« 公開 「経営者の皆さん! 情報セキュリティ対策は十分ですか?」 | Main | 総務省 自治体クラウドポータルサイトの開設 »

2010.03.09

金融庁 パブコメ 監査基準

 こんにちは、丸山満彦です。金融庁から監査基準についてパブコメを募集していますね。。。従来から会計基準のみならず、監査基準も国際的な一元化が図られようとしています。
 監査基準が完全にグローバルで一元化したとし監査時間や監査報酬が国によってかわってくるということがあるのでしょうか。。。日本は欧米の国に比べて監査時間がかなり少ないことが言われていますが。。。

 同じ企業に対して、同じ能力をもった監査人が監査をする場合、監査基準が同じであれば、同じ監査時間となると思うんですね。。。
 もちろん、同じ会社に対して米国と日本の監査人が別々に監査をすることはできないわけですし、同じ監査人がいるわけでもないのですが、マスで見た結果ある程度の傾向についてはいえることになると思います。

 まぁ、大手の監査法人では、グローバルで同じマニュアルで監査をしているので、上記の問題についてのある程度の結果は見えているのかもしれませんが。。。

 大学の研究者の方には、是非そのあたりの実証研究をしてもらいたいものです!!!

 
■金融庁
・2010.03.05 「監査基準の改訂について」(公開草案)の公表について

● 別紙1 監査基準の改訂について(公開草案)(PDF:153K)
別紙2 監査基準新旧対照表(PDF:163K)

=====
我が国の監査基準は、国際的な監査の基準や監査をめぐる内外の動向を踏まえ、これまでも必要に応じて監査基準の改訂を行ってきました。

国際監査基準においては、すべての基準を必須手続とそれ以外の手続に明確に区分することなどを内容とする明瞭性(クラリティ)プロジェクトが2009年3月に完了しました。

この国際監査基準における明瞭性プロジェクトは、基準の内容の大幅な改正ではなく、基準の規定文言を明確化するための技術的な改正が行われました。

平成22年3月2日に開催された企業会計審議会・監査部会においては、この国際監査基準の改正を踏まえて、我が国の監査基準のあり方についての検討を行った結果、監査人の監査報告書における意見表明の内容等を規定している報告基準について、国際監査基準との差異を調整する改訂案を「監査基準の改訂について」(公開草案)として公表し、広く一般に意見募集を行うことが了承されました。
=====
 ということのようです。。。

|

« 公開 「経営者の皆さん! 情報セキュリティ対策は十分ですか?」 | Main | 総務省 自治体クラウドポータルサイトの開設 »

Comments

準拠する会計基準(日本基準か国際会計基準)によっても、開示情報によって監査時間は異なります。例えば、充実し秩序整然としたIFRSの注記事項と有価証券報告書の注記とでは監査時間は異なります。

Posted by: 横山明 | 2010.03.09 11:10

秩序整然としているかどうかには疑問がありますが、準拠する会計基準よりも、自分の頭で考えて監査するか、チェックリストをつぶすだけの作業をするかによって異なる監査時間差の方が大きいと思います。

Posted by: 藤野正純 | 2010.03.09 22:15

横山先生、藤野先生、コメントありがとうございます。

会計基準、報告基準が同一になれば会計基準による監査の違いはなくなりますよね。。。で、監査基準も同じになれば、論理的には監査の仕方が監査時間に影響し、その国の物価水準等が監査人の単価に影響してくるとなって、どのような監査をすべきかの研究が進むのではないかと思ったわけです。

で、たとえば、日本の企業でも経理部門を中国に移して安い単価で決算業務をし、かつ監査もするということも理論的にはありえますよね。。。

日本語の問題があるとしても、会社の間接部門や会計士も国際競争にまきこまれていくのかなぁ。。。という気がしています。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2010.03.10 08:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金融庁 パブコメ 監査基準:

« 公開 「経営者の皆さん! 情報セキュリティ対策は十分ですか?」 | Main | 総務省 自治体クラウドポータルサイトの開設 »