« 宇陀市立病院コンピューターウイルス感染事案に係る安全確認の公表及び報告 | Main | セキュリティー製品の脆弱性 »

2020.03.05

CIAのハッキンググループ(APT-C-39)が中国の重要産業に対して11年間サイバースパイを行っていた?

こんにちは、丸山満彦です。

米国のハッキンググループについての記事は少ないですね。。。

Qihoo 360が、中国に対して11年間続くCIAハッキンググループ(APT-C-39)によるサイバー攻撃についての記事を書いていますね。。。航空機関、科学研究機関、石油産業、ネット企業、政府機関など複数の業種が標的となっているようです。

合わせて、元CIA職員のJoshua Adam Schulte氏がサイバー兵器の研究・開発・生産を担当していたと書いていますね。彼はCIAの国家機密サービス(NCS)に科学技術総局(DS&T)の諜報員として、サイバー兵器「Vault 7」[Wikileaks]の開発に直接関与していたと述べています。

360 核心安全技术博客

・2020.03.02 The CIA Hacking Group (APT-C-39) Conducts Cyber-Espionage Operation on China's Critical Industries for 11 Years

-----

● みっきー申す

・ 2020.03.05 米国CIA関連のAPT-C-39による中国へのサイバー攻撃について

 

|

« 宇陀市立病院コンピューターウイルス感染事案に係る安全確認の公表及び報告 | Main | セキュリティー製品の脆弱性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 宇陀市立病院コンピューターウイルス感染事案に係る安全確認の公表及び報告 | Main | セキュリティー製品の脆弱性 »