« ファイブアイズ+インド+日本による「エンドツーエンドの暗号化と公安」 | Main | 数千万ユーロをマネーロンダリングしたと言われるQQAAZZネットワークに属していると思われる逮捕者が20名になりました »

2020.10.16

米国防省の新たなデータ戦略(データは弾薬)(データは燃料)

こんにちは、丸山満彦です。

先週、米国防省が新たなデータ戦略を発表しています。国民の命を預かっている組織であり、目の前の部下の命と直結している組織だからでしょうか、浮いた話はなく業務をきっちり意識しており、基本的でありながら、新しいトレンドもきっちり取り入れていて、よく練られていると思います。

DoD

・2020.10.08 (release) DOD Issues New Data Strategy

・[PDF] DoD Data Strategy - Unleashing Data to Advance the National Defense Strategy 

 

Exective Summaryを簡単に日本語にしてみました。。。

 


要約: 国防総省データ戦略

防衛戦略を推進するためのデータの活用

 

総括: データ戦略は、国防総省をデータ中心の組織に転換するために必要な包括的なビジョン、重点領域、指導原則、基本的な能力、目標を設定することで、国防総省の防衛戦略とデジタル近代化の実現を支援する。成功が保証されているわけではない。データを兵器システムとして扱い、データを管理し、安全を確保し、運用効果を上げるために使用することは、国防総省の全リーダーの責任である。

 

ビジョン: 国防総省は、運用上の優位性と効率性の向上のためにデータをスピードを持って、かつ大規模に利用するデータ中心の組織となる。

 

重点領域: この戦略では、作戦コミュニティの利用者、特に戦闘員と密接に連携する必要性を強調している。当面の重点領域には次のようなものがある。

  • すべての領域での共同作戦 - 戦場での優位性を高めるためにデータを利用する
  • シニアリーダの意思決定支援 - データを使用して国防総省の管理を改善する
  • 事業アナリティクス - データを使用して、あらゆる階層で情報に基づいた意思決定をする

 

8つの指導原則 (国防総省のすべてのデータへの取り組みの基礎となる):

1.) データは戦略的資産– 国防総省のデータは関心を払うべきものであり、即時かつ永続的な軍事的優位性をもたらす方法で活用されなければならない。

2.) 統合的なデータの取り扱い 国防総省は、データのライフサイクル全体を通して説明責任を果たすために、データ取扱者、データ保管者、および機能的なデータ管理者を任命しなければならない。

3.) データ倫理 国防総省は、データの収集、使用、保存方法に関して、倫理をすべての思考と行動の最優先事項にしなければならない。

4.) データ収集 国防総省は、データ作成時にデータの電子的収集を可能にし、そのデータの正当性を常に維持しなければならない。

5.) 組織を通じたデータアクセスと利用可能性– 国防総省のデータは、適切なメカニズムを通じて、権限を与えられた個人及び機器等を含む全てのエンティティが利用できるようにしなければならない。

6.) 人工知能トレーニング用のデータ 人工知能トレーニング用のデータセットとアルゴリズムモデルは、今後ますます国防総省の最も価値のあるデジタル資産となるであろう。

7.) データの目的適合– 国防総省は、データ収集、共有、使用、迅速なデータ統合、意図しないバイアスの発生源の最小化など、倫理的な懸念事項を慎重に考慮しなければならない。

8.) コンプライアンスの設計 国防総省は、情報管理ライフサイクルを完全に自動化し、データを適切に保護し、エンドツーエンドの記録管理を維持する機会を提供する IT ソリューションを導入しなければならない。

 

4 つの基本的な能力 (目標達成に必要となる):

1.) アーキテクチャ クラウドやその他の技術によって実現された国防総省のアーキテクチャは、敵が適応するよりも迅速にデータを路線変更することを可能にしなければならない。

2.) 標準 国防総省は、データ資産の管理と利用のための一般的に認知されたアプローチだけでなく、データの表現と共有のための実績のある成功した方法を含む一連の標準化を採用している。

3.) ガバナンス 国防総省のデータガバナンスは、データの作成から廃棄に至るまで、すべてのレベルでデータを効果的に管理 するために必要な原則、ポリシー、プロセス、フレームワーク、ツール、測定基準、監督を提供する。

4.) 人材と文化 国防総省の実施者(各階層の軍人、民間人、請負業者)は、データを使って仕事をし、データに基づいた意思決定を行い、証拠に基づいたポリシーを作成し、効果的なプロセスを実施するために、更に権限を与えられるようになるだろう。

 

7 つの目標 (別名, VAULTIS) データ中心のDoDになるために達成しなければならない:

1.) 可視化Visible利用者は必要なデータを見つけることができる。

2.) アクセス Accessible利用者はデータを検索できる。

3.) 理解 Understandable利用者は、内容、文脈、適用可能性を認識することができる。

4.) つなげる Linked利用者は、生得的な関係性を通じてデータ要素を利用できる。

5.) 信頼 Trustworthy利用者は、意思決定のためにデータのあらゆる側面で安心を持つことができる。

6.) 相互利用 Interoperable利用者は、データの共通の表現/理解を持つことができる。

7.) 安全 Secure利用者は、データが不正使用や不正操作から保護されていることを知ることができる。

 

今後に向けた取り組み: の戦略を実施するために、各コンポーネントは、国防総省 チーフデータオフィサー および 国防総省 データカウンシル の監督の下、測定可能なデータ戦略実施計画を策定する。データガバナンスコミュニティとユーザコミュニティは、すべてのデータ利害関係者のために、課題を特定し、解決策を開発し、ベスト プラクティスを共有するために、引き続きパートナーとなる。


 

目次

1. Introduction
1.1. Problem Statement
1.2. Scope

2. Vision and Guiding Principles
 2.1. Vision Statement
 2.2. Guiding Principles
  2.2.1. Data is a Strategic Asset
  2.2.2. Collective Data Stewardship
  2.2.3. Data Ethics
  2.2.4. Data Collection
  2.2.5. Enterprise-Wide Data Access and Availability
  2.2.6. Data for Artificial Intelligence Training
  2.2.7. Data Fit for Purpose
  2.2.8. Design for Compliance

3. Essential Capabilities
 3.1. Architecture
 3.2. Standards
 3.3. Governance
 3.4. Talent and Culture

4. Goals and Enabling Objectives
 4.1. Goal: Make Data Visible
 4.2. Goal: Make Data Accessible
 4.3. Goal: Make Data Understandable
 4.4. Goal: Make Data Linked
 4.5. Goal: Make Data Trustworthy
 4.6. Goal: Make Data Interoperable
 4.7. Goal: Make Data Secure

5. Operationalizing the Strategy
 5.1. Strengthened Governance
 5.2. Focus Areas
 5.3. Implementation Plans

6. Conclusion


Goals and Enabling Objectives

# GOALS # ENABLING OBJECTIVES
1 Visible 1 Data is advertised and available for authorized users when and where needed.
2 DoD implements metadata standards including location and access methods for shared data.
3 All DoD data sources are catalogued.
4 DoD implements common services to publish, search, and discover data.
5 Warfighting and business governance bodies make decisions based on live visualizations of near real-time data.
2 Accessible 1 Data is accessible through documented standard Application Programming Interfaces (APIs).
2 Common platforms and services create, retrieve, share, utilize, and manage data.
3 Data access and sharing is controlled through reusable APIs.
3 Understandable 1 Data is presented in a way that preserves semantic meaning and is expressed in a standardized manner throughout DoD.
2 DoD utilizes a common data syntax for the same data types and includes semantic metadata with data assets.
3 Data elements are aligned into a comprehensive data dictionary with a controlled, yet flexible, vocabulary and taxonomy.
4 Data is baselined and inventoried in comprehensive data catalogs with relevant information on purpose, ownership, points of contact, security, standards, interfaces, limitations, and restrictions on use.
5 DoD has processes to create, align, implement, and manage business vocabularies, including enterprise standards.
4 Linked 1 DoD implements globally unique identifiers so data can be easily discovered, linked, retrieved, and referenced.
2 DoD utilizes common metadata standards that allow data to be joined and integrated.
5 Trustworthy 1 DoD budget requests and the supporting budget process integrate data-focused evidence and Learning Agendas (see P.L. 115-435).
2 DoD data has protection, lineage, and pedigree metadata bound throughout its lifecycle.
3 DoD executes data quality management techniques to assess and enhance data quality.
4 DoD implements master data management for business, intelligence, and warfighting data.
5 DoD properly tags and maintains all appropriate data and records in accordance with established processes and policies.
6 Interoperable 1 DoD documents and implements data exchange specifications for all systems, including those of coalition partners.
2 Exchange specifications contain required metadata and convey standardized semantic meaning with the data set.
3 Public data assets are machine-readable and available for consumption.
4 DoD rapidly mediates differing data standards and formats without mission-critical loss of fidelity, precision, or accuracy.
5 DoD develops and promulgates a data-tagging strategy and subsequent implementation plan to enable data interoperability.
7 Secure 1 Granular privilege management (identity, attributes, permissions, etc.) is implemented to govern the access to, use of, and disposition of data.
2 Data stewards regularly assess classification criteria and test compliance to prevent security issues resulting from data aggregation.
3 DoD implements approved standards for security markings, handling restrictions, and records management.
4 Classification and control markings are defined and implemented; content and record retention rules are developed and implemented.
5 DoD implements data loss prevention technology to prevent unintended release and disclosure of data.
6 Only authorized users are able to access and share data.
7 Access and handling restriction metadata are bound to data in an immutable manner.
8 Access, use, and disposition of data are fully audited.

 

 

|

« ファイブアイズ+インド+日本による「エンドツーエンドの暗号化と公安」 | Main | 数千万ユーロをマネーロンダリングしたと言われるQQAAZZネットワークに属していると思われる逮捕者が20名になりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ファイブアイズ+インド+日本による「エンドツーエンドの暗号化と公安」 | Main | 数千万ユーロをマネーロンダリングしたと言われるQQAAZZネットワークに属していると思われる逮捕者が20名になりました »