« ランサムウェア攻撃者からの防御方法 by Microsoft Threat Protection Intelligence Team | Main | NISTIR 8294 Symposium on Federally Funded Research on Cybersecurity of Electric Vehicle Supply Equipment (EVSE) »

2020.04.30

中国による2020年台湾大統領選挙への干渉についての分析 by Recorded Future

こんにちは、丸山満彦です。

Recorded Futureが中国による台湾の選挙への影響力行使についての分析を行っていますね。。。

Recorded Future

・2020.04.29 Chinese Influence Operations Evolve in Campaigns Targeting Taiwanese Elections, Hong Kong Protests

・全文[PDF]

-----

Key Judgments

  • We assess that content farms will continue to play a leading role in enabling mainland Chinese disinformation efforts targeting Taiwan.
  • Taiwan’s unique efforts to discover, identify, and counter Chinese state-sponsored influence operations will likely force Chinese influencers to innovate and use more covert operational TTPs. We believe that these new tactics will likely include recruitment of overseas Chinese nationals, co-option of Taiwanese content farms and social media influencers, use of cover organizations, procurement of aged social media accounts, and more.
  • We assess that Chinese influence operators will likely employ artificial intelligence (AI) and bulk social media management software to ease the propagation of weaponized content at scale, especially on closed messaging platforms such as LINE or WhatsApp. Western social media platforms will also be likely targets for such automated campaigns during sensitive periods such as elections and global events, on issues that are relevant to China’s national image and state interests.
  • We judge that China will seek to identify local collaborators in Taiwan and Hong Kong, or those with policy or political views sympathetic to China, such as public figures, politicians, and marketing firms, to obfuscate China as the information source and increase its perceived authenticity.
  • We assess that new TTPs used to target Hong Kong protesters — crowd-sourced doxxing of anti-government protesters and social media “rallies” to support Chinese state interests — are likely to become regularly deployed tools in Chinese domestic and overseas influence operations.
  • We assess that the Chinese government is likely to start leveraging the existing patriotism and capabilities of online grassroot groups to promote and defend state interests abroad through explicit direction and implicit nudging.

-----

上記部分の仮訳

-----

主要な判断

  • 台湾を標的とした中国によるデマ(disinformation)活動を可能にする上でContents Farmsが主導的な役割を果たし続ける。
  • 中国政府が支援する影響力活動を発見し、特定し、それに対抗するための台湾独自の努力は、中国のインフルエンサーに革新を促し、より秘密の運用TTPを使用することを余儀なくさせる可能性が高い。これらの新しい戦術には、華僑のリクルート、台湾のコンテンツファームやソーシャルメディアのインフルエンサーの共同利用、カバー組織の利用、古くなったソーシャルメディアアカウントの調達などが含まれる可能性が高い。
  • 中国の影響力を持つオペレーターは、特にLINEやWhatsAppのようなクローズドメッセージングプラットフォーム上で、武器化されたコンテンツの大規模な伝播を容易にするために、人工知能(AI)と大量のソーシャルメディア管理ソフトウェアを使用する可能性が高い。欧米のソーシャルメディア・プラットフォームもまた、選挙や世界的なイベントなど、中国の国家イメージや国益に関連する問題についての微妙な時期に、このような自動化されたキャンペーンの標的となる可能性が高い。
  • 中国は、台湾や香港の現地協力者や、公人、政治家、マーケティング会社など、中国に同調する政策や政治的見解を持つ人々を特定して、情報源としての中国を見えにくくし、信憑性を高めようとするだろう。
  • 香港の抗議者をターゲットにした新たなTTP、すなわち、反政府デモ参加者の群衆による投獄や、中国の国家利益を支持するためのソーシャルメディア上の「集会」などは、中国の国内および海外の影響力作戦で定期的に展開されるツールになる可能性が高い。
  • 中国政府が、明示的な指示と暗黙のナッジングを通じて、海外での国家利益の促進と防御のために、オンラインの草の根グループの既存の愛国心と能力を活用し始める可能性が高い。

-----

|

« ランサムウェア攻撃者からの防御方法 by Microsoft Threat Protection Intelligence Team | Main | NISTIR 8294 Symposium on Federally Funded Research on Cybersecurity of Electric Vehicle Supply Equipment (EVSE) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ランサムウェア攻撃者からの防御方法 by Microsoft Threat Protection Intelligence Team | Main | NISTIR 8294 Symposium on Federally Funded Research on Cybersecurity of Electric Vehicle Supply Equipment (EVSE) »