« Cloud Security Alliance: ゼロトラスト・アーキテクチャーに向けて | Main | ENISA Threat Landscape 2021:ランサムウェア、クリプトジャッキングを利用した金銭目的のサイバー犯罪が急増 »

2021.10.29

国際決済銀行 (BIS) 金融におけるビッグ・テクノロジー:データ・プライバシーと競争の間の新たな結びつきについて at 2021.10.21

こんにちは、丸山満彦です。

国際決済銀行 (BIS)が「金融におけるビッグ・テクノロジー:データ・プライバシーと競争の間の新たな結びつきについて」についての報告書を公表していますね。。。

 

 ● Bank for International Settlements: BIS 

・2021.10.21 Big techs in finance: on the new nexus between data privacy and competition

 

Big techs in finance: on the new nexus between data privacy and competition 金融におけるビッグ・テクノロジー:データ・プライバシーと競争の間の新たな結びつきについて
Summary サマリー
Focus フォーカス
Large technology companies such as Alibaba, Amazon, Facebook, Google and Tencent have started to provide financial services. The activities of big techs in finance are a special case of broader fintech innovation. While fintech companies are set up to operate primarily in financial services, big tech firms offer financial services as part of a much wider set of activities. Big techs' foray into finance raises both opportunities and risks. アリババ、アマゾン、フェイスブック、グーグル、テンセントなどの大規模なテクノロジー企業が、金融サービスを提供し始めている。大手テクノロジー企業の金融における活動は、より広範なフィンテック・イノベーションの特殊なケースである。フィンテック企業が主に金融サービスを提供するために設立されているのに対し、ビッグテック企業はより広範な活動の一環として金融サービスを提供している。ビッグテック企業の金融への進出は、チャンスとリスクの両方をもたらす。
Contribution 貢献
The contribution of this paper is threefold. First, it describes big techs' business models and analyses the potential benefits in their provision of financial services such as financial inclusion and reduced asymmetric information problems in the supply of credit. Second, it evaluates the potential costs, including the new risks of price discrimination, abuse of market power, anti-competitive behaviour and limits to data privacy. Third, it lays out the complex public policy trade-off between the objectives of efficiency and privacy, and discusses the policy options 本論文の貢献は3つある。第一に、ビッグテック企業のビジネスモデルを説明し、金融包摂やクレジット供給における非対称情報問題の軽減など、金融サービスの提供における潜在的なメリットを分析している。第二に、価格差別、市場支配力の濫用、反競争的行動、データプライバシーの制限などの新たなリスクを含む、潜在的なコストを評価しています。第三に、効率性とプライバシーという目的の間の複雑な公共政策上のトレードオフを明らかにし、政策オプションを議論しています。
Findings 調査結果
Big techs' entry in finance builds on their established digital platforms in e-commerce, search and social media, and holds the prospect of efficiency gains and greater financial inclusion. Their business model rests on enabling direct interactions among a large number of users. An essential by-product of their business is their large stock of user data, which are used as an input for a range of services that exploit natural network effects, generating further user activity. Increased user activity then completes the circle, as it generates yet more data. The self-reinforcing loop between data, network externalities and activities, is the DNA of big techs. Big techs have the potential to become dominant through the advantages afforded by the data-network-activities DNA loop – raising competition and data privacy issues.How to define and regulate the use of data has become an important policy issue for authorities and increases the need to coordinate policies at both the domestic and international level. ビッグテック企業の金融分野への参入は、電子商取引、検索、ソーシャルメディアで確立されたデジタルプラットフォームを基盤としており、効率化と金融包摂の拡大が期待されています。彼らのビジネスモデルは、多数のユーザー間の直接的な交流を可能にすることにかかっています。彼らのビジネスの重要な副産物は、大量のユーザーデータであり、これらのデータは、自然なネットワーク効果を利用した様々なサービスのインプットとして使用され、さらなるユーザーの活動を生み出します。ユーザーの活動が活発になると、さらに多くのデータが生成されるという循環が生まれます。データ、ネットワーク外部性、活動の間の自己強化ループは、ビッグテックのDNAである。データの利用をどのように定義し、規制するかは、当局にとって重要な政策課題となっており、国内および国際レベルで政策を調整する必要性が高まっています。
Abstract 概要
The business model of big techs rests on enabling direct interactions among a large number of users on digital platforms, such as in e-commerce, search and social media. An essential by-product is their large stock of user data, which they use to offer a wide range of services and exploit natural network effects, generating further user activity. Increased user activity completes the circle, as it generates yet more data. Building on the self-reinforcing nature of the data- network-activities loop, some big techs have ventured into financial services, including payments, money management, insurance and lending. The entry of big techs into finance promises efficiency gains and greater   financial inclusion. At the same time, it introduces new risks associated with market power and data privacy. The nature of the new trade-off between efficiency and privacy will depend on societal preferences, and will vary across jurisdictions. This increases the need to coordinate policies both at the domestic and international level. ビッグテック企業のビジネスモデルは、電子商取引、検索、ソーシャルメディアなどのデジタルプラットフォーム上で、多数のユーザー間の直接的なやり取りを可能にすることにあります。副産物として、ユーザーデータが大量に蓄積され、それを利用して様々なサービスを提供し、自然なネットワーク効果を利用して、さらなるユーザーの活動を生み出しています。ユーザーの活動が活発になると、さらに多くのデータが生成されるため、その輪が完成します。データ-ネットワーク-アクティビティのループの自己強化の性質を利用して、一部のビッグテック企業は、決済、資金管理、保険、融資などの金融サービスに進出しています。ビッグテックの金融への参入は、効率化と金融包摂の拡大を約束するものです。一方で、市場支配力やデータ・プライバシーに関連する新たなリスクが生じる。効率性とプライバシーの間の新たなトレードオフの性質は、社会的な嗜好に左右され、また、法域によっても異なります。このため、国内および国際的なレベルで政策を調整する必要性が高まっています。

 

・[PDF] BIS Working Papers No 970 Big techs in finance: on the new nexus between data privacy and competition

20211029-02916

 

目次的なもの...

 

Abstract 概要
Introduction はじめに
Big techs’ business model ビッグテックのビジネスモデル
Big techs as multi-sided platforms and their life cycle 多面的なプラットフォームとしてのビッグテックとそのライフサイクル
The DNA of big techs ビッグテックのDNA
Potential benefits from big techs ビッグテックがもたらす潜在的利益
Financial inclusion ファイナンシャル・インクルージョン
Reduction of financial frictions in lending 貸し出しにおける金融摩擦の軽減
Potential costs of big techs’ use of personal data ビッグテックが個人データを利用することによる潜在的コスト
Monopolistic use of data and price discrimination データの独占的利用と価格差別
Algorithmic biases and abuse of market power アルゴリズムの偏りと市場支配力の濫用
Anti-competitive behaviour 反競争的な行動
Privacy プライバシー
The new policy trade-off between efficiency and privacy 効率性とプライバシーの間の新しい政策的トレードオフ
Challenges for public policy 公共政策の課題
Policy options 政策の選択肢
Domestic and international policy coordination 国内および国際的な政策調整
References 参考文献

|

« Cloud Security Alliance: ゼロトラスト・アーキテクチャーに向けて | Main | ENISA Threat Landscape 2021:ランサムウェア、クリプトジャッキングを利用した金銭目的のサイバー犯罪が急増 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Cloud Security Alliance: ゼロトラスト・アーキテクチャーに向けて | Main | ENISA Threat Landscape 2021:ランサムウェア、クリプトジャッキングを利用した金銭目的のサイバー犯罪が急増 »