« 欧州保険職業年金局 (EIOPA) 欧州保険セクターにおける倫理的で信頼できるAIガバナンス原則に関するレポートを公表 | Main | 欧州 EDPBとEDPS 公共の場における人の特徴を自動認識するためのAIの使用、および不当な差別につながる可能性のあるその他のAIの使用の一部を禁止するよう要請 »

2021.06.22

人工知能技術に芸術と人文科学はどのように貢献できるか? by John Tasioulas(オックスフォード大学のAI倫理研究所所長)

こんにちは、丸山満彦です。

直訳すると、「人工知能を考える上での芸術と人文科学の役割」ということになるのでしょうか。。。

AI技術が社会に与える影響が広範に深く及ぶので、人間が人工知能という技術をどのように使うのかが問われているのだろうと思います。生物として本来人間が持っている能力を拡張する能力を新たに獲得することによって生じる影響を、社会にどのように定着させるのか人類が問われているのだろうと思います。産業革命で蒸気動力、ダイナマイト、自動車、飛行機、原子力エネルギー、インターネット、過去にもそのようなことは色々とあったと思いますが、インターネットと同じで身近な問題ということでより多くの人々が考えなければならない問題なのかもしれませんね。

技術の問題ではなく、人間の選択の問題なのだろうと思います。「賢い」選択をする必要がありますね。自分たちが重要と考えている価値観が何かを見つめ直すことが重要な時かもしれません。。。

Ada Lovelance Institute

・2021.06.14 The role of the arts and humanities in thinking about artificial intelligence (AI) by John Tasioulas

Reclaiming a broad and foundational understanding of ethics in the AI domain, with radical implications for the re-ordering of social power

 

1_20210622100001

 

|

« 欧州保険職業年金局 (EIOPA) 欧州保険セクターにおける倫理的で信頼できるAIガバナンス原則に関するレポートを公表 | Main | 欧州 EDPBとEDPS 公共の場における人の特徴を自動認識するためのAIの使用、および不当な差別につながる可能性のあるその他のAIの使用の一部を禁止するよう要請 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 欧州保険職業年金局 (EIOPA) 欧州保険セクターにおける倫理的で信頼できるAIガバナンス原則に関するレポートを公表 | Main | 欧州 EDPBとEDPS 公共の場における人の特徴を自動認識するためのAIの使用、および不当な差別につながる可能性のあるその他のAIの使用の一部を禁止するよう要請 »