« 経済産業省 「情報セキュリティガバナンス導入ガイダンス」等の公表について~経営者のリーダーシップによる情報セキュリティ対策の推進を目指して~ | Main | トーマツ 企業の不正リスク実態調査 »

2009.07.10

金融庁 平成21年3月決算会社に係る内部統制報告書の提出状況

 こんにちは、丸山満彦です。金融庁が「平成21年3月決算会社に係る内部統制報告書の提出状況」を公表しています。

 56社(2.1%)に重要な欠陥があり内部統制は有効ではないということのようですね。。。
 内部統制の有効性を評価できなかった会社が9社あったわけですが、こちらのほうが問題ですね。。。

 
 内部統制の有効性の判断に関する意見形成の論理的な構造はどのようになっているのか・・・と思います。。。


■金融庁
・2009.07.07 平成21年3月決算会社に係る内部統制報告書の提出状況について

=====
(1)「重要な欠陥」と判断した理由として、内部統制報告書に記載された例

(中略)

○全社的な内部統制

・当社は、財務報告に関するリスクの評価と対応を実施していない。
・前代表取締役が社内規定による職務分掌や承認手続を無視し、独断で約束手形の振り出しを行った。
・前取締役が、定められた取締役会の承認を得ずに債務保証を行った。
・内部統制の基本的要素である「統制環境」「情報と伝達」「モニタリング」に不備がある。

○決算・財務報告プロセス

・子会社の繰延税金資産の回収可能性の判断の適用を誤り、さらに、それに対する牽制が十分機能しなかった。
・在外統括会社の「傘下会社に対するモニタリング」が適切に実施されなかったため、海外子会社による不適切な会計処理が行われた。
・当期の決算作業についての決算手順書等が整備、運用されていない。連結決算のために必要となる情報の収集に不足がみられる。開示資料の作成に際し、責任者による査閲等が実施されていない。
・連結決算及び開示に係るマニュアル・チェックリストが適切に作成されておらず、グループ会社への情報伝達、役割分担、数値検証等一連の処理手続にて、適正な査閲、分析及び監視する内部統制手続が不十分。
・決算処理手続における処理内容及び会計基準の適用の検討とその承認手続の運用が不十分であったため、たな卸資産への諸掛り経費の配賦計算、連結決算における未実現利益消去に伴う繰延税金資産の計上等について誤りがあった。

○重要な業務プロセス

・営業部門において、適正な売上計上に必要な契約内容の確認及び承認手続の運用が不十分であったため、当期の売上高について重要な修正を行うことになった。
・輸入原材料仕入プロセス及び在庫管理プロセスの一部において、適正な仕入計上及び在庫計上に必要な承認手続の運用が不十分であったため、当期の買掛金及び棚卸資産について重要な修正を行うことになった。
・新規の非定型取引に係る業務プロセス並びに固定資産の減損会計及び税効果会計に係る業務プロセスにおいて、能力のある経理担当者によって適切に査閲、分析及び監視する内部統制が有効でない。
・連結子会社の売上プロセスにおいて、商慣習上顧客との間に契約書が一部未締結であったり、売上の基礎となる納品の事実を証する書類等を取り交わすことなく業務を遂行していたことが発見された。
・システムの保守及び運用の管理を適正に行うため、「運用・保守管理規程」を定めて遵守することが義務づけられているが、コンピュータデータの保全手続において、当該規程の運用が不十分であったため、同データの一部が消失し、会計データの修復作業を行った。ただし、バックアップデータ復元作業のテスト実施が十分でなく、バックアップデータ消失のリスクを予見できなかった。

(2)評価結果に「重要な欠陥があり、内部統制が有効でない。」と記載した56社のうち、事業年度の末日後に重要な欠陥を是正するために実施した措置を記載し、かつ、内部統制報告書提出日までに、重要な欠陥が是正されたと記載した会社が11社ありました。
=====

|

« 経済産業省 「情報セキュリティガバナンス導入ガイダンス」等の公表について~経営者のリーダーシップによる情報セキュリティ対策の推進を目指して~ | Main | トーマツ 企業の不正リスク実態調査 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金融庁 平成21年3月決算会社に係る内部統制報告書の提出状況:

« 経済産業省 「情報セキュリティガバナンス導入ガイダンス」等の公表について~経営者のリーダーシップによる情報セキュリティ対策の推進を目指して~ | Main | トーマツ 企業の不正リスク実態調査 »