« 重要な欠陥がある場合の内部統制報告書 | Main | ISACA/ITGI IT Assurance Guideの日本語訳「IT統制の保証ガイド」 »

2009.06.20

意見不表明の場合の内部統制報告書

 こんにちは、丸山満彦です。こんどは、内部統制が有効かどうかを判断できなかった場合の内部統制報告書です。。。

 
内部統制報告書の記載は、次のようになっています。。。
=====
3 【評価結果に関する事項】
当社は財務報告に係る内部統制の評価について、重要な評価手続が実施できませんでした。したがいまして、当事業年度末日時点において、当社の財務報告に係る内部統制の評価結果を表明できないと判断いたしました。
 実施できなかった重要な評価手続は以下のとおりであります。
・全社的な内部統制の評価手続
・業務プロセスに係る内部統制の評価手続
 重要な評価手続が実施できなかった理由は、連結グループ全体において、間接部門を中心に人員を削減しており、経理及び財務の知識・経験を有した者を上記の評価手続に従事させることが困難であったためであります。
 一方、財務報告に係る内部統制の整備及び運用の重要性は認識しており、これらの人員の制約はあるものの、環境を整備し、今後1年間で評価を完了させる方針であります。具体的には、事業年度の末日後、社内においてプロジェクト・チームを再編成すると共に、内部統制専門のコンサルティング会社と契約し、内部統制の整備及び運用評価を進めております。

4 【付記事項】
該当事項はありません。
=====

監査報告書の記載は、次のようになっています。。。

=====
当監査法人は、下記事項を除き、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。内部統制監査は、試査を基礎として行われ、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果についての、経営者が行った記載を含め全体としての内部統制報告書の表示を検討することを含んでいる。

                      記

 会社は、内部統制報告書に記載のとおり、重要な評価手続ができなかった。会社は当該評価範囲の制約による影響により財務報告に係る内部統制の評価結果を表明できないと判断しており、監査手続の実施への影響が重要であることにより、当監査法人は、株式会社大木の平成21年3月31日現在の財務報告に係る内部統制について、内部統制報告書に対する意見表明のための合理的な基礎を得ることができなかった。
 
 当監査法人は、内部統制報告書において評価範囲の制約とされた当該内部統制の財務報告に与える影響の重要性に鑑み、株式会社大木の平成21年3月31日現在の財務報告に係る内部統制の評価結果を表明できないと表示した上記の内部統制報告書が、財務報告に係る内部統制の評価について、適正に表示しているかどうかについての意見を表明しない。
=====

 有効な内部統制報告書を作成するために、たとえば1億円のコストをかけるよりも、このような内部統制報告書を公表するほうが投資家からはよろこばれるということも考えられますね。。。もちろん、いずれはしなければいけないのですけどね。。。

|

« 重要な欠陥がある場合の内部統制報告書 | Main | ISACA/ITGI IT Assurance Guideの日本語訳「IT統制の保証ガイド」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 意見不表明の場合の内部統制報告書:

« 重要な欠陥がある場合の内部統制報告書 | Main | ISACA/ITGI IT Assurance Guideの日本語訳「IT統制の保証ガイド」 »