« 経営者不正があり統制環境に重要な欠陥があった場合 | Main | 総務省 「スマート・クラウド研究会」の開催 »

2009.07.02

多数の誤謬が決算・財務報告プロセスにおいて発見できず、これらの誤りが財務報告に与える重要性が高いために重要な欠陥と判断した事例

 こんにちは、丸山満彦です。多数の誤謬が決算・財務報告プロセスにおいて発見できず、これらの誤りが財務報告に与える重要性が高いために重要な欠陥と判断したようですね。。。

 
■ブックオフです。。。

=====
3【評価結果に関する事項】
 下記に記載した財務報告に係る内部統制の不備は、財務報告に重要な影響を及ぼす可能性が高く、重要な欠陥に該当すると判断した。したがって、当連結会計年度末日時点において、当社の財務報告に係る内部統制は有効でないと判断した。
 記
 当社は、決算・財務報告プロセスにおいて、決算処理手続における処理内容及び会計基準の適用の検討とその承認手続の運用が不十分であったため、当社のたな卸資産への諸掛り経費の配賦計算、連結決算における未実現利益消去に伴う繰延税金資産の計上等について、誤りがあった。
 また、同様に決算・財務報告プロセスにおける承認手続の運用が不十分であったため、子会社ブックオフメディア株式会社における譲受店舗にかかる引継商品の返品取引、子会社青山ブックセンター株式会社における販売取引の一部において、売上高の計上に関する誤りがあった。
 当社は、上記のほかにも相当数の誤りがあり、これらの誤りが社内の決算・財務報告プロセスにおいて発見できなかったこと、また、これらの誤りは財務報告に与える重要性が高いものと判断し、重要な欠陥と判断した。
 管理本部経理部において、各取引にかかる当社グループのビジネス及び経理・財務の知識・経験を有したものを当該検討及び承認手続に従事させることができず、また、当連結会計年度の決算作業中に発見されたものであるため、当連結会計年度の末日までに是正されなかった。
 一方、重要な欠陥を是正するために、当連結会計年度の末日後、管理本部担当取締役直轄のプロジェクトチームを設置した。同プロジェクトチーム主導で、決算処理手続における処理内容及び会計基準の適用の検討とその承認手続に係る業務フローの再点検と整備の必要性の検討を早急に進めており、当内部統制報告書提出時点においては完了していないが、平成22年3月期中に必要な改善と評価を実施する予定である。
 財務報告に係る内部統制の整備及び運用の重要性は認識しており、人員拡充を含めた環境の整備や外部専門家の活用等により、翌連結会計年度においては、適切な内部統制を整備・運用する方針である。
=====

 どれだけ承認印をきっちりと押していたとしても、結果的に誤謬があれば、内部統制の運用に不備があると推定されてしまいますよね。。。

 内部統制の評価は形式ではなく、実質で行いますので。。。

|

« 経営者不正があり統制環境に重要な欠陥があった場合 | Main | 総務省 「スマート・クラウド研究会」の開催 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多数の誤謬が決算・財務報告プロセスにおいて発見できず、これらの誤りが財務報告に与える重要性が高いために重要な欠陥と判断した事例:

« 経営者不正があり統制環境に重要な欠陥があった場合 | Main | 総務省 「スマート・クラウド研究会」の開催 »