« AIにおける計算能力の重要性の話 | Main | DeepfakeについてのNATO, CSET, Partnership on AI, GAOの報告書(少し前ですが・・・) »

2020.08.10

AIと将来の軍事力についての中国の視点

こんにちは、丸山満彦です。

ジョージタウン大学にあるCENTER for SECURITY and EMERGING TECHNOLOGY (CSET)がAIと将来の軍事力についての中国の視点に関する報告書を公表していますね。

CSET

・2020.08 (Analysis) Chinese Perspectives on AI and Future Military Capabilities by Ryan Fedasiuk

The world is watching how the Chinese military develops and deploys artificial intelligence—but how exactly will it apply AI? This policy brief analyzes Chinese experts’ arguments about AI and prospective warfighting capabilities, identifying prevailing concerns about strategic stability and unintended escalation.

・[PDF] Full Report

 

中国の論文等を分析して得られた知見

  1. 中国の専門家は、人工知能が軍事目標の検出、照準、および軍事目標に対する攻撃を改善すると予測している。
  2. 中国の専門家は、AI の進歩は、一般的にも、中国の対米抑止関係の観点からも、戦略的安定性を損なうと考えている。
  3. 中国の専門家は、オープンソースの報告と比較して、米軍のAI能力を過大評価する傾向がある。
  4. 中国の機械学習技術者は、AI アプリケーションの開発と展開において、軍人の技術的リテラシーやデータや計算能力の制約など、大きなハードルに直面している。

政策提言

  1. データ、人、重要な先端半導体への人民解放軍のアクセスを制限することで、米国の AI の優位性を維持する。
  2. 軍拡競争を避ける。
  3. エスカレーションリスクの軽減

Table of Contents

Executive Summary
Introduction
Chinese and American Conceptions of Artificial Intelligence
Chinese and American Conceptions of Strategic Stability
Scope and Methodology
 A Framework for Understanding Arguments About AI
 Extracting Causal Arguments About AI and Warfighting
How Chinese Experts Expect AI Will Affect Future Warfare
 Largest Perceived Threats to China’s Military from U.S. AI
 Implications for Strategic Stability
Chinese Perspectives on U.S. AI Projects
Barriers to AI Development in the People’s Liberation Army
 Data Collection and Processing 
 Workforce Issues
 Access to Hardware
Policy Implications
 Maintaining the U.S. AI Advantage
 Avoiding Arms Racing 
 Mitigating Escalation Risk
Conclusion
Acknowledgments
Appendix: Selecting a Universe of Papers
Endnotes

|

« AIにおける計算能力の重要性の話 | Main | DeepfakeについてのNATO, CSET, Partnership on AI, GAOの報告書(少し前ですが・・・) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« AIにおける計算能力の重要性の話 | Main | DeepfakeについてのNATO, CSET, Partnership on AI, GAOの報告書(少し前ですが・・・) »