informing the integration of relevant datasets and services, including Government-produced threat data, commercial cyber threat information, collateral telemetry data, topology-relevant data, sensor data, and partner-provided data; and (D) 政府が作成した脅威データ、商業的なサイバー脅威情報、付随する遠隔測定データ、トポロジーに関連するデータ、センサーデータ、パートナーが提供するデータなど、関連するデータセットやサービスの統合を主導したり、情報を提供したりすること。
(E) facilitating the development of tradecraft and operational workflows based on relevant cyber data products and services. (E) 関連するサイバーデータ製品およびサービスに基づく、技術および運用ワークフローの開発を促進する。
(b) Coordination.--In implementing this section, each component of the Department of Defense shall coordinate its cyber data products and services requirements and potential procurement plans relating to such products and services with the program management office established pursuant to subsection (a) so as to enable such office to determine if satisfying such requirements or procurement of such products and services on an enterprise-wide basis would serve the best interests of the Department. (b) 本項を実施するにあたり、国防総省の各部局は、サイバーデータ製品・サービスの要求事項および当該製品・サービスに関連する潜在的な調達計画を、第(a)項に従って設立されたプログラム管理局と調整し、当該要求事項の充足または全社的な当該製品・サービスの調達が国防総省の最善の利益につながるかどうかを、当該局が判断できるようにする。
(c) Prohibition.--Beginning not later than 540 days after the date of the enactment of this Act, no component of the Department of Defense may independently procure a cyber data product or service that has been procured by the program management office established pursuant to subsection (a), unless-- (c) 本法制定日から540日以内に、国防総省のいかなる部門も、(a)項に従って設立されたプログラム管理事務所によって調達されたサイバーデータ製品またはサービスを独自に調達することはできないが、以下の場合はその限りではない。
(1) such component is able to procure such product or service at a lower per-unit price than that available through such office; or (1) 当該コンポーネントが、当該オフィスを通じて入手可能な価格よりも低い単価で当該製品またはサービスを調達することができる場合。
(2) such office has approved such independent purchase. (2) 当該事務所が、当該独立した購入を承認している場合。
(d) Exception.--United States Cyber Command and the National Security Agency may conduct joint procurements of products and services, including cyber data products and services, except that the requirements of subsections (b) and (c) shall not apply to the National Security Agency. (d) 例外-米国サイバーコマンドと国家安全保障局は、サイバーデータ製品およびサービスを含む製品およびサービスの共同調達を行うことができる。ただし、国家安全保障局には、サブセクション(b)および(c)の要件は適用されないものとする。
(e) Definition.--In this section, the term ``cyber data products and services'' means commercially-available datasets and analytic services germane to offensive cyber, defensive cyber, and DODIN operations, including products and services that provide technical data, indicators, and analytic services relating to the targets, infrastructure, tools, and tactics, techniques, and procedures of cyber threats. (e) 本項において、「サイバーデータ製品・サービス」とは、攻撃的サイバー、防御的サイバー、DODIN作戦に関連する商業的に入手可能なデータセットおよび分析サービスを意味し、サイバー脅威の標的、インフラ、ツール、戦術・技術・手順に関する技術データ、指標、分析サービスを提供する製品・サービスを含む。
SEC. 1522. LEGACY INFORMATION TECHNOLOGIES AND SYSTEMS ACCOUNTABILITY. Sec. 1522. レガシー情報技術とシステムの説明責任
(a) In General.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretaries of the Army, Navy, and Air Force shall each initiate efforts to identify legacy applications, software, and information technology within their respective Departments and eliminate any such application, software, or information technology that is no longer required. (a) 陸軍、海軍、空軍の各長官は、本法令の制定日から270日以内に、それぞれの省内のレガシーアプリケーション、ソフトウェア、情報技術を特定し、不要となったアプリケーション、ソフトウェア、情報技術を排除するための取り組みを開始する。
(b) Specifications.--To carry out subsection (a), that Secretaries of the Army, Navy, and Air Force shall each document the following: (b) 仕様--(a)項を実行するために、陸軍、海軍、空軍の各長官は、以下の内容を文書化するものとする。
(1) An identification of the applications, software, and information technologies that are considered active or operational, but which are judged to no longer be required by the respective Department. (1)各省庁が必要としなくなったと判断された、稼働中または運用中のアプリケーション、ソフトウェア、情報技術の識別情報。
(2) Information relating to the sources of funding for the applications, software, and information technologies identified pursuant to paragraph (1). (2) (1)により特定されたアプリケーション、ソフトウェア、情報技術の資金源に関する情報。
(3) An identification of the senior official responsible for each such application, software, or information technology. (3) 各アプリケーション、ソフトウェア、情報技術の責任者である上級職員の身分証明書。
(4) A plan to discontinue use and funding for each such application, software, or information technology. (4) そのようなアプリケーション、ソフトウェア、情報技術の使用と資金提供を中止する計画。
(c) Exemption.--Any effort substantially similar to that described in subsections (a) and (b) that is being carried out by the Secretary of the Army, Navy, or Air Force as of the date of the enactment of this Act and completed not later 180 days after such date shall be treated as satisfying the requirements under such subsections. (c) 免除--本法の制定日時点で陸軍、海軍、空軍の長官によって実施されている、(a)および(b)項に記載されたものと実質的に類似した取り組みで、その日から180日以内に完了するものは、これらの項の要件を満たしているものとして扱われる。
(d) Report.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretaries of the Army, Navy, and Air Force shall each submit to the congressional defense committees the documentation required under subsection (b). (d) 報告--本法の制定日から270日以内に、陸軍、海軍、空軍の各長官は、それぞれ議会の防衛委員会に、(b)項に基づいて要求される文書を提出しなければならない。
SEC. 1523. UPDATE RELATING TO RESPONSIBILITIES OF CHIEF INFORMATION OFFICER. Sec. 1523. 最高情報責任者(CIO)の責任についての更新
 Paragraph (1) of section 142(b) of title 10, United States Code, is amended--  アメリカ合衆国コード10のタイトル142(b)セクションのパラグラフ(1)は、以下のように修正される。
(1) in subparagraphs (A), (B), and (C), by striking ``(other than with respect to business management)'' each place it appears; and (1)サブパラグラフ(A)、(B)および(C)において、「(経営管理に関するもの以外)」を各所で削除する。
(2) by amending subparagraph (D) to read as follows: (2) (D)項を次のように修正する。
``(D) exercises authority, direction, and control over the Activities of the Cybersecurity Directorate, or any successor organization, of the National Security Agency, funded through the Information Systems Security Program;''. ''(D)情報システム・セキュリティ・プログラムを通じて資金提供を受けている国家安全保障局のサイバーセキュリティ部門、またはその後継組織の活動に対する権限、指揮、管理を行う。
SEC. 1524. PROTECTIVE DOMAIN NAME SYSTEM WITHIN THE DEPARTMENT OF DEFENSE. Sec. 1524. 国防総省内の保護ドメイン名システム
(a) In General.--Not later than 120 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall ensure each component of the Department of Defense uses a Protective Domain Name System (PDNS) instantiation offered by the Department. (a) 国防長官は、国防省の各部局が、国防省が提供する保護ドメイン名システム(PDNS)のインスタンスを使用することを保証しなければならない。
(b) Exemptions.--The Secretary of Defense may exempt a component of the Department from using a PDNS instantiation for any reason except with respect to cost or technical application. (b) 免除--国防長官は、コストや技術的応用に関する場合を除き、いかなる理由であれ、国防総省のコンポーネントがPDNSインスタンスを使用することを免除することができる。
(c) Report to Congress.--Not later than 150 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report that includes information relating to-- (c) 議会への報告 --本法の制定日から150日以内に、国防長官は以下に関する情報を含む報告書を議会の防衛委員会に提出しなければならない。
(1) each component of the Department of Defense that uses a PDNS instantiation offered by the Department; (1) 国防総省が提供するPDNSインスタンスを使用する国防総省の各コンポーネント。
(2) each component exempt from using a PDNS instantiation pursuant to subsection (b); and (2) (b)項に従ってPDNSインスタンスの使用を免除されている各コンポーネント。
(3) efforts to ensure that each PDNS instantiation offered by the Department connects and shares relevant and timely data. (3) 国防総省が提供する各PDNSインスタンスが、関連性のあるタイムリーなデータを接続し、共有することを保証するための努力。
SEC. 1525. CYBERSECURITY OF WEAPON SYSTEMS. Sec. 1525. 兵器システムのサイバーセキュリティ
 Section 1640 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2018 (Public Law 115-91; 10 U.S.C. 2224 note), is amended by adding at the end the following new subsection:  2018年度国防権限法(Public Law 115-91; 10 U.S.C. 2224 note)のセクション1640は、最後に以下の新しいサブセクションを追加することで修正される。
``(f) Annual Reports.--Not later than August 30, 2022, and annually thereafter through 2024, the Secretary of Defense shall provide to the congressional defense committees a report on the work of the Program, including information relating to staffing and accomplishments.''. ''(f) 遅くとも2022年8月30日までに、その後2024年まで毎年、国防長官は議会の防衛委員会に対し、人員配置や成果に関する情報を含むプログラムの業務に関する報告書を提出しなければならない」。
SEC. 1526. ASSESSMENT OF CONTROLLED UNCLASSIFIED INFORMATION PROGRAM. SEC. 1526. 管理された未分類情報プログラムの評価。
 Section 1648 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note), is amended--  2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note)の第1648条を改正する。
(1) in subsection (a), by striking ``February 1, 2020'' and inserting ``180 days after the date of the enactment of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022''; and (1) サブセクション(a)において、「2020年2月1日」を削除し、「2022年度の国防権限法の制定日から180日後」を挿入する。
(2) in subsection (b), by amending paragraph (4) to read as follows: (2) サブセクション(b)において、パラグラフ(4)を以下のように修正する。
``(4) Definitions for `Controlled Unclassified Information' (CUI) and `For Official Use Only' (FOUO), policies regarding protecting information designated as either of such, and an explanation of the `DoD CUI Program' and Department of Defense compliance with the responsibilities specified in Department of Defense Instruction (DoDI) 5200.48, `Controlled Unclassified Information (CUI),' including the following: ''(4) 「CUI(Controlled Unclassified Information)」および「FOUO(For Official Use Only)」の定義、いずれかに指定された情報の保護に関する方針、「国防総省CUIプログラム」および国防総省命令(DoDI)5200.48「CUI(Controlled Unclassified Information)」に規定されている責任に対する国防総省のコンプライアンスについての説明(以下を含む)。
``(A) The extent to which the Department of Defense is identifying whether information is CUI via a contracting vehicle and marking documents, material, and media containing such information in a clear and consistent manner. ''(A)国防総省が契約車両を通じて情報がCUIであるかどうかを識別し、そのような情報を含む文書、資料、メディアを明確かつ一貫した方法でマーキングしている程度。
``(B) Recommended regulatory or policy changes to ensure consistency and clarity in CUI identification and marking requirements. ''(B)CUI識別およびマーキング要件の一貫性と明確性を確保するために推奨される規制または政策の変更。
``(C) Circumstances under which commercial information is considered CUI, and any impacts to the commercial supply chain associated with security and marking requirements pursuant to this paragraph. ''(C)商業情報がCUIとみなされる状況、および本項に基づくセキュリティおよびマーキング要件に関連する商業サプライチェーンへの影響。
``(D) Benefits and drawbacks of requiring all CUI to be marked with a unique CUI legend, versus requiring that all data marked with an appropriate restricted legend be handled as CUI. ''(D)すべてのCUIに固有のCUI表示を要求することと、適切な制限表示を施したすべてのデータをCUIとして取り扱うことを要求することの利点と欠点。
``(E) The extent to which the Department of Defense clearly delineates Federal Contract Information (FCI) from CUI. ''(E)国防総省が連邦契約情報(FCI)とCUIをどの程度明確に区別しているか。
``(F) Examples or scenarios to illustrate information that is and is not CUI.''. ''(F)CUIである情報とそうでない情報を説明するための例やシナリオ。
SEC. 1527. CYBER DATA MANAGEMENT. Sec. 1527. サイバーデータ管理
(a) In General.--The Commander of United States Cyber Command and the Secretaries of the military departments, in coordination with the Principal Cyber Advisor to the Secretary, the Chief Information Officer and the Chief Data Officer of the Department of Defense, and the Chairman of the Joint Chiefs of Staff, shall-- (a) 米国サイバー司令部の司令官および各軍部の長官は、長官の主席サイバー顧問、国防総省の最高情報責任者および最高データ責任者、および統合参謀本部議長と連携して、以下を行う。
(1) access, acquire, and use mission-relevant data to support offensive cyber, defensive cyber, and DODIN operations from the intelligence community, other elements of the Department of Defense, and the private sector; (1) 攻撃的サイバー、防御的サイバー、DODIN作戦を支援するためのミッション関連データを、情報コミュニティ、国防総省の他の部門、および民間部門から入手し、取得し、使用すること。
(2) develop policy, processes, and operating procedures governing the access, ingest, structure, storage, analysis, and combination of mission-relevant data, including-- (2) ミッション関連データ(以下を含む)へのアクセス、取り込み、構造、保存、分析、組み合わせを管理する方針、プロセス、作業手順を策定する。
(A) intelligence data; (A) 情報データ。
(B) internet traffic, topology, and activity data; (B) インターネットのトラフィック、トポロジー、およびアクティビティ・データ。
(C) cyber threat information; (C) サイバー脅威情報。
(D) Department of Defense Information Network sensor, tool, routing infrastructure, and endpoint data; and (D) 国防省情報ネットワークのセンサー、ツール、ルーティング・インフラ、およびエンドポイント・データ、および
(E) other data management and analytic platforms pertinent to United States Cyber Command missions that align with the principles of Joint All Domain Command and Control; (E) 米国サイバー司令部の任務に関連するその他のデータ管理・分析プラットフォームで、Joint All Domain Command and Controlの原則に沿ったもの。
(3) pilot efforts to develop operational workflows and tactics, techniques, and procedures for the operational use of mission-relevant data by the Cyberspace Operations Forces; and (3) サイバースペース作戦部隊がミッションに関連するデータを運用で使用するための運用ワークフロー、戦術、技術、手順を開発するための試験的な取り組み。
(4) evaluate data management platforms used to carry out paragraphs (1), (2), and (3) to ensure such platforms operate consistently with the Deputy Secretary of Defense's Data Decrees signed on May 5, 2021. (4) パラグラフ(1)、(2)、(3)を遂行するために使用されるデータ管理プラットフォームを評価し、当該プラットフォームが2021年5月5日に署名された国防副長官のデータ同意書と一貫して動作することを確認する。
(b) Roles and Responsibilities.-- (b) 役割と責任--。
(1) In general.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Commander of United States Cyber Command and the Secretaries of the military departments, in coordination with the Principal Cyber Advisor to the Secretary, the Chief Information Officer and Chief Data Officer of the Department of Defense, and the Chairman of the Joint Chiefs of Staff, shall establish the specific roles and responsibilities of the following in implementing each of the tasks required under subsection (a): (1) 一般的に--本法の制定日から270日以内に、米国サイバー司令部の司令官および各軍部の長官は、長官の主席サイバー顧問、国防総省の最高情報責任者および最高データ責任者、統合参謀本部議長と連携して、(a)項で要求される各タスクの実施における以下の者の具体的な役割と責任を確立しなければならない。
(A) United States Cyber Command. (A) 米国のサイバー司令部。
(B) Program offices responsible for the components of the Joint Cyber Warfighting Architecture. (B) 統合サイバー戦力アーキテクチャの構成要素を担当するプログラムオフィス。
(C) The military services. (C) 各軍部。
(D) Entities in the Office of the Secretary of Defense. (D) 国防省長官室の組織。
(E) Any other program office, headquarters element, or operational component newly instantiated or determined relevant by the Secretary. (E) 長官が新たに設置した、あるいは関連性があると判断したその他のプログラムオフィス、本部要素、作戦構成要素。
(2) Briefing.--Not later than 300 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall provide to the congressional defense committees a briefing on the roles and responsibilities established under paragraph (1). (2) 本法制定後300日以内に、国防長官は議会の防衛委員会に対し、第1項で設定された役割と責任に関するブリーフィングを行わなければならない。
SEC. 1528. ZERO TRUST STRATEGY, PRINCIPLES, MODEL ARCHITECTURE, AND IMPLEMENTATION PLANS. Sec. 1528. ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャ、および実施計画
(a) In General.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Chief Information Officer of the Department of Defense and the Commander of United States Cyber Command shall jointly develop a zero trust strategy, principles, and a model architecture to be implemented across the Department of Defense Information Network, including classified networks, operational technology, and weapon systems. (a) 一般的に--本法の制定日から270日以内に、国防総省の最高情報責任者と米国サイバー司令部の司令官は、機密ネットワーク、運用技術、兵器システムを含む国防総省の情報ネットワーク全体に導入するゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャを共同で開発する。
(b) Strategy, Principles, and Model Architecture Elements.--The zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a) shall include, at a minimum, the following elements: (b) 戦略、原則、モデル・アーキテクチャの要素--(a)項で要求されるゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャは、少なくとも以下の要素を含むものとする。
(1) Prioritized policies and procedures for establishing implementations of mature zero trust enabling capabilities within on-premises, hybrid, and pure cloud environments, including access control policies that determine which persona or device shall have access to which resources and the following: (1) オンプレミス、ハイブリッド、およびピュアクラウド環境内で成熟したゼロトラスト実現機能の実装を確立するための優先順位付けされたポリシーと手順。
(A) Identity, credential, and access management. (A) アイデンティティ、クレデンシャル、およびアクセス管理。
(B) Macro and micro network segmentation, whether in virtual, logical, or physical environments. (B) 仮想、論理、物理のいずれの環境であっても、マクロおよびミクロのネットワークのセグメンテーション。
(C) Traffic inspection. (C) トラフィック検査。
(D) Application security and containment. (D) アプリケーションのセキュリティと封じ込め
(E) Transmission, ingest, storage, and real-time analysis of cybersecurity metadata endpoints, networks, and storage devices. (E) サイバーセキュリティメタデータのエンドポイント、ネットワーク、ストレージデバイスの送信、取り込み、保存、リアルタイム分析
(F) Data management, data rights management, and access controls. (F) データ管理、データ権限管理、及びアクセス制御
(G) End-to-end encryption. (G) エンドツーエンドの暗号化
(H) User access and behavioral monitoring, logging, and analysis. (H) ユーザのアクセス及び行動の監視、記録、分析
(I) Data loss detection and prevention methodologies. (I) データ損失の検出と防止の方法論。
(J) Least privilege, including system or network administrator privileges. (J) システムまたはネットワーク管理者の特権を含む最小の特権
(K) Endpoint cybersecurity, including secure host, endpoint detection and response, and comply-to-connect requirements. (K) セキュアホスト、エンドポイント検出と応答、およびコンプライアント・トゥ・コネクトの要件を含むエンドポイントのサイバーセキュリティ。
(L) Automation and orchestration. (L) 自動化とオーケストレーション
(M) Configuration management of virtual machines, devices, servers, routers, and similar to be maintained on a single virtual device approved list (VDL). (M) 単一の仮想デバイス承認リスト(VDL)で維持される仮想マシン、デバイス、サーバ、ルータなどの構成管理。
(2) Policies specific to operational technology, critical data, infrastructures, weapon systems, and classified networks. (2) 運用技術、重要データ、インフラ、兵器システム、および機密ネットワークに特化したポリシー。
(3) Specification of enterprise-wide acquisitions of capabilities conducted or to be conducted pursuant to the policies referred to in paragraph (2). (3) (2)で言及されたポリシーに基づいて実施された、または実施される予定の能力の企業全体の取得の仕様。
(4) Specification of standard zero trust principles supporting reference architectures and metrics-based assessment plan. (4) 参照アーキテクチャを支える標準的なゼロトラスト原則の仕様と、評価指標に基づく評価計画。
(5) Roles, responsibilities, functions, and operational workflows of zero trust cybersecurity architecture and information technology personnel-- (5) ゼロトラスト・サイバーセキュリティ・アーキテクチャと情報技術者の役割、責任、機能、運用ワークフロー
(A) at combatant commands, military services, and defense agencies; and (A) 戦闘機司令部、軍事サービス、および防衛機関。
(B) Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network. (B) 統合軍本部-国防省情報ネットワーク。
(c) Architecture Development and Implementation.--In developing and implementing the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a), the Chief Information Officer of the Department of Defense and the Commander of United States Cyber Command shall-- (c) アーキテクチャの開発と実施--第(a)項で要求されたゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャを開発し実施するにあたり、国防総省の最高情報責任者と米国サイバー司令部の司令官は--。
(1) coordinate with-- (1)以下と調整する。
(A) the Principal Cyber Advisor to the Secretary of Defense; (A) 国防長官の主席サイバー顧問。
(B) the Director of the National Security Agency Cybersecurity Directorate; (B) 国家安全保障局のサイバーセキュリティ局長。
(C) the Director of the Defense Advanced Research Projects Agency; (C) 国防高等研究計画局の局長。
(D) the Chief Information Officer of each military service; (D) 各軍の最高情報責任者。
(E) the Commanders of the cyber components of the military services; (E) 各軍のサイバー部門の司令官
(F) the Principal Cyber Advisor of each military service; (F) 各軍部の主席サイバー顧問
(G) the Chairman of the Joints Chiefs of Staff; and (G) 合同参謀本部議長、および
(H) any other component of the Department of Defense as determined by the Chief Information Officer and the Commander; (H) 最高情報責任者と司令官が決定した国防省のその他の構成要素。
(2) assess the utility of the Joint Regional Security Stacks, automated continuous endpoint monitoring program, assured compliance assessment solution, and each of the defenses at the Internet Access Points for their relevance and applicability to the zero trust architecture and opportunities for integration or divestment; (2) 合同地域セキュリティスタック、自動化された継続的エンドポイント監視プログラム、確実なコンプライアンス評価ソリューション、インターネットアクセスポイントにおける各防御策の有用性を評価し、ゼロトラストアーキテクチャとの関連性と適用性、統合または切り離しの機会を検討する。
(3) employ all available resources, including online training, leveraging commercially available zero trust training material, and other Federal agency training, where feasible, to implement cybersecurity training on zero trust at the-- (3) オンライン・トレーニング、商業的に入手可能なゼロ・トラスト・トレーニング教材の活用、および実行可能な場合には他の連邦機関のトレーニングを含む、利用可能なすべてのリソースを用いて、ゼロ・トラストに関するサイバーセキュリティ・トレーニングを以下のレベルで実施する。
(A) executive level; (A) 上級管理職レベル。
(B) cybersecurity professional or implementer level; and (B) サイバーセキュリティの専門家または実施者レベル。
(C) general knowledge levels for Department of Defense users; (C) 国防総省のユーザのための一般的な知識レベル。
(4) facilitate cyber protection team and cybersecurity service provider threat hunting and discovery of novel adversary activity; (4) サイバー・プロテクション・チームとサイバー・セキュリティ・サービス・プロバイダーによる脅威の探索と新規敵対者の活動の発見を促進すること。
(5) assess and implement means to effect Joint Force Headquarters-Department of Defense Information Network's automated command and control of the entire Department of Defense Information Network; (5) 国防省情報ネットワーク全体に対する統合軍本部-国防省情報ネットワークの自動化された指揮統制を実現するための手段を評価し、実施すること。
(6) assess the potential of and, as appropriate, encourage, use of third-party cybersecurity-as-a-service models; (6) 第三者によるサイバーセキュリティ・アズ・ア・サービスモデルの可能性を評価し、必要に応じてその利用を奨励する。
(7) engage with and conduct outreach to industry, academia, international partners, and other departments and agencies of the Federal Government on issues relating to deployment of zero trust architectures; (7) ゼロトラスト・アーキテクチャーの展開に関連する問題について、産業界、学界、国際的なパートナー、および連邦政府の他の省庁と連携し、アウトリーチを行う。
(8) assess the current Comply-to-Connect Plan; and (8) 現在のComply-to-Connect計画を評価する。
(9) review past and conduct additional pilots to guide development, including-- (9) 以下を含め、開発の指針となる過去のパイロットを検討し、追加で実施する。
(A) utilization of networks designated for testing and accreditation under section 1658 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note); (A)2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 2224 note)の第1658条に基づく試験および認定に指定されたネットワークの活用。
(B) use of automated red team products for assessment of pilot architectures; and (B)試験的なアーキテクチャを評価するための自動レッドチーム製品の使用。
(C) accreditation of piloted cybersecurity products for enterprise use in accordance with the findings on enterprise accreditation standards conducted pursuant to section 1654 of such Act (Public Law 116-92). (C)同法第1654条(公法第116-92条)に従って実施された企業認定基準に関する調査結果に基づき、試験的に開発されたサイバーセキュリティ製品を企業向けに認定すること。
(d) Implementation Plans.-- (d) 実施計画--。
(1) In general.--Not later than one year after the finalization of the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a), the head of each military department and the head of each component of the Department of Defense shall transmit to the Chief Information Officer of the Department and the Commander of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network a draft plan to implement such zero trust strategy, principles, and model architecture across the networks of their respective components and military departments. (1)一般的に--(a)項で要求されたゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーの最終化から1年以内に、各軍部の長と国防総省の各構成部の長は、国防総省の最高情報責任者と国防総省情報ネットワーク統合本部の司令官に、それぞれの構成部と軍部のネットワーク全体で当該ゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーを実施するための計画案を提出しなければならない。
(2) Elements.--Each implementation plan transmitted pursuant to paragraph (1) shall include, at a minimum, the following: (2) 第1項に従って提出された各実施計画には、少なくとも以下の内容が含まれていなければならない。
(A) Specific acquisitions, implementations, instrumentations, and operational workflows to be implemented across unclassified and classified networks, operational technology, and weapon systems. (A) 非分類および分類されたネットワーク、運用技術、兵器システムに渡って実装される具体的な取得、実装、装置、および運用ワークフロー。
(B) A detailed schedule with target milestones and required expenditures. (B) 目標マイルストーンと必要な支出を含む詳細なスケジュール。
(C) Interim and final metrics, including a phase migration plan. (C) フェーズ移行計画を含む、中間および最終評価指標。
(D) Identification of additional funding, authorities, and policies, as may be required. (D) 必要となる可能性のある、追加資金、権限、ポリシーの特定。
(E) Requested waivers, exceptions to Department of Defense policy, and expected delays. (E) 要求された免除、国防総省の方針に対する例外、及び予想される遅延。
(e) Implementation Oversight.-- (e) 実施監督
(1) In general.--The Chief Information Officer of the Department of Defense shall-- (1) 国防総省の最高情報責任者(CIO)は、以下を行う。
(A) assess the implementation plans transmitted pursuant to subsection (d)(1) for-- (A) サブセクション(d)(1)に従って送信された実施計画を以下のように評価する。
(i) adequacy and responsiveness to the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a); and (i) サブセクション(a)で要求されたゼロ・トラスト戦略、原則、およびモデル・アーキテクチャーに対する適切性と対応性。
(ii) appropriate use of enterprise-wide acquisitions; (ii) 企業規模の買収の適切な使用。
(B) ensure, at a high level, the interoperability and compatibility of individual components' Solutions Architectures, including the leveraging of enterprise capabilities where appropriate through standards derivation, policy, and reviews; (B) 標準化、ポリシー、レビューを通じて、必要に応じて企業の能力を活用することを含め、各コンポーネントのソリューション・アーキテクチャーの相互運用性と互換性を高いレベルで確保する。
(C) use the annual investment guidance of the Chief to ensure appropriate implementation of such plans, including appropriate use of enterprise-wide acquisitions; (C) チーフの年次投資ガイダンスを利用して、全社的な買収の適切な利用を含む、当該計画の適切な実施を確保する。
(D) track use of waivers and exceptions to policy; (D) ポリシーに対する放棄と例外の使用を追跡する。
(E) use the Cybersecurity Scorecard to track and drive implementation of Department components; and (E) サイバーセキュリティ・スコアカードを使用して、省庁のコンポーネントの実施状況を追跡し、推進する。
(F) leverage the authorities of the Commander of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network and the Director of the Defense Information Systems Agency to begin implementation of such zero trust strategy, principles, and model architecture. (F) ゼロトラスト戦略、原則、モデルアーキテクチャの実施を開始するために、統合軍本部-国防省情報ネットワーク司令官と国防情報システム庁長官の権限を活用する。
(2) Assessments of funding.--Not later than March 31, 2024, and annually thereafter, each Principal Cyber Advisor of a military service shall include in the annual budget certification of such military service, as required by section 1657(d) of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note), an assessment of the adequacy of funding requested for each proposed budget for the purposes of carrying out the implementation plan for such military service under subsection (d)(1). (2) 資金の評価 --2024年3月31日までに、その後は毎年、軍部の各主席サイバー顧問は、2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note)の1657(d)項で要求されるように、当該軍部の年次予算証明書に、(d)(1)項に基づく当該軍部の実施計画を遂行する目的で、各予算案に要求された資金の妥当性についての評価を含めなければならない。
(f) Initial Briefings.-- (f) 最初の説明会
(1) On model architecture.--Not later than 90 days after finalizing the zero trust strategy, principles, and model architecture required under subsection (a), the Chief Information Officer of the Department of Defense and the Commander of Joint Forces Headquarters-Department of Defense Information Network shall provide to the congressional defense committees a briefing on such zero trust strategy, principles, and model architecture. (1) 国防総省の最高情報責任者と国防総省情報ネットワーク統合本部長は、(a)項で要求されたゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーを確定してから90日以内に、議会の防衛委員会に対し、当該ゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャーに関するブリーフィングを行わなければならない。
(2) On implementation plans.--Not later than 90 days after the receipt by the Chief Information Officer of the Department of Defense of an implementation plan transmitted pursuant to subsection (d)(1), the secretary of a military department, in the case of an implementation plan pertaining to a military department or a military service, or the Chief Information Officer of the Department, in the case of an implementation plan pertaining to a remaining component of the Department, as the case may be, shall provide to the congressional defense committees a briefing on such implementation plan. (2) 実施計画について--国防総省の最高情報責任者が、第(d)項(1)に従って送信された実施計画を受領してから90日以内に、軍部または軍務に関連する実施計画の場合は軍部の長官が、国防総省の残りの構成要素に関連する実施計画の場合は国防総省の最高情報責任者が、場合によっては議会の防衛委員会に当該実施計画に関するブリーフィングを提供しなければならない。
(g) Annual Briefings.--Effective February 1, 2022, at each of the annual cybersecurity budget review briefings of the Chief Information Officer of the Department of Defense and the military services for congressional staff, until January 1, 2030, the Chief Information Officer and the head of each of the military services shall provide updates on the implementation in their respective networks of the zero trust strategy, principles, and model architecture. (g) 年次ブリーフィング--2022年2月1日より、2030年1月1日までの間、国防総省と軍部の最高情報責任者が議会スタッフに対して行う年次サイバーセキュリティ予算検討ブリーフィングの各回において、最高情報責任者と各軍部の長は、ゼロトラスト戦略、原則、モデル・アーキテクチャのそれぞれのネットワークにおける実施状況について最新情報を提供する。
SEC. 1529. DEMONSTRATION PROGRAM FOR AUTOMATED SECURITY VALIDATION TOOLS. Sec. 1529. 自動セキュリティ検証ツールの実証プログラム
(a) Demonstration Program Required.--Not later than October 1, 2024, the Chief Information Officer of the Department of Defense, acting through the Director of the Defense Information Systems Agency of the Department, shall complete a demonstration program to demonstrate and assess an automated security validation capability to assist the Department by-- (a) 遅くとも2024年10月1日までに、国防総省の最高情報責任者は、国防総省の国防情報システム庁長官を介して、以下の点で国防総省を支援する自動化されたセキュリティ検証能力を実証・評価するための実証プログラムを完成させなければならない。
(1) mitigating cyber hygiene challenges; (1) サイバー・ハイジーンの課題を軽減する。
(2) supporting ongoing efforts of the Department to assess weapon systems resiliency; (2) 兵器システムの回復力を評価するための省庁の継続的な取り組みを支援する。
(3) quantifying enterprise security effectiveness of enterprise security controls, to inform future acquisition decisions of the Department; (3) 企業のセキュリティ管理の有効性を定量化し、省庁の将来の取得決定に役立てる。
(4) assisting portfolio managers with balancing capability costs and capability coverage of the threat landscape; and (4) ポートフォリオマネージャーが、能力コストと脅威の範囲のバランスをとるのを支援する。
(5) supporting the Department's Cybersecurity Analysis and Review threat framework. (5) 省庁のサイバーセキュリティ分析とレビューの脅威フレームワークを支援する。
(b) Considerations.--In developing capabilities for the demonstration program required under subsection (a), the Chief Information Officer shall consider-- (b) 検討事項--(a)項で要求される実証プログラムのための能力を開発するにあたり、最高情報責任者は以下を検討しなければならない。
(1) integration into automated security validation tools of advanced commercially available threat intelligence; (1) 自動化されたセキュリティ検証ツールに、商業的に入手可能な高度な脅威インテリジェンスを統合すること。
(2) metrics and scoring of security controls; (2) セキュリティコントロールの評価基準とスコアリング。
(3) cyber analysis, cyber campaign tracking, and cybersecurity information sharing; (3) サイバー分析、サイバーキャンペーンの追跡、サイバーセキュリティ情報の共有。
(4) integration into cybersecurity enclaves and existing cybersecurity controls of security instrumentation and testing capability; (4) サイバーセキュリティ・エンクレーブや既存のサイバーセキュリティ・コントロールに統合された、セキュリティ機器やテスト機能。
(5) endpoint sandboxing; and (5) エンドポイントのサンドボックス化
(6) use of actual adversary attack methodologies. (6) 実際の敵対者の攻撃方法の使用。
(c) Coordination With Military Services.--In carrying out the demonstration program required under subsection (a), the Chief Information Officer, acting through the Director of the Defense Information Systems Agency, shall coordinate demonstration program activities with complementary efforts on-going within the military services, defense agencies, and field agencies. (c) 軍需産業との調整...第(a)項で要求された実証プログラムを実施するにあたり、最高情報責任者は、国防情報システム庁長官を通じて、実証プログラムの活動を、軍需産業、国防機関、現場機関の中で行われている補完的な取り組みと調整するものとする。
(d) Independent Capability Assessment.--In carrying out the demonstration program required under subsection (a), the Chief Information Officer, acting through the Director of the Defense Information Systems Agency and in coordination with the Director, Operational Test and Evaluation, shall perform operational testing to evaluate the operational effectiveness, suitability, and cybersecurity of the capabilities developed under the demonstration program. (d) 独立した能力評価 --(a)項で要求された実証プログラムを実施するにあたり、最高情報責任者は、国防情報システム庁長官を通じて行動し、運用試験評価担当長官と連携して、実証プログラムの下で開発された能力の運用効果、適合性、サイバーセキュリティを評価するための運用試験を実施する。
(e) Briefing.-- (e) ブリーフィング...
(1) Initial briefing.--Not later than April 1, 2022, the Chief Information Officer shall brief the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on the plans and status of the Chief Information Officer with respect to the demonstration program required under subsection (a). (1) 最高情報責任者は、2022年4月1日までに、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、(a)項で要求される実証プログラムに関する最高情報責任者の計画と状況を説明する。)
(2) Final briefing.--Not later than October 31, 2024, the Chief Information Officer shall brief the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives on the results and findings of the Chief Information Officer with respect to the demonstration program required under subsection (a). (2) 最終報告会--2024年10月31日までに、最高情報責任者は、上院軍事委員会および下院軍事委員会に対し、(a)項に基づいて要求される実証プログラムに関する最高情報責任者の結果および調査結果を報告する。
SEC. 1530. IMPROVEMENTS TO CONSORTIUM OF UNIVERSITIES TO ADVISE SECRETARY OF DEFENSE ON CYBERSECURITY MATTERS. Sec. 1530. 国防長官にサイバーセキュリティに関する助言を行う大学コンソーシアムの改善
Section 1659 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note) is amended-- 2020年度国防権限法(Public Law 116-92; 10 U.S.C. 391 note)の第1659条を改正する。
(1) in subsection (a)-- (1) サブセクション(a)において--。
(A) in the matter preceding paragraph (1), by striking ``one or more consortia'' and inserting ``a consortium''; and (A) パラグラフ(1)の前の部分で、「1つ以上のコンソーシアム」を削除し、「1つのコンソーシアム」を挿入する。
(B) in paragraph (1), by striking ``or consortia''; (B) (1)の項では、「またはコンソーシアム」を削除する。
(2) in subsection (b), by striking ``or consortia''; (2) 第(b)項では、「またはコンソーシアム」を削除する。
(3) in subsection (c)-- (3) サブセクション(c)においては
(A) by amending paragraph (1) to read as follows: (A) パラグラフ(1)を以下のように修正します。
``(1) Designation of administrative chair.--The Secretary of Defense shall designate the National Defense University College of Information and Cyberspace to function as the administrative chair of the consortium established pursuant to subsection (a).''; ''(1) 国防長官は、国防大学情報サイバースペース学部を、(a)項に基づいて設立されたコンソーシアムの運営委員長として指定する。
(B) by striking paragraph (2); (B)段落(2)を削除する。
(C) by redesignating paragraphs (3) and (4) as paragraphs (2) and (3), respectively; (C)パラグラフ(3)および(4)をそれぞれパラグラフ(2)および(3)と再指定すること。
(D) in paragraph (2), as so redesignated-- (D) 再指定された第2パラグラフのうち
(i) in the matter preceding subparagraph (A)-- (i) (A)項の前の部分では
(I) by striking ``Each administrative'' and inserting ``The administrative''; and (I) 「各行政機関」を削除し、「その行政機関」を挿入すること。
(II) by striking ``a consortium'' and inserting ``the consortium''; and (II) 「あるコンソーシアム」を削除し、「そのコンソーシアム」を挿入する。
(ii) in subparagraph (A), by striking ``for the term specified by the Secretary under paragraph (1)''; and (ii) (A)項では、「(1)項に基づいて長官が指定した期間」を削除し、(iii)項では、「(1)項に基づいて長官が指定した期間」を削除する。
(E) by amending paragraph (3), as so redesignated, to read as follows: (E) 改訂されたパラグラフ(3)を以下のように修正する。
``(3) Executive committee.--The Secretary, in consultation with the administrative chair, may form an executive committee for the consortium that is comprised of representatives of the Federal Government to assist the chair with the management and functions of the consortium.''; and ''(3) 長官は、議長と協議の上、連邦政府の代表者で構成される執行委員会を設置し、議長のコンソーシアムの運営と機能を支援することができる。
(4) by amending subsection (d) to read as follows: (4) 第(d)項を次のように修正する。
``(d) Consultation.--The Secretary shall meet with such members of the consortium as the Secretary considers appropriate, not less frequently than twice each year or at such periodicity as is agreed to by the Secretary and the consortium.''. ''(d) 長官は、毎年2回以上の頻度で、または長官とコンソーシアムが合意した頻度で、長官が適切と考えるコンソーシアムのメンバーと会合を持つものとする。
SEC. 1531. DIGITAL DEVELOPMENT INFRASTRUCTURE PLAN AND WORKING GROUP. Sec. 1531. デジタル開発インフラ計画および作業部会
(a) Plan Required.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense, acting through the working group established under subsection (d)(1), shall develop a plan for the establishment of a modern information technology infrastructure that supports state of the art tools and modern processes to enable effective and efficient development, testing, fielding, and continuous updating of artificial intelligence-capabilities. (a) 本法制定後1年以内に、国防長官は、(d)(1)に基づいて設立されたワーキンググループを通じて、人工知能能力の効果的かつ効率的な開発、試験、実戦、および継続的な更新を可能にする最先端のツールと近代的なプロセスをサポートする近代的な情報技術基盤の確立のための計画を策定しなければならない。
(b) Contents of Plan.--The plan developed pursuant to subsection (a) shall include at a minimum the following: (b) 計画の内容 -- 第(a)項に従って作成された計画には、少なくとも以下のものが含まれなければならない。
(1) A technical plan and guidance for necessary technical investments in the infrastructure described in subsection (a) that address critical technical issues, including issues relating to common interfaces, authentication, applications, platforms, software, hardware, and data infrastructure. (1) 共通のインターフェイス、認証、アプリケーション、プラットフォーム、ソフトウェア、ハードウェア、データインフラに関する問題を含む、重要な技術的問題に対処する、(a)項に記載されたインフラへの必要な技術的投資のための技術計画およびガイダンス。
(2) A governance structure, together with associated policies and guidance, to support the implementation throughout the Department of such plan. (2) このような計画の省全体での実施を支援するための、関連するポリシーやガイダンスを含むガバナンス構造。
(3) Identification and minimum viable instantiations of prototypical development and platform environments with such infrastructure, including enterprise data sets assembled under subsection (e). (3) (e)項に基づいて収集された企業データセットを含む、このようなインフラを備えたプロトタイプの開発環境およびプラットフォーム環境の特定および最小実行可能なインスタンス。
(c) Harmonization With Departmental Efforts.--The plan developed pursuant to subsection (a) shall include a description of the aggregated and consolidated financial and personnel requirements necessary to implement each of the following Department of Defense documents: (c) 省庁の取り組みとの調和 -- 第(a)項に従って作成された計画には、以下の国防省の各文書を実施するために必要な集計および統合された財務および人員の要件の説明が含まれなければならない。
(1) The Department of Defense Digital Modernization Strategy. (1)国防総省のデジタル近代化戦略。
(2) The Department of Defense Data Strategy. (2) 国防総省のデータ戦略
(3) The Department of Defense Cloud Strategy. (3) 国防省クラウド戦略
(4) The Department of Defense Software Modernization Strategy. (4) 国防総省ソフトウェア近代化戦略
(5) The Department-wide software science and technology strategy required under section 255 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (10 U.S.C. 2223a note). (5) 2020年度国防権限法第255条(10 U.S.C. 2223a注)に基づいて要求される、省全体のソフトウェア科学技術戦略。
(6) The Department of Defense Artificial Intelligence Data Initiative. (6) 国防総省の人工知能データ・イニシアティブ。
(7) The Joint All-Domain Command and Control Strategy. (7) Joint All-Domain Command and Control Strategy(統合全領域指揮統制戦略)。
(8) Such other documents as the Secretary determines appropriate. (8) 長官が適切と判断するその他の文書。
(d) Working Group.-- (d) ワーキンググループ...
(1) Establishment.--Not later than 60 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall establish a working group on digital development infrastructure implementation to develop the plan required under subsection (a). (1) 国防長官は、本法の制定日から60日以内に、デジタル開発基盤の導入に関する作業部会を設置し、(a)項で求められる計画を策定する。)
(2) Membership.--The working group established under paragraph (1) shall be composed of individuals selected by the Secretary of Defense to represent each of the following: (2) 第1項で設立された作業部会は、以下の各代表者から国防長官が選出した人物で構成される。
(A) The Office of Chief Data Officer (CDO). (A) 最高データ責任者(CDO)のオフィス。
(B) The Component Offices of Chief Information Officer and Chief Digital Officer. (B) コンポーネントの最高情報責任者および最高デジタル責任者のオフィス。
(C) The Joint Artificial Intelligence Center (JAIC). (C) 統合人工知能センター(JAIC)。
(D) The Office of the Under Secretary of Defense for Research & Engineering (OUSD (R&E)). (D) 研究・エンジニアリング担当国防次官室(OUSD (R&E))。
(E) The Office of the Under Secretary of Defense for Acquisition & Sustainment (OUSD (A&S)). (E) 取得・維持担当国防次官室(OUSD (A&S))。
(F) The Office of the Under Secretary of Defense for Intelligence & Security (OUSD (I&S)). (F) 情報・安全保障担当国防次官室(OUSD (I&S))。
(G) Service Acquisition Executives. (G) サービス調達担当幹部
(H) The Office of the Director of Operational Test and Evaluation (DOT&E). (H) 運用試験評価部長室(DOT&E)。
(I) The office of the Director of the Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA). (I) 国防総省高等研究計画局(DARPA)局長室。
(J) Digital development infrastructure programs, including the appropriate activities of the military services and defense agencies. (J) 軍部および防衛機関の適切な活動を含む、デジタル開発基盤プログラム。
(K) Such other officials of the Department of Defense as the Secretary determines appropriate. (K) 長官が適切と判断した国防総省のその他の職員。
(3) Chairperson.--The chairperson of the working group established under paragraph (1) shall be the Chief Information Officer of the Department of Defense, or such other official as the Secretary of Defense considers appropriate. (3) 第1項に基づいて設置された作業部会の議長は、国防総省の最高情報責任者、または国防長官が適切と考えるその他の職員とする。
(4) Consultation.--The working group shall consult with such experts outside of the Department of Defense as the working group considers necessary to develop the plan required under subsection (a). (4) ワーキンググループは、(a)項で要求される計画を策定するために、ワーキンググループが必要と考える国防総省外の専門家と協議する。)
(e) Strategic Data Node.--To enable efficient access to enterprise data sets referred to in subsection (b)(3) for users with authorized access, the Secretary of Defense shall assemble such enterprise data sets in the following areas: (e) Strategic Data Node.--アクセスを許可されたユーザーが(b)(3)で言及された企業データセットに効率的にアクセスできるようにするために、国防長官は以下の分野でそのような企業データセットを組み立てるものとする。
(1) Human resources. (1)人的資源。
(2) Budget and finance. (2)予算と財務
(3) Acquisition. (3) 取得
(4) Logistics. (4) 兵站
(5) Real estate. (5)不動産
(6) Health care. (6) 健康管理
(7) Such other areas as the Secretary considers appropriate. (7) 長官が適切と考えるその他の分野。
(f) Report.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report on the status of the development of the plan required under subsection (a). (f) 国防長官は、本法の制定日から180日以内に、連邦議会の国防委員会に対し、(a)項で求められる計画の策定状況に関する報告書を提出しなければならない。)
SEC. 1532. STUDY REGARDING ESTABLISHMENT WITHIN THE DEPARTMENT OF DEFENSE OF A DESIGNATED CENTRAL PROGRAM OFFICE TO OVERSEE ACADEMIC ENGAGEMENT PROGRAMS RELATING TO ESTABLISHING CYBER TALENT ACROSS THE DEPARTMENT. Sec. 1532. 国防総省内にサイバー人材の育成に関する学術的なプログラムを統括する中央プログラムオフィスを設置することに関する研究
(a) In General.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a study regarding the need, feasibility, and advisability of establishing within the Department of Defense a designated central program office responsible for overseeing covered academic engagement programs across the Department. Such study shall examine the following: (a) 国防長官は、本法令の制定日から270日以内に、国防省内に、省内の対象となる学術的関与プログラムを監督する指定中央プログラム局を設置する必要性、実現可能性、および助言に関する調査を、議会の防衛委員会に提出しなければならない。この調査では以下のことを検討する。
(1) Whether the Department's cyber-focused academic engagement needs more coherence, additional coordination, or improved management, and whether a designated central program office would provide such benefits. (1) 国防総省のサイバー関連の学術活動は、より一貫性があり、調整が必要であり、管理が改善される必要があるかどうか、また、指定された中央プログラム事務所がそのような利点をもたらすかどうか。
(2) How such a designated central program office would coordinate and harmonize Department programs relating to covered academic engagement programs. (2) そのような指定された中央プログラム事務所が、対象となる学術的関与プログラムに関連する省のプログラムをどのように調整し、調和させるか。
(3) Metrics such office would use to measure the effectiveness of covered academic engagement programs. (3) 当該事務局が対象となる学術的関与プログラムの効果を測定するために使用する評価基準
(4) Whether such an office is necessary to serve as an identifiable entry point to the Department by the academic community. (4) このような事務局は、学術界が省に対して識別可能な入口として機能するために必要であるかどうか。
(5) Whether the cyber discipline with respect to academic engagement should be treated separately from other STEM fields. (5) 学術的関与に関するサイバー分野は、他のSTEM分野とは別に扱うべきかどうか。
(6) How such an office would interact with the consortium universities (established pursuant to section 1659 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (10 U.S.C. 391 note)) to assist the Secretary on cybersecurity matters. (6) このような事務局は、サイバーセキュリティに関する事項で長官を支援するためのコンソーシアム大学(2020年度国防権限法第1659条(10 U.S.C. 391注)に基づいて設立される)とどのように相互作用するか。
(7) Whether the establishment of such an office would have an estimated net savings for the Department. (7) そのような事務所の設立が、省庁にとって推定正味の節約になるかどうか。
(b) Consultation.--In conducting the study required under subsection (a), the Secretary of Defense shall consult with and solicit recommendations from academic institutions and stakeholders, including primary, secondary, and post-secondary educational institutions. (b) 協議...国防長官は、(a)項で要求される調査を実施するにあたり、初等・中等・高等教育機関を含む学術機関や利害関係者と協議し、提言を求めなければならない。
(c) Determination.-- (c) 決定。
(1) In general.--Upon completion of the study required under subsection (a), the Secretary of Defense shall make a determination regarding the establishment within the Department of Defense of a designated central program office responsible for overseeing covered academic engagement programs across the Department. (1) 国防長官は、(a)項に基づく調査が完了した時点で、国防総省内に対象となる学術活動プログラムを監督する責任を負う指定された中央プログラム事務所を設置するかどうかについて決定を下す。
(2) Implementation.--If the Secretary of Defense makes an affirmative determination in accordance with paragraph (1), the Secretary shall establish within the Department of Defense a designated central program office responsible for overseeing covered academic programs across the Department. Not later than 180 days after such a determination, the Secretary shall promulgate such rules and regulations as are necessary to so establish such an office. (2) 国防長官が(1)項に従って肯定的な判断を下した場合、国防長官は国防省内に対象となる学術プログラムを監督する責任を負う指定中央プログラム局を設置する。そのような決定から180日以内に、長官はそのような事務所を設立するために必要な規則を公布しなければならない。
(3) Negative determination.--If the Secretary of Defense makes a negative determination in accordance with paragraph (1), the Secretary shall submit to the congressional defense committees notice of such determination, together with a justification for such determination. Such justification shall include-- (3) 国防長官が(1)項に従って否定的な決定を下した場合、長官はその決定を正当化する理由とともに、議会の防衛委員会に通知を提出する。正当化には以下が含まれる。
(A) how the Secretary intends to coordinate and harmonize covered academic engagement programs; and (A) 対象となる学術的関与プログラムをどのように調整し、調和させようとしているのか。
(B) measures to determine effectiveness of covered academic engagement programs absent a designated central program office responsible for overseeing covered academic programs across the Department. (B) 対象となる学術的関与プログラムの有効性を判断するための手段で、省庁全体の対象となる学術的プログラムを監督する責任を負う指定された中央プログラム事務所が存在しないこと。
(d) Report.--Not later than 270 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the congressional defense committees a report that updates the matters required for inclusion in the reports required pursuant to section 1649 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 (Public Law 116-92) and section 1726(c) of the William M. (Mac) Thornberry National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 (Public Law 116-283). (d) 報告書 --本法制定日から270日以内に、国防長官は、2020会計年度国防権限法第1649条(公法116-92)および2021会計年度ウィリアム・M・(マック)ソーンベリー国防権限法第1726条(c)に従って求められる報告書に記載すべき事項を更新した報告書を、議会の国防委員会に提出しなければならない。
(e) Definition.--In this section, the term ``covered academic engagement program'' means each of the following: (e) 定義--本項において、「対象となる学術的関与プログラム」とは、以下の各項目を意味する。
(1) Primary, secondary, or post-secondary education programs with a cyber focus. (1) サイバーに焦点を当てた初等教育、中等教育、または中等後教育プログラム。
(2) Recruitment or retention programs for Department of Defense cyberspace personnel, including scholarship programs. (2) 奨学金制度を含む、国防省のサイバースペース要員の採用または保持のためのプログラム。
(3) Academic partnerships focused on establishing cyber talent. (3) サイバー人材の確保に焦点を当てた学術的パートナーシップ。
(4) Cyber enrichment programs. (4) サイバーに関する充実したプログラム
SEC. 1533. REPORT ON THE CYBERSECURITY MATURITY MODEL CERTIFICATION PROGRAM. Sec. 1533. サイバーセキュリティーマチュリティモデル認証プログラムに関する報告書
(a) Report Required.--Not later than 90 days after the date of the enactment of this Act, the Secretary of Defense shall submit to the Committee on Armed Services of the Senate and the Committee on Armed Services of the House of Representatives a report on the plans and recommendations of the Secretary for the Cyber Maturity Model Certification program. (a) 国防長官は、上院の軍事委員会と下院の軍事委員会に、サイバーセキュリティ成熟度モデル認証プログラムに関する長官の計画と提案についての報告書を提出しなければならない。
(b) Contents.--The report submitted under subsection (a) shall include the following: (b) 内容 --(a)項に基づいて提出される報告書には、以下の内容が含まれなければならない。
(1) The programmatic changes required in the Cyber Maturity Model Certification program to address the plans and recommendations of the Secretary of Defense referred to in such subsection. (1) 当該サブセクションで言及された国防長官の計画と提言に対応するために、サイバー成熟度モデル認証プログラムに必要なプログラム上の変更。
(2) The strategy of the Secretary for rulemaking for such program and the process for the Cybersecurity Maturity Model Certification rule. (2) 当該プログラムの規則制定に関する長官の戦略と、サイバーセキュリティ成熟度モデル認証規則のプロセス。
(3) The budget and resources required to support such program. (3) 当該プログラムを支援するために必要な予算とリソース。
(4) A plan for communication and coordination with the defense industrial base regarding such program. (4) 当該プログラムに関する防衛産業基盤とのコミュニケーションと調整のための計画。
(5) The coordination needed within the Department of Defense and between Federal agencies for such program. (5) 当該プログラムのために必要な国防省内及び連邦政府機関間の調整。
(6) The applicability of such program requirements to universities and academic partners of the Department. (6)国防省の大学や学術パートナーに対する当該プログラム要件の適用性
(7) A plan for communication and coordination with such universities and academic partners regarding such program. (7) 当該プログラムに関する当該大学や学術パートナーとの連絡・調整の計画。
(8) Plans and explicit public announcement of processes for reimbursement of cybersecurity compliance expenses for small and non-traditional businesses in the defense industrial base. (8) 防衛産業基盤における小規模・非伝統的企業のサイバーセキュリティ対応費用の償還に関する計画とそのプロセスの明示的な公表。
(9) Plans for ensuring that persons seeking a Department contract for the first time are not required to expend funds to acquire cybersecurity capabilities and a certification required to perform under a contract as a precondition for bidding on such a contract without reimbursement in the event that such persons do not receive a contract award. (9) 防衛省の契約を初めて締結しようとする者が、当該契約への入札の前提として、契約に基づいて履行するために必要なサイバーセキュリティ能力および認証を取得するために資金を支出する必要がないことを保証するための計画で、当該者が契約の受注を得られなかった場合には、償還されない。
(10) Clarification of roles and responsibilities of prime contractors for assisting and managing cybersecurity performance of subcontractors. (10) 下請業者のサイバーセキュリティ性能を支援・管理するための元請業者の役割・責任の明確化。
(11) Such additional matters as the Secretary considers appropriate. (11) 長官が適切と考える追加事項。
SEC. 1534. DEADLINE FOR REPORTS ON ASSESSMENT OF CYBER RESILIENCY OF NUCLEAR COMMAND AND CONTROL SYSTEM. Sec. 1534. 核指揮統制システムのサイバー復元力の評価に関する報告書の期限
 Subsection (c) of section 499 of title 10, United States Code, is amended--  アメリカ合衆国コード10のセクション499のサブセクション(c)は、以下のように修正される。
(1) in the heading, by striking ``Report'' and inserting ``Reports''; (1) 見出しにおいて、「報告書」を削除し、「報告書」を挿入する。
(2) in paragraph (1), in the matter preceding subparagraph (A)-- (2) パラグラフ(1)の(A)号の前の部分。
(A) by striking ``The Commanders'' and inserting ``For each assessment conducted under subsection (a), the Commanders''; and (A) 「司令官」を削除し、「サブセクション(a)に基づいて実施された各評価について、司令官」と挿入すること。
(B) by striking ``the assessment required by subsection (a)'' and inserting ``the assessment''; (B) 「(a)項で要求される評価」を削除し、「評価」を挿入する。
(3) in paragraph (2), by striking ``the report'' and inserting ``each report''; and (3) パラグラフ(2)では、「報告書」を削除し、「各報告書」を挿入した。
(4) in paragraph (3)-- (4) パラグラフ(3)では
(A) by striking ``The Secretary'' and inserting ``Not later than 90 days after the date of the submission of a report under paragraph (1), the Secretary''; and (A) 「長官」を削除し、「(1)項の報告書が提出された日から90日以内に、長官」と挿入すること。
(B) by striking ``required by paragraph (1)''. (B) 「パラグラフ(1)で求められている」を削除する。
Subtitle C--Matters Related to Federal Cybersecurity サブタイトルC:連邦政府のサイバーセキュリティに関する事項
SEC. 1541. CAPABILITIES OF THE CYBERSECURITY AND INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY TO IDENTIFY THREATS TO INDUSTRIAL CONTROL SYSTEMS. Sec. 1541. 産業用制御システムへの脅威を特定するためのサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の能力
(a) In General.--Section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659) is amended-- (a) 2002年国土安全保障法2209条(6 U.S.C. 659)は以下のように修正される。
(1) in subsection (e)(1)-- (1)サブセクション(e)(1)において
(A) in subparagraph (G), by striking ``and;'' after the semicolon; (A)サブパラグラフ(G)のセミコロンの後に「および」を削除する。
(B) in subparagraph (H), by inserting ``and'' after the semicolon; and (B) (H)号のセミコロンの後に「および」を挿入する。
(C) by adding at the end the following new subparagraph: (C) 最後に次の新しいサブパラグラフを追加する。
``(I) activities of the Center address the security of both information technology and operational technology, including industrial control systems;''; and (C) 最後に、次の新しいサブパラグラフを追加する。「(I) センターの活動は、情報技術と、産業制御システムを含む運用技術の両方のセキュリティに取り組むものである。
(2) by adding at the end the following new subsection: (2) 末尾に以下のサブセクションを追加する。
``(q) Industrial Control Systems.--The Director shall maintain capabilities to identify and address threats and vulnerabilities to products and technologies intended for use in the automated control of critical infrastructure processes. In carrying out this subsection, the Director shall-- ''(q)  局長は、重要インフラのプロセスを自動制御するための製品や技術に対する脅威や脆弱性を特定し、対処する能力を維持しなければならない。このサブセクションを実行するために、長官は以下を行う。
``(1) lead Federal Government efforts, in consultation with Sector Risk Management Agencies, as appropriate, to identify and mitigate cybersecurity threats to industrial control systems, including supervisory control and data acquisition systems; '(1) 必要に応じてセクター・リスク管理機関と協議しながら、産業用制御システム(監視制御およびデータ取得システムを含む)に対するサイバーセキュリティの脅威を特定し、緩和するための連邦政府の取り組みを主導する。
``(2) maintain threat hunting and incident response capabilities to respond to industrial control system cybersecurity risks and incidents; ''(2) 産業用制御システムのサイバーセキュリティ上のリスクやインシデントに対応するため、脅威の探索やインシデント対応能力を維持すること。
``(3) provide cybersecurity technical assistance to industry end-users, product manufacturers, Sector Risk Management Agencies, other Federal agencies, and other industrial control system stakeholders to identify, evaluate, assess, and mitigate vulnerabilities; ''(3) 産業界のエンドユーザー、製品メーカー、セクターリスク管理機関、他の連邦機関、その他の産業用制御システムの利害関係者に対し、脆弱性を特定、評価、査定、緩和するためのサイバーセキュリティ技術支援を提供すること。
``(4) collect, coordinate, and provide vulnerability information to the industrial control systems community by, as appropriate, working closely with security researchers, industry end-users, product manufacturers, Sector Risk Management Agencies, other Federal agencies, and other industrial control systems stakeholders; and ''(4)必要に応じて、セキュリティ研究者、産業界のエンドユーザー、製品メーカー、セクター・リスク管理機関、他の連邦機関、およびその他の産業用制御システムの利害関係者と緊密に協力して、脆弱性情報を収集、調整、および産業用制御システムのコミュニティに提供すること。
``(5) conduct such other efforts and assistance as the Secretary determines appropriate.''. ''(5) 長官が適切と判断するその他の努力と支援を行うこと。
(b) Report to Congress.--Not later than 180 days after the date of the enactment of this Act and every six months thereafter during the subsequent 4-year period, the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security shall provide to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a briefing on the industrial control systems capabilities of the Agency under section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659), as amended by subsection (a). (b) 議会への報告--本法制定日から180日以内に、またその後の4年間は6ヶ月ごとに、国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官は、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に対し、(a)項で改正された2002年国土安全保障法第2209項(6 U.S.C. 659)に基づく同庁の産業制御システム能力に関するブリーフィングを行う。
(c) GAO Review.--Not later than two years after the date of the enactment of this Act, the Comptroller General of the United States shall review implementation of the requirements of subsections (e)(1)(I) and (p) of section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659), as amended by subsection (a), and submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a report that includes findings and recommendations relating to such implementation. Such report shall include information on the following: (c) GAOレビュー。 本法制定日から2年以内に、米国会計検査院は、2002年国土安全保障法第2209条(6 U.S.C. 659)の第(e)(1)(I)項および第(p)項の要件の実施状況をレビューし、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に、当該実施状況に関する所見および勧告を含む報告書を提出する。当該報告書には、以下の事項に関する情報が含まれるものとする。
(1) Any interagency coordination challenges to the ability of the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security to lead Federal efforts to identify and mitigate cybersecurity threats to industrial control systems pursuant to subsection (p)(1) of such section. (1) 当該セクションのサブセクション(p)(1)に従い、産業用制御システムに対するサイバーセキュリティの脅威を特定し、軽減するための連邦の取り組みを国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁長官が主導する能力に対する省庁間の調整上の課題。
(2) The degree to which the Agency has adequate capacity, expertise, and resources to carry out threat hunting and incident response capabilities to mitigate cybersecurity threats to industrial control systems pursuant to subsection (p)(2) of such section, as well as additional resources that would be needed to close any operational gaps in such capabilities. (2)同セクションのサブセクション(p)(2)に従い、産業用制御システムに対するサイバーセキュリティの脅威を軽減するための脅威探索およびインシデント対応能力を実行するために、同庁が十分な能力、専門知識、資源を有している度合い、およびそのような能力における運用上のギャップを解消するために必要となる追加資源について。
(3) The extent to which industrial control system stakeholders sought cybersecurity technical assistance from the Agency pursuant to subsection (p)(3) of such section, and the utility and effectiveness of such technical assistance. (3) 産業用制御システムの利害関係者が、同項(p)(3)に従い、サイバーセキュリティの技術支援を庁に求めた程度と、当該技術支援の有用性・有効性について。
(4) The degree to which the Agency works with security researchers and other industrial control systems stakeholders, pursuant to subsection (p)(4) of such section, to provide vulnerability information to the industrial control systems community. (4) 産業用制御システムコミュニティに脆弱性情報を提供するために、同項(p)(4)に基づき、セキュリティ研究者や他の産業用制御システムの利害関係者とAgencyがどの程度協力しているか。
SEC. 1542. CYBERSECURITY VULNERABILITIES. Sec. 1542. サイバーセキュリティの脆弱性
Section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659) is amended-- 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 659)の第2209条を改正します。
(1) in subsection (a)-- (1)サブセクション(a)において--。
(A) by redesignating paragraphs (4) through (8) as paragraphs (5) through (9), respectively; and (A) パラグラフ(4)から(8)をそれぞれパラグラフ(5)から(9)と改称する。
(B) by inserting after paragraph (3) the following new paragraph: (B) パラグラフ(3)の後に次の新しいパラグラフを挿入すること。
``(4) the term `cybersecurity vulnerability' has the meaning given the term `security vulnerability' in section 102 of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501);''. (4) 「サイバーセキュリティの脆弱性」という用語は、2015年サイバーセキュリティ情報共有法(6 U.S.C. 1501)の第102条にある「セキュリティの脆弱性」という用語に与えられた意味を持つ。
(2) in subsection (c)-- (2)サブセクション(c)において--。
(A) in paragraph (5)-- (A) パラグラフ(5)において--。
(i) in subparagraph (A), by striking ``and'' after the semicolon at the end; (i) サブパラグラフ(A)において、最後のセミコロンの後に「および」を削除すること。
(ii) by redesignating subparagraph (B) as subparagraph (C); (ii) (B)号を(C)号に改称する。
(iii) by inserting after subparagraph (A) the following new subparagraph: (iii) サブパラグラフ(A)の後に、以下の新しいサブパラグラフを挿入する。
``(B) sharing mitigation protocols to counter cybersecurity vulnerabilities pursuant to subsection (n), as appropriate; and''; and (iii) サブパラグラフ(A)の後に、次の新しいサブパラグラフを挿入する。「(B) 必要に応じて、サブセクション(n)に従って、サイバーセキュリティの脆弱性に対抗するための緩和プロトコルを共有すること。
(iv) in subparagraph (C), as so redesignated, by inserting ``and mitigation protocols to counter cybersecurity vulnerabilities in accordance with subparagraph (B), as appropriate,'' before ``with Federal''; (iv) 再指定された(C)項では、「連邦政府と」の前に、「適切な場合には、(B)項に従ってサイバーセキュリティの脆弱性に対抗するための緩和プロトコルも」を挿入する。
(B) in paragraph (7)(C), by striking ``sharing'' and inserting ``share''; and (B) パラグラフ(7)(C)では、「共有」を削除し、「シェア」を挿入する。
(C) in paragraph (9), by inserting ``mitigation protocols to counter cybersecurity vulnerabilities, as appropriate,'' after ``measures,''; (C)(9)項では、「対策」の後に「サイバーセキュリティの脆弱性に対抗するための緩和策」を適宜挿入する。
(3) by redesignating subsection (o) as subsection (p); and (3) サブセクション(o)をサブセクション(p)と再指定する。
(4) by inserting after subsection (n) following new subsection: (4) サブセクション(n)の後に以下の新しいサブセクションを挿入する。
``(o) Protocols to Counter Certain Cybersecurity Vulnerabilities.-- (o) 特定のサイバーセキュリティの脆弱性に対抗するためのプロトコル」。
The Director may, as appropriate, identify, develop, and disseminate actionable protocols to mitigate cybersecurity vulnerabilities to information systems and industrial control systems, including in circumstances in which such vulnerabilities exist because software or hardware is no longer supported by a vendor.''. 局長は、必要に応じて、情報システムや産業用制御システムのサイバーセキュリティ上の脆弱性を軽減するための実行可能なプロトコルを特定、開発、普及させることができる(ソフトウェアやハードウェアがベンダーによってサポートされなくなったためにそのような脆弱性が存在する場合を含む)。
SEC. 1543. REPORT ON CYBERSECURITY VULNERABILITIES. Sec. 1543. サイバーセキュリティの脆弱性に関する報告
(a) Report.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security shall submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a report on how the Agency carries out subsection (n) of section 2209 of the Homeland Security Act of 2002 to coordinate vulnerability disclosures, including disclosures of cybersecurity vulnerabilities (as such term is defined in such section), and subsection (o) of such section to disseminate actionable protocols to mitigate cybersecurity vulnerabilities to information systems and industrial control systems, that include the following: (a) 報告書... 本法の制定日から1年以内に、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官は、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に、脆弱性の開示を調整するために2002年国土安全保障法第2209条の(n)項を同庁がどのように実行しているかについての報告書を提出しなければならない。サイバーセキュリティの脆弱性(この用語は同項で定義されている)の開示を含む脆弱性の開示を調整するための2002年国土安全保障法第2209条の第(n)項と、情報システムおよび産業用制御システムに対するサイバーセキュリティの脆弱性を緩和するための実行可能なプロトコルを普及させるための同項の第(o)項を、Agencyがどのように実行するかについての報告書で、以下を含みます。
(1) A description of the policies and procedures relating to the coordination of vulnerability disclosures. (1) 脆弱性の開示の調整に関する方針と手順の説明。
(2) A description of the levels of activity in furtherance of such subsections (n) and (o) of such section 2209. (2) 当該第2209条の(n)項および(o)項を推進するための活動レベルの説明。
(3) Any plans to make further improvements to how information provided pursuant to such subsections can be shared (as such term is defined in such section 2209) between the Department and industry and other stakeholders. (3) 第2209条の(n)および(o)に従って提供された情報を、省庁と産業界およびその他の関係者との間で共有する方法をさらに改善するための計画。
(4) Any available information on the degree to which such information was acted upon by industry and other stakeholders. (4) 当該情報が業界およびその他の関係者によってどの程度行動されたかに関する利用可能な情報。
(5) A description of how privacy and civil liberties are preserved in the collection, retention, use, and sharing of vulnerability disclosures. (5) 脆弱性情報の収集、保持、使用、共有において、プライバシーと市民的自由がどのように守られているかの説明。
(b) Form.--The report required under subsection (b) shall be submitted in unclassified form but may contain a classified annex. (b) 形式 -- 第(b)項に基づいて要求される報告書は、非分類の形式で提出されなければならないが、分類された付属書を含むことができる。
SEC. 1544. COMPETITION RELATING TO CYBERSECURITY VULNERABILITIES. Sec. 1544. サイバーセキュリティの脆弱性に関する競争
The Under Secretary for Science and Technology of the Department of Homeland Security, in consultation with the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department, may establish an incentive-based program that allows industry, individuals, academia, and others to compete in identifying remediation solutions for cybersecurity vulnerabilities (as such term is defined in section 2209 of the Homeland Security Act of 2002) to information systems (as such term is defined in such section 2209) and industrial control systems, including supervisory control and data acquisition systems. 国土安全保障省科学技術次官は、同省サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官と協議の上、産業界、個人、学界などが、情報システム(2002年国土安全保障法第2209条に定義される)および産業制御システム(監視制御・データ取得システムを含む)に対するサイバーセキュリティの脆弱性(同条に定義される)の改善策の特定を競うことができる、インセンティブベースのプログラムを設立することができる。
SEC. 1545. STRATEGY. Sec. 1545. 戦略
Section 2210 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 660) is amended by adding at the end the following new subsection: 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 660)のセクション2210は、最後に以下のサブセクションを追加することで改正される。
``(e) Homeland Security Strategy to Improve the Cybersecurity of State, Local, Tribal, and Territorial Governments.-- ''(e) 州政府、地方政府、部族政府、準州政府のサイバーセキュリティを向上させるための国土安全保障戦略。
``(1) In general.-- ''(1) 一般的に...
``(A) Requirement.--Not later than one year after the date of the enactment of this subsection, the Secretary, acting through the Director, shall, in coordination with the heads of appropriate Federal agencies, State, local, Tribal, and territorial governments, and other stakeholders, as appropriate, develop and make publicly available a Homeland Security Strategy to Improve the Cybersecurity of State, Local, Tribal, and Territorial Governments. ''(A)要求事項 -- 本款が制定された日から1年以内に、長官は必要に応じて、適切な連邦機関の長、州、地方、部族、領土政府、およびその他の利害関係者と協力して、州、地方、部族、領土政府のサイバーセキュリティを向上させるための国土安全保障戦略を策定し、公開しなければならない。
``(B) Recommendations and requirements.--The strategy required under subparagraph (A) shall provide recommendations relating to the ways in which the Federal Government should support and promote the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, mitigate against, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks (as such term is defined in section 2209), cybersecurity threats, and incidents (as such term is defined in section 2209). ''(B) 推奨事項と要求事項 --(A)項で求められる戦略は、州・地方・部族・準州政府がサイバーセキュリティ・リスク(2209項で定義)、サイバーセキュリティ脅威、インシデント(2209項で定義)を特定し、緩和し、防御し、検知し、対応し、回復する能力を、連邦政府がどのように支援し、促進すべきかについての提言を提供する。
``(2) Contents.--The strategy required under paragraph (1) shall-- ''(2) 内容:第1項で求められる戦略は以下の通りである。
``(A) identify capability gaps in the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; ''(A)サイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティ脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定し、防御し、検出し、対応し、回復するための州政府、地方政府、部族政府、領土政府の能力のギャップを特定する。
``(B) identify Federal resources and capabilities that are available or could be made available to State, local, Tribal, and territorial governments to help those governments identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; ''(B)州政府、地方政府、部族政府、準州政府がサイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティ脅威、インシデント、ランサムウェアインシデントを特定し、防御し、検知し、対応し、回復するのを助けるために、州政府、地方政府、部族政府、準州政府が利用できる、または利用できる可能性のある連邦のリソースと能力を特定する。
``(C) identify and assess the limitations of Federal resources and capabilities available to State, local, Tribal, and territorial governments to help those governments identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents and make recommendations to address such limitations; ''(C)州政府、地方政府、部族政府、準州政府がサイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティ脅威、インシデント、ランサムウェアインシデントを特定し、それらから保護し、検知し、対応し、回復するために利用できる連邦政府のリソースと能力の限界を特定し、評価し、その限界に対処するための提言を行う。
``(D) identify opportunities to improve the coordination of the Agency with Federal and non-Federal entities, such as the Multi-State Information Sharing and Analysis Center, to improve-- ''(D)マルチステート情報共有分析センターなどの連邦および非連邦組織との連携を改善する機会を特定し、以下を改善する。
``(i) incident exercises, information sharing and incident notification procedures; ''(i) インシデント演習、情報共有、インシデント通知の手順。
``(ii) the ability for State, local, Tribal, and territorial governments to voluntarily adapt and implement guidance in Federal binding operational directives; and ''(ii) 州、地方、部族、地域の政府が、連邦政府の作戦指令書に記載されているガイダンスを自主的に適応させ、実施する能力。
``(iii) opportunities to leverage Federal schedules for cybersecurity investments under section 502 of title 40, United States Code; ''(iii) 合衆国法典第40条第502項に基づくサイバーセキュリティ投資のための連邦政府のスケジュールを活用する機会。
``(E) recommend new initiatives the Federal Government should undertake to improve the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; ''(E) 州、地方、部族、地域政府がサイバーセキュリティのリスク、サイバーセキュリティの脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定し、防御し、検出し、対応し、回復する能力を向上させるために、連邦政府が実施すべき新たな取り組みを提言する。
``(F) set short-term and long-term goals that will improve the ability of State, local, Tribal, and territorial governments to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents; and ''(F) サイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティの脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定、防御、検知、対応、回復する州政府、地方政府、部族政府の能力を向上させるための短期および長期の目標を設定する。
``(G) set dates, including interim benchmarks, as appropriate for State, local, Tribal, and territorial governments to establish baseline capabilities to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity risks, cybersecurity threats, incidents, and ransomware incidents. ''(G) 州政府、地方政府、部族政府、準州政府が、サイバーセキュリティリスク、サイバーセキュリティの脅威、インシデント、ランサムウェアのインシデントを特定し、防御し、検知し、対応し、回復するための基本的な能力を確立するために、適宜、暫定的なベンチマークを含む期日を設定すること。
``(3) Considerations.--In developing the strategy required under paragraph (1), the Director, in coordination with the heads of appropriate Federal agencies, State, local, Tribal, and territorial governments, and other stakeholders, as appropriate, shall consider-- ''(3) パラグラフ(1)で要求される戦略を策定するにあたり、長官は、適切な連邦機関の長、州、地方、部族、領土の政府、およびその他の利害関係者と連携し、必要に応じて以下を考慮しなければならない。
``(A) lessons learned from incidents that have affected State, local, Tribal, and territorial governments, and exercises with Federal and non-Federal entities; ''(A) 州、地方、部族、領土政府に影響を与えた事件から得られた教訓、および連邦政府および非連邦政府の組織との演習。
``(B) the impact of incidents that have affected State, local, Tribal, and territorial governments, including the resulting costs to such governments; '(B) 州政府、地方政府、部族政府、領土政府に影響を与えた事件の影響(これらの政府にかかるコストを含む)。
``(C) the information related to the interest and ability of state and non-state threat actors to compromise information systems (as such term is defined in section 102 of the Cybersecurity Act of 2015 (6 U.S.C. 1501)) owned or operated by State, local, Tribal, and territorial governments; and ''(C) 州政府、地方政府、部族政府、領土政府が所有または運営する情報システム(2015年サイバーセキュリティ法(6 U.S.C. 1501)の第102条で定義されている)を危険にさらす国家および非国家の脅威行為者の関心と能力に関する情報
``(D) emerging cybersecurity risks and cybersecurity threats to State, local, Tribal, and territorial governments resulting from the deployment of new technologies. ''(D) 新技術の導入によって生じる、新たなサイバーセキュリティリスクと、州・地方・部族・準州政府に対するサイバーセキュリティ上の脅威。
``(4) Exemption.--Chapter 35 of title 44, United States Code (commonly known as the `Paperwork Reduction Act'), shall not apply to any action to implement this subsection.''. ''(4) このサブセクションを実施するためのいかなる行為にも、米国コード44の35章(通称:Paperwork Reduction Act)は適用されないものとする。
SEC. 1546. CYBER INCIDENT RESPONSE PLAN. Sec. 1546. サイバーインシデント対応計画
Subsection (c) of section 2210 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 660) is amended-- 2002年国土安全保障法第2210条(6 U.S.C. 660)の(c)項は以下のように修正される。
(1) by striking ``regularly update'' and inserting ``update not less often than biennially''; and (1) 「定期的に更新する」を削除し、「隔年以上の頻度で更新する」を挿入する。
(2) by adding at the end the following new sentence: ``The Director, in consultation with relevant Sector Risk Management Agencies and the National Cyber Director, shall develop mechanisms to engage with stakeholders to educate such stakeholders regarding Federal Government cybersecurity roles and responsibilities for cyber incident response.''. (2) 最後に以下の新しい文を追加する。局長は、関連するセクター・リスク管理機関およびナショナル・サイバー・ディレクターと協議の上、連邦政府のサイバーセキュリティの役割とサイバー・インシデント対応の責任について、利害関係者を教育するための仕組みを構築するものとする。
SEC. 1547. NATIONAL CYBER EXERCISE PROGRAM. Sec. 1547. 国家サイバー演習プログラム
(a) In General.--Subtitle A of title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.) is amended by adding at the end the following new section: (a) 2002年国土安全保障法タイトルXXIIのサブタイトルA(6 U.S.C. 651 et seq.)は、最後に以下のセクションを追加することで改正される。
``SEC. 2220B. NATIONAL CYBER EXERCISE PROGRAM. ''SEC. 2220B. ナショナル・サイバー・エクササイズ・プログラム
``(a) Establishment of Program.-- ''(a) プログラムの設立
``(1) In general.--There is established in the Agency the National Cyber Exercise Program (referred to in this section as the `Exercise Program') to evaluate the National Cyber Incident Response Plan, and other related plans and strategies. ''(1) 国家サイバーインシデント対応計画およびその他の関連する計画や戦略を評価するために、国家サイバー演習プログラム(このセクションでは「演習プログラム」と呼ぶ)を庁内に設置する。
``(2) Requirements.-- ''(2)要件
``(A) In general.--The Exercise Program shall be-- ''(A) 演習プログラムは以下の通りとする。
``(i) based on current risk assessments, including credible threats, vulnerabilities, and consequences; ''(i) 信頼できる脅威、脆弱性、結果を含む最新のリスク評価に基づいていること。
``(ii) designed, to the extent practicable, to simulate the partial or complete incapacitation of a government or critical infrastructure network resulting from a cyber incident; ''(ii) 実用可能な範囲で、サイバー事件によって政府や重要インフラのネットワークが部分的または完全に機能しなくなった状態をシミュレートするように設計されていること。
``(iii) designed to provide for the systematic evaluation of cyber readiness and enhance operational understanding of the cyber incident response system and relevant information sharing agreements; and ''(iii) サイバーインシデントに対する準備状況を体系的に評価し、サイバーインシデント対応システムおよび関連する情報共有協定に関する運用上の理解を深めることができるよう設計されていること。
``(iv) designed to promptly develop after-action reports and plans that can quickly incorporate lessons learned into future operations. ''(iv) サイバーインシデントに対する準備状況を体系的に評価し、サイバーインシデント対応システムおよび関連する情報共有協定に関する運用上の理解を深めることができるように設計されていること。
``(B) Model exercise selection.--The Exercise Program shall-- ''(B) モデル演習の選択 -- 演習プログラムは以下の通りである。
``(i) include a selection of model exercises that government and private entities can readily adapt for use; and ''(i) 演習プログラムは、政府や民間団体が容易に利用できるモデル演習を選択する。
``(ii) aid such governments and private entities with the design, implementation, and evaluation of exercises that-- ''(ii) また、政府や民間団体が以下のような演習を設計、実施、評価することを支援する。
``(I) conform to the requirements described in subparagraph (A); ''(I) (A)項に記載された要件に適合していること。
``(II) are consistent with any applicable national, State, local, or Tribal strategy or plan; and ''(II) 国家、州、地域、部族の戦略や計画に合致していること。
``(III) provide for systematic evaluation of readiness. ''(III) 準備状況を体系的に評価することができる。
``(3) Consultation.--In carrying out the Exercise Program, the Director may consult with appropriate representatives from Sector Risk Management Agencies, the Office of the National Cyber Director, cybersecurity research stakeholders, and Sector Coordinating Councils. ''(3) 演習プログラムを実施するにあたり、長官は、セクターリスク管理機関、国家サイバー長官室、サイバーセキュリティ研究関係者、セクター調整協議会の適切な代表者と協議することができる。
``(b) Definitions.--In this section: ''(b) このセクションでは次のように定義している。
``(1) State.--The term `State' means any State of the United States, the District of Columbia, the Commonwealth of Puerto Rico, the Northern Mariana Islands, the United States Virgin Islands, Guam, American Samoa, and any other territory or possession of the United States. ''(1) 「州」とは、アメリカ合衆国の州、コロンビア特別区、プエルトリコ連邦、北マリアナ諸島、米領バージン諸島、グアム、米領サモア、およびその他のアメリカ合衆国の領土・領有権を指す。
``(2) Private entity.--The term `private entity' has the meaning given such term in section 102 of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501). ’’(2)「民間企業」とは、Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501)の第102条に規定された意味を持つものとします。
``(c) Rule of Construction.--Nothing in this section shall be construed to affect the authorities or responsibilities of the Administrator of the Federal Emergency Management Agency pursuant to section 648 of the Post-Katrina Emergency Management Reform Act of 2006 (6 U.S.C. 748).''. ''(c) Rule of Construction.--本項のいかなる規定も、2006年ポストカトリーナ緊急事態管理改革法(6 U.S.C. 748)第648項に基づく連邦緊急事態管理庁長官の権限や責任に影響を与えると解釈してはならない。
(b) Title XXII Technical and Clerical Amendments.-- (b) タイトルXXIIの技術的および事務的な修正。
(1) Technical amendments.-- (1) 技術的な修正。
(A) Homeland security act of 2002.--Subtitle A of title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.) is amended-- (A) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 651 et seq.)のタイトルXXIIのサブタイトルAは以下のように修正される。
(i) in section 2202(c) (6 U.S.C. 652(c))-- (i) 2202(c)項(6 U.S.C. 652(c))において--。
(I) in paragraph (11), by striking ``and'' after the semicolon; (I) パラグラフ(11)において、セミコロンの後の「および」を削除します。
(II) in the first paragraph (12) (relating to appointment of a Cybersecurity State Coordinator) by striking ``as described in section 2215; and'' and inserting ``as described in section 2217;''; (II)最初の段落(12)(サイバーセキュリティ国家コーディネーターの任命)において、「セクション2215に記載されているように」を削除し、「セクション2217に記載されているように」を挿入する。
(III) by redesignating the second paragraph (12) (relating to the .gov internet domain) as paragraph (13); and (III)第2段落(12)(.govインターネットドメインに関する)を第13段落として再指定すること。
(IV) by redesignating the third paragraph (12) (relating to carrying out such other duties and responsibilities) as paragraph (14); (IV) 第3段落(12)(その他の任務と責任の遂行に関する)を第14段落とする。
(ii) in the first section 2215 (6 U.S.C. 665; relating to the duties and authorities relating to .gov internet domain), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (ii) 最初のセクション2215(6 U.S.C. 665;.govインターネットドメインに関連する義務と権限に関する)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2215. DUTIES AND AUTHORITIES RELATING TO .GOV INTERNET DOMAIN.''; ''SEC. 2215. SEC.2215. .govインターネットドメインに関連する義務と権限」と修正する。
(iii) in the second section 2215 (6 U.S.C. 665b; relating to the joint cyber planning office), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (iii) 第2節2215(6 U.S.C.665b;合同サイバー計画事務所に関する)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2216. JOINT CYBER PLANNING OFFICE.''; ''SEC. 2216. 共同サイバー計画事務所」とする。
(iv) in the third section 2215 (6 U.S.C. 665c; relating to the Cybersecurity State Coordinator), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (iv) 第3節2215(6 U.S.C. 665c;サイバーセキュリティ・ステート・コーディネーターに関する)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2217. CYBERSECURITY STATE COORDINATOR.''; ''SEC. 2217. サイバーセキュリティ・ステート・コーディネーター」。
(v) in the fourth section 2215 (6 U.S.C. 665d; relating to Sector Risk Management Agencies), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (v) 第4セクション2215(6 U.S.C. 665d;セクター・リスク・マネジメント・エージェンシーに関する)のセクションの列挙と見出しを以下のように修正することによって。
``SEC. 2218. SECTOR RISK MANAGEMENT AGENCIES.''; ''SEC. 2218. セクター・リスク・マネージメント・エージェンシー」。
(vi) in section 2216 (6 U.S.C. 665e; relating to the Cybersecurity Advisory Committee), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (vi) セクション2216(6 U.S.C. 665e; Cybersecurity Advisory Committee関連)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2219. CYBERSECURITY ADVISORY COMMITTEE.''; ''SEC. 2219. サイバーセキュリティ諮問委員会」。
(vii) in section 2217 (6 U.S.C. 665f; relating to Cybersecurity Education and Training Programs), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (vii) セクション2217(6 U.S.C. 665f; Cybersecurity Education and Training Programs関連)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2220. CYBERSECURITY EDUCATION AND TRAINING PROGRAMS.''; and ''SEC. 2220. SEC.2220.サイバーセキュリティ教育・訓練プログラム」と改める。
(viii) in section 2218 (6 U.S.C. 665g; relating to the State and Local Cybersecurity Grant Program), by amending the section enumerator and heading to read as follows: (viii) セクション2218(6 U.S.C. 665g; State and Local Cybersecurity Grant Program関連)において、セクションの列挙と見出しを以下のように修正する。
``SEC. 2220A. STATE AND LOCAL CYBERSECURITY GRANT PROGRAM.''. ''SEC. 2220A. 州と地方のサイバーセキュリティ補助金プログラム」。
(B) Consolidated appropriations act, 2021.--Paragraph (1) of section 904(b) of division U of the Consolidated Appropriations Act, 2021 (Public Law 116-260) is amended, in the matter preceding subparagraph (A), by inserting ``of 2002'' after ``Homeland Security Act''. (B) Consolidated appropriations act, 2021.--Consolidated Appropriations Act, 2021 (Public Law 116-260)のDivision Uのセクション904(b)のパラグラフ(1)は、サブパラグラフ(A)の前の問題で、 ``Homeland Security Act''の後に ``of 2002''を挿入することで修正される。
(2) Clerical amendment.--The table of contents in section 1(b) of the Homeland Security Act of 2002 is further amended by striking the items relating to sections 2214 through 2218 and inserting the following new items: (2) 2002年国土安全保障法第1条(b)の目次は、第2214条から第2218条までの項目を削除し、次の新しい項目を挿入することにより、さらに修正される。
``Sec. 2214. National Asset Database. ''第2214条。ナショナル・アセット・データベース
``Sec. 2215. Duties and authorities relating to .gov internet domain. ''第2215条. .govインターネットドメインに関する義務と権限。
``Sec. 2216. Joint cyber planning office. ''第2216条. 合同サイバー計画事務所(Joint cyber planning office)。
``Sec. 2217. Cybersecurity State Coordinator. ''第2217条。サイバーセキュリティ・ステート・コーディネーター
``Sec. 2218. Sector Risk Management Agencies. ''第2218条 セクターリスク管理機関
``Sec. 2219. Cybersecurity Advisory Committee. ''第2219条 サイバーセキュリティ諮問委員会(Sec.
``Sec. 2220. Cybersecurity Education and Training Programs. ''第2220条 サイバーセキュリティ教育・訓練プログラム
``Sec. 2220A. State and Local Cybersecurity Grant Program. ''第2220条A. 州および地方のサイバーセキュリティ助成プログラム
``Sec. 2220B. National cyber exercise program.''. ''第2220条B. 国家サイバー演習プログラム」。
SEC. 1548. CYBERSENTRY PROGRAM OF THE CYBERSECURITY AND INFRASTRUCTURE SECURITY AGENCY. Sec. 1548. サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁のCyberSentryプログラム
(a) In General.--Title XXII of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 651 et seq.) is further amended by adding at the end the following new section: (a) 2002年国土安全保障法タイトルXXII(6 U.S.C. 651 et seq.)は、最後に以下の新しいセクションを追加することで改正される。
``SEC. 2220C. CYBERSENTRY PROGRAM. ''SEC. 2220C. CyberSentryプログラム
``(a) Establishment.--There is established in the Agency a program, to be known as `CyberSentry', to provide continuous monitoring and detection of cybersecurity risks to critical infrastructure entities that own or operate industrial control systems that support national critical functions, upon request and subject to the consent of such owner or operator. ''(a) このプログラムは、国家の重要な機能を支える産業用制御システムを所有または運営している重要インフラ事業体に対して、その所有者または運営者の要求および同意に基づき、サイバーセキュリティのリスクを継続的に監視および検出するためのものである。
``(b) Activities.--The Director, through CyberSentry, shall-- ''(b) 局長は、CyberSentryを通じて、以下の活動を行う。
``(1) enter into strategic partnerships with critical infrastructure owners and operators that, in the determination of the Director and subject to the availability of resources, own or operate regionally or nationally significant industrial control systems that support national critical functions, in order to provide technical assistance in the form of continuous monitoring of industrial control systems and the information systems that support such systems and detection of cybersecurity risks to such industrial control systems and other cybersecurity services, as appropriate, based on and subject to the agreement and consent of such owner or operator; ''(1) 産業用制御システムおよびそのシステムをサポートする情報システムの継続的な監視、産業用制御システムに対するサイバーセキュリティリスクの検出、およびその他のサイバーセキュリティサービスという形での技術支援を提供するために、局長が判断し、資源の利用可能性を条件として、国家的に重要な機能をサポートする地域的または国家的に重要な産業用制御システムを所有または運営している重要なインフラの所有者および運営者と戦略的パートナーシップを締結する。
``(2) leverage sensitive or classified intelligence about cybersecurity risks regarding particular sectors, particular adversaries, and trends in tactics, techniques, and procedures to advise critical infrastructure owners and operators regarding mitigation measures and share information as appropriate; ''(2) 特定のセクター、特定の敵対者に関するサイバーセキュリティリスク、および戦術、技術、手順の傾向に関する機密情報を活用し、重要インフラの所有者および運営者に緩和策を助言し、必要に応じて情報を共有すること。
``(3) identify cybersecurity risks in the information technology and information systems that support industrial control systems which could be exploited by adversaries attempting to gain access to such industrial control systems, and work with owners and operators to remediate such vulnerabilities; 産業用制御システムにアクセスしようとする敵対者が利用できる、産業用制御システムを支える情報技術および情報システムにおけるサイバーセキュリティリスクを特定し、そのような脆弱性を修正するために所有者および運営者と協力すること。
``(4) produce aggregated, anonymized analytic products, based on threat hunting and continuous monitoring and detection activities and partnerships, with findings and recommendations that can be disseminated to critical infrastructure owners and operators; and ''(4) スレットハンティング、継続的な監視・検知活動、パートナーシップに基づいて、匿名で集計した分析結果を作成し、重要インフラの所有者や運営者に知見や提言を提供すること。
``(5) support activities authorized in accordance with section 1501 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2022. ''(5) 2022年会計年度の国防権限法第1501条に基づいて認可された活動を支援する。
``(c) Privacy Review.--Not later than 180 days after the date of enactment of this section, the Privacy Officer of the Agency under section 2202(h) shall-- ''(c) このセクションが制定された日から180日以内に、第2202(h)項に基づく機関のプライバシーオフィサーは以下を行う。
``(1) review the policies, guidelines, and activities of CyberSentry for compliance with all applicable privacy laws, including such laws governing the acquisition, interception, retention, use, and disclosure of communities; and ''(1) CyberSentryのポリシー、ガイドライン、活動が、コミュニティの取得、傍受、保持、使用、開示を規定する法律を含む、すべての適用可能なプライバシー法に準拠しているかどうかを審査する。
``(2) submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a report certifying compliance with all applicable privacy laws as referred to in paragraph (1), or identifying any instances of noncompliance with such privacy laws. ''(2) 下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障政府問題委員会に、(1)で言及された適用されるすべての個人情報保護法を遵守していることを証明する報告書、またはそのような個人情報保護法を遵守していない事例を示す報告書を提出すること。
``(d) Report to Congress.--Not later than one year after the date of the enactment of this section, the Director shall provide to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a briefing and written report on implementation of this section. ''(d) 下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に対し、このセクションの実施状況を説明し、書面による報告を行う。
``(e) Savings.--Nothing in this section may be construed to permit the Federal Government to gain access to information of a remote computing service provider to the public or an electronic service provider to the public, the disclosure of which is not permitted under section 2702 of title 18, United States Code. ''(e) このセクションは、連邦政府がリモート・コンピューティング・サービス・プロバイダーや電子サービス・プロバイダーの情報にアクセスすることを許可すると解釈されてはならない。
``(f) Definitions.--In this section: ''(f) このセクションでは、以下の定義を用いる。
``(1) Cybersecurity risk.--The term `cybersecurity risk' has the meaning given such term in section 2209(a). ''(1) 「サイバーセキュリティ・リスク」という用語は、第2209条(a)で与えられた意味を持つ。
``(2) Industrial control system.--The term `industrial control system' means an information system used to monitor and/or control industrial processes such as manufacturing, product handling, production, and distribution, including supervisory control and data acquisition (SCADA) systems used to monitor and/or control geographically dispersed assets, distributed control systems (DCSs), Human-Machine Interfaces (HMIs), and programmable logic controllers that control localized processes. ''(2) 「産業用制御システム」とは、製造、製品の取り扱い、生産、流通などの産業プロセスを監視・制御するための情報システムであり、地理的に分散した資産を監視・制御するためのSCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システム、分散型制御システム(DCS)、HMI(Human-Machine Interfaces)、局所的なプロセスを制御するプログラマブル・ロジック・コントローラなどを含む。
``(3) Information system.--The term `information system' has the meaning given such term in section 102 of the Cybersecurity Act of 2015 (enacted as division N of the Consolidated Appropriations Act, 2016 (Public Law 114-113; 6 U.S.C. 1501(9)). ''(3) 「情報システム」とは、2015年サイバーセキュリティ法(Public Law 114-113; 6 U.S.C. 1501(9))の第102条に規定されている意味を持つ。
``(g) Termination.--The authority to carry out a program under this section shall terminate on the date that is seven years after the date of the enactment of this section.''. ''(g) Termination.--本項のプログラムを実施する権限は、本項の制定日から7年後の日に終了する。
(b) Clerical Amendment.--The table of contents in section 1(b) of the Homeland Security Act of 2002 is further amended by adding after the item relating to section 2220B the following new item: (b) Clerical Amendment...2002年国土安全保障法第1条(b)の目次は、第2220B条に関する項目の後に、以下の項目を追加することで修正される。
``Sec. 2220C. CyberSentry program.''. ''Sec. 2220C. 「CyberSentryプログラム」。
(c) Continuous Monitoring and Detection.--Section 2209(c)(6) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 659) is amended by inserting ``, which may take the form of continuous monitoring and detection of cybersecurity risks to critical infrastructure entities that own or operate industrial control systems that support national critical functions'' after ``mitigation, and remediation''. (c) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 659)のセクション2209(c)(6)は、「mitigation, and remediation」の後に、「国家の重要な機能をサポートする産業用制御システムを所有または運営する重要インフラ事業体に対するサイバーセキュリティリスクを継続的に監視・検知するという形をとることができる」と挿入することで修正される。
SEC. 1549. STRATEGIC ASSESSMENT RELATING TO INNOVATION OF INFORMATION SYSTEMS AND CYBERSECURITY THREATS. Sec. 1549. 情報システムの革新とサイバーセキュリティの脅威に関する戦略的評価
(a) Responsibilities of Director.--Section 2202(c)(3) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 652) is amended by striking the semicolon at the end and adding the following: ``, including by carrying out a periodic strategic assessment of the related programs and activities of the Agency to ensure such programs and activities contemplate the innovation of information systems and changes in cybersecurity risks and cybersecurity threats;'' (a) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 652)の2202(c)(3)項は、末尾のセミコロンを削除し、次のように加えることで修正される。これには、情報システムの革新、サイバーセキュリティリスクおよびサイバーセキュリティ脅威の変化を考慮したプログラムや活動を確実にするために、Agencyの関連プログラムおよび活動の定期的な戦略的評価を実施することが含まれる。
(b) Report.-- (b) 報告書--。
(1) In general.--Not later than 240 days after the date of the enactment of this Act and not fewer than once every three years thereafter, the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency shall submit to the Committee on Homeland Security of the House of Representatives and the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs of the Senate a strategic assessment for the purposes described in paragraph (2). (1) サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官は、下院の国土安全保障委員会および上院の国土安全保障・政府問題委員会に、(2)に記載された目的のための戦略的評価を提出しなければならない。)
(2) Purposes.--The purposes described in this paragraph are the following: (2) 目的--本項に記載された目的は以下の通りである。
(A) A description of the existing programs and activities administered in furtherance of section 2202(c)(3) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 652). (A) 2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 652)の2202(c)(3)項を推進するために管理されている既存のプログラムおよび活動の説明。
(B) An assessment of the capability of existing programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section to monitor for, manage, mitigate, and defend against cybersecurity risks and cybersecurity threats. (B) サイバーセキュリティリスクとサイバーセキュリティ脅威を監視、管理、緩和、防御するために、同セクションを推進するために政府機関が管理する既存のプログラムと活動の能力の評価。
(C) An assessment of past or anticipated technological trends or innovation of information systems or information technology that have the potential to affect the efficacy of the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (C) 当該セクションを推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動の有効性に影響を与える可能性のある、情報システムまたは情報技術の過去または予想される技術動向または革新の評価。
(D) A description of any changes in the practices of the Federal workforce, such as increased telework, affect the efficacy of the programs and activities administered by the Agency in furtherance of section 2202(c)(3). (D) テレワークの増加など、連邦労働力の慣行の変化が、第2202条(c)(3)を推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動の効果に影響を与える場合の記述。
(E) A plan to integrate innovative security tools, technologies, protocols, activities, or programs to improve the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (E) 革新的なセキュリティツール、技術、プロトコル、活動、プログラムを統合して、当該セクションを推進するためにAgencyが管理するプログラムと活動を改善する計画。
(F) A description of any research and development activities necessary to enhance the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (F) 同項を推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動を強化するために必要な研究開発活動の記述。
(G) A description of proposed changes to existing programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section, including corresponding milestones for implementation. (G) 本項の目的のためにAgencyが管理する既存のプログラムおよび活動に対する変更案の説明(実施のためのマイルストーンを含む)。
(H) Information relating to any new resources or authorities necessary to improve the programs and activities administered by the Agency in furtherance of such section. (H) 本項を推進するためにAgencyが管理するプログラムおよび活動を改善するために必要な、新たな資源または権限に関する情報。
(c) Definitions.--In this section: (c) 本項では以下のように定義する。
(1) The term ``Agency'' means the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency. (1) 「Agency」とは、Cybersecurity and Infrastructure Security Agencyをいう。
(2) The term ``cybersecurity purpose'' has the meaning given such term in section 102(4) of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501(4)). (2)「サイバーセキュリティ目的」という用語は、2015年サイバーセキュリティ情報共有法(6 U.S.C. 1501(4))の第102(4)項で与えられた意味を持つ。
(3) The term ``cybersecurity risk'' has the meaning given such term in section 2209(a)(2) of the Homeland Security Act of 2002 (U.S.C. 659(a)(2)). (3) 「サイバーセキュリティリスク」という用語は、2002年国土安全保障法第2209条(a)(2)で与えられた意味を持つ。
(4) The term ``information system'' has the meaning given such term in section 3502(8) of title 44, United States Code. (4) 「情報システム」という用語は、合衆国法典第44編第3502(8)項に記載されている意味を持つ。
(5) The term ``information technology'' has the meaning given such term in 3502(9) of title 44, United States Code. (5) 「情報技術」という用語は、合衆国法典第44編第3502(9)項に記載されている意味を持つ。
(6) The term ``telework'' has the meaning given the term in section 6501(3) of title 5, United States Code. (6) 「テレワーク」という用語は、合衆国コードのタイトル5のセクション6501(3)にある意味を持つ。
SEC. 1550. PILOT PROGRAM ON PUBLIC-PRIVATE PARTNERSHIPS WITH INTERNET ECOSYSTEM COMPANIES TO DETECT AND DISRUPT ADVERSARY CYBER OPERATIONS. Sec. 1550. 敵国のサイバー活動を検知・妨害するためのインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップに関するパイロットプログラム
(a) Pilot Required.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary, acting through the Director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security and in coordination with the Secretary of Defense and the National Cyber Director, shall commence a pilot program to assess the feasibility and advisability of entering into public-private partnerships with internet ecosystem companies to facilitate, within the bounds of applicable provisions of law and such companies' terms of service, policies, procedures, contracts, and other agreements, actions by such companies to discover and disrupt use by malicious cyber actors of the platforms, systems, services, and infrastructure of such companies. (a) 必要とされるパイロット。 長官は、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁長官を通じ、国防長官および国家サイバー長官と連携して、以下を目的としたインターネットエコシステム企業との官民パートナーシップ締結の可能性と助言を評価するためのパイロットプログラムを開始しなければならない。インターネットエコシステム企業と官民パートナーシップを結び、適用される法律の規定および当該企業の利用規約、ポリシー、手続き、契約、その他の合意の範囲内で、当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラを悪意のあるサイバーアクターが利用していることを発見し、混乱させるための行動を促進するためのパイロットプログラムを開始する。
(b) Public-private Partnerships.-- (b) 官民パートナーシップ
(1) In general.--In carrying out the pilot program under subsection (a), the Secretary shall seek to enter into one or more public-private partnerships with internet ecosystem companies. (1) 長官は、(a)項のパイロットプログラムを実施するにあたり、インターネットエコシステム企業と1つまたは複数の官民パートナーシップを結ぶことを模索する。
(2) Voluntary participation.-- (2) 自発的な参加--。
(A) In general.--Participation by an internet ecosystem company in a public-private partnership under the pilot program, including in any activity described in subsection (c), shall be voluntary. (A) 一般的に、インターネット・エコシステム企業によるパイロット・プログラムの官民パートナーシップへの参加は、(c)項に記載されている活動も含め、任意であること。
(B) Prohibition.--No funds appropriated by any Act may be used to direct, pressure, coerce, or otherwise require that any internet ecosystem company take any action on their platforms, systems, services, or infrastructure as part of the pilot program. (B) 禁止事項 --インターネット・エコシステム企業が、パイロット・プログラムの一環として、自社のプラットフォーム、システム、サービス、インフラに対して何らかの行動をとるよう、指示、圧力、強要、その他の方法で要求するために、いかなる法律で充当された資金も使用することはできない。
(c) Authorized Activities.--In carrying out the pilot program under subsection (a), the Secretary may-- (c) 承認された活動--第(a)項のパイロットプログラムを実施するにあたり、長官は以下を行うことができる。
(1) provide assistance to a participating internet ecosystem company to develop effective know-your-customer processes and requirements; (1) 参加するインターネット・エコシステム企業に対し、効果的な顧客の顔が見えるプロセスおよび要件を策定するための支援を提供する。
(2) provide information, analytics, and technical assistance to improve the ability of participating companies to detect and prevent illicit or suspicious procurement, payment, and account creation on their own platforms, systems, services, or infrastructure; (2) 参加企業が自社のプラットフォーム、システム、サービス、またはインフラ上で不正または疑わしい調達、支払い、アカウント作成を検出し、防止する能力を向上させるために、情報、分析、技術支援を提供する。
(3) develop and socialize best practices for the collection, retention, and sharing of data by participating internet ecosystem companies to support discovery of malicious cyber activity, investigations, and attribution on the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies; (3) 参加インターネット・エコシステム企業のプラットフォーム、システム、サービス、またはインフラにおける悪意のあるサイバー活動の発見、調査、帰属を支援するために、参加インターネット・エコシステム企業によるデータの収集、保持、共有のためのベストプラクティスを開発し、社会化する。
(4) provide to participating internet ecosystem companies actionable, timely, and relevant information, such as information about ongoing operations and infrastructure, threats, tactics, and procedures, and indicators of compromise, to enable such companies to detect and disrupt the use by malicious cyber actors of the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies; (4) 参加しているインターネット・エコシステム企業に、現在進行中の業務やインフラ、脅威、戦術、手順、侵害の指標など、実行可能でタイムリーな関連情報を提供し、悪意のあるサイバー行為者による当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラの利用を検知し、阻止できるようにする。
(5) provide recommendations for (but not design, develop, install, operate, or maintain) operational workflows, assessment and compliance practices, and training that participating internet ecosystem companies can implement to reliably detect and disrupt the use by malicious cyber actors of the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies; (5) 参加するインターネットエコシステム企業が、悪意のあるサイバーアクターによる当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラの利用を確実に検知・遮断するために実施可能な、運用ワークフロー、評価・コンプライアンス慣行、トレーニングに関する推奨事項を提供する(ただし、設計、開発、設置、運用、保守は行わない)。
(6) provide recommendations for accelerating, to the greatest extent practicable, the automation of existing or implemented operational workflows to operate at line-rate in order to enable real-time mitigation without the need for manual review or action; (6) 手動でのレビューやアクションを必要とせず、リアルタイムでのミティゲーションを可能にするために、既存または実装されている運用ワークフローをラインレートで運用するための自動化を、実践可能な範囲で加速させるための提言を行うこと。
(7) provide recommendations for (but not design, develop, install, operate, or maintain) technical capabilities to enable participating internet ecosystem companies to collect and analyze data on malicious activities occurring on the platforms, systems, services, or infrastructure of such companies to detect and disrupt operations of malicious cyber actors; and (7) 参加しているインターネットエコシステム企業が、悪意のあるサイバーアクターの活動を検知・妨害するために、当該企業のプラットフォーム、システム、サービス、インフラ上で発生した悪意のある活動に関するデータを収集・分析できるようにするための技術的機能に関する提言を行う(ただし、設計、開発、設置、運用、保守は行わない)。
(8) provide recommendations regarding relevant mitigations for suspected or discovered malicious cyber activity and thresholds for action. (8) 悪意のあるサイバー活動が疑われたり、発見されたりした場合に、関連する緩和策や行動の閾値に関する提言を行う。
(d) Competition Concerns.--Consistent with section 1905 of title 18, United States Code, the Secretary shall ensure that any trade secret or proprietary information of a participating internet ecosystem company made known to the Federal Government pursuant to a public-private partnership under the pilot program remains private and protected unless explicitly authorized by such company. (d) 競争への懸念:競争への懸念--米国法典第18編第1905条に基づき、長官は、パイロットプログラムに基づく官民パートナーシップに基づいて連邦政府に知らされた参加インターネットエコシステム企業の企業秘密または専有情報が、当該企業によって明示的に許可されない限り、非公開で保護されることを保証するものとします。
(e) Impartiality.--In carrying out the pilot program under subsection (a), the Secretary may not take any action that is intended primarily to advance the particular business interests of an internet ecosystem company but is authorized to take actions that advance the interests of the United States, notwithstanding differential impact or benefit to a given company's or given companies' business interests. (e) 公平性--(a)項に基づくパイロット・プログラムを実施するにあたり、長官は、インターネット・エコシステム企業の特定の事業利益を促進することを主な目的としたいかなる行動もとることはできないが、特定の企業または特定の企業の事業利益への影響や利益の差にかかわらず、米国の利益を促進する行動をとる権限を有するものとする。
(f) Responsibilities.-- (f) 責任
(1) Secretary of homeland security.--The Secretary shall exercise primary responsibility for the pilot program under subsection (a), including organizing and directing authorized activities with participating Federal Government organizations and internet ecosystem companies to achieve the objectives of the pilot program. (1) 長官は、パイロット・プログラムの目的を達成するために、参加する連邦政府組織およびインターネット・エコシステム企業との間で許可された活動を組織し、指揮することを含め、第(a)項に基づくパイロット・プログラムに対して主要な責任を負う。
(2) National cyber director.--The National Cyber Director shall support prioritization and cross-agency coordination for the pilot program, including ensuring appropriate participation by participating agencies and the identification and prioritization of key private sector entities and initiatives for the pilot program. (2) 国家サイバー長官 -- 国家サイバー長官は、パイロットプログラムの優先順位付けと省庁間の調整を支援する。これには、参加省庁の適切な参加を確保すること、パイロットプログラムの主要な民間団体とイニシアチブを特定して優先順位付けすることが含まれる。
(3) Secretary of defense.--The Secretary of Defense shall provide support and resources to the pilot program, including the provision of technical and operational expertise drawn from appropriate and relevant officials and components of the Department of Defense, including the National Security Agency, United States Cyber Command, the Chief Information Officer, the Office of the Secretary of Defense, military department Principal Cyber Advisors, and the Defense Advanced Research Projects Agency. (3) 国防長官 -- 国防長官は、国家安全保障局、米国サイバー司令部、最高情報責任者、国防長官室、軍部の主席サイバー顧問、国防高等研究計画局など、国防省の適切かつ関連性の高い官僚や部門から集められた技術的・運用的専門知識の提供を含め、パイロットプログラムへの支援と資源の提供を行う。
(g) Participation of Other Federal Government Components.--The Secretary may invite to participate in the pilot program required under subsection (a) the heads of such departments or agencies as the Secretary considers appropriate. (g) 他の連邦政府機関の参加 -- 長官は、(a)項に基づいて要求されるパイロットプログラムへの参加を、長官が適切と考える省庁の長に呼びかけることができる。
(h) Integration With Other Efforts.--The Secretary shall ensure that the pilot program required under subsection (a) makes use of, builds upon, and, as appropriate, integrates with and does not duplicate other efforts of the Department of Homeland Security and the Department of Defense relating to cybersecurity, including the following: (h) 他の取り組みとの統合 -- 長官は、(a)項に基づいて要求されるパイロットプログラムが、以下を含むサイバーセキュリティに関連する国土安全保障省および国防総省の他の取り組みを利用し、それに基づいて構築され、必要に応じてそれらと統合され、重複しないことを保証しなければならない。
(1) The Joint Cyber Defense Collaborative of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency of the Department of Homeland Security. (1) 国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁の共同サイバー防衛共同体。
(2) The Cybersecurity Collaboration Center and Enduring Security Framework of the National Security Agency. (2) 国家安全保障局のCybersecurity Collaboration CenterとEnduring Security Framework。
(i) Rules of Construction.-- (i) 構築のルール。
(1) Limitation on government access to data.--Nothing in this section authorizes sharing of information, including information relating to customers of internet ecosystem companies or private individuals, from an internet ecosystem company to an agency, officer, or employee of the Federal Government unless otherwise authorized by another provision of law. (1) 政府によるデータへのアクセスの制限--本項は、他の法律で認められていない限り、インターネット・エコシステム企業の顧客や個人に関連する情報を含む情報を、インターネット・エコシステム企業から連邦政府の機関、役員、従業員に共有することを認めるものではない。
(2) Stored communications act.--Nothing in this section may be construed to permit or require disclosure by a provider of a remote computing service or a provider of an electronic communication service to the public of information not otherwise permitted or required to be disclosed under chapter 121 of title 18, United States Code (commonly known as the ``Stored Communications Act''). (2) 本項のいかなる規定も、リモートコンピューティングサービスの提供者または電子通信サービスの提供者が、合衆国法典第18編第121章(一般に「Stored Communications Act」と呼ばれる)に基づいて開示することが許可または要求されていない情報を一般に開示することを許可または要求するものとは解釈されません。
(3) Third party customers.--Nothing in this section may be construed to require a third party, such as a customer or managed service provider of an internet ecosystem company, to participate in the pilot program under subsection (a). (3) 第三者の顧客 -- 本項のいかなる規定も、インターネット・エコシステム会社の顧客やマネージド・サービス・プロバイダなどの第三者に、(a)項に基づくパイロット・プログラムへの参加を求めるものではない。
(j) Briefings.-- (j) ブリーフィング--。
(1) Initial.-- (1) 初回。
(A) In general.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act, the Secretary, in coordination with the Secretary of Defense and the National Cyber Director, shall brief the appropriate committees of Congress on the pilot program required under subsection (a). (A) 長官は、国防長官および国家サイバー長官と協力して、(a)項に基づくパイロットプログラムについて、連邦議会の該当委員会に説明する。)
(B) Elements.--The briefing required under subparagraph (A) shall include the following: (B) 構成要素 --(A)号で求められる説明会には、以下の内容が含まれる。
(i) The plans of the Secretary for the implementation of the pilot program. (i) パイロット・プログラムの実施に関する長官の計画。
(ii) Identification of key priorities for the pilot program. (ii) パイロット・プログラムの主要な優先事項の確認。
(iii) Identification of any potential challenges in standing up the pilot program or impediments, such as a lack of liability protection, to private sector participation in the pilot program. (iii) パイロット・プログラムを立ち上げる上での潜在的な課題、又はパイロット・プログラムへの民間企業の参加に対する責任保護の欠如等の障害の特定。
(iv) A description of the roles and responsibilities in the pilot program of each participating Federal entity. (iv) パイロット・プログラムに参加する各連邦機関の役割と責任の説明。
(2) Annual.-- (2) 年次。
(A) In general.--Not later than two years after the date of the enactment of this Act and annually thereafter for three years, the Secretary, in coordination with the Secretary of Defense and the National Cyber Director, shall brief the appropriate committees of Congress on the progress of the pilot program required under subsection (a). (A) 長官は、国防長官および国家サイバー長官と協力して、本法令の制定日から2年以内に、その後3年間は毎年、(a)項に基づいて要求されるパイロット・プログラムの進捗状況を議会の適切な委員会に報告しなければならない。)
(B) Elements.--Each briefing required under subparagraph (A) shall include the following: (B) 構成要素 --(A)号で要求される各説明会には、以下の内容が含まれなければならない。
(i) Recommendations for addressing relevant policy, budgetary, and legislative gaps to increase the effectiveness of the pilot program. (i) パイロット・プログラムの有効性を高めるために、関連する政策、予算、立法上のギャップに対処するための提言。
(ii) Recommendations, such as providing liability protection, for increasing private sector participation in the pilot program. (ii) パイロット・プログラムへの民間企業の参加を促進するための、責任保護などの提言。
(iii) A description of the challenges encountered in carrying out the pilot program, including any concerns expressed by internet ecosystem companies regarding participation in the pilot program. (iii) パイロット・プログラムへの参加に関してインターネット・エコシステム企業が表明した懸念を含む、パイロット・プログラムを実施する上で遭遇した課題の記述。
(iv) The findings of the Secretary with respect to the feasibility and advisability of extending or expanding the pilot program. (iv) パイロット・プログラムを延長または拡大することの実現可能性とお勧め度に関する長官の所見。
(v) Such other matters as the Secretary considers appropriate. (v) 長官が適切と考えるその他の事項。
(k) Termination.--The pilot program required under subsection (a) shall terminate on the date that is five years after the date of the enactment of this Act. (k) 終了 --(a)項に基づいて求められるパイロットプログラムは、本法の制定日から5年後の日に終了する。
(l) Definitions.--In this section: (l) 定義 --本項では、以下のように定義する。
(1) Appropriate committees of congress.--The term ``appropriate committees of Congress'' means-- (1) 議会の適切な委員会」とは、以下を意味する。
(A) the Committee on Homeland Security and Governmental Affairs and the Committee on Armed Services of the Senate; and (A) 上院の国土安全保障・政府問題委員会および軍事委員会。
(B) the Committee on Homeland Security and the Committee on Armed Services of the House of Representatives. (B) 下院の国土安全保障委員会および軍事委員会(Committee on Homeland Security and Governmental Affairs)
(2) Internet ecosystem company.--The term ``internet ecosystem company'' means a business incorporated in the United States that provides cybersecurity services, internet service, content delivery services, Domain Name Service, cloud services, mobile telecommunications services, email and messaging services, internet browser services, or such other services as the Secretary determines appropriate for the purposes of the pilot program under subsection (a). (2) インターネット・エコシステム企業 --「インターネット・エコシステム企業」とは、サイバーセキュリティ・サービス、インターネット・サービス、コンテンツ配信サービス、ドメイン・ネーム・サービス、クラウド・サービス、モバイル通信サービス、電子メール・メッセージング・サービス、インターネット・ブラウザ・サービス、または(a)項に基づくパイロット・プログラムの目的のために長官が適切と判断するその他のサービスを提供する、米国で法人化された企業をいう。
(3) Secretary.--The term ``Secretary'' means the Secretary of Homeland Security. (3) 「長官」とは、国土安全保障省長官をいう。
SEC. 1551. UNITED STATES-ISRAEL CYBERSECURITY COOPERATION. Sec. 1551. 米国とイスラエルのサイバーセキュリティ協力
(a) Grant Program.-- (a) 補助金プログラム...
(1) Establishment.--The Secretary, in accordance with the agreement entitled the ``Agreement between the Government of the United States of America and the Government of the State of Israel on Cooperation in Science and Technology for Homeland Security Matters'', dated May 29, 2008 (or successor agreement), and the requirements specified in paragraph (2), shall establish a grant program at the Department to support-- (1) 長官は、2008年5月29日付の「国土安全保障に関する科学技術協力に関する米国政府とイスラエル政府との間の合意」と題された協定(またはその後継協定)および第2項に規定された要件に基づき、省内に助成プログラムを設置し、以下の支援を行う。
(A) cybersecurity research and development; and (A) サイバーセキュリティの研究開発、および
(B) demonstration and commercialization of cybersecurity technology. (B) サイバーセキュリティ技術の実証と商業化。
(2) Requirements.-- (2) 要件
(A) Applicability.--Notwithstanding section 317 of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 195c), in carrying out a research, development, demonstration, or commercial application program or activity that is authorized under this section, the Secretary shall require cost sharing in accordance with this paragraph. (A) 2002年国土安全保障法第317条(6 U.S.C. 195c)にかかわらず、本項で認可された研究、開発、実証、商業利用のプログラムや活動を実施する際、長官は本項に従って費用負担を求める。
(B) Research and development.-- (B) 研究および開発
(i) In general.--Except as provided in clause (ii), the Secretary shall require not less than 50 percent of the cost of a research, development, demonstration, or commercial application program or activity described in subparagraph (A) to be provided by a non-Federal source. (i) 一般的に--(ii)項で規定されている場合を除き、長官は、(A)項に記載された研究、開発、実証、または商業的応用のプログラムまたは活動の費用の50%以上を、連邦以外の資金源から提供するよう要求する。
(ii) Reduction.--The Secretary may reduce or eliminate, on a case-by-case basis, the percentage requirement specified in clause (i) if the Secretary determines that such reduction or elimination is necessary and appropriate. (ii) 長官が必要かつ適切であると判断した場合には、(i)項で指定された割合の要件をケースバイケースで削減または排除することができる。
(C) Merit review.--In carrying out a research, development, demonstration, or commercial application program or activity that is authorized under this section, awards shall be made only after an impartial review of the scientific and technical merit of the proposals for such awards has been carried out by or for the Department. (C)メリット・レビュー--本項に基づいて認可された研究、開発、実証、商業利用のプログラムや活動を実施する際には、賞の提案の科学的・技術的メリットを公平にレビューした後にのみ、賞を授与するものとする。
(D) Review processes.--In carrying out a review under subparagraph (C), the Secretary may use merit review processes developed under section 302(14) of the Homeland Security Act of 2002 (6 U.S.C. 182(14)). (D) 審査プロセス --(C)号の審査を行うにあたり、長官は2002年国土安全保障法(6 U.S.C. 182(14))の第302(14)項に基づいて開発されたメリット審査プロセスを使用することができる。
(3) Eligible applicants.--An applicant is eligible to receive a grant under this subsection if-- (3) 申請者は、以下の場合に本項の助成金を受け取る資格がある。
(A) the project of such applicant-- (A) 当該申請者のプロジェクトが
(i) addresses a requirement in the area of cybersecurity research or cybersecurity technology, as determined by the Secretary; and (i) 長官が決定した、サイバーセキュリティ研究またはサイバーセキュリティ技術の分野における要求に対応している。
(ii) is a joint venture between-- (ii) 次の2つの間の共同事業である。
(I)(aa) a for-profit business entity, academic institution, National Laboratory, or nonprofit entity in the United States; and (I)(aa)米国内の営利事業体、学術機関、国立研究所、または非営利団体。
(bb) a for-profit business entity, academic institution, or nonprofit entity in Israel; or (bb) イスラエルの営利事業体、学術機関、または非営利事業体。
(II)(aa) the Federal Government; and (II)(aa)連邦政府、および
(bb) the Government of Israel; and (bb) イスラエル政府、および
(B) neither such applicant nor the project of such applicant pose a counterintelligence threat, as determined by the Director of National Intelligence. (B) 当該申請者および当該申請者のプロジェクトが、国家情報長官の判断により、防諜上の脅威となっていないこと。
(4) Applications.--To be eligible to receive a grant under this subsection, an applicant shall submit to the Secretary an application for such grant in accordance with procedures established by the Secretary, in consultation with the advisory board established under paragraph (5). (4) 申請者は、このサブセクションの下で助成金を受け取る資格を得るために、第5項に基づいて設立された諮問委員会と協議の上、長官が定めた手順に従って、助成金の申請書を長官に提出しなければならない。
(5) Advisory board.-- (5) 諮問委員会...
(A) Establishment.--The Secretary shall establish an advisory board to-- (A) 長官は、以下の目的で諮問委員会を設立する。
(i) monitor the method by which grants are awarded under this subsection; and (i) 本サブセクションの下で補助金が授与される方法を監視する。
(ii) provide to the Secretary periodic performance reviews of actions taken to carry out this subsection. (ii) 本項を遂行するために取られた行動について、定期的にパフォーマンス・レビューを長官に提供する。
(B) Composition.--The advisory board established under subparagraph (A) shall be composed of three members, to be appointed by the Secretary, of whom-- (B) 構成 (A)号に基づいて設立された諮問委員会は、長官によって任命された3人のメンバーで構成される。
(i) one shall be a representative of the Federal Government; (i) 1名は連邦政府の代表者とする。
(ii) one shall be selected from a list of nominees provided by the United States-Israel Binational Science Foundation; and (ii) 米国・イスラエル二国間科学財団から提供された候補者のリストから1名を選出する。
(iii) one shall be selected from a list of nominees provided by the United States-Israel Binational Industrial Research and Development Foundation. (iii) 米国・イスラエル二国間産業研究開発財団が提供する推薦人のリストから1名を選出する。
(6) Contributed funds.--Notwithstanding section 3302 of title 31, United States Code, the Secretary may, only to the extent provided in advance in appropriations Acts, accept or retain funds contributed by any person, government entity, or organization for purposes of carrying out this subsection. Such funds shall be available, subject to appropriation, without fiscal year limitation. (6) アメリカ合衆国法典第31編第3302項にかかわらず、長官は、予算制定法で事前に定められた範囲内でのみ、本款を実行する目的で、個人、政府機関、または組織から拠出された資金を受け入れ、または保持することができる。このような資金は、充当されることを条件に、会計年度の制限なく利用できるものとする。
(7) Reports.-- (7) 報告。
(A) Grant recipients.--Not later than 180 days after the date of completion of a project for which a grant is provided under this subsection, the grant recipient shall submit to the Secretary a report that contains-- (A) 助成金受領者:本款の下で助成金が提供されたプロジェクトの完了日から180日以内に、助成金受領者は次の内容を含む報告書を長官に提出しなければならない。
(i) a description of how the grant funds were used by the recipient; and (i) 補助金受領者が補助金をどのように使用したかの説明。
(ii) an evaluation of the level of success of each project funded by the grant. (ii) 補助金を受けた各プロジェクトの成功度の評価。
(B) Secretary.--Not later than one year after the date of the enactment of this Act and annually thereafter until the grant program established under this subsection terminates, the Secretary shall submit to the Committees on Homeland Security and Governmental Affairs and Foreign Relations of the Senate and the Committees on Homeland Security and Foreign Affairs of the House of Representatives a report on grants awarded and projects completed under such program. (B) 長官...本法の制定日から1年以内に、その後本項に基づいて設立された助成プログラムが終了するまで毎年、長官は上院の国土安全保障・政府問題・外交委員会と下院の国土安全保障・外交委員会に、当該プログラムの下で授与された助成金と完了したプロジェクトに関する報告書を提出しなければならない。
(8) Classification.--Grants shall be awarded under this subsection only for projects that are considered to be unclassified by both the United States and Israel. (8) 分類:本款では、米国とイスラエルの双方で分類されていないと考えられるプロジェクトに対してのみ、助成金を授与するものとする。
(b) Authorization of Appropriations.--There is authorized to be appropriated to carry out this section not less than $6,000,000 for each of fiscal years 2022 through 2026. (b) 2022年から2026年までの各会計年度において、本項を実施するために600万ドル以上の予算を計上することが認められている。
(c) Definitions.--In this section-- (c) 定義: 本項では
(1) the term ``cybersecurity research'' means research, including social science research, into ways to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity threats; (1) 「サイバーセキュリティ研究」とは、サイバーセキュリティの脅威を特定し、それを防御し、検出し、対応し、回復する方法についての社会科学的研究を含む研究をいう。
(2) the term ``cybersecurity technology'' means technology intended to identify, protect against, detect, respond to, and recover from cybersecurity threats; (2) 「サイバーセキュリティ技術」とは、サイバーセキュリティの脅威を特定し、防御し、検知し、対応し、回復することを目的とした技術をいう。
(3) the term ``cybersecurity threat'' has the meaning given such term in section 102 of the Cybersecurity Information Sharing Act of 2015 (6 U.S.C. 1501; enacted as title I of the Cybersecurity Act of 2015 (division N of the Consolidated Appropriations Act, 2016 (Public Law 114-113))); (3) 「サイバーセキュリティの脅威」という用語は、2015年サイバーセキュリティ情報共有法(6 U.S.C. 1501;2015年サイバーセキュリティ法のタイトルIとして制定(2016年連結歳出法(Public Law 114-113)のN部門)の第102節で与えられた意味を持つ。)
(4) the term ``Department'' means the Department of Homeland Security; (4) 「Department」とは、国土安全保障省をいう。
(5) the term ``National Laboratory'' has the meaning given such term in section 2 of the Energy Policy Act of 2005 (42 U.S.C. 15801); and (5) 「国立研究所」とは、2005年エネルギー政策法第2条(42 U.S.C. 15801)で与えられた意味を持つ。
(6) the term ``Secretary'' means the Secretary of Homeland Security. (6) 「長官」とは、国土安全保障省の長官をいう。
SEC. 1552. AUTHORITY FOR NATIONAL CYBER DIRECTOR TO ACCEPT DETAILS ON NONREIMBURSABLE BASIS. Sec. 1552. 国家サイバー長官が、払い戻しのない詳細な情報を受け取る権限
Section 1752(e) of the William M. (Mac) Thornberry National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2021 (Public Law 116-283) is amended-- 2021年度ウィリアム・M・ソーンベリー国防権限法(公法116-283)の第1752(e)項を改正する。
(1) by redesignating paragraphs (1) through (8) as subparagraphs (A) through (H), respectively, and indenting such subparagraphs two ems to the right; (1)段落(1)から(8)をそれぞれ(A)から(H)までの段落とし、当該段落を2エーム右にインデントする。
(2) in the matter preceding subparagraph (A), as redesignated by paragraph (1), by striking ``The Director may'' and inserting the following: (2) パラグラフ(1)で再指定されたパラグラフ(A)の前の部分では、「The Director may」の部分を削除し、以下のように挿入する。
``(1) In general.--The Director may''; ''(2) パラグラフ(1)の前の部分は、パラグラフ(1)で指定されたとおり、「The Director may」を削除し、次のように挿入する。
(3) in paragraph (1)-- (3) パラグラフ(1)において
(A) as redesignated by paragraph (2), by redesignating subparagraphs (C) through (H) as subparagraphs (D) through (I), respectively; and (A) パラグラフ(2)で指定を変更した場合、(C)から(H)までをそれぞれ(D)から(I)までとする。
(B) by inserting after subparagraph (B) the following new subparagraph: (B) サブパラグラフ(B)の後に以下の新しいサブパラグラフを挿入する。
``(C) accept officers or employees of the United States or members of the Armed Forces on a detail from an element of the intelligence community (as such term is defined in section 3(4) of the National Security Act of 1947 (50 U.S.C. 3003(4))) or from another element of the Federal Government on a nonreimbursable basis, as jointly agreed to by the heads of the receiving and detailing elements, for a period not to exceed three years;''; and ''(C) 情報機関の構成員(1947年国家安全保障法(50 U.S.C. 3003(4))のセクション3(4)で定義されている)または連邦政府の他の構成員から、受領側と詳細側の責任者が共同で合意したとおり、償還不要で3年を超えない期間、米国の役員または従業員、軍隊の構成員を詳細に受け入れること。
(4) by adding at the end the following new paragraph: (4) 最後に次の新しいパラグラフを追加する。
``(2) Rules of construction regarding details.--Nothing in paragraph (1)(C) may be construed as imposing any limitation on any other authority for reimbursable or nonreimbursable details. A nonreimbursable detail made pursuant to such paragraph shall not be considered an augmentation of the appropriations of the receiving element of the Office of the National Cyber Director.''. ''(2) 第1項(C)の規定は、償還可能または償還不可能な細部に関する他の権限に制限を加えるものと解釈してはならない。本項に基づいて行われた払い戻しのない詳細情報は、国家サイバー長官室の受け入れ部門の予算を増大させるものとはみなされない。

Continue reading "米国 バイデン大統領が2022年国防授権法にサインをしましたね。。。"

| | Comments (0)

中国 ネットワークセキュリティ・情報技術中央委員会が「第14次5ヵ年国家情報化計画」を発表していますね。。。

こんにちは、丸山満彦です。

中国共産党のネットワークセキュリティ・情報技術中央委員会が「国家情報化のための第14次5カ年計画」を発表していますね。。。

国家互联网信息办公室(国家サイバースペース管理局)

2022.12.27 中央网络安全和信息化委员会印发《“十四五”国家信息化规划》 ネットワークセキュリティ・情報化中央委員会が「第14次5ヵ年国家情報化計画」を発表

 

人民日報

2022.12.27 中央网络安全和信息化委员会印发《“十四五”国家信息化规划》 ネットワークセキュリティ・情報化中央委員会が「第14次5ヵ年国家情報化計画」を発表

中国のデジタル化の今後の計画の方針的なものなのでしょうね。。。

デジタル処理は処理の伝播の過程におけるミスが人と比べて圧倒的に少ないので、中央集権的な思想の国にとってはデジタル化による環境整備をすることで、中央集権的な統率を効かせやすくなるように思います。ということで、中央集権的な思想を持つ指導者にとってデジタル化は末端までその考えを浸透させるための有力な手段となり得るので、ますますデジタル化が進むように思います。。。

 

中央网络安全和信息化委员会印发《“十四五”国家信息化规划》 ネットワークセキュリティ・情報化中央委員会が「第14次5ヵ年国家情報化計画」を発表
近日,中央网络安全和信息化委员会印发《“十四五”国家信息化规划》(以下简称《规划》),对我国“十四五”时期信息化发展作出部署安排。《规划》是“十四五”国家规划体系的重要组成部分,是指导各地区、各部门信息化工作的行动指南。 先日、ネットワークセキュリティ・情報化中央委員会は、「第14次5ヵ年」国家情報化計画(以下、「計画」)を発表し、第14次5ヵ年における中国の情報化の発展について取り決めました。 この計画は、第14次5カ年計画のための国家計画システムの重要な一部であり、すべての地域と部門における情報化の作業を指導するためのアクションガイドです。
《规划》指出,“十四五”时期,信息化进入加快数字化发展、建设数字中国的新阶段。加快数字化发展、建设数字中国,是顺应新发展阶段形势变化、抢抓信息革命机遇、构筑国家竞争新优势、加快建成社会主义现代化强国的内在要求,是贯彻新发展理念、推动高质量发展的战略举措,是推动构建新发展格局、建设现代化经济体系的必由之路,是培育新发展动能,激发新发展活力,弥合数字鸿沟,加快推进国家治理体系和治理能力现代化,促进人的全面发展和社会全面进步的必然选择。 同計画では、第14次5カ年計画期間中に、情報化はデジタル開発を加速し、デジタル中国を構築するという新たな段階に入ると指摘しています。 デジタル開発を加速し、デジタル中国を構築することは、新たな発展段階における状況の変化に対応し、情報革命のチャンスをつかみ、新たな国家競争力を構築し、強力な社会主義現代国家の構築を加速するための固有の要件である。 また、デジタルデバイドを解消し、国家統治システムと統治能力の近代化を加速させ、人々の全面的な発展と社会の進歩を促進するためには、避けて通れない選択です。
《规划》强调,要深入贯彻党的十九大和十九届二中、三中、四中、五中、六中全会精神,坚持以习近平新时代中国特色社会主义思想特别是习近平总书记关于网络强国的重要思想为指导,紧紧围绕统筹推进“五位一体”总体布局和协调推进“四个全面”战略布局,坚定不移贯彻新发展理念,坚持稳中求进工作总基调,以推动高质量发展为主题,以建设数字中国为总目标,以加快数字化发展为总抓手,发挥信息化对经济社会发展的驱动引领作用,推动新型工业化、信息化、城镇化、农业现代化同步发展,加快建设现代化经济体系;以深化供给侧结构性改革为主线,进一步解放和发展数字生产力,加快构建以国内大循环为主体、国内国际双循环相互促进的新发展格局;以改革创新为根本动力,完善创新体系和发展环境,激发创新活力,增强发展动能;以满足人民日益增长的美好生活需要为根本目的,统筹发展和安全,推进国家治理体系和治理能力现代化,加强数字社会、数字政府、数字民生建设,让人民群众在信息化发展中有更多获得感幸福感安全感,为开启全面建设社会主义现代化国家新征程、向第二个百年奋斗目标进军提供强大动力。 計画では、第19回中国共産党全国代表大会と第19回中国共産党中央委員会第2、3、4、5、6回全体会議の精神を徹底的に実行し、新時代の中国の特色ある社会主義に関する習近平思想、特にネットワークパワーに関する習近平総書記の重要な思想の指導を堅持し、「五人組」の全体的な配置と調整を緊密に行う必要性を強調しています。 「また、安定した方法で進歩を求め、質の高い発展の促進をテーマとし、デジタル中国の構築を全体的な目標とし、デジタル発展の加速を全体的な把握とし、経済社会の発展における情報技術の推進と先導の役割を十分に発揮し、新産業化、情報技術、都市化、農業近代化の同時発展を促進するという一般的な基調を堅持します。 改革とイノベーションを基本的な原動力として、イノベーションシステムと開発環境を改善し、イノベーションの活力を刺激し、発展の勢いを高めます。供給側の構造改革の深化を主軸に、デジタル生産性をさらに解放・発展させ、国内循環を主軸とし、国内外の循環が相互に促進する新たな発展パターンの構築を加速させていきます。 より良い生活を求める国民の高まるニーズに応え、発展と安全を調整し、国家統治システムと統治能力の近代化を促進し、デジタル社会、デジタル政府、デジタル国民生活の構築を強化し、情報技術の発展の中で国民に大きな幸福感と安心感を与え、近代的な社会主義国の建設という新たな旅を始め、2世紀の目標に向かって邁進するための強力な推進力となることを基本的な目的としています。
《规划》提出,要坚持党的全面领导,坚持以人民为中心,坚持新发展理念,坚持深化改革开放,坚持系统推进,坚持安全和发展并重。到2025年,数字中国建设取得决定性进展,信息化发展水平大幅跃升。数字基础设施体系更加完备,数字技术创新体系基本形成,数字经济发展质量效益达到世界领先水平,数字社会建设稳步推进,数字政府建设水平全面提升,数字民生保障能力显著增强,数字化发展环境日臻完善。 計画では、党の全面的な指導を堅持し、人民を中心に据え、新発展理念を堅持し、改革開放の深化を堅持し、組織的な推進を堅持し、安全と発展の平等な重要性を堅持することを提案しています。 2025年には、「デジタル・チャイナ」の構築が決定的に進展し、情報開発のレベルも大幅に向上していることでしょう。 デジタルインフラシステムがより完全なものとなり、デジタル技術革新システムが基本的に形成され、デジタル経済発展の質と効率が世界をリードするレベルに達し、デジタル社会の構築が着実に推進され、デジタル政府建設のレベルが総合的に向上し、デジタル生活保護能力が大幅に強化され、デジタル発展環境が完璧になります。
《规划》围绕确定的发展目标,部署了10项重大任务,一是建设泛在智联的数字基础设施体系,二是建立高效利用的数据要素资源体系,三是构建释放数字生产力的创新发展体系,四是培育先进安全的数字产业体系,五是构建产业数字化转型发展体系,六是构筑共建共治共享的数字社会治理体系,七是打造协同高效的数字政府服务体系,八是构建普惠便捷的数字民生保障体系,九是拓展互利共赢的数字领域国际合作体系,十是建立健全规范有序的数字化发展治理体系,并明确了5G创新应用工程等17项重点工程作为落实任务的重要抓手。 本計画では、1 ユビキタスでスマートなデジタルインフラシステムの構築、2 効率的な利用のためのデータ要素リソースのシステムの確立、3 デジタル生産性を発揮する革新的な開発システムの構築、4 高度で安全なデジタル産業システムの育成、5 産業界のデジタルトランスフォーメーションの発展のためのシステムの構築、6 共同で構築し、統治し、共有するデジタル・ソーシャル・ガバナンス・システムの構築、7 協調的で効率的なデジタル政府サービスシステムの構築、8 包括的で便利なデジタル生活保護システムの構築、9 デジタル分野における互恵・ウィンウィンの国際協力システムの拡充、10 デジタル開発のための健全で標準化されたガバナンスシステムの確立、5G革新・応用プロジェクトなど17の重要プロジェクトを明確にして、課題を実施することです。
《规划》根据《中华人民共和国国民经济和社会发展第十四个五年规划和2035年远景目标纲要》中主要目标和重点内容,把基础能力、战略前沿、民生保障等摆在了优先位置,确定了全民数字素养与技能提升、企业数字能力提升、前沿数字技术突破、数字贸易开放合作、基层智慧治理能力提升、绿色智慧生态文明建设、数字乡村发展、数字普惠金融服务、公共卫生应急数字化建设、智慧养老服务拓展等10项优先行动。 本計画では、「中華人民共和国国家経済社会発展第14次5ヵ年計画」および「2035年ビジョン」の主な目的と主要な内容に沿って、基礎能力、戦略的フロンティア、生活保護を優先し、全国民のデジタルリテラシーとスキルの向上、企業のデジタル能力の向上、フロンティアデジタル技術の躍進、デジタル貿易の開放と協力、草の根の知恵の統治能力を明らかにしています。 この計画では、全国民のデジタルリテラシーとスキルの向上、企業のデジタル能力の向上、最先端デジタル技術の躍進、デジタル貿易の開放と協力、草の根スマートガバナンス能力の向上、グリーンでスマートなエコロジー文明の構築、デジタルビレッジの開発、デジタルインクルーシブ金融サービス、公衆衛生緊急事態のデジタル構築、スマート高齢者サービスの拡大など、10の優先行動が示されています。
《规划》从加强组织领导、健全政策体系、强化队伍建设、规范试点示范、强化战略研究和加强舆论宣传等6个方面保障实施,确保目标任务落到实处。 本計画では、目的と課題を確実に実践するために、組織のリーダーシップ強化、政策システムの改善、チームビルディングの強化、試験的な実証実験の標準化、戦略的調査の強化、世論宣伝の強化など、6つの分野での実施を保証しています。

 

・[PDF] “十四五”国家信息化规划

20211228-165954

一、现状与形势 1. 現状と状況
(一)发展现状 (1) 開発の現状
(二)发展形势 (2) 開発状況
二、总体部署 2.全体的な展開
(一)指导思想 (1) 指導原則
(二)基本原则 (2) 基本原則
(三)发展目标 (3) 開発目標
三、主攻方向 3. 主な焦点
四、重大任务和重点工程 4. 主要タスクと主要プロジェクト
(一)建设泛在智联的数字基础设施体系 (1) ユビキタスでスマートなデジタルインフラシステムの構築
(二)建立高效利用的数据要素资源体系 (2) 効率的な利用のためのデータ要素リソースのシステムの確立
(三)构建释放数字生产力的创新发展体系 (3) デジタル生産性を発揮する革新的な開発システムの構築
(四)培育先进安全的数字产业体系 (4) 高度で安全なデジタル産業システムの育成
(五)构建产业数字化转型发展体系 (5) 産業界のデジタルトランスフォーメーションの発展のためのシステムの構築
(六)构筑共建共治共享的数字社会治理体系 (6) 共同で構築し、統治し、共有するデジタル・ソーシャル・ガバナンス・システムの構築
(七)打造协同高效的数字政府服务体系 (7) 協調的で効率的なデジタル政府サービスシステムの構築
(八)构建普惠便捷的数字民生保障体系 (8) 包括的で便利なデジタル生活保護システムの構築
(九)拓展互利共赢的数字领域国际合作体系 (9) デジタル分野における互恵・ウィンウィンの国際協力システムの拡充
(十)建立健全规范有序的数字化发展治理体系 (10) デジタル開発のための健全で標準化されたガバナンスシステムの確立
五、优先行动 5. 優先順位の高い構想
(一)全民数字素养与技能提升行动 (1) すべての人のためのデジタルリテラシーとスキル向上構想
(二)企业数字能力提升行动 (2) 企業デジタル能力向上構想
(三)前沿数字技术突破行动 (3) 最先端デジタル技術ブレークスルー構想
(四)数字贸易开放合作行动 (4) デジタル貿易オープンネス及び協力構想
(五)基层智慧治理能力提升行动 (5) 草の根の知的ガバナンスの能力を高めるための構想
(六)绿色智慧生态文明建设行动 (6) グリーン&スマートエコロジー文明構築構想
(七)数字乡村发展行动 (7) デジタル村開発構想
(八)数字普惠金融服务行动 (8) デジタル包摂金融サービス構想
(九)公共卫生应急数字化建设行动 (9) 公衆衛生の緊急デジタル化構想
(十)智慧养老服务拓展行动 (10) スマート高齢者ケアサービス拡充構想
六、组织实施 6. 組織と実施
(一)加强组织领导 (1) 組織的リーダーシップの強化
(二)健全政策体系 (2) 健全な政策体制
(三)强化队伍建设 (3) チームビルディングの強化
(四)规范试点示范 (4) 標準化された試験的デモンストレーション
(五)强化战略研究 (5) 戦略的研究の強化
(六)加强舆论宣传 (6) 世論と広報の強化

 

・[DOCX] 仮訳

 

中华人民共和国国民经济和社会发展第十四个五年规划和2035年远景目标纲要

这里有一份“十四五”规划和2035年远景目标纲要全文

 


● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.09.06 中国 デジタル村建設ガイド1.0

| | Comments (0)

2021.12.28

中国 全国人民大会 法の支配に向かうデータセキュリティ

こんにちは、丸山満彦です。

全国人民大会のウェブページに「法の支配に向かうデータセキュリティ」と題した人民日報?の記事が出ていました。。。

全国人民大会

2022.12.27 数据安全步入法治化轨道 法の支配に向かうデータセキュリティ

 

安全保障と個人の権利利益の保護とのバランスをどのように取るのかというのが国の在り方を決める際のポイントの一つとなるのかもしれませんね。。。

 

数据安全步入法治化轨道 法の支配に向かうデータセキュリティ
非法购买公民信息、开发人脸认证规避技术……今年年初,广东省公安厅网安部门侦破全国首例破解“青少年防沉迷系统”的新型网络犯罪案件,抓获犯罪嫌疑人13名,查处非法网站500余个。 市民情報の不正購入、顔認証回避技術の開発 ...... 今年に入ってから、広東省公安局ネットセキュリティ部門は、新しいタイプのサイバー犯罪の最初のケースとして、「若者の反中毒システム」をクラックし、13人の容疑者を逮捕し、違法サイトを調査しました。 500以上の違法なウェブサイトが発見されました。
公安部部署“净网2021”专项行动以来,全国公安机关网安部门全链条打击非法采集、提供、倒卖个人信息违法犯罪,侦办案件5400余起,抓获犯罪嫌疑人6400余名;严打破坏计算机信息系统数据、非法获取计算机信息系统数据类犯罪,侦办相关案件230余起,抓获犯罪嫌疑人420余人。 公安部が「クリーンネット2021」特別作戦を展開して以来、国家公安当局のサイバーセキュリティ部門は、個人情報の違法な収集・提供・販売を取り締まり、5,400件以上の事件を捜査し、6,400人以上の容疑者を逮捕しました。また、コンピュータ情報システムのデータを破損したり、コンピュータ情報システムのデータを不正に入手したりする犯罪も取り締まりました。 また、コンピュータ情報システムデータの破壊や、コンピュータ情報システムデータへの不正アクセスなどの犯罪を取り締まり、230件以上の事件を捜査し、420人以上の容疑者を逮捕しました。
数据安全事关公民个人权益、产业健康发展甚至国家安全。9月1日,《中华人民共和国数据安全法》正式施行,数据安全步入法治化轨道。“从将个人、企业和公共机构的数据安全纳入保障体系,到规范行业组织和科研机构等主体的数据安全保护义务,数据安全法确立了对数据领域的全方位监管、治理和保护。”中国人民大学法学院副教授丁晓东说。 9月1日、「中華人民共和国データセキュリティ法」が施行され、データセキュリティは法治国家の道を歩むことになりました。中国人民大学法学部の丁暁東(ディン・シャオドン)准教授は、次のように述べています。 「個人、企業、公共機関のデータセキュリティを保護システムに組み込むことから、業界団体や科学研究機関などの対象者のデータセキュリティ保護義務を規制することまで、データセキュリティ法はデータ分野における全方位的な規制、ガバナンス、保護を確立しています。」
个人信息—— 個人情報
全链条、全流程监管 全工程、全工程管理
办过一次健身卡,就会反复收到办卡促销、免费试课电话;在某购物平台买过一次产品,每到节日都会收到一波打折推送……大数据、云计算、物联网等技术高速发展,网络在为人们生活带来便利的同时,也带来个人信息被非法收集、用户数据被泄露等现实问题。 フィットネスカードを持っていれば、カードのキャンペーンや無料体験の電話が繰り返しかかってきます。ショッピングプラットフォームで商品を購入したことがあれば、休日ごとに割引プッシュの波が押し寄せてきます。...... ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モノのインターネットなどの技術が急速に発展し、ネットワークが人々の生活に便利さをもたらす一方で、個人情報が不正に収集されたり、ユーザ データが流出するなど、実際に問題が発生しました。
今年4月,有网民向宁夏中卫市警方举报:沙坡头区有人在网上售卖公民个人信息。警方在浙江慈溪、四川自贡、甘肃兰州及宁夏中卫沙坡头区先后抓获6名犯罪嫌疑人。犯罪嫌疑人王某某供认称,自2020年6月以来,他与同伙任某某通过黑客技术,非法侵入多家网贷平台,窃取系统内公民个人信息,随后将非法窃取数据批量出售。截至案发,该犯罪团伙共计出售公民个人信息100余万条。 今年4月、寧夏省中偉市の警察に、ネットユーザーから「シャポトウ区の誰かが市民の個人情報をネットで売っている」という通報がありました。 警察は、浙江省慈渓市、四川省紫公市、甘粛省蘭州市、寧夏省中維市沙坪頭区で6人の容疑者を逮捕しました。 ワン・ムームー容疑者は、2020年6月以降、共犯者のレン・ムームーと一緒に、ハッキング技術で多数のオンライン融資プラットフォームに違法に侵入し、システム内の市民の個人情報を盗み、違法に盗んだデータを大量に販売したことを告白しました。 犯行までに犯人グループは、合計100万件以上の市民の個人情報を売っていました。
数据安全法明确规定,任何组织、个人收集数据,应当采取合法、正当的方式,不得窃取或者以其他非法方式获取数据。 データセキュリティ法では、データを収集する組織や個人は、合法的で適切な方法を採用するべきであり、その他の違法な方法でデータを盗んだり入手したりしてはならないと明確に規定されています。
“数据安全法对个人信息数据的收集、存储、使用、提供等进行全链条、全流程监管。”公安部第三研究所网络安全法律研究中心主任黄道丽说,数据安全法为公安机关全链条打击、惩治侵犯公民个人信息、倒卖个人数据等违法犯罪行为提供了重要法律保障,将更加有利于落实网络安全等级保护制度,全方位保护个人信息安全。 データセキュリティ法は、個人情報データの収集、保存、使用、提供の一連の流れとプロセス全体を規制するものである。 公安部第三研究院ネットワークセキュリティ法研究センター長の黄大利氏は、データセキュリティ法は、公安当局が市民の個人情報を侵害したり、個人情報を連鎖的に販売するなどの違法・犯罪行為を取り締まり、処罰するための重要な法的保障を提供するものであり、ネットワークセキュリティレベルの保護システムの実施や個人情報セキュリティの全面的な保護に、より資するものであると述べています。
企业数据—— 企業データ
安全防护常态化 セキュリティ保護の正常化
“大量数据在企业经营过程中汇聚流通,尤其是一些头部互联网企业掌握了所属行业的深度数据,在释放数据价值的同时也带来数据安全风险。”丁晓东介绍。 「企業運営の過程では、大量のデータが収束して流通します。特に、インターネット企業のトップは、所属する業界の詳細なデータを保有しており、データの価値を解放する一方で、データのセキュリティリスクをもたらします」。 ディン・シャオドンが紹介しました。
下载新的APP时,需要勾选“同意”的隐私政策,这既是在保护用户的个人信息,也是对APP开发者采集个人信息的约束与监督。 新しいアプリをダウンロードする際には、「同意する」というプライバシーポリシーを確認する必要があります。これは、ユーザーの個人情報を保護するためだけでなく、アプリ開発者による個人情報の収集を制約・監督するためでもあります。
去年10月,贵州贵阳市公安局网安支队接上级通报,贵州某教育科技有限公司注册及使用的三款APP存在不同程度非法收集公民信息数据行为。经查,该公司APP无隐私政策及收集使用个人信息规则,在用户首次登录时以默认选择隐私政策等非明示方式征求用户同意;没有提供有效的更正、删除个人信息及注销用户账号功能。 昨年10月、貴州省貴陽市公安局インターネットセキュリティ分遣隊は、貴州省の教育技術企業が登録・使用している3つのAPPに、市民の情報データを違法に収集する度合いが異なるという通知を上位機関から受けました。 同社のAPPには、プライバシーポリシーや個人情報の収集・利用に関するルールがなく、初回ログイン時にデフォルトでプライバシーポリシーを選択するなど、非明示的な方法でユーザーの同意を求めていたこと、個人情報の修正・削除やユーザーアカウントのログアウトに関する有効な機能が提供されていなかったことが判明しました。
今年9月,贵州开阳县公安局网安大队在对属地网站开展巡查中发现,某旅游公司于2016年委托网络公司为其建设网络站点,时任企业负责人为便于管理,直接将网站后台管理入口放置在web页面,且存在弱口令漏洞。公安机关责令企业负责人直接将网站关闭,并对现有超期域名进行注销。 今年9月、貴州省開陽県公安局ネットセキュリティ旅団は、ある観光企業が2016年にネットワーク企業にネットワークサイトの構築を依頼し、当時の企業責任者が管理しやすいようにWebサイトのバックエンド管理ポータルを直接Webページ上に配置しており、パスワードの脆弱性があったことを発見しました。 公安当局は、企業の責任者に対し、直接ウェブサイトを閉鎖し、既存の延滞中のドメイン名を取り消すよう命じました。
在两起案件中,两家企业由于未履行对数据安全的监管和保护,不同程度上造成数据信息安全漏洞。 この2つのケースでは、2つの企業がデータセキュリティの監督・保護を果たしていなかったため、程度の差こそあれ、データセキュリティの抜け穴が生じていました。
黄道丽表示,各类网站、APP无论规模大小,相关负责人和运营商都应当按照法律法规要求及时开展网络安全检查,履行网络安全保护义务。 黄大利は、あらゆる種類のWebサイトやAPPは、その規模にかかわらず、関係者や運営者が適時にネットワークセキュリティチェックを行い、法律や規制の要求に応じてネットワークセキュリティ保護の義務を果たすべきだと述べています。
“数据安全法明确企业在保护数据安全方面的责任,对企业的数据安全提出了严格要求。未来,企业的数据安全防护将逐步常态化。”丁晓东说。 「データセキュリティ法は、データセキュリティを保護する企業の責任を明確にし、企業のデータセキュリティに対する厳格な要求を提示しています。 将来的には、企業のデータセキュリティ保護は徐々に正常化していくでしょう。" ディン・シャオドンは言った。
公共机构数据—— 公共機関のデータ
充分发挥和保障其基础资源作用 基本的な資源としての役割を十分に発揮し、保護する。
今年1月,江苏南京市公安局网安部门侦办了一起医院内部信息系统被非法获取数据案件。经查,犯罪嫌疑人通过买通医院硬件设备维护人员,将黑客工具安装在医院内部系统中,非法窃取系统账号密码,获取多家医院患者就诊数据,并售卖给相关医疗从业人员。据查,犯罪嫌疑人累计非法获取患者就诊信息数据数百万条。 今年1月、江蘇省南京市公安局のサイバーセキュリティ部門は、ある病院の内部情報システムにデータが不正にアクセスされた事件を調査しました。 調査の結果、容疑者は病院のハードウェア機器の保守担当者を買収して院内システムにハッキングツールをインストールし、システムのアカウントとパスワードを不正に盗み出し、複数の病院から患者の診察データを入手し、関連する開業医に販売していたことが判明しました。 容疑者が数百万件の患者の診察情報データを不正に入手していたことが判明しました。
“医药代表对医疗统方数据有强烈需求,催生了医疗统方数据买卖的犯罪行为,同时暴露出医院在医疗数据监管保护方面存在的漏洞。”江苏省公安厅网安总队副总队长浦天高说,隐私数据经由公共机构泄露的现象近年来时有发生,由于监管力度和追责制度的不完善,公共机构在信息数据管理过程中存在一些漏洞,给不法之徒可乘之机。 医療関係者は医療統計データを強く求めており、医療統計データの売買という犯罪行為を生んでいる一方で、医療データの規制や保護に関して病院に存在する抜け穴を露呈している。 江蘇省公安局サイバーセキュリティチームのプー・ティエンガオ副主任は、「近年、公的機関を通じて個人情報が流出する現象が発生しており、監督や救済制度が不完全なため、公的機関の情報やデータの管理には抜け道があり、法を犯す者がそれを利用する機会を与えている」と指摘しました。
清华大学公共管理学院与中国电子信息行业联合会联合发布的《中国政务数据治理发展报告(2021年)》统计,截至2020年上半年,我国已有130个省级、副省级和地市级政府上线了数据开放平台。数据开放平台逐渐成为地方数字政府建设和公共数据治理的标配。近年来,我国不断推进网络强国、数字中国、智慧社会建设,数据安全法的施行在规范数据活动的同时,将充分发挥和保障数据在公共机构中的基础资源作用,促进公共服务水平提升。 清華大学行政学院と中国電子情報産業連盟が共同で発表した「中国政府データガバナンス発展報告書」(2021年)の統計によると、2020年前半の時点で、中国の130の省・副省・県政府がオープンデータプラットフォームをオンライン化しています。 オープンデータプラットフォームは、地方のデジタル政府構築や公共データガバナンスの標準となりつつあります。 近年、中国は強力なネットワーク、デジタル中国、スマート社会の構築を推進し続けています。 データセキュリティ法の施行は、データ活動を規制すると同時に、公共機関における基本的な資源としてのデータの役割を十分に発揮し、保護し、公共サービスの向上を促進します。
“数据安全法既约束了数据的非法采集和滥用,又保护了数据提供方和民众的信息使用,推动以数据开放、数据保护、数据流动等为基础的数据规则进一步完善,让数据真正成为数字经济、社会发展的血液。”丁晓东说。 データセキュリティ法は、データの違法な収集や乱用を抑制するとともに、データ提供者や国民による情報の利用を保護し、データのオープン化、データ保護、データフローに基づくデータルールのさらなる改善を促進し、データが真にデジタル経済と社会発展の血液となることを目指しています。 とディン・シャオドンは言いました。
“下一步,公安机关将推进关键信息基础设施安全保护和网络安全等级保护工作,加强数据安全保护监管,严厉打击危害数据安全的违法犯罪活动。”公安部网络安全保卫局局长王瑛玮表示。(张天培)  公安部のサイバーセキュリティ保護局の王英偉局長は、次のように述べています、「次のステップとして、公安当局は重要情報インフラのセキュリティ保護とネットワークセキュリティレベルの保護を推進し、データセキュリティ保護の監督を強化し、データセキュリティを危険にさらす違法・犯罪行為を取り締まります。 」(Zhang Tianpei)

 

1_20210612030101


 

● 情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.12.25 中国 意見募集 産業情報技術分野におけるデータセキュリティリスク情報の報告・共有に関するガイドライン(試行)

・2021.11.20 中国 インターネットの法の支配についての普及・教育計画

・2021.11.16 中国 意見募集 ネットワークデータセキュリティ管理条例

・2021.11.01 中国 意見募集 データ域外移転のセキュリティ評価に関する弁法

・2021.08.31 中国 「個人情報保護法」についての専門家の解釈

・2021.08.30 中国 「重要情報インフラのセキュリティ保護規制」についての専門家の解釈+「データセキュリティ法」についての解釈

・2021.08.28 中国 意見募集 国家サイバースペース管理局 「インターネット情報サービスのアルゴリズムによる推奨に関する管理規定」

・2021.08.23 中国 自動車データのセキュリティ管理に関する一定の規定(試行)が公表されていますね。。。at 2021.08.16

・2021.08.18 中国 国務院令第745号 重要情報インフラのセキュリティ保護規制

・2021.07.14 中国 工業情報化部 意見募集 「サイバーセキュリティ産業の質の高い発展のための3カ年行動計画(2021-2023)」

・2021.06.12 中国 データセキュリティ法が承認され2021.09.01施行されますね。。。

・2021.05.20 中国 意見募集 自動車データセキュリティの管理に関する規定 at 2021.05.12

・2021.01.05 2020年のプライバシー・データセキュリティ法関係のコンパクトなまとめ

・2020.10.29 中国が情報セキュリティに関連の国家標準のパブコメ (2020.03.20期日以降2020.11.29まで分)

・2020.10.29 パブコメ 中国の個人情報保護法案 (2020.10.22)

・2020.07.06 中国のデータセキュリティ法案

 

| | Comments (0)

防衛研究所 量子技術の軍事への応用

こんにちは、丸山満彦です。

防衛研究所が「量子技術の軍事への応用」というブリーフィング・メモを公表していますね。。。

簡単なメモです。。。

防衛研究所

・2021.12.21 [PDF] 量子技術の軍事への応用 

20211228-03152

目次的なもの

  • はじめに
  • 量子力学の概念と量子技術
  • 量子センサー
  • 量子コンピュータ
  • 量子通信
  • おわりに

防衛研究所は興味深い報告書を出しています。。。

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.09.08 防衛研究所 :米国防計画における「Pacing Threat」としての中国

・2021.07.15 防衛研究所 国家のサイバー攻撃とパブリック・アトリビューション:ファイブ・アイズ諸国のアトリビューション連合と SolarWinds 事案対応

・2021.07.01 防衛研究所 中国が目指す認知領域における戦いの姿

・2021.07.01 防衛研究所 バイデン政権と中国

・2021.04.27 防衛研究所 台湾関係 日米首脳共同声明等

・2021.03.10 防衛省 NIDS 防衛研究所 米大統領選後の安全保障の展望

・2020.12.04 防衛省 防衛研究所 「一帯一路構想と国際秩序の行方」(安全保障国際シンポジウム報告書)

・2020.12.01 防衛省 防衛研究所 米大統領選後の安全保障の展望 ASEAN, 中国, 南アジア

・2020.11.14 防衛省 防衛研究所 「中国安全保障レポート2021 ― 新時代における中国の軍事戦略 ―」は中国のサイバー戦略についての章がありますね

 

 

 

 

| | Comments (0)

2021.12.27

中国 通信院 テレマティックス白書と量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書

こんにちは、丸山満彦です。

中国の信息通信研究院がテレマティックス白書と量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書

1 2021.12.24 车联网白皮书 テレマティックス白書
2021.12.24 量子信息技术发展与应用研究报告 量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書

を公表していますね。。。内容までは読めていないのですが...(^^;;

なお、

グローバルデジタルガバナンス白書、ブロックチェーン白書、デジタルツインシティーズ白書、デジタルカーボンニュートラル白書、ビッグデータ白書、インターネット法白書、クラウドコンピューティング白書、プライバシーコンピューティング白書、信頼できる人工知能についての白書は過去に公表されています。。。

2 2021.12.23 全球数字治理白皮书 グローバルデジタルガバナンス白書
3 2021.12.22 区块链白皮书 ブロックチェーン白書
4 2021.12.21 数字孪生城市白皮书 デジタルツインシティーズ白書
5 2021.12.20 数字碳中和白皮书 デジタルカーボンニュートラル白書
6 2021.12.20 大数据白皮书 ビッグデータ白書
7 2021.12.17 互联网法律白皮书 インターネット法白書
8 2021.07.27 云计算白皮书 クラウドコンピューティング白書
9 2021.07.22 隐私计算白皮书 プライバシーコンピューティング白書
10 2021.07.09 可信人工智能白皮书 信頼できる人工知能についての白書

 


自動車産業は裾野が広く、市場も大きいので、中国も力を入れていますよね。。。

 

车联网白皮书 テレマティックス白書
【摘    要】 要約
车联网应用不仅服务于辅助驾驶、高等级自动驾驶等智能网联汽车应用,还能够有效解决交通效率、城市治理等系统性工程问题。 テレマティクス・アプリケーションは、運転支援や高度な自律走行などのインテリジェント・ネットワーク・ビークル・アプリケーションに役立つだけでなく、交通効率や都市統治などのシステム工学的な問題を効果的に解決することができます。
【目    录】 目次
一、 车联网发展总体态势 1. テレマティクス開発の全体状況
(一) 全球车联网产业生态不断丰富完善 (1) 世界のテレマティクス業界のエコシステムが充実し、改善され続けていること
(二) 车联网成为全球新型基础设施建设焦点 (2) 世界の新インフラ構築の中心となったテレマティクス
(三) 车联网安全工作力度显著加大 (3) テレマティクスの安全への取り組みの大幅な増加
二、 车联网技术与产业发展趋势 2. テレマティクス技術と業界の発展動向
(一) 汽车网联化与智能化协同发展 (1) 車両ネットワークとインテリジェンスの相乗的開発
(二) 路侧感知与计算融合推进 (2) 路面のセンシングとコンピューティングの統合
(三) 边缘-区域-中心多级平台协同部署 (3) エッジ・リージョン・センター・マルチレベル・プラットフォームの共同展開
(四) 无线与有线组网技术融合共存 (4) 無線と有線のネットワーク技術の共存
(五) 高精度地图与定位基础作用凸显 (5) 高精度な地図と測位基盤が重要な役割を果たす
(六) 网络安全与数据安全关注度提升 (6) ネットワークセキュリティやデータセキュリティへの関心の高まり
三、 车联网应用场景与模式 3. テレマティクス・アプリケーションのシナリオとモデル
(一) 跨行业融合带动应用部署模式向纵深发展 (1) 業界の垣根を越えた融合により、アプリケーション展開モデルがより深く発展する
(二) 城市道路环境下车联网应用创新活跃 (2) 都市の道路環境におけるテレマティクス・アプリケーションの積極的な革新
(三) 高速公路环境下车联网应用推广路径逐步清晰 (3) 高速道路におけるテレマティクス活用の道筋が徐々に見えてきた。
(四) 特定区域工况环境下规模商用加快 (4) 特定の地域の労働条件における商業規模の加速化
四、 车联网发展展望 4. テレマティクス開発の展望
(一) 持续推进核心技术攻关,加强标准和实施路径协同 (1) コア技術の研究を継続的に推進し、規格と実装経路の相乗効果を強化する。
(二) 加快标准化基础设施建设,加强跨行业跨区域协同 (2) 標準化されたインフラの構築を加速し、業界・地域を超えた連携を強化する
(三) 加快典型应用规模化推广,注重价值空间挖掘 (3) 代表的なアプリケーションの規模を加速し、バリュー・スペース・マイニングに注力する。
(四) 完善网络与数据安全发展体系构建,注重功能安全 (4) ネットワークおよびデータのセキュリティ開発システムの構築を改善し、機能的なセキュリティを重視する。

・[PDF

20211227-101538

 

こちらは量子技術の話。。。

量子信息技术发展与应用研究报告 量子情報技術の開発と応用に関する調査報告書
【摘    要】 要約
我国量子信息技术领域具备良好的研究与应用实践基础,三大领域总体发展态势良好,未来有望进一步取得更多技术研究、应用探索与产业培育新成果。 中国は、量子情報技術分野の研究と応用の基盤が整っており、三大分野の全体的な発展は良好で、今後、技術研究、応用探索、産業育成において、より多くの新しい成果が期待されています。
【目    录】 目次
一、量子信息技术总体发展态势 1. 量子情報技術の開発全般について
(一)量子科技突破经典极限,打开未来科学新疆域 (1) 量子技術が古典的限界を突破し、未来の科学に新たなフロンティアを開く
(二)量子信息技术成为全球各国科技政策布局热点 (2) 量子情報技術は、世界の科学技術政策の中で注目されている。
(三)量子信息各领域科研加速发展,技术创新活跃 (3) 量子情報の各分野における科学研究の加速的発展と積極的な技術革新の実現
(四)量子信息技术国际国内标准化取得阶段性成果 (4) 量子情報技術の国際・国内標準化は画期的な成果を上げた
(五)量子信息产业培育起步,政产学研协同成趋势 (5) 量子情報産業が育成され始め、産学官連携・研究がトレンドになっていること
二、量子计算领域研究与应用进展 2. 量子コンピューティング分野の研究と応用の進展
(一)多种硬件技术路线并存,工程研发仍面临挑战 (1) 様々なハードウェア技術のルートが混在しており、工学的な研究開発には課題がある
(二)量子软件与算法研发活跃,开源开放多样发展 (2) 量子ソフトウェアやアルゴリズムの積極的な研究開発、オープンソース化、多角的な展開
(三)实用案例成为关注重点,多领域探索蓄势待发 (3) 実践的な事例が注目され、複数の分野が準備されている
(四)量子计算云平台深化发展,各方探索竞争合作 (4) 量子コンピューティングクラウドプラットフォームは、開発を深め、すべての当事者は、競争と協力を探る
(五)科技巨头与初创公司并进,产业生态逐步培育 (5) テクノロジーの巨人と新興企業が肩を並べて前進し、産業エコロジーが徐々に培われていく
三、量子通信领域研究与应用进展 3. 量子通信分野の研究と応用の進展
(一)量子通信科研多方向不断深化,进展成果丰富 (1) 量子通信の研究は多方面で深化を続け、豊富な成果を上げている
(二)以星地量子通信为契机促进空间量子科学发展 (2) 星-地上間の量子通信を契機とした、宇宙における量子科学の発展の促進
(三)QKD应用场景持续探索,产业化水平仍待提升 (3) QKDの応用シナリオは引き続き検討されているが、工業化レベルはまだ向上していない
(四)PQC升级成大势所趋,QKD发展需明确定位 (4) PQCのアップグレードが大きなトレンドに、QKDの開発には明確な位置づけが必要
(五)基于QRNG的加密应用成为关注与探索新方向 (5) QRNGを利用した暗号化アプリケーションが新たな関心事となり、探求の方向へ
四、量子测量领域研究与应用进展 4. 量子計測分野の研究と応用の進展
(一)量子测量技术发展面向超高精度和超经典能力 (1) 量子計測技術の開発は、超高精度、超古典的な能力に向けられている。
(二)样机性能指标不断提升,新方向探索取得进展 (2) 試作品の性能指標が継続的に改善され、新たな方向性の模索が進んでいること
(三)技术应用场景和领域广泛,多方开拓发展活跃 (3) 技術的な応用シーンや分野が広く、積極的なマルチ展開が可能であること
(四)量子测量产业化尚处起步阶段,产业链待完善 (4) 量子計測の産業化はまだ初期段階であり、産業チェーンの整備が必要であること
五、量子信息技术演进与应用前景展望 5. 量子情報技術の進化と応用への展望
(一)各领域研究持续推进,应用产业探索广泛开展 (1) 各分野の研究が進み、応用産業の開拓が広く行われていること
(二)国内外发展态势与促进研究应用发展的关注点 (2) 研究開発やアプリケーション開発を推進する上での国内外の開発動向と懸念事項

・[PDF]

20211227-102454

 

| | Comments (0)

ロシアの裁判所が、禁止情報の削除を怠ったGoogleとFacebookに初めて罰金の支払いを命令

こんにちは、丸山満彦です。

ロシア 通信・IT・マスメディア監督連邦サービス (Федеральная служба по надзору в сфере связи, информационных технологий и массовых коммуникаций (Роскомнадзор) )  [wikipedia EN]が「ロシアの裁判所が、禁止情報の削除を怠ったGoogleとFacebookに初めて罰金の支払いを命令」と発表していますね。。。

Федеральная служба по надзору в сфере связи, информационных технологий и массовых коммуникаций (Роскомнадзор) 

・2021.12.24 Российский суд впервые назначил Google и Facebook оборотные штрафы за неудаление запрещенной информации

 

Российский суд впервые назначил Google и Facebook оборотные штрафы за неудаление запрещенной информации ロシアの裁判所が、禁止情報の削除を怠ったGoogleとFacebookに初めて罰金の返還を命令
24 декабря мировой суд Таганского района г. Москвы рассмотрел два дела в отношении иностранных IT-компаний Google LLC и Facebook Inc (ныне Meta Platforms) и признал их виновными за повторное нарушение порядка ограничения доступа к противоправному контенту. Впервые российским судом назначены штрафы, составляющие долю от выручки указанных компаний за год в России, а именно: 7,22 млрд рублей для Google LLC и 1,99 млрд рублей для Facebook Inc. 12月24日、モスクワのタガンスキー地方裁判所は、外国のIT企業であるグーグル社とフェイスブック社 (現在はメタ・プラットフォーム社)に対する2つの訴訟を審査し、違法コンテンツへのアセスを制限するための手続きに繰り返し違反したとして有罪としました。今回初めて、ロシアの裁判所が課した罰金額は、各社のロシアでの年間売上高の数分の一に過ぎませんでした。グーグル社には72億2,000万ルーブル、フェイスブック社.には19億9,000万ルーブルが割り当てられました。
В отношении Facebook Inc и Google LLC 4 и 27 октября соответственно Роскомнадзор составил административные протоколы по ч. 5 ст. 13.41 КоАП РФ за неудаление материалов, признанных судом и уполномоченными органами государственной власти запрещенными к распространению на территории РФ. 10月4日および10月27日、ロスコムナゾルは、フェイスブック社およびグーグル社に関し、裁判所および公認の政府機関がロシア国内での流布を禁止していると認めた資料を削除しなかったとして、ロシア連邦行政犯罪法典第13.41条第5項に基づく行政報告書を作成しました。
В частности, компании игнорировали многочисленные требования Роскомнадзора в отношении следующих категорий материалов: 特に、企業は以下のカテゴリーの資料に関するロスコムナゾルからの多くの要求を無視しました。
— разжигающих религиозную рознь, оскорбляющих чувства верующих и (или) направленных на раскол многонационального и многоконфессионального государства; ・宗教的不和を煽り、信者の感情を侮辱し、(あるいは)多民族・多宗派国家の分断を目的としたもの。
— с недостоверной общественно значимой информацией; ・公共性の高い不正確な情報を含む資料
— пропагандирующих индифферентное отношение к жизни и здоровью несовершеннолетних («зацепинг», «руфинг», совершение умышленной асфиксии); ・未成年者の生命と健康に無関心な態度を広める行為(「フック」,「ルーフ」,故意の窒息死させる行為)
— пропагандирующих взгляды и идеологию экстремистских и террористических организаций, а также содержащих признаки героизации террористов; ・過激派組織やテロリスト組織の見解やイデオロギーを広め,テロリストを称賛する属性を含むもの
— с инструкциями по изготовлению взрывчатых веществ. ・爆発物の製造に関する指示。
Материалы, которые приведены в протоколах — малая часть массива контента, который нарушает российское законодательство. На текущий момент неудаленными остается более 2 тыс. материалов в Facebook и Instagram. Всего в 2021 году Роскомнадзором составлено 23 протокола, назначенная судом сумма штрафов – 83 млн рублей. У Google неудаленными остается более 2,6 тыс. материалов, в 2021 году составлено 21 протокол, сумма штрафов – 51,5 млн рублей. このプロトコルで引用されている資料は、ロシアの法律に違反するコンテンツのほんの一部です。フェイスブックやインスタグラムに掲載された2,000件以上のコンテンツが、現時点では根拠のないものとして残っています。2021年にロスコムナゾルが作成したプロトコルは計23件で、裁判所が命じた罰金額は8300万ルーブルです。Googleは260万個以上の素材をアンインストールしており、2021年には21のプロトコルが作成され、罰金額は5150万ルーブルです。
Наличие упомянутых неудаленных противоправных материалов с запрещённой информацией, по которой ранее уже вступили в силу решения российского суда, предусматривает повторное привлечение указанных компаний по ч. 5 ст. 13.41 КоАП РФ с наложением оборотных штрафов. ロシア裁判所の判決がすでに発効している、禁止された情報を含む違法な資料の存在は、ロシア連邦の行政犯罪法第5部第13.41条に基づいて、言及された企業に繰り返し罰金を課すことを規定しています。

 

1920pxemblem_of_roskomnadzorsvg

 

関連する条文をうまく拾えていないですが、これですかね。。。

・ 法律情報の公式ポータル http://pravo.gov.ru

РОССИЙСКАЯ ФЕДЕРАЦИЯ - Кодекс Российской Федерации об административных правонарушениях

Статья 13.41. Нарушение порядка ограничения доступа к информации, информационным ресурсам, доступ к которым подлежит ограничению в соответствии с законодательством Российской Федерации об информации, информационных технологиях и о защите информации, и (или) порядка удаления указанной информации 第13.41条 情報、情報技術、情報保護に関するロシア連邦の法律に基づき、アクセスが制限されている情報、情報資源へのアクセスを制限するための手順、および(または)当該情報を削除するための手順に違反した場合
1. Непринятие провайдером хостинга или иным лицом, обеспечивающим размещение в информационно-телекоммуникационных сетях, в том числе в сети "Интернет", информационного ресурса, мер по ограничению доступа к информации, информационному ресурсу или сайту в сети "Интернет" в случае, если обязанность по принятию таких мер предусмотрена законодательством Российской Федерации об информации, информационных технологиях и о защите информации, за исключением случаев, предусмотренных частью 3 настоящей статьи, - 1. ホスティング・プロバイダーまたはインターネットを含む情報通信ネットワーク上に情報資源を配置することを保証するその他の者が、インターネット上の情報、情報資源またはウェブサイトへのアクセスを制限する措置を取らなかった場合、本条第3部に規定された場合を除き、情報、情報技術および情報保護に関するロシア連邦の法律によってそのような措置を取る義務が規定されている場合には、以下のことが課せられる。
влечет наложение административного штрафа на граждан в размере от пятидесяти тысяч до ста тысяч рублей; на должностных лиц - от двухсот тысяч до четырехсот тысяч рублей; на юридических лиц - от восьмисот тысяч до четырех миллионов рублей. 市民の場合は5万~10万ルーブル、公務員の場合は20万~40万ルーブル、法人の場合は80万~400万ルーブルの行政処分が科せられる。
2. Неудаление владельцем сайта или владельцем информационного ресурса в информационно-телекоммуникационной сети "Интернет" информации или интернет-страницы в случае, если обязанность по удалению такой информации, интернет-страницы предусмотрена законодательством Российской Федерации об информации, информационных технологиях и о защите информации, за исключением случаев, предусмотренных частью 4 настоящей статьи, - 2. ウェブサイトの所有者または情報通信ネットワーク「インターネット」の情報リソースの所有者が、情報、インターネット・ページを削除する義務が情報、情報技術、情報保護に関するロシア連邦の法律で規定されている場合に、情報またはインターネット・ページを削除しなかった場合(本条第4項で規定されている場合を除く)には、以下が課せられる。
влечет наложение административного штрафа на граждан в размере от пятидесяти тысяч до ста тысяч рублей; на должностных лиц - от двухсот тысяч до четырехсот тысяч рублей; на юридических лиц - от восьмисот тысяч до четырех миллионов рублей. 市民には5万~10万ルーブル、職員には20万~40万ルーブル、法人には80万~400万ルーブルの行政処分が科せられる。
3. Непринятие провайдером хостинга или иным лицом, обеспечивающим размещение в информационно-телекоммуникационных сетях, в том числе в сети "Интернет", информационного ресурса, мер по ограничению доступа к информационному ресурсу или сайту в сети "Интернет", на которых размещены информация, содержащая призывы к осуществлению экстремистской деятельности, материалы с порнографическими изображениями несовершеннолетних и (или) объявления о привлечении несовершеннолетних в качестве исполнителей для участия в зрелищных мероприятиях порнографического характера, информация о способах, методах разработки, изготовления и использования наркотических средств, психотропных веществ и их прекурсоров, новых потенциально опасных психоактивных веществ, местах их приобретения, способах и местах культивирования наркосодержащих растений, в случае, если обязанность по принятию указанных мер предусмотрена законодательством Российской Федерации об информации, информационных технологиях и о защите информации, - 3.ホスティング・プロバイダーまたはインターネットを含む情報通信ネットワーク上に情報資源を配置することを保証するその他の者が、過激な活動への呼びかけを含む情報、未成年者のポルノ画像を含む資料、および/または未成年者をポルノ的な娯楽イベントへの参加のための出演者として従事させるための広告、麻薬・向精神薬およびそれらの前駆物質の開発、製造および使用の方法、方法に関する情報、新しい潜在的に危険な向精神薬、それらの取得場所、麻薬植物の栽培方法および栽培場所、これらの措置を講じる義務が情報、情報技術および情報保護に関するロシア連邦の法律によって規定されていることについて情報資源またはインターネットサイトへのアクセスを制限する措置を講じなかった場合には、以下が課せられる。
влечет наложение административного штрафа на граждан в размере от ста тысяч до двухсот тысяч рублей; на должностных лиц - от четырехсот тысяч до восьмисот тысяч рублей; на юридических лиц - от трех миллионов до восьми миллионов рублей. 市民は10万ルーブルから20万ルーブル、公務員は40万ルーブルから80万ルーブル、法人は300万ルーブルから800万ルーブルの行政処分が科せられる。
4. Неудаление владельцем сайта или владельцем информационного ресурса в информационно-телекоммуникационной сети "Интернет" информации или интернет-страницы, содержащих призывы к осуществлению экстремистской деятельности, материалы с порнографическими изображениями несовершеннолетних и (или) объявления о привлечении несовершеннолетних в качестве исполнителей для участия в зрелищных мероприятиях порнографического характера, информацию о способах, методах разработки, изготовления и использования наркотических средств, психотропных веществ и их прекурсоров, новых потенциально опасных психоактивных веществ, местах их приобретения, способах и местах культивирования наркосодержащих растений, в случае, если обязанность по удалению такой информации, интернет-страницы предусмотрена законодательством Российской Федерации об информации, информационных технологиях и о защите информации, -влечет наложение административного штрафа на граждан в размере от ста тысяч до двухсот тысяч рублей; на должностных лиц - от четырехсот тысяч до восьмисот тысяч рублей; на юридических лиц - от трех миллионов до восьми миллионов рублей.

4. 情報通信ネットワーク「インターネット」上のウェブサイトの所有者または情報資源の所有者が以下の情報またはウェブサイトを削除しなかった場合、そのような情報を削除する義務がある場合には インターネットページの削除は、情報、情報技術、情報保護に関するロシア連邦の法律で定められています。
違反した場合は、市民には10万~20万ルーブル
役人の場合は40万~80万ルーブル、法人の場合は300万~800万ルーブルの行政上の罰金を課す。

過激な活動を行うよう呼びかける内容
未成年者のポルノ画像を含む資料
未成年者をポルノ的性質の娯楽の出演者として勧誘するための広告
これらの手段についての情報の提供
麻薬や向精神薬
向精神性物質とその前駆体
新しい潜在的に危険な精神作用物質 麻薬、向精神薬、その前駆体の製造方法や使用方法
新たな潜在的危険性のある精神作用物質についての情報
麻薬植物の栽培の方法と場所。

5. Повторное совершение административного правонарушения, предусмотренного частью 1 или 2 настоящей статьи, - 5. 本条第1項または第2項に規定された行政犯罪を繰り返し犯した場合には
влечет наложение административного штрафа на граждан в размере от ста тысяч до двухсот тысяч рублей; на должностных лиц - от пятисот тысяч до восьмисот тысяч рублей; на юридических лиц - от одной двадцатой до одной десятой совокупного размера суммы выручки, полученной от реализации всех товаров (работ, услуг), за календарный год, предшествующий году, в котором было выявлено административное правонарушение, либо за предшествующую дате выявленного административного правонарушения часть календарного года, в котором было выявлено административное правонарушение, если правонарушитель не осуществлял деятельность по реализации товаров (работ, услуг) в предшествующем календарном году, но не менее четырех миллионов рублей. 市民の場合は10万ルーブルから20万ルーブル、公務員の場合は50万ルーブルから80万ルーブル、法人の場合は行政違反が確認された年の前の暦年、または行政違反が確認された日の前の暦年の一部において、すべての商品(作品、サービス)の販売から得た収入の総額の20分の1から10分の1を行政処分とする。
6. Повторное совершение административного правонарушения, предусмотренного частью 3 или 4 настоящей статьи, - 6. 本条第3項または第4項に基づく行政上の違法行為を繰り返し行った場合には、次のことが求められる。
влечет наложение административного штрафа на граждан в размере от двухсот тысяч до пятисот тысяч рублей; на должностных лиц - от восьмисот тысяч до одного миллиона рублей; на юридических лиц - от одной десятой до одной пятой совокупного размера суммы выручки, полученной от реализации всех товаров (работ, услуг), за календарный год, предшествующий году, в котором было выявлено административное правонарушение, либо за предшествующую дате выявленного административного правонарушения часть календарного года, в котором было выявлено административное правонарушение, если правонарушитель не осуществлял деятельность по реализации товаров (работ, услуг) в предшествующем календарном году, но не менее восьми миллионов рублей. 市民の場合は20万~50万ルーブル、役人の場合は80万~100万ルーブル、法人の場合は行政違反が発覚した年の前の暦年、または行政違反が発覚した日の前の暦年の一部において、すべての商品(作品、サービス)の販売から得た総収入の10分の1から5分の1までの行政上の罰金を科す。
П р и м е ч а н и е. Действие настоящей статьи не распространяется на случаи ограничения доступа к информации, распространяемой с нарушением авторских и (или) смежных прав в информационно-телекоммуникационной сети "Интернет", и удаления указанной информации. N o t e 。本条は、情報通信ネットワーク「インターネット」において、著作権および(または)関連する権利を侵害して配信された情報へのアクセスを制限し、当該情報を削除する場合には適用されないものとする。
(Статья введена - Федеральный закон от 30.12.2020 № 511-ФЗ) (記事は2020年12月30日の連邦法第511-FZ号により導入されています)。)

 

● PPT

Статья 13.41 КОАП РФ. Нарушение порядка ограничения доступа к информации, информационным ресурсам, доступ к которым подлежит ограничению в соответствии с законодательством Российской Федерации об информации, информационных технологиях и о защите информации, и (или) порядка удаления указанной информации

 


ロシア 通信・IT・マスメディア監督連邦サービス関連...

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2021.10.31 ロシア 通信・IT・マスメディア監督連邦サービス(Roskomnadzor) が「Googleが禁止された映像等の削除を繰り返し怠った」として行政上の責任を問うたと公表していますね。。。

・2021.07.25 ロシア 通信・IT・マスメディア監督連邦サービス (Roskomnadzor) が個人データ保護委員会を設立する計画を発表していますね。。。

・2021.07.04 ロシア 通信・IT・マスメディア監督連邦サービス (Roskomnadzor) が「Google、Facebook、WhatsApp、Twitterは、ロシア人利用者のデータベースのロシアへのローカライズを確認していない」と発表

| | Comments (0)

2021.12.26

2021年のEuropolのハイライト

こんにちは、丸山満彦です。

サイバー犯罪やサイバーを利用した解決などが選ばれている感じがします。。。フィジカル空間とサイバー空間の融合は犯罪やその解決の領域でも進んでいくんでしょうね。。。

6つの

1 Economic and financial crime: Operation Jumita 経済・金融犯罪 オペレーション・ジュミタ
2 Counter-terrorism: right-wing extremist takedown in Finland テロ対策:フィンランドでの右翼過激派の摘発
3 Cybercrime: EMOTET takedown  サイバー犯罪 EMOTETのテイクダウン 
4 Organised crime: Operation Trojan Shield/Greenlight 組織的な犯罪 トロイの木馬シールド作戦/グリーンライト作戦
5 Criminal networks: illegal use of Sky ECC communications blocked 犯罪ネットワーク:Sky ECC通信の違法利用を阻止
6 Flagship Europol report: Serious and Organised Crime Threat Assessment 2021 フラッグシップ・ユーロポール・レポート 深刻・組織的犯罪脅威評価2021

 

● Europol

・2021.12.21  Europol’s highlights of 2021: a year in review

 

Europol’s highlights of 2021: a year in review ユーロポールの2021年のハイライト:1年を振り返って
2021 was a challenging year, but the pandemic did not stop Europol from fighting crime. Europol successfully supported hundreds of significant operations and made a remarkable difference in making Europe safer for EU citizens. 2021年は困難な年でしたが、パンデミックが発生してもユーロポールは犯罪との戦いを止めませんでした。ユーロポールは何百もの重要な活動を成功裏に支援し、欧州をEU市民にとってより安全な場所にするために顕著な変化をもたらしました。
Here are Europol’s six key highlights from 2021:  ここでは、ユーロポールの2021年の6つの重要なハイライトを紹介します。 
Economic and financial crime: Operation Jumita 経済・金融犯罪 オペレーション・ジュミタ
Europol’s European Economic and Financial Crime Centre supported the Spanish Guardia Civil this year in dismantling a criminal network that was trafficking cocaine from South America to the Port of Algeciras in Spain. Operation Jumita resulted in the arrest of 29 people, the seizure of 1.6 tonnes of cocaine and the confiscation of €16.5 million, the largest cash seizure from a criminal organisation in Spain.  ユーロポールの欧州経済・金融犯罪センターは、今年、スペインのGuardia Civilを支援し、南米からスペインのアルヘシラス港にコカインを密売していた犯罪ネットワークを解体しました。 Jumita作戦では、29人の逮捕、1.6トンのコカインの押収、スペインの犯罪組織からの最大の現金押収額である1,650万ユーロの没収が行われました。 
The European Economic and Financial Crime Centre was established to enhance Europol’s operational support to EU Member States and EU bodies in financial and economic crime. It supports operations that deal with highly sophisticated cases of money laundering, scams and fraud.  欧州経済・金融犯罪センターは、金融・経済犯罪における欧州連合(EU)加盟国およびEU加盟機関に対するユーロポールの業務支援を強化するために設立されました。同センターは、マネーロンダリング、詐欺、不正行為などの高度に洗練された事例を扱う業務を支援しています。 
Counter-terrorism: right-wing extremist takedown in Finland テロ対策:フィンランドでの右翼過激派の摘発
Europol’s European Counter Terrorism Centre supported the Finnish Police in dismantling a right wing extremist cell in Finland, leading to five arrests. During the investigation, Europol facilitated the information exchange and supported the case with operational analysis. On the action day, Europol deployed four experts to Finland to support the field activities. These experts provided technical expertise on the identification of extremist material and specialised analysis of the evidence discovered during police raids. ユーロポールの欧州テロ対策センターは、フィンランド警察によるフィンランドの右翼過激派組織の解体を支援し、5名の逮捕者を出しました。捜査期間中、ユーロポールは情報交換を促進し、作戦分析により事件をサポートしました。活動日には、ユーロポールは4人の専門家をフィンランドに派遣し、現場活動を支援しました。これらの専門家は、過激派の資料を特定するための技術的な専門知識と、警察の捜査で発見された証拠の専門的な分析を提供した。
The European Counter Terrorism Centre was set up to function as an operations centre and hub of expertise that reflects the growing need for the EU to strengthen its response to terror. Its principal task is to provide operational support to Member States in investigations related to terrorist attacks. 欧州テロ対策センターは、EUがテロへの対応を強化する必要性が高まっていることを反映し、オペレーションセンターおよび専門家のハブとして機能するために設立されました。主な任務は、テロ攻撃に関連した捜査において加盟国への運営支援を行うことです。
Cybercrime: EMOTET takedown  サイバー犯罪 EMOTETのテイクダウン 
Europol’s European Cybercrime Centre supported law enforcement and judicial authorities worldwide in the takedown of one of most significant botnets of the past decade, EMOTET. EMOTET is delivered to victims’ computers through emails which contain a malicious link or an infected document. If victims open the attachment or link, the malware is installed and criminals are able to install other types of malware onto a victim’s computer.  欧州刑事警察機構(ユーロポール)の欧州サイバー犯罪センターは、過去10年間で最も重要なボットネットの一つであるEMOTETのテイクダウンにおいて、世界中の法執行機関や司法当局を支援しました。EMOTETは、悪意のあるリンクや感染した文書を含む電子メールを通じて被害者のコンピュータに配信されます。被害者が添付ファイルやリンクを開くと、マルウェアがインストールされ、犯罪者は被害者のコンピュータに他の種類のマルウェアをインストールすることができます。 
To disrupt EMOTET, law enforcement authorities gained control of the infrastructure and took it down from the inside. This is a new and unique approach to effectively disrupt this type of cybercrime. EMOTETを破壊するために、法執行機関はインフラをコントロールし、内部から破壊しました。これは、この種のサイバー犯罪を効果的に阻止するための、新しくユニークな手法です。
The European Cybercrime Centre has made a significant contribution to the fight against cybercrime since it was founded at Europol in 2013. It aims to strengthen the law enforcement response to cybercrime in the EU and to help protect European citizens, businesses and governments from online crime. 欧州サイバー犯罪センターは、2013年にユーロポールに設立されて以来、サイバー犯罪との戦いに大きく貢献してきました。同センターは、EU域内のサイバー犯罪に対する法執行機関の対応を強化し、欧州市民、企業、政府をオンライン犯罪から守ることを目的としています。
Organised crime: Operation Trojan Shield/Greenlight 組織的な犯罪 トロイの木馬シールド作戦/グリーンライト作戦
Europol’s European Serious & Organised Crime Centre supported major operations in 2021 to block the criminal use of encrypted communications, but among the most significant was Operation Trojan Shield/Greenlight.  ユーロポールの欧州重大・組織犯罪センターは、2021年に暗号化通信の犯罪利用を阻止するための大規模な作戦を支援しましたが、中でも最も重要だったのが「トロイの木馬シールド/グリーンライト作戦」です。 
The operation involved the strategic development and covert operation by law enforcement of an encrypted device company called ANOM. ANOM grew to service more than 12 000 encrypted devices and over 300 criminal syndicates operating in more than 100 countries.  この作戦では、法執行機関がANOMという暗号化デバイス企業を戦略的に開発し、秘密裏に運用しました。ANOM社は、12,000台以上の暗号化機器と、100カ国以上で活動する300以上の犯罪シンジケートにサービスを提供するまでに成長しました。 
As a result of the operation, the US Federal Bureau of Investigation and 16 participating countries, supported by Europol and the US Drug Enforcement Agency, were able to exploit the intelligence from the 27 million messages obtained. This resulted in 800 arrests and the seizure of  illegal drugs, firearms and over $48 million in various worldwide currencies and cryptocurrencies. This was an unprecedented display of international collaboration in the fight against encrypted criminal activities.  この作戦の結果、米国連邦捜査局と16の参加国は、欧州警察と米国麻薬取締局の支援を受けて、入手した2,700万通のメッセージから得られた情報を活用することができました。その結果、800人の逮捕者が出て、違法薬物、銃器、世界のさまざまな通貨や暗号通貨である4,800万ドル以上が押収されました。これは、暗号化された犯罪行為に対抗するための国際協力の前例のないものでした。 
Criminal networks: illegal use of Sky ECC communications blocked 犯罪ネットワーク:Sky ECC通信の違法利用を阻止
The European Serious & Organised Crime Centre also supported investigators in Belgium, France and the Netherlands in blocking the illegal use of Sky ECC encrypted communication by large-scale organised crime groups. By successfully unlocking the encryption of Sky ECC, the information acquired has provided insights into criminal activities in various EU Member States and beyond. This information has assisted in expanding investigations and solving serious and cross-border organised crime.  欧州重大・組織犯罪センターは、ベルギー、フランス、オランダの捜査官を支援し、大規模な組織犯罪グループによるSky ECC暗号通信の違法使用を阻止した。 Sky ECCの暗号化を解除することに成功したことで、得られた情報は、様々なEU加盟国およびそれ以外の国での犯罪活動についての洞察をもたらした。これらの情報は、捜査の拡大や、重大かつ国境を越えた組織犯罪の解決に役立っている。 
The European Serious and Organised Crime Centre supports EU countries in their fight against international criminal networks involved in drugs, weapons and explosives, property and environmental crime. The centre also hosts the European Migrant Smuggling Centre, which targets and dismantles the complex and sophisticated networks involved in migrant smuggling. 欧州重大・組織犯罪センターは、麻薬、武器、爆発物、財産、環境犯罪などに関わる国際的な犯罪ネットワークと闘うEU諸国を支援している。また、欧州移民密輸センターも設置されており、移民密輸に関わる複雑で巧妙なネットワークを対象に、その解体を行っています。
Flagship Europol report: Serious and Organised Crime Threat Assessment 2021 フラッグシップ・ユーロポール・レポート 深刻・組織的犯罪脅威評価2021
The Serious and Organised Crime Threat Assessment (SOCTA) 2021 is a detailed analysis of the threat of serious and organised crime facing the EU. It provides information for practitioners, decision-makers and the wider public. As a threat assessment, SOCTA is a forward-looking document that assesses shifts in the serious and organised crime landscape. The 2021 report found that close to 40 % of the criminal networks active in the EU are involved in the trade of illegal drugs and around 60 % use violence as part of their criminal businesses. 深刻・組織犯罪脅威評価(SOCTA)2021」は、EUが直面している深刻・組織犯罪の脅威を詳細に分析したものです。実務者、意思決定者、一般市民に情報を提供するものである。SOCTAは脅威評価として、重大犯罪・組織犯罪の状況の変化を評価する未来志向の文書です。2021年の報告書では、EUで活動する犯罪ネットワークの約40%が違法薬物の取引に関与しており、約60%が犯罪ビジネスの一環として暴力を使用していることがわかりました。
SOCTA is produced by Europol’s Operational and Analysis Centre. This is Europol’s information hub in which specialists sort, handle and analyse all incoming information. The centre monitors operations and developments on a 24/7 basis and provides analysis to Europol’s other centres. SOCTAは、ユーロポールのOperational and Analysis Centreによって作成されています。このセンターはユーロポールの情報ハブであり、専門家がすべての入力情報を分類し、処理し、分析します。このセンターでは、24時間365日体制でオペレーションと開発を監視し、ユーロポールの他のセンターに分析結果を提供しています。

 


まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.11.12 Interpol 最近のサイバー関係の発表(7つ)

・2021.11.09 米国 司法省 Kaseya社等をランサムウェア攻撃したウクライナ人を逮捕・起訴した

・2021.11.05 米国 White House 国際的なランサムウェア対策の継続的な取り組みに関する声明

・2021.10.25 欧州連合理事会が「大規模サイバーセキュリティ事件・危機へのEU協調対応を補完する共同サイバーユニット構想の可能性を探るための理事会結論案 」を承認

・2021.07.26 Europol、オランダ警察、 Kaspersky、McAfee - NO MORE RANSOM (NMR) 復号ツール取り揃えています...

・2021.01.30 United States, Canada, France, Germany, the Netherlands, and the United Kingdomの捜査機関等が協力してEmotet Botnetを潰したようですね。。。

・2021.01.13 Europol 世界最大の違法ダークウェブマーケットプレイスを削除

・2020.12.21 Europolと欧州委員会が法執行機関のための復号プラットフォームを立ち上げたようですね。。。

・2020.12.13 Interpolによって調整されたFirst Light作戦2020により電話・インターネット詐欺犯を2万人以上を逮捕し、約160億円を押収したようですね。

・2020.11.23 Europol, UNICRI, Trendmicro 犯罪者もAIを活用!(ディープフェイクだけではない)

・2020.11.22 INTERPOL, Europol, バーゼルガバナンス研究所 「第4回犯罪金融と暗号通貨に関する世界会議」の7つの推奨事項

2020.10.16 数千万ユーロをマネーロンダリングしたと言われるQQAAZZネットワークに属していると思われる逮捕者が20名になりました

・2020.10.06 Europolが2020年版のインターネット組織犯罪脅威評価を公表していますね

・2020.07.04 Encrochat騒動...

・2020.05.02 EUROPOLはそろそろコロナの先を見据えているようですね。。。

・2020.04.04 Europol COVID-19パンデミックに乗じて行われるサイバー犯罪と偽情報等に関する報告書

・2020.03.28 Europol 犯罪者がCOVID-19パンデミックを使ってどうやって稼ぐか?

・2020.03.25 ENISA Tips for cybersecurity when working from home

 

 

 

 

| | Comments (0)

中国 インターネット上の宗教情報サービスの管理に関する弁法

こんにちは、丸山満彦です。

中国はインターネット上の宗教活動をするためには、許可証がいるようになるようですね。。。外国人には認められないようです。。。

 

2022.12.20 国家宗教事务局、国家网信办等五部门联合发布《互联网宗教信息服务管理办法》 国家宗教事務局、国家インターネット情報局など5つの部門が共同で「インターネット上の宗教情報サービス管理弁法」を発表

 

国家宗教事务局、国家网信办等五部门联合发布《互联网宗教信息服务管理办法》 国家宗教局、国家インターネット情報局など5つの部門が共同で「インターネット上の宗教情報サービス管理弁法」を発表
12月3日,国家宗教事务局令第17号公布了《互联网宗教信息服务管理办法》(以下简称《办法》),《办法》由国家宗教事务局、国家互联网信息办公室、工业和信息化部、公安部和国家安全部五部门联合制定,自2022年3月1日起施行。 12月3日、国家宗教事務局令第17号は、国家宗教局、国家インターネット情報局、工業情報化部、公安部、国家安全部が共同で策定した「インターネット上の宗教情報サービス管理弁法」(以下、本弁法)を発表し、2022年3月1日に施行します。
《办法》根据《中华人民共和国网络安全法》《互联网信息服务管理办法》《宗教事务条例》等法律法规制定。《办法》坚持保障公民宗教信仰自由与维护国家意识形态安全相统一,坚持维护信教公民合法权益与践行社会主义核心价值观相统一,坚持规范互联网宗教信息服务与促进宗教健康传承相统一,坚持权利与义务相统一,体现保护合法、制止非法、遏制极端、抵御渗透、打击犯罪的原则。 本施策は、「中華人民共和国ネットワークセキュリティ法」、「インターネット情報サービス管理弁法」、「宗教事務条例」およびその他の法令に基づいて策定されています。 本措置は、市民の宗教信仰の自由を守ることと国家の思想的安全を維持することの一致、宗教市民の合法的な権利と利益を守ることと社会主義の中核的価値観を実践することの一致、インターネット上の宗教情報サービスを規制し、宗教の健全な伝達を促進することの一致、権利と義務の一致、合法的なものを保護し、非合法なものを阻止し、過激主義を抑制し、侵入に抵抗し、犯罪に対抗するという原則を遵守しています。
《办法》共五章三十六条,明确从事互联网宗教信息服务,应当向所在地省级人民政府宗教事务部门提出申请,并对许可条件、申请材料、使用名称、受理时限等作了规定。明确网上讲经讲道应当由取得《互联网宗教信息服务许可证》的宗教团体、宗教院校和寺观教堂组织开展。明确除《办法》第十五条、第十六条规定的情形外,任何组织或者个人不得在互联网上传教,不得开展宗教教育培训、发布讲经讲道内容或者转发、链接相关内容,不得在互联网上组织开展宗教活动,不得直播或者录播宗教仪式。明确任何组织或者个人不得在互联网上以宗教名义开展募捐。 同弁法は5章36条からなり、インターネット上で宗教情報サービスを行うには、所在地の省人民政府の宗教事務部門に申請することを明らかにし、許可条件、申請資料、名称の使用、受理期限などを規定しています。 オンラインでの説教や講義は、インターネット宗教情報サービスのライセンスを取得した宗教団体、宗教機関、修道院や教会が主催すべきであることを明確にしています。 また、本弁法第15条および第16条に規定されている場合を除き、いかなる組織または個人も、インターネット上での説教、宗教教育・訓練の実施、説教コンテンツの公開、関連コンテンツの転送・リンク、インターネット上での宗教活動の組織・実施、宗教儀式のライブストリーミング・録画を行うことはできないことが明確にされています。 いかなる組織や個人も、インターネット上で宗教の名のもとに募金活動を行ってはならないことを明確にしています。
《互联网宗教信息服务管理办法》全文如下。 「インターネット上の宗教情報サービス管理弁法」の全文は以下の通りです。
互联网宗教信息服务管理办法 インターネット上の宗教情報サービス管理弁法
第一章 总则 第1章 総則
第一条 为了规范互联网宗教信息服务,保障公民宗教信仰自由,根据《中华人民共和国网络安全法》《互联网信息服务管理办法》《宗教事务条例》等法律法规,制定本办法。 第1条 本弁法は、インターネット上の宗教情報サービスを規制し、国民の信教の自由を保護するため、「中華人民共和国ネットワークセキュリティ法」、「インターネット上の情報サービス管理弁法」、「宗教事務条例」およびその他の法令に基づいて制定される。
第二条 在中华人民共和国境内从事互联网宗教信息服务,适用本办法。 第2条 本弁法は、中華人民共和国の領域内におけるインターネット上の宗教情報サービスに適用される。
本办法所称互联网宗教信息服务,包括互联网宗教信息发布服务、转载服务、传播平台服务以及其他与互联网宗教信息相关的服务。 本弁法でいうインターネット宗教情報サービスとは、インターネット宗教情報の出版サービス、転載サービス、普及プラットフォームサービス、その他のインターネット上の宗教情報に関するサービスを含むものである。
第三条 从事互联网宗教信息服务,应当遵守宪法、法律、法规和规章,践行社会主义核心价值观,坚持我国宗教独立自主自办原则,坚持我国宗教中国化方向,积极引导宗教与社会主义社会相适应,维护宗教和顺、社会和谐、民族和睦。 第3条 インターネット上の宗教情報サービスは、憲法、法律、規則を遵守し、社会主義の中核的価値観を実践し、宗教の独立と自己管理の原則を堅持し、宗教の中国化の方向を堅持し、宗教の社会主義社会への適応を積極的に指導し、宗教的調和、社会的調和、民族的調和を維持しなければならない。
第四条 互联网宗教信息服务管理坚持保护合法、制止非法、遏制极端、抵御渗透、打击犯罪的原则。 第4条 インターネット上の宗教情報サービスの管理は、合法的なものを保護し、非合法的なものを阻止し、過激主義を抑制し、浸透に抵抗し、犯罪に対抗するという原則を遵守する。
第五条 宗教事务部门依法对互联网宗教信息服务进行监督管理,网信部门、电信主管部门、公安机关、国家安全机关等在各自职责范围内依法负责有关行政管理工作。 第5条 宗教事務部門は法律に基づきインターネット上の宗教情報サービスを監督・管理し、インターネット情報局、電気通信局、公安機関、国家安全保障機関はそれぞれの責任範囲内で関連する管理業務を行う。
省级以上人民政府宗教事务部门应当会同网信部门、电信主管部门、公安机关、国家安全机关等建立互联网宗教信息服务管理协调机制。 省レベル以上の人民政府の宗教事務部門は、インターネット情報部門、管轄の電気通信部門、公安機関、国家保安機関と連携して、インターネット上の宗教情報サービスの管理に関する調整メカニズムを構築しなければならない。
第二章 互联网宗教信息服务许可 第2章 インターネット宗教情報サービス許可証
第六条 通过互联网站、应用程序、论坛、博客、微博客、公众账号、即时通信工具、网络直播等形式,以文字、图片、音视频等方式向社会公众提供宗教教义教规、宗教知识、宗教文化、宗教活动等信息的服务,应当取得互联网宗教信息服务许可,并具备下列条件: 第6条 インターネット上のウェブサイト、アプリケーション、フォーラム、ブログ、マイクロブログ、パブリックアカウント、インスタントメッセンジャー、ウェブキャスト等を通じて、宗教の教義・規則、宗教知識、宗教文化、宗教活動等に関する情報をテキスト、画像、音声、映像の形で公衆に提供するサービスは、インターネット宗教情報提供サービスのライセンスを取得しなければならず、その条件は以下の通りである。
(一)申请人是在中华人民共和国境内依法设立的法人组织或者非法人组织,其法定代表人或者主要负责人是具有中国国籍的内地居民; (1) 申請者は、中華人民共和国の法律に基づいて設立された法人組織または非法人組織であり、その法定代表者または主要担当者が中国国籍を有する本土居住者であること。
(二)有熟悉国家宗教政策法规和相关宗教知识的信息审核人员; (2) 国の宗教政策や規制、関連する宗教知識に精通した情報審査官がいること。
(三)有健全的互联网宗教信息服务管理制度; (3) インターネット上の宗教情報サービスについて、健全な管理体制が整っていること。
(四)有健全的信息安全管理制度和安全可控的技术保障措施; (4) 健全な情報セキュリティマネジメントシステムと、安全で制御可能な技術的保護手段を有すること。
(五)有与服务相匹配的场所、设施和资金; (5) サービスに見合うだけの施設、設備、資金を持っていること。
(六)申请人及其法定代表人或者主要负责人近3年内无犯罪记录、无违反国家宗教事务管理有关规定的行为。 (6) 申請者とその法定代理人または主要担当者には、過去3年間に犯罪歴や国家宗教事務管理局の関連規定への違反歴がないこと。
境外组织或者个人及其在境内成立的组织不得在境内从事互联网宗教信息服务。 領域内に設立された外国の組織または個人とその組織は、領域内のインターネット上で宗教情報サービスを行ってはならない。
第七条 从事互联网宗教信息服务,应当向所在地省、自治区、直辖市人民政府宗教事务部门提出申请,填报互联网宗教信息服务申请表,并提交下列材料: 第7条 インターネット上で宗教情報サービスを行うには、所在地の中央政府直轄省・自治区・市の人民政府の宗教事務部門に申請し、インターネット上での宗教情報提供サービスの申請書に記入し、以下の資料を提出しなければならない。
(一)申请人依法设立或者登记备案的材料以及法定代表人或者主要负责人身份证件; (1) 法令に基づく申請者の設立または登録の資料および法定代理人または主たる担当者の身分証明書。
(二)宗教信息审核人员参加宗教政策法规和相关宗教知识的教育培训,以及具备审核能力的情况说明; (2) 宗教情報監査人の、宗教政策・規制や関連する宗教知識に関する教育・訓練への参加状況や、監査を実施する能力についての記述。
(三)互联网宗教信息服务管理制度、信息安全管理制度和技术保障措施材料; (3) インターネット上の宗教情報サービスの管理体制、情報セキュリティ管理体制及び技術的保護措置に関する資料。
(四)用于从事互联网宗教信息服务的场所、设施和资金情况说明; (4) インターネット上で宗教情報提供サービスを行うための施設、設備、資金の内容。
(五)申请人及其法定代表人或者主要负责人近3年内无犯罪记录和无违反国家宗教事务管理有关规定情况承诺书; (5) 申請者およびその法定代理人または主担当者に犯罪歴がなく、過去3年以内に国の宗教事務の管理に関する関連規則に違反していないことの保証。
(六)拟从事互联网宗教信息服务的栏目、功能设置和域名注册相关材料。 (6) インターネット上の宗教情報サービスの欄、機能設定、ドメイン名登録に関する資料。
申请提供互联网宗教信息传播平台服务的,还应当提交平台注册用户管理规章制度、用户协议范本、投诉举报处理机制等。用户协议范本涉及互联网宗教信息服务的内容应当符合本办法有关规定。 インターネット宗教情報発信プラットフォームサービスの提供を申請する場合には、プラットフォームの登録ユーザーの管理に関する規則、モデルユーザー契約書、苦情・通報処理メカニズムも提出する必要があります。 インターネット宗教情報サービスに関わるモデル利用契約書の内容は、本施策の関連規定に準拠するものとする。
互联网宗教信息服务申请表式样由国家宗教事务局制定。 インターネット上の宗教情報サービスの申請書は、国家宗教事務局が策定する。
全国性宗教团体及其举办的宗教院校从事互联网宗教信息服务,应当向国家宗教事务局提出申请。 全国の宗教団体およびその組織する宗教機関は、インターネット上での宗教情報提供サービスに従事するために、国家宗教事務局に申請しなければならない。
第八条 从事互联网宗教信息服务所使用的名称,除与申请人名称相同以外,不得使用宗教团体、宗教院校和宗教活动场所等名称,不得含有法律、行政法规禁止的内容。 第8条 インターネット上で宗教情報提供サービスに従事するために使用する名称は、申請者の氏名を除き、宗教団体、宗教施設、宗教活動の場の名称を使用してはならず、また、法律や行政規則で禁止されている内容を含んではならない。
第九条 省级以上人民政府宗教事务部门自受理申请之日起20日内作出批准或者不予批准的决定。作出批准决定的,核发《互联网宗教信息服务许可证》;作出不予批准决定的,应当书面通知申请人并说明理由。 第9条 省レベル以上の人民政府の宗教事務部門は、申請を受理した日から20日以内に承認または不承認の決定をしなければならない。 承認の決定がなされた場合には、「インターネット宗教情報サービス許可証」が発行され、不承認の決定がなされた場合には、申請者に書面で通知し、その理由を説明しなければならない。
《互联网宗教信息服务许可证》由国家宗教事务局印制。 「インターネット宗教情報サービス許可証」は、国家宗教事務局が印刷する。
申请人取得《互联网宗教信息服务许可证》后,还应当按照国家互联网信息服务管理有关规定办理相关手续。 申請者は「インターネット宗教情報サービス許可証」を取得した後、国家インターネット情報サービス管理局の関連規定に基づき、関連手続きも行わなければならない。
第十条 从事互联网宗教信息服务,应当在显著位置明示《互联网宗教信息服务许可证》编号。 第10条 インターネット宗教情報提供サービスを行う申請者は、「インターネット宗教情報サービス許可証」の番号を目立つように表示しなければならない。
第十一条 申请人取得《互联网宗教信息服务许可证》后,发生影响许可条件重大事项的,应当报原发证机关审核批准;其他事项变更,应当向原发证机关备案。 第11条 申請者が「インターネット宗教情報サービス許可証」を取得した後、許可条件に影響する重要な事項は、許可発行機関に報告し、審査・承認を受けなければならない。その他の事項の変更については、許可発行機関に提出しなければない。
第十二条 终止互联网宗教信息服务的,应当自终止之日起30日内,到原发证机关办理注销手续。 第12条 インターネット宗教情報提供サービスが終了した場合、終了した日から30日以内に、元の許可発行機関で解約手続きを行わなければならない。
第十三条 《互联网宗教信息服务许可证》有效期3年。有效期届满后拟继续从事互联网宗教信息服务的,应当在有效期届满30日前,向原发证机关重新提出申请。 第13条 「インターネット宗教情報サービス許可証」の有効期間は3年とする。 有効期間満了後もインターネット上で宗教情報提供サービスを続けようとする場合は、有効期間満了の30日前に許可発行機関に再申請しなければなりません。
第三章 互联网宗教信息服务管理 第3章 インターネット上の宗教情報サービスの管理
第十四条 互联网宗教信息不得含有下列内容: 第14条 インターネット上の宗教情報は、以下の内容を含んではならない。
(一)利用宗教煽动颠覆国家政权、反对中国共产党的领导,破坏社会主义制度、国家统一、民族团结和社会稳定,宣扬极端主义、恐怖主义、民族分裂主义和宗教狂热的; (1) 宗教を利用して、国家権力の転覆を煽り、中国共産党の指導に反対し、社会主義体制、国民の団結、社会の安定を損ない、過激主義、テロリズム、民族分離主義、宗教狂信を助長すること。
(二)利用宗教妨碍国家司法、教育、婚姻、社会管理等制度实施的; (2) 宗教を利用して、司法、教育、婚姻、社会管理などの国家制度の実施を妨害する者。
(三)利用宗教宣扬邪教和封建迷信,或者利用宗教损害公民身体健康,欺骗、胁迫取得财物的; (3)宗教を利用して邪悪なカルトや封建的な迷信を広めたり、宗教を利用して市民の身体的な健康を害したり、騙したり強制したりして財産を得ること。
(四)违背我国宗教独立自主自办原则的; (4) 我々の宗教の独立性と自律性の原則に反すること。
(五)破坏不同宗教之间、同一宗教内部以及信教公民与不信教公民之间和睦相处的; (5)異なる宗教間、同じ宗教内、宗教を信じる市民とそうでない市民との調和を損なうこと。
(六)歧视、侮辱信教公民或者不信教公民,损害信教公民或者不信教公民合法权益的; (6)信者や非信者の市民を差別したり侮辱したり、信者や非信者の市民の合法的な権利や利益を害すること。
(七)从事违法宗教活动或者为违法宗教活动提供便利的; (7)違法な宗教活動を行い、または違法な宗教活動を助長する行為。
(八)诱导未成年人信教,或者组织、强迫未成年人参加宗教活动的; (8) 未成年者に宗教的な勧誘をしたり、未成年者に宗教的な活動を組織したり、強制的に参加させること。
(九)以宗教名义进行商业宣传,经销、发送宗教用品、宗教内部资料性出版物和非法出版物的; (9) 宗教の名の下に商業的な宣伝を行うこと、宗教的な記事、内部の宗教情報のための出版物、違法な出版物を配布または送付すること。
(十)假冒宗教教职人员开展活动的; (10) 宗教関係者になりすまして活動を行うこと。
(十一)有关法律、行政法规和国家规定禁止的其他内容的。 (11) その他、関連する法律、行政法規、国家規定で禁止されている内容。
第十五条 取得《互联网宗教信息服务许可证》的宗教团体、宗教院校和寺观教堂,可以且仅限于通过其依法自建的互联网站、应用程序、论坛等由宗教教职人员、宗教院校教师讲经讲道,阐释教义教规中有利于社会和谐、时代进步、健康文明的内容,引导信教公民爱国守法。参与讲经讲道的人员实行实名管理。 第15条 インターネット宗教情報サービスライセンスを取得した宗教団体、宗教系大学および修道院・教会は、社会の調和、時代の進歩、健康と文明に資する教義・規則の内容を説明し、信者である市民が愛国心と遵法精神を持つように導くために、法律に基づいて、宗教聖職者および宗教系大学の教師が自らのインターネットウェブサイト、アプリケーション、フォーラムを通じて説教を行うことができ、またそのように制限されています。 説教の参加者は実名で管理する。
第十六条 取得《互联网宗教信息服务许可证》的宗教院校,可以且仅限于通过其依法自建的专用互联网站、应用程序、论坛等开展面向宗教院校学生、宗教教职人员的宗教教育培训。专用互联网站、应用程序、论坛等对外须使用虚拟专用网络连接,并对参加教育培训的人员进行身份验证。 第16条 「インターネット宗教情報サービス許可証」を取得した宗教機関は、法律に基づき、自らの専用インターネットウェブサイト、アプリケーション、フォーラム等を通じて、宗教機関の学生や宗教聖職者に対する宗教教育・研修を行うことができ、またそれに制限される。 インターネットの専用サイト、アプリケーション、フォーラムなどは、外部との仮想プライベートネットワーク接続を使用し、教育訓練に参加する人の身元を確認する。
第十七条 除本办法第十五条、第十六条规定的情形外,任何组织或者个人不得在互联网上传教,不得开展宗教教育培训、发布讲经讲道内容或者转发、链接相关内容,不得在互联网上组织开展宗教活动,不得以文字、图片、音视频等方式直播或者录播拜佛、烧香、受戒、诵经、礼拜、弥撒、受洗等宗教仪式。 第17条 本弁法第15条および第16条に定める場合を除き、いかなる団体または個人も、インターネット上での説教、宗教教育・訓練の実施、説教・講義の内容の公開または関連コンテンツの転送・リンク、インターネット上での宗教活動の組織・実施、仏像の礼拝、焼香、叙任、詠唱、礼拝、ミサ、洗礼などの宗教儀式を文字、絵、音声、映像によって生中継または録画してはならない。 
第十八条 任何组织或者个人不得在互联网上成立宗教组织、设立宗教院校和宗教活动场所、发展教徒。 第18条 いかなる団体または個人も、インターネット上で宗教団体、宗教施設、宗教活動の場を設立したり、信徒を育成したりすることはできない。
第十九条 任何组织或者个人不得在互联网上以宗教名义开展募捐。 第19条 組織または個人は、インターネット上で宗教の名の下に募金活動を行うことはできない。
宗教团体、宗教院校和宗教活动场所发起设立的慈善组织在互联网上开展慈善募捐,应当符合《中华人民共和国慈善法》相关规定。 宗教団体、宗教機関、宗教活動の場が発起人となって設立した慈善団体は、中華人民共和国の慈善法の関連規定に従って、インターネット上で慈善募金活動を行うものとする。
第二十条 提供互联网宗教信息传播平台服务的,应当与平台注册用户签订协议,核验注册用户真实身份信息。 第20条 インターネット宗教情報発信プラットフォームサービスを提供する者は、プラットフォームの登録ユーザーと契約を締結し、登録ユーザーの実在性情報を確認しなければならない。
第二十一条 未取得《互联网宗教信息服务许可证》的互联网信息传播平台,应当加强平台注册用户管理,不得为用户提供互联网宗教信息发布服务。 第21条 「インターネット宗教情報許可証」を取得していないインターネット情報発信プラットフォームは、プラットフォームの登録ユーザーの管理を強化し、ユーザーにインターネット宗教情報公開サービスを提供してはならない。
第二十二条 从事互联网宗教信息服务,发现违反本办法规定的信息的,应当立即停止传输该信息,采取消除等处置措施,防止信息扩散,保存有关记录,并向有关主管部门报告。 第22条 インターネット宗教情報サービスに従事する者は、本弁法の規定に違反する情報を発見した場合、直ちに当該情報の送信を停止し、消去等の処分を行い、当該情報の拡散を防止し、関連する記録を残し、関係する所轄官庁に報告しなければならない。
第二十三条 宗教事务部门应当加强对互联网宗教信息服务的日常指导、监督、检查,建立互联网宗教信息服务违规档案、失信联合惩戒对象名单和约谈制度,加强对互联网宗教信息服务相关从业人员的专业培训,接受对违法从事互联网宗教信息服务的举报,研判互联网宗教信息,会同网信部门、电信主管部门、公安机关、国家安全机关依法处置违法行为。 第23条 宗教部門は、インターネット宗教情報サービスの日常的な指導・監督・検査を強化し、インターネット宗教情報サービスの違反ファイル、背任行為に対する共同懲戒処分の対象者リスト、面談システムを確立し、インターネット宗教情報サービスに関連する実務者の専門的なトレーニングを強化し、インターネット宗教情報サービスの違法な関与に関する報告を受け、インターネット宗教情報を調査・判断し、インターネット情報部門、電気通信管轄部門と協力して 主務官庁、公安機関、国家安全保障機関は、法律に基づいて違法行為を処理する。
第二十四条 网信部门应当加强互联网信息内容管理,依法处置违法互联网宗教信息。 第24条 インターネット情報部門は、インターネット情報コンテンツの管理を強化し、法律に基づいて違法なインターネット宗教情報を処分しなければならない。
第二十五条 电信主管部门应当加强互联网行业监管,依法配合处置违法从事互联网宗教信息服务的行为。 第25条 電気通信管轄部門は、インターネット産業の監督を強化し、法律に基づいて違法なインターネット宗教情報サービスの処分に協力しなければならない。
第二十六条 公安机关应当依法加强互联网信息服务安全监督管理,防范和处置互联网宗教信息服务中的违法犯罪活动。 第26条 公安機関は、法律に基づき、インターネット情報サービスの安全性に関する監督・管理を強化し、インターネット宗教情報サービスにおける違法・犯罪行為を防止・処分しなければならない。
第二十七条 国家安全机关应当依法防范和处置境外机构、组织、个人,以及境内机构、组织、个人与境外机构、组织、个人相勾结在互联网上利用宗教进行的危害国家安全活动。 第27条 国家安全保障機関は、法律に基づき、海外の機関・組織・個人、および海外の機関・組織・個人と共謀した国内の機関・組織・個人による、宗教を利用したインターネット上での国家安全保障を危うくする活動を防止し、処分しなければならない。
第四章 法律责任 第4章 法的責任
第二十八条 申请人隐瞒有关情况或者提供虚假材料申请互联网宗教信息服务许可的,宗教事务部门不予受理或者不予许可,已经许可的应当依法撤销许可,并给予警告。 第28条 申請者が関連情報を隠蔽し、または虚偽の資料を提供してインターネット上での宗教情報提供サービスの許可を申請した場合、宗教局は許可を受けず、または拒否し、許可を受けた場合は、法律に基づいて許可を取り消し、警告を行う。
擅自从事互联网宗教信息服务的,由宗教事务部门会同电信主管部门依据职责责令停止相关服务活动。 申請者が許可を得ずにインターネット上で宗教情報サービスを行った場合、宗教局は管轄の電気通信局と共同で、職務に応じて関連サービス活動の停止を命じなければならない。
第二十九条 违反本办法第十条、第十一条、第十四条、第十五条、第十六条、第十七条、第十八条、第十九条规定的,由宗教事务部门责令限期改正;拒不改正的,会同网信部门、电信主管部门、公安机关、国家安全机关等依照有关法律、行政法规的规定给予处罚。 第29条 本弁法第10条、第11条、第14条、第15条、第16条、第17条、第18条および第19条の規定に違反した者は、宗教事務部門から一定期間内に是正するよう命じられ、それを拒否した場合は、インターネット情報部門、管轄の電気通信部門、公安当局および国家保安機関と連携して、関連する法律および行政法規の規定に基づいて処罰される。
第三十条 互联网宗教信息传播平台注册用户违反本办法规定的,由宗教事务部门会同网信部门、公安机关责令互联网宗教信息传播平台提供者依法依约采取警示整改、限制功能直至关闭账号等处置措施。 第30条インターネット宗教情報発信プラットフォームの登録ユーザーは、これらの措置の規定に違反して、インターネット情報部門と連携して宗教部門によって、公安機関は、警告是正を取るために法律に基づいてインターネット宗教情報発信プラットフォームのプロバイダを命じ、アカウントや他の処分の閉鎖までの機能を制限する。
第三十一条 违反本办法规定,同时还违反《互联网信息服务管理办法》及国家对互联网新闻信息服务、互联网视听节目服务、网络出版服务等相关管理规定的,由宗教事务部门、网信部门、电信主管部门、公安机关、广播电视主管部门、电影主管部门、出版主管部门等依法处置。 第31条 本弁法の規定に違反し、さらに「インターネット上の情報サービス管理弁法」およびインターネットニュース・情報サービス、インターネット視聴覚番組サービス、インターネット出版サービスなどの管理に関する国家規定に違反した者は、法律に基づき、宗教局、インターネット情報局、所轄の電気通信局、公安当局、所轄のラジオ・テレビ局、所轄の映画局、所轄の出版所管部門によって処理される。
第三十二条 国家工作人员在互联网宗教信息服务管理工作中滥用职权、玩忽职守、徇私舞弊,依法给予处分。 第三十二条 インターネット上の宗教情報サービスの管理において、権限を濫用し、職務を怠り、又は汚職に従事した国家公務員は、法律に基づいて処罰される。
第三十三条 违反本办法规定,构成违反治安管理行为的,依法给予治安管理处罚;构成犯罪的,依法追究刑事责任。 第33条 本弁法の規定に違反し、公安管理上の違反を犯した者は、法律に基づき公安管理上の処罰を受け、犯罪を犯した場合は、法律に基づき刑事責任を追及する。
第五章 附则 第5章 附則
第三十四条 本办法施行前已经从事互联网宗教信息服务的,应当自本办法施行之日起6个月内依照本办法有关规定办理相关手续。 第34条 この措置の実施前にすでにインターネット上で宗教情報サービスを行っていた者は、この措置の実施日から6ヶ月以内に、この措置の関連規定に基づいて関連手続きを行わなければならない。
第三十五条 本办法由国家宗教事务局、国家互联网信息办公室、工业和信息化部、公安部和国家安全部负责解释。 第35条 本弁法は、国家宗教局、国家インターネット情報局、工業情報化部、公安部、国家安全部により解釈される。
第三十六条 本办法自2022年3月1日起施行。 第36条 この措置は、2022年3月1日に発効する。

 

1_20210612030101


 

 

 

 

 

 

Continue reading "中国 インターネット上の宗教情報サービスの管理に関する弁法"

| | Comments (0)

2021.12.25

内閣官房 NISC 意見募集 「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、2022年度に実施すべき施策

こんにちは、丸山満彦です。

NISCが「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、2022年度に実施すべき施策に関する意見募集をしていますね。。。

 

● NISC

・2021.12.24 「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、2022年度に実施すべき施策に関する意見の募集について

意見募集対象

「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、2022年度に実施すべき施策(サイバーセキュリティ2022)

参考資料(意見募集対象外)

・[PDF] サイバーセキュリティ戦略(令和3年9月28日閣議決定)

・[PDF] サイバーセキュリティ2021

・[PDF] 次期年次報告・年次計画の策定に向けた進め方等について(サイバーセキュリティ戦略本部第32回会合(令和3年12月14日)資料3) 

↑ 意見募集対象のリンクがない???

で、e-Govではどうなっているかというと...

e-Gov

・2021.12.24 「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、2022年度に実施すべき施策に関する意見の募集について

命令などの案  

・[PDF] 次期年次報告・年次計画の策定に向けた進め方等について

関連資料、その他

・[PDF] サイバーセキュリティ戦略(令和3年9月28日閣議決定)

・[PDF] サイバーセキュリティ2021

意見募集対象でないと言っているものが、対象???

 

Nisc_20211018004601


■ 参考 各国のサイバーセキュリティ戦略

■ EUの場合

European Commission

・2020.12.16 The EU's Cybersecurity Strategy in the Digital Decade

・[PDF] Factsheet

20210513-120625

 

■ ドイツの場合

Bundesministerium des Innern, für Bau und Heimat 

プレス

・2021.09.08 (press) Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021 beschlossen

戦略本文

・[PDF] Cybersicherheitsstrategie für Deutschland 2021

20210926-60648

 

■ UKの場合

National Cyber Security Centre

2021.12.15 (news) Government publishes blueprint to protect UK from cyber threats

・2021.12.15 Policy paper National Cyber Strategy 2022

・[heml] National Cyber Strategy 2022

 ・[PDF] National Cyber Strategy 2022

20211217-55613

 

■ U.S. の場合

・2018.09.20 President Trump Unveils America’s First Cybersecurity Strategy in 15 Years

・[PDF] NATIONAL CYBER STRATEGY of the United States of America


20210513-121917

・仮訳 [DOCX

 

■ 日本の場合

内閣官房 - サイバーセキュリティセンター - サイバーセキュリティ戦略本部

・2021.09.27 第31回会合

・[PDF] 報道発表資料

・[PDF] サイバーセキュリテ2021

 

■ 中国の場合

 中央网络安全和信息化委员会办公室 (Cyberspace Administration of China)

 プレス発表

戦略全文

・2016.12.27 国家网络空间安全战略

・英語訳

 ・2016.12.27 National Cyberspace Security Strategy

 

 

■ ロシアの場合(NATO CCDCOEの論文)

● NATO CCDCOE

2020 [PDF] The Past, Present, and Future of Russia’s Cyber Strategy and Forces by Bilyana Lilly and Joe Cheravitch



■ インドの場合

Data Security Council of India

・2020.08.15 [PDF] National Cyber Security Strategy 2020

20210513-131956

 

■ シンガポールの場合

● Cyber Security Agency of Singapore

・2021.10.05 Singapore Updates National Cybersecurity Strategy

The Singapore Cybersecurity Strategy 2021

・[PDF]

20211011-134730

 


 

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

日本のサイバーセキュリティ戦略関係

・2021.09.30 日本のサイバーセキュリティ戦略についての質問に対する中国政府スポークスマンの回答

・2021.09.28 NISC サイバーセキュリティ戦略本部 第31回会合 サイバーセキュリティ戦略確定 (予算からみるとサイバーセキュリティは経済発展というよりも安全保障?)

・2021.07.15 経団連 提言「全員参加によるサイバーセキュリティの実現に向けて」

・2021.07.13 NISC 「次期サイバーセキュリティ戦略(案)」と「サイバーセキュリティ2021(案)」に関する意見の募集について

・2021.05.13 サイバーセキュリティ戦略本部 次期サイバーセキュリティ戦略の骨子

 

世界のサイバーセキュリティ戦略関係

・2021.12.17 英国 国家サイバー戦略

・2021.10.11 シンガポール サイバーセキュリティ戦略2021

・2021.09.28 NISC サイバーセキュリティ戦略本部 第31回会合 サイバーセキュリティ戦略確定 (予算からみるとサイバーセキュリティは経済発展というよりも安全保障?)

・2021.09.26 独国 サイバーセキュリティ戦略2021 at 2021.09.08

・2021.07.12 NATO関連機関が分析したサイバー空間におけるロシアの戦略 at 2021.06.11

・2021.06.29 IISS サイバー対応能力と国家力 日本のサイバー能力はいけていない?

・2021.06.03 サイバー領域の制度、法律、政策などについての米英の比較

・2021.05.13 米国 国家のサイバーセキュリティ向上に関する大統領令

 

| | Comments (0)

個人情報保護委員会 意見募集 各分野別個人情報保護ガイドラインの改正案

こんにちは、丸山満彦です。

個人情報保護委員会が各分野別個人情報保護ガイドラインの改正案について意見募集をしていますね。。。

1. 医療・介護関係事業者

2. 健康保険組合等

3-1. 国民健康保険組合

3-2. 国民健康保険団体連合会等

4. 債権管理回収業分野

5. 金融分野+(安全管理措置)

6. 信用分野

 

個人情報保護委員会

・2021.12.23

# ガイドライン e-Gov ガイドライン案 新旧対比
1 「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンスの一部改正案」に関する意見募集について 概要
2 「健康保険組合等における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンスの一部改正案」に関する意見募集について  
3 「国民健康保険組合における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンスの一部改正案」及び「国民健康保険団体連合会等における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンスの一部改正案」に関する意見募集について  
4 債権管理回収業分野における個人情報保護に関するガイドライン(案)に関する意見募集について
5 「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」及び「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針」の一部改正(案)に対する意見募集について  
6 信用分野における個人情報保護に関するガイドラインの一部改正案に対する意見募集について

 

・2021.12.22 第195回 個人情報保護委員会

 

Ppc_logo_20210325120001_20210520035201

 


● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.11.02 個人情報保護委員会 令和3年改正個人情報保護法について、政令・規則・民間部門ガイドライン案の意見募集の結果を公示+公的部門ガイドライン案の意見募集を開始

・2021.08.06 個人情報保護委員会 意見募集 令和3年改正個人情報保護法 政令・規則・民間部門ガイドライン案について他

・2021.08.04 個人情報保護委員会 「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」の更新他

・2021.05.20 個人情報保護委員会の今後の取り組みと個人情報保護法ガイドラインの改正(パブコメ)

| | Comments (0)

個人情報保護委員会 犯罪予防や安全確保のためのカメラ画像利用に関する有識者検討会の設置

こんにちは、丸山満彦です。

個人情報保護委員会に「犯罪予防や安全確保のためのカメラ画像利用に関する有識者検討会」が設置されるようですね。。。

 

● 個人情報保護委員会

・2021.12.22 第195回 個人情報保護委員会

・[PDF] 犯罪予防や安全確保のためのカメラ画像利用に関する有識者検討会の設置について

 


1.目的
顔識別機能付きカメラの高性能化及び低価格化に伴い、事業者が容易に、犯罪予防や安全確保のために、顔識別機能付きカメラを利用することが可能となっている。
顔識別システムは、カメラ画角内に特定の人物が存在しているか瞬時に自動で把握できることから、犯罪予防の観点からは有効なシステムである。他方、遠隔で個人を識別することが可能であるという技術的特性上、その運用次第では、受忍限度を超える個人のプライバシー侵害等を生じさせるリスクをはらむ。
このような犯罪予防や安全確保のためのカメラ画像の利用については、我が国においては未だ社会的なコンセンサスが形成されておらず、また海外においても、適切な利用の在り方が模索されている状況にある。
当委員会としては、これまでも、顔識別機能付きカメラ利用に係る一定の考え方を示しているところではあるが、上記のような内外の動向も踏まえ、公共空間における犯罪予防や安全確保のためのカメラ画像の適正な利用の在り方について、有識者に個人情報保護法上の観点含め多面的にご議論いただき、包括的に整理を行うこととする。

2.検討内容
・顔識別システムの利用が有効かつ必要であると考えられる場面
・個人情報保護法に基づいて求められる対応
・事業者の自主的取組として推奨される対応
・その他推奨される取組(認定個人情報保護団体制度の活用等)

【構成員(五十音順)】
・生貝 直人 一橋大学大学院法学研究科准教授
・石井 夏生利 中央大学国際情報学部教授
・遠藤 史啓 神奈川大学法学部准教授
・菊池 浩明 明治大学総合数理学部専任教授
・宍戸 常寿 東京大学大学院法学政治学研究科教授
・新保 史生 慶應義塾大学総合政策学部教授
・巽 智彦 東京大学大学院法学政治学研究科准教授
・星 周一郎 東京都立大学法学部教授
・森 亮二 英知法律事務所弁護士
・山本 龍彦 慶應義塾大学大学院法務研究科教授


Fig1_20211225161201


● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

顔認識関係

・2021.10.17 インターポール、国連地域間犯罪司法研究所、オランダ警察、世界経済会議が「顔認証を責任もって制限するためのポリシーフレームワーク ユースケース:法執行機関の捜査」 at 2021.10.05

・2021.09.29 世界経済フォーラム (WEF) 技術の責任ある利用:IBMをケースにした研究

・2021.09.27 欧州委員会 職場での電子モニタリングと監視 (Electronic Monitoring and Surveillance in the Workplace)

・2021.09.10 EU議会 提言 バイオメトリクス認識と行動検知

・2021.08.27 米国 GAO 顔認識技術:連邦政府機関による現在および計画中の使用方法

・2021.08.20 英国 意見募集 監視カメラ実施規範改訂案 by 監視カメラコミッショナー at 2021.08.13

・2021.08.11 EU議会 STUDY バイオメトリクス認識と行動検知

・2021.08.03 中国 最高人民法院 「民事案件における顔識別技術の使用に関する司法解釈」

・2021.07.15 米国GAO 顔認識技術について連邦法執行機関はプライバシーやその他のリスクをより適切に評価する必要がある at 2021.06.03

・2021.07.12 ニューヨーク市 生体情報プライバシー条例が2021.07.09から施行されましたね。。。

・2021.06.23 欧州 EDPBとEDPS 公共の場における人の特徴を自動認識するためのAIの使用、および不当な差別につながる可能性のあるその他のAIの使用の一部を禁止するよう要請

・2021.06.17 米国上院・下院 顔認識ツールを含む生体情報監視を政府が使用することを禁止する「顔認識および生体認識技術モラトリアム法案」

・2021.06.08 U.S. の公益団体であるEPICが顔認識技術および遠隔生体認識技術の使用禁止を世界的に呼びかけていますね。。。

・2021.05.12 カナダのプライバシーコミッショナーが顔認識技術について議会で見解を述べたようですね。。。

・2021.05.03 中国 意見募集 顔認識に続けて、歩行認識、音声認識のデータセキュリティ要件の国家標準案を発表し、意見募集していますね。。。

・2021.04.24 欧州委員会がAIへの規制を提案 → 欧州データ保護官は歓迎するけど、公共空間での遠隔生体認証についての規制も入れてね

・2021.04.22 ドイツ連邦情報セキュリティ局 (BSI) が安全なAI導入のための対策をまとめていますね。。。

・2021.04.21 U.S. FTC(連邦取引委員会) のブログ 会社でAIを活用する場合は真実、公正、公平を目指そう、という記事がありますね。。。

・2021.03.14 CNIL 乗客のマスク着用率を測定するためのインテリジェントビデオの使用に関する法令についての意見を公表

・2021.02.05 カナダのプライバシーコミッショナーが顔認識ソフトウェアを提供するClearview AIについての声明を出していますね。。。

・2021.01.30 欧州評議会 108号条約委員会が「顔認証に関するガイドライン」を採択しましたね。。。

・2021.01.12 欧州委員会 市民イニシアティブとして「生体認証による大量監視慣行の禁止」を登録

・2021.01.04 ニューヨーク州 知事が学校での顔認識技術の使用を一時停止し、研究を指示する法律に署名 at 2020.12.22

・2020.11.04 カナダプライバシー委員会 Cadillac Fairview社が500万人の顔データを取得していたことに関する報告書(2020.10.28)

・2020.06.26 人間が間違うなら、人間を模倣したAIも間違うんでしょうね。。。

・2020.06.14 IBM, Amazon, Microsoftは顔認証システムを米国の警察には販売しない

・2020.05.01 (人工知能 AI)ブラックボックスの検証:アルゴリズムシステムを評価するためのツール - アルゴリズムの監査・影響評価のための共通言語の特定

・2020.03.26 JVNVU#99619336 勾配降下法を使用する機械学習モデルに、誤った識別をさせるような入力を作成することが可能な問題

・2020.03.04 FIRST EVER DECISION OF A FRENCH COURT APPLYING GDPR TO FACIAL RECOGNITION

・2020.02.17 遠くからでもわかる顔認識システム!

ぐっと遡って、2005年

・2005.08.11 外務省 IC旅券調査研究報告書

・2005.02.04 監視社会と信頼関係

| | Comments (0)

書籍紹介 シン・経済安保

こんにちは、丸山満彦です。

弁護士3名(高橋郁夫先生、近藤剛先生、丸山修平先生)による経済安全保障の入門書です。経済安全保障の説明も、安全保障の話から進めていて(と言っても詳細すぎない)、入門書としてわかりやすいです。

● 日経BP

シン・経済安保

米国、欧州、英国、中国、日本等を法律を踏まえて比較している部分もあり、参考になります。弁護士が法律を踏まえて説明をしているので、浮いた話ではなく地に着いた話となっていて、安心して読める内容となっていますね。。。

目次は、


第1部 LINE事件と経済安全保障
 第1章 LINE事件は何が問題だったのか?
 第2章 経済安全保障とは何か?

第2部 新しい経済安全保障の実態
 第3章 重要技術

第3部 新しい経済安全保障のリスクとその対応
 第4章 リスク管理体制と評価方法 
 第5章 リスク1「重要技術の輸出」
 第6章 リスク2「サイバーセキュリティー」
 第7章 リスク3「営業秘密不正取得」
 第8章 リスク4「データの保存場所」
 第9章 リスク5「重要インフラ産業の業務阻害」
 第10章 リスク6「サプライチェーン」

Appendix 対内投資リスク
 第11章 リスク7「対内直接投資による企業支配」
 第12章 リスク8「土地・建物への対内直接投資による安全保障」


 

Kindleでは2022.01.01から読めるようになっているようですので、正月休みにでも読まれたらどうかと思います。

Amazon

シン・経済安保 (kindle)

 

Fig1_20211225145201

 

| | Comments (0)

Five eyes国で連携してLog4jの脆弱性についてのアラート、ガイダンスページを開設

こんにちは、丸山満彦です。

世界的にLog4jの脆弱性については大きく取り上げられていますが、米国(CISAFBINSAオーストラリア(ACSC)、カナダ(CCCS)、ニュージーランド(CERT NZNZ NCSC)、英国(NCSC-UK)のセキュリティ当局が連携してアドバイザリーを発表していますね。。。

CISA

プレス

・2021.12.22 CISA, FBI, NSA AND INTERNATIONAL PARTNERS ISSUE ADVISORY TO MITIGATE APACHE LOG4J VULNERABILITIES

ガイダンスページ

Apache Log4j Vulnerability Guidance

アラート

・2021.12.22 Alert (AA21-356A) Mitigating Log4Shell and Other Log4j-Related Vulnerabilities

 

NSA

・2021.12.22 CISA, FBI, NSA, and International Partners Issue Advisory to Mitigate Apache Log4J Vulnerabilities

211222dim7421235

 


オーストラリア

ACSC

・2021.12.23 (news) ACSC and international partners encourage action to mitigate risks for Log4j vulnerability

・2021.12.23 Use of Log4j vulnerabilities in ransomware activity

・2021.12.23 Mitigating Log4Shell and Other Log4j-Related Vulnerabilities

・2021.12.22 2021-007: Log4j vulnerability – advice and mitigations

・2021.12.21 Cybercriminals scanning Australian entities for serious cyber vulnerability

・2021.12.16 JCSC virtual presentations on Log4j2 vulnerability – Friday 17 December

・2021.12.15 Australians urged to act on cyber alert

カナダ

CCCS

・2021.12.22 Joint cybersecurity advisory on mitigating Log4Shell and other Log4j-related vulnerabilities

ニュージーランド

CERT NZ

・2021.12.23 International agencies issue Log4j warning

NZ NCSC

英国

NCSC-UK  

・information Log4j vulnerability - what everyone needs to know

・news Alert: Apache Log4j vulnerabilities

 


 

まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.12.20 米国 CISA 緊急指令22-02 Apache Log4jの脆弱性に対応せよ

・2021.12.13 Apache Log4j 2 の脆弱性 (CVE-2021-44228)+ ソフトウェアの管理 + 脆弱性情報の管理

 

| | Comments (0)

中国 意見募集 産業情報技術分野におけるデータセキュリティリスク情報の報告・共有に関するガイドライン(試行)

こんにちは、丸山満彦です。

中国のデータセキュリティ法に基づくデータセキュリティリスク情報の報告・共有に関するガイドライン案が公開され、意見募集されていますね。。。

工业和信息化部(工業情報化部)

2022.12.22 公开征求对《工业和信息化领域数据安全风险信息报送与共享工作指引(试行)(征求意见稿)》的意见 「産業情報通信分野におけるデータセキュリティリスク情報の報告・共有に関するガイドライン(試行)」の公開協議について(意見募集稿)

 

公开征求对《工业和信息化领域数据安全风险信息报送与共享工作指引(试行)(征求意见稿)》的意见 「産業情報通信分野におけるデータセキュリティリスク情報の報告・共有に関するガイドライン(試行)」の公開協議について(意見募集稿)
为贯彻落实《中华人民共和国数据安全法》等法律法规,加强工业和信息化领域数据安全风险信息获取、分析、研判和预警工作,及时掌握工业和信息化领域数据安全整体态势,提高数据安全风险处置能力,工业和信息化部研究起草了《工业和信息化领域数据安全风险信息报送与共享工作指引(试行)(征求意见稿)》(见附件),拟以规范性文件形式印发,现面向社会公开征求意见。如有意见或建议,请于2022年1月22日前反馈。 中華人民共和国データセキュリティ法およびその他の法令を実施し、産業情報技術分野におけるデータセキュリティリスク情報の取得、分析、判断および早期警告を強化し、産業・情報技術分野におけるデータセキュリティの全体的な状況をタイムリーに把握し、データセキュリティリスクへの対応能力を向上させるため、産業情報技術省は、「産業情報技術分野におけるデータセキュリティリスク情報の報告および共有に関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」)を研究・作成しました。 産業・情報通信省は、規範文書として発行する「産業・情報通信分野におけるデータセキュリティリスクの報告・共有に関するガイドライン(試行実施用)(別紙)」を作成し、現在、コメントを募集しています。 ご意見・ご要望がございましたら、2022年1月22日までにご記入ください。

 

・[PDF]

20211224-152644

・[DOCX] 仮訳

 


情報セキュリティきまぐれ日記

・2021.11.16 中国 意見募集 ネットワークデータセキュリティ管理条例

・2021.11.01 中国 意見募集 データ域外移転のセキュリティ評価に関する弁法

・2021.10.04 中国 意見募集 ネットワークセキュリティ基準実施要領-データ分類・等級付けガイドライン(案)

・2021.08.31 中国 「個人情報保護法」についての専門家の解釈

・2021.08.30 中国 「重要情報インフラのセキュリティ保護規制」についての専門家の解釈+「データセキュリティ法」についての解釈

・2021.08.18 中国 国務院令第745号 重要情報インフラのセキュリティ保護規制

・2021.07.16 中国 ネットワーク製品のセキュリティ脆弱性管理に関する規定を公開

・2021.06.12 中国 データセキュリティ法が承認され2021.09.01施行されますね。。。

・2020.06.09 中国 「サイバーセキュリティー審査弁法」が6月1日より施行されましたね。。。

 

| | Comments (0)

2021.12.24

JNSA 2021セキュリティ十大ニュース

こんにちは、丸山満彦です。

日本ネットワークセキュリティ協会が2021年 セキュリティ十大ニュースを発表していますね。

● 日本ネットワークセキュリティ協会 (JNSA)

・2021.12.24 JNSA 2021セキュリティ十大ニュース ~サイバーセキュリティが世界の行く末を左右する時代が始まった~

 

# Date タイトル サブタイトル
1 2021.05.07 ランサムウェアの被害広範囲に、影響は一般市民にも ランサムウェア攻撃の脅威を思い知らされた1年
2 2021.03.17 LINEデータ管理の不備が指摘される にわかに盛り上がる経済安全保障の論議
3 2021.01.27 EMOTETテイクダウンの朗報、しかし再燃の動きも 国際間協力により完全破壊するも11月には復活
4 2021.05.26 ProjectWEBへの不正アクセスで官公庁等の情報が流出 今後のITサプライチェーンの課題は?
5 2021.11.26 みずほ銀行のシステム障害多発に金融庁が業務改善命令 日本企業の経営層に求められるITに対する理解
6 2021.01.29 Salesforce設定ミスによる情報流出にNISCが注意喚起 クラウド・バイ・デフォルト時代における新たな責任の自覚
7 2021.10.21 NTTと東京オリパラ大会組織委員会、サイバーセキュリティ対策を報告 懸念されたサイバー攻撃を防御し、東京オリパラは無事終了
8 2021.01.12 ソフトバンク元社員を不正競争防止法違反で逮捕 社員による会社情報持ち出しの抑止力となるか?
9 2021.07.28 「戦争の原因になり得る」とサイバー攻撃に強い危機感 対岸は存在しないサイバー空間の攻防
10 2021.09.28 VPN狙い撃ちの被害続く中、米政府堅牢化のガイダンスを公開 攻撃は境界型防衛への最後通告か

 

 


 

● まるちゃんの情報セキュリティきまぐれ日記

・2020.12.26 JNSAの2020年セキュリティ十大ニュース

・2009.12.29 JNSA 2009セキュリティ十大ニュース発表

| | Comments (0)

中国 通信院 グローバルデジタルガバナンス白書、ブロックチェーン白書、デジタルツインシティ白書、デジタルカーボンニュートラル白書、ビッグデータ白書、インターネット法白書

こんにちは、丸山満彦です。

中国の信息通信研究院

1 2021.12.23 全球数字治理白皮书 グローバルデジタルガバナンス白書
2 2021.12.22 区块链白皮书 ブロックチェーン白書
3 2021.12.21 数字孪生城市白皮书 デジタルツインシティーズ白書
4 2021.12.20 数字碳中和白皮书 デジタルカーボンニュートラル白書
5 2021.12.20 大数据白皮书 ビッグデータ白書
6 2021.12.17 互联网法律白皮书 インターネット法白書

を公表していますね。。。内容までは読めていないのですが...(^^;;

日本はベンチマーク対象となっていない感じですね。。。

なお、

クラウドコンピューティング白書、プライバシーコンピューティング白書、信頼できる人工知能についての白書は過去に公表されています。。。

7 2021.07.27 云计算白皮书 クラウドコンピューティング白書
8 2021.07.22 隐私计算白皮书 プライバシーコンピューティング白書
9 2021.07.09 可信人工智能白皮书 信頼できる人工知能についての白書

 

中国信息通信研究院 - 白皮书

・2021.12.23 全球数字治理白皮

・[PDF]

20211224-61317

全球数字治理白皮书 グローバルデジタルガバナンス白書
【摘    要】 要約
白皮书分析了近期全球数字治理重要机制和核心议题的主要进展,研究了各国数字治理模式和主要经验,探索了数字时代的全球数字治理之道。 この白書では、グローバル・デジタル・ガバナンスの主要なメカニズムと中核的な問題の最近の動向を分析し、各国のデジタル・ガバナンス・モデルと主要な経験を検証し、デジタル時代のグローバル・デジタル・ガバナンスのあり方を探っています。
【目    录】 目次
一、全球数字治理格局正在演变重塑 1. グローバルなデジタルガバナンスの状況は、進化し、再形成されている
(一)疫情大幅加快全球经贸的数字化 (1) 流行病は世界の貿易と経済のデジタル化を劇的に加速させた
(二)主要经济体积极布局全球数字治理 (2) 主要国は積極的にグローバルなデジタルガバナンスを構築している
(三)多边机制在全球数字治理中作用再次凸显 (3) グローバル・デジタル・ガバナンスにおける多国間メカニズムの役割が再び注目される
(四)多方力推数字议题取得积极进展 (4)デジタル関連のポジティブな動きは各方面で推進されている
二、全球性机制与多元平台推动数字治理建章立制 2. グローバルなメカニズムと複数のプラットフォームにより、デジタルガバナンスのためのルールや規則の確立が促進される
(一)G20/OECD/G7:数字治理的国际舞台 (1) G20/OECD/G7:デジタルガバナンスのための国際的アリーナ
(二)WTO/区域贸易协定:数字贸易规则制定的多元化路径 (2) WTO/地域貿易協定:デジタル・トレード・ルールメイキングの多様な道筋
(三)数字基础设施建设:积极探索全球治理新模式 (3) デジタルインフラの整備:新しいグローバルガバナンスのモデルを積極的に模索する
三、重点数字议题规则持续构建 3. デジタル関連の重要事項に関するルールの継続的な構築
(一)人工智能治理向专业组织、具体场景和细化规则下沉 (1) 人工知能のガバナンスは、専門組織、具体的なシナリオ、詳細なルールに宿る
(二)跨境数据流动政策持续演进 (2) 国境を越えたデータフロー政策は進化し続けている
(三)数字平台责任规则加快向国际贸易规则渗透 (3)デジタルプラットフォームの責任に関するルールが国際貿易ルールへの浸透を加速させる
(四)全球数字税规则取得历史性突破 (4) グローバルなデジタル税務ルールの歴史的なブレークスルー
(五)数字货币国际监管框架和基本规则已具雏形 (5)デジタル通貨の国際的な規制の枠組みや基本ルールが具体化している
四、全球数字治理未来展望 4. グローバル・デジタル・ガバナンスの今後の展望
(一)多/诸边机制将扮演更积极活跃的角色 (1) 多国・複数国間メカニズムがより積極的な役割を果たすようになる
(二)印太地区数字贸易规则构建成为各方关注焦点 (2) インド太平洋地域におけるデジタル貿易ルールの構築が各方面から注目されている
(三)全球数字治理新问题新议题不断涌现 (3) グローバル・デジタル・ガバナンスの新たな課題や問題は、今後も発生し続けるだろう。
(四)数字规则持续演进需高度关注 (4)デジタルルールは今後も進化し続けるので注意が必要

 

・2021.12.22 块链白皮

・[PDF]

20211224-61340

 

区块链白皮书 ブロックチェーン・ホワイトペーパー
【摘    要】 概要
白皮书在之前版本基础上,梳理国内外区块链发展最新动态,分析技术、应用、产业的发展态势,展望“十四五”区块链技术应用和产业发展机遇。 今回の白書では、前回の内容を踏まえ、国内外のブロックチェーンの最新の発展状況を振り返り、技術、応用、産業の発展動向を分析し、第14次5カ年計画におけるブロックチェーン技術の応用と産業発展の機会を展望しています。
【目    录】 目次
一、区块链发展综述 1. ブロックチェーン開発の概要
(一)区块链技术持续融合优化,精准匹配复杂业务场景 (1) ブロックチェーン技術は統合と最適化を続け、複雑なビジネスシナリオを正確にマッチングする
(二)区块链应用脱虚向实趋势显现,新应用领域不断拓展 (2)ブロックチェーン応用のトレンドが生まれ、新たな応用分野がますます広がっている
(三)区块链产业生态纵深发展,开源生态建设提速 (3) ブロックチェーン業界のエコロジーが深化し、オープンソースのエコロジー構築が加速する
二、区块链技术演进趋势 2. ブロックチェーン技術の進化の傾向
(一)核心技术:多点突破带动整体提升,产品形态逐步分化 (1)コア技術:多面的なブレークスルーにより全体的に改善され、製品形態が徐々に差別化されていく
(二)扩展技术:深度融合拓展,突破单链诸多瓶颈 (2)拡張技術:シングルチェーンの多くのボトルネックを打破する深い統合と拡張
(三)跨链技术:助力多链融合互通,实现多领域数据可信流转 (3)クロスチェーン技術:複数のチェーンの統合と相互運用を容易にし、複数の分野のデータの信頼性の高い流れを実現する
三、区块链应用发展态势 3. ブロックチェーンアプリケーションの開発動向
(一)区块链应用发展以水平化渗透为主 (1) ブロックチェーンアプリケーションの開発は、主に水平方向への浸透が基本となる
(二)区块链应用场景需深入分析理性选择 (2) ブロックチェーンの適用シナリオは、綿密な分析と合理的な選択が必要
(三)区块链应用模式及刚需行业场景逐步明显 (3)ブロックチェーンのアプリケーションモードと業界のシーンは、ちょうど需要が徐々に明らかになっている
(四)区块链应用发展仍面临诸多挑战 (4) ブロックチェーンアプリケーション開発にはまだ多くの課題がある
四、区块链助力经济社会高质量发展 4. ブロックチェーンは質の高い経済・社会の発展に役立つ
(一)区块链助推智慧农业,打造数字兴农新模式 (1) ブロックチェーンはスマートアグリを促進し、デジタル農業開発の新しいモデルを作るのに役立つ
(二)司法证据上链进度加快,可信存证助力法治中国建设 (2) 司法証拠の連鎖的な進展を加速させ、信頼できる証拠の保管により中国の法治国家の建設を支援する
(三)区块链助力联防联控,开创科技防疫应用新局面 (3) ブロックチェーンは共同予防と制御に役立ち、科学技術的な疫病予防の適用に新しい状況を作り出す
(四)链上政务简化办事流程,助力政务服务数字化 (4) チェーン・ガバメントは、ビジネスのプロセスを簡素化し、政府サービスのデジタル化を支援する
(五)区块链赋能“双碳”战略,推动绿色可持续发展 (5) ブロックチェーンは「ダブルカーボン」戦略を強化し、グリーンで持続可能な開発を促進する
五、区块链产业生态构建 5. ブロックチェーン業界のエコロジー構築
(一)产业环境:央地多措并举齐发力,为产业发展添能蓄势 (1)産業環境:中央と地方の当局が協調して、産業発展の機運を高めている
(二)产业主体:纵向一体化发展态势明显,跨界布局加速 (2)産業本体:垂直統合の発展傾向は明らかで、国境を越えたレイアウトが加速されている
(三)产业模式:区域级、行业级联盟生态逐步兴起 (3)産業モデル:地域や産業レベルでのアライアンスのエコロジーが徐々に生まれてくる
(四)开源生态:开源社区蓬勃发展,生态体系建设提速 (4) オープンソース・エコロジー:オープンソース・コミュニティが盛んになり、エコシステムの構築が加速している
五、总结与展望 6. まとめと展望

 

・2021.12.21 数字生城市白皮

・[PDF]

20211224-61401

 

数字孪生城市白皮书 デジタル・ツインシティ白書
【摘    要】 概要
报告从政产学研用、五大技术领域等多视角系统分析今年以来数字孪生城市发展十大态势,梳理数字孪生城市发展中的标准体系和应用场景,并提出了具体创新举措。 本報告では、デジタル・ツイン・シティの開発におけるトップ10のトレンドを、政府、産業、学術、研究・応用、5つの主要技術分野などの多面的な視点から体系的に分析し、デジタル・ツイン・シティの開発における標準的なシステムとアプリケーションのシナリオを比較し、具体的な革新的な取り組みを提案しています。
【目    录】 目次
一、发展态势:数字孪生加速推进智慧城市建设升级 1. 開発動向:デジタルツインがスマートシティ建設のアップグレードを加速する
(一)国家政策高位推动,多省市加快启动建设试点 (1) 国家政策が高いレベルで推進され、多くの省や市が建設パイロットの立ち上げを加速している
(二)标准制定全面提速,标准化组织亟待加强协作 (2) 標準化の進展が加速しており、標準化団体は連携を強化する必要がある
(三)产业积极组团合作,核心企业积极开放底层能力 (3)産業界が積極的にグループに協力し、中核企業が積極的に基礎能力を開放する
(四)学术成果快速增长,国际交流合作正式起步 (4) 学術的成果が急速に高まり、国際交流・協力が正式に開始された
(五)应用场景逐步明朗,数字孪生特色价值逐渐显现 (5)応用シーンが徐々に明らかになり、デジタルツインの価値が徐々に見えてくる
(六)信息模型市场活跃,地方实践行业标准双管齐下 (6) 活発な情報モデル市場、地域の慣行、業界標準
(七)空间测绘技术创新,全息测绘与时空图谱有突破 (7) 空間マッピング技術の革新、ホログラフィックマッピングと時空間マッピングが突破口に
(八)物模型正加速兴起,为设备孪生奠定坚实基础 (8) オブジェクトモデルの台頭が加速しており、機器ツインのための強固な基盤を築いている。
(九)城市仿真取得突破,跨学科与云化仿真成主流 (9)都市シミュレーションのブレークスルー、学際的なシミュレーションやクラウドベースのシミュレーションが主流になる
(十)孪生交互加快推进,低代码构建成企业共同选择  (10) ツインインタラクションが加速し、ローコード構築が企業の一般的な選択肢になっている
二、标准引领:以标准为抓手规范数字孪生城市建设 2.  標準による牽引:デジタルツインシティの建設を規制するためのグリップとしての規格
(一)以技术能力为核心,构建数字孪生城市实施框架 (1) 技術力を核としたデジタルツインシティ実現のためのフレームワーク構築
(二)以实施框架为指引,系统描绘标准体系蓝图 (2) 実装フレームワークを参考に、標準システムの青写真を体系的に描き出す
(三)以标准体系为基准,有节奏制定标准推进路线图 (3) 標準システムをベンチマークとして、リズミカルに標準を進めていくためのロードマップを作成する