« NISTIR 8278 (Draft), Guidelines for OLIR Users and Developers | Main | NIST SP 1800-25(Draft) Data Integrity: Identifying and Protecting Assets Against Ransomware and Other Destructive Events »

2020.01.29

「不正調査におけるデジタルフォレンジックスは「打出の小槌」ではない」に同感(^^)

こんにちは、丸山満彦です。

2020.01.29の山口先生のブログで「不正調査におけるデジタルフォレンジックスは「打出の小槌」ではない」が公開されているのですが、まったく同感です。そもそも、「不正調査における「X」は「打出の小槌」ではない」の構造において「X」に何をいれても成り立つと思います(^^)

 X=デジタルフォレンジックス

 X=AI(深層学習)

おそらくですが、

 X=量子コンピュータ

でも成り立つでしょうね(^^)

 X=敏腕弁護士

ではどうですかね(^^)

 

ビジネス法務の部屋

・2020.01.29 不正調査におけるデジタルフォレンジックスは「打出の小槌」ではない

 

そもそも、デジタルフォレンジックスというのは、不正調査にも使える道具(手法)であって、不正調査をすべて包含する手法でではないので当り前ですね。。。

|

« NISTIR 8278 (Draft), Guidelines for OLIR Users and Developers | Main | NIST SP 1800-25(Draft) Data Integrity: Identifying and Protecting Assets Against Ransomware and Other Destructive Events »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NISTIR 8278 (Draft), Guidelines for OLIR Users and Developers | Main | NIST SP 1800-25(Draft) Data Integrity: Identifying and Protecting Assets Against Ransomware and Other Destructive Events »