« 国民納税番号制度時代の個人情報保護法の所管は消費者庁でよいのか? | Main | ネームロンダリングと個人情報 »

2010.09.28

セミナー 第二回 共通番号制度と国民ID時代に向けたプライバシー・個人情報保護法制のあり方<課題と提言>

 こんにちは、丸山満彦です。堀部政男情報研究会の第2回のシンポジウムが10月9日土曜日に開催されますね。
 第1回のシンポジウムは8月21日に開催され、盛況でございました。。。

 豪華な研究会です。。。鈴木先生、石井先生、いろいろとよろしくお願いします。。。

=====
3.日時: 平成22年10月9日(土)13:00~17:00
4.場所: 一橋記念講堂(500名・無料)
     大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所
*会場地図 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 (最寄駅:神保町または竹橋)
http://www.nii.ac.jp/access/
5.申込: 事前申込制(先着500名登録)
* 件名に「第2回シンポジウム参加希望」、本文に(1)氏名(ふりがな)、(2)所
属、(3)メールアドレス、及び(4)懇親会の参加の有無を記して、下記宛にメール
でお申込み下さい。
 horibe.org@gmail.com
=====

 
=====
13:00
開会挨拶   堀部 政男 情報法研究会 会長

13:05~13:30 (25分)
講演「プライバシー・個人情報保護の国際的整合性と
                    沖縄個人情報保護特区構想」
       堀部 政男 一橋大学名誉教授

13:35~14:15 (40分)
報告1「社会保障・税の番号制度に不可欠な新しい個人情報保護の仕組み」
       小林 慎太郎 (株)野村総合研究所 上級コンサルタント
                 社会システムコンサルティング部
                 兼 未来創発センター第二戦略研究室
14:15~14:45 (30分)
 報告2「台湾における個人情報保護法制の現状と課題」
       李 明勳   三麗鴎(サンリオ)股份有限公司
                 法務部・資訊系統部 部長

14:45~15:00 (15分)      休 憩

15:00~16:45 (105分)
 問題提起「第三者機関(日本版プライバシーコミッショナー)の検討
       -3条委員会型・オンブズマン型・会計検査院の活用」(25分)
        鈴木 正朝  新潟大学法科大学院 教授
 パネル (80分)
        堀部 政男  一橋大学 名誉教授
        新保 史生  慶応義塾大学 准教授
        鈴木 正朝  新潟大学法科大学院 教授
     司会 小向 太郎  情報通信総合研究所 主席研究員

16:50 閉会の挨拶(次回開催案内) 
        石井 夏生利 筑波大学大学院 准教授
=====

|

« 国民納税番号制度時代の個人情報保護法の所管は消費者庁でよいのか? | Main | ネームロンダリングと個人情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/49584399

Listed below are links to weblogs that reference セミナー 第二回 共通番号制度と国民ID時代に向けたプライバシー・個人情報保護法制のあり方<課題と提言>:

« 国民納税番号制度時代の個人情報保護法の所管は消費者庁でよいのか? | Main | ネームロンダリングと個人情報 »