« J-LIS (予告)「自治体テレワーク推進実証実験」の公募について | Main | 海外のシンクタンクによる日本のセキュリティ政策の分析 - ETH Zurich - Center for Security Studies - »

2020.09.06

IPA 情報セキュリティ白書2020 + 10大脅威 ~セキュリティ対策は一丸となって、Let's Try!!~

こんにちは、丸山満彦です。

IPA (独立行政法人情報処理推進機構 ) が情報セキュリティ白書2020を公表していますね。簡単なアンケートに回答するとPDF版が読めます。。。

● IPA

・2020.09.03 情報セキュリティ白書2020

特別投稿の「特別寄稿 セキュリティマネジメントの日米企業比較 ~組織論の観点から~」は興味深いですね。過去の成功の上に現在の失敗があるということでしょうかね。。。

多くの日本企業で言えているのかも、、、とか思っていたけど、そもそも日本政府の政策が・・・・いやいや気のせいか・・・

・2020.08.28情報セキュリティ10大脅威 2020」を公開


情報セキュリティ白書

2019年度版  10大脅威 ~局面ごとにセキュリティ対策の最善手を~ [PDF] [downloaded]

2018年度版  10大脅威 ~引き続き行われるサイバー攻撃、あなたは守りきれますか?~ [PDF] [downloaded]

2017年度版  10大脅威 ~職場に迫る脅威! 家庭に迫る脅威!? 急がば回れの心構えでセキュリティ対策を~

2016年度版  10大脅威 ~個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を~

2015年度版  10大脅威 ~ 被害に遭わないために実施すべき対策は? ~

2014年度版  10大脅威 複雑化する情報セキュリティ あなたが直面しているのは?

2013年度版  10大脅威 身近に忍び寄る脅威

2012年度版  10大脅威 変化・増大する脅威

2011年度版  10大脅威 進化する攻撃...その対策で十分ですか?

2010年度版  10大脅威 あぶり出される組織の弱点!

2009年度版  10大脅威 攻撃手法の『多様化』が進む

2008年度版  10大脅威 ますます進む『見えない化』

2007年度版  10大脅威 脅威の“見えない化”が加速する![PDF] [downloaded]

2006年度版  10 大脅威 加速する経済事件化 [PDF] [downloaded]

 


● まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記

・2009.03.28 IPA 情報セキュリティ白書2009 10大脅威 攻撃手法の『多様化』が進む

・2008.05.28 IPA 情報セキュリティ白書2008 第II部「10大脅威 ますます進む『見えない化』」を公開

・2007.03.12 IPA 情報セキュリティ白書2007 - 10大脅威 「脅威の“見えない化”が加速する!」 -

・2006.03.23 IPA 情報セキュリティ白書2006年版発行

 

情報セキュリティ白書2020の目次

序章 2019年度の情報セキュリティの概況

第1章 情報セキュリティインシデント・脆弱性の現状と対策

  • 1.1 2019年度に観測されたインシデント状況
  • 1.2 情報セキュリティインシデント別の手口と対策
  • 1.3 情報システムの脆弱性の動向

第2章 情報セキュリティを支える基盤の動向

  • 2.1 国内の情報セキュリティ政策の状況
  • 2.2 国外の情報セキュリティ政策の状況
  • 2.3 情報セキュリティ人材の現状と育成
  • 2.4 組織・個人における情報セキュリティの取り組み
  • 2.5 国際標準化活動
  • 2.6 安全な政府調達に向けて
  • 2.7 その他の情報セキュリティ動向

第3章 個別テーマ

  • 3.1 制御システムの情報セキュリティ
  • 3.2 IoTの情報セキュリティ
  • 3.3 次代を担う青少年を取り巻くネット環境
  • 3.4 クラウドの情報セキュリティ
  • 特別寄稿 セキュリティマネジメントの日米企業比較 ~組織論の観点から~

付録 資料・ツール

|

« J-LIS (予告)「自治体テレワーク推進実証実験」の公募について | Main | 海外のシンクタンクによる日本のセキュリティ政策の分析 - ETH Zurich - Center for Security Studies - »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-LIS (予告)「自治体テレワーク推進実証実験」の公募について | Main | 海外のシンクタンクによる日本のセキュリティ政策の分析 - ETH Zurich - Center for Security Studies - »