« データベース・セキュリティ・コンソーシアム 緊急提言:オンラインサービスにおけるデータベースと機密情報の保護 | Main | マイナンバー???=>内閣官房 社会保障・税一体改革成案 »

2011.07.01

総務省 住民基本台帳ネットワークシステム調査委員会「中間論点整理」

 こんにちは、丸山満彦です。。。総務省が「住民基本台帳ネットワークシステム調査委員会「中間論点整理」」を公表していますね。。。

 
■総務省
・2011.06.30 住民基本台帳ネットワークシステム調査委員会「中間論点整理」

1.中間論点整理(概要)

 別紙1-1、1-2、1-3のとおり
2.中間論点整理(本文)

 別紙2のとおり

=====
1個人に付番する「番号」
 論点1:「番号」を付番するため、住基ネットから「番号」生成機関に対しどのように住民票コードを提供するか。
 論点2:付番した「番号」を情報保有機関に対しどのように通知するか。
 論点3:「番号」を住民票に記載するか。
 論点4:「番号」を個人に通知することと、住民票コードを個人に通知することとをどのように整理するか。

2情報連携
 論点1:IDコードを付番するため、住基ネットからIDコード付番機関に対しどのように住民票コードを提供するか。
 論点2:情報保有機関からのリンクコードの紐付け要求に応じて情報連携基盤が住基ネットにどのように照会するか。
 論点3:情報保有機関が保有する基本4情報と住基ネットが保有する基本4情報を一致させるための住基ネットから情報保有機関への本人確認情報の提供の方法はどうあるべきか。
 論点4:情報保有機関が保有する基本4情報と住基ネットが保有する基本4情報を一致させるために具体的にはどのような方法があるか。

3ICカード
3-1番号制度におけるICカードと住基カードのあり方
 論点1:住基カードとICカードの相違点をどのように調整するか。
 論点2:番号制度の導入により、役割が増大するICカードの利用者負担をどのように考えるべきか。
 論点3:番号制度の導入により、役割が増大するICカードの有効期間についてどのように考えるべきか。

3-2番号制度における公的個人認証サービスのあり方
 論点1:番号制度において新たに必要とされる認証用電子証明書は、署名用電子証明書と同時発行、同時失効させるか。
 論点2:番号制度の導入により、普及拡大が予想されるICカードの発行・交付を短縮させるため、鍵ペアのICカードへの搭載をどのように行うか。
 論点3:番号制度の導入により、普及拡大が予想される公的個人認証サービスを標準搭載したICカードを本人が紛失した場合の対応をどのように考えるか。
 論点4:番号制度の導入により、住基ネットと公的個人認証サービスはより連携を高める必要があるのではないか。
 論点5:公的個人認証サービスを民間事業者に拡大する場合、電子証明書のシリアル番号をどのように管理をするか。

4国と地方の役割分担等
 論点1:「番号」の付番事務は、国の直接執行事務とするべきか、市町村の事務とするべきか。市町村の事務とした場合、自治事務か法定受託事務か。
 論点2:住基ネットや公的個人認証サービスが番号制度において重要な基盤になることに鑑み、現行の指定情報処理機関制度や指定認証機関制度を見直す必要があるのではないか。

4国と地方の役割分担等

5今後の課題
=====

|

« データベース・セキュリティ・コンソーシアム 緊急提言:オンラインサービスにおけるデータベースと機密情報の保護 | Main | マイナンバー???=>内閣官房 社会保障・税一体改革成案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/52088428

Listed below are links to weblogs that reference 総務省 住民基本台帳ネットワークシステム調査委員会「中間論点整理」:

« データベース・セキュリティ・コンソーシアム 緊急提言:オンラインサービスにおけるデータベースと機密情報の保護 | Main | マイナンバー???=>内閣官房 社会保障・税一体改革成案 »