« EU 産業用制御システムのセキュリティについての7つの提言 | Main | セミナー JNSA : Network Security Forum 2012(NSF2012) »

2012.01.09

総務省 マイナンバー付番システム等の構築に係る情報提供依頼(RFI)について

 こんにちは、丸山満彦です。総務省が
・マイナンバー付番システム等に必要となる機能、
・当該機能を実現させるための方法、
・それらのコスト評価
等について情報提供をもとめていますね。。。

・システム構築の内容の妥当性
・実現するために複数の案が考えられるものについての比較検討
を行いたいからだそうです。。。

 
■総務省
・2012.01.06 マイナンバー付番システム等の構築に係る情報提供依頼(RFI)について

マイナンバー付番システム等の構築に係る情報提供依頼書

本文
別紙 質問表

・参考資料1 番号制度における情報連携のイメージ
・参考資料2 社会保障・税に関わる番号制度に関する議論を踏まえた住民基本台帳ネットワークシステム等のあり方について【中間論点整理】(平成23年6月30日住民基本台帳ネットワークシステム調査委員会)
・参考資料3 社会保障・税に関わる番号制度についての基本方針(平成23年1月31日政府・与党社会保障改革検討本部)
・参考資料4 社会保障・税番号要綱(平成23年4月28日社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会)
・参考資料5 社会保障・税番号大綱(平成23年6月30日政府・与党社会保障改革検討本部)
・参考資料6 社会保障・税番号制度の法律事項に関する概要(平成23年12月16日社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会)
・参考資料7 個人情報保護ワーキンググループ及び情報連携基盤技術ワーキンググループ
 □ 個人情報保護ワーキンググループ
 □ 情報保護評価サブワーキンググループ
 □ 情報連携基盤技術ワーキンググループ
 □ 個人情報保護・情報連携基盤技術合同ワーキンググループ
・参考資料8 業務・システム最適化指針(ガイドライン)(2006(平成18年)3月31日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)
 □ 業務・システムの最適化のための取組
 □ 府省共通業務・システムの最適化(最適化計画)
 □ 行政機関におけるIT人材の育成・確保
 □ 行政の業務・システムの全体最適化
・参考資料9 情報システムに係る政府調達の基本指針(2007年(平成19年)3月1日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)
・参考資料10 政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準(2011年(平成23年)4月21日情報セキュリティ政策会議決定)
・参考資料11 「情報システムに係る政府調達の基本指針」実務手引書(2007年(平成19年)7月1日総務省行政管理局作成)
・参考資料12 情報システム調達のための技術参照モデル(TRM)平成22年度版(2011年(平成23年)6月経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課・独立行政法人 情報処理推進機構作成)
 □ 情報システムに係る政府調達の基本指針
  ■ 情報システムに係る政府調達の基本指針(各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)
  ■ 情報システムに係る相互運用性フレームワーク
  ■ 情報システム調達のための技術参照モデル(TRM)
  ■ 情報システム調達のための技術参照モデル(TRM)活用の手引
 □ 情報システムに係る政府調達制度の見直しについて
 □ ガイドライン等
  ◆ ライフサイクルコストベースでの価格評価の実施方法
  ◆ 情報システムに係る政府調達へのSLA導入のガイドライン
  ◆ EVM活用型プロジェクト・マネジメント導入ガイドライン
  ◆ 情報システムに係る政府調達の見直しについて
  ◆ 加算方式による総合評価落札方式ガイドライン

|

« EU 産業用制御システムのセキュリティについての7つの提言 | Main | セミナー JNSA : Network Security Forum 2012(NSF2012) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/53693842

Listed below are links to weblogs that reference 総務省 マイナンバー付番システム等の構築に係る情報提供依頼(RFI)について:

« EU 産業用制御システムのセキュリティについての7つの提言 | Main | セミナー JNSA : Network Security Forum 2012(NSF2012) »