« パブコメ「個人情報保護制度の見直しに向けた中間整理案」 | Main | 米国GAO - FedRAMP-連邦政府機関によるクラウドコンピューティングの安全な利用の確保 »

2020.09.02

Five Eyes 悪意のある活動の発見と修復のための技術的アプローチ

こんにちは、丸山満彦です。

米国、英国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアのサイバーセキュリティ当局の共同研究の成果として、悪意のある活動の発見と修復のための技術的アプローチが公開されていますね。。。インシデント調査のプレイブックの位置付けですね。。。

5つの国のセキュリティ当局は、

[1] Australian Cyber Security Centre (ACSC)
[2] Canada’s Communication Security Establishment
[3] New Zealand National Cyber Security Centre (NZ NCSC)
[4] New Zealand CERT NZ
[5] United Kingdom National Cyber Security Centre (UK NCSC)
[6] United States Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)

となりますね。。。

実務的な内容も含んでいて参考になるように思います。。。

CISA

・2020.09.01 Alert (AA20-245A) Technical Approaches to Uncovering and Remediating Malicious Activity

 

|

« パブコメ「個人情報保護制度の見直しに向けた中間整理案」 | Main | 米国GAO - FedRAMP-連邦政府機関によるクラウドコンピューティングの安全な利用の確保 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« パブコメ「個人情報保護制度の見直しに向けた中間整理案」 | Main | 米国GAO - FedRAMP-連邦政府機関によるクラウドコンピューティングの安全な利用の確保 »