« 日本公認会計士協会 監査基準委員会研究資料第1号「「監査上の主要な検討事項」の早期適用事例分析レポート」 | Main | 米国防省の新たなデータ戦略(データは弾薬)(データは燃料) »

2020.10.15

ファイブアイズ+インド+日本による「エンドツーエンドの暗号化と公安」

こんにちは、丸山満彦です。

日本でも報道されていましたが、ファイブアイズ+インド+日本が共同で、例えばメッセンジャーソフトによる End to Endの暗号化された通信はPublic Safety上の課題があるので、テクノロジー企業はちゃんとバックドアを作れという声明を出していますね。。。結論を読むとデバイスの暗号化も含めておよそ全ての暗号化に関連する感じですかね。。。

● U.K. Government
・2020.10.11 (guidance) International statement: End-to-end encryption and public safety
・・[html]
・・[PDF]

U.S. Department of Justice
・2020.10.11 (news) International Statement: End-To-End Encryption and Public Safety

● Canada Government
・2020.10.11 (publication) International Statement: End-To-End Encryption And Public Safety

 


CONCLUSION

We are committed to working with industry to develop reasonable proposals that will allow technology companies and governments to protect the public and their privacy, defend cyber security and human rights and support technological innovation. While this statement focuses on the challenges posed by end-to-end encryption, that commitment applies across the range of encrypted services available, including device encryption, custom encrypted applications and encryption across integrated platforms. We reiterate that data protection, respect for privacy and the importance of encryption as technology changes and global Internet standards are developed remain at the forefront of each state’s legal framework. However, we challenge the assertion that public safety cannot be protected without compromising privacy or cyber security. We strongly believe that approaches protecting each of these important values are possible and strive to work with industry to collaborate on mutually agreeable solutions.


日本語に訳すと


結論

我々は、テクノロジー企業と政府が、国民と国民のプライバシーを保護し、サイバーセキュリティと人権を守り、技術革新を支援することを可能にする合理的な提案を行うために、産業界と協力することにコミットしています。 この声明では、エンドツーエンドの暗号化がもたらす課題に焦点を当てていますが、このコミットメントは、デバイス暗号化、カスタム暗号化アプリケーション、統合プラットフォーム全体の暗号化など、利用可能な暗号化サービスの範囲にも適用されます。 我々は、データ保護、プライバシーの尊重、技術の変化やグローバルなインターネット標準の開発に伴う暗号化の重要性が、各州の法的枠組みの最前線にあることを再確認します。 しかし、我々は、プライバシーやサイバーセキュリティを犠牲にすることなく公共の安全を保護することはできないという主張に異議を唱えます。 我々は、これらの重要な価値観の各々を保護するアプローチが可能であると強く信じており、産業界と協力して、双方が合意可能な解決策が見つかるように努力しています。


という感じでしょうかね。。。

ちなみに署名は、


SIGNATORIES

Rt Hon Priti Patel MP, United Kingdom Secretary of State for the Home Department

William P. Barr, Attorney General of the United States

The Hon Peter Dutton MP, Australian Minister for Home Affairs

Hon Andrew Little MP, Minister of Justice, Minister Responsible for the GCSB, Minister Responsible for the NZSIS

The Honourable Bill Blair, Minister of Public Safety and Emergency Preparedness

India

Japan

11 October 2020


インドと日本は、誰の名前だ???という感じになっております。。。

日本政府のウェブページでは見つけられていないし。。。


 

中国側の反応?

● 中国国際放送
・2020.10.13 中国 データ保護世界的ルール策定の共同推進を呼びかける

中国は最近「グローバルデータセキュリティイニシアチブ」を唱え、IT企業がその製品やサービスなどにバックドアを設置しないよう呼びかけています。また、関係側に対しては、「グローバルデータセキュリティルール」を支持し、データセキュリティの世界的ルールの策定を共同推進し、ともにインターネットのセキュリティを守ることを呼びかけています。

 

■ 報道等

● Gigazin
・2020.10.12 日本を含めた7カ国の情報機関が「暗号化通信にアクセス可能なバックドア」をIT企業に要請

アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド5か国の情報機関による協定「UKUSA協定(ファイブアイズ)」が、日本とインドの政府代表とともに声明を発表し、法執行機関がエンドツーエンド暗号化された通信にアクセスできるようにIT企業へ要請しました。

● ZDNet Japan
・2020.10.12 日本など7カ国、暗号化された通信へのバックドアをIT企業に要請

● IT Media
・2020.10.12 日本を含む7カ国、エンドツーエンド暗号化コンテンツへの公的接続を可能にするよう要請する国際声明 by 佐藤由紀子

● 日経ASIA
・2020.10.11 Five Eyes and Japan call for Facebook backdoor to monitor crime

Security alliance worries encrypted messaging apps can be used by bad actors

● RNZ
・2020.10.13 New Zealand joins call for access to social media encrypted data

New Zealand and its Five Eyes security partners have made another plea for social media companies like Facebook to allow governments to access their encrypted data.

● Coin Telegraph
・2020.10.11 Data encryption a threat to fighting child sexual abuse, says DOJ

The department, along with other international agencies, alleged end-to-end encryption can create “severe risks to public safety.”

● Finance Magnates
・2020.10.11 Can the US Keep Data Encryption without Furthering Child Exploitation? DoJ by 

The DoJ calls on tech companies to build solutions that protect children without encroaching on personal freedoms. 


 

|

« 日本公認会計士協会 監査基準委員会研究資料第1号「「監査上の主要な検討事項」の早期適用事例分析レポート」 | Main | 米国防省の新たなデータ戦略(データは弾薬)(データは燃料) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本公認会計士協会 監査基準委員会研究資料第1号「「監査上の主要な検討事項」の早期適用事例分析レポート」 | Main | 米国防省の新たなデータ戦略(データは弾薬)(データは燃料) »