« 米国 司法省 コロニアル・パイプライン社が支払った暗号通貨の大半(約230 万ドル)を押収 | Main | 米国上院軍事委員会 米国と中国の戦略的競争についてのヒアリング »

2021.06.08

U.S. の公益団体であるEPICが顔認識技術および遠隔生体認識技術の使用禁止を世界的に呼びかけていますね。。。

こんにちは、丸山満彦です。

U.S. の公益団体であるElectronic Privacy Information Center: EPICが顔認識技術および遠隔生体認識技術の使用禁止を世界的に呼びかけていますね。。。

顔認識技術や遠隔生体認識技術への公的投資を停止し、公共空間での顔認識技術等の政府および私的使用を禁止し、これらによる大量監視システムによって監視または危害を受けた個人への開示と補償を義務付けるよう求めていますね。。。

Electronic Privacy Information Center: EPIC

・2021.06.07 EPIC, Coalition Call for Global Ban on Biometric Recognition Technologies

In an open letter, EPIC and a coalition of more than 175 civil society organizations, activists, technologists, and other experts called "for an outright ban on uses of facial recognition and remote biometric recognition technologies that enable mass surveillance and discriminatory targeted surveillance." The letter urges lawmakers around the world to stop public investment in facial recognition, prohibit government and private use of facial recognition in public spaces, and mandate disclosure and reparations to individuals monitored or harmed by biometric mass surveillance systems. The letter identifies one-to-many facial recognition identification (comparing an image to a gallery of identified images) as inherently dangerous to the public because the databases of images enable discriminatory targeted surveillance and the technology itself enables comprehensive public surveillance. EPIC began pushing for a ban in 2019 with the launch of the Ban Face Surveillance campaign and recently joined over 40 other organizations to call for a ban on U.S. law enforcement's use of facial recognition technology. EPICと175以上の市民社会団体、活動家、技術者、その他の専門家からなる連合は、公開書簡の中で、「集団監視や差別的な標的監視を可能にする顔認証および遠隔生体認証技術の使用を全面的に禁止すること 」を求めました。書簡では、世界中の議員に対し、顔認証への公共投資を中止し、政府や民間が公共の場で顔認証を使用することを禁止し、生体情報を利用した大量監視システムによって監視されたり被害を受けたりした個人への情報開示と賠償を義務付けるよう求めています。この書簡では、一対多の顔識別(画像を識別された画像のギャラリーと比較すること)は、画像のデータベースが差別的な標的監視を可能にし、技術自体が包括的な国民監視を可能にするため、国民にとって本質的に危険であると指摘しています。EPICは、2019年に「Ban Face Surveillance」キャンペーンを立ち上げて禁止を働きかけ始め、最近では他の40以上の団体とともに、米国の法執行機関による顔認証技術の使用を禁止することを求めています。

・[PDF] Open letter calling for a global ban on biometric recognition technologies that enable mass and discriminatory surveillance

20210608-154137

仮訳してみました...

[DOCX]

 

|

« 米国 司法省 コロニアル・パイプライン社が支払った暗号通貨の大半(約230 万ドル)を押収 | Main | 米国上院軍事委員会 米国と中国の戦略的競争についてのヒアリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 米国 司法省 コロニアル・パイプライン社が支払った暗号通貨の大半(約230 万ドル)を押収 | Main | 米国上院軍事委員会 米国と中国の戦略的競争についてのヒアリング »