« U.K. 安全保障の中心にCyberを置く? | Main | 欧州委員会 デジタル・コンパス2030 at 2020.03.09 »

2021.03.17

U.K. The Integrated Review 2021 今後10年間の世界における英国の役割に関する政府のビジョンと2025年までに取るべき行動

こんにちは、丸山満彦です。

一つ前のブログの記事の元の報告書の紹介です。

7つの海を支配した国が相対的な地位を下げながらもなおも世界に大きな影響力を持つ国のポジションを維持している英国は、これからの日本が見習うことの多い国の一つだろうと思います。

そういう国の今後の方向性の一面を示す報告書が出ましたね。。。

● U.K. Goverment

・2021.03.16 (Collection) The Integrated Review 2021

Global Britain in a Competitive Age, the Integrated Review of Security, Defence, Development and Foreign Policy, describes the government’s vision for the UK’s role in the world over the next decade and the action we will take to 2025.


The Integrated Review 2021 統合レビュー2021
Global Britain in a Competitive Age, the Integrated Review of Security, Defence, Development and Foreign Policy, describes the government’s vision for the UK’s role in the world over the next decade and the action we will take to 2025. 安全保障・防衛・開発・外交政策の統合的見直しである「競争時代のグローバル・ブリテン」は、今後10年間の世界における英国の役割に関する政府のビジョンと、2025年までに取るべき行動を説明しています。
The Integrated Review is a comprehensive articulation of the UK’s national security and international policy. It outlines three fundamental national interests that bind together the citizens of the UK – sovereignty, security and prosperity – alongside our values of democracy and a commitment to universal human rights, the rule of law, freedom of speech and faith, and equality. 統合レビューは、英国の国家安全保障と国際政策を包括的に表現したものです。統合レビューは、主権、安全保障、繁栄という英国市民を結びつける3つの基本的な国益に加え、民主主義、普遍的人権へのコミットメント、法の支配、言論と信仰の自由、平等といった英国の価値観を概説しています。
The Integrated Review concludes at an important moment for the United Kingdom. The world has changed considerably since the 2015 Strategic Defence and Security Review, as has the UK’s place within it. 統合レビューは、英国にとって重要な時期に終了します。2015年の戦略的防衛・安全保障レビュー以降、世界は大きく変化し、その中での英国の位置づけも大きく変わりました。
The document, which is the product of over a year of work across government and of consultation with a wide range of external organisations and thinkers, sets out a vision for Global Britain. This includes: この文書は、政府全体での1年以上の作業と、外部の幅広い組織や思想家との協議の成果であり、グローバルブリテンのビジョンを示しています。その内容は以下の通りです。
・an emphasis on openness as a source of prosperity ・繁栄の源である開放性を重視すること
・a more robust position on security and resilience ・セキュリティとレジリエンスに対するより強固な姿勢
・a renewed commitment to the UK as a force for good in the world ・世界のために力を発揮する英国への新たなコミットメント
・an increased determination to seek multilateral solutions to challenges like climate change ・気候変動などの課題に対する多国間での解決策を模索する決意を強めること
It also stresses the importance of deepening our relationships with allies and partners around the world, as well as moving more swiftly and with greater agility. また、世界中の同盟国やパートナーとの関係を深め、より迅速かつ俊敏に行動することの重要性も強調しています。
In this context, the Integrated Review sets out four overarching objectives: このような背景から、統合レビューでは4つの包括的な目標を掲げています。
Sustaining strategic advantage through science and technology, incorporating it as an integral element of national security and international policy to firmly establish the UK as a global S&T and responsible cyber power. This will be essential in gaining economic, political and security advantages. 科学技術による戦略的優位性を維持し、国家安全保障および国際政策の不可欠な要素として科学技術を取り入れ、世界的な科学技術および責任あるサイバーパワーとしての英国の地位を確固たるものにする。これは、経済的、政治的、安全保障的な優位性を獲得するために不可欠です。
Shaping the open international order of the future, working with partners to reinvigorate the international institutions, laws and norms that enable open societies and economies such as the UK to flourish. This will help our citizens and others around the world realise the full benefits of democracy, free trade and international cooperation – not least in the future frontiers of cyberspace and space. 未来の開かれた国際秩序を形成し、パートナーと協力して、英国のような開かれた社会と経済を繁栄させるための国際機関、法律、規範を再活性化する。これにより、英国の市民や世界中の人々が、民主主義、自由貿易、国際協力の恩恵を最大限に享受できるようになります。特に、サイバー空間や宇宙といった未来のフロンティアにおいても同様です。
Strengthening security and defence at home and overseas, working with allies and partners to help us to maximise the benefits of openness and protect our people, in the physical world and online, against a range of growing threats. These include state threats, radicalisation and terrorism, serious and organised crime, and weapons proliferation. 国内外の安全保障と防衛を強化し、同盟国やパートナーと協力して、開放性の恩恵を最大限に享受し、拡大する様々な脅威から国民を物理的な世界でもオンラインでも保護する。これらの脅威には、国家の脅威、過激化とテロリズム、重犯罪と組織犯罪、武器の拡散などがあります。
Building resilience at home and overseas, improving our ability to anticipate, prevent, prepare for and respond to risks ranging from extreme weather to cyber-attacks. This will also involve tackling risks at source – in particular climate change and biodiversity loss. 異常気象からサイバー攻撃まで、様々なリスクを予測し、予防し、準備し、対応する能力を向上させ、国内外でレジリエンスを高める。これには、特に気候変動や生物多様性の損失など、原因となるリスクへの対処も含まれます。
The Integrated Review sets out the government’s overarching national security and international policy objectives to 2025. These will inform future policy-making for all government departments. They will also inform future Spending Reviews, offering further opportunities to align resources with ambition over the long term. We will ensure all government’s instruments work together, coordinated by enhanced strategic capabilities at the centre, to achieve our objectives. 統合レビューは、2025年までの政府の包括的な国家安全保障および国際政策の目標を示しています。これらは、すべての政府省庁の今後の政策立案に反映されます。また、今後の支出レビューにも反映され、長期的な野心に資源を合わせるためのさらなる機会を提供します。私たちは、政府のすべての手段が連携し、中央で強化された戦略的能力によって調整されて、目標を達成できるようにします。

 

・2021.03.16 (Policy paper) Global Britain in a Competitive Age: the Integrated Review of Security, Defence, Development and Foreign Policy

・[PDF] Global Britain in a Competitive Age: the Integrated Review of Security, Defence, Development and Foreign Policy

20210316-234455

 

 

I. Foreword from the Prime Minister I. 首相からの序文
The Prime Minister’s vision for the UK in 2030 首相による2030年の英国のビジョン
II. Overview II. 概要
III. The national security and international environment to 2030 III. 2030年までの国家安全保障と国際環境
IV. Strategic Framework IV. 戦略的枠組み
1. Sustaining strategic advantage through science and technology 1. 科学技術による戦略的優位性の維持
1.1 Growing the UK’s science and technology power 1.1 英国の科学・技術力の向上
1.2 Responsible, democratic cyber power 1.2 責任ある、民主的なサイバー・パワー
2. Shaping the open international order of the future 2. 未来の開かれた国際秩序を形成する
2.1 A force for good: supporting open societies a defending human rights 2.1 善の力:開かれた社会の支援と人権の擁護
2.2 An open, resilient global economy 2.2 開放的で強靭な世界経済の実現
2.3 Extending an open international order in future frontiers 2.3 未来のフロンティアにおける開かれた国際秩序の拡大
The UK in the world: a European country with global interests 世界の中の英国:グローバルな関心を持つ欧州の国
The Indo-Pacific tilt: a framework インド・太平洋の傾斜:枠組み
3. Strengthening security and defence at home and overseas 3. 国内外における安全保障と防衛の強化
3.1 Countering state threats: defence, disruption and deterrence 3.1 国家の脅威に対抗する:防衛、破壊、抑止力
The nuclear deterrent 核の抑止力
3.2 Conflict and instability 3.2 紛争と不安定性
3.3 Homeland security and transnational security challenges 3.3 国土安全保障と国境を越えた安全保障上の課題
4. Building resilience at home and overseas 4. 国内および海外におけるレジリエンスの構築
4.1 Building the UK’s national resilience 4.1 英国の国家的強靭性の構築
4.2 Tackling climate change and biodiversity loss 4.2 気候変動と生物多様性の損失への取り組み
4.3 Building health resilience 4.3 健康面でのレジリエンスの構築
V. Implementing the Integrated Review V. 統合レビューの実装
Annex A: Integrated Review priorities funded in Spending Review 2020 附属書A: 統合レビューの優先事項は支出レビュー2020で資金提供される
Annex B: Evidence and engagement 附属書B: 証拠とエンゲージメント
Annex C: Glossary 附属書C: 用語集

 

I. Foreword from the Prime Minister I. 首相からの序文
When we began the Integrated Review in early 2020, we could not have anticipated how a coronavirus would trigger perhaps the greatest international crisis since the Second World War, with tragic consequences that will persist for years to come. COVID-19 has reminded us that security threats and tests of national resilience can take many forms. 2020年初頭に統合レビューを開始したとき、コロナウイルスが第二次世界大戦以来、おそらく最大の国際危機の引き金となり、今後何年にもわたって続く悲劇的な結果をもたらすことになるとは予想できませんでした。COVID-19は、安全保障上の脅威や国家の回復力のテストにはさまざまな形があることを私たちに教えてくれました。
Thanks to the fortitude of the British people and the monumental efforts of our NHS, the UK is emerging from the pandemic with renewed determination and optimism. Our journey to recovery has already begun and we are resolved to build back better, ensuring that we are stronger, safer and more prosperous than before. Yet if we are to escape the malign effect of the virus, the race to vaccinate and therefore protect people cannot stop at national borders. Hence the UK has joined other countries in the COVAX initiative to extend this campaign across the globe. 英国国民の不屈の精神とNHSの多大な努力のおかげで、英国は新たな決意と楽観主義をもってパンデミックから脱却しつつあります。復興への道のりはすでに始まっており、私たちは以前よりも強く、安全で、豊かな国になるために、より良い復興を目指す決意を固めています。しかし、私たちがウイルスの悪影響から逃れるためには、ワクチンを接種して人々を守るための競争を、国境を越えて行うことはできません。そのため、英国は他の国と協力して、このキャンペーンを世界に広げるためのCOVAXイニシアチブに参加しています。
Having left the European Union, the UK has started a new chapter in our history. We will be open to the world, free to tread our own path, blessed with a global network of friends and partners, and with the opportunity to forge new and deeper relationships. Our Trade and Cooperation Agreement with the EU gives us the freedom to do things differently and better, both economically and politically. In the years ahead, agility and speed of action will enable us to deliver for our citizens, enhancing our prosperity and security. EUを離脱した英国は、歴史の新しい章を始めました。世界に開かれ、独自の道を歩む自由を得て、友人やパートナーのグローバルなネットワークに恵まれ、新たな深い関係を築く機会を得ることができます。EUとの貿易・協力協定により、経済的にも政治的にも、これまでとは違った方法で、より良い方法で物事を行う自由を得ることができます。今後数年間は、敏捷性と行動の速さによって、市民に貢献し、繁栄と安全を高めることができるでしょう。
My vision for the UK in 2030 sets high ambitions for what this country can achieve. 2030年の英国に関する私のビジョンは、この国が達成できることについて高い野望を掲げています。
Few nations are better placed to navigate the challenges ahead, but we must be willing to change our approach and adapt to the new world emerging around us. Open and democratic societies like the UK must demonstrate they are match-fit for a more competitive world. We must show that the freedom to speak, think and choose – and therefore to innovate – offers an inherent advantage; and that liberal democracy and free markets remain the best model for the social and economic advancement of humankind. しかし、私たちは、これまでのやり方を変えて、私たちの周りに出現している新しい世界に適応していかなければなりません。英国のようなオープンで民主的な社会は、より競争の激しい世界に適合していることを証明しなければなりません。私たちは、発言、思考、選択の自由、そしてそれゆえの革新が本質的な優位性をもたらすこと、そして自由民主主義と自由市場が人類の社会的、経済的進歩のための最良のモデルであり続けることを示さなければなりません。
History has shown that democratic societies are the strongest supporters of an open and resilient international order, in which global institutions prove their ability to protect human rights, manage tensions between great powers, address conflict, instability and climate change, and share prosperity through trade and investment. That open and resilient international order is in turn the best guarantor of security for our own citizens. 歴史的に見ても、民主主義社会は、開かれた弾力性のある国際秩序を最も強く支持するものであり、その中で、グローバルな機関は、人権を保護し、大国間の緊張を管理し、紛争、不安定、気候変動に対処し、貿易と投資を通じて繁栄を共有する能力を証明しています。このような開かれた弾力性のある国際秩序は、ひいては自国民の安全保障の最良の保証となります。
To be open, we must also be secure. Protecting our people, our homeland and our democracy is the first duty of any government, so I have begun the biggest programme of investment in defence since the end of the Cold War. This will demonstrate to our allies, in Europe and beyond, that they can always count on the UK when it really matters. We will exceed our manifesto and NATO spending commitments, with defence spending now standing at 2.2% of GDP, and drive forward a modernisation programme that embraces the newer domains of cyber and space, equipping our armed forces with cutting-edge technology. And we will continue to defend the integrity of our nation against state threats, whether in the form of illicit finance or coercive economic measures, disinformation, cyber-attacks, electoral interference or even – three years after the Salisbury attack – the use of chemical or other weapons of mass destruction. 開放的であるためには、安全でなければなりません。国民、国土、民主主義を守ることは、あらゆる政府の第一の義務であり、私は冷戦終結以来最大の防衛投資プログラムを開始しました。私は、冷戦終結以来最大の防衛投資プログラムを開始しました。これにより、ヨーロッパやその他の国々の同盟国に対して、本当に重要なときには常に英国を頼りにすることができるということを示すことができます。私たちは、マニフェストやNATOの支出公約を上回り、現在の防衛費はGDPの2.2%に達しています。また、サイバーや宇宙といった新しい領域を包含する近代化プログラムを推進し、軍隊に最先端の技術を装備します。そして、不正な資金調達や強圧的な経済手段、情報操作、サイバー攻撃、選挙妨害、さらにはソールズベリー事件から3年が経過した今、化学兵器やその他の大量破壊兵器の使用など、国家の脅威から国家の健全性を守り続けます。
As the attacks in Manchester, London and Reading have sadly demonstrated, the terrorist threat in the UK remains all too real – whether Islamist-inspired, Northern Ireland-related or driven by other motivations. Our security and intelligence agencies and law enforcement community work around the clock to stop would-be terrorists in their tracks, disrupting 28 planned attacks since 2017. We will continue to invest in this essential work, through increased funding for the intelligence agencies and Counter Terrorism Policing in 2021-22 and our drive to recruit an extra 20,000 police officers. And we will maintain constant vigilance in protecting British citizens from serious and organised crime. マンチェスター、ロンドン、レディングで発生したテロ事件が示すように、英国におけるテロの脅威は、イスラム教に影響されたものであれ、北アイルランドに関連したものであれ、その他の動機によるものであれ、依然としてあまりにも現実的です。英国の治安・情報機関と法執行機関は、テロリスト予備軍を阻止するために24時間体制で活動しており、2017年以降、28件の攻撃計画を阻止しています。私たちは、2021年から22年にかけて情報機関とテロ対策警察への予算を増やし、さらに2万人の警察官を採用することで、この重要な仕事に引き続き投資していきます。また、重大犯罪や組織犯罪から英国市民を守るために、常に警戒を怠りません。
We will also bring to bear new capabilities such as the Counter Terrorism Operations Centre and the National Cyber Force. Learning from the pandemic, we will bolster our national resilience with a new Situation Centre at the heart of government, improving our use of data and our ability to anticipate and respond to future crises. And we will deliver our goal of having the most effective border in the world by 2025, embracing innovation, simplifying the process for traders and travellers, and improving the security and biosecurity of the UK. また、Counter Terrorism Operations CentreやNational Cyber Forceなどの新しい機能を活用していきます。パンデミックを教訓に、政府の中心に新しいシチュエーションセンターを設置し、データの活用と将来の危機を予測して対応する能力を向上させることで、国家の回復力を強化します。また、2025年までに世界で最も効率的な国境を作るという目標を達成するために、イノベーションを取り入れ、貿易業者や旅行者の手続きを簡素化し、英国のセキュリティとバイオセキュリティを向上させます。
Keeping the UK’s place at the leading edge of science and technology will be essential to our prosperity and competitiveness in the digital age. Our aim is to have secured our status as a Science and Tech Superpower by 2030, by redoubling our commitment to research and development, bolstering our global network of innovation partnerships, and improving our national skills – including by attracting the world’s best and brightest to the UK through our new Global Talent Visa. We will lay the foundations for long-term prosperity, establishing the UK as a global services, digital and data hub by drawing on our nation’s great strengths in digital technologies, and attracting inward investment. 科学技術の分野で英国が最先端の地位を維持することは、デジタル時代における英国の繁栄と競争力にとって不可欠です。私たちの目標は、2030年までに科学技術大国としての地位を確保することです。そのためには、研究開発へのコミットメントを倍増し、イノベーションパートナーシップのグローバルネットワークを強化し、新しいグローバルタレントビザを通じて世界の優秀な人材を英国に誘致するなどして、国民のスキルを向上させます。私たちは、長期的な繁栄のための基盤を構築し、英国を世界的なサービス、デジタル、データのハブとして確立するために、デジタル技術における英国の大きな強みを活かし、対内投資を誘致します。
In 2021 and beyond, Her Majesty’s Government will make tackling climate change and biodiversity loss its number one international priority. Under my chairmanship, the UN Security Council recently held its first ever high-level meeting on the impact of climate change on peace and security. The UK was the first advanced economy to set a net zero target for 2050. We will now begin an unprecedented programme of new investment, taking forward our ten-point plan for a green industrial revolution by funding British research and development in green technologies, and helping the developing world with the UK’s International Climate Finance. 2021年以降、女王陛下の政府は、気候変動と生物多様性の損失への取り組みを、国際的な最優先事項とします。私の議長のもと、国連安全保障理事会は先日、気候変動が平和と安全保障に与える影響について、史上初のハイレベル会合を開催しました。英国は、先進国の中で初めて2050年のネット・ゼロ目標を設定しました。私たちは今後、前例のない新規投資プログラムを開始し、グリーン産業革命のための10項目の計画を進め、グリーン技術に関する英国の研究開発に資金を提供するとともに、英国の国際気候金融によって発展途上国を支援します。
The creation of the Foreign, Commonwealth and Development Office is the springboard for all our international efforts, integrating diplomacy and development to achieve greater impact and address the links between climate change and extreme poverty. The UK will remain a world leader in international development and we will return to our commitment to spend 0.7% of gross national income on development when the fiscal situation allows. And we will maintain the other vital instruments of our influence overseas, such as our global diplomatic network and the British Council, driving forward campaigns for girls’ education and religious and media freedom. 外交・英連邦・開発局の設立は、私たちの国際的な取り組みの基盤となるもので、外交と開発を統合することでより大きな効果を上げ、気候変動と極度の貧困との関連性に対処します。英国は、国際開発における世界的なリーダーであり続け、財政状況が許す限り、国民総所得の0.7%を開発に費やすという公約に立ち返ります。また、グローバルな外交ネットワークやブリティッシュ・カウンシルなど、海外への影響力を高めるための重要な手段を維持し、女子教育や宗教・メディアの自由のためのキャンペーンを推進していきます。
British leadership in the world in 2021 2021年の世界における英国のリーダーシップ
2021 will be a year of British leadership, setting the tone for the UK’s international engagement in the decade ahead, through our presidency of the G7 and the Cornwall summit in June, the Global Partnership for Education, which we will co-host with Kenya in July, and culminating in the 26th UN Climate Change Conference in Glasgow in November, in partnership with Italy. 2021年は、英国のリーダーシップの年となり、今後10年間の英国の国際的関与の基調を定めます。G7の議長国として、6月にはコーンウォール・サミットを開催し、7月にはケニアと共同開催する「教育のためのグローバル・パートナーシップ」を開催し、11月にグラスゴーでイタリアと共同開催する第26回国連気候変動会議で最高潮に達します。
In 2021 the aircraft carrier HMS Queen Elizabeth, one of the two largest warships ever built for the Royal Navy, will lead a British and allied task group on the UK’s most ambitious global deployment for two decades, visiting the Mediterranean, the Middle East and the Indo-Pacific. She will demonstrate our interoperability with allies and partners – in particular the United States – and our ability to project cutting-edge military power in support of NATO and international maritime security. Her deployment will also help the Government to deepen our diplomatic and prosperity links with allies and partners worldwide. 2021年には、英国海軍史上最大級の軍艦である航空母艦HMSクイーン・エリザベスが、英国と同盟国のタスクグループを率いて、この20年間で最も野心的な世界展開を行い、地中海、中東、インド太平洋を訪問します。この艦は、同盟国やパートナー(特に米国)との相互運用性や、NATOや国際的な海洋安全保障を支援するために最先端の軍事力を投射する能力を示すことになります。また、この船の配備により、政府は世界中の同盟国やパートナーとの外交的・繁栄的なつながりを深めることができます。
I am profoundly optimistic about the UK’s place in the world and our ability to seize the opportunities ahead. The ingenuity of our citizens and the strength of our Union will combine with our international partnerships, modernised armed forces and a new green agenda, enabling us to look forward with confidence as we shape the world of the future. 私は、世界における英国の地位と、今後のチャンスを掴む能力について、非常に楽観的に考えています。英国市民の創意工夫と英国連合の強さが、国際的なパートナーシップ、近代化された軍隊、新たな環境問題への取り組みと相まって、未来の世界を形作る上で自信を持って前を向くことができるでしょうと、述べています。

 

The Prime Minister’s vision for the UK in 2030 首相による2030年の英国のビジョン
A stronger, more secure, prosperous and resilient Union より強く、より安全で、より豊かで、より強靭な連合体
The United Kingdom will be a beacon of democratic sovereignty and one of the most influential countries in the world, tackling the issues that matter most to our citizens through our actions at home and overseas. 英国は、民主的主権の模範であり、世界で最も影響力のある国のひとつとなり、国内外での活動を通じて、国民にとって最も重要な問題に取り組んでいきます。
Our Union will be more secure and prosperous, with the benefits of growth and opportunity shared between all our citizens, wherever they live in the UK. 私たちの連合は、より安全で豊かなものとなり、英国内のどこに住んでいようとも、すべての国民が成長と機会の恩恵を共有することができます。
We will have built back better from COVID-19 with a strong economic recovery and greater national resilience to threats and hazards in the physical and digital worlds. 私たちは、COVID-19からより良い形で立ち直り、力強い経済回復と、物理的・デジタル的世界における脅威や危険に対する国家の回復力を高めます。
We will be better-equipped for a more competitive world – defending our democratic institutions and economy from state threats, terrorists and organised crime groups, while embracing innovation in science and technology to boost our national prosperity and strategic advantage. 国家の脅威、テロリスト、組織的犯罪集団から民主主義制度と経済を守ると同時に、科学技術の革新を取り入れて国家の繁栄と戦略的優位性を高めることで、より競争の激しい世界に向けてよりよい装備を整えていくでしょう。
A problem-solving and burden-sharing nation with a global perspective グローバルな視点で問題を解決し、負担を分担する国
The UK will meet the responsibilities that come with our position as a permanent member of the UN Security Council. We will play a more active part in sustaining an international order in which open societies and economies continue to flourish and the benefits of prosperity are shared through free trade and global growth. 英国は、国連安全保障理事会の常任理事国としての責任を果たします。開かれた社会と経済が引き続き繁栄し、自由貿易と世界的な成長を通じて繁栄の恩恵が共有されるような国際秩序を維持するために、より積極的な役割を果たしていきます。
We will sit at the heart of a network of like-minded countries and flexible groupings, committed to protecting human rights and upholding global norms. Our influence will be amplified by stronger alliances and wider partnerships – none more valuable to British citizens than our relationship with the United States. 私たちは、人権を守り、グローバルな規範を維持することを約束する、志を同じくする国々や柔軟なグループのネットワークの中心に位置することになる。私たちの影響力は、より強力な同盟関係と幅広いパートナーシップによって増幅されますが、英国市民にとって米国との関係ほど価値のあるものはありません。
We will continue to be the leading European Ally within NATO, bolstering the Alliance by tackling threats jointly and committing our resources to collective security in the Euro-Atlantic region. As a European nation, we will enjoy constructive and productive relationships with our neighbours in the European Union, based on mutual respect for sovereignty and the UK’s freedom to do things differently, economically and politically, where that suits our interests. 英国は、NATOにおける主要な欧州の同盟国であり続け、共同で脅威に対処することで同盟を強化し、ユーロ・アトランティック地域の集団安全保障に資源を投入します。ヨーロッパの国として、EUの近隣諸国と建設的かつ生産的な関係を築いていきます。これは、主権を相互に尊重し、英国の利益に適う場合には、経済的にも政治的にも異なる方法で物事を行う自由に基づいています。
By 2030, we will be deeply engaged in the Indo-Pacific as the European partner with the broadest, most integrated presence in support of mutually-beneficial trade, shared security and values. We will be active in Africa, in particular in East Africa and with important partners such as Nigeria. And we will have thriving relationships in the 2030年までには、相互に利益をもたらす貿易、共通の安全保障、価値観を支える、最も広範で統合されたプレゼンスを持つ欧州のパートナーとして、インド太平洋に深く関与していきます。アフリカ、特に東アフリカでは、ナイジェリアのような重要なパートナーと積極的に活動していきます。また、欧州と日本の関係も強化していきます。
Middle East and the Gulf based on trade, green innovation and science and technology collaboration, in support of a more resilient region that is increasingly self-reliant in providing for its own security. 中東と湾岸地域は、貿易、グリーン・イノベーション、科学技術協力を基盤とし、自国の安全保障に向けてますます自立した、より強靭な地域となることを目指します。
Creating new foundations for our prosperity 繁栄のための新たな基盤の構築
By 2030, the UK will continue to lead the advanced economies of the world in green technology as part of our wider international leadership in tackling climate change and biodiversity loss. We will be firmly on the path to achieving global net zero carbon emissions, having reduced our own national emissions by at least 68% compared to 2030年までに、英国は、気候変動や生物多様性の損失に対処するための国際的なリーダーシップの一環として、グリーンテクノロジーの分野で世界の先進国をリードし続けます。また、1990年と比較して68%以上の削減を実現し、世界全体での炭素排出量の純減に向けた道をしっかりと歩んでいます。
1990 levels. We will also have protected at least 30% of our land and sea to support the recovery of nature. 1990年比で68%以上削減します。また、自然の回復を支援するために、少なくとも30%の土地と海を保護しています。
We will be recognised as a Science and Tech Superpower, remaining at least third in the world in relevant performance measures for scientific research and innovation, and having established a leading edge in critical areas such as artificial intelligence. 私たちは科学技術大国として認められ、科学研究とイノベーションの関連指標で世界第3位以上を維持し、人工知能などの重要な分野で最先端の技術を確立します。
We will be at the forefront of global regulation on technology, cyber, digital and data – to protect our own and fellow democracies and to bolster the UK’s status as a global services, digital and data hub, maximising the commercial and employment opportunities for the British people. 私たちは、テクノロジー、サイバー、デジタル、データに関する世界的な規制の最前線に立ち、自国と他国の民主主義を守り、サービス、デジタル、データの世界的なハブとしての英国の地位を強化し、英国民の商業・雇用機会を最大化していきます。
The UK will be a magnet for international innovation and talent, attracting the best and brightest from overseas through our points-based immigration system. Every part of the UK will enjoy the benefits of long-term investment in research and development, education and our cultural institutions. 英国は、国際的なイノベーションと才能を惹きつける存在となり、ポイント制の移民制度によって海外の優秀な人材を惹きつけます。英国のすべての地域が、研究開発、教育、文化施設への長期的な投資の恩恵を受けることになります。
Adapting to a more competitive world: our integrated approach より競争の激しい世界への適応:私たちの統合的アプローチ
The UK will continue to be renowned for our leadership in security, diplomacy and development, conflict resolution and poverty reduction. Our cooperation will be highly prized around the world and we will be a model for an integrated approach to tackling global challenges, integrating our resources for maximum effect. 英国は今後も、安全保障、外交、開発、紛争解決、貧困削減の分野でリーダーシップを発揮することで知られています。私たちの協力関係は世界中で高く評価され、グローバルな課題に取り組むための統合的なアプローチのモデルとなり、私たちのリソースを最大限に活用していきます。
As a maritime trading nation, we will be a global champion of free and fair trade. We will continue to ensure that the openness of our economy – to the free flow of trade, capital, data, innovation and ideas – is an advantage by protecting ourselves and our allies from corruption, manipulation, exploitation or the theft of our intellectual property. 海洋貿易国として、私たちは自由で公正な貿易の世界的なチャンピオンとなります。我々は、腐敗、操作、搾取、知的財産の盗難から我々自身と同盟国を守ることにより、貿易、資本、データ、革新、アイデアの自由な流れに対する我々の経済の開放性が利点となるようにしていきます。
Our diplomatic service, armed forces and security and intelligence agencies will be the most innovative and effective for their size in the world, able to keep our citizens safe at home and support our allies and partners globally. They will be characterised by agility, speed of action and digital integration – with a greater emphasis on engaging, training and assisting others. わが国の外交官、軍隊、安全保障・情報機関は、その規模に比して世界で最も革新的かつ効果的なものとなり、国内では国民の安全を守り、世界各地では同盟国やパートナーを支援することができる。これらの機関は、敏捷性、行動の速さ、デジタル統合を特徴とし、他者を巻き込み、訓練し、支援することに重点を置くようになります。
We will remain a nuclear-armed power with global reach and integrated military capabilities across all five operational domains. We will have a dynamic space programme and will be one of the world’s leading democratic cyber powers. Our diplomacy will be underwritten by the credibility of our deterrent and our ability to project power. 私たちは、世界的な広がりを持ち、5つの作戦領域すべてにわたって統合された軍事能力を持つ核武装国であり続けます。また、ダイナミックな宇宙開発プログラムを有し、世界有数の民主的なサイバーパワーを持つ国となります。私たちの外交は、抑止力の信頼性とパワーを投射する能力によって支えられています。

 

|

« U.K. 安全保障の中心にCyberを置く? | Main | 欧州委員会 デジタル・コンパス2030 at 2020.03.09 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« U.K. 安全保障の中心にCyberを置く? | Main | 欧州委員会 デジタル・コンパス2030 at 2020.03.09 »