« 公認会計士協会 経営研究調査会研究報告第40号「上場会社の不正調査に関する公表事例の分析」 | Main | 経済産業省 改訂 個人情報保護ガイドラインに関するQ&A <=4月1日の話どす。。。 »

2010.04.21

(日本の)多くの会計士はITに対する理解が十分ではないのではないか。。。

 こんにちは、丸山満彦です。「上場会社の不正調査に関する公表事例の分析」を読んでていて、やはり気付いたのですが、ほとんどITに関係する話がでてきませんよね。。。まったくといってほど、出てきません。(たとえば、コンピュータ、ITというキーワードで検索してみてください。。。)
 現在の不正調査という点で、ITの活用は不可欠ですよ。。。不正調査等をした人であれば、そのくらいわかるわけですが、なぜにこの報告書では、ITを活用する手法が書かれていないのか。。。

 
 公認会計士協会でも会計士のITリテラシー向上のためにいろいろと対策をしているのは知っているのですが、結局、効果があまり上がっていないのでしょうね。。。

 J-SOXの時でも、IT業務処理統制の識別と評価が課題と挙がっているケースが多いと思いますが、それも同じでしょう。。。

 世の中のデータ処理のほとんどがITを使って行われていて、会計データについてもそれは同じ(というか、会社のデータの中で会計データなんか早くからIT化が行われていたはずですが。。。)にも関わらず、(日本の)会計士って、十分にITの活用ができていないなぁ。。。と思います。。。

 「上場会社の不正調査に関する公表事例の分析」にITに関する議論がほとんど出ていなことに気づいて、危機感を深めました。。。

|

« 公認会計士協会 経営研究調査会研究報告第40号「上場会社の不正調査に関する公表事例の分析」 | Main | 経済産業省 改訂 個人情報保護ガイドラインに関するQ&A <=4月1日の話どす。。。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/48148392

Listed below are links to weblogs that reference (日本の)多くの会計士はITに対する理解が十分ではないのではないか。。。:

« 公認会計士協会 経営研究調査会研究報告第40号「上場会社の不正調査に関する公表事例の分析」 | Main | 経済産業省 改訂 個人情報保護ガイドラインに関するQ&A <=4月1日の話どす。。。 »