« 総務省 「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処の在り方に関する研究会 第四次とりまとめ」及び意見募集の結果の公表 | Main | NPO デジタルフォレンジック研究会 「医療機関向けランサムウェア対応検討ガイダンス」の公開 »

2021.11.27

英国 情報コミッショナーの意見:オンライン広告の提案に対するデータ保護とプライバシーの期待

こんにちは、丸山満彦です。

英国のデータ保護局 (Information Commissioner's Office: ICO) が、アドテクノロジー業界がもたらしている既にあるプライバシーリスクを排除するよう、Google等に要請していますね。。。

U.K. Information Commissioner's Office

・2021.11.25 (news) ICO calls on Google and other companies to eliminate existing privacy risks posed by adtech industry

 

ICO calls on Google and other companies to eliminate existing privacy risks posed by adtech industry ICO、グーグルなどの企業に対し、アドテック業界がもたらす既存のプライバシーリスクを排除するよう要請
The Information Commissioner’s Office (ICO) has today set out clear data protection standards that companies must meet to safeguard people’s privacy online when developing new advertising technologies (adtech). 情報委員会(Information Commissioner's Office: ICO)は本日、新しい広告技術(アドテック)を開発する際に、オンライン上の人々のプライバシーを保護するために企業が満たさなければならない明確なデータ保護基準を定めました。
The privacy standards published in a Commissioner’s Opinion come as a warning to companies that are designing new methods of online advertising, that they must comply with data protection law and stop the excessive collection and use of people’s data. このプライバシー基準は、オンライン広告の新しい手法を設計している企業に対して、データ保護法を遵守し、人々のデータの過剰な収集と利用を止めなければならないという警告として、コミッショナーの意見として発表されたものです。
Currently, one of the most significant proposals in the online advertising space is the Google Privacy Sandbox, which aims to replace the use of third party cookies with alternative technologies that still enable targeted digital advertising. 現在、オンライン広告の分野で最も重要な提案の一つは、「Google Privacy Sandbox」です。これは、第三者のCookieの使用を、ターゲットを絞ったデジタル広告を可能にする代替技術に置き換えることを目的としています。
The ICO has been working with the Competition and Markets Authority (CMA) to review how Google’s plans will safeguard people’s personal data while, at the same time, supporting the CMA’s mission of ensuring competition in digital markets. ICOは、競争市場局(CMA)と協力して、Googleの計画が人々の個人データをどのように保護するかを検討すると同時に、デジタル市場での競争を確保するというCMAの使命をサポートしています。
Other industry players have also been developing different initiatives so people’s preferences are taken into account. We welcome proposals that respect people’s privacy rights and can demonstrate how they comply with the law. The Commissioner’s Opinion provides clear data protection expectations for any developers in this area. 他の業界各社も、人々の嗜好を考慮したさまざまな取り組みを行っています。我々は、人々のプライバシー権を尊重し、法律をどのように遵守しているかを示すことができる提案を歓迎します。この委員会の意見は、この分野の開発者に期待される明確なデータ保護を示しています。
Information Commissioner Elizabeth Denham said: 情報コミッショナーのエリザベス・デンハムは次のように述べています。
“Digital advertising is a complex ecosystem that grew quickly with the e-commerce boom and without people’s privacy in mind. 「デジタル広告は複雑なエコシステムであり、電子商取引のブームとともに急速に成長したが、人々のプライバシーを考慮することなく成長しました。
“What we found during our ongoing adtech work is that companies are collecting and sharing a person’s information with hundreds, if not thousands of companies, about what that person is doing and looking at online in order to show targeted ads or content. Most of the time, individuals are not aware that this is happening or have not given their explicit consent. This must change. 現在進行中のアドテックの仕事の中で分かったことは、企業がターゲットとなる広告やコンテンツを表示するために、その人がオンラインで何をしているか、何を見ているかという情報を収集し、何百、何千もの企業と共有しているということです。ほとんどの場合、個人はこのようなことが行われていることに気づいておらず、明確な同意もしていません。これを変えなければなりません。
“That is why we want to influence current and future commercial proposals on methods for online advertising early on, so that the changes made are not just window dressing, but actually give people meaningful control over their personal data.” だからこそ、私たちは、オンライン広告の手法に関する現在および将来の商業的提案に早い段階で影響を与えたいと考えています。そうすれば、変更された内容が単なる粉飾ではなく、実際に人々が自分の個人データを有意義にコントロールできるようになります。」
The Opinion makes it clear that companies designing new digital advertising technologies should offer people the ability to receive ads without tracking, profiling or targeting based on excessive collection of personal information. Where people choose to share their data, all companies within the adtech supply chain must ensure there is meaningful accountability, and give people control over their data and the ability to exercise their information rights. 本意見書では、新しいデジタル広告技術を設計する企業は、過剰な個人情報の収集に基づくトラッキング、プロファイリング、ターゲティングを行わずに広告を受信する機能を人々に提供すべきであることを明確にしています。人々が自分のデータを共有することを選択した場合、アドテクノロジーのサプライチェーンに属するすべての企業は、意味のある説明責任を果たし、人々が自分のデータをコントロールし、情報権利を行使できるようにしなければなりません。
Additionally, companies should be able to justify that the use of personal data for online advertising is fair, necessary and proportionate, as well as be clear with people about how and why their information is being used. さらに、企業は、オンライン広告のための個人データの使用が公正で必要かつ適切であることを正当化できるようにするとともに、自分の情報がどのように、そしてなぜ使用されるのかを人々に明確に伝えなければなりません。
Ms Denham said: デンハム氏は次のように述べています。
“I am looking for solutions that eliminate intrusive online tracking and profiling practices, and give people meaningful choice over the use of their personal data. My office will not accept proposals based on underlying adtech concepts that replicate or seek to maintain the status quo.” 「私は、押しつけがましいオンライントラッキングやプロファイリングの手法を排除し、個人データの使用について人々に意味のある選択を与えるような解決策を求めています。私のオフィスは、現状を再現したり維持しようとするアドテクノロジーの概念に基づく提案は受け入れません。」
The ICO began intervening in the adtech industry in 2019, when we identified key privacy issues on real time bidding and on the use of cookies and similar technologies. We asked the industry to assess how they used personal data and to start changing their practices. Since then, companies have been developing solutions to address our concerns and are moving towards less intrusive tracking practices. The Opinion published today will help companies shape their proposals. ICOは、2019年にアドテック業界への介入を開始し、リアルタイム入札や、クッキーや類似技術の使用に関する重要なプライバシー問題を特定しました。私たちは業界に対し、個人データの使用方法を評価し、慣行の変更を開始するよう求めました。それ以来、企業は我々の懸念に対処するためのソリューションを開発し、より押し付けがましくないトラッキング手法へと移行しています。本日発表された意見は、企業が提案を行う際の参考になります。
The ICO will continue to work with organisations, industry bodies and other regulators to ensure that the use of personal data for online advertising is lawful. ICOは、オンライン広告における個人データの使用が合法的であることを保証するために、組織、業界団体、その他の規制当局と協力していきます。
Notes to editors 編集者への注意事項
1. The Information Commissioner’s Office (ICO) upholds information rights in the public interest, promoting openness by public bodies and data privacy for individuals. 1. ICO(Information Commissioner's Office)は、公共の利益のために情報の権利を擁護し、公的機関のオープン性と個人のデータプライバシーを促進しています。
2. The ICO has specific responsibilities set out in the Data Protection Act 2018, the UK General Data Protection Regulation (GDPR), the Freedom of Information Act 2000, Environmental Information Regulations 2004 and Privacy and Electronic Communications Regulations 2003. 2. ICOは、2018年データ保護法、英国一般データ保護規則(GDPR)、2000年情報自由法、2004年環境情報規則、2003年プライバシーおよび電子通信規則に定められた特定の責任を負っています。
3. Since 25 May 2018, the ICO has the power to impose a civil monetary penalty (CMP) on a data controller of up to £17million (20m Euro) or 4% of global turnover. 3. 2018年5月25日以降、ICOはデータ管理者に対して、最大1,700万ポンド(2,000万ユーロ)または世界売上高の4%の民事金銭的ペナルティ(CMP)を課す権限を有しています。
4. The DPA2018 and UK GDPR gave the ICO new strengthened powers. 4. DPA2018と英国GDPRにより、ICOは新たに強化された権限を得ました。
5. The data protection principles in the UK GDPR evolved from the original DPA, and set out the main responsibilities for organisations. 5. 英国GDPRのデータ保護原則は、オリジナルのDPAから発展したもので、組織の主な責任を定めています。
6. To report a concern to the ICO, go to ico.org.uk/concerns. 6. ICOに懸念事項を報告するには、ico.org.uk/concernsにアクセスしてください。

 

・2021.11.25 [PDF] Information Commissioner’s Opinion: Data protection and privacy expectations for online advertising proposals

20211126-180819

・[DOCX] 仮訳

 

 

|

« 総務省 「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処の在り方に関する研究会 第四次とりまとめ」及び意見募集の結果の公表 | Main | NPO デジタルフォレンジック研究会 「医療機関向けランサムウェア対応検討ガイダンス」の公開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 総務省 「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処の在り方に関する研究会 第四次とりまとめ」及び意見募集の結果の公表 | Main | NPO デジタルフォレンジック研究会 「医療機関向けランサムウェア対応検討ガイダンス」の公開 »