« 第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム | Main | クラウド振興策はデータセンターなのか? »

2010.04.12

不正と経営者の胆力

 こんにちは、丸山満彦です。田辺三菱製薬子会社のアルブミン製剤の承認申請のための試験データが差し替えられた件について社外調査委員会の報告がまとまったようですね。。。
 不祥事の問題というのは、なによりも経営トップの問題があってこれが難しいのですが、それ以外にもいろいろと課題はありますね。。。

 
■報道
●朝日新聞
・2010.04.11 田辺三菱製薬子会社、社長が試験データ不正の指摘を放置
=====
田辺三菱製薬(大阪市)の子会社バイファ(北海道千歳市)で、やけどや大量出血のショック時に使われるアルブミン製剤の承認申請に必要な試験データの差し替えなどが行われ、バ社の社長(当時)がそうした不正をうかがわせる社内の調査結果を知りながら、詳しい調査や改善を指示していなかったことが社外調査委員会(委員長=郷原信郎弁護士)の調べでわかった。
=====

●47News (共同通信)
・2010.04.11 子会社が組織的に改ざん 田辺三菱が回収の血液製剤

■ブログ
●ビジネス法務の部屋(山口先生)
・2010.04.12 試験データ改ざん事件にみる「情報伝達経路」の曖昧さ
 内部通報制度の運用の課題、1.身内不祥事に対する正当化、2.情報伝達途中での情報の欠落と編集の問題が解説されていて参考になります。


●セキュリティホールメモ
・2010.04.11アルブミン
 これには、社外調査委員会委員長の郷原信郎弁護士のつぶやきなども載っていて参考になります。


 経営者の覚悟というのが肝だとおもっているんですよ。。。これは非常につらいわけです。社長であっても人格的に完成している人というのはいないわけで、どこかに弱みがあります。歴史書や経営書等を読むと様々な人の成功体験などを知ることができるわけですが、歴史の名を残せるような素晴らしい人というのは、ほんの一握りなんですよね。。。なので、それを目指していくわけですが、そこには到達していないと考えるしかないですね(もちろん、自分も含めて)。
 経営者が不正に気付きながらも詳細に調査をせずに放置するというのは、よくある話で簡単に否定してしまう話ではないんですね。
 やはり経営者になるのであれば、このような不正に対しては、たとえ自分の立場が苦しくなろうとも毅然と立ち向かうという強い意志がなければ難しいと思います。経営者としての覚悟、胆力の問題ですかね。。。精神論といわれるかもしれませんが、最後はここに行き着きますね。。。COSOだって、最後は経営者の倫理観といっていますからね。。。
 人のことを批判するのは簡単ですが、わが身に降りかかったときにそれができるか。。。をいつも自問自答しています。胆力をつけるためには、信念と謙虚な気持ちをバランスさせながら経営していくしかないかなぁと思っています。
 経営って、結局バランスだと最近感じているんですよね。。。どこでバランスさせるか。その微妙なさじ加減がまさに経営力ですよね。。。決断すれば、それ以外の可能性はなくなるわけで、覚悟を決めるしかないんです。

 なので、経営者不正をなくすためには、胆力のある経営者を育てる、そのような胆力のある人が経営者になるということ以外に最終的な道はないわけで、それが、取締役の監督にもつながってくるのだろうと思います。

 言うは易し、行うは難しです。。。

|

« 第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム | Main | クラウド振興策はデータセンターなのか? »

Comments

コンピュータ屋です。こんにちは
お話の治験データ関連のシステム化のお手伝いをすることになり、びっくりしています。前回の製薬会社さんではJ-SOXのお手伝いでしたが何のうわさもありませんでした。今は、バリデーションと言って大きなテーマとなっています。でも経営者さんの不正にはどうしようもありません。たいへんだ。

Posted by: コンピュータ屋 | 2010.04.14 08:47

コンピュータ屋さん、コメントありがとうございます。胆力を養うというのは重要だと思っています。

Posted by: 丸山満彦 | 2010.04.15 00:03

はじめまして、「内部監査人見習い」です。
先輩から紹介され、丸山さんのブログを拝読してます。

経営者の胆力、と同じくらい内部監査人にも胆力が求められる気がします。
「もし、社内の顔見知りが不正をしているのを見つけたら…」

正直、ドキドキします。

Posted by: 内部監査人見習い | 2010.04.16 18:34

内部監査人見習いさん、コメントありがとうございます。
=====
「もし、社内の顔見知りが不正をしているのを見つけたら…」
=====
 今後、そういうことがあるかも知れませんが、そういう時は、相手がだれであろうと、たんたんと対応することになると思います。
 そういう役回りです。
 忙しくて、なかなか更新できていませんが、これからもよろしくお願いします。

Posted by: 丸山満彦 | 2010.04.17 00:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不正と経営者の胆力:

« 第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム | Main | クラウド振興策はデータセンターなのか? »