« 高橋先生の「コロナウイルス(Covid-19)とGDPR (26) コンタクトトレーシングアプリの要求事項を整理する」はよく整理されている! | Main | 個人情報保護委員会 新型コロナウイルス感染症対策としてコンタクトトレーシングアプリを活用するための個人情報保護委員会の考え方について »

2020.05.01

オーストラリア電力業界と政府のサイバーセキュリティ演習の概要

こんにちは、丸山満彦です。

オーストラリア・サイバーセキュリティ・センターが、2019年11月に二日かけて実施した電力業界と政府のサイバーセキュリティ演習の概要を公表していますね。運用演習と戦略的議論の演習の2つが行われたようですね。

Autoralian Cyber Security Centre

・2020.04.30 National cyber security exercises for Australia’s electricity industry 

演習の目的は、電力事業に影響を与える重大なサイバー事案に対する業界と政府の協調した対応の強化のようですね。

戦略的議論の演習には、電力(23組織)、政府機関から25人、運用演習には、電力(32組織)、政府機関から560人が参加したようです。

演習では、以下のことが議論されたようです。

  • 外部への注意喚起とサイバーセキュリティインシデントの報告
  • 連絡調整
  • インシデント対応能力と管理
  • 脅威情報を含む情報共有
  • 情報技術・運用技術
  • パブリックメッセージ調整
  • 復旧
  • 役割と責任

 

|

« 高橋先生の「コロナウイルス(Covid-19)とGDPR (26) コンタクトトレーシングアプリの要求事項を整理する」はよく整理されている! | Main | 個人情報保護委員会 新型コロナウイルス感染症対策としてコンタクトトレーシングアプリを活用するための個人情報保護委員会の考え方について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高橋先生の「コロナウイルス(Covid-19)とGDPR (26) コンタクトトレーシングアプリの要求事項を整理する」はよく整理されている! | Main | 個人情報保護委員会 新型コロナウイルス感染症対策としてコンタクトトレーシングアプリを活用するための個人情報保護委員会の考え方について »