« SP 1800-26 Data Integrity: Detecting and Responding to Ransomware and Other Destructive Events | Main | デジタル時代のニュース消費の測定 - Pew Research Center »

2020.12.09

SP 1800-25 Data Integrity: Identifying and Protecting Assets Against Ransomware and Other Destructive Events

こんにちは、丸山満彦です。

NISTがSP 1800-25を公開していますね。

マルウェア等の破壊的な事象に対する資産の特定と保護に関するガイダンスですね。

NIST - ITL

・2020.12.08 SP 1800-25 Data Integrity: Identifying and Protecting Assets Against Ransomware and Other Destructive Events

[PDF] SP 1800-25

・Related NIST Publications:

  • SP 1800-11 Data Integrity: Recovering from Ransomware and Other Destructive Events 
  • SP 1800-26 Data Integrity: Detecting and Responding to Ransomware and Other Destructive Events

Abstract

Ransomware, destructive malware, insider threats, and even honest user mistakes present ongoing threats to organizations. Organizations’ data, such as database records, system files, configurations, user files, applications, and customer data, are all potential targets of data corruption, modification, and destruction. Formulating a defense against these threats requires two things: a thorough knowledge of the assets within the enterprise, and the protection of these assets against the threat of data corruption and destruction. The NCCoE, in collaboration with members of the business community and vendors of cybersecurity solutions, has built an example solution to address these data integrity challenges.

Multiple systems need to work together to identify and protect an organization’s assets against the threat of corruption, modification, and destruction. This project explores methods to effectively identify assets (devices, data, and applications) that may become targets of data integrity attacks, as well as the vulnerabilities in the organization’s system that facilitate these attacks. It also explores methods to protect these assets against data integrity attacks using backups, secure storage, integrity checking mechanisms, audit logs, vulnerability management, maintenance, and other potential solutions.


この NIST サイバースセキュリティ実践ガイドの目標は、組織が自信を持って次のことを行えるようにすることである。

  •  ネットワーク上のシステム、ユーザ、データ、アプリケーション、およびエンティティを特定する
  •  企業のコンポーネントやクライアントの脆弱性を特定する
  •  攻撃に備えて、企業システムの完全性とアクティビティのベースラインを設定する
  •  攻撃に備えて企業データのバックアップを作成する
  •  これらのバックアップやその他の潜在的に重要なデータを改ざんから保護する
  •  マシンの姿勢を評価して企業の健全性を管理する

 


ランサムウェア等の破壊的な事象からデータベースレコード、システムファイル、設定、ユーザーファイル、アプリケーション、顧客データなどの組織のデータを守るためには、

  1. 企業内の資産を熟知していること
  2. データの破損や破壊の脅威からこれらの資産を保護すること

が必要となるということですね。。。

 

・2020.12.08 Cybersecurity Practice Guides for Securing Data Integrity Against Ransomware Attacks

 


 


■ 参考

● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2020.01.29 NIST SP 1800-25(Draft) Data Integrity: Identifying and Protecting Assets Against Ransomware and Other Destructive Events

・2020.12.09 SP 1800-26 Data Integrity: Detecting and Responding to Ransomware and Other Destructive Events
・2020.01.29 NIST SP 1800-26(Draft) Data Integrity: Detecting and Responding to Ransomware and Other Destructive Events

・2020.09.23 NIST SP 1800-11 Data Integrity: Recovering from Ransomware and Other Destructive Events  ランサムウェア等の破壊的なイベントからの復旧

 

目次の仮訳

 

1 Summary 1 まとめ
1.1 Challenge 1.1 チャレンジ
1.2 Solution 1.2 解決策
1.3 Benefits 1.3 メリット
2 How to Use This Guide 2 このガイドの使い方
2.1 Typographic Conventions 2.1 表示の凡例
3 Approach 3 アプローチ
3.1 Audience 3.1 対象者
3.2 Scope 3.2 範囲
3.3 Assumptions 3.3 前提条件
3.4 Risk Assessment 3.4 リスクアセスメント
3.4.1 Risk 3.4.1 リスク
3.4.2 Security Control Map 3.4.2 セキュリティ制御マップ
3.5 Technologies 3.5 技術
4 Architecture 4 アーキテクチャ
4.1 Architecture Description 4.1 アーキテクチャの説明
4.1.1 High-Level Architecture 4.1.1 ハイレベルアーキテクチャ
4.1.2 Architecture Components 4.1.2 アーキテクチャコンポーネント
5 Security Characteristic Analysis 5 セキュリティ特性分析
5.1 Assumptions and Limitations 5.1 前提条件と限界
5.2 Build Testing 5.2 ビルドテスト
5.3 Scenarios and Findings 5.3 シナリオと結果
5.3.1 Ransomware via Web Vector and Self-Propagation 5.3.1 ウェブベクターと自己増殖によるランサムウェア
5.3.2 Destructive Malware via USB Vector 5.3.2 USBベクターを介した破壊的なマルウェア
5.3.3 Accidental VM Deletion via Maintenance Script 5.3.3 メンテナンススクリプトによる偶発的なVMの削除
5.3.4 Backdoor Creation via Email Vector 5.3.4 メールベクターによるバックドア作成
5.3.5 Database Modification via Malicious Insider 5.3.5 悪意のあるインサイダーによるデータベースの改ざん
5.3.6 File Modification via Malicious Insider 5.3.6 悪意のあるインサイダーによるファイル改ざん
5.3.7 Backdoor Creation via Compromised Update Server 5.3.7 危殆化したアップデートサーバによるバックドア作成
5.3.8 New Employee 5.3.8 新入社員
6 Future Build Considerations 6 今後のビルドの検討事項
Appendix A List of Acronyms 付録 A 頭字語一覧
Appendix B Glossary 付録B 用語集
Appendix C References 付録C 参考文献
Appendix D Functional Evaluation 付録D 機能評価
D.1 Data Integrity Functional Test Plan D.1 データ整合性機能テスト計画
D.2 Data Integrity Use Case Requirements D.2 データインテグリティのユースケース要件
D.3 - 10 Test Case: Data Integrity IP-1 - IP-8 D.3 - 10 テストケース:データ完全性 IP-1 - 8

 

|

« SP 1800-26 Data Integrity: Detecting and Responding to Ransomware and Other Destructive Events | Main | デジタル時代のニュース消費の測定 - Pew Research Center »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SP 1800-26 Data Integrity: Detecting and Responding to Ransomware and Other Destructive Events | Main | デジタル時代のニュース消費の測定 - Pew Research Center »