« 米議会図書館は1,700億件、合計133TBのツイートの管理に苦戦中 | Main | 東京都帰宅困難者対策ハンドブック »

2013.01.20

データアナリティクスで、殺人者を予測できるかも(^^)

 こんにちは、丸山満彦です。米国ではすでに導入されているシステムのようですが、仮釈放された受刑者のうち、殺人を行う可能性が高い人物を予測するようなものらしいです。殺人を含む6万件以上の犯罪記録を収集し分析した結果つくられらアルゴリズムのようですね。。。今まで保護観察官の勘にたよって行われていたものを統計的に処理しようとするもののように思いました。。。
 目的は、殺人を行う可能性が高いものを特定して、彼らにより厳重な監視体制を設けることで殺人率を下げることのようです。。。

 
■Wired
・2013.01.16 米国で導入が進む「殺人者を予測するアルゴリズム」

|

« 米議会図書館は1,700億件、合計133TBのツイートの管理に苦戦中 | Main | 東京都帰宅困難者対策ハンドブック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/56584855

Listed below are links to weblogs that reference データアナリティクスで、殺人者を予測できるかも(^^):

« 米議会図書館は1,700億件、合計133TBのツイートの管理に苦戦中 | Main | 東京都帰宅困難者対策ハンドブック »