« 社会保障・税に関わる番号制度 | Main | SC27 Platinum Book -Twenty Years of ISO/IEC JTC 1/SC27- Information Security Standardisation »

2011.02.10

KPMG 不正は「内部通報」により発覚するケースが最も多い

 こんにちは、丸山満彦です。KPMGFASと有限責任あざさ監査法人が「日本企業の不正に関する実態調査(2010年)」を発表していますね。。。
 参考になりますね。。。

 5つのポイント。。。
=====
・3社に1社以上の割合で不正が発生
・最も多い不正は「横領」
・不正は「内部通報」により発覚するケースが最も多い
・不正発生の背景として「属人的な業務運営」を挙げた企業が最も多い
・海外関連の不正損失額は多額になる傾向に
=====

 
■KPMG Japan
・2011.02.07 日本企業の不正に関する実態調査(2011/02)
・2011.02.07 「日本企業の不正に関する実態調査(2010年)」の結果について


|

« 社会保障・税に関わる番号制度 | Main | SC27 Platinum Book -Twenty Years of ISO/IEC JTC 1/SC27- Information Security Standardisation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KPMG 不正は「内部通報」により発覚するケースが最も多い:

« 社会保障・税に関わる番号制度 | Main | SC27 Platinum Book -Twenty Years of ISO/IEC JTC 1/SC27- Information Security Standardisation »