« 「福島第一原子力発電所三号機用MOX燃料集合体三二体を同発電所三号機に装荷してはならない。」という申し立ては却下された。。。 | Main | 宮城県石巻・仙台平野および福島県請戸川河口低地における869 年貞観津波の数値シミュレーション »

2011.03.18

混乱の原因は「政治指導力の欠如」 by New York Times?

 こんにちは、丸山満彦です。スポニチの記事に「米紙がズバリ指摘 混乱の原因は「政治指導力の欠如」 」とありました。。。

 
■スポニチ
・2011.03.17 米紙がズバリ指摘 混乱の原因は「政治指導力の欠如」

=====
・・・東日本大震災後の日本で混乱が深まっているのは、政治指導力の欠如や、民主党政権への不信感から官僚の能力が生かされていないことが原因だとする分析記事を掲載した。
・・・計画停電実施に際して事前情報が少なく、市民の不安が増大したと指摘。・・・「菅直人首相や官僚は一切計画にタッチせず、東京電力に任せきり」で、被害拡大や国民の危険に関する情報の共有をめぐっても「指導力の欠如」を浮き彫りにしたとの見方を示した。
 民主党は、政策に一貫性がなく経験不足で迷走、官僚も不信感を抱いていると指摘。
=====

原典はどうやらこれですね。

■New York Times
・2011.03.16 Dearth of Candor From Japan’s Leadership

=====
“It’s not in their DNA to work with anybody other than the Liberal Democrats,” said Noriko Hama, an economist at Doshisha University.

Neither Mr. Kan nor the bureaucracy has had a hand in planning the rolling residential blackouts in the Tokyo region; the responsibility has been left to Tepco. Unlike the orderly blackouts in the 1970s, the current ones have been carried out with little warning, heightening the public anxiety and highlighting the lack of a trusted leader capable of sharing information about the scope of the disaster and the potential threats to people’s well-being.

“The mistrust of the government and Tepco was already there before the crisis, and people are even angrier now because of the inaccurate information they’re getting,” said Susumu Hirakawa, a professor of psychology at Taisho University.

But the absence of a galvanizing voice is also the result of the longstanding rivalries between bureaucrats and politicians, and between various ministries that tend to operate as fiefdoms.

“There’s a clear lack of command authority in the current government in Tokyo,” said Ronald Morse, who has worked in the Defense, Energy and State Departments in the United States and in two government ministries in Japan. “The magnitude of it becomes obvious at a time like this.”
=====

同志社大学の浜矩子先生と大正大学のHirakawa先生のようですね。。。

|

« 「福島第一原子力発電所三号機用MOX燃料集合体三二体を同発電所三号機に装荷してはならない。」という申し立ては却下された。。。 | Main | 宮城県石巻・仙台平野および福島県請戸川河口低地における869 年貞観津波の数値シミュレーション »

Comments

丸山 様

夏井です。

キャパシティの問題もあるので・・・

一般論ですが,良い人材が政治家になる機会は比較的珍しいと思います。謙虚に正しくものごとを考えることのできる人は,選挙で盛り上がったりすることをあまり好みません。

そして更に一般論として,民主制は,良い人材をリーダーにするためには,必ずしも適した政治システムではありません。かと言ってもっと良いシステムが他にあるかというと,やっぱりないので,やむを得ず民主制でやってみているという感じですかね。

ですから,「民主主義=良い政治」という構図は本来的に成立しないものだと考え,その弱点を補って国民の福利を向上させるためにはどうしたらよいのかを考えたほうが生産的なような気もします。

ちなみに,米国連邦政府がリーダーシップを適切に発揮しているかというと,必ずしもうまくいっているとは言えないです。

どの国も苦労してます。

Posted by: 夏井高人 | 2011.03.18 17:39

夏井先生、コメントありがとうございます。確かにUSのメディアだけども、ソースは日本人なんじゃないかと。。。それはUSのメディアが取り上げているからといって、必ずしもUSメディアの意見でもないかなぁ。。。と。。。(そういう意見を選んでいるという意味ではそうかもしれないが。。。)

独裁制と民主制を比べてみたときにやはり、先生の言うとおり、民主制が完全ではないのですが、他によい選択肢がないということに気づきました。。。

たしかに、
=====
その弱点を補って国民の福利を向上させるためにはどうしたらよいのかを考えたほうが生産的なような気もします。
=====
ですね。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2011.03.18 20:30

丸山 様

夏井です。

独裁制と民主制の正しい定義は次のとおりです。

1)独裁制

  平和的な手段により為政者の権限を奪うことのできないシステム

2)民主制

  平和的な手段により為政者の権限を奪うことのできるシステム

要するに,駄目な奴を平和的にやめさせることができかどうかという相違しかありません。でも,この相違点は非常に大きいです。

日本がもし北朝鮮やリビアだったらと想像すると,ぞっとします。

なお,有能な者が為政者になるという点では,ときとして独裁制のほうが優れていることがあります。

民主制では,単に「人気とり」の上手な者だけが常に優位となります。

しかし,生まれながらにして人気とりの才能を発揮するように遺伝子が構築されている者は,それ以外の才能を発揮するように遺伝子が構築されていないことがあります。

無論,稀に「万能ではないか」と疑われるくらい優れた人もいますが,そのような人がいると「自分の出る幕」がなくなると直感する人が多いので,必ず煙たがられ,為政者になることができないようにされてしまうというのが世の常というものです。

Posted by: 夏井高人 | 2011.03.19 07:04

夏井先生、コメントありがとうございます。
わかりやすい説明です!!!
=====
無論,稀に「万能ではないか」と疑われるくらい優れた人もいますが,そのような人がいると「自分の出る幕」がなくなると直感する人が多いので,必ず煙たがられ,為政者になることができないようにされてしまうというのが世の常というものです。
=====
その通りですね。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2011.03.19 08:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 混乱の原因は「政治指導力の欠如」 by New York Times?:

« 「福島第一原子力発電所三号機用MOX燃料集合体三二体を同発電所三号機に装荷してはならない。」という申し立ては却下された。。。 | Main | 宮城県石巻・仙台平野および福島県請戸川河口低地における869 年貞観津波の数値シミュレーション »